« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/29

[Premier League 10/11] #20 リバプール v ウルブズ

スタジアム
  アンフィールド リバプール
  気温: 6度  湿度:99%  天候:だいたい曇り
直前オッズ
  LIV v WOL 1.30 5.00 11.00
試合結果
  リバプール 0-1 ウルブズ  Att: 41,614
主審
  ウォルトン
ラインナップ
 リバプール
            24 エヌゴグ   09 トーレス

    18 カイト                     04 メイレレス

            21 ルーカス    08 ジェラード

  03 コンチェスキー  16 キルギアコス  37 シュクルテル  02 ジョンソン

                 25 レイナ
  サブ
    01 ジョーンズ  05 アッガー  06 アウレリオ  10 コール  17 マキシ
    28 ポウルセン  19 バベル
  監督
    ロイ・ホジソン
 ウルブズ
       11 ワード   09 Eブレイク

   12 ハント                17 ジャービス

         20 ミリヤシュ 32 フォーリー

  03 エロコビ  16 ベッラ  05 スティアマン  23 シュバル

           13 ヘネシー
  サブ
    01 ハーネマン  39 バス  04 エドワーズ  14 ジョーンズ
    25 ビア  10 フレッチャー  19 ベント
  監督
    ミック・マッカーシー
前半:試合展開
    06 WOL S  :ミリアシュ中ミドルS                  枠上
    07 LIV SOG:メイレレス中1対1S                 ☆GKセーブ
    08 WOL    :右CK:                        DFクリア(CK)
    09 WOL S  :左CK:ジャービス→ハント中S             枠上
    12 WOL OFF:ジャービス                       オフサイド
    16 LIV    :ジェラード右クロス                   DFクリア(CK)
    16 LIV    :左CK:ジェラード                   DFクリア
    17 WOL    :ワード右H→ハント左                  DFクリア(CK)
    18 WOL    :左CK:ジャービス                   DFクリア
    21 WOL    :右CK:                        DFクリア
    25 WOL    :左クロス                        あわず
    31 WOL ▲YC:エロコビ                     CARD▲エロコビ
    33 LIV SOG:エンゴグ中ミドルS                   GKキャッチ
    38 LIV    :ジェラード右クロス                   GKキャッチ
    38 LIV SB :エンゴグ左S                      DFブロック
前半:コメント
  ポゼッションでは優位に立ったリバプールだが、攻撃はジェラードからのクロスのみ、それも
  ほとんど決定機は作れず。唯一、メイレレスが1対1でシュートしたのが決定機。むしろ
  ウルブズの積極的なプレスの前に、DFがバタバタしてボールを奪われる危険なシーンが
  目立った。相手が疲れた後半にどうにかゴールを奪いたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   リバプール   0   5   4   2   2  57   0   0   0
    ウルブズ   0   3   0   4   7   43   1   0   1
後半:試合展開
    47 LIV SOG:左クロス→エンゴグ中HS                GKキャッチ
    49 LIV OFF:トーレス                        オフサイド
    50 LIV S  :ジョンソン右→エンゴグ中S               枠右
    56 WOL S  :右→ウォード右1対1S              GOAL★LIV 1-0 WOL
    61 WOL S  :S                           枠左
    62 LIV 交代1:エヌゴグ(OUT)、バベル(IN)
    69 LIV S  :バベル中S                       枠左
    73 LIV 交代2:メイレレス(OUT)、コール(IN)
    74 LIV 交代3:コンチェスキー(OUT)、アウレリオ(IN)

    76 LIV ▲YC:ジョンソン                    CARD▲ジョンソン
    78 WOL 交代1:ワード(OUT)、フレッチャー(IN)
    88 LIV OFF:左FK:ジェラード→シュクルテルS→G         オフサイド
    89 WOL 交代2:ジャービス(OUT)、エドワーズ(IN)

後半:コメント
  後半早々、DFのミスにつけ込んでレイナの又を抜いてウルブズが先制。その後もリバプール
  に攻撃の形が全く見れず。唯一、バベルが入ったときに若干活性化したが、それでも決定機は
  作れず。ともかくどう攻撃したいのかが分からない。終了の笛を待たずに帰る観客が大勢出る
  のも当然の救いようのない状況。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   リバプール   0   9   5   2   8  55   1   0   5
    ウルブズ   1   7   3   8  11   45   1   0   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/28

[Premier League 10/11] #20 バーミンガム v マンU

スタジアム
  セント・アンドリュース  バーミンガム
  気温: 4度  湿度:100%  天候:霧
直前オッズ
  BIR v MAU 7.50 4.20 1.44
試合結果
  バーミンガム 1 - 1 マンU Att: 28,242
主審
  リー・メイソン
ラインアップ
 バーミンガム
            10 ジェローム  

  23 ボーセジュール                07 ラーション

       12 ファーガソン  08 ガードナー  04 ボウヤー

  06 リッジウェル  05 ジョンソン   15 ダン  02 カー

             26 フォスター
  サブ
    01 テイラー  28 ジラネク  18 ファーフィー  22 フレブ  09 フィリップス
    14 ダービーシャ  19 ジギッチ
  監督
    アレックス・マクニーシュ
 マンU
           09 ベルバトフ

  10 ルーニー     08 アンデルソン     11 ギグス

        16 キャリック   28 ギブソン

  03 エブラ  15 ビディッチ   05 リオ  21 ラファエル

            01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  02 ネビル  23 エヴァンス  24 フレッチャー
    14 エルナンデス  26 オベルタン  27 マケイダ
  監督
    アレックス・ファーガソン
前半:試合展開
 02 BIR S  :ラーション右クロス→ジェローム中HS          枠上
 07 MAU S  :ルーニー中ミドルS                   枠左
 12 MAU SOG:ルーニー左S                      GKキャッチ
 17 MAU S  :ルーニー中ミドルS                   枠右
 18 MAU SOG:ギグス右ミドルS                   ☆左ポスト
 22 BIR S  :中FK:ラーションS                  枠上
 26 BIR ▲YC:ガードナー、アンデルソンともめる         CARD▲ガードナー
 26 MAU ▲YC:アンデルソン、ガードナーともめる         CARD▲アンデルソン
 29 BIR ▲YC:ボウヤー、ギブソンを倒す             CARD▲ボウヤー

 29 MAU SOG:ギグス右ドリブルS                   GKキャッチ
 30 MAU ▲YC:ビディッチ、ジェロームを蹴る           CARD▲ビディッチ
 31 BIR SB :中FK:ガードナーS                  枠左(CK)
 38 BIR S  :ガードナー中ミドルS                  枠左
 41 BIR S  :ガードナー中ミドルS                  枠上

前半:コメント
  ピッチがいまいちなせいか両チームともロングボールに頼る大味な展開が目立ち、ほとんど
  決定機を作り出せず。ギグスのクロスが左ポストを叩いたシーンが唯一の決定機。ただし、
  強豪を迎えたバーミンガムにしてみればドローどの折り返しは想定以上と言ってよいはず。
  ただし、ユナイテッドにとっても決して悪い結果ではない。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  バーミンガム   0   5   1   2   6  59   2   0   0
     マンU   0   4   2   0   6   41   2   0   0
後半:試合展開
 49 BIR    :ボウセジュール→ラーション               あわず
 53 BIR SOG:ラーション中S                    ※GKキャッチ
 58 MAU SOG:ギブソン右 ドリブル→ベルバトフ中S       GOAL★BIR 0-1 MAU
 61 MAU SOG:ベルバ中ドリブルS                  ☆左ポスト
 70 BIR 交代1:ラーション(OUT)、フレブ(IN)
 73 MAU 交代1:アンデルソン(OUT)、フレッチャー(IN)

 76 BIR ▲YC:ダン、オブストラクション             CARD▲ダン
 83 BIR 交代2:ボセジュール(OUT)、ジギッチイン
 83 MAU SOG:左CK:ギグス→ビディッチ中HS         GK☆HKセーブ
 85 BIR 交代3:ジェローム(OUT)、フィリップス(IN))
 90 BIR SOG:右クロス→ジギッチ中落→ボウヤー中S       GOAL★BIR 1-1 MAU
 +1 MAU 交代2:ギブソン(OUT)、エルナンデス(IN)
後半:コメント
  58分にベルバトフのゴールでリードしたところまでは計算通りだったが、90分にボウヤーに
  押し込まれて勝ち点2を失う結果になったのはいただけない。ただ、決定機の数も少なかった
  だけにこのような失態に陥るリスクがなかったというのは嘘になる。それでも、3本あった
  決定機のうち1本決めておけば楽勝だったとは思うのだが、これも又サッカーである。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  バーミンガム   1   8   3   4  10  55   3   0   -
     マンU   1   10   4   4  11   45   3   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #20 マンC v Aヴィラ

スタジアム
  シティ・オブ・マンチェスター  マンチェスター
  気温: 5度  湿度:100%  天候:小雨
直前オッズ
  MAC v AVI 1.44 4.20 7.50
試合結果
  マンC 4 - 0 アストンヴィラ  Att: 46,716
主審
  マイケル・オリバー
ラインナップ
 マンC
     21 シルバ    45 バロテッリ   11 ジョンソン

     24 ビエラ    34 デヨング    42 トゥーレ

  05 サパレタ  19 レスコット  04 コンパニ  02 リチャーズ

             25 ハート
  サブ
    01 ギブン  03 ブリッジ  17 ボアテング  07 ミルナー  18 バリー
    27 ジョー  32 テベス
  監督
    ロベルト・マンチーニ
 Aヴィラ
     06 ダウニング  11 アグボンラホール  12 オルブライトン

      25 バナン   20 Rコーカー     19 ペトロフ

  03 ウォーノック  29 コリンズ  24 クエジャル  30 リーハイ

            01 フリーデル
  サブ
    22 グザン  21 クラーク  08 ピレス  16 デルフ  28 ホッグ
    31 ヘルド  14 デルフォンソ
  監督
    ジェラール・ウリエ
前半:試合展開
 02 MAC OFF:バロテッリ                       オフサイド
 07 MAC    :バロテッリ、リーハイに倒される             PK
 08 MAC SOG:PK:バロテッリS右下              GOAL★MAC 1-0 AVI
 11 MAC S  :シルバ中→トゥレ中S                  DFブロック(CK)
 13 MAC SOG:右CK:ジョンソン→レスコット中HS       GOAL★MAC 2-0 AVI
 15 AVI S  :中FK:ダウニングS                  枠上
 18 AVI ▲YC:ウォーノック、相手を倒す             CARD▲ウォーノック
 27 MAC SOG:シルバ右S                      ☆GKセーブ
 27 MAC SOG:こぼれ→バロテッリ中S              GOAL★MAC 3-0 AVI
 31 MAC S  :シルバ右ミドルS                    DFクリア(CK)
 33 MAC SB :ジョンソン右クロス→シルバ中HS           ※DFブロック(CK)
 41 AVI SOG:ウォルブライトン左ドリブルS             ※GKセーブ
 41 AVI SB :こぼれ→コーカー中S                 ※DFブロック(CK)
前半:試合展開
  開始早々バロテッリが倒されてPK、さらにセットプレイからレスコットと、シルバのシュート
  を再びバロテッリが押し込んで3対0とシティが早くも勝負を決めた印象。シティの調子は
  悪くないが、ヴィラが3点を失うほどひどいサッカーをしていた印象はないので、特にヴィラ
  ファンにとっては釈然としない結果だろうが、これもサッカーである。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     マンC   3   7   6   3   8   64   0   0   2
    Aヴィラ   0   3   1   1   7  36   1   0   0
後半:試合展開
 47 AVI S  :中FK:ダウニングS                  枠上
 53 MAC SOG:ビエラ右ミドルS                   ※GKセーブ(CK)
 54 MAC    :ジョンソン右ドリブル、オルブライトンに倒される     PK
 55 MAC SOG:PK:バロテッリS右中              GOAL★MAC 4-0 AVI
 56 AVI 交代1:オルブライトン(OUT)、デルフォンソ(IN)
 56 AVI 交代2:バナン(OUT)、デルフ(IN)
 58 MAC 交代1:シルバ(OUT)、ミルナー(IN)

 62 AVI S  :ダウニング左クロス→デルフォンソ中HS         枠右
 63 MAC 交代2:トゥレ(OUT)、ジョー(IN)
 70 AVI ▲YC:リーハイ                     CARD▲リーハイ
 77 MAC 交代3:デヨンク(OUT)、ブリッジ(IN)
 81 AVI 交代3:コーカー(OUT)、ピレス(IN)

後半:コメント
  前半で試合の大勢が決していたことも有り、後半は比較的静かにゲームが推移、さらなるPKを
  バロテッリが決めてハットトリックを成し遂げた以外は見所の無いまま終了した。シルバ、トゥレ
  デヨンクと言う中盤のキープレイヤーを途中交代させるあたり、珍しく余裕の試合が出来たと言える
  だろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     マンC   3   11   8   8  14   62   1   0   -
    Aヴィラ   0   9   4   6  12  38   2   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/27

[Premier League 10/11] #19 アーセナル v チェルシー

スタジアム
  エミュレーツ・スタジアム   ロンドン
  気温: 4度  湿度:66%  天候:晴れ
直前オッズ
  ARS v CHE 2.50 3.30 2.75
試合結果
  アーセナル 3 - 1 チェルシー  Att: 60,112
主審
  マーク・クラッテンバーグ
ラインナップ
 アーセナル
              11 Vペルシー

  08 ナスリ   04 セスク     19 ウィルシャー  14 ウォルコット

              17 ソング

  22 クリシー  06 コシェルニー  20 ジュルー    03 サニャ

            21 ファビアンスキ
  サブ
    53 シュゼスニー  18 スキラッチ  02 ディアビ  07 ロシツキ  23 アルシャビン
    29 シャマフ    52 ベントナー
  監督
    アーセン・ベンゲル
 チェルシー
  15 マルダ      11 ドログバ     21 カルー

        08 ランパード  05 エッシェン

            12 ミケル

  03 コール  26 テリー  02 イバノビッチ  19 フェレイラ

            01 チェフ
  サブ
    22 ターンブル  17 ボジングワ  38 アーンホルト  43 ブルマ  07 ラミレス
    46 マケイプラント  44 カクタ
  監督
    カルロ・アンチェロッティ
前半:試合展開
 04 ARS OFF:Vペルシ                        オフサイド
 08 CHE S  :ドログバ中ミドルS                   枠左
 16 CHE S  :エッシェン右クロス→ドログバ中HS           DFブロック(CK)
 20 CHE OFF:ドログバ                        オフサイド
 23 ARS OFF:ウォルコット                      オフサイド
 24 CHE OFF:マルダ                         オフサイド
 29 ARS ▲YC:コール                      CARD▲コール
 33 ARS ▲YC:Vペルシ、ミケルを倒す              CARD▲Vペルシ

 35 ARS S  :ナスリ→Vペルシ左S                  枠上
 37 CHE OFF:ドログバ                        オフサイド
 39 CHE ▲YC:カルー                      CARD▲カルー
 40 ARS    :ウォルコット右クロス                  GKセーブ(CK)
 40 ARS    :右CK:Vペルシ                    DFクリア
 41 ARS SOG:ナスリ中RS                     ☆GKセーブ(CK)
 44 ARS SOG:ウィルシャー→セスク→ソング中S         GOAL★ARS 1-0 CHE
前半:コメント
 アーセナル
   いつもの繋ぐサッカーを目指すも、チェルシーの分厚い守備に苦戦。それでもセスク、ナスリ
   を中心に何度かDFラインの突破をはかる。そして44分、ウィルシャーからセスク、最後は
   ソングが決めてリードする。支配率では上回っていただけにリードして終われたのは大きい。
   この勢いをキープして追加点を奪いたいところ。復帰したVペルシーも前線でうまくボールに
   絡んでいるしウォルコットの調子もよい。
 チェルシー
   アーセナルの攻撃を受けるシーンが多く、攻撃はドログバめがけたロングフィードが目立った。
   ランパードが復帰したものの、エッシェンともども守備に追われるシーンが目立ち中盤での
   繋ぎが出来ない。そしてフリーに動いてリンクマンとなるべきアネルカの不在も響いている。
   何よりベンチに攻撃の切り札となり得る選手がいないのが辛いところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アーセナル   1   6   4   2   6   65   1   0   3
   チェルシー   0   2   1   3  11  35   2   0   4
後半:試合展開
 46 CHE 交代1:ミケル(OUT)、ラミレス(IN)

 47 ARS    :ウォルコット右クロス                  DFクリア(CK)
 51 ARS SOG:カット→ウォルコット右→セスク中S        GOAL★ARS 2-0 CHE
 53 ARS SOG:セスク中→ウォルコット右S            GOAL★ARS 3-0 CHE

 56 CHE 交代2:マルダ(OUT)、カクタ(IN)
 57 ARS SOG:左FK:ドログバ→イバノビッチ中HS       GOAL★ARS 3-1 CHE
 59 CHE ▲YC:ランパード                    CARD▲ランパード
 61 CHE 交代3:フェレイラ(OUT)、ボジングワ(IN)
 63 CHE SB :ドログバ右ドリブルS                 ※DFブロック(CK)
 64 CHE S  :ボジングワ中ミドルS                  枠右
 68 ARS ▲YC:セスク、エッシェンを掴む             CARD▲セスク
 69 ARS SOG:DF→ナスリ左1対1S                ※GKキャッチ
 73 ARS 交代1:ウォルコット(OUT)、ディアビ(IN)
 75 CHE    :ボジングワ右クロス                   DFクリア(CK)
 76 CHE S  :カクタ中ミドルS                    枠左
 76 ARS 交代2:Vペルシ(OUT)、シャマフ(IN)
 79 CHE OFF:カルー                         オフサイド
 81 CHE S  :ラミレス右S                      枠上
 84 CHE S  :左FK:ドログバS                   枠上
 85 ARS OFF:ナスリ                         オフサイド
 88 ARS 交代3:セスク(OUT)、ロシツキ(IN)
 90 CHE SB :ドログバ中S                      DFブロック
 90 CHE OFF:カルー                         オフサイド
 +5 ARS OFF:ソング→ロシツキ                    オフサイド
後半:コメント
 アーセナル
   後半早々にセスクとウォルコットのコンビで2点を追加、その後お粗末なセットプレイの守備で
   失点したものの、そこから崩れることもなく勝ち点3をゲットした。スタメン起用したウィルシャー、
   ウォルコットが期待以上の活躍、そして久々スタメンのVペルシーもフィジカルの強いチェルシー
   CBに苦戦しながらも奮闘した。相手のミスが多かったのも確かだが、それにつけ込んでしっかり
   ゴールを奪えるあたりが今日の強さの証であろう。
 チェルシー
   後半早々に2ゴールを奪われて3点差にされたところで勝負あり、セットプレイから1点を返した
   もののそれ以上の決定機を作ることは出来なかった。後半に投入したラミレス、カクタ、ボジングワ
   とも流れを替える事は出来ず、アネルカの不在が目立つ結果となった。ランパードは復帰したものの
   攻撃の駒という意味での選手層の薄さは否めず。これで優勝争い脱落という気はないが、厳しい状況
   であることは確か。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アーセナル   3   11  10   4  13   61   2   0   5
   チェルシー   1   8   4   6  16  39   3   0   7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/26

[Premier League 10/11] #19 Aヴィラ v トットナム

スタジアム
  ヴィラ・パーク  バーミンガム
  気温: -3度  湿度:93%  天候:晴れ
直前オッズ
  AVI v TOT 3.30 3.70 2.05
試合結果
  Aヴィラ 1 - 2 トットナム   Att: 39,411
主審
  マーティン・アトキンソン
ラインナップ
 Aヴィラ
           18 ヘスキー  11 アグボンラホール

  06 ダウニング                 12 オルブライトン

           16 デルフ   28 ホッグ

  03 ウォーノック  29 コリンズ  24 クエジャル  30 リーハイ 

             01 フリーデル
  サブ
    22 グザン  21 クラーク  08 ピレス  19 ペトロフ  20 Rコーカー
    25 バナン  14 デルフォンソ
  監督
    ジェラール・ウリエ
 トットナム
              18 デフォー

  03 ベイル        11 Vファールト    07 レノン

          14 モドリッチ  12 パラシオス

  32 アスエコト  20 ドーソン   04 カブール  02 ハットン

             01 ゴメス
  サブ
    23 クディチーニ  19 バソング  22 チョルルカ  08 ジェナス
    21 クラニチャル  09 パブリチェンコ  15 クラウチ
  監督
    ハリー・レドナップ
前半:試合展開
 01 AVI SOG:オルブライトン中S                  ☆GKセーブ
 02 AVI S  :右クロス→デルフ中HS                 枠右
 04 TOT SOG:こぼれ→デフォー中S                 ☆GKセーブ
 08 TOT S  :左FK:Vファールト→ベイル中HS           枠上
 09 TOT    :ゴメス、ヘスキーと接触                 笛無し
 11 TOT SB :Vファールト中→デフォー右ドリブルS          DFブロック(CK)
 15 AVI SOG:ダウニング左ドリブルS                 GKキャッチ
 16 TOT    :左FK:Vファールト→右返               ボールデッド
 18 AVI SOG:アグ右ドリブルS                   ☆GKセーブ
 18 AVI SOG:こぼれ→アグ右HS                  ☆GKセーブ(CK)
 22 TOT S  :レノン右クロス→Vファールト中S            枠上
 23 TOT SOG:ハットン右クロス→Vファールト中S        GOAL★AVI 0-1 TOT
 28 TOT ▼RC:デフォー、肘打ち                 退場▼デフォー
 31 AVI SB :オルブライトン中S                   枠左
 35 AVI ▲YC:フォッグ                     CARD▲ホッグ
 37 TOT S  :パラシオス中ミドルS                  枠右
 38 AVI S  :ホッグ左ミドルS                    枠左
 39 AVI 交代1:ヘスキー(OUT)、デルフォンソ(IN)
 41 AVI S  :デルフォンソ中ミドルS                 枠上
前半:コメント
  双方、素早く縦に繋ぐ展開で激しく攻め合うが、先にゴールを奪ったのはトットナム。
  ハットンのクロスにDFラインがタイミングをずらされたところをVファールトが
  ゴールを奪って先制。これで一気に勢いに乗るかと思われたがデフォーの肘打ちで
  一人少ない展開を強いられた。前半は相手の攻めをうまくいなしたものの、後半、
  スタミナが切れたときの守備が鍵となるか。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Aヴィラ   0   11   6   1   7   53   1   0   0
   トットナム   1   8   5   2   4  47   0   1   0
後半:試合展開
 46 AVI 交代2:ホッグ(OUT)、ペトロフ(IN)
 50 AVI SOG:デルフォンソ右S                   ※GKセーブ
 54 AVI S  :オルブライトン右クロス→デルフォンソ中S        枠左
 56 AVI ▲YC:デルフ、Vファールトを倒す            CARD▲デルフ
 58 AVI S  :ダウニング右クロス→クエジャル中HS          枠上
 63 AVI    :デルフォンソ左クロス                  GKセーブ(CK)
 63 AVI S  :ダウニング左クロス→クエジャル右HS          枠上
 67 TOT SOG:C→ベイル中→レノン左クロス→Vファールト中S  GOAL★AVI 0-2 TOT
 72 AVI SOG:左クロス→アグ中HS                  GKキャッチ
 74 AVI 交代3:デルフ(OUT)、ピレス(IN)
 74 TOT 交代1:Vファールト(OUT)、クラウチ(IN)
 76 AVI SOG:アグ中ミドルS                    ☆GKセーブ(CK)
 77 AVI S  :こぼれ→右S                      枠右
 79 TOT ▲YC:ハットン、スライディング             CARD▲ハットン
 82 AVI SOG:オルブライトン左クロス              GOAL★AVI 1-2 TOT

 86 AVI S  :ペトロフ中ミドルS                   枠上
 88 AVI ▲YC:アグ                       CARD▲アグ
 88 TOT S  :右FK:ベイルS                   ※枠右
 89 TOT 交代2:レノン(OUT)、ジェナス(IN)
 +2 TOT ▲YC:モドリッチ                    CARD▲モドリッチ
 +3 AVI S  :左クロス→リーハイ右S                ※枠右
 +4 TOT ▲YC:ゴメス、遅延行為                 CARD▲ゴメス
 +4 TOT 交代3:モドリッチ(OUT)、チョルルカ(IN)
後半:コメント
  後半はヴィラが支配率で大きく上回ってワンサイドゲームの展開となったが、その中からスパーズ
  が見事なカウンターを決めて2点差を付けた。82分にオルブライトンがゴールを決めて1点差とした
  ものの、その後はクラウチまで下げて守備を固めるトットナムを崩す事が出来ず。一人少ないアウェイ
  の試合で勝ち点3をゲットしたのはトットナムにとっては大きな勝利と言えるだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Aヴィラ   1   26  15   8  13   63   3   0   0
   トットナム   2   13   8   4  11  37   3   1   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #19 マンU v サンダーランド

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
  気温: 0度  湿度:75%  天候:晴れ
直前オッズ
  MAU v SUN 1.25 5.50 12.0
試合結果
  マンU 2 - 0 サンダーランド  Att: 75,269
主審
  フィル・ダウド
ラインナップ
 マンU
        10 ルーニー    09 ベルバトフ

  11 ギグス                  13 パク

        08 アンデルソン  16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ   05 リオ    21 ラファエル

            01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  02 ネビル  12 スモーリング  28 ギブソン  14 エルナンデス
    27 マケイダ   33 べべ
  監督
    アレックス・ファーガソン
 サンダーランド
          33 ギャン   11 ベント

  08 マルブランク                 07 ゼンデン

          16 リベロス  10 ヘンダーソン

  02 バーズリー  29 アントン  15 オヌオハ    27 エルモハマディ

             01 ゴードン
  サブ
    22 ミゴレット  12 アンゲレリ  14 ダシルバ  34 アダムス
    37 リード    18 メイラー   26 クック
  監督
    スティーブ・ブルース
前半:試合展開
 04 MAU    :パク右クロス                      DFクリア
 05 MAU SOG:ルーニー右クロス→ベルバ左HS          GOAL★MAU 1-0 SUN
 10 MAU S  :ルーニー中RS                    ※枠左
 11 MAU SOG:ベルバ左ミドルS                   ☆左ポスト
 15 MAU SOG:アンデルソン中ミドルS                ☆左ポスト
 18 MAU SOG:パク→ルーニー中S                   GKキャッチ
 19 MAU S  :ギグス中→ベルバ右S                 ※枠右
 20 MAU SOG:ルーニー左→ギグス中S                ☆GKセーブ(CK)
 40 MAU S  :アンデルソン中ミドルS                 枠左
 42 MAU    :右CK:ギグス                     DFクリア(CK)
 43 MAU S  :ルーニー左S                      GKキャッチ
 +1 MAU    :C→ルーニー中ドリブル                 GKキャッチ
前半:コメント
  序盤、マンUがダッシュをかけてベルバトフがゴールを決める。その後も一方的に攻め立てるもの、
 ポストに阻まれて1ゴールで終わる。20分を過ぎたあたりから完全にペースダウンしたのは、わざと
 なのかあるいは気が抜けたのか。結果としてリードはしているものの、試合内容を考えるともっと
 ゴールを決めて試合を決めたかったところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  1   9   4   3   5   64   0   0   0
  サンダーランド  0   0   0   1   3  36   1   0   0
後半:試合展開
 46 SUN S  :マルブランク→ギャン左S                枠上
 54 MAU SB :ルーニー左→アンデルソン中S              DFブロック
 58 MAU SOG:ベルバトフ右S→DFR              GOAL★MAU 2-0 SUN
 64 MAU 交代1:ギグス(OUT)、マケイダ(IN)
 64 MAU 交代2:アンデルソン(OUT)、ギブソン(IN)

 68 SUN SB :マルブランク中ミドルS                 DFブロック(CK)
 68 SUN S  :左CK:ヘンダーソン→ベント中S            枠上
 69 SUN 交代1:ベント(OUT)、メイラー(IN)
 70 MAU SOG:ベルバ左TS                     ※GKセーブ
 74 SUN ▲YC:メイラー、ラファエルにタックル          CARD▲メイラー
 79 SUN SOG:ゼンデン中ミドルS                   GKキャッチ
 82 SUN 交代2:マルブランク(OUT)、クック(IN)
 82 MAU 交代3:ベルバトフ(OUT)、エルナンデス(IN)

 88 SUN S  :エルハマディ右S                    枠上
後半:コメント
  開始早々、ギャンがシュートを放つものの、58分にベルバトフが2ゴール目を決めて勝負あり、
  その後、ギブソン、マケイダ、エルナンデスを投入する余裕の采配でマンUが逃げ切った。
  結局ブルースのファギーにかなわないジンクスの解消はならず、2対0という結果以上に
  実力差の見えた試合だった。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  1   15  19   5   9   50   0   0   1
  サンダーランド  0   6   2   3  10  50   2   0   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/23

[REVIEW] SPACE BATTLESHIP ヤマト

SPACE BATTLESHIP ヤマト http://yamato-movie.net/index.html

  スペースオペラとかSFというくくりで見れば、大変よくできた作品立ったと思います。2時間を越える長めの作品でしたが、時計を見たくなるような困った状況にはなりませんでした。ただ、アニメと比べると、「え~!」、と突っ込みたくなるようなシーンの連発であったのは確かです。
  ストーリー構成が原作と違うのはいいでですが、敵をガミラスと呼称しているのに、それが非人間的生命体になっているのはどうなんだろうとは思いました。どうしてもそうしたければ、名前を変えるべきだろうと。後、イスカンダルへ旅だった経緯とか、そこで見たものとかが「新しい解釈」で描かれてます。これも、そこまで変えるんなら、違う名前でいいだろうと。そしてエンディング、そうですか、そういう終わり方をしますか…。「ストーリー」としてはありだけど、それは基本的に「ヤマト」じゃないよと…(笑)
  そもそも、古代が軍を除隊したジャンク屋で、雪がブラックタイガー隊のエースパイロットって、どういうことですか。しかも雪さんはグーパンチで同僚パイロットを気絶させたりするって…。しかもいきなり古代を怒鳴りつけたり。いかに世の中にツンデレが浸透したからといって、それはあまりにもあれだと思いました。それに比べると、相原や佐渡先生が女性になったり、アナライザーーがトランスフォーマーになってたのは、まだ可愛いと思いました。
  それでいて艦長さんのあのシーンとか、斉藤のあのシーンとか、真田さんのあのシーンとかがしっかり描かれているのがたちが悪いというか何というか。アニメからヤマトっていう船と気に入ったシーンを引っ張りだして、後は人気俳優を使ってラブロマンスを書いたなどと、特にアニメのファンに揶揄されてもしょうがないかなと。いっそ「Gセイバー」くらい別物にしていれば、そういう文句は出ないと思うのですが(笑)
  あと気になったのは、イスカンダルまでの距離間が感じられなかったなと。いきなり「イスカンダルについた」とか言われても、「まだ、あなたたちほとんど戦闘してませんよねと。確かに映画は2時間強しかないけど、アニメ版はもっと色々描いてましたよね。「人間ドラマを描くために監督を変更した」というだけあって、アニメ版のファンが大好きな戦闘シーンの数々はことごとくカットです。その割に波動砲のシーンは多かった気がしますが。
  まあ、色々突っ込みどころはあるのですが、それはアニメ版にもあったことなので、それも含めたヤマトなのだとは思います。ただ、アニメのファンとしては、わざわざヤマトの名前を使う必要はあったのかなとは思いました。まあ、完全オリジナルでスペオペな企画を出しても通らないってのは確かなんでしょうが。予想に反して見応えのあるいい映画だっただけに、そのあたりは残念です。ただ、エンディングの部分があまりにも間延びしていたのと、結末があんな感じになってしまったのは、個人的には残念ではありますが。キムタクファンにも楽しめるし、SF映画好きにも楽しめる内容に仕上がっているのは確かだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/18

[Serie A 10/11] #17 ミラン v ローマ

スタジアム
  ジュゼッペ・メアッツァ
試合結果
  ミラン 0 - 1 ローマ
主審
  アントニオ・ダマト
ラインナップ
 ミラン
         70 ロビーニョ    11 イブラ

              27 ボアテング

     21 ピルロ   23 アンブロジーニ  08 ガットゥーゾ

  77 アントニーニ  25 ボネーラ  13 ネスタ    20 アバーテ

            32 アッビアーティ
  サブ
    01 アメリア  10 セードルフ  14 ストレッサー  17 ドゥドゥ
    52 メルケル  76 イェペス   80 ロニー
  監督
    マッシリミーオ・アッレグリ
 ローマ
       22 ボリエッロ    08 アドリアーノ

             94 メネズ

    30 シンプリシオ  16 デロッシ  33 ブリーギ

  17 リーセ   05 メクセス   04 フアン   29 Nブルディッソ

              32 ドニ
  サブ
    27 Jセルヒオ  03 カステリーニ  07 ピサーロ  10 トッティ
    11 タッディ   87 ロシ      99 オカカ
  監督
    クラウディオ・ラニエリ
前半:試合展開
 02 MIL OFF:イブラ                         オフサイド
 04 MIL    :ピルロ中→ボアテング                  あわず
 05 MIL S  :ロビーニョ左ドリブルS                ※枠右
 10 MIL S  :アントニーニ左クロス→イブラ中HS           枠上(CK)
 13 ROM S  :デロッシ中ミドルS                   枠左
 22 ROM ▲YC:ブリーギ、ボアテングを掴む            CARD▲ブリーギ
 22 MIL 交代1:ピルロ(OUT)、セードルフ(IN)
 23 MIL SOG:セードルフ左S                     GKキャッチ
 33 ROM S  :ネメズ右ドリブルS                   枠上
 35 MIL SOG:中→イブラ右1対1S                  枠上
 37 MIL OFF:ロビーニョ                       オフサイド
前半:コメント
  試合の主導権を握ったのはミラン。ローマの裏に飛び出す動きで決定的なシーンを作りかけたが
  シュートがいまいちで、決定機は作れず。それ以上に負傷のせいかピルロを早々に欠いたのが
  痛いところ。ローマは攻撃の形をほとんど作れず枠内シュート無し。ドロー狙いならともかく、
  強豪の試合内容としてはいただけない。
前半:試合展開
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ミラン  0   8   4   2   4   53   0   0   5
      ローマ  0   3   0   0   6  47   1   0   2
後半:試合展開
 50 MIL S  :アバーテ右クロス→ボアテング中S            DFブロック
 56 MIL S  :セードルフ左ミドルS                  枠左
 60 ROM SB :シンプリシオ中ミドルS                 DFブロック
 60 ROM    :デロッシ中→ボリエッロ左                DFブロック
 65 MIL OFF:イブラ→ロビーニョ右                  オフサイド
 68 MIL S  :セードルフ左ミドルS                  枠上
 69 ROM SOG:メネズ右クロス→ボリエッロ中S          GOAL★MIL 0-1 ROM
 71 MIL S  :セードルフ中→イブラ中S               ※枠上
 74 MIL S  :ボアテング中→イブラ右BS               枠上
 75 MIL OFF:イブラ                         オフサイド
 77 ROM SOG:デロッシ中ミドルS                  ※GKセーブ(CK)
 79 MIL S  :ボアテング左S                     枠右
 81 ROM 交代1:メネズ(OUT)、タッディ(IN)
 86 MIL 交代2:ボアテング(OUT)、ロニー(IN)

 87 MIL S  :ロニー中OHS                     枠上
 88 ROM 交代2:アドリアーノ(OUT)、ロージ(IN)
 90 MIL 交代3:ボリエッロ(OUT)、オカカ(IN)
 +1 MIL ▲YC:イブラ、遅延行為                 CARD▲イブラ
後半:コメント
  後半に入ってもミラン優勢は変わらず、ただし決定的なシュートは放てず。逆にローマはメネズのクロスに
 ボリエッロが合わせて唯一とも言えるチャンスを活かしてゴールを奪い、旨く逃げ切った。ミランはオフサイド
 12本とローマのラインディフェンスに苦戦。シュートも14本放ったものの枠内が6本、決定機は最後まで作る
 事が出来ず、勝ち点3を奪えないのは残念ながら当然という内容。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ミラン  0   14   4   2  11   54   1   0  12
      ローマ  1   6   2   3  17  46   3   0   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/17

[REVIEW] Tron: Legacy

トロン:レガシー http://www.disney.co.jp/tron/

  28年たてば映像の技術面は大きく進歩はしたんですが、描かれているのは基本的に当時と変わらぬ「トロン」の世界。まあ、狙ってやっているとは思うのですが、せっかく作り直すんだからもう少しどうにかならなかったかなぁと思う点はありました、今風にうまく仕上げられていたので昔のと違って面白くはありましたが(笑)
  3Dと言うのを売りにしているのですが、実は全編ではなかったりします。リアルワールドが2Dでネットの世界が3Dと言う描き方は斬新だとは思うのですが、めがねをかけて画面が飛び出てこないのは違和感ありまくりです。あと、3D的な効果も驚くほどの物はなかったかなと…。まあ、いまさら飛び出てるから見に行くって時代でもないってことではないと言うことなのかもしれませんが。
  いきなり会社に忍び込むスパイもびっくりなアクションとか、リアルでもネットでも繰り広げられるカーアクション、そして魅力的なお姉さんとのラブラブなシーン。そういうのが追加されたのが今風なアレンジなのかなと。あと、ネットの中のバイクシーンは当然うにょうにょと動いて迫力あるシーンに仕上がってます。まあ、これくらい描いてくれれば、デジタルワールドの描写は及第点と言えるでしょう。今更CGだからと映画を見に行く時代でも無いでしょうし(笑)
  ドゥカティで町中をかっ飛ばすのはいいとして、ノキアの携帯端末でシステムにハッキングしてサーバールームに進入するってのは大丈夫なのかなと…。まあ、ノキアさんが当然OKを出してるんでしょうが。あと、パパさんが現役の時代に「ソラリス」はまだないと思うんだが…。描写にUNIXを出してきたり、「無意味なバージョンアップをしたOSをユーザーに高値で売りつける」とか、ディズニーさんはそんなにMSが嫌いなんですかねぇ、と言うのが一番気になりました。ホントに怒られないのかなぁ…(笑)
  ディスクやバイクを使ったバトルを見て「なんでこの人たちは戦っているんだろう」と悩むような人は、この映画は見に行かない方がいいと思います。細かい設定やストーリーに突っ込んだら負けです。ともかくトロンの世界観に共感できる人には楽しめる映画と言うことです。その意味で、大々的にプロモーションをしているように見えるディズニーの戦略はどうなんだろうと疑問に思う点もあります。個人的には30年の進歩はすごいなと言う意味で楽しめました、あ、オンタイムで古いのを見たわけじゃないんですがね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] ベスト16組み合わせシーケンス

CL10/11組分前優勝オッズ(W.H.)
     Barcelona  3.25  こんなもん
    Real Madrid  4.50  高すぎ
      Chelsea  6.00  高すぎ
      Man Utd  9.00  低すぎ
      Arsenal  12.00  こんなもん
   Bayern Munich  17.00  低すぎ
     Tottenham  17.00  高すぎ
     AC Milan  21.00  低すぎ
    Inter Milan  23.00  低すぎ
       Roma  23.00  高すぎ
     Valencia  51.00  低すぎ
 Shakhtar Donetsk  67.00  こんなもん
       Lyon  81.00  低すぎ
      Schalke  81.00  低すぎ
     Marseille 101.00  こんなもん
   FC Copenhagen 151.00  こんなもん

GS結果
  =============================
  トットナム [ENG](A1)  ■
  マンU   [ENG](C1)  ■
  チェルシー [ENG](F1)  ■
              ■ アーセナル[ENG](H2)
  =============================
  バルセロナ [ESP](D1)  ■
  マドリー  [ESP](G1)  ■
              ■ バレンシア[ESP](C2)
  =============================
              ■ インテル [ITA](A2)   
              ■ ミラン  [ITA](G2)
              ■ ローマ  [ITA](E2)
  =============================
  シャルケ  [GER](B1)  ■
  バイエルン [GER](E1)  ■
  =============================
              ■ リヨン  [FRA](B2)
              ■ マルセイユ[FRA](F2)
  =============================
  シャフタール[UKR](H1)  ■
  =============================
              ■ コペンハーゲン[DEN](D2)
  =============================

組み合わせ可能性
  バルセロナ:アーセナル/インテル  /ミラン    /ローマ    /リヨン      /マルセイユ
   マドリー:アーセナル/インテル  /ローマ    /リヨン    /マルセイユ  /コペンハーゲン
  チェルシー:バレンシア/インテル  /ミラン    /ローマ    /リヨン      /コペンハーゲン
    マンU:インテル  /ミラン    /ローマ    /リヨン    /マルセイユ  /コペンハーゲン
  アーセナル:バルセロナ/マドリー  /シャルケ  /バイエルン
  バイエルン:アーセナル/バレンシア/インテル  /ミラン    /リヨン      /マルセイユ    /コペンハーゲン
  トットナム:バレンシア/ミラン    /ローマ    /リヨン    /マルセイユ  /コペンハーゲン
    ミラン:トットナム/マンU    /チェルシー/バルセロナ/シャルケ    /バイエルン    /シャフタール
   インテル:マンU    /チェルシー/バルセロナ/マドリー  /シャルケ    /バイエルン    /シャフタール
    ローマ:トットナム/マンU    /チェルシー/バルセロナ/マドリー    /シャルケ      /シャフタール
  バレンシア:トットナム/チェルシー/シャルケ  /バイエルン/シャフタール
 シャフタール:バレンシア/インテル  /ミラン    /ローマ    /リヨン      /マルセイユ    /コペンハーゲン
    リヨン:トットナム/マンU    /チェルシー/バルセロナ/マドリー    /バイエルン    /シャフタール
   シャルケ:アーセナル/バレンシア/インテル  /ミラン    /ローマ      /マルセイユ    /コペンハーゲン
  マルセイユ:トットナム/マンU    /バルセロナ/マドリー  /シャルケ    /バイエルン    /シャフタール
コペンハーゲン:トットナム/マンU    /チェルシー/マドリー  /シャルケ    /バイエルン    /シャフタール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/13

[Premier League 10/11] #17 マンU v アーセナル

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
直前オッズ
  MAU v ARS 1.80 3.80 4.20
試合結果
  マンU 1 - 0 アーセナル        Att: 75,227
主審
  ハワード・ウェブ
ラインナップ
 マンU
            10 ルーニー  

    13 パク      08 アンデルソン   17 ナニ

          16 キャリック   24 フレッチャー

  03 エブラ    15 ビディッチ   05 リオ   21 ラファエル

             01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  06 ブラウン  12 スモーリング  11 ギグス
    09 ベルバトフ  14 エルナンデス  26 オベルタン
  監督
    アレックス・ファーガソン
 アーセナル
               29 シャマフ

  23 アルシャビン  07 ロシツキー   19 ウィルシャー  08 ナスリ

              17 ソング

  22 クリシー    06 コシェルニー  18 スキラッチ   03 サニャ

           53 シュゼズニー
  サブ
    21 ファビアンスキ  20 ジュルー  04 セスク  14 ウォルコット
    15 デニウソン  10 Vペルシー  52 ベントナー
前半:試合展開
 02 MAU OFF:ルーニー                        オフサイド
 07 MAU    :ナニ右クロス                      GKキャッチ
 09 MAU SOG:ルーニー中S                      GKキャッチ
 12 MAU SOG:FK:ナニS                      GKキャッチ
 18 MAU OFF:キャリック→アンデルソン                オフサイド
 21 ARS S  :アルシャビン右S                    枠左
 23 MAU S  :ナニ右BS                      ※枠左
 23 MAU SOG:ルーニー左ミドルS                   GKキャッチ
 30 MAU    :ラファエル右クロス                   GKキャッチ
 37 MAU    :ナニ右クロス                      GKキャッチ
 41 MAU SOG:ナニ右クロス→パク中HS             GOAL★MAU 1-0 ARS
 42 ARS S  :アルシャビン中ドリブルS                枠左
 44 ARS ▲YC:シャマフ、ナニを蹴る               CARD▲シャマフ
 +2 ARS ▲YC:アルシャビン、フレッチャーにタックル       CARD▲アルシャビン

前半:コメント
  序盤、キックが不安定なシュゼズニーの隙をついてマンUが攻め立てる。最初の波はどうにか
  乗り切ったものの、ナニのクロスがDFに当たってコースの変わったところをパクが頭で
  押し込んでマンUが先制した。シュート数は多いとは言えないが、それでもアーセナルより
  チャンスを多く作っただけに順当な結果、逆にアーセナルはVペルシーやセスクを投入して
  攻撃を活性化させたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  1   8   6   1   5   64   0   0   -
    アーセナル  0   3   1   1  10  36   2   0   -
後半:試合展開
 46 MAU SOG:ナニ右ドリブルS                    DFブロック
 48 ARS S  :ロシツキー中ミドルS                  枠左
 49 MAU    :ナニ右クロス                      DFクリア(CK)
 51 ARS    :ナスリ右クロス                     GKキャッチ
 52 ARS    :サニャ右クロス                     DFクリア(CK)
 54 MAU SOG:こぼれ→アンデルセン中S               ※GKセーブ
 56 ARS SOG:ナスリ左S                      ※GKセーブ
 56 ARS SOG:こぼれ→シャマフ中S                 ☆DFクリア(CK)
 59 MAU S  :ナニ右ドリブルS                    枠上
 64 ARS 交代1:ロシツキー(OUT)、セスク(IN)
 64 ARS 交代2:ウィルシャー(OUT)、Vペルシー(IN)

 65 ARS SOG:アルシャビン中ミドルS                 GKキャッチ
 68 MAU S  :エブラ左クロス→アンデルソン中S            枠左
 71 MAU OFF:ルーニー                        オフサイド
 73 ARS    :クリシー、ハンド                    PK
 73 ARS ▲YC:クリシー                     CARD▲クリシー
 73 MAU SOG:PK:ルーニーS中上                  枠上
 75 MAU OFF:ルーニー                        オフサイド
 77 ARS 交代3:アルシャビン(OUT)、ウォルコット(IN)
 82 ARS SOG:右FK:セスク→シャマフ中HS             GKキャッチ
 85 ARS ▲YC:ソング、エブラを妨害               CARD▲ソング
 85 MAU 交代1:アンデルソン(OUT)、ギグス(IN
 86 MAU SOG:ルーニー右RS                    ☆GKセーブ
 +4 ARS S  :Vペルシー左クロス→シャマフ中落→ウェルコット右S   枠上
後半:コメント
  後半、ようやく攻撃のリズムを取り戻したアーセナルだが、ユナイテッドの最後の壁を崩す事が
  出来ず、それはセスクとVペルシー、それにウォルコットを投入しても流れは変わらず。マンUも
  ナニのドリブルがクリシーのハンドを誘うもPKをルーニーが外して追加点ならず。結果としては
  優勢に試合を進めて相手に決定機を与えなかったマンUの順当勝ちと言える。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  1   14  10   5   7   54   0   0   3
    アーセナル  0   11   6   4  16  46   4   0   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/12

[Premier League 10/11] #17 トットナム v チェルシー

スタジアム
  ホワイト・ハート・レーン  ロンドン
直前オッズ
  TOT v CHE 3.25 3.30 2.20
試合結果
  トットナム 1 - 1 チェルシー  Att: 35,787
主審
  マイク・ディーン
ラインナップ
 トットナム
          18 デフォー   09 パブリチェンコ

  03 ベール                   07 レノン

          14 モドリッチ  12 パラシオス

  32 アスエコト  20 ドーソン   19 バソング  02 ハットン

              01 ゴメス
  サブ
    23 クディチーニ  22 コルルカ  30 サンドロ  10 キーン
    15 クラウチ    17 ジョバンニ
  監督
    ハリー・レドナップ
 チェルシー
      15 マルダ   39 アネルカ  21 カルー

      07 ラミレス  12 ミケル   05 エッシェン

  03 コール  26 テリー  02 イバノビッチ  19 フェレイラ

           01 チェフ
  サブ
    22 ターンブル   38 アーンホルト  43 ブルマ  08 ランパード
    46 マクアーラン  11 ドログバ  23 スタリッジ
  監督
    カルロ・アンチェロッティ
前半:試合展開
 02 CHE S   マルダ左→アネルカ中MS                枠左
 08 CHE SOG:エッシェン中ミドルS                  GKキャッチ
 09 CHE SOG:エッシェン中ミドルS                  GKキャッチ
 15 TOT SOG:デフォー左→パブリチェンコ中TS         GOAL★TOT 1-0 CHE
 26 CHE SOG:アネルカ左クロス→カルー中HS            ※GKセーブ
 31 TOT S  :左FK:ベイル→パブリチェンコ右BS          枠右
 35 TOT ▲YC:アスエコト                    CARD▲アスエコト
 36 CHE S  :右FK:マルダ→カルー中HS             ※枠左
 37 TOT    :レノン右ドリブル、クロス                GKキャッチ
 37 CHE S  :左クロス→カルー中HS                 枠上
 43 CHE OFF:ラミレス右クロス→アネルカ中S→G           オフサイド
 +2 TOT S  :パブ中→デフォー                   ※GKクリア
前半:コメント
  開始早々デフォーのオフサイドギリギリのプレイからパブリチェンコが決めて先制、
 しかしこのゴールで守備的な戦いを強いられたのはあまりいい状況とは言えない。
 もしも好調時のドログバがいれば、あっという間に逆転されていてもおかしくない。
 もともと守備には少なからぬフアンがあるだけに1点だけでは心許なすぎる。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  1   4   2   0   7   44   1   0   1
    チェルシー  0   8   3   2   3  56   0   0   3
後半:試合展開
 46 CHE 交代1:ミケル(OUT)、ドログバ(IN)
 47 TOT S  :レノン右→デフォー中S                ※枠左
 51 TOT S  :モドリッチ中BS                    枠左
 55 CHE SOG:ドログバ中ミドルS                  ☆GKセーブ(CK)
 56 CHE    :DF中H                       ☆GKセーブ
 60 TOT 交代1:デフォー(OUT)、クラウチ(IN)
 65 TOT SB :ハットン右クロス→クラウチ中HS            DFブロック
 68 CHE 交代2:カルー(OUT)、スタリッジ(IN)
 69 TOT S  :ベイル左クロス→クラウチ中HS             GKキャッチ
 70 CHE SOG:ドログバ左S                   GOAL★TOT 1-1 CHE
 72 CHE ▲YC:エッシェン                    CARD▲エッシェン
 78 TOT 交代2:パブリチェンコ(OUT)、キーン(IN)
 78 CHE 交代3:マルダ(OUT)、ランパード(IN)

 79 TOT S  :レノン中ミドルS                    枠左
 81 CHE S  :エッシェン中ミドルS                  枠右
 86 TOT SOG:左FK:ドログバ→クラウチ中HS            GKキャッチ
 87 CHE    :GKフィード→ドログバ                 ファール
 89 TOT 交代3:パラシオス(OUT)、サンドロ(IN)
 +1 CHE    :ラミレス、エリア内で倒される              PK
 +1 TOT ▲YC:ゴメス、ラミレスを倒す              CARD▲ゴメス
 +2 CHE SOG:PK:ドログバS右中                 ☆GKセーブ
 +4 CHE ▲YC:ドログバ、ハットンを倒す             CARD▲ドログバ

 +5 TOT S  :右FK:ベイルS                    枠上
後半:コメント
  後半、試合を優勢に進めたのはチェルシー、70分にドログバが決め、さらに終了間際にPKを
 得るもののこれをドログバが決められず結果として1対1のドロー。後半、ゴールシーンを含めて
 4本の決定機があっただけに逆転出来なかったのが悔やまれるところ。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  1   10   3   1   9   42   2   0   -
    チェルシー  1   13   7   7  13  58   2   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/11

[REPORT]N±はじめました。 第2部

日時
  2010/12/11(Sat)  18:00 - 20:30
場所
  shibuya DUO
出演者(敬称略)
  植田 佳奈
    後藤 麻衣
    佐藤 利奈
    清水 香里
    生天目 仁美
    松来 未祐
リンク
  [なばためです。]ありがとう http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day-20101211.html
  [なばためです。]改めて http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day-20101212.html
  [植田佳奈公式サイト。]ライブ終わって、締め切りで。 http://blog-edge.com/uedakana/index.php?day=20101214
  [ごまぶろ。]ライブでした http://ameblo.jp/mai-goto/day-20101212.html
  [Rina Diary]えぬぷらすまいなす!! http://yaplog.jp/rinyannyan/daily/201012/12/
  [かおりじなる。]N±はじめました。 http://ameblo.jp/shimizu-kaori/day-20101213.html
  [松来未祐日記]ありがとうございました~! http://blog.excite.co.jp/matsukimiyu/d2010-12-11/

1)第2部も開演です。

レポート原稿を書きながらお腹を満たして会場前へ。隣もライブということで大混乱の中入場、
左の柱脇をキープ。どうにか右は見えそうです。そして時間にあのナレーション。

   

 能:みなさんこんにちは、能登麻美子です。元気ですか。お~、いい返事ですね、でもその元気は
  もうちょっとライブまで蓄えておいてください。それではライブを楽しむためのお願いですが、
  携帯電話の電源はオフにしてください、はい、いい子ですね。そして撮影、録音、周りの人との
  喧嘩などはしないように、みんなで楽しいライブを作りましょう。それでは、開演までしばらく
  おまちください、以上、能登麻美子でした。

そしてバンドさんの準備の後、開演。

♪ 01) Non☆Stop☆ShiN's

 立ち位置1:後藤 清水 松来 植田 佐藤
 立ち位置2:  清水  松来  植田
           後藤  佐藤

MC無しで続けて。

♪ 02) 薔薇されたいっ

 立ち位置:後藤 清水 松来 植田 佐藤

なばさんが不在なので松来さんがセンター。

2)司会は利奈さんです

 佐:第2部へお越しいただいてありがとうございます。まことに遺憾ではありますが…、第2部の司会を
  やらせていただきます、佐藤利奈です。
 植:遺憾って、罰ゲームじゃん…。
 佐:恐ろしい子…。私が司会なんで振ったら答えなきゃならぬよ。私を助けてくれて良いんだよ!

なんだろう、罰ゲームの司会なのに上から目線だ(笑) ともかく自己紹介、今度は一部とは逆に左側から。

 後:後藤麻衣でございます。聞くところによりますと物販の売れ行きがとてもよかったそうで、
  ありがとうございます。最後までがんばるので応援よろしくお願いします。
 客:しみず!
 客:しみずかおり!
 清:ありがとう、フルネームで。清水香里です。昼から来ていただいた皆さんには心配させましたが、
  スカート無事切りました。

それはどう考えても無事ではない(笑)

 清:2部は誰かのポロリがあるかもよ。N±のライブ、私たちは完売するとは思ってなかったのに沢山の
  方に来ていただいて、アラサーの私たちの体力が心配ですが、皆さんの力をぶっちゃけちゃってください。
  明日日曜だし、倒れてもいいじゃん。

もとよりその覚悟です(笑)

 客:カミーユ様~。
 松:おまえの恋をかなえてやろうか? なんでも相談してください、恋愛のことでも。松来です。
  もうアラサーには入らないかも知れませんが…。
 客:そんなことない!
 松:やめて、励まさないで。2部はなばがいないので、私が最年長なの。最年長の松来です、年齢の限り
  がんばりますので盛り上がってください。

年齢のことを言われると心と耳が痛い、偽まる先生と同年代の人です(笑)

 植:こんばんわ、ありがとう、疲れたかと思ったけど、早く夜の部をやりたくてしょうがなかったです。
  テンションマックスですが、途中でばてないように皆さんの元気を分けてください。

えっと、確か名乗ってなかったような気がする(あんま自信なし)。

 佐:さて、残念な女と言われることの多い我々ですが…。
 松:ちょっといい!?
 佐:どうぞ。
 松:私、ネイルショップでN’SのDVD流してたら「もてそうな皆さんですね」て言われたの。
 全:いい人だ~。
 清:今度からそこでやってもらおう、専属の店ってことで。
 佐:私がぼんやりしてても、受け入れてくれるみんなが大好きです。


3)なばさんのいないソロパート

なんて利奈さんがまとめたところで帰る一同。

 佐:あれ、これ、帰っちゃう流れ?
 清:いまから利奈様のオンステージだ!

客席をあおるだけあおって去っていく清水さん、やっぱりあんた鬼だよ…(笑) 
1人残された利奈さんが、けなげにトーク。

 佐:歌うと悲しい曲ですが、心を込めて歌います、椎菜になって歌います。

♪ 03) ごめんねLOVE

 佐:ありがとうございました。

MC無しで退場、続いて登場する清水さんと植田さん。

♪ 04) したい!なりたい!乃木坂メイド隊

しかし途中で歌詞が出てこない清水さん…。

 清:やっちゃった…。びっくりして歌の最中に「あっ!」って言っちゃった…。
 植:笑っちゃった…。
 清:違うの、ここらへんが指さすの、そこ。指ささないの!

客席のせいにするかおりん、言い訳は禁止です。ともかくMC開始。

 清:(手持ちのボンボンを見せて)これは、ふつうの埃払いです。
 植:まだ未使用です。
 客:汚い!
 清:黙りなさい、君たち!

はい、すみません、言ってませんけど(笑)

 清:しまった、自主イベントだけど怒られちゃう…。

もう遅いですけどね(笑)

 植:よぼうか?
 清:うん、せーの、
 2:みかさま~。

呼び声に答えて後藤さん登場。

 後:そでで笑っちゃいました。むっちゃおもろい。
 清:私生まれ変わるから…。
 後:この後の香里ちゃんに期待ですね。

そんな感じで2人退場。

 後:さて、昼の部に来た皆さんはこの後の流れはご存じだとおもいますが、その通り行きます。

なんて割り切りだ、さすがごまちゃん(笑)

 後:みんな、のぎすく~!
 全:のぎすく~!
 後:ありがとう、なんかうれしい~。ラジオはだいぶ昔の話だったのに覚えていてもらって。
  乃木坂ラジオの最初のテーマソングを聞いていただきたいと思います。

♪ 05) みかづきぼっくす!

  2番の歌い出しが、ちょっとはやく苦笑。

歌い終わって…。

 後:しまった、油断して歌いだしをとちってしまった。1部あんまりミスしなかったから、なんか
  2部でやるとおもってたんですけど…。

と言うことで、植田さんを呼ぶ後藤さん。

 後:かなさま~、やっちまいました…。
 清:やっちまったか。こっちもかおりんが…。
 後:なにを?
 清:マイクのかわりにもやもやをハイってスタッフに渡してました…。

ドジっ娘の披露はステージでお願いします(笑)

 ご:では、かなさま、軽妙なトークでつないでください。

そして水を飲む後藤さんの傍らで、お約束の「どこからきたの?」の質問、今回の最南端は福岡だそうだ。

 後:福岡でライブやりたい。
 植:北海道もいいね。
 後:石川とか。
 植:仙台、京都とかもいいね。
 客:青森!
 後:最近、いきやすくなったしね。

ライブというより旅行の話になってないか…。とりあえず放浪好きの麻美子様がいなくてよかった。

 植:私、カシオペアで青森まで行きたい、でも1週間ぐらい休みないと無理か…。
 後:私、昔帯広まで寝台で帰ってました。
 植:え~、どれくらいかかるの?
 後:上野を朝の9時に出て、翌日の12時につくんです。1日半かかりました。
 植:北海道のどこ?
 後:帯広です。
 植:帯広いいよね。
 後:何にもないんです、でもそれが北海道っぽいんです。まさに北海道のイメージ。
 植:昔、北海道の温泉いったけど、湖の中の温泉があって、冬凍らないと入れないの。でも氷の上
  歩くから、寒い中震えながら行ったの。
 後:冬の露天風呂は最高。いつまで入ってものぼせないし。タオル回すと凍るし。
 植:露天風呂ライブとかいいかも…。

いや、いいけど、湯船につかるのは出演者か、それとも客席か、どっちなんだ(笑)

♪ 06) ス、キ、ダ、カ、ラ、ダ、カ、ラ

  立ち位置:後藤 植田

コメントなしで清水さんが登場。

♪ 07) 4989 09

  立ち位置:清水 後藤 植田

歌い終わってMC。

 後:生まれかわった!
 清:みんなありがとー!
 後:(香里ちゃん)アイドルみたい。
 清:好きな食べ物はイチゴパフェで~す。

ぶりぶりな清水さんに、若干切れ気味の2人。

 植:ここでおいて帰りたいけど…、
 後:香里ちゃんのソロじゃないから。
 清:でも、スカートが無事でよかった…。
 植:どこ?
 清:ここ。
 後:見せなくていいから!
 清:私、ちょっと疲れてる?

まあ、清水さんだしいいんじゃないでしょうか。人はそんな便利には出来ていないですよ(笑) 
そんなわけで、次の人を呼ぶことに。名前を出さないと呼べないのですが、

 植:どうしようか?
 清:ぱきゅーんでいいんじゃね?
 後:じゃあ、せーので「ぱきゅーん」って

もう、誰が出てくるかバレバレな訳です。ここで出てくる松来さんを押し戻す後藤さん。

 後:なにもなかった。
 植:じゃあ改めて…。
 3:せーの、
 全:ぱきゅーん!
 松:「ぱきゅーん」じゃないよ、「ばきゅーん」だよ!!

若干照れながら松来さん登場。

 3:ぱきゅーん、ぱきゅーん!
 ま:ば、です。ちなみに「はきゅーん」でもないです。
 3:じゃあ、よろしくお願いします。

そして松来さんを残して去る3人。

 松:えっと、この曲はみなさんの協力がないと歌えないので、一緒に歌ってください。
 客:ぱきゅーん。
 松:「ばきゅーん」なので、ボケとかいらないから。「パ」じゃなくて「バ」です!

♪ 08) ときめきフォルテッシモ

 松:絶対ぱきゅーん言ってた人いるでしょ、手あげて。
 客:は~い!
 松:めっ!

いや、「めっ」て言われても…(笑)

 松:えっと…。

袖をみるのですが、つなげのサインが出た様子。

 松:最近舞台の稽古をしているのですが、後輩たちもいて、「松来さんって大先輩だから大事にしないと
  いけないと思ってたんですが、ぞんざいに扱っていい人だと気がつきました」なんてことがありました。

後輩さんグッジョブ。そして袖をみるのですが、なかなか出てきてくれません。

 松:みんな、恋いしてるの~?
 客:してるー!
 松:え~、なんで!?

なんでって言われても(笑)


4)全員集合、大騒ぎです。

 さすがに出てくる一同。

 佐:すばらしいナイストークでした。
 植:香里ちゃん、生足!
 清:見せようか?
 佐:なんか、一部では、佳奈ちゃんが、いつものカラを打ち破った衣装で…。
 松:かなちゃんがおっぱい?
 佐:違う!

松来さん…。どうしてそういうことを言うかな、最年長なのに(笑)

 佐:まあ、おっぱいのはなしをしてもいいけど、みんな恥じらいを持ちなさい!

そんな脱線の後、普通のトーク。でも、してもいいんだ…(笑)

 佐:一部はポロシャツでね、にわか衣装部だったんですが、この人数をそろえるのがすごく大変で、
  プロはすごいなって…。

むしろ二部で衣装を変えてきたことに驚きました。2回回しの客としては嬉しくはあるのですが。

 佐:いろんな人に手伝ってもらって、いろんな方のサポートを受けて、みなさんが来てくれて、
  なりたってます。

といい話で終わろうとしたところで。

 佐:佳奈ちゃんが普段はロングなのに一部はミニスカートで…。
 植:そこに戻るんだ!
 佐:戻るよ! かなちゃんのスカート一部で見た人?

かなりの人が手を挙げる。

 佐:見たい人?
 客:みたい~!
 植:7、8年ぶりのミニスカートです。
 後:これから出して行きたいですね。
 清:佳奈ちゃん、膝よりした禁止!
 植:なんで…。
 後:はい、私、いつもミニスカート担当なんで、ロングはきたいです。
 佐:いいんじゃない?
 後:すそにひっかかってころびそうですけど…。
 清:やぶれちゃうよ…。

もう、なんの話をしてるんだかわかりません(笑)

 佐:もう司会飽きて来ちゃった。
 植:はや!
 佐:だって、なんか腑に落ちないもん。相談しても「しょうがないじゃん」って誰もかばってくれない。
 清:歌う時間なくなっちゃう…。
 客:ナイトイベント!
 佐:いいなナイトイベント。
 清:パジャマパーティ、いいね。ネット禁止、つぃったー禁止で…。
 佐:ブログでやること募集したりね。無茶ぶりはだめですよ、何せ自主イベントなんで。
 清:そろそろ、かなちゃんが(宝くじで一山)当てると思うの。N±は植田佳奈の提供でお送りします。
 植:私出れるのかな?

でも、佳奈さんだと、そういうビックリなこと、やってくれそうな気はする(笑)

♪ 09) ネオ・やまとなでしこ

 立ち位置:清水 植田 生天目 佐藤 後藤

MC無しで続けて。

♪ 10) 無敵のLove&Peace!

 立ち位置:清水 植田 生天目 佐藤 後藤

 植:あっついわ…。
 松:みんなも暑いですか~。
 後:柱の陰の皆さん、みえますか~。
 佐:N’SとN±は柱好き、柱の記憶を共有してますね。
 後:柱越しに透視できますよ…。
 佐:私たちのほんとの姿を、ダメでしょ!?
 客:え~!
 さ:まさかの反響…。

えっちなのはいけないと思います!

 佐:私がMCすると、あっちがしゃべらなくなるの、なんかしゃべって!

切れ気味の司会者に言われてトークを始めるまるなげ組

 清:もともと「まるなげ」でコーナー作ったんだよね。
 植:「2月のライブがすごく楽しかったので」といってたら、スタッフさんがコーナーを作ってくれて…。
 清:「チケットはいくらぐらいまでならこれるか」とか、皆さんに相場を教えてもらって。
 植:こんなユニットがあるよとか。
 清:こんなグッズ売ってるよとか。
 植:「まるなげ」も、「のんぷろでゅーさー」なんで…。
 清:えっ?
 植:間違えた、ノンスポンサー。
 後:佳奈さんが間違えるの珍しい。
 清:そんなことないよ。リハの時、結構間違えてるの。すごくきれいな振りで顔色一つ変えず間違えるから、
  みんなが「えっ!?」って…。
 植:顔に出ないの、動揺してても…。
 清:一部でも、実はかなちゃんソロパート歌ってないし…。
 植:いいの、映像入ってないから。あと、2月のライブでうたってないのは私じゃないから!
 佐:ま、まあ、そのあたりは…。

よっぽど悔しいんだろうなぁ…(笑)

 植:こうやってばかしあい…。ばかしあいはよくないか。
 客:じゃれあい!
 植:そう、じゃれあいながら和気藹々ととやってます。
 松:このまえ私と香里ちゃんがつぃったーで応酬してたら、最後に佳奈ちゃんが「ま、どっちも
  妄想ですけどね」って…。
 植:これがiPadの実力だ!
 清:あいぱっどでなにやってるんだろうって思ったら…。てっきり調べ物とかしているのかと…。

さすがアイパッド、そして佳奈さん!

 佐:こう、N±はみんなキャラがかぶらなくて、うまく分かれてるよねと、川瀬Pとかにも言われます。
  個人個人の色が違うから良いんで。皆さんの愛でふくらんでますが、応援しないとしぼんでいくので
  よろしくお願いします。

おおー、ナイス司会。多分、この中だと一番司会うまいよな(笑)

 佐:今度は深夜イベントとかしたいですね。
 客:カウントダウン!
 植:それはダメ!
 佐:滑りにね。
 清:もう、予定が入ってます。
 植:Nマイナスで。携帯電話で出演とかいいよ、Skypeとか…。
 客:ゆーすと!
 植:ユーストとかやりたいよね、今日のライブも流せばよかった…、ってだめだめ!
 清:ライブって映像が残らないのがいいんだよ 。

ダメなのは権利関係かな、どじったからかな(笑)

 佐:それではラストの曲になりました。
 客:え~。
 さ:つらいけど心を鬼にして行きます。

♪11)秘密推奨 うるとlove

 曲間に「ありがとうございました、××でした」

 全:ありがとー

退場する一同、

5)アンコールでスペシャルゲストです

そしてアンコール。一部同様スタンドマイクが配置。

♪ 12) クリスマスをやめないで!

  立ち位置:清水 植田 松来 後藤 佐藤

歌い終わってMC。

 植:こういうのも(Tシャツ)あまり着ないですね。
 佐:こういうも出していきましょう。実はこれスカートで穴とかあいてるんですよ。
 後:みていい?
 佐:内緒だよ…。

なんてことをしながら、MCへ。

 佐:めっちゃ盛大なアンコールで、皆さんの気持ちに助けられあした。ここですごいゲストが…。
 清:スペシャルゲストですね!
 植:もしかしてあの人が!
 後:え~!

客席中に大きな期待の色が見える中、申し訳なさそうになばさん登場。

 生:ただいま、ただいま、ただいま…
 客:なばため、なばため!

客席から大きな生天目コール。

 生:ちょっとやめて~!

とりあえずだまらせてトーク。

 生:仕事終わって帰ってきました。普通にそことか通って行きました。はい、みんな汗かいてない?

みんなにタオルをなばさん。

 客:なばのは?
 生:私のはあそこに、一部から起きっぱなし立ったの。かえってきてくれてありがとう。

横浜ライブのグッズのタオルです。おお~。

 佐:本当は主人公のはたのとか呼ぼうかとおもったけど、N±ですから…。
 後:でも、せっかく来たんだからただでは返しませんよ。
 客:うたえ、うたえ!
 生:わかった、歌うよ。でも、色々準備があるからさっき歌った曲ね。「戸惑いビターチューン」を。

客席拍手。

 生:それが一番歌っているから。よかったら一緒に歌ってください。みんな踊ればいいじゃん!

♪ 13) とまどいビターチューン

 皆さんは後ろで手拍子。

 生:有り難うございました。
 客:ひとみ、ひとみ!

今度はひとみコール。もう、客席大騒ぎ(笑)

 生:ひとみって言うな~、恥ずかしいんだって!
 後:盛り上がりますね~!

ホント、なばさん人気者です。そして、利奈さんの方をみる一同。

 さ:まだ司会だったんだ。誰かやって。
 5:…。
 後:誰もそのバトン受け取りませんよ。

ここでようやく告知のコーナー「アニメ店長」と「ファフナー」

 清:18日に来る人?

そこそこ手を挙げる。

 清:そこはうそでも言いから手を挙げてね!
 客:は~い!
 清:よしよし、
 後:Nプラス、客席にプレッシャーかけるから…。

いや、かけてるのは清水さんだから(笑) そしてファフナーの舞台の話題。

 松:初めての舞台なのに主役やります。33歳なのに中学生役を…。

そしてコミケで同人誌を出す話、そしてそして…。

 清:一部で発表したライブですが、日付が決まりました。2月11日金曜日、祝日です!
 生:え~、知らなかった。
 清:あとでゆっくりとね。
 生:時間ないじゃん!

もっともです。

 清:これなかった人もいるので追加公演ってことでね…。
 客:場所は?
 清:続きはwebでね。
 後:みんな、知ってるところだから。
 客:どこ?
 後:そんなのいえな~い。
 客:武道館!
 客:アリーナ
 客:ドーム!
 清:みんなが友達100人集めてくれればね。ともかく来年もよろしくお願いします。

さらって無理難題をいなす清水さん、さすがです。でも、場所が言えないって、まだ正式契約してないのかなぁ(笑)
そして最後の歌

♪ 14)ひとさしゆびクワイエット!

  立ち位置:清 植 松 生 後 佐

 コメント:ありがとうございました、××でした。

 佐:みんな手をつないじゃえよ
 全:またね~。
 清:バンドさんに拍手~。
 全:有り難うございました。
 清:気をつけてかえってね!

そして無事終了。

 能:以上を持ちまして公演は終了しました。ちょっと早いけれどN±からのクリスマスプレゼント
  どうでしたか、そうですか。おうちに帰るまでがライブですので気をつけてかえってくださいね、
  以上、能登麻美子でした。

6)感想再びです

  すごく楽しいライブではありましたが、柱は邪魔でした。あと、やっぱり椅子は欲しかったです。
 横浜と比べると人数が少なかったせいか、イザコザやおしあい等がなかったのはよかったです。
 でも、スタンディングの2回回しは、どうなんだろうとは思いました(笑) ただ、1部と2部で
 曲構成が違うのは素直に感心しました。でも、それって2回来ないと全部見れないってことなんですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT]N±はじめました。 第1部

日時
  2010/12/11(Sat)  13:30 - 15:00
場所
  shibuya DUO
出演者(敬称略)
  植田 佳奈
  後藤 麻衣
  佐藤 利奈
  清水 香里
  生天目 仁美
  松来 未祐
リンク
  [なばためです。]ありがとう http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day-20101211.html
  [なばためです。]改めて http://ameblo.jp/nabatamehitomi/day-20101212.html
  [植田佳奈公式サイト。]ライブ終わって、締め切りで。 http://blog-edge.com/uedakana/index.php?day=20101214
  [ごまぶろ。]ライブでした http://ameblo.jp/mai-goto/day-20101212.html
  [Rina Diary]えぬぷらすまいなす!! http://yaplog.jp/rinyannyan/daily/201012/12/
  [かおりじなる。]N±はじめました。 http://ameblo.jp/shimizu-kaori/day-20101213.html
  [松来未祐日記]ありがとうございました~! http://blog.excite.co.jp/matsukimiyu/d2010-12-11/

1)開演前です

ライブという事で渋谷へGOなわけですが、どうして渋谷の坂上はこんなに治安が悪いかなぁと(笑)
ホテルに囲まれたライブハウスの前に群がる沢山の人、迷惑だよなぁ。そしてライブハウスに入ると
2本の大きな柱…。携帯の電波も入らないのですることなく時間をつぶす。
 そして5分前に開演前メッセージ。

 の:みなさんこんにちは。元気ですか。お~、いい返事ですね、でもその元気は
  もうちょっとライブまで蓄えておいてください。それではライブを楽しむためのお願いですが、
  携帯電話の電源はオフにしてください、はい、いい子ですね。そして撮影、録音、周りの人との
  喧嘩などはしないように、みんなで楽しいライブを作りましょう。それでは、開演までしばらく
  おまちください、以上、能登麻美子でした。

最初「誰だろうな~」と悩んでいたというのは内緒だ。

2)開演です

時間になったところで暗転、バンドメンバーが入場した後、メンバーが登場。

♪ 01) Non☆Stop☆ShiN's

 立ち位置:後藤 清水 生天目 松来 植田 佐藤

MC無しで次の曲

♪ 02) 薔薇されたいっ

曲が終わって。

 生:すごい熱気だ!
 植:熱いよね!
 清:みんな元気か!
 客:おー
 生:すばらしい!

ということで挨拶ですが、なにやらステージ上でもめてます。お願いですから、自己紹介の順番ぐらいきめて(笑)
ともかく、利奈さんの方からという事に決定。

 佐:私から…。
 植:麻衣ちゃん、オチね…。
 後:しまった…。私、第一部は司会をやらせていただきます。3回、とばしたので。
 佐:私は1.5回
 生:2回!
 佐:そうか、2回か…。

釈然としない様子ながら自己紹介を始める利奈さん。

 佐:来てくださってありがとう、佐藤利奈です。今日は盛り上がってかえってください。
 植:植田佳奈です、こんにちわ。すごいですね~。2月のライブもすごかったけど今日こうやってみると、
  より距離が近くて。一緒に騒いでこれからどんどん盛り上がって行きましょう!
 松:私の言うとおりに恋愛すれば大丈夫。なぜかカミーユと言うあだ名の松来未祐です。なばちゃんと
  一緒にみんなと歌えてうれしいです。今日はよろしくお願いします。
 生:どうも、みなさんこんにちは、生天目仁美です。
 客:バジーナー!!
 生:違うでしょ、作品が!! そんなわけで、今日はよろしくお願いします。
 清:みなさん元気ですか?
 客:お~!
 清:ホントに元気ですか!?
 客:お~~!!
 清:ありがとうございます、清水香里です。今日はホントにギュウギュウ詰めで熱いですが、水分補給
  とかして怪我の無いように、終わるまでがライブですからね~。
 後:こんにちわ、後藤麻衣です。お前ら物販でちゃんと買ったか!
 客:おー!
 後:自主イベントですんで、皆さんの愛の力が私たちの力になりますので。

ということで無事自己紹介終了。しかし、自己紹介から物販って(笑)

3)ソロパートです

 清:それでは、生天目さん、お願いします。

なばさん以外退場、そしてなばさんの前にはあのスタンドマイク。

 生:懐かしいですね、このスタンド。でも、この曲疲れるんですよね、皆さんついてきてくださいね!

♪ 03) 誘惑ヴァイオレット

 生:ということで一曲歌わせていただきました。一仕事終わって少し安心です。
   乃木坂と言えばメイドさんですよね~。それではどうぞ~。

♪ 04) したい!なりたい!乃木坂メイド隊

 立ち位置:清水  植田
 曲の中でバンド紹介。いいけど早くない?(笑)

歌い終わってMC。

 清:ありがとー。
 植:メイド隊と言えば、次にお呼びするのはご主人様ですよね。せーの。
 2:みかさま~!

そして右から登場する後藤さん。

 後:どうも、すみません…。みかさま水飲んでいいですか?
 2:どうぞどうぞ…。

そんなやりとりの後、二人が退場。一人残される後藤さん。

 後:寂しいですが、がんばります。みんな、のぎすく~!
 客:のぎすく~~!!
 後:わかってんじゃん、さすが。この中でラジオ聴いてた人?

ほとんど手を挙げる。

 後:優秀~。

そりゃ、乃木坂と言えばラジオは必須アイテムでしょ。

 後:今日はそのラジオの主題歌だった曲を初めて歌います。

♪ 05) みかづきぼっくす!

歌い終わってMC。

 後:なんとか歌いきりました。1人で連続で2曲とかはつらいので、私と言えばこの方、という人を
  お呼びしましょう。ななみさ~ん。
 植:みかさま~、可愛かったですよ~。
 後:ありがとうございます。

ここで客席に来た場所を確認。

 後:遠くから来たと自信のある人?
 客:北海道!
 後:北海道!?
 植:すごい。年末行くから、よろしくお願いします。
 後:(スキーのマネ)これですか…。

そんなトークの後曲へ。

♪ 06) ス、キ、ダ、カ、ラ、ダ、カ、ラ

 立ち位置:後藤  植田

MCなしで清水さんが加わる。

♪ 07) 4989 09

 立ち位置:清水  後藤  植田

歌い終わったのですが、なにやら清水さんがバタバタしている様子。

 清:大変…。
 植:どうしたの?
 清:スカート破けた…。
 植:ホントに!?
 清:私、なんかこの衣装ダメみたい、2月のライブでも…って、わざわざ言うことないか。
 客:え~!

なんて思わせぶりな(笑)

 清:DVD持ってる人?

ほとんど手を挙げる。

 清:じゃあ、知ってんじゃん。

派手にすっころんだそうです。要チェックですね。
そしてここでスペシャルなゲストの登場ですが。

 清:羽多野くんでは?
 植:くればいいのにね。
 清:来てるのバレバレですね。羽多野渉君で~す。

いや、ゲスト席をネタにするって、羽多野君、可哀想すぎ。

 植:じゃあ、みんなで呼びましょう、せーの。
 3:あきちゃーん
 松:どうも、81プロデュースの松来です。

トークが始まるかと思いきや、ここで退場する3人。

 松:というわけで松来未祐です。あ、セクシーです。遠目からが可愛いと思うので、近くの人は目を細めて
  見てください!

いきなり客席に無理難題を…。

 松:すみません。

本人も重々承知のようです(笑)

 松:じゃあ、せっかくなので、やっていい、やっていいよね。この曲にはみんなの協力が必須なので
  一緒に歌いましょう。

♪ 08) ときめきフォルテッシモ

松来さん退場。

4)全員集合です

退場と同時にそれ以外の皆さんがトレーナー姿で登場。あれ、利奈さんはソロ無し?

♪ 09) ミラクルTRIAL!

 立ち位置:清水 植田 生天目 佐藤 後藤

この曲を聞く度にいつも思うのですが若いっていいなぁ…(笑)

 植:どうもです、熱くない、みんな?
 生:私たち走りすぎた。がんばりすぎたよね。

とってもがんばったと思います。

 後:あのかたをお呼びしましょう。
 生:みんなわかってるよね、様付きだよ。せーの!
 全:カミーユ様!

松来さん再登場。同じ水色トレーナー。そして背中の背番号の話題。

 清:29:これ、ひどいよね…、あとでいいます。
 植:69:誕生日?
 生:78:私はわかりやすい
 松:81:事務所愛です。移籍したら着れない…。
 佐:52:わかる人はわかるよね。
 後:50:ごとーだから。

そして問題の清水さんの番号の説明。

 清:私、誕生日だと3桁になるのでって、いない間にみんなが「清水だから432で」とか言うので
 「それは絶対いや!」って。で、どうしようかと思って、お肉が食べたいなって…。

微妙な悪意を感じるのはなぜだろう(笑)

 生:番号が利奈ちゃんがやってくれました。
 佐:あんまり働いてなくて…。自分のやったら簡単だったんで「私がやるよ~」って言ったけど、
  他の人のは大変だった…。
 生:誰が一番大変だった?
 佐:髪が一番長い小悪魔さん…。

一同、植田さんを見つめる。

 植:え~、でも、8が大変っていってたじゃん!
 佐:そうかと思ったけど、8は丸が少なかった。
 生:私は衣装サブだけど、あまりしなかった。あと、知らない間に「まみこ係」とか書いてあって。
  OP前の放送を考えて麻美子に言わせた。まあ、私が聞きたいことを言わせただけだけど。

ちなみに、髪飾りも麻美子さんがつけてた物、相変わらずラブラブです。

 植:乃木坂といえばコミケですが、コミケで同人誌出します。正確にはパンフレットですが今日の様子も
  載ります、落ちなければ…。スケジュールがタイトなので…。

「N±同人誌始めました」と言う名称だそうです。是非ともがんばって落とさないでほしいです。

そんなトークのあと、なばさんを残して退場する一同。

5)お別れです

 生:私、ソロが多いんですが、なんでかというと、お昼しかでれないので。この後仕事があるんで、
  ライブが押したら最後までいれないかも…。

どんだけぎりぎりな…(笑)

♪ 10) とまどいビターチューン

歌い終わる。

 生:みんな、準備できてる?

袖に語りかけるなばさんだが様子がおかしい。

 生:できてないとか言わない、早く来て!

まだ出てこない…。

 生:あと10分じゃないよ!

ようやく出てくる一同。そして司会の話に。

 佐:ショックですよ、みんな1回ぐらいポカしても。
 松:罰ゲーム怖い…、絶対やりたくない。
 清:でも、ある日帰る前に「香里ちゃん、今日(ブログ)忘れないで」、って言われた。優しいの…。
 佐:こういうのがダメなのか。

利奈さんはいい人だからなぁ、弱いけど(笑) ここで、突然、佳奈さんの足を気にし始めるなばさん。

 植:どうしたの?
 生:(かなさん)えろくね~。私は学生には見えないけど、1人だけお店の人みたい…。
 清:かなさん、ミニスカートめずらしい~。
 植:8年ぶりぐらいかな~。
 生:生足だよ生足~。

集まってくる一同、触ったりした…様子。

 植:おかしくね~、まあ、かってのアイドルメンバーなので。

どうやら黒歴史ではない様子、よかったです(笑)

 植:今日の振り付けは、そのときのメンバーだった森永理科ちゃんがやってくれました。
 清:1曲ぐらい一緒に踊ればいいのにね…。
 植:そういう話してないから…。
 生:夜ならできるんじゃない、私はいないけど…。

さすがなばさん、自分がいないときはどうでもいいと(笑) そのあと告知で「アニメ店長の舞台」の話題の後、
松来さんのでるファフナーの舞台の話。

 松:私33歳なんだけど、中学生役で出ます。みんな見に来てくれますか~。
 客:は~い。
 松:顔、覚えたからね!

だから、客席を脅さない(笑)

 後:そんなわけで、最後の曲になります。
 客:え~。
 後:みんな最後まで盛り上がってね!

♪ 11) 無敵のLove&Peace!

  立ち位置:清水 植田 生天目 松来 佐藤 後藤

歌い終わって、

 全:ありがとうございました~。

バンドさんも含めて退場。

6)アンコールです

当然アンコールのコールですが、しばし後、スタッフさんがスタンドマイクを持ってくるのは…(笑)
  黒いN±のTシャツに着替えた一同が登場。

♪ 12) クリスマスをやめないで!

  立ち位置:清水 植田 松来 後藤 佐藤

利奈さんの背中だけしっかり見えてたような。実に色っぽいです…。

 清:アンコールありがとうございました。
 客:なばは?
 植:なばは、と言う声がありましたが。
 清:呼びません!

おい…(笑) まあ、当然呼ぶわけですが、なばさん登場と同時に黙る一同。

 生:どうしたの、みんな、しゃべればいいじゃん!

そうなんだけど、やっぱりなばさんに頼りたいのです。

 後:ライブが始まるとあっと言う間、もうアンコールですよ。
 植:ですね。
 生:グッズの話とかは…。
 松:私、今回グッズ担当で、みんなに色々聞いたんですが、業者さんに「パンツは何種類ありますか」って
  聞くのがすごくはずかしかった。
 植:みんな、パンツにいくら出せるんだろうね。
 生:そんな会議を飲み屋でしてました。

普通のパンツならともかく、N±のですからねぇ、いくらだって出すと思う(笑)

 植:飲み屋で、だいたい合コンやってるのね。
 清:トイレいくと女の子が盛り上がってて。
 生:男は隣の部屋で盛り上がってるし…。

あー、飲み屋の個室ってそういうもんなんだ(笑)

 生:ここで告知がありますが…。

しかし、誰も言おうとしない。なぜ…(笑)

 植:私は同人誌の告知したし…。

なぜか視線がごまちゃんに…。

 後:2月にライブやっちゃいます!

いきなり…。当然客席大興奮(笑)

 清:詳しい情報は後日ホームページで。

実はまだ決まってないんでしょうか…(笑)
そういうわけで最後の曲。

♪ 13)ひとさしゆびクワイエット!

 曲間のコメントは「きょうはありがとうございました、××でした」

 全:ありがとうございました

7)感想

  とりあえず、柱邪魔です。全体を通して利奈さんのお姿がかなりの時間見えなかったのが心残りです。
 取りあえず、次はもう少し左側で、右サイドが見えるポジションを狙ってみたいと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/04

[PREMERA Div. 10/11] #14 Rマドリー v バレンシア

スタジアム
  サンチャゴ・ベルナベウ
  気温: 4度  湿度:45%  天候:曇り
試合結果
  Rマドリー 2 - 0 バレンシア
主審
  ペレス・ラサ
ラインナップ
 Rマドリー
        07 ロナウド   22 ディマリア

            23 エジル

    10 Lディアラ  14 アロンソ   24 ケディラ

  12 マルセロ  18 アルビオル  03 ペペ  17 アルベロア

          01 カシージャス
  サブ
    25 ドゥデク  19 ガライ   06 Mディアラ  11 グラネロ
    21 Pレオン  09 ベンゼマ  29 モラタ
  監督
    ジョゼ・モウリーニョ
  欠場
    ラモス、カルバーリョ
 バレンシア
             09 ソルダード

       10 マタ   24 Tコスタ   07 ホアキン

            03 マドゥーロ   06 アルベルダ

    28 ジョルディ  20 Rコスタ    17 スタンケヴィチウス  02 ブルーノ

                13 グアイタ
  サブ
    39 サウール  15 デアルベール  23 ミゲル  19 エルナンデス
    21 バネガ   08 ドミンゲス   11 アドゥリス
  監督
    ウナイ・エメリ
前半:試合展開
 02 VAL SOG:マタ左ミドルS                     GKキャッチ
 03 RMA OFF:ディマリア                       オフサイド
 09 VAL ▲YC:ジョルディ、ロナウドを引っ張る          CARD▲ジョルディ
 10 RMA ▲YC:ペペ、アルベルダともめる             CARD▲ペペ
 10 VAL ▲YC:アルベルダ、ペペともめる             CARD▲アルベルダ

 12 VAL SOG:マタ右ドリブルS                   ☆GKセーブ(CK)
 12 VAL S  :右CK:ホアキン→ソルダード右BS           枠上
 14 RMA SOG:ディマリア右ドリブルS                ※GKセーブ(CK)
 15 RMA SB :マルセロ左ドリブルS                  DFブロック
 18 VAL OFF:ソルダード                       オフサイド
 22 RMA SOG:ロナウド中ミドルS                   GKキャッチ
 24 RMA    :アルベロア                       オフサイド
 25 VAL    :ソルダード左クロス                  ※DFクリア(CK)
 28 VAL ▲YC:ブルーノ、エジルを掴む              CARD▲ブルーノ
 31 RMA    :Tコスタ左クロス→ソルダード右             S出来ず(CK)
 33 RMA ▲YC:ケディラ、相手を倒す               CARD▲ケディラ

 35 RMA SOG:ケディラ右1対1S                  ☆GKセーブ
 37 RMA OFF:ディマリア                       オフサイド
 39 RMA    :マルセロ左クロス                   ※あわず
 39 VAL    :Tコスタ、ケディラを倒す             CARD▲Tコスタ
 40 RMA SOG:中FK:エジルS                   ※GKセーブ(CK)
 +1 RNA SB :Lディアラ中S                     DFブロック
 +2 RMA SOG:エジル右クロス→ロナウド中ヒールS          ☆左ポスト
前半:コメント
 Rマドリー
   ロナウドとディマリアの2トップは、カウンター時には特にディマリアが飛び出して何度かチャンス
   を作ったが、遅攻の際には二人が引いたりサイドに出たりで前線が空くことも多く、イグアインの不在
   を印象づける結果。そしてマルセロのクロスへの対応やポジショニングは、カルバーリョの不在もあって
   顕在化、押してはいるもののいつ失点してもおかしくない緊迫した状況だった。それを打開する上でも
   速く先取点が欲しいところ。
 バレンシア
   マドリーのアウェイ相手に守備的な布陣で臨み、マルセロの穴を突く作戦はかなりうまく言ったと言える。
   スコアレスドローに終わったが、それも想定内の結果と言えるだろう。ただし、ディマリア、マルセロの
   ドリブルのスピードに手を焼いたのも確か。カード4枚受けているだけに、退場者が出てもおかしくない。
   また、グアイタのセービングが若干安定感を欠くのも懸念材料。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Rマドリー  0   8   5   7  12   55   2   0   3
    バレンシア  0   4   2   5   9  45   4   0   1
後半:試合展開
  47 RMA    :ロナウド右クロス                    DFクリア(CK)
  47 RMA OFF:エジル                         オフサイド
  48 RMA SOG:中FK:→ロナウド左1対1S             ☆GKセーブ(CK)
  49 RMA SOG:中フィード→ディマリア中1対1S           ☆GKセーブ
  53 RMA S  :ケディラ中ミドルS                   枠上
  54 RMA 交代1:ケディラ(OUT)、ベンゼマ(IN)
  55 VAL S  :マタ左クロス→ホアキン右BS              枠上
  56 VAL S  :ソルダード右クロス→ホアキン中S            GKキャッチ
  58 RMA SOG:ロナウド右→ベンゼマ右S               ※GKセーブ(CK)
  60 VAL S  :ソルダード右S                     枠左
  62 VAL 交代1:ジョルディ(OUT)、ミゲル(IN)
  65 VAL ▲YC:アルベルダ、ハンド?               退場▼アルベルダ
  68 RMA S  :ロナウド右S                      枠上
  68 VAL 交代2:マタ(OUT)、バネガ(IN)
  73 RMA SOG:エジル中→ロナウド左S              GOAL★RMA 1-0 VAL
  75 VAL ▲YC:ホアキン                     CARD▲ホアキン
  76 RMA 交代2:エジル(OUT)、グラネロ(IN)
  76 RMA ▲YC:グラネロ、相手を掴む               CARD▲グラネロ

  77 RMA SOG:中フィード→ディマリア中S              ☆GKセーブ
  78 VAL SOG:Tコスタ右S                     ☆GKセーブ
  78 VAL SOG:ホアキン中S→ソルダード中              ☆GKセーブ(CK)
  81 VAL 交代3:ホアキン(OUT)、アドゥリス(IN)
  83 RMA 交代3:ディマリア(OUT)、Mディアラ(IN)

  87 RMA SOG:ロナウド右ドリブルS               GOAL★RMA 2-0 VAL
後半:コメント
  後半もマドリーが若干優勢ながら互角の展開が続いたものの、アルベルダが2枚目のイエローで退場、
 この後期をマドリーが見逃さず、ロナウドが77分に1点目、さらに終了間際に2点目を決めて試合を
 決めた。退場者が出るまでは互角の展開だっただけにバレンシア的には悔やまれる退場といわざるを
 得ない。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Rマドリー  2   18  11   12  22   51   3   0   -
    バレンシア  0   15   5   8  20  49   6   1   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #16 チェルシー v エバートン

スタジアム
  スタンフォード・ブリッジ  ロンドン
  気温: 7度  湿度:77%  天候:小雨
直前オッズ
  CHE v EVE 1.36 4.50 9.00
試合結果
  チェルシー 1 - 1 エバートン  Att: 41,642
主審
  リー・プロバート
ラインナップ
 チェルシー
     21 カルー  11 ドログバ  39 アネルカ

     15 マルダ  12 ミケル   05 エッシェン

  03 コール  26 テリー  02 イバノビッチ  17 ボジングワ

          01 チェフ
  サブ:
    22 ターンブル   19 フェレイラ  43 ブルマ  07 ラミレス
    46 マクイクラン  23 スタリッジ  44 カクタ
  監督
    カルロ・アンチェロッティ
 エバートン
              9 サハ

  20 ピーナール     11 ケーヒル       23 コールマン

         25 フェライニ  26 ロドウェル

  03 ベインズ  15 ディスタン  06 ジャギエルカ  18 ネビル

              24 ハワード
  サブ
    01 ムハ  05 ヘイティンガ  07 ビリー  21 オスマン  16 ベックフォード
    22 ヤクブ  28 アニチェベ
  監督
    デビッド・モイーズ
前半:試合展開
 02 EVE SOG:左FK:ベインズS                   GKキャッチ
 02 EVE S  :サハ左S                        枠上
 13 CHE SB :ドログバ中→アネルカ左S                DFブロック(CK)
 20 CHE S  :アネルカ左ドリブルS                  枠左
 22 CHE S  :ボジングワ右クロス→ドログバ中BS           枠右
 27 CHE SB :テリー右S                       DFブロック
 27 CHE SOG:テリー右S                      ※クロスバー
 29 EVE ▲YC:ネビル                      CARD▲ネビル
 30 CHE S  :ボジングワ中ミドルS                  枠上
 34 CHE SOG:ドログバ左ミドルS                   枠上
 35 CHE    :ドログバ、股関節を痛めて治療→復帰
 36 EVE    :コールマン右クロス                   あわず
 38 CHE S  :右CK:マルダ→カルー中HS              枠左
 41 CHE    :アネルカ左ドリブル、GKと接触             PK
 41 EVE ▲YC:ハワード、アネルカを妨害             CARD▲ハワード
 42 CHE SOG:PK:ドログバ中中                GOAL★CHE 1-0 EVE
前半:コメント
  序盤こそ何度かシュートを見せたエバートンだが、時間が経つにつれ徐々に防戦一方の状態に。
  そしてネビルの致命的なパスミスからPKを献上し1失点で前半終了。一方的な展開を考えると
  1失点ですんだのは、チェルシーの不振に助けられたとは言え、幸運だと言える。ただし、
  このままのやり方では逆転は厳しい。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    チェルシー  1   10   4   5   3   58   0   0   -
    エバートン  0   3   1   0   5  42   2   0   -
後半:試合展開
 50 EVE    :サハ、足を痛める、ピッチ外で治療→復帰
 52 EVE S  :ロドウェル中ミドルS                  枠右
 58 EVE 交代1:サハ(OUT)、ベックフォード(IN)
 61 EVE SOG:ベインズ左クロス→ロドウェル中HS          ☆右ポスト
 62 EVE SOG:ベインズ左黒須→ピーナール中HS            GKキャッチ
 64 EVE S  :右CK:→ジャギエルカ中HS              枠左
 65 CHE 交代1:ボジングワ(OUT)、フェレイラ(IN)
 66 CHE    :ドログバ、股関節が痛そう
 74 CHE    :チェフ、ケーヒルに蹴られる→
 77 EVE ▲YC:ケーヒル、チェフを蹴る              CARD▲ケーヒル
 77 CHE ▲YC:テリー、ケーヒルともめる             CARD▲テリー

 78 CHE 交代2:アネルカ(OUT)、ラミレス(IN)
 80 EVE    :ピーナール左クロス                   GKキャッチ
 82 EVE    :フェレイラ右クロス→                  あわず
 86 EVE SOG:ベインズ左クロス→ケーヒル右返→ベック中HS   GOAL★CHE 1-1 EVE
 87 EVE 交代2:ピーナール(OUT)、ビリー(IN)
 88 CHE 交代3:ミケル(OUT)、スタリッジ(IN)

 +4 EVE S  :フェライニ左ミドルS                  枠右
後半:コメント
  後半は一方的なエバートンのペース、ポストを叩くシーンもあったものの、決定的なシーンは
  なかなか作れず、それでも86分、途中等ニュのベックフォードがしっかりとヘッドを決めて同点弾、
  貴重な勝ち点1を手にした。テリーの復帰はあったもののランパードの不在で攻撃の組み立てに
  苦心しているのはあきらか。ホームでのドローは色々問題になりそうではある。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    チェルシー  1   13   6   7   7   55   1   0   3
    エバートン  1   16   7   2   2  45   4   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/01

2010年9,10,11月移籍情報

移籍公式■ヴィト・マンノーネ(22)[ハル←アーセナル]、ローン移籍、2011年1月まで ■アーセナル若手GK、レンタルでハルへ - Goal.com: http://bit.ly/a3IxEJ
移籍公式■ルーニー、マンUと契約延長、2015年まで■大逆転、ルーニーが契約延長! - Goal.com: http://bit.ly/aLx39O
移籍公式■ウィルシャー、アーセナルと契約延長、詳細は非公開■ウィルシャー、アーセナルと契約延長 - Goal.com: http://bit.ly/ah7hvW
移籍公式■世界的に人材難なSBにおいて、世界有数のレベルであるラームを逃すまい、とバイエルンは契約延長へ向けて必死で動いている様子。まあ、敵はマドリーとシティぐらいだろうが…w■ラーム、バイエルンと契約延長へ - Goal.com: http://bit.ly/dfOfI5
移籍公式■ペジェグリーニ、マラガの新監督に就任、2013年夏まで、1年のオプションあり。そういえば空いてたよな~。■マラガ、ペジェグリーニ招へいを発表 - Goal.com: http://bit.ly/aVctHd
移籍公式■イブラヒム・アフェレイ(24 OMF)[バルセロナ←PSV] チーム間合意、移籍金3億円■アフェライのバルサ移籍が合意 - Goal.com: http://bit.ly/clf0ei
移籍公式■ロベール・ピレス(37 MF)[Aヴィラ←無所属]、2011年夏まで、フリートランスファー■BBC Sport - Football - Robert Pires completes move to Aston Villa: http://bbc.in/b8hFcn
移籍公式■キエリーニ、ユベントスと契約更新、2015年まで■ユーヴェ、キエッリーニと契約延長 - Goal.com: http://bit.ly/hdHyBj
移籍公式■アーロン・ラムジー(19 MF)[ノッチンガム・フォレスト←アーセナル]、ローン移籍、2010年12月まで■ラムジーがレンタル移籍 - Goal.com: http://bit.ly/eHIu2w
移籍公式■クロップ監督、ドルトムントと契約更新、2014年まで■クロップ、ドルトムントと契約を延長 - Goal.com: http://bit.ly/fGyOCI
移籍公式■ルイス・ペレア(31 DF)、アトレティコと契約更新、2012年まで■アトレティコ、ペレアとの契約延長を発表 - Goal.com: http://bit.ly/fdeYgw
移籍公式■アンデルス・リンデゴーア(26 GK)[マンU←オーレスン]、3年半契約、2014年夏まで、移籍金非公開■ユナイテッド、デンマーク代表GK獲得が決定 - Goal.com: http://bit.ly/esMeRF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »