« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/31

2010年8月移籍情報

移籍公式■チェルシー、マルセウの移籍についてベンフィカとクラブ間合意■BBC Sport - Football - Chelsea 'to sign Benfica midfielder Ramires for £18m': http://bit.ly/cH4b4N
移籍公式■Rカルバーリョ(32 DF)[Rマドリー←チェルシー]2年契約、2012年まで、移籍金9億円■ Goal.com: http://bit.ly/9okS2j
移籍公式■アンドレ・オーイエル(36 DF)[アヤックス←PSV] 1年契約、2011年まで、フリートランスファー■ Goal.com: http://bit.ly/dhUXKr
移籍公式■フィリップ・デゲン(28 DF)[シュトゥットガルト←リバプール] 1年契約、2011年まで、ローン移籍■BBC Sport - Football http://bit.ly/bdKfmB
移籍公式■デコ(32 MF)[フルミネンセ←チェルシー]、2年契約、2012年まで、移籍金8億円■ Goal.com: http://bit.ly/94ktg6
移籍公式■ミケル・アルテタ(28 MF)、エバートンと契約延長、2015年まで■ Goal.com: http://bit.ly/aduRW0
移籍公式■マメ・ビラム・ディウフ(22 FW)[ブラックバーン←マンU]、1年契約2011年まで、ローン移籍■Goal.com: http://bit.ly/b9zSKO
移籍公式■ブルーノ・ソリアーノ(26 MF)、ビジャレアルと契約延長、2016年まで■ Goal.com: http://bit.ly/96sSTN
移籍公式■トーマス・ミュラー(20 FW)バイエルンと契約延長、2015年まで■Goal.com: http://bit.ly/bwFT4b
移籍公式■セバスティアン・ジョヴィンコ(23 MF)[パルマ←ユベントス]、ローン移籍、買い取りオプション有り■Goal.com: http://bit.ly/9a9ZvE
移籍公式■ラフィーニャ(24 SB)[ジェノア←シャルケ]、4年契約、2014年まで Goal.com: http://bit.ly/9XikXW
移籍公式■べべ(20 FW)[マンU←ビトーリア・ギマラエス]移籍金非公開■Goal.com: http://bit.ly/aBsATD
移籍公式■W・ギャラス(33 DF)[トットナム←アーセナル]、1年契約、2011年まで、フリートランスファー■http://bbc.in/bAaHUY
移籍公式■ネダム・オヌオハ(23 DF)[サンダーランド←マンC]、ローン移籍■ Goal.com: http://bit.ly/bxAU5q
移籍公式■クリスティアン・ポウルセン(30 DF)[リバプール←ユベントス] 、移籍金6億円、契約期間非公開■Goal.com: http://bit.ly/98nrrs
移籍公式■マリオ・バロテッリ(19 FW)[チェルシー←インテル]、5年契約、2015年まで、移籍金非公開■ Goal.com: http://bit.ly/b59mNU
移籍公式■ラミレス(23 MF)[チェルシー←ベンフィカ]、4年契約、2014年まで、移籍金非公開■ Goal.com: http://bit.ly/aSKF0K
移籍公式■アーセン・ベンゲル監督、アーセナルと契約延長、2014年まで■Goal.com: http://bit.ly/a126Xs
移籍公式■ディエゴ・イフラン(23 FW)[Rソシエダ←ダヌービオ]、5年契約、2015年まで、移籍金2億円■Goal.com: http://bit.ly/aQZaTd
移籍公式■チアゴ・メンデス(29 MF)[アトレティコ←ユベントス]、ローン移籍継続、1年契約、2011年まで■ Goal.com: http://bit.ly/bzPphh
移籍公式■ブラッドリー・ジョーンズ(28 GK)[リバプール←ミドルスブラ]、3年契約、2013年まで、移籍金3億円■ Goal.com: http://bit.ly/aYvYAg
移籍公式■メスト・エジル(23 MF)[Rマドリー←ブレーメン]、6年契約、2016年まで、移籍金16億円■ Goal.com: http://bit.ly/dlJxIm
移籍公式■マルティン・シュクルテル(25 DF)、リバプールと契約延長、2014年まで■ Goal.com: http://bit.ly/bSnZiP
移籍公式■ジェームズ・ミルナー(24 MF)[マンC←Aヴィラ]、5年契約、2015年まで、移籍金20億円+アイルランドの譲渡■ Goal.com: http://bit.ly/abfjwa
移籍公式■ステファン・アイルランド(24 MF)[Aヴィラ←マンC]、契約期間非公開、ミルナーとのトレード■ Goal.com: http://bit.ly/abfjwa
移籍公式■アレクサンドロス・ツィオリス(25 MF)[ラシン←シエナ]、ローン移籍、2011年まで、買い取りオプションあり■Goal.com: http://bit.ly/a7ohu0
移籍公式■ケヴィン=プリンス・ボアテング(23 MF)[ミラン←ジェノア]、ローン移籍、2011年まで、買い取りオプションあり■ Goal.com: http://bit.ly/d3NfCt
移籍公式■エドゥアルド・サルビオ(20 FW)[ベンフィカ←アトレティコ]■ローン移籍、2011年まで■ Goal.com: http://bit.ly/9tK6wr
移籍公式■ルチアーノ・ザウリ(33 DF)[サンプドリア←ラツィオ]■ローン移籍継続、2011年まで、■ Goal.com: http://bit.ly/cAoDPL
移籍公式■ピーター・オデムウィンギ(29 FW)[WBA←ロコモティブ]、2年契約、2012年まで、移籍金非公開■Goal.com: http://bit.ly/9hhJAF
移籍公式■エドガー・ダービッツ(37 MF)[Cパレス←フリー]■Goal.com: http://bit.ly/9N80CX
移籍公式■アンドレ=ピエール・ジニャック(24 FW)[マルセイユ←トゥールーズ]、移籍金17億円■Goal.com: http://bit.ly/cwo70a
移籍公式■ミロシュ・クラシッチ(25 MF)[ユベントス←CSKA]■ Goal.com: http://bit.ly/b2tiKz
移籍公式■アシエル・デル・オルノ(29 DF)[レバンテ←バレンシア]、ローン移籍、2011年まで■ Goal.com: http://bit.ly/axERKo
移籍公式■ナチョ・ゴンサレス(28 MF)[レバンテ←バレンシア]、ローン移籍、2011年まで■ Goal.com: http://bit.ly/axERKo
移籍公式■セルヒオ・ガルシア(28 FW)[エスパニョール←ベティス]、5年契約、2015年まで、移籍金6億円■ Goal.com: http://bit.ly/b4pcax
移籍公式■ウィリアム・ギャラス(33 DF)[トットナム←アーセナル]、1年契約、2011年まで、フリートランスファー■ Goal.com: http://bit.ly/avwMRJ
移籍公式■ミド(27 FW)[アヤックス←ミドルスブラ]、1年契約、2011年まで、フリートランスファー■ Goal.com: http://bit.ly/aIqW7N
移籍公式■ジエゴ・カバリエリ(27 GK)[チェゼーナ←リバプール]、詳細非公開■Goal.com: http://bit.ly/bbp8wl
移籍公式■エルネスト・チェバントン(30 FW)[レッチェ←セビージャ]、1年契約、2011年まで、フリートランスファー(契約解除)■ Goal.com: http://bit.ly/cgmerj
移籍公式■アレクシス(25 DF)[セビージャ←バレンシア]、5年契約、2015年まで、移籍金6億円■ Goal.com: http://bit.ly/bLXwfE
移籍公式■アレッサンドロ・ディアマンティ(27 FW)[ブレシア←ウェストハム]、移籍金2億円■BBC Sport - http://bbc.in/aEelhT
移籍公式■ネマニャ・マティッチ(22 MF)[フィテッセ←チェルシー]、ローン移籍■Goal.com: http://bit.ly/9EEsUC
移籍公式■スロボダン・ライコヴィッチ(21 DF)[フィテッセ←チェルシー]、ローン移籍■ - Goal.com: http://bit.ly/9EEsUC
移籍公式■ニコラス・オタメンディ(22 DF)[ポルト←ベレス]、移籍条件不明■ Goal.com: http://bit.ly/bsedFw
移籍公式■マスチェラーノの移籍、クラブ間合意(バルセロナ←リバプール) Goal.com: http://bit.ly/ayHlKI
移籍公式■ジエゴ(25 MF)[フォルクスブルグ←ユベントス]、4年契約、2014年まで、移籍金17億円■ Goal.com: http://bit.ly/dwUmj8
移籍公式■矢野貴章(26 FW)[フライブルグ←新潟]、■ Goal.com: http://bit.ly/a18m5g
移籍公式■マスチェラーノの移籍金は22億円■ http://bbc.in/cg5rIN
移籍公式■ラウール・メイレレス(27 MF)[リバプール←ポルト]、4年契約、2014年まで、移籍金15億円■ Goal.com: http://bit.ly/agV6aD
移籍公式■ハテム・ベン・アルファ(23 MF)[ニューカッスル←マルセイユ]、1年契約、2011年まで、ローン移籍■ Goal.com: http://bit.ly/8Ya842
移籍公式■ズラタン・イブラヒモビッチ(28 FW)[ミラン←バルセロナ]、10/11年はレンタル、来年4年契約、2015年まで、移籍金43億円■ Goal.com: http://bit.ly/99965m
移籍公式■マルティン・カセレス(DF 22)[セビージャ←バルセロナ]、ローン移籍、2011年まで Goal.com: http://bit.ly/c363Ey
移籍公式■ニコラス・ブルディッソ(29 DF)[ローマ←インテル]、4年契約、2014年まで、移籍金9億円■ Goal.com: http://bit.ly/cCWj2Z
移籍公式■ヒーピア、レバークーゼンと契約延長、2012年まで■FOOTBALL WEEKLY - ライブドアブログ: http://bit.ly/9EL5rB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/30

[REVIEW] The A-Team

映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』公式サイト  http://movies.foxjapan.com/ateam/ 

  キャストも時代背景も変わったものの、Aチームと言う作品のコンセプトは変わらず。大佐とおかしな仲間たちの繰り広げるハチャメチャな冒険劇はさすがの一言、純粋に見て楽しめる娯楽大作を堪能できた。

  大佐とフェイスが仲間で、車で通りかかったバラカスを仲間にして、さらに逃走の際にマードックを病院で拉致…、出会いからして破天荒である。そして彼らがまだレンジャーに所属して国のために働いているというのも新鮮である、というからしくない(笑) TVシリーズのほとんどはならず者として描かれた彼らではあるが、当然軍にいた時代があるわけで、それらを踏まえつつAチーム結成を描くというのは、リメイクとして正当な描き方であろう。
  メインチームの男くささは相変わらずとは言え、彼らを追いかける宿敵がキャリアウーマンになったのは新鮮だった。しかもフェイスとは並々ならぬ仲らしく、ラブロマンスっぽい雰囲気を出すのが今風と言うことなのだろうか。もともと女性の影がないに等しい作品だけに違和感は少なからずあるが、まあ魅力的なお姉さんだからよしと言うことで(笑)
  飛行機から戦車で飛び降りるとか、ヘリでコンテナを運ぶとか、ど派手なアクションは相変わらずで、当然のごとく銃や機関銃をぶっ放す。それでいて人が死ぬシーンを目立たなくしているのは若干どうなんだろうとは思うが、まあ娯楽作品と言うことでいいのだろう。心の底から楽しめるアクション娯楽映画であることは保証出来る作品であり、是非とも続編を見たいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD #9

ACT9     The sword and DEAD http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hotd/contents/hp0005/list00000000.html
コメント
  なにやらジープっぽい乗り物を手に入れて沙耶さんちを目指す一同。下着が透けてドギマギとかしながら
 目的地を目指す一同、とりあえず中州で休息。いきなり下着まで脱いでお着替えとか、しかも色々出てるし…。
 公園で噴水に飛びこんで、音でゾンビを攪乱。そしてゾンビを切り刻む冴子さんですが、さすがに子供のゾンビは
 切れないようで。事情を語る冴子さん。木刀で殴るのが楽しいそうです…。えっと、暗闇の中でこの2人は
 何をやってるんでしょうか…。いや、いきなり胸を掴んで叫んでますけど…、冴子さん真剣を手にして
 ご乱心ですけど、いや、そこで濡れるとか…。しかも責任取ってくれるとか言ってるし…、どんなラブコメだ…。
 そして無事に到達ですが…、あんまり騒ぐのは危険じゃないかな…。
次回予告
  安全な場所に逃げ込んでも色々問題はあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 祝福のカンパネラ #9

第9話 異変の予兆   http://www.mmv.co.jp/special/campanella/oa.html
コメント
  収穫祭が終わろうとしている頃。異変の前兆は7年前からあったとか…。ミリアムさんのネコの
 プレゼントを作ることに…。そしてトルティアカンパニーを訪れるレスター一同。いや、どうして、
 リトスさん、どうして悪人口調で「面白い姉がいる」とか…、「あたしにする」とか…(笑)
 まあ、確かに「つまらないお姉さん」よりはいいかな…。しかし「パパと座る」とか飛び込んでくる
 ミネットちゃんは…。そして鈴作りに勤しむ一同、いや、そんなに鈴を作ってどうするんだろう…。
 そして突然倒れるミリアムさん…、と言うAパート。
  そして診察したアニエスさんの口から語られる真実。ミリアムさんはオートマタで、エールの異常
 によりコアの状態を保てないと。そしてミリアムさんの元を訪れるアバ兄とアヴリル、という事で
 次回へ続く、と言うBパート。
次回予告
  ミネットちゃんが、なにやら考えているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 伝説の勇者の伝説 #008

#008「エスタブール反乱」 http://www.denyuden.jp/outline/index.html

コメント
  とりあえずダンゴを買わせられるライナ、不憫だ…。フロワードがしくんだ反乱のようです。反乱の
 首謀者のノア姫ですが、色々悩んでいる様子。当然、ローランド優勢で戦局は推移ですが…という
 Aパート。
  兵を引かないと民の首をはねるとか無茶苦茶。降服を決意するノア姫様の前に現れるフロワード。
 なんだ、サラウェルがスパイだったんだ…。そして姫を反乱の首謀者として殺そうとしたところで、
 フロワードの魔法の前に倒れるサラウェル。クラウとフロワードの対峙するのを見て降服を提案する
 ノア姫、なんかクラウさんとラブフラグが立ったような立たないようなというBパート。しかし、
 反乱がすんでもまだまだ波乱がありそう。

次回予告
  遺跡の再調査とか、確かに面倒くさそう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW] The Sorcerer's Apprentice

魔法使いの弟子    http://www.disney.co.jp/deshi/home.jsp

  言いたいことは山のようにあるのですが、ファンタジー映画と言うことなので、細かいことを突っ込んだら負けと言うゲームなんだと思います、というかそう思ってください。とりあえず、髭と髪がモジャモジャなニコラス・ケイジは格好いいと思います。
  アーサー王の時代まで遡りたい気持ちも分からないのではないのですが、序盤の長い説明は、構成的にちょっとどうなんだろうと思わないでもなく。それから1000年、マーリンの後継者を求めて世界中を探し回った、というのを描きたかったんでしょうが、そこの描写はあまりにも淡泊だったかなと。まあ、それだけで1映画くらい出来るほどのストーリーにあふれているはずだからしょうがないと言えばそうなんでしょうが…。
  怪しい人形に悪の魔法使いを閉じこめるのはいいとして、それが虫とともに出てくるのはやりすぎ、そんなにおどろおどろしくしなくてもとは思います。魔法のバトルは、最近の格闘ゲームを思わせるかのような、電撃や火の玉っぽいものの応酬で、いかにもという感じですが結構楽しめます。
  主人公が物理オタクと言う設定ですが、実験系の生徒なので結構アクティブに体を動かします。日本だと工学部に近いのかなぁとは思いました。それにしても、教授の口添えで地下の怪しい倉庫を借りれたりという設定がいかにもアメリカンで、日本ではまずあり得ないなぁ…とは思いました。
  魔法の力はまだまだ修行中ですが、そこに科学の力を合わせて敵をやっつけるというのは斬新な設定です。「あまりに進化した科学は魔法と区別が付かない」なんて格言もあるので、理系人間としてもそんなに奇想天外なことをやっているとは思いませんでした。むしろ多少なりとはいえ科学の力で魔法を説明しようとするあたりに共感していたりもします。
  当然のごとく次作に繋がる複線が張られてたりはしますが、正直最大の敵を倒して手下が残った時点で、続きは微妙なのかなとは思います。少なくともベッキーの恋のライバルとして,魔女を登場させるぐらいの気概が必要でしょう。魔法少女の方がむしろいいかもしれませんが…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/29

[PREMERA Div. 10/11] #01 ラシン v バルセロナ

スタジアム
  エル・サルディネーロ  サンタンデール
  気温:21度 湿度:60%  天候:晴れ
直前オッズ(15分経過)
  RAC v BAR 23.00 9.50 1.08
試合結果
  ラシン 0 - 3 バルセロナ
主審
  デルガド・フェレイロ
ラインナップ
 ラシン
          07 チテ

   17 アラナ   10 ムニティス  16 パキスチョグル

        21 ディオップ 08 コルサ

  06 シスマ  02 エンリケ  19 トレホン  15 フランシス

           13 トーンヨ
  サブ
    01 コルトルティ   03 クリスチャン  14 ピニジョス   20 トジオリス
    05 ラセン      22 ナウエルバン  23

  監督
    ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル
 バルセロナ
      08 イニエスタ  07 ビジャ    10 メッシ

      15 ケイタ    16 ブスケシュ  06 シャビ

  19 マクスウェル  22 アビダル  03 ピケ   02 アウベス

              01 バルデス
  サブ
    13 ピント     05 プジョル   18 ミリート  17 ペドロ
    21 アドリアーノ  11 ボージャン  20 ジェフレン
  監督
    ジュゼップ・グアルディオラ
前半:試合展開
 03 BAR SOG:イニ中→メッシ右ドリブルRS           GOAL★RAC 0-1 BAR
 10 BAR OFF:イニ→→ビジャ                     オフサイド
 13 RAC SOG:アラナ中ミドルS                    GKキャッチ
 19 BAR    :メッシ右→ビジャ                   ※GKキャッチ
 20 RAC SOG:アラナ中S                       GKキャッチ
 23 BAR    :イニ中スルー→マクスウェル左              オフサイド
 28 BAR SB :ケイタ中ミドルS                    DFブロック
 29 BAR S  :メッシ中ドリブルS                   DFブロック(CK)
 30 RAC ▲YC:フランシス、イニを倒す              CARD▲フランシス
 32 RAC SOG:チテ中ミドルS                     GKキャッチ
 33 BAR SOG:GKセーブ→イニ中RS              GOAL★RAC 0-2 BAR
 34 RAC    :フランシス右ドリブル、エリア内で倒れる         PK
 35 RAC SOG:PK:チテS左中                   ☆GKセーブ
 38 BAR    :Dアウベス右クロス→ビジャ中              DFクリア(CK)
 41 BAR S  :メッシ右ドリブルS                   枠上
 45 BAR S  :ムニティス中MS                    枠右
 +3 BAR OFF:シャビ中スルーP→ビジャ→GOAL           オフサイド
前半:コメント

 バルセロナ
   メッシのドリブルからのループシュートは完璧だったものの、序盤はラシンの勢いに押されて
   得意のパス回しが見られず。それでも時間が経つに連れてシャビやイニのスルーパスが決まり
   始める。33分にはイニがRシュートを決めて2点目、終了直前にビジャもシュート放つがこれは
   オフサイド。内容はまだまだだが結果としてはもうしぬんなあいだろう。
 ラシン
   序盤はバルサを圧倒するシーンもあったが、時間が経つにつれてバルサの攻撃を許すようになる。
   シュート数では互角なものの決定機はバルサに遅れを取るのはチーム力を考えるとやむなしか。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ラシン  0   6   4   2   4   45   0   0   1
    バルセロナ  2   7   2   2   2  55   0   0   1
後半:試合展開
 46 BAR 交代1:シャビ(OUT)、ペドロ(IN)
 49 RAC OFF:ムニティス                       オフサイド
 51 RAC OFF:バクルジョール                     オフサイド
 55 BAR    :イニ右クロス                      DFクリア(CK)
 56 BAR    :メッシ中→ペドロ                   ※GKセーブ(CK)
 61 RAC ▲YC:ディオプ                     CARD▲ディオプ
 62 BAR SOG:Dアウベス右クロス→ビジャ左HS         GOAL★RAC 0-3 BAR
 64 RAC 交代1:バクルジョール(OUT)、ゴンザレス(IN)
 64 RAC 交代2:アレナ(OUT)、ナウレルパン(IN)

 68 RAC ▲YC:ゴンサレス                    CARD▲ゴンサレス
 74 RAC 交代3:コルサ(OUT)、ツォリィス(IN)
 78 BAR 交代2:ビジャ(OUT)、ボージャン(IN)

 85 BAR S  :ボージャン右S                     枠右
 87 BAR SOG:Dアウベス右ミドルS                  GKセーブ
 87 BAR OFF:こぼれ→ボージャン                   オフサイド
 88 RAC SOG:ゴンサレス左S                     GKキャッチ
 +1 BAR ▲YC:ピケ                       CARD▲ピケ
後半:コメント
   後半、シャビに替えてペドロを投入。ピッチ状態もあってかパス回しはいまいちだったが、
   Dアウベスのクロスにビジャが合わせ、FW勢が全員ゴールをあげるという理想的な展開
   で快勝した。ペドロ、ボージャンもゴールこそ無かったものの悪くない動きを見せており、
   ピケ、アビダルも致命的なミスはなかった。アウェイの開幕戦という状況を考えれば完勝と
   言っていいだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ラシン  0   8   7   5   4  41   4   0   4
    バルセロナ  3   8   6   5   1  59   1   0   7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #03 リバプール v ウェストブロム

スタジアム
  アンフィールド  リバプール
  気温:16.5度  湿度:61%  天候:晴れ
直前オッズ
  LIV v WBA 1.25 5.50 13.00
試合結果
  リバプール 1 - 0  Att: 41,194
主審
  リー・プロバート
ラインナップ
 リバプール
             09 トーレス

   14 ヨハノビッチ   08 ジェラード    18 カイト

         28 ポウルセン   21 ルーカス

  05 アッガー  37 シュクルテル  23 キャラガー  02 ジョンソン

             25 レイナ
  サブ
    01 ジョーンズ  16 キルギアコス  34 ケリー  17 マキシ  26 スピアリング
    12 パチェコ   19 バベル
  監督
    ロイ・ホジソン
  出場停止
    Jコール(2/3)
 WBA
             11 ブルント

  22 フォルトゥーネ 17 ドランズ  07 モリソン  24 オデムウィンギ

             21 ムルンブ

  20 ショーリー   30 タマシュ  03 オルソン  36 ハラ

             01 カーソン
  サブ
    13 マイヒル  06 パブロ  05 Tchoyi,  08 Barnes  09 ベドナー
    31 コックス  15 ウッド
  監督
    ロベルト・ディ・マッテオ
前半:試合展開
 03 LIV SOG:トーレス左ミドルS                   GKキャッチ
 08 LIV S  :トーレス左ドリブルS                  DFブロック(CK)
 13 WBA    :左クロス→中HS                    枠上
 16 WBA S  :フォルトゥーネ右S                   枠右
 19 LIV    :左FK:ジェラード→                  DFクリア(CK)
 31 WBA    :モリソン右クロス                    枠左
 +1 WBA S  :モリソン中ミドルS                   枠右
前半:コメント

 リバプール
   全体的に前線の動きが乏しくチャンスを作れず。シュートは三本放ったがいずれも決定機には
   ならず、相手のロングフィードやドリブルにCB勢が苦戦するシーンが目立った。デビュー戦の
   ポウルセンは無難なプレイに終始し存在感無し。UELで温存したジェラード、トーレスの奮起
   を期待したい。
 WBA
   決定機が無いのは同じだが、チャンスとしてはリバプールよりも多かった印象。ただ後半に
   ゴールの生まれる予感はない。それでも強豪のアウェイでの試合を考えると悪くない展開か。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    リバプール  0   3   2   4   4   55   0   0   1
      WBA  0   3   0   4   2  45   0   0   1
後半:試合展開
 50 WBA SB :ブラント中S                      DFブロック
 52 WBA S  :ドランズ中ミドルS                   枠右
 56 WBA S  :ドランズ左ミドルS                   枠上
 59 LIV    :トーレス右クロス                    DFブロック(CK)
 60 LIV 交代1:イバノビッチ(OUT)、マキシ(IN)
 60 LIV S  :右CK:ジェラード→ルーカス右S→カイト        DFクリア
 60 LIV S  :左クロス→シュクルテル中S               枠上
 65 WBA S  :右S                          DFブロック
 65 WBA SOG:こぼれ→S                       GKキャッチ
 65 LIV SOG:C→カイト左クロス→トーレス中S         GOAL★LIV 1-0 WBA
 72 LIV SOG:ジェラード左クロス→トーレス右BS          ☆GKセーブ
 74 LIV SOG:ジェラード中ミドルS                  GKキャッチ
 75 WBA    :オデムウィンギ右クロス                 DFブロック(CK)
 75 WBA 交代1:ドランズ(OUT)、チョイ(IN)
 81 WBA S  :中ドリブルS                      GKキャッチ
 82 WBA 交代2:フォルトゥーネ(OUT)、ウッド(IN)
 83 LIV SB :トーレス左S                      DFブロック(CK)
 86 WBA ▼RC:モリソン、トーレスを蹴る             退場▼モリソン
 89 WBA S  :左FK:→タマシュ右S                 枠上
 89 LIV 交代2:トーレス(OUT)、バベル(IN)
後半:コメント
 リバプール
   65分、ジェラード、カイト、トーレスのコンビで先制ゴール、これでようやく攻撃のリズムが
   出始めた。その後、相手の退場にも助けられたものの、最後まで相手の攻撃を許すなど、チーム
   としての出来はまだまだ。ただ、勝ち点3を取ったという結果を重視したいところ。
 WBA
   トーレスのゴールに泣かされて、対リバプールの連敗記録を更新してしまった。何度かシュート
   を放っていたことと、リバプールの調子が悪かっただけに残念な結果ではある。時折光る選手は
   いたものの、チーム力を考えると妥当な結果か。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    リバプール  1   11   7   7   9   56   0   0   -
      WBA  0   14   5   6   8  44   0   1   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/25

[REVIEW] Colorful

映画『カラフル』公式サイト  http://colorful-movie.jp/index.html

  どちらかと言うと名作系で「PTA推薦」みたいなものが着きそうな映画だったとは思います。言っていることは間違ってないし、描き方もすごく丁寧なのですが、僕が見たい映画ではなかったような気がします。
  そもそも、いきなり死後の世界から始まるあたりがシュール、そこから現実世界に戻って、色々やることを「修行」と称するあたり、「輪廻転生」とかの話と結びついたりするのかも。その辺は色々とデリケートな問題を含むので、ものを知らない人間としては深く語ることは避けたいと思います。
  二子多摩川言う実在の街を描いていることもあって、街の描写は丁寧でリアリティに溢れています。写真を使っているかのように見えるシーンも沢山ありました。後半は、古い鉄道マニアが泣いて喜ぶようなカットや説明に溢れています。そんな印象的なシーンの積み重ねではあるのですが、主人公の行動や街を歩くことになる経緯が、ちょっとどころではなく唐突である印象は否めません。そのあたりは女の子の手を引いて雨の中を走るシーンにも言えるでしょう。ただし、中高生の頃なんて、感情の赴くままに感情的な行動をとるものだと言うことなのかもしれませんが…。
  結局最後は「いじめよくない」「自殺よくない」というところへ落ち着くわけで、それを否定するつもりは全くないのですが、学生でもなく子供もいない自分は「ああ、そういう映画だったのね」と傍観者的にみてしまっていました。実際の中高生や、子供を持った夫婦のみなさんにこそ見て欲しい映画と言うことなのでしょう。特にいじめなどで学校生活に悩んでいる学生のみなさんには共感できるところは多いと思います。個人的には「学校がうべてじゃないよ、他にもいろいろ楽しいものはあるよ」と言ってあげたい気持ちが強いのですが…。
  とりあえず藤原さんは相変わらず存在感を出していました。後は、役者さんとかの起用らしくよく分かりませんでした。まあ「普通の楽しいアニメとは違うんだよ」ということであえて声優さんを起用しなかったのかもしれませんが、「餅は餅屋」というのは藤原さんの声を聞いたときに特に強く感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/23

[TV] 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD #8

ACT8 The DEAD way home  http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hotd/contents/hp0005/list00000000.html
コメント
  なんか、大統領までゾンビに噛まれたみたいですが…、それはさておき川下りです。いや、どうして、
 みんな下着で寝てるかなぁ…、毒島先輩、ヨダレとかなまめかしすぎです。しかし、武器を説明する一方で
 女の子はお着替えですが…、なんか服が色々おかしくないか(笑) そして町中を車で走りますが、人も
 ゾンビもいないのはなんか不自然、桜の花びらも綺麗だし。そして車から落下する麗ちゃん。大ピンチです。
 いや、胸の上に置いた銃を撃つとか、それを避けるとか色々ありえないだろう…。そして、絶体絶命のまま
 次回へ続く、それにしてもホントに話進まないなぁ…。おお、沙耶さんのお母さん登場…。
次回予告
  えっと、次回は毒島先輩メインでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 祝福のカンパネラ #8

第8話 8話だよ!全員集合!   http://www.mmv.co.jp/special/campanella/oa.html
コメント
  大事な人に捧げる何かって、どうしてそういう誤解を招く言い方をするかな~、妹ちゃんは…。
 そして、呼ばれる前に部屋に押し入る妹ちゃん、相変わらず行動が迅速だなぁ。そしてOPが姉妹の
 デュエット…。そしてお祭りの間はトルティアカンパニーと行動を共にするミネットちゃん。そして
 ミネットちゃんとお姉さんとお仕事って、トルティアカンパニーの宣伝ですか…。なんか、リトスさん
 がなにげに色っぽかったり…(笑) そしてアニエスさんまで水着にしてますけど、どうして下に
 着てるんだろう…。しかし、人気に乗っかりに来ましたとか正直すぎるだろう、妹ちゃん。そして、
 みんなでチェルシーさんの喫茶店へって、いきなり押しかけウェイトレスやってますが…。しかし、
 今日はゴーレムさん台詞が多いなって、なんだよレスター機能ってと言うAパート。そっか、ゴーレム
 は姉さんが動かしてたんだ…(笑)
  そしてアーティファクトの展示を見る一同。いや、お金になるとかいって盗もうとする姉さん、
 ダメだろう。いや、危険だから触るなって、どうして念を押すかなぁ…、って手渡してるし(笑)
 しかし妖精ともども冗談とか、ひどい妹だ…。いや、愛の結晶とかそういうこというんだ、妹ちゃん…。
 色々ふざけながらも姉の事を考えているんだろうか…、しかもレスターを姉のエスコートにしてるし。
 なんかレスターさんとサルサさん、いい雰囲気ですな~。せっかくのレスターの隣での花火見学を
 断る姉ちゃん、いい人だなぁ…。「しかたのない姉さん」とぼやくのも当然だなと。いや、花火打ち上げ
 にエレルギー充填120%って…と言うBパート。いや、全員集合というより、トルティア姉妹大活躍
 だろう(笑)
次回予告
  あれ、なんかシリアスな雰囲気が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 伝説の勇者の伝説 #007

#007「その手を離さない」 http://www.denyuden.jp/outline/index.html

コメント
  昔々、ライナとつらい教育を受けた女の子…。それはさておき今日も勇者の遺物を探すライナとフェリス
 ですが、なんか変な奴らだぞ…。いきなり「分け前ください」とか言ってるし…。一方、ローランド方面
 からの忌み破りの追撃隊ですが、なんか緊迫感ないなぁ…。そこへよわっちい2人組が現れて怪しい
 情報を提供を…というAパート。
  可愛い隊長さんはライナと顔見知りのようですが、フェリスさん強すぎだろう…。いきなり縛り上げて
 るし。孤児院の幼なじみだという隊長さんですが、ライナの方には心当たりがないようです…。それは
 さておき目的のポイントで謎の剣を発見。勇者だから何とかしろとか、相変わらず口が悪いフェリスさん
 です。だからといって、切れて剣を投げつけるってどうなんだ…。しかもそこから竜が出てくるし…。
 いや、ミルク隊長の「出したものを片付けろ」って言う嘆きも当然だろう…。でも、可愛い隊長に従う
 イケメンって、どうなんだ…。せめて強くないと。一方、ローランドでは貴族が反乱を起こしたとか…、

次回予告
  反乱をめんどくさいと片付けるって…、ライナさん・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/22

[Premier League 10/11] #02 ニューカッスル v アストンヴィラ

スタジアム
  セント・ジェームズ・パーク  ニューカッスル
  気温:20度  湿度:55%  天候:曇時々晴
直前オッズ
  ニューカッスル v アストン・ヴィラ  2.62 3.20 2.70
試合結果
  ニューカッスル 6 - 0 アストン・ヴィラ  Att: 43,546
主審
  マーティン・アトキンソン
ラインナップ
 ニューカッスル
               09 キャロル

   18 グティエレス      04 ノーラン     10 ルートリッジ

         07 バートン     17 スミス

  03 エンリケ  06 ウィリアムソン  02 コロッチーニ  14 パーチ

              01 ハーパー
  サブ
    26 クルル  16 テイラー  34 タバーニア  29 ブキッチ
    11 ローベンクランズ    19 シスコ    23 アメオビ
  監督
    クリス・ヒュートン
 アストン・ヴィラ
         07 Aヤング    10 カリュウ

  06 ダウニング               12 オルブライトン

          19 ペトロフ   09 アイルランド

  03 ウォーノック  47 クラーク  05 ダン  02 Lヤング

            01 フリーデル
  サブ
    22 グザン  23 ベイ  44 リチャイ  20 Rコーカー
    46 バナン  14 デルフォンゾ  18 ヘスキー
前半:試合展開
 09 AVI    :ペトロフ→Aヤング右、エリア内で倒される        PK
 10 AVI S  :PK:カリュウS中上                 ※枠上
 12 NCU SOG:バートン左MS                  GOAL★NCU 1-0 AVI
 19 NCU ▲YC:バートン、足裏で相手を蹴る            CARD▲バートン
 21 AVI S  :ダウニング中ミドルS                  枠右
 25 AVI OFF:中フィード→Aヤング                  オフサイド
 28 NCU    :左CK:バートン→GKセーブミス            ファール
 32 NCU SOG:左クロス→キャロル右返→ノーラン中HS        ☆GKセーブ
 32 NCU SOG:こぼれ→ノーラン中HS              GOAL★NCU 2-0 AVI
 33 AVI    :Aヤング右クロス→左S                ※DFブロック
 34 NCU SOG:右CK:→ウィリアムソン→こぼれ→キャロル中S  GOAL★NCU 3-0 AVI
 40 NCU ▲YC:パーチ、危険なタックル              CARD▲パーチ
前半:コメント
 ニューカッスル
   PKを与えたシーンこそひやっとさせられたものの、それを相手がミスしてくれてからは一方的に
   攻め立てた。特にキャロルの高さがうまく生きており、ノーランが2ゴールと当たっているのも
   大きい。ただし、Aヤングに何度かDFラインの裏を取られるシーンも見られるので慎重に守りを
   固めたいところ。
 Aヴィラ
   序盤、Aヤングがエリア内で倒されて得たPKと、彼が飛び出して1対1ながらオフサイドに
   なったシーン以外は印象的な攻撃のシーンは無し。中盤のペトロフ、アイルランド、ダウニング
   あたりがほとんど攻撃に絡めず、サイドバックの上がりも無し。ニューカッスルの攻撃を耐える
   のに精一杯。相手のDFラインにも少なからず不安があるものの、3点を奪って追い付くのは
   正直厳しい。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  ニューカッスル  3   9   6   2   8   59   2   0   0
     Aヴィラ  0   0   0   1   6  41   0   0   2
後半:試合展開
 56 NCU    :エンリケ左クロス                    GKキャッチ
 57 AVI 交代1:オルブライトン(OUT)、ヘスキー(IN)
 62 NCU SOG:中フィード→ラウドリッジ右S              GKキャッチ
 64 NCU ▲YC:スミス、相手を蹴る                CARD▲スミス
 65 AVI 交代2:カリュウ(OUT)、Rコーカー(IN)
 67 NCU SOG:ウィリアムソン→キャロル中S           GOAL★NCU 4-0 AVI
 72 AVI SB :アイルランド中ドリブルS                DFブロック
 75 NUC SB :ノーラン左→キャロル中S               ☆DFブロック
 76 NCU 交代1:スミス(OUT)、テイラー(IN)
 76 NCU 交代2:ラウトリッジ(OUT)、アメオビ(IN)

 77 NCU    :テイラー左クロス                    DFクリア(CK)
 78 NCU    :グティ左ドリブル、エリア前で倒される
 78 AVI ▲YC:Rコーカー                    CARD▲Rコーカー
 78 NCU    :左FK:テイラーS                  ※枠右
 80 NCU 交代3:グティ(OUT)、シソコ(IN)
 84 AVI S  :アイルランド中ミドルS                 枠上
 87 NCU SOG:左CK:テイラー→アメオビ右H返→ノーラン中S  GOAL★NCU 5-0 AVI
 +3 NCU SOG:シスコ左→キャロル右1対1S           GOAL★NCU 6-0 AVI
後半:コメント
 ニューカッスル
   後半に入っても優勢は変わらず、結局キャロルがロスタイム間際にハットトリックとなる
   6ゴール目をあげて前節マンUにやられた借りを返すことになった。キャロルの前線での
   存在感は大きかったが、相手の特に中盤の動きが重かった事は割り引く必要があるか、
   そして後半の相手が集中力を失っていたことも。それでもホームでの快勝で地元は大きく
   盛り上がることは確かだろう。
 Aヴィラ
   後半に杯ってヘスキー、Rコーカーを投入するも試合の流れは変わらず。キャロルや
   ノーランにず突破を許し続けて、後半、アイルランドが見込みのないシュートを二本
   打ったのみ。前半のカリュウのPKが入っていれば違った展開だったかもしれないが、
   負けるべきして負けた印象が強い
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  ニューカッスル  6   19  13   6  14   60   3   0   1
     Aヴィラ  0   2   1   2  10  40   1   0   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Premier League 10/11] #02 フルアム v マンU

スタジアム
  クレーブン・コテージ  ロンドン
  気温:22度  湿度:64%  天候:にわか雨
直前オッズ
  フルアム v マンU 6.00 3.75 1.57
試合結果
  フルアム 2 - 2 マンU Att: 25,643
主審
  ピーター・ウォルトン
ラインナップ
 フルアム
              25 ザモラ

  29 デービス       23 デンプシー       16 ダフ

           20 エトゥフ  13 マーフィー(C)

  13 コンチェスキ  18 ヒューズ  05 ハンゲランド  04 パントシル

            12 ストックデイル
  サブ
    19 ツベルビューラー  02 ケリー  06 ベアード  11 ゲラ
    17 リーセ  27 グリーニング  30 デンベレ
  監督
    マーク・ヒューズ
 マンU
        09 ベルバトフ  14 エルナンデス

  13 パク                   25 バレンシア

        18 スコールズ  24 フレチャー

  03 エブラ  23 エヴァンス  15 ビディッチ(C)  22 オシェイ

          01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  12 スモーリング  21 ラファエル  11 ギグス
    16 キャリック  17 ナニ  07 オーウェン
  監督
    アレックス・ファーガソン
前半:試合展開
 04 FUL S  :ザモラ右クロス→デービス中S              GKキャッチ
 09 MAU    :パク左→ベルバ→フレッチャー              あわず
 10 MAU SOG:エルナンデス→ベルバ中S               ☆GKセーブ(CK)
 11 MAU SOG:バレンシア左→ベルバ中→スコールズ中ミドルS   GOAL★FUL 0-1 MAU
 12 FUL S  :ザモラ右落→デービス中BS               枠上
 16 MAU S  :ベルバ右→フレッチャー→エルナンデス中S        枠左
 21 MAU SOG:エルナンデス中→ベルバトフ右S            ※GKセーブ(CK)
 23 MAU SB :エルナンデス中ドリブルS                DFブロック
 24 FUL S  :コンチェ左クロス→ザモラ中HS             枠右
 27 FUL S  :マーフィー中ミドルS                  枠上
 31 FUL SOG:エトゥフ中S                     ☆GKセーブ
 31 FUL SOG:こぼれ→エトゥフ中S                 ☆GKセーブ(CK)
 36 FUL S  :左クロス→エトゥフ中HS                枠上
 39 MAU ▲YC:バレンシア、スライディング            CARD▲バレンシア
 43 MAU SOG:フレッチャー右クロス→エバンス中HS          GKキャッチ
 44 FUL S  :デンプシー中ドリブルS                 枠上
前半:コメント
 マンU
   スコールズの豪快なミドルまでは計算通り優勢に試合を勧めたが、その後は若干ペースダウン、
   フルアムの攻撃を受けるシーンが目立った。エバンス&ビディッチのCBコンビはそつない守り
   を見せているものの、ザモラとエトゥフの高さには苦戦。エトゥフのシュートをVサールが
   間一髪防ぐシーンなどもあり、早く追加点を獲って楽に試合を勧めたいところ。
 フルアム
   失点してからはむしろマンUよりも優勢に試合を進めた印象。ザモラとエトゥフが何度か攻撃に
   絡んでチャンスを作った。相手のGKがVサールでなければゴールを奪えていたような気もするが。
   後半も攻めの姿勢を忘れずにまずは同点に追い付きたい
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     フルアム  0   6   3   1   2   44   0   0   0
      マンU  1   5   4   2   3  56   1   0   2
後半:試合展開
 51 MAU SB :右クロス→スコールズ中S                DFブロック
 51 FUL SB :ザモラ中→デービス左S                 DFブロック(CK)
 56 FUL S  :中FK:ザモラS                    壁
 56 FUL S  :こぼれ→ザモラ中S                   枠上
 57 FUL SOG:ザモラ右クロス→デービス中S           GOAL★FUL 1-1 MAU
 61 MAU S  :エルナンデス中MS                   枠上
 61 FUL 交代1:デンプシー(OUT)、デンベレ(IN)
 63 FUL SOG:ザモラ右クロス→デービス中HS             GKキャッチ
 67 MAU 交代1:パク(OUT)、ナニ(IN)
 67 MAU SOG:エブラ左クロス→ベルバ→ポール中HS         ※GKキャッチ
 68 MAU SOG:ベルバトフ中S                     GKキャッチ
 68 MAU ▲YC:エバンス、ザモラを掴む              CARD▲エバンス

 71 FUL SOG:マーフィー中ミドルS                 ☆GKキャッチ
 73 FUL ▲YC:ダフ                       CARD▲ダフ
 74 MAU 交代2:バレンシア(OUT)、ギグス(IN)
 75 MAU 交代3:エルナンデス(OUT)、オーウェン(IN)

 77 MAU S  :左FK:ナニS                     枠上
 79 MAU S  :右CK:ギグス→ビディッチ中HS            枠右
 80 FUL S  :左FK:→ザモラ右S                 ※枠左
 81 FUL 交代2:マーフィー(OUT)、グリーニング(IN)
 82 MAU S  :左CK:ギグス→ビディッチ中HS            枠右
 84 MAU    :ナニ右クロス                      DFクリア(CK)
 84 MAU SOG:右CK:ナニ→DF                GOAL★FUL 1-2 MAU
 86 FUL    :ダフ、ハンド                      PK
 87 MAU SOG:PK:ナニS                     ☆GKセーブ(CK)
 89 FUL SB :ダフ中ミドルS                     DFブロック(CK)
 90 FUL SOG:右CK:ダフ→ハンゲランド中HS         GOAL★FUL 2-2 MAU
 +2 FUL 交代3:デービス(OUT)、ゲラ(IN)
 +2 FUL ▲YC:グリーニング                   CARD▲グリーニング
後半:コメント
   80分過ぎまではマンUの完全なペースだったが、そこからフルアムがセットプレイで2得点、
  マンUはそれ以上の失点を防ぐのが精一杯という展開だった。欧州を狙う中堅チーム相手の
  アウェイゲームとはいえ、残り10分でリードを奪ってのドローは痛すぎる。もともとスタートダッシュ
  が苦手なチームではあるが、今シーズンへの展望と意味で少なからぬ不安を感じざるを得ない
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     フルアム  2   13   7   4   6   42   2   0   0
      マンU  2   9   6   6   6  58   2   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/16

[TV] 祝福のカンパネラ #7

第7話 人形の森  http://www.mmv.co.jp/special/campanella/oa.html
コメント
  様子がおかしいので調べてこいと言う事ですが、空をって…。とりあえず天文台みたいなところへ
 行くみたいです。行方不明のメトレスのゆかりの地へと言う事です。不思議なトラップを抜けようとする
 アニエスですが、仕掛けが変わっているのにビックリ。残念ながらメトレスはいないようですが、どうやら
 ミネットゆかりの地でもあるようで。エールが足りないから眠っちゃうって…。一方、トルティア姉妹は
 ひとでパンを作るのに忙しい様子ですが、いや、裸エプロンを求める妹っておかしいだろうと言うAパート。
  一方、外舞台のアニエスは、床下でなにやら見つけた様子。マリア像の抱える水晶玉を本棚に入れて
 出てきた手紙。そして、外には謎の少女、ミネットのコアをいただきに来たとか言ってますが、斧を素手で
 はらっり非常に強いのは…。アブリルと言うらしいですが、そこに現れたのはアバ兄さん、はてはて、
 なにやら怪しい気配が漂ってますが、と言うBパート。それはさておき、どじっ娘キャラ狙いの姉さん、
 いい感じです。
次回予告
  8話だよ、全員集合でポロリもあるんだ…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD #7

ACT7     DEAD night and the DEAD ruck  http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hotd/contents/hp0005/list00000000.html

コメント
  いや、どうしてお姉さん達はそんな感じでなまめかしく寝てたりするかねぇ…、そしてなぜか殺到する
 ゾンビ一同。なんかシビアな発言をする毒島先輩ですが、裸エプロンでそういうこと言われてもな…。
 もう、生きるためには何が何か分からない様子。結局小さい女の子は助けるんだ…。そしてバイクも壊れて
 大ピンチ。塀の上を伝って脱出ですが、とりあえず黙ってた方が。しかし、おしっこしたり下着同然で
 出撃したり、どうしたものやらと言う感じですが…。なんだろう、この状況でのギャグっぽい展開の
 数々は…。とりあえず新キャラが増えました。
次回予告
  もう、お風呂シーンはないんだろう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] みつどもえ #7

第7話「ガチで愛してしょうがない!?」  http://www.mitsudomoe-anime.com/episode/ep07.html

コメント
  いきなりガチレンジャーとかやってますが、どうしてアナログ…(笑) そして、いきなりツボに
 はまった様子のひとはちゃん…。良さを広めたいとかひとはちゃん頑張ってますが、不憫だ…。いや、
 いいんだけど、教師が特撮マニアってどうなんだ。見て欲しいとかで、また勘違いが発生してますが、
 とりあえずパンツはダメだろう…。しかも趣味とか言ってるし。特撮好きを変態とか、もう、どうして
 いいかわかりません。「一刻も早く死ぬべき」とか…。土下座して泣いてるよ、そして引くに引けなく
 なったひとはちゃん、「変態が見るもの」って…。
  そして、家からパパさんの写真を持って来たふたばちゃん。その写真が佐藤君と似ていたから、大変な
 事に…。とりあえず写真を巡って鬼ごっこですが、親睦をかねて3人で一緒に入ろうとか…。いや、
 一緒にお風呂とか、佐藤君だろうとそうでなかろうとダメだろう…。
  そしてしんちゃんと自由研究に勤しむふたばちゃん。いや、スカートで全力の蹴りって…。いや、
 膝蹴りとか壁に入ってるし。もう、ガチレンジャーから戦隊モードに入ってます。そして、パンツを
 見せると佐藤君の彼女になれるとか、もうなんだろう…。そして、千葉君がめでたく佐藤君のものに
 なりました…。
  すっかりガチレンジャーにはまったひとはちゃんとふたばちゃん…。すっかり先生と意気投合した
 ふたばちゃん。そして真相が言えずにモヤモヤするひとはちゃん。好きだと伝えるとか、色々誤解されて
 いる様子ですが。盗撮とかグッズとか誤解が広まってますが…。そして好きだという言葉が教室に
 入ってきた先生に伝わりって…。確かにガチレンジャーに助けて欲しいかも(笑) それで、ピンクは
 甲斐田さんなんだ(笑)

次回予告

  佐藤君、パンツ好き問題は来襲もか…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 伝説の勇者の伝説 #006

#006「暗がりに潜む者」  http://www.denyuden.jp/outline/index.html

コメント
  イリスからの報告を受けるシオンですが、どうにも報告になってないなぁ(笑) ネルファへの表敬訪問
 を決意したシオンさん。バカ王子に愚弄されてもとりあえずスルー。しかし、いきなりライナとフェリスの
 元を訪れるシオン。たまたま近くを通りかかったと言う事で、なにやらお願いをしてますが、と言うAパート。
  そして酒宴の夜、なにやら会場に迫る怪しい影ですが…、ライナとフェリスに簡単にやられるわけで…。
 そしてネルファの協力者を始末するミラン、そしてやってきたミランと戦闘モード。いい王がいると国が
 強くなると言うのが…。フェリスさん、よっぽどライナに恨みがある様子。とりあえず敵が去ってライナの
 腕に倒れ込むフェリスさん…。そして旅立つライナとフェリス。さらにそれを追いかけるミルクさんと言う
 Bパート。
次回予告
  結論としては、面倒くさいんだそうだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/15

[Premier League 10/11] #01 リバプール v アーセナル

スタジアム
  アンフィールド  リバプール
  気温:21度  湿度:68%  天候:曇時々晴
直前オッズ
  リバプール v アーセナル 2.25 3.30 3.20
試合結果
  リバプール 1 - 1 アーセナル
主審
  マーティン・アトキンソン
ラインナップ
 リバプール
           10 コール      24 エヌゴグ

  14 ヨハノビッチ  20 マスチェラーノ  08 ジェラード(C) 18 カイト

  05 アッガー    37 シュクルテル   23 キャラガー   02 ジョンソン

              25 レイナ
  サブ
    01 カバリエリ  06 アウレリオ  34 ケリー  17 マキシ  21 ルーカス
    09 トーレス   19 バベル
  監督
    ロイ・ホジソン
 アーセナル
             29 シャマフ

  23 アルシャビン 19 ウィルシャー  08 ナスリ    27 エブエ

             02 ディアビ

  22 クリシー   05 ベルメーレン  06 コシルニー  03 サニャ

             01 アルムニア
  サブ
    21 ファビアンスキ  28 ギブス  07 ロシツキー  14 ウォルコット  17 ソング
    10 Vペルシー    11 ヴェラ
  監督
    アーセン・ベンゲル
前半:試合展開
 04 ARS SOG:ベルマーレン中ミドルS                ☆GKセーブ
 08 LIV    :カイト右クロス→ヨバノビッチ              GKキャッチ
 13 LIV OFF:エンゴク                        オフサイド
 22 ARS S  :ベルマーレン中ミドルS                 枠右
 24 ARS S  :左CK:ナスリ→ベルマーレン中HS           枠上
 27 ARS    :サニャ右クロス→シャマク、エリア内で倒れる       笛無し
 31 ARS S  :クリシー左ミドルS                   枠上
 37 LIV S  :ヨバノビッチ左ドリブルS                枠上
 41 ARS ▲YC:ウィルシャー、マスチェラーノにタックル      CARD▲ウィルシャー
 45 LIV S  :ジョンソン右S                    ☆GKセーブ
 45 LIV    :右CK:ジェラード→エヌゴグ中HS          ☆DFクリア
 +1 LIV ▼RC:コール、コシルニーをカニばさみ          退場▼コール
前半:コメント
 リバプール
   序盤、ヨバノビッチがドリブル突破を見せたものの、コール、エヌゴグはほとんど見せ場無し。
   終盤、セットプレイからエヌゴグが惜しいヘッドを放ったが、コールが不用意なタックルで
   一発レッド。今までもほとんど攻撃の形が作れなかったのに後半を10人で戦うのは、勝ち点3
   と言う意味では絶望的。セットプレイにわずかなチャンスをかけるしかないか。
 アーセナル
   相手が不用意なタックルで10人になったのは朗報だが、それより担架で退場したコシルニー
   の負傷具合が気になるところ。シャマフはまだまだアーセナルのサッカーになじめていない
   印象、デビューがアーセナル戦というのも気の毒ではあるが。そしてキープレイヤーのセスクが
   出ていないのも辛い展開を強いられる理由か。Vペルシー共々どれだけ使えるかが後半の勝負
   を分けるかも。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    リバプール  0   3   2   3   7   45   0   1   3
    アーセナル  0   6   3   3   5  55   1   0   1
後半:試合展開
 47 LIV SOG:マスチェラーノ→エンゴク右S           GOAL★LIV 1-0 ARS
 49 LIV S  :右FK:ジェラード→シュクルテル中HS         枠上
 50 ARS    :右クロス                        GKキャッチ
 53 LIV    :左CK:ジェラード→                  DFクリア
 56 LIV S  :右FK:ジェラード→エンゴグ中HS           枠上
 59 ARS S  :ウィルシャー中ミドルS                 枠上
 60 ARS 交代1:エブエ(OUT)、ウォルコット(IN)
 60 ARS 交代2:ウィルシャー(OUT)、ロシツキ(IN)
 66 LIV 交代1:ヨバノビッチ(OUT)、マキシ(IN)

 69 ARS S  :ロシツキ右クロス→ベルメーレン中HS          枠左
 71 ARS SB :中ミドルS                       DFブロック
 73 ARS SOG:左FK:ウォルコットS                ☆GKセーブ(CK)
 74 LIV 交代2:エンゴグ(OUT)、トーレス(IN)
 76 ARS 交代3:ディアビ(OUT)、Vペルシ(IN)
 78 LIV 交代3:マスチェラーノ(OUT)、ルーカス(IN)

 80 ARS S  :ウォルコット左S                    枠上
 86 ARS SOG:ロシツキ中ドリブルS                 ☆GKセーブ(CK)
 90 ARS SOG:ロシツキ左クロス→シャマフ            GOAL★LIV 1-1 ARS
 +2 ARS ▲YC:子シェルニー、カイトを蹴る            CARD▲コシェルニー
 +3 LIV SOG:中FK:ジェラードS                 ☆GKセーブ(CK)
 +5 ARS ▲YC:コシェルニー、ハンド               退場▼コシェルニー
後半:コメント
 リバプール

   ほぼ90分間相手の猛攻に耐え続けたものの、最後の最後にレイナが悔いの残るセーブで失点を
   許した。ロスタイムにジェラードのおしいFKこそあったものの、これとゴールシーン以外は
   決定機を作れなかっただけに、後半を10人で戦ったことと相手がアーセナルであることを考え
   ると悪くない結果だと言えるだろう。トーレスが復帰すればもう少し攻撃の幅は広がるはずと
   ポジティブに捉えるしかないだろう。
 アーセナル
   一人多い中失点してから激しく攻め立ててどうにか追い付く事が出来た。ただし、シャマフと
   周りの連携とか、セスクがいないときの攻撃の組み立て、さらになかなか選手の揃わないCB
   と課題は満載。一人多い中での試合だったが、内容的にも勝ち点1で満足せざるを得ないだろう。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    リバプール  1   6   4   8  11   42   1   1   4
    アーセナル  1   12   6  10  10  58   3   1   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/14

[Premier League 10/11] #01 トットナム v マンC

スタジアム
  ホワイト・ハート・レーン  ロンドン
  気温:17度  湿度:67%  天候:やや曇り→雨
直前オッズ(WilHill)
  トットナム v マンC 2.25 3.20 3.20
試合結果
  トットナム 0 - 0 マンC
主審
  アンドレ・マリナー
ラインナップ
 トットナム
            15 クラウチ   18 デフォー

    03 ベール    14 モドリッチ  06 ハドルストン  07 レノン

    32 アスエコト    26 キング    20 ドーソン  22 コルルカ

                01 ゴメス
  サブ:
    23 クディチーニ   04 カブール  19 バソング  12 パラシオス
    09 パブリチェンコ  10 キーン   17 ジョバンニ
  監督:
    ハリー・レドナップ
 シティ
   21 シルバ     32 テベス      08 Wフィリップス

         18 バリー   42 Yトゥレ

            34 デヨング

  13 コラロフ  04 コンパニ  28 Kトゥレ  02 リチャーズ

            25 ハート
  サブ:
    01 ギブン  05 サバレタ   19 レスコット  11 Aジョンソン 
    24 ビエラ  09 アデバイヨル 27 ジョー
  監督:
    ロベルト・マンチーニ
前半:試合展開
 01 TOT SB :クラウチ中ミドルS                   DFブロック
 06 TOT    :ベール左クロス                     GKキャッチ
 07 MAC S  :ヤヤ中→SWP中BS                  枠上
 08 TOT    :レノン右クロス                     DFブロック(CK)
 09 TOT    :右CK:ベール                     DFクリア
 09 TOT SOG:右FK:ベール→クラウチ中HS            ※GKセーブ
 11 TOT    :レノン右クロス→クラウチ左H→デフォー中S      ☆GKセーブ
 15 TOT SB :モドリッチ左MS                    DFブロック
 16 TOT SB :ハドルストン右MS                   DFブロック
 17 TOT SOG:ハドルストン中ミドルS                ☆GKセーブ
 18 TOT SOG:アスエコト中ミドルS→DFR             ☆GKセーブ
 24 MAC ▲YC:コンパニ                     CARD▲コンパニ
 24 TOT SOG:右FK:ベールS                    GKキャッチ
 28 TOT SOG:ベール左クロス→デフォー中S             ☆GKセーブ
 31 TOT SOG:ベール左S                      ☆右ポスト
 31 TOT SB :中S                         ※DFブロック
 32 MAC S  :テベス→ヤヤ中S                    枠右
 32 TOT SOG:中フィード→デフォー中S               ☆GKセーブ
 34 MAC OFF:フィリップス                      オフサイド
 38 MAC SOG:ヤヤ中S                        GKキャッチ
 43 MAC S  :コラロフ左ミドルS                   枠右
前半:コメント
 トットナム
   右サイドのレノンと左サイドのベールがドリブルやスペースへの走り込みで相手を圧倒し、
   サイドの攻防で優位に立った。そしてサイドのクロスにクラウチが競り勝ち、デフォーが
   押し込むパターンで何度もチャンスを作った。数多くの決定機を作りつつゴールを奪え
   なかったのが悔やまれる展開だろう。ただ、圧倒した展開だっただけに、後半の入り方が
   難しい。
 マンC
   どうにかドローで終えたのはハートのおかげ、それほどまでに一方的な展開だった。テベス、
   SWP、シウバの前線がほとんど機能せず。そしてCBのコンパニが冷静さを失ってカード
   1枚。ここまで圧倒された展開でリードを奪われていないことは奇跡としかいいようがない。
   アデバイヨルやジョンソンを投入して打開を計りたいところだが、正直厳しいか。
前半:スタッツ(BBC)
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  0   11  10   6   5   60   0   0   0
      マンC  0   2   1   0   8  40   1   0   1
後半:試合展開
 46 MAC 交代1:コラロフ(OUT)、サバレタ(IN)
 51 MAC S  :ヤヤ中→シウバ中BS                  DFブロック
 54 MAC SB :シウバ中S                       DFブロック(CK)
 56 TOT    :レノン右ドリブル、クロス                DFクリア(CK)
 60 MAC ▲YC:サバレタ                     CARD▲サバレタ
 62 MAC SOG:ヤヤ→リチャーズ中HS                 GKキャッチ
 62 TOT S  :レノン右クロス→クラウチ中HS             枠右
 67 MAC 交代2:SWP(OUT)、ジョンソン(IN)
 68 TOT 交代1:デフォー(OUT)、パブリチェンコ(IN)
 68 TOT 交代2:クラウチ(OUT)、キーン(IN)

 69 MAC    :右CK:ジョンソン                   GKキャッチ
 71 MAC SB :ジョンソン右→テベス中S                DFブロック(CK)
 72 TOT SOG:C→パブリチェンコ左S                 GKキャッチ
 72 TOT SOG:パブリチェンコ左ミドルS                GKキャッチ
 73 MAC S  :ジョンソン右ミドルS                  枠上
 74 TOT    :ベール左クロス                     GKキャッチ(CK)
 77 TOT 交代3:レノン(OUT)、ドスサントス(IN)
 83 MAC 交代3:テベス(OUT)、アデバイヨル(IN)

 84 TOT S  :パブリチェンコ右クロス→ベール中S          ※枠右
 88 TOT SB :モドリッチ中ミドルS                  DFブロック(CK)
 88 TOT    :パブリチェンコ右S                   枠左
 90 TOT OFF:パブリチェンコ                     オフサイド
 +1 TOT    :ベール左H                       GKキャッチ
後半:コメント
 トットナム
   残念ながら後半は息切れ、前半のような攻めを見せることが出来なかった。シュートも後半は
   6本、枠内2本で決定機はベールのシュートミスのみ。体力的なものではあろうが結果として
   クラウチの交代には疑問の残るところ。前半の出来を考えれば勝ち点2を落とした印象が
   強い。守備ではアスエコトが左サイドをうまく締めていた。
 マンC
   後半は相手の攻め疲れもあったものの、自分たちも攻めを見せることが出来ず。まだまだ
   シウバを含めた攻撃組織の構築にはまだまだ時間がかかるというところだろう。ヤヤが
   器用なボールさばきを見せていたが、決定機を作るには至らず。コラロフは負傷で真価を
   発揮できず。
前半:スタッツ(BBC)
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    トットナム  0   17  13   8   7   54   0   0   -
      マンC  0   6   4   3  12  46   2   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/13

[REVIEW] How to Train Your Dragon

映画『ヒックとドラゴン』公式サイト http://www.hic-dragon.jp/

  ストーリーに関しては、まあ面白くはあったけどそんなに特筆すべきところはなかったかなと。アニメーションと言うこともあり、勧善懲悪とは言わないまでもハッピーな感じにそつなくまとめた印象。ただし主人公の子供を最後にああいう風にしてくるのは、ちょっと日本人には理解しかねる気がする。ドラゴンとお揃いといっても…。
  そもそも、いきなり助けたドラゴンに乗ろうと言うあたり、カウボーイ気質と言うかいかにもアメリカンな印象は否めず。さらに、ヒックがあれだけ苦労してドラゴンに乗ったのに、戦闘シーン前にはドラゴン編隊ができてるし、クライマックスではドラゴンのテーマパークができているのはどうなんだ…と思わないでもなく。まあ、そういう細かな話はどうでもいいことで、ドラゴンに乗って空を駆け回るシーンを楽しむ映画だと言うことなのだろう。個人的には、主人公といい感じになる女の子を寿美菜子ちゃんが演じているのも「何故」という感じでポイントが高かったり…(笑)
  一番驚かされたのは3D描画の迫力。ももと3D表現での評判が高い作品であることに加えて「マスターイメージ」と言う赤丸久上昇中のシステムで見れた事があってかなり楽しめた。xpandよりもめがねが軽いのもありがたいし、それ以上に画面が明るいのが嬉しいところ。さすがにIMAX版のアバターと比べるのは苦しいとしても、水しぶきや雲の中を突き抜けるシーンでの飛び出し具合にはうならされた。追加料金分を払っても決して損はしないし、むしろお釣りがくるくらい。
  今までの3Dに物足りなさや違和感を感じた人には是非とも見てほしい映画である。その違和感が完全に払拭とまではいかないものの、「3Dも悪くはないんじゃない」と思わせてくれる映画だと思う。逆に2Dで見ても良さはあまり伝わらないような気がしないでもない。一つだけ確かなことは、アバター以来、久々に見応えのある3D映画だったと言うことだろう。そして、ストーリーの面で「むむむ…」と感じるシーンが少なからずあるのも、アバターと似ている気はしないでもない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW] Salt

ソルト - オフィシャルサイト  http://www.salt-movie.jp/

  一つだけ確かだったのは、予告編から想像したストーリーとは全然違った内容だったと言うことだ。「ソルト」がスパイかと言えば、スパイであるのは確か。しかし、合衆国の敵かと言えばそれは違う。ロシアサイドの陰謀と人々の思いが複雑に絡み合って、物語が予想もしない方向に進んでいくのは、正直見応えがあった。
  単純なスパイアクションではないということで、失望する人はいるのかもしれない。ただ、個人的に裏の裏をかいてくるストーリーは嫌いではない、というかむしろすごく楽しめた。ただ、内容が難解なところもあっただけに、吹き替え版でじっくり鑑賞したかったところではある。
  もちろん、そういう深いところを気にしなくても、ガンアクションやカーアクションは楽しめる内容である。ただ、陰謀とかが絡んでくるので若干どころではなく暗めの話になっているのが、人によってはいまいちと思う人もいるのかもしれない。スパイ映画のファンならば見て損はない作品だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/09

[TV] みつどもえ #6

第6話「帽子とパンツはかぶるためにある!?」  http://www.mitsudomoe-anime.com/episode/ep06.html

コメント
  いきなりケンカを売るタイトルはさておき、運動会前夜の校庭にたたずむふたば。パパと手を繋いで
 リハーサル。入場はともかく、選手宣誓や挨拶や障害物や綱、それにリレー走者までヤラされるとは、
 パパさんも大変だ。いや、リレーでゴールした途端に寝るなよ(笑)
  そして当日、ふたばの上に乗ったひとはちゃん。いっぽう、みつばは反則すれすれのプレイで大量の
 帽子をゲット。暴走がすぎて、みつばに襲いかかるふたば…。いや、帽子に食いつくってどうなんだ…。
  熱で倒れた先生に写経する咲子ちゃん、除霊の準備と言う事でズボンを脱がせてます。過去の反省を
 活かして水性ペンで書いてますが、おかげでひとはちゃん真っ黒です。そして先生のパンツを被った
 ひとはちゃん…。しかし災難だなぁ。
  胴着の筆入れを未だに使っているみつばちゃん、実はいい人だなぁ。そしてみんなに褒められて照れ照れ
 なみつばちゃん…。しかし、千和ちゃんすごい演技してるなぁ。そしてクマさんパンツをばらすみくちゃん、
 いや、古い情報って…。しかし大人パンツを履いてるとかバラされてよってくる男子一同。いや、追い詰め
 られたからといって、みつばさんに「パンツ見て」とお願いするのは…(笑)

次回予告
  パンツ好きが予告をしようとして失敗しました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD #6

ACT6     In the DEAD of the night  http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hotd/contents/hp0005/list00000000.html
コメント
  TV放送が停止するほど深刻な事態ではありますが、それはさておきお風呂タイムです。しかし、
 ぬるいエロゲじゃないとか…、キャラに言わせるなよ。いや、一応一般家庭に銃とかまずいだろう…。
 いや、なんか、すごい銃がたくさんあるのはわかりました。あと、麗ちゃんが責めと言うのも…。
 いや、命が危険なときに変なデモをしてる場合じゃないだろう…。いや、この危険な状況で、先生
 なにやってるんですか…。いや、麗ちゃんまで、なんか飲んでるのか…。いや、冴子先輩まで、
 裸エプロンとか…、もうどうなんだ。そして、未だに永の事を言う麗ちゃんに切れる孝…。いや、
 そこで抱き合うのか…。うん、まあ、最後まで行かないよね。そしてゾンビがやってきてピンチです。
次回予告
  まだサービス回の続きっぽいシーンもあるけど、違うだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 祝福のカンパネラ #6

第6話 パーティーの夜  http://www.mmv.co.jp/special/campanella/oa.html

コメント
  高枝切りばさみを作ったレスター君ですが、ビーム発射装置は余計だろう…。舞踏会の間だけ騎士団の
 替わりに神殿を警護すると言うのがクエストなんだそうです。ミネットちゃんとアニエスちゃんもパーティ
 へ出席。そして一同は着せ替えを開始…。いや、チェルシーさんもはや襲われてます…。そしてパーティ
 開幕ですが、アニエスちゃん服が派手なだけでやってることは普段と変わらんぞ。そしてトルティア姉妹
 はパーティ会場の警備ですが、差し入れは当然妹ちゃんだけで食べてます、というAパート。姉ちゃん、
 不憫な…(笑)
  チェルシーさん、ドレス似合いすぎだよ…。飲みすぎて足下がふらつくチェルシーさんですが、そこへ
 晶石モンスターが侵入。ガーネットにパパを呼びにいかせるミネットちゃん。トルティア姉妹も合流して
 姿が見えないだけにたちが悪いのですが、合流したレスターの気転で無事にモンスターを退治。しかし、
 チェルシーさんと見事な呼吸だなぁ…。って、チェルシーさん倒れてるし。そして、チェルシーさんを
 背負って帰宅の途につくレスター君御一行。いや「みゅ」とか言ってますが、とりあえず可愛すぎです、
 チェルシーさん…というBパート。
次回予告
  えっと、なんか、事件が起こりそうです…。しかしほれ薬とはお約束な…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 伝説の勇者の伝説 #005

#005「目覚め始めた世界」  http://www.denyuden.jp/outline/index.html

コメント
  いきなり街の中で倒れるライナ君と、だんご屋でだんごを買ってこいと踏みつけるフェリス。相変わらず
 の迷コンビぶりです。そして図書館へやってきた一同ですが、なにやら皇帝の孫と仲良くなって図書館で
 探索中です。一方、ローランドでは武道会ですが、休暇を与えた事務官が殺されたりまだまだ、色々問題が
 ありそうですと言うAパート。
  皆殺しを提案するルシルを一蹴するシオン、王というのも大変です。一方、皇太子の家へやっかいに
 なったシオンとフェリスの前にイリス。いや、いきなりライナに襲いかかってますが、会話しただけでは
 赤ちゃんは出来ないと思うが。しかし、こんな危険な娘に連絡係を任せるとは。そしてシオンの元には
 ミランという怪しい男が。裏の仕事をやると言ってますが…。うん、まあ、王の仕事ともなるときれい事
 だけじゃ無理だねというBパート。

次回予告
  あれ、ライナ君護衛をやらされるんでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/02

[TV] 学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD #5

ACT5     Streets of the DEAD  http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hotd/contents/hp0005/list00000000.html

コメント
  空港でゾンビを射撃する警官達、飛行機が要人達を乗せてどこかへ飛び去っていきます。しかし、
 困った状況の中で小室君の心配をする沙耶ちゃんが可愛かったりするわけです。さすがに誰も彼も
 おかしな事態になってますが…。そしてバスから脱出した一同と合流する一同。川がわたれないという
 ことで、先生の友達の部屋へ避難することにって、話進まないなぁ…。まあ、アパートに入るためにも
 ゾンビはいるわけです。

次回予告
  えっと、サービス回…?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 祝福のカンパネラ #5

第5話 Oasisの休日  http://www.mmv.co.jp/special/campanella/oa.html

コメント
  本来出てこないガーネットさんが勝手に出てきたり。今日はクエストはお休みですが、皆さん
 忙しくてミネットと遊んでくれません。そうか、カレーの材料を買いに行くのもクエストなのか…。
 いや、ミネットさんの後を付けるトルティア姉妹ですが、ニナさんの頼みだそうで…。相変わらず
 愉快な行動を取ってます。アニエスの音楽に誘われて無事に中央広場を見つけて八百屋さんさがし。
 カリーナさんに出会って道を教えてもらってめでたしめでたし…。しかしチェルシーさん、自分の街
 で道に迷ってるんだ…。しかしガーネットをチェルシーの案内させて大丈夫かなぁと言うAパート。
 しかし、ミネットちゃんファンクラブって、すごいなぁ…。
  そしてお肉屋さんへの道すがら、体調の悪い女の子を発見。いや、林檎をおでこに当てても体調は
 よくならないんじゃないかな…。女の子と話をしているうちに時間が過ぎる。そして近道をしようと
 したときに、ネコ助け。どうにかネコを助けたものの、足下を踏み外して大ピンチ…かと思いきや、
 パパさんに助けてもらってよかったよかった。まあ、お肉を買い忘れてしょんぼりのミネットちゃん
 ですが、助けたネコの飼い主さんが肉屋さんで、お礼でお肉を届けてもらってめでたしめでたし。
 お肉を届けてくれたトルティア姉妹と、ようやく家までたどり着いたチェルシーとガーネットも一緒に
 ご飯を食べることにと言うBパート。でも、いまからカレー作るのは遅くないか…。
次回予告
  パーティの夜ということで色々な場所で色々ありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] みつどもえ #5

第5話 ブラ! ブラ! ブタ!  http://www.mitsudomoe-anime.com/episode/ep05.html

コメント
  いきなりブラとかの話題で盛り上がってますけど、「安い女じゃない」とか言ってます。いや、
 「おっぱいください」はないだろう、ふたばちゃんよ…。いやどうして、パンツにそこまでこだわる。
 しかし、パンツに埋もれて隠れるなよ…。結局、店員さんとお話しをしてますが…、やむなく退散。
 しかし、ふたばちゃんの髪にパンツがついていてって、いや…。
  そしてチクビが登場ですが、みつばちゃんのパンツを気に入った様子…。いや、チクビの大好きな
 パンツを履いてきました…って、みつばちゃん…。いや、どうしてそこまでひとはちゃんを責める、
 みつばちゃんは…。いや、パンツを切り裂いて私も死ぬって…、ひとはちゃん…。しかし、みっちゃんが
 パンツを履いたことでブタになったって…。いや、「はいてるパンツが好き」って…、どんな決めぜりふ
 だ…(笑)
  イヤ、家が貧しいと心も胸も貧しくなるとか…。いや、胸の大きさで競われても…。いや、ふたばちゃん
 おっぱいに厳しい漢なんだ…。いや、「おっぱいはどこ?」って失礼な発言だよなぁ。いや、そこでブラを
 付けたはいいけど外せないって、前衛ファッションが素敵な変態さん…って。すげ~、ひとはちゃん、雌豚
 扱いって、想像か…。
  授業参観ですが、来るなというみつばちゃんと、来ないと泣くと言うふたばちゃん…。全部剃って
 スーツを着たら、SPと言うかなんか怖いおじさん…。なんかみつばちゃん、ふたばちゃんの作文を
 呼んでますが…。いや、ふたばちゃんに嫌われたからって、いきなり駆け出さなくても…。そして今日も
 無事に連行されるパパさんでした…。

次回予告
  運動会…はいいけどパンツ被るなよ(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 伝説の勇者の伝説 #004

#004「ライナ・レポート」  http://www.denyuden.jp/outline/index.html

コメント
  シオン君が兄様とご対面、質問して答えが気に入らなければ殺すって…。しかもげせんな犬の息子とか…。
 一方、ライナ君は本借りてこいとか牢獄生活を楽しんでるみたいですが…、必死で勉強しております。看守さん
 と世間話をしながらひたすら勉強してますが…。そして、夜に牢獄を訪れる謎の影…。そして二年後、処刑が
 決まったと牢を出て行くのですが…、と言うAパート。
  なんか女の子ともすっかり仲良しさんですが。そしてお団子娘登場。「美人さん」に「色情狂」ってどんな
 やりとり…。でも、いきなり「逃げさせてもらう」とか…。しかし、魔法は使わないけどフェリスさん強いな。
 いや、「世界が崩壊するほどの美人っぷり」って…なんなんだ。いや、レポートが気に入ったから勇者の遺物
 を集めてこいって。いや、手伝わないとダンゴ屋つぶすって…。いや、ルシル兄さん、王を殺すとか殺さない
 とか、相変わらず物騒だなぁ…と言うBパート。ここまでで導入の回想シーンおしまいかなぁ?

次回予告
  めんどくさい女が相棒って、愚痴る気持ちは分かる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/01

[REVIEW] 昆虫物語 みつばちハッチ~勇気のメロディ~

映画『昆虫物語 みつばちハッチ~勇気のメロディ~』オフィシャルサイト  http://www.hutch-movie.jp/

  事前の情報を聞くに「子供向けだろうし大丈夫かな…」と心配だったのですが、ふたを開けてみれば、いい出来だったと言う印象です。
  今回、ハッチの声に抜擢されたのは斉藤彩夏ちゃん。かわいらしい声の若手有望株ですが、子役としての経験が長いだけにその実力は折り紙付き。予想通りというかそれ以上の素晴らしい演技を見せてくれました。まあ、いきなりおばあちゃんとして武器を売り始めたり、とりあえず撃ったりしなかったのはなによりでした。そして脇を固める役の皆さんが豪華。玄田さん、千葉さん、松本君、子安君…、そしてスズメバチの方の女王が榊原さん…。それがハッチの彩夏ちゃんと絡むのだから、それはそれで萌えるものがありますし・ともかく、彩夏ちゃんファンなら観賞必須なのは確かです。
  ただ、そこまで豪華な声優キャストを並べる一方で、メインの脇キャラにタレントっぽい人や声優経験の少ない人を並べるキャスティングにはかなり違和感を感じました。アミーに関しては素人っぽさが売りなのでいいとしても、それ以外の皆さんは、正直話題先行の感は否めないかなと…。脇に実力者がいるだけに余計に拙さが目立っていたのが、ジブリなどと違う点でだと思います(笑)
  ストーリーに関しては突っ込みどころ満載ではありますが、それを言ってもしょうがないし、そもそもお子さま向けでもあるので、予想されたハッピーエンド、大円団に持っていくのは正しいと思います。むしろミンミンとかを、よくあそこまで描いたなぁと…。「世の中そんなにうまくいかないんだよ」というヒネた見方は中学生ぐらいになってからで十分だと思います。ただ、スズメバチさんの描写と演技が迫真すぎて、泣き出す子供がいたというのは、失敗なのか成功なのかは制作者に聞いてみたいところではあります。
  そもそも人間とハチを関わらせる要素を追加したのは、大丈夫かなぁと言う懸念はあったのですが、そのあたりも含めてうまく2時間にまとまっていたと思います。これだけいい作品なので、しっかりコマーシャルをやって一人でも多くの前途有望なお子さまに見て欲しいところです。少なくとも、アリエッティよりも評価されるべき作品だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW] Inception

映画『インセプション』オフィシャルサイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/
  予告編を観る限り悪くない映画と言う予感はしていたが、本編を観ることによって、それがいい意味で裏切られた。「悪くない」どころではなく「今年を代表する映画」といってもいいくらいの映画だったように思う。
  テーマこそ「人の頭の中」と言うことで取っつきにくさを感じるものの、実際のところは「アクションムービー」あるいは「パニックムービー」の王道の連続、カーチェイスや格闘シーンのオンパレードであまり考え留事なしに楽しむことが出来る作りである。そこに精神的なスパイスが加えられるのだから、SFやサスペンス好きにはたまらない。夢の中に入り込むのはありふれているが、それを多重に組み合わせて結びつけたというのはアイデア賞ものと言えるだろう。

  デュカプリオの怪演もさすがの一言。シャッターアイランドでの精神を病んだ主人公にも敬服したが、今回の役どころの難しさはそれ以上。この複雑怪奇な役を演じきったのは賞賛に値する。また、ハリウッドの俳優相手に引けを取らない演技を見せてくれた渡辺謙氏の演技も賞賛に値する。

  ストーリーも驚きの連続、特に暴騰のシーンが最後のエンディングに見事に繋がっていたのには驚かされた。ただし、夢の中の夢と言う概念や、複数階層が絡み合って進むストーリーは、かなり脳細胞に負担をかける内容だ。時間の長さも考えて無理して吹き替え版を見に行ったのが結果として大正解だった。字幕版で、難解な内容に加えて字まで追うのは、かなりの負担になったことは間違いない。

  個人的には、精神世界への進入と言うのは少し前のSFではよく見られた概念だけに、結構すんなりと作品世界に入り込めた気がする。ただ、そういう概念と触れることのない人にとっては、ただただ難解なアクション映画という印象になってしまうのかもしれない。それでも、そのストーリーと役者さんの演技から、今のところ今年を代表する作品を見れた、というお勧めの感想を報告して筆を置きたい。其れほどまでにすばらしい作品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月移籍情報

移籍公式■アンヘル・ディ・マリア(22 MF)、6年契約2016年まで、移籍金28億円■ Goal.com: http://bit.ly/cMAqaw
移籍公式■マウロ・ボセッリ(25 FW)[ウィガン←エストゥディアンテス]、4年契約、2014年まで、移籍金非公開■Goal.com: http://bit.ly/birfx4
移籍公式■ヨッシ・ベナユン(30 MF)[チェルシー←リバプール] 3年契約、2013年まで。移籍金非公開(5億円強?)■BBC Sport http://bit.ly/9NjPXU
移籍公式■トゥーレ・ヤヤ(27 MF)[マンC←バルセロナ]、5年契約、2015年まで、移籍金32億円■ http://bit.ly/cfsGwk
移籍公式■マーティン・ペトロフ(31 MF)[ボルトン←マンC]、移籍金無し ■BBC Sport http://bit.ly/bpXxN3
移籍公式■ルカ・トニ(33 FW)[ジェノア←ローマR←バイエルン]■Goal.com: http://bit.ly/9M4HI2
移籍公式■ヴァレリ・ボジノフ(24 FW)[パルマ←マンC]、移籍金7億円■Goal.com: http://bit.ly/ahKomo
移籍公式■シモン・ケア(21 CB)[フォルクスブルグ←パレルモ] 4年契約、2014年まで■Goal.com: http://bit.ly/bV5ZKN
移籍公式■ミラン・ヨヴァノヴィッチ(29 MF) [リバプール←リエージュ] 3年契約、2013年まで。移籍金無し(フリートランスファー) ■ Goal.com: http://bit.ly/aXLJSm
移籍公式■ボルハ・バレロ(25 MF)[エスパニョール←マジョルカR←WBA] 5年契約、2015年まで。移籍金7億円■Goal.com: http://bit.ly/cSvTuj
移籍公式■オバフェミ・マルティンス(25 FW) [ルビン←フォルクスブルグ] 3年契約、2013年まで■ Goal.com: http://bit.ly/byDsDD
移籍公式■ローラン・コシールニー(24 DF)[アーセナル←ロリアン] 長期契約、移籍金非公開■BBC Sport http://bit.ly/c0EAMb
移籍公式■ジョゼップ・グアルディオラ監督(39)、バルセロナと契約延長、2011年まで、1年契約■Goal.com: http://bit.ly/bJufkk
移籍公式■ジュリアーノ・べレッチ(34 DF)[フルミネンセ←チェルシー] 2年契約、2012年まで。フリートランスファー■ Goal.com: http://bit.ly/9QKbkw
移籍公式■アリツ・アドゥリス(29 FW)[バレンシア←マジョルカ] 移籍金5.5億円■Goal.com: http://bit.ly/aoMsRL
移籍公式■ペドロ・レオン(23 MF)[Rマドリー←ヘタフェ]6年契約、2016年まで、移籍金11億円■Goal.com: http://bit.ly/cTUD0i
移籍公式■アドリアーノ・コレイア(25 DF)[バルセロナ←セビージャ]、4年契約、2014年まで、移籍金10億円■ Goal.com: http://bit.ly/bycxHq
移籍公式■エディンソン・カバーニ(23 FW)[ナポリ←パレルモ]移籍金19億円■Goal.com: http://bit.ly/bZV0AS
移籍公式■ジョー・コール(28 MF)[リバプール←チェルシー]、4年契約、2014年まで、フリートランスファー■Goal.com: http://bit.ly/9uXFNL
移籍公式■クリスチャン・アッビアーティ(33 GK) ミランと2013年まで契約延長■ Goal.com: http://bit.ly/aNENAH
移籍公式■ソクラテス・パパスタロプーロス(22 DF)[ミラン←ジェノア]、4年契約、2014年まで■Goal.com: http://bit.ly/bbYgDf
移籍公式■マッシモ・オッド(34 DF)、ミランと契約延長、2012年まで■ Goal.com: http://bit.ly/aZxSMc
posted at 23:07:51
移籍公式■ジャンルカ・ザンブロッタ(33 DF)、ミランと契約延長、2012年まで■ Goal.com: http://bit.ly/c2gbKN
移籍公式■アレクサンダー・コラロフ(24 DF)[マンC←ラツィオ]、移籍金19億円■Goal.com: http://bit.ly/aWoXbr
移籍公式■グティ(33 MF)[ベジクタシュ←Rマドリー]、2年契約、2012年まで、移籍金3億円■Goal.com: http://bit.ly/ci1gpU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »