« [REVIEW]劇場版 魔法先生ネギま! ANIME FINAL | トップページ | [Premier League 11/12] #3 マンU v アーセナル »

2011/08/27

[REVIEW]劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH  http://www.hayate-project.com/
 アニメもゲームもない田舎にやってきたナギの平々凡々な日常…というようになるわけもなく、いつもにましてとんでもない事件に巻き込まれてしまう、というのほほんとしたPVからは予想も付かないスペクタル作品立ったと思います。この作品で一番描きたかったのは、ずばり「絆」、元々借金がらみで始まったハヤテのナギの関係が、色々な事件を経て現状に落ち着いた印象のある昨今、さてその関係というのは守るに足るものなのか、ということをハヤテに、そしてナギに問いかける作品でした。はじめての出会いというのを大事にするために、OPの絵はあえて第1話の懐かし名場面、本当に懐かしくて涙が出そうでした。
 ハヤテの前に現れた謎の少女が、彼に1億5000万円のダイヤモンドを渡し、そしてナギとの関係を精算しようとする。催眠術のようなもので、ナギが居なかったことになり、ツインテのマリアさん登場…。それでも、忘れてしまった大事なものを追いかけて右往左往するハヤテ君は、やっぱりすごいな、と思うわけです。
 そしてナギたちが閉じこめられた遊園地での迫真のバトル。伊澄さんのお札が怪物を焼き払い、ヒナギクさんの剣が化け物を切りさく。そしてハヤテはジェットコースターで観覧車で閉じこめられたお嬢様の救出に向かう。いやぁ、なんかとってもみんな格好いいです。そして執事と生徒会長はやっぱり無敵です。そんな映画館で見るにふさわしいスペクタルな仕上がりになっているにも関わらず、ハヤテのごとくとしてやるべきことはちゃんとやっているというか、それにしてもそんなフェイトやハルヒをあからさまに描いて問題ないのかなぁと、面白くはあるのですが心配になってしまいます。
  結論から言えば、ハヤテの面白さは十分にキープしつつ、ハヤテらしからぬシリアスな展開に虜になること間違いなしの、この夏最大の話題作、ハヤテを知っている人にはもちろん、知らない人にも是非とも見に行って感動して、そしてハヤテにはまってほしい作品だと思います。

|

« [REVIEW]劇場版 魔法先生ネギま! ANIME FINAL | トップページ | [Premier League 11/12] #3 マンU v アーセナル »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/53302988

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW]劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH:

« [REVIEW]劇場版 魔法先生ネギま! ANIME FINAL | トップページ | [Premier League 11/12] #3 マンU v アーセナル »