« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/29

[PREMERA Div. 10/11] #13 バルセロナ v Rマドリー

スタジアム
  カンプノウ  バルセロナ
  気温: 8度  湿度: 78%  天候:雨
直前オッズ
  BAR v RMA 1.95 3.75 3.50
試合結果
  バルセロナ 5 - 0 Rマドリー
主審
  イトゥラルデ・ゴンサレス
ラインナップ
 バルセロナ
   07 ビジャ    10 メッシ    17 ペドロ

   08 イニエスタ  16 ブスケシュ  06 シャビ

22 アビダル  03 ピケ  05 プジョル   02 Dアウベス

           01 バルデス
  サブ
    13 ピント  19 マクスウェル  21 アドリアーノ  16 マスチェラーノ
    15 ケイタ  09 ボージャン   11 ジェフレン
  監督
    ジョゼップ・グアルディオラ
 Rマドリー
            09 ベンゼマ

   22 ディ・マリア   23 エジル    07 ロナウド

         14 アロンソ    22 ケディラ

  12 マルセロ  02 カルバーリョ  03 ペペ  04 Sラモス

            01 カシージャス
  サブ
    25 デュデク   18 アルビオル  17 アルベロア  21 Pレオン
    06 Mディアラ  10 Lディアラ  20 イグアイン
  監督
    ジョゼ・モウリーニョ
前半:試合展開
 04 RMA    :ロナウド右クロス                    GKキャッチ
 04 BAR    :バルデス、手を痛めている→治療後復帰
 06 BAR SOG:メッシ右S                      ☆左ポスト
 10 BAR SOG:イニ左クロス→シャビ中TS            GOAL★BAR 1-0 RMA
 12 RMA SOG:ディマリア左MS                   ☆GKセーブ(CK)
 13 RMA    :左CK:エジル
 14 RMA    :ロナウド左クロス→                   DFクリア(CK)
 15 RMA SOG:右CK:→Sラモス中HS                枠上
 18 BAR SOG:ビジャ左クロス→ペドロ中S            GOAL★BAR 2-0 RMA
 20 BAR OFF:ビジャ                         オフサイド
 21 RMA    :ベンゼマ左クロス                    枠上
 24 BAR    :ペドロ右クロス                     DFクリア(CK)
 29 BAR    :Dアウベス右クロス                   DFクリア
 33 BAR ▲YC:バルデス、ロナウドと言い合い           CARD▲バルデス
 33 RMA ▲YC:ロナウド、バルデスと言い合い           CARD▲ロナウド
 34 BAR ▲YC:ビジャ、ケディラを倒す              CARD▲ビジャ

 35 RMA SOG:左FK:ロナウドS                  ※枠左(CK)
 36 RMA ▲YC:ペペ、メッシを妨害                CARD▲ペペ
 37 BAR OFF:ビジャ                         オフサイド
 39 RMA    :ロナウド、左ドリブル、エリア内で倒れる         笛無し
 41 BAR S  :メッシ中ドリブルS                   枠上
 43 RMA    :ロナウド左ドリブル、クロス               DFクリア(CK)
 44 RMA OFF:エジル                         オフサイド(2-2)
 44 RMA SOG:ロナウド中ミドルS                   GKキャッチ
 45 BAR ▲YC:メッシ、カルバーリョともめる           CARD▲メッシ
前半:コメント
 バルセロナ
   序盤、浮き足だったレアルを攻め立てて2ゴールをゲット、その後もポゼッションで優位に試合を
   進めてリードして終わる。スコアだけを見れば申し分ないが、メッシ、バルデス、ビジャという
   キープレイヤーがカードをもらっているのが気がかりな点。かなり荒れた展開だけに、カードには
   十分に注意したい。
 Rマドリー
   序盤流れの悪いときに2失点を喫したものの、徐々に持ち直してどうにか2点差での折り返し。
   バルサの攻撃を押さえられず、攻撃の手も無いと八方ふさがりの状況…。決定機がディマリアの
   シュートのみと言うのは若干寂しくはある。エジル、ロナウド、ディマリアが守備をしないのなら
   もう少し攻撃に手をかけたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  2   7   4   3   7   61   3   0   0
    Rマドリー  0   5   2   5   2  39   2   0   0
後半:試合展開
 46 RMA 交代1:エジル(OUT)、Lディアラ(IN)
 48 BAR SB :こぼれ→ビジャ左S                  ☆DFブロック
 51 RMA ▲YC:アロンソ、ブスケシュを倒す            CARD▲アロンソ
 52 BAR SOG:メッシ中→GK→シャビ右S              ※枠右
 55 BAR SOG:メッシ中スルーP→ビジャ中S           GOAL★BAR 3-0 RMA
 58 BAR SOG:メッシ中スルーP→ビジャ左S           GOAL★BAR 4-0 RMA

 59 BAR OFF:メッシ                         オフサイド
 60 RMA 交代2:マルセロ(OUT)、アルベロア(IN)
 61 RMA S  :左FK:ロナウドS                   枠左
 65 BAR S  :中FK:ロングS                    枠上
 71 RMA ▲YC:カルバーリョ                   CARD▲カルバーリョ
 72 RMA ▲YC:Sラモス、ビジャを倒す              CARD▲ラモス
 75 RMA ▲YC:ケディラ、イニを倒す               CARD▲ケディラ

 76 BAR 交代1:ビジャ(OUT)、ボージャン(IN)
 77 BAR    :中スルーP→ボージャン中ドリブル、倒れる        笛無し
 77 BAR SOG:ボージャン右S                    ※GKセーブ
 81 BAR ▲YC:プジョル                     CARD▲プジョル
 87 BAR 交代2:シャビ(OUT)、ケイタ(IN)
 82 BAR 交代3:ペドロ(OUT)、ジェフレン(IN)

 +1 BAR SOG:ボヤン右クロス→ジェフレン左S          GOAL★BAR 5-0 RMA
 +3 BAR ▲RC:Sラモス、メッシを倒す              退場▼Sラモス
 +4 BAR ▲YC:シャビ                      CARD▲シャビ

後半:コメント
 バルセロナ
   ビジャがスペースの裏に抜け出しての2ゴールで早々に勝負を決める。4点差にした時点で
   相手が完全に集中力を失いカードを連発、後は試合をうまく終わらせるだけとなった。スコア
   としては文句の付けようはないが、5枚のカードというのはクラシコという舞台の特殊性を
   考えても、もう少しどうにかしたかったところ。とりあえずマドリーを抜いて首位に立ったが、
   順位に関しては現時点ではさほど意味はないだろう。
 Rマドリー
   後半開始早々にエジルに替えてLディアラを投入するもバルサの攻撃の流れは止められず。
   4失点目を奪われたところでマルセロに替えてアルベロアを投入せざるを得ないほど、攻撃
   では何も出来ず。その後、切れたファールでカードを連発、最後にはSラモスがメッシに
   後方からタックルを食らわせて退場となった。監督の手腕どうこう以前に、自分たちの
   流れを掴めないときにどうしようもなかった選手の未熟さが目立った結果とも言える。
   守備的な戦いを選択しなかった時点で敗戦は想定内だったかもしれないが、ここまで大差を
   付けられると予想した人はいなかっただろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  5   14   8   3  11   67   5   0   -
    Rマドリー  0   6   2   6  18  32   7   1   -

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/28

[Premier League 10/11] #15 トットナム v リバプール

スタジアム
  ホワイト・ハート・レーン  ロンドン
  気温: 2度  湿度:65%  天候:だいたい曇り
直前オッズ
  TOT v LIV 2.05 3.40 3.50
試合結果
  トットナム 2 - 1 リバプール  Att: 35,962
主審
  マーティン・アトキンソン
ラインナップ
 トットナム
             15 クラウチ

  03 ベール       11 Vファールト     07 レノン

          14 モドリッチ  12 パラシオス

  32 アスエコト  13 ギャラス   04 カブール  02 ハットン

            01 ゴメス
  サブ
    23 クディチーニ  19 バソング   22 コルルカ  21 クラニチャル
    30 サンドロ  09 パブリチェンコ  18 デフォー
  監督
    ハリー・レドナップ
 リバプール
            09 トーレス    18 エンゴグ

  17 マキシ                       18 カイト

            21 ルーカス    04 メイレレス

  03 コンチェスキー  37 シュクルテル  23 キャラガー  02 ジョンソン

               25 レイナ
  サブ
    01 ジョーンズ  06 アウレリオ   16 キルギアコス  28 ポウルセン
    33 シェルビー  14 ヨハノビッチ  19 バベル
  監督
    ロイ・ホジソン
前半:試合展開
 05 TOT SOG:レノン右クロス→モドリッチ中S             GKキャッチ
 08 LIV OFF:トーレス→マキシ                    オフサイド
 09 LIV S  :マキシ左S                       枠右
 10 TOT SOG:クラウチ中落→Vファールト左ヒール           GKキャッチ
 10 TOT    :Vファールト、足を痛めてピッチ外へ
 12 TOT 交代1:Vファールト(OUT)、デフォー(IN)
 14 TOT SOG:モドリッチ左クロス→デフォー中BS           GKキャッチ
 18 LIV SOG:マキシ中ミドルS                   ☆GKセーブ(CK)
 21 TOT S  :中FK:カブールS                   枠上
 22 LIV SB :ルーカス中ミドルS                   DFブロック(CK)
 23 LIV SOG:カイト右BS                      GKセーブ(CK)
 24 LIV ▲YC:メイレレス                    CARD▲メイレレス
 26 TOT    :ハットン右ドリブル、エリア内で倒れる          笛無し
 29 LIV ▲YC:コンチェスキー、ベイルを倒す           CARD▲コンチェスキー
 31 TOT    :モドリッチ右クロス→                 ※GKセーブ
 31 TOT SOG:こぼれ→デフォー中S                 ☆DFブロック
 33 LIV S  :カイト右クロス→エンゴグ右HS             枠右
 35 TOT    :カブール、足を痛めている
 36 TOT 交代2:カブール(OUT)、バソング(IN)
 40 LIV SOG:メイレレス中ミドルS                 ☆GKセーブ(CK)
 40 LIV ▲YC:キャラガー、モドリッチを倒す           CARD▲キャラガー
 41 TOT S  :中FK:ベイルS                   ※枠右
 42 LIV SOG:中FK:メイレレス→こぼれ→シュクルテル中S   GOAL★TOT 0-1 LIV
 43 TOT SOG:パラシオス中S                     GKキャッチ
 +1 LIV    :トーレス中→マキシ中ドリブル             ※S出来ず
 +2 LIV SB :トーレス左ドリブルS                   DFブロック(CK)
前半:コメント
  双方とも前線やサイドのスピードを活かしたカウンターからチャンスを作るシーンが目立った。
  どちらかというと決定機が多かったのはリバプールだが、これはトーレスという世界レベルの
  FWの差か。DFラインに課題の多すぎるスパーズにしては、うまく1点に押さえた印象だが、
  ぜんはんで二人負傷退場は厳しすぎる。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  0   8   5   2   2   54   0   0   0
    リバプール  1   9   7   6   6  46   3   0   0
後半:試合展開
 50 TOT SOG:右CK:→クラウチ左返→デフォー中S          GKキャッチ
 52 TOT SOG:レノン右クロス→こぼれ→ベイル中S          ☆GKセーブ
 53 TOT S  :アスエコト中ミドルS                  DFブロック(CK)
 59 TOT SOG:中FK:ベイルS→エンゴグ               ハンド(PK)
 60 LIV ▲YC:シュクルテル                   CARD▲シュクルテル
 60 TOT S  :PK:デフォーS左下                 ※枠左
 66 TOT    :モドリッチ左ドリブル、クロス→DF        GOAL★TOT 1-1 LIV
 67 TOT S  :ハットン中ミドルS                   枠右
 70 LIV    :カイト右エリア内で倒れる                笛無し
 71 LIV SOG:トーレス中ミドルS                   GKキャッチ
 74 LIV    :エンゴグ、足を痛めて退場
 74 LIV 交代1:エンゴグ(OUT)、アウレリオ(IN)
 84 LIV S  :メイレレス中ミドルS                 ※枠右
 84 TOT S  :モドリッチ中MBS                   枠右
 86 LIV 交代2:キャラガー(OUT)、キルギアコス(IN)
 88 LIV ▲YC:ジョンソン                    CARD▲ジョンソン
 89 TOT OFF:クラウチ中落→レノン右返→デフォーS→G        オフサイド
 90 LIV S  :マキシ左S                       枠上
 +2 TOT SOG:レノン中ドリブルS                GOAL★TOT 2-1 LIV
 +3 TOT 交代3:デフォー(OUT)、サンドロ(IN)
 +6 TOT S  :レノン左ドリブルS                  ※枠右
後半:試合展開
  後半は完全にスパーズのペース、66分にモドリッチのクロスがオウンゴールを呼んで同点、さらに
  ロスタイムにレノンがドリブルシュートを決めて逆転した。ベイルを気にかけすぎたと言うわけでも
  ないだろうが、今日はレノンにしてやられた印象が強い。スパーズが守備の不安を感じさせないくらい
  攻め立てて逆転と、自分たちの長所を出して勝利を掴んだと言えるだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  2   20  13   5   6   51   0   0   -
    リバプール  1   12   8   8  16  49   5   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #15 ニューカッスル v チェルシー

スタジアム
  セント・ジェームス・パーク  ニューカッスル 
  気温:-1度  湿度:90%  天候:やや曇り
試合結果
  ニューカッスル 1 - 1 チェルシー  Att: 46,469
直前オッズ
  NCU v CHE 17.00 5.00 1.14
主審
  アンドレ・マリナー
ラインアップ
 ニューカッスル
            09 キャロル   23 アメオビ

  18 グティエレス                   08 ガスリー

            08 ガスリー   24 ティオテ

  03 ホセ・エンリケ  05 キャンベル  27 テイラー   12 シンプソン 

                26 クルー
  サブ
    33 ソダーベルグ  14 パーチ  28 カダル  17 スミス
    11 ローベンクランズ  20 ベスト  30 レンジャー
  監督
    クリス・ヒュートン
 チェルシー
       21 カルー   11 ドログバ  39 アネルカ 

       15 マルダ   12 ミケル   07 ラミレス

  03 Aコール  33 アレックス  02 イバノビッチ  17 ボジングワ

              01 チェフ
  サブ
    22 ターンブル  19 フェレイラ  38 アーンホルト  43 ブルマ
    46 マクエーラン  23 スタリッジ  44 カクタ
  監督
    カルロ・アンチェロッティ
前半:試合展開
 02 NCU SOG:左FK:→シンプソン中HS              ☆GKセーブ
 02 NCU S  :こぼれ→アメオビ右BS                ※枠右
 06 NCU SOG:DFパスミス→キャロル中S            GOAL★NCU 1-0 NCU
 08 CHE    :ドログバ左クロス                    あわず
 14 CHE    :コール左クロス                     DFクリア
 19 CHE SOG:ドログバ左ドリブルS                 ※GKセーブ(CK)
 21 CHE ▲YC:ラミレス、グティを引っかける           CARD▲ラミレス
 25 NCU    :ラウトリッジ右クロス→アメオビ左返           GKキャッチ
 27 NCU    :右CK:マルダ                     DFクリア(CK)
 30 NCU S  :グティ中ミドルS                    枠上
 31 CHE S  :ミケル中ミドルS                    枠上
 45 CHE SOG:ドログバ中→カルー中S              GOAL★NCU 1-1 CHE
前半:コメント
  序盤、凍ったピッチに苦戦したせいもあってかチェルシーがドタバタと自分達の持ち味を出せず、
 パスミスからキャロルに先制点を許す。その後もニューカッスルの攻撃にたじたじの状態が続いた
 ものの、終了直前にカルーが決めて同点に追い付く。理想的な時間に追い付いたこともあり、後半、
 一気に押し切る流れか。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  ニューカッスル  1   4   2   1   3   47   0   0   0
    チェルシー  1   6   5   4   5  53   1   0   0
後半:試合展開
 56 CHE SOG:中フィード→ドログバ左S               ※GKセーブ
 60 NCU SOG:ラウトリッジ右クロス→キャロル中HS          GKキャッチ
 62 NCU SOG:ラウトリッジ右S                   ☆DFブロック
 64 NCU OFF:キャロル                        オフサイド
 66 CHE S  :アネルカ中ミドルS                  ※枠左
 69 CHE OFF:ドログバ                        オフサイド
 70 CHE SOG:右CK:マルダ→イバノビッチ中HS          ※GKキャッチ
 76 CHE SOG:Aコール左BS                    ※GKセーブ
 77 CHE    :ドログバ中TS→G                   ハンド
 77 NCU 交代1:アメオビ(OUT)、レンジャー(IN)
 80 CHE SOG:アネルカ左クロス→カルー左S             ☆GKセーブ
 80 CHE SOG:こぼれ→カルー左S                  ※枠左
 86 CHE S  :ドログバ中落→スタリッジ中S             ※枠右
 90 NCU ▲YC:ガスリー                     CARD▲ガスリー
後半:コメント
  後半はチェルシーが一方的に攻めて枠内シュート8本を放ったものの、クルルのセーブや運の
  無さに阻まれてゴールならず。アウェイでのドローとは言え、実力差を考えるとしっかり
  勝ち点3を失った感が強い。序盤の連携ミスからの失点といい、中でゴールを押し込む
  人材の不足といい、ランパードとテリーとカルバーリョの不在はやはり大きいと言わざるを
  得ない。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  ニューカッスル  1   5   3   6   9   43   2   0   -
    チェルシー  1   17   13   7  11  57   1   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/27

[Serie A 10/11] #14 サンプドリア v ミラン

スタジアム
  ルイジ・フェラーリス  ジェノア
  気温: 9度  湿度:46%  天候:だいたい曇り
直前オッズ
  SAM v MIL 3.40 3.20 2.10
試合結果

  サンプドリア 1 - 1 ミラン  Spettatori: 8277
主審
  Mazzoleni di Bergamo
ラインナップ
 サンプドリア
           89 マリルンゴ    10 パッツィーニ

  08 グベルティ                     07 マンニーニ

           12 ティソーネ    17 パロンボ

  03 ツィーグラー  28 ガスタルレッロ  06 ルッチーニ  26 ボルタ

               85 クルチ
  サブ
    01 ダ・コスタ  19 カシアトーレ  05 アカルディ  04 ドッセーナ
    16 ポリ  11 コマン  09 ポッツィ
  監督
    ドメニコ・ディ・カルロ
 ミラン
         70 ロビーニョ     11 イブラ

              10 セードルフ

     27 ボアテング   23 アンブロジーニ  08 ガットゥーゾ

  25 ボネーラ  33 Tシウバ     13 ネスタ    20 アバーテ

           32 アッビアーティ
  サブ
    01 アメリア  19 ザンブロッタ  76 イェペス  18 ヤンクロフスキ
    14 ストラッサー  16 フラミニ  80 ロニー
  監督
    マッシミアーノ・アッレグリ
前半:試合展開
 01 MIL SOG:ロビーニョ中ドリブルS                 GKキャッチ
 14 MIL SOG:中FK:イブラS                    GKキャッチ
 22 MIL S  :ロビーニョ中S                     枠右
 28 MIL SOG:セードルフ中ミドルS                  GKキャッチ
 34 SAM    :マンニーニ右クロス                   DFクリア(CK)
 41 MIL S  :右CK:ロビーニョ→ガットゥーゾ中S          枠上
 43 MIL SOG:イブラ右クロス→ロビーニョ中S          GOAL★SAM 0-1 MIL
前半:コメント
  ミランの一方的なペースで支配率、シュートとも大きくサンプを上回る。サンプはミランの
  攻撃を防ぐのが精一杯で攻めの形を作れず。ミランも点は取ったものの、数字ほど押している
  印象はないので、もう1点とって楽になりたい。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   サンプドリア  0   2   0   3   6   41   0   0   3
      ミラン  1   9   6   5   5  59   0   0   2
後半:試合展開
 60 SAM SOG:左CK:→ガスタッレッロ中H→パッツィーニ中HS GOAL★SAM 1-1 MIL
 63 SAM SOG:グベルティ左S                     GKキャッチ
 65 SAM 交代1:グベルティ(OUT)、コマン(IN)
 67 SAM 交代2:マリルンゴ(OUT)、ポッツィ(IN)

 69 SAM SOG:コマン左クロス→ポッツィ中HS            ☆GKセーブ(CK)
 76 MIL SOG:セードルフ中S                    ☆GKセーブ
 81 MIL S  :ロビーニョ左ミドルS                  枠右
 83 MIL SB :イブラ中MS                      DFブロック
 90 MIL 交代1:ボアテング(OUT)、フラミニ(IN)
 +1 MIL 交代2:セードルフ(OUT)、ロニー(IN)

 +3 MIL S  :ロビーニョ右S                     枠左(CK)
後半:コメント
  60分にサンプがセットpれいから同点に追い付き、その後はミランが一方的に攻めたものの
  ゴールを奪えず。試合全体を通すとミランが圧倒的に優勢だっただけに、この勝ち点1は
  悔やまれるところ。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   サンプドリア  1   5   4   5   18   --   0   0   4
      ミラン  1   17   10  10  12  --   0   0   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #15 Aヴィラ v アーセナル

スタジアム
  ヴィラ・パーク  バーミンガム
  記音: 0度  湿度:87%  天候:やや曇り
直前オッズ
  AVI v ARS 4.00 3.60 1.85
試合結果
  アストンヴィラ 2 - 4 アーセナル
主審
  マーク・クラッテンバーグ
ラインナップ
 アストンヴィラ
             10 カリュウ

  07 Aヤング      08 ピレス      06 ダウニング

         21 クラーク  25 バナン

  03 ウォーノック  05 ダン  29 コリンズ  02 Lヤング

          01 フリーデル
  サブ
    22 グザン  23 ベイ   30 リチャ  09 アイルランド
    28 フォグ  31 へード  14 デルフォンソ
  監督
    ジェラール・ウリエ
 アーセナル
               29 シャマフ

  23 アルシャビン  07 ロシツキ   19 ウィルシャー  08 ナスリ

            17 ソング

  22 クリシー    06 コシルニー  18 スキラッチ   03 サニャ

            21 ファビアンスキ
  サブ
    53 シュゼスニー  20 ジュルー   28 ギブス  14 ウォルコット
    15 デニウソン   10 Vペルシー  52 ベントナー
  監督
    アーセン・ベンゲル
前半:試合展開
 01 ARS SOG:DFカット→アルシャビン→シャマフ右S        ☆GKセーブ
 04 ARS S  :ロシツキ右S                     ※枠左
 06 ARS S  :シャマフ中S                      枠右
 17 ARS SB :アルシャビン左S                    DFブロック(CK)
 25 AVI S  :ダウニング右クロス→ヤング左S            ※枠上
 26 ARS OFF:シャマフ                        オフサイド
 36 ARS SB :ナスリ中S                       味方に当たる
 39 ARS SOG:アルシャビン左ドリブルS             GOAL★AVI 0-1 ARS
 40 ARS SOG:アルシャビン→ナスリ左S               ※枠左
 44 ARS SOG:サニャ右クロス→シャマフ中HS            ☆GKセーブ(CK)
 45 ARS SOG:左CK:アルシャビン→ナスリ右BS        GOAL★AVI 0-2 ARS
前半:コメント
  アーセナルがいつものように高いポゼッションでゲームを支配するもなかなか決定機を作れず。
  それでも39分にアルシャビンはドリブルで相手を抜いてのゴール、さらにCKからシャマフが
  決めて2点差で終了。流れ的にはこの2点で決まるはずだが、最近守備は不安定なだけに
  まだまだ安心は出来ない。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     Aヴィラ  0   6   4   3  10   40   0   0   1
    アーセナル  2   17   10   8   7  60   0   0   1
後半:試合展開
 46 AVI 交代1:ピレス(OUT)、デルフォンソ(IN)
 52 AVI SOG:クラーク中ミドルS                GOAL★AVI 1-2 ARS
 53 AVI ▲YC:クラーク                     CARD▲クラーク
 56 ARS SOG:ロシツキ中スルーP→シャマフ中S         GOAL★AVI 1-3 ARS
 67 AVI 交代2:カリュウ(OUT)、アイルランド(IN)
 68 AVI S  :Lヤング右クロス→こぼれ→クラーク中S        ※枠右
 70 AVI    :アイルランド右クロス                  DFクリア(CK)
 71 AVI SOG:右CK:ダン中H→クラーク中HS         GOAL★AVI 2-3 ARS
 73 ARS S  :アルシャビン中ミドルS                 枠上
 77 AVI ▲YC:シャマフ                     CARD▲シャマフ
 84 ARS S  :アルシャビン左ドリブル→ウィルシャーS         枠上
 85 ARS 交代1:ナスリ(OUT)、ギブス(OUT)
 85 ARS 交代2:アルシャビン(OUT)、デニウソン(IN)
 86 AVI 交代3:バナン(OUT)、ハード(IN)

 +3 ARS SOG:シャマフ左→ウィルシャー中S           GOAL★AVI 2-4 ARS
 +4 ARS 交代3:ロシツキ(OUT)、ジュルー(IN)
後半:コメント
  後半も2点を取ったのは評価出来るものの、2失点を喫したのはいただけない。攻撃の切れ目
  で集中力を失う場合があることと、セットプレイの守備に穴があるのが一向に改善されない
  のは、伝統的な持ち味とはいえ気になるところ。セスクやVペルシーが不在でも4得点を獲った
  攻撃勢については評価していいだろう。国内では強豪同士はともかく、通常の戦いなら問題無い
  レベルであるのは確か。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     Aヴィラ  0   1   0   1   3   30   0   0   1
    アーセナル  2   11   7   7   2  70   0   0   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #15 マンU v ブラックバーン

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
  気温: 0度  湿度:64%  天候:曇り時々晴れ
直前オッズ
  MAU v BLA 1.28 5.00 11.00
試合結果
  マンU 7 - 1 ブラックバーン  Att: 74,850
主審
  リー・プロバート
ラインナップ
 マンU
        10 ルーニー    09 ベルバトフ

  13 パク                 17 ナニ

        08 アンデルソン  16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ   05 リオ  21 ラファエル

           01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク   22 オシェイ  23 エバンス  11 ギグス
    24 フレッチャー  14 エルナンデス  26 オベルタン
  監督
    アレックス・ファーガソン
 ブラックバーン
             30 ロバーツ

  10 ディウフ      08 ダン       07 エマートン

          28 ジョーンズ 26 グーロン  

  39 シンボンダ  06 ネルセン  04 サンバ  27 サルガド

           01 ロビンソン
  サブ
    13 バン  05 ギブ  31 ハンリー  33 モリス  14 リンガンジ
    21 ムワルワリ  23 ホイレット
  監督
    サム・アラダイス
前半:試合展開
 02 MAU SOG:ナニ左クロス→ルーニー中H→ベルバ中HS     GOAL★MAU 1-0 BLA
 11 MAU SB :ナニ右S                       GKキャッチ
 23 MAU SOG:パク、ルーニー1,2S              GOAL★MAU 2-0 BLA
 27 MAU SOG:DF→カット→ベルバトフ中1対1S        GOAL★MAU 3-0 BLA

 29 BLA 交代1:グロン(OUT)、ホイレット(IN)
 31 BLA ▲YC:サルガド                     CARD▲サルガド
 +1 BLA ▲YC:ディウフ、エブラにタックル            CARD▲ディウフ

前半:コメント
  開始早々のベルバトフのゴール、そしてパクの2点目で試合がほぼ決まった印象。そもそも
  シュート0本と言う時点で手立て無しとしかいいようがない。後は、自暴自棄になった相手
  うまくいなして怪我やカード無しに試合を終えるだけ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  3   6   3   4   1   60   0   0   2
  ブラックバーン  0   0   3   1   5  40   2   0   0
前半:試合展開
 47 MAU SOG:ナニ右クロス→ベルバトフ中S           GOAL★MAU 4-0 BLA
 48 MAU SOG:ナニ右ドリブルS                 GOAL★MAU 5-0 BLA

 52 BLA 交代2:エマートン(OUT)、リンガンジー(IN)
 52 BLA 交代3:ディウフ(OUT)、モリス(IN)

 60 MAU    :ナニ右クロス→エブラ                  あわず
 62 MAU SOG:ラファエル右クロス→パク→ベルバ中S       GOAL★MAU 6-0 BLA
 64 MAU 交代1:ビディッチ(OUT)、エバンス(IN)
 70 MAU SOG:ベルバトフ右S                  GOAL★MAU 7-0 BLA
 72 MAU 交代1:パク(OUT)、オベルタン(IN)
 80 BLA SOG:左FK:→中HS                    GKキャッチ
 80 MAU SOG:オベルタン左ドリブルS                ※GKセーブ
 83 BLA SOG:左クロス→サンバ中HS              GOAL★MAU 7-1 BLA
 89 MAU SOG:ルーニー右クロス→ベルバ中HS            ☆GKセーブ
後半:コメント
  後半に入ってもマンUの勢いは止まらず、ベルバトフが5ゴールの大活躍でローバーズを
  一蹴した。シュート15本とさほど多いとは言えないシュート数で7ゴールということは、
  いかに効率の良い攻めをしたかということだろう。ユナイテッドに取ってはルーニーに
  ゴールが奪えなかったのが心残りか。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  7   15  11   5   6   59   0   0   -
  ブラックバーン  1   3   2   2   6  41   2   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/23

[INDEX] 2011年01月アニメ新番組(101123版)

■フリージング  http://freezing.tv/index2.html
  放送予定
    2011年1月より、チバテレビ他U局系およびAT-Xにて放映予定!
  キャスト
    サテライザー=エル=ブリジット  :能登麻美子
    ラナ=リンチェン         :花澤香菜
    カズヤ=アオイ          :市来光弘
    ガネッサ=ローランド       :喜多村英梨
    アーサー=クリプトン       :岡本信彦
    ヒイラギ=カホ          :大久保瑠美
    シフォン=フェアチャイルド    :井上麻里奈
    イングリッド=バーンシュタイン  :小清水亜美
    レオ=バーナード         :椎橋和義
    クレオ=ブランド         :橘田いずみ
    アーネット=マックミルラン    :浅川悠
    アティア=シモンズ        :植田佳奈
    ミヤビ=神無月          :桑谷夏子
    ティシー=フェニール       :内田彩
    エリザベス=メイブリー      :甲斐田裕子
    キム=ユミ            :渡辺明乃
    エリズ=シュミッツ        :水沢史絵
    シスター=マーガレット      :高橋理恵子
  プロモ
    第一弾 http://freezing.tv/special/index.html
  つぃったー
    フリージング @freezing_anime http://twitter.com/freezing_anime
  ブログ他
    フリージングTV   http://freezing.tv/
    オフィシャルブログ  http://www.freezing.tv/blog/
  ラジオ
    無し

■IS<インフィニット・ストラトス>   http://www.tbs.co.jp/anime/is/
  放送予定
    TBS、BS-TBSにて、2011年1月放送開始予定   他 CBC、サンテレビ、KBS京都
  キャスト
    織斑一夏(おりむら いちか)  : 内山昂輝
    篠ノ之箒(しののの ほうき)  : 日笠陽子
    セシリア・オルコット     : ゆかな
    凰鈴音(ファン・リンイン)  : 下田麻美
    シャルル・デュノア      : 花澤香菜
    ラウラ・ボーデヴィッヒ    : 井上麻里奈
    織斑千冬(おりむら ちふゆ)  : 豊口めぐみ
    山田真耶(やまだ まや)    : 下屋則子
    篠ノ之束(しののの たばね)  : 田村ゆかり
    五反田蘭(ごたんだ らん)   : 小幡記子
    五反田弾(ごたんだ だん)   : 保村 真
  プロモ
    第1弾、第2弾 http://www.tbs.co.jp/anime/is/pv/pv.html
  つぃったー
    IS<インフィニット・ストラトス> @is_anime http://twitter.com/is_anime
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! http://www.starchild.co.jp/special/oniichan/  (ディザ-)
  放送予定
    2011年1月よりU局他
  キャスト
    高梨修輔 :豊永利行
    高梨奈緒 :喜多村英梨
    土浦彩葉 :井上麻里奈
    近藤繭佳 :荒浪和沙
    楠原尋乃 :白石涼子
    加藤春華 :中村繪里子
    高梨修司 :荻原秀樹
    高梨菜々香:大原さやか
    ほか
  プロモ
    無し
  つぃったー
    無し
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■ドラゴンクライシス  http://dragoncrisis.jp/
              http://www.kids-station.com/minisite/dragoncrisis/
  放送予定
    2011年1月 キッズステーション他
  キャスト
    ローズ  :釘宮理恵
    如月竜司 :下野 紘
    七尾英理子:ゆかな
    江藤実咲 :仁後真耶子
    マルガ  :堀江由衣
    アイ   :いのくちゆか
  プロモ
    MOVIE http://dragoncrisis.jp/special/movie.html
  つぃったー
    無し
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■魔法少女まどか★マギカ
  http://www.madoka-magica.com/top.html 
  放送予定
    2011年1月より放送予定
  キャスト
    鹿目 まどか(かなめ まどか)  声 - 悠木碧
    暁美 ほむら(あけみ ほむら)  声 - 斎藤千和
    巴 マミ(ともえ まみ)     声 - 水橋かおり
  プロモ
    トップページ http://www.madoka-magica.com/top.html
  つぃったー
    魔法少女まどか☆マギカ @madoka_magica http://twitter.com/madoka_magica
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■夢喰いメリー http://www.tbs.co.jp/anime/yumekui/index-j.html
        http://yumekuimerry.com/  (公式ファンサイト)
  放送予定
    TBS・BS-TBSにて2011年1月放送予定!
  キャスト
    メリー・ナイトメア    : 佐倉綾音
    藤原夢路(ふじわら ゆめじ) : 岡本信彦
    橘 勇魚(たちばな いさな) : 茅野愛依
    光凪由衣(こうなぎ ゆい)  : 秋谷智子
    エンギ・スリーピース    : 遠藤 綾
  プロモ
    http://www.tbs.co.jp/anime/yumekui/pv.html
  つぃったー
    cafe_sto  @cafe_sto http://twitter.com/cafe_sto
  ブログ他
    ブログ http://yumekuimerry.com/blog/
    携帯サイト
  ラジオ
    無し

■これはゾンビですか?  http://newtype.kadocomic.jp/zombie/  (ディザーサイト)
  放送予定
    2011年冬 TVK他にて放映予定
  キャスト
    ハルナ                 野水伊織
    相川歩                 間島淳司
    セラフィム(通称:セラ)        日笠陽子
    メイル・シュトローム(通称:トモノリ) 金元寿子
    織戸                  吉野裕行
    平松妙子                山口理恵
  プロモ
    無し
  つぃったー
    【ハルナ】これはゾンビですか? @zombie_haruna http://twitter.com/zombie_haruna
    【ユー】これはゾンビですか?  @zombie_you   http://twitter.com/zombie_you
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■みつどもえ 第2期 http://www.mitsudomoe-anime.com/
  放送予定
    2011年1月より 放送開始
  キャスト
    省略
  プロモ
    http://www.mitsudomoe-anime.com/special/index.html
  つぃったー
    みつどもえ @mitsudomoe325 http://twitter.com/mitsudomoe325
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    みつどもえラジオ「3ちゃんねる」 http://www.mitsudomoe-anime.com/radio/index.html

■君に届け 2ND SEASON http://www.ntv.co.jp/kiminitodoke/
  放映予定
    日本テレビ系 1月4日(火)24:59~
  キャスト
    黒沼 爽子(くろぬま さわこ)【貞子/爽子】    能登 麻美子
    風早 翔太(かぜはや しょうた)【風早/しょーた】 浪川 大輔
    吉田 千鶴(よしだ ちづる)【ちづ/ちー】     三瓶 由布子
    矢野 あやね(やの - )【やのちん/あやね】    沢城 みゆき
    真田 龍(さなだ りゅう)【龍】         中村 悠一
    胡桃沢 梅(くるみざわ うめ)【くるみ】     平野 綾
    三浦 健人                    宮野 真守
  プロモ公開場所
    無し
  つぃったー
    TVアニメ「君に届け」 @kimitodo_anime  http://twitter.com/kimitodo_anime
  ブログ他
    オフィシャルブログ  http://www.ntv.co.jp/kiminitodoke/blog/index.html
    ナビメール      https://cr.ntv.co.jp/mail/pg_update?type=p&program_id=2006
  ラジオ
    無し

■GOSICK-ゴシック-  http://www.gosick.tv/
  放映予定
    テレビ東京 1月7日(金) 毎週金曜  深夜1時23分~  他テレビ東京系にて
  キャスト
    ヴィクトリカ     放送をお楽しみに!
    久城一弥       江口拓也
    アブリル       放送をお楽しみに!
    グレヴィール     木内秀信
    セシル先生      鹿野優以
    コルデリア・ギャロ  沢城みゆき
    ブライアン・ロスコー 大川透
    ゾフィ        根谷美智子
  プロモ
    無し
  つぃったー
    無し
  ブログ他
    モバイルサイト  http://www.gosick.tv/mobile/index.html
  ラジオ
    無し

■放浪息子  http://www.houroumusuko.jp/
  放送予定
    2011年1月13日(木) 25:15より フジテレビ「ノイタミナ」他
  キャスト
    二鳥修一 *畠山航輔
    高槻よしの*瀬戸麻沙美
    千葉さおり*南里侑香
    佐々かなこ*南條愛乃
    更科千鶴 *千葉紗子
    白井桃子 *豊崎愛生
    有賀誠  *井口祐一
    二鳥真穂 *水樹奈々
    末広安那 *堀江由衣
    瀬谷理久 *松岡禎丞
    二宮文弥 *水原薫
    税所先生 *中井和哉
    しーちゃん*藤原啓治
    ユキさん *本田貴子
  プロモ
    プロモーションビデオ http://www.houroumusuko.jp/special/index.html
  つぃったー
    放浪息子 @hourou_anime http://twitter.com/hourou_anime/
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■フラクタル  http://fractale-anime.com/
  放送予定
    2011年1月13日(木)より放送開始
  キャスト
    心優しい草食系男子の主人公「クレイン」       小林ゆう
    フラクタルシステムを管理する若き巫女「フリュネ」  津田美波
    無邪気で好奇心旺盛なドッペル「ネッサ」       花澤香菜
    「ロストミレニアム」運動を推進する元気娘「エンリ」 井口裕香
    エンリの兄、グラニッツ一家のリーダー「スンダ」   浅沼晋太郎
  プロモ
    無し
  つぃったー
    無し
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■べるぜバブ 
  放送予定
    2011年1月から地上波全国ネット
  キャスト
    男鹿 :小西克幸さん
    ベル坊:沢城みゆきさん
    ヒルダ:伊藤静さん
    古市 :水島大宙さん
    東条 :関智一さん
    邦枝 :豊崎愛生さん
  プロモ
    無し
  つぃったー
    無し
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■レベルE  http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/level-e/
  放送予定
    2011年1月 テレビ東京他にに
  キャスト
    王子      浪川大輔
    クラフト    子安武人
    筒井雪隆    細谷佳正
    江戸川美歩   明坂聡美
    サド      高塚正也
    コリン     朝比奈拓見
    ナレーション  立木文彦
  プロモ
    プロモーション http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/level-e/
  つぃったー
    無し
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■カードファイト!! ヴァンガード http://cf-vanguard.com/
  放送予定
    テレビ東京系6局 1月8日(土)8:00~ 
  キャスト
    未発表
  プロモ
    http://cf-vanguard.com/
  つぃったー
    無し
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■ウルヴァリン  http://www.animax.co.jp/marvelanime/wolverine/
  放送予定
    2011年1月7日(金) アニマックスにて放送開始
  キャスト
    未発表
  プロモ
    http://www.animax.co.jp/marvelanime/wolverine/
  つぃったー
    無し
  ブログ他
    無し
  ラジオ
    無し

■更新履歴
 10/11/23 16番組でスタート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/22

[REVIEW] Harry Potter and the Deathly Hallows: Part I

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 http://harrypotter.warnerbros.co.jp/hp7a/

  よくできた「ハリーポッター」でした。第7作とかまでくるとファンタジーとかアクションとか言うまでに、もう「ハリーポッターでした」としか言いようがないというのが正直な感想。ハリーポッター好きの皆さんには楽しめるし、映画ファンにも間違いなく楽しめる娯楽作品ではあるけれど、嫌いな人には…と言う感じです(当たり前と言えば当たり前ですが)。
  とりあえず、ハーマイオニーさんともう一人の白い人は可愛いです。そんな可愛いハーマイオニーさんと野郎二人が行動を共にしてます。青春真っ盛りだから、色々あったりなかったりするわけです。ということでハリー君とハーマイオニーさんが、「あらら~」というような状況になっちゃってます。そして、ハリーのファンの皆さんにはもう一つ見所もあったりなかったり…。でも、氷の張った水の中に入ってどうしてそんなに元気なんだよ、ハリー君は…(笑)
  前6作を押さえていった方が分かりやすいとは思うのですが、まあ深く考えなくても大丈夫な気がします。とりあえず悪者と戦って、ハリー陣営が苦戦中と言うことだけ押さえておけばいいかと。ストーリーどうこう以前にアクションを楽しむ娯楽作だと思うので。それにしてはちょっと暗い作りになっているのは、原作の流れを踏襲しているとは言え大丈夫かな…と思ったり思わなかったりするわけで。
  ハリーポッターなのにカーチェイスが見れます。空を飛んだり地上を走ったりもあります。きっと3Dのために派手派手なシーンを盛り込んだのでしょうが、残念ながらそれは使えませんでした。それでも十分迫力ある映像似仕上がっています。ただ、カメラがブレブレと言うか、視線がついていかないほど激しい動きだったので、3Dにしたら色々困った状態になったんだろうなと言う気がしました。
  楽しめる映画ではあったのですが、最後に吹き替え勢のキャストがされなかったのが唯一納得いかないところではありました。まあ、メインキャストは変わってないと言う事なんでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/21

[Serie A 10/11] #13 キエーボ v インテル

スタジアム
  マルク・アントニオ・ベンテゴーティ  ベローナ
  気温:10度  湿度:89%  天候:小雨
試合結果
  キエーボ 2 - 1 インテル  Spettatori: 19268
直前オッズ
  CHI v INT 4.20 2.90 2.05
主審
  Rocchi di Firenze
ラインナップ
 キエーボ
         77 ティレオ   31 ペリッシェル

            21 コンスタンツ

     07 マルコリーニ  16 リゴーニ  06 フェルナンデス

  04 マントバーニ  12 セサル  03 アンドレオッリ  21 フレイ

          28 ソレンティーノ
  サブ
    18 スクイージ  20 サルド  05 マンデッリ  14 グアナ
    26 ボグリアチーノ  30 モスカルデッリ  11 グラノチェ
  監督
    ステファーノ・ビオリ
インテル
            09 エトゥ

    27 パンデフ   10 スナイデル    88 ビアビアニ

       05 スタンコビッチ  19 カンビアッソ

  04 サネッティ  02 コルドバ  06 ルシオ  39 サントン

             12 カステラッツィ
  サブ
    21 オルランドーニ  23 マテラッツィ  24 リバス  57 ナタリーノ
    30 マンシーニ  40 ヌワンコ  31 アリベク
  監督
    ラファエル・ベニテス
前半:試合展開
 05 CHI SOG:ティレオ中ミドルS                  ☆GKセーブ
 08 INT S  :エトゥ中ミドルS                    枠上
 09 INT OFF:パンデフ                        オフサイド
 12 CHI OFF:オフサイド
 13 INT SOG:パンデフ右S                     ☆右ポスト
 15 CHI OFF:オフサイド
 19 INT SOG:左FK:スナイデルS                 ※GKセーブ(CK)
 20 INT S  :サントン中ミドルS                   GKキャッチ
 23 CHI ▲YC:ティレオ
 25 INT S  :パンデフ左S                      枠上
 29 CHI SOG:右クロス→ペリッシェル中HS           GOAL★CHI 1-0 INT
 31 CHI SB :ペリッシェル右S                   ※DFブロック(CK)
 33 CHI ▲YC:フェルナンデス、スナイデルを倒す         CARD▲フェルナンデス
 33 INT ▲YC:コルドバ、ペリッシェルに膝蹴り          CARD▲コルドバ

 37 INT    :エトゥ、セサルに頭突き                 笛無し
 39 CHI OFF:オフサイド
 40 INT    :ビアビアニ、膝を押さえている
 45 CHI ▲YC:リゴーニ、パンデフを倒す             CARD▲リゴーニ
 +2 INT S  :中FK:スナイデルS                  枠左
 +3 CHI S  :中フィード→ペリッシェル中S             ※枠右
前半:コメント
  ピッチの悪さもあってインテルは繋ぐサッカーがほとんどできず。決定機はパンデフのシュートが
  ポストを叩いたシーンのみ。そしてコルドバとサントンという不慣れなDFラインの穴を突かれて
  ヘディングで先制を許す。チャンス的にもキエーボの方がチャンスが多かっただけに、1失点で
  すんだのはラッキー。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     キエーボ  1   5   2   3  11   39   3   0   4
     インテル  0   5   1   2   3  61   1   0   2
後半:試合展開
 47 INT    :サントン右クロス                    GKセーブ(CK)
 47 INT S  :右CK:スネイデル→デヤン中HS            枠右
 53 CHI S  :右CK:マルコリーニ→マントバーニ中落        ※DFクリア(CK)
 55 INT 交代1:カンビアッソ(OUT)、オビオラ(IN)
 56 INT S  :スネイデル右ミドルS                  枠上
 64 INT SOG:スタンコ中ドリブルRS                ☆GKセーブ
 65 CHI 交代1:マルコリーニ(OUT)、グアーナ(IN)
 66 CHI SOG:コンスタン中MBS                  ☆GKセーブ
 66 CHI S  :こぼれ→フェルナンデス左S              ※枠右
 68 INT SOG:エトゥ中S                      ☆GKセーブ
 68 INT 交代2:ビアビアニ(OUT)、アリベック(IN)
 68 CHI 交代2:ペリッシェル(OUT)、モスカルデッリ(IN)

 72 CHI SB :モスカルデッリ右ミドルS                DFブロック(CK)
 79 CHI SOG:コンスタンツ左ドリブルS                GKキャッチ
 82 INT SOG:コンスタンツ右クロス→モスカルデッリ中S     GOAL★CHI 2-0 INT
 87 CHI 交代3:コンスタンツ(OUT)、ボグリアチーノ(IN)
 87 INT S  :右CK:スネイデル→コルドバ中HS           枠上
 87 INT 交代3:スタンコビッチ(OUT)、マンシーニ(IN)
 +2 INT SOG:エトゥ中ドリブルS                   GKキャッチ
 +2 INT SOG:エトゥS                     GOAL★CHI 2-1 INT
後半:コメント
  後半、インテルが優勢に攻めつつもキエーボも譲らす、82分にモスカルデッリが決めて2対0、
 これでキエーボが大きく優位に立つ。インテルもロスタイムにエトゥが決めるも、結局1点どまり
 でキエーボが見事に金星を上げた。攻撃がエトゥ頼みという状況を打開できず勝ち点を失ったことは
 いただけない。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     キエーボ  2   13   4   6  15   36   3   0   4
     インテル  1   17   4   7  11  64   2   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/20

[PREMERA Div. 10/11] #12 ビジャレアル v バレンシア

スタジアム
  エル・マドリガル  ビジャレアル
試合結果
  ビジャレアル 1 - 1 バレンシア
ラインナップ
 ビジャレアル
     07 ニウマール   22 ロッシ

  08 カソルラ                  10 カニ

          21 ブルーノ   20 ボルハ

  11 カプデビラ  05 マルチェナ  02 ロドリゲス  06 アンヘル

              13 Dロペス
  サブ
   25 サンチェス  04 ムサッキオ  15 カタラ  17 マティジャ 
   19 セナ  09 ルベン  12 アルティドール
  監督
    ファン・カルロス・ガリード
 バレンシア
          11 アドゥリス
   19 パブロ             07 ホアキン

   23 ミゲル  24 Aコスタ  03 マドゥーロ  02 ブルーノ

     20 Rコスタ  04 ナバーロ  17 トバル  

             25 モヤ
   サブ
     13 グアイタ  15 デアルベルト  14 ロドリゲス  21 バネガ
     26 08 ドミンゲス  09 ソルダード
   監督
     ウナイ・エメリ
前半:試合展開
 03 VAL   19右クロス→アドゥリス中S                 DFブロック(CK)
 06 VIL S  :カニ中ミドルS                     枠上
 10 VAL    :ホアキン中→アドゥリス                 GKキャッチ
 12 VAL S  :ロッシ左→カプデビラ左S                枠上
 21 VAL SOG:ホアキン右クロス→アドゥリス中S→DFR     GOAL★VIL 0-1 VAL
 23 VIL S  :ロッシ左S                      ※枠左
 25 VAL OFF:ホアキン                        オフサイド
 28 VIL    :ボルハ、エリア内で倒れる                笛無し
 31 VIL SOG:左ロングS                       GKキャッチ
 31 VAL S  :中FK:→Rコスタ左HS                枠左
 33 VAL ▲YC:ナバーロ、相手を妨害               CARD▲ナバーロ
 33 VIL S  :中FK:カソルラ→ロドリゲス中HS           枠上
 35 VIL SOG:カプデビラ左ドリブルS                ※GKキャッチ
 37 VAL    :ナバーロ、担架で退場
 39 VAL 交代1:ナバーロ(OUT)、バネガ(IN)
 42 VIL OFF:中→カプデビラ中TS→S                オフサイド
 43 VIL S  :カニ中ドリブルS                   ※枠左
 +2 VIL S  :カソルラ左ドリブルS                 ※枠上
前半:コメント
  パスを繋いでチャンスを作るビジャレアルと、ロングフィードで裏のスペースを狙うバレンシアと
 どちらも持ち味を出してなんどか決定機を作った。ビジャレアルの方が優勢ではあったが、エリア内の
 微妙な判定や、相手の守備の頑張りでゴールならず。バレンシアの3バックの奇策も、ビジャレアルの
 混乱を誘ったが、もういい加減慣れたはず。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   ビジャレアル  0   9   2   1   1   55   0   0   -
    バレンシア  1   4   2   2  12  45   2   0   -
後半:試合展開
 48 VAL S  :エルナンデス左S                    枠上
 49 VIL ▲YC:バレーロ                     CARD▲バレーロ
 51 VIL S  :カプデビラ左S                     枠右
 57 VIL ▲YC:バネガ                      CARD▲バネガ
 58 VAL 交代2:ミゲル(OUT)、デアルベール(IN)
 60 VAL ▲YC:スタンケビチウス                 CARD▲スタンケビチウス

 60 VIL    :ロッシ左ドリブル、エリア内で倒れる           笛無し
 60 VIL    :カプデビラ、足をひねる→退場
 62 VIL 交代1:カプデビラ(OUT)、ルベン(IN)
 63 VAL ▲YC:ブルーノ                     CARD▲ブルーノ
 68 VIL SOG:ニウマール中ドリブルS                 GKキャッチ
 70 VIL 交代2:ボルハ(OUT)、セナ(IN)
 73 VIL SOG:ブルーノ左クロス→ロッシ中BS          GOAL★VIL 1-1 VAL
 75 VAL 交代3:アドゥリス(OUT)、ソルダード(IN)
 76 VAL S  :パブロ左S                       枠右
 81 VAL ▲YC:スタンケビチウス                 退場▼スタンケビチウス
 81 VAL ▲YC:ホアキン、抗議                  CARD▲ホアキン
 82 VIL SOG:中FK:→                      ※GKセーブ
 85 VAL ▲YC:コスタ                      CARD▲コスタ
 +1 VIL SOG:カソルラ中ミドルS                   GKキャッチ
後半:コメント
  後半、優勢に試合を進めたビジャレアルが73分に同点ゴールを奪う。その後、スタンケビチスの
 退場もあって守備を固めたバレンシアをビジャレアルは攻めきれず、結果として1対1のドローで
 試合が終了。ビジャレアルは押している時間がかっただけに悔やまれるドロ-、逆にバレンシアが
 うまく勝ち点1をゲットした印象。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   ビジャレアル  1   15   7   1   8   58   3   0   -
    バレンシア  1   7   2   4  26  42   9   1   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREMERA Div. 10/11] #12 Rマドリー v Aビルバオ

スタジアム
  サンチャゴ・ベルナベウ  マドリード
試合結果
  Rマドリー 5 - 1 Aビルバオ
主審
  ウンディアーノ・マジェンコ
ラインナップ
 Rマドリー
            20 イグアイン

   07 ロナウド     23 エジル     22 ディマリア

         14 アロンソ    24 ケディラ

  12 マルセロ  02 カルバーリョ  03 ペペ  04 Sラモス

          01 カシージャス
  サブ
    25 デュデク  17 アルベロア  18 アルビオル  10 Lディアラ
    11 グラネロ  21 レオン  09 ベンゼマ
  監督
    アイトール・カランカ
 Aビルバオ
              09 ジョレンテ

   11 ガビロンド     27 ムニアイン    14 スサエタ

           16 オルバイス  24 マルティネス

  05 アモレビスタ  04 ウスタリツ  06 サンホセ  15 イラオラ

              01 イライソス
  サブ
    13 フェルナンデス  19 バレンシアガ  29 アウルテネチェ  07 ロペス
    08 イトゥラスベ   17 イニゴペレス  21 イオンペレス
  監督
    ホアキン・カバロス
前半:試合展開
 02 ATH SOG:ジョレンテ右ドリブルS                ☆DFクリア(CK)
 06 RMA S  :エジル右クロス→ロナウド左OHS            枠上
 09 RMA    :ケディラ右クロス                    DFクリア(CK)
 10 ATH OFF:オフサイド
 12 RMA S  :左FK:ロナウドS                   枠上
 13 RMA ▲YC:シャビアロンソ                  CARD▲アロンソ
 16 RMA    :ディマリア右ドリブル、クロス              枠上
 18 RMA OFF:イグアイン                       オフサイド
 20 RMA SOG:ディマリア→イグアイン中S            GOAL★RMA 1-0 ATH
 22 RMA S  :右FK:エジル→ラモス中HS              枠上
 22 ATH SOG:中フィード→スサエタ右S               ☆GKセーブ(CK)
 27 ATH Off:オフサイド
 29 ATH SOG:ジョレンテ中TS                   ☆GKセーブCK)
 30 RMA SOG:C→エジル→ロナウド中S             GOAL★RMA 2-0 ATH
 33 RMA    :中スルー→ロナウド右GKかわして倒れる         笛無し
 33 RMA SOG:イグアイン中S                     枠左
 36 ATH OFF:マルティネス                      オフサイド
 38 RMA SOG:ディマリア中S                     GKキャッチ
 40 ATH SOG:こぼれ→ジョレンテ中S              GOAL★RMA 2-1 ATH
 +1 ATH    :スサエタ右クロス                    あわず
前半:コメント
  ホームのマドリーが優勢に試合を進め、2ゴールを奪って前半を終了した。エジル、ディマリア、
  ロナウドの個人技を活かした突破やパスからシュートを打つ攻撃は、かなり完成度が高い状態に
  仕上がっている。一方で守備に関しては、フィードをジョレンテに繋がれるシーンが目立った。
  うまく押さえているとは思うが、フィジカルもテクニックもあるジョレンテだけに油断は出来ない。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Rマドリー  2   9   3   1   5   56   1   0   -
    Aビルバオ  1   6   3   4   8  44   0   0   -
後半:試合展開
 46 ATH 交代1:ウスタリツ(OUT)、アウルテネチェ(IN)
 47 ATH    :ウスタリツ左ドリブル                  DFクリア
 49 RMA SB :ロナウド中ミドルS                   DFブロック
 50 ATH ▲YC:サンホセ、ロナウドを倒す             CARD▲サンホセ
 53 RMA ▲YC:カルバーリョ、ジョレンテに肘打ち         CARD▲カルバーリョ

 54 ATH SB :マルティネス左MS                   DFブロック
 56 RMA    :ディマリア左ドリブル、エリア内で倒れる         PK
 57 RMA SOG:PK:ラモスS左上                GOAL★RMA 3-1 ATH
 60 ATH 交代2:ムニアイン(OUT)、イニゴペレス(IN)
 62 ATH ▲YC:アモレビエタ                   CARD▲アモレビレタ
 62 RMA SOG:中FK:ロナウドS                GOAL★RMA 4-1 ATH

 67 RMA 交代1:ケディラ(OUT)、Lディアラ
 76 RMA 交代2:イグアイン(OUT)、ベンゼマ(IN)

 78 RMA S  :ロナウド左S                     ※枠右
 78 RMA 交代3:エジル(OUT)、グラネロ(IN)
 80 RMA SB :ベンゼマ右S                      DFブロック
 81 RMA S  :右CK:アロンソ→ラモス中HS             枠左
 87 ATH SOG:マルティネス中S                   ☆クロスバー
 90 RMA OFF:マルセロ                        オフサイド
 +2 RMA SOG:PK:ロナウドS左下               GOAL★RMA 5-1 ATH
後半:コメント
  57分にディマリアの得たPKをラモスが決めてマドリーが2点差を付けて試合を決定づけ、
 結局5対1の大勝で終わった。次節、クラシコで対決するバルサが大差で勝利をおさめている
 だけに、流れに乗るという意味でもいい勝利だったと言える
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    Rマドリー  5   18   6   4  10   54   2   0   1
    Aビルバオ  1   11   5   6  15  46   2   0   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREMERA Div. 10/11] #12 アルメリア v バルセロナ

スタジアム
  ロス・フエゴス・メディテラネオス  アルメリア
  気温:14度  湿度:82%  天候:曇り
試合結果
  アルメリア 0 - 8 バルセロナ
主審
  ルビノス・ペレス
ラインアップ
 アルメリア
        11 ピアッティ   23 ゴイトム

             15 コロナ

      22 バルガス  25 ベルナリデーショ  19 エムバミ

  17 オルティス  18 アカシエテ  21 ガルシア  16 ミシュウ

              01 ジエゴ
  サブ
    19 エステバン  02 ヤコブセン  03 シルバ  09 バレーリ
    10 ベルナル   05 ウチェ    20 ウショア
  監督
    ファン・マヌエル・ジーニョ
 バルセロナ
     07 ビジャ    10 メッシ      17 ペドロ

     08 イニエスタ  14 マスチェラーノ  06 シャビ

  19 マクスウェル  26 フォンタス  05 プジョル  02 アウベス

            01 バルデス
  サブ
    13 ピント    03 ピケ   21 アドリアーノ  15 ケイタ
    16 ブスケシュ  30 チアゴ  09 ボージャン
  監督
    ジュゼップ・グアルディオラ
前半:試合展開
 01 ALM    :左クロス                        DFクリア(CK)
 03 BAR SOG:ビジャ中ドリブルS                  ☆GKセーブ
 03 BAR S  :こぼれ→ビジャ右S                  ※枠左
 04 BAR OFF:オフサイド
 05 BAR S  :ペドロ右S                       枠左
 06 ALM SOG:ミシュウ右クロス→ピアッティ右S            GKキャッチ
 08 BAR S  :Dアウベス右クロス→メッシ中S            ※枠左
 13 BAR OFF:イニエスタ                       オフサイド
 14 ALM    :ピアッティ左ドリブル                  DFクリア
 15 BAR    :メッシ中ドリブル                    DFクリア(CK)
 16 BAR SB :ビジャ右S                       DFブロック
 17 BAR SOG:メッシ中ミドルS                 GOAL★ALM 0-1 BAR
 19 BAR SOG:こぼれ→イニ左S                 GOAL★ALM 0-2 BAR

 21 ALM S  :オルティス左S                     枠左
 22 BAR S  :ビジャ中S                       枠上
 27 BAR    :マクスウェル左クロス→DFR           GOAL★ALM 0-3 BAR
 31 ALM ▲YC:バルガス、ペドロを倒す              CARD▲バルガス
 33 BAR    :ビジャ左クロス                     DFクリア(CK)
 35 BAR SOG:フォンタス中フィード→ペドロ右ドリブルS     GOAL★ALM 0-4 BAR
 37 BAR SOG:メッシ中S                    GOAL★ALM 0-5 BAR

 42 ALM S  :左FK:コロナS                   ※枠左
前半:コメント
  バルサの怒濤の攻撃の前にアルメリアは為す術無し、シュート11本で5点という効率的な攻撃で
  前半で勝負が決まった。後はシャビやイニエスタやメッシなどを温存してCLやクラシコに
  備えたいところ。そして怪我と警告には十分注意したい。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    アルメリア  0   5   1   3   7  24   0   0   -
    バルセロナ  5   11   6   3   3   76   0   0   -
後半:試合展開
 46 BAR 交代1:シャビ(OUT)、ケイタ(IN)
 46 BAR 交代2:イニエスタ(OUT)、チアゴ(IN)

 48 BAR SOG:ビジャ左ミドルS                    GKキャッチ
 53 ALM S  :コロナ中ミドルS                    枠上
 55 BAR ▲YC:チアゴ、相手を倒す                CARD▲チアゴ
 56 BAR 交代3:ペドロ(OUT)、ボージャン(IN)
 58 ALM SOG:ピアッティ左S                    ☆GKセーブ(CK)
 62 BAR SOG:メッシ→ボージャン左ドリブルS          GOAL★ALM 0-6 BAR
 64 BAR SOG:ボージャン左ミドルS                  GKキャッチ
 67 BAR SOG:こぼれ→メッシ中S                GOAL★ALM 0-7 BAR
 73 BAR SOG:メッシ中→ボージャン左S             GOAL★ALM 0-8 BAR

 80 BAR SOG:メッシ中スルーP→ビジャ中S             ☆GKセーブ
 88 BAR    :ボージャン右クロス                   DFクリア
後半:コメント
  後半に入ってもバルサの勢いは止まらず。途中交代で入ったボージャンが2ゴールを上げる
  活躍で、アルメニアの息の根を完全に止めた。勢いに乗ったときのバルサを止めるのは並の
  チームでは不可能といってもいい。これでクラシコに向けて気が緩んだりしないかと言うのが
  唯一の懸念事項では。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    アルメリア  0   8   2   6  10  26   0   0   -
    バルセロナ  8   20  15   5   6   74   0   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #14 バーミンガム v チェルシー

スタジアム
  セント・アンドリュース  バーミンガム
  気温: 5度  湿度:93%  天候:曇り
直前オッズ
  BIR v CHE 5.50 3.90 1.60
試合結果
  バーミンガム 1 - 0 チェルシー  Att: 24,357
主審
  マーク・ハルジー
ラインアップ
 バーミンガム
          19 ジギッチ    10 ジェローム

              04 ボウヤー

     12 ファーガソン  18 ファフィー  07 ラーション

  06 リッジウェル  05 ジョンソン  15 ダン    02 カー

             26 フォスター
  サブ
    13 ドイル  28 ジラネク  17 ミチェル  22 フレブ
    23 ボーセジュール  09 フィリップス  14 ダービーシャ
  監督
    アレックス・マクニーシュ
 チェルシー
     21 カルー   11 ドログバ  39 アネルカ

     15 マルダ   12 ミケル   07 ラミレス

  03 Aコール  02 イバノビッチ  33 アレックス  19 フェレイラ

              01 チェフ
  サブ:
    22 ターンブル  17 ボジングワ  33 アーンホルト  43 ブルマ
    46 マクイクラン  23 スタリッジ  44 カクタ
  監督
    カルロ・アンチェロッティ
前半:試合展開
 02 CHE S  :コール→ドログバ左S                  枠左
 06 CHE SOG:カルー中→ドログバ中1対1S             ☆GKセーブ
 17 BIR SOG:右クロス→ジルコフ左H→ボウヤ-中S       GOAL★BIR 1-0 CHE
 24 CHE SOG:アネルカ左クロス→ドログバ中HS           ☆GKセーブ
 29 CHE SOG:コール左S                      ☆GKセーブ
 31 CHE SOG:アネルカ中ミドルS                   GKキャッチ
 34 CHE S  :左CK:マルダ→アレックス中HS            枠左
 37 CHE SOG:中FK:ドログバS                  ☆GKセーブ(CK)
 38 CHE SOG:マルダ左クロス→ドログバ中HS            ☆クロスバー
 +3 CHE S  :アネルカ右S                      枠左
前半:コメント
  試合内容で言えばチェルシーのワンサイドゲームだったが、フォスターの調子が良すぎてゴールを
  奪えず。特にドログバの放つシュートがことごとく阻まれた。バームンガムもゴール以外のシュート
  は無く、ジギッチがゴールのアシスト以外全く仕事をしていない。普通に試合を進めれば、チェルシー
  が楽に逆転出来る展開だが…。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   バーミンガム  1   1   1   3   3  39   0   0   0
    チェルシー  0   15   7   8   1   61   0   0   0
後半:試合展開
 62 CHE S  :カルー左GKかわしてS                 枠上
 63 BIR    :ジョンソン、足を痛める
 65 CHE 交代1:フェレイラ(OUT)、ボジングワ(IN)
 68 CHE S  :ボジングワ中ドリブルS                 枠左
 70 CHE SOG:中FK:ドログバS                   GKキャッチ
 72 CHE S  :アネルカ左クロス→カルー中HS             枠左
 72 BIR 交代1:ジギッチ(OUT)、フレブ(IN)
 72 CHE 交代2:ラミレス(OUT)、スタリッジ(IN)

 73 CHE    :カルー右ドリブル                   ☆GKセーブ(CK)
 74 CHE SOG:マルダ右ミドルS                    DFブロック(CK)
 76 CHE SOG:左CK:→イバノビッチ左HS             ☆GKセーブ
 78 BIR ▲YC:リッジウェル、カルーを引っかける         CARD▲リッジウェル
 81 CHE    :マルダ左クロス→                    GKキャッチ
 83 CHE    :マルダ左クロス→アレックス中S             GKキャッチ
 85 BIR ▲YC:ハーフィー                    CARD▲ハーフィー
後半:コメント
  後半に入ってもチェルシーの一方的な展開は変わらず。ドログバのシュートは当然として、
  カルーの抜け出しもイバノビッチのヘディングもフォスターが防ぎきった。飛び出しや
  クロスの対応は危ないシーンがあったものの、キレのある動きでしっかりと処理をした。
  フォスターの活躍で勝利をおさめたと言って間違いないだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   バーミンガム  1   1   1   4   9  39   2   0   0
    チェルシー  0   25  10   15   2   61   0   0   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #14 アーセナル v トットナム

スタジアム
  エミュレーツ・スタジアム  アーセナル
試合結果
  アーセナル 2 - 3 トットナム  Att: 60,102
主審
  フィル・ダウド
ラインナップ
 アーセナル
              29 シャマフ

  23 アルシャビン 15 デニウソン  04 セスク    08 ナスリ

              17 ソング

  22 クリシー   18 スキラッチ  06 コシルニー  03 サニャ

             21 ファビアンスキ
  サブ
    53 シュレズニー  20 ジュルー   27 エブエ  07 ロシツキー
    14 ウォルコット  19 ウィルシャー 10 Vペルシー
  監督
    アーセン・ベンゲル
 トットナム
              09 パブリチェンコ

  03 ベイル        11 Vファールト    07 レノン

          14 モドリッチ  08 ジェナス

  32 アスエコト  13 ギャラス   04 カブール  02 ハットン

            01 ゴメス
  サブ
    23 クディチーニ  19 バソン   22 コルルカ  05 ベントリー
    12 パラシオス   15 クラウチ  18 デフォー
  監督
    ハリー・レドナップ
前半:試合展開
 03 TOT SOG:左CK:Vファールト→ベイル左S            GKキャッチ
 06 ARS    :セスク右クロス                     GKキャッチ
 09 ARS SOG:セスク中フィード→ナスリ左GKかわしてS     GOAL★ARS 1-0 TOT
 13 ARS ▲YC:サニャ、ベイルを倒す               CARD▲サニャ
 17 ARS OFF:アルシャビン→シャマフ                 オフサイド
 19 ARS OFF:左FK:セスク→                    オフサイド
 21 ARS OFF:ナスリ                         オフサイド
 22 ARS S  :ソング中→セスク中S                  枠左
 24 TOT    :カブール右クロス                    DFクリア(CK)
 25 TOT S  :右クロス→カブール中HS                枠左
 27 ARS SOG:アルシャビン左クロス→シャマフ中S        GOAL★ARS 2-0 TOT
 30 TOT SOG:モドリッチ中ミドルS                  GKキャッチ
 31 TOT S  :Vファールト中ミドルS                 枠上
 40 TOT SB :パブリチェンコ右ミドルS                DFブロック(CK)
 +2 ARS    :サニャ右クロス→ナスリ                 あわず
前半:コメント
  スパーズのDFラインのもろさは相変わらず、その裏をしっかりと取る攻撃で2点を取ったアーセナル
 はさすが。セスク、ナスリ、アルシャビンが好調、シャマフも悪くはない…。今のところベイルをうまく
 押さえてはいるが、インテル戦のような事もあるので油断は禁物。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    アーセナル  2   4   3   0   7   54   1   0   4
    トットナム  0   5   3   4   9  46   0   0   0
後半:試合展開
 46 TOT 交代1:レノン(OUT)、デフォー(IN)
 50 TOT SOG:Vファールト中→ベイル右S            GOAL★ARS 2-1 TOT
 56 TOT S  :モドリッチ中ミドルS                  枠上
 64 ARS S  :ナスリ右クロス→スキラッチ中HS            枠上
 67 TOT    :中FK:Vファールト                  ハンド(PK)
 67 TOT SOG:PK:VファールトS左中             GOAL★ARS 2-2 TOT
 68 TOT ▲YC:Vファールト                   CARD▲Vファールト
 68 ARS 交代1:シャマフ(OUT)、Vペルシー
 71 ARS    :中FK:→セスク→スキラッチS→G           オフサイド
 72 TOT OFF:オフサイド
 72 ARS S  :セスク左ミドルS                    枠上
 74 TOT 交代2:パブリチェンコ(OUT)、クラウチ(IN)
 77 ARS 交代2:アルシャビン(OUT)、ウォルコット(IN)
 77 ARS 交代3:ナスリ(OUT)、ロシツキ(IN)

 78 ARS SOG:セスク中ミドルS                   ☆GKセーブ(CK)
 78 ARS S  :Vペルシ右クロス→コシェルニー左HS          枠上
 84 TOT    :右FK:Vファールト                  DFクリア
 85 ARS ▲YC:コシェルニー                   CARD▲コシェルニー
 86 TOT SOG;右FK:Vファールト→カブール中HS       GOAL★ARS 3-2 TOT
 88 TOT 交代3:Vファールト(OUT)、パラシオス(IN)
 90 ARS S  :ウォルコット右S                   枠上
 +1 ARS S  :ウォルコット右S                   GKキャッチ
 +5 ARS SOG:ロシツキー中ミドルS                 GKキャッチ
後半:コメント
 アーセナル
   シュート数こそ増えたものの、決定機はセスクのミドルシュートのみ。後半早々にゴールを
   奪われてから浮き足立った。そしてセスクの不用意なハンドによるPKで追い付かれ、最後は
   カブールのヘッドで押し込まれた。後半の集中力の無さは前半が好調だっただけに悔やまれる。
   これでニューカッスル戦に続いてホームでの連敗、せっかく連勝で来ているだけにこの躓きは
   いただけない。
 トットナム
   後半早々にベイルのシュートで1点さにして、その後PKとカブールのヘッドで逆転した。
   アーセナルの失速に助けられたとは言え、それでも3ゴールを奪っての逆転は、今までとは
   違った強さを感じさせる。怪我人続出でCBとMFの選手層に不安はあるが、これで勢いに
   乗ってCLに望めるだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    アーセナル  2   12   7   2  17  51   3   0   5
    トットナム  3   10   6   6  16   49   1   0   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/15

[F1 2011] ドライバーストーブリーグ状況(101115)

レッドブル
 ◎    ベッテル(2011+1) http://f1-gate.com/redbull/f1_4498.html
 △    ウエバー(2011)  http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51662208.html
 ▲     クビサ
 ▲   ハッキネン
 ▲アルグエルスアリ
# 終盤の混乱状況からしてウェバーの残留は微妙か?

マクラーレン
 ◎   ハミルトン(2012)  http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2008/01/5_a2a4.html
 ◎     バトン(2012)  http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51588953.html
# 継続で間違いなし

フェラーリ
 ◎    アロンソ(2012)  http://f1-gate.com/ferrari/f1_5049.html
 ○     マッサ(2012)  http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51662840.html
 ▲     クビサ          グランプリ特集
 ▲      小林          グランプリ特集
 ▲     ブエミ          グランプリ特集
# マッサがNo2を受け入れれば継続

メルセデス
 ◎  シューマッハ(2012)  http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51603616.html
 ◎   ロズベルグ(????)  
# ロズベルグの契約年数不明というのが気になるが継続の方向

ルノー

 △     クビサ(2012)  http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51671982.html
 △    ペトロフ(2010)  http://www.f1-life.net/modules/news/details.php?bid=941&cid=1

ウィリアムズ

 ○   バリチェロ(2010)  http://f1-gate.com/barrichello/f1_9912.html
 ×ヒュルケンベルグ(----)  http://www.topnews.jp/2010/11/14/news/f1/drivers/nico-hulkenberg/27588.html
 △  マルドナード(----)  http://www.topnews.jp/2010/11/14/news/f1/drivers/nico-hulkenberg/27588.html
# ヒュルケンベルグの離脱が決定。これにともないバリチェロは残留濃厚

Fインディア

 ○   スーティル(2010)  http://f1-gate.com/sutil/f1_9825.html
 ◎   リウッツィ(2011)  http://f1-gate.com/liuzzi/f1_8074.html
# 両ドライバーとも残留濃厚

ザウバー
 ◎      小林(2011)  http://f1-gate.com/sauber/f1_9733.html
 ◎     ペレス(2011)  http://f1-gate.com/sauber/f1_9733.html
# 正式発表あり。

トロロッソ
 ◎アルグエルスアリ(2015)  http://www.topnews.jp/2010/01/25/news/f1/teams/toro-rosso/8384.html
 ○     ブエミ(2011?) http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/239015/
# 基本継続だが、ウェバーの離脱に伴う昇格の可能性もあるか?

ロータス
 ○  コバライネン(2011?) http://f1-gate.com/kovalainen/f1_9082.html
 ○   トゥルーリ(2011?) http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2010/10/j-4535.html
# 基本継続の方向

HRT
 △ヒュルケンベルグ          http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/247660/
 △    クリエン         
 △      山本
 △      セナ
# 資金次第。そもそも来季参戦出来るのか…?

ヴァージン

 △  ダンブロジオ(2011?) http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/32587.html
 △    グロック(2011)  http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51685227.html
 △   グエリエリ(2011?) http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51685227.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

[Serie A 10/11] #12 インテル v ミラン

スタジアム
  ジュゼッペ・メアッツァ  ミラン
  気温:11度  湿度:94%
試合結果
  インテル 0 - 1 ミラン
主審
  タリアベント
ラインナップ
 インテル
         22 ミリート   09 エトゥ

            10 スナイデル

     20 オビ   05 スタンコビッチ  04 サネッティ(C)

  26 キブ  23 マテラッツィ  06 ルッシオ  02 コルドバ

          12 カステラッツィ
  サブ
    01 セーザル  29 サントン  19 カンビアッソ  27 パンデフ
    29 コウチーニョ  40 ヌワンコ  88 ビアビアニ
  監督
    ラファエル・ベニテス
  負傷
    サムエル/モッタ/ムンタリ/マイコン
 ミラン
            11 イブラ  70 ロビーニョ

              10 セードルフ

       16 フラミニ  23 アンブロジーニ(C) 08 ガットゥーゾ

  19 ザンブロッタ  33 シウバ  13 ネスタ    20 アバーテ

            32 アッビアーティ
  サブ
    01 アメリア  21 ピルロ  25 ボネーラ  27 ボアテング
    76 イェペス  77 アントニーニ  80 ロナウジーニョ
  監督
    マッシミアーノ・アッレグリ
前半:試合展開
 01 MIL OFF:イブラ                         オフサイド
 03 MIL S  :アバーテ右クロス→セードルフ左HS           枠上
 04 MIL    :セードルフ中スルー→イブラ、エリア内で倒れる      PK
 05 MIL SOG:PK:イブラS左中                GOAL★INT 0-1 MIL
 06 INT    :エトゥ左ドリブル、クロス                GKキャッチ
 10 MIL OFF:ザンブロッタ                      オフサイド
 11 MIL ▲YC:アバーテ、エトゥを掴む              CARD▲アバーテ
 13 INT    :左CK:スナイデル                   GKキャッチ
 14 MIL    :右クロス→フラミニ中                 ※DFクリア
 16 MIL S  :イブラ左ドリブルS                   DFブロック(CK)
 16 MIL    :セードルフ左ドリブルS                 DFブロック
 17 MIL    :イブラ左→セードルフ                  DFクリア
 19 MIL ▲YC:ガットゥーゾ                   CARD▲ガットゥーゾ
 20 MIL S  :アンブロジーニ左クロス→イブラ右BS          枠上
 21 INT    :キブ左クロス                      GKキャッチ
 22 MIL OFF:イブラ中→ロビーニョ中S→G              オフサイド
 35 INT    :オビ、太ももの裏を痛める
 36 INT 交代1:オビ(OUT)、コウチーニョ(IN)
 37 INT S  :スナイデル→コウチーニョ中S              枠左
 40 INT S  :左FK:スネイデルS                 ※枠左
 44 INT S  :スタンコ中ミドルS                   枠上
 +1 MIL SB :ロビーニョ中ミドルS                  DFブロック
前半:コメント
 インテル
   エトゥとミリートの2トップは距離が空きすぎてほとんど機能せず。スナイデルも下がってボールを
  受けるシーンが多く家体的なパスを出せず。CBのマテラッツィとルシオは、PKを与えたものの、
  運良く押さえた印象。またSBがCBタイプのキブとコルドバという事で攻撃的な機体は出来ず。
 ミラン
   何度かFW勢がDFラインの裏に出るシーンがあったものの、決定的なシュートを打てず。
  アバーテとガットゥーゾがエトゥを押さえるためにカードを受けたのは後半に向けた不安材料。
  後半もエトゥを押さえ続けられるかが勝利へのカギとなる。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     インテル  0   3   0   2  11  55   0   0   1
      ミラン  1   3   1   2   5   45   0   0   3
後半:試合展開
 46 MIL 交代1:ガットゥーゾ(OUT)、ピルロ(IN)
 46 INT 交代2:ミリート(OUT)、パンデフ(IN)

 47 MIL S  :セードルフ右ミドルS                  枠左
 51 MIL SB :ロビーニョ右ドリブルS                 DFブロック(CK)
 54 INT S  :スネイデル中ミドルS                  枠上
 56 INT SOG:右FK:スネイデルS                 ☆GKセーブ
 60 MIL ▲YC:アバーテ、パンデフともみ合い           退場▼アバーテ
 60 INT ▲YC:パンデフ、アバーテともみ合い           CARD▲パンデフ

 62 MIL 交代2:ロビーニョ(OUT)、アントニーニ(IN)
 63 INT SOG:スネイデル右ミドルS                  GKキャッチ
 65 INT SOG:スネイデル左→パンデフ左S               GKキャッチ
 65 MIL ▲YC:イブラ、マテラッツィを蹴る            CARD▲イブラ
 68 INT 交代3:マテラッツィ(OUT)、ビアビアニ(IN) コルドバCB サネッティ SB
 68 MIL SOG:セードルフ中S                    ※枠右
 69 INT S  :スタンコ右ミドルS                   枠上
 72 INT S  :スネイデル中ミドルS                  枠左
 72 INT    :マテラッツィ、担架で退場
 73 MIL 交代3:セードルフ(OUT)、ボアテング(IN)
 76 INT OFF:エトゥ                         オフサイド
 78 INT S  :スネイデル右ドリブルS                 枠左
 80 MIL ▲YC:アンブロジーニ                  CARD▲アンブロジーニ
 80 INT    :エトゥ左ドリブル                    DFクリア(CK)
 85 INT S  :ビアビアニ右→コウチーニョ中BS            枠右
 89 INT    :左FK:スネイデル                   ファール
 +3 INT    :コウチーニョ左クロス                  GKキャッチ
後半:コメント
 ミラン
   60分にアバーテが不用意な退場で10人になったこともあり、それからは防戦に終始、シュートこそ
   許したものの決定機を与えることなくうまく逃げ切った。相手の不振に助けられたとは言え、
   ダービーでの勝ち点3は勢いを付けるという意味では悪くない結果だろう。ただしパトとピッポの
   不在の中、どうやって攻撃を組み立てていくかは少なからず不安ではあるが…。
 インテル
   結局、後半の決定機はスネイデルのFKのみ、10人になったミランがより一層守備を固めた事で
   完全に攻めあぐんだ。交代が負傷者絡みという不運はあったにせよ、結局持ち味を最後まで出せない
   まま終わってしまった印象。特にマテラッツィの負傷はDFラインに怪我人が続出しているだけに
   痛すぎる。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     インテル  0   8   2   4  17  55   1   0   3
      ミラン  1   5   1   4  12   45   5   1   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/10

[REVIEW]The Expendables

エクスペンダブルズ http://www.expendables.jp/

  キャストは豪華ですが内容は…という映画です。「ランボー」で仲間を増やして銃撃シーンを今風にアレンジすれば、あんな感じになるような気もします。感動や道徳には期待していなかったのですが、それにしても色々な意味ですごかった…。
  今までの集大成として、豪華なキャストを集めてこの映画を作ったということなら「うーん…」と言う感じです。スタローンやラングレンのアクションを楽しめる人にとっては堪らない映画なんでしょうが、そうでない大多数の人には苦痛でしょう、そもそもR指定されるような仕上げにしている時点でそういう映画だと言うことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/09

[REVIEW] マルドゥック・スクランブル

マルドゥック・スクランブル http://m-scramble.jp/

  1時間と映画にしては短い時間ではあったが実に密度の濃い一時間、満足度と言う意味では2時間の映画に勝るとも劣らない素晴らしい作品だった。
  都市の上をエアカーが走る近未来で、その暗部により重点を置いて描かれた世界観。少女売春やレイプと言う言葉が飛び交い、主人公の裸のシーンが出てくるということで、レイトショウに限った公開となったのだろう。そしてそんな「エロ」以上に、車に火を付けられたり銃弾が体を切り咲いたりと言う「グロ」の部分の衝撃の方がより強く迫ってくる作品でもある。
  そもそも変身する鼠をパートナーとして敵と戦うという時点でひどく斬新な設定ではある。そして、主人公を助ける正義の味方でありながら多少どころではなく胡散臭いドクター…。そして主人公の体のパーツを欲する殺し屋たち。SF色満載ではあるが、むしろホラーに近い印象を受けた。なかなか一般受けしづらいと言う意味では似たもの同士だが…。
  主役が林原めぐみさんと言うのも、最近のTVアニメではなかなか聴けないキャストである。そして殺し屋の一人としてかないみかさんが出ているとなれば、古いアニメファンにとって実に嬉しいキャストである。これだけでも見に行く価値がある、もちろんそれ以上に見所はたくさんある。
  元々3部作を想定して作成してるだけに、終わり方もハンパない。週アニメのエンディングのごとく銃口を向けられたところでの第一話エンディングには恐れ入った。世界観にもストーリーにも驚かせられた作品ではあるが、第2話、3話も見に行きたい作品であるのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/06

[REVIEW]実写映画「マリア様がみてる」

実写映画「マリア様がみてる」 http://www.mariasama-movie.jp/index.html

  想定内の結果というか残念な結果というか…。アニメと違って「高校生の演技は高校生に近い役者にしかできない」と言うことを思い知らされた感じです。全員の全部の演技がそうだという気はないのですが、棒読みだったり、感情の入りきらない台詞に引っかかるシーンは多々ありました。柏木さんとか、さちこ様とか、一般生活ではありえない境遇の人たちを普通の役者に演じさせるのは、やっぱり無理があると言わざるをえない気がしました。
  舞台となる校舎があまりにも古すぎるというのも違和感がありました。確かに趣はあるんだけど、その由緒ありすぎぎな建物や机ってどうなのよ…と言うのは。アニメでも確かに薔薇の館に関しては、かなり年代ものな建物ではありましたが、ほかの校舎や体育館に関しては普通だったはずですが…。どう考えても建物が学校にしては小さすぎだし(笑)
  まあ、そういう設定的な違和感もさることながら、最大の問題はやっぱり口から発せられる声が、いつものおなじみの声と違うというのはどうしようもありません。白薔薇様やゆきのんは時に雰囲気が似てたこともあって、あれあれ…という感じが強かったです。前述の台詞がいまいちなところも含めて、副音声でいいから吹き替え版を付けてくれれば、よろこんブルーレイを買うところではあるんですが…。あ、上映前の「マリア様のたしなみ」はどこでもいいからメディア化を強く希望します(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/02

[REVIEW]REDLINE

REDLINE http://red-line.jp/index.html

  あまりにもアメリカンな絵と話題先行とも思える芸能人を起用したキャストに少なからぬ不安を描いてはいたが、評判通り実に見応えのある映画だった。
  エンディングに関してはお約束の展開というか何だそれと言う思いはあるのですが、まあそれまでが面白かったからいいかなと。あまりにも強引ではあるけど、「愛が地球を救う」的な展開はGガンダムに繋がるものがあって微笑ましいと言う感じ。
  レースものとしてみるならば、序盤のYELLOWLINEの方が見応えがあったかなと。ミサイルとかチェーンとか使うのは個人的には納得できない面もあるのですが、「マッハGOGOGO」からの流れを考えると許容範囲かと。ただ、その後のREDLINEはちょっと色々ありえないかなと。戦争状態の星に乗り込んでレースやってる場合じゃないだろうと(笑) それと、YELLOWからREDまでの間がかなり間延びしていたのも気になった点。まあ色々描きたいのはわかるけど、もう少しコンパクトにした方が見やすかったかも。まあ、最初のレースのハイテンションを2時間続けるのは難しいのも確かだろうけど…。
  キャスト的には、寿さんが謎の姫をやってました。上から目線で高笑いをする女性は実にお似合いです。あとは郷田さんが出ておられました。他は実写のヤマトに乗ってるお兄さんぐらいしか分かりませんでした。そんな状況ではありますが、主役勢に関してはさほど違和感は感じなかったのは嬉しい誤算でした。とりあえず今年を代表するアニメ映画の一つであることは間違いないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] GS-C#4:バレンシア v レンジャーズ

スタジアム
  メスタージャ  バレンシア
第3節グループC順位
  MAU 7 RAN 5 VAL 4 PUL 0
試合結果
  バレンシア 3 - 0 レンジャーズ
主審
  ブリッヒ(GER)
ラインナップ
 バレンシア
       11 アドリズ*Y   09 ソルダード

  10 マタ                  07 ホアキン

         21 バネガ   06 アルベロア

  22 マテュウ  20 Rコスタ  04 ナバーロ  23 ミゲル

            01 セサル
  サブ
    25 モヤ  02 サルトル  05 トパル  18 フェルナンデス
    19 エルナンデス  24 コスタ  28 アルバ
  監督
    ウナイ・エメリ
 レンジャーズ
             09 ミラー

        14 ネイスミス    08 デービス

  04 ブロードフット  06 マクー  07 エドゥ   16 ウィテカー

       05 パパツ  03 ウェア  24 ブゲラ 

         01 マクリガー
  サブ
    25 アレクサンダー  10 フレック  11 ラファーティ  12 フォスター
    29 リトル  39 ワイルド  41 ハットン
  監督
    ワルター・スミス
前半:試合展開
 03 VAL SOG:マタ中ミドルS                     GKキャッチ
 04 VAL SOG:マタ左S                       ☆GKセーブ(CK)
 06 VAL SOG:バネガ中ミドルS                    GKキャッチ
 08 RAN SOG:ネイスミス左ドリブルMS               ☆右ポスト
 12 VAL SOG:アドリス右クロス→マタ中S              ☆GKセーブ
 19 VAL SB :マテュウ左ミドルS                   DFブロック(CK)
 22 VAL SOG:右CK:→アドリス中HS               ※枠右
 24 VAL SB :アルベロア中ミドルS                  DFブロック
 27 RAN    :ウィタカー右ドリブル、クロス              DFクリア(CK)
 33 VAL SOG:右CK:→こぼれ→ソルダード中S         GOAL★VAL 1-0 RAN
 42 RAN OFF:オフサイド
前半:試合展開
  序盤はホアキンが右サイドからいい突破を見せたものの、時間が経つに連れ相手に対応された様子。
 セットプレイからソルダードのゴールでリードは奪ったものの、一方的な展開を考えると、もう1、2
 点取れても良かった気はする。さすがに5バックで引いて守るレンジャーズの守備を崩すのは簡単では
 ないと言う事か。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バレンシア  1   8   5   3   7  67   0   0   1
   レンジャーズ  0   5   1   3   4   33   0   0   1
後半:試合展開
 49 VAL    :左CK:
 55 VAL SOG:マタ左クロス→アドリス中HS             ☆GKセーブ
 59 RAN SOG:ネイスミス左→ミラー右TS               GKキャッチ
 64 VAL    :CK:→こぼれ→アドリス中S              GKキャッチ
 66 VAL ▲YC:アルベルダ                    CARD▲アルベルダ
 70 VAL OFF:アドリス                        オフサイド
 70 VAL 交代1:バネガ(OUT)、コスタ(IN)
 71 VAL SOG:マタ中→ソルダード右S              GOAL★VAL 2-0 RAN
 77 VAL S  :マタ左クロス→アドリス中S               DFブロック
 77 VAL 交代2:ソルダード(OUT)、フェルナンデス(IN)
 82 VAL SOG:ホアキン中ドリブルMS                 GKキャッチ
 82 RAN SOG:ブゲラ右クロス→ネイスミス中S            ☆右ポスト
 84 RAN 交代1:エドゥ(OUT)、ラファティ(IN)
 85 VAL 交代3:ホアキン(OUT)、エルナンデス(IN)

 90 VAL SOG:右クロス→コスタ中S               GOAL★VAL 3-0 RAN
後半:コメント
  後半に入ってもバレンシアの優勢は変わらず、71分にアドリス、90分にコスタが決めてレンジャーズ
  を一蹴した。枠内シュート14本を打っただけに順当な結果だと言える。ホアキン、マタが好調だった
  だけに、この流れをキープして国内で巻き返しを図りたい。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バレンシア  3   24   14  11  10  64   2   0   2
   レンジャーズ  0   7   2   3  10   36   0   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] GS-B#4:ベンフィカ v リヨン

スタジアム
  エスタディオ・SL・ベンフィカ  リスボン
  気温:17度  湿度:72%  ピッチ:乾燥  天候:快晴
グループB第3節
  LYO 9 SCH 6 BEN 3 HAP 0  リヨン、引き分け以上で決勝T進出決定
試合結果
  ベンフィカ 4 - 3 リヨン
主審
  クレイグ・トムソン(SCO)
ラインナップ
 ベンフィカ
      31 カルデチ    08 サルビオ  30 サビオラ

      18 コエントラン  06 ガルシア*Y  17 マルティン

  25 ベイシュート  23 ルイス  04 ルイゾン  14 ペレイラ

             12 ロベルト
  サブ
    01 モレイラ  02 アイルトン  11 ハラ  16 メネゼフ  19 ウェウドン
    21 Nゴメス  27 シドネイ
  監督
    ジョルジュ・ジェズス
 リヨン
             07 ブリアン

  24 ビエ   29 グルキュフ   08 ビャニッチ  11 バストス

             21 ゴナロン

  05 ロブレン  04 ディアハテ  03 クリス(C)  13 レベイエール

            01 ロリス
  サブ
    30 ヴェルクートル  06 シェルストローム  12 コロジェチャク
    17 マクン  18 ゴミス  22 グルニェ  38 ラガゼット
  監督
    クロード・ビュエル
前半:試合展開
 04 LYO OFF:ピャニッチ右クロス→ブリアンS→G           オフサイド
 06 BEN    :サルビオ右クロス                    DFブロック(CK)
 10 LYO OFF:バストス右クロス→ブリアンS→G            オフサイド
 12 BEN SOG:サルビオ中ミドルS                  ☆GKセーブ(CK)
 18 BEN S  :コエントラン左ドリブルS                枠上
 20 BEN SOG:左FK:マルティンス→カルデチ中HS       GOAL★BEN 1-0 LYO
 24 BEN ▲YC:ルイゾン                     CARD▲ルイゾン
 32 BEN SOG:右クロス→コエントラン左BS           GOAL★BEN 2-0 LYO
 39 BEN SOG:中→サビオラ右ドリブルS               ☆GKセーブ
 42 BEN SOG:左CK:マルティンス→ガルシア中HS       GOAL★BEN 3-0 LYO
前半:コメント
  序盤からホームで負けたら後の無いベンフィカが積極的な攻めでリヨンを圧倒。20分にカルデナが
  セットプレイでシュート、その後コエントランとガルシアがゴールを決めて3点リードで終了する。
  リヨンとしては、序盤にコエントランの裏のスペースを取って右サイドからブリアンに併せた
  決定機が2本ともオフサイドだったのは悔やまれる。ベンフィカとしてはこのままゲームを優位に
  進めつつうまく時間を使いたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    ベンフィカ  3   8   5   5  11  50   1   0   0
      リヨン  0   5   0   3  10   50   2   0   4
後半:試合展開
 54 BEN    :左FK:マルティンス                  GKキャッチ
 57 BEN    :マルティンス左クロス                  GKキャッチ
 59 LYO 交代1:ディアハテ(OUT)、ゴミス(IN)
 60 BEN ▲YC:サビオラ                     CARD▲サビオラ
 65 LYO SB :ブリアン左ドリブルS                  DFブロック
 66 LYO    :左CK:グルキュフ                   DFクリア(CK)
 66 LYO SOG:左CK:グルキュフS                 ※GKセーブ
 67 BEN SOG:C→コエントラン左ドリブルS           GOAL★BEN 4-0 LYO
 70 BEN 交代1:サビオラ(OUT)、ヤラ(IN)
 70 LYO 交代2:プラニッチ(OUT)、マクーン(IN)
 70 LYO 交代3:ピエ(OUT)、ラカゼット(IN)
 72 BEN 交代2:カルデキ(OUT)、ウェルドン(IN)

 73 BEN S  :マルティンス左S                    枠上
 74 LYO SOG:ラカゼット右クロス→グルキュフ中S        GOAL★BEN 4-1 LYO
 75 BEN 交代3:マルティンス(OUT)、フェリペ(IN)
 77 LYO SB :ブリアン左S                      DFブロック
 77 LYO OFF:グルキュフ                       オフサイド
 81 BEN S  :ペレイラ中ドリブルS                  枠上
 82 LYO S  :右CK:グルキュフ→ログレン中HS           枠上
 83 BEN    :セーザル、着地で足を痛める
 85 LYO SOG:左CK:グルキュフ→ラカゼットH→ゴミス中S   GOAL★BEN 4-2 LYO
 90 LYO SB :バストス右S                      DFブロック(CK)
 +1 BEN ▲YC:ロベルト、遅延行為                CARD▲ロベルト
 +2 LYO S  :ゴミス右S                       枠左
 +5 LYO SOG:中FK:→ロブレン中HS             GOAL★BEN 4-3 LYO
後半:コメント
  70分までは完全にベンフィカのペースだったが70分にそれぞれ2枚交代をしたところで流れが
  大きく変わった。リヨンはラカゼットという起点が増えて攻撃が活性化、一方のベンフィカは
  1ゴールを失ったところで守備が引き気味になり、無理な攻撃でボールを失ってカウンターを
  食らうシーンが目立った。結果として勝ったからよかったものの、この試合運びのまずさは
  致命的と言わざるを得ない。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    ベンフィカ  4   12   7   7  24  43   3   0   1
      リヨン  3   15   4   10  16   57   2   0   7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] GS-D#4:コペンハーゲン v バルセロナ

スタジアム
  バルケン・スタディオン  コペンハーゲン
  気温: 9度  湿度:93%  天候:曇り
グループD第3節順位
  BAR 7 COP 6 RUB 2 PAN 1  バルサ勝利で決勝T進出決定
主審
  -
試合結果
  コペンハーゲン 1 - 1 バルセロナ
ラインナップ
 コペンハーゲン[COP]
        10 グロンケア   14 ヌドエ*Y

  20 ビンゴー                30 ボラニョス

        06 クラウデミル  08 クビスト

  17 ベント  15 アントンソン  25 ヨルゲンセン  02 ボスビェフ

               21 ビラン
  サブ:
    01 クリステンセン  05 オッテセン  09 ノアストラン  11 サンチン
    18 ゾホレ  27 デレイニー 
  監督
    ストーレ・ソルバッケン
 バルセロナ[BAR]
    08 イニエスタ  10 メッシ   07 ビジャ

      15 ケイタ  06 シャビ   16 ブスケシュ

  22 アビダル  03 ピケ  05 プジョル(C)  02 Dアウベス

          01 バルデス
  サブ
    31 ルベン  09 ボージャン  14 マスチェラーノ  17 ペドロ
    18 ミリート  19 マクスウェル  21 アドリアーノ
  監督
    ジョゼップ・グアルディオラ
前半:試合展開
 01 BAR    :プジョル、相手に肘打ちで倒れる、歩いて退場
 03 COP SOG:クラウデミル中ミドルS                 枠上
 03 BAR    :プジョル復帰
 04 BAR S  :メッシ中S                       枠上
 11 COP    :ヌドエ、GKと接触、倒れる
 15 BAR SB :C→ビジャ右ドリブルS                 DFブロック
 16 COP    :グロンケア左クロス                   DFブロック(CK)
 17 COP    :左CK:ベント→                    GKセーブ(CK)
 17 BAR    :ビジャ右→メッシ                    あわず
 19 BAR    :メッシ右ドリブル                    GKキャッチ
 21 BAR SOG:イニ左スルーP→ビジャ右S              ☆左ポスト
 24 COP S  :中ミドルS                       枠右
 27 BAR SB :左FK:シャビ→ブスケシュ中S            ☆GKセーブ(CK)
 31 BAR SOG:メッシ右S                    GOAL★COP 0-1 BAR
 32 COP SOG:グロンケア左→クラウデミル右S          GOAL★COP 1-1 BAR

 35 COP SOG:ベント左ドリブルS                   GKキャッチ
 37 BAR SB :メッシ中S                       DFブロック
 38 BAR SOG:アウベス右クロス→メッシ中HS            ※GKキャッチ
 39 BAR SOG:イニ→メッシ中ドリブル                 S出来ず
 +2 BAR SOG:アビダル左クロス→メッシ左S             ☆GKセーブ
前半:コメント
  コペンハーゲンの素早いチェックとゴール前で壁を作るDFの前にバルサは得意のパス回しが
 出来ず苦戦。それでもビジャやメッシがシュートチャンスを作り、メッシのゴールでリードした
 ものの、直後に同点に追い付かれる。ただし前半からコペンハーゲンは積極的なサッカーを見せて
 いるだけに,後半のスタミナが懸念材料
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  コペンハーゲン  1   5   2   2   5  34   0   0   1
    バルセロナ  1   10   6   2   1   66   0   0   1
後半:試合展開
 47 COP    :右FK:ベント                     DFクリア
 50 BAR ▲YC:ブスケシュ、相手を掴む              CARD▲ブスケシュ
 52 COP S  :ボラニョス中ミドルS                  枠上
 54 BAR OFF:ビジャ→イニ                      オフサイド
 56 BAR SB :アウベス右クロス→ビジャ中S              GKキャッチ
 58 BAR SB :シャビ中S                       DFブロック
 59 BAR SOG:イニ左ドリブルS                   ※GKセーブ
 62 BAR S  :ケイタ中S                       枠右
 70 COP    :グロンケア右ドリブル、クロス→ボラニェス左S      DFブロック
 71 COP    :グロンケア右クロス                   DFクリア(CK)
 74 COP    :ベント左クロス→ヌドエ                 ファール
 79 COP SOG:左FK:ビンゴS                    GKキャッチ
 80 BAR 交代1:ビジャ(OUT)、ペドロ(IN)
 89 COP ▲YC:ポスペフ                     CARD▲ポスペフ
 90 COP 交代1:ビンゴ(OUT)、オッテセン(IN)
 +2 BAR SOG:ペドロ左ドリブルS                  ☆右ポスト
 +3 COP 交代2:ボラニェス(OUT)、デレイニー(IN)
後半:コメント
  後半に入ってもコペンハーゲンの積極性は変わらずバルサは最後までリズムを掴めず。後半は
  7本のシュートを放ったものの、枠内シュートはペドロのポストを叩いたシュートのみ、最後
  までコペンハーゲンの守りを崩す事が出来なかった。ただ、この日のモチベーションや
  コンディションを考えると,バルサ的には結果論ではあるがドローで御の字だろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  コペンハーゲン  1   12   4   5   9  35   1   0   2
    バルセロナ  1   17   6   4  10   65   1   0   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] GS-A#4:トットナム v インテル

スタジアム
  ホワイト・ハート・レーン  ロンドン
  気温:11度  湿度:80%  ピッチ:湿気含む  天候:曇り
グループA第3節順位
  INT 7 TOT 4 BRE 2 TWE
  インテル勝利で決勝T進出決定
試合結果
  トットナム 3 - 1 インテル
主審
  ビクトール・カサイ(HUN)
ラインナップ
 トットナム
            15 クラウチ

  03 ベイル      11 Vファールト     07 レノン

          14 モドリッチ 06 ハドルストン(C)

  32 アスエコト  04 カブール  13 ギャラス  02 ハットン

           23 クディチーニ
  サブ
    37 プレティコサ  08 ジェナス  09 パブリチェンコ
    10 キーン  12 パラシオス  19 バソン  21 クラニチャル
  監督
    ハリー・レドナップ
 インテル
           09 エトゥ

  27 パンデフ    10 スナイデル   88 ビアビアニ

       11 ムンタリ  04 サネッティ(C)

  26 キブ  25 サムエル  06 ルシオ  13 マイコン

          12 カステラッツィ
  サブ
    21 オルランドーニ  02 コルドバ  22 ミリート  23 マテラッツィ
    29 コウチーニョ   39 サントン  40 ヌワンクォ
  監督
    ラファエル・ベニテス
前半:試合展開
 02 TOT    :アスエコト左クロス                   DFクリア(CK)
 04 INT S  :スネイデル中ミドルS                  枠左
 05 TOT OFF:レノン右→Vファールト                 オフサイド
 07 INT S  :エトゥ中ミドルS                    枠右
 08 TOT    :アスエコト左クロス→クラウチ中落            DFクリア
 09 TOT SOG:モドリッチ左ミドルS                  GKキャッチ
 12 TOT    :ベイル左ドリブル、クロス                GKキャッチ
 14 TOT    :ベイル左ドリブル                    DFクリア(CK)
 16 TOT    :ハットン右クロス→クラウチ左落             あわず
 17 INT SOG:スネイデル左ミドルS                  GKキャッチ
 18 TOT SOG:モドリッチ中→Vファールト中S          GOAL★TOT 1-0 INT
 22 TOT    :ベイル左ドリブル、クロス→レノン右           S出来ず
 25 INT    :スネイデル中ドリブル                  DFクリア
 25 TOT S  :ベイル左ドリブル、クロス→クラウチ右BS       ※枠左
 28 INT S  :サネッティ中ミドルS                  枠上
 29 INT    :中フィード→ビアビアニ                 GKクリア
 30 INT SB :ルシオ中S                       DFブロック(CK)
 34 TOT SB :クラウチ左落→ベイル中S                DFブロック
 35 INT S  :ムンタリ中ミドルS                   枠上
 36 INT ▲YC:サムエル、レノンを引っかける           CARD▲サムエル
 37 TOT SB :右FK:VCファールト                ※枠上(CK)
 37 INT SOG:スネイデル左ミドルS                  GKキャッチ
 39 TOT ▲YC:ハットン                     CARD▲ハットン
 40 INT    :左FK:スネイデル→サムエル              GKキャッチ
 41 TOT S  :Vファールト→ハドルストン中MS            枠上
 43 INT SOG:中FK:スネイデルS                 ☆GKセーブ(CK)
 44 TOT    :Vファールト左→レノン                 あわず
 +1 INT    :マイコン右クロス                    DFクリア(CK)
前半:コメント
 トットナム
   前節の後半の勢いがそのまま続いている印象、特にベイルがマイコンに完全に競り勝って何度も
   ドリブル突破を見せたのが印象的。前線のクラウチとVファールトが積極的にプレスをかけ、
   中盤は若干引き気味にスペースを消して守る事で、エトゥやスナイデルに仕事をさせなかった。
   また、クディチーニもスナイデルのFKをストップするなどまずまず以上の調子。
 インテル
   右サイドのマイコンがベイルのドリブル突破を何度も許し、彼のマークのために攻撃に加わる
   機会を奪われた。スナイデルのミドルやセットプレイが目立ったぐらいでチームとして組織的な
   攻撃が出来ているとは言い難い。ベイルの速さとクラウチの高さの対応に手を焼いているのが
   心配なところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  1   7   2   4   4  52   1   0   1
     インテル  0   9   3   2   2   48   1   0   0
後半:試合展開
 46 TOT 交代1:Vファールト(OUT)、ジェナス(IN) モドリッチ前へ
 47 TOT    :ベイル右クロス→クラウチ→ベイル            S出来ず
 47 INT    :マイコン右クロス→エトゥ                あわず
 48 INT    :ビアビアニ右ドリブル                  DFクリア(CK)
 49 INT S  :マイコン中ミドルS                   枠上
 51 INT ▲YC:キブー、レノンを押さえる             CARD▲キブー
 51 INT    :ムンタリ、ふくらはぎを押さえている
 53 TOT S  :ベイル中OHS                    ※枠右
 53 INT 交代1:ムンタリ(OUT)、オビオラ(IN)
 55 TOT SOG:ハットン右クロス→クラウチ中HS           ☆GKセーブ(CK)
 56 TOT    :右CK:ベイル→カブール                あわず
 57 TOT S  :レノン右クロス→ギャラス右S              枠右
 61 TOT SOG:ベイル左ドリブル、クロス→クラウチ中BS     GOAL★TOT 2-0 INT
 63 INT SOG:ビアビアニ左S                     GKキャッチ
 64 TOT    :ベイル左ドリブル                    ボールデッド
 64 INT 交代2:ビアビアニ(OUT)、コウチーニョ(IN)
 71 INT 交代3:パンデフ(OUT)、ミリート(IN)

 72 INT S  :ミリート左S                      枠右
 80 INT SOG:エトゥ左S                    GOAL★TOT 2-1 INT
 85 TOT 交代3:レノン(OUT)、パラシオス(IN)
 88 TOT SOG:ジェナス右ドリブルS                  GKキャッチ
 89 TOT SOG:C→ベイル左ドリブル→パブリチェンコ中S     GOAL★TOT 3-1 INT
 90 INT S  :ミリート中ミドルS                   枠上
 +2 TOT ▲YC:モドリッチ、遅延行為               CARD▲モドリッチ
 +3 INT SOG:パブリチェンコ右S                   GKキャッチ
後半:コメント
 トットナム
   開始早々こそインテルに主導権を握られたシーンもあったが、それを打開したのはベイルのドリブル
   だった。ドリブルでDFをぶっちぎってFWへプレゼントパス、クラウチとパブリチェンコに1点
   ずつ進呈した。世界屈指のSBのマイコンを抜き去るスピードは脅威である。彼のスピードと
   クラウチの高さがうまく合わさった結果と言っていいだろう。前節4失点を喫しながら直接対決で
   インテルを上回れたというのは大きい。
 インテル
   前節での教訓を全く生かせず、ベイルに何度もドリブル突破を許した。そしてクラウチの高さも
   押さえきれず、Vファールトの負傷退場がなければもっと破滅的な結果になっていた可能性もある。
   彼らを押さえきれなかったという意味で監督の采配にも疑問が残る。ただ、まだトットナムと
   同ポイントだけに、ここから立て直して決勝T進出を勝ち取って欲しい。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  3   13   6   6  10  50   3   0   2
     インテル  1   16   7   4   5   50   3   0   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »