« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/28

[CL10/11] FINAL:バルセロナ v マンU

スタジアム
  ウェンブリー・スタジアム  ロンドン
  気温:15度  湿度:76%  ピッチ:乾燥  天候:雨
直前オッズ
  BAR v MAU 2.00 3.20 4.33
        1.50 2.62
試合結果
  バルセロナ 3 - 1 マンU
主審
  ビクトル・カッサイ(HUN)
ラインナップ
 バルセロナ
    07 ビジャ    10 メッシ    17 ペドロ

       08 イニエスタ    06 シャビ

           16 ブスケシュ 

  22 アビダル  03 ピケ  14 マスチェラーノ  02 アルベス

        01 バルデス
  サブ
    38 オリエル  05 プジョール  09 ボージャン  15 ケイタ  20 アフェライ
    21 アドリアーノ  30 チアゴ
  監督
    ジョゼップ・グアルディオラ
 マンU
            14 エルナンデス

  13 パク       10 ルーニー     25 バレンシア

        11 ギグス    16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ  20 ファビオ

           01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  07 オーウェン  08 アンデルソン  12 スモーリング
    17 ナニ     18 スコールズ  24 フレッチャー
  監督
    アレックス・ファーガソン
前半:試合展開
 01 MAU    :ルーニー左クロス                    GKキャッチ
 03 MAU SB :エルナンデス中ミドルS                 DFブロック
 06 MAU OFF:キャリック→エルナンデス                オフサイド
 07 MAU OFF:キャリック→エルナンデス                オフサイド
 08 MAU    :GKフィード→ルーニー                ※GKセーブ
 11 BAR SB :ビジャ中S                       DFブロック
 11 BAR    :メッシ中→ビジャ                    DFクリア(CK)
 16 BAR S  :シャビ右クロス→ペドロ中S              ※枠右
 20 BAR S  :ビジャ中ミドルS                    枠右
 21 MAU OFF:パク→エルナンデス                   オフサイド
 21 BAR SOG:シャビ→ビジャ右S                   GKキャッチ
 25 BAR    :メッシ左ドリブル                    GKキャッチ
 27 BAR SOG:シャビ中→ペドロ右S               GOAL★BAR 1-0 MAU
 30 BAR    :アウベス右クロス                    枠上
 34 MAU SOG:ルーニー→ギグス1,2S             GOAL★BAR 1-1 MAU
 37 BAR S  :シャビ中ミドルS                    枠上
 39 BAR SOG:イニ中ミドルS                     GKキャッチ
 43 BAR    :メッシ中→ビジャ右→                 ※あわず
前半:コメント
 バルセロナ
   序盤こそマンUのプレスに苦しんだものの、時間がたつに連れボールを回すいつものサッカーが
   出来るようになった。27分にシャビのスルーパスを受けたペドロが決めたものの、ルーニーに
   決められて同点。ただしスコアーは同点だが決定機の数では上回っているだけに,後半に追加点を
   決めて90分で勝負を決めたいところ。国王杯の時のような消耗戦は避けたい。
 マンU
   開始早々にチャンスを作ったものの、その後は徐々に運動量が落ちて相手の攻撃を許す展開に。
   DFラインでボールを奪ってロングフィードで相手の裏を狙う展開も、徐々に相手に対応されて
   苦戦を強いられる。それでも少ないチャンスを生かしてルーニーが決めたのはさすが。とりあえず
   相手が疲れるまでは我慢の時間か。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  1   8   3   1   2  66   0   0   0
      マンU  1   2   1   0   5  34   0   0   4
後半:試合展開
 47 BAR SB :シャビ中ミドルS                    DFブロック(CK)
 52 BAR SOG:ペドロ右S                      ☆GKセーブ
 53 BAR SB :メッシ中S                       DFクリア(CK)
 54 BAR SOG:メッシ中ミドルS                 GOAL★BAR 2-1 MAU
 55 MAU OFF:エルナンデス                      オフサイド
 57 MAU OFF:アビダル                        オフサイド
 60 BAR ▲YC:アウベス、エブラを倒す              CARD▲アウベス
 61 MAU ▲YC:キャリック、イニを倒す              CARD▲キャリック

 63 BAR SOG:メッシ左ドリブルS                  ※GKセーブ
 65 BAR    :アウベス右→メッシ中                  DFクリア
 66 BAR SOG:シャビ中ミドルS                   ☆GKセーブ(CK)
 67 BAR SOG:イニ中ミドルS                     GKキャッチ
 68 BAR    :ビジャ右クロス                     DFクリア(CK)
 69 MAU 交代1:ファビオ(OUT)、ナニ(IN)
 69 BAR SOG:ビジャ中RS                   GOAL★BAR 3-1 MAU
 71 MAU S  :ルーニー中RS                     枠上
 77 MAU 交代2:キャリック(OUT)、スコールズ(IN)
 80 MAU ▲YC:バレンシア、メッシを倒す             CARD▲バレンシア
 85 MAU S  :ナニ中ドリブルS                    枠右
 85 BAR ▲YC:バルデス、遅延行為                CARD▲バルデス

 86 BAR 交代1:ビジャ(OUT)、ケイタ(IN)
 88 BAR 交代2:アウベス(OUT)、プジョル(IN)

 +1 BAR S  :イニ中RS                       GKキャッチ
 +2 BAR 交代3:ペドロ(OUT)、アフェライ(IN)
 +3 BAR SOG:アフェライ右S                     GKキャッチ
後半:コメント
 バルセロナ
   後半早々メッシのゴールでリード、その後も優勢に試合を進め69分のビジャのゴールで試合を
  決めた。後半になっても足が止まることがなく、最後までマンUの攻撃を許さなかった。シュート数は
  マンUの4本に対して19本、ポゼッションは63%、まさに自分たちのサッカーで圧勝した。試合前から
  優勢の声が高かったものの、その予想を上回る圧勝だった。
 マンU
   後半は完全にペースダウン、シュートを1本打っただけで、バルサの攻めを防ぐだけで手一杯だった。
  ナニ、スコールズの投入でも流れを変える事は出来ず。フレッチャーのコンディション不良や、
  ベルバトフのベンチ外など、不運な事はあったものの、残念ながらバルサとはレベルが違ったと言う
  印象。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  3   19   12   6   5  63   2   0   1
      マンU  1   4   1   0  16  37   2   0   5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/20

[Giro2011] 第13ステージ:スベリンベルゴ~グロースグロックナー 167km 山岳ステージ頂上ゴール

コメント
  カヴェンディッシュ、レンショー、、ペタッキ、ホンド、ベントソらのスプリンター勢が、山岳連戦を
 前にリタイア、180人でのスタートとなった。40kmほど走ったところで16人が逃げグループを形成した。
 3つ目の登りキセロフスキーがアタックをかけて先頭グループから抜けだし、2分のリードを保って最後の
 上りに突入するが、途中で集団に吸収される。
  残り8.4km付近のきつい傾斜で、ついにコンタドールがしかけ、これにルハノが続く。二人で協力して
 逃げ続け集団に1分以上のをつけて最後はコンタドールが譲る形で,ルハノがトップでゴールした。
 スプリンタ勢のリタイアもあり、ポイント、山岳でもコンタドールがトップに躍り出た。

第13ステージ結果
   1位 ホセ・ルハノ(ベネズエラ、アンドローニ・ジョカトリ)  4h45'54"
   2位 アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
   3位 ジョン・ガドレ(アージェードゥーゼル)         +1'27"
   4位 ユベール・デュポン(フランス、アージェードゥーゼル)  +1'29"
総合
  アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
ポイント(←ペタッキ)
  アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
山岳(←サヴィーニ)
  アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
新人
  ロマン・クルージガー(チェコ、アスタナ)
チーム総合
  アスタナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/19

[Giro2011] 第12ステージ:カステルフィダルド~ラヴェンナ 184km

コメント
  前半にわずかなアップダウンがあるものの、その後はまったくの平坦、今年最後の集団スプリントが予想
 されるコース。残り20kmでメイン集団が先頭4人の約1分後方まで詰め寄ると、残り14.5kmで吸収。その後も
 HTCハイロードが高速での集団コントロールを続け、カウンターアタックを封じ込めた。そして残り1.6kmの
 コーナーで落車発生、勝負は前方で落車を逃れた十数人に絞られる。そして残り200mからスプリント勝負、
 カヴェンディッシュが食い下がるペタッキとアポローニオをかわして今年2勝目をあげる。各種ランキングに
 変動は無し。

第12ステージ 結果
  1位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、HTCハイロード)  4h17'25"
  2位 ダビデ・アポローニオ   (イタリア、チームスカイ)
  3位 アレッサンドロ・ペタッキ (イタリア、ランプレISD)

総合
  アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
ポイント
   1 アレッサンドロ・ペタッキ ITA  ランプレISD             80
   2 アルベルト・コンタドール SPA  サクソバンク・サンガード      77
   3 クリストフ・ルメヴェル  FRA  ガーミン・サーヴェロ        59
   4 フランシスコ・ベントソ  SPA  モビスター             56
   5 ロベルト・フェラーリ   ITA  アンドローニ・ジョカトーリ     56
   6 ミケーレ・スカルポーニ  ITA  ランプレISD             50
   7 マーク・カヴェンディッシュGBR  HTCハイロード            45
   8 ロマン・クルージガー   CZE  アスタナ              44
   9 ダビデ・アポロニーオ   ITA  チームスカイ            44
  10 オスカル・ガット     ITA  ファルネーゼヴィニ・ネリソットーリ 43
山岳
  フィリッポ・サヴィーニ(イタリア、コルナゴCSFイノックス)
新人
  ロマン・クルージガー(チェコ、アスタナ)
チーム総合
  アスタナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/18

[Giro2011] 第11ステージ:トルトレード・リド~カステルフィダルドまで 142km 中級山岳コース

コメント
  序盤のアタック合戦が決まらず残り60kmでようやく11人が逃げを形成、そして残り28kmでモレノがアタック
 して山岳ポイントをゲットして逃げをうつ。そこに残り15kmで飛び出したコノバロバスが追い付いて,二人で
 最後の坂へ入っていく。メイン集団が残り3kmで逃げ集団を吸収し、先頭の二人に迫る。そして集団から
 飛び出したガドレが、逃げる二人をかわしてグランツール初勝利をあげた。各種ランキングに変動無し。

第11ステージ 結果
  1位 ジョン・ガドレ       (フランス、アージェードゥーゼル)    3h33'11"
  2位 ホアキン・ロドリゲス    (スペイン、カチューシャ)
  3位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、ファルネーゼヴィニ・ネリソットーリ)

総合
  アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳
  フィリッポ・サヴィーニ(イタリア、コルナゴCSFイノックス)
新人
  ロマン・クルージガー(チェコ、アスタナ)
チーム総合
  アスタナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/17

[Giro2011] 第10ステージ:テルモリ~デーラモ 156km

コメント
  スタート直後に別府を含む3人の逃げが成功するも残り12kmで集団に吸収される。そして各チームがトレインを
 形成する中、残り2.6kmでミラーがアタックするも集団に飲み込まれる。残り150mでペタッキがアタックするも、
 カベンディッシュにかわされ、2位にはベントソが続いた。各種ランキングに変動は無し。

第10ステージ 結果
  1位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、HTCハイロード)4h00'49"
  2位 フランシスコ・ベントソ  (スペイン、モビスター)
  3位 アレッサンドロ・ペタッキ (イタリア、ランプレISD)

総合
  アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳
  フィリッポ・サヴィーニ(イタリア、コルナゴCSFイノックス)
新人
  ロマン・クルージガー(チェコ、アスタナ)
チーム総合
  アスタナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/15

[Giro2011] 第9ステージ:メッシーナ~エトナ 169km 頂上ゴール

コメント
  エトナ山を2回登っての頂上ゴールとなる山岳ステージ、9人が逃げて残り10kmに入ったところでルハノが
 アタック、さらに残り7kmで大本命コンタドールがアタック、ルハノに追い付いて二人でペースアップ、
 残り1.6kmでアタックを仕掛けてルハノを振り切ってそのままゴール、ガルゼッリ、ニーバリ、アローヨ
 といった有力勢に50秒の差をつけてステージ優勝を果たした。

第9ステージ
  1位 アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)   4h54'09"
  2位 ホセ・ルハノ      (ベネズエラ、アンドローニ・ジョカトーリ)  +03"
  3位 ステファノ・ガルゼッリ (イタリア、アクアエサポーネ)        +50"

総合(←ウェーニング)
  アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳(←デクレルク)
  フィリッポ・サヴィーニ(イタリア、コルナゴCSFイノックス)
新人(←クルイスウィック)
  ロマン・クルージガー(チェコ、アスタナ)
チーム総合
  アスタナ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/14

[Giro2011] 第8ステージ:サプリ~トロペア 217km

コメント
  序盤、2人が逃げるがラスト7.4kmでついに吸収、その後集団のアタック合戦の中からラスト1.5kmでガットが
 ひとりで抜け出して登り坂を駆け上がっていく。さらに、一呼吸置いて集団から飛び出したのは、コンタドール。
 他の総合優勝候補はまったく反応できず。コンタドールはガットを猛追するがわずかに及ばず、ガットがジロで
 の初勝利をあげた。

第8ステージ 結果

  1位 オスカル・ガット        (イタリア、ファルネーゼヴィニ・ネリソットーリ)4h59'45"
  2位 アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)
  3位 アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)                +05"

総合
  ピーター・ウェーニング(オランダ、ラボバンク) 
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳
  バルト・デクレルク(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
新人
  ステフェン・クルイスウィック(オランダ、ラボバンク)
チーム総合
  モビスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/13

[Giro2011] 第7ステージ:マッダローニ~モンテヴェルジネ・ディ・メルコリアーノ 110km

コメント
  距離は短いながらも途中2級山岳を一つ越えて最後も2級山岳での頂上ゴールとなる、今大会初の山岳ステージ。
 残り44kmの山頂で先頭と集団の差は2分10秒あったが、残り8kmで逃げ集団は吸収。そこからのアタック合戦の後、
 残り7kmでデクレルクが飛び出して徐々に集団との差を広げ、残り4kmで33秒の差を開く。残り300mで集団から
 スカルポーニ、ニーバリ、ガルゼッリらの強豪が飛び出してデクレルクに迫るが、自転車半分の差で逃げ切って
 ジロ初勝利を上げる。この勝利でデクレルクは山岳賞のマリアヴェルデも獲得。

第7ステージ 結果

  1位 バルト・デクレルク(ベルギー、オメガファーマ・ロット)  2h54'47"
  2位 ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、ランプレISD)
  3位 ロマン・クルージガー(チェコ、アスタナ)

総合

  ピーター・ウェーニング(オランダ、ラボバンク) 
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳(←コーラー)
  バルト・デクレルク(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
新人
  ステフェン・クルイスウィック(オランダ、ラボバンク)
チーム総合
  モビスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/12

[Giro2011] 第6ステージ:オルビエート~フィウッジ・テルメ 216km

コメント
  5人の逃げが形成されるも残り1.5kmでヴァンデワーレが吸収されて集団勝負。ただし、ゴール直前のアップダウン
 でスプリンター勢が脱落して混戦模様。残り500kmでディルーカがスパート、これをペタッキが追走してどうにか捉える
 が、追ってきたベントソに抜かれて2位に終わる。今大会2勝目は逃したものの、それでも、アップダウンの激しいステージ
 でポイント賞のマリアロッソを守っただけに、ペタッキとしても悪くないステージと言えるだろう。彼を含めて各種成績に
 変動は無し。

第6ステージ 結果
  1位 フランシスコ・ベントソ(スペイン、モビスター)      5h15'39"
  2位 アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
  3位 ロベルト・フェラーリ(イタリア、アンドローニ・ジョカトーリ)

総合
  ピーター・ウェーニング(オランダ、ラボバンク) 
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳
  マルティン・コーラー(スイス、BMCレーシング)
新人
  ステフェン・クルイスウィック(オランダ、ラボバンク)
チーム総合
  モビスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/11

[Giro2011] 第5ステージ:ピオンビーノ~オルビエート 191km 中級山岳コース

コメント
  ウェイラントの死から2日、所属チームのレオパード・トレックと大親友のタイラー・ファラーがレースを去り、
 197人の選手でスタート。23kmの未舗装路3区間を含む過酷なステージで、スラフテル(オランダ、ラボバンク)が 
 落車して起き上がれなかったり、ポイント賞アタックをかけたミラーが落車したりする波乱の中、残り20kmで、
 逃げるコーラーを追走して飛び出したウェーニングが、9kmで単独首位に立ちそのまま逃げ切った。メイン集団は
 細かなアタックとけん制の繰り返しでウェーニングを捕まえることが出来ず。

第5ステージ 結果
 1位 ピーター・ウェーニング(オランダ、ラボバンク)     4h54'49"
 2位ファビオ・ドゥアルテ        (コロンビア、ジェオックスTMC)    +8"
 3位 ホセ・セルパ                    (コロンビア、アンドローニ・ジョカトーリ)
総合(←ミラー)
  ピーター・ウェーニング(オランダ、ラボバンク) 
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳(←ブランビラ)
  マルティン・コーラー(スイス、BMCレーシング)
新人(←ベイクランツ)
  ステフェン・クルイスウィック(オランダ、ラボバンク)
チーム総合(←ガーミン・サーヴェロ)
  モビスター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/10

[Giro2011] 第4ステージ:クアルト・ディ・ミッレ~リボルノ 216km

コメント
  ワウテル・ウェイラント(ベルギー、レオパード・トレック)を悼み、タイム、各種ポイントは争われない
 ニュートラル走行で行なわれるた。チームが交代で先頭を引き、最後はレオパード勢とウェイラントの友人の
 ファラーが横一列になって手を繋いでゴール、その後に集団が続いた…。このような悲しいステージが二度と
 行われないことを願わずにはいられない…。そして、レオパード勢およびファラーのこの日をもってのレース離脱
 については、「彼らの判断を尊重する」とだけコメントしておく。

第4ステージ 結果
  ニュートラル走行のため成績無し

総合
  デーヴィット・ミラー(イギリス、ガーミン・サーヴェロ)
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳
  ジャンルカ・ブランビラ(イタリア、コルナゴCSFイノックス)
新人
  ヤン・ベイクランツ(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
チーム総合
  ガーミン・サーヴェロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/09

[Giro2011] 第3ステージ:レッジオ・エミリア~ラパロ 173km

コメント
  レース終盤残り25kmのボッコ峠で、ワウテル・ウェイラント(ベルギー)が落車し顔面を強打、
 医療チームの処置も実らずこの世を去った。なんというか、残念としかいいようがない。色々と
 難しいことは沢山あるとは思うが、ウェイラントのためにもレーサーの皆さんにはレースを続けて
 欲しい…。ヴィシオソがミラーを交わす展開はかなりすごかったのだが、正直、ヴェイラントの
 事が気になってレースに集中できなかった。

第3ステージ 結果
  1位 アンヘル・ヴィシオソ(スペイン、アンドローニ・ジョカトーリ) 3h57'38"
  2位 デーヴィット・ミラー(イギリス、ガーミン・サーヴェロ)
  3位 パブロ・ラストラス (スペイン、モビスター)
総合(←カヴェンディッシュ)
  デーヴィット・ミラー(イギリス、ガーミン・サーヴェロ)
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳(←ラング)
  ジャンルカ・ブランビラ(イタリア、コルナゴCSFイノックス)
新人(←シュレーダー)
  ヤン・ベイクランツ(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
チーム総合(←HTCハイロード)
  ガーミン・サーヴェロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/08

[Giro2011] 第2ステージ:アルバ~パルマ 244km

コメント
 スプリンター勝負となったのは予想通りですが、なんとも迫力があるというか、すごいつばぜり合いでした。
    残り2キロ:ガーミンが4人のトレイン形成
    残り1キロ:ガーミン失速
    残り1キロ:レンショー&カベンディッシュのHTCトレイン形成
   残り200M:ペタッキ、スパートで逃げ切り
 レース後に進路妨害を訴えるカベンディッシュですが,訴えは却下。まあ、微妙ではありましたが、
 そんなあからさまな邪魔ではなかったし、レースのコース取りと言えばそうだなと。ジャストタイミングで
 飛び出したペタッキが凄かったと…。そして、まだまだ健在というのをアピールできたかなと。

 そして200キロ以上を単独で逃げて山岳ジャージをゲットしたラングさん、お疲れ様でした。これで
 燃え尽きてリタイアとかならないか心配です…。

ジロ・デ・イタリア2011 第2ステージ 結果
  1位 アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD) 5h45'40"
  2位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、HTCハイロード)
  3位 マヌエル・ベレッティ(イタリア、コルナゴCSFイノックス)

総合(←ピノッティ)
  1位 マーク・カヴェンディッシュ (イギリス、HTCハイロード) 6h06'27"
  2位 カンスタンティン・シウトソウ(ベラルーシ、HTCハイロード)+12"
  3位 クレイグ・ルイス      (アメリカ、HTCハイロード)
  4位 マルコ・ピノッティ     (イタリア、HTCハイロード)
ポイント
  アレッサンドロ・ペタッキ(イタリア、ランプレISD)
山岳
  セバスティアン・ラング(ドイツ、オメガファーマ・ロット)
新人
  ビョルン・シュレーダー(アメリカ、レディオシャック)
チーム総合(変化無し)
  HTCハイロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #36 マンU v チェルシー

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
第35節順位
  MAU 73(+38) CHE 70(+38) ARS 67(+32)
直前オッズ
  MAU v CHE 2.30 3.10 3.30
試合結果
  マンU 2 - 1 チェルシー  Att: 75,445
主審
  ハワード・ウェブ
ラインアップ
 マンU
         10 ルーニー   14 エルナンデス

  13 パク                  25 バレンシア

         11 ギグス    16 キャリック

  22 オシェイ  15 ビディッチ(C)  05 リオ   20 ファビオ

           01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  12 スモーリング  23 エヴァンス  08 アンデルソン  17 ナニ
    18 スコールズ  09 ベルバトフ
  監督
    アレックス・ファーガソン
 チェルシー
     15 マルダ   11 ドログバ  21 カルー

     08 ランパード  12 ミケル  05 エッシェン

  03 Aコール  26 テリー(C) 04 ルイズ  02 イバノビッチ

            01 チェフ
  サブ
    22 ターンブル  19 フェレイラ  33 アレックス  07 ラミレス  10 ベナユン
    09 トーレス   39 アネルカ
  監督
    カルロ・アンチェロッティ
前半:試合展開
 01 MAU SOG:パク中スルーP→エルナンデス中1対1S      GOAL★MAU 1-0 CHE
 06 MAU SB :バレンシア右S                     DFブロック
 08 MAU SOG:ルーニー中ミドルS                  ☆GKセーブ(CK)
 11 MAU    :パク右クロス→エルナンデス              ※あわず
 12 CHE ▲YC:イバノビッチ、ルーニーを引っかける        CARD▲イバノビッチ
 15 MAU SOG:バレンシア右→ルーニー中ミドルS           ※枠左
 19 CHE SOG:こぼれ→カルー右S                  ☆GKセーブ
 23 MAU SOG:パク左ミドルS                    ☆GKセーブ(CK)
 24 MAU SOG:ギグス左クロス→ビディッチ中HS         GOAL★MAU 2-0 CHE
 26 CHE SOG:左クロス→カルー中HS                ☆GKセーブ
 26 CHE S  :こぼれ→イバノ左HS                 ※枠左
 31 CHE SOG:中FK:ドログバS                  ☆GKセーブ
 33 CHE S  :左FK:ドログバS                  ※枠左
 36 CHE S  :マルダ左クロス→ドログバ中HS             枠右
 38 CHE    :ルイズ、ルーニーと接触して倒れる
 39 MAU ▲YC:ルーニー、ルイズを倒す              CARD▲ルーニー
 41 CHE    :イバノビッチ、後ろからルーニーを倒す
 43 CHE ▲YC:エッシェン、パクを倒す              CARD▲エッシェン
 43 MAU    :バレンシア→エルナンデス                DFクリア(CK)
 43 MAU S  :バレンシア右ミドルS                  枠上
 44 CHE SB :ドログバ中ミドルS                   枠上(CK)
前半:コメント
 マンU
   開始早々エルナンデスのゴールで先制、その後、ギグスのクロスにビディッチが合わせて
   2点のリードで前半終了。ドログバのフィジカルやFKでピンチを作られるシーンもあったが、
   しっかりと守りきった。左サイドのパクが豊富な運動量からのパスカットで相手のチャンスを
   うまくつぶしていた。後半も基本守りを固めてカウンターを狙うサッカーで問題ないだろう。
 チェルシー
   失点こそしたが、ドログバのフィジカル等で決定機は作った。しかしビディッチ&リオと
   Vサールのカベはあまりにも大きすぎた。あと、エルナンデスやルーニーのドリブルを止める
   ためにカード連発となっているのが懸念点。流れが悪いこともあるが、このままでは退場も
   避けられないか。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  2   7   5   4   8  48   1   0   2
    チェルシー  0   11   3   2   7  52   2   0   0
後半:試合展開
 46 CHE 交代1:ルイズ(OUT)、アレックス(IN)
 46 CHE 交代2:ミケル(OUT)、ラミレス(IN)
 46 MAU 交代1:オシェイ(OUT)、エヴァンス(IN)

 51 CHE S  :マルダ中ミドルS                    枠右
 61 CHE 交代3:カルー(OUT)、トーレス(IN)
 64 CHE SB :マルダ中ミドルS                    DFブロック
 64 MAU    :バレンシア右ドリブル、エリア内で倒れる         笛無し
 66 CHE    :ラミレス右クロス                    GKキャッチ
 66 CHE    :コール左クロス→ドログバT               ハンド
 69 CHE SOG:ラミレス右クロス→イバノ中H→ランパード中S   GOAL★MAU 2-1 CHE
 70 MAU SOG:エルナンデス右クロス→ルーニー中S          ☆DFクリア
 75 CHE OFF:イバノ右クロス→ドログバ左HS             オフサイド
 81 CHE OFF:ドログバ                        オフサイド
 82 MAU S  :ルーニー中ドリブルMS                 枠左
 83 MAU SB :ルーニー中ミドルS                  ※DFブロック(CK)
 84 MAU ▲YC:ギグス                      CARD▲ギグス
 87 MAU S  :バレンシア右クロス→エルナンデス中HS        ※枠上
 88 CHE S  :マルダ左→トーレス左S                 枠左
 88 MAU 交代2:ファビオ(OUT)、スモーリング(IN)
 89 MAU S  :ギグス中→エルナンデス右S               枠右
 90 CHE ▲YC:ドログバ、キャリックを倒す            CARD▲ドログバ
 +3 MAU OFF:ルーニー→エルナンデス                 オフサイド
後半:コメント
 マンU
   後半は守備を固めてカウンター狙いに終始、運動量が落ちたことで前半ほどの決定機は作り
   出せなかったものの、チチャリートとルーニーのコンビが何度か決定的なシュートを放った。
   1本でも決めていれば試合を完全に決めていただろうが、それでもしっかり1点差を守りきる
   のが,今期何度も見られたマンUの強さである。これでプレミア優勝をほぼ確実なものと
   したが、オシェイ、ファビオが途中で退いたのが気になる点。
 チェルシー
   ラミレスを投入して若干ボールが回るようになったが流れを完全委帰るには至らず。ルイズの
   交代は誤算だったし,トーレスは今日も機能しなかった。何度かシュートを放ちはしたが、
   マンUの堅守を破ることは出来なかった。序盤の躍進と終盤の追い上げは見事だったが、中盤の
   あまりにもひどい失速を考えると,残念ならが今年は彼らの年ではなかったという事だろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  2   13   8   7  12  46   2   0   3
    チェルシー  1   19   11   2  14  54   4   0   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/07

[Serie A 10/11] #36 ローマ v ミラン

スタジアム
  スタディオ・オリンピコ  ローマ
  気温:18度  湿度:68% 
試合結果
  ローマ 0 - 0 ミラン  ミラン、スクデット決定
ラインナップ
 ローマ
            10 トッティ

    09 ブチニッチ  30 シンプリシオ   11 タッディ

        33 ブリーギ  07 ピサーロ

  17 リーセ  04 フアン   29 ブルディッソ  77 カッセッティ

            32 ドニ
  サブ
    01 ロボント  15 ロリア  87 ロシ  47 カプラリ  23 グレコ
    94 メネズ   22 ボリエッロ
  監督
    ビンツェンツォ・モンテッラ
 ミラン
        11 イブラ     70ロビーニョ

             27 ボアテング

     10 セードルフ  04 Vボメル  08 ガットゥーゾ

  19 ザンブロッタ  33 シウバ  13 ネスタ  20 アバーテ

        32 アッビアーティ
  サブ
    01 アメリア   76 ジェペス  25 ボネーラ  23 アンブロジーニ  21 ピルロ
    99 カッサーノ  07 パト
  監督
    マッシミアーノ・アッレグリ
前半:試合展開
 02 ROM OFF:ブチニッチ                       オフサイド
 06 MIL OFF:ロビーニョ                       オフサイド
 10 MIL S  :ボアテング中ミドルS                  枠上
 10 ROM S  :タッディ右ミドルS                   枠左
 14 ROM SOG:カッセッティ右クロス→ブチニッチ左TS        ☆GKセーブ
 17 ROM 交代1:ブリーギ(OUT)、ロージ(IN)
 18 ROM SOG:トッティ中ミドルS                   GKキャッチ
 24 ROM    :左CK:トッティ                    DFクリア(CK)
 37 MIL SOG:ロージ右S                      ※GKキャッチ
 +3 ROM    :トッティ左クロス→シンプリシオ             GKキャッチ
前半:コメント
  双方とも慎重な展開に終始、その中でもローマが決定的なチャンスを2回ほど得たものの、
  GKの好守に阻まれてゴールならず。ミランはシュートに持ち込めないが,引き分けでも
  優勝というのが多分に影響しているか。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ローマ  0   3   2   4   5  32   0   0   1
      ミラン  0   1   0   4   5  68   0   0   2
後半:試合展開
 46 MIL 交代1:ガットゥーゾ(OUT)、アンブロジーニ(IN)
 46 MIL SOG:ロビーニョ左ドリブルS                ☆右ポスト
 48 ROM S  :トッティ右クロス→シンプリシオ中S           枠左
 52 MIL    :フィード→イブラ左GKと接触              笛無し
 54 ROM 交代2:ブチニッチ(OUT)、ボリエッロ(IN)
 60 MIL S  :アンブロジーニ中→ボアテング左S           ※枠右
 63 MIL SOG:FK:イブラS                    ☆GKセーブ
 63 MIL S  :こぼれ→セードルフ中S                ※DFブロック
 74 MIL 交代2:ロビーニョ(OUT)、パト(IN)
 83 ROM 交代3:ロージ(OUT)、カプイラーニ(IN)

 87 ROM    :左FK:ピサーロ                    GKキャッチ
後半:コメント
  後半開始早々こそミランの攻撃が活性化したものの、その後は引き分け狙いの慎重な戦いに終始、
 勝ち点3が欲しく目の前でのスクデット決定は避けたいローマが終盤は攻めの姿勢を見せたものの、
 シュートまで持ち込むことは出来ず、結局スコアレスドローでミランがスクデットを手にした。
 モウリーニョ以後のチーム作りに失敗したインテルと、カルチョ・スキャンダル以降立ち直りの
 糸口が掴めないユーベのもたつきに助けられた感はあるが、今年一番スクデットに値するチーム
 だったのは間違いない。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ローマ  0   5   2   5  14  34   1   0   3
      ミラン  0   4   1   6  15  66   3   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/06

[TV] そふてにっ #5

第5ゲーム     さいらいっ http://www.softenni.com/contents/hp0010/index00300000.html
コメント
  そしていきなり練習試合。あれ、お店での勝負はもっとソフトだったと思ったけどなぁ。そして、
 明日菜ちゃんは相変わらず妄想大爆発…。そして試合はいきなり明日とか(笑) そして必殺技を披露
 する琴音ちゃん…。そして「繋ぐエリちゃん」で繋がれたところを妄想とか、明日菜ちゃんダメ過ぎでしょう。
 いや、練習試合でマジックショウとか、英語講座とか、ないから。そしてさんちゃんと戯れる千歳さん…。
 何を縛ってるんですっけ…。色々練習はしてますが,当然すぐにレベルアップ出来るわけもなく、そこで
 千歳さん提案のポイントを絞った特訓…。そして千歳さんは山ごもりへというAパート。うーん、どうした
 ものかなぁ。
  そして特訓ですが、黒のシースルーにモエモエとか。エリちゃんに対抗してロブやカットサーブを試す
 琴音ちゃんですが、軟式でコンクリートを壊す破壊力って…。一方、やまごもった千歳さんは裸で格闘中とか、
 何やってるんだろう…(笑) 色々あったけど練習はおしまい。そして、イノシシをゲットしてイノシシ鍋
 を食す千歳さんの前に花子が。そして試合当日、登場した赤玉中の皆さんは、なんか迫力が違うなぁ…、
 と言うBパート。しかし、どうして来栖ちゃん、エヴァネタ…(笑)
次回予告
  えっと、とりあえず試合するみたいですが…、ホントにちゃんとするのかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 変ゼミ #5

#5  「家族機能が人格形成に与える影響に関する考察」  http://kc.kodansha.co.jp/hensemi/story/05.html
コメント
  市河君の自宅を訪問するヤンキーちゃん…。ゼミの都合らしいのですが。そして巨乳雑誌とかコンドーム
 とか見せられたり…。色々あっていがみ合う二人ですが、顔をくっつけてるところを誤解されたり…。
 そして使ったとか使わないとか…。奈々子ちゃん出番少なすぎ…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] よんでますよ、アザゼルさん。 #5

第5話  『哀☆カレー博』  http://kc.kodansha.co.jp/azazel/story/05.html
コメント
  例のストーカーが蜥蜴になったとか。なりたくなければ、グリモアを読めるようになれとか…。そして
 電車の中で痴漢を逮捕したりん子さん…。なんか、怪しい男がいるんですが、どうやら天使のようです…。
 一方、カレー博のマスコットを盗んだ人がいるようですが…。なかなか真実が見えない様子。そして、
 解決のために新しい悪魔を紹介してもらった様子。しかし、ナマステのイメージをばらまいたのは自分自身
 だとか…。そして、金を払わないというデザイナーをトイレ送りでめでたしめでたしとか。しかし、牛さんは
 出番無しか…。
次回予告
  モロクさんの活躍は次回以降だそうです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/05

[TV] 花咲くいろは #5

第5話 涙の板前慕情  http://www.hanasakuiroha.jp/story.html#story_05
コメント
  見てはいけないものを見てしまった緒花ちゃん、喋るな,息をするなとみんちに怒られております…。そして、
 やってきた一同に喋らされてます。そして徹君がライバル旅館の引き抜きとか…、妙な噂が。そこへみんちさん
 登場…。かなり荒れてます。昔々、どうしても板前さんになりたいからと色々な場所に頼み込んだりとか。昔、
 徹君の口添えでこの旅館に勤めるようになったとか…。しかし、福屋に行けとかけしかけてるし…
  そして、緒花ちゃんに怒り心頭なみんちさん。そこへ、いきなり「連れ戻しに行こう」とか…。ダメだという
 みんちを置いて一人で駆け出す緒花ちゃん…。いや、ホントに福屋に殴り込みに行くとか…。そして、帰ったとか
 言われたり…。そうですか、助っ人ですかって、どうしてエセ博多弁…。そして、バイクの後ろに乗ったのは、
 「乗りたかったから」って…。そして「絶対止めます!」ってみんちさん…(笑) そして「引き留めたのは
 おまえだけ」とか、「いつうちがなくなっても大丈夫」とか…。そして「あだ名を書け」と神を出すみんちさん、
 ですが、決められずに時間切れとか…,というBパート。あらあらまあまあ(笑)
次回予告
  あ、なんか新しいおねーさんだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/04

[CL10/11] B4-L2:マンU v シャルケ

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
  気温:15度  湿度:21%  天候:晴れ
前節結果
  シャルケ 0 - 2 マンU
試合結果
  マンU 4 - 1 シャルケ  Agg 6-1でマンUが決勝進出
主審
  ペドロ・プロエンサ(POR)
ラインナップ
   マンU
            09 ベルバトフ 

  17 ナニ   08 アンデルソン  28 ギブソン  25 バレンシア

            18 スコールズ

  22 オシェイ(C) 23 エヴァンス  12 スモーリング  21 ラファエル

              01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  03 エブラ  07 オーウェン  11 ギグス  14 エルナンデス
    15 ビディッチ  24 フレッチャー

  監督
    アレックス・ファーガソン
 シャルケ
             07 ラウール*Y

  31 ドラクスラー 18 フラド*Y   11 バウムヨヘン  17 ファルファン

             14 パパドプロス*Y

  03 エスクデロ  21 メッツェルダー  04 ヘベデス  22 内田

             01 ノイアー(C)
  サブ
    33 ショーバー   02 サーベイ*Y  09 エドゥ  13 シュミッツ  16 カリミ
    25 フンテラール*Y  32 マティブ
  監督
    ラルフ・ラングニック
前半:試合展開
 05 MAU    :ナニ右ドリブル、クロス                 DFクリア(CK)
 06 MAU OFF:ラファエル→ベルバトフ                 オフサイド
 08 SCH S  :ファルファン中ミドルS                 枠左
 14 SCH    :フラド左クロス                     DFクリア(CK)
 22 MAU    :ベルバトフ左クロス→                  DFクリア
 26 MAU S  :左CK:ナニ→スモーリング中HS            枠上
 26 MAU SOG:ギブソン中→バレンシア右1対1S         GOAL★MAU 1-0 SCH Agg. 3-0
 27 SCH SOG:ラウール中HS                     GKキャッチ
 29 SCH S  :フラード右S                      枠左
 31 MAU SOG:ギブソン中S                   GOAL★MAU 2-0 SCH Agg. 4-0
 35 SCH SOG:内田右クロス→フラード中TS           GOAL★MAU 2-1 SCH Agg. 4-1

 35 MAU SOG:バレンシア右、GK交わしてS             ☆DFクリア
 37 MAU ▲YC:ギブソン、エスクデロを倒す            CARD▲ギブソン
 38 MAU ▲YC:スコールズ、遅延行為               CARD▲スコールズ

 39 SCH SB :左FK:ファルファンS                 壁(CK)
 42 MAU ▲YC:アンデルソン、バウムヨハンを倒す         CARD▲アンデルソン
前半:コメント
  中盤を厚くしてのぞんだシャルケだが、やはりマンUの方が一歩上手。ミスパスを奪ってからバレンシア
 に繋いで先制、さらにギブソンがシュートを決めて一気に2点リードした。シャルケもフラードのゴールで
 1点返したものの、マンUのペースで進んでいると言わざるを得ない。後半で3ゴールを奪っての逆転は
 奇跡に近いだろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  2   4   2   6   7   46   3   0   2
     シャルケ  1   5   2   2   8  54   0   0   0
後半:試合展開
 46 SCH 交代1:バウムヨハン(OUT)、エドゥ(IN)
 51 SCH SB :ラウール右→フラード右S                DFブロック(CK)
 55 MAU SOG:アンデルソン中S                   ☆GKセーブ(CK)
 58 SCH ▲YC:エスクデロ                    CARD▲エスクデロ
 60 MAU 交代1:ラファエル(OUT)、エブラ(IN)
 70 SCH 交代2:ヘベデス(OUT)、フンテラール(IN)

 72 MAU SOG:ナニ右クロス→アンデルソン中S          GOAL★MAU 3-1 SCH Agg. 5-1
 73 MAU 交代2:スコールズ(OUT)、フレッチャー(IN)
 75 SCH 交代3:ファルファン(OUT)、マティフ(IN)

 76 MAU SOG:ベルバトフ右クロス→アンデルソン中S       GOAL★MAU 4-1 SCH Agg 6-1
 77 MAU 交代3:ベルバトフ(OUT)、オーウェン(IN)
 79 MAU OFF:ナニ→オーウェン                    オフサイド
 82 SCH SOG:エドゥ中S                      ☆GKセーブ
 82 SCH OFF:フンテラール                      オフサイド
 +1 MAU SOG:オーウェン左ドリブルS                ☆GKセーブ(CK)
 +2 MAU S  :ナニ右クロス→エブラ左BS               枠右
後半:コメント
  後半に入ってもマンU優勢は変わらず、運動量が落ちて開き始めたスペースを,ナニやバレンシアが
 突くシーンが目立ち始め、72分、76分にアンデルソンがゴールを決めてトドメを刺した。内容だけ見れば
 4-1の圧勝ではあったが、余裕の展開を考えると,3枚のイエローを受けてしまったのは、実害はないとは
 言え不満の残る状況。そrでも、国内が微妙な状況だけに勇気を持ってターンオーバーで臨んだファギー
 の決断に見事に答える選手達はさすが。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  4   10   8   13  13   45   3   0   8
     シャルケ  1   14   4  10  15  55   1   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] B4-L2:バルセロナ v Rマドリー

主審
  カンプ・ノウ  バルセロナ
  気温:18度  湿度:80%  ピッチ:湿気含む  天候:雨
直前オッズ
  BAR v RMA 1.67 4.00 4.75
        1.02 15.00
第1レグ
  Rマドリー 0 - 2 バルセロナ
試合結果
  バルセロナ 1 - 1 Rマドリー  Agg. 3-1 でバルセロナが決勝進出
主審
  フランク・デ・ブリーカー(BEL)
ラインアップ
 バルセロナ
    17 ペドロ    10 メッシ    07 ビジャ

    08 イニエスタ  16 ブスケシュ  06 シャビ

  05 プジョル(C) 03 ピケ  14 マスチェラーノ  02 アウベス

            01 バルデス
  サブ
    38 オラサバル  11 ジェフレン  15 ケイタ  20 アフェライ  22 アビダル
    26 フォンタス  30 ティアゴ
  監督
    ジョゼップ・グアルディオラ
 Rマドリー
            20 イグアイン

   22 ディマリア*Y    08 カカ      07 ロナウド*Y

         14 アロンソ   10 ディアラ

  12 マルセロ  18 アルビオル*Y  02 カルバーリョ  17 アルベロア

            01 カシージャス
  サブ
    25 デュデク  09 ベンゼマ  11 グラネロ  19 ガライ  23 エジル
    28 アデバイヨル*Y  35 ナチョ
  監督
    アイトール・カランカ
前半:試合展開
 07 BAR S  :イニ左ミドルS                     枠右
 13 RMA ▲YC:カルバーリョ、メッシを倒す            CARD▲カルバーリョ
 20 RMA OFF:ディマリア右←イグアイン                オフサイド
 21 BAR    :メッシ右ドリブル                    DFクリア(CK)
 22 BAR SOG:右CK:シャビ→ブスケシュ中HS           ※GKキャッチ
 31 RMA OFF:ロナウド                        オフサイド
 32 BAR SOG:メッシ中ドリブルS                  ※GKセーブ
 33 BAR S  :アウベス右→メッシ中TS               ※枠右
 34 BAR SOG:C→メッシ→ビジャ左S                ☆GKセーブ
 35 BAR S  :ペドロ中ミドルS                    枠左
 37 BAR SOG:ビジャ左→中→メッシ中S               ☆GKセーブ
 40 BAR    :シャビ右クロス                     GKキャッチ
 40 RMA    :ロナウド右クロス→                   GKキャッチ
 43 BAR OFF:アウベス→ペドロ                    オフサイド
 43 BAR OFF:メッシ中→ビジャ                    オフサイド
 +1 RMA    :アルベロア右クロス                   DFクリア(CK)
前半:コメント
 バルセロナ
   序盤こそマドリーの激しいプレスに苦しんだが,それが落ち着いてからはメッシを中心に
  何度か決定的なチャンスを作った。また、決定機にこそならなかったがビジャの裏を取る
  動きも悪くない。シャビ、イニは中盤のプレスに苦しんではいるが、後半、相手が疲れるに
  つれて、ここでもボールをより一層持てることが期待できる。
 Rマドリー
   序盤の激しいプレスでペースを作った時間に1点を奪えなかった時点でギャンブル失敗。
 オフサイドも1本、CKも1本、そして支配率が31%と、防戦一方の展開を強いられた
 印象。そして、DFラインの要のカルバーリョが黄紙を1枚もらっているのも心配な点
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  0   7   4   2   4  69   0   0   3
    Rマドリー  0   0   0   1   1   31   1   0   1
後半:試合展開
 53 RMA SB :イグアイン中ミドルS                  DFブロック(CK)
 54 BAR SOG:イニ→ペドロ中1対1S              GOAL★BAR 1-0 RMA 3-0
 55 RMA 交代1:イグアイン(OUT)、アデバイヨル(IN)
 58 RMA ▲YC:ディアラ、ブスケシュを倒す            CARD▲ディアラ
 60 RMA 交代2:カカ(OUT)、エジル(IN)
 64 RMA SOG:ディマリア左S                    ☆左ポスト
 64 RMA SOG:ディマリア左→マルセロ中S            GOAL★BAR 1-1 RMA 3-1
 66 RMA OFF:アデバイヨル                      オフサイド
 69 RMA ▲YC:アロンソ、メッシを蹴る              CARD▲アロンソ
 74 BAR 交代1:ビジャ(OUT)、ケイタ(IN)
 76 RMA ▲YC:マルセロ、メッシを倒す              CARD▲マルセロ
 82 BAR ▲YC:ペドロ                      CARD▲ペドロ
 85 RMA ▲YC:アデバイヨル、メッシを掴む            CARD▲アデバイヨル

 89 BAR SOG:右FK:S                       GKキャッチ
 +1 BAR 交代2:プジョル(OUT)、アビダル(IN)
 +2 BAR 交代3:ペドロ(OUT)、アフェライ(IN)

後半:コメント
  後半早々、大舞台に強いペドロが1対1のシュートを決めてバルサが先制、この時点でレアルは
 3点差が必要となり大勢は決まった感がアル。64分にマルセロがゴールを決めて若干流れは上向いた
 ものの、集中力を取り戻したバルサの前に、ほとんどシュートを打てずに終わった。レアルについては
 アデバイヨルを筆頭にファールを繰り返すシーンだけが印象に残った。アウェイの試合内容としては
 悪くないが、勝ち抜けるためには決定力が明らかに不足していた。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  1   11   6   3  10  64   1   0   4
    Rマドリー  1   3   1   2   31   36   5   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/02

[Premier League 10/11] #35 試合結果

RESULTS
 Tuesday, 26 April 2011
       Stoke ○3-0(HT 2-0)   Wolverhampton
 Wednesday, 27 April 2011
      Fulham ○3-0(HT 1-0)   Bolton    
 Saturday, 30 April 2011
     Blackburn ○1-0(HT 1-0)   Bolton    終始優勢のローバーズが順当勝ち
     Blackpool △0-0(HT 0-0) △ Stoke     攻め続けたブラックプールだがゴールを割れず
      Chelsea ○2-1(HT 1-1)   Tottenham   ゴメスのファンブルで流れが変わる
    Sunderland  0-3(HT 0-1) ○ Fulham    サンダーランドはストライカー不足になく
     West Brom ○2-1(HT 0-1)   Aston Villa  退場で一人欠くも逆転勝利
       Wigan △1-1(HT 1-0) △ Everton    ウィガン優勢もPKに泣く
 Sunday, 1 May 2011
      Arsenal ○1-0(HT 0-0)   Man Utd    ラムジーの復帰ゴールで勝ち越し
    Birmingham △1-1(HT 1-1) △ Wolverhampton WBA優勢も攻めきれず
     Liverpool ○3-0(HT 1-0)   Newcastle   スアレスのPKゲットで勝負あり
     Man City ○2-1(HT 2-1)   West Ham   シティ競り勝つもバロテッリは決められず

COMMENTS

 ベンゲル監督(ARS)
   前半はボールを支配してチャンスを作っていた。こっちが主導権を握っていた。リードしてからは
   守る気持ちが強くなったが、真価を発揮したことを誇りに思う。
 ファーガソン監督(MAU)
   1つめは手に当たっていたが難しい判定。2つめは明らかなファール
 レドナップ監督(TOT)
   レフリーのミス。悪気はなかったとは思うが、あれはテクノロジーに任せるべき。
 アンチェロッティ監督(CHE)
   仕事をやって勝つことが出来た。判定に恵まれた面もあったがそれもフットボール。
   内容には満足している
 マンチーニ監督(MAC)
   ここまで来たら楽なゲームはない。相手も残留を争っているし。開始20分で勝ったと
   思ったかも知れないがフットボールは90分でやるスポーツ
 ダルグィッシュ監督(LIV)
   両チームとも頑張った。うちは先制していい勝利。相手の攻撃を旨く守れた。大変なコンディション
   の中の試合だったがいい勝利だった。
 スティーブ・キーン(BLA)
   大きな一勝。相手は過密日程なのでチャンスはあると思っていた。みんな、指示以上のプレイをしてくれた。
 ヒューズ監督(FUL)
   内容的には前の2試合ほどではなかったが,仕事はきちんとやってくれた。後半はずっとよくなって
   相手を突き放した。
 ホジソン監督(WBA)
   戦う気持ちを見せる必要があった。ベンチの人間は1ポイントでも納得していたが,3ポイントの方が
   ずっとよい
 マルティネス監督(WIG)
   パフォーマンスは良かった。守り方もしっかりしていたし、前半はチャンスも作っていた。
   相手は経験があって強いチームなのでベストを尽くさないと結果は出ない。1ポイントで納得
   して次に備える。

TABLES
   P Team       P PTS  GD  W  D  L  F  A      10/11  11/12
  -------------------------------------------------------------------------------
   1 Man Utd     35  73  38 21 10  4  71  33   1→    CL CL
   2 Chelsea     35  70  38 21  7  7  66  28   2→      CL-P
   3 Arsenal     35  67  32 19 10  6  68  36   3→      CL-P
  -------------------------------------------------------------------------------
   4 Man City     34  62  22 18  8  8  53  31   4→  FA   
  -------------------------------------------------------------------------------
   5 Liverpool    35  55  15 16  7 12  54  39   6△ 
  -------------------------------------------------------------------------------
   6 Tottenham    34  55  7 14 13  7  50  43   5▼ 
   7 Everton     35  48  5 11 15  9  48  43   7→ 
   8 Bolton      35  46  0 12 10 13  48  48   8→ 
   9 Fulham      35  45  7 10 15 10  43  36  13△      remain
  10 Stoke      35  43  0 12  7 16  43  43  14△  FA   
  11 West Brom    35  43 -14 11 10 14  51  65  12△ 
  12 Newcastle    35  41  -2 10 11 14  49  51   9▼ 
  13 Aston Villa   35  41 -13 10 11 14  44  57  11▼ 
  14 Sunderland    35  41 -13 10 11 14  39  52  10▼ 
  15 Birmingham    35  39 -17  8 15 12  35  52  15→      EL(CC)
  16 Blackburn    35  38 -14 10  8 17  41  55  16→ 
  17 Blackpool    35  35 -22  9  8 18  48  70  17→ 
  -------------------------------------------------------------------------------
  18 Wigan      35  35 -23  7 14 14  35  58  18→ 
  19 Wolverhampton  35  34 -23  9  7 19  38  61  19→ 
  20 West Ham     35  32 -23  7 11 17  40  63  20→ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/01

[Premier League 10/11] #35 アーセナル v マンU

スタジアム
  エミュレーツ・スタジアム  ロンドン
直前オッズ
  ARS v MAU 2.50 3.40 2.70
試合結果
  アーセナル 1 - 0 マンU  Att: 60,107
主審
  クリス・フォイ
ラインナップ
 アーセナル
            10 Vペルシー

     04 ナスリ   16 ラムジー   14 ウォルコット

         17 ソング   19 ウィルシャー

  22 クリシー  20 ジュルー  06 コシェルニー  03 サニャ

           53 シュゼスニー
  サブ
    13 レーマン  18 スキラッチ  27 エブエ  28 ギブス  23 アルシャビン
    29 シャマフ  52 ベントナー
  監督
    アーセン・ベンゲル
 マンU
          14 エルナンデス

   13 パク     10 ルーニー    17 ナニ

       08 アンデルソン  16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ  20 ファビオ

           01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  12 スモーリング  21 ラファエル  22 オシェイ  25 バレンシア
    07 オーウェン  09 ベルバトフ
  監督
    アレックス・ファーガソン
前半:試合展開
 03 ARS S  :ウィルシャー中ミドルS                 枠右
 05 MAU S  :ナニ右ミドルS                     枠上
 07 ARS S  :クリシー左クロス→ウォルコット中S           枠上
 09 MAU OFF:エルナンデス                      オフサイド
 16 ARS OFF:ナスリ                         オフサイド
 19 ARS    :ウィルシャー中ドリブル、エリア外で倒れる        笛無し
 20 MAU    :ファビオ右ドリブル→                  DFクリア(CK)
 21 MAU SB :パク中ミドルS                     DFブロック
 31 MAU OFF:エルナンデス                      オフサイド
 32 ARS    :ウォルコット右クロス→Vペルシ             DFクリア(CK)
 40 MAU ▲YC:ルーニー、ウィルシャーを倒す           CARD▲ルーニー
 43 MAU SOG:アンデルソン中ドリブルS                DGKキャッチ
前半:コメント
  アーセナルにとっては、PKのハンドを見逃されたり、攻め上がりを邪魔されたりボールをカット
 されたりと、主審の判定やポジションに泣課されるシーンが目立った。強豪の対戦らしく両チーム
 とも決定的なシュートはなし。試合が動くのは疲れの見える後半だが、試合巧者のユナイテッドに
 このまま逃げ切られる可能性も否定は出来ない。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    アーセナル  0   8   5   3   6  42   0   0   2
      マンU  0   4   2   2   3   58   1   0   3
後半:試合展開
 46 ARS 交代1:ナスリ(OUT)、アルシャビン(IN)
 49 MAU SOG:左FK:ルーニーS                  ☆GKセーブ
 49 MAU S  :こぼれ→エブラ左S                   枠左
 52 ARS S  :サニャ右ミドルS                    枠左
 55 MAU S  :中FK:ナニS                     枠左
 55 MAU 交代1:アンデルソン(OUT)、バレンシア(IN)
 56 ARS SOG:Vペルシ右→ラムジー中S             GOAL★ARS 1-0 MAU
 61 MAU S  :左CK:ナニ→ビディッチ中HS             枠右
 62 ARS ▲YC:ソング、エブラを倒す               CARD▲ソング
 66 MAU ▲YC:パク、サニャを倒す                CARD▲サニャ

 69 ARS 交代2:ジュル(OUT)、スキラッチ(IN)
 71 MAU OFF:ルーニー                        オフサイド
 74 MAU 交代2:エルナンデス(OUT)、ベルバトス(IN)

 76 MAU SOG:左FK:ルーニーS                   GKキャッチ
 77 MAU ▲YC:ファビオ                     CARD▲ファビオ
 77 MAU SOG:ルーニー→ナニ左S                  ☆GKセーブ
 78 ARS S  :ウォルコット右クロス→Vペルシ左S           枠左
 78 ARS 交代3:ウォルコット(OUT),エブエ(IN)
 85 MAU 交代2:キャリック(OUT)、オーウェン(IN)

 87 MAU    :オーウェン、エリア内で倒される             笛無し
 +4 ARS ▲YC:ラムジー                     CARD▲ラムジー
後半:コメント
  ワンチャンスを生かしたアーセナルとチャンスを生かし切れなかったマンUと言う事になるか。
 シュート数では互角だし枠内シュートではマンUの方が上回ったが、ルーニーのFKやナニのSを
 シュゼスニーに阻まれた。アーセナルは優勝がかなり困難になっただけにモチベーションが
 心配されたが杞憂に終わったようである。この結果を一番喜んでいるのは3pt差になったチェルシー
 ファンか。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    アーセナル  1   9   2   3  15  56   2   0   -
      マンU  0   11   7   6   7   44   3   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #35 リバプール v ニューカッスル

スタジアム
  アンフィールド  リバプール
  気温:15度  湿度:44%  天候:晴れ
直前オッズ
  LIV v NCU 1.44 4.20 7.50
試合結果
  リバプール 3 - 0 ニューカッスル
主審
  ピーター・ウォルトン
ラインナップ
 リバプール
          198 カイト   07 スアレス

   04 メイレレス                  17 マキシ

          21 ルーカス   26 スピアリング

  02 ジョンソン  23 キャラガー  39 シュクルテル  38 フラナガン

              25 レイナ
  サブ
    42 グラッシ   16 キルギアコス  49 ロビンソン  10 コール
    33 シェルビー  09 キャロル    24 エヌゴグ
  監督
    ケニー・ダルグィッシュ
 ニューカッスル
        11 ローベンクランズ  23 アメオビ

  18 グティエレス                    07 バートン

          24 ティオテ    04 ノーラン

  03 Jエンリケ  02 コロッチーニ  06 ウィリアムソン  12 シンプソン

               26 クルル
  サブ
    01 ハーパー    16 テイラー   27 テイラー  34 タベニアー
    31 ファーガソン  30 レンジャー  42 クキ
  監督
    アラン・パーデュー
前半:試合展開
 07 LIV S  :ジョンソン左クロス→メイレレス右BS          枠左
 08 LIV SB :スピアリング中ミドルS                 DFブロック
 10 LIV SOG:マキシ左BS→DFR               GOAL★LIV 1-0 NCU
 23 LIV SOG:スピアリング中ミドルS                ※GKセーブ
 29 LIV ▲YC:フラナガン、グティを倒す             CARD▲フラナガン
 30 LIV SB :カイト中ドリブルS                   DFブロック
 36 NCU S  :右CK:バートン→ノーラン右S             枠上
前半:コメント
  開始早々リバプールがマキシのボレーで先制するもの、その後は守りを固めてのカウンターに
 終始。攻めるニューカッスルも効果的な攻撃は出来ず、カウンターを狙うリバプールも相手の
 DFラインを突破出来ないなど、ゴールシーン以外はどちらも攻め手を欠いた単調なゲーム
 に終始。リバプールはこれでいいとして、ニューカッスルがどこでペースアップするかが注目。
前半:スタッツ

           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    リバプール  1   4   1   0  10  45   1   0   1
  ニューカッスル  0   4   1   6   5   55   0   0   0
後半:試合展開
 46 NCU S  :ノーラン左クロス→バートン右BS           ※枠右
 47 LIV SB :スアレス右ドリブルS→DFR             ※枠右(CK)
 55 LIV    :スアレス左ドリブル                   DFクリア(CK)
 56 LIV OFF:スアレス                        オフサイド
 57 LIV    :マキシ左クロス                    ☆クロスバー
 58 LIV    :レイナ→スアレス左ドリブル、エリア内で倒れる      PK
 59 LIV SOG:PK:カイトS左下                GOAL★LIV 2-0 NCU
 61 LIV S  :左FK:メイレレス→カイト中HS            枠右
 65 LIV SOG:カイト右→スアレス中S              GOAL★LIV 3-0 NCU

 70 LIV 交代1:マキシ(OUT)、キャロル(IN)
 73 NCU 交代1:ローベンクランズ(OUT)、レンジャー(IN)
 81 LIV 交代2:フラナガン(OUT)、シェルビー(IN)

 86 NCU S  :ノーラン中ミドルS                   枠上
 87 LIV 交代3:スアレス(OUT)、コール(IN)
 +3 NCU 交代3:エンリケ(OUT)、ファーガソン(IN)

後半:コメント
  前半、全く存在感のなかったスアレスが、積極的に攻撃に絡むようになり攻撃が活性化、
 59分にカイトのPK、65分にカイトのパスを受けたスアレスのゴールで勝負を決めた。
 最後までニューカッスルに攻撃の形を作るのを許さない完勝だった。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    リバプール  3   9   6   3  15  49   1   0   4
  ニューカッスル  0   7   3   12   11   51   2   0   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »