« [REVIEW] The Hunger Games: Catching Fire | トップページ | [REVIEW] 魔女っこ姉妹のヨヨとネネ »

2013/12/26

[REVIEW] Gravity

『ゼロ・グラビティ』オフィシャルサイト

 http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/#/home

  よくできた宇宙映画だとは思います。ただ、そこで繰り広げられるストーリーについては、あまりにもドラマティックで出来すぎな感は否めません。
  ハッブルやシャトルが破壊されるようなデブリの中、二人が生き残ったと言うのが出来すぎですし、そこからISS経由で中国ステーションに向かうというのも、どうなんでしょうと言う感じです。現時点で中国ステーションが存在しないと言う問題があるのですが。
  宇宙遊泳のシーンはなかなかうまく出来ていたとは思います。もっとも、実際の遊泳シーンをそんなにみた事がないので、どこまでが真実でどこからが脚色かというのはいまいち判別が難しいところです。噴射材がないなかでのランデブーで、転がりながらもどうにか着地と言う時点で、まず宇宙服がアウトだろうとつっこみたくなるところです。
  たまたまISSではロケットがアウトでも機密が確保されていたり、そしてたまたま宇宙服はOKで、着陸用の設備が生きていたり、落ちそうなステーションでロケットが健在だったり、なにより、一介の科学者がソユーズや中国のロケットを四苦八苦しながら操縦するというのは、物語と納得するしかありません。
  とりあえず宇宙遊泳のリアルさ宇宙、そして地球の美しさとヒロインの悪銭苦闘ぶりを楽しむ映画だとは思うので、あまりSFとかリアルとかを気にしたらダメなのでしょう。宇宙空間の美しさと、サンドラ・ブロックとジョージクルーニー、そして小山さんと深見さんの掛け合いを聞くだけで十分に元を取れる映画だと思います。

|

« [REVIEW] The Hunger Games: Catching Fire | トップページ | [REVIEW] 魔女っこ姉妹のヨヨとネネ »

映画」カテゴリの記事