« [TV] 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD #9 | トップページ | 2010年8月移籍情報 »

2010/08/30

[REVIEW] The A-Team

映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』公式サイト  http://movies.foxjapan.com/ateam/ 

  キャストも時代背景も変わったものの、Aチームと言う作品のコンセプトは変わらず。大佐とおかしな仲間たちの繰り広げるハチャメチャな冒険劇はさすがの一言、純粋に見て楽しめる娯楽大作を堪能できた。

  大佐とフェイスが仲間で、車で通りかかったバラカスを仲間にして、さらに逃走の際にマードックを病院で拉致…、出会いからして破天荒である。そして彼らがまだレンジャーに所属して国のために働いているというのも新鮮である、というからしくない(笑) TVシリーズのほとんどはならず者として描かれた彼らではあるが、当然軍にいた時代があるわけで、それらを踏まえつつAチーム結成を描くというのは、リメイクとして正当な描き方であろう。
  メインチームの男くささは相変わらずとは言え、彼らを追いかける宿敵がキャリアウーマンになったのは新鮮だった。しかもフェイスとは並々ならぬ仲らしく、ラブロマンスっぽい雰囲気を出すのが今風と言うことなのだろうか。もともと女性の影がないに等しい作品だけに違和感は少なからずあるが、まあ魅力的なお姉さんだからよしと言うことで(笑)
  飛行機から戦車で飛び降りるとか、ヘリでコンテナを運ぶとか、ど派手なアクションは相変わらずで、当然のごとく銃や機関銃をぶっ放す。それでいて人が死ぬシーンを目立たなくしているのは若干どうなんだろうとは思うが、まあ娯楽作品と言うことでいいのだろう。心の底から楽しめるアクション娯楽映画であることは保証出来る作品であり、是非とも続編を見たいところである。

|

« [TV] 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD #9 | トップページ | 2010年8月移籍情報 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/49393113

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW] The A-Team:

« [TV] 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD #9 | トップページ | 2010年8月移籍情報 »