« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/28

[REVIEW] Looper

映画『LOOPER/ルーパー』公式サイト  http://looper.gaga.ne.jp/

  時間移動を扱ったSF作品を期待していったのですが、そこがメインの話ではなかったので、正直肩すかしというか残念な気持ちになりました。
  未来からやってきた自分というのを売り文句にしていますが、物語の本質はそこではなく、荒廃した未来で銃がものをいう世界でのアクション映画ということになると思います。その意味で、アメリカでよく見られるバイオレンス・アクションの方が近いと言えるでしょう。何しろ次から次へと未来から送りつけられる人を銃で殺していく、という「ルーパー」が主人公なのですから。
  未来の自分と関わることによるタイム・パラドックスに関しては、「難しいことはよくわからん」の一言であっさり片づけられます。そしてクライマックスにともなう未来世界に起こったはずの大きな改変についても多くは語られることはありません。アクション映画としては面白くはあるのですが、SF映画としては残念な作りといわざるをえません。
  ただし、ある意味、実にブルースウィルスらしい作品とも言えるので、彼やダイハードシリーズのファンなら楽しめると思います。銃では足りずにショットガンやマシンガンを乱発するので、そういう銃撃戦が好きな人にも悪くない映画でしょう。でも、銃とは縁遠い日本では、大ヒットに繋げるのは難しいという印象を受けました。

|

2013/01/14

[REVIEW] Taken 2

映画「96時間 リベンジ」公式サイト    http://www.foxmovies.jp/96hours/

  アクション映画が好きな人にはたまらない映画ということになるのでしょう。内容的にも子供と一緒に楽しむわけにはいかないでしょうが、そういうことを知って映画館に行く人にとっては、前作同様いい仕上がりになっていると思います。
  相変わらず戦うお父さんは強いです。今回も人を殺しまくりました。お父さんの強さは当然として、娘まで手榴弾を投げるは車を運転するわの大活躍、色々な意味でちょっと出来過ぎでしょう…という印象は否めませんが、勧善懲悪のストーリーなので、そこについては触れないお約束ということなのでしょう。
  ただ、大使館に車で飛び込んだり、そこから電話一本で無罪放免とか、さらにあれだけ人を殺してなんのおとがめもなくアメリカへ帰国できたりするのは、さすがにどうなんだと思わざるを得ません。そもそもあれだけの銃を持ち歩きできるってのが、ボディーガードにしても無理だろうと…。まあ、日本人の一般生活とは対極の世界に生きるみなさんですから当たり前のことなのかもしれませんが…。
  あれだけ人を殺して物を破壊しても、それが格好よく見えてしまうのは、欧米の皆さんが自分たちと全然関係ないところでドンパチやっているからなのでしょう。マフィアとかが絡んでも日本のヤクザ映画のような暗さが出てこないのは、日本人の勝手な思いこみなのでしょうか。とりあえず、銃はともかく暴走する車には気をつけて過ごすことにします(笑)

|

[REVIEW] 劇場版「青の祓魔師」

劇場版「青の祓魔師」公式サイト    http://www.ao-ex.com/

  色々あったようななかったような映画ですが、とりあえずくぎゅうな感じの映画でした。物語の背景とかの説明がないのはむしろ潔さすらありました。おそらく原作や2クールのアニメを見たファンへのボーナス的な作品ということなのでしょう。時間も90分と短いことですし細かい説明を省くというのは悪くはないと思います。外伝としてうまくまとまっていたのもファンには分かりやすかったと思います。
  ただ、そもそも場所がどこなのかとか、そういう肝心な説明がないのはどうかなぁとは思わないでもありません。学園都市でのお祭りのはずなのに妙に中華の香りが漂っていたり、香港支部からの助っ人がやってきたり、聖騎士は年男で役に立ってないし、シュラさんは怪しい結界業務をこなしているしで、にわかファンの置いてけぼり感が少なからずありました。もちろん、それでも面白かったのは確かです(笑)
  とりあえず主役はくぎゅさんです。そして花澤さんもいつも同様に喋ってます。利奈さんはそこそこでしたが、個人的にきたえりさんの出番が少なかったのは残念ではありました。あと、ジャカルタのお姉さんは誰だったのかなぁ…というのは気になりました。
  テレビシリーズがいい感じで終わって、それの後でも中でもどちらでもいい感じのふんわりした時間設定の中、アクションを楽しむのにはよい作品だったと思います。本筋からはちょっと外れた外伝であることを気にしなければ、ファンにはすごく楽しめる作品です。ただ、映画としては画質が悪いとはいわなくてもそこそこだし、なにも知らない人がふらりと見るにはつらい映画だったという印象です。その意味で興業的にもそこそこ、勝負はブルーレイということになるように思います。

|

2013/01/13

[Premier League 12/13] #22 マンUTD v リバプール

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
直前オッズ
  MUN v LIV 2.05 3.50 3.50
試合結果
  マンUTD 2 - 1 リバプール  Att: 75,501
主審
  ハワード・ウェブ
ラインナップ
 マンUTD
       19 ウェルベック  20 Vペルシ

  26 香川                18 ヤング

        23 クレバリー  16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ  02 ラファエル

             01 デヘア
  サブ
    40 エイモス   04 ジョーンズ  12 スモーリング  07 バレンシア
    08 アンデルソン 11 ギグス    14 エルナンデス
  監督
    アレックス・ファーガソン
  欠場
    リンデガード(病気) エバンス(ハムストリング) ルーニー(膝)
 リバプール
              07 スアレス

  31 スターリング  24 アレン   08 ジェラード   19 ダウニング

              21 ルーカス

  02 ジョンソン   05 アッガー  39 シュクルテル  47 ウィズダム

           25 レイナ
  サブ
    01 ジョーンズ  23 キャラガー  49 ロビンソン  14 ヘンダーソン
    33 シェルビー  15 スタリッジ  29 ボリーニ
  監督
    ブレンダン・ロジャーズ
  欠場
    エンリケ(ハムストリング) ケリー(膝)

前半:試合展開
 10 MUN SB :Vペルシ中ミドルS                   DFブロック
 17 MUN SB :クレバリー左→Vペルシ左S               DFブロック
 19 MUN SOG:エブラ左クロス→Vペルシ中S           GOAL★MUN 1-0 LIV
 27 MUN S  :ヤング中→Vペルシ中S                 枠上
 30 MUN    :ヤング、接触して足を痛める
 33 MUN SB :ウェルベック中ドリブルS                DFブロック
 35 MUN S  :ウェルベック左ドリブルS                枠上
 41 MUN S  :クレバリー左BS                   ※枠右
 45 MUN SB :ラファエル右→Vペルシ中HS             ☆DFブロック
 45 LIV    :レイナ、香川と接触→治療後復帰
 49 LIV ▲YC:ルーカス、ヤングを妨害              CARD▲ルーカス
前半:コメント
  ホームのユナイテッドが終始優勢に試合を進めた印象。シュート数こそ少なかったがなんどか
 ゴール前までボールを運んでいい形を作った。リバプールもパスはどうにか回せるものの、前線で
 仕事が出来るのがスアレスのみで、スターリング、ダウニング、そしてアレンがうまく攻撃に
 絡めずシュートまで持ち込めず。Vペルシの惜しいシュートやクレバリーのボレーなどもあり、 
 1点リードで終えられたのはリバプールにとってはむしろ幸運か。ただし、香川と接触した
 レイナのコンディションが心配
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     マンUTD 1   5   2   1   6  53   0   0   0
     リバプール 0   1   0   1   7  47   1   0   0
後半:試合展開
 46 MUN 交代1:ヤング(OUT)、バレンシア(IN)
 46 LIV 交代1:ルーカス(OUT)、スタリッジ(IN)
 47 MUN S  :ウェルベック中ドリブルS                枠左
 52 MUN S  :ウィズダム右S                     枠上
 53 LIV ▲YC:シュクルテル、ウェルベックを倒す         CARD▲シュクルテル
 54 MUN SOG:左FK:Vペルシ→エブラ右HS          GOAL★MUN 2-0 LIV
 57 LIV SOG:ジェラード中ミドルS                 ☆GKセーブ
 57 LIV SOG:こぼれ→スタリッジ中S              GOAL★MUN 2-1 LIV
 61 MUN SB :中FK:VペルシS                   壁
 62 LIV OFF:スアレス
 62 LIV 交代2:スターリング(OUT)、ボリーニ(IN)
 64 MUN SOG:香川中S                       ※GKセーブ(CK)
 64 ---    :ビディッチとウィズダムが接触→治療後復帰
 70 LIV S  :スアレス右→スタリッジ左ドリブルS           枠左
 73 LIV S  :ボリーニ中ミドルS                   枠上
 74 MUN ▲YC:エブラ、ダウニングを倒す             CARD▲エブラ
 76 LIV ▲YC:ジョンソン、エブラを倒す             CARD▲ジョンソン
 77 MUN 交代2:香川(OUT)、ジョーンズ(IN)
 79 MUN 交代3:ビディッチ(OUT)、スモーリング(IN)
 80 LIV 交代3:アレン(OUT)、ヘンダーソン(IN)
 85 LIV S  :スアレス中→こぼれ→スタリッジ左S           枠上
 89 LIV SB :ジョンソン左ミドルS                  DFブロック
 90 LIV S  :スタリッジ左S                     DFブロック
 +1 MUN SOG:バレンシア右クロス→Vペルシ中ヒールS        ※GKキャッチ
 +4 LIV ▲YC:アッガー、クレバリーを倒す            CARD▲アッガー
後半:コメント
  54分にセットプレイにエブラがあわせてユナイテッドが2点目を奪ったとこおで勝負ありかと思ったが、
 スタリッジの投入でリバプールの攻撃が活性化、ジェラードのシュートをスタリッジが押し込んで1点差。
 その後もスアレスとスタリッジで攻め続けるが、どうにか凌いだユナイテッドが勝ち点3をどうにか
 ゲット。ただし、ユナイテッドの守備の不安定さは懸念材料。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     マンUTD 2  10   5   3  14  46   1   0   1
     リバプール 1  10   3   1  16  54   4   0   1

|

2013/01/12

[Premier League 12/13] #22 ストーク v チェルシー

スタジアム
  ブリタニア・スタジアム  ストーク
主審
  スティーブ・マリナー
試合結果
  ストーク 0 - 4 チェルシー  Att: 27,348
ラインナップ
 ストークシティ
             09 ジョーンズ

   26 エザリントン    16 アダム     19 ウォルターズ

          15 エヌゾンジ  06 ウィーラン

  02 キャメロン  04 フート    17 ショウクロス  28 ウィルキンソン

            01 ベゴビッチ
  サブ
    29 ソーレンセン  20 アップソン  30 ショットン  18 ホワイトヘッド
    21 カイトリー   25 クラウチ   33 ジェローム
  監督
    トニー・ピューリス
  欠場
    デラップ(ヘルニア) ウィルソン(骨折)
 チェルシー
              29 バ

   34 バートランド    10 マタ     17 アザール

        08 ランパード   07 ラミレス

  03 コール  02 イバノビッチ  04 ルイス  28 アスピリクエタ

            01 チェフ
  サブ
    22 ターンブル  19 フェレイラ  26 テリー  11 オスカル
    21 マリン    57 アケ  09 トーレス
  監督
    ラファエル・ベニテス
  欠場
    ベナユン(膝) ロメウ(膝)
前半:試合展開
 08 STO S  :ウィルキンソン→ジョーンズ左S            ※枠右
 18 STO OFF:SOG:エンゾンジ中HS                    GKキャッチ
 25 CHE SOG:ランパード中S                    ☆GKセーブ
 34 CHE SOG:中フィード→バ左S                  ☆GKセーブ
 34 CHE SB :こぼれ→ラミレス中S                  DFブロック(CK)
 35 CHE S  :アザール中ミドルS                   枠上
 38 STO ▲YC:ウィルキンソン、マタを倒す            CARD▲マタ
 47 CHE SOG:アスピリ→DF                  GOAL★STO 0-1 CHE
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ストーク 0   4   2   4   9  47   1   0   0
     チェルシー 1   4   2   4   5  53   0   0   0
前半:コメント
  序盤はストークペースだったものの、時間が経つにつれてチェルシーの攻めが目立つようになる。
 ベゴビッチの好セーブもあってゴールが奪えなかったものの、終了間際にDFのクリアミスで
 オウンゴールを奪う。ゴールの方法はさておき、チェルシーのリードは順当な結果。
後半:試合展開
 46 CHE OFF:マタ                          オフサイド
 51 STO OFF:ウォルターズ                      オフサイド
 51 CHE SOG:コール左S                      ※GKセーブ(CK)
 54 STO SOG:エンゾンジ中ミドルS                 ※GKセーブ(CK)
 58 STO OFF:エザリントン、エリア内で倒れる             オフサイド
 62 CHE SOG:右CK:マタ→DF                GOAL★STO 0-2 CHE
 65 CHE    :マタ、エリア内で倒れる                 PK
 65 CHE SOG:PK:ランパードS                GOAL★STO 0-3 CHE
 73 CHE SOG:アザール                     GOAL★STO 0-4 CHE
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ストーク 0  10   5   6  14  43   1   0   3
     チェルシー 4   8   6   7   9  56   0   0   1
後半:コメント
  後半に入ってもチェルシーのペースは変わらず。62分にマタのCKからまたもやオウンゴールで
 2点目が入ったところで勝負あり、その後もランパードのPKとアザールのシュートで追加点を
 あげたチェルシーが順当勝ち。昔はホームでビッグクラブを苦しめたストークだが、最近、その
 強さが消えているのが心配。

|

[REVIEW] 宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」

宇宙戦艦ヤマト2199  http://www.yamato2199.net/news.html

  物語も佳境に入り、ドメルやバラン星と言う旧作でもおなじみの名前を目にするようになり、それでいて次元潜行艇や魔女の精神攻撃とと言うオリジナルにはなかった要素が出てきたりで、古い人にも新しい人にも楽しめる作品となっているのは、旧作ファンとしても評価したいところである。
  ただ、ヒルデちゃんや花束の少女のような幼女キャラというのは、わからなくはないけどヤマトに出すにはあざといように思える。全体的に女性キャラが増えたし、ガミラスの女パイロットの登場だけで十分だとは思うのですが、可愛いは正義と言う格言もあるので、しょうがないのかもしれません。
  後は、岬ちゃんが時折見せる謎の行動や、明らかにイスカンダルと関連があるはずの森さんの出生の謎が、小出しに出されつつも、まだはっきりと明示されてないのが気になるところです。艦隊戦がメインであるべきヤマトではありますが、こういう新しい要素も悪くはないとは思います。もちろん本筋の部分を損なわないという大前提でのもとではありますが。
  14話にして中間点のバラン星の陰が見えだしたというのは、2クールの中でいいペース配分だと思います。そのため旧作と比べると往路で色々な話が省略される一方、ガミラスの内情を描くシーンも増えて、その意味でもより大人向けの作品になっていると思います。次元潜行艇との前哨戦の後、おそらくドメル将軍との決戦が次回のメインとなるはずですが、本当に楽しみです。テレビシリーズも決まったことですし、一人でも多くのみなさんに「ヤマト」と言う作品の素晴らしさを知ってもらいたい気持ちで一杯です。

|

2013/01/04

[REVIEW] Les Misérables

映画『レ・ミゼラブル』公式サイト    http://www.lesmiserables-movie.jp/

  これほどまでに歌うシーンの多いミュージカル映画は始めてみたというのが正直な感想だった。ともかく歌が多い。ミュージカルは劇の間に歌が入るのだが、この映画に関しては基本的に歌しかない。演技をしながら台詞をしゃべる代わりに歌を詠う、まさにそんな映画だった。
  あらすじに関しては文学としてもミュージカルとしても有名だけに、今更説明する必要はないだろう。まあ、ラストシーンとかはあまりに久しぶり過ぎて「こんな落ちだったっけ」とは思ったものの、それでも何らかの形で作品にふれたことのある人がほとんどのはずだ。ただ、ミュージカルとしてきちんと鑑賞したと言う人は、多数はではないはずであり、僕もその一人ではある。
  繰り返しになるが、今までみたミュージカル映画の中で最も歌の割合が多い映画だった。そして心に残る曲が多いだけに、感動するシーンも多かった。なにより子供時代のコゼットが可愛かった。ただ、ミュージカル映画という特殊なジャンルであり、当然ではあるが日本語ではない作品だけに、万人が満足できる映画というわけにはいかないだろう。それに3時間近い長さというのもハードルが高い要因である。ミュージカル映画としてはセットも豪華だし演技部分もすばらしい出来だったということだけは保証する。

|

2013/01/01

[REVIEW] The Hobbit: An Unexpected Journey

映画『ホビット 思いがけない冒険』公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1/

  いかにも超大作と言う作りで、それはそれで感心したのは確かなのですが、それ以上に何かあるかと聞かれると、黙ってしまうような作品と言う気がします。もちろん、大がかりなCGに感心しつつアクションシーンを楽しめる映画だったのは間違い有りません。
  作品的には「指輪物語」の前日談と言うことになるのでしょうか。まずはナレーションで世界観の説明があって、それはそれで親切なんですが、若干眠気を誘ってしまうのは避けられません。「いかにしてホビットを旅立たせるか」と言う動機付けの部分で苦労のあとが見受けられますし、実際かなりの違和感を感じます。まあ、三部作予定の長編の導入部だけに、長くなるのは必然と言うことなんでしょうが。
  戦闘アクションの部分はすごいです。質的にも量的にも観客を圧倒します。特にゴブリンの住みかでの逃走シーンはすごいです。ただ、立体視の技術的にはスタンダードなできだったので、ひどく感心と言うほどではありませんでした。まあ、逆に立体を意識しすぎて映像がグダグダになったりしない分、よかったのかも知れませんが。たぶん主役のホビットさんを森川さんが、そして指輪をもっていたゴラムをチョーさんが演じてました。人知を外れたものをやらせたら、チョーさんが一番ですね。お見事でした。あとはよくわかりませんでした。
  日本人には、ドワーフとゴブリンとオークの違いというのは一般的ではないので、その意味で世界的なレベルでのヒットには難しいような気がします。もちろんニュージーランドの雄大な自然を大スクリーンで堪能するだけでも最高だし、戦闘シーンだけでもえいがファンなら元はとれるとは思います。ただ、ビキニアーマーの女剣士か、水魔法を使う魔法少女がいればもっとよかったかなぁとは思いました(笑)

|

2012年個人的映画ランキング&見た映画一覧

個人的洋画ランキング
  1)In Time
  2)Total Recall
  3)Midnight in Paris
  4)Skyfall
  5)Argo
映画館で見るならSF的な作品を見たいなと言うことで「タイム」や「トータル・リコール」を
上げました。後は、「ミッドナイト・イン・パリ」や「アルゴ」という特徴的な作品を。

個人的邦画ランキング

  1)魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
  2)ねらわれた学園
  3)009 RE:CYBORG
  4)ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
  5)劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-
正直、どれも甲乙付けたいんですが、やはりなのはのパワーは凄かったなと。
「はやぶさ」も入れたかったけどね。

見た映画一覧
 タイトルは69と微増ですが、アニメは複数回行ってるからなぁ(笑)

  [REVIEW] Lockout                                            12/12/18
  [REVIEW] Skyfall                                            12/12/01
  [REVIEW] Argo                                               12/11/22
  [REVIEW] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q                        12/11/17
  [REVIEW] GOTHICMADE ゴティックメード-花の詩女-              12/11/13
  [REVIEW] ねらわれた学園                                     12/11/11
  [REVIEW] マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!          12/11/03
  [REVIEW] 伏 鉄砲娘の捕物帳                                  12/10/20
  [REVIEW] 009 RE:CYBORG                                      12/10/19
  [REVIEW] 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語           12/10/13
  [REVIEW] 宇宙戦艦ヤマト 第三章                             12/10/13
  [REVIEW] The Bourne Legacy                                  12/10/08
  [REVIEW] Rock of Ages                                       12/10/07
  [REVIEW] Mirror Mirror                                      12/10/07
  [REVIEW] 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語  12/10/06
  [REVIEW] 劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-               12/10/01
  [REVIEW] アシュラ                                           12/10/01
  [REVIEW] The Hunger Games                                   12/09/30
  [REVIEW] Iron Sky                                           12/09/29
  [REVIEW] マルドゥック・スクランブル 排気                   12/09/29
  [REVIEW] Marvel's The Avengers                              12/08/26
  [REVIEW] Prometheus                                         12/08/26
  [REVIEW] おおかみこどもの雨と雪                             12/08/12
  [REVIEW] Total Recall                                       12/08/12
  [REVIEW] Brave                                              12/08/11
  [REVIEW] The Amazing Spider-Man                             12/08/10
  [REVIEW] コードギアス亡国のアキト                           12/08/04
  [REVIEW] The Dark Knight Rises                              12/07/29
  [REVIEW] 劇場版 東京スカイツリー 世界一のひみつ             12/07/29
  [REVIEW] グスコーブドリの伝記                               12/07/16
  [REVIEW] Snow White & the Huntsman                          12/07/15
  [REVIEW] 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's           12/07/14
  [REVIEW] 『宇宙戦艦ヤマト2199』第二章「太陽圏の死闘」       12/06/30
  [REVIEW] 輪廻のラグランジェ「鴨川デイズ」                   12/06/30
  [REVIEW] ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略            12/06/29
  [REVIEW] PERSONA4 the Animation -the Factor of Hope-        12/06/26
  [REVIEW] Dark Shadows                                       12/06/05
  [REVIEW] The Descendants                                    12/06/05
  [REVIEW] Midnight in Paris                                  12/06/05
  [REVIEW] Bad Teacher                                        12/06/05
  [REVIEW] BLOOD-C The Last Dark                              12/06/03
  [REVIEW] Men in Black III                                   12/06/02
  [REVIEW] Larry Crowne                                       12/06/02
  [REVIEW] 機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」     12/05/19
  [REVIEW] 虹色ほたる ~永遠の夏休み~                        12/05/19
  [REVIEW] ももへの手紙                                       12/05/04
  [REVIEW] The Artist                                         12/05/04
  [REVIEW] Battleship                                         12/05/03
  [REVIEW] Black & White                                      12/05/03
  [REVIEW] John Carter                                        12/04/30
  [REVIEW] 宇宙戦艦ヤマト2199 第一章 遥かなる旅立ち           12/04/18
  [REVIEW] My Week with Marilyn                               12/04/12
  [REVIEW] Hugo                                               12/03/19
  [REVIEW] Sherlock Holmes: A Game of Shadows                 12/03/19
  [REVIEW] ストライク・ウィッチーズ劇場版                     12/03/17
  [REVIEW] スクライド オルタレイション 後編 QUAN              12/03/10
  [REVIEW] La revelation des pyramides                        12/03/09
  [REVIEW] Melancholia                                        12/02/28
  [REVIEW] The Girl with the Dragon Tattoo                    12/02/21
  [REVIEW] J. Edgar                                           12/02/21
  [REVIEW] In Time                                            12/02/21
  [REVIEW] はやぶさ 遥かなる帰還                              12/02/20
  [REVIEW]ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-               12/02/17
  [REVIEW] ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵                   12/02/11
  [REVIEW] Perfect Sense                                      12/01/29
  [REVIEW] ドットハック セカイの向こうに                      12/01/29
  [REVIEW] セイクリッドセブン 銀月の翼                        12/01/24
  [REVIEW] friends -フレンズ- もののけ島のナキ                12/01/15
  [REVIEW] マジック・ツリーハウス                             12/01/15

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »