football(日本代表)

2009/09/09

[親善試合] 日本 v ガーナ

スタッツ(日刊スポーツ)
                G   S  CK  POS
      日本    4    20     5    52
     ガーナ    3    15    11    48

スタメン
 GKを都築、内田に変えて駒野、玉田に変えて前田。どんだけ本田嫌いなんだ…(笑)。あと、使わないなら稲本は呼ぶべきじゃないと思う。阿部や今野も使わないんだね。

前半コメント
  ガーナのDFラインの緩さを考慮しても、前田のスペースへの動きはいいんだけど、そこにパスを出すのが闘莉王だってのは、コンセプト的にどうなんだ。オランダ戦よりはチャンスは多いんだけど…、GKと1対1になってもゴールになる気がしない…。相手のDFの緩さもばるけど、オランダ戦よりはいい出来かな、決定機もあったし。

後半コメント

  闘莉王ってDMFで使いたい選手だよなぁ。CMF/OMFでも可。技術や経験はともかく、メンタル的にはスタメンでの中で一番攻撃的な気はする。後は、都築の飛び出しのタイミングが悪いなぁ…。コンビネーションなのか焦っているのか…。ガーナのDFラインがグダグダというより、中盤の運動量がなくなってバイタルエリアが空いたってことかな。まあ、そのグダグダを見逃さずついてくる長友が偉いし、この時間に走れてるのはすごいのだが…。結論としては、日本も疲れてたような気がするけど、それ以上にガーナが疲れてた気がするな…。オランダのように賢く後半勝負に来てたら、この結果ではなかったかなと。まあ、そこが欧州/南米と違うところと言えばそれまでなんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/05

[親善試合] オランダ v 日本

スタッツ(日刊スポーツ)
                G   S  CK  POS
    オランダ    3    12     2    58
      日本    0    10     3    42

前半コメント
  カイトとVペルシ-の位置が逆なのが面白いな~、と思ったら試合が始まるとやっぱりファンペルシ-が中。攻撃の選手に関してはオランダはいい線いっていると思うんだけど、世界タイトルを狙うには守備勢がねぇ…。ブロンクホルストがSBをやらざるを得ない時点で不安たらたらなわけで、彼は中盤の選手だと思うんだ、最近は見てないけど。

  オランダはVペルシ-の枠外シュートとシュートブロックのみじゃないだろうか…。いくら親善試合とは言え格下相手にあまりにもまずい試合内容。モチベーションの差があるのはいなめない。スタジアムはすごいブーイング、当然と言えば当然だけど(笑)
枠内シュートが両チーム合わせて2本とか3本とか…。当然、決定機無し。バベルとかフンテラールとかVファールトの方がやる気はあるとおもうんだ…。機能するかはさておき。だから彼らが後半どんな感じで使われるかに興味がある…。ただ、公式戦の予選リーグを見てるみたい。優勝争いを踏まえてコンディションが最低の強豪と、予選突破目標で最初から全開のチーム…。オランダの守備ラインは、コンディションやモチベーションもあるんだろうけど、世界を狙うにはレベル低すぎだよなぁ。

後半コメント
  本田の位置はサイドなのかなぁ…。今の11人で一番得点力があるきがするんだが…。代表が1トップで行くのは中盤の人数を増やして細かいパスを増やしたいんだろうなと。オランダはやっぱり交代選手の方がモチベーションが高い…。失点はハンドかどうか微妙なのかもしれないけど、あの位置でボールを受けさせて仕事をさせている事が問題。後は、負傷以外で交代枠をサイドバックに使うようだとね…。結局、今のサッカーを続ける限り、後半20分のスタミナ切れはどうしようもないってことなのかも。それでいて交代を2人しかしないってのも無策だよな。

  最後まで手を抜かずにやってくれたオランダには感謝、最初は手を抜いてた気もするけど(笑)チームの実力通りの試合結果になったと言う事で…、おそらく想定内だとは思いますよ。負けて学ぶことの方が多いだろうし。得点シーンに関してはスタミナ切れと世界レベルからDFの技量不足はあるんだけど、そもそも普段のJリーグの試合であそこまで厳しい状況においこまれてないんだろうなぁと。いきなり代表戦だから世界レベルのFWを90分抑えなさいって言うのも酷な話だ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/13

[090610] たまにはサッカーの話でも

http://twitter.com/naga_ex/status/2101519836
http://twitter.com/naga_ex/status/2101535573
http://twitter.com/naga_ex/status/2101558003
http://twitter.com/naga_ex/status/2101570360
http://twitter.com/naga_ex/status/2101588113

 今日はワールドカップ予選になるのかな。消化試合だからチケットもかわなかったし、テレビで見るかも怪しいけど。 なんか熟成度を高めるためにベストメンバーでいくとか言う噂ですが、そんなのオーストラリア戦でやればいいじゃん、と思う。日程的にも相手のレベル的にもホームの会場という意味でも、本番ではありえない状況なので、素直に新鮮力のテストやサブ組の底上げに使うべきだと思う。そもそも、遠征組と居残り組ぐらいにチームをわけてもいいくらいだ(予選突破決まってる前提ですが)

 この中日でワールドカップ予選は一息着くけど、今週末からコンフェデ杯で、欧州U21とかあるから、移籍が本格化するのは7月に入ってからかと思ってたんですが。その意味でカカの話がまとまったのは驚き。マドリーが言い値を出したんだろうなぁ…。ワールドカップ目前だから、全体的に移籍は控えめ…と言うのはもはや過去の話で、クラブレベルの方がはるかに重要視されてるもんなぁ。まあ、ワールドカップ見るよりCL見てた方が面白いのは確かだし(笑)

 コンフェデは、色々まとめておくべきなんだろうなぁ…。来年への準備という意味でも。あんまり代表戦見てないから、その意味でのリハビリも必要だ(笑)

ホームページ http://twitter.com/naga_ex

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/22

[WC2010] 最終予選#06 日本 v バーレーン選出メンバー

2010FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選
 (3/28vsバーレーン代表@埼玉スタジアム2002) 日本代表メンバー

   FT 矢野 貴章     新潟
   GK 楢崎 正剛     名古屋
   ST 玉田 圭司     名古屋
  CMF 橋本 英郎     G大阪
  CMF 遠藤 保仁     G大阪
  RSB 内田 篤人     鹿島
   GK 都築 龍太     浦和
   CB 田中 マルクス 闘莉王  浦和
  CMF 阿部 勇樹     浦和
   ST 田中 達也     浦和
  OMF 金崎 夢生     大分
  LSB 長友 佑都     FC東京
  DMF 今野 泰幸     FC東京
   GK 川島 永嗣     川崎
   CB 寺田 周平     川崎
  CMF 中村 憲剛     川崎
   CB 中澤 佑二     横浜FM
   FT 岡崎 慎司     清水
   SB 駒野 友一     磐田
  OMF 香川 真司     C大阪
  OMF 中村 俊輔     セルティック(スコットランド)
   ST 大久保 嘉人    VfLヴォルフスブルグ(ドイツ)
  CMF 長谷部 誠     VfLヴォルフスブルグ(ドイツ)
  SMF 松井 大輔     サンティティエンヌ(フランス)

浦和、川崎、G大阪はチームとしてどうするか考えないとなぁって感じですか。
DFを二人抜かれた東京も痛いなぁ。後は主役の穴をどう埋めるかですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/14

[WC2010] 最終予選#05 日本 v オーストラリア 選手採点

上が日刊スポーツ本誌/下がエルゴラッソ本誌。日刊は試合の結果に引きずられてメリハリのない点になってるかな…。

 都築 5.0 冷静な判断で得点許さず
       6.0 数えるほどの出番ながら90分精度を維持
 内田 5.5 果敢な攻撃参加で勢い
       6.0 周りとの関係を維持、孤立することなくサイドの主導権を握る
 中澤 5.0 無失点も目立つ動き無し
       6.5 マッチアップでは常に主導権を確保
闘莉王 5.0 闘志が空回りする部分も
       6.0 セットプレイの守備とフィードに難あり。その他は完璧
 長友 5.5 無難な守備で役割果たす
       6.0 敵のサイド突破に対応。機を見た攻め上がりで決定的なクロスを供給
長谷部 5.5 体を張った動きで奮闘
       6.0 攻撃時のリスクを管理。時折見せるスペースへの動きも効果的
 遠藤 5.5 好手両面でバランス保つ
       6.0 攻守に安定感のあるプレイ。ビルドアップのパスはさすが
 中村 5.5 攻撃の起点も得点奪えず
       5.5 スペースを限定されても機能。ただこの水準で満足する選手ではない
 松井 5.0 技で見せたがパスミスも
       5.5 玉際の強さでサイドの崩しに関与も後一歩もの足らず
 田中 5.5 飛び出しで攻撃にリズム
       5.5 玉田との連動、、オフザボールの動きは素晴らしいがシュートが打てず
 玉田 5.0 序盤の決定機決めきれず
       6.0 実効的ランニングプレイは素晴らしい。ただし肝心のフィニッシュが…。
ーーー
大久保 5.0 切り札の仕事果たせず
       5.0 期待されたフィニッシュでつたないプレイ。試合を決める仕事が出来ず。
 岡崎 -.- (時間短く評価無し)
       -.- (時間短く評価無し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/11

[WC2010] 最終予選#05 日本 v オーストラリア

スコアレスドローではあったけど、悪くない試合だったとは思います。ゴールが決まればもっといいんだけど…

スタジアム

  横浜国際総合競技場    横浜    観衆:65,571人
    気温: 8.6度    湿度:57%

試合結果
  日本 0 - 0 オーストラリア  公式記録http://www.jfa.or.jp/national_team/special/wcq/20090211/img/20090211_JPNvsAUS_J.pdf

審判
    主審:バスマ・ムーセン(シリア)

ラインナップ

 日本
                  11 玉田

      08 松井   09 田中     10中村

          07 遠藤     17 長谷部

    15 長友   04 闘莉王   02 中澤   06内田

           18 都築

    サブ:
        01 川島     03 寺田   14  橋本    05 今野   12  巻
        16 大久保   13 岡崎
    監督:
        岡田武史

 オーストラリア
                                04 ケーヒル

          18  ブレシアーノ      14  ホルマン        05  カリーナ

                           13  グレッラ  16 バレリー

    11 チッパーフィールド   02  ニール    03 ムーア     08 ウィルクシャー

                                01 シュワルツァー
    サブ:
        10 カーニー       07 ガルシア   09 ケネディ   12  ペトコビッチ    15  ノース
        06  ジェディナク  17  マクドナルド
    監督:
        ピム・ファーベク

試合前
 ・黙祷はホントに静かになりました、子供の泣き声くらい。あんなの日本だけだろうなぁ…
 ・オーストラリアって国歌あったんだ…。「God Save the Queen」じゃないのね。
    http://www.worldfolksong.com/anthem/lyrics/australia.htm
     84年から正式な国歌らしい、へぇ…。
 ・国歌斉唱は小六の生徒達。会場、若干のどよめき。
 ・パネル上げは練習したみたい。到着したときは終わってましたが(笑)

前半:試合展開

  01  JPN    :長友左ドリブル、クロス                                  ボールデッド
  05  JPN S    :田中右ドリブル→玉田中S                            ※※枠右
  09  AUS       :右FK:→                                              DFクリア
  11  JPN SB  :内田左ドリブル→松井左S                                DFブロック
  12  JPN       :左CK:遠藤(IS)                                        DFクリア
  14  JPN       :右FK:中村                                            DFクリア
  14  JPN S    :内田中ミドルS                                          枠上
  19  AUS       :左CK:ブレシアーノ                                    DFクリア
  21  JPN       :左CK:中村(OS)                                        DFクリア
  22  AUS ▲YC:チッパーフィールド、松井を倒す                    CARD▲チッパーフィールド
  22  JPN S    :右FK:中村S→壁                                      GKキャッチ
  24  JPN S    :中FK:中村S                                          枠上
  26  AUS ▲YC:ウィルクシャー                                    CARD▲ウィルクシャー
  27  JPN       :田中中スルーP→玉田                                    あわず
  28  JPN S    :内田右クロス→長谷部右落→玉田中TS                    枠上
  34  AUS       :バレリ中→                                              あわず
  36  JPN       :長友、足を痛めて担架で退場→程なく復帰
  38  JPN S    :左FK:遠藤S                                          壁
  39  JPN       :内田右→田中右クロス                                    ボールデッド
  41  AUS       :左FK:ウィルクシャー→                                DFクリア(CK)
  41  AUS S    :右CK:ブレシアーノ→ムーア中→ニール中S              枠右
  43  JPN S    :田中右クロス→玉田中                                    S出来ず
  45  JPN S    :田中左ミドルS                                          DFブロック
  +1  AUS SOG:ケーヒル中ミドルS                                      GKキャッチ

前半:コメント

   前半が終わってスコアレスドロー、サイドの内田からのクロスや相手DFに突っかけて得たFKで攻撃の形を作ったものの、シュート6本を放ちつつも枠内シュートは無し。序盤の田中のクロスに対する玉田の飛び込みが最大のチャンス、あれが決まっていれば一方的な試合になっていたかもしれないが、そんなにうまくいかないのがサッカーのおもしろいところではある。

   前半は相手がほとんど攻めてこなかったこともあり、ほとんどDFラインが評価されるシーンは無し。とはいえ、相手CKに対する対応のドタバタを見るに、相手が本気で攻めてきた場合には不安を感じざるをえない。

   中盤に関しては、田中を含めて流動的に動くシーンが目立った。松井は左右にポジションチェンジをするが、基本的にサイドに張るシーンが多く、長谷部が若干上がり目でボールをさばくシーンが目立った。遠藤と中村はやや下がり目、守備を考えると首をかしげる布陣だが、それだけ相手が攻めてこなかったと言う事でもある。ただ、中盤でボールを支配はしているものの、枠内シュートを打てていないのも事実。もう少しミドルシュートを打つ工夫も欲しい。

   FWに関しては予想通り玉田が相手の高さに苦戦、スペースを活かす動きやパスもあまりなかった。何度かあった内田や田中のクロスうまく合わせていればさすがと言うことになったのだろうが。後半のオプションとしては大久保、橋本、巻が控えるが、オーストラリアとしてはこのままなら引いて守る展開になることは必至なだけに、スペースに飛び込む動きが得意な大久保や岡崎にはつらい展開か。

前半:スタッツ(公式)
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
       日本  0   6   0   2   7  --   0   0   2
  オーストラリア  0   2   1   2  13  --   2   0   1

後半:試合展開
  46  AUS    :ブレシアーノ→バレリ                                    オフサイド
  52  AUS       :ウィルクシャー右クロス→ケーヒル                        DFクリア
  54  AUS       :左クロス                                                GKキャッチ
  57  JPN       :田中左クロス→玉田                                      DFクリア
  57  JPN 交代1:松井(OUT)、大久保(IN)
  58  JPN       :玉田左ドリブル                                          DFクリア(CK)
  59  JPN       :長谷部左クロス→                                        DFクリア(CK)
  63  JPN       :大久保右クロス                                          DFクリア
  63  AUS 交代1:ホルマン(OUT)、ガルシア(IN)
  65  JPN       :玉田→田中中ドリブル                                    DFクリア(CK)
  66  JPN SB  :左CK:遠藤→内田中S                                  DFブロック
  68  JPN SOG:中村右→大久保右S                                      GKキャッチ
  70  JPN SOG:内田右→遠藤中ミドルS                                ☆GKセーブ
  71  JPN       :遠藤左クロス→闘莉王右返し                              DFクリア(CK)
  71  JPN       :右CK:中村                                            GKキャッチ
  72  JPN       :内田右クロス→田中                                    ※あわず
  75  JPN       :中村右クロス                                            DFクリア(CK)
  75  JPN       :右CK:遠藤→長谷部中                                  S出来ず
  77  JPN       :内田右クロス                                            DFクリア(CK)
  77  JPN       :右CK:遠藤→                                          GKキャッチ
  79  JPN S    :長友左クロス→玉田中HS                                枠上
  83  JPN 交代2:田中(OUT)、岡崎(IN)
  84  AUS S    :左FK:ブレシアーノS                                  枠上
  85  AUS 交代2:ケーヒル(OUT)、ケネディ(IN)
  87  JPN S    :内田右クロス→長谷部左BS→大久保                    ※枠左
  90  AUS       :右クロス→ケネディ                                      あわず
  +2  AUS 交代3:ブレシアーノ(OUT)、カーニー(IN)

後半:コメント
 攻めに入らなければならない後半だがシュート数は減って5本、枠内シュートこそ2本あったものの、スコアレスに終わっても仕方のない数字。とはいえ相手のシュートは90分を通してわずか3本、ドロー狙いの相手の術中にはまったと言う事だろう。

 内田のクロスはよかったし、相手の消極性もあって裏を取られることもなかった。ただ、そこへ飛び込むタイミングやそこからの作りは相変わらずゴールの予感を感じさせず。ジーコ時代から比べれば、ノーチャンスな山なりのクロスでない分だけ進歩と言えなくもないが…、押し込めなければ同じとも言える。松井に変わって投入された大久保は、最初のシュート以外は決定期に絡めず。岡崎に至っては、10分で仕事をしろという采配が正直疑問。時間も短く、海外組とのコンビネーションも

 守備に関しては特に過大となる点は見えず。相手のカウンターをうまく押さえてシュート3本に押さえたのは、向こうの狙い通りとはいえ評価していいだろう。ケーヒルのミドル一発で真蹴ったりしたら目も当てられないところだ。ただ、終盤ケネディが入ったときが一番危険な時間だった。最初からパワープレイでこられたらあるいは危なかったかもしれない。その意味で相手の消極策に助けられたという印象は強い。

スタッツ(公式):
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
       日本  0  11   2   9  17  62   0   0   5
  オーストラリア  0   3   1   2  25  38   3   0   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/04

[日本代表] キリンチャレンジカップ2009 日本 v フィンランド

試合結果
  日本 5 - 1 フィンランド  シュート16本
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/score/2009/2009020401.html

オーストラリアへの展望

1)GKは誰がやるか? … 都筑で決まりだろう
  失点はし、危なっかしい場面もあったがたが致命的なプレイはなかった
 (相手が攻めきれなかったことによるが)
  当日のコンディションの問題以外は変える必要がない。

2)闘莉王は使えるか? … 多分OK
  いつものように気持ちの入ったプレイを見せた。途中交代は飛ばしすぎを心配しただけだろう。
  ちょうどいい調整試合になったのではないか、怪我をしていなければだが…。

3)SBは内田、長友で問題ないか? … 問題は無いとは言えないが他にいない
  守備の対応では若干の不安はあるが、攻撃参加を見込まれての人選だから二人がスタメンだろう。
  本番で突然、駒野、安田を起用する理由がない。

4)遠藤のコンディション、そしてパートナーは?
  替えの効かない選手、90分試合が出来れば使うだろう。パートナーはコンディションが許せば長谷部、
  稲本、ダメならば橋本。守備的を考慮すれば今野だが、スタメンは無いだろう。

5)田中は使えるか?
  使えるなら前半から使うはず。コンディションに不安がある選手でのスタメンはないのでは?
  セカンドトップとしてはコンディションが良ければ大久保、ダメならば今日活躍した岡崎か。

6)左サイドはどうするか?
  香川、大久保、松井のいずれか。大久保は 左or 中でのスタメン濃厚。今日の出来なら香川か?

●予想スタメン
       玉田
      (田中)

 香川   大久保   中村
(松井)  (岡崎) (中村憲)

     遠藤  長谷部 
    (中村憲)(橋本)

 長友  闘莉王 中澤  内田
(安田) (高木)   (駒野)
       都築
      (川島)

●勝てるか?
  可能性はある。ほぼ欧州組のオーストラリアチームのコンディション次第。後は運。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/02

[Asian Cup 2011] 最終予選#02 バーレーン v 日本

 アジアカップ予選は残念ながら負けてしまったようで,巷ではこの世の終わりでもくるかのような大騒ぎをする三流新聞があったりするようです。監督をクビにしろとか協会に問題ありとか、いつものように好き勝手を言っているようです。

 ただ、シーズンが始まってもいない日本と、ガルフカップ直後のバーレーン、しかもアウェイでの戦いとなれば、どっちが有利かは一目瞭然。そもそも、普通にやってもギリギリの勝負となる相手なのに、コンディションに差があっては…。いつからですかね、アジアの代表の試合で負けが許されなくなったのは…。サッカーなんだから勝敗なんて時の運、たかが一敗しただけで監督を変えてたら、代表監督のなり手なんていなくなってしまいます。

 レギュレーションを考えれば、この負けが致命的なダメージでないことはおこちゃまでもわかること。4チーム中上位2位までに入ればいいのだから、一つぐらいアウェイで負けてもホームで取り返せば何の問題もなし。クビとか騒いでいる輩には、じゃあ誰に代役頼むの、と言う対案を用意してもらわないと、無責任な大騒ぎは聞きあきました。まあ、そうやって騒がないと新聞が売れないほど、魅力に乏しい代表ってのも問題がないとは言わないけど…(笑)

 かく言う本人も、朝4時に起きてプレミアリーグ見てたので大きいことは言えないんでしょうが。さすがにワールドカップ予選のオーストラリアはスタジアムで応援する予定です。祝日の地元開催と言う好条件が重なりましたからね。オーストラリアも本調子にはほど遠く、インドネシアとドローになってしまったようですので、鍵を握るのは欧州組の出来と言うことになるのでしょう。ホームと言うことを割り引いても劣勢は否めないんだろうな、とは思うのですが、この敗戦を糧にW杯予選で勝ち点3をゲットしてくれれば、意味のある敗戦だったと言うことになるでしょうし、なってほしいです。

 そもそもIMDでもない時に公式戦があるってのが問題なわけで、そのあたりはAFCに対してしっかり申し入れをするのが協会の仕事なんだけど、どうする気なんでしょうね。ワールドカップの翌年に無理矢理やろうとするからこういう無理な日程になるわけで、おとなしく2012年にやれば何の問題もないんだけどね。まあ、アジアカップで3位に入れなかったツケと言えばそれまでなんだけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/20

[Asian Cup 2011] 最終予選#01 日本 v イエメン

試合結果
  日本 2 - 1 イエメン

公式記録

  JFA公式記録 http://www.jfa.or.jp/national_team/special/afc_asiacup/20090120/img/20090120_asiancup_JPNvYEM.pdf
    さすがJFAは芸が細かいですなぁ…。支配率まで出てるよ(笑)
  AFC公式記録 http://images.the-afc.com/Documents/competitions/fixtures/242-1911.pdf
    得点と出場時間と気温ぐらいしか使えるデータがない。天候「すんげぇ寒い」って何だろう(笑)

感想
  シュート27本で2点は効率悪いと言うべきか、相手の唯一のシュートで失点するのは問題だと言うべきか…。27本中枠内シュートが10本しかないと言うのも決定力の低さを表しているようで悲しくはある。
  相手との実力差があったから結果としてシュート27本打てたということなのだろうが、引かれた相手を崩せず、見込みのないシュートを打たざるを得なかった面が強いか。サイドから駒野や内田が突破してチャンスを作ったものの、クロスの精度を欠いて決定機を作ることは出来ず。全力疾走してのクロスがボールデッドするのはしょうのない面はあるが、立ち止まってボールを止めてのクロスがFWにかすりもしないというのはどうしたものか。
  中村と青木のダブルボランチ、及び高木と寺田という目新しいCBコンビとGKの川島については、相手との実力差がありすぎることもあり、評価は難しいところ。シュート1本に押さえたと言うほど出来がよかったとほめるのも考え物だし、中澤に比べるとまだまだと言うわけでもない。一応公式戦とはいえ、所詮1試合をこなしただけ、しかもプレイ機会が少なすぎる。
  公式戦と言うことで、勝ち点3と言う結果を得れたことは評価すべきだろう。直近ではホームのオーストラリア戦、中期的展望では2010年のワールドカップを考慮するならば、手放しで喜べる状況ではないが、この試合の次が天王山と言うわけではない。ただ、天皇杯ベスト4を呼べないと言うゆがんだ状況については、なるべく早く解決する必要を改めて感じた。

スタッツ(ニッカンスポーツ 本誌 & JFAマッチレポートより)
      S SOG  CK  F OFF YC POS
  日本 27 10  12  9  0 0 75
イエメン  1  1  0 27  2 1 25

採点

    ニッカン エルゴラ
 川島 90  5.0  5.5
 内田 90  5.0  5.5
 高木 90  5.0  5.5
 寺田 90  4.5  5.5
 駒野 90  5.5  6.0
 岡崎 90  6.5  6.0
 青木 90  5.0  5.0
 中村 90  6.0  6.0
 香川 88  5.0  6.0
 田中 79  6.5  6.0
 興ろ 60  5.0  5.0

 巻  30  5.5  5.5
 乾  11  5.5  ---
 金崎 02  ---  ---

# エルゴラ、少し甘すぎないか。結果はともかく6点連発というほどいい試合とは思えんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/04

[AC2011] 最終予選グループ分け&試合日程

[AFC.com] AFCアジアカップ2011予選大会の組合せが決まる
[JFA] 試合日程が決定。日本は初戦でイエメンと対戦!(08.07.04)

●予選組み分け

 グループ A
   A1 – 日本
   A2 – バーレーン
   A3 – 香港
   A4 – イエメン
 # 日本とバーレーンで決まりのはず

 グループ B
   B1 – オーストラリア
   B2 – インドネシア
   B3 – オマーン
   B4 – クウェート
 # オーストラリアが頭1つ、2位はオマーンとクウェートの争い

 グループ C
   C1 – ウズベキスタン
   C2 – UAE
   C3 – マレーシア
   C4 – インド
 # ウズベキがトップ、2位はUAEが優勢か

 グループ D
   D1 – ベトナム
   D2 – 中国
   D3 – シリア
   D4 – レバノン
 # シリア若干優位も本命無き戦いか

 グループ E
   E1 – イラン
   E2 – タイ
   E3 – ヨルダン
   E4 – シンガポール
 # イランのトップ通過は固い。2位争いは混戦 

●AFCアジアカップ ドーハ2011予選 グループA

  2009年 1月14日(水)     日本 v イエメン     香港 v バーレーン
  2009年 1月28日(水)  バーレーン v 日本     イエメン v 香港   

  2009年11月14日(土)*    日本 v 香港     イエメン v バーレーン 
  2009年11月18日(水)*    香港 v 日本    バーレーン v イエメン   
  2010年 1月 6日(水)   イエメン v 日本    バーレーン v 香港
  2010年 3月 3日(水)     日本 v バーレーン    香港 v イエメン

*2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ アジア最終予選に参加している国(グループA:日本・バーレーン)が
オセアニアとの大陸間プレーオフに進んだ場合は、予備日の2010年1月20日(水)と1月27日(水)に変更。

●あり得ない日程…
  まあ、グループ3位でのプレイオフなんて考えてちゃダメなんでしょうけど…
  ■ 公式試合の日  □親善試合の日

2008
 ■ WC-FQ MD 1: 2008/09/06  日本 v バーレーン
 ■ WC-FQ MD 2: 2008/09/10  (未定) 

 ■ WC-FQ MD 3: 2008/10/15  日本 v ウズベキスタン

 □ WC-FQ MD 4: 2008/11/19  カタール v 日本

2009
   AC-FQ MD 1: 2009/01/14  日本 v イエメン
   AC-FQ MD 2: 2009/01/18  バーレーン v 日本

 □ WC-FQ MD 5: 2009/02/11  日本 v オーストラリア

 ■ WC-FQ MD 6: 2009/03/28  日本 v バーレーン

 ■ WC-FQ MD 7: 2009/04/01  (未定)

 ■ WC-FQ MD 8: 2009/06/06  ウズベキスタン v 日本
 ■ WC-FQ MD 9: 2009/06/10  日本 v カタール
 ■ WC-FQ MD 10: 2009/06/17  オーストラリア v 日本

 ■ WC-PO v AFC 2009/10/10  AFC B組3位とのプレイオフ ※9月かも
 ■ WC-PO v AFC 2009/10/14  AFC B組3位とのプレイオフ    

 ■ WC-PO v OFC 2009/11/14  OFC 1位とのプレイオフ
 ■ AC-FQ MD 3: 2009/11/14  日本 v 香港
 ■ WC-PO v OFC 2009/11/18  OFC 1位とのプレイオフ
 ■ AC-FQ MD 4: 2009/11/14  香港 v 日本

2010
   AC-FQ MD 5: 2010/01/06  イエメン v 日本
   AC-FQ MD 3: 2010/01/20  日本 v 香港(予備日)
   AC-FQ MD 4: 2010/01/27  香港 v 日本(予備日)
   AC-FQ MD 6: 2010/03/03  イエメン v 日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧