football(EURO 欧州選手権)

2012/06/15

[EURO2012] GroupD勝ち抜け条件

2節終了時点の順位表
 ----------------
    TEAM W D L F A D P
 ----------------
  フランス 1 1 0 3 1 2 4
イングランド 1 1 0 4 3 1 4
 ウクライナ 1 0 1 2 3 -1 3
スウェーデン 0 0 2 3 5 -2 0

Next Match
  フランス v スウェーデン
イングランド v ウクライナ

勝ち抜け条件

  フランス[4]
     勝ち[7]        通過
        ENG勝ち       通過
          ENGより得失点上   1位通過
          ENGより得失点下   2位通過
        分け        1位通過
        UKR勝ち       1位通過
     分け[5]        通過
        ENG勝ち       2位通過
        分け
          ENGより得失点上   1位通過
          ENGより得失点下   2位通過
        UKE勝ち     2位通過
     負け[4]     
        ENG勝ち       2位通過
        分け        2位通過

        UKR勝ち       ENGと得失点勝負
          SWEに0-1負け    2位通過
          SWEに0-2以下の負け イングランドと得失点勝負
            ENGより得失点上   2位通過
            ENGより得失点下   敗退  

イングランド[4]
     勝ち[7]        通過
        FRA勝ち       通過
          FRAより得失点上   1位通過
          FRAより得失点下   2位通過
        分け        1位通過
        SWE勝ち       1位通過
     分け[5]        2位通過
     負け[4]     
        FRA勝ち       敗退  
        分け        敗退  
        SWE勝ち       FRAと得失点勝負
          FRAより得失点上   2位通過
          FRAより得失点下   敗退   
 ウクライナ[3]
     勝ち[6]        通過
        FRA勝ち       2位通過
        分け        1位通過
        SWE勝ち       1位通過
     分け[4]        敗退  
     負け[3]        敗退
スウェーデン[0]     
     勝ち[3]        敗退
     分け[1]        敗退
     敗退[0]        敗退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/14

[EURO2012] GroupC勝ち抜け条件

2節終了時点の順位表
 ----------------
    TEAM W D L F A D P
 ----------------
  スペイン 1 1 0 5 1 4 4
 クロアチア 1 1 0 4 2 2 4
  イタリア 0 2 0 2 2 0 2
アイルランド 0 0 2 1 7 -6 0

Next Match
  スペイン v クロアチア
  イタリア v アイルランド

勝ち抜け条件

 スペイン[4]
    勝ち[7]      1位通過
    分け[5]      通過

       IRL勝ち     1位通過
       分け      1位通過
       ITA勝ち        
         自身0-0での分け  2位通過
         上記以外の分け  1位通過
    負け[4]     
       IRL勝ち     2位通過
       分け      2位通過

       ITA勝ち     敗退  

クロアチア[4]

    勝ち[7]      1位通過
    分け[5]     
       IRL勝ち     2位通過
       分け      2位通過

       ITA勝ち        
         自身0-0での分け    敗退  
         自身2-2以上での分け  2位通過
         自身1-1での分け
             ITA 3-1以上の勝ち  敗退
             ITA 2-0以下の勝ち  2位通過
    負け[4]     
       IRL勝ち     2位通過
       分け      2位通過

       ITA勝ち     敗退  

 イタリア[2]
    勝ち[5]
       ESP勝ち     2位通過
       CRO勝ち     2位通過

       分け
         ESP 0-0 CRO 分け   1位通過
         ESP 2-2 CRO 分け   2位通過

         ESP 1-1 CRO 分け
            自身5-0以上の勝ち  1位通過
            
自身3-1以上の勝ち  2位通過
            上記以外    敗退
    分け[3]      敗退
    負け[2]      敗退

アイルランド[0]      敗退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/13

[EURO2012] GroupB勝ち抜け条件

2節終了時点の順位表
 ----------------
    TEAM W D L F A D P
 ----------------
   ドイツ 2 0 0 3 1 2 6
 ポルトガル 1 0 1 3 3 0 3
 デンマーク 1 0 1 3 3 0 3
  オランダ 0 0 2 1 3 -2 0

Next Match
 ポルトガル v オランダ
 デンマーク v ドイツ  

勝ち抜け条件

  ドイツ[6]
    勝ち[9]      1位通過
    分け[7]      1位通過

    負け[6]     
       NED勝ち     2位通過
       分け      2位通過
       POR勝ち    
         2-3以上の敗戦  2位通過
         1-2以下の敗戦  敗退

デンマーク[3]
    勝ち[6]      通過
       NED勝ち     1位通過
       分け      1位通過
       POR勝ち     ポルトガルと得失点
         自身1-0での勝利  2位通過
         上記以外の勝利  1位通過
    分け[4]
       NED勝ち     2位通過
       分け      敗退
       POR勝ち     敗退
    負け[3]      敗退

ポルトガル[3]
    勝ち[6]      通過
       GER勝ち     2位通過
       分け      2位通過
       DEN勝ち    
         DEN 1-0 勝ち  1位通過
         DEN 2-1 以上  敗戦
         DEN 2点差以上 2位通過
    分け[4]
       GER勝ち     2位通過
       分け      2位通過

       DEN勝ち     敗退
    負け[3]
       DEN勝ち     敗退
       分け      敗退
       GER勝ち
         自身1点差負け 2位通過
         上記以外負け  敗退

 オランダ[1]
    勝ち[3]
       GER勝ち     敗退
       分け      敗退
       DEN勝ち    
         自身2点差勝ち 2位通過
         上記以外    敗退
    分け[1]      敗退
    負け[0]      敗退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/12

[EURO2012] GroupA勝ち抜け条件

2節終了時点の順位表
 ----------------
    TEAM W D L F A D P
 ----------------
   ロシア 1 1 0 5 2 3 4
   チェコ 1 0 1 3 5 -2 3
 ポーランド 0 2 0 2 2 0 2
  ギリシャ 0 1 1 2 3 -1 1

Next Match
  ギリシャ v ロシア
   チェコ v ポーランド

勝ち抜け条件

  ロシア[4]

    勝ち[7]      1位通過
    分け[5]      通過

       CZE勝ち     2位通過
       分け      1位通過
       POL勝ち    
         3点差以上 2位通過
         それ以外  1位通過
    負け[4]     
       CZE勝ち     敗退
       POL勝ち     敗退
       分け      チェコと得失点(6点差以上負けで敗退)

  チェコ[3]
    勝ち[6]      通過
       RUS勝ち     2位通過
       GRE勝ち     1位通過
       分け      1位通過
    分け[4]      通過
       RUS勝ち     2位通過
       GRE勝ち
                  ロシア6点差以上負け 2位
                  上記以外       敗退
       分け      2位通過
    負け[3]      敗退

ポーランド[2]
    勝ち[5]      通過
       RUS勝ち     2位通過
       GRE勝ち     1位通過
       分け      ロシアと得失点
         自身が3点差以上勝利 1位通過
         自身がそれ以外の勝利 2位通過
    分け[3]      敗退
    負け[2]      敗退

 ギリシャ[1]
    勝ち[4]      通過
       POL勝ち     2位通過
       CZE勝ち     2位通過
       分け      ロシアと得失点
         自身が2点差以上勝利 1位通過
         自身がそれ以外の勝利 2位通過
    分け[2]      敗退
    負け[1]      敗退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/29

[EURO2008] #31 ドイツ v スペイン

これほどまでに強いスペインはみたことない…。ホントに無敵艦隊だったなぁ。

●スタジアム
  エルンスト・ハッペル  ウィーン
  気温:27度  湿度:44%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ

●試合結果
  ドイツ 0 - 1 スペイン

●審判
  ロベルト・ロゼッティ(ITA)

●ラインアップ

 ドイツ[GER]
                11 クローゼ

   20 ポドルスキ   13 バラック(C)   07 シュバインシュタイガー

         15 ヒツルスペルガー  08 フリングス

   16 ラーム    17 メルテザッカー  21 メッツェルダー  03 フリードリヒ

              01 レーマン

  サブ:
    12 エンケ  23 アドラー  02 ヤンセン  04 フリッツ  05 ベスターマン  09 ゴメス 
    10 ノイビル  14 トロショフスキ  18 ボロウスキ  19 オドンコール  22 クラニイ
    06 ロルフェス 
  監督:
    ヨアヒム・レブ

 スペイン[ESP]
          09 トーレス  

  21 シルバ   10 セスク  08 シャビ   06 イニエスタ

              19 セナ

  11 カプデビラ  04 マルチェナ  05 プジョール  15 Sラモス

            01 カシージャス(C)
  サブ:
    13 パロップ   23 レイナ  02 アルビオル  03 ナバーロ  12 カソルラ  14 アロンソ
    16 Sガルシア  17 グイサ  18 アルベロア  20 グティエレス  22 デ・ラ・レド 07 ビジャ
  監督:
    ルイス・アラゴネス

●前半:試合展開
 00 ---    :オープニング・セレモニー
 00 ---    :独側に国旗とカップの人文字。応援では圧勝(笑)
 04 GER    :Sラモス→クローゼ中ドリブル、           ※ボールデッド
 04 ESP    :シャビ左→トーレス                  オフサイド
 05 GER    :ポドルスキ→ラーム左ドリブル、クロス         ボールデッド
 07 ESP    :シルバ左スルーP→カプデビラ             オフサイド
 08 GER    :バラック左ドリブル、クロス              あわず
 09 GER SOG:クローゼ左クロス→ヒツルス中MS           GKキャッチ
 10 GER    :ラーム左クロス                    DFクリア
 11 ESP    :セスク中→トーレス                  あわず
 13 GER    :中フィード→                     GKセーブ
 14 ESP    :シャビ中→イニ左クロス→DFR           ☆GKセーブ(CK)
 17 ESP    :中FK:シャビ                    GKキャッチ
 18 ESP    :イニ左→トーレス左ドリブル              DFクリア
 20 ESP S  :右FK:シャビ→トーレス中HS            枠上
 23 ESP SOG:Sラモス右クロス→トーレス中HS          ☆左ポスト
 23 ESP S  :カプデビラ中ミドルS                ※枠右
 25 GER    :ポドルスキ左クロス                  DFクリア(CK)
 25 GER    :シュバ右クロス→右返→バラック中MS         DFブロック
 26 ESP    :カプデビラ左クロス                  GKキャッチ
 30 ESP    :シルバ中スルーP→トーレス              DFクリア(CK)
 31 ESP SOG:セスク中ミドルS                   GKキャッチ
 33 ESP SOG:シャビ中スルーP→トーレス中DF交わしてS   GOAL★GER 0-1 ESP
 35 ESP S  :セスク→イニ左→シルバ右BS             枠上
 36 GER    :バラック、こめかみから出血
 37 GER    :左FK:シュバ                    枠上
 39 ESP    :イニ中スルーP→シルバ                Tミス
 41 GER    :右CK:→                      GKセーブ
 43 GER ▲YC:バラック                    CARD▲バラック
 43 ESP ▲YC:カシージャス、抗議               CARD▲カシージャス
 45 ESP    :シャビ中スルーP→イニ左クロス            DFクリア(CK)

●前半:コメント
  序盤、硬さの見えるスペインを激しく攻め立てるが、どうにかスペインが持ちこたえる。その後、
 シャビやシルバのスルーパスでスペインがドイツを攻め初め、33分、シャビのスルーPにトーレスが
 ラームを振り切ってシュート先制する。その他にもトーレスのヘッドやイニのクロスがDFに当たった
 シーンなど決定機の数ではスペインが圧倒した。ドイツもバラックやシュバインシュタイガー、
 ポドルスキが中盤でチャンスを作るが、なかなか決定機を作れず。ただ、セットプレイでの高さが
 あるだけに、まだまだチャンスはあるか。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ドイツ   0   2   1   4  10  50   1   0   0
    スペイン   1   6   3   3   9  50   1   0   2

●後半:試合展開
 46 GER 交代1:ラーム(OUT)、ヤンセン(IN)
 46 GER    :フリングス中フィード→クローゼ             オフサイド
 53 ESP S  :トーレス右→シャビ右S                ※GKセーブ(CK)
 54 ESP SOG:左CK:→シルバ右S→Sラモス            ※枠左
 55 ESP    :シャビ中スルーP→トーレス中             ※GKセーブ
 58 GER 交代2:ヒツルスベルガー(OUT)、クラニー(IN)
 59 ESP    :Sラモス右クロス                    枠左
 60 GER S  :ヤンゼン左クロス→シェバ→バラック中S        ※枠左
 61 GER    :バラック左クロス→クラニー              ※GKキャッチ
 62 GER    :シュバ右クロス→クローゼ                あわず
 63 GER S  :C→シュバ右S                     味方に当たる
 63 ESP 交代1:セスク(OUT)、アロンソ(IN)
 65 GER    :左FK:シュバ                     あわず
 66 ESP 交代2:シルバ(OUT)、カソルラ(IN)
 67 ESP SOG:左FK:シャビ→Sラモス中HS            ☆GKセーブ(CK)
 68 ESP SOG:左CK:→イニ左S                  ☆GKセーブ(CK)
 74 ESP ▲YC:トーレス、メルテザッカーと接触          CARD▲トーレス
 76 ESP    :C→トーレス中DF交わす                GKキャッチ
 76 ESP    :シャビ→アロンソ左→トーレス右             DFブロック(CK)
 78 ESP 交代3:トーレス(OUT)、グイサ(IN)
 79 GER 交代3:クローゼ(OUT)、ゴメス(IN)
 82 ESP    :カソルラ右クロス→グイサ左返→セナ          ※あわず
 83 ESP SB :シャビ右クロス→アロンソ中MS             DFブロック
 86 ESP S  :中FK:シャビS                    枠上
 88 GER ▲YC:クラニー、セナにタックル             CARD▲クラニー
 +2 ESP    :カソルラ右→シャビ中→アロンソ             あわず

●後半:コメント
  決勝直前の下馬評ではドイツを上回ったスペインだが、これまでの歴史を考えると、決して楽観的には
 なれなかったはず。事実、試合開始早々はほとんど自分たちのサッカーが出来なかった。しかし、時間が
 たつにつれて徐々に細かいパス回しが見え始め、トーレスのゴールでリードしてからは一方的とも言える
 展開で、44年ぶり、2度目のタイトルを手にした。

  試合内容では圧倒したスペインだが、結局トーレスのスーパーゴールで試合を決めただけに、ギリギリの
 勝利だったと言える。Sラモスやカプデビラが何度かサイド突破を許したし、クロスやFKに対して、
 カシージャスが苦しいセーブをするシーンもあった。それでも最後まで攻め続けたスペインは、ドイツに
 つけいる隙を与えなかった。予選リーグを全勝で1位通過、イタリア戦こそスコアレスドローだったものの、
 ロシアを大差で下して決勝に進出したチームは、今チーム最高のチームだったと言ってよいだろう。
 その意味でこの勝利は妥当なものだったと言える。

  トルコに逆転で決勝に進出した時はさすがドイツ、と思わせたが、コンディションの面でスペインに
 遅れを取ったのは否めない。バラックがどうにか出場出来たものの完調には遠く、ラームを負傷で交代
 せざるを得なかったのは痛かった。途中交代で投入したクラニー、ゴメスも持ち味の高さを活かすことが
 出来ず、最後はスタミナの面でスペインに太刀打ちできなかった。正直、ポルトガル戦のあたりがピーク
 で、そこから徐々に調子が下がっていった感はある。それでも、2位という結果は充分に評価できるし、
 チーム作りの方向性は間違っていない。2年後のワールドカップでの逆襲に期待したい。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ドイツ   0   4   1   4  22  52   2   0   5
    スペイン   1  13   7   7  19  48   2   0   4

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/27

[EURO2008] 優勝オッズ(080627)

●優勝予想
           S.F前 Q.F前  3Q 前  2Q前  1Q前
  Spain   1.61( ←2.62← 5.00 ← 4.33← 5.00← 6.00) △ 3rd 
 ○Germany  2.25( ←2.40← 6.50 ← 6.50← 4.50← 5.00) △ WIN

Match Betting
  19:45  -  Germany v Spain     3.30     3.10     2.30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/25

[EURO2008] 優勝オッズ(080624)

Match Betting

 25th June 2008
  19:45  Germany v Turkey  ○1.44  4.00  8.50
                ○1.16      4.50

 26th June 2008
  19:45   Russia v Spain   3.60  3.20 ○2.10
                 2.37     ○1.53

# さすがにもうサプライズはない…と信じたいかな(笑)

European Championships 2008 ( Outright )  Bet Until : 19:45 - 25th June 2008

                             予想
                             (当初)  (決勝前)

  Germany   2.40(← 6.50 ← 6.50← 4.50← 5.00) △ WIN
  Spain    2.62(← 5.00 ← 4.33← 5.00← 6.00) △ 3rd 
  Russia   4.50(←15.00 ←34.00← 34.00← 23.00) △
  Turkey   13.00(←26.00 ←51.00←101.00← 41.00) △

  Holland   D.Q.(← 4.50 ← 4.50← 6.00← 13.00) ▼      3rd
  Portugal  D.Q.(← 5.50 ← 5.50← 6.00← 8.00) ▼ 3rd    3rd
  Italy    D.Q.(← 6.50 ←21.00← 11.00← 7.50) ▼ R.U.   WIN
  Croatia   D.Q.(← 8.00 ← 9.00← 19.00← 13.00) ▼      R.U.

  France      D.Q.  (←26.00← 13.00← 9.00) 
  Czech       D.Q.  (←26.00← 23.00← 21.00) 
  Sweden      D.Q.  (←29.00← 26.00← 41.00) 
  Romania      D.Q.  (←29.00← 34.00← 41.00) 
  Austria      D.Q.  (←201.0←301.00←101.00) 
  Poland      D.Q.  (←401.0←101.00← 67.00) 
  Switzerland        D.Q. (←101.00← 26.00)
  Greece           D.Q. (←126.00← 23.00)

# 決勝直前予想のチームが全部消えました…(笑)

(C) William Hill

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/21

[EURO2008] #27 オランダ v ロシア

どうして余裕のある日程のチームがばてるんだか(笑)

●スタジアム
  ザンクト・ヤコブ・パルク  バーゼル
  気温:28度  湿度:48%  天候:晴れ  ピッチ:乾燥

●試合結果
  オランダ 1 - 3 ロシア  aet

●審判
  リュボシュ・ミヘル(SRO)

●ラインアップ

 オランダ[NED]
              09 Vニステルローイ

      10 スネイデル  23 Vファール  18 カイト

          08 エンゲラール  17 デヨング*Y

 05 Vブロンクホルスト 04 マタイセン  02 オーイエル*Y  21 ブラルーズ 

               01 Vサール(C)
  サブ:
    13 ティメル  16 ステケレンブルフ  03 ヘイティンガ  06 デゼウ  07 Vペルシー
    11 ロッベン  12 メルヒオット    14 ボウマ  15 デ・クレル   19 フンテラール
    20 アフェライ 22 フェネホール
  監督:
    マルコ・ファン・バステン

 ロシア[RUS]
        10 アルシャフィン 19 パブリュチェンコ 

    09 サエンコ  20 セムショフ        17 ズリアノフ 

            11 セマク(C)

  18 ジルコフ 08 コロジン*Y 04 イグナシェビッチ   22 アニュコフ

           01 アキンフェエフ
  サブ:
    12 ガブロフ  16 マラフェエフ  02 ベレズツキー  03 ヤンバエフ 
    05 ベレズツキー  06 アダモフ  07 トルビンスキー  13 イワノフ
    14 シロコフ  15 ビリアレトジノフ 21 シチョフ    23 ブイストロフ
  監督:
    フース・ヒディング

●前半:試合展開
  02  RUS    :サエンコ右クロス                                        あわず
  03  NED S    :ジオ左クロス→カイト右HS                              枠上
  05  RUS       :カット→パブリ左ドリブル、                              DFクリア
  06  RUS SOG:右FK:アリュシャーヒンS                            ☆GKセーブ(CK)
  07  RUS SB  :こぼれ→コロジン中ミドルS                              DFブロック(CK)
  08  RUS S    :セミショフ右クロス→パブリチェンコ中HS              ※枠上
  10  NED       :エンヘラール中→Vファールト                            GKキャッチ
  15  RUS       :右FK:ジルコフ→                                      あわず
  16  NED SB  :Vファールト中ミドルS                                  DFブロック
  17  NED       :右FK:Vファールト→                                  GKキャッチ
  19  NED SB  :ニステルローイ中落→スナイデル左S                    ※DFブロック
  19  NED S    :ジオ左ミドルS                                          枠上
  22  RUS       :右FK:アニコフ→                                      あわず
  24  RUS       :左FK:                                                あわず
  26  NED S    :こぼれ→エンヘラール左MS                              枠右
  29  NED       :右FK:Vファールト→ニステルローイ                  ※あわず
  31  RUS SOG:カウンター→アルシャーヒン左ドリブルS                ☆GKセーブ(CK)
  32  RUS SOG:こぼれ→コロジン中ミドルS                            ☆GKセーブ(CK)
  33  RUS S    :コロジン中ミドルS                                    ※枠右
  34  NED S    :スナイデル中ミドルS                                    枠上
  35  RUS       :アルシャーヒン左ドリブル、クロス                        DFクリア
  37  NED SOG:右→ニステルローイ中反転S                            ☆GKセーブ
  38  RUS S    :セマク右ミドルS                                        枠上
  41  NED       :中FK:Vファールト→                                  あわず
  42  RUS       :ジリアノフ中→セミチョフ                                あわず
  44  NED SOG:DF→Vファールト中ミドルS                          ☆GKセーブ

●前半:コメント
  双方とも激しい攻めを見せながらオランダが優勢に試合を進める。2、3度の決定機があったものの、
 GKやDFのブロックに阻まれる。位っぽい宇野ロシアもコロジンのミドルSやパブリチェンコのヘッド
 などの決定機があったが、こちらもGKのセーブに阻まれる。ただ、時間が経つにつれロシアのDFライン
 が下がり初めてオランダが攻撃のペースを握り始めた印象がある。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    オランダ   0   10   3   1   8  52   0   0   1
     ロシア   0   9   3   5   7   48   0   0   1

●後半:試合展開
  46  NED 交代1:カイト(OUT)、Vペルシー(IN)
  46  NED S    :スナイデル中→Vペルシー左BS                          枠上
  48  RUS       :中スルーP→セミショフ                                  あわず
  49  NED       :右FK:Vファールト→デヨンク                        ※あわず
  51  NED ▲YC:ブーラルーズ、アルシャーヒンにタックル            CARD▲ブーラルーズ
  51  RUS       :アルシャーヒン左、エリア内で倒れる                      笛無し
  54  NED 交代2:ブーラルーズ(OUT)、ハイティンハ(IN)
  55  NED ▲YC:Vペルシー手で相手をはたく                        CARD▲Vペルシー
  55  RUS S    :左FK:アルシャーヒンS                              ※枠右
  56  RUS SOG:セマク左クロス→パブリチェンコ中BS              GOAL★NED 0-1 RUS
  58  RUS S    :サエンコ右ドリブルS                                  ※枠右
  62  NED 交代3:エンヘラール(OUT)、アフェライ(IN)
  64  RUS       :右クロス→パブリ左S                                    枠左
  65  NED S    :右FK:Vファールト→Vペルシー中HS                ※枠左
  67  NED       :ハイティンハ、出血の治療→治療後復帰
  68  RUS       :ズリアノフ左ドリブル、クロス                            DFクリア(CK)
  69  RUS 交代1:セミショフ(OUT)、ビラレトジノフ(IN)
  70  RUS SOG:中→右S                                              ☆GKセーブ
  70  RUS       :ビリャ左ドリブル、クロス                                あわず
  71  RUS ▲YC:コロジン、ニステルローイを倒す                    CARD▲コロジン
  72  NED S    :中FK:VペルシーS                                    枠上
  76  NED S    :スナイデル左ミドルS                                    枠右
  77  NED SOG:Vファールト中ミドルS                                  GKキャッチ
  77  RUS       :フィード→中1対1S                                  ※GKセーブ
  77  NED       :アフェライ左ドリブルクロス                              枠上
  79  RUS       :セマク左クロス                                          枠上
  80  NED S    :スナイデル中ミドルS                                    枠上
  81  RUS 交代2:サエンコ(OUT)、トルビンスキー(IN)
  82  NED S    :スナイデル中ミドルS                                    枠左
  82  RUS S    :トルビンスキー左ドリブル→中                          ※DFクリア(CK)
  85  NED SB  :スナイデル中ミドルS                                    DFブロック(CK)
  85  NED SB  :スナイデル右ミドルS                                    DFブロック(CK)
  86  NED SOG:左FK:Vファールト→ニステルローイ中HS        GOAL★NED 1-1 RUS
  88  RUS       :ジルコフ左ドリブル、クロス                              DFクリア

●後半:コメント
  序盤からロシアに見られたセットプレイのマークの甘さが、最後の最後にオランダのゴールに結び
 ついてしまった。ロシアは前がかりになったオランダの裏を取るシーンがあっただけに、追加点を
 奪えなかったのが悔やまれる。終盤に追い付いたこと、コンディションでオランダが有利だとは思うが、
 カウンターの切れ味を考えるとロシアにもチャンスはある。

           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    オランダ   1   23   6   4  17  57   3   0   3
     ロシア   1  16   6   10  19   43   1   0   2

●延長前半:試合展開
  91  NED SOG:スナイデル左ドリブルS                                  GKキャッチ
  93  RUS SOG:アルシャーヒン左ドリブルS                            ※GKキャッチ
  93  NED S    :ニステルローイ中ミドルS                                枠上
  94  RUS S    :右クロス→パブリチェンコ中HS                          枠左
  95  NED SOG:Vペルシー中ミドルS→DFR                            GKキャッチ
  96  RUS S    :アルシャーヒン中ドリブルS                              枠上
  97  RUS SOG:パブリチェンコ左ミドルS                              ☆クロスバー
  98  NED S    :アフェライ左ミドルS                                    枠上
  99  RUS SOG:アルシャーヒン右クロス→トルビンスキ中S              ※GKキャッチ
101  RUS S    :左FK:コロジンS                                    ※枠右
103  RUS ▲YC:ジルコフ、Vペルシーを倒す                        CARD▲ジルコフ
107  RUS       :ジルコフ左ドリブル、エリア内で倒れる                    笛無し
108  RUS SB  :コロジン右ミドルS                                      DFブロック
108  RUS       :右スルーP→トルビンスキー                              GKキャッチ
109  RUS S    :ジルコフ左クロス→パブリチェンコ右S                  ※枠上
111  RUS ▲YC:トルビンスキー                                    CARD▲トルビンスキー
112  RUS SOG:アルシャ左ドリブル、クロス→トルビンスキー中BS  GOAL★NED 1-2 RUS
114  RUS 交代3:パブリチェンコ(OUT)、シチェフ(IN)
116  RUS S    :シチェフ右S                                            枠上
116  RUS SOG:右スロー→アルシャーヒン右S                      GOAL★NED 1-3 RUS
118  NED       :左FK:                                                GKキャッチ
120  NED S    :中FK:VファールトS                                  枠上

●延長:コメント
  チーム力でもコンディションでも圧倒的に上回ると思われたオランダだが、延長に入ると完全に
 足が止まり、ロシアのFWのドリブルを止める術がなかった。112分にアルシャーヒンのドリブルを
 止められず、トルビンスキーの技ありのゴールを奪われ、さらに116分に、スローインに対する
 アルシャーヒンの飛び出しを止めれずに追加点を奪われた。下馬評では劣勢だったロシアだが、
 この日のチーム状態に関しては完全にロシアが上だった。何より、一度追い付かれた時に集中力を
 失わず、そこからさらに盛り返した精神力には脱帽である。フィジカルを酷使するプレイスタイルが
 心配ではあるが、それでも準決勝以降に期待したいチームではある。

●スタッツ:
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    オランダ   1   28   8   4  23  53   3   0   6
     ロシア   3  26  11   11  27   47   3   0   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

[EURO2008] #26 クロアチア v トルコ

ロスタイム2分で追い付かれたらPKには勝てないよね。

●スタジアム
  エルンスト・ハッペル  ウィーン
  気温:28度  湿度:39%  天候:晴れ  ピッチ:乾燥

●試合結果
  クロアチア 1 - 1(PK 1-3) トルコ  

●審判
  ロベルト・ロゼッティ(ITA)

●ラインアップ

 クロアチア[CRO]
              18 オリッチ 

              19 クラニチャル

  07 ラキティッチ  10 Nコバチ(C) 14 モドリッチ*Y  11 スルナ*Y

  22 プラニッチ   03 シムニッチ*Y 04 Rコバチ*Y  05 チョルルカ

              01 プレディコサ

  サブ:
    12 ガリノビッチ  23 ルニェ  02 シミッチ  06 ベイッチ  08 ブコエビッチ  09 カリニッチ
    13 ポクリバチ   15 クネジェビッチ  16 レコ  17 クラスニッチ 
    21 ペトリッチ
  監督:
    スラベン・ビリッチ
  欠場:
    20 ブダン

 トルコ[TUR]
         08 ニハト(C)    18 カズム*Y

     14 トゥラン*Y  17 トゥンジャイ*Y  22 アルティントップ

             06 トバル*Y

  03 ハルタ*Y  15 アシュク*Y  04 ギョクハン*Y  20 サブリ*Y

              01 リュシュトゥ
  サブ:
    12 ゼンギン  02 チェティン  05 エムレ   09 シェンテュルク  10 ギョクデニズ 
    11 メティン  13 ギュンゴル  16 ボラル   19 アクマン     21 メフリト
  監督:
    ファティ・テリム
  欠場:
    23 デミレル  07 アウレリオ  

●前半:試合展開
 03 CRO SB :モドリッチ中ドリブルS                 DFブロック
 05 TUR S  :アルティントップ中ミドルS               枠左
 06 CRO    :カット→左ドリブル、クロス               DFクリア(CK)
 08 TUR SOG:トゥンジャイ中ミドルS                 DFブロック
 19 CRO SOG:モドリッチ右ドリブル、クロス→オリッチ中S      ☆クロスバー
 19 CRO S  :こぼれ→クラニチャル中HS              ※枠上
 25 CRO    :左クロス→                       GKクリア
 26 CRO SB :スルナ右ミドルS                    DFブロック
 27 TUR ▲YC:トゥンジャイ、Nコバチにひじうち         CARD▲トゥンジャイ 次停
 38 TUR S  :トパル中ミドルS                   ※枠右

●前半:コメント
  一発勝負の決勝トーナメントと、気温28度という高温のせいか両チームとも動きが重く慎重な試合展開。
 モドリッチのドリブルからのクロスが両チームで唯一の決定機。消耗戦で早くスタミナの切れた方が負け
 という展開になる可能性が大か。

●後半:試合展開
 49 TUR ▲YC:アルダ、妨害                   CARD▲アルダ 次節停止
 51 CRO S  :オリッチ左HS                     あわず
 53 CRO    :左CK:スルナ→                    あわず
 57 CRO SOG:クラニチャル左S                    GKキャッチ
 61 TUR 交代1:カズム(OUT)、ボラル(IN)
 62 CRO    :モドリッチ右クロス→オリッチ中S→G          オフサイド
 65 CRO 交代1:クラニチャル(OUT)、ペトリッチ(IN)
 68 CRO S  :チョルルカ右ミドルS                  枠上
 70 CRO S  :ラキティッチ1,2左S                ※枠上
 72 CRO S  :ラキティッチ左クロス→オリッチ中HS         ※枠右
 76 TUR 交代2:トパル(OUT)、セミフ(IN)
 79 CRO    :左CK:→                       GKセーブ
 84 CRO SOG:中FK:スルナS                   ☆GKセーブ(CK)
 84 CRO S  :右CK:→スルナ中HS                 枠左
 89 CRO SB :右ミドルS
 89 TUR ▲YC:ボラル、相手を倒す                CARD▲ボラル
 90 CRO SOG:モドリッチ右クロス→オリッチ中S           ※GKキャッチ
 +2 CRO SOG:中FK:スルナS                   ※GKキャッチ
 +3 CRO S  :ミドル→オリッチ中TS                ※枠上

●後半:コメント
  90分を通して試合を優勢に進めていたのはクロアチア。シュート数でも決定機の数でもトルコを
 圧倒した。ただし安定性に欠けつつも、ここ一番ではスーパーセーブを見せるリュシュトゥの壁を
 破れなかったのが悔やまれる。終盤、両チームとも疲れてラインが間延びしているだけに、ゴールが
 生まれる可能性は大きいか。体力的には限界に近いだろうので後は精神力の勝負になるか。

●後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   クロアチア   0   14   5   7  16  52   0   0   1
     トルコ   0   7   1   2  18  48   3   0   1

●延長:試合展開
  92 CRO    :クロス→オリッチ、エリア内で倒れる           笛無し
  95 TUR SOG:トゥンジャイ左S                   ※GKセーブ(CK)
  97 CRO 交代2:オリッチ(OUT)、クラスニッチ(IN)
  99 TUR S  :セミフ右S                       枠上
 102 TUR S  :トゥンジャイ中ミドルS               ※※枠左
 105 TUR    :ニハト左クロス                     DFクリア
 107 TUR ▲YC:アシュク                     CARD▲アシュク 次停
 117 TUR 交代3:ニハト(OUT)、ギョクデニズ(IN)
 118 TUR S  :左CK:→中HS                    枠上
 119 CRO SOG:モドリッチ右クロス→クラスニッチ中HS      GOAL★CRO 1-0 TUR
 +2 TUR SOG:GKフィード→こぼれ→セミフ中ミドルS      GOAL★CRO 1-1 TUR

●延長:コメント
  延長はトルコが優勢に試合を進めるが、119分にクラスニッチがゴールを決め、クロアチアのベスト4
 は堅いかと思われた。ただ、ロスタイム終了直前のプレイでセミフが同点弾をたたき込む。クロアチア
 に取っては悔やんでも悔やみきれない失点となってしまった。

●PK
    CRO 1:モドリッチS右中                    枠右            ×        CRO 0-0 TUR
    TUR    1:アルダS中下                            GOAL            ○        CRO 0-1 TUR
    CRO 2:スルナS右中                            GOAL            ○        CRO 1-1 TUR
    TUR    2:セミヒS右下                            GOAL            ○        CRO 1-2 TUR
    CRO 3:ラキティッチS左下                枠左            ×        CRO 1-2 TUR
    TUR    3:アルティントップ右下            GOAL            ○        CRO 1-3 TUR
    CRO 4:ペトリッチS右中                    GKセーブ    ×        CRO 1-3 TUR

●コメント
  チーム力や技術力を冷静に分析すれば、トルコの劣勢は明らかだろう。ただし、精神力に関しては
 トルコがトップであることは間違いないだろう。正GKを出場停止で欠いたことで替わりに出場した
 リュシュトゥとDFラインは、お世辞にも安定したプレイとは言えなかった。何度もクロアチアの
 突破を許し、ピンチなシーンを作り出したがそれをどうにか守り抜いた。攻撃も、前半はほとんど
 仕事が出来なかったが、時間が経つに連れ、スタミナと精神力で相手を圧倒した。PKに関しては
 運頼みの面が強いが、ロスタイムでの劇的ゴールで追い付いたトルコが精神的に圧倒的に優位に
 立ったのは間違いない。ただし、ボラルとトゥンジャイを出場停止で欠くベスト4は、今日以上の
 苦戦を強いられることは間違いないだろう。

  3試合目で主力を温存出来たクロアチアだが、90分のうちに何度もあった決定機を生かせない事で、
 徐々にジリ貧になっていった。それでも残り1分にクラスニッチのゴールで逆転したときには勝負あり
 かと誰もが思ったはずだ。逆に決定的な状況になったからこそ、そこから追い付かれたショックで
 PK戦は勝負にならなかった。不運といえばそれまでだが、序盤のチャンスを生かせなかったあたりが
 経験の無さということになるのだろう。ベスト8という成績は決して悪くない。ただ、それを健闘で
 済ませられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/19

[EURO2008] #25 ポルトガル v ドイツ

フィジカルがテクニックを凌駕した…、というほどドイツは下手ではなかったですけどね。

●スタジアム
  ザンクト・ヤコブ・パルク  バーゼル
  気温:24度  湿度:50%  天候:晴れ→雨  ピッチ:乾燥

●試合結果
  ポルトガル 2 - 3 ドイツ

●審判
  ペーター・フロジュフェルト(SWE)

●ラインアップ

 ポルトガル[POR]
              21 Nゴメス(C)

      11 シモン     20 デコ      07 ロナウド

          10 モウチーリョ  08 ペティ

  02 フェレイラ*Y 16 カルバーリョ  15 ペペ    04 ボジングワ*Y

               01 リカルド
  サブ:
    12 ヌノ    22 パトリシオ  03 アルベス   05 メイラ*Y  06 メイレレス  09 アルメイダ 
    13 ミゲル*Y  14 リベイロ   17 クアレスマ  18 ミゲル*Y  19 ナニ     23 ポスティガ
  監督:
    フェリペ・スコラーリ

 ドイツ[GER]

                11 クローゼ

   20 ポドルスキ   13 バラック(C)*Y   07 シュバインシュタイガー*Y

         15 ヒツルスペルガー  06 ロルフェス 

   16 ラーム    17 メルテザッカー  21 メッツェルダー  03 フリードリヒ

              01 レーマン

  サブ:
    12 エンケ  23 アドラー  02 ヤンセン  04 フリッツ  05 ベスターマン  09 ゴメス 
    10 ノイビル  14 トロショフスキ  18 ボロウスキ  19 オドンコール  22 クラニイ
  監督:
    ハンス・ディーター・フリック
  出場停止:
    08 フリンクス(負傷)  ヨアヒム・レブ

●前半:試合展開
 04 POR    :カット→ロナウド左ドリブル、クロス           GKキャッチ
 07 POR    :モウチーニョ中フィード→デコ左H→           GKキャッチ
 09 GER SB :右FK:ヒツルスベルガーS               壁
 10 GER S  :ヒツルスベルガー右ミドルS               枠右
 11 POR    :ボジングワ右クロス→Nゴメス              あわず
 12 GER    :メッツェルダー右エリア内で倒れる            笛無し
 15 POR SOG:デコ中スルーP→シモン右S               GKキャッチ
 18 GER    :シュバ右ドリブル、クロス                DFクリア(CK)
 18 GER S  :ヒツルス右クロス→バラック中HS            枠上
 19 POR    :Nゴメス→ロナウド                   DFクリア(CK)
 20 POR S  :ボジングワ右クロス→モウチーニョ中BS        ※枠上
 22 GER SOG:ポドルスキ左ドリブル、クロス→シュバ中S     GOAL★POR 0-1 GER
 24 POR    :モウチーニョ、膝をねじる→治療後復帰
 26 POR ▲YC:ペティ、メッツェルダーを引っかける        CARD▲ペティ
 26 GER SOG:左FK:シュバ→クローゼ中HS          GOAL★POR 0-2 GER
 29 POR    :デコ左クロス                      DFクリア(CK)
 31 POR 交代1:モウチーニョ(OUT)、メイレレス(IN)
 31 POR    :右FK:シモン→デコ中                 S出来ず
 32 POR    :ロナウド右クロス                    DFクリア(CK)
 33 GER    :バラック中→ヒツルス                  オフサイド
 33 POR    :ボジングワ右ドリブル                  ミス
 35 POR    :中フィード→ロナウド左クロス→Nゴメス         S出来ず
 37 POR    :左CK:                        GKキャッチ
 38 POR S  :メイレレス中ミドルS                  枠上
 38 POR    :中フィード→ロナウド                  あわず
 40 POR SOG:シモン右→ロナウド左S                ☆GKセーブ
 40 POR SOG:こぼれ→NゴメスS                GOAL★POR 1-2 GER
 45 GER SOG:バラック左ミドルS                  ※GKセーブ
 +1 POR S  :ロナウド左ドリブルS                 ※枠右

●前半:コメント
  序盤はポゼッションでもドイツが圧倒。特に右サイドのシュバインシュタイガーとフリードリッヒが
 フェレイラを抜いてチャンスを作る。そして22分、好調のポドルスキが左サイドを突破してクロス、
 それにシュバインシュタイガーがあわせて先制、さらに26分にシュバインシュタイガーのFKにクローゼが
 あわせて大きくリードする。ただ、ポルトガルもシモンのスルーにロナウドがあわせ、最後にNゴメスが
 押し込んで1点差まで詰め寄る。ただ、中1週間のポルトガル勢に対し、中2日のドイツ勢だけに、
 後半のスタミナがカギとなるか。

●後半:試合展開
  46  POR S  :デコ中→メイレレス中S                                  枠左
  48  GER ▲YC:フリードリッヒ、ロナウドを倒す                    CARD▲フリードリッヒ
  49  GER ▲YC:ラーム、シモンを倒す                              CARD▲ラーム
  51  GER S    :バラック左クロス→ヒツルス中S                          枠上
  54  POR S    :右CK→ロナウド中HS                                  枠右
  55  POR       :ボジングワ右クロス                                      あわず
  56  POR       :ロナウド左クロス→Nゴメス                              GKキャッチ
  57  POR       :ボジングワ右クロス                                      DFブロック(CK)
  57  POR S    :右CK:シモン→デコ中H→ペペ中HS                  ※枠上
  59  POR SB  :ロナウド中ミドルS                                      DFブロック
  60  POR ▲YC:ペペ、クローゼを倒す                              CARD▲ペペ
  61  GER SOG:左CK:シュバ→バラック中HS                    GOAL★POR 1-3 GER
  64  POR SB  :ボジングワ右→メイレレス右MS                          DFブロック
  67  POR 交代2:Nゴメス(OUT)、ナニ(IN)
  68  POR S    :左FK:ロナウドS                                      枠上
  70  GER S    :ラーム左ミドルS                                        枠右
  71  POR SOG:ペティ中ミドルS                                        GKキャッチ
  73  POR       :デコ→ナニ右クロス                                      DFクリア
  73  GER 交代1:ヒツルスベルガー(OUT)、ボロウスキ(IN)
  73  POR 交代3:ペティ(OUT)、ポスティガ(IN)
  75  POR S    :ナニ中ミドルS                                          枠上
  75  POR S    :メイレレス中ミドルS                                    枠左
  78  POR SOG:デコ中ミドルBS                                        GKキャッチ
  79  GER S    :ポドルスキ中ミドルS                                  ※枠右
  80  GER       :ポドルスキ左クロス                                      DFクリア(CK)
  81  POR S    :シモン左ミドルS                                        枠上
  82  GER SB  :ロナウド中ミドルS                                      DFブロック(CK)
  83  GER 交代2:シュバインシュタイガー(OUT)、フリッツ(IN)
  85  POR       :デコ中浮き球→ポスティガ                                ファール
  87  POR SOG:ナニ左ドリブル、クロス→ポスティガ中HS          GOAL★POR 2-3 GER
  89  GER 交代3:クローゼ(OUT)、ヤンゼン(IN)
  90  POR ▲YC:ポスティガ、相手を蹴る                            CARD▲ポスティガ
  +1  GER S    :ヤンゼン左クロス→ボロウスキ中S                      ※枠左
  +2  POR S    :ナニ右ドリブルMS                                      枠上
  +3  POR       :ナニ左クロス→中                                        ファール
  +4  GER SOG:カウンター→ポドルスキ左S                              GKキャッチ

●後半:コメント
  さすがに決勝トーナメントという白熱した試合を制したのはパワーとフィジカルで勝るドイツだった。
 61分にCKにバラックが頭で合わせて再び2点差、その後、ポスティガのヘディングで1点差まで詰め寄ら
 れるも、どうにか逃げ切った。出場停止から復帰したシュバインシュタイガーがサイド突破とセットプレイ
 で持ち味を見せ、全得点に絡む活躍。そしてトップ下で左右に動いて攻撃に絡んだバラックと、左サイドで
 突破を見せたポドルスキの活躍が大きかったと言えるだろう。FWのクローゼにゴールが生まれたのも、
 良い流れと言えるだろう。予選でこそ苦戦したものの、強豪相手の快勝はさすが優勝候補、伝統的な強さ
 と言えるだろう。

  ポルトガルが悪いサッカーをした訳ではないが、ドイツのセットプレイを留めれなかったことがこの敗戦
 に繋がったと言える。ただ、ロナウドがマークされてうまく攻撃に絡めず。ボジングワのクロスは何度も
 見られたものの、相手の高いDFラインの前にFWが前線で仕事を出来ず、ミドルシュートを打たされた事
 でリズムを失った感がある。高さ勝負で劣勢になるのは分かっていただけに、攻撃にしろ守備にしろ、
 何らかの対策が必要だったが、そのあたりが見えなかった。序盤のモウチーニョの負傷退場も、交代枠を
 1つ失ったという意味で不運だった。最後はタイトルの常連国と経験のない国の差が出てしまったという
 ことになってしまったのが残念ではある。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   ポルトガル   2  22   6   8  11  57   3   0   2
     ドイツ   3  11   5   3  15  43   2   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧