イベント/舞台

2011/08/13

[REPORT] TBSアニメフェスタ2011:IS<インフィニット・ストラトス>アンコール 『恋に焦がれる六重奏』

出演者
   内山 昂輝 (織斑 一夏 役)
   日笠 陽子 (篠ノ之 箒 役)
     ゆかな (セシリア・オルコット)
   下田 麻美 (凰 鈴音)
   花澤 香菜 (シャルロット・デュノア)
  井上 麻里奈 (ラウラ・ボーデヴィッヒ)

■自己紹介…

まずは、この冬に発売が決まった「アンコール」のPV上映。そしてメンバーが登場して自己紹介ですが、
全員での「来ちゃった」がいまいち決まらず。ということでメンバーごとの紹介に。

 日笠:篠ノ之箒役の日笠陽子です、てへぺろ~。
 ゆか:来ちゃった…。セシリア・オルコット役のゆかなです。よろしくお願いします。
 下田:来ちゃった。凰 鈴音役の下田麻美です。
 花澤:来てやったかんな!!

それ、シャルじゃない…(笑)

 花澤:うそ、うそ…。シャルロット・デュノア役の花澤香奈です、よろしくお願いします。
 井上:来ちゃった…。

それ、ラウラじゃない…。

 井上:貴様ら全員私の嫁にする! ラウラ・ボーデヴィッヒ役の井上麻里奈です。

どんだけ「来ちゃった」が好きですか…、それにしても花澤さん、芸人やなぁ(笑)

■特別編の見所

挨拶の後、先ほどPVを上映した特別編のお話。

 司会:今回はどんな話ですか?
 内山:ISが出てこない。プライベートの話で、みんなが尋ねてきます。
 井上:PVでオチが読めたでしょうが、抜け駆けする女子どもが見所です。
 日笠:花澤、花澤~。
 花澤:花澤言うな~!

確かに最初に抜け駆けしたのはシャルだが…(笑)

 井上:「来ちゃった」のところで大爆笑でした。
 花澤:大爆笑すな~!
 井上:あの部分はアフレコで何回も取り直しで…。
 花澤:こう「男の人がぐっとくるような感じ」とか。
 井上:是非ともあのシーンを見ていただきたい。

キャストさん的にも「来ちゃった」はツボだったようです。

 井上:ラウラに関しては突っ込みどころが満載で、可愛らしいラウラになっているので、そこを見て欲しい。

続いてシャルの話。

 花澤:シャルはああ見えてお料理上手なんですよ?
 観客:かなちゃんは?
 花澤:わたし~!? 私は、上手ですよ…。
 井上:何が得意なの?
 花澤:塩キャベツ…。
 日笠:お前は牛角か!
 花澤:ゴマと塩と油をどう配合するか、それがうまくできるので私は料理がうまいんです。

う、うん、まあ、料理しない人は塩キャベツなんか作らないから…。

 花澤:まあ、それはどうでもよくて…「来ちゃった」とか色々な台詞を言っているので聞いてください。

まあ、シャルについては「来ちゃった」が全てと言うことなのでしょう。続いて鈴の話。

 下田:鈴にも「来ちゃった」とか可愛い台詞があればいいんですが、そういうのは無くて…。メンバーがボケ
  ばっかりなので、ツッコミとして大活躍してます。あと、今まではラウラと話す機会がそんなに多くなかった
  けど、今回はべったりラウラと一緒です。ラウラ可愛いです。あのおでんとか。
 井上:(おでんは~四角いのと三角の…。会心の出来です。
 下田:ツッコミを入れつつラウラと戯れてます。

ここで、日笠さんの方を睨む下田さん。

 日笠:下田の話長いな~!
 下田:なんだよ~、せっかくプレゼントしたのに~。
 日笠:そうなんです、誕生日に焼き肉に行ってこの服もらったの。それで箒も赤だしって着てきたらみんなシックな
  装いで…。まあ、パジャマの人もいますけど…。
 内山:違いますって…。
 下田:囚人服?

どの現場でも、男性声優さんの扱いはぞんざいだなぁ…。

 下田:ともかく、今回はみんなの私服が見られます。(鈴は)2組ですが嬉しいです。

まだまだ2組にこだわる下田さんでした。続いてセシリアさん。

 ゆか:セシリアと言えば料理、私最高の料理を、ここぞとばかりに振る舞っております。おいしいよ、多分…。

そ、そうかぁ…。

 ゆか:何入れたらあんな色になるんでしょうね…。
 井上:タバスコ2本ぐらい入れてましたね…。
 ゆか:あと、唯一のISシーンは鍋加熱です。

いや、鍋を加熱するのに普通はISはいらないはずだが…(笑) そして箒さん。

 日笠:こう、影が薄いって言われてましたが、幼なじみだね。これ言っちゃっていいのかな、後半あたりで
  あんなシーン、こんなシーン…、舞いを踊ります。
 観客:踊って!
 日笠:えっ!?
 井上:そういう振りだったよね。

一同の視線を受けて、グルグルまわる日笠さん。いや、それは舞いじゃない、多分…。

 日笠:早くおわんねぇかなぁ…、このステージ。

ちなみに、一夏君に関しては

 内山:この人たちに混じって頑張ってます。
 下田:なんで、そんなよそよそしい…。

まあ、一夏目当てでIS見る人はそんなにいないでしょうから。

■イベントDVD

続いてイベントDVDの話。

 日笠:楽しかった。こう振りは下田さんがつけてくれたりね。
 下田:先生が付いているのに、私がやってしまった情けない振り付けを…。
 井上:でも、覚えやすかった…。
 観客:踊って!
 日笠:踊ればいいんじゃない?

日笠さん、よっぽど舞いの件がいやだったようで…。と言うことで5人でエグザイル的な振り付けを披露。

 日笠:こんな感じのライブDVDです。

すごく楽しいイベントだったのだが、未見の人に魅力は伝わったのだろうか…(笑)

■メッセージ

そんなこんなで特別編とイベントDVDの告知の後、最後の挨拶に。

 井上:今日はサプライズでISのイベントでしたが、ステージに立てて嬉しいです。今後、なんか新しい展開が
  あったらいいなと。それも皆さんの応援があってこその事なので、今後もISをよろしくお願いします。
 花澤:このステージがサプライズでしたが、日笠さんが余計なことを言って…。
 日笠:でも好きでしょ?
 花澤:まあ、好きですけど…。楽しいステージでした。まだまだISは続いていくのでこれからもよろしく
  お願いします。

やっぱ、好きなんだ…(笑)

 下田:一年前のTBSフェスで新作でサプライズ出演したのですが、一年後に再びこのステージでご挨拶
  できて嬉しいです。ISがこれからも続いて色々なもの皆さんと共有出来たら嬉しいです。

おお、前の人と違ってまともな挨拶だ…。

 ゆか:一年たって同じステージに立っているけど、一年前と全然違って。去年は「初めまして~」って
  挨拶とかしたりしていたけど、今年は楽屋で「久しぶり~」とか言ったり。これからもっと仲良くなって、
  もっといい作品を作っていきたいので、これからもよろしくお願いします。

 日笠:一年ぶりにTBSフェスにISで戻って来て、でも一年前とは違うステージで。ぎゅっと濃い時間を
  過ごすことが出来ました。これもISを応援してくださる皆さんあってのことなので、これからもよろしく
  お願いします。

 内山:今日はあっという間でした。今日もやろうかな…

きちんと横一列に並んで

 内山:T
 日笠:B
 ゆか:S
 下田:×(かける)
 花澤:I
 井上:S

6人でポーズを決めてイベントおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[INDEX] TBSアニメフェスタ2011:プログラム内容

01) 映画けいおん! http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/
 出演者
   豊崎 愛生 (平沢 唯 役)
   日笠 陽子 (秋山 澪 役)
   佐藤 聡美 (田井中 律 役)
   寿 美菜子 (琴吹 紬 役)
   竹達 彩奈 (中野 梓 役)
 イベント内容
   ライブ1  
     ♪01 GO!GO!MANIAC HTT
   トークコーナー
   ライブ2
     ♪02 NO,Thank You! HTT

02) 電波女と青春男
 http://www.tbs.co.jp/anime/denpa/
 出演者
   大亀 あすか (藤和 エリオ 役)
   入野 自由  (丹羽 真 役)
   加藤 英美里 (御船 流子 役)
   渕上 舞   (前川さん 役)
   野中 藍   (藤和 女々 役)
 イベント内容
   トークコーナー
   ミニライブ
     ♪03 Os-宇宙人  大亀 あすか

03) IS<インフィニット・ストラトス>アンコール 『恋に焦がれる六重奏』 http://www.tbs.co.jp/anime/is/index-j.html
 出演者
   内山 昂輝 (織斑 一夏 役)
   日笠 陽子 (篠ノ之 箒 役)
     ゆかな (セシリア・オルコット)
   下田 麻美 (凰 鈴音)
   花澤 香菜 (シャルロット・デュノア)
  井上 麻里奈 (ラウラ・ボーデヴィッヒ)
 イベント内容
   トークコーナー
   栗林みな実スペシャルライブ
     ♪04 STRAIGHT JET  栗林みな実
     ♪05 あんりある パラダイス 栗林みな実
 レポート
   [REPORT] TBSアニメフェスタ2011:IS<インフィニット・ストラトス>アンコール 『恋に焦がれる六重奏』

04) 緋弾のアリア http://www.tbs.co.jp/anime/aria/
 出演者
   間島 淳司  (遠山 キンジ 役)
   釘宮 理恵  (神崎・H・アリア 役)
   高橋 美佳子 (星伽 白雪 役)
   伊瀬 茉莉也 (峰 理子 役)
   石原 夏織  (レキ 役)
 イベント内容
   武偵憲章1条「仲間を信じ、仲間を助けよ」
   バツゲーム
   ミニライブ
     ♪06 カメリアの瞳 中野 愛子
   メッセージ

05) まよチキ! http://www.tbs.co.jp/anime/mayochiki/
 出演者
   井口 裕香  (近衛 スバル 役)
   日野 聡   (坂町 近次郎 役)
   喜多村 英梨 (涼月 奏 役)
   花澤 香菜  (坂町 紅羽 役)
   伊瀬 茉莉也 (宇佐美 マサムネ 役)
   阿澄 佳奈  (鳴海 ナクル 役)
 イベント内容
   生キャラコメンタリー
   ミニライブ
     ♪07 Be Starters! 喜多村 英梨
     ♪08 君にご奉仕  近衛スバル、涼月奏、宇佐美マサムネ
   メッセージ

A)新作情報
   機動戦士ガンダムAGE    http://www.gundam-age.net/
   ペルソナ4アニメーション http://www.p4a.jp/
   輪るピングドラム     http://penguindrum.jp/
   キルミーベイベー     http://www.tbs.co.jp/anime/kmb/
   アマガミSS 第2期     http://www.tbs.co.jp/anime/amagami/

06) アマガミSS http://www.tbs.co.jp/anime/amagami/
 出演者
   azusa
 イベント内容
   ミニライブ
     ♪09 i Love   azusa
     ♪10 君のままで azusa

07) ラストエグザイル―銀翼のファム― http://www.lastexile-fam.com/
 出演者
   豊崎 愛生 (ファム 役)
 イベント内容
   トークコーナー
   第1話先行上映

08) 僕は友達が少ない http://www.tbs.co.jp/anime/haganai/
 出演者
   木村 良平  (羽瀬川 小鷹 役)
   井上 麻里奈 (三日月 夜空 役)
   伊藤 かな恵 (柏崎 星奈 役)
   山本 希望  (楠 幸村 役)
   福圓 美里  (志熊 理科 役)
   花澤 香菜  (羽瀬川 小鳩 役)
   井口 裕香  (高山 マリア 役)
 イベント内容
   スペシャル映像上映
   トークコーナー

09) アイドルマスター http://www.idolmaster-anime.jp/
 出演者
   中村 繪里子 (天海 春香 役)
   仁後 真耶子 (高槻 やよい 役)
   下田 麻美  (双海 亜美/真美 役)
   浅倉 杏美  (萩原 雪歩 役)
   長谷川 明子 (星井 美希 役)
 イベント内容
   ミニライブ1
     ♪11 READY!!  765PRO ALLSTARS
   アイのから騒ぎ
   ミニライブ2
     ♪12 The world is all one !!  765PRO ALLSTARS

10) ひだまりスケッチ×SP http://www.tbs.co.jp/anime/hidamari/
 出演者
   阿澄 佳奈  (ゆの 役)
   水橋 かおり (宮子 役)
   後藤 邑子  (ヒロ 役)
   新谷 良子  (沙英 役)
 イベント内容
   ひょう点
   SP上映
   ミニライブ
    ♪13 気まぐれジャンケンポン 阿澄佳奈/水橋かおり/新谷良子/後藤邑子
    ♪14 スケッチスイッチ    阿澄佳奈/水橋かおり/新谷良子/後藤邑子
   告知&メッセージ
    ひだまりスケッチ第4期 製作決定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/11

[REPORT]N±はじめました。 第2部

日時
  2010/12/11(Sat)  18:00 - 20:30
場所
  shibuya DUO
出演者(敬称略)
  植田 佳奈
    後藤 麻衣
    佐藤 利奈
    清水 香里
    生天目 仁美
    松来 未祐
リンク
  [なばためです。]ありがとう http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day-20101211.html
  [なばためです。]改めて http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day-20101212.html
  [植田佳奈公式サイト。]ライブ終わって、締め切りで。 http://blog-edge.com/uedakana/index.php?day=20101214
  [ごまぶろ。]ライブでした http://ameblo.jp/mai-goto/day-20101212.html
  [Rina Diary]えぬぷらすまいなす!! http://yaplog.jp/rinyannyan/daily/201012/12/
  [かおりじなる。]N±はじめました。 http://ameblo.jp/shimizu-kaori/day-20101213.html
  [松来未祐日記]ありがとうございました~! http://blog.excite.co.jp/matsukimiyu/d2010-12-11/

1)第2部も開演です。

レポート原稿を書きながらお腹を満たして会場前へ。隣もライブということで大混乱の中入場、
左の柱脇をキープ。どうにか右は見えそうです。そして時間にあのナレーション。

   

 能:みなさんこんにちは、能登麻美子です。元気ですか。お~、いい返事ですね、でもその元気は
  もうちょっとライブまで蓄えておいてください。それではライブを楽しむためのお願いですが、
  携帯電話の電源はオフにしてください、はい、いい子ですね。そして撮影、録音、周りの人との
  喧嘩などはしないように、みんなで楽しいライブを作りましょう。それでは、開演までしばらく
  おまちください、以上、能登麻美子でした。

そしてバンドさんの準備の後、開演。

♪ 01) Non☆Stop☆ShiN's

 立ち位置1:後藤 清水 松来 植田 佐藤
 立ち位置2:  清水  松来  植田
           後藤  佐藤

MC無しで続けて。

♪ 02) 薔薇されたいっ

 立ち位置:後藤 清水 松来 植田 佐藤

なばさんが不在なので松来さんがセンター。

2)司会は利奈さんです

 佐:第2部へお越しいただいてありがとうございます。まことに遺憾ではありますが…、第2部の司会を
  やらせていただきます、佐藤利奈です。
 植:遺憾って、罰ゲームじゃん…。
 佐:恐ろしい子…。私が司会なんで振ったら答えなきゃならぬよ。私を助けてくれて良いんだよ!

なんだろう、罰ゲームの司会なのに上から目線だ(笑) ともかく自己紹介、今度は一部とは逆に左側から。

 後:後藤麻衣でございます。聞くところによりますと物販の売れ行きがとてもよかったそうで、
  ありがとうございます。最後までがんばるので応援よろしくお願いします。
 客:しみず!
 客:しみずかおり!
 清:ありがとう、フルネームで。清水香里です。昼から来ていただいた皆さんには心配させましたが、
  スカート無事切りました。

それはどう考えても無事ではない(笑)

 清:2部は誰かのポロリがあるかもよ。N±のライブ、私たちは完売するとは思ってなかったのに沢山の
  方に来ていただいて、アラサーの私たちの体力が心配ですが、皆さんの力をぶっちゃけちゃってください。
  明日日曜だし、倒れてもいいじゃん。

もとよりその覚悟です(笑)

 客:カミーユ様~。
 松:おまえの恋をかなえてやろうか? なんでも相談してください、恋愛のことでも。松来です。
  もうアラサーには入らないかも知れませんが…。
 客:そんなことない!
 松:やめて、励まさないで。2部はなばがいないので、私が最年長なの。最年長の松来です、年齢の限り
  がんばりますので盛り上がってください。

年齢のことを言われると心と耳が痛い、偽まる先生と同年代の人です(笑)

 植:こんばんわ、ありがとう、疲れたかと思ったけど、早く夜の部をやりたくてしょうがなかったです。
  テンションマックスですが、途中でばてないように皆さんの元気を分けてください。

えっと、確か名乗ってなかったような気がする(あんま自信なし)。

 佐:さて、残念な女と言われることの多い我々ですが…。
 松:ちょっといい!?
 佐:どうぞ。
 松:私、ネイルショップでN’SのDVD流してたら「もてそうな皆さんですね」て言われたの。
 全:いい人だ~。
 清:今度からそこでやってもらおう、専属の店ってことで。
 佐:私がぼんやりしてても、受け入れてくれるみんなが大好きです。


3)なばさんのいないソロパート

なんて利奈さんがまとめたところで帰る一同。

 佐:あれ、これ、帰っちゃう流れ?
 清:いまから利奈様のオンステージだ!

客席をあおるだけあおって去っていく清水さん、やっぱりあんた鬼だよ…(笑) 
1人残された利奈さんが、けなげにトーク。

 佐:歌うと悲しい曲ですが、心を込めて歌います、椎菜になって歌います。

♪ 03) ごめんねLOVE

 佐:ありがとうございました。

MC無しで退場、続いて登場する清水さんと植田さん。

♪ 04) したい!なりたい!乃木坂メイド隊

しかし途中で歌詞が出てこない清水さん…。

 清:やっちゃった…。びっくりして歌の最中に「あっ!」って言っちゃった…。
 植:笑っちゃった…。
 清:違うの、ここらへんが指さすの、そこ。指ささないの!

客席のせいにするかおりん、言い訳は禁止です。ともかくMC開始。

 清:(手持ちのボンボンを見せて)これは、ふつうの埃払いです。
 植:まだ未使用です。
 客:汚い!
 清:黙りなさい、君たち!

はい、すみません、言ってませんけど(笑)

 清:しまった、自主イベントだけど怒られちゃう…。

もう遅いですけどね(笑)

 植:よぼうか?
 清:うん、せーの、
 2:みかさま~。

呼び声に答えて後藤さん登場。

 後:そでで笑っちゃいました。むっちゃおもろい。
 清:私生まれ変わるから…。
 後:この後の香里ちゃんに期待ですね。

そんな感じで2人退場。

 後:さて、昼の部に来た皆さんはこの後の流れはご存じだとおもいますが、その通り行きます。

なんて割り切りだ、さすがごまちゃん(笑)

 後:みんな、のぎすく~!
 全:のぎすく~!
 後:ありがとう、なんかうれしい~。ラジオはだいぶ昔の話だったのに覚えていてもらって。
  乃木坂ラジオの最初のテーマソングを聞いていただきたいと思います。

♪ 05) みかづきぼっくす!

  2番の歌い出しが、ちょっとはやく苦笑。

歌い終わって…。

 後:しまった、油断して歌いだしをとちってしまった。1部あんまりミスしなかったから、なんか
  2部でやるとおもってたんですけど…。

と言うことで、植田さんを呼ぶ後藤さん。

 後:かなさま~、やっちまいました…。
 清:やっちまったか。こっちもかおりんが…。
 後:なにを?
 清:マイクのかわりにもやもやをハイってスタッフに渡してました…。

ドジっ娘の披露はステージでお願いします(笑)

 ご:では、かなさま、軽妙なトークでつないでください。

そして水を飲む後藤さんの傍らで、お約束の「どこからきたの?」の質問、今回の最南端は福岡だそうだ。

 後:福岡でライブやりたい。
 植:北海道もいいね。
 後:石川とか。
 植:仙台、京都とかもいいね。
 客:青森!
 後:最近、いきやすくなったしね。

ライブというより旅行の話になってないか…。とりあえず放浪好きの麻美子様がいなくてよかった。

 植:私、カシオペアで青森まで行きたい、でも1週間ぐらい休みないと無理か…。
 後:私、昔帯広まで寝台で帰ってました。
 植:え~、どれくらいかかるの?
 後:上野を朝の9時に出て、翌日の12時につくんです。1日半かかりました。
 植:北海道のどこ?
 後:帯広です。
 植:帯広いいよね。
 後:何にもないんです、でもそれが北海道っぽいんです。まさに北海道のイメージ。
 植:昔、北海道の温泉いったけど、湖の中の温泉があって、冬凍らないと入れないの。でも氷の上
  歩くから、寒い中震えながら行ったの。
 後:冬の露天風呂は最高。いつまで入ってものぼせないし。タオル回すと凍るし。
 植:露天風呂ライブとかいいかも…。

いや、いいけど、湯船につかるのは出演者か、それとも客席か、どっちなんだ(笑)

♪ 06) ス、キ、ダ、カ、ラ、ダ、カ、ラ

  立ち位置:後藤 植田

コメントなしで清水さんが登場。

♪ 07) 4989 09

  立ち位置:清水 後藤 植田

歌い終わってMC。

 後:生まれかわった!
 清:みんなありがとー!
 後:(香里ちゃん)アイドルみたい。
 清:好きな食べ物はイチゴパフェで~す。

ぶりぶりな清水さんに、若干切れ気味の2人。

 植:ここでおいて帰りたいけど…、
 後:香里ちゃんのソロじゃないから。
 清:でも、スカートが無事でよかった…。
 植:どこ?
 清:ここ。
 後:見せなくていいから!
 清:私、ちょっと疲れてる?

まあ、清水さんだしいいんじゃないでしょうか。人はそんな便利には出来ていないですよ(笑) 
そんなわけで、次の人を呼ぶことに。名前を出さないと呼べないのですが、

 植:どうしようか?
 清:ぱきゅーんでいいんじゃね?
 後:じゃあ、せーので「ぱきゅーん」って

もう、誰が出てくるかバレバレな訳です。ここで出てくる松来さんを押し戻す後藤さん。

 後:なにもなかった。
 植:じゃあ改めて…。
 3:せーの、
 全:ぱきゅーん!
 松:「ぱきゅーん」じゃないよ、「ばきゅーん」だよ!!

若干照れながら松来さん登場。

 3:ぱきゅーん、ぱきゅーん!
 ま:ば、です。ちなみに「はきゅーん」でもないです。
 3:じゃあ、よろしくお願いします。

そして松来さんを残して去る3人。

 松:えっと、この曲はみなさんの協力がないと歌えないので、一緒に歌ってください。
 客:ぱきゅーん。
 松:「ばきゅーん」なので、ボケとかいらないから。「パ」じゃなくて「バ」です!

♪ 08) ときめきフォルテッシモ

 松:絶対ぱきゅーん言ってた人いるでしょ、手あげて。
 客:は~い!
 松:めっ!

いや、「めっ」て言われても…(笑)

 松:えっと…。

袖をみるのですが、つなげのサインが出た様子。

 松:最近舞台の稽古をしているのですが、後輩たちもいて、「松来さんって大先輩だから大事にしないと
  いけないと思ってたんですが、ぞんざいに扱っていい人だと気がつきました」なんてことがありました。

後輩さんグッジョブ。そして袖をみるのですが、なかなか出てきてくれません。

 松:みんな、恋いしてるの~?
 客:してるー!
 松:え~、なんで!?

なんでって言われても(笑)


4)全員集合、大騒ぎです。

 さすがに出てくる一同。

 佐:すばらしいナイストークでした。
 植:香里ちゃん、生足!
 清:見せようか?
 佐:なんか、一部では、佳奈ちゃんが、いつものカラを打ち破った衣装で…。
 松:かなちゃんがおっぱい?
 佐:違う!

松来さん…。どうしてそういうことを言うかな、最年長なのに(笑)

 佐:まあ、おっぱいのはなしをしてもいいけど、みんな恥じらいを持ちなさい!

そんな脱線の後、普通のトーク。でも、してもいいんだ…(笑)

 佐:一部はポロシャツでね、にわか衣装部だったんですが、この人数をそろえるのがすごく大変で、
  プロはすごいなって…。

むしろ二部で衣装を変えてきたことに驚きました。2回回しの客としては嬉しくはあるのですが。

 佐:いろんな人に手伝ってもらって、いろんな方のサポートを受けて、みなさんが来てくれて、
  なりたってます。

といい話で終わろうとしたところで。

 佐:佳奈ちゃんが普段はロングなのに一部はミニスカートで…。
 植:そこに戻るんだ!
 佐:戻るよ! かなちゃんのスカート一部で見た人?

かなりの人が手を挙げる。

 佐:見たい人?
 客:みたい~!
 植:7、8年ぶりのミニスカートです。
 後:これから出して行きたいですね。
 清:佳奈ちゃん、膝よりした禁止!
 植:なんで…。
 後:はい、私、いつもミニスカート担当なんで、ロングはきたいです。
 佐:いいんじゃない?
 後:すそにひっかかってころびそうですけど…。
 清:やぶれちゃうよ…。

もう、なんの話をしてるんだかわかりません(笑)

 佐:もう司会飽きて来ちゃった。
 植:はや!
 佐:だって、なんか腑に落ちないもん。相談しても「しょうがないじゃん」って誰もかばってくれない。
 清:歌う時間なくなっちゃう…。
 客:ナイトイベント!
 佐:いいなナイトイベント。
 清:パジャマパーティ、いいね。ネット禁止、つぃったー禁止で…。
 佐:ブログでやること募集したりね。無茶ぶりはだめですよ、何せ自主イベントなんで。
 清:そろそろ、かなちゃんが(宝くじで一山)当てると思うの。N±は植田佳奈の提供でお送りします。
 植:私出れるのかな?

でも、佳奈さんだと、そういうビックリなこと、やってくれそうな気はする(笑)

♪ 09) ネオ・やまとなでしこ

 立ち位置:清水 植田 生天目 佐藤 後藤

MC無しで続けて。

♪ 10) 無敵のLove&Peace!

 立ち位置:清水 植田 生天目 佐藤 後藤

 植:あっついわ…。
 松:みんなも暑いですか~。
 後:柱の陰の皆さん、みえますか~。
 佐:N’SとN±は柱好き、柱の記憶を共有してますね。
 後:柱越しに透視できますよ…。
 佐:私たちのほんとの姿を、ダメでしょ!?
 客:え~!
 さ:まさかの反響…。

えっちなのはいけないと思います!

 佐:私がMCすると、あっちがしゃべらなくなるの、なんかしゃべって!

切れ気味の司会者に言われてトークを始めるまるなげ組

 清:もともと「まるなげ」でコーナー作ったんだよね。
 植:「2月のライブがすごく楽しかったので」といってたら、スタッフさんがコーナーを作ってくれて…。
 清:「チケットはいくらぐらいまでならこれるか」とか、皆さんに相場を教えてもらって。
 植:こんなユニットがあるよとか。
 清:こんなグッズ売ってるよとか。
 植:「まるなげ」も、「のんぷろでゅーさー」なんで…。
 清:えっ?
 植:間違えた、ノンスポンサー。
 後:佳奈さんが間違えるの珍しい。
 清:そんなことないよ。リハの時、結構間違えてるの。すごくきれいな振りで顔色一つ変えず間違えるから、
  みんなが「えっ!?」って…。
 植:顔に出ないの、動揺してても…。
 清:一部でも、実はかなちゃんソロパート歌ってないし…。
 植:いいの、映像入ってないから。あと、2月のライブでうたってないのは私じゃないから!
 佐:ま、まあ、そのあたりは…。

よっぽど悔しいんだろうなぁ…(笑)

 植:こうやってばかしあい…。ばかしあいはよくないか。
 客:じゃれあい!
 植:そう、じゃれあいながら和気藹々ととやってます。
 松:このまえ私と香里ちゃんがつぃったーで応酬してたら、最後に佳奈ちゃんが「ま、どっちも
  妄想ですけどね」って…。
 植:これがiPadの実力だ!
 清:あいぱっどでなにやってるんだろうって思ったら…。てっきり調べ物とかしているのかと…。

さすがアイパッド、そして佳奈さん!

 佐:こう、N±はみんなキャラがかぶらなくて、うまく分かれてるよねと、川瀬Pとかにも言われます。
  個人個人の色が違うから良いんで。皆さんの愛でふくらんでますが、応援しないとしぼんでいくので
  よろしくお願いします。

おおー、ナイス司会。多分、この中だと一番司会うまいよな(笑)

 佐:今度は深夜イベントとかしたいですね。
 客:カウントダウン!
 植:それはダメ!
 佐:滑りにね。
 清:もう、予定が入ってます。
 植:Nマイナスで。携帯電話で出演とかいいよ、Skypeとか…。
 客:ゆーすと!
 植:ユーストとかやりたいよね、今日のライブも流せばよかった…、ってだめだめ!
 清:ライブって映像が残らないのがいいんだよ 。

ダメなのは権利関係かな、どじったからかな(笑)

 佐:それではラストの曲になりました。
 客:え~。
 さ:つらいけど心を鬼にして行きます。

♪11)秘密推奨 うるとlove

 曲間に「ありがとうございました、××でした」

 全:ありがとー

退場する一同、

5)アンコールでスペシャルゲストです

そしてアンコール。一部同様スタンドマイクが配置。

♪ 12) クリスマスをやめないで!

  立ち位置:清水 植田 松来 後藤 佐藤

歌い終わってMC。

 植:こういうのも(Tシャツ)あまり着ないですね。
 佐:こういうも出していきましょう。実はこれスカートで穴とかあいてるんですよ。
 後:みていい?
 佐:内緒だよ…。

なんてことをしながら、MCへ。

 佐:めっちゃ盛大なアンコールで、皆さんの気持ちに助けられあした。ここですごいゲストが…。
 清:スペシャルゲストですね!
 植:もしかしてあの人が!
 後:え~!

客席中に大きな期待の色が見える中、申し訳なさそうになばさん登場。

 生:ただいま、ただいま、ただいま…
 客:なばため、なばため!

客席から大きな生天目コール。

 生:ちょっとやめて~!

とりあえずだまらせてトーク。

 生:仕事終わって帰ってきました。普通にそことか通って行きました。はい、みんな汗かいてない?

みんなにタオルをなばさん。

 客:なばのは?
 生:私のはあそこに、一部から起きっぱなし立ったの。かえってきてくれてありがとう。

横浜ライブのグッズのタオルです。おお~。

 佐:本当は主人公のはたのとか呼ぼうかとおもったけど、N±ですから…。
 後:でも、せっかく来たんだからただでは返しませんよ。
 客:うたえ、うたえ!
 生:わかった、歌うよ。でも、色々準備があるからさっき歌った曲ね。「戸惑いビターチューン」を。

客席拍手。

 生:それが一番歌っているから。よかったら一緒に歌ってください。みんな踊ればいいじゃん!

♪ 13) とまどいビターチューン

 皆さんは後ろで手拍子。

 生:有り難うございました。
 客:ひとみ、ひとみ!

今度はひとみコール。もう、客席大騒ぎ(笑)

 生:ひとみって言うな~、恥ずかしいんだって!
 後:盛り上がりますね~!

ホント、なばさん人気者です。そして、利奈さんの方をみる一同。

 さ:まだ司会だったんだ。誰かやって。
 5:…。
 後:誰もそのバトン受け取りませんよ。

ここでようやく告知のコーナー「アニメ店長」と「ファフナー」

 清:18日に来る人?

そこそこ手を挙げる。

 清:そこはうそでも言いから手を挙げてね!
 客:は~い!
 清:よしよし、
 後:Nプラス、客席にプレッシャーかけるから…。

いや、かけてるのは清水さんだから(笑) そしてファフナーの舞台の話題。

 松:初めての舞台なのに主役やります。33歳なのに中学生役を…。

そしてコミケで同人誌を出す話、そしてそして…。

 清:一部で発表したライブですが、日付が決まりました。2月11日金曜日、祝日です!
 生:え~、知らなかった。
 清:あとでゆっくりとね。
 生:時間ないじゃん!

もっともです。

 清:これなかった人もいるので追加公演ってことでね…。
 客:場所は?
 清:続きはwebでね。
 後:みんな、知ってるところだから。
 客:どこ?
 後:そんなのいえな~い。
 客:武道館!
 客:アリーナ
 客:ドーム!
 清:みんなが友達100人集めてくれればね。ともかく来年もよろしくお願いします。

さらって無理難題をいなす清水さん、さすがです。でも、場所が言えないって、まだ正式契約してないのかなぁ(笑)
そして最後の歌

♪ 14)ひとさしゆびクワイエット!

  立ち位置:清 植 松 生 後 佐

 コメント:ありがとうございました、××でした。

 佐:みんな手をつないじゃえよ
 全:またね~。
 清:バンドさんに拍手~。
 全:有り難うございました。
 清:気をつけてかえってね!

そして無事終了。

 能:以上を持ちまして公演は終了しました。ちょっと早いけれどN±からのクリスマスプレゼント
  どうでしたか、そうですか。おうちに帰るまでがライブですので気をつけてかえってくださいね、
  以上、能登麻美子でした。

6)感想再びです

  すごく楽しいライブではありましたが、柱は邪魔でした。あと、やっぱり椅子は欲しかったです。
 横浜と比べると人数が少なかったせいか、イザコザやおしあい等がなかったのはよかったです。
 でも、スタンディングの2回回しは、どうなんだろうとは思いました(笑) ただ、1部と2部で
 曲構成が違うのは素直に感心しました。でも、それって2回来ないと全部見れないってことなんですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT]N±はじめました。 第1部

日時
  2010/12/11(Sat)  13:30 - 15:00
場所
  shibuya DUO
出演者(敬称略)
  植田 佳奈
  後藤 麻衣
  佐藤 利奈
  清水 香里
  生天目 仁美
  松来 未祐
リンク
  [なばためです。]ありがとう http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day-20101211.html
  [なばためです。]改めて http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day-20101212.html
  [植田佳奈公式サイト。]ライブ終わって、締め切りで。 http://blog-edge.com/uedakana/index.php?day=20101214
  [ごまぶろ。]ライブでした http://ameblo.jp/mai-goto/day-20101212.html
  [Rina Diary]えぬぷらすまいなす!! http://yaplog.jp/rinyannyan/daily/201012/12/
  [かおりじなる。]N±はじめました。 http://ameblo.jp/shimizu-kaori/day-20101213.html
  [松来未祐日記]ありがとうございました~! http://blog.excite.co.jp/matsukimiyu/d2010-12-11/

1)開演前です

ライブという事で渋谷へGOなわけですが、どうして渋谷の坂上はこんなに治安が悪いかなぁと(笑)
ホテルに囲まれたライブハウスの前に群がる沢山の人、迷惑だよなぁ。そしてライブハウスに入ると
2本の大きな柱…。携帯の電波も入らないのですることなく時間をつぶす。
 そして5分前に開演前メッセージ。

 の:みなさんこんにちは。元気ですか。お~、いい返事ですね、でもその元気は
  もうちょっとライブまで蓄えておいてください。それではライブを楽しむためのお願いですが、
  携帯電話の電源はオフにしてください、はい、いい子ですね。そして撮影、録音、周りの人との
  喧嘩などはしないように、みんなで楽しいライブを作りましょう。それでは、開演までしばらく
  おまちください、以上、能登麻美子でした。

最初「誰だろうな~」と悩んでいたというのは内緒だ。

2)開演です

時間になったところで暗転、バンドメンバーが入場した後、メンバーが登場。

♪ 01) Non☆Stop☆ShiN's

 立ち位置:後藤 清水 生天目 松来 植田 佐藤

MC無しで次の曲

♪ 02) 薔薇されたいっ

曲が終わって。

 生:すごい熱気だ!
 植:熱いよね!
 清:みんな元気か!
 客:おー
 生:すばらしい!

ということで挨拶ですが、なにやらステージ上でもめてます。お願いですから、自己紹介の順番ぐらいきめて(笑)
ともかく、利奈さんの方からという事に決定。

 佐:私から…。
 植:麻衣ちゃん、オチね…。
 後:しまった…。私、第一部は司会をやらせていただきます。3回、とばしたので。
 佐:私は1.5回
 生:2回!
 佐:そうか、2回か…。

釈然としない様子ながら自己紹介を始める利奈さん。

 佐:来てくださってありがとう、佐藤利奈です。今日は盛り上がってかえってください。
 植:植田佳奈です、こんにちわ。すごいですね~。2月のライブもすごかったけど今日こうやってみると、
  より距離が近くて。一緒に騒いでこれからどんどん盛り上がって行きましょう!
 松:私の言うとおりに恋愛すれば大丈夫。なぜかカミーユと言うあだ名の松来未祐です。なばちゃんと
  一緒にみんなと歌えてうれしいです。今日はよろしくお願いします。
 生:どうも、みなさんこんにちは、生天目仁美です。
 客:バジーナー!!
 生:違うでしょ、作品が!! そんなわけで、今日はよろしくお願いします。
 清:みなさん元気ですか?
 客:お~!
 清:ホントに元気ですか!?
 客:お~~!!
 清:ありがとうございます、清水香里です。今日はホントにギュウギュウ詰めで熱いですが、水分補給
  とかして怪我の無いように、終わるまでがライブですからね~。
 後:こんにちわ、後藤麻衣です。お前ら物販でちゃんと買ったか!
 客:おー!
 後:自主イベントですんで、皆さんの愛の力が私たちの力になりますので。

ということで無事自己紹介終了。しかし、自己紹介から物販って(笑)

3)ソロパートです

 清:それでは、生天目さん、お願いします。

なばさん以外退場、そしてなばさんの前にはあのスタンドマイク。

 生:懐かしいですね、このスタンド。でも、この曲疲れるんですよね、皆さんついてきてくださいね!

♪ 03) 誘惑ヴァイオレット

 生:ということで一曲歌わせていただきました。一仕事終わって少し安心です。
   乃木坂と言えばメイドさんですよね~。それではどうぞ~。

♪ 04) したい!なりたい!乃木坂メイド隊

 立ち位置:清水  植田
 曲の中でバンド紹介。いいけど早くない?(笑)

歌い終わってMC。

 清:ありがとー。
 植:メイド隊と言えば、次にお呼びするのはご主人様ですよね。せーの。
 2:みかさま~!

そして右から登場する後藤さん。

 後:どうも、すみません…。みかさま水飲んでいいですか?
 2:どうぞどうぞ…。

そんなやりとりの後、二人が退場。一人残される後藤さん。

 後:寂しいですが、がんばります。みんな、のぎすく~!
 客:のぎすく~~!!
 後:わかってんじゃん、さすが。この中でラジオ聴いてた人?

ほとんど手を挙げる。

 後:優秀~。

そりゃ、乃木坂と言えばラジオは必須アイテムでしょ。

 後:今日はそのラジオの主題歌だった曲を初めて歌います。

♪ 05) みかづきぼっくす!

歌い終わってMC。

 後:なんとか歌いきりました。1人で連続で2曲とかはつらいので、私と言えばこの方、という人を
  お呼びしましょう。ななみさ~ん。
 植:みかさま~、可愛かったですよ~。
 後:ありがとうございます。

ここで客席に来た場所を確認。

 後:遠くから来たと自信のある人?
 客:北海道!
 後:北海道!?
 植:すごい。年末行くから、よろしくお願いします。
 後:(スキーのマネ)これですか…。

そんなトークの後曲へ。

♪ 06) ス、キ、ダ、カ、ラ、ダ、カ、ラ

 立ち位置:後藤  植田

MCなしで清水さんが加わる。

♪ 07) 4989 09

 立ち位置:清水  後藤  植田

歌い終わったのですが、なにやら清水さんがバタバタしている様子。

 清:大変…。
 植:どうしたの?
 清:スカート破けた…。
 植:ホントに!?
 清:私、なんかこの衣装ダメみたい、2月のライブでも…って、わざわざ言うことないか。
 客:え~!

なんて思わせぶりな(笑)

 清:DVD持ってる人?

ほとんど手を挙げる。

 清:じゃあ、知ってんじゃん。

派手にすっころんだそうです。要チェックですね。
そしてここでスペシャルなゲストの登場ですが。

 清:羽多野くんでは?
 植:くればいいのにね。
 清:来てるのバレバレですね。羽多野渉君で~す。

いや、ゲスト席をネタにするって、羽多野君、可哀想すぎ。

 植:じゃあ、みんなで呼びましょう、せーの。
 3:あきちゃーん
 松:どうも、81プロデュースの松来です。

トークが始まるかと思いきや、ここで退場する3人。

 松:というわけで松来未祐です。あ、セクシーです。遠目からが可愛いと思うので、近くの人は目を細めて
  見てください!

いきなり客席に無理難題を…。

 松:すみません。

本人も重々承知のようです(笑)

 松:じゃあ、せっかくなので、やっていい、やっていいよね。この曲にはみんなの協力が必須なので
  一緒に歌いましょう。

♪ 08) ときめきフォルテッシモ

松来さん退場。

4)全員集合です

退場と同時にそれ以外の皆さんがトレーナー姿で登場。あれ、利奈さんはソロ無し?

♪ 09) ミラクルTRIAL!

 立ち位置:清水 植田 生天目 佐藤 後藤

この曲を聞く度にいつも思うのですが若いっていいなぁ…(笑)

 植:どうもです、熱くない、みんな?
 生:私たち走りすぎた。がんばりすぎたよね。

とってもがんばったと思います。

 後:あのかたをお呼びしましょう。
 生:みんなわかってるよね、様付きだよ。せーの!
 全:カミーユ様!

松来さん再登場。同じ水色トレーナー。そして背中の背番号の話題。

 清:29:これ、ひどいよね…、あとでいいます。
 植:69:誕生日?
 生:78:私はわかりやすい
 松:81:事務所愛です。移籍したら着れない…。
 佐:52:わかる人はわかるよね。
 後:50:ごとーだから。

そして問題の清水さんの番号の説明。

 清:私、誕生日だと3桁になるのでって、いない間にみんなが「清水だから432で」とか言うので
 「それは絶対いや!」って。で、どうしようかと思って、お肉が食べたいなって…。

微妙な悪意を感じるのはなぜだろう(笑)

 生:番号が利奈ちゃんがやってくれました。
 佐:あんまり働いてなくて…。自分のやったら簡単だったんで「私がやるよ~」って言ったけど、
  他の人のは大変だった…。
 生:誰が一番大変だった?
 佐:髪が一番長い小悪魔さん…。

一同、植田さんを見つめる。

 植:え~、でも、8が大変っていってたじゃん!
 佐:そうかと思ったけど、8は丸が少なかった。
 生:私は衣装サブだけど、あまりしなかった。あと、知らない間に「まみこ係」とか書いてあって。
  OP前の放送を考えて麻美子に言わせた。まあ、私が聞きたいことを言わせただけだけど。

ちなみに、髪飾りも麻美子さんがつけてた物、相変わらずラブラブです。

 植:乃木坂といえばコミケですが、コミケで同人誌出します。正確にはパンフレットですが今日の様子も
  載ります、落ちなければ…。スケジュールがタイトなので…。

「N±同人誌始めました」と言う名称だそうです。是非ともがんばって落とさないでほしいです。

そんなトークのあと、なばさんを残して退場する一同。

5)お別れです

 生:私、ソロが多いんですが、なんでかというと、お昼しかでれないので。この後仕事があるんで、
  ライブが押したら最後までいれないかも…。

どんだけぎりぎりな…(笑)

♪ 10) とまどいビターチューン

歌い終わる。

 生:みんな、準備できてる?

袖に語りかけるなばさんだが様子がおかしい。

 生:できてないとか言わない、早く来て!

まだ出てこない…。

 生:あと10分じゃないよ!

ようやく出てくる一同。そして司会の話に。

 佐:ショックですよ、みんな1回ぐらいポカしても。
 松:罰ゲーム怖い…、絶対やりたくない。
 清:でも、ある日帰る前に「香里ちゃん、今日(ブログ)忘れないで」、って言われた。優しいの…。
 佐:こういうのがダメなのか。

利奈さんはいい人だからなぁ、弱いけど(笑) ここで、突然、佳奈さんの足を気にし始めるなばさん。

 植:どうしたの?
 生:(かなさん)えろくね~。私は学生には見えないけど、1人だけお店の人みたい…。
 清:かなさん、ミニスカートめずらしい~。
 植:8年ぶりぐらいかな~。
 生:生足だよ生足~。

集まってくる一同、触ったりした…様子。

 植:おかしくね~、まあ、かってのアイドルメンバーなので。

どうやら黒歴史ではない様子、よかったです(笑)

 植:今日の振り付けは、そのときのメンバーだった森永理科ちゃんがやってくれました。
 清:1曲ぐらい一緒に踊ればいいのにね…。
 植:そういう話してないから…。
 生:夜ならできるんじゃない、私はいないけど…。

さすがなばさん、自分がいないときはどうでもいいと(笑) そのあと告知で「アニメ店長の舞台」の話題の後、
松来さんのでるファフナーの舞台の話。

 松:私33歳なんだけど、中学生役で出ます。みんな見に来てくれますか~。
 客:は~い。
 松:顔、覚えたからね!

だから、客席を脅さない(笑)

 後:そんなわけで、最後の曲になります。
 客:え~。
 後:みんな最後まで盛り上がってね!

♪ 11) 無敵のLove&Peace!

  立ち位置:清水 植田 生天目 松来 佐藤 後藤

歌い終わって、

 全:ありがとうございました~。

バンドさんも含めて退場。

6)アンコールです

当然アンコールのコールですが、しばし後、スタッフさんがスタンドマイクを持ってくるのは…(笑)
  黒いN±のTシャツに着替えた一同が登場。

♪ 12) クリスマスをやめないで!

  立ち位置:清水 植田 松来 後藤 佐藤

利奈さんの背中だけしっかり見えてたような。実に色っぽいです…。

 清:アンコールありがとうございました。
 客:なばは?
 植:なばは、と言う声がありましたが。
 清:呼びません!

おい…(笑) まあ、当然呼ぶわけですが、なばさん登場と同時に黙る一同。

 生:どうしたの、みんな、しゃべればいいじゃん!

そうなんだけど、やっぱりなばさんに頼りたいのです。

 後:ライブが始まるとあっと言う間、もうアンコールですよ。
 植:ですね。
 生:グッズの話とかは…。
 松:私、今回グッズ担当で、みんなに色々聞いたんですが、業者さんに「パンツは何種類ありますか」って
  聞くのがすごくはずかしかった。
 植:みんな、パンツにいくら出せるんだろうね。
 生:そんな会議を飲み屋でしてました。

普通のパンツならともかく、N±のですからねぇ、いくらだって出すと思う(笑)

 植:飲み屋で、だいたい合コンやってるのね。
 清:トイレいくと女の子が盛り上がってて。
 生:男は隣の部屋で盛り上がってるし…。

あー、飲み屋の個室ってそういうもんなんだ(笑)

 生:ここで告知がありますが…。

しかし、誰も言おうとしない。なぜ…(笑)

 植:私は同人誌の告知したし…。

なぜか視線がごまちゃんに…。

 後:2月にライブやっちゃいます!

いきなり…。当然客席大興奮(笑)

 清:詳しい情報は後日ホームページで。

実はまだ決まってないんでしょうか…(笑)
そういうわけで最後の曲。

♪ 13)ひとさしゆびクワイエット!

 曲間のコメントは「きょうはありがとうございました、××でした」

 全:ありがとうございました

7)感想

  とりあえず、柱邪魔です。全体を通して利奈さんのお姿がかなりの時間見えなかったのが心残りです。
 取りあえず、次はもう少し左側で、右サイドが見えるポジションを狙ってみたいと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/23

[REPORT] 劇場版「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」舞台挨拶

日時
  2010/01/23(Sat)  17:10 - 17:30
場所
  池袋シネマサンシャイン
出演者(敬称略)
  杉山 紀彰    衛宮士郎 役       
  植田 佳奈    遠坂凛 役            
  諏訪部 順一    アーチャー 役   
関連リンク
  [公式] 1/23 舞台挨拶レポート  http://www.fatestaynight.jp/theater.html
  [gigazine] 劇場版 「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」公開初日の舞台挨拶、「上映する前にひとつ問おう。ここはリリカルなのはの劇場ではないぞ」 http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100123_fate_movie_event/
  [アニメイトニュース] 『劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS』劇場公開で初日舞台挨拶――「台本が分厚くて重かった」植田佳奈さんへ[の音響監督からの衝撃(?)アドバイスとは!? http://www.animate.tv/news/details.php?id=1264238082
  [電撃オンライン] 劇場版『Fate』本日封切り!! 池袋には杉山&植田&諏訪部が舞台あいさつに! http://news.dengeki.com/elem/000/000/230/230660/
  [マイコミジャーナル] 激しいアクションとスピード感に注目! 劇場版『Fate/stay night』初日舞台挨拶  http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/01/24/fate/index.html
  [BLOG ANIME PRESS]「劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」舞台挨拶  http://blog.geneon-ent.co.jp/AnimePress/2010/01/_fatestay_night_unlimited_blad.html

1)ご挨拶

本当は上映後が取りたかったのですが売り切れてしまったのでしょうがない。来れただけいいと思わないとね(笑)ということで上映前に皆さんのご挨拶。TBSの若いアナウンサーさんが司会の様子。

 杉:今日は公開初日だが、皆さんと一緒にいられるのをありがたく思う。ネタバレは避けつつ色々な話をしたい
 植:逢坂凛役の植田佳奈です。劇場版の話を聞いたときには「えー」って感じでようやくやるんだって感じ。
  皆さんにお届けできてうれしく思う。わざわざ劇場まで足を運んでくださって有り難うございます、
  今日は皆さんと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。
 諏:きてくれた皆さん、始めに言っておくが、ここは「リリカルなのは」の劇場じゃないぞ~。ここは「Fate」の
  劇場だ。そのあたりよろしく。

もう、オタク心を擽るネタに場内爆笑です(笑)

 諏:入るなりポップコーンの甘い香りが漂ってますが…。

さすが映画館という感じです。普段のイベントではポップコーンの香りはなかなかないですからね。

2)劇場版を聞いたとき。

 諏:「ほんとに~」って感じでで。でも、TVシリーズをやってるときから「劇場版やりたいね~」って
  話はあって。
 植:うんうん。
 諏:一向に話がないので「なくなったかな~」と思ってたら、スケジュールの問い合わせとかが来て
  「ホントにやるんだ~」って。
 杉:他のアフレコ現場で「きいた?」とか言われて。そろそろ動くんですって言われたときも「え~」ではなく、
  ついに劇場だってうれしく思った。
 植:フェイト以外の作品尾スタッフから「楽しみにしてます」って言われることが多くて。1年ぐらいは
  「またまた、ゆめでしょ」って思ってたけど、ホントにかなって「夢じゃないんだ」ってうれしかった。

劇場版ってかかる作品はほんとに時間がかかりますからね。実現してよかったです。


3)アフレコ現場

 諏:休憩を細かくとってもらって、フェイトは激しいアクションが多いので、ハイテンションが続いて体力を
  使うけど優しい現場だった。その瞬間瞬間、完全燃焼出来た。その場その場で盛り上がれた。

そして映画の見所に関しては…。

 諏:まさかあそこで銀河パトロールが…。暗黒大魔王が士郎を…。

おいおい、いつからそんな話になったんだっけ(笑)

 植:台本がこれくらいのが2冊あって女の子には重かった。現場に入るなり音響監督さんから「台本重いから
  破っちゃおうか」っていわれて、それを破るのがいい気分転換になった。最初、久しぶりで絵にあわせる
  ことができるかな、台詞が多かったので、私のせいで終わらなかったらどうしようって悩んでいたけど、
  破ることによってすっきりした。

さすが辻谷さんだなぁ、役者心がわかってるよ。しかし、女性に持てない台本渡すなよ(笑)

 諏:ゲームもあったけど、あれは一人だし。他のキャストと一緒にやるのは違う。まして劇場版は絵が大きい
  ので口が動くのが目立つのでいつも以上に気を使った。あと、これだけ大きいスピーカーなので低音がすごく
  響くので多楽しんでください。中田譲治さんの声を。

そっか、見所は譲治さんかぁ、納得(笑)

 杉:アフレコが始まる前は緊張していたけど、スタジオの中に入って逆になんかほっとした。頑張ってやろう
  とか、あまり変な緊張はなかった。面白いこと言えなくてすみません。

いや、まあ、お笑いは諏訪部さんに任せておけばいいと思うぞ(笑)

 諏:音響監督もわかってると思うから頑張っていこうって感じで。

そりゃ、辻谷さんですしね。


4)映画の感想

 杉:ちなみに見たことない人?

かなりの人が手をあげる。そりゃそうです。みんな舞台挨拶が初見か、「なのは」をまず見てますって(笑)

 諏:「考えるな、感じろ」ってことで。スピード感のある構成で、寝られないと思います。瞬きをしていると
  勢いに憑いていけない感じで。まさかあそこで大天使ミカエルが…。

ハイハイ、それはわかりましたから(笑)

 杉:ものすごいスピード感で、戦闘シーンに振り回される。あっという感じで作品に入り込んでいるうちに
  終わった。眠気なんておそってくる暇がない。
 植:アクションも格好いい。男性陣が格好いい。士郎もアーチャーも、そして関さんも神谷さんも…。
 諏:なんでそこで本名に?

まさか役名を忘れちゃったってのがありそうで怖いです(笑)

 植:ギルガメッシュもキャンサーも、格好いい。サディスティックでカッコいいので女性の方は期待して欲しい。
  もちろん男性の方も。

でも、僕はセイバーさんと凛ちゃんと桜さんを見に行きますけどね。


5)会場の皆さんへのメッセージ

 諏:今日は劇場にわざわざ足を運んでくださってありがとうございます。皆さんに挨拶が出来てうれしいです。
  Fateの魅力を余すところなく堪能してください。自分のイメージが出来ると思います、最高のリア充の自分が。

いや、リア充ではないのでよくわからないなぁ荒い

 植:今日はありがとうございました。UBWをプレイした人は楽しみにしていらっしゃると思いますが、期待を
  裏気ならない出来になっていると思います。瞬きをしているあいだに2、3シーンを見逃してしまうくらい
  激しい展開です。最後まで見てもらえるとうれしいです。

さすが大人版のゲームをプレイしたかなちゃんです(笑)

 杉:初日に来ていただいてありがとうございます。今日見ていただいて、ホントに素でもう1回見たいねという
  感想をもってもらったら、役者冥利に尽きると思います。そしてお友達にも見てもらえたらいいかと想いますが、
  そのあたりは皆さんに判断していきたいと思います、これからも皆さんと一緒に「Fate」を盛り上げていきたい
  と思います。

そして、メディア用にポーズをとったりする3人。大変だ(笑)

 諏:まったくふれてないけど和服です。凜に会わせてみました。

最後に、アニメTV向けと言われてポーズを取る3人ですが…。

 諏:どうすればいいでしょうか、動画対応?

手を振る3人。

 諏:フェイト最高!

いや、もう、諏訪部さんすごいよ。役柄はシリアスなのに…。という感じで主役の杉山さんとヒロインの佳奈ちゃんの
存在がすっかり霞んでしまいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/02

2009年に参加したイベントの一覧

参加イベント数(複数ステージも1回とカウント)

 01 01/24 「乃木坂春香の秘密」"N's+姫宮みらん" ジョイントトーク&ライブ
 02 03/20 TAF2009
 03 03/22 地球Note DVD「能登麻美子 Style」発売記念イベント
 04 03/27 「のら犬兄弟のギョーカイ時事放談」 FESTIVAL(オールナイト)
 05 03/29 メディファク 春のアニメフェスティバル
 06 04/12 STARCHILD PRESENTS STARCHILD FESTIVAL 2009 SPRING

 07 04/19 鉄のラジオバレル in DVD発売記念イベント
 08 04/26 地獄フェスティバル09
 09 05/03 春だ!正義だ!ラインバレル祭り! 昼の部
 10 05/03 春だ!正義だ!ラインバレル祭り! 夜の部
 11 05/09 「PandoraHearts」スペシャルイベント「Knave of Hearts」
 12 06/05 ウマいよ!地球防衛ランチ~残さず食べてね 昼の部
 13 06/05 ウマいよ!地球防衛ランチ~残さず食べてね 夜の部
 14 06/07 ウマいよ!地球防衛ランチ~残さず食べてね 昼の部
 15 06/21 うみねこのなく頃に&プリンセスラバー 先行上映
 16 06/27 tvkアニメ祭り
 17 06/28 「クイーンズブレイド 流浪の戦士」DVD発売記念イベント1回目
 18 06/28 「クイーンズブレイド 流浪の戦士」DVD発売記念イベント2回目
 19 07/18 Michie&Uraraの”遊びにおいでよ in Summer O(≧▽≦)O 昼の部
 20 07/18 Michie&Uraraの”遊びにおいでよ in Summer O(≧▽≦)O 夜の部
 21 08/22 TBSアニメフェスタ
 22 08/26 星に願いを Fantastic Cat 舞台挨拶
 23 08/28 星に願いを Fantastic Cat 舞台挨拶
 24 09/27 メディファク 秋のアニメフェスティバル2009
 25 10/03 電撃キャラクターフェスティバル2009
 26 10/04 電撃キャラクターフェスティバル2009

 27 10/11 能登麻美子 & 生天目仁美 & 後藤麻衣 トークショー in 蒼翔祭
 28 10/18 『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』DVD発売記念イベント
 29 11/14 4thシーズンDVD発売記念トークイベント(東京会場 第1部)
 30 11/29 OVA「かのこん~真夏の大謝肉祭~」発売記念トークショー アニメイト
 31 11/29 OVA「かのこん~真夏の大謝肉祭~」発売記念トークショー ゲーマーズ
 32 12/20 アニメ「クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者」第1巻発売記念トークショー 1回目
 33 12/20 アニメ「クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者」第1巻発売記念トークショー 2回目
 34 12/26 サクラ大戦・巴里花組ライブ ~燃え上がれ自由の翼~ 
 35 12/27 サクラ大戦・巴里花組ライブ ~燃え上がれ自由の翼~ 昼の部
 36 12/27 サクラ大戦・巴里花組ライブ ~燃え上がれ自由の翼~ 夜の部
 37 12/30 年末だよ!のら犬兄弟のギョーカイ時事放談スペシャル

1ヶ月あたり3回か~。まあ、そんなに多くはないよな~。青印が複数作品のステージを見たイベント。

人別観賞ステージ数(同一イベントの複数ステージは複数回カウント)

  22  能登麻美子
  11  川澄綾子 
   8  生天目仁美
   6  植田佳奈 
   5  後藤麻衣 釘宮理恵  福山潤  
   4  阿澄佳奈  花澤香菜  皆川純子 喜多村英梨  佐藤利奈 鳥海浩輔
   3  かないみか 井上喜久子 園崎未恵 柿原徹也 関智一 高垣彩陽 高木渉  小桜エツ子  小西克幸
      小島幸子  菅沼久義  鷹森淑乃  中村悠一   長沢美紀  島津冴子  陶山章央  内田直哉  日髙のり子
      白石涼子  堀江由衣
   2    斉藤千和  伊瀬茉莉也  下田麻美   加藤英美里  茅原実里  戸松遥  佐藤聡美   寿美菜子 小清水亜美
      小林ゆう  清水香里   石田彰  千葉進歩  沢城みゆき  中原麻衣  豊崎愛生  野中藍 
   1  遠藤綾    後藤邑子 平野 綾   他 計53人

# 大沢事務所にはホントにお世話になってます。っていうかまみまみ働き過ぎだよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/20

[REPORT] アニメ「クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者」第1巻発売記念トークショー: 能登麻美子/生天目仁美 夜の部

日時
  2009/12/20(Sun)  16:00-17:00
場所
  コミックとらのあな秋葉原店 B1F イベントスペース
出演者(敬称略)
  能登 麻美子  (能:) 衣装は関連リンクを参照
  生天目 仁美  (生:) 
  田中 信作   (田:)
関連リンク
 [なばためです。]クイーンズな感じ  http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day2-20091220.html#main

0)開演前
  制作者トークを堪能した後2回目。参加者は10人くらい増えたような気がするけどやっぱり100人のキャパは
 埋まらず。そして座席番号もやっぱり50番台で後ろ。右サイドになったので、若干見やすいのが救いか…。

1)登場&アイスブレーキング

前回同様、二人を呼び出した後、早々に退散する田中さん。

 能:トモエ役の能登麻美子です。今日はよろしくお願いします。
 生:シズカ役の生天目仁美です。よろしくお願いします。

まあ、ここまでは挨拶なんですが。

 能:なば。
 生:なぁに、まみこ?
 能:好きよ。
 生:え~、いきなり言われるとビックリだよ。私も好きだよ!

イチャイチャは問題ないけど、まみまみから仕掛けるってのは珍しい気がする(笑)

 生:もうちょっと近くによってもいい?
 能:私たち、バカかって思われてないかな?
 生:大丈夫だよ、みんな慣れてるし。

そうですね、二人が出てるのにイチャイチャしてないのは寂しいです(笑)

■話す事がない…

 能:今日はトークイベントですが。
 生:少し寒くなってきましたね。皆さんお風邪などお召しにならないように…、って終わりの挨拶みたいですが。
 能:まだはじまったばかりですからね。

ここで終わりにされたら参加者泣きます(笑)

 能:見渡すと、一部にもいらした皆さんがいくらか…。

ははは(笑)

 生:もう、話す事無いよね。全然違う事話、しちゃダメかな。クイーンズブレイドに関係のない話…。
 能:私も、それいいな~って思った。

田中さんからのOKも出たのでそういうことに…、ってOK出すんだ(笑)

■お芝居

 生:麻美子、今年一年どうだった?
 能:今年は過ぎるのが早かった。一年があっという間で。お芝居とかしたし…。
 生:やったやった。見に行けなかったの~、ごめんね~。
 能:いいのいいの~、ありがと~。

あんたたち、やっぱバカ…(笑)

 能:いろんなことがやりたいって、やっていると一年がアッという間に過ぎた。あと、イベントとかで皆さんと
  お会い出来る機会が多かった。

去年、22ステージでまみまみを見たらしいです。全部見れたワケじゃないのでもっと出演なさっているわけで…。
相変わらず鉄人です(笑)

■舞台の魅力

 生:私もお芝居やった。
 能:素敵だった、ホント素敵だったよ。
 生:ありがと~。

行きたかったのですがスケジュールが合いませんでした。次こそは…。

 生:舞台やると感覚が変わるよね。
 能:それは凄くあった。箱の大きさや作品によって違うし、空間の違いというか…。イベントもこれくらいの
  ところと大きなところでは違うんだけど。
 生:普段の仕事でオーディションを受けるんだけど、キャラはこんな感じでって記号的に置き換えて、ヒロイン
  だとこんな感じ、お姉さんだとこんな感じって言う感じで芝居をして、そういうのに惑わされすぎてた。
  長い間やっていると、相手が求めているものをやろうとしすぎるっていうか。
 能:型っぽくなるところはあるよね。
 生:オーディションを繰り返していると、それが分かりづらくなる。でも、舞台とかやるとその気持ちが
  リセットされる。

さすが、劇団出身だけあってウンチクのあるお言葉です。

 生:今回私がやった舞台は凄くシンプルで、表現とかをあまりしない舞台で、台詞を置いていく感じだった。
  普段の仕事では大きく見せることが多いけど、舞台ではそぎ落としながらやっていた。1回舞台をやると
  そこからリセットされた形になって、同じ道をやるにせよ、違う道をやるにせよ新鮮に思える。そういう
  意味でも舞台をやってよかった。
 能:私も、舞台をやらせてもらって新たな発見があった。舞台の後、朗読劇とかもやらせてもらって、いつもの
  仕事プラスアルファな事をやって。気づいたらこうなってた。まっさらになった感じ。
 生:変に凝り固まっていたところがほぐされたというか、新しい箱になったと言うか。違う事をやると自分の
  視野が広がる。
 能:それは趣味でもいいんだろうけど、お芝居だと仕事に繋がるところが多い。

体を使うか使わないかの違いはあっても、基本的に演技だから近いものはあるはず。

 能:クイーンズブレイドのオンエアを見てて、「今やったらこれとは違うトモエが出来そう」って思うときがある。
 生:でも、その時しか出せない自分がいたりするのも確か。そのあたりが今の仕事は面白い。
 能:アニメーションは1話あたり3,4時間で終わって完結するけど、お芝居は毎回お稽古して、舞台が毎日あって、
  それでも一つとして同じ芝居がない。
 生:舞台は独特。作っては壊し、また作っては壊していく仕事…。

確かに舞台をやって、はまって、そちらにどっぷりと言う人は多いようです。しかしまみまみ単体ならともかく、
このコンビにしては珍しく奥の深い話でした(笑)

2)トークコーナーですが…

■麻美子、舞台にはまる!?

 生:休憩時間、ずっとこんな話をしてました。
 能:そうだね。
 生:あれ~、もう45分だよ~って
 能:そろそろ、クイーンズブレイドの話にもどらなきゃいけないですかね?
 田:もっと聞きたい!

作品のプロデューサーさんが購入者イベントでそういうことを言ってていいんでしょうか。参加者としては大歓迎
ですが(笑)

 能:今、田中さんが輝いて見えました。こんなメーカーさんがいらっしゃるんだって…。

まあ、まみまみがうれしそうだからいいですけど、普通はいない。きっと二人を呼んだ時点で色々あきらめたんだと思う(笑)

 生:この一年、麻美子は充実してたよね。
 能:今まで何かをやりたいって事をあまり言わないで来て、やりたいことが無い訳じゃなかったけど、そういう
  のはご縁ものだと考えていたので、与えられたものに全力を尽くそうと思ってやってきた。でも舞台はまた
  やりたいと思った。それで(マネージャーさんに)「舞台やりたい、1年に3回ぐらいやりたい!」って
  言ったら「ダメです!」って。「じゃあ1回」「それくらいなら…」ってやりとりをしてた。
 生:周り、事務所の協力がないと舞台は出来ないからね。

まあ、年に1回ぐらいがいいのかな~とは思います。見る方としても(笑)

 能:なばの来年は?
 生:普段の仕事って引き出しを開けっ放しで、えるものもあるけど出て行く方が多い。だから、映画や芸術とかに
  触れるようにしていた。日常生活を楽しく生きないと、引き出しが一杯にならないなと。来年は新しいことに挑戦したい。

なかなか格好いいコメントですが、具体的に何をしたいのかはよく分かりませんでした(笑)

■来年のライブって…

 生:そうだよ、来年ライブだよ~!
 能:ホントだ。

いや、それ、ジェネオンさんの…。

 生:そっちは5人だからいいけど、私は1人だよ。
 能:これ、言っちゃっていいのかな…。

心配しつつも、田中さんが何も言わないので続けるまみまみ。

 能:すごい試みだよね。
 生:そういうことも挑戦だと思って頑張ります。
 能:今、いろんな物が、ぐわ~っと来ている感じです。
 生:いろんな物を吸収していこうと思う。
 能:1クール、2クール、毎週アフレコがあって、それで始まりがあって終わりが見える。物語の中でも毎回
  始まりと終わりを毎回意識してやっている。明確に始まりと終わりがあるのは凄くいとおしいと思う。始まりと
  終わりを感じられるのは凄くいとおしい。
 生:わかる~。
 生:まみこ…。
 能:なば…。

はいはい。でも、さすがに他会社のライブのトークはどうなんだろうなと思わないでもなく(笑)

■それは面白いか?

 能:最近、面白いことあった? なば。
 生:コンタクトレンズが割れた。好、コンタクトレンズして、「目が痛いな~ゴロゴロするな~」って思って
  レンズを見たら、割れてて凄く落ち込んだ。

出来れば入れる前に気づきたいところです(笑)

 生:前にハードコンタクトレンズを右目に2個入れたことがあったけど。入れた後「あれ、ない!?」ってやって、
  そういえば2回同じ事やったなって事があったけど。

そっちの方がどじっ娘っぽい気がしますが(笑)

 生:どうしてコンタクトが割れていることに気づかないのか。家で半泣き状態になっていた。
 能:大丈夫?
 生:病院に行って見てもらったら「傷はないけど炎症が起きてるから、2,3日やめた方がいいです」って。

まあ、大事に至らなくて、しかもメガネななばさんを生で見れたと言う意味では良かったかなぁと(笑)
[なばためです。] めがね  http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day1-20091220.html#main

 生:久しぶりにメガネかけたけど、メガネって疲れるよね~。
 能:なんかすごい似合うよ~。
 客:似合う~。
 生:ありがとう。皆さんのお心遣いに感謝します。
 能:てっきりファッションかなんかかと。最近だて眼鏡とかあるし。
 生:昨日は凄く痛がゆかったけど、日にちが経ったらだいぶ落ち着いた。

だから、かっこいいメガネ姿で颯爽と登場したわけですね。

 生:私、凄く目が悪いから、メガネがないと、前の人がメガネしているかどうかも分からない。後は目と鼻が
  あるな~、ってくらい。
 能:あ、人間なんだ~、ってぐらい。

まあ、目が悪い人は、そうなんだけど、人間って…。

■コンタクトって落ちるんだ…。

 生:麻美子も目が悪いよね。
 能:悪い。
 生:ソフト?
 能:ソフトなの。高校生の時にコンタクトにしたけど、初めはハードだったの。当時何万円とかしたんだよね。
 生:今もするんじゃないかな。
 能:買って3日ぐらいで、バス停の溝に落としたの。それで親が怒って新しいのを買ってくれたんだけど、
  一週間と立たないうちに洗面所に流したの…。
 生:あるよね~。
 能:で、親が切れてそれ以来ハードは買ってもらえなくなった。

ソフトだと落としても問題無いのかなぁ、ソフト=使い捨てってことかな?

 生:私、ソフトも試したことあるけど、乱視でソフトは会わないって。私も高校の時おとしたんだけど、ちょうど
  みんなで帰っているときで、落としたって探してもらった。で、暗くなってきたので近くの交番でサーチライト
  借りて、それがすごい明るくて見つけたの!
 能:見つけたんだ~。
 生:で、無くした事は怒られなかったけど、遅く帰ったから怒られた…。
 能:ヒヤっとするよね。

僕も寝てる間に時々メガネが行方不明になるから大きな事は言えないけど、二人ともどじっ娘過ぎると思う…(笑)

■青春バレーボール

 生:高校の時、部活が厳しくてわざとコンタクト落としたりしたことがある。
 能:なば、バレー部だったよね
 生:私、こう見えてもバレー部でして。「私は試合に出ます!」って泣きながらいうようなすごい練習をする
  クラブで…。私、部活のせいでスイカが食べれなくなったの。
 能:スイカ?

なぜに突然スイカ…、とまみまみでなくても思います。

 生:こう、練習がきついけど、ご飯は残しちゃダメって言われて…。
 能:ご飯?
 生:こう、合宿とかでね。一杯出てくるのを吐きそうになりながら食べてたの。あるとき、父兄の方がスイカを
  差し入れして下さって、それが一人1個ぐらい。
 能:よかれと思ってやったんだろうけどね。
 生:でも、沢山のご飯を食べた後、スイカを泣きながら食べてて、それでスイカが嫌いになった。

いかにも運動部らしいエピソードです。確かにボール投げとかすごいからな、なばさん(笑)

■麻美子らしい!?

 生:麻美子の高校時代は?
 能:高校時代は…。

ここで微妙に巻きのサインが出た様子。

 能:かいつまんでお話しすると。
 生:するんだ…。
 能:高校の時は華道部でした。
 生:似合うよ、麻美子っぽいよ。

図書委員よりよっぽど麻美子っぽいよ(笑) 

 能:前からやっていたってのもあるんだけど、厳しい部活はイヤだったので。今にして思うとそういう思いを
  しておいた方がよかったかなと…。
 生:まみこはしなくていいよ。華道とか茶道とかやってたんだから今の麻美子があるんだよ!
 能:私、なばみたいになりたかった…。
 生:ならなくていいよ! ねんざしても泣きながら「試合に出たいです!」って言うんだよ。ならなくていいよ!

でも、ジムにストイックに通うあたり、「熱血でもオッケー」かなとは思うけど、どうなんだろう(笑)

3)映像紹介

トークが一息ついたという事で、映像を見るコーナー。今回は台本に書いてある内容をきちんと説明する二人ですが。

 生:ちょっと恥ずかしい思いをしながら喋るわけです。

そんななばさんの締めの一言。間違ってないけど、ホントに恥ずかしいのかな…(笑)

■ガイノス学園OVA

 生:(スタンバイ画面)パイオニア…。

再生機のメーカーを呟かれてもリアクションに困ります…。

 生:ホント、絵もきれい。
 能:ここの後だけど、レイナが凄く男らしくなった。リスティも男らしいし…。
 生:無駄にポージングとかしてるし。隠す気もないし…。

そこで隠しているようじゃクイーンズブレイドじゃないですから(笑)

 能:(ガイノス学園の)建物、気になりません?
 生:なんなんだろうね?

確かに妙な造形ですが、話の本筋ではないので気にしてませんでした。

 能:(ユーミルと対峙)リスティ、ものすごく男らしい。
 生:さっき破れたんだからちゃんと服を変えようよ。どうしてわざわざ破れたのを…。
 能:みんな、実にいいスタイルで…。ユーミル歩きにくそうな服。

ヒラヒラしてるけどお婆ちゃんなんだよな、ユーミルは(笑)

 能:白い下着が多いよね。
 生:人気なのかしら?
 能:白い下着は好きですか?
 客:好きです。
 能:あ、そうですか…。そうだって、なば。

そこでどうしてなばさんに振る…。そもそもその質問もどうなんだ(笑)

■EDアイリバージョン

 能:ノンクレジットだと絵がしっかりみれるからいいよね。

しっかり見ていいのかっていう内容のような気もしますが(笑)

 能:黒って色っぽい。

さすがに、見たのが2回目ということで個人的には衝撃は少なかったです(笑)

■ゲームPV

 生:ゲームより胸がでかい気がする。
 能:そうかも。
 生:(トモエに)レイナが抱きつくシーンも異常にでかい。

言われるまで気がつかなかったけど、確かにみんな大きな胸が強調されている…。

 生:なんかゲーム、凄い機能があるんだよね。隠すというか…。
 能:カモフラージュ機能が。
 生:電車の中とかでそれをやると別のゲームに…。
 能:魔法のボタン。ちっちゃい子が乗ってきたときに、ぱって…。

確かに面白い機能ですけど、絵を隠す理由ないし戦闘も進んじゃうし。ということで使ってません(笑)

 能:持ち運べるのはいいですよね。

どこでも出来ると言う事と、やったらやめられないという、利点と欠点を身にしみていたりする今日この頃です(笑)

4)カードトークのコーナー

続いて、箱の中からキャラクターのカードを引き、そのキャラに関するトークをするコーナーですが…。

 生:とりあえず、カード引こうか…。
 能:そうだね、そこから全然違う話したりね。

それ、もはやキャラトークじゃないです(笑)

■ノア

 2:ノア…。
 能:もり、やま…、
 生:やま、美佳子ちゃん…。
 能:美佳子ちゃん、可愛い。どうしよう、終わってしまった。
 生:それ、連想ゲームだし…。

ホントに、しっかりしなさいまみまみ(笑)

 生:何でノアはクイーンズブレイドに出たんだっけ?
 能:ノアが出た理由…。
 生:森でいじめられてたから? それでクイーンズブレイドに出るの?

長老に「出なさい」って命令されたから出るんですけどね。

 生:これ見てると、胸が無い人は脱げないよね…。
 能:ノア、なかったね。
 生:後は、パンツ履いてないとか…。
 能:パンツ履いてないって、だいぶ寒いと思う。あと、「おさかな~」とか「お金~」とか言ってて世の中の
  こと知らないので、パンツをはくのも知らなかったかなと。寒くても大丈夫なんだよ。
 生:そっか…。
 能:よく、寝るときパジャマ着なかったりする人いるみたいだけど、すーすーしませんかね?
 生:お腹壊すよね。

いや、そこで真面目にパンツとお腹のトークされても客席としては困るのですが(笑)

■クローデッド

 生:クローデッドさんは格好いいよね。
 能:スリーサイズ書いてあるよ! B89 W60 H87だって、見習いたい…。
 生:バストとヒップが変わらないんだ…。
 能:こういうの黄金体型って言うんだっけ?

黄金体型なんだ…。あれだけ動いてるから胸とか引き締まりそうなんですけどね。

 生:羨ましい。まあ、カトレアさんみたくあそこまではいらないんだけど。
 能:アレはいらない。
 生:絶対、重力に負けちゃうよね。
 能:負けっ放しだよね。

カトレアさんのあれは、何かがおかしい気がします(笑)

■レイナ

 生:レイナの3サイズはB88 W60 H85、ウェストはクローデッドとレイナが同じなんだね。こんな人たちが
  一杯いるんだ…。
 能:実際に沢山いたら大問題だよ。
 生:そうだよね。
 能:ニクスはねB86 W56 H83。ウェスト56って凄く細い…。
 生:細いよ~。ウェストが細くて胸とお尻が大きいって…。
 能:どういうこと?

そこで怒るって事はそういうことなのかなぁ、いや、これ以上は言いません。(笑)

 生:ガーターベルトってしたことある?
 能:ないけど、ラジオで話をしたことはある。
 生:あれ、付け方分からない。店とかでは見るけど、どうやって付けるの?
 能:なんかついてるよ、ぱっちんって…。

カードを見せながら説明するまみまみ。

 能:意味分からないよね。しかしながら動きにくいと思うよ。
 生:格好いいけどね。
 能:そうだよね。

どうしてガーターベルトの話になったんだろう…(笑)

■ニクス

 生:ニクスさんは何しに来たんだろう? 割と単独行動が多かったよね。ニクスの相手はフニクラ様。
 能:そうだね。
 生:毎回、田中理恵ちゃんが頑張ってた。私、後ろから見てて「頑張ってるな~って」その点、私は気楽だった。
 能:クイーンズブレイドはみんな頑張ってた。キャラによってアップダウンがあったけど。

レイナやトモエ、それにシズカは「頑張る」場所は多くなかったか印象。服はよくはだけてましたが(笑)

■エリナ

 生:凄い角度です、見えますか?
 能:ありがとうございます。

よく見えないけどすごいようです(笑)

 能:エリナは典型的な妹。
 生:おねえちゃん、おねえちゃんって言っているけど強い。めっちゃ強い。
 能:ああいう人が王になったら怖いと思う。レイナみたいな人が側に付いていないと。強いんだよね。

あの性格の悪さで女王とかになられたら困ります(笑)

■アイリとイルマ → ユーミルとアルドラ

 生:さっきの回でこれ引いたよね?
 能:もう1回やろうか?

いや、2回目しか来てない人もいる筈なんですが、司会がいないと思って…(笑) ということで引き直し。
そしてユーミルとアルドラを引き当てますが…。

 能:大丈夫ですか、下がはがれ書けてますけど。
 生:私たち、自分のキャラ引いてないよね?
 能:ホントだ?
 生:入ってるのかな?
 能:開けてみようか

箱を開けてカードを探し始める二人。だから、キャラトークの意味が…(笑)

 能:トモエはいた!
 生:私いない…。
 能:全部並べてみようか
 生:あ、いた。

スタッフの嫌がらせでは無かったようですが、抽選箱開けて中を確認するイベントは初めてです(笑)

■シズカ

 能:なば、まともだったよね。
 生:シズカは凄くまとも。まともだったのに死んじゃったんだ。

ホントにね…。惜しい人を無くしました。

 生:シズカはB86 W55 H83だって…。
 能:え~。
 生:何これ!
 能:ちょっと腹立ってくる…。
 生:すごいよこれ、私がこんなスタイルだったら、すぐヌード写真集出すよ!
 能:崩れる前にね。そうなんだ、みんな80代。
 生:みんなスタイルいいよね。

所詮2次元だからそこまで気にしなくても…(笑)

■カトレア

 生:カトレアさん、胸どれくらいあると思う?
 能:95?
 生:もっと。
 能:105??
 生:もっと。
 能:118??
 生:近い。120だって。上から120、68、89。
 能:小学生とか巻けちゃうよね。

いや、もう「巻けちゃう」とか意味分かりません(笑)

 生:ウェスト68で120のバスト支えられないよ~。
 能:これ、下でつぶれているのラナ君?
 生:つぶれてる。窒息死するよ…。
 能:クイーンズブレイドすごい。
 生:ハリウッドとかでやると、すごいことになるよね。

クイーンズブレイドも凄いですが、スリーサイズとかのトークをバンバンする二人も凄いと思いました(笑)

5)アンケート

続いて、二つ目の箱を使って、事前に客席から集めた質問に答えるコーナー。

#1 ここは気合いを入れて演じたというシーン

 能:シズカのところとレイナのところかな。
 生:私は自分の死んだところ。

そりゃそうだよね(笑)

 生:トモエって可憐だよね。麻美子も可憐だよね。
 能:ありがと~。
 生:まあ、それは置いといて。
 能:あれ…。

置かれてしまった(笑)

 生:戦いになると、麻美子すごく格好良かった。
 能:声が野太くなったかな。
 生:それが凄く格好良かった。(トモエは)国を背負っているから、トモエは可憐じゃない、戦いに来てるんだ
  なって。麻美子の声を聞く度に考えていた。
 能:トモエはすごく強い設定だから野太くやっていいかなってやって、ダメもでなかったからそのままになった。
 生:私好きだった。

トモエさんは本当に格好よかった。実は一番女王になって欲しいキャラだったんですが…。

#2 収録のエピソードで嬉しかったこと

 生:音響監督に「気持ち悪い」って言われた。
 能:言われたね~。
 生:ばっさり言われた。マイクの前でいちゃいちゃしてたら…。
 能:あれってアドリブだったよね。

それは、嬉しかったエピソードなんだろうか…。

 能:席は離れてた。
 生:マイクの都合とかでね。
 能:でも、なばがいるってだけで嬉しかった。
 生:ホント~、私も!

結論としては「二人で同じ作品でアフレコ出来た事ってことが嬉しかった」ということのようです。はいはい…(笑)

#3 今年の一年の失敗談

■高値の華…。

 生:どうですか?
 能:どの失敗があれかな~って。
 生:まあね、そうだね。私の来年の目標は「高嶺の花になる」って事なの。
 能:へ~。

もう、ダメフラグが立ちまくりなような雰囲気ありまくりです。

 生:でも、若干失敗したかなと。デモ目指すけど。「高値の華になるんだって?」って最近からかわれつつある。
  そのうち、「あれ、たかねさんでしょ~」って。おかしい。そうはならない予定だけど。
 能:なばは、なばだよ…。
 生:そうね。皆にちやほやされたい。

もう、十分ちやほやされてるんじゃないかな~、周りに妻や愛人はべらしてるし(笑)

■ライセンス

 能:免許を取った。
 生:頑張ったんだよね~。
 能:2回ぐらい運転したんだけど、クセがあるらしく。普通の人は左に寄る人が多いんだけど、私の場合センター
  ラインを越えて…。
 全:えっ!?
 能:待って待って…。

ホントに越えたら大事です(笑)

 能:越えそうになって、右側に寄るの。本人は気づいて無くて順調順調って思ってるんだけど、対向車が「ぷっぷっ」
  って…。ヒヤっとしました。
 生:運転はやらないと慣れないよ…。
 能:私より反対の人がひやっとするよね。お出かけしましょうか?
 生:したいしたい!

なばさんは運転してるっぽいから大丈夫かな…。まみまみは大人しく助手席にいましょう。

 生:私は安全運転なんだけど、強引なの。
 能:え~!?
 生:こう、車線変更で右側に曲がりたいけど、行けなくて。「すみません、すみません」ってどんどん入って
  いっちゃう。
 能:右にね…。
 生:後ろに下屋則子ちゃん乗せてたんだけど、「私が窓開けて合図します」って開けようとしてたんだけど、
  その間にどんどん「すみませんすみません」って右に行っちゃって。「意味ないじゃないですか~」って怒られた。
 能:行こうね、来年。
 生:行こうね。

さすがに今年のお出かけはない様子です。うん、まあ、しょうがないよね。

6)プレゼントコーナー

ということで最後の箱が出てきてプレゼントコーナー。

 台本2冊にポスター2枚に加えて、実写のアイリさんの本もプレゼントすることに。

 能:凄いきれいだよね。
 生:エロですよ。舌とか出してるし…。
 能:47ページですね。女性でもドキドキする。
 生:リアルな世界観ですね。
 能:あ~。
 生:「あ~、スライムが服を…」って書いてあるの。DVDもついてる。恥じらいDVDって…。

ということで抽選ですが、ポスターをもらいました。ありがとう、まみまみ(笑) そして本の抽選では…。

 生:まみこが…。
 能:なばが…。
 生:まみこがいいの!

最後までそれですか(笑) 結局まみまみが引くことに。

 能:よんじゅう、よんばん。

40番の身としては、「よんじゅう」で止められると困ります。もう当たってるのに(笑)

7)挨拶

そんなこんなで時間が来た様子と言う事で締めのご挨拶。

 生:じゃあ、終わる?
 客:え~。
 能:ずっと喋ってられそうだよね。
 2:そうですね~。
 能:名残惜しいけどね。

ホントにこの二人ならいつまでも喋ってそうだ。ネタが無くなれば客席をいじるだろうし(笑)

 生:じゃ、私から。

どうやら挨拶はなばさんからに落ち着いた様子。

 生:今日はありがとうございました。クイーンズブレイドとは全く関係ないことをずっと話してましたけど、
  それもいいかなと。麻美子と楽しい時間が過ごせて良かったです。今日はどうもありがとうございました。

クイーンズブレイドの話題の少ないトークでも、それはそれで楽しかったです。

 能:今日は天気のいい中、足を運んで下さって、本当にありがとうございました。とてもたのしかったです。
  ここまで関係の無い話をしてていいのかな~と思ったんですが、みんなが聞いてくれている雰囲気なので
  ホッとしました。みんなと楽しいひとときが過ごせてよかったです。これからもクイーンズブレイドを
  よろしくお願いします。今日はありがとうございました。

まあ、この二人なら、「関係ないトーク」で盛り上がるのもありかなと。

 生:終わったけど、最後に何言おうか?
 能:そうだね…。
 客:よいお年を!
 2:あ~。
 生:麻美子は最後のイベント?
 能:私は…、最後。なばは?
 生:私は、もう1個あるんだ…。
 能:そっか…。

実は2個あったみたいですが、それにしても31日までイベントとはお疲れさまです。

 客:メリークリスマス!
 2:あ~。
 生:じゃあ、よいお年を!の意味を込めてメリークリスマスで。なんか変だけど。
 能:大丈夫。
 生:じゃあ、麻美子のかけ声で。
 能:じゃあ。せーの
 全:メリークリスマス!

ということで挨拶終了。退場する二人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] アニメ「クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者」第1巻発売記念トークショー: 能登麻美子/生天目仁美 昼の部

日時
  2009/12/20(Sun)  13:30-14:30
場所
  コミックとらのあな秋葉原店 B1F イベントスペース
出演者(敬称略)
  能登 麻美子  (能:) 
  生天目 仁美  (生:) 
  田中 信作   (田:)  ※服装は関連リンクを参照
関連リンク
 [なばためです。]クイーンズな感じ  http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day2-20091220.html#main

0)開演前

  とらのあなさんは何回かイベントでお世話になっているけど、地下でのイベントは初めて。最上階より行きやすい
 のはいい感じ、外で待つのは寒いけど。椅子は100席用意されていたけど、実際に埋まったのは70席強。その中で
 55番って、くじ運はよくないですですね…。

1)自己紹介&司会退場

クイーンズブレイドと言えば田中さんが登場。さらっと注意事項を述べた後、二人を呼び出す。しかし、二人が
入るやいなや「勝手にやってもらいましょう」とステージから降りてしまう田中さん。

 生:まるなげされた。
 能:元気だね…。
 生:ビックリしたよ。

ホントですよ。乃木坂ライブの時なばさんが司会をやってましたし、ロンドローブとかで司会のいないパターンは
ありましたが、トークイベントでは初だと思います。

 生:挨拶でもしますか…。
 能:トモエ役の能登麻美子です。今日はよろしくお願いします。
 客:まみまみ!
 能:どうも、ありがとうございます。
 生:シズカ役の生天目仁美です。よろしくお願いします。

とりあえず挨拶は無事にこなせた様子。

 生:折角だから座りましょうか。
 能:座りますか。

椅子にこしかける二人。客席から見て左にまみまみ、右になばさん。

2)トークコーナー

■二人で一緒

 能:初めてだと思う。なばと一緒のイベントは。
 生:そうかも…。
 客:苺ましまろ!
 2:あ~。
 生:普通は誰かいて3,4人だしね。

ましまろのお渡し会はこの二人でやってたんじゃないかな、確か…。

 能:司会の方がいないのは珍しい。

ファンとしても、この二人で大丈夫なのかってドキドキだったというのは内緒です(笑)

■印象深かったこと

 生:どうする?
 能:どうしよう…。
 2:うーん…。

このあたりで止まるのが予想通りの展開というか…。それでも必死で話し始めるまみまみ。

 能:放送はおわりましたよね。AT-Xでは終わったのかな。

イベント開催時点でAT-Xでは終わってましたが、地上波ではまだまだ放送中だったそうです。

 生:ぶっちゃけ、今更何を言えばいいのか…。

出演者にそこまでぶっちゃけられても…(笑)

 能:アフレコ終わってだいぶ時が経っているしね。もともと、アフレコが早くて、ゆっくりと時間をかけて
  やってたんだけど、クオリティが高かった。
 生:最終回見た方はわかるけど、あのクオリティでずっとやったのはすごいよね。

一期のイベントの時に、アフレコがかなり進んでいる印象は受けました。

 能:なば、印象深かったことは?
 生:もうね、死んだこと…。
 能:そうね、聞き方が悪かったかな。

第一巻の発売イベントなのに、そこまでぶっちゃけるのはどうなんだ…。無理して直前に見てきてよかった(笑)

 生:シズカって闘士じゃないじゃない。ホントはリスティが死ぬはずだったんだよ。(リスティが死ぬって)
  始めっから言われてて、甲斐田がずっとそう言ってて「可哀想だな~」って思ってたんだけど、台本もらって
 「え~、私死んでる~」って…。
 能:次の回で実は生きてるとか期待したんだけど…。
 生:ホントに死んでて。甲斐田に展開聞いてたんだけど、それがそのまま私に。「あ~」と思ってビックリした。

さすがにあの台本をいきなり渡されると驚くのはわかります。

 能:私、本編見て無茶苦茶泣いた。すごい切かった。
 生:切なかったよ。最終回間際まで結構頑張ってたのに、「あ、私いないんだ、ここまでやってきたのに」って
  思って。そういう意味でも悲しかった。

あの7話のシーンは、1期の2話にも匹敵する切なさでしたね。というか、トモエさんの置かれた状況が過酷すぎる…。

 生:クイーンズブレイドって戦いとかもあったけどライトな話が多かったのに、その中でまさか…。
 能:「トモエ様は甘い!」って2期に入ってちょこちょこシズカが言ってたんだけど、こんなオチかとビックリした。
 生:2人が仲良くしていたからなおさらね。

あれだけラブラブにしといてドカーンと殺しちゃうのは、かなり唐突だった感はあります。

 能:放送見ててトモエが白髪になってて、そんなになるまでやってたんだ。
 生:私、自分が死んだからその先わからなくて。だから見たときショックだった。

シズカ無き後のトモエの変貌ぶりも、本当にすさまじいものがありました。

■光ってます

 生:そういえば、タイトルコール的なもの書いてあるよ…。
 能:あ、全然飛ばしてた…。
 生:次の回でやればいいよ。

やっぱり台本をよく読んでない二人、まあこの二人に台本通りのそつない進行を求める方が変だからいいのですが…(笑)

 能:色々光ってた。ホントよく光ってた。
 生:光ってたね。
 能:やっぱり光ってない方が好きですか?
 客:はい!
 能:そうですか、いいお返事ですね。

いや、笑顔でそう聞かれても困るんですけど…(笑)

 生:でも、あれがブルーレイになるって。私たちさっき見せてもらったけど、DVD版だけどすごく綺麗だった。
 能:DVDであれだから、ブルーレイになったらんだけきれいになるんだろうって。
 生:ブルーレイになったら、触れるぐらいになるんでしょうか。
 能:どうだろう…。

確かに技術は進歩してますが「触れる」までの進歩はまだ…。というか「アスキー」でブルーレイのレビューして
ましたよね、まみまみさんは(笑)

■レイヤーさん

 生:レイヤーさん。
 能:ナナエルさん、聖乳を持ってた。
 生:しかもちょっと減ってたの。アレ全部手作りだって。あとで羽根しょわせて下さいって言ったら、是非って。
 能:コスチューム的にはどうですか?
 生:人気あるのはアイリかな。
 能:アイリは素晴らしい。

寒空の下、ナナエルさんは上着も羽織らずにクイーンズブレイドのチラシを配ってました。人混みのせいか羽根は
有りませんでしたが。

■モデルさん

 能:アイリをモデルさんがやってるのがあるんです、なんですっけ…。

ここで田中さんが本を差し出す。なぜ持ってる(笑)

クイーンズブレイド THE LIVE 冥土へ誘うものアイリ 森下悠里 EDITION (大型本)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%89-LIVE-%E5%86%A5%E5%9C%9F%E3%81%B8%E8%AA%98%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA-%E6%A3%AE%E4%B8%8B%E6%82%A0%E9%87%8C-%E7%B4%94%E4%B8%80/dp/4894259400/ref=sr_1_6?ie=UTF8&s=books&qid=1261341749&sr=1-6

 能:ホント綺麗。
 生:みんな見たいでしょ?
 客:…。
 生:手に入れればいいじゃん!
 能:美しいなんてもんじゃないよ。

本を手にとってページをめくるなばさん。

 生:え~、エロい~。みんなの前でこんなの読んで…、ちょっと恥ずい(笑)
 能:すごい。大人気なんだって。
 生:これは、エロイわ。すごい…。

噂では聞いてて映像も見た記憶はあるんですが、買わなきゃいけないかなぁと思って買ったのですが、なばさんが
大騒ぎするほどエロかった気はしませんでした…(笑)

■他の実写版…

 生:アイリバージョンって事は他にもあるのかな?
 能:どうだろう。

現時点ではアイリのみですね。今後はわかりませんが。

 生:でも、比較的布率が高いアイリでこれなのに、アルドラとかは…。
 能:アルドラはやばい。

あの股間はやばい(笑)

 生:トモエは着やすいよね。
 能:一番布率高いよね。

でもはだけます。というか布率って…(笑)

 能:あと、ユーミル。
 生:(レイヤーさんの)ユーミルの髪って二つ結びだけど、結んでないんだって。

■着たい服/着たくない服

 能:なば、着たい服ある?
 生:着たくないのはいっぱいあるけど…。
 能:そうだよね。エキドナとか。
 能:蛇生きてるんだよ、どうする?
 2:蛇は…。
 能:メナスとかもダメかと…。ノアは?
 生:履いてないんだよ!
 能:そうでした、大事な事を忘れてました…。

苦笑しながら応えるまみまみ。そうです、ノアは履いてないんです(笑)

 能:巫女の服はお好きですか?
 客:好きです。
 能:そうですか…。
 生:日本人ですから和がね。

今日2回目のまみまみの問いかけ。聞いてどうするんだろう、コスプレでもしてくれるのかな(笑)

3)上映

トークの話題も一息ついたという事で、次のコーナーへ行く様子。

 生:上映しちゃいますか。

田中さんのOKも出たので、台本を棒読みして映像を説明する二人。だから、どうしてわざとらしい口調でやる(笑)

 生:本編もすごいけどOVAもすごいよね。

ここでフォローする田中さん

  ・第2期のOVAの1話と2話のダイジェスト
  ・エンディングのアイリバージョン
  ・ゲームのPV

を見せてもらえるとのこと。

 田:(アイリEDは)放送バージョンは洋服着てるし、サイドが切れてて色々面倒くさい。

いや、面倒くさいとか、製作サイドのあなたがいいますか…。ここで両側に分かれて一緒にみる事になった2人ですが…。

 生:あ、でも、まみこと離れるのはさみしいな。
 能:なば…。
 生:映像見てる振りして、麻美子を見ていようかな…。
 能:なば、なば…。

一応どころではなく、がっつりイベント中なんですが、なばさんなんでしょうがない(笑) そんな感じで暗転して上映開始。

■ガイノス学園 1&2

 能:(ニクスがやられる)いきなりですね。
 生:すごいね~。

 生:(リスティもやられる)基本的にこういう戦いしかないんだよね。

そりゃクイーンズブレイドですから(笑)

 生:(ユーミル再登場)やっぱスク水か。
 能:(OVAは)みんな脱いでいく感じ?

QBを知らない人には「この人達何言ってるんだ」って状態になってます(笑)

■エンディング

いきなり、空飛ぶアイリを後ろから追いかけてます。当然パンツ丸見え…。

 生:すごいよね、このアングル。
 能:よくこのアングル思いつくよね。
 生:こういう会議とかすごそうだよね。
 能:会議で盛り上がってるのかな。

あのアングルは斬新すぎだと思います(笑)

■ゲームPV

 能:みんなエロ可愛い。
 生:なんでトモエはだけてるの?
 能:た、戦い中だから…。

実はトモエが一番「肌率」が多いんじゃないかと思うのですが…。よくはだけて戦っているし(笑) そんな感じで上映が終了。

 能:ゲーム持ってらっしゃる方?

僕を含めて1/3ぐらいかなぁ…、手を挙げたのは。結構どころではなくはまってます。スパロボ好きなら一発です(笑)

 能:戦いのキャラが可愛いですよね。

服は脱げますが…(笑)

■曲が入ると…

そして上映が終わったのですが…。

 生:改めて見て、何を話せばいいやら。コメントに困るよね。
 能:そうだね。

その割に色々言っていたような気がしないでもないですが(笑)

 生:(ED)歌がセクシー。
 能:新しい色というかテイストで、(沼地の魔女の部下の)3人でなきゃ出来ない。音楽が劇場版みたい。

あれは歌と言うよりトーク部分がどうしたものやらって感じです。カラオケで歌えるかなぁ(笑)

 生:現場では笑ってしまうことも多くて、アフレコは突っ込みながらやってたけど、曲が入ると違うね。
 能:シズカが死んだ後もあの曲かと思っていたらEDが変わってたの。話数によって違うんだよね。

1期も2期もEDは3パターン用意されているのに、特別版が2,3話あるから、見る機会が少なかったりするんですよね。アイリ版は2回しか放映されなかったし。

4)キャラ別トーク

 生:まみこ…。
 能:なば…。
 生:皆さんはどんな話が聞きたいんだろうね…。

そんな二人のイチャイチャぶりが聞ければ充分です(笑) というわけにもいかないので、コーナーへ。箱からキャラカードを引いて、そのキャラに対するトークをするというコーナー。

■イルマ

 生:何を話す?
 能:イルマは個人的に好き。
 生:イルマってまともだよね。
 能:かなりまとも。
 生:あの中では常識人。

確かに常識はあるけど暗殺者なんですけどね(笑)

 能:悲しいエピソード。エキドナとイルマの2人のエピソードが好き。
 生:そこがつながるんだ~、ってね。
 能:ボーイッシュなところがいい。
 能:イルマが好きな方?

ほとんど手が上がらない客席。

 能:失礼しました。

いや、今日のお客さんはトモエフかシズカのファンですよ。もしくは「巫女ファン」か「くのいちファン」(笑)

■メローナ

 生:これは驚きだった。
 能:第1期の方が衝撃だった。第2期はほとんど固まってたし。
 生:メローナはすごい。ピンク色の髪はヒロインに多いよね。
 能:あるかも。
 生:すごい可愛いのに変態と言うか…。

変態って、それはいくら何でも言い過ぎじゃないかな、変態だけど(笑)

 能:メローナを考えた人はすごい。胸を隠しているけど、それは手だし。
 生:それが動くんだぜ。水色だと違ったりしたのかもしれない。ピンクだからいい。
 能:茶色だと、やめてって感じだよね。
 生:ピンクだからこれがエロイの…。

欧米的には水色がエロい色らしいのですが、海外ではどう評価されるのでしょう(笑)

■レイナ

 能:(レイナとアルドラは)戦わせたいね。
 生:レイナは強くなったよね。
 能:レイナは新しいヒロイン像かもしれない。いろんな人の技を取り込んで勝った。それがレイナさんの持ち味。
 生:あれ、ドロレスやったのって何話でしたっけ?

田中さんに確認するなばさん。

 生:3,4話。今まで散々裸とかになっているくせに、きわどい水着を着て恥ずかしいって…。「お前、いままで何やってたんだ」って(笑)
 能:思い出した。
 生:それで、負けて裸で部屋まで帰るの。あんなに恥ずかしがってたのにそのまま帰るんだ…って。

その発想は新鮮だなぁ。負けたのがよっぽど悔しかったと素直に受け入れていた記憶があります。

 能:レイナはギャップがあるよね。

トモエと比べると色々な意味でレイナは脳天気すぎるかなと(笑)

■アルドラ

 能:アルドラは最終回で…。これは言わない方がいいかも。2期が終わるとこの人の見方が変わるかも。最初はラスボス的なキャラかと思ってたけど、通してみると…。それを踏まえてもう一度最初から見たい。
 生:最初はアルドラの立ち位置が分からなかった。いい意味で裏切られたキャラだった。
 能:そういう意味ではいいキャラだった。

運命に翻弄され過ぎたキャラなので、今後は幸せになってほしいと思いました。

■ナナエル

 能:(アイリ)破れかけてる…。
 生:(ナナエル)こっちも破れかけてる。しかもパンツまで。
 能:これは、すごい、このことは置いといて。

客席から見えない絵で盛り上がられてもなぁ…、とは思うのですが(笑)

 生:ナナエルはとにかく予告がすごかった。綾ちゃんが、平野綾ちゃんが超早口で、私たちは後ろからそれを見守るしかなかった。終わった後、毎回拍手だった。
 能:すごいスピードだよね。あと、ナナエルとハチエルのコンビが可愛かった。
 生:ハチエルが出てきたときに「天使ってそういう名前の付け方するんだ」って思った。「他にもいるのかな~」って思ったけど
 能:あの2人だけだったね。

ミハエルとか色々言ってた気もするのですが、メモしきれませんでした、ごめんなさい。

■アイリ

 生:アイリのエピソードはいい。
 能:ラナと一緒になってから、このひとすごいいいいな~と。やさしいなって。
 生:それが、こんなになっちゃって…。

カードをみながらしみじみと言うなばさん。きっとこれも服がボロボロだったんだろうな(笑)

 能:アイリは女子からみてもドキドキする。
 生:アイリはそういう意味でもセクシー。
 能:大人の色気とは違う色気がある。
 生:麻美子もセクシーだよ。
 能:うれし~、あれ、ここ喜ぶとこ?

喜んでOKなところだと思います(笑)

■セクシーとは

 生:男と女の感じるセクシーは違うよね。あと、(女性が)男に感じるセクシーも違う。
 能:そうなんだ。
 生:私は、昔劇団の座長だった江本明さんが芝居しているときはすごくセクシーに感じた。あとベンガルさん。
 能:ベンガルさん…。
 生:普段はともかく芝居をしているときはすごくセクシーだった。
 能:存在というか醸し出す空気かな。
 生:容姿じゃないだよね。
 能:ごめんなさい。ベンガルさんからはセクシーは感じられない。

まあ、そのあたりは演技を見て感じたところですから、まみまみや客席がピンと来ないのはしょうがないでしょう。

■チェックポイントは鎖骨!?

 生:麻美子はどうなの?
 能:私は、男女共通して鎖骨が好きです。みんな引いた?

いや、人の好みはそれぞれなんでいいとは思います。そうするとふっくらタイプはダメって事ですね、がっくし…(笑)

 能:鎖骨好きです。いいなぁ、骨。
 生:クイーンズブレイドのキャラはみんな鎖骨綺麗だよね。
 能:あれなんです、好きなんです。
 生:なるほど、鎖骨がね…。

「軟骨好きだから鎖骨が好きでもおかしくないかな~」って思ったと言うのは内緒です(笑) 結論として「骨好き」のまみまみと「ベンガルラブ」のなばさんってことのようです(笑)

5)アンケートコーナー

続いては、イベント前に客席から集めた質問に答えるコーナーですが…。

 能:みなさんまったりされてますか?

どんなまったりしたイベントでも、メモを取るので結構忙しいです(笑)

#1 麻美子を争ってのクイーンズブレイドで、綾さんとなばさんの戦いとかどうでしょう?

 生:ならないならない。私とあやち~は争わないって。
 能:私たちみんないい愛し方してるよね。
 生:そんなドロドロしたものはない。私もあやちが好きだし、多分向こうも私が好きだと思う。
 能:私、そんな2人を見るとほっこりする。

えっと、素直にほっとしていいところなんですよね…。まあ、愛のない世の中より愛にあふれた世の中がいいとは思いますが…。

 生:よく美味しいものを食べさせてくれるしね。餌付けされてるかな。いいよ~、嫁にしたい。
 客:嫁はいるでしょ!
 生:嫁(きっと伊藤静)は…、あんまり料理とかしない子だからな。やれば出来る娘なんだけど…。
 能:私は嫁じゃないけどね…。

それはみんな知ってます。愛人1号だし(笑)

 生:平和的解決になると思う。「私はみんなのものよ~」って。
 能:クイーンズブレイドのように背負っているものがあれば違うんだろうけど。

結論としてはいい感じの三角関係らしいって事のようです。うん、まあ、本人達がいいなら…(笑)

#2 アフレコ現場での楽しいエピソード

 生:楽しいエピソードねえ…。
 能:おにぎりケース。綾ちゃんがケースに入れておにぎり持って来たんだけど、あんなに美味しいおにぎりは食べたこと無かった。
 生:私、よく一口もらって食べてた。

「はい、なば~」と食べさせるあやち~さんの姿が目に浮かびます。

 生:こんなちっちゃいおにぎり作れるんだって感動した。親のおにぎりがでかかったので、おにぎりはでかいものだと…。
 能:おにぎりっておうちの色が出るよね。三角だったり俵だったり、海苔の巻き方も。
 生:うちのおにぎりはコンビニの三角おにぎりよりも若干でかかった。
 能:食べ応えありそうだね。
 生:綾ちゃんのケースに入らないくらい。一般のおにぎりはこういうものなんだって。私もケースもらって2,3回やったけどやっぱり小さいなって、でかいのを買った。
 能:大きいのもあるんだ。いいですね。おにぎり好きですか?
 客:好きです。
 能:そうですか…。

おにぎりの話は楽しいエピソードでいいんでしょうか…、面白くはありましたが(笑)

#3 久々のイベントの感覚は

会津若松で二人を見てきたばかりなんですが…(笑)

 生:なんて言ったらいいか…。麻美子とは会わない期間が長くても、会った瞬間から久々でも近さを感じるというか…。
 能:時間を感じないよね。なばと会うと半年ぶりとかでも全然すっと入れる。
 生:すっと入れるね。一週間に何回会っても抱き合ってるし。半年会わなくても抱き合ってる。

だからと言ってトイレで抱き合うのはやりすぎだと思う(笑)

 能:このイベントやるんで、なばとメールのやりとりしたんだけど、ハートマークを一杯使った。
 生:あんなにハートマークを使うのは麻美子か静ぐらいだよ。どんだけ愛を振りまいてるんだって感じで。愛を出しとかないと愛を拾ってくれないって最近分かったの。
 能:愛を出すとぐるっと回って戻ってくるんだよ。

戻ってくるといいんですが(笑)

#4 お勧めのシーン

 能:バンス家の話がドラマとして好き。お父さんも変化していくし、3人の関係も良くなってくる。とくにクローデッドとお父さんの関係が変化する、そこのドラマが。
 生:クイーンズブレイドは話の軸がしっかりしているから。蛇とかに目が行きがちではあるけど…。
 能:正しい。
 生:話の軸がしっかりしているから、そういう事が出来る。

クイーンズブレイドは話がしっかりしてますが、別にしっかりしてなくてもそういう事は出来る気がします(笑)

6)プレゼントコーナー

今日3つ目の箱が登場。プレゼントのコーナーです。

  台本#13 台本#24 各1冊
  サイン入りポスター2枚

 生:13話の台本、「流浪の戦士」って書いてあるの。ホントは「王者を継ぐもの」が正しいんだけど。
 能:レアじゃないですか?

そして抽選ですが、やっぱり当たりません。

 生:見事に両サイドが当たりました。真ん中の人ごめんなさい。

まあ、偶然なんでしょうがないですけどね。

7)エンディング

 生:プレゼントコーナーもあっという間におわりました。

そろそろ時間というサインが出たようで、締めのトークに入る二人。

 生:田中さんは割と丸投げ、いっつも丸投げで、終わった後「よかったですよ~」って、「そりゃそう言うよね」とは思うんだけど。ユルユルしたイベントでしたがどうでした?

大変よかったと思います。ということで挨拶ですが。

 生:私から。
 能:どうぞどうぞ。
 生:本日はどうも、お天気のいい中お越しいただいてありがとうございました。DVDは毎月ですか? 毎月発売されるので是非見ていただきたいです。もう一度シズカのシーンを見て下さい。今日はありがとうございました。

なばさんの挨拶はいつも簡潔のような気がする。

 生:まみこ。
 能:なば、もう太陽みたい…。

結局「最後までそれかよ」って感じですが、司会がいないからしょうがない…。いてもやるんだろうし(笑)

 能:今日は皆さんありがとうございました。DVDはまだまだ続く作品ですので、皆さんに振り返ってもらって、お気に入りのシーンとか1期から見てもらったりしてもらいたいと思います。年末の忙しいときに皆さんと会えて嬉しかったです。ホントに今日はありがとうございました。

まとめはまみまみにしてもらった方が、色々締まっていい感じです。オチにはならないんだけど(笑)

 生:なごりおしいけど、お別れです。挨拶はなんて言おうか?
 能:なんて言おうか?
 客:ごきげんよう!
 2:あ~~。

ということで「ごきげんよう」に決定。

 生:それではみなさん。
 全:ごきげんよう!

その挨拶は田中P的にはオッケーなんですっけ…(笑) という疑問の中イベントは終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/29

[REPORT] OVAかのこん 発売記念イベント「耕太とちずるの夏休み最終日」 とらのあな

日時
  2009/11/29(Sun)  16:00-17:00
場所
  ゲーマーズ7F イベントスペース
出演者(敬称略)
  能登 麻美子  (能:) グレーの半袖ワンピース
  川澄 綾子   (川:) ベージュ長袖+ラベンダー色の半袖
  新田 達弘   (司:) メディア・ファクトリー プロデューサ

0)開演前

入場時に座席抽選して引いた番号は65番。前から6、7列目、後ろから一つ前なので結構見づらい。80人、立ち見はなし。
イベントスペースに可能な限りイスを並べて通路がないくらい。でも、それは消防法とかとの絡みでどうなんだろう…(笑)

1)入場&アイスブレーキング

司会は前回同様新田さん。同じような諸注意の後、二人を呼び出す。今度はあやち~さんが左でまみまみが右。

 能:小山田耕太役の能登麻美子です、今日はよろしくお願いします。
 川:源ちずる役の川澄綾子です。今日はよろしくお願いします。

そしてアイスブレーキングですが…。

 司:二回目の夏ってことですが、これをひっぱりますが…。
 能:ホント、服装が場違いですみません。
 川:そんなことないよ!

夏に長袖着ている方が変なんですが、そこまで夏にこだわるか(笑)

 司:では、席におかけ下さい。
 川:このイス座りやすい。こういうのでは珍しい。座りやすい。
 能:なんか面接みたいですね。
 司:集団面接ですか?
 川:最近、見ない光景だよね。ワイドショーみたい。自分が蓮舫になったみたい。
 能:タイムリーですね。
 川:仕分け人みたいな?

なにをわけるんですか、有用なファンとそうでないファン…?(笑)

 司:今日は発売記念イベントってことで、ここにいる皆さんにはDVDの上巻をお買い上げいただきました。
 2:ありがとうございます。

とりあえずお礼を言ってもらえるということは、仕分けの対象ではなさそうで、よかったです(笑)

2)夏の思い出

前回同様、カードを引いて、そのお題に従ってトークをするというコーナー。

#1 海水浴(あやち~)

■お正月の海水浴

 川:行く?
 能:うーん、私は行く。
 司:今年はどこにいきました?
 川:今年は、こう、お正月に…。

どよめく会場。

 川:お正月に日本ではないところに。たまらない感じでした。

ブルジョアだなぁ(笑) まあ、普段休みなしで仕事してるんだから、海外旅行ぐらいね、という気持ちは分かります。

 司:南半球に行くときって、こっちが冬だと向こうが夏じゃないですか、服とかどうするんですか、空港で
  着替えるんですか?
 川:空港に預けることが出来るんです。でも、高いんです! ガウンとか羽織って下は薄着になるんですが。

海外旅行へ行こうなんてブルジョアな人が、そういうことにこだわるのはどうかと思う(笑)

■まみまみの海水浴

 川:しないでしょ、海水浴?
 能:しない…。八歳ぐらいまでかな…。
 川:ホントに海水浴だね。

まあ、まみまみは夏の日差しにあたると消滅しそうですし…(笑)

■触れる虫

 川:私は潜るんだけど、ずっと潜ってちゃだめで、時々水面や砂浜で休憩するんだけど、シュノーケルしたり
  砂浜で貝を拾ったり、砂をいじったり…。やどかり戦わせたり…。
 能:綾ちゃんの口から「戦わせる」ってでるのは新鮮。
 川:やどかりって虫だよね?
 司:甲殻類ですかね。

虫じゃないのは確かだと思います。

 川:虫なんだけど、彼は触れるんです。

だから、虫じゃないって(笑)

 川:二匹を引き合わせて、「どっちの宿がなくなるかな~」って、でも、ファイトしないの…。
 能:ファイトしないんだ…。
 川:どっか違う方向にいって「こらこら~」って。

いや、そもそも二匹に戦う理由はないですから(笑)

■行きたい場所

 川:日本の海もいいですよね。行きます?
 司:江ノ島とか行きました。
 川:鹿児島?
 司:江ノ島です!
 能:江ノ島、行きたいですね。
 川:夏といえば江ノ島のお天気カメラですかね。よく映ってますね。

そうなんだ。CSでは映ってないからなぁ。

 川:いいと思うよ、まみこは行った方が…。
 能:秋とか冬には海に行くんだけど、夏に泳ぎにはいかない…。
 川:遠泳とかバシャバシャおよいでいる人はあんまりいないよ。こう、水辺で水をかけあったり、「やめてよ~」
  って青春な感じで…。やってる?
 能:やってないですね…。

あれって都市伝説じゃないんですか(笑)

 川:(海水浴で着る)水着を選んだりとか。競泳用じゃないよ!
 能:競泳用は買いました。ジムウェアとかでテンションががっと上がったりしない?
 川:ないよ!

いかにまみまみでも、ジムウェアでは…、ちょっとときめくかも(笑) しかし、どうしてここまで話の合わない
二人が仲良しさんなんだろう。

 川:そういえば、麻美子に水着を一緒に見てもらったことがある!
 能:見ました。
 川:すごくアグレッシブだった。「あやちゃん、日本じゃないんだからもっっと開放的になっちゃいなよ」って、
  すごく開放的なのを…。
 能:押しました…、開放的なのを。

自分が着ないだけにやりたい放題なわけですね、わかります(笑)

 川:向こうの人たちって解放感があるよね。ふくよかな60歳ぐらいの人が、平気でビキニとか着てるの。それで
  いいんだよ。恥ずかしがっちゃだめなんだよ。
 能:日本だと布とかパレオで隠したりね。
 川:上を羽織ったりね。いいんだよ、こんど私が麻美子のアグレッシブな水着を選んであげるよ!
 能:お願いします。

でも、まみまみが海って、どうしても「白い長袖のワンピースに麦わら帽子かぶってパラソルの下で本とか読んで
いる」印象だ(笑)

#2 熱膨張

■エロイ!?

 川:熱膨張は、すごいエロい言葉です。
 能:かのこん的にはね…。
 川:本来は理科的なこと?

意味の分かっていない二人に、必死で本来の意味を説明する新田さん。

 川:なんかやらしくしか聞こえないよね…。

説明もむなしく「エロい言葉」という印象は拭えないようです。

■熱気球

 司:熱膨張は、例えば熱気球とか…。
 能:気球か。気球の話にしますか?
 2:熱気球のね!

とりあえず気球の話をすることに落ち着いた様子。

 川:乗ったことある?
 能:ない…。
 川:乗ってみたい。
 能:ねぇ…。

ここで客席で乗ったことがあるという人を見つけ、問いつめる二人。

 川:北大ですか?
 能:楽しいですか?

さすがに、やりすぎたと反省したようで、

 能:あたしたち、すごく食いついているよね。

まったくです…。でも、気球で北海道はあまりにもストレートすぎないか(笑)

 川:オーストラリアとかであるらしい。
 能:乗ってみたい。でもバーナーがうるさいんだよね。
 川:いい話聞いたね。
 能:熱膨脹でね。

まあ、二人が納得したのなら何よりです(笑)

#3 コミックマーケット

 川:今年の冬は遅くまであるんですよね。
 司:31日まであります。
 川:どうするんですか、実家とか帰らないんですか? そのままのテンションで袋抱えて帰るんですか?

コミケの有無にかかわらず、お正月は実家へは帰らないからなぁ…。荷物をおいてもしくは宅急便に託して帰省って
人は多いようですよ。

 川:行ったことある、私はないけど?
 能:ここ近年はない。一回だけ新人の時に仕事で行ったけど、あまりにも人が多くてテンヤワンヤした。

それは、ホントにいつの話だろうって感じですね。さすがに晴海とか幕張ってことはないんだろうけど(笑)

 川:一日目が女の子とかあるんですよね。
 能:出てくる本がちがうんですか?
 川:すごく大人向けの日とかあるんですよね。
 能:一日で回るのは大変ですよね?
 川:全部、回れるもんなんですか?

二人の質問に黙る新田さんと客席。そもそも、あなたたちは聞いても行かないでしょうって感じですが(笑)
ちなみに、回るだけなら可能でしょうが、欲しい本を全部買うのは不可能でしょうね。

 川:すごい集客力なんだよね。みんなが経済を支えているんだ、みんなが日本を支えているんだよ!
 能:綾ちゃん、今日政治的だよね…。

でも、支えているのはアニメ業界で、日本までは支え切れてないかなとか思います(笑)

#4 目玉焼き

■まみまみにも出来る!?

 川:目玉焼きってかのこんワードなの?
 司:こう、ちずるさんの作ったのが…。
 川:ああ、2つあるやつね。

いわゆる「鮪饅ですね」って、それは作品違う(笑)

 川:麻美子、目玉焼き作ってる?
 能:最近、作ってるの~。「めだまやき」とか「ゆでたまご」とか…。

そこは、「私、何作ってもスクランブルエッグになるの」とかドジっ娘属性をアピールしないと(笑)

 川:私、今日ゆで卵作ってきた。板東英二ばりに食べれるよ。

そうなんだ…。いや、TV見ないんで…。

 能:作るのはゆで卵が多いの?
 川:ゆで卵は頬っておいても出来るから。目玉焼きはみてないといけない。

■味付けは…

 能:何をかけますか?
 川:塩胡椒。麻美子は醤油?
 能:醤油かな? あと、むかしはちょびっとマヨネーズを。

醤油ですかねぇ…。パンに挟むときはケチャップとかかけることもあるけど。

 川:最近、目玉焼き用の醤油とかあるんだよ。
 司:こう、卵ご飯用とかありますよね。
 川:ちょっと甘いの。

ここで会場に確認。醤油が多い。ソース。ケチャップはなし。

 司:こう、人にはいえない食べ方とかしている人いますか?
 川:アンコとか?・
 能:いたらすごいね…。

朝からアンコを乗せて目玉焼きはちょっと…。

 川:でも、おかしくはないよ。プリンとかもともと卵だし。
 能:あ~、そうかぁ?

そうじゃない!

 川:決して卵にあんこは間違ってはいない!
 能:そうか、わかんないけど納得。

納得しないでほしい…(笑)

 川:でも、玉子は一日一個にしてるの。コレステロールに悪いから。
 能:そうなんだ。
 川:でも。板東英二は一日六個。
 能:え~、大丈夫なの?
 川:検査してもらったけどなんともなくて、板東さんは食べていいんですって。

1個でも多いって話があります。そんなにバクバク食べるんじゃないのは確かだと思います。

#5 クラゲ

 川:越前クラゲとかね。日本海側でよく出るんだよね。
 能:それこそ、八歳ぐらいの時によく見た。
 川:あたし刺されたことある。いつまでもチクチクするの。そういえば日本海側へ行った時だった。

太平洋側って、そんなにクラゲいないんだ…。実家ではお盆すぎるともう泳げなかったけどなぁ…。

 能:クラゲってきれいだよね。
 川:きれいだよね。
 能:みていて落ち着くよね~。

落ち着くかなぁ…。まあ、まみまみが落ち着くならいいけど(笑)

 能:わたし美ら海水族館とか行ってみたい。ジンベイザメとか見れるの。
 川:いいよね、癒されるし。でも、越前クラゲはだめ。網こわしちゃうんだって。
 能:巨大ですしね。
 川:ホントに。漁師さんは大変なんだって…。

結局最後は経済ネタになるのでした。なんかこの二人には似合わないけどね。

#6 ラジオ体操

■母親公認のサボり

 川:してた?
 能:してた。

小学校まではしてたかな。

 川:私してなかった。
 能:地域でやってなかった?
 川:地域ではやってたけど、母が変わってまして…。「いいよいいよ、そんなに早起きしなくても。お母さん、
  そんなの全然進めないって」、今思うと自分が起きるのがいやだったんじゃないかなって。

まあ、都会は夜型だしそういうのもありかなと。

 能:私の町内、時間になると、鐘を鳴らしながらみんなを起こしていくの…。
 川:ホントに?
 能:こう、火の用心みたいに町中を…。
 川:あれは拍子木だけどね。
 能:それに起こされて「なんでこんなことやってるんだろう」って、思いながら行ってた。

その疑問は正しいと思う。というか、それ迷惑過ぎだろう(笑)

 川:全部行くとお菓子とかもらえるんだよね。私はやったことないけど。
 能:そう。はんこを全部押してね。

特に何かはもらえなかったなぁ…。うちの地方がケチなのか(笑)

■第二と言えば…

 川:授業ではやった。第二とかあったよね。
 能:第二までやってた。
 川:第二はイヤだった。
 能:第一がよかったの?
 川:こう、一カ所だけ、おかしなポーズがあったでしょ…。
 能:わかる、元気もりもりのやつね。
 川:中学生ぐらいになると、すごくいやだった…。

まあ、足も開きますし、女の子にはね(笑)

#7 かみなりぐも

■ゲリラ豪雨にワクワク

 川:今年の夏はすごかった。
 能:すごかった。スコールとか来たり。
 川:私の携帯、ゲリラ豪雨とか教えてくれるんだけど、通知がくるとにわかに空が黒くなって。すごくテンション
  が上がるの。
 能:やっぱ、上がるよね!
 川:おうちにいて「なに~?」って思っているといいよね。外にいるといやだけど。
 能:ワクワクするよね。

基本的にしがないサラリーマンだから家にはいないので、雨はイヤです。スカパー!も映らなくなるし(笑)

■大自然の怒り

 川:私、雷も嫌いなんだけど、でも大地の轟きと言うか、人間ってかなわないなって思う。
 能:子供の時ってワクワクしたよね。
 川:台風とかなかった? アニメでドアとかうちつけるのがやりたくて「なんでやらないの?」ってお母さんに
  聞いた。
 能:お母さんもこまったんでは?
 川:「うちはサッシがついているからいいのよ」って普通に言われた。

ラジオ体操の件といい、現実的なお母さんだなぁ(笑)

■停電は田舎伝説!?

 川:停電したことある?
 能:停電…、あります。
 川:私のあこがれの停電…。
 能:しばらく点かなくて、ろうそくとかつけたり…。
 川:わくわくするでしょ、停電って知ってます?

そういう質問されてもなぁ…。千葉で1回やられたけど、横浜になってからは記憶にないなぁ。

■早起きは3文の得?

 川:東京で大停電が起こった事件があったでしょ?
 能:あったの?
 川:こう、船が送電線を切っちゃって。一時期すごいニュースになって…。

まみまみにニュース聞いてもダメだってわかってるでしょうに(笑)

 川:せっかくのチャンスだったのに、私、その日16時から仕事でずっと寝てて…。起きた時、「なに~」
  って思った。
 能:せっかくのチャンスだったのにね…。
 川:働いている人には悪いんだけど…。

ホントですよ、って僕も影響は受けてないんだよな…、何してたっけ(笑)

 能:わたし、一回スタジオで停電にあった。
 川:ホントに~、どうだった?
 能:地下のスタジオで電気が消えて、音の子は「きゃ~」ってなったんだけど、私は「消えたな~」って思ってた

まあ、まみまみだから「キャー」は言わないだろうなぁ。「ちょっと~」とか「オイオイ」とかは言いそうだけど。

 川:でも、エレベーターとかだといやだよね。普段でもイヤなのに。
 能:それは困るよね。

それは閉所がイヤって事ですよね、わかります。

#8 浴衣

 川:今年も着ましたね、仕事で。
 能:仕事で着させてもらってます。

毎年楽しく見させてもらってます(笑)

 川:でも、普通のお出かけもしました。イベントの後、みんなでそのまま遊びにいったり、浅草とか…。
 能:いいですね~。
 川:浴衣着てると街の人が優しいの。「大丈夫ですか~」って感じで。

確かに、転んだりしないか心配になるよなぁ。少なくとも走れないだろうし(笑)

 能:浅草とか歩いてみたい…。
 川:麻美子めちゃくちゃ似合うよ。
 能:そんなことない…。
 川:似合うって、歩こうよ!
 能:綾ちゃんみたく、自分で着れたらいいんだけど…。綾ちゃんに手をハイって出しておしまいなんで…。
 川:そうだね…。

それはそれでお嬢様っぽくて、まみこっぽいかも(笑)

3)憑依クエスチョン

続いては「かのこんラジオ」のお馴染みのコーナー。前回同様タイトルコールの後、まみまみが説明してコーナーへ。

#1 夏の花

 能:夏の花、あれかな?
 川:…、いまやっと浮かんだ。おっきいよね。
 能:おっきいの?
 川:おっきいでしょ!
 能:ちょっと待って…。
 司:川澄さんと客席の皆さんはわかってますが…。

 回答:ひまわり

 司:二人とも正解したみたいですが…。

しかしなにやらまみまみの様子がおかしい。

 司:能登さんはなんて言ったんですか?
 能:わ、私もひまわりって言いました…。
 川:なんなの、あさがおって言った?
 能:いや、花が大きいっていうから…。
 川:ひるがお?
 能:花火…。

まあ、たしかに花火だって花ですけど…。その発想は斬新だなぁ(笑)

 能:ひまわり、そうだよね…。
 川:逆に、あさがおだったのか…。
 能:ひまわりですね…。

逆にバラとかアジサイとか言わないだけよかったのかもしれません。まあ、まみまみですし(笑)

#2 ご飯にあう食べ物。

 能:これは、いろいろありますよ。
 川:おかず、ご飯のお供、どっちですかね?
 司:どちらでもいいですが。
 能:お供にしましょうか、何がいいかな…。
 川:魚卵じゃない? 私たち好きだよね。
 能:ぎょらん…、魚卵にしよう。もうすぐ季節ですよね。
 川:魚卵って季節あったっけ…?
 能:…。

まあ、ものによりますが、基本的にあるはずです。ただ、最近は世界中から持ってきますから。

 能:ぎょらんは小粒ですか、大粒ですか?
 川:どうしようか…。よく食べるのにしよう。さっき食べたの…。
 能:ああ…。

そして二人の間はリンクされたわけですが、だからそれじゃわからりませんって(笑)

 川:辛いとかしょっぱいのではない奴、赤いタピオカみたいな…。

それはヒントとしてありなのか、というぐらいストレート過ぎる気が(笑)

 回答:いくら

 川:いくらはおいしいよね。
 能:お正月とかね。
 川:いくらがあれば、ご飯が何倍でも進むよね。
 能:ですよね。

最初のうち、きっとまみまみは数の子とか考えていたような気がします(笑)

#3 ちずるが突然農業を始めた。一番最初に植える野菜は?

もう、最後を飾る質問ということで、突っ込みどころありすぎ(笑)

 川:えっちぃ野菜とか…。
 能:難しいね…。

それは、どんな野菜ですか(笑)

 川:きつねってなにが好き?
 能:あぶらあげ…。
 川:人参好きなのは…、あれはうさぎか…。

しれっとむちゃくちゃな事言ってます。

 川:掘るものか、なるものか…。
 能:掘るものにしようか。
 川:なに掘ろうか…。浮かばないなぁ…。

しばし考え込む二人。

 川:ちずるとか忘れてやろうか、なにがいい?
 能:我々だったら…。
 川:とりあえず言ってみよう。

回答:だいこん、さつまいも、会場もばらばら。

 川:私はちずるの足をみてたら大根かなって。
 能:そっか…。私は、今自分が一番食べたいものを選びました。

そこで悩むくらいなら「私の好きな野菜にしよう!」ってあやち~が言えば一発で「トマト」って決まったのにね。
でも、まみまみサツマイモが食べたいんだ(笑)

 川:大根足ってだめなの? 私、なれるもんならなりたいんだけど、昔から「ごぼうごぼう」って言われてきたので…。

大根のように太いってネガティブイメージがあるんだと思います、いやがる人は…。

4)アンケート

続いて、開演前に参加者から集めたアンケートに答えるコーナー。

#1 OVAのおすすめシーンは?

■かのこんと言えば予告

 川:予告ですね。すごく思ったんだけど、OVAの予告って普通ないよね。今回は…?

ここで「上巻の予告を見てない人?」との質問。僕を含めて若干名が手を挙げる。すみません…。

 川:そっか、じゃあ、ばれないようにいいますけど、そこにも予告つけるんだって感じで。予告の本来の意味が
  なくなってます。
 能:予告と言う名の独立したコーナーですよね。
 川:予告って言うのは普通15秒とか30秒とか尺が決まっていて、それに会わせる作業が結構難しかったりする
  けど、かのこんの場合「川澄さんの尺で結構です」って言われた。

もう、すべておまかせって、なんか格好いいですよね。

 能:久しぶりに収録があって、あやちゃんのっよこくを聞いたときに、かのこんだ~って思った(ごつぅぅぅぅ)

すごい音が会場中に響きわたる。

 能:痛い、今の…。
 川:大丈夫?
 能:うん…。

あんまり大丈夫でなさそうなまみまみ。よくマイクにぶつけている気のを見る気がするんだが…。☆リンク☆

 川:普通、予告は収録が終わった後に、みんなが帰ったりでた後一人でとるんだけど、かのこんの場合、
  誰も出ないの…。
 能:むしろ、すごく食い気味。
 川:「予告ですから帰っていいですよ~」っていっても、「いえ、聞きたいんです」ってみんな残るの。みんなの
  視線を感じながら一人でやっている。

確かにあの予告は生で聞きたいです。前回のイベントで感動しました。

 川:八束先生を演じる松山さんに「川澄さんプロだね~、涼しい顔でやるよね~」っていわれた。

ほんとにプロでさすがだと思います。あらためて尊敬しました。

 川:まみこは?
 能:すごい体操があったじゃないですか…。あれが印象に残っている。耕太君としてはすごいんだけど、でも
  からっとしてる。
 川:してるよね。
 能:改めて思い出しました。

予告と体操がすごい作品って事ですね、わかりました(笑)

#2 二人が旅行とかで行ってみたいところ

■アクティブなまみまみ

 川:ある?
 能:ある、えっと…。

ここで指折り数え始めるまみまみ。

 能:7つぐらい?
 川:そんなにあるの!?
 能:結構ある。屋久島でしょ、福岡でしょ、高野山。あと伊豆とか。
 川:伊豆いいよね。
 能:北海道もリベンジしたいし、東北もいきたい、あと、宮島…。7つどこの騒ぎじゃないですね。

実は旅好きのまみまみの本領発揮です。

■海外好きあやち~

 川:日本しかダメなんですかね?
 司:そんなことはないと思うんですが…。
 川:私も屋久島は行ってみたい。あとヨセミテ。
 能:よせみて?
 川:屋久島とは違うんだけど、ここもすごい杉があって、巨木がいっぱいあるんだって。ずっと行ってみたいと
  思ってた。カリフォルニア州だっけ?
 能:いいね~。

セコイア国立公園 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%82%A2%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92
 杉じゃなくてセコイアのようです。かなり大きそう。

■そうだ、高尾山へ行こう

 川:屋久島は…、無理。
 能:上るのが?
 川:私、高尾山でも無理なのに…。
 能:笑うところじゃないか。

てっきり虫が一杯でイヤなのかと思いきやHP不足とは(笑)

 川:まみこ、誕生日だか前日だかに「今から高尾山のぼりま~す」ってメール打ってきたことがあったでしょ。
 能:あった…。
 川:誕生日に一人で上ったんだよね。
 能:前日だったかな?

2月に高尾山って寒くないのかな?

 川:私メールをもらって、麻美子を一人で上らせていいものかって思ったけど「このあと仕事あるしな~」って
  思って「がんばって」って返した。
 能:高尾山って、5時とかにモノレールとかしまっちゃうの。それを知らずに4時半頃ついて、空気だけ吸って
  帰ってきたことがある。
 能:行きますか?
 川:はい…。
 能:上りますか!?
 川:がんばります。

ホントにがんばるのかなぁ、あやち~さん…。

 川:じゃあ、高尾山へ行こう!

まみまみはともかくあやち~さんはちょっとどころでなく心配です(笑)

#3 好きな鍋料理

■作る鍋と食べに行く鍋

 能:なべ…。
 川:いいですよね。
 能:いいですよね~。
 川:今日の気分はきりたんぽかな。こう、味がしみてね…。
 能:きりたんぽか、おいしいよね、きりたんぽね…。

でも、自分で作るあやち~さんと、店で食べるまみまみとで、考えることは違うと思う(笑)

 能:私はコラーゲン鍋かな。白濁したスープの鍋にコラーゲンが…。
 川:今、トマト鍋とかはやっているみたい。自分でも作るけど。
 能:自分でも作るの?
 川:作るよ!
 司:ベースは何ですか。
 川:トマトですが、味はコンソメと魚介ですかね。
 司:ブイヤベースみたいな感じですか?
 川:トマトが多めのブイヤベースみたいな。女の子に大人気で、私も女の子呼ぶときは作ります。

一生懸命説明するあやちーにただただ感心するまみまみ。わかります(笑)

 川:でも、一人でもするよ、鍋。
 能:わかる。
 川:鍋って完全食だよね。野菜があってお肉があって、締めに、おうどんかご飯。完璧だよ。

まあ、そうなんだけど、最後にご飯ってのがいまいちね。あと、鍋をするほど机の上が空いてない(笑)

■一人鍋キャンペーン

 川:一人鍋はなんにもさびしくないです、ってキャンペーンしたいぐらい。
 能:寂しくないよね。一人用の土鍋とか打ってるもんね。
 川:でも、一人ではさすがに店には行けないけど。
 司:二人前からってお店多いですからね。最近は一人とかでも入れますが…。
 能:自分的に入れるかどうかが問題じゃないかな?
 川:私は入れないよ…。まみこは入れるよね。
 能:わたしはいけそう。
 川:まみこはどこでもいけるよね。

あやち~さんのまみまみへの発言は、ほめてるんだかけなしてるんだかわかりません(笑)

#4 カラオケ

■ちょっと1曲のつもりが…

 川:ある時、まみこと飲んでて、あとちょっと話して歌いたいなって…。
 能:ちょっとねって…。
 川:知ってます、カラオケって30分単位で予約できるんですよ?

いや、知ってますけど…。どうしてそうやって得意げに言うかなぁ(笑)

 川:それで、3時間いたよね。
 能:もっといれたよね。
 司:どんな歌をうたいますか?
 川:自分がむちゃくちゃ行っていた時の歌。小室哲哉とか。
 能:あやちゃんの木村アエラは感動しました。
 川:仕事以外で歌うのが驚くほど久しぶりだった。うまくなくていいんだ、音はずしてもいいんだ、それが
  こんなに楽しいとは…。
 能:(笑)

気持ちはよくわかるなぁ(笑)

 川:わからなかったら途中でキャンセルしていいんだよ。イベントとかでそんなことしたら大事だよ~。

まあ、堂々とキャンセルして歌いなおした17歳の人を一人しってますけど(笑) ☆リンク☆

■アニソンカラオケ

 司:自分の歌とか入れます?
 川:それはないんですけど、打ち上げとかに行くと、スタッフさんがネタでいれるので…。
 能:ここ1年位、カラオケはいかなかった。番組の打ち上げとかでいくけど、「あれ、なんか知った曲が
  ながれてるな~」って「あれ、なんだろう?」って思ったら自分の歌で…。
 川:否応無しにね、いや、イヤじゃないんですけど。

そこで分からなかったりしたら大事だなぁ(笑)

 能:どうしてあんなに自分の歌はドキドキするんだろう…。
 川:なんだかんだ言いながら台詞をいれてみたり。考えてみたらありがたいです。そんな曲まで入れてくれて…。
 司:よく、売り込みへ行くんですよ。
 川:どこにですか?
 司:こう、第一興商とかに「こんな曲できました」って。
 2:へぇ~。

へぇ、カラオケメーカーが勝手に入れるんじゃないんだ(笑)

 川:また今度行ってみようか。
 能:いってみようかね~。

そういえばカラオケ行ってないなぁ…。

5)プレゼント&挨拶

前回同様、サイン入りケースを憑依じゃんけんで。あたりません(笑)

そして最後の挨拶。

 能:朝も来てくださったみなさん、そして2回目に来てくださったみなさん、ホントに有り難うございました。
  こうして直接お会いして、みなさんに作品を楽しんでいただけているのを見れてうれしく思います。下巻も
  発売になりますので、見てない方は是非楽しんでください。ドキドキでほのぼのするお話で、とっても可愛ら
  しい作品になってます。みてもらえたらうれしく思います。

いや、実にいい挨拶だけど、13時は朝じゃないから(笑)

 川:今日は寒い中ありがとうございました、夏ですが。ホントにかのこんでイベントができてうれしく思います。
  エッチだったり恥ずかしかったりする作品ですが、ほのぼのしたりからっとしているので、見ていてマイナス
  な気持ちにならない作品だと思います。下巻もほのぼのとしているので是非みてください。今日はありがとう
  ございました。

これでようやく夏が終わった感じですかね、下巻がありますが(笑) ということで二人が退場してイベントは無事終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] OVA「かのこん~真夏の大謝肉祭~」発売記念トークショー「耕太とちずるのもうすぐ夏休み最終日」 アニメイト

日時
  2009/11/29(Sun)  13:00-14:00
場所
  アニメイト秋葉原7F イベントスペース
出演者(敬称略)
  能登 麻美子  (能:) グレーの半袖ワンピース
  川澄 綾子   (川:) ベージュ長袖+ラベンダー色の半袖
  新田 達弘   (司:) メディア・ファクトリー プロデューサ

0)開演前
  秋葉のアニメイトに会場ちょい遅れで到着すると、番号順の入場とのこと、うーん、そういう仕様か…、
 ということで立ち見。ただし再前列ということでこれは見やすくてありかなと。立ちっぱなしの姿勢は辛いけど(笑)

1)ご挨拶&アイスブレーキング

ほぼ時間通りに、かのこんといえばの新田さんが登場、まずは諸注意。
  ・カメラビデオ携帯による撮影、録音、録画は禁止
  ・携帯はマナーモード

このあたりはいつものことですし、軽く流した印象。基本的に店舗イベントでそんな目立つことする人はいません
って、多分…。
説明の後、司会者の招きに応じて登場する二人。まみまみが客席から見て左、あやちーが右というのは珍しい。

 能:みなさんこんにちは、小山田耕太役の能登麻美子です、今日はよろしくお願いします。
 川:みなさん、こんにちわ。源ちずる役の川澄綾子です、今日はよろしくお願いします。

■夏

挨拶の後、アイスブレーキング

 司:今日は夏という事で、能登さん半袖ですが…。
 能:ちょっと間違っちゃったかも、すいません…。
 川:この場合、私の方が間違ってるかな~・

まみまみ元気ものだしな(笑) でも、イベント会場は冬とは思えぬほど暑かったです。

 川:なんかEDみたいな曲が盛り上がってますね。
 司:これOPなんですよ。ゆったりした感じで。逆にOPは驚くぐらい激しくて…
 2:へぇ…。

確かにのんびり始まるOPと、アップテンポなEDは、逆と言えば逆のような印象はありました。

2)お題トーク

まずは箱の中のカードを引いて、その内容に従ってトークをするコーナーですが。

 司:「かのこんっぽいキーワード」を入れたので、「かのこんっぽい話」をしてください。
 川:「かのこんっぽいトーク」ってどんなのかわかってる?
 能:わ、わかってる…。

いつものように「わかっていないけどわかっている」返事でごまかそうとするまみまみです(笑)

 川:さっき裏で「ドラゴンボール」やっててびっくりしたって話を小声でしてた。
 能:そうそう。
 川:知ってた?
 能:私、見たことあった。
 川:今朝ちょっと見たら、すごく懐かしいシーンだった。そういえば電車の中でサラリーマンが改の話で
  盛り上がっていて「ラディッツ知ってる?」とか。

親子一緒にみたりするのが仕様らしいので。基本的に寝てる時間なので見ませんが。

 能:小1の時にちょうど「アラレちゃん」が終わって、それから「ドラゴンボール」が始まったの覚えてる。
 川:うそー、そんなに? それって石川だからじゃないの?
 能:新しいアラレちゃん…、かな?
 川:そっか、そうなの?
 能:もう、やめよう、この話…。

そうですね「かのこんっぽい話」ではないですしね。こちらとしては全然OKなんですが、メーカーさん的には
早くお題トークを始めた方がいいとは思います(笑) 自信満々にまみまみを責めるあやちーさんですが、
実はまみまみの話の方が正しかったりするのは内緒です。

#1 かき氷

■かき氷好き

 川:かのこんらしいですか?
 司:アニメでは雪花さんがずっと食べてますよね。
 2:あ~。
 川:麻美子、かき氷好き?
 能:好き。一時、手で回して作るやつにハマってた。
 川:いくつの時?

あやちーの質問に机にうっぷすまみまみ

 川:大人になってから?
 能:三年ぐらい前かな…。
 川:この間じゃん!

いや、別にかき氷を大人が食べちゃいけないって話はないので…。

■練乳は正義

 川:ペンギンの奴でクルクルとかやってたの!?
 能:ペンギンはなかったけど、こう回して作ってた。
 川:それで練乳かけたり?
 能:そうそう。
 川:練乳は大事だよね!
 能:マストかな。
 川:イチゴミルクとかいいよね。練乳かけて。

うん、まあ、練乳はおいしいと思います。でも、なければないで別にいいかな。そもそもかき氷そんなに食べないし(笑)

■きーんと言っても…

 川:まみこ、かき氷たべて「きーん」ってなる?
 能:あんまならない。
 川:私もなったことがない。なるって感覚がわからない。アニメでならなきゃいけないシーンがあるんだけど、
  わからないから想像でやってる…。

「きーん」は確かに普通に食べててはなりませんねぇ。ここで、さっきのアラレちゃんに繋げればエクセレント
だったんですが…(笑)

 司:一気に食べるとなるっていいますよね。
 川:一気に食べないからかな?
 能:歯が痛くなるしね。
 川:それは知覚過敏。氷とかしみるんでしょ?
 能:歯医者さん、いきます…。
 川:どんぶりみたいにかき込まなきゃいけないのか…。

キーンとなるのは歯がしみるからですか。まみまみ、忙しいからって歯医者はちゃんといかないと…。

■身長差

ここで、突然まみまみの方を見て質問するあやち~。

 川:まみこは足届くの?
 能:私、浅くかけてるから…。
 川:えっしょ、おっしょ…。無理だ。身長の違いを露呈してしまった…。

そんなあやち~さんがとっても微笑ましくて可愛いと思ったというのは内緒です。まあ、並んで立つと結構背が
違いますからね(笑)

#2 汁粉

■ディズニーランドの思い出

 川:これ、夏ですか?
 司:たゆらと朝比奈さんがね…。
 2:あー。
 川:汁粉ドリンクだ。
 能:そうか…。

言われて初めて思い出す、というのはしょうがないでしょう。アフレコだいぶ前だろうし、そもそも絵があったかも
わからないし(笑) そういう自分も、直近に見返してなければ、すぐには思い出せません。

 川:私、昔ディズニーランドにいって、ホームであんまり寒かったんで「紅茶でも飲もう」ってボタン押したら
  汁粉が出てきたの。あの衝撃は忘れられない…。
 能:それはびっくりだよね。間違えて押したの?
 川:違う、たぶん間違って入ってたんだと思う。あったかかったけど、「今は汁粉って気分じゃない」って思った。

せっかくディズニーランドに来たのにお汁粉はないですよねぇ(笑)

■汁粉は作る!?

 能:汁粉って作れる?
 川:作りますよ。
 能:へぇ…。
 川:実家で鏡開きとかあって、その日は汁粉だった。
 能:今「すごいなー」って思った。

確かにお汁粉を作るってイメージは男にはないですね。当然まみまみにも…(笑)

■お餅は!?

 川:おしるこのお餅は焼いた?
 能:焼いてなかった…。
 川:ぬるっとしたもち?
 能:ぬるっとしてた…。

そりゃ、確かに焼かないお餅は柔らかいですけど…。

 川:お雑煮は?
 能:お雑煮は澄まし汁だった。
 川:それもぬるっとした餅?
 能:おもちはぬるっとしてました。まずそうだね…。

ほんとに、どうしてそんな表現するかなぁ…(笑)

 川:私東京だけど、父の実家の影響で新潟風だった。けんちん汁みたいなのにおもちが入ってた。
 司:雑煮とかもうすぐですね。
 2:もうすぐですよ!
 川:夏ですけどね、今は…。

実家にいたときは父方と母方の2種類の雑煮を作ってました…。でも、元旦だけ食べて後は食パンやご飯だったなぁ(笑)
あんまりお餅はそんなに好きじゃないので、こっちにきてからは雑煮はほとんど食べません。

 川:お雑煮とか結婚すると揉めそうですね。こんなの味噌汁…、まちがった、こんなのお雑煮じゃないって…。
 能:ホントですね。
 川:夫婦喧嘩したり…、昼ドラみたいに。気をつけた方がいいよ。
 能:そうだね。でも、雑煮作れないからな…。
 川:じゃあ、問題ないね。

お雑煮を作る相手の有無も問題だし、仮に相手がいたとしてお雑煮が作れないってのも、それはそれで問題だと
思うのですが…(笑)

#3 図書館。

 川:私、行った!
 能:私、図書委員だった…。
 川:うぁ~!
 能:「うぁ~」って、なに!?

「うぁ~」、おかしな反応だけど、気持ちはよくわかる(笑)

 川:「図書委員っぽいわ」って。なんでそんな図書委員っぽいんだろうって…。
 能:そうかな?
 川:「図書館を守ってます」って感じで、生徒に見えるんだけど「人間に見せかけて図書館を守ってます」
  って存在で。
 能:…。

あやち~さんは、どうしてまみまみを人外の存在にしたがるのか、時折不思議に思うことがあります、気持ちは
よくわかるんですが。まみまみももう少し怒らないと…。

 川:図書館っていい匂いするよね。
 能:いい匂い?
 川:おいしい匂いじゃないよ!
 能:そうだよね…。

やっぱり、おかしの匂いとか思い浮かべてた様子のまみまみです(笑)

 川:こう、古い本の匂いというか…。
 能:そっか、古い本の匂いね…。

嫌いな匂いじゃないけど、いい匂いかと言われるとどうかなぁとは思います。

 能:私、閑散とする図書室が好きだった。こう、中の雰囲気がすごくいい感じで。
 川:わたしは委員じゃないけど、よく図書館へ行ってた。学校のより外のへ。お金がないときに無料で本が
  読めるってのは素晴らしい。
 能:ホントに欲しいものだけ買って、あとは図書館で読んだりね。

確かに学生時代はよく図書館に行ったよなぁ。今は欲しい本があれば全部買っちゃうし、そもそも図書館に行く
時間があんまりとれないですね、ネットとかを使うようになったせいもあるんだろうけど(笑)

#4 読書感想文

 川:「こころ」とか読んで書いた記憶がある。
 能:長野まゆみさんが大好きでよく読んでた記憶がある。

長野まゆみ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%87%8E%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BF
小説家長野まゆみのブログ  http://kotorico.exblog.jp/

 川:感想文とかは一番最初に手をつけた。宿題は三分の二ぐらいが~っとやってしまうけど、残り三分の一を
  忘れててて「どうしよ~」ってパターン。
 能:感想文を途中まで書いて貯めるのかと思った。
 川:それは、逆にもやっとするよね…。

結局、読書感想文については、ほとんど触れることのないまみまみでした…。宿題をやらないキャラには見えない
んだけど、まあ人は見かけによらないので(笑)

#5 甘えんぼうさん

■男のロマン!?

 川:とある男性の役者さんが、名前は出しませんが、「甘えんぼさんっていいよね、夏の甘えんぼさん、最高」
  っていってた。
 能:やっぱ、いいんですかね?
 川:どうですか、みなさん?
 客:…。
 能:皆さん、いい表情をしてらっしゃいます。

とりあえずノーコメントとさせてください。でも、恥ずかしいのを知ってて聞くまみまみは鬼のような気がします(笑)

■甘えんぼさん、どう!?

 川:母を思い出したり自分にないものへの羨望とかあったりするんでしょうか。
 能:テレビのシリーズでもあったよね。
 川:かのこんはネーミングセンスがすごい。「甘えんぼさん」とか…。

そこで無難に終わるかと思いきや…。

 川:どうですか「甘えんぼさんやって」といわれたら?
 能:そっちか!

いきなりの爆弾発言の質問に絶句するまみまみ。普通女性にそんな事聞かないよねぇ、しかも女性が(笑)

 能:私は男の子をやっているので、男の気持ちになって色々考えているうちにわかるかなと。だから「どんとこい」
  です!
 川:なるほどね、勉強になりました。

どんとこいって…。彼氏に言われたらやるんだろうか、まみまみ。それに何をいったい勉強したんだ、あやち~(笑)

#6 Uターンラッシュ

 川:ある?
 能:昔は家に帰るときに高速バスとかで帰ってたけど…。
 川:今は飛行機だしね。
 能:子供の頃出かけたりしたときは…。
 川:ありましたね。

母方の実家は車で一時間の山の中だったので、ラッシュとが縁がなかったですね。本家なので帰省もなかったし。

 川:昔、関越トンネルとかないときに、高速道路がべらぼうにこんでて、十何時間かかるのがあたりまえだった。
  だからうちは子供が寝てる時間に出発して、寝てる子をだっこして車へ乗せて出発するんだけど。それが
  気持ちいいから、起きててても寝た振りをしてた。
 能:なるほどね。

ずっと本家住まいだったので、そこまでして帰るんだ、ってのが驚きだったりしますが。逆に人混みがイヤ
すぎるので正月は帰省したことがなかったり。

 川:帰るも起きてるけど寝た振りで。あと、全然車が動かないので、高速で降りて歩いたりしてました。
 能:それで星みたりとかいいかも…。

星空の元歩くのは夢があるんですが、実際に歩く頃には日も昇って暑いんじゃないかな、と思ったと言うのは内緒です。

 川:まあ、渋滞はない方がいいと思うけど。無料になったらどうなると思う? 民主党政権になって、せっかく
  ETCつけたのに…。あれ、皆付けるから大変だったんだよ!
 能:…。

いや、かのこんのイベントで突然、政権与党の政策批判をされても困るんですが…(笑)

#7 流しそうめん

■実際にできる!?

カードを引いて読んだ瞬間、客席に笑いが起こる。

 川:笑いが起こっちゃうのがすごいよね…。

もう、かのこん前編のハイライトですからね。個人的に、あれはどうかなぁと思いますが。

 川:私したことあります。
 全:!?
 川:普通のですよ!

「普通の」っていわなきゃいけない時点でまったくもって間違っている気がします(笑)

 司:ネットで実際にやってるのがありました。
 川:ええっ!
 能:それ、大変なことですよね?
 川:出来てました?
 司:えっと、見てないので…
 川:またまた~、見たんでしょ!
 司:おいしくいただきましたって…。

あ~、なんか、そんなタイトルみた記憶があるようなないような、中は見てないけど、ホントです。2次元に
しか興味ないので…(笑)

■普通のも大変?

 能:私やったことないんですけど、竹のも人のも…。

まみまみの発言にまたもやざわめく会場。

 能:えっと、なにがいいたいかわからなくなってきた。竹は流れが速くて大変そうだよね…。
 川:それは、角度によるのでは?
 能:つかむのが大変そう。流れてこなかったり。
 川:それは緩やかな角度でやればいいんだよ。

でも、店とかだとそういう速度調整はできないと思うけどなぁ…。あやち~さんは家でやってたりしたんだろうか。

■そうめんとひやむぎ

 川:あと、やってると露は薄まる。あせって「わ~っ」ていれるからビチャビチャになって…。
 能:ピンクの線のとかいいよね。
 川:それはひやむぎ。
 能:そっか…。

そうなんだ。そうめんには色付きって入ってないんだ…。いや、そうめんの太いのがひやむぎなんだよ…。
 素麺 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%A0%E9%BA%BA 直径1.3mm未満がそうめん、1.3-1.7mmがひやむぎ

 川:でもピンクの色のいいよね。
 能:ねー。
 川:楽しかった思い出かな。
 能:一回やりたいな。
 川:やってみてください。

それは「普通の」でいいんですよね。「人の」は色々難しそうだし…(笑)

#8 シャワーカーテン

■現物あります

 司:こんな感じです。

いきなりちずるさんのカーテンを広げる新田さん。

 川:知ってる?
 能:ほらほら、すごいよ!

ちずるさんがあられもない姿です、まあ、あられがない姿なのは、いつものことなんですが…。

 司:コミケで売りました。
 川:売れました?
 司:そこそこには。端から見て笑っている人はたくさん。最初、等身大にしようと思ったけど、しゃがんでた
  方がいいので大きくなりました。
 川:その方がセクシーなんだ…。

作るにも色々苦労があるようです。しかし、シャワーカーテンとか抱き枕って高価なんですよねぇ。そもそも
置き場所ないし。

 能:シャワーカーテンは大きい方がいいよね。ユニットバスとかで裾をいれるには大きい方が便利だよね。
 川:みんな使うのかな…。せっかくだからシャワーカーテンとして生を全うして欲しいよね。

「濡れるのイヤだ」ってお風呂場で使わない人は多そうですが(笑)

■彼氏の家に…

 川:どう、これ、彼氏の家とかにいってこのカーテンがあったら?
 能:え、「トイレかして~」って、入るとこのカーテンがあるんだよね…。しばらくトイレから出てきません。
  その中で考えます。

いや、女の子は彼氏の家でトイレなんか借りちゃダメですって、とか言ってみたり(笑)

■どうせならペアで

 川:これ、他にもあるんですか?
 司:「クイーンズブレイド」で…
 2:あ~。
 川:裸にに近いですしね。
 司:ちなみにトモエです。
 能:え~~!
 川:じゃあ、二つ並べていただいて…。

いや、シャワーカーテンを二つ並べても…、ますます彼女が引くでしょう、っていうか高くて買えません(笑)

3)愛の憑依クエスチョン

続いて、かのこんラジオのあの懐かしいコーナーが今回も復活。

 能:身も心も二人は一つ
 川:愛の憑依
 2:クエスチョン!

二人のタイトルコールの後、番組でやっていたように説明するまみまみ。長いけど台本があるので何とか言い切る
まみまみです。お題を聞いて連想した言葉を2人同時に言って同じならばOKと言うコーナー。今回はイベント
なので、当然客席も一緒にあわせるように頑張るわけです。

#1 鯛焼きの中身、あんこ以外

 川:甘い系だよね。
 能:どっちかな…?
 川:わかった!
 能:わかった…。
 川:わかったよね、みんなも…。

 回答:クリーム/カスタードクリーム

どっちと言われても一つしか思い浮かばなかったんですが。他にチョコレートとかいう意見もあったようです。

 川:鯛焼きはないけど、今川焼きでチーズとかあった。
 司:最近、栗餡とかありました。
 川:おいしそう…。

熱いあんこはあまり好きじゃないので、鯛焼きとか今川焼きは、あまり食べません(笑)

#2 コンビニで一番最初にいくコーナー。

 川:どこのコンビニかによるよね。
 能:どこに行こうか?
 川:私の家の前に行こうか?、うちの近所の。
 能:わかった。がっつり系?
 川:左側…、がっつり系?
 能:たまにがっつり?
 川:わかったけど、皆さんとどうコンタクトしよう…。

ホントですよ。いつものこととはいえ、左とか近所とかじゃ、二人にしかわかりませんって(笑)

 能:男女、関係なく好きそうだよね。わりと常備するかな。
 川:待って、じゃあもっと普通に!
 能:ふつう…?

どうも、会話が成り立たなくなりそうなので、結局そのまま押し切ることに(笑)

 回答:ヨーグルト

いや、それを客席に当てろと言うのは厳しい(笑)

 川:ヨーグルトなんです。
 能:そうなんです。
 川:ヨーグルト見て、お腹すいてないと弁当はスルーして飲み物でトマトジュース買って…。トマトジュース
  好きなんです。

あやち~さんはホントにトマトが好きですしね(笑)

 川:まみこは真ん中だよね。
 能:そうなんです、お菓子コーナーです。あやちゃんはエクレアかと思った…。
 川:限定? 確かにさっきも買おうとしたけど…。

真ん中って…。まあ、まみまみはお菓子だよなぁ。ポテチとか買ってそう。さすがにエクレアとなると当てるのは
絶対不可能です。ヨーグルトも無理だけど(笑)

#3 お医者さんになったちずる、左手にカルテを持っていますが右手は?

そもそも質問が色々とおかしい気がします(笑)

 能:どっちかな?
 川:どっち! 持ってると怖い。
 能:怖いの…?

そんな会話の後、回答ですが。

 回答:注射器

まあ、これはそんなに選択肢がないですからね。正解でした。

 能:聴診器かなと。

聴診器は首からかけていると思います。

 川:どっちもちょっとエッチっぽい。ちずるがもつとどっちもエロい。
 能:エロいんだけどカラッとしてる。
 川:「おちゅうしゃしますよ~」とか、エロ女医だよね。

そんな発言をする声優さんってのもどうなんだろう…、と思う時期もありましたが、もういいです、慣れました(笑)

5)アンケートコーナー

ここで開演前に観客から集めたアンケートに対して答えるコーナー

#1 マスク以外の風邪予防法

 川:うがいとか手荒いですかね。面白い系がいいですかね?
 能:どんなの?
 川:ネギを首に巻いたり。しませんけど。

そこで「おもしろい系」とか訪ねる時点で何かが間違っている気がします。まあ、あやち~さんとしては正しい
からいいけど(笑)

■鼻うがい(あやち~)

 川:うがい、手洗いはちゃんとやる。マスクよりうがいかな。後は一時期、鼻うがいとかやってた。私は
  慣れてないから上手にはできないんだけど、専用の液をつかってこう、

ポーズをやってみせるあやち~。

 能:生理食塩水とかがいいの?
 川:水でやるから痛くなるんだって。
 能:私、一回お湯でやったことがある。
 川:それも言うよね。
 能:でも、死ぬって思った。こんな事をやったら死んでしまうって…。生理食塩水か…。
 川:こんど、それでやってみ。

鼻うがいって、慣れないと難しいからなぁ…。まだまだどじっ娘をやりそうなまみまみです(笑)

■加湿器(まみまみ)とトマト?

 川:で、まみこは?
 能:加湿器かな?
 川:加湿はします。あと、トマト。
 能:トマトね…。

あやち~さんの発言に苦笑するまみまみと客席。

 川:みんなバカにするなー。
 能:バカにしてない…。

バカにはしてないです。やっぱりトマトなんだ、とほほえましく思っただけです(笑)

 川:トマトはすごいんだぞ、みんな失笑してるけど。リコピンが活性酸素を消してくれるから風邪の予防に
  なるし、老化にも効くんだぞ。私、トマト大臣があったら、それになりたいくらい!
 能:ホントだよね。

トマトは好きです。生もジュースも常備です。でも、あやち~さんほど、トマトを押せるほどの愛はないと
思います、ごめんなさい。

#2 今年やりたかったけど出来なかったこと、今からやりたいこと

■麻美子のライセンス

 川:一ヶ月は長いようで短い…。
 能:(残り1ヶ月)なにをやるかによるよね。
 川:まみこ、最近運転してる?
 能:うーん…。
 川:最近麻美子、免許とったんですよ!

拍手をしつつもざわめく客席。

 川:車は持ってるの?
 能:持ってない。最近、刻一刻と忘れている気がする…。

ペーパードライバー一直線ですね。

■クレイジー・ドライブ!?

 川:その通り。そういえば、麻美子が免許取ったら二人でレンタカー借りてどっか行こうとかいってたよね。
 能:そうだよね。行きたいよね。
 川:でも、麻美子、私の車に乗りたいか?

いや、それ、自分で聞くか(笑)

 能:…、綾ちゃん乗ってるの?
 川:二年ぐらい乗ってない。実家に帰ったとき時々車に乗って、「ひーっ」て父にいわれてる。
 能:どっちかが助手席に乗るんですよね。
 川:まあ、後ろでもいいけど…。
 能:二人とも素人で…。
 川:おそろしいよね。でもいける気がする。

なんだろう、その根拠のない自信は…。

 能:わたし、センターに寄っちゃうんですよ。
 川:ホント? 私左側に寄っちゃう…。「あなたは人をなぎ倒す気ですか」ってお父さんにいわれた…。
 能:私「前の車につっこむ気ですか」って教官に…。でも、車と車だったらいいかなって…。
 川:よくないよ!

よくないです。あやち~はもちろんマネさんも必死で手を振ってます。

 能:でも、人様をひくのに比べたら…。
 川:車も人様だけどね…。

正論です。まあ、まみまみのいいたい事はわからなくもないけど…。でもいろいろまずいです(笑)

■出来ること出来ないこと

 能:教習でワンコが出てきてびっくりしたことがある。ワンちゃんの恐怖。左はなにが出てくるかわからない。
 川:でも、私オートマだったら行けそうな気がする。

そうなんですよね、なにげにマニュアルの運転が出来るあやち~さんです。人を引きそうになるそうですが(笑)

 川:でも、私駐車できない。
 能:え~。
 川:出来る? そんなこといってるけど?
 能:出来ません…。

それは、お出かけするには致命的(笑)

 川:むかし、すごく大きい駐車場で練習したことがあるけど、あまりにも広くてどこでもいいやって止めちゃった。
  でも、車が一杯だとこするよねって言われた。
 川:広い駐車場が欲しいです。

人のいない場所か時期を見計らってお出かけするしかなさそうです。

■高速道路

 川:そういえば1000円でいけるようになりましたが?
 能:高速の方が楽そう。信号ないし。
 川:高速やだ。怖い…。
 能:私、ちょっと高速で変わってもらったけど「これ自分の体だったらすごく早く走れていいな~」って。
 川:まみこスピード狂だしね…。

そもそも自分の足で高速道路を走りたいとか思う時点で、常人の感性ではないと思うのですが…(笑)

 川:私、高速でも一番左を80キロで走る、法定速度で。ある時、後ろを見たら、ずら~っと渋滞になってて
  びっくりしたことがあった。
 能:来年とかいけたらいいね…
 川:今年はもうだめなんだ。
 能:…。

二人とも、少し練習してからの方がいいと思います。ふたりが同時に離脱すると大沢事務所へのダメージも
大きいですから(笑)

#3 OVAで好きなシーン

 能:かのこんの質問ですね。
 川:エロスじゃないほうでいい?
 能:そうだね…。
 川:エロスじゃないのが思い出せないんだけど…。

いや、そこで、自分たちで落としてどうする…(笑)

 能:耕太が寝てて、ちずるがお越しに来たり、二人でご飯を食べるシーンが微笑ましかった。
 川:浴衣を着て出かけるシーン。下巻でしたっけ?
 司:下巻です。
 川:雨が降って雨がやんで…。じゃあ、下巻をみてください。

ああ、あれは、なんか青春のシーンでしたね。ちずるさん、自分で気付けを出来てよかったです。

 川:下巻のエッチなシーンいいよね。いいですね。思いとどまるとか…。青春の甘みと苦みがある感じで。

結局エッチな話で終わるあやち~さんでした(笑)

#4 好きな動物

■ネコねこ子猫…(あやち~)

 能:かのこんから離れちゃいましたね。あやちゃんは猫だよね。
 川:猫です。今日も道の猫をかまってました。
 能:猫もわかってるんだよ。
 川:でも、すごい勢いで逃げるときもあります。奥まで追いかけるのに…。

基本的に家猫でしつけがよくなければ逃げますよね(笑)

 能:猫がいるときのあやちゃんって、すごく俊敏だよね。おっかけるあやちゃんをみてすごいって思った。
 川:あ、「にゃーだ!」ってがーっと走っていって「逃げられた~」って「がー」っともどってくる。
 能:あの速度のあやちゃんすごいね。
 川:虫か猫か…。

虫は有名ですね(笑)

■セミとの死闘

 能:虫もすばやいよね。
 川:今年の夏はカナブンにすごく気に入られまして、緑色の。毎日カナブンに好かれて襲いかかられてました。
 能:言ってたね~。
 川:ありえないよね…。
 能:絶叫だよね。

確かにそんな事態になったら、大騒ぎしてそうだよなぁ…。昔、某イベントで虫に驚いて飛び跳ねそうになった
あやち~さんが忘れられません(笑)

 司:蝉とか寄って来るっていいますが、街灯とかで。
 川:私、蝉がいて家に入れなかったことがあります。蝉がインターホンじゃなくてオートロック(のボタンの部分)
  に止まってて、一晩をあかす覚悟をしました。ファミレスとかですけど…。

無事家に入れたようでホントによかったです。

■犬との戦い(まみまみ)

 川:まみこはなにが好き?
 能:猫もすきだけど犬をみる機会が多くて犬がいいかな。
 川:まみこなんか似合う。サモエド犬とかすごく似合う。
 能:さもえどけん?
 川:こう、なんか馬みたいに大きいの。でも、まみこが従えているとすごく格好よさそう。

今度はお嬢様っぽくほめるあやち~。

 能:私、台本とかよく外で読むんですけど、ある行きつけのカフェに毎日でっかいわんちゃんをつれてくる
  おじいちゃんがいて。あるとき、その犬がすごいジャンプして机の上のポテトをたべちゃったです。
  それでおじいちゃんに新しいポテトを買ってもらいました。

犬にも人気のまみまみです。でも、やっぱりポテト食べてるんだ(笑)

 川:でかい犬はダメ。苦手です。
 能:そうだよね。
 川:昔、おっきい犬と遊んでいたときに犬の両手が肩に掛かって倒された事があって、ちょうどそのころ霜柱
  とかで痔面がどろどろで。私が大変な事態なのに周りはすごくおもしろくてゲラゲラわらって。「私、ここで
  やられてしまうのか」って…。

それは確かにトラウマになるよなぁ…。

 能:子供の頃だとね…。
 川:でも中学二年生ぐらいだったんだけど。
 能:…。
 川:食われると思った…。怖かった。今でも大きな犬がくると逃げちゃう。
 能:そういう思い出があるんだ。

それは大人になってかき氷を食べるまみまみを笑えないんじゃないかなぁ…。

 川:小っちゃなこは可愛い。
 能:柴犬ぐらいの大きさならね。
 川:豆芝とか可愛いよね。
 能:豆芝って小さいの?
 川:まめっていうくらいだから。
 能:そっか…。

微妙に常識の無さが見えますが、まあ、まみまみなので(笑)

 川:あれは遺伝で小さいの同士をかけあわせて作るから将来、大きくなることもあるんだって。それがいやだから
  って餌をあげなかったりするんだって。だめですよ、そういうことをしたら!
 能:覚えておきます。

以上、あやち~さんの豆芝講座でした(笑)

8)プレゼントコーナー&挨拶

商品はサイン入りDVDケース 一人

憑依じゃんけんと言うことで、二人のどちらかとあいこならばOKと言うじゃんけんでした。
やっぱり、あたりませんねぇ(笑)

プレゼントコーナーの後、時間と言うことで挨拶。まずはまみまみから。

 能:ホントに今日はどうもありがとうございました。立ってみてくださった皆さんもいて、沢山の方に来て
  もらえて嬉しいです。ありがとうございました。下巻も夏の思い出がたくさんで、懐かしいメンツと久々の
  再会を果たしてほのぼのとしたなかでアフレコできてとても楽しかったので、是非見てください。今日は
  ありがとうございました。

お客さんは会場のキャパの都合で、来たい人はまだまだいるんですけどね(笑)

 川:今日はありがとうございました。来たときからは想像もつかないほどの人で、こうやってOVAが出来たのも
  皆さんの応援のおかげだと思います。OVAあらしくうれし恥ずかしなシーンが一杯ですが、かのこんの
  持っている青春の甘さと苦さというのが描かれていると思います。あと、とても絵がきれいです、淡い色彩
  とかが。ちずる、耕太、他のメンバーの日常が描かれているので、是非DVDアンドブルーレイで、下巻も
  よろしくお願いします。あと、コメンタリーも聞いてください。今日はありがとうございました。

作品のイベントの度に色彩をほめているあやち~さん、よっぽどお気に入りなんでしょう(笑)
二人が退場してイベント終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧