« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/26

[REVIEW] Source Code

ミッション:8ミニッツ http://disney-studio.jp/movies/mission8/

  アイデア、ストーリー、そして映像表現。どれをとっても素晴らしく、2時間近くもの間息つく間もなく見ることができた。掛け値なしに2011年の中でもっとも印象的な実写映画と言って間違いないだろう。
  映画はシカゴ行きの列車の中から始まる。終点一つ前の駅を過ぎ、対向列車とすれ違ったところで突然の爆発…。そして目が覚めると謎のカプセルの中…。十分な説明をされることなく再びミッションに出撃する主人公。そして同じ8分間が繰り返される。
  わずか8分間の間に爆弾犯を見つけるという困難なミッション、そしてその間にあかされる謎の数々。それらすべてが驚きを与え、観客を虜にしていく作りは、ただただ脱帽するしかない。物語の確信に触れるから詳しく言えないのがもどかしいが、その8分間を実現する理由と言うのが、何ともSF的でオカルト的でさえある。そのようなアイデアを元にこのようなストーリーを作りだすとは、なんともすごいところではある。
  ミッション・コンプリートの暁にも二重、三重のどんでん返しがまっており、最後まで気を抜くことを許さない。「映画通ほどだまされる」のキャッチコピーをつけてきたのも頷ける。惜しむらくは、あまりにも伏線が多すぎて、一回みただけでは完全に理解するのが難しいところだろうか。おそらく二回目、三回目を見る度に新しい発見をすることができるだろう。後は、字幕のみの公開といういのが残念な点であるが、そのあたりはブルーレイのリリースに期待したい。
  確かに列車事故やアクションで人が死んで行く。でも、それは人を殺したり物を壊したりすることで、迫力ある描写を見せようとする昨今よくみられる映画とは一線を画している。この映画に関しては、とにかく映画館に見に行ってほしいというのが正直な感想である。退屈や空腹を感じる間もなくエンディングを迎えることは間違いないと保証できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW]トワノクオン第六章

トワノクオン http://www.towanoquon.com/

  「終わったなぁ…」というのが正直な感想です。ほぼ半年間ですが、もっと長かったような印象が強いです。ラストバトルに関しては大変綺麗なまとめ方だったとは思うのですが、ラスボスからのもって行き方が強引だった感は否めません。
  メッセージ性が強いのと、血の流れるシーンが多いと言うことで、かなり好き嫌いのありそうな印象があります。最後の最後に少なからぬ人がお亡くなりになるのも好みのわかるところではあるでしょう。まあ、色々あったけどクオンファン、つまり神谷ファン的には、結構迫真の演技で満足のいく内容立ったとは思います。
  ユリさん、テイさんは最後の最後までがんばっていましたが、キリちゃんはあまり目立つシーンがありませんでした。一章みたときはヒロインだと確信していたので、ちょっとどころではなく残念です。
  六章を通しての感想は、繰り返しになりますが、最後の話のもって行き方ががかなり強引だったので「う~ん」と言う印象は強いです。どうするどうなると思って期待していたら「あれれ、そうなるんだ~」って感じで、失望じゃないけど肩すかしを食らったというか…。あえて回収しない伏線や接点も多かったのも残念と言えば残念でした。ただ、メインメンバーがおおむね笑顔でエンディングを迎えられたというのは、まあ悪くはなかったのかと思います。劇場まで六回足を運んだかいはあった事は間違いないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20

[REVIEW]UN-GO episode:0 因果論

[ UN-GO ] OFFICIAL SITE  http://www.un-go.com/

  さすがノイタミナと言う感じで面白い話だとは思ったのですが、地上波放映が始まって5、6話というこのタイミングでの公開というのは、マーケティング的にどうなのかは、正直よくわからない。話の導入としては実によくできていたし、全く作品に関する知識はなかった自分でもすごく楽しむことができた。まあ、若干どころではなく血の色が多かった気はするが、そのあたりは最近の大人向けアニメによくある描写なので想定の範囲内ではあるだろう。
  問題だと思うのは、これだけ魅力的な作品をどうして、第1話の前に公開しなかったかと言うこと。この第零話を正しい時期にで見せてくれていれば、TV放映をちゃんと追いかけていたのに…、というのが昨今のアニメ過多時代では悔やまれるところ(自分の情報収集能力のなさにではあるが…)。
  正直なところ、神とか悪魔とかが微妙に絡んで、そして日本がより軍事的な方向に向かっているくらいのことしかわからなかった。それでも謎をはらみつつも魅力があることをにおわせるすばらしい作りになっている。血の量を考えるとテレビでの公開は難しいところではあろうが、それなら10月のアニメが始まる前に公開してほしかった。
  グチばかり書いているように見えるが、それほどまでにUN-GOと言う作品に興味を抱かせてくれるプロローグだったと言うのが正直な感想である。正直、血が流れるアニメは苦手としているのだが、それでも見てみたいと思わせる作品だった。とまっちゃんやあいなまさんが、どこで出てるかわからないくらい大人な演技をいているのも興味深い。ただし、1話はもうすぎてしまっているので、DVDか再放送を待つしかないと言うのがつらいところではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW]神ヴォイス

映画 神ヴォイス公式サイト  http://kamivoice.com/

  田中真弓さんの言葉じゃないですが、なかなかよくできたB級映画だったと思います。「声優」と言う今スポットの当たっている職業をテーマに、あることないことを色々入り混ぜて、そして結局正義が勝つ。まあ、明確な勝ち負けはないのですが、とりあえず勝ちといっていいかなぁと言うようなお話だったということでしょう。
  映画のターゲットはやっぱり女性のアニメファン。羽多野君、梶君の主役はもちろん、森久保さん、宮野さん、浪川さん、そして朴さんとに高野さんと、本当に女性のハートをつかむ皆さんが勢ぞろい。朴さんが鞭を持って暴れるシーンは、色々引かれる…はありましたが、それだけのためにあの女性の中に切り込んでいくのは、男子の皆さんには結構勇気がいることでしょう。
  むしろ脇を固めるベテラン声優の皆さん、羽佐間さんとか野沢さんとかキートン山田さんとか、そしてあえて悪役としてありえない存在感を出していた千葉さんがすごかったなぁと。誰が出てきても笑いや歓声が耐えない映画でしたが、中でもナレーションの人が顔出ししたときの黄色い悲鳴には驚きました。うん、まあ、女の子には人気あるしねぇ…。
  そして山寺さんの過剰なまでの間際の演技と、あんた出すぎじゃないのっていう田中さんも相変わらずと言う感じで。ああいうのを色々見てると、医師をまじめに演じざるを得なかった小山さんは、まだまだ修行が足りないなぁと思ったり思わなかったり(笑)
  アニメファン、声優ファンの皆さんにとっては、なかなか楽しめる映画だとは思うのですが一般人には正直何がなんだかよくわからないとは思います。ただ、映画のあり方としてそういうコアファン狙いと割り切っての作品なので全然オッケーだと思います。とりあえず、お気に入りの羽多野君が出てるだけで喜ぶ女の子は多そうだし、喜ぶファンがいるということで成功といえると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/16

[REVIEW]Cowboys & Aliens

カウボーイ&エイリアン  http://www.cowboy-alien.jp/

  ピストルをバンバン打ちまくる西部劇と、敵をを次から次へと退治したり、あるいは人が餌食になってしまうエイリアン物がコラボすればどうなるか…、という予想通りの作品でした。ダニエル・クレイグを起用した、と言うことでただ銃をぶっ放すだけではなく、フィジカルを生かした殴りあいも見せているというのはファンの見たい物を理解していると言うことなのでしょう。ハリソン・フォードが今更アクション活劇…、とは思ったのですが、いわゆるおじいちゃんポジションとして、なかなか面白い役所だったとは思います。謎の女性もなんか宇宙物っぽい役割でよかったとは思います。
  ただ、作品としては予想通りというか予想以上に突っ込みどころ満載です。主人公が操るビーム兵器もそうですが、そうでなくてもエイリアンサイドの姿やテクニックは、どうしたものやらという感じです。あと、宇宙からやってくるのは人間を捕まえて殺しまくるゲテモノエイリアンか、裸の女性というのも、いかにもアメリカンという感じではあります。
  まあ、所詮西部劇やエイリアンものだからと割り切ってみるしかないのですが、ビームガンによって人やエイリアンが次から次へと爆発四散していくのは、悪趣味で好きではありません。やっぱり西部劇を名乗るのなら弾丸一発で華麗に優雅に相手を倒すのが、現実としてあり得ないことでも好みなので…。なんか、最近のアメリカ映画がすべからく人や敵が爆発するのが多いんですが、はやってるんでしょうかね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/15

[REVIEW]機動戦士ガンダムUC  episode 4 重力の井戸の底で

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]  http://www.gundam-unicorn.net/
  なんていうか全体的に話の展開が早いというか、理解する前に次のシーンになるというか、どんどん進んでいくストーリーに振り回されて疲れた、というのが見終わったときの印象でした。そもそも、バナージとユニコーンが地球へ落下して、どうするどうなる…、というところでそれはさておきジャブローにジオン軍が侵攻してたり。そして、気がつくとバナージ君が砂漠を歩いていたり。いや、そりゃ、主人公が大気圏で燃え尽きたら話は続かないけどさ、もう少し説明的なシーンがあってもいいんじゃないかなと。まるで、ストーリーが長すぎて、なくなく何カ所かをカットしたかのような…。
  その意味ではロニさんも唐突に現れて大暴走して見事に散っていきました。まあ、なんとなく置かれた状況は伝わるけど、それにしても端折りすぎ感がありすぎです…。TVシリーズと違って時間が短いのでしょうがないにとは言えあわただしかったです。せっかく伊瀬さんがやる気満々だったのに、1話のみのキャラですか…、と言う感じでちょっと残念でした。
  まあ、なんていうか「地球編の開幕」と言うことで、戦闘も人物描写も、ミネバ様やバナージの葛藤もと頑張って描いたら盛り沢山になりすぎたということなのかもしれません。どこを見ても見応えはあるのですが、今回の見所は次から次へと出てくるジオン軍懐かしのモビルスーツのような気がします。ちょっとレトロなモビルスーツが性能差など物ともせず連邦に戦いを挑む、というのが一番の見所でしょう。
  そしてバナージ君に関してはジオンに行ったり連邦にいったり、いったいどうしたいんだという感じでフラフラしているのがなんとも…。なんかそのうち独立部隊でも作ってしまいそうな勢いです。リディさんとの関係がミネバ様を絡めて色々微妙になってきたのも驚きですが、それ以上に最後の最後に現れた黒いのがすべてを持っていった印象です。そこで引くのかってのがさすがというか。
  まあ、色々と書きましたが、普通に映画として鑑賞しても問題ないほどハイスペックな映像にはただただ脱帽するしかありません。ほどなくブルーレイが発売されますが、特にモビルスーツの戦闘シーンは劇場の大スクリーンで見てほしいところだと思います。あと、伊瀬さんの迫真の演技は一見の価値ありです。正直、すばらしさに惚れなおしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/13

[REVIEW]一騎当千 集鍔闘士血風録

一騎当千 集鍔闘士血風録  http://www.ikkitousen.com/
  いきなり新幹線から始まって京都に到着ということで学園物お約束の修学旅行のサービスストーリーかと思いきや、「集鍔旅行」なんて代物だったりするわけで。アイデアとしては、非常に面白いと思ったのですが、あまりにストーリー展開が早すぎて普通の修学旅行と違うことに、物語半ばまで気づかなかったと言うのは内緒です。
  基本的に外伝と言う扱いなので、本編3シリーズを見ていることが(もしくはマンガ原作を読んでいることが)大前提です。物語の背景の説明や登場人物の紹介もないまま、次から次へとキャラが登場します。そして京都に着くなり襲いかかってくる地元の学生が物語の混乱に拍車をかけます。まあ、「しおり」とかを使って説明しようとはしてますが、その説明も「勾玉」を知らないとなにがなんだかです。
  ただ「新たなファンを取り込んでさらなるブームを」というよりも、「今まで応援してくれたファンの皆さんのために外伝を作ろう」と言う方向性で作られた作品だと思うので、その意味では説明を省いてテンポよくストーリーを進めたというのは正しいと思います。作品を知らなくても魅力的な女の子が沢山出てきて、綺麗な娘も、ちんまい娘も、そしてバカな娘までいるということで、アニメファン的にはオッケーな気もします。
  ただ、一つだけ重要な点は、今回の見所はエロではなくバトルだと言うこと。確かに呂蒙さんや趙雲さんの服がピンチな状況になったり、孫策さんや関羽さんの服が完全にアウトになるシーンはありますが、むしろそこまでのバトルシーンに圧倒されて、さほどインパクトはありません。このあたりはファンによってとらえ方は様々だとは思いますが、TVシリーズでやることはすべてやっているし、あれ以上やると18禁になってしまう気がするのでいいんじゃないかと思います。
  OVAシリーズか何かの第1作だと思っていたのですが、そうではなく1話完結のお話でした。第4期まで続けたシーズンで、いきなり1話のスペシャル版を出して来たというのはどういうことなのか。そろそろTVシリーズのリリースがきつくなってきたのか、あるいは、原作のストックが厳しくなったのか、色々考えてはしまうのですが、まあ、それは今後の展開に期待したいと思います。正直、どのような形で決着をつけたいのか予想もできないのですが、せっかくここまで続けた人気シリーズなので、フェードアウトではなくきちんとした形で終わりを迎えてほしいと思います。そのためには是非とも第5期シーズンをお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/07

[REVIEW]ヒカリ 体感型ビジュアルサウンドドラマ

ヒカリ 体感型ビジュアルサウンドドラマ  http://project-hikari.net/

  なんていうか作品を紹介するのもレビューするのも難しい作品で、そもそも映画と言っていいのかとさえ思うほど斬新な作品です。強いて言葉にするならば「音を感じに行く映画」とでも言うんでしょうか…。つまり、今までになかった形の新しい映画ということになると思います。
  受付で途中入退場禁止の注意とともに「ヒカリフォン」を渡され、客席にはヘッドホンのジャックとそこかしこに張り巡らされたケーブル。映画の始まる前に音声チェックが入り、プロモーションビデオで音量を確認する。最初の物々しい手順もさることながら、映画が始まって、四方から音に包まれる感覚は、今までのどの映画でも味わえない斬新な感覚だった。
  これまでの音を自慢する映画は大音量で四方八方から暴力的に責め立てるものが多いのだが、この映画は全く逆。登場人物の会話以上に足音や布団の擦れる音や、花束を抱えた時の音など、ともかく日常的な音が大事にされているのが素人の耳にもよくわかる。さすが日本を代表する音響監督が全力を尽くした作品とお世辞無しに感心した。
  ストーリーに関しては、「いい話」に仕上がっているとは思うが、正直なところ「暗闇というシチュエーションを作り出すための強引な設定」という感は否めない。ただ、それは多かれ少なかれどの映画でもやっていることであるし、実生活で希有な例ではあるがまったくない話でもないので、個人的には許容範囲だと思う。
  映画を見ていて若干気になったのは、主人公のシーンが突然途切れて進んでいるかのように見えるシーンがあったところ。面会時間が終わった後すぐに消灯になったり、消灯の後、翌日のシーンになったり。目が見えない主人公ということであえてねらってやっているようにも見えるが、もう少し時がたったのがわかるような描写があってもいいかな、と思うシーンがあったのは確かである。
  間違いなく世界初の形式の映画だけに、正直、視聴者側としても評価に困るシーンがあるのは確かではある。ただ、3DとかCGとか、分かりやすい映像効果にこだわる絵一が主流の中、あえて音にこだわる映画というのがあってもいいとは思う。3D映画を見るためにメガネを借りるのと同様に、イイ音を聞くためにヘッドフォンを借りるというシステムだってあっていい。コストや手間など解決すべき問題は少なくはないが、そんな「音映画」の先駆けとして歴史に残ってほしい映画ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW]みのりスクランブル!

みのりスクランブル!  http://www.animebunko.com/minori/

  よく分からないけどペンギンさんが沢山出て来ます。まあ、ドタバタコメディなんでそのあたりの突っ込みどころはスルーでいいかなとは思います。原作はあまり見たことないのですが、原作テイストを生かして作ったらこうなったという印象で、ギャグアニメとして楽しむことが出来ました。
  面白い作品だとは思うのですが、これを5000円で買いますか、と聞かれるとむむむ、と悩んでしまうとは思います。その意味で1000円ちょいで2作品を大画面で見せてくれる、というのは、いいんじゃないかなぁとは思います。東京オンリーっていうのが、地方民の皆さんには引っかかるところでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW]百合星人ナオコサン

百合星人ナオコサン  http://www.animebunko.com/naokosan/

  もうタイトルからして「突っ込んだら負け」なのに、エロ本を町にばらまくは、それをお母さんが拾っていくは、よーじょが沢山でてくるわ、危ない友達がいるわで、本当にどうしたものやらという作品。
  そもそも「アニメ文庫」というコンセプト自体、「普通のフォーマットや形式ではできないような作品をアニメ化する」ということらしいので、その意味では見事に狙いを果たしているとは思える。ただ、「テレ東エロ度五割増」なんてネタを、OVAとは言え使ってしまっていいのだろうか、というのは何とも気になる点ではある。
  作品的にもマニアックだし、大ヒットにつながるマーケティングもしているようには見えないけれど、そもそもセルアニメは「一万人に売れば勝ち」というマニアな産業であることも確かなので、まあチャレンジとしてありなんだろうなとは思いました。原作で楽しんでいるファンは結構買いそうなきもするし(笑)
  個人的にナオコさんを演じる新井さんの演技がドツボすぎました。「エロ本」だの「百合」だの叫んでいて、本人的にそして事務所的に問題がないのかなぁと心配してしまうくらいよい出来でした。その意味で、病んでいる友達を演じた野中さんは、まだまだ吹っ切れてなかったような気がしないでもありません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW]トワノクオン第5章

トワノクオン  http://www.towanoquon.com/

  ラス前と言うことで色々な種明かしが満載、いきなり神無月さんが背広着て登場したのはびっくりです、しかも髭剃ってるし、社長さんだし…。オールドーとか百王評議会とか、一二委員会とか、突然怪しげな名称がポンポン出てくるのは、どうなんでしょうねぇ…。
  お約束ではありますが、クオンさんは復活です。そして気づいたところには、というのが今回の最大の見せ場だったりするわけです。まあ、「彼」がどこまで、なにが出来るのか、何かすごいパワーがありそうだけど…、どうなんだというのがラストで語られる話なんでしょう。
  そもそもクールトースというのは、オールドーの一実行部隊に過ぎないはずなのに、そこの隊長が能力者というのも驚きの展開ではあります。しかも能力を吸い取るとか、どれだけご都合展開なんだか。しかし、ガーデンも破壊されて本社もばれて、ホント、クオンと子供たちに未来はあるんでしょうかねってぐらい追いつめてます。これは最終章での大どんでん返しのフラグなんでしょうか(笑)
  展開こそ強引に見えましたがストーリーはきちんと「トワノクオン」をしてました。切られれば血も出るし、兵士は死にます。まあ、色々みててつらいシーンはありますが、テイちゃんとキリちゃんがお出かけしたりするシーンが一服の清涼剤だったりするわけで。しかし、キリちゃんもかなりお喋りさんになりました。
  まあ、ここまできたら後はラストを見届けるしかない、と言うのが正直なところなので、若干不安な面もありつつ、でも期待して待つことにしたいと思います。五章ではなかったキリちゃんのお歌があるのか、それは果たして新曲なのか、どんな大どんでん返しな展開があるのか、注目して待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW]The Three Musketeers

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』公式サイト  http://34.gaga.ne.jp/

  とりあえず剣で切り合って、大砲とかも撃って、スパイ映画顔負けのアクションシーンの連続と言うことで、そういうアクション映画が好きな人にはたまらない作品だったと思います。
  個人的には、「どーして王妃様が遠藤綾ちゃんじゃなくて伊瀬茉莉也ちゃんですか!」と突っ込みたいところではあったのですが、コンスタンスさんの方が出番が多かったので結果オーライという事で。でも、結局ダル君といちゃいちゃな方向に行ってしまうのは、なんとなく釈然としないものを感じました。最初のデレのないツンデレぶりの方が、GJだったような気がします。
  遠藤さんとか伊瀬さんとか、それに中村君や小川さんや立木さんとか、聞いてていいなぁと思いました。後は、高戸君ですか、おー久しぶりに名前見たなぁと感じですが、いつのまにかいい演技をするようになったと驚いたり。ただ、遠藤さんの認識は完璧なのに、伊瀬さんの認識が出来ないというのは、やっぱりまだまだだだと反省すべき点でしょう。
  映画に関しては、まあ痛快活劇アクションなので、突っ込んだら負けということでしょう。ただ、ミラさんのアクションは相変わらずすごいと思いました。というか、三銃士でアクションシーンが話題ってどうなんだ、と言う気がしないでもありません。ダルタニアンと三銃士の剣技のシーンもすごいシーンのはずなんですが、ミラさんの前では形無しです。あと、お色気シーンも直接ではなくてもあったりするのがよかったですね。
  まあ、エンディングに関してもいいたいことは山ほどあるのですが、とりあえずおもしろい映画だし、うるさく言うことでもないかなぁと言う感じでしょうか。とりあえず、続編でもしっかりと遠藤さんと伊瀬さんの出番が多ければOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »