football(チャンピオンズリーグ)

2012/02/14

[CL11/12] B16-L1:レバークーゼン v バルセロナ

スタジアム
  バイ・アレーナ  レバークーゼン
  気温: 2度  湿度:81%  ピッチ:湿  天候:雨
試合結果
  レバークーゼン 1 - 3 バルセロナ
主審
  クレイグ・トムソン(SCO)
ラインナップ
 レバークーゼン
               09 シュールレ

    10 アウグスト     27 カストロ     08 ベンダー

         06 ロルフェス(C)  03 ライナルツ

  24 カドレツ  05 フリードリッヒ  02 シュバーブ  14 チョルルカ

                 23 レノ
  サブ
    22 イェルテル  04 オクツィプカ  20 ダ・コスタ  21 トプラク
    17 オルテガ  38 ベララビ  11 キースリング
  監督
    ロビン・ドゥット
 バルセロナ
    21 アドリアーノ 10 メッシ     09 サンチェス

    04 セスク    16 ブスケシュ   08 イニエスタ

22 アビダル  14 マスチェラーノ  05 プジョル  02 アウベス

            01 バルデス
サブ
  13 ピント  32 バルトラ  11 チアゴ  28 ジョナタン
  30 ロベルト 17 ペドロ   39 クエンカ
監督
  ジョゼップ・グアルディオラ
前半:試合展開
 05 BAR OFF:メッシ                         オフサイド
 08 LEV ▲YC:シュバーブ、アウベスを倒す            CARD▲シュバーブ
 13 BAR    :アレクシス→メッシ                   DFクリア(CK)
 26 BAR    :イニ左→                        あわず
 32 BAR OFF:メッシ                         オフサイド
 35 BAR OFF:メッシ→サンチェス                   オフサイド
 38 BAR SOG:メッシ左S                       GKキャッチ
 41 BAR SOG:メッシ中→サンチェス右1対1S          GOAL★LEV 0-1 BAR
前半:コメント
  人数をかけて守ってカウンター狙いのレバークーゼン。攻撃の形はつくれないものの、相手の攻撃は
 どうにか押さえていたものの、41分にサンチェスがDFラインの裏に抜け出してアウェイゴールを
 ゲットした。スペースの無いところを崩していくバルサの攻撃ばかりが目立った45分。レバークーゼン
 としては、後半は攻撃に出たいところではあるがこれ以上の失点を避けたいのも確かなところ。
前半:スタッツ  
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  レバークーゼン  0   0   0   0   8  22   1   0   0
    バルセロナ  1   4   2   1   6  78   0   0   2
後半:試合展開
 46 LEV OFF:オフサイド
 49 BAR OFF:オフサイド
 52 LEV SOG:チョルルカ右クロス→カドレツ中HS        GOAL★LEV 1-1 BAR
 53 LEV ▲YC:チョルルカ                    CARD▲チョルルカ
 54 BAR S  :左FK:アウベスS                   枠上
 55 BAR SOG:メッシ中スルーP→サンチェス中GKかわしてS   GOAL★LEV 1-2 BAR
 57 LEV SOG:アウグスト中S                     GKキャッチ
 61 BAR 交代1:イニエスタ(OUT)、チアゴ(IN)
 64 LEV SOG:カストロ左S                     ☆左ポスト
 65 BAR OFF:メッシ                         オフサイド
 66 BAR    :セスク右クロス                     GKキャッチ
 69 BAR S  :メッシS                        DFブロック(CK)
 69 BAR 交代2:アドリアーノ(OUT)、ペドロ(IN)
 73 BAR SOG:メッシ右ドリブルS                  ☆右ポスト
 77 LEV 交代1:ロルフェス(OUT)、キースリング(IN)
 78 LEV SOG:カストロ左クロス→キースリング中HS         ※GKキャッチ
 80 LEV ▲YC:カストロ、ブスケシュを引っ張る          CARD▲カストロ
 81 BAR SOG:メッシ左ドリブルS                   GKキャッチ
 81 BAR OFF:メッシ→チアゴ                     オフサイド
 84 BAR SOG:左CK:ペドロ→マスチェラーノ中HS         ☆GKセーブ
 86 BAR 交代3:サンチェス(OUT)、クエンカ(IN)
 87 BAR ▲YC:チアゴ                      CARD▲チアゴ
 88 LEV SOG:シュールレ右S                     GKキャッチ
 89 BAR SOG:メッシ→アウベス右→メッシ中S          GOAL★LEV 1-3 BAR
 90 LEV 交代2:シュールレ(OUT)、ベララビ(IN)
 +1 LEV 交代3:チョルルカ(OUT)、ダコスタ(IN)

 +2 LEV OFF:オフサイド
 +3 BAR OFF:ダニ→チアゴ                      オフサイド
後半:コメント
  後半に入って一気に攻撃にシフトしたことで一時は同点に追い付いたレバークーゼンだが、ほどなく
 サンチェスにゴールを決められ再びリードを許す。その後はチャンスを作るもそれ以上にピンチを
 招き、結果として終了直前にメッシに決められて1-3、次節がカンプノウという事を考えると、ほぼ
 大勢は決した感がある。ただ、前半を耐えて後半45分で勝負を賭けるという戦略は間違っていなかった
 と思うし、試合運びもさほど悪いとは思えなかった。チャビとピケをベンチにも入れないにもかかわらず
 相手を圧倒したバルサが強すぎたと言うことなのだろう。
スタッツ  
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  レバークーゼン  1   6   4   0  15  27   3   0   2
    バルセロナ  3   12   7   7   9  73   1   0   6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/28

[CL10/11] FINAL:バルセロナ v マンU

スタジアム
  ウェンブリー・スタジアム  ロンドン
  気温:15度  湿度:76%  ピッチ:乾燥  天候:雨
直前オッズ
  BAR v MAU 2.00 3.20 4.33
        1.50 2.62
試合結果
  バルセロナ 3 - 1 マンU
主審
  ビクトル・カッサイ(HUN)
ラインナップ
 バルセロナ
    07 ビジャ    10 メッシ    17 ペドロ

       08 イニエスタ    06 シャビ

           16 ブスケシュ 

  22 アビダル  03 ピケ  14 マスチェラーノ  02 アルベス

        01 バルデス
  サブ
    38 オリエル  05 プジョール  09 ボージャン  15 ケイタ  20 アフェライ
    21 アドリアーノ  30 チアゴ
  監督
    ジョゼップ・グアルディオラ
 マンU
            14 エルナンデス

  13 パク       10 ルーニー     25 バレンシア

        11 ギグス    16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ  20 ファビオ

           01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  07 オーウェン  08 アンデルソン  12 スモーリング
    17 ナニ     18 スコールズ  24 フレッチャー
  監督
    アレックス・ファーガソン
前半:試合展開
 01 MAU    :ルーニー左クロス                    GKキャッチ
 03 MAU SB :エルナンデス中ミドルS                 DFブロック
 06 MAU OFF:キャリック→エルナンデス                オフサイド
 07 MAU OFF:キャリック→エルナンデス                オフサイド
 08 MAU    :GKフィード→ルーニー                ※GKセーブ
 11 BAR SB :ビジャ中S                       DFブロック
 11 BAR    :メッシ中→ビジャ                    DFクリア(CK)
 16 BAR S  :シャビ右クロス→ペドロ中S              ※枠右
 20 BAR S  :ビジャ中ミドルS                    枠右
 21 MAU OFF:パク→エルナンデス                   オフサイド
 21 BAR SOG:シャビ→ビジャ右S                   GKキャッチ
 25 BAR    :メッシ左ドリブル                    GKキャッチ
 27 BAR SOG:シャビ中→ペドロ右S               GOAL★BAR 1-0 MAU
 30 BAR    :アウベス右クロス                    枠上
 34 MAU SOG:ルーニー→ギグス1,2S             GOAL★BAR 1-1 MAU
 37 BAR S  :シャビ中ミドルS                    枠上
 39 BAR SOG:イニ中ミドルS                     GKキャッチ
 43 BAR    :メッシ中→ビジャ右→                 ※あわず
前半:コメント
 バルセロナ
   序盤こそマンUのプレスに苦しんだものの、時間がたつに連れボールを回すいつものサッカーが
   出来るようになった。27分にシャビのスルーパスを受けたペドロが決めたものの、ルーニーに
   決められて同点。ただしスコアーは同点だが決定機の数では上回っているだけに,後半に追加点を
   決めて90分で勝負を決めたいところ。国王杯の時のような消耗戦は避けたい。
 マンU
   開始早々にチャンスを作ったものの、その後は徐々に運動量が落ちて相手の攻撃を許す展開に。
   DFラインでボールを奪ってロングフィードで相手の裏を狙う展開も、徐々に相手に対応されて
   苦戦を強いられる。それでも少ないチャンスを生かしてルーニーが決めたのはさすが。とりあえず
   相手が疲れるまでは我慢の時間か。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  1   8   3   1   2  66   0   0   0
      マンU  1   2   1   0   5  34   0   0   4
後半:試合展開
 47 BAR SB :シャビ中ミドルS                    DFブロック(CK)
 52 BAR SOG:ペドロ右S                      ☆GKセーブ
 53 BAR SB :メッシ中S                       DFクリア(CK)
 54 BAR SOG:メッシ中ミドルS                 GOAL★BAR 2-1 MAU
 55 MAU OFF:エルナンデス                      オフサイド
 57 MAU OFF:アビダル                        オフサイド
 60 BAR ▲YC:アウベス、エブラを倒す              CARD▲アウベス
 61 MAU ▲YC:キャリック、イニを倒す              CARD▲キャリック

 63 BAR SOG:メッシ左ドリブルS                  ※GKセーブ
 65 BAR    :アウベス右→メッシ中                  DFクリア
 66 BAR SOG:シャビ中ミドルS                   ☆GKセーブ(CK)
 67 BAR SOG:イニ中ミドルS                     GKキャッチ
 68 BAR    :ビジャ右クロス                     DFクリア(CK)
 69 MAU 交代1:ファビオ(OUT)、ナニ(IN)
 69 BAR SOG:ビジャ中RS                   GOAL★BAR 3-1 MAU
 71 MAU S  :ルーニー中RS                     枠上
 77 MAU 交代2:キャリック(OUT)、スコールズ(IN)
 80 MAU ▲YC:バレンシア、メッシを倒す             CARD▲バレンシア
 85 MAU S  :ナニ中ドリブルS                    枠右
 85 BAR ▲YC:バルデス、遅延行為                CARD▲バルデス

 86 BAR 交代1:ビジャ(OUT)、ケイタ(IN)
 88 BAR 交代2:アウベス(OUT)、プジョル(IN)

 +1 BAR S  :イニ中RS                       GKキャッチ
 +2 BAR 交代3:ペドロ(OUT)、アフェライ(IN)
 +3 BAR SOG:アフェライ右S                     GKキャッチ
後半:コメント
 バルセロナ
   後半早々メッシのゴールでリード、その後も優勢に試合を進め69分のビジャのゴールで試合を
  決めた。後半になっても足が止まることがなく、最後までマンUの攻撃を許さなかった。シュート数は
  マンUの4本に対して19本、ポゼッションは63%、まさに自分たちのサッカーで圧勝した。試合前から
  優勢の声が高かったものの、その予想を上回る圧勝だった。
 マンU
   後半は完全にペースダウン、シュートを1本打っただけで、バルサの攻めを防ぐだけで手一杯だった。
  ナニ、スコールズの投入でも流れを変える事は出来ず。フレッチャーのコンディション不良や、
  ベルバトフのベンチ外など、不運な事はあったものの、残念ながらバルサとはレベルが違ったと言う
  印象。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  3   19   12   6   5  63   2   0   1
      マンU  1   4   1   0  16  37   2   0   5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/04

[CL10/11] B4-L2:マンU v シャルケ

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
  気温:15度  湿度:21%  天候:晴れ
前節結果
  シャルケ 0 - 2 マンU
試合結果
  マンU 4 - 1 シャルケ  Agg 6-1でマンUが決勝進出
主審
  ペドロ・プロエンサ(POR)
ラインナップ
   マンU
            09 ベルバトフ 

  17 ナニ   08 アンデルソン  28 ギブソン  25 バレンシア

            18 スコールズ

  22 オシェイ(C) 23 エヴァンス  12 スモーリング  21 ラファエル

              01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  03 エブラ  07 オーウェン  11 ギグス  14 エルナンデス
    15 ビディッチ  24 フレッチャー

  監督
    アレックス・ファーガソン
 シャルケ
             07 ラウール*Y

  31 ドラクスラー 18 フラド*Y   11 バウムヨヘン  17 ファルファン

             14 パパドプロス*Y

  03 エスクデロ  21 メッツェルダー  04 ヘベデス  22 内田

             01 ノイアー(C)
  サブ
    33 ショーバー   02 サーベイ*Y  09 エドゥ  13 シュミッツ  16 カリミ
    25 フンテラール*Y  32 マティブ
  監督
    ラルフ・ラングニック
前半:試合展開
 05 MAU    :ナニ右ドリブル、クロス                 DFクリア(CK)
 06 MAU OFF:ラファエル→ベルバトフ                 オフサイド
 08 SCH S  :ファルファン中ミドルS                 枠左
 14 SCH    :フラド左クロス                     DFクリア(CK)
 22 MAU    :ベルバトフ左クロス→                  DFクリア
 26 MAU S  :左CK:ナニ→スモーリング中HS            枠上
 26 MAU SOG:ギブソン中→バレンシア右1対1S         GOAL★MAU 1-0 SCH Agg. 3-0
 27 SCH SOG:ラウール中HS                     GKキャッチ
 29 SCH S  :フラード右S                      枠左
 31 MAU SOG:ギブソン中S                   GOAL★MAU 2-0 SCH Agg. 4-0
 35 SCH SOG:内田右クロス→フラード中TS           GOAL★MAU 2-1 SCH Agg. 4-1

 35 MAU SOG:バレンシア右、GK交わしてS             ☆DFクリア
 37 MAU ▲YC:ギブソン、エスクデロを倒す            CARD▲ギブソン
 38 MAU ▲YC:スコールズ、遅延行為               CARD▲スコールズ

 39 SCH SB :左FK:ファルファンS                 壁(CK)
 42 MAU ▲YC:アンデルソン、バウムヨハンを倒す         CARD▲アンデルソン
前半:コメント
  中盤を厚くしてのぞんだシャルケだが、やはりマンUの方が一歩上手。ミスパスを奪ってからバレンシア
 に繋いで先制、さらにギブソンがシュートを決めて一気に2点リードした。シャルケもフラードのゴールで
 1点返したものの、マンUのペースで進んでいると言わざるを得ない。後半で3ゴールを奪っての逆転は
 奇跡に近いだろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  2   4   2   6   7   46   3   0   2
     シャルケ  1   5   2   2   8  54   0   0   0
後半:試合展開
 46 SCH 交代1:バウムヨハン(OUT)、エドゥ(IN)
 51 SCH SB :ラウール右→フラード右S                DFブロック(CK)
 55 MAU SOG:アンデルソン中S                   ☆GKセーブ(CK)
 58 SCH ▲YC:エスクデロ                    CARD▲エスクデロ
 60 MAU 交代1:ラファエル(OUT)、エブラ(IN)
 70 SCH 交代2:ヘベデス(OUT)、フンテラール(IN)

 72 MAU SOG:ナニ右クロス→アンデルソン中S          GOAL★MAU 3-1 SCH Agg. 5-1
 73 MAU 交代2:スコールズ(OUT)、フレッチャー(IN)
 75 SCH 交代3:ファルファン(OUT)、マティフ(IN)

 76 MAU SOG:ベルバトフ右クロス→アンデルソン中S       GOAL★MAU 4-1 SCH Agg 6-1
 77 MAU 交代3:ベルバトフ(OUT)、オーウェン(IN)
 79 MAU OFF:ナニ→オーウェン                    オフサイド
 82 SCH SOG:エドゥ中S                      ☆GKセーブ
 82 SCH OFF:フンテラール                      オフサイド
 +1 MAU SOG:オーウェン左ドリブルS                ☆GKセーブ(CK)
 +2 MAU S  :ナニ右クロス→エブラ左BS               枠右
後半:コメント
  後半に入ってもマンU優勢は変わらず、運動量が落ちて開き始めたスペースを,ナニやバレンシアが
 突くシーンが目立ち始め、72分、76分にアンデルソンがゴールを決めてトドメを刺した。内容だけ見れば
 4-1の圧勝ではあったが、余裕の展開を考えると,3枚のイエローを受けてしまったのは、実害はないとは
 言え不満の残る状況。そrでも、国内が微妙な状況だけに勇気を持ってターンオーバーで臨んだファギー
 の決断に見事に答える選手達はさすが。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  4   10   8   13  13   45   3   0   8
     シャルケ  1   14   4  10  15  55   1   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] B4-L2:バルセロナ v Rマドリー

主審
  カンプ・ノウ  バルセロナ
  気温:18度  湿度:80%  ピッチ:湿気含む  天候:雨
直前オッズ
  BAR v RMA 1.67 4.00 4.75
        1.02 15.00
第1レグ
  Rマドリー 0 - 2 バルセロナ
試合結果
  バルセロナ 1 - 1 Rマドリー  Agg. 3-1 でバルセロナが決勝進出
主審
  フランク・デ・ブリーカー(BEL)
ラインアップ
 バルセロナ
    17 ペドロ    10 メッシ    07 ビジャ

    08 イニエスタ  16 ブスケシュ  06 シャビ

  05 プジョル(C) 03 ピケ  14 マスチェラーノ  02 アウベス

            01 バルデス
  サブ
    38 オラサバル  11 ジェフレン  15 ケイタ  20 アフェライ  22 アビダル
    26 フォンタス  30 ティアゴ
  監督
    ジョゼップ・グアルディオラ
 Rマドリー
            20 イグアイン

   22 ディマリア*Y    08 カカ      07 ロナウド*Y

         14 アロンソ   10 ディアラ

  12 マルセロ  18 アルビオル*Y  02 カルバーリョ  17 アルベロア

            01 カシージャス
  サブ
    25 デュデク  09 ベンゼマ  11 グラネロ  19 ガライ  23 エジル
    28 アデバイヨル*Y  35 ナチョ
  監督
    アイトール・カランカ
前半:試合展開
 07 BAR S  :イニ左ミドルS                     枠右
 13 RMA ▲YC:カルバーリョ、メッシを倒す            CARD▲カルバーリョ
 20 RMA OFF:ディマリア右←イグアイン                オフサイド
 21 BAR    :メッシ右ドリブル                    DFクリア(CK)
 22 BAR SOG:右CK:シャビ→ブスケシュ中HS           ※GKキャッチ
 31 RMA OFF:ロナウド                        オフサイド
 32 BAR SOG:メッシ中ドリブルS                  ※GKセーブ
 33 BAR S  :アウベス右→メッシ中TS               ※枠右
 34 BAR SOG:C→メッシ→ビジャ左S                ☆GKセーブ
 35 BAR S  :ペドロ中ミドルS                    枠左
 37 BAR SOG:ビジャ左→中→メッシ中S               ☆GKセーブ
 40 BAR    :シャビ右クロス                     GKキャッチ
 40 RMA    :ロナウド右クロス→                   GKキャッチ
 43 BAR OFF:アウベス→ペドロ                    オフサイド
 43 BAR OFF:メッシ中→ビジャ                    オフサイド
 +1 RMA    :アルベロア右クロス                   DFクリア(CK)
前半:コメント
 バルセロナ
   序盤こそマドリーの激しいプレスに苦しんだが,それが落ち着いてからはメッシを中心に
  何度か決定的なチャンスを作った。また、決定機にこそならなかったがビジャの裏を取る
  動きも悪くない。シャビ、イニは中盤のプレスに苦しんではいるが、後半、相手が疲れるに
  つれて、ここでもボールをより一層持てることが期待できる。
 Rマドリー
   序盤の激しいプレスでペースを作った時間に1点を奪えなかった時点でギャンブル失敗。
 オフサイドも1本、CKも1本、そして支配率が31%と、防戦一方の展開を強いられた
 印象。そして、DFラインの要のカルバーリョが黄紙を1枚もらっているのも心配な点
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  0   7   4   2   4  69   0   0   3
    Rマドリー  0   0   0   1   1   31   1   0   1
後半:試合展開
 53 RMA SB :イグアイン中ミドルS                  DFブロック(CK)
 54 BAR SOG:イニ→ペドロ中1対1S              GOAL★BAR 1-0 RMA 3-0
 55 RMA 交代1:イグアイン(OUT)、アデバイヨル(IN)
 58 RMA ▲YC:ディアラ、ブスケシュを倒す            CARD▲ディアラ
 60 RMA 交代2:カカ(OUT)、エジル(IN)
 64 RMA SOG:ディマリア左S                    ☆左ポスト
 64 RMA SOG:ディマリア左→マルセロ中S            GOAL★BAR 1-1 RMA 3-1
 66 RMA OFF:アデバイヨル                      オフサイド
 69 RMA ▲YC:アロンソ、メッシを蹴る              CARD▲アロンソ
 74 BAR 交代1:ビジャ(OUT)、ケイタ(IN)
 76 RMA ▲YC:マルセロ、メッシを倒す              CARD▲マルセロ
 82 BAR ▲YC:ペドロ                      CARD▲ペドロ
 85 RMA ▲YC:アデバイヨル、メッシを掴む            CARD▲アデバイヨル

 89 BAR SOG:右FK:S                       GKキャッチ
 +1 BAR 交代2:プジョル(OUT)、アビダル(IN)
 +2 BAR 交代3:ペドロ(OUT)、アフェライ(IN)

後半:コメント
  後半早々、大舞台に強いペドロが1対1のシュートを決めてバルサが先制、この時点でレアルは
 3点差が必要となり大勢は決まった感がアル。64分にマルセロがゴールを決めて若干流れは上向いた
 ものの、集中力を取り戻したバルサの前に、ほとんどシュートを打てずに終わった。レアルについては
 アデバイヨルを筆頭にファールを繰り返すシーンだけが印象に残った。アウェイの試合内容としては
 悪くないが、勝ち抜けるためには決定力が明らかに不足していた。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  1   11   6   3  10  64   1   0   4
    Rマドリー  1   3   1   2   31   36   5   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/27

[CL10/11] B4-L1:Rマドリー v バルセロナ

スタジアム
  サンチャゴ・ベルナベウ  マドリー
  気温:21度  湿度:38%  ピッチ:湿気含む  天候:晴れ
直前オッズ
  RMA v BAR 2.62 3.10 2.75
        2.62 1.44
試合結果
  Rマドリー 2 - 0 バルセロナ
主審
  ウォルフガング・シュタルク(GER)
ラインナップ
 Rマドリー
    22 ディマリア*Y   23 エジル   07 ロナウド*Y

      10 Lディアラ  03 ペペ  14 アロンソ

  12 マルセロ  18 アルビオル*Y  04 Sラモス*Y  17 アルベロア

          01 カシージャス
  サブ
    13 アダン  08 カカ  09 ベンゼマ  11 グラネロ  19 ガライ
    20 イグアイン  28 アデバイヨル
  監督
    ジョゼ・モウリーニョ
  欠場
    出停 カルバーリョ  負傷 ケディラ
 バルセロナ
     17 ペドロ   10 メッシ     07 ビジャ

    15 ケイタ   14 マスチェラーノ  06 シャビ

  05 プジョル  16 ブスケシュ  03 ピケ  02 アウベス

           01 バルデス
  サブ
    13 ピント  11 ジェフレン  18 ミリート  20 アフェライ  26 フォンタス
    28 ロベルト  30 ティアゴ
  監督
    ジュゼッペ・グアルディオラ
前半:試合展開
 03 BAR SOG:シャビ中ミドルS                    GKキャッチ
 04 RMA SOG:ロナウド中ミドルS                   GKキャッチ
 11 BAR S  :ビジャ右ドリブルS                  ※GKセーブ
 25 BAR SOG:メッシ中→シャビ右S                 ☆GKセーブ
 30 BAR S  :シャビ中ミドルS                    枠上
 40 RMA ▲YC:アルベロア、ペドロを倒す             CARD▲アルベロア
 44 BAR ▲YC:Dアウベス                    CARD▲アウベス

 +1 RMA SOG:ロナウド中ミドルS                  ☆GKセーブ
 +1 RMA OFF:エジル                         オフサイド
 +2 BAR ▼RC:ピント、退場                   退場▼ピント
前半:コメント
  予想通り守備を固めてきたレアルをバルサが攻めあぐねた印象。マドリーは流れの中からは
 チャンスを作れないが、セットプレイからの攻撃力は侮れない。前半を終わってのスコアレス
 ドローは両チームにとって想定内、どちらも流れを掴むには至っていない。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Rマドリー  0   6   4   2   9  29   1   0   2
    バルセロナ  0   7   4   1  12   71   1   0   0
後半:試合展開
 46 RMA 交代1:エジル(OUT)、アデバイヨル(IN)
 46 BAR SB :ペドロ右クロス→メッシ中TS              DFブロック
 48 RMA S  :アロンソ中ロングS                   枠上
 50 RMA SB :ロナウド右S                     ※DFブロック
 53 RMA ▲YC:ラモス、メッシを倒す               CARD▲ラモス 次停
 57 BAR ▲YC:マスチェラーノ、ペペを倒す            CARD▲マスチェラーノ

 60 BAR    :ペドロ右ドリブル、エリア内で倒れる           笛無し
 61 RMA ▼YC:ペペ、アウベスに足裏タックル           退場▼ペペ
 64 RMA ▼YC:モウリーニョ                   退席▼モウリーニョ

 66 RMA S  :中FK:アロンソ→ロナウド中HS            枠上
 67 BAR OFF:シャビ→Dアウベス                   オフサイド
 68 BAR SOG:ビジャ左S                      ☆GKセーブ
 68 BAR S  :こぼれ→ペドロ右S                   枠左
 71 BAR 交代1:ペドロ(OUT)、アフェライ(IN)
 75 RMA S  :中FK:ロナウドS                   枠上
 77 BAR SOG:アフェライ右クロス→メッシ中S          GOAL★RMA 0-1 BAR
 83 RMA ▲YC:アデバイヨル、相手を倒す             CARD▲アデバイヨル
 87 BAR SOG:メッシ中ドリブルS                GOAL★RMA 0-2 BAR
 +1 BAR 交代2:ビジャ(OUT)、ロベルト(IN)
後半:コメント
  ピントの退場で若干不穏な空気の中、ラモス、マスチェラーノが警告、そしてペペがアウベスに
 足裏タックルによる一発退場で、マドリー勝利の目は潰えた。後半、攻撃の形が出来ながらも
 ゴールが奪えなかったバルサだが、投入直後のアフェライのドリブルからのクロスにメッシが
 合わせて先制、さらにマドリーの集中力が切れたところでメッシがドリブルで切れ込んでだめ押し
 点をあげた。次節がカンプノウということもあり、バルサが決勝進出へ大きく前進したことは
 間違いない。ペペ、ラモス、そしてモウリーニョがベンチに入れない状態で、2点以上奪って
 アウェイで勝利することは、かなり困難なミッションと言わざるを得ない。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Rマドリー  0   9   3   1  18  28   3   1   3
    バルセロナ  0   11   5   1  22   72   2   1   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/26

[CL10/11] B4-L1:シャルケ v マンU

スタジアム
  アレナ・アウフ・シャルケ  ゲルゼンキルヘン
  気温:20度  湿度:36%  ピッチ:乾燥  天候:晴れときどき曇り
直前オッズ
  SCH v MAU 3.60 3.25 2.10
        3.75 1.25
試合結果
  シャルケ 0 - 2 マンU
主審
  カルロス・ベラスコ・カルバジョ
ラインナップ
 シャルケ
         09 エドゥ      07 ラウール

  11 バウムヨヘン                 17 ファルファン

         18 フラド      14 パパドプロス

  02 サーベイ  21 メッツェルダー  32 マティブ  22 内田

             01 ノイアー
  サブ
    33 ショーバー  03 エスクデロ  05 ブレスタン  12 クルーゲ  15 ハリステアス
    16 カリミ    31 ドラクスラー
  監督
    ラルフ・ラングニック
 マンU
      14 エルナンデス   10 ルーニー

  13 パク                25 バレンシア

        11 ギグス    16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ  20 ファビオ

            01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  08 アンデルソン  12 スモーリング  17 ナニ  18 スコールズ
    21 ラファエル  23 エヴァンス
  監督
    アレックス・ファーガソン
前半:試合展開
 03 MAU SOG:ルーニー中S                      GKキャッチ
 06 MAU SOG:パク中ミドルS                    ※GKセーブ
 06 MAU OFF:エルナンデス                      オフサイド
 07 SCH SOG:エドゥS                        GKキャッチ
 09 SCH S  :ファルファンS
 13 MAU SOG:ファビオ左ドリブルS                  GKキャッチ
 14 MAU SOG:パク→エルナンデス左S                ☆GKセーブ
 26 MAU S  :エルナンデス右ドリブルS                GKセーブ
 27 MAU SOG:ビディッチ左→ギグス右HS              ☆GKセーブ
 34 SCH ▲YC:メッツェルダー、ルーニーを掴む          CARD▲メッツェルダー
 35 MAU OFF:ファビオ                        オフサイド
 36 MAU SOG:エルナンデス右S                   ☆GKセーブ
 36 MAU SOG:パク左S                       ☆DFブロック
 44 MAU    :ギグス左クロス                     DFクリア(CK)
 45 MAU SOG:ルーニー→ギグス中1対1S              GKセーブ
前半:コメント
  アウェイながらマンUのワンサイドゲーム、スコアレスドローで終わったのはノイアーの好セーブ
 連発のたまもの。スルーパスでエルナンデスが抜け出してシュートを打ったり、パクやギグスの
 惜しいシュートがあっただけにゴールを奪って終わりたかったところ。圧倒的に攻めてはいるが、
 ラウールやエドゥの決定力は侮れない
前半:試合展開
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     シャルケ  0   4   3   1   7  36   0   0   0
      マンU  0   11   7   4   9   64   0   0   2
後半:試合展開
 47 MAU SOG:左FK:ギグス→キャリック中HS           ☆GKセーブ(CK)
 48 MAU S  :バレンシア右クロス→ギグス左交わしてS        ※枠右
 53 SCH 交代1:バウムヨハン(OUT)、クルーゲ(IN)
 59 MAU ▲YC:ファビオ                     CARD▲ファビオ

 63 SCH    :ラウール右クロス                    DFクリア(CK)
 65 SCH SOG:エドゥ左ミドルS                    GKキャッチ
 67 MAU SOG:ルーニー中→ギグス中1対1S           GOAL★SCH 0-1 MAU
 68 MAU S  :エルナンデス右クロス→ギグス中BS           枠左
 69 MAU SOG:エルナンデス中→ルーニー中S           GOAL★SCH 0-2 MAU
 71 SCH ▲CY:サーペイ                     CARD▲サーペイ
 73 MAU 交代1:エルナンデス(OUT)、アンデルソン(IN)
 73 MAU 交代2:パク(OUT)、スコールズ(IN)
 73 SHC 交代2:サーベイ(OUT)、エスクデロ(IN)

 76 SCH S  :左FK:ファルファンS                 枠左
 78 MAU    :スコールズ→ルーニー                  S出来ず
 82 SCH SOG:エスクデロ中ミドルS                 ※GKキャッチ
 83 SCH 交代3:フラード(OUT)、ドレクスラー(IN)
 83 MAU 交代3:ルーニー(OUT)、ナニ(IN)

 88 MAU S  :エブラ左S                      ※枠右
後半:コメント
  後半に入ってもマンU有利の展開は変わらず、67分にギグスがとうとうノイアーの壁を破り、
 そしてルーニーが続けてゴールを決めたことで試合を決めた。ホームでの試合を残していることを
 考えると、よっぽどのことがない限り決勝進出といってもいいだろう。インテル相手には善戦を
 見せたシャルケだが,残念ながらマンU相手にはあらゆる面で通じなかった。ノイアー以外、
 全く自分たちのサッカーが出来なかったという意味で悔やまれる試合だろう。
試合展開
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     シャルケ  0   9   5   3  12  35   2   0   0
      マンU  2   18  10   6  15   65   1   0   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/06

[CL10/11] B8-L1:バルセロナ v シャフタール

スタジアム
  カンプ・ノウ  バルセロナ
  気温:20度  湿度:55%  ピッチ:乾燥  天候:曇り
直前オッズ
  BAR v SHA 1.20 6.00 15.00
試合結果
  バルセロナ 5 - 1 シャフタール
主審
  クレイグ・トムソン(SCO)
ラインナップ
 バルセロナ
     08 イニ    10 メッシ      07 ビジャ

     15 ケイタ   14 マスチェラーノ  06 シャビ

  21 アドリアーノ  16 ブスケシュ  03 ピケ  02 アウベス

               01 バルデス
  サブ
    31 ルベン    09 ボージャン  17 ペドロ  18 ミリート  19 マクスウェル
    20 アフェライ  30 ティアゴ
  監督
    ジュゼップ・グアルディオラ
 シャフタール
           09 アドリアーノ*Y

  10 ウィリアン   08 ジャジソン  20 コスタ

     03 ヒュプシュマン  22 ムヒタリャン*Y

  26 ラツ*Y  44 ラキツキー  32 イスチェンコ  33 スルナ*Y

          30 ビアトフ
  サブ
    12 フドシャモフ  07 フェルナンジーニョ  11 エドゥアルド  14 コビン
    15 ステパネンコ  29 ティシェイラ  36 チジョフ
  監督
    ミルチェア・ルチェスク
前半:試合展開
 01 SHR    :ジャジソン右ドリブル、エリア内で転ぶ          笛無し
 02 BAR SOG:メッシ→イニ左ドリブルS             GOAL★BAR 1-0 SHR
 06 SHR    :ウィリアン左クロス                  ※GKセーブ
 06 SHR OFF:ウィリアン                       オフサイド
 12 SHR    :アドリアーノ中ドリブルS               ※枠右
 13 SHR S  :ウィリアン左ロングS                 ※枠左
 14 BAR SB :メッシ左ドリブルS                   DFブロック(CK)
 18 BAR S  :中FK:メッシS                   ※枠上
 19 BAR SOG:メッシ左RS                      GKキャッチ
 25 BAR    :右CK:シャビ←ピケ                  S出来ず
 26 BAR    :アウベス右クロス→メッシ                あわず
 26 BAR S  :ビジャ中ミドルS                    枠左
 31 BAR SOG:左クロス→ビジャ中HS                 GKキャッチ
 34 BAR SOG:イニ左クロス→アウベス中TS           GOAL★BAR 2-0 SHR
前半:コメント
  前半早々のイニエスタのゴールで先制した事で楽になったバルサが余裕を持って試合を進めた印象。
 アドリアーノやジャジソンのカウンターに苦しむシーンは何度かあったものの、決定機を与えること
 もなくそつなくいなした印象。34分にはメッシの追加点も決まり、今のところ順調な展開と言える。
 後は、失点をしないこととこれ以上の怪我人を出さないことが重要。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  2   10   4   2   7   65   0   0   0
   シャフタール  1   4   1   1  11  35   0   0   2
後半:試合展開
 47 BAR S  :アウベス右クロス→ビジャ中S              枠右
 49 BAR SOG:メッシ中ミドルS                    GKキャッチ
 51 SHR ▲YC:ラツ、アウベスを倒す               CARD▲ラツ 次停
 52 BAR SOG:中FK:シャビS                    GKキャッチ
 53 BAR SOG:左CK:シャビ→ピケ→DFR           GOAL★BAR 3-0 SHR
 59 BAR ▲YC:イニエスタ、遅延行為               CARD▲イニエスタ 次停
 60 SHR SOG:右FK:スルナ→ラキツキー右BS         GOAL★BAR 3-1 SHA
 61 BAR SOG:メッシ→ケイタ左S                GOAL★BAR 4-1 SHA

 63 BAR SOG:メッシ中ミドルS                   ※GKセーブ(CK)
 64 BAR OFF:メッシ→ブスケシュ右                  オフサイド
 66 SHR ▲YC:ラキツキー、ビジャを倒す             CARD▲ラキツキー
 70 SHR 交代1:ジャジソン(OUT)、フェルナンジーニョ(IN)
 70 BAR 交代1:ビジャ(OUT)、ペドロ(IN)
 75 SHR 交代2:ウィリアン(OUT)、ティシェイラ(IN)

 77 SHR ▲YC:フェルナンジーニョ、ペドロを倒す
 77 BAR 交代2:アドリアーノ(OUT)、マクスウェル(IN)
 80 BAR S  :アウベス右S                      枠上
 81 BAR S  :イニ左ミドルS                     枠上
 82 SHR SOG:アドリアーノ右ドリブルS               ☆左ポスト
 82 BAR OFF:アウベス→ペドロ                    オフサイド
 82 SHR 交代3:ヒュプシュマン(OUT)、エドゥアルド(IN)
 86 BAR SOG:アウベス右クロス→シャビ中S           GOAL★BAR 5-1 SHR
 +1 BAR 交代3:イニエスタ(OUT)、アフェライ(IN)

後半:コメント
  後半に入ってもバルサのペースは変わらず。ピケ、ケイタ、シャビのゴールで4点差をつけて、
 ベスト4進出をほぼ決めた。シャフタールの出来どうこうと言うより、純粋にバルサが強すぎる
 と言うのが正直な印象。ブスケシュがCBをこなさざるを得ない状況ではあるが、その不安を
 全く感じさせない強さ、さすが優勝の有力候補の一つである
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  5   19  10   4   9   64   1   0   3
   シャフタール  1   6   2   3  20  36   3   0   5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] B8-L1:チェルシー v マンU

スタジアム
  スタンフォード・ブリッジ  チェルシー
  気温:22度  湿度:30%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  CHE v MAU 2.15 3.20 3.50
試合結果
  チェルシー 0 - 1 マンU
主審
  アルベルト・ウンディアーノ・マジェンコ(ESP)
ラインナップ
 チェルシー
        11 ドログバ   09 トーレス

  18 ジルコフ                  07 ラミレス

        08 ランパード  05 エッシェン

  03 コール  26 テリー    02 イバノビッチ  17 ボジングワ

             01 チェフ
  サブ
    22 ターンブル  10 ベナユン  12 ミケル*Y  15 マルダ  19 フェレイラ
    21 カルー    39 アネルカ
  監督
    カルロ・アンチェロッティ
 マンU
            14 エルナンデス

  11 パク        10 ルーニー   25 バレンシア

        11 ギグス    16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ  21 ラファエル

             01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  09 ベルバトフ  12 スモーリング  17 ナニ  18 スコールズ
    23 エヴァンス  28 ギブソン
  監督
    アレックス・ファーガソン
前半:試合展開
 02 CHE    :ボジングワ右クロス                   DFクリア
 03 MAU    :エルナンデス左クロス                  DFクリア
 05 CHE S  :ドログバS                       枠外
 07 CHE SOG:トーレス中S                      GKキャッチ
 15 MAU S  :バレンシア右クロス→パク中BS             DFクリア
 16 MAU SB :パク中ミドルS                     DFブロック(CK)
 19 CHE SOG:ドログバ右S                     ☆GKセーブ(CK)
 21 CHE OFF:ジルコフ                        オフサイド
 24 MAU SOG:ギグス左クロス→ルーニー中S           GOAL★CHE 0-1 MAU
 31 CHE S  :ジルコフ左→トーレス中BS               枠右
 32 CHE    :ボジングワ右クロス                   DFクリア(CK)
 33 CHE SB :エッシェン左S                     DFブロック
 35 CHE    :トーレス右ドリブル、倒れる               笛無し
 36 CHE ▲YC:ジルコフ、チチャリートにキック          CARD▲ジルコフ
 41 MAU    :ルーニー左クロス                    あわず
 44 MAU SB :ルーニー中S                      DFブロック
 45 MAU SOG:ルーニー中ミドルS                   GKキャッチ
 45 CHE SOG:ドログバ左クロス                   ☆右ポスト
 45 CHE SOG:こぼれ→ランパード中S                ☆DFクリア
 +1 CHE SOG:ランパード中S                     DFブロック
前半:コメント
 マンU
   中盤のギグスとキャリックが攻撃にうまく絡んで優位に立っている印象。特に先制点のキャリックの
   パスは見事の一言。ルーニーもレイトチャージに苦しみながらもきちんと前線で仕事をしており、
   チチャリートもシュートこそ無かったものの攻撃に絡んでいる。久々復帰のリオも守備をうまく
   締めている。不安はラファエルが頭に血が上って退場することぐらいか。
 チェルシー
   チーム全体のコンディションがいまいち、そのあたりで不要なファールやレイトチャージが序盤
   見られた。前線のトーレスとドログバの調子もベストではない。それでもランパードが攻撃に
   絡んで前半終了間際にチャンスを作った。後半、マルダ、アネルカを投入してからが勝負か、
   これ以上の失点は禁物だがホームだけに最悪でも同点にしたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    チェルシー  0   6   3   2  10   52   1   0   1
      マンU  1   6   1   3   6  48   0   0   0
後半:試合展開
 47 MAU    :ラファエル、ドログバと接触、治療後復帰
 51 MAU 交代1:ラファエル(OUT)、ナニ(IN) バレンシア右SB
 53 MAU S  :ナニ中ミドルS                     GKキャッチ
 55 MAU OFF:エルナンデス                      オフサイド
 56 CHE    :ジルコフ左クロス                    DFクリア(CK)
 57 CHE S  :ドログバ左OHS                    枠右
 60 CHE ▲YC:ラミレス、エブラを倒す              CARD▲ラミレス
 61 MAU    :エブラ左クロス                     DFクリア(CK)
 65 MAU OFF:エルナンデス                      オフサイド
 66 CHE ▲YC:エッシェン                    CARD▲エッシェン
 67 MAU    :ナニ右クロス→エルナンデス              ☆GKセーブ
 70 CHE S  :エッシェン中ミドルS                  枠右
 70 CHE 交代1:ジルコフ(OUT)、マルダ(IN)
 71 CHE 交代2:ドログバ(OUT)、アネルカ(IN)

 72 CHE    :ラミレス中→トーレス                  あわず
 74 MAU ▲YC:ビディッチ                    CARD▲ビディッチ
 74 CHE SOG:トーレス中HS                    ☆GKセーブ
 78 MAU 交代2:エルナンデス(OUT)、ベルバトフ(IN)
 78 CHE 交代3:ボジングワ(OUT)、ミケル(IN) エッシェン右SB
 79 CHE    :左FK:ランパード                   あわず
 80 MAU ▲YC:Vサール                        遅延行為
 80 MAU ▲YC:リオ、マルダにハイキック             CARD▲リオ

 82 CHE SOG:中FK:ランパードS                  GKキャッチ
 85 CHE SOG:イバノビッチ中ドリブルS                GKキャッチ
 87 CHE    :マルダ左クロス                     GKキャッチ
 87 MAU    :中フィード→ナニ                   ※GKセーブ
 88 CHE    :マルダ左クロス→アネルカ中               DFクリア
 90 CHE SOG:アネルカ左ミドルS                   GKキャッチ
 +2 CHE    :ラミレス、エリア内で倒れる               笛無し
 +3 CHE ▲YC:トーレス、シミュレーション            CARD▲トーレス
 +4 MAU 交代3:パク(OUT)、スモーリング(IN)
後半:コメント
 マンU
   後半は若干ペースをセーブして守備的な展開に終始、相手にチャンスを与えることなく試合を
   旨く終わらせた。トーレスのヘディングをうまく弾いたVサールはさすがだし、ラミレスへの
   ファールを見逃してもらえた幸運はあったが、90分通して見れば、いつもの強いマンUのサッカー
   が出来た印象。ただし、スーパーセーブの際に足を痛めたVサールと負傷退場したラファエルの
   怪我だけが気がかり
 チェルシー
   後半はシュート10本をはなったものの、決定機はトーレスのヘディングのみ。ラミレスへの
   ファールを見逃されたのは不運だが、前半、なんどもレイトチャージを見逃してもらったことを
   考えると文句は言えない。トーレスのダイブまがいの倒れ方も悪印象を与えていた感は否めず。
   結果論ではあるが不調のトーレスを90分残さざるを得ない状況が問題と言えば問題か。ただし、
   1点差での折り返しだけに、敵地で1点互角に持ち込めるのは救いだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    チェルシー  0   16   7   3  15   54   4   0   2
      マンU  1   9   3   5  15  46   2   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/05

[CL10/11] B8-L1:Rマドリー v トットナム

スタジアム
  サンチャゴ・ベルナベウ  マドリード
  気温:22度  湿度:46%  ピッチ:湿気含む  天候:晴れ
直前オッズ
  RMA v TOT 1.36 4.75 8.50
試合結果
  Rマドリー 4 - 0 トットナム
主審
  フェリックス・フリッヒ(GER)
ラインナップ
 マドリー
             28 アデバイヨル

     07 ロナウド*Y   23 エジル    22 ディマリア*Y

         14 アロンソ    22 ケディラ

  12 マルセロ  02 カルバーリョ*Y  03 ペペ  04 Sラモス*Y

           01 カシージャス(C)
  サブ
    13 アダン  08 カカ  10 Lディアラ  11 グラネロ  17 アルベロア
    19 ガライ  20 イグアイン
  監督
    ジョゼ・モウリーニョ
 トットナム
              15 クラウチ

   03 ベイル       11 Vファールト   14 モドリッチ

            30 サンドロ   08 ジェナス

  32 アスエコト  20 ドーソン(C)   13 ギャラス  22 チョルルカ

             01 ゴメス
  サブ
    23 クディチーニ  06 ハドルストン    09 パブリチェンク
    18 デフォー    19 バソン  21 クラニチャル  07 レノン
  監督
    ハリー・レドナップ
前半:試合展開
 03 RMA S  :ロナウド右ミドルS                   枠左
 04 RMA S  :ディマリア中S                     枠右
 04 RMA SOG:右CK:エジル→アデバイヨル中HS        GOAL★RMA 1-0 TOT
 07 TOT    :左FK:Vファールト                  DFクリア(CK)
 08 TOT S  :右CK:Vファールト→クラウチ中HS          枠上
 08 TOT ▲YC:クラウチ、Sラモスの足を払う           CARD▲クラウチ
 10 RMA S  :マルセロ左ミドルS                   枠右
 11 RMA ▲YC:アデバイヨル、アスエコトにファール        CARD▲アデバイヨル
 15 TOT ▲YC:クラウチ、マルセロにスライディング        退場▼クラウチ

 20 TOT ▲YC:Vファールト、ロナウドを倒す           CARD▲Vファールト
 22 RMA SOG:ロナウド左S                      GKキャッチ
 23 TOT SOG:中FK:VファールトS                 GKキャッチ
 25 RMA    :マルセロ左ドリブル、クロス               DFブロック(CK)
 28 RMA SOG:右CK:→カルバーリョ左HS              GKキャッチ
 29 TOT SOG:ベイル左クロス→Vファールト中S            GKキャッチ
 30 TOT S  :ベイル左ドリブルS                   枠左
 33 RMA    :Sラモス右H→アデバ                 ※あわず
 34 RMA SOG:ディマリア右S                     GKキャッチ
 36 RMA ▲YC:ペペ、ベイルを倒す                CARD▲ペペ 次節停止
 37 TOT S  :左FK:Vファールト→ベイル中HS           枠上
 41 RMA S  :左FK:ロナウドS                   枠上
 42 RMA SB :マルセロ左→アデバ中S                 DFブロック
 42 RMA S  :ディマリア中S                     DFブロック(ハンド)
 +1 RMA SB :ロナウド中S                      DFブロック
後半:コメント
  アデバイヨル先制、クラウチ退場で一方的な試合になるかと思いきや、その後は大きな動きもなく
 前半が終了。相手が一人少ないという事もありシュート15本と攻め立てたマドリーだが枠内シュート
 は4本と、なかなか決定的な形を作れず。人数をかけてまもるトットナムを崩しきれなかった印象。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Rマドリー  1   15   4   5   8   63   2   0   1
    トットナム  0   3   1   2   7  37   3   1   3
後半:試合展開
 46 TOT 交代1:Vファールト(OUT)、デフォー(IN)
 49 RMA S  :ロナウド左S                     ※枠左
 51 RMA S  :マルセロ左S→ロナウド                 枠左
 53 TOT S  :アスエコト左ミドルS                  枠左
 57 RMA SOG:マルセロ左クロス→アデバ中HS          GOAL★RMA 2-0 TOT
 59 TOT    :マルセロ左クロス→ケディラ              ※あわず
 61 RMA 交代1:ケディラ(OUT)、ディアラ(IN)
 66 RMA S  :アデバイヨル左HS                  ☆GKセーブ(CK)
 72 RMA SOG:ディマリア右ドリブルS              GOAL★RMA 3-0 TOT
 74 TOT ▲YC:デフォー                     CARD▲デフォー
 75 RMA 交代2:アデバイヨル(OUT)、イグアイン(IN)
 77 RMA 交代3:ディマリア(OUT)、カカ(IN)

 78 RMA SOG:ロナウド左ミドルS                   GKセーブ
 80 TOT 交代2:チョルルカ(OUT)、バソング(IN)
 81 RMA S  :ラモス右S                       枠上
 87 RMA SOG:ロナウド中ミドルS                GOAL★RMA 4-0 TOT
後半:コメント
  後半、Vファールトに替えてデフォーを投入したスパーズだが、結局後半のシュート1本と
 打開できず。57分にアデバイヨルに2点目を決められたところで万事窮す、ディマリアと
 ロナウドにゴールを奪われてベスト8敗退が濃厚となってしまった。結果的にはクラウチの
 退場が全てだったと言えるが、2失点で集中力を失うもろさも、欧州舞台の経験不足による
 ところが大きいのだろう。主審の判定など色々言いたいこともあるだろうが、後半のサッカー
 の内容に関しては大敗してもしょうが無い内容。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Rマドリー  4   35  11   9  10   65   2   0   2
    トットナム  0   4   1   3  10  35   4   1   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] B8-L1:インテル v シャルケ

スタジアム
  スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ  、ミラノ
  気温:14度  湿度:74%  ピッチ:乾燥  天候:快晴
直前オッズ
  INT v SCH 1.67 3.50 5.50
試合結果
  インテル 2 - 5 シャルケ
主審
  マーティン・アトキンソン(ENG)
ラインナップ
 インテル
        22 ミリート    09 エトゥ

            10 スナイデル

    19 カンビアッソ  08 モッタ*Y  05 スタンコビッチ

  04 サネッティ(C)  26 キブ*Y  15 ラノッキア  13 マイコン

             01 セーザル
  サブ
    12 カステラッツィ  02 コルドバ  14 ハルジャ  17 マリガ
    27 パンデフ  23 マテラッツィ  55 長友
  監督
    レオナルド
 シャルケ
         09 エドゥ    07 ラウール(C)

  11 バウムヨハン               17 ファルファン*Y

         18 フラード*Y  14 パパドプーロス

  02 サーベイ  04 ヘーベデス  32 マティブ  22 内田

             01 ノイアー
  サブ
    33 ショーバー  03 エスクデロ  05 ブレスタン  08 ジュンミン
    13 シュミッツ  16 カリミ    31 ドラクスラー
  監督
    ラルフ・ラングニック
前半:試合展開
 01 INT    :カンビアッソ左クロス→                ☆GKクリア
 01 INT SOG:こぼれ→スタンコビッチ中ロングS         GOAL★INT 1-0 SCH
 04 SCH S  :内田右クロス→ラウール中HS              枠右
 06 SCH SOG:ファルファン右クロス→ラウール中HS          GKキャッチ
 08 INT S  :ミリート左クロス→スネイデル右HS           枠上
 10 SCH SOG:左クロス→エドゥ中HS                 GKキャッチ
 13 INT ▲YC:スタンコビッチ                  CARD▲スタンコビッチ
 15 SCH S  :フラード中ミドルS
 16 SCH    :ファルファン右クロス                  DFクリア(CK)
 17 SCH SOG:左CK:→パパドプーロス中HS            ☆GKセーブ
 17 SCH SOG:こぼれ→マティブ中S               GOAL★INT 1-1 SCH
 18 INT OFF:ミリート                        オフサイド
 19 INT    :スタンコビッチ中→ミリート               DFクリア
 19 SCH SOG:フラード中S                     ☆GKセーブ
 21 INT OFF:マイコン右クロス→エトゥ中S→G            オフサイド
 23 INT OFF:スネイデル右→ミリート                 オフサイド
 24 INT SB :スネイデル中ドリブルS                 DFブロック
 24 INT OFF:ミリート                        オフサイド
 24 INT 交代1:スタンコビッチ(OUT)、ハルジャ(IN)
 29 SCH    :ラウール左クロス                    GKキャッチ
 29 INT OFF:ミリート                        オフサイド
 32 INT SOG:モッタ中ミドルS                    枠左
 33 INT SOG:カンビアッソ右H→ミリート中BS         GOAL★INT 2-1 SCH
 37 INT OFF:エトゥ                         オフサイド
 39 INT SOG:左FK:スネイデルS                  GKキャッチ
 40 SCH SOG:エドゥ右S                      ☆GKセーブ
 40 SCH SOG:こぼれ→エドゥ右S                GOAL★INT 2-2 SCH
 +3 SCH ▲YC:ファルファン、サネッティを掴む          CARD▲ファルファン 次停
前半:コメント
 インテル
   CBがキブ&ラノッキアという不慣れなコンビであるせいかDFラインでの混乱が目立つ。セットプレイの
   まずいマークとカウンターからスルーパスを1本通されるのはあっけなさすぎ。折角のスタンコビッチと
   ミリートのゴールが決まってもこれでは流れを掴めない。ミリートはDFラインとの駆け引きで存在感を
   見せているが、逆にエトゥが目立たなくなっているのとスナイデルがエリア内での仕事が少ないのが
   気になるところ。
 シャルケ
   ミリートのオフサイドラインでの駆け引きに苦戦し2失点を奪われたものの、相手のDFラインの穴を
   突いて2ゴールを奪って同点に追い付いたのは想定以上の出来。ただし左サイドを破られるシーンと
   CBがドタバタするシーンが目立つのは問題。あわよくばこのままドローで終わりたいところだが、
   守りに入ると崩れそうなのも難しいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     インテル  2   7   3   2   4   55   1   0   6
     シャルケ  2   11   7   3  11  45   1   0   0
後半:試合展開
 47 INT SOG:スネイデル左クロス→ミリート中1対1S        ※枠左
 48 INT SOG:スネイデル→エトゥ中ドリブルS            ☆GKセーブ
 51 SCH OFF:エドゥ                         オフサイド
 52 INT ▲YC:キブ、ファルファンを倒す             CARD▲キブ 次節停止
 53 SCH SOG:ラウール中反転S                 GOAL★INT 2-3 SCH
 57 SCH SOG:フラード右クロス→DFクリア           GOAL★INT 2-4 SCH

 59 INT S  :エトゥ左クロス→ミリート                あわず
 60 SCH ▲YC:サルペイ                     CARD▲サルベイ
 62 INT ▲YC:キブ、エドゥを倒す                退場▼キブ

 62 INT 交代2:ハルジャ(OUT)、コルドバ(IN)
 65 SCH SOG:フラード中ミドルS                  ☆左ポスト
 65 INT SOG:スネイデル中S                     GKキャッチ
 67 SCH ▲YC:パパドプーロス                  CARD▲パパドプーロス
 71 INT SB :スナイデル左S                     DFブロック
 73 INT    :エトゥ左ドリブル                    DFクリア(CK)
 74 SCH S  :エドゥ中TS                      枠上
 75 SCH SOG:ファルファン中S                   ☆GKセーブ
 75 SCH SOG:ファルファン左S                   ☆左ポスト
 76 SCH SOG:エドゥ中ミドルS                 GOAL★INT 2-5 SCH
 76 INT 交代3:モッタ(OUT)、長友(IN)
 76 SCH 交代1:バウムヨハン(OUT)、シュミッツ(IN)

 81 INT SB :エトゥ中ドリブルS                   DFブロック
 83 INT SOG:左FK:スナイデル→コルドバ中HS          ※GKキャッチ
 83 SCH 交代2:フラード(OUT)、ドラクスラー(IN)
 85 SCH ▲YC:ラウール、相手を倒す               CARD▲ラウール
 86 INT SOG:スネイデル中ミドルS                  GKキャッチ
 87 SCH 交代3:ラウール(OUT)、カリミ(IN)
 +1 SCH    :内田右ドリブル                     DFクリア
 +4 INT S  :エトゥ左S                       枠右
後半:コメント
 シャルケ
   後半、ラウールの反転で相手をかわしてのみごとなシュートで逆転。さらに、フラードのクロスを
   ラノッキアがクリアしきれずにオウンゴール。そしてキブが2枚目のイエローで退場した時点で
   勝負あり。エドゥが5点目を決めたところで、勝利は決定づけられた。アウェイゴール5点を獲って
   の3ゴール差は決定的な差ではあるが、次節も受け身にならずにうまく試合をまとめたい。
 インテル
   キブの退場で完全に緊張の糸が切れた印象。失点の原因の一端はラノッキアとキブにあるとは
   思うが、チームとしての守備がうまく出来ていないのも確か。先制ゴールを奪ったスタンコビッチ
   を負傷で欠く不運もあったが、キブの退場で途中投入のハルジャを下げる采配も、結果論ではあるが
   チグハグだったと言わざるを得ない。非常に厳しい状況であるのは確かだが、シャルケに出来た事が
   インテルに出来ない理由はないだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     インテル  2   17   7   4   8   53   3   1   7
     シャルケ  5   18   11   4  19  47   4   0   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧