« [REVIEW] Ender's Game | トップページ | [REVIEW] 映画『僕は友達が少ない』 »

2014/01/25

[REVIEW] 劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』公式サイト  http://www.idolmaster-anime.jp/

  これ以上ない最高のアイマス映画を見せてもらいましたというのが偽らざる感想です。新年早々素晴らしい映画を見せていただいてありがとうございました。
  開演早々、いきなり始まったのが「眠り姫」、アイドルたちが学園でキャッキャウフフと駆け回る青春映画と思いきや、その実「なのは」も顔負けの美少女アクションを繰り広げます。というか空を飛び回ったり怪しい杖を持ってたり、もちろん変身したり、どこをどうみても「なのは」です(笑) まあ、それが実は「生っすか」の特集だったり、しかも諸事情で打ち切られたのが、レボルーションとして復活してくれた時点でアイマスファンとしては涙ものなわけです。
  映画の本題としては、秋のアリーナライブに向けてダンサーを交えて合宿をするというのがメインになります。前回のライブをふまえてオールスターズの団結は堅いものがありますが、そこに新人のダンサーさんが混じったり、頼みのプロデューサーさんにハリウッド研修の話が出てきたり…。そんなメンバーをまとめるのがリーダーに任命された春香さん。根がまじめなだけにいろいろ思い悩んでいるわけです。
  今回の見所はやっぱりラストのアリーナのライブシーンでしょうか。なんといっても「M@STERPIECE」、1曲まるまるライブシーンで、メンバーもダンサーも、そしてカメラも動く動く。3Dってすごいなぁと心から感心しました。歌うメンバーの間をカメラが抜けていく構図はありえないわけですが(笑)。後は、「ラムネ色 青春」やエンディングの「虹色ミラクル」でも結構涙がにじんだりしました。やっぱり歌があってのアイマスだなぁというところでしょうか。
  これまでも描かれてきたメンバーの絆ですが、それがアリーナライブという困難を乗り越えることでより堅固なものになっていくのは、ファンとしては涙なしには見られません。アリーナを訪れ、ステージに立って自分の思いを伝える春香さん。そしてライブ直前に自分たちと同じ花をりっちゃんの胸につけるあずささんのシーンなど、他にも色々なシーンで号泣してしまいました。
  上映時間やストーリーどころか予告編やHPさえ見ずに行ったので、時間的にもアリーナライブ開幕のところで映画は終えて、そこからライブに繋げたりするのかなぁ、なんて邪推してしまったのは、やっぱりアイマス初心者だからかとちょっぴり反省しています。TVシリーズしか見ていない僕でさえ号泣したのだから、10年近くゲームにつきあっている人や、ライブを追いかけてきた人の感動は、どれほどのものか想像することも困難です。
  TVシリーズから2年ちょい、素晴らしい劇場版を見せてもらえたことには、ただただ感謝の言葉しかありません。基本、アイマスのプロデューサーおよびプロデュンヌに向けて作られた作品であることは確かですが、少女たちが目的に向かって全力全開でがんばるという王道ストーリーだけに、アニメが好きな皆さんなら、きっと気に入ってもらえるストーリーだと思います。アイマスを知っている皆さんは当然、知らない皆さんにも楽しんでもらってファンを増やしていこう、その思いは十二分に伝わる最高の作品だったと思います。

|

« [REVIEW] Ender's Game | トップページ | [REVIEW] 映画『僕は友達が少ない』 »

映画」カテゴリの記事