« [REVIEW] 虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜 | トップページ | [REVIEW] Larry Crowne »

2012/05/19

[REVIEW] 機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」

機動戦士ガンダムUC  http://www.gundam-unicorn.net/

  「さすがユニコーンだな」という感心の言葉しか出てきません。そもそもOVAのはずなのに映画館のスクリーンで見ても全く問題ない出来映え。「映画です」と言っても普通に信じてしまうこと間違いないすばらしい出来でした。
  物語も佳境に入り、黒のユニコーンことバンシィも登場して、ユニコーンとバトルを繰り広げます。再調整されたマリーナさんととらわれのオードリーを巡るバナージリディと二人の男の争いとか、いつものことではあるのですが見所満載です。話が進むにつれ飛び降りたオードリーを感じたバナージが受け止めに行ったり、推力が足りないからとモビルスーツで推したり、なんか逆シャアを連想させるような神がかったシーンの連発はどうなんだろうなと思わないでもないのですが、まあガンダムらしいと言えばガンダムらしいかなと(笑)
  地上でブライト艦長に会って背中を押されてオードリーとマリーナさんを助けて宇宙に上ったところで、フル・フロンタルの登場、クライマックスへの道筋がついたと言うところでしょうか。ただ、所詮1時間を5話しかやってないのに宇宙から地球に降りてまた宇宙に上った時点でせわしない印象は否めません。ラプラスの箱に関しても現時点ではまだまだ謎のベールに包まれてるし…。
  まあ、きちんと作ったガンダムは、やればやるだけヒットするものなので、第7作の作成決定も、必然とは言わなくてもあり得る展開なんだろうなと。しかも長編って時点でちゃんとした映画なんだろうし。まあ、どう考えても再来年になってしまうというのが心配なところではありますが。マリーダさんが帰って来ましたが、相変わらず可愛い女の子分は不足しているのがgンダムらしいかなぁと。とまっちゃんとか伊瀬さんとか、もう少し出番を増やしたり引き延ばしてもよかったと思うのですが。6話の公開まで1年近く間が空きますが、まあ期待させた分だけしっかり面白い作品を見せてもらいましょうということでお願いします。監督さんがホントに倒れそうな状況だったのがすごく心配な点ではありますが。


|

« [REVIEW] 虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜 | トップページ | [REVIEW] Larry Crowne »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/54806853

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW] 機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」:

« [REVIEW] 虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜 | トップページ | [REVIEW] Larry Crowne »