« [REVIEW]一騎当千 集鍔闘士血風録 | トップページ | [REVIEW]Cowboys & Aliens »

2011/11/15

[REVIEW]機動戦士ガンダムUC  episode 4 重力の井戸の底で

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]  http://www.gundam-unicorn.net/
  なんていうか全体的に話の展開が早いというか、理解する前に次のシーンになるというか、どんどん進んでいくストーリーに振り回されて疲れた、というのが見終わったときの印象でした。そもそも、バナージとユニコーンが地球へ落下して、どうするどうなる…、というところでそれはさておきジャブローにジオン軍が侵攻してたり。そして、気がつくとバナージ君が砂漠を歩いていたり。いや、そりゃ、主人公が大気圏で燃え尽きたら話は続かないけどさ、もう少し説明的なシーンがあってもいいんじゃないかなと。まるで、ストーリーが長すぎて、なくなく何カ所かをカットしたかのような…。
  その意味ではロニさんも唐突に現れて大暴走して見事に散っていきました。まあ、なんとなく置かれた状況は伝わるけど、それにしても端折りすぎ感がありすぎです…。TVシリーズと違って時間が短いのでしょうがないにとは言えあわただしかったです。せっかく伊瀬さんがやる気満々だったのに、1話のみのキャラですか…、と言う感じでちょっと残念でした。
  まあ、なんていうか「地球編の開幕」と言うことで、戦闘も人物描写も、ミネバ様やバナージの葛藤もと頑張って描いたら盛り沢山になりすぎたということなのかもしれません。どこを見ても見応えはあるのですが、今回の見所は次から次へと出てくるジオン軍懐かしのモビルスーツのような気がします。ちょっとレトロなモビルスーツが性能差など物ともせず連邦に戦いを挑む、というのが一番の見所でしょう。
  そしてバナージ君に関してはジオンに行ったり連邦にいったり、いったいどうしたいんだという感じでフラフラしているのがなんとも…。なんかそのうち独立部隊でも作ってしまいそうな勢いです。リディさんとの関係がミネバ様を絡めて色々微妙になってきたのも驚きですが、それ以上に最後の最後に現れた黒いのがすべてを持っていった印象です。そこで引くのかってのがさすがというか。
  まあ、色々と書きましたが、普通に映画として鑑賞しても問題ないほどハイスペックな映像にはただただ脱帽するしかありません。ほどなくブルーレイが発売されますが、特にモビルスーツの戦闘シーンは劇場の大スクリーンで見てほしいところだと思います。あと、伊瀬さんの迫真の演技は一見の価値ありです。正直、すばらしさに惚れなおしました。

|

« [REVIEW]一騎当千 集鍔闘士血風録 | トップページ | [REVIEW]Cowboys & Aliens »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/53314274

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW]機動戦士ガンダムUC  episode 4 重力の井戸の底で:

« [REVIEW]一騎当千 集鍔闘士血風録 | トップページ | [REVIEW]Cowboys & Aliens »