« [REVIEW] 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 | トップページ | [Premier League 13/14] #3 アーセナル v トットナム »

2013/08/31

[REVIEW] 風立ちぬ

映画『風立ちぬ』公式サイト  http://kazetachinu.jp/

  久しぶりに昔のジブリらしいジブリ映画を見たなぁというのが正直な感想です。後は、飛行機が飛んでたばこを吸って、夢を見てた作品と言うことでしょうか。
  改めて思ったのは、宮崎監督はメカが好きなんだなぁと言うことです。その好きなメカの一環として飛行機がある。それも敵機と戦う戦闘シーンではなく、ただ空を飛んだり、その飛行機を組み上げる過程が好き。メカ好き、飛行機好きが作ったアニメ映画ということになるのでしょう。
  その意味で、かなこさんとの出会いや別れというのは必要だったのか、あるいは描きたかったのかというのは是非とも聞いてみたいところです。ただ飛行機を飛ばすだけでは売れないと怒られたのか、あるいは男はなにがあっても仕事が一番というのを描きたかったのか…。逆に一生懸命仕事を完成させても、残るのはむなしさだけと言いたかったのか…。色々外から解釈は出来そうな作りになっている気がします。
  題材として選んだのは日本の戦闘機開発の歴史ですが、それを描く手法としては、ジブリらしさがしっかり出ています。地震で波打つ地表、飛行船のコミカルな動き、そして傘や帽子を追いかける次郎の動きなどは、「ジブリ映画を見ているなぁ」という印象を強く受けました。
  問題の主役の声に関しては、「ジブリ映画としては問題がなかった」と言うことになるのでしょうか。声の出し手としては素人なので下手なのは当然ですが、今までのジブリ映画の登場人物と比べると、まったく遜色はなかった印象です。どうしてここまで素人にこだわるのか、周りには声を出すプロが山のようにいるのに、なんとも不可思議なところです。
  メカ好き、アニメ好きにとっては見応えのある映画だと思います。ただ万人に受ける映画かというと、アクションもメカもロマンスも中途半端なところで止まっていてパンチに弱いと思います。数年前までの売りだった「絵はきれい」と言うのも、他作品の頑張りによって目立たなくなっているし、「夢の中で飛行機が飛んだり、現実に飛行機を作る昔の話」という映画は、ジブリという冠がなければヒットはしない内容です。ただし、ジブリ映画が好きな人にとっては、昨今の閉息感を打ち破る良作だったことは確かです。

|

« [REVIEW] 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 | トップページ | [Premier League 13/14] #3 アーセナル v トットナム »

映画」カテゴリの記事