« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011/09/23

[REVIEW]Green Lantern

映画『グリーン・ランタン』公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/greenlantern/index.html

 正義のヒーローが悪をやっつけるといういかにもアメリカンなヒーローものでした。まあ、ヒーローとなる主人公がいまいちさえなかったり、最初の敵が二流だったりするのですが、それでもアメリカ人が好きそうなヒーローものだよなぁと言うのが正直な感想です。
 とりあえず、銀河とか宇宙とかなんともスケールの大きなところから物語が始まります。なんか強そうな人たちが偉そうな人たちの下で平和のために戦っているようです。そして今まで封印されていた敵が復活して、ひょんなことから地球に攻めてくる。その理由が気に入らないランタンの指輪を地球人が受け取ったからって…、なんかねぇと言う感じです。そして、みんなして「かなわなんじゃね~の」って言っていた難敵を、ランタンになりたて見習い中の主人公が結果として倒してしまう、地球人も未熟だけどなかなかやるよねって…。まあ、色々つっこみたいところは山ほど有りますが、所詮アメリカンなヒーローものなので、そこに突っ込んではいけないのでしょう。
  そもそも最初からそんな強敵と戦わせたら後が続かないだろうと思うのですが、それでもしっかり続編の複線を張っているところがさすがです。昨日の友は今日の敵だったりする様子です(笑) 意志の力があれば、なんでも具現化できるって言う中二病的設定も、ヒーローものっぽくていい感じです。そして、ヒーローにはヒロインが付きものなのは必然ですが、幼なじみでかつての恋人で今は分かれてるなんてあたり、微妙に大人向けを狙っているのは、日本ほどでないにせよ少子化の流れなんでしょうか…。
  そしてどこか聞いた声だなぁと思ったら松本さんでした。そして甲斐田の裕子さんがヒロインとなれば、もう声を聞きに行くしかないでしょう。繰り返しますが、ストーリーに関しては普通のアメリカン・ヒーローものです。スーパーマンとかバットマンとか楽しめる人なら楽しめる仕上がりになっていることは間違いないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/19

[REVIEW]World Invasion: Battle LA

世界侵略・ロサンゼルス決戦  http://www.battlela.jp/

  そもそもエイリアンがわざわざ地球に攻めてくる、と言う時点でありえないと思うのですが…。わざわざこんな僻地にまで人を殺しにやってくるという時点であり得ないのに、そんなテクノロジーの進んだ相手と真っ当に戦闘を挑んで勝負になるというのが…。
  ただし戦争映画としては良く出来ていたと思います。まあ、良く出来た戦争映画と言う時点でダメじゃないかと言う話はあるんですが。ミリタリーマニアや武器マニアの皆さんには楽しめる映画だとは思います。正直、それ以上でもそれ以下でもないかと思いました…。まあ、「スカイライン」よりは良く出来たしグロくないとは思ったんですが、だからといっていい映画というわけではないかなと…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/18

[REVIEW]トワノクオン第四章

トワノクオン 公式サイト  http://www.towanoquon.com/

 なんか色々動いてクライマックス一直線でいろんなものが、どわわわわーって感じでした。劇場でOVAだから悪くはないんだろうけど、それにしても血とか出過ぎじゃないかなぁ…と言う点が気になりました。というか、クオンさんに恨みでもあるんでしょうか…って思えるぐらいです。
 パンフの表面はテイさんですが、前回ほど活躍はしてません。いや、まあ、活躍はしてるんですが、イプシロンさんとデルタさんが、もっとめだっちゃってるので。特にイプシロンの豹変ぶりは、鳥さんのファンにはたまらないところでしょう。その意味では女子向け回なのかも(笑)
 ユリさんは結構頑張ってましたが、キリちゃんとかは、ひたすら保母さん的に走り回ってたのは、ちょっと残念とは言えしょうがないかなと…。一話のヒロイン的扱いはなんだったんだろうとは思うのですが。あと、敵の司令官がどんどん怪しくなってきて、そっちから話が動くような気がします。
 4話にしてここまで激しい展開に持ってくるのは正直予想外でしたが、それだけ描かなくてはならない事が沢山あるって事なんでしょうか。とりあえず確かなことは、次回はクオン様の裸が拝めるそうってことで、やっぱり女子回なんですかねぇ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW]蛍火の杜へ

蛍火の杜へ| アニメ映画公式サイト  http://www.hotarubi.info/
  「こんないい話が映画化されてよかった」と素直に驚きました。そして、そのことをよく知らなかった自分に恥じ入りました。ストーリーは多分原作に準じていると思うのですが、それを知らない自分でも感動出来たし、原作に思い入れのある人は号泣もののような気がします。
  前半は、とりあえず蛍ちゃんが可愛いです、なにせ6歳のよーじょさんです。そして頭をボカボカ殴られます。6歳レベルなのでバカですが可愛いです。そこでギンと出会うわけですが、それから10年、高校生になるまで色々あるわけです。おさなごさんも少女を経て女子高生です。  最初はお友達感覚だったのが、徐々に恋愛の雰囲気になって、でもガツガツ行くわけでもなくゆるゆると過ぎていって。遠距離恋愛なのに電話も出来ず、年に一度会える事を祈って出掛けて行く…。こう、なんか、健気じゃないですか、蛍ちゃん…。普通なら中学や高校の生活に染まってしまうところですが、そういうのは人並みにこなしてギンの事を思う…。ぼーっとしてクラスで孤立している感じがかなり心配です。それにしても、わざわざ中学や高校の制服を見せに着て行ったりとか可愛すぎでしょう。それよりなにより毎日長時間出歩く孫を心配しろよ、ってのはあるんですが…。
  そしてクライマックス、お祭りのシーンですが、二人とも浴衣なんですね…。そして散々楽しんだ後に…。最後まで蛍とギンらしいと言えばそうだったような。そして翌年、再び田舎へ行く蛍ちゃん、こういうところかいい娘だよねー、と感心しました。いまどきこんな娘いないでしょう。当初OVA企画だったけど劇場にしちゃいました、という関係者の思いがよく伝わりました。劇場の大スクリーンで楽しめる素晴らしい作品だったと思います。もう少し大きな劇場、そして全国各地で沢山の人に見てほしい作品ではあるのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/09

[Serie A 11/12] #2 ミラン v ラツィオ

スタジアム
  スタディオ・サンシーロ  ミラン
試合結果
  ミラン 2 - 2 ラツィオ
主審
  ジャンルカ・ロッキ
ラインナップ
 ミラン
                  99 カッサーノ     11 イブラ

                          27 ボアテング

        18 アクイラーニ   23 アンブロジーニ(C)    09 ガットゥーゾ

    77 アントニーニ     33 Tシルバ     13 ネスタ     20 アバーテ

                        32 アッビアーティ
    サブ
        01 アメリア   04 Vボメル   07 パト   22 ノチェリーノ
        29 エマニュエルソン   76 イェペス     25 ボネーラ
    監督
      マッシミリアーノ・アッレグリ 
 ラツィオ
                      25 クローゼ

      99 シセ         08 エルナネス     06 マウリ(C)

                32 ブロッキ   24 レデスマ

    78 ザウリ   03 ジアス     20 ビア-ヴァ   29 コンコ

                    01 ビザーリ
    サブ
        84 カリーソ   09 ロッキ     11 マツザレム   15 ゴンザレス
        18 コザク     19 ルリッチ   21 ディアカイテ
    監督
      エドゥアルド・レージャ
前半:試合展開
  01  LAZ       :シセ左クロス→クローゼ                                  S出来ず
  02  MIL OFF:ガットゥーゾ→カッサーノ                                オフサイド
  04  LAZ S    :レデスマ左ロングS                                      枠上
  05  MIL S    :カッサーノ中→ボアテング中S                            枠右
  07  MIL       :左FK:アクイラーニS                                  DFクリア(CK)
  08  MIL SOG:イブラ→アクイラーニ左ドリブルS                      ☆GKセーブ
  12  LAZ SOG:マウリ右→クローゼ中TS                          GOAL★MIL 0-1 LAZ
  13  MIL OFF:アクイラーニ→カッサーノ                                オフサイド
  14  MIL SB  :ガットゥーゾ中S                                        DFブロック
  15  LAZ S    :ザウリ左クロス→クローゼ中HS                          GKキャッチ
  17  MIL SOG:アバーテ右クロス→カッサーノ中HS                      GKキャッチ
  17  LAZ SOG:シセ左S                                              ※GKセーブ
  17  LAZ S    :こぼれ→クローゼ中S                                  ※枠右
  19  MIL       :ガットゥーゾ、DFと接触
  20  MIL 交代1:ガットゥーゾ(OUT)、Vボメル(IN)

  21  LAZ SOG:マウリ右クロス→シセ中HS                        GOAL★MIL 0-2 LAZ
  23  MIL SOG:ボアテング左ミドルS                                    GKキャッチ
  25  MIL SB  :アクイラーニ中ミドルS                                  DFブロック
  26  MIL OFF:カッサーノ                                              オフサイド
  29  MIL SOG:アクイ中→カッサーノ右→イブラ中S                GOAL★MIL 1-2 LAZ
  33  MIL SOG:ボアテング右ミドルS                                  ※GKセーブ(CK)
  33  MIL SOG:右CK:アクイ→カッサーノ中HS                  GOAL★MIL 2-2 LAZ

  36  LAZ S    :コンコ右クロス→エルナネス中S                          枠右
  38  MIL ▲YC:Vボメル、エルナネスを倒す                        CARD▲Vボメル
  40  MIL       :アバーテ右クロス                                        あわず
  42  LAZ S    :シセ中ミドルS                                          枠右
  43  MIL S    :ボアテング左ミドルS                                    枠右
  44  MIL SB  :Vボメル中ミドルS                                      DFブロック
  45  MIL S    :Vボメル右ミドルS                                      枠上
  +1  LAZ S    :シセ中ミドルS                                          枠上
前半:コメント
 ミラン
   序盤こそ、マウリとシセの両サイドに主導権を取られて2失点を喫したものの、徐々に主導けんを
   取り戻して追い付いた。新規加入のアクイラーニが、カッサーノへの決定的なパスとFKで見事な
   アシストを見せ早くも大活躍。そしてカッサーノも先発で使われただけあって絶好調。ただし、
   負傷で早々に交代を強いられたガットゥーゾが心配ではある。
 ラツィオ
   シセが左にいるときにはチャンスを作ったが、中に入るに連れて攻撃の形が出来なくなった。
   それでも、クローゼとシセという新規加入のFWがゴールを奪っただけに流れは悪くない。
   時間がたつに連れて失った主導権をどう取り戻すかが注目。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
       ミラン 2    9    6   2   5  62   1   0   3
      ラツィオ 2    8   3   0  11  38   0   0   0
後半:試合展開
  47  MIL S  :イブラ→カッサーノ左S                                ※枠右
  48  LAZ ▲YC:ジアス、ボアテングを踏む                          CARD▲ジアス
  49  MIL S    :イブラ右クロス→ボアテング中HS                      ※あわず
  57  LAZ SOG:コンコ中ミドルS                                        GKキャッチ
  59  MIL OFF:カッサーノ→イブラ                                      オフサイド
  63  MIL SOG:イブラ中→左S                                        ☆左ポスト
  64  MIL SOG:カッサーニ左→ボアテング中S                          ※GKセーブ
  65  LAZ SOG:マウリ中フィード→シセ中ドリブルS                    ※枠右(CK)
  68  MIL 交代2:アクイラーニ(OUT)、ノチェリーノ(IN)
  68  LAZ 交代1:クローゼ(OUT)、ゴンサレス(IN)

  71  MIL OFF:イブラ                                                  オフサイド
  74  MIL S    :カッサーノ左→イブラ左S                                枠上
  74  MIL OFF:カッサーノ                                              オフサイド
  76  MIL 交代3:ボアテング(OUT)、パト(IN)
  79  LAZ 交代2:マウリ(OUT)、ルリッチ(IN)

  79  LAZ ▲YC:マウリ、遅延行為                                  CARD▲マウリ
  80  MIL       :アバーテ右クロス                                        GKキャッチ
  85  MIL SOG:イブラ左S                                            ☆GKセーブ
  85  LAZ 交代3:エルナネス(OUT)、マツザレム(IN)
  89  LAZ S    :中FK:レデスマS                                      枠上
  +2  MIL S    :イブラ中落→パト中S                                    枠上
  +5  MIL ▲YC:カッサーノ                                        CARD▲カッサーノ
後半:コメント
  後半もミラン優勢で試合が進んだものの、アクイとボアテングが交代を強いられたことで攻撃の
 形を作れなくなり、結局ドローのまま終了。前半に比べるとシュートは減ったものの、それでも
 イブラやカッサーノがいい形でシュートを打っただけに、勝ちきれなかったのは悔やまれる。
 ただ、アクイラーニが早々にチームになじんでいるのはいいニュースが…。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
       ミラン 2   15    9   3  12  59   2   0   6  30.5
      ラツィオ 2   10   4   1  18  41   2   0   0  21:36

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/04

[REVIEW]トワノクオン第三章

トワノクオン 公式サイト  http://www.towanoquon.com/

  第三章は「テイの内面世界」を描くという今までとちょっと変わった描き方をすることで、クオンや敵の過去を描くという、サイドストーリーの形を取りつつ、物語の本筋を明かしていくという、なかなか面白い作りになっていたと思います。
  謎の内面世界に進入することで自分の過去に改めて向き合うクオンと、それを見せられて驚愕するメンバー達。異分子として排除され、そしてそれが今も続いているというあたり、深いなぁとは思います。そして、イプシロンの方も妹が化け物となってしまったニュアンスのことが…。それにしてもテレパシー的にリンクすることで、テイの位置が特定できるって、そんな簡単に行くものかとは思うのですが(笑)
  第六章ということを考えると、この辺でちょっと道を変えるというのは、常套手段である気はします。ただ、この状況だと最終話になっても戦いに決着が付くほど簡単な状況でもないように思います。まあ、当然といえば当然なんですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/03

[REVIEW]鉄拳 ブラッド・ベンジェンス

2011.9.3 ROADSHOW | 鉄拳 ブラッド・ベンジェンス  http://tekken-bloodvengeance.com/

  とりあえずリンさんが真綾さんで、アリサさんが松岡さんと言う時点で見に行かなきゃダメでしょう…。さらにアンナさんが渡辺さんですからね…。と言っても、外の人がさっぱり分からない人が映画を見に行ったのでよく分からなかったというのが正直なところではあります。
  ゲームをやっている人なら色々楽しめる点は多いとは思うのですが、知らない人には辛かったです。純粋な3D映画としても、微妙に動きに耐えきれないところがあったのが気になりました。やっぱり動きの激しさを売りにする作品は3Dとの相性はいまいちかなぁと思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »