« [REVIEW] 宇宙戦艦ヤマト2199 第一章 遥かなる旅立ち | トップページ | [REVIEW] Black & White »

2012/04/30

[REVIEW] John Carter

ジョン・カーター  http://www.disney.co.jp/johncarter/

  さすがSFの名作の映像化ということもあり、息つく暇もないテンポの良さで時間を全く感じることがなく、気がついたらエンディングを迎えていた、というのが正直な感想です。
  物語はある青年の元に叔父から届く謎の手紙から始まり、その手紙に書かれた内容の回想に終始するわけだが、まさにこれぞアクション映画と言う感じで次から次へとイベントが発生する。空気のある火星、を筆頭に突っ込みどころは山ほどあるが、それはそれ、そこは些細なこととして、アクションを楽しむ映画である。
  例えるならば、「戦闘機バトルのないスターウォーズ」と言えば見てない人への説明としては分かりやすいかもしれない。ともかく、低重力の星に降り立った主人公が、怪力やジャンプ力でスーパーマンとなれば、大活躍は約束されたようなもの、その割であっさりと鎖に拘束されたりしているのがどうなんだと思わないでもないですが…(笑)
  異星人とのコミュニケーションと言うのを怪しい薬で解決という潔さも逆に斬新ではある。どのようなプロセスを踏むにせよ、会話をしないことには話が進まないので解決方法としては悪くない。それに、物語全体が突っ込みどころ満載なのだから、魔法の薬など誤差の範囲であろう(笑)
  3D吹替版を見に行ったのですが、「おおっ」と言うようなキャストはなかったかなと。個人的には、3Dで見る以上、やっぱり字幕ではなく吹き替えで見たいところです。IMAXと言う選択肢も捨てがたくはあったのですが、字幕が浮くのは見づらいし、娯楽作品はあまり英語の頭とか使わず楽しみたいので…。
  当時はおそらく最高のSFとしての評価があたえられていたはずだが、今となっては古典として見るのが正しいのは言うまでもない。だから設定とか理由付けとかは置いてストーリーを楽しめる人には是非ともお勧めしたい。スペースオペラのようなマシンバトルはないが、それがなくても全く問題なく楽しめる作品である。作品中に出てくるお姉さんの服装とかはスペオペもびっくりなほどかっとんでいる(笑) ともかく、今年の代表作となりうる良作と断言できるので、是非大きなスクリーンで見てほしい。これだけちゃんと作られた作品なら、続編もきちんと作られそうでSFファンとしては一安心と言ったところである。

|

« [REVIEW] 宇宙戦艦ヤマト2199 第一章 遥かなる旅立ち | トップページ | [REVIEW] Black & White »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/54805363

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW] John Carter:

« [REVIEW] 宇宙戦艦ヤマト2199 第一章 遥かなる旅立ち | トップページ | [REVIEW] Black & White »