« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/30

[REVIEW] 攻殻機動隊ARISE #2

攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-公式サイト  http://kokaku-a.jp/

  前作とはうって変わって動きまくる展開にただただ驚かされるばかりというのが正直な感想です。前作は9課加入前でフワフワしていた素子さんも、いつのまにかなじんでいるというか好き勝手をやっていて、小佐と呼ばれるようになって、ようやく攻殻らしくなってきたというところでしょうか。
  今回最大の見所は、やはり9課対9課の攻防でしょうか。素子さんに対して容赦なくマシンガンを浴びせるバトーさんに、敵側としてハッキングに勤しむイシカワさん。ボウマさんも素子さんに取り押さえられたり地味なサブキャラでがんばってます。戦いの果てメスゴリラ素子の軍門に下るわけですが、いい仕事ぶりでした。
  一方、前作でも活躍したパズさんや、金銭交渉がうまくいかなかったサイトーさんは素子陣営で戦います。それにしても一応公安の立場なのに金で簡単に裏切るとか、サイトーさん…(笑) はぐれ者達の集合なんだから、そういうことがおこるのもない話ではないと言うことなんでしょう。今回は国防省のデータベースへの不正アクセスへの対応がメインと言うことになります。車のコンピューターの並列処理などという思い切った手法でハッキングとは、なかなかすごいアイデアだなぁと思いました。そして新生タチコマ君の大活躍。沢城さんの大活躍にはただただ感心するばかりです。
  第2作にして、作る側も見る側も新攻殻の世界になじんだ様子が見受けられます。真綾さんも立派にメスゴリラを演じておられましたし、バトーさんのやられっぷりも見事でした。ヴィヴィーさんも1回限りのやられキャラとするにはもったいないくらいの存在感でしたし、トグサさんの出番がないのが全く気になりませんでした。まあ、そのあたりはきっと第3作で描かれることになると思うので楽しみに待ちたいと思います。しかし、OVA4話で終わるにはあまりにもおしい世界観、是非ともTVアニメ化等のさらなる展開に広げてほしいところです。

|

2013/11/25

[REVIEW] かぐや姫の物語

『かぐや姫の物語』  http://kaguyahime-monogatari.jp/

  印象としては、「全力全開で作った日本昔話」かなぁというところです。若干脚色や解釈はされてはいるものの、物語の基本線としては、日本人なら誰もが知っている「竹取物語」そのままのお話でした。
  ストーリーとしては山里で成長していくシーン、そして都で姫として教育されるシーン、そして月へ帰るまでの3シーンに分けられるかと思います。特に、最初の山里でのシーンに力を入れて描くことで、2時間半近くもの長編になったのでしょう。普通の「竹取物語」ならば省略してもいいシーンだとは思うのですが、今回はこの山里のシーンが物語のキモだと思うので、まあ、これはこれでありかなと。特にクライマックスもなく淡々と進みますが、決して退屈だったり眠くなるシーンではないので、よいのでしょう。
  そして都に舞台を移すわけですが、姫となるまでの教育や儀式の描写に力を入れているのに感心しました。話としてはホントに昔話をなぞってはいるのですが、子供向けの話では描かれない部分をしっかり描いているところに感心させられました。かぐや姫がどうして地上に降りてきたのか、そしてどうして帰る羽目になったのかは、あえて明示的な描写は避けた様子です。空からやってきた「人たち」の姿などから察してくださいと言うことなのでしょう。まあ、当時の世界観からすると、そういうことになるのかなぁとは思いますが、今の世の中からするとどうかなぁとは思わないでもありません。SF者的には、そもそもどうやって地球と月の間を移動しているんだ、と突っ込みどころ満載ではありますが…(笑)
  上映時間が長くなって、本来話を楽しむべき子供たちには理解しづらい作品になっているのは、作品の作り方、ターゲットとして正しかったのかは聞いてみたいところです。後は、何故このタイミングで「竹取物語」を描きたかったのか、という点については、正直作品を見ただけではよくわかりませんでした。それでも、全力全開で昔話の名作を描ききったという意味では最高の仕上がりになったと思います。

|

2013/11/23

[Premier League 13/14] #12 エバートン v リバプール

スタジアム
  グディソン・パーク  リバプール
試合結果
  エバートン 3 - 3 リバプール  Att: 39,576
直前オッズ
  EVE v LIV 2.80 3.25 2.50
主審
  フィル・ダウド
ラインナップ
   エバートン
             11 ミララス

   22 ピーナール    20 バークリー    11 ミララス

         18 バリー     16 マッカーシー

  03 ベインズ  15 ディスタン  06 ジャギエルカ  23 コールマン

             24 ハワード
  サブ
    01 ロブレス   05 ヘイティンガ  07 イェラビッチ  10 デウロフェウ
    14 ネイスミス  21 オズマン    26 ストーネス
  監督
    ロベルト・マルティネス
 リバプール
            07 スアレス 

  10 コウチーニョ   24 アレン  08 ジェラード  14 ヘンダーソン

            21 ルーカス 

  38 フラナガン  05 アッガー  37 シュクルテル  02 ジョンソン

             22 ミニョレ
  サブ
    01 ジョーンズ  04 トゥレ  06 アルベルト  12 モーゼス  15 スタリッジ
    17 サコ     31 スターリング
  監督
    ブレンダン・ジョーンズ
試合展開
 05 LIV SOG:左CK:ジェラード→コウチーニョ中TS     GOAL★EVE 0-1 LIV
 08 EVE SOG:右FK:→こぼれ→ミララス中S         GOAL★EVE 1-1 LIV

 12 EVE    :ピーナール右→ルカス中               ☆GKセーブ
 19 LIV SOG:中FK:スアレスS               GOAL★EVE 1-2 LIV
 21 EVE    :バークレー左クロス                 ※GKセーブ(CK)
 26 EVE S  :ミララス右ミドルS                  枠左
 31 EVE ▲YC:バークリー、シミュレーション          CARD▲バークリー
 36 EVE ▲YC:ミララス、スアレスをケル            CARD▲ミララス

 +3 EVE S  :ベインズ、ピーナール1,2S             枠左
前半:コメント
  2-1と得点の入った試合だったが、3ゴールともセットプレイ絡み、双方激しい中盤のつぶし合いに
 終始して前半が終了した印象。ルカクを完全に押さえられて攻め手に苦心したエバートンと、ゴール前
 ではボールを受けれないスアレス、コウチーニョと、どちらも持ち味を出せなかった印象。願わくは
 カード無しに11人で野試合を続けて欲しいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    エバートン  1   5   2   3   7  55   2   0   0
    リバプール  2   3   2   4   5  45   0   0   2
後半:試合展開
 50 EVE 交代1:ベインズ(OUT)、デウロフェウ(IN)
 54 EVE SOG:デウロフェウ中ドリブルS               ☆GKセーブ
 60 LIV S  :スアレス中→アレン中S                ※枠右
 62 LIV ▲YC:アレン、ミララスを蹴る              CARD▲アレン
 64 EVE SOG:ルカク左ドリブルS                  ☆GKセーブ
 67 LIV ▲YC:ルーカス                     CARD▲ルーカス
 68 EVE S  :バークリー右ドリブルS                 枠上
 68 LIV 交代1:アレン(OUT)、モーゼス(IN)
 70 EVE SOG:ルカク右S                      ※GKセーブ
 72 EVE SOG:中FK:ルカクS                   ☆GKセーブ
 72 EVE    :左クロス→こぼれ→ルカクS            GOAL★EVE 2-2 LIV
 79 LIV SOG:ジェラード右クロス→スアレス左HS          ☆GKセーブ
 79 LIV 交代2:ルーカス(OUT)、スタリッジ(IN)
 82 EVE SOG:ミララス左S                     ☆GKセーブ
 82 EVE SOG:左CK:→ルカク中HS              GOAL★EVE 3-2 LIV
 83 EVE 交代2:ピーナール(OUT)、ストーンズ(IN)
 88 EVE 交代3:ミララス(OUT)、オズマン(IN)
 89 LIV SOG:右FK:ジェラード→スタリッジ右HS       GOAL★EVE 3-3 LIV
 +2 LIV S  :スアレス左クロス→モーゼス中HS            枠上
 +3 LIV SOG:スアレス左S                     ☆GKセーブ(CK)
 +3 LIV OFF:スタリッジ中S                     オフサイド
後半:コメント
  アウェイということもあり、追いかける展開を強いられたリバプール。82分にルカクの
 ヘッドで逆転されたときには敗色濃厚かと思われたが、終了直前にスタリッジのヘディングで
 同点に追い付いた。もちろん優勝争いという面では痛いドローだが、むしろうまく勝ち点1を
 ゲットできたという意味で前向きに考えていいだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    エバートン  3  16  11   6  16  51   3   0   1
    リバプール  3  11   5   7  15  49   3   0   4

|

[REVIEW] PERSONA3 THE MOVIE #1 Spring of Birth

劇場版「ペルソナ3」 公式サイト  http://p3.atlus.co.jp/

  ゲームの内容はよく知らないのですが、それでも十分に満足できる見事な仕上がりになっていた作品だと思います。
  今日と明日の間に存在する、一般人には縁のない闇時間の中で、シャドウという謎の敵と戦うというストーリー。いかにも何か出てきそうな不気味な雰囲気だったり、一般人が棺桶の中に入ってたりと、かなり独特の世界観ではあります。明確な説明はないのですが、登場人物の会話を聞いていれば、なんとなく雰囲気はわかります。作品を楽しむには十分なので、全然問題ないように感じました。ペルソナという存在もよくわかりませんが、とりあえず自分の頭に特別な銃を撃つと出てくるようです。一発限定というわけではなく何度か使用可能だったり、原則一人一体だったりするようです。とりあえずペルソナを使って敵と戦うということさえわかれば映画を見る分にはオッケーだと思います
  ゲーム独特の設定や世界観が多そうな作品だっただけに、正直理解できるかどうか不安でしたが、映像や音響の迫力に圧倒されて、あまり考えることなく楽しむことが出来ました。日付の切り替えのシーンで、かなり話が飛んでいるのに若干の違和感を感じはしましたが、ペルソナとシャドウのバトルシーンは、なにもわからなくても問題ないくらいの迫力で、心から堪能出来ました。あと、頭に銃を突きつける例のシーンのせいで、地上波でのTVアニメが難しかったというのは、まあ、そうなんだろうなぁと(笑)
  優等生キャラのまみまみの人がしっかり活躍してくれたので満足です。あと、豊口さんが聞きなれない声を出していたのが印象に残りました(笑) 後は、田中さんとか石田さんとか沢城さんはしっかり把握できましたが、鳥海さんは判別できませんでした。とりあえずわかったようなわからないような中、第2章へと続くことになりました。分からない事も多いのですが、それでも続きを見てみたいという出来に仕上がっていたと思います。夏までの時間は短くはないですが、より素晴らしい作品ができあがるのを楽しみに待ちたいと思います。

|

2013/11/10

[Premier League 13/14] #11 マンUTD v アーセナル

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
試合結果
  マンUTD 1 - 0 アーセナル  Att: 75,138
直前オッズ
  MUN v ARS 2.40 3.00 3.20
主審
  マイケル・オリバー
ラインナップ
 マンUTD
             20 Vペルシ

   26 香川       10 ルーニー     25 バレンシア

        04 ジョーンズ  16 キャリック 

  03 エブラ  15 ビディッチ  06 エヴァンス  12 スモーリング

             01 デヘア
  サブ
    13 リンデガード  11 ギグス  17 エルナンデス  17 ナニ  23 クレバリー
    31 フェライニ   44 ヤヌザイ
  監督
    デビッド・モイーズ
 アーセナル
             12 ジルー

    19 カソルラ    16 ラムジー    11 エジル

         08 アルテタ   20 フラミニ

  28 ギブス  05 ベルマーレン  06 コシェルニー  03 サニャ

           01 シュチェスニー
  サブ
    27 ファビアンスキ  10 ウィルシャー  17 モンレアル  23 ベントナー
    25 ジェンキンソン  44 ナブリー    45 ヘイデン
  監督
    アーセン・ベンゲル
前半:試合展開
 10 MUN SOG:ルーニー中ミドルS                   GKキャッチ
 22 MUN OFF:スモーリング                      オフサイド
 27 MUN    :ルーニー左クロス                    DFクリア(CK)
 27 MUN SOG:左CK:ルーニー→Vペルシ左HS         GOAL★MUN 1-0 ARS
 31 ARS ▲YC:サニャ、エブラを倒す               CARD▲サニャ
 36 ARS S  :右クロス→ジルー中HS                 枠上
 39 MUN    :ルーニー、エリア内で倒れる               笛無し
 41 ARS    :シュチェスニー、ジョーンズと接触→治療後復帰
 42 MUN ▲YC:ジョーンズ、シュチェスニーと接触         CARD▲ジョーンズ
 44 ARS ▲YC:フラミニ                     CARD▲フラミニ

 +2 MUN    :ビディッチ、デヘアと接触→ベンチへ退場
前半:コメント
  両チームの激しいつぶし合いでほとんどチャンスを作れない中、セットプレイからVペルシーが
 押し込んでユナイテッドが先制。ポゼッションでは若干上回ったアーセナルだが、相手DFラインの
 前での回しが目立つだけに、ほとんどチャンスを作れず。両チームともCL明けということで全体的に
 精彩を欠く印象。特にエジル、ラムジーが効果的な攻めを作れないアーセナルが厳しかった。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    マンUTD  1   4   2   3   7  44   1   0   2
    アーセナル  0   2   0   1   5  56   2   0   2
後半:試合展開
 46 MUN 交代1:ビディッチ(OUT)、クレバリー(IN) ジョーンズが右CBへ
 47 ARS SB :エジル右→ラムジー中S                 DFブロック
 49 ARS S  :中FK:ベルマーレンS                 枠上
 58 ARS    :エジル左クロス                     GKキャッチ(CK)
 58 ARS S  :エジル左S                      ※枠左
 59 ARS SOG:ラムジー中ミドルS                   GKキャッチ
 60 MUN S  :香川中落→ルーニー中S                ※枠右
 61 ARS 交代1:フラミニ(OUT)、ウィルシャー(IN)
 67 MUN S  :ルーニー中RS                     枠左
 73 ARS    :サニャ右クロス                     DFクリア(CK)
 75 MUN ▲YC:ルーニー、ラムジーを倒す             CARD▲ルーニー
 76 ARS SOG:ギブス中MS                     ※GKキャッチ
 78 MUN 交代2:香川(OUT)、ギグス(IN)
 78 ARS 交代2:カソルラ(OUT)、ベントナー(IN)

 79 ARS    :サニャ右クロス                     GKキャッチ
 81 ARS ▲YC:ウィルシャー、エブラを後ろから押す        CARD▲ウィルシャー
 82 MUN S  :左FK:Vペルシ→スモーリング右HS          あわず
 82 ARS 交代3:アルテタ(OUT)、ナブリー(IN)
 84 ARS S  :ジルー中S                       DFブロック(CK)
 85 MUN 交代3:Vペルシ(OUT)、フェライニ(IN)

 +2 ARS    :サニャ右クロス                     あわず
後半:コメント
  後半に入ってようやく攻撃にスイッチが入ったアーセナルだが、クロスやエリア内への侵入は増えた
 ものの決定的なシュート機会は作れず。交代で投入したウィルシャーやベントナーも、チャンスを作れない
 中、ユナイテッドが1点差を守り切って勝利をおさめた。ホームで上位勢を追うという負けられない状況
 に対する危機感が勝敗を分けたと言えるだろう。アーセナルが良かったとは言えないが、ユナイテッドも
 完璧な出来からはほど遠かった印象。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    マンUTD  1   5   2   5  12  40   2   0   2
    アーセナル  0  10   2   6  11  50   3   0   2

|

2013/11/01

[REVIEW] 2 Guns

『2ガンズ』公式サイト  http://www.2guns-movie.jp/

  アメリカは銃社会だということを改めて思い知らされる作品でした。軍人と警察官が組織に潜入する話だとは言え、銃で人を撃ちまくるのは、日本では考えづらい設定です。
  犯罪の証拠となる300万ドルを求めて銀行強盗に入ったら、そこには10倍以上の現金が。しかも、CIAの怪しい金ともなると、何がなんだか訳が分かりません。軍は真相を知ったマイケルとボビーの暗殺を試みるし、CIAは金を返さないと殺人者にするとか言うし、もう、なにが正義で何が悪かさっぱり分かりません。
  結局協力者の女性も殺され、最後に金を持ってきたところで激しい銃撃戦となり、マイケルとボビー以外は概ね死んでしまうことになるわけで。殺人容疑者や除隊処分となった2人が、この後どうやって生きていくのかというような根本的なところは一切スルーして物語は終わります。まあ、色々あったけど銃撃戦の結果、主役のみが生き残ったということなんでしょうが…。
  人は死にまくりますが、ミサイルやバズーカ、あるいは光線銃で吹き飛んだり消滅したりすることなく、銃弾に倒れるという点は、西部劇に繋がる面もあったとは思います。ただ、沢山の人が死ぬ事は間違いないので、大手を振ってお勧めするわけにはいかないなぁという作品です。一応、アクション・コメディ映画という事らしいのですが、コメディの部分に期待はしない方がいいと思います。

|

[REVIEW] Percy Jackson: Sea of Monsters

映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」オフィシャルサイト  http://www.foxmovies.jp/percy/

  話の経緯はわからないのですが、パーシーに絡む女の子が増えました。いきなりパーシー君を敵対ししていますが、色々あって…、となるわけです。主人公の周りに女の子が寄ってきたり年端のいかない少年少女にまたもや世界の運命を託すとか、どこの国のアニメですかという感じです(笑)
  今回はいきなり訓練所の結界が破られて存続の危機です。黒幕はまたもやほぼ内部犯行、しかしメインのみでバックアップがないとか、どれだけ脆弱なシステムなんでしょう。少年少女の戦いと言うこともあってか、あまり人の生き死にと言うシーンはありません。死んだか、と盛り上げるシーンは何度かありましたが。黒幕のルークもパーシーたちを閉じこめるだけで結果として爪の甘さを見せてます。まあパーシー達がいないと話が始まらないからしょうがないんでしょうが。
  冒険自体は黄金の布的なものを探す旅が唯一のメインで、前回と比べると若干物足りなさを感じました。まあ、魔の海での魔物との死闘があったからということなのでしょうが。それにもまして、アナベスちゃんが完全なわき役に回ってしまったのに釈然としないものを感じました。そういう引っかかりはあるとはいえ、娯楽対策としては安心して楽しめる作品だったと思います。
  主役が宮野君と言うのが、アニメっぽさを倍増させていたように個人的には思います、全然おっけーですけど。あと、アナベスちゃんの声は聞いたことがあるんだけど、最後まで名前が出てきませんでした。時かけで結構聞いたから声は聞き覚えがあったんですが(笑) とりあえず、宮野君のファンは見に行った方がいいと思います、というような作品でした。

|

[REVIEW] Now You See Me

映画『グランド・イリュージョン』公式サイト  http://www.grandillusion.jp/

  マジックを扱った謎解き映画ではあるのですが、あまり頭を使わずに楽しめる映画です。演出やアクションが豪華な、いかにもハリウッド的なB級娯楽映画だったと思います。
  怪しいカードの導きで集まった4人のマジシャンがベガスからパリの銀行のお金を盗むところから話がスタートすると言うのがなんとも破天荒です。その後もニューオリンズでスポンサーのはずの社長の金を巻き上げて、最後の最後にまたもや金庫を強奪。3つの犯行には一件意味がないのですが、実は…。というところがこの映画の最大の見所なので種明かしは無しにしたいとは思います。方向性は間違っていなかったのですが黒幕の存在には驚かされました。
  後は、突然絡んでくるインターポールのお姉さんは、なんかよくわからない役回りでした。確かにパリでの犯罪だとは言え、わざわざアメリカまで出張してくるとは。その価値があったのかどうかは、微妙に本筋に絡むところなので、そちらも注目したりしなかったりするといいかもしれません。日本ではエンターテインメントとしての側面が強調されるマジックですが、欧米では「魔術」的な意味合いがもう少し強いような感じです。秘密結社的な模様や本などで雰囲気を出しているのもそういうことなんでしょう。ただ、日本のアニメを見慣れているファンとしては、炎や風で相手をケチらしても、あまり驚きはない感じです。実写でやってるのがすごいですが。あとは、いかにもハリウッド的なカーアクションも準備されてます。
  そこそこの期待感で映画を鑑賞しましたが、思ったよりもずっと堪能する事が出来ました。なんのかんの文句を付けても、やっぱりマジックや魔術を嫌いな人はいないんだなということを改めて認識させられた感じです。そして、インターポールのお姉さんとマジシャンのお姉さんは、どちらも甲乙つけがたいグッドな感じでした。次は、よりアクションを堪能するためにブルーレイの吹き替えで見直してみたいところです。

|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »