« [REVIEW] G.I. Joe: Retaliation | トップページ | [親善試合] さいたまシティカップ2013 浦和レッズ v アーセナル »

2013/06/22

[REVIEW] 攻殻機動隊ARISE #1

攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-公式サイト  http://kokaku-a.jp/

  軍人墓地で痛いの調査をする課長たちと、そこに立ちはだかる素子さん。しかし棺桶の中にはやたら強い幼女の義体。色々あって、公安9課からの調査依頼を受けて上司の殺害の調査を依頼され。見たようなメンバーが出てくる中、素子さんが容疑者扱い…。そして中佐の遺体を発見し、真実へ。内部告発を阻止するために部隊一同で中佐を殺害とか。色々釈然としない事件ではありましたが、 結局素子さんは軍を離れることに…。
  難しい話でした。1回見ただけでは話の筋が良く分からないと言うか、それだけ政府や軍の中には故意にしろ偶然にしろ色々な闇が潜んでいると言うことなのかも知れないのですが、ともかく色々なものが複雑に絡み合って、よくわからないうちに結末を迎えた、という感じです。
  前回までのシリーズと比べると、素子さんはまだ若いせいもあって無敵にはほど遠いです。ウィルスに侵されたり、格闘で悪戦苦闘して腕がもげたり。なにより、借金を返すために四苦八苦していると言う立場の弱さが泣けるところです。
  将来はパートナーとなるバトゥやトグサと部外者として遭遇。バトゥとは過去に色々面識がありそうですが、他の皆さんとは概ね初対面の様子。トグサさんが刑事だったり、サイトーさんが軍の潜入捜査官だったりしてますが、細かい話はまだわかりません。まあ、そのあたりも第2作以降で語られたり語られなかったりするのでしょう。
  今までの作品と比べると、ストーリーの結末もあるのでしょうが、爽快感に欠ける印象は否めません。当然作り手の方も狙ってやっているとは思うのですが、今までのファンの中には納得出来ない人もいるかもしれません。まだ1話が終わったばかりですし、今後どうなるかは見守っていきたいところです。
  敦子さんから真綾さんへバトンタッチされましたが、予想に反して違和感を感じることなく見れたように思います。結局、舞台設定とかが、いままでの攻殻とは全然異なる物だからということがあると思います。「今までのシリーズとは全然異なるけど、これはこれで悪くないな」と言うのが1話を見終えた時点での感想です。

|

« [REVIEW] G.I. Joe: Retaliation | トップページ | [親善試合] さいたまシティカップ2013 浦和レッズ v アーセナル »

映画」カテゴリの記事