« [REVIEW]実写映画「マリア様がみてる」 | トップページ | [REVIEW]The Expendables »

2010/11/09

[REVIEW] マルドゥック・スクランブル

マルドゥック・スクランブル http://m-scramble.jp/

  1時間と映画にしては短い時間ではあったが実に密度の濃い一時間、満足度と言う意味では2時間の映画に勝るとも劣らない素晴らしい作品だった。
  都市の上をエアカーが走る近未来で、その暗部により重点を置いて描かれた世界観。少女売春やレイプと言う言葉が飛び交い、主人公の裸のシーンが出てくるということで、レイトショウに限った公開となったのだろう。そしてそんな「エロ」以上に、車に火を付けられたり銃弾が体を切り咲いたりと言う「グロ」の部分の衝撃の方がより強く迫ってくる作品でもある。
  そもそも変身する鼠をパートナーとして敵と戦うという時点でひどく斬新な設定ではある。そして、主人公を助ける正義の味方でありながら多少どころではなく胡散臭いドクター…。そして主人公の体のパーツを欲する殺し屋たち。SF色満載ではあるが、むしろホラーに近い印象を受けた。なかなか一般受けしづらいと言う意味では似たもの同士だが…。
  主役が林原めぐみさんと言うのも、最近のTVアニメではなかなか聴けないキャストである。そして殺し屋の一人としてかないみかさんが出ているとなれば、古いアニメファンにとって実に嬉しいキャストである。これだけでも見に行く価値がある、もちろんそれ以上に見所はたくさんある。
  元々3部作を想定して作成してるだけに、終わり方もハンパない。週アニメのエンディングのごとく銃口を向けられたところでの第一話エンディングには恐れ入った。世界観にもストーリーにも驚かせられた作品ではあるが、第2話、3話も見に行きたい作品であるのは間違いない。

|

« [REVIEW]実写映画「マリア様がみてる」 | トップページ | [REVIEW]The Expendables »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/50374103

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW] マルドゥック・スクランブル:

« [REVIEW]実写映画「マリア様がみてる」 | トップページ | [REVIEW]The Expendables »