« [REVIEW] How to Train Your Dragon | トップページ | [Premier League 10/11] #01 リバプール v アーセナル »

2010/08/14

[Premier League 10/11] #01 トットナム v マンC

スタジアム
  ホワイト・ハート・レーン  ロンドン
  気温:17度  湿度:67%  天候:やや曇り→雨
直前オッズ(WilHill)
  トットナム v マンC 2.25 3.20 3.20
試合結果
  トットナム 0 - 0 マンC
主審
  アンドレ・マリナー
ラインナップ
 トットナム
            15 クラウチ   18 デフォー

    03 ベール    14 モドリッチ  06 ハドルストン  07 レノン

    32 アスエコト    26 キング    20 ドーソン  22 コルルカ

                01 ゴメス
  サブ:
    23 クディチーニ   04 カブール  19 バソング  12 パラシオス
    09 パブリチェンコ  10 キーン   17 ジョバンニ
  監督:
    ハリー・レドナップ
 シティ
   21 シルバ     32 テベス      08 Wフィリップス

         18 バリー   42 Yトゥレ

            34 デヨング

  13 コラロフ  04 コンパニ  28 Kトゥレ  02 リチャーズ

            25 ハート
  サブ:
    01 ギブン  05 サバレタ   19 レスコット  11 Aジョンソン 
    24 ビエラ  09 アデバイヨル 27 ジョー
  監督:
    ロベルト・マンチーニ
前半:試合展開
 01 TOT SB :クラウチ中ミドルS                   DFブロック
 06 TOT    :ベール左クロス                     GKキャッチ
 07 MAC S  :ヤヤ中→SWP中BS                  枠上
 08 TOT    :レノン右クロス                     DFブロック(CK)
 09 TOT    :右CK:ベール                     DFクリア
 09 TOT SOG:右FK:ベール→クラウチ中HS            ※GKセーブ
 11 TOT    :レノン右クロス→クラウチ左H→デフォー中S      ☆GKセーブ
 15 TOT SB :モドリッチ左MS                    DFブロック
 16 TOT SB :ハドルストン右MS                   DFブロック
 17 TOT SOG:ハドルストン中ミドルS                ☆GKセーブ
 18 TOT SOG:アスエコト中ミドルS→DFR             ☆GKセーブ
 24 MAC ▲YC:コンパニ                     CARD▲コンパニ
 24 TOT SOG:右FK:ベールS                    GKキャッチ
 28 TOT SOG:ベール左クロス→デフォー中S             ☆GKセーブ
 31 TOT SOG:ベール左S                      ☆右ポスト
 31 TOT SB :中S                         ※DFブロック
 32 MAC S  :テベス→ヤヤ中S                    枠右
 32 TOT SOG:中フィード→デフォー中S               ☆GKセーブ
 34 MAC OFF:フィリップス                      オフサイド
 38 MAC SOG:ヤヤ中S                        GKキャッチ
 43 MAC S  :コラロフ左ミドルS                   枠右
前半:コメント
 トットナム
   右サイドのレノンと左サイドのベールがドリブルやスペースへの走り込みで相手を圧倒し、
   サイドの攻防で優位に立った。そしてサイドのクロスにクラウチが競り勝ち、デフォーが
   押し込むパターンで何度もチャンスを作った。数多くの決定機を作りつつゴールを奪え
   なかったのが悔やまれる展開だろう。ただ、圧倒した展開だっただけに、後半の入り方が
   難しい。
 マンC
   どうにかドローで終えたのはハートのおかげ、それほどまでに一方的な展開だった。テベス、
   SWP、シウバの前線がほとんど機能せず。そしてCBのコンパニが冷静さを失ってカード
   1枚。ここまで圧倒された展開でリードを奪われていないことは奇跡としかいいようがない。
   アデバイヨルやジョンソンを投入して打開を計りたいところだが、正直厳しいか。
前半:スタッツ(BBC)
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  0   11  10   6   5   60   0   0   0
      マンC  0   2   1   0   8  40   1   0   1
後半:試合展開
 46 MAC 交代1:コラロフ(OUT)、サバレタ(IN)
 51 MAC S  :ヤヤ中→シウバ中BS                  DFブロック
 54 MAC SB :シウバ中S                       DFブロック(CK)
 56 TOT    :レノン右ドリブル、クロス                DFクリア(CK)
 60 MAC ▲YC:サバレタ                     CARD▲サバレタ
 62 MAC SOG:ヤヤ→リチャーズ中HS                 GKキャッチ
 62 TOT S  :レノン右クロス→クラウチ中HS             枠右
 67 MAC 交代2:SWP(OUT)、ジョンソン(IN)
 68 TOT 交代1:デフォー(OUT)、パブリチェンコ(IN)
 68 TOT 交代2:クラウチ(OUT)、キーン(IN)

 69 MAC    :右CK:ジョンソン                   GKキャッチ
 71 MAC SB :ジョンソン右→テベス中S                DFブロック(CK)
 72 TOT SOG:C→パブリチェンコ左S                 GKキャッチ
 72 TOT SOG:パブリチェンコ左ミドルS                GKキャッチ
 73 MAC S  :ジョンソン右ミドルS                  枠上
 74 TOT    :ベール左クロス                     GKキャッチ(CK)
 77 TOT 交代3:レノン(OUT)、ドスサントス(IN)
 83 MAC 交代3:テベス(OUT)、アデバイヨル(IN)

 84 TOT S  :パブリチェンコ右クロス→ベール中S          ※枠右
 88 TOT SB :モドリッチ中ミドルS                  DFブロック(CK)
 88 TOT    :パブリチェンコ右S                   枠左
 90 TOT OFF:パブリチェンコ                     オフサイド
 +1 TOT    :ベール左H                       GKキャッチ
後半:コメント
 トットナム
   残念ながら後半は息切れ、前半のような攻めを見せることが出来なかった。シュートも後半は
   6本、枠内2本で決定機はベールのシュートミスのみ。体力的なものではあろうが結果として
   クラウチの交代には疑問の残るところ。前半の出来を考えれば勝ち点2を落とした印象が
   強い。守備ではアスエコトが左サイドをうまく締めていた。
 マンC
   後半は相手の攻め疲れもあったものの、自分たちも攻めを見せることが出来ず。まだまだ
   シウバを含めた攻撃組織の構築にはまだまだ時間がかかるというところだろう。ヤヤが
   器用なボールさばきを見せていたが、決定機を作るには至らず。コラロフは負傷で真価を
   発揮できず。
前半:スタッツ(BBC)
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  0   17  13   8   7   54   0   0   -
      マンC  0   6   4   3  12  46   2   0   -

|

« [REVIEW] How to Train Your Dragon | トップページ | [Premier League 10/11] #01 リバプール v アーセナル »

football(ENG)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/49593552

この記事へのトラックバック一覧です: [Premier League 10/11] #01 トットナム v マンC:

« [REVIEW] How to Train Your Dragon | トップページ | [Premier League 10/11] #01 リバプール v アーセナル »