« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/29

[WC2010] MN-56:B-16:スペイン v ポルトガル

スタジアム
  グリーン・ポイント・スタジアム
  気温:13度  湿度:80%  ピッチ:ウェット  天候:一部曇り
直前オッズ
  ESP v POR 1.95 3.10 4.33
       通過: 1.44 2.62
勝ち上がり
 スペイン  H組1位
   06/16 16:00 ESP 0-1(0-0) SUI
   06/21 20:30 ESP 2-0(1-0) HON
   06/25 20:30 ESP 2-1(2-0) CHI
   06/29 20:30 ESP  v   POR
 ポルトガル F組2位
   06/15 16:00 POR 0-0(0-0) CIV
   06/21 13:30 POR 7-0(1-0) PRK
   06/25 16:00 POR 0-0(0-0) BRA
   06/29 20:30 ESP  v   POR
試合結果
  ポルトガル 0 - 1 スペイン  ベスト8でパラグアイと対戦
主審
  ヘクトル・バルダッシ(ARG)
ラインナップ
 スペイン
         07 ビジャ  09 トーレス  

  06 イニエスタ                 08 シャビ

          14 アロンソ  16 ブスケシュ

  11 カプデビラ  03 ピケ    05 プジョル  15 Sラモス

           01 カシージャス
  サブ
    02 アルビオル  04 マルチェナ  10 セスク   12 バルデス
    13 マタ     17 アルベロア  18 ペドロ   19 ジョレンテ
    20 マルティネス 21 シルバ    22 ナバス   23 レイナ
  監督
    ビセンテ・デルボスケ
 ポルトガル
               18 アルメイダ*Y

  07 ロナウド(C)*Y  16 メイレレス   19 ティアゴ*Y   11 シモン

                15 ペペ*Y

  23 コエントラン*Y  06 カルバーリョ  02 アウベス  21 コスタ

           01 エドゥアルド
  サブ
    03 フェレイラ  04 ロランド   08 Pメンデス  09 リエジソン
    10 ダニー    12 ベト     13 ミゲル    14 ベロ-ソ
     20 デコ     22 フェルナンデス
  監督
    カルロス・ケイロス
  欠場
    05 ドゥダ(負傷)  17 アモリム(負傷)
前半:試合展開
 01 ESP SOG:トーレス左ミドルS                  ☆GKセーブ
 03 ESP SOG:ビジャ中ミドルS                   ※GKセーブ
 07 ESP SOG:ビジャ左ドリブルS                  ※GKセーブ
 10 POR    :ロナウド右クロス                    あわず
 17 POR SOG:左FK:ロナウドS                   GKキャッチ
 19 ESP    :トーレス右クロス                    あわず
 20 POR SOG:チアゴ中ミドルS                   ☆GKセーブ
 25 ESP    :シャビ→ビジャ                     あわず
 28 POR SOG:左FK:ロナウドS                  ☆GKセーブ
 29 ESP S  :ビジャ左S                       枠上
 39 POR S  :アルメイダ左クロス→メイレレス中HS          枠右
 42 ESP S  :右CK:シャビ→Sラモス中HS             GKキャッチ
 43 POR    :カウンター→シモン左                 ※GKクリア
 43 POR S  :コエントラン左クロス→チアゴ中HS           枠左
 45 ESP    :イニ中→トーレス中反転                 DFクリア
前半:コメント
 スペイン

   ポゼッションは高いが持たされている印象。ゴール前に人数をかけて守るポルトガルのDFラインを
   崩しきれず、ボールを奪われてカウンターでピンチを招くという、良くないときの流れ。序盤、
   ビジャとトーレスがドリブル突破でチャンスを作ったときにゴールが奪えていれば違った結果に
   なったのだろうが。ポゼッションを高くしていても、ロナウドを筆頭に精度の高いFKがあるだけに
   全く気を抜けない展開。好調のビジャとトーレスの覚醒に期待したい。
 ポルトガル
   ポゼッションで下回ることは想定通り、相手の高いDFラインの裏をカウンターで突くシーンもあり、
   悪くない流れと言える。序盤、ドリブル突破でビジャとトーレスにシュートを許したものの、その後は
   うまく相手攻撃を押さえることに成功している。むしろカウンターやセットプレイでスペインよりも
   チャンスを作った印象。サッカーとして魅力的かはともかく、勝つためのサッカーとしては悪くない。
   後はロナウド、シモンの決定力がどう出てくるかにかかっている。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     スペイン  0   10   4   3   6   62   0   0   0
    ポルトガル  0   7   3   2   8  38   0   0   2
後半:試合展開
 52 POR SB :アルメイダ左S                    ※DFブロック(CK)
 57 POR    :シモン右クロス                     GKセーブ
 58 POR 交代1:アルメイダ(OUT)、ダニー(IN)
 58 ESP 交代1:トーレス(OUT)、ジョレンテ(IN)

 59 POR OFF:ダニー                         オフサイド
 60 ESP SOG:Sラモス→ジョレンテ中HS              ☆GKセーブ
 61 ESP S  :ビジャ中ミドルS                   ※枠右
 63 ESP SOG:ビジャ左S                      ☆GKセーブ
 63 ESP SOG:こぼれ→ビジャ左S                GOAL★ESP 1-0 POR
 70 ESP SOG:Sラモス右ドリブルS                 ☆GKセーブ(CK)
 72 POR 交代2:シモン(OUT)、リエジソン(IN)
 74 ESP ▲YC:アロンソ                     CARD▲シャビ
 77 ESP SOG:ビジャ左ミドルS                   ☆GKセーブ
 80 POR ▲YC:ティアゴ                     CARD▲ティアゴ 次停

 86 POR    :コエントラン左S                    枠上
 88 ESP 交代2:ビジャ(OUT)、ペドロ(IN)
 90 POR ▼RC:Rコスタ、カプデビラに肘打ち           退場▼Rコスタ
 +3 ESP 交代3:アロンソ(OUT)、マルチェナ(IN)
後半:試合展開
 スペイン
   後半も前半同様に攻め続け、最後はイニエスタ→シャビ、ビジャのバルサトリオのコンビで
   ゴールを決めた。相手のGKが当たっていただけに1点しか奪えなかったが、ビジャは何度も
   決定的なシュートを放つなど相変わらず好調の様子。一方でトーレスが波に乗れないのが
   気になるところ。今後、強豪との対決においてトーレスの復調がなければ上位進出は厳しく
   なるはず
 ポルトガル

   後半は防戦一方、シュート2本を放つのが精一杯では無得点で終わるのはしょうがない。
   ダニー、リエジソンを投入したものの流れを変えるには至らず、最後にはRコスタが肘打ち
   で一発レッドを食らってしまった。アルメイダは何度かドリブル突破を見せたものの、最後の
   シュートまで持ち込む人材がいなかった。歴史的な経緯もあったとは思うが、あまりにも
   スペインをリスペクトしすぎた印象。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     スペイン  0   19   10   6  13 、び  61   1   0   0
    ポルトガル  0   9   3   3  18  39   1   1   3
スペインベスト8出場停止
  無し
MOM
  シャビ(my vote:ビジャ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-55:B-16:パラグアイ v 日本

スタジアム
  ロフタス・バーフィールド・スタジアム
  気温:17度  湿度:44%  ピッチ:濡れ  天候:曇り
直前オッズ
  PAR v JPN 2.15 3.00 3.80
       通過: 1.57 2.25
勝ち上がり
 パラグアイ F組1位
   06/14 20:30 PAR 1-1(1-0) ITA
   06/20 13:30 PAR 2-0(1-0) SVK
   06/24 16:00 PAR 0-0(0-0) NZL
   09/29 16:00 PAR  v   JPN
 日本    E組2位
   06/14 16:00 JPN 1-0(1-0) CMR
   06/19 13:30 JPN 1-0(0-0) NED
   06/24 20:30 JPN 3-1(2-0) DEN
   09/29 16:00 PAR  v   JPN
試合結果
  パラグアイ 0 - 0(PK 5-3) 日本  パラグアイがスペイン or ポルトガルとベスト16
主審
  フランク・デ・ブリーゲル(BEL)
ラインナップ
 パラグアイ
  10 ベニテス    19 バリオス    09 サンタクルス*Y

        16 リベーロス  13 ベラ*Y 

           20 オルティゴサ

  03 モレル  21 アルカラス  14 ダシルバ  06 ボネット

           01 ビジャール(C)
  サブ
    02 ベロン    04 カニサ   05 カセレス  07 カルドソ
    08 Eバレート  11 サンタナ  12 バレート  17 トーレス
    18 バルデス   22 ボバディージャ  23 ガマラ
  監督
    ヘラルド・マルティーノ
  欠場
    15 カセレス(出場停止)
 日本
           18 本田

  16 大久保  07 遠藤*Y   17 長谷部(C) 08 松井

           02 阿部*Y

  05 長友*Y   04 闘莉王  22 中澤    03 駒野

           21 川島
  サブ
    01 楢崎  06 内田  09 岡崎  10 中村俊  11 玉田
    12 矢野  13 岩政  14 中村憲 15 今野   19 森本
    20 稲本  23 川口
  監督
    岡田武史
前半:試合展開
 01 JPN S  :大久保左ミドルS                    枠左
 03 JPN SOG:駒野右ミドルS                     GKキャッチ
 07 PAR S  :サンタクルス右クロス→ベニテス             あわず
 10 PAR    :右FK:サンタクルス                  GKキャッチ
 14 JPN    :中FK:遠藤→中澤H                  あわず
 20 JPN SOG:左スルーP→バリオス左S               ☆GKセーブ
 21 PAR S  :ボネット右ミドルS                   枠上
 22 JPN SOG:松井中ミドルS                    ☆クロスバー
 23 PAR S  :ベラ左S                        枠上
 28 PAR    :左クロス                        DFクリア(CK)
 28 PAR S  :左CK:モレル→こぼれ→サンタクルス中S        枠右
 31 JPN SOG:中FK:S                       GKキャッチ
 32 JPN    :長谷部右クロス                     DFクリア
 35 JPN    :カット→本田左クロス                  DFクリア
 36 JPN    :左FK:遠藤                      DFクリア(CK)
 39 JPN    :駒野右クロス                      ボールデッド
 40 JPN S  :松井→本田中S                    ※枠左
前半:コメント
 日本
   4戦連続同じスタメンで疲労もあるはずだが、それを感じさせない運動量で相手のチャンスをつぶした。
   シュート5本、枠内3本という数字は攻めているわけではないが、防戦一方と言う訳でもない。ただ、
   大久保と松井、それにSBを絡めたサイド突破が出ていないのは、守備重視と言う事か。バリオスの
   抜け出してのシュートを川島がセーブしたので勢いにのった感はある。
 パラグアイ
   格下相手でボールを支配してサッカーを出来ているが、その事で逆に自分たちのサッカーが出来ていない
   印象。バリオスがうまい反転で抜け出したのが唯一のチャンス。セットプレイ等でもチャンスを作れて
   いないだけにゴールは遠いが、相手にもゴールを許す気配はない。終盤、延長も踏まえて疲れたときの
   1点勝負となるか。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    パラグアイ  0   3   1   2   9   63   0   0   0
       日本  0   5   3   1   7  37   0   0   0
後半:試合展開
 49 PAR    :オルティゴサ中ドリブル                ※DFクリア
 52 JPN OFF:阿部中→大久保                     オフサイド
 54 JPN SB :長友左ミドルS                     DFブロック
 55 PAR OFF:バリオス                        オフサイド
 56 PAR SB :中→ベニテス左S                   ※DFブロック(CK)
 57 JPN ▲YC:松井、遅延行為                  CARD▲松井
 58 PAR    :ベニテス左クロス                    DFクリア
 59 PAR SOG:左クロス→リベーロス中HS              ※GKキャッチ
 60 PAR 交代1:ベニテス(OUT)、バルデス(IN)
 63 JPN S  :右CK:遠藤→闘莉王中HS               枠右
 65 JPN    :長友左クロス→松井                   あわず
 65 JPN 交代1:松井(OUT)、岡崎(IN)
 76 PAR    :右FK:                        あわず
 71 JPN    :本田→岡崎右クロス                   DFブロック(CK)
 71 JPN ▲YC:長友                       CARD▲長友 次停
 75 PAR 交代2:オルティゴサ(OUT)、Eバレート(IN)
 79 PAR SOG:Eバレート中ミドルS                  GKキャッチ
 80 JPN 交代2:阿部(OUT)、中村憲(IN)
 82 JPN    :長友左クロス→大久保                  ファール
 +2 JPN    :右FK:遠藤→中澤中H→闘莉王             あわず
 +3 JPN ▲YC:本田                       CARD▲本田
後半:コメント
 日本
   ポゼッションでは遅れをとっているが、シュート数はより多く打っている。終盤には敵陣に
   押し込むシーンもあった。今のところ気持ちでは負けていないが、決定機で上回っている
   ワケでもない。ここから先はスタミナ切れをどこまでカバーできるかにかかっている。
   PK戦になる可能性も十分にある。
 パラグアイ
   押し込むシーンやDFラインの裏を取るシーンもあったが、日本の体を張ったDFにシュートを
   阻まれた。セットプレイでも日本の守備を破れず、高さがあるわけでもない。正直攻め手を欠いて
   いる印象があるだけに、セットプレイを大事にしたいところ。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    パラグアイ  0   6   3   5  16   61   0   0   1
       日本  0   8   4   3  20  39   3   0   1
延長:試合展開
  91 JPN S  :中村憲右ドリブルS                   DFブロック(CK)
  92 JPN S  :右CK:遠藤→岡崎中HS                枠左
  94 PAR 交代3:サンタクルス(OUT)、カルドソ(IN)
  95 PAR SOG:左クロス→バリオス中HS               ※GKキャッチ
  97 PAR SB :バレデスS                      ※GKセーブ
  97 PAR SB :中S                          DFブロック
  97 PAR SB :中S                          DFブロック
  99 JPN SOG:左FK:本田S                    ☆GKセーブ(CK)
 101 PAR S  :Eバレード中S                     枠上
 104 JPN    :左FK:遠藤                      GKキャッチ
 106 JPN 交代3:大久保(OUT)、玉田(IN)
 109 PAR SOG:バルデス中HS                     GKキャッチ
 111 PAR S  :右CK:→シウバ中HS                 枠左
 113 JPN S  :右FK:遠藤→闘莉王左HS               枠左
 114 JPN ▲YC:遠藤                       CARD▲遠藤 次停
 116 JPN    :岡崎→玉田左クロス                   あわず
 118 PAR ▲YC:リベロス                     CARD▲リベーロス
PK戦
  PAR1:EバレードS左下   GOAL★PAR 1-0 JPN
  JPN1:遠藤S右中      GOAL★PAR 1-1 JPN
  PAR2:バリオスS右下    GOAL★PAR 2-1 JPN
  JPN2:長谷部S左上     GOAL★PAR 2-2 JPN
  PAR3:リベーロスS右下   GOAL★PAR 3-2 JPN
  JPN3:駒野S枠上         PAR 3-2 JPN
  PAR4:バルデスS中中    GOAL★PAR 4-2 JPN
  JPN4:本田S左下      GOAL★PAR 4-3 JPN
  PAR5:カルドソS左下    GOAL★PAR 5-3 JPN
  JPN5:×
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    パラグアイ  0   13   6   6  26   58   1   0   1
       日本  0   12   5   5  29  42   4   0   1
パラグアイベスト8出場停止
  無し
MOM
  本田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/28

[WC2010] MN-54:B-16:ブラジル v チリ

スタジアム
  エリス・パーク・スタジアム  ヨハネスブルグ
    気温:12度  湿度:67%  ピッチ:乾燥  天候:やや曇り
直前オッズ
  BRA v CHI 1.53 3.80 6.50
       通過: 1.20 4.33
勝ち上がり
 ブラジル  G組1位
   06/15 20:30 BRA 2-1(0-0) KOR
   06/20 20:30 BRA 3-1(1-0) CIV
   06/25 16:00 BRA 0-0(0-0) ROR
   06/28 20:30 BRA  v   CHI
 チリ    H組2位
   06/16 13:30 CHI 1-0(1-0) HON
   06/21 16:00 CHI 1-0(0-0) SUI
   06/25 20:30 CHI 1-2(0-2) ESP
   06/28 20:30 BRA  v   CHI
試合結果
  ブラジル 3 - 0 チリ  ベスト8でオランダと対決
主審
  ハワード・ウェブ(ENG)
ラインナップ
 ブラジル
         09 ファビアーノ*Y

       11 ロビーニョ  10 カカ 

     18 ラミレス*Y  08 シウバ  13 アウベス

  06 バストス  04 ファン*Y  03 ルシオ(C)  02 マイコン

           01 セーザル
  サブ
    12 ゴメス   14 ルイゾン   15 チアゴ・シウバ  16 ジウベルト・メロ
    17 ジョズエ  20 クレベルソン 21 ニウマール    22 ドニ  
    23 グラフィッチ
  監督
    ドゥンガ
  欠場
    05 メロ(負傷) 07 エラーノ(負傷) 19 バチスタ(負傷)
 チリ
    11 ゴンサレス   09 スアソ*Y    07 サンチェス

    15 ボーセジュール 06 カルモナ   18 ハラ 

    08 ビダル  02 フエンテス   05 コントレーラス    04 イスラ 

             01 ブラボ
  サブ
    10 バルディビア*Y  12 ピント    14 Mフェルナンデス  16 オレジャナ
    19 フィエーロ    20 ミジャール 21 テージョ      22 バレデス
    23 マリン     
  監督
    マルセロ・ビエルサ
  欠場
    03 ポンセ(出場停止)  13 エストラーダ(出場停止)  17 メデル(出場停止)
前半:試合展開
 02 CHI    :ビダル→ボーセジュール左クロス             DFブロック(CK)
 02 CHI SB :サンチェス左S                     DFブロック
 04 CHI    :スアソ右クロス                     GKキャッチ
 05 BRA S  :アウベス中フィード→ファビアーノ右S          枠左
 07 BRA    :マイコン右ドリブル                   DFブロック(CK)
 08 BRA    :右CK:アウベス                    DFクリア
 09 BRA SOG:シウバ中ミドルS                   ☆GKセーブ(CK)
 10 BRA S  :カカ中ミドルS                     枠左
 13 CHI SOG:サンチェス右→スアソ中RS               GKキャッチ
 15 BRA SOG:ラミレス中ミドルS                   GKキャッチ
 21 CHI S  :ハラ中ミドルS                     枠左
 22 CHI SB :サンチェス中ミドルS                  DFブロック
 27 BRA    :右FK:マイコン                    DFクリア
 28 BRA S  :右CK:マイコン→フアン中HS             枠上
 30 BRA ▲YC:カカ                       CARD▲カカ
 34 BRA    :マイコン右クロス                    DFクリア(CK)
 34 BRA SOG:右CK:マイコン→フアン中HS          GOAL★BRA 1-0 CHI
 38 BRA SOG:ロビーニョ左→カカ中→ファビアーノ中かわしてS  GOAL★BRA 2-0
CHI
 40 CHI S  :ゴンサレス左S                     枠上
 41 BRA S  :バストス左ドリブルS                  枠右
 44 BRA S  :マイコン右クロス→ファビアーノ中HS          枠上
前半:コメント
 ブラジル
   チェンスは決して多くはなかったが、カウンターで何度か決定的なチャンスを作った。そして
   1点目はフアンの高さ、2点目はカウンターからファビアーノへのスルーパスと、持ち味が
   出た印象。守備に関してもエリア内からのシュートはほとんど与えていないだけに計算通りの
   結果と言えるだろう。後は追加点を狙いつつ大量失点をしないように、試合を進めたい。
 チリ
   攻撃機会は多かったが決定機は作れず。攻めたところでボールをカットされカウンターで逆襲を
   食らうシーンが何度かあった。予想出来る展開ではあるが、ブラジルの前線の決定力を褒める
   しかないか。カウンターとセットプレイ以外では相手をうまく押さえているだけに悔やまれる
   失点ではある。ただ、引き気味のブラジルから2点を奪うのは決して簡単ではないだけに、
   ビエルサ監督の采配に期待したい。
後半:試合展開
 46 CHI 交代1:コントレラス(OUT)、テージョ(IN)
 46 CHI 交代2:ゴンサレス(OUT)、バルディビア(IN)

 47 CHI ▲YC:ビダル                      CARD▲ビダル
 48 BRA S  :左FK:アウベスS                   枠上
 50 CHI    :テージョ左クロス                    GKキャッチ
 55 BRA    :ロビーニョ右クロス                   DFクリア(CK)
 59 BRA SOG:ラミレス中ドリブル→ロビーニョ中S        GOAL★BRA 3-0 CHI
 61 BRA S  :アウベス中ミドルS                   枠上
 62 CHI 交代3:イスラ(OUT)、ミジャール(IN)
 64 CHI SB :中FK:テージョS                   壁
 66 CHI SB :ビダル右S                       DFブロック
 66 CHI S  :サンチェス→バルディビア中S              枠上
 68 CHI ▲YC:フエンテス                    CARD▲フエンテス
 69 BRA S  :バストス左クロス→カカ中MS              枠上
 72 BRA ▲YC:ラミレス                     CARD▲ラミレス 次停
 74 BRA SOG:アウベス→ロビーニョ右ドリブルS           ☆GKセーブ
 75 CHI SOG:左クロス→スアソ中TS                ☆GKセーブ
 76 BRA 交代1:ファビアーノ(OUT)、ニウマール(IN)
 76 BRA OFF:アウベス→ロビーニョ                  オフサイド
 78 CHI SOG:右CK:→スアソ中S                 ※クロスバー
 81 BRA 交代2:カカ(OUT)、クレベルソン(IN)
 83 BRA S  :バストス左クロス→ニウマール中HS           枠上
 85 CHI S  :ボーゼジュール左TS                 ※枠右
 85 BRA 交代3:ロビーニョ(OUT)、Gメロ
 90 BRA S  :C→バストス左→ラミレス中MS             枠上
 +1 CHI S  :バルビディア中ミドルS                 枠左
後半:コメント
 ブラジル
   前半で2点をリードした事もあり、余裕を持ってゲームに入る。3点目が入った時点で勝負が決した
   事もあり、カカ、ファビアーノ、ロビーニョを次の試合に備えて交代させる余裕の展開でゲームを
   終わらせた。チリに攻撃機会を与えた事は今後の課題だが、それでも無失点に押さえたことは評価
   すべきだろう。ただ、キープレイヤーであるカカが3枚目のカードをもらってしまったことは今後の
   懸念事項ではある。
 チリ
   後半も攻めの姿勢でブラジルを攻め立てたが結局ゴールは奪えず。シュート5本は枠内シュートこそ
   少なめながらブラジルと同レベルの数字ではあるが、決定機が少なかったことは否めない。豊富な
   運動量を必要とするサッカーだけに疲労もブラジルよりは多かったはず。それでも、予選リーグで
   見せてくれたサッカーは、今回のワールドカップの歴史に残る内容だったと思う。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     ブラジル  3   17   6   8  14   51   2   0   1
       チリ  0   15   3   6  18  49   3   0   1
ブラジルベスト8出場停止
  ラミレス
MOM
  ロビーニョ (my vote:ファビアーノ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-53:B-16:オランダ v スロバキア

スタジアム
  ダーバン・スタジアム  ダーバン
  気温:23度  湿度:68%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  NED v SVK 1.40 4.20 9.00
       通過: 1.14 5.00
勝ち上がり
 オランダ  E組1位
   06/14 13:30 NED 2-0(0-0) DEN
   06/19 13:30 NED 1-0(1-0) JPN
   06/24 20:30 NED 2-1(1-0) CMR
   06/28 16:00 NED   v  SVK
 スロバキア F組2位
   06/15 13:30 SVK 1-1(0-0) NZL
   06/20 13:30 SVK 0-2(0-1) PAR
   06/24 16:00 SVK 3-2(1-0) ITA
   06/28 16:00 NED   v  SVK
試合結果
  オランダ 2 - 1 スロバキア  ベスト8でブラジル or チリと対戦
主審
  アルベルト・ウンディアーノ(ESP)
ラインナップ
 オランダ
            09 Vペルシー*Y

    07 カイト*Y    10 スナイデル  11 ロッベン

       08 デヨンク*Y   06 Vボメル

  05 ジオ(C)*Y 04 マタイセン  03 ハイティンハ  02 Vビール*Y

          01 ステケレンブルフ
  サブ
    12 ブラルーズ  13 オーイエル   14 デゼウ    15 ブラーフハイト
    16 フォルム   17 エリア     18 スハールス  19 バベル 
    20 アフェライ  21 フンテラール  22 ボスフケル  23 Vファールト*Y
  監督
    ベルト・ファン・マルワイク
 スロバキア

      11 ビッチク*Y  18 イェンドリシェク

          17 ハムシク(C)

     15 ストフ*Y  19 クチュカ  07 バイス*Y  

  05 ザバフニク  16 ドゥリツァ*Y   03 シュクルテル  02 ペカリク*Y

              01 ムハ*Y
  サブ
    04 チェフ   08 コザク    09 シュスタク*Y  10 サパラ 
    12 ペルニス  13 ホロスコ   14 ヤクブコ    20 コプネク
    21 サラタ   22 ペトラシュ  23 クチャク
  監督
    ウラジミール・バイス
  欠場
    06 シュトルバ(出場停止)
前半:試合展開
 02 SVK S  :イェンドリシェク中ミドルS               枠上
 05 NED S  :スネイデル中ミドルS                  枠上
 06 NED S  :カイト中ミドルS                    枠外
 08 NED SB :カイト左クロス→Vペルシー中HS            DFブロック(CK)
 11 NED OFF:ジオ                          オフサイド
 14 SVK S  :クチュカ中ミドルS                   枠左
 18 NED SOG:C→ロッベン中ドリブルMS            GOAL★NED 1-0 SVK
 31 NED ▲YC:ロッベン、ハンド                 CASD▲ロッベン
 32 SVK S  :イェンドリシェクS                   枠上
 40 SVK ▲YC:クチュカ、デヨンクにタックル           CARD▲クチュカ
 41 NED SOG:Vペルシー中ミドルS                  GKキャッチ
 41 SVK SB :ビッテク中ミドルS                   DFブロック(CK)
 44 NED S  :Vボメル右クロス→Vペルシ中S             枠右
前半:コメント
 オランダ
   ロッベンのゴールシーンこそ見事だったがそれ以外の決定機は無し。相手にも決定機を与えて
   いないだけに、悪くない展開ではあるが、さすがに1点のリードでは何が起こるか分からない。
   後半、相手が攻めて来たところでロッベンのカウンター狙いを徹底させるという手もあるが、
   いずれにしても早く追加点が欲しい。
 スロバキア
   ロッベンのゴールシーン以外はうまく守っていただけに悔やまれる失点ではある。攻撃に関しても
   枠内シュートがなかったが、攻撃の形は失点後は見え始めていた。攻めなければ点は取れないが、
   点を取りに前がかりになったところでロッベンのカウンターを食らうのも避けたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     オランダ  1   7   3   3   7   51   1   0   1
    スロバキア  0   5   0   1   7  49   1   0   0
後半:試合展開
 50 NED S  :ロッベン中ドリブルS                 ☆GKセーブ(CK)
 51 NED SOG:ロッベン左クロス→マタイセン中S           ☆GKセーブ
 54 SVK    :ザバフニク、足首を痛める→治療後復帰
 58 NED    :ロッベン右ドリブル、kる押す              DFクリア
 59 NED SOG:右FK:VペルシーS                  GKセーブ
 63 SVK S  :クチュカ中S                      枠左
 65 NED SB :C→スネイデル中S                   DFブロック
 67 SVK SOG:ストフ中ドリブルS                  ☆GKセーブ(CK)
 67 SVK SOG:中→ビッテク中S                   ☆GKセーブ
 70 NED S  :左FK:スネイデル→カイト中HS            枠上
 71 NED 交代1:ロッベン(OUT)、エリア(IN)
 71 SVJ 交代1:イェンドリシェク(OUT)、コプネク(IN)

 72 SVK ▲YC:コプネク、スライディング             CARD▲コプネク
 73 NED SOG:カイオ中ドリブルS                  ※GKセーブ(CK)
 78 SVK S  :ビッテク中S                      枠上
 80 NED 交代2:Vペルシ(OUT)、フンテラール(IN)
 84 NED SOG:カイト左クロス→スネイデル中S          GOAL★NED 2-0 SVK
 84 SVK ▲YC:シュクルテル、抗議                CARD▲シュクルテル
 86 NED SOG:エリア左ドリブルS                   GKキャッチ
 87 NED OFF:オフサイド
 87 SVK 交代2:ハムシク(OUT)、サパラ(IN)
 87 SVK 交代3:ザバフニク(OUT)、ヤクブコ(IN)

 89 NED    :カイト右ドリブル、クロス                GKキャッチ
 +2 SVK OFF:ヤクブコ                        オフサイド
 +2 NED 交代3:スネイデル(OUT)、アフェライ(IN)
 +3 SVK    :ヤクブコ中ドリブル、エリア内で倒れる          PK
 +3 NED ▲YC:ステケルンブルグ、相手を倒す           CARD▲ステケルンブルグ
 +4 SVK SOG:PK:ビッテクS左下               GOAL★NED 2-1 SVK
後半:コメント
 オランダ
   開始早々ロッベンのシュートでチャンスを作ったが追加点を決められず.結局84分にカウンター
   からカイトとスナイデルのコンビでゴールを決めて勝利あり。ただ、勝ったこと以上にDFの
   ラインコントロールがうまくできずオフサイドを取れないシーンが連発していたのが気になった。
   相手に決定力が欠けていたから大事には至らなかったものの、ブラジルなどの強豪相手には
   致命傷となりかねない。
 スロバキア
   結局1点差で終わったが、得点差以上の差があったと言わざるを得ない。何度かゴール前で
   ビディクがフリーで受けたシーンを決めれなかった事が悔やまれる。後は、ハムシクを前目の
   位置で使えなかったのも悔やまれる。今日の試合に関しては不完全燃焼だが、ベスト16と
   言う成績は大健闘と言っていいだろう。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     オランダ  2   16   17   5  17   52   2   0   2
    スロバキア  1   12   19   2  19  48   3   0   3
ベスト8オランダ出場停止
  無し
MOM
  ロッベン (my vote:ロッベン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/27

[WC2010] MN-52:B-16:アルゼンチン v メキシコ

スタジアム
  サッカー・シティ・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:14度  湿度:41%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  ARG v MEX 1.61 3.60 6.00
       通過: 1.22 4.00
勝ち上がり
 アルゼンチン B組1位
   06/12 16:00 ARG 1-0 NGA
   06/17 13:30 ARG 4-1 KOR
   06/22 20;30 ARG 2-0 GRE
   06/27 20:30 ARG v MEX
 メキシコ   A組2位
   06/11 16:00 MEX 1-1 RSA
   06/17 20:30 MEX 2-0 FRA
   06/22 16:00 MEX 0-1 URU
   06/27 20:30 ARG v MEX
試合結果
  アルゼンチン 3 - 1 メキシコ  アルゼンチン、ベスト8でドイツと対決
主審
  ロベルト・ロゼッティ(ITA)
ラインナップ
 アルゼンチン
       11 テベス     09 イグアイン 

           10 メッシ 

  07 ディ・マリア            20 マキシ

           14 マスチェラーノ(C)*Y

   06 エインシェ*Y  04 ブルディッソ  02 デミチェリス  15 オタメンディ

            22 ロメロ
  サブ:
    01 ポゾ    03 ロドリゲス   05 ボラッティ*Y  12 ガルセ
    13 サムエル  16 アグエロ    17 グティエレス  18 パレルモ
    19 ミリート  08 ベロン     21 アンドゥハル  23 パストーレ
  監督:
    ディエゴ・マラドーナ
 メキシコ
            14 エルナンデス

        21 バウティスタ  17 ジョバンニ

     18 グアルダード 04 マルケス(C)  06 トラード*Y  

  03 サルシド     02 ロドリゲス*Y   05 オソリオ  16 スアレス

            01 ペレス
  サブ:
    07 バレーラ   08 カストロ*Y 09 フランコ*Y  10 ブランコ 
    11 ヴェラ    12 アギラール 13 オチョア   15 モレノ*Y
    19 マガジョン  20 トーレス  22 メディーナ  23 ミチェル
  監督
    ハビエル・アギーレ
前半:試合展開
 02 MEX OFF:ジョバンニ                       オフサイド
 08 ARG SB :メッシ中ドリブルS                   DFブロック
 08 MEX SOG:サルシド左ミドルS                  ☆クロスバー
 09 MEX S  :グアルダード右ミドルS                ※枠左
 12 ARG    :テベス中→イグアイン                  あわず
 12 ARG SOG:メッシ中ドリブルMS                  GKキャッチ
 13 ARG    :ディマリア→イグアイン右                DFクリア(CK)
 13 ARG S  :ディマリア右ミドルS                  枠右
 14 MEX S  :ジョバンニ→エルナンデス右S              枠右
 25 ARG SOG:メッシ中→テベス                   ※GKセーブ
 25 ARG SOG:メッシ中→テベス中HS              GOAL★ARG 1-0 MEX
 28 MEX ▲YC:マルケス                     CARD▲マルケス
 33 ARG SOG:カット→イグアイン中ドリブルGKかわしてS    GOAL★ARG 2-0 MEX
 34 MEX SOG:サルシド左S                     ※GKセーブ
 37 ARG SOG:ディマリア左ドリブルS                ※GKセーブ3
 37 ARG SOG:こぼれ→テベス中S                  ※DFブロック
 39 MEX S  :右FK:グアルダードS                 枠上
 42 ARG S  :オタメンディ右クロス→イグアイン中HS         枠左
 44 MEX SOG:マルケス中ミドルS                   GKキャッチ
 +1 MEX    :サルシド左クロス→エルナンデス             GKキャッチ
前半:コメント
 アルゼンチン
   開始直後はメキシコの攻勢を許したものの、25分にジャッジにも助けられて先制、その後、
   さらにDFのパスミスからイグアインにゴールを許して2点差を付けた。その後は、うまく
   守りつつカウンターを狙う展開で、うまく前半を終わらせた。サルシドやマルケスのミドル
   やエルナンデスの決定力があるだけに油断は禁物だが、ベスト8に向けて前進したといって
   いいだろう。
 メキシコ
   序盤は組織的なディフェンスでアルゼンチンの攻撃を押さえて、ミドルシュートでチャンスを
   作ったものの、相手の先制を許してから若干集中力を失った印象。アルゼンチンの個人技や
   ドリブルを許すシーンが増え、シュートを受けるシーンが増えた。前がかりにならないと
   ゴールは奪えないが、それだけ失点のリスクも発生するのが難しいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
   アルゼンチン  2   9   4   1   5   55   0   0   0
     メキシコ  0   7   3   0  13  45   1   0   1
後半:試合展開
 46 MEX 交代1:バウティスタ(OUT)、バレーラ(IN)
 46 MEX    :バレラ左クロス                     DFブロック(CK)
 47 MEX S  :サルシド中ミドルS                   枠左
 50 MEX    :バレラ左クロス                     あわず
 52 ARG SOG:テベス中ミドルS                 GOAL★ARG 3-0 MEX
 60 MEX S  :バレラ左ドリブルS                   枠左
 61 MEX S  :グアルダード中ミドルS                 枠上
 61 MEX 交代2:グアルダード(OUT)、フランコ(IN)
 62 MEX SOG:サルシド左ミドルS                  ※GKセーブ(CK)
 63 MEX S  :バレーラ左クロス→エルナンデス中HS          枠上
 69 ARG 交代1:テベス(OUT)、ベロン(IN)
 70 MEX SOG:左クロス→右BS                   ☆DFクリア
 71 MEX SOG:エルナンデス左ドリブルS             GOAL★ARG 3-1 MEX
 79 ARG 交代2:ディマリア(OUT)、グティエレス(IN)
 80 MEX    :バレラ右クロス                     DFクリア
 87 ARG 交代3:マキシ(OUT)、パストゥーレ(IN)
 88 MEX S  :オソリオ右ミドルS                   枠左
 +2 ARG SOG:メッシ中ドリブルS                  ☆GKセーブ(CK)
後半:コメント
 アルゼンチン
   小競り合い等もあって不穏な動きのある前半だったが、後半開始早々テベスのミドルシュートによって
   ほぼ試合の流れは決した。その後、試合をうまくコントロールして、メキシコのゴールを1点に抑えて
   ベスト8進出を決めた。メッシのゴールこそ生まれなかったが、テベスとイグアインの獲るべきメンバー
   がゴールと流れもいい感じになっている。ただし、今のところ優勝候補との戦いをしていないわけで、
   大一番を経験していない不安がないと言えば嘘になる。
 メキシコ
   後半、攻めの姿勢で1点を取ったことは評価出来るが、そこまでが精一杯だった。テベスが交代して
   からは押せ押せの展開になったが、決定機を決めることが出来なかった。誤審で序盤のゲームの流れを
   失ったのは確かだが、例え誤審が無くても今日のアルゼンチンに勝てたとは考えにくい。メッシ、
   イグアイン、テベスの個人技を押さえることが出来なかったのが最大の敗因か。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
   アルゼンチン  3   11   6   2  11   52   0   0   1
     メキシコ  1   16   6   5  26  48   1   0   2
ベスト8出場停止
  無し
MOM
  テベス (my vote:テベス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-51:B-16:ドイツ v イングランド

スタジアム
  フリー・ステート・スタジアム  ブルームフォンテーン
  気温:19度  湿度:28%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  GER v ENG 2.90 3.00 2.62
       通過: 2.05 1.80
勝ち上がり
 ドイツ    D組1位

   06/13 20:30 GER 4-0 AUS
   06/18 13:30 GER 0-1 SRV
   06/23 20:30 GER 1-0 GHA
   06/27 16:00 GER v ENG
 イングランド C組2位
   06/12 20:30 ENG 1-1 USA
   06/18 20:30 ENG 0-0 ALG
   06/23 16:00 ENG 1-0 SVN
   06/27 16:00 GER v ENG
試合結果
  ドイツ 2 - 1 イングランド  ドイツ、ベスト8でアルゼンチン v メキシコの勝者と対決
主審
  ホルヘ・ラリオンダ(URU)
ラインナップ
 ドイツ
              11 クローゼ

      10 ポドルスキ   08 エジル*Y   13 ミュラー*Y

      07 シュバインシュタイガー*Y  06 ケディラ*Y

  20 ボアテング   03 フリードリッヒ    17 メルテザッカー  16ラーム(C)*Y

                01 ノイアー
  サブ:
    02 ヤンセン  04 アオゴ      05 タスキ    09 キースリンク
    12 ヴィーゼ  14 バドシュトゥバー 15 トロホウスキ 18 クロース     
    19 カカウ*Y  21 マリン      22 ブット    23 ゴメス  
  監督
    ヨアヒム・レーブ
 イングランド
         10 ルーニー   19 デフォー

  04 ジェラード(C)*Y               16 ミルナー*Y

         08 ランパード  14 バリー

  03 Aコール  06 テリー    15 アップソン   02 ジョーンズ

           01 ジェームズ
  サブ
    05 ドーソン   07 レノン     09 クラウチ  11 Jコール 
    12 グリーン   13 ウォーノック  17 SWP   18 キャラガー
    20 キング    21 ヘスキー  22 キャリック   23 ハート
  監督
    ファビオ・カペッロ
前半:試合展開
 04 ENG OFF:ルーニー                        オフサイド
 05 GER SOG:中フィード→エジル右S                ☆GKセーブ(CK)
 08 GER    :エジル右クロス                     DFクリア
 11 GER SB :ポドルスキ中ミドルS                  DFブロック
 15 GER    :ラーム右クロス                     GKキャッチ
 17 GER S  :ケディラ中ミドルS                   枠上
 19 ENG S  :中FK28:ランパードS                 壁
 20 GER SOG:GKフィード→クローゼ中S            GOAL★GER 1-0 ENG
 22 GER S  :エジル左クロス→ミュラー右HS             GKキャッチ
 24 ENG S  :ルーニー左ミドルS                   枠上
 25 ENG SOG:バリー中ミドルS                    GKキャッチ
 31 GER SOG:ミュラー中→クローゼ中S               ☆GKセーブ
 31 ENG SOG:ジョンソン中→デフォー中HS             ☆クロスバー
 32 GER SOG:ミュラー右→ポドルスキ左S            GOAL★GER 2-0 ENG
 35 ENG SOG:ミルナー右クロス→ランパード中S           ☆GKセーブ
 36 GER SB :クローゼ右S                      DFブロック(CK)
 37 ENG    :ランパード右ドリブル、クロス              DFクリア
 37 ENG SOG:CK:→ジェラード右クロス→アップソン中HS   GOAL★GER 2-1 ENG
 38 ENG SOG:ランパード中ミドルS                 ☆クロスバー
 39 GER S  :ポドルスキ中ミドルS                 ※枠右
 40 GER    :ジェラード右クロス                   枠左
 43 GER    :エジル中ドリブル                    DFクリア
前半:コメント
 ドイツ
   序盤は優勢に試合を進め、クローゼ、ポドルスキのゴールで一気に2点差を付けるが、その後、
   持ち直したイングランドに1失点を喫した。ランパードの幻のゴールも含めればチャンスシーン
   は互角。ただ、相手DFラインの裏を取る攻撃はうまくいっているので、それを続けたいところ。
   ただ、勢いはイングランドにあるはずなので、慎重に時間を使いたいところ。
 イングランド
   前半、ドイツに2失点されたときは、攻撃も守備も全く機能していなかったが、そこから一気に
   攻撃が活性化、ランパードのシュートの後、セットプレイからアップソンがヘッドで決め、そして
   ランパートのゴールは取り消された。ただ、この勢いを後半も持続してまずは同点に追い付きたい
   ところ
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
      ドイツ  2   9   5   3   2   44   0   0   1
   イングランド  1   7   4   2   3  56   0   0   2
後半:試合展開
 47 GER ▲YC:フリードリッヒ                  CARD▲フリードリッヒ
 49 ENG S  :ジェラード左ドリブルS                 枠左
 52 ENG SOG:右FK:ランパードS                 ☆クロスバー
 53 GER OFF:クローゼ                        オフサイド
 55 GER    :クローゼ右クロス                    DFクリア(CK)
 56 GER    :ケディラ→エジル                    あわず
 56 ENG SOG:ジェラード左ミドルS                  GKキャッチ
 57 ENG    :中→デフォー中                    ※GKクリア
 57 ENG S  :ジェラード左ミドルS                  枠外
 59 GER S  :ミラー中ドリブルS                  ※枠右
 61 ENG    :ミルナー右クロス                    GKキャッチ
 62 ENG SB :ルーニー中→ミルナー右S                DFブロック
 64 GER S  :ボアテング左ミドルS                  枠上
 64 ENG 交代1:ミルナー(OUT)、Jコール(IN)
 67 ENG SB :中FK:ランパードS                  壁
 67 GER SOG:C→シュバ中→ミュラー右S            GOAL★GER 3-1 ENG
 69 GER S  :ポドルスキ中→ミュラーS                枠右
 69 ENG    :ジェラード左クロス                   DFブロック(CK)
 70 GER SOG:C→エジル左ドリブル→ミュラー中S        GOAL★GER 4-1 ENG
 71 ENG 交代2:デフォー(OUT)、ヘスキー(IN)
 72 GER 交代1:ミュラー(OUT)、トロホウスキ(IN)
 72 GER 交代2:クローゼ(OUT)、ゴメス(IN)

 80 GER S  :ゴメス右S                       枠上
 81 ENG SOG:ジェラード中ドリブルS                ☆GKセーブ(CK)
 82 ENG ▲YC:ジョンソン、エジルを倒す             CARD▲ジョンソン 次停
 83 GER 交代3:エジル(OUT)、キースリング(IN)
 87 GER OFF:オフサイド
 87 ENG 交代3:ジョンソン(OUT)、フィリップス(IN)
 88 ENG SB :ルーニー右S                      DFブロック
 88 ENG SB :バリー中S                       DFブロック(CK)
 89 ENG SOG:ランパード中ミドルS                  GKキャッチ
 90 ENG    :フィリップス右クロス                  GKキャッチ
後半:コメント
 ドイツ
   後半開始早々優勢に試合を進め、イングランドが攻めて来たところでカウンター狙いに終始、
   ミュラーが2得点をあげて一気にイングランドを突き放した。その後も、イングランドの攻撃を
   しっかり受けて、ボールを奪うとすぐに前線につないでチャンスを作り続けた。何度かあった
   決定機もノイアーの好セーブ連発で後半は無失点に押さえきった。おそらく次はアルゼンチン
   との対決となるが、この前線のコンビネーションと全員のハードワークがあれば勝利も決して
   夢ではない。
 イングランド
   後半、人数をかけて攻めたものの、その裏のスペースをドイツに狙われて大量失点を喫した。
   前半、2-2で折り返していれば結果は違っていたのかもしれないが、それでも残念ながら
   この日のイングランドは実力的にドイツに劣っていて、負けるべくして負けたと言わざるを
   えない。チーム編成時から本大会に入っても怪我人に苦しめられた不運はあったにせよ、
   残念ながら優勝を狙うには力不足だった。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
      ドイツ  2   17   7   4   7   49   1   0   4
   イングランド  1   19   9   6   6  51   1   0   2
ドイツベスト8出場停止
  無し
MOM
  ミュラー(my vote:ミュラー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 迷い猫オーバーラン! #12

12 迷い猫、決めた  http://www.patisserie-straycats.com/story/12/

コメント
  そして明かされる…かもしれない希さん。一方、ブルマ派とスパッツ派の間が盛り上がってます。
 いや、とりあえずどっちでもいいから、パンツでいるのはまずいです、希ちゃん…。いや、なんか
 鳴子さんと、珠緒先輩絶妙です。そしてブルッツで登場する希さん、強いです…。そして圧勝した
 希さん、千世と文乃に仲良くするようにと言う希さん…。そして巧と二人三脚に出たいと言う希さん…。
 文乃さんと千世さんが一歩引き下がる事になるわけですね。そして楽しみに寝る希さんですが…、
 どうして、鳴子さんと、珠緒先輩は喋る度にポーズを取るんでしょう…、と言うAパート。まみまみな、
 施設長、Aパート出番無しです。
  希さんを迎えに来た所長さん。鳴子さん、お弁当食べまくりです…。そしてメインの二人三脚ですが、
 胸が揺れてるなぁ…。そして、高熱の中走りたいという希さん。そして希に解熱剤と栄養剤を渡す施設長。
 親族の規定はあるけど家族の規定はないって明言だなぁ。ただ、とりあえずレースをしっかりやらないと
 いけないよねぇ…。そして保健室で巧が好きと告白する希さん…。動揺した千世さんがフラフラして
 巧とキスしたりしなかったり…でめでたしめでたしというBパート。うん、これなら第2期があっても
 いいよな~と言う終わり方ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/26

[WC2010] MN-50:B-16:アメリカ v ガーナ

スタジアム
  ロイヤル・バフォケン・スタジアム  ルステンブルグ
  気温:14度  湿度:22%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  USA v GHA 2.40 3.00 3.20
       通過: 1.67 2.10
試合結果
  アメリカ 1 - 2 ガーナ after Extra Time
勝ち上がり
 アメリカ C組1位
   06/12 20;30 USA 1-1 ENG
   06/18 16:00 USA 2-1 SVN
   06/23 16:00 USA 1-0 ALG
   06/26 20:30 USA v GHA
 ガーナ  D組2位
   06/13 16:00 GHA 1-0 SRV
   06/19 16:00 GHA 1-1 AUS
   06/23 20:30 GHA 0-1 GER
   06/26 20:30 USA v GHA
主審
  ビクトル・カサイ(HUN)
ラインナップ
 アメリカ
         20 フィンドリー  17 アルティドール*Y

  10 ドノバン    13 クラーク  04 ブラッドリー  08 デンプシー 

  12 ホーンスタイン 03 ボカネグラ 15 デメリット*Y  06 チェルンドロ*Y

               01 ハワード
  サブ
    02 スペクター  05 オニュウ  07 ビーズリー*Y    09 ゴメス
    11 ホールデン  14 バドル   16 トーレス      18 グザン
     19 エドゥ    21 グッドソン 22 ファイルハーバー  23 ハーネマン
  監督
    ボブ・ブラッドリー
 ガーナ
             03 ギャン

    13 アイェウ*Y   21 アサモア   07 インコーム

         23 Kボアテンク  06 アナン*Y

  02 サルベイ  05 メンサー  08 メンサー*Y  04 パントシル

            22 キングソン
  サブ:
    01 アギェイ   09 ボアテンク  10 アッピアー  11 ムンタリ  
    12 タゴエ*Y   14 アモアー   16 アホール   17 アイェウ  
    18 アディアー  19 アディ*Y   20 アベイエ
  監督:
    ミロバン・ライェバッツ
  欠場
    15 ボルサー(負傷)
前半:試合展開
 04 GHA SOG:あうぇインコーム中S                     枠外
 05 USA SOG:デンプシー中ミドルS                  GKキャッチ
 06 GHA SOG:ボアテング左ドリブルS              GOAL★USA 0-1 GHA
 07 USA ▲YC:クラーク                     CARD▲クラーク
 13 USA S  :アルティドール中S                   枠左
 17 USA ▲YC:チェルンドロ、スライディング           CARD▲チェルンドロ 次停

 18 GHA SOG:左FK:ギャンS                   ※GKセーブ
 23 USA    :ブラッドリー左クロス                  GKキャッチ
 26 GHA    :右クロス                        DFクリア(CK)
 30 USA OFF:アルティドール                     オフサイド
 31 USA 交代1:クラーク(OUT)、エドゥ(IN)
 35 USA SOG:デンプシー→フィンドリー右S             ※GKセーブ
 35 USA SOG:デンプシー中ミドルS                  GKキャッチ
 37 GHA SOG:中フィード→アサモア左S               ☆GKセーブ
 42 GHA S  :ボアテング→アサモア左S                枠上
前半:コメント
 ガーナ
   前線に素早く繋いで、FWのスピードでチャンスを狙う展開で何度かチャンスを作った。ボアテング
   の先制ゴールで一気に勢いに乗って、その後もアメリカのDFラインを混乱に陥れた.守備に関しては
   アルティドールとフィンドリーをうまく押さえたが、ドノバンとデンプシーのラストパスを許している
   のは問題か。内容的には互角なので後半も集中力を保ってうまく守りたい。
 アメリカ
   チャンスの多さではガーナにひけをとらなかったが、決定力の差が得点差になって表れた印象。デンプシー
   とドノバンはうまくゲームを作っているが、フィンドリーとアルティドールをうまく押さえ込まれている。
   守備に関しては、ガーナのスピードに対応しきれていないのが気になるところ。とりあえず1ゴールが必要
   なわけだが、今のやり方では厳しいか。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     アメリカ  0   4   3   1   5   48   2   0   1
      ガーナ  1   9   4   1   7  52   0   0   1
後半:試合展開
 46 USA 交代2:フィンドリー(OUT)、ファイルハーバー(IN)
 47 USA SOG:アルティドール→ファイルハーバー左S         ☆GKセーブ
 51 GHA S  :ボアテンク左S                     枠上
 53 GHA S  :ギャン中ミドルS                    枠左
 54 USA    :ドノバン左クロス                    あわず
 58 GHA    :アイェウ右クロス                    DFクリア
 61 USA    :デンプシー右ドリブル、エリア内で倒れる         PK
 61 GHA ▲YC:Jメンサー、デンプシーを倒す           CARD▲Jメンサー 次停
 62 USA SOG:PK:ドノバンS右中               GOAL★USA 1-1 GHA
 67 USA    :アルティドール左                   ☆GKクリア
 68 USA ▲YC:ボカネグラ                    CARD▲ボカネグラ
 73 GHA 交代1:サムペイ(OUT)、アンディ(IN)
 75 GHA S  :右クロス→ギャン中HS                 枠上
 77 USA SOG:ブラッドリー左S                    GKキャッチ
 78 GHA 交代2:ボアテング(OUT)、アッピアー(IN)
 80 USA S  :中フィード→アルティドール中S            ※枠右
 +2 GHA ▲YC:アイェウ                     CARD▲アイェウ
 +4 GHA S  :右CK:アサモア→中HS                枠上
後半:コメント
 アメリカ

   ガーナのファールすれすれのタックルに苦しみながらもPKをゲットして同点に追い付く。終盤は
   長いボールでFWを走らせるシーンでチャンスを作った。さすがに全体的に疲労の色が見え始めて
   いるので、前線にフレッシュな選手を入れてかき回したいところ。
 ガーナ
   長いボールを入れられてアルティドールに走り込まれるシーンが目立った。失点シーンもデンプシー
   のドリブルを止めれずに倒したPKによるもの。特にDFラインに消耗の色が見える。攻撃勢も
   前半に比べるとペースダウンしてキレを失っている。正直セットプレイでもなければゴールは厳しいか。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     アメリカ  1   13   6   2   7   50   3   0   1
      ガーナ  1   14   5   2  14  50   2   0   1
延長:試合展開
  93 GHA SOG:ギャン中ドリブルS                GOAL★USA 1-2 GHA
  96 USA SB :ファイルハーバー中S                  DFブロック(CK)
  98 USA SOG:チェルンドロ右クロス→中HS              枠上
 115 USA SB  ホーンスタイン左ミドルS                DFブロック
 119 USA    :左FK:ドノバン                    GKセーブ
 120 GHA OFF:オフサイド
 123 GHA 交代3:インコーム(OUT)、ムンタリ(IN)
 125 USA    :中フィード                       GKキャッチ
 120 USA SB :右クロス→ゴメス中落→デンプシー中S          DFブロック
  +2 USA S  :右クロス→デンプシー中HS               枠左
延長:コメント
 ガーナ
   開始早々のギャンのシュートでリード、残りの時間、アメリカの猛攻を凌いでベスト8に進出。
   露骨な時間稼ぎと反則すれすれのプレイは賛同できかねるものもあったが、アフリカらしからぬ
   守備組織や前線の選手のスピードを活かした攻撃は勝利に値すると言っていい。次は強敵ウルグアイ
   との対決、劣勢は必至だが頑張って欲しい。
 アメリカ
   運も含めて後1歩、何かが足りなかった印象。さしものアメリカも延長では足が止まっていた。
   どちらが勝ってもおかしくない展開だっただけに残念な結果ではあるが、先制ゴールを許して
   いなければ展開が変わったような気がする。集中力を含めた守備組織のさらなるレベルアップを
   はかる必要があるだろう、真の強豪を目指すためには。
スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     アメリカ  1   13   6   2   7   50   3   0   1
      ガーナ  1   14   5   2  14  50   2   0   1
ベスト8出場停止
  Jメンサー
MOM
  アイェウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-49:B-16:ウルグアイ v 韓国

スタジアム
  ポート・エリザベス・スタジアム  ネルソン・マンデラ・ベイ
  気温:18度  湿度:82%  ピッチ:柔  天候:晴れ
直前オッズ
  URU v KOR 1.83 3.10 5.00
        通過:1.36 3.00
成績
 ウルグアイ
   06/11 20:30 URU 0-0(0-0) FRA
   06/16 20:30 URU 3-0(1-0) RSA
   06/22 16:00 URU 1-0(1-0) MEX
   06/26 16:00 URU v KOR
 韓国
   06/12 13:30 KOR 2-0(1-0) GRE
   06/17 13:30 KOR 1-4(2-1) ARG
   06/22 20:30 KOR 2-2(1-1) NGA
   06/26 URU v KOR
試合結果
  ウルグアイ 2 - 1 韓国  ウルグアイはアメリカ v ガーナの勝者とベスト8で対決
主審
  ウォルフガング・シュタルク(GER)
ラインナップ
 ウルグアイ
            09 スアレス   07 カバーニ

               10 フォルラン  

      11 Aペレイラ    15 ペレス    17 アレパロ

   04 フシレ    03 ゴディン 02 ルガノ(C)*Y  16 Mペレイラ

               01 ムスレラ
  サブ
    05 ガルガーノ  06 ビクトリーノ*Y  08 エグレン    12 カスティージョ 
    13 アブレウ   14 ロデイロ     18 ゴンサレス   19 スコッティ
    20 Aフェルナンデス  21 Sフェルナンデス   22 カセレス   23 シルバ
  監督
    オスカル・タパレス
 韓国
               10 パク・チュヨン

    17 イ・チョンヨン*Y  07 パク・チソン(C)  13 キム・ジェソン

           08 キム・ジョンユ 16 キ・ソンヨン 

  12 イ・ヨンピョ  14 イ・ジョンス  04 チョ・ヨンヒョン  22 チャ・ドゥリ

              18 チョン・ソンリョン
  サブ:
    01 イ・ウンジュ   02 オ・ボムソク     03 キム・ヒョンイル  05 キム・ナミル*Y
    06 キム・ホギョン  09 アン・ジョンファン  11 イ・スンヨル    15 キム・ドンジン
    19 ヨム・ギフン*Y  20 イ・ソングッ     21 キム・ヨンガン   23 カン・ミンス
  監督:
    ホ・ジュンム
前半:試合展開
 05 KOR S  :左FK:パクS                    ☆左ポスト
 06 URU SOG:こぼれ→フォルラン中S                 GKキャッチ
 08 URU SOG:フォルラン左クロス→スアレス右S         GOAL★URU 1-0 KOR
 13 URU S  :アレバロ中ミドルS                   枠上
 19 URU    :フシレ左ドリブル、クロス                枠上
 24 URU SB :ペレイラ右ドリブルS                  DFブロック
 27 KOR    :チャ右クロス                      DFブロック
 27 URU OFF:オフサイド
 32 KOR S  :パク中ミドルS                     枠左
 38 KOR    :チュヨン左クロス                    GKキャッチ
 38 KOR ▲YC:キム・ジョンユ、カバーニにスライディング     CARD▲キム・ジョンユ
 42 KOR S  :チャ右ドリブルS                    枠上
 44 URU SB :ペレイラ中TS                    ※DFブロック
 45 KOR S  :左FK:チュヨンS                   壁
 45 KOR S  :チャ右ミドルS                     枠上
前半:コメント
 ウルグアイ
   開始早々8分にフォルランの絶妙なクロスにスアレスがDFラインの死角から飛び出してシュート。
   これで先制する。その後はカウンターやサイドのドリブルでチャンスを作るものの、決定機は
   作れず。DFに関しては、セットプレイ以外はチャンスを与えていない。今大会無失点の守備力
   の高さを発揮している。このまま守備を固めてのカウンター狙いを続ければ勝利は濃厚か。
 韓国
   セットプレイ以外には決定機は無し。正直、ウルグアイのDFラインの堅さに手を焼いて、ミドル
   シュートを打たされている印象チソンやチュヨンが前線までボールを運んでも、ゴール前への
   クロスをはね返されている。が強い。失点シーンに関してはGKのミスと言う印象。相手が追加点
   を獲る前に、早い時間にどうにかゴールを奪わないと敗退は必至。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    ウルグアイ  1   6   3   0   8   47   0   0   1
       韓国  0   6   1   1   6  53   1   0   0
後半:試合展開
 46 URU 交代1:ゴディン(OUT)、ビクトリーノ(IN)
 48 URU SOG:カット、スアレス中ミドルS               GKキャッチ
 45 KOR S  :イヨンピョ→                      DFブロック(CK)
 51 KOR S  :こぼれ→パクチュヨン中S                枠上
 55 KOR SB :こぼれ→パクチュヨン中S                DFブロック
 58 KOR SOG:チャ右クロス→チソン中HS               GKキャッチ
 60 KOR 交代1:キム・ジェソン(OUT)、イ・ソングッ(IN)
 68 KOR SOG:左FK:こぼれ→イ・チョンヨン左HS       GOAL★URU 1-1 KOR
 69 KOR ▲YC:チャ                       CARD▲チャ
 71 KOR SOG:イ右ドリブルS                     GKキャッチ
 73 URU SOG:スアレス右ドリブルS                 ※GKセーブ(CK)
 74 URU S  :右クロス→スアレス左HS                枠上
 75 URU 交代2:ペレイラ(OUT)、ロデイロ(IN)
 75 URU SOG:フォルラン中ドリブルS                 GKキャッチ
 80 URU    :右CK:フォルラン                   DFクリア(CK)
 80 URU SOG:スアレス左ドリブルS               GOAL★URU 2-1 KOR
 83 URU ▲YC:チョ・ヨンヒョン                 CARD▲チョ・ヨンヒョン
 84 URU 交代3:スアレス(OUT)、Aフェルナンデス(IN)
 85 KOR 交代2:キ・ソンヨン(OUT)、ヨム・ギフン(IN)
 87 KOR SOG:イ・ドング右S                    ☆GKセーブ
 +1 URU    :フェルナンデス右クロス                 GKキャッチ
後半:コメント
 ウルグアイ
   後半に入って若干受け身に入ったせいか、韓国に同点弾を許すが、そこでペースアップしてゴール
   を奪うのが南米のチームらしい。体格は小さいがフィジカルはすごく強く、荒れたピッチをものとも
   せず、運動量でも韓国には及ばないにしても結構走っていた。1点差の接戦ではあったが、結果として
   順当勝ちだったという印象も感じる。伝統の堅実な守備に、フォルランとスアレスという決定力の
   あるフォワードがいる今回は、非常に強いチームに仕上がっているように見える。
 韓国
   後半に入って優勢に試合を進め、何度もチャンスを作る。そして浮き球に対してイ・チョンヨンが
   飛び込んで同点弾をたたき込んだものの、そこから再びペースアップしたウルグアイを止めることは
   出来なかった。運動量では相手を上回って悪くないサッカーを見せていただけに、決定力のある
   ストライカーの有無が勝負を分けた形となってしまった。ただし、自国開催以外での決勝T進出と
   ウルグアイと互角にやり合った点については、評価したい。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    ウルグアイ  1   14   8   3  12   46   0   0   1
       韓国  0   15   5   3  12  54   3   0   3
次節出場停止(ウルグアイ)
  無し
MOM
  スアレス (my vote:スアレス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/25

[WC2010] MN-48:Gr-H:スイス v ホンジュラス  スタッツ

スタジアム
  フリー・ステート・スタジアム  ブルームフォンテーン
  気温: 6度  湿度:51%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  CHI v ESP 7.00 4.33 1.44
  SUI v HON 1.50 4.00 7.00  
  通過:ESP 1.30 SUI 1.44 CHI 1.53 HON 151.0
  敗退:HON 1.00 CHI 2.37 SUI 2.62 ESP 3.40
試合前H組暫定順位
  CHI[2] 6( 2/ 2) ESP[2] 3( 1/ 2) SUI[2] 3( 0/ 1) HON[2] 0(-3/ 0)
試合結果
  スイス 0-0 ホンジュラス  両チーム敗退
主審
  エクトル・バルダッシ(ARG)
ラインナップ
 ホンジュラス
          11 スアソ     10 パラシオス

    07 ヌニョス                 17 アルバレス

          06 トーマス    08 パラシオス*Y 

  03 フィゲロア  05 ベルナルデス  02 チャベス  16 サビジャン

            18 バジャダレス
  サブ:
    01 カナーレス   04 Jパラシオス  09 パボン      12 ウェルカム  
    13 エスピノサ   14 ガルシア    15 マルティネス   19 トゥルシオス*Y        
    20 ゲバラ(C)   21 イサギーレ*Y  22 エスコベル    23 メンドーサ
  監督
    レイナルド・ルエダ
 スイス
            10 エンフォ      19 デルディヨク

  16 フェルナンデス                     07 バルネッタ

             08 ギョクハン(C)   06 フッゲル    

  17 ツィーグラー*Y  13 グリヒティンク*Y  05 ベルゲン   02 リヒトシュタイナー

                 01 ベナーリオ*Y
  サブ
    03 マニャン   09 フライ    12 ベルフリ    14 バダリーノ 
    15 ヤキン*Y   18 ブニャク   20 シュベグラー  21 レオーニ  
    22 エッギマン  23 シャキリ
  監督
    オットマー・ヒッツフェルト
  欠場
   04 センデロス  11 べーラミ(出場停止)
前半:イベント
 04 HON ▲YC:トーマス                     CARD▲トーマス
 34 SUI ▲YC:フェルナンデス                  CARD▲フェルナンデス

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
      スイス  0   4   1   2   9   60   1   0   0
   ホンジュラス  0   2   0   0   8  40   1   0   4
後半:イベント
 46 SUI 交代1:フェルナンデス(OUT)、ヤキン(IN)
 58 HON ▲YC:スアソ                      CARD▲スアソ
 64 HON ▲YC:チャベス                     CARD▲チャベス
 67 HON 交代1:ヌニョス(OUT)、マルチネス(IN)
 69 SUI 交代2:エンフォ(OUT)、フライ(IN)
 78 SUI 交代3:フッゲル(OUT)、シャキリ(IN)
 78 HON 交代2:パラシオス(OUT)、ウェルカム(IN)
 87 HON 交代3:スアソ(OUT)、トゥルシオス(IN)

 89 HON ▲YC:Wパラシオス                   CARD▲パラシオス

後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
      スイス  0   17   5   5   9   57   1   0   2
   ホンジュラス  0   8   2   3   8  43   3   0   9

H組順位
  ESP 6( 2/ 4) CHI 6( 1/ 3) SUI 4( 0/ 1) HON 1(-3/ 0)
MOM
  バジャダレス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-47:Gr-H:チリ v スペイン

スタジアム
  ロフタス・バースフェルド・スタジアム  プレトリア
  気温:13度  湿度:29%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  CHI v ESP 7.00 4.33 1.44
  SUI v HON 1.50 4.00 7.00  
  通過:ESP 1.30 SUI 1.44 CHI 1.53 HON 151.0
  敗退:HON 1.00 CHI 2.37 SUI 2.62 ESP 3.40
試合前H組暫定順位
  CHI[2] 6( 2/ 2) ESP[2] 3( 1/ 2) SUI[2] 3( 0/ 1) HON[2] 0(-3/ 0)
試合結果
  チリ 1 - 2 スペイン  スペイン1位、チリ2位で決勝T進出
主審
  マルコ・ロドリゲス(MEX)
ラインナップ
 チリ
    15 ボーセジュール   10 バルディビア*Y  07 サンチェス

      11 ゴンサレス  13 エストラーダ  08 ビダル

   18 ハラ    03 ポンセ*Y  17 メデル*Y   04 イスラ 

             01 ブラボ
  サブ
    02 フエンテス  05 コントレーラス  09 スアソ*Y   12 ピント
    16 オレジャナ  19 フィエーロ    20 ミジャール  21 テージョ
    22 バレデス   23 マリン     
  監督
    マルセロ・ビエルサ
  欠場
    06 カルモナ(出場停止)  14 Mフェルナンデス(出場停止)
 スペイン
      07 ビジャ  09 トーレス   06 イニエスタ

              08 シャビ

          14 アロンソ  16 ブスケシュ

  11 カプデビラ  03 ピケ    05 プジョル  15 Sラモス

           01 カシージャス
  サブ
    02 アルビオル  04 マルチェナ  10 セスク   12 バルデス
    13 マタ     17 アルベロア  18 ペドロ   19 ジョレンテ
    20 マルティネス 21 シルバ    22 ナバス   23 レイナ
  監督
    ビセンテ・デルボスケ
前半:試合展開
 00  H組順位:CHI 7( 2/ 2) ESP 4( 1/ 2) SUI 4( 0/ 1) HON 1(-3/ 0)
 03 CHI    :みエストラーダ中フィード                 GKキャッチ
 04 ESP S  :中FK:シャビ→トーレス右HS             枠上
 05 ESP S  :カプデビラ左フィード→トーレス中S           DFブロック(CK)
 10 CHI S  :ボーセジュール右クロス→ゴンサレス中S         枠上
 12 CHI SOG:エストラーダ中ミドルS                 GKキャッチ
 15 CHI ▲YC:メデル                      CARD▲メデル 次停
 19 CHI ▲YC:ポンセ                      CARD▲ポンセ 次節
 21 CHI ▲YC:エストラーダ                   CARD▲エストラーダ

 23 ESP    :ビジャ左クロス                     GKキャッチ
 24 ESP SOG:GK飛び出し→ビジャ左ロングS          GOAL★CHI 0-1 ESP
 24  H組順位:ESP 6( 2/ 3) CHI 6( 1/ 2) SUI 4( 0/ 1) HON 1(-3/ 0)
 28 ESP S  :中FK:ビジャS                    枠上
 29 CHI SB :サンチェス中ミドルS                  DFブロック
 33 ESP SB :イスラ中ミドルS                    DFブロック
 34 ESP S  :左CK:シャビ→ピケ中HS               枠上
 34 CHI S  :ボーセジュール左ドリブルS              ※DFブロック(CK)
 36 ESP    :トーレス右ドリブル、エリア内で倒れる          笛無し
 37 ESP SOG:ビジャ左クロス→イニエスタ中S          GOAL★CHI 0-2 ESP
 37  H組順位:ESP 6( 3/ 4) CHI 6( 0/ 2) SUI 4( 0/ 1) HON 1(-3/ 0)
 37 ESP ▲YC:エストラーダ、トーレスを倒す           退場▼エストラーダ
前半:コメント
 スペイン
   積極的に来たチリに序盤は攻撃を許したものの、その後はスペインのいつものサッカーを
   出来るようになり、24分に相手GKのミスをビジャがゴールへ押し込んで先制。その後、
   ビジャのクロスを受けたイニエスタが右サイドにゴールを決めて試合の行方をほぼ決めた。
   このまま、カードを受けたりすることなくうまくゲームを終わらせて、1位通過でブラジル
   の逆サイドに入りたいところ。
 チリ
   激しいプレスをかけるのが持ち味だが、前半でカード4枚、退場まで出して、墓穴を掘った
   印象。プレスもスペインのパス回しの前にうまくかからず、スライディングが相手を削る
   シーンも多く、なかなかうまくいってない印象。攻撃に出たいのはやまやまだが、カウンター
   を狙われてピンチを迎えるシーンが多かった。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
       チリ  0   7   3   3  15   48   3   1   0
     スペイン  2   7   2   2   7  52   0   0   0
後半:試合展開
 46 CHI 交代1:バルビディア(OUT)、パレデス(IN)
 46 CHI 交代2:ゴンサレス(OUT)、ミジャール (IN)

 47 ESP SOG:ミジャール中S→DFR              GOAL★CHI 1-2 ESP
 47  H組順位:ESP 6( 2/ 4) CHI 6( 1/ 3) SUI 4( 0/ 1) HON 1(-3/ 0)
 52 ESP SOG:ビジャ左S                       GKキャッチ
 55 ESP 交代1:トーレス(OUT)、セスク(IN)
 58 CHI    :サンチェス右クロス                   あわず
 60 ESP    :セスク右→ビジャ                    T出来ず
 62 ESP    :セスク→ビジャ                     Tミス
 65 CHI 交代3:サンチェス(OUT)、オレジャーナ(IN)
 69 ESP OFF:ビジャ:                        オフサイド
 73 ESP    :セスク左→シャビ                    あわず
 73 ESP 交代2:アロンソ(OUT)、マルティネス(IN)
 75 ESP    :マルティネス右クロス                  GKキャッチ
 76 ESP S  :イニ中ミドルS                     枠上
 77 CHI    :オレジャナ右クロス                   枠上
 80 CHI OFF:パレデス                        オフサイド
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
       チリ  0   9   4   3  21   42   3   0   3
     スペイン  2   9   3   4  13  58   0   1   1
後半:コメント
 スペイン
   1点を失ったのは誤算だが、その後は一人少ない相手にボールをうまく回して1点差で逃げ切った。
   試合内容について不満を言う人も多いが、決勝トーナメント進出と言う結果を得たことでよしと
   すべきだろう。後半はシュート2本、枠内シュート1本では追加点無しというのも当然。
 チリ
   後半開始早々にミジャールのシュートがDFに当たってコースがかわりゴール。その後は、他会場
   の展開を踏まえて、うまく試合を終わらせた印象。退場で一人少ないことを考えると、悪くない
   結果と言えるだろう。若さによる勢いで相手に攻め勝って来たが、この日に関しては若さが空回り
   をしていた印象。ただ、負けたにも関わらず決勝Tに進出出来たことでよしとすべきだろう。
H組順位
  ESP 6( 2/ 4) CHI 6( 1/ 3) SUI 4( 0/ 1) HON 1(-3/ 0)
MOM
  イニエスタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-46:Gr-G:北朝鮮 v コートジボアール

スタジアム
  ムボンメラ・スタジアム  ネルスプロイト
  気温:22度  ピッチ:26%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  PRK v CIV 8.50 5.00 1.33
  POR v BRA 3.60 3.00 2.20
試合前G組暫定順位
  BRA[2] 6( 4/ 5) POR[2] 4( 7/ 7) CIV[2] 1(-2/ 1) PRK[2] 0(-9/ 0)
試合結果
  北朝鮮 0 - 3 コートジボアール  両チーム敗退
ラインナップ
 北朝鮮
                  09 チョン・テセ

                  04 パク・ナムチョル

           10 ホン・ヨンジョ*Y 17 アン・ヨンハ   11 ムン・イング

05 リ・グァンチョン  08 チ・ヨンナム   03 リ・ジュンイル  13 パク・チョルジン 02 チャ・ジョンヒョク

                01 リ・ミョング
  サブ
    06 キム  12 チェ  14 パク  16 ナム  18 キム
    19 リ   21 リ   15 キム  07 アン  20 キム
    22 キム  23 パク
  監督
    キム・ジョンフン
 コートジボアール
            11 ドログバ(C)

  10 ジェルビーニョ 09 ティオテ  13 ロマリッチ 18 ケイタ

           19 Yトゥーレ

  03 ボカ  05 ゾコラ  04 Kトゥーレ  21 エブエ

            01 バリー
   サブ
     02 アンゴア  06 ゴブリ  07 ドゥンビア 08 カルー   12 ゴッソ 
     14 コネ   15 ディンダン 16 ゾグボ   17 ティエネ   22 バンバ
      23 イェボア 
   監督
     スベン・ゴラン・エリクソン
   負傷
     20 デメル
前半:イベント
 15 CIV SOG:ヤヤS                      GOAL★PRK 0-1 CIV
 20 CIV SOG:ロマリッチ                    GOAL★PRK 0-2 CIV

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
      北朝鮮  0   2   0   0   5   35   0   0   1
 コートジボアール  2   14   10   4   7  65   0   0   1
後半:イベント
 64 CIV 交代1:ケイタ(OUT)、カルー(IN)
 64 CIV 交代2:ジェルビーニョ(OUT)、ディンダン(IN)
 67 PRK 交代1:ムン・イング(OUT)、チェ(IN)
 79 CIV 交代3:ロマリッチ(OUT)、ドゥンビア(IN)

 82 CIV SOG:カルーS                      GOAL★PRK 0-3 CIV
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
      北朝鮮  0   8   4   0  13   40   0   0   2
 コートジボアール  3   28   15   7  16  60   0   0   4
G組順位
  BRA 7( 3/ 5) POR 5( 7/ 7) CIV 4( 1/ 3) PRK 0(-11/ 1)
MOM
  ドログバ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/24

[WC2010] MN-42:Gr-F:パラグアイ v ニュージーランド スタッツ

スタジアム
  ピーター・モカバ・スタジアム
  気温:16度  湿度:51%  ピッチ:乾燥  天候:やや曇り
直前オッズ
  PAR v NZL 1.40 4.33 8.50
  SLO v ITA 7.00 3.75 1.53
  通過:PAR 1.05 ITA 1.20 SLO 6.00 NZL 6.50
  敗退:NZL 1.10 SLO 1.11 ITA 4.33 PAR 9.00
試合前F組暫定順位
  PAR[2] 4( 2/ 3) ITA[2] 2( 0/ 2) NZL[2] 2( 0/ 2) SVK[2] 1(-2/ 1)
試合結果
  パラグアイ 0 - 0 ニュージーランド  パラグアイが1位で決勝T進出
主審
  西川 雄一
ラインナップ
 パラグアイ
    18 バルデス  09 サンタクルス  07 カルドソ

    16 リベーロス  15 カセレス*Y  13 ベラ*Y

  03 モレル   14 ダシルバ  05 カセレス 04 カニサ

           01 ビジャール(C)
  サブ
    02 ベロン    06 ボネット  08 Eバレート  10 ベニテス 
    11 サンタナ   12 バレート  17 トーレス   19 バリオス
    20 オルティゴサ 21 アルカラス 22 ボバディージャ  23 ガマラ
  監督
    ヘラルド・マルティーノ
 ニュージーランド
     10 キレン    09 スメルツ   14 ファロン*Y

  03 ロクヘッド*Y  05 ビセリッチ 07 エリオット  11 バートス

      19 スミス*Y  06 ネルセン(C)*Y  04 リード*Y

             01 パストン
  サブ
    02 シグムンド*Y  08 ブラウン  12 モス    13 バロン  15 マグリンシー
    16 クラファム   17 マリガン  18 ボーエンス 20 ウッド  21 クリスティ  
    22 ブロッキー   23 バナタイン
  監督
    リッキー・ハーバート
前半:イベント
 10 PAR ▲YC:カセレス                     CARD▲カセレス
 41 PAR ▲YC:サンタクルス                   CARDサンタクルス

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    パラグアイ  0   7   1   0   7   56   2   0   0
 ニュージーランド  0   1   0   0   9  44   0   0   0
後半:イベント
 56 NZL ▲YC:ネルソン                     CARD▲ネルソン
 66 PAR 交代1:カルドソ(OUT)、ルーカス(IN)
 67 PAR 交代2:バルデス(OUT)、ベニテス(IN)
 69 NZL 交代1:ファロン(OUT)、ウッド(IN)
 79 NZL 交代2:キレン(OUT)、ブロッキー(IN)

後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    パラグアイ  0   7   1   0   7   56   2   0   0
 ニュージーランド  0   1   0   0   9  44   0   0   0
F組順位
  PAR 5( 2/ 3) SVK 4(-1/ 4)  NZL 3( 0/ 2) ITA 2(-1/ 4)
MOM
  サンタクルス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-41:Gr-F:スロバキア v イタリア

スタジアム
  エリス・パーク・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:17度  湿度:18%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  PAR v NZL 1.40 4.33 8.50
  SVK v ITA 7.00 3.75 1.53
  通過:PAR 1.05 ITA 1.20 SVK 6.00 NZL 6.50
  敗退:NZL 1.10 SVK 1.11 ITA 4.33 PAR 9.00
F組暫定順位
  PAR[2] 4( 2/ 3) ITA[2] 2( 0/ 2) NZL[2] 2( 0/ 2) SVK[2] 1(-2/ 1)
試合結果
  スロベニア 3 - 2 イタリア  スロバキア2位通過
主審
  ハワード・ウェブ
ラインナップ
 スロバキア
          18 イェンドリシェク    

     15 ストフ  11 ビッチク   17 ハムシク(C)

       19 クチュカ  06 シュトルバ*Y

  05 ザバフニク  16 ドゥリツァ*Y  03 シュクルテル  02 ペカリク

              01 ムハ
  サブ
    04 チェフ   07 バイス*Y  08 コザク  09 シュスタク*Y  10 サパラ
    12 ペルニス  13 ホロスコ  14 ヤクブコ 20 コプネク   21 サラタ
    22 ペトラシュ  23 クチャク
  監督
    ウラジミール・バイス
 イタリア
  10 ディナターレ   09 イアクィンタ      07 ペペ

      22 モントリーボ     08 ガットゥーゾ

            06 デロッシ

  03 クリシート  04 キエリーニ  05 カンナバーロ  19 ザンブロッタ

            12 マルケッティ
  サブ
   01 ブッフォン   02 マッジョ   11 ジラルディーノ  13 ボッケッティ
   14 デサンクティス 15 マルキ-ジオ 16 カモラネージ*Y  17 バロンボ
   18 クアリラレッラ 20 パッツィーニ 21 ピルロ     23 ボヌッチ   
  監督
    マルチェロ・リッピ
前半:試合展開
 00 F組順位 :PAR 5( 2/ 3) ITA 3( 0/ 2) NZL 3( 0/ 2) SVK 2(-2/ 1)
 01 ITA S  :ディナターレ中ミドルS                 枠上
 04 ITA S  :イアキンタ左S                     枠左
 06 SVK S  :ハムシク中BS                     枠右
 10 ITA    :左FK:ディナターレ→イアキンタ            ファール
 13 SVK S  :ザバフニク中ミドルS                  枠上
 15 SVK    :ストフ左ドリブル、クロス                GKキャッチ
 17 SVK ▲YC:シュトルバ                    CARD▲シュトルバ
 19 ITA    :ペペ右クロス                      GKキャッチ
 22 SVK    :右CK:                        あわず
 24 SVK    :シュクルテル中ドリブル                 DFクリア
 25 SVK SOG:ビッチク中S                   GOAL★SVK 1-0 ITA
 25 F組順位 :PAR 5( 2/ 3) SVK 4(-1/ 2)  NZL 3( 0/ 2) ITA 2(-1/ 2)
 30 ITA ▲YC:カンナバーロ、オブストラクション         CARD▲カンナ
 35 SVK SOG:シュトルバ中ミドルS                 ☆GKセーブ(CK)
 40 SVK ▲YC:ビッテク                     CARD▲ビッテク
 41 ITA    :右クロス                        DFクリア(CK)
 45 SVK    :シュトルバ、負傷→治療後復帰
 +3 SVK S  :クチュカ中ミドルS                  ※枠右
 +3 ITA S  :モントリーボ中S                    枠右
前半:コメント
 スロバキア

   25分にビッチクのシュートで先制、その後も何度か決定的なシュートを放った。ポゼッション
   でイタリアを上回り、内容でも上回っていたと言える。イタリアのプレスをうまくかいくぐり、
   エリア内にはなかなか入れないがうまくミドルシュートを放っている。セットプレイやクロスでも
   チャンスを作っており、得点が1点しか取れなかったのが心残りか。
 イタリア
   デロッシのパスミスから相手に先制を許し、中盤やサイドでもスロバキアに先制を許し、サイドでも
   劣勢に立った。シュートは6本放ったが決定機は無し。攻撃でもほとんど相手のエリア内に侵入する
   事が出来ず、いいところが全く無かった。後半早々、攻撃的な交代で流れを変えないと勝機が
   見えない。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    スロバキア  1   5   2   3  13   55   2   0   0
     イタリア  0   6   1   2  12  45   1   0   1
後半:試合展開
 46 ITA 交代1:ガットゥーゾ(OUT)、クアリラレッラ(IN)
 46 ITA 交代2:クリシート(OUT)、マッジオ(IN)

 49 SVK OFF:
 50 ITA S  :ペペ右クロス→イアキンタ中HS             枠上
 56 ITA S  :マッジオ中→ディナターレ右S              枠右
 56 ITA 交代3:モントリーボ(OUT)、ピルロ(IN)
 59 ITA    :クアリラレッラ左クロス                 GKキャッチ
 62 ITA SOG:ディナターレ中S                   ※GKセーブ
 63 SVK S  :クチュカ中S                      枠右
 65 ITA OFF:オフサイド
 66 ITA    :ペペ右クロス                      DFクリア(CK)
 67 ITA SOG:クアリラレッラ左S                  ☆GKセーブ
 67 ITA ▲YC:キエリーニ                    CARD▲キエリーニ
 69 ITA S  :C→ストフ中ドリブルS                 枠右
 73 SVK    :ストフ左→ハムシク                   DFクリア(CK)
 73 SVK SOG:ハムシク→ビッテク中S              GOAL★SVK 2-0 ITA
 73 F組順位 :PAR 5( 2/ 3) SVK 4( 0/ 3)  NZL 3( 0/ 2) ITA 2(-2/ 2)
 76 ITA ▲YC:ペペ                       CARD▲ペペ
 79 ITA OFF;ディナターレ                      オフサイド
 81 ITA SOG:クアリラレッラS                   ☆GKセーブ
 81 ITA SOG:ディナターレS                  GOAL★SVK 2-1 ITA
 81 F組順位 :PAR 5( 2/ 3) SVK 4(-1/ 3)  NZL 3( 0/ 2) ITA 2(-1/ 3)
 82 SVK ▲YC:ムハ                       CARD▲ムハ
 82 ITA ▲YC:クアリラレッラ                  CARD▲クアリラレッラ

 85 ITA OFF:ディナターレ左→クアリラレッラ             オフサイド
 86 SVK 交代1:シュトルバ(OUT)、コプネク(IN)
 89 SVK SOG:右スロー→コプネクS               GOAL★SVK 3-1 ITA
 89 F組順位 :PAR 5( 2/ 3) SVK 4( 0/ 4)  NZL 3( 0/ 2) ITA 2(-2/ 3)
 +2 ITA SOG:クアリラレッラ中ミドルS             GOAL★SVK 3-2 ITA
 +2 F組順位 :PAR 5( 2/ 3) SVK 4(-1/ 4)  NZL 3( 0/ 2) ITA 2(-1/ 4)
 +3 SVK 交代2:ビッテク(OUT)、シェスターク(IN)
 +4 SVK 交代3:イェンドリシェク(OUT)、ペトラーシュ(IN)

 +5 ITA S  :キエリーニ右スロー→                  DFクリア(CK)
後半:コメント
 イタリア
   80分の間はほとんどゴールの予感が感じられなかったが、ディナターレがゴールを奪ってから
   突然目が覚めたかのような猛攻を見せ始めた。クアリラレッラのシュートがオフサイドで
   無ければ追いつけていたところだが、そんなには甘くなかったと言うのが正直なところ。
   前半からもっと積極的な攻めを見せられなかったことが悔やまれる結果になってしまったと
   言える。ピルロ、ブッフォンと最後まで負傷者に悩まされたのも監督には計算外だったろう。
 スロバキア
   後半に入っても優位に試合を進めてだめ押しとも思えるゴールを奪ったが、イタリアにゴール
   を許してから突然崩れ始める。乱戦になって、それでも1点差でどうにか逃げ切るが、これが
   サッカーの怖いところであり、面白いところでもある。今日のような試合が出来れば、オランダ
   相手でも十分いい試合が出来るはず。後は、GKにはもう少し冷静なプレイを見せて欲しい。
後半:スタッツ

           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    スロバキア  3   10   4   6  20   51   4   0   1
     イタリア  2   16   6   3  17  49   4   0   3
F組順位
  PAR 5( 2/ 3) SVK 4(-1/ 4)  NZL 3( 0/ 2) ITA 2(-1/ 4)
MOM

  ビッテク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームに死闘した(BlogPet)

Nagaと、カバーするはずだったの。
それでNagaで展開したかったみたい。
でも、Nagaで終了するはずだった。
でも、Nagaと対決したいです。
だけど、キャッチしなかったよ。
だけど、ゲームに死闘した?

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/23

[WC2010] MN-40:Gr-D:オーストラリア v セルビア スタッツ

スタジアム
  ムボンメラ・スタジアム  ネルスプロイト
  気温:15度  湿度:42%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  GHA v GER 7.00 4.00 1.50
  AUS v SRV 4.00 3.50 1.91
  通過:GER 1.22 SRV 1.50 GHA 1.73 AUS 17.00
  敗退:AUS 1.01 GHA 2.00 SRV 2.50 GER 4.00
試合前D組暫定順位
  GHA[2] 4( 1/ 2) GER[2] 3( 3 / 4) SRV[2] 3( 0/ 1) AUS[2] 1( -4/ 1)
試合結果
  オーストラリア 2 - 1 セルビア  両チーム敗退
主審
  ホルヘ・バリオンダ(URU)
ラインナップ
 オーストラリア
             09 ケネディ

   23 ブレシャーノ   04 ケーヒル   07 エマートン

          05 クリナ  16 バレリ

   21 カーニー  Y  02 ニール*Y  06 ボージャン  08 ウィルシャー

           01 シュウォーツァー
  サブ: 
    11 チッパーフィールド  12 フェデリチ  14 ホルマン  15 ジュディナク
    17 ルカビツヤ      18 ガレコビッチ 20 ミリガン  19 ガルシア
    22 ビドシッチ 
  監督
    ピム・ファーベック
  欠場
    13 グレッラ(負傷)  10 キューエル(出場停止)  03 ムーア(出場停止)
 セルビア
               15 ジギッチ*Y   

  14 ヨバノビッチ  22 クズマノビッチ*Y  18 ニンコビッチ   17 クラシッチ

               10 スタンコビッチ(C) 

  16 オブラドビッチ  13 ルコビッチ  05 ビディッチ*Y   06 イバノビッチ

               01 ストイコビッチ
  サブ:
    02 ルカビナ    03 コラロフ*Y  04 カチャル  07 トシッチ  08 ラゾビッチ 
    09 パンテリッチ  11 ミリヤシュ  12 イサイロビッチ  19 ペトロビッチ 
    20 スボティッチ*Y 21 ムルジャ   23 ジュリチッチ 
  監督:
    ラドミール・アンティッチ
前半:イベント
 18 SRB ▲YC:ルコビッチ                    CARD▲ルコビッチ
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
  オーストラリア  0   5   1   3  10   44   0   0   0
     セルビア  0   8   3   2   5  56   1   0   3
後半:イベント
 49 AUS ▲YC:ボージャン                    CARD▲ボージャン
 50 AUS ▲YC:ウィルシャー                   CARD▲ウィルシャー
 59 SRV ▲YC:ニンコビッチ                   CARD▲ニンコビッチ

 62 SRV 交代1:クラシッチ(OUT)、トシッチ(IN)
 66 AUS 交代1:ブレシアーノ(OUT)、チッパーフィールド(IN)

 67 AUS ▲YC:エマートン                    CARD▲エマートン
 67 SRV 交代2:ジギッチ(OUT)、パンテリッチ(IN)
 69 AUS SOG:ケーヒルS                    GOAL★AUS 1-0 SRV
 73 AUS SOG:ホルマンS                    GOAL★AUS 2-0 SRV
 77 SRV 交代3:クズマノビッチ(OUT)、ラゾビッチ(IN)       
 82 AUS 交代2:ウィルシャー(OUT)、ガルシア(IN)

 84 SRV SOG:パンテリッチS                  GOAL★AUS 2-1 SRV

後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
  オーストラリア  2   17   7   5  25   46   3   0   1
     セルビア  1   23   6   6  10  54   2   0   7
D組順位
  GER 6( 4 / 5) GHA 4( 0/ 2) AUS 4( -3/ 3) SRV 3(-1/ 2)
MOM

  ケーヒル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-39:Gr-D:ガーナ v ドイツ

スタジアム
  サッカー・シティ・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:11度  湿度:21%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  GHA v GER 7.00 4.00 1.50
  AUS v SRV 4.00 3.50 1.91
  通過:GER 1.22 SRV 1.50 GHA 1.73 AUS 17.00
  敗退:AUS 1.01 GHA 2.00 SRV 2.50 GER 4.00
D組暫定順位
  GHA[2] 4( 1/ 2) GER[2] 3( 3 / 4) SRV[2] 3( 0/ 1) AUS[2] 1( -4/ 1)
試合結果
  ガーナ 0 - 1 ドイツ ドイツ1位、ガーナ2位で決勝T進出
主審
  カルロス・シモン(BRA)
ラインナップ
 ガーナ
            03 ギャン

    13 アイェウ   21 アサモア   12 タゴエ*Y

         23 Kボアテンク  06 アナン*Y

  02 サルベイ  05 メンサー  08 メンサー*Y  04 パントシル

            22 キングソン
  サブ:
    01 アギェイ   07 インコーム  09 ボアテンク  10 アッピアー 
    11 ムンタリ   14 アモアー   16 アホール   17 アイェウ  
    18 アディアー  19 アディ*Y   20 アベイエ
  監督:
    ミロバン・ライェバッツ
  欠場
    15 ボルサー(負傷)
 ドイツ
              19 カカウ*Y

      10 ポドルスキ   08 エジル*Y   13 ミュラー

      07 シュバインシュタイガー*Y  06 ケディラ*Y

  20 ボアテング   03 フリードリッヒ    17 メルテザッカー  16ラーム(C)*Y

                01 ノイアー
  サブ:
    02 ヤンセン  04 アオゴ      05 タスキ    09 キースリンク
    12 ヴィーゼ  14 バドシュトゥバー 15 トロホウスキ 18 クロース     
    21 マリン   22 ブット      23 ゴメス
  監督
    ヨアヒム・レーブ
  欠場
    クローゼ(出場停止)
前半:試合展開
 00 GHA 5( 1/ 2) GER 4( 3 / 4) SRV 4( 0/ 1) AUS 2( -4/ 1)
 01 GHA S  :アイェウ中ミドルS                   枠左
 03 GER SOG:カカウ右ドリブルS                   GKキャッチ
 04 GER OFF:カカウ→ケディラ                    オフサイド
 06 GER    :ボアテンク→ギャン                   GKキャッチ
 07 GER S  :ポドルスキ中ミドルS                  枠左
 10 GER    :ポドルスキ左クロス→DFR              ※GKセーブ
 14 GHA SB :アイェウ左クロス→ギャン中S             ※DFブロック
 15 GER    :ミュラー右クロス→ポドルスキ中S            あわず
 19 GER    :エジル左クロス→ミュラー                あわず
 21 GER    :ラーム右ドリブル                    DFクリア(CK)
 24 GER    :カカウ右S                       枠上
 24 GHA    :アサモア→アイェウ                  ※GKキャッチ
 25 GER SOG:カカウ→エジウ右ドリブルS              ☆GKセーブ
 26 GHA SOG:右CK:→ギャン右HS                ☆DFクリア
 29 GHA    :ギャン右クロス                     GKキャッチ
 30 GER SOG:ケディラ→カカウ中S                  GKキャッチ
 33 GHA S  :アイェウ右クロス→Kボアテンク中HS          枠右
 36 GER    :エジル左クロス                     DFクリア(CK)
 36 GER S  :左CK:エジル→ケディラ中HS             枠上
 40 GHA ▲YC:アイェウ                     CARD▲アイェウ
 41 GER    :左FK:シュバ                    ※GKセーブ
 44 GER ▲YC:ミュラー                     CARD▲ミュラー
 +1 GHA S  :アイェウ右クロス→タゴエ中HS             枠上
前半:コメント
 ドイツ
   ボールを持っている時間は長いのだが、シュート数は5本と決して多くはない。むしろ、攻め急いで
   ボールを失いガーナのカウンターを食らうシーンが目立つ。エジルやミュラーと、カカウ、ポドルスキ
   のコンビネーションが今ひとつ。シュバのFKやエジルのシュートなど、1点決まっていれば一気に
   勢いが付いていた可能性もあったのだが。現時点では辛くも2位をキープしているが、リードを奪って
   決勝T進出を決めたいはず。
 ガーナ
   キックオフ直後こそ猛攻をかけたが、その後はドイツの攻撃を受けてのカウンターでチャンスを作った。
   アイェウとギャンのコンビの攻撃で決定機はドイツよりも多く作った印象。引き分けでもOKという状況
   がドイツよりも余裕をもった試合運びを可能にしている。現時点ではカウンターをちらつかせてドイツを
   牽制しているが、これが防戦一方になると厳しくなるはず。ドイツが攻め疲れるのが先か、守り切れずに
   失点するのが先か、しびれる展開ではある。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
      ガーナ  0   8   1   1   5   45   1   0   1
      ドイツ  0   7   4   5   3  55   1   0   1
後半:試合展開
 46 GER S  :ポドルスキ左S                     枠上
 49 GRR    :左CK:シュバ                     DFクリア
 51 GHA SOG:中フィード→アサモア1対1S             ☆GKセーブ
 55 GHA SOG:ギャン中S                       GKキャッチ
 60 GER SOG:エジル中ミドルS                 GOAL★GHA 0-1 GER
 60 D組順位 :GER 6( 4 / 5) GHA 4( 0/ 2) SRV 4( 0/ 1) AUS 2( -4/ 1)
 64 GHA 交代1:タゴエ(OUT)、ムンタリ(IN)
 66 GHA SB :アサモア→ギャン中S                 ※DFブロック
 67 GER 交代1:ミラー(OUT)、トロホウスキ(IN)
 69 AUS SOG:ケイヒルS                    GOAL★AUS 1-0 SRV
 69 D組順位 :GER 6( 4 / 5) GHA 4( 0/ 2) AUS 4( -3/ 2) SRV 3(-1/ 1) 

 70 GER SOG:カカウ中ミドルS                    GKキャッチ
 72 GER 交代2:ボアテング(OUT)、ヤンゼン(IN)
 73 AUS SOG:ホルマンS                    GOAL★AUS 2-0 SRV
 73 D組順位 :GER 6( 4 / 5) GHA 4( 0/ 2) AUS 4( -2/ 3) SRV 3(-2/ 1) 

 74 GER    :エジル右→カカウ                    DFクリア
 79 GHA SOG:アナン中ミドルS                    GKキャッチ
 81 GER 交代3:シュバ(OUT)、クロース(IN)
 82 GHA 交代2:ギャン(OUT)、アモア(IN)

 84 SRV SOG:パンテリッチS                  GOAL★AUS 2-1 SRV
 84 D組順位 :GER 6( 4 / 5) GHA 4( 0/ 2) AUS 4( -3/ 3) SRV 3(-1/ 2) 

 87 GHA S  :ムンタリ中ミドルS                   枠上
 +2 GHA 交代3:アイェウ(OUT)、アディアー(IN)
後半:試合展開
 ドイツ
   セルビアにこそ不覚をとったものの、エジルのシュートで決勝T進出を決めた。攻撃のキープレイヤー
   として期待されるエジルがしっかりと決めた。ただ、ゴールが決まるまでの攻め急ぎはドイツらしく
   なく、そのあたりに若さが出た印象がある。これでイングランドとベスト8を賭けて戦うことになるが、
   ここで強敵を倒すことで波に乗りたいところである。
 ガーナ
   開始早々アサモアが1対1でシュートを放ってチャンスを作ったものの、ドイツに先制されてからは
   効果的な攻撃を繰り出すことが出来なかった。最も、オーストラリアの2点リードという状況もあって
   大量失点をしない展開に終始した感もある。ドイツには勝てなかったがその他のチームからしっかり
   勝ち点を稼いでの決勝T進出はさすがである。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
      ガーナ  0   17   5   4  11   65   1   0   3
      ドイツ  1   13   6   7   5  54   1   0   4
D組順位
  GER 6( 4 / 5) GHA 4( 0/ 2) AUS 4( -3/ 3) SRV 3(-1/ 2)
MOM
  エジル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-38:Gr-C:アメリカ v アルジェリア スタッツ

スタジアム
  ロフタス・バーフィールド・スタジアム  プレトリア
  気温:19度  湿度:26%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  SVN v ENG 8.00 4.00 1.44
  USA v ALG 1.83 3.50 4.33
  通過:ENG 1.44 USA 1.53 SVN 1.67 ALG 4.50
  敗退:ALG 1.17 SVN 2.10 USA 2.37 ENG 2.62
試合前C組暫定順位
  SVN[2] 4( 1/ 3) USA[2] 2( 0/ 3) ENG[2] 2( 0/ 1) ALG[2] 1(-1/ 0)
試合結果
  アメリカ 1 - 0 アルジェリア  アメリカ1位通過
主審
  フランク・デ・ブリーゲル(BEL)
ラインナップ
 アメリカ
      17 アルティドール    09 ゴメス

  10 ドノバン    19 エドゥ   04 ブラッドリー  08 デンプシー 

  06 チェルンドロ*Y 03 ボカネグラ 15 デメリット*Y  12 ホーンスタイン

               01 ハワード
  サブ
    02 スペクター  05 オニュウ  07 ビーズリー  11 ホールデン  14 バドル
    13 クラーク   16 トーレス  18 グザン    21 グッドソン
    22 ファイルハーバー  23 ハーネマン
  監督
    ボブ・ブラッドリー
  欠場
    20 フィンドリー(出場停止)
 アルジェリア  
          11 ジェブール

        15 ジアニ  13 マトムール 

  03 ベラジ  08 ラセン*Y 19 イェブタ*Y  21 カディル

      04 ヤヒア(C) 05 ハリシェ  02 フゲア

           23 エムボリ
  サブ:
   01 カヴアウィ  06 マンスーリ  07 ブドゥブ  09 ケザル     10 サイファ
   12 ベライド   14 ライファウィ 16 シャウシ  17 グエディウラ  18 メジャニ 
   20 メスバフ   22 アブドゥン 
  監督
    ラバー・サーダン
前半:イベント
 12 ALG ▲YC:イェブタ                     CARD▲イェブタ
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     アメリカ  0   12   4   1   4   48   0   0   1
   アルジェリア  0   11   2   3  10  52   1   0   1
後半:イベント
 46 USA 交代1:ゴメス(OUT)、ファイルハーバー(IN)
 62 USA ▲YC:アルティドール                  CARD▲アルティドール

 64 USA 交代2:エドゥ(OUT)、バドル(IN)
 65 ALG 交代1:ジェブール(OUT)、ケザル(IN)
 69 ALG 交代2:ジアニ(OUT)、グエディウラ(IN)
 76 ALG ▲YC:ヤヒア                      CARD▲ヤヒア
 80 USA 交代3:ホーンスタイン(OUT)、ビーズリー(IN)
 83 ALG ▲YC:ラセン                      CARD▲ラセン
 85 ALG 交代3:マトムール(OUT)、サイファ(IN)
 90 USA ▲YC:ビーズリー                    CARD▲ビーズリー
 +1 USA SOG:ドノバンS                    GOAL★USA 1-0 ALG
 +3 ALG ▲YC:ヤヒア                      退場▼ヤヒア
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     アメリカ  1   22   10   4  11   52   2   0   1
   アルジェリア  0   19   4   6  21  48   3   1   4
C組順位
  USA 5( 1/ 4) ENG 5( 1/ 2) SVN 4( 0/ 3) ALG 2(-1/ 0)
MOM
  ドノバン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-37:Gr-C:スロベニア v イングランド

スタジアム
  ポート・エリザベス・スタジアム  ネルソン・マンデラ・ベイ
  気温:19度  湿度:55%  ピッチ:柔  天候:晴れ
直前オッズ
  SVN v ENG 8.00 4.00 1.44
  USA v ALG 1.83 3.50 4.33
  通過:ENG 1.44 USA 1.53 SVN 1.67 ALG 4.50
  敗退:ALG 1.17 SVN 2.10 USA 2.37 ENG 2.62
試合前C組暫定順位
  SVN[2] 4( 1/ 3) USA[2] 2( 0/ 3) ENG[2] 2( 0/ 1) ALG[2] 1(-1/ 0)
試合結果
  スロベニア 0 - 1 イングランド  イングランド2位通過
主審
  ウォルフガング・シュタルク(GER)
ラインナップ
 スロベニア
        11 ノバコビッチ  09 リュビヤンキッチ

  17 キルム*Y  08 コレン     18 ラドサブレビッチ*Y 10 ビルサ

  13 ヨキッチ*Y 05 チェサル*Y   04 シュレル*Y     02 ブレツコ

            01 ハンダビッチ
  サブ
    03 ジニッチ  06 イリッチ    12 ハンダノビッチ  14 デディッチ  15 クーリン
    16 セリガ   19 フィレコビッチ 20 コマッチ*Y    21 ステバノビッチ
    22 マブリッチ 23 マタブジュ
  監督
   マチャジュ・ケッチュ
  欠場
    07 ベツニク(欠場)
 イングランド
         10 ルーニー   19 デフォー

  04 ジェラード*Y                16 ミルナー*Y

         08 ランパード  14 バリー

  03 Aコール  06 テリー    15 アップソン   02 ジョーンズ

           01 ジェームズ
  サブ
    12 グリーン    05 ドーソン  07 レノン   09 クラウチ   11 Jコール 
    13 ウォーノック  17 SWP   21 ヘスキー  22 キャリック  23 ハート
  監督
    ファビオ・カペッロ
  欠場
    20 キング(負傷)  18 キャラガー(出場停止)
前半:試合展開
 00 C組順位 :SVN 5( 1/ 3) USA 3( 0/ 3) ENG 3( 0/ 1) ALG 2(-1/ 0)
 03 ENG    :ミルナー右クロス                    DFクリア
 07 SVN SOG:ビルサ中ドリブルS                   GKキャッチ
 10 ENG    :ルーニー左クロス                    DFクリア(CK)
 10 ENG    :右CK:ジェラード→                  DFクリア
 14 ENG SOG:中FK:ランパードS                  GKキャッチ
 15 ENG    :ルーニー→ランパード                  あわず
 18 ENG SB :ルーニー中ドリブルS                  DFブロック(CK)
 18 ENG    :右CK:バリー→テリー右HS              DFクリア(CK)
 20 ENG SOG:ジョンソン中ミドルS                  GKキャッチ
 20 SVN SB :ルビアンキッチ右ドリブルS               DFブロック(CK)
 21 SVN SOG:右CK:こぼれ→セサルS               ※GKキャッチ
 23 ENG SOG:ミルナー右クロス→デフォー中BS         GOAL★SVN 0-1 ENG
 23 C組順位 :ENG 5( 1/ 2) SVN 4( 0/ 3) USA 3( 0/ 3) ALG 2(-1/ 0)
 27 ENG S  :ミルナー右クロス→デフォー→こぼれ→ランパート中S  ※枠上
 28 ENG    :ジョンソン右クロス→ジェラード左            トラップミス
 30 ENG SOG:ルーニー→ジェラード中S               ☆GKセーブ
 31 SVN    :ビルサ右クロス                     あわず
 36 SVN    :ミルナー右クロス                    DFクリア(CK)
 40 SVN ▲YC:ヨキッチ、ハンド                 CARD▲ヨキッチ 次停
 42 SVN OFF:中FK:S→GKセーブ                 オフサイド
前半:コメント
 イングランド

   スタメン起用したミルナーとデフォーのコンビで先制、ミルナーが右サイドで主導権を握り
   いいクロスをあげるシーンが何度かあった。ジェラードの左サイド、ランパードの中央も
   主導権を握れている、強いて言えば押していたのにシュートが7本しか打てなかったのが不満か。
   アップソンに関しては、特にその実力を試されるような機会が無し。後半、スロベニアが
   パワープレイに来たときやセットプレイ時にテリー、ジェームズともども進化が問われるかも。
 スロベニア
   ミルナーのクロスとCKに手を焼いたものの、どうにか1点に抑えた印象。GKのハンダビッチ
   の活躍が無ければ、もう1,2点入っていたかもしれない。ただ、アメリカの試合に動きが
   無ければこのまま通過するだけに、慎重に試合を進めて、最後にゴールを奪って追い付きたい
   ところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    スロベニア  0   4   3   1   6   46   1   0   1
   イングランド  1   7   5   4   7  54   0   0   0
後半:試合展開
 46 ENG    :バリー中→デフォー                   枠右
 48 ENG ▲YC:ジョンソン、シミュレーション           CARD▲ジョンソン
 49 ENG OFF:ランパード→ルーニー                  オフサイド
 51 ENG    :ジョンソン右クロス→ルーニー              あわず
 52 SVN SOG:右FK:ビルサS                    GKキャッチ
 55 SVN    :中FK:ビルサS                    GKキャッチ
 57 ENG    :ミルナー右クロス                    DFクリア(CK)
 57 ENG SOG:右CK:ミルナー→テリー左HS            ☆GKセーブ(CK)
 58 ENG SOG:ランパード→ルーニー中S               ☆左ポスト
 59 ENG SOG:ルーニー中ミドルS                   GKキャッチ
 61 ENG    :ジェラード左ドリブル                  DFクリア
 62 SVN 交代1:リュビヤンキッチ(OUT)、デビッチ(IN)
 64 ENG SOG:右FK:ジェラード→ルーニー中HS          ※DFブロック(CK)
 65 SVN SOG:ビルサ中S                       GKキャッチ
 68 SVN SB :デビッチ中S                     ※DFブロック
 68 SVN SB :ノバコビッチ中S                   ※DFブロック
 68 SVN S  :ビルサ中S                       枠右
 72 ENG 交代1:ルーニー(OUT)、Jコール(IN)
 79 SVN 交代2:キルム(OUT)、マタジュブ(IN)

 79 SVN ▲YC:ビルサ、ハンド                  CARD▲ビルサ
 81 SVN ▲YC:デディッチ                    CARD▲デディッチ

 86 ENG 交代2:デフォー(OUT)、ヘスキー(IN)
 87 ENG S  :ジェラード左→Jコール左S               枠上
 +1 SVN SB :中S                          DFブロック
 +1 USA SOG:ドノバンS                    GOAL★USA 1-0 ALG
 +1 C組順位 :USA 5( 1/ 4) ENG 5( 1/ 2) SVN 4( 0/ 3) ALG 2(-1/ 0)
後半:コメント
 イングランド
   後半に入ってからも攻め続けたが、ハンダビッチの好守もあって追加点も上げられず。終盤には
   危ないシーンもあったが、テリーの気迫で乗り切った。ジェームズにもミスはなく、どうにか
   1点差で勝ち抜けを決めた。前回は不本意な出来に終わったミルナーと今回初スタメンのデフォーの
   コンビのゴールはチームに勢いがついて欲しいところ。2位通過ではあるが、さほど心配する
   ことはないだろう。
 スロベニア
   途中から1点差負けをよしとするような消極的な展開に終始。結果としてロスタイムにゴールを
   決めたアメリカに逆転されて敗退する結果となった。中盤にかけては何度かシュートを放った
   ものの、決定機は68分頃に連続してあったシュートブロックのシーンぐらい。シュート数では
   イングランドと同様で枠内シュートでもそんなに差はなかったが、悔いの残る試合となってしまった。
   経験の差と言えばそれまでだが、残念だった。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
    スロベニア  0   13   6   2  19   46   3   0   1
   イングランド  1   13   8  11  20  54   0   0   1
C組順位
  USA 5( 1/ 4) ENG 5( 1/ 2) SVN 4( 0/ 3) ALG 2(-1/ 0)
MOM
  デフォー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/22

[WC2010] 6/25 最終節展望(G/H)

Group G
     Team  MP W  D  L  GF GA Pts
○   Brazil  2  2  0  0  5  2  6
    Portugal  2  1  1  0  7  0  4
 Côte d'Ivoire  2  0  1  1  1  3  1
   Korea DPR  2  0  0  2  1  9  0

最終節対戦

  POR[4pts] v BRA[6pts]
  PRK[0pt] v CIV[1pt]

展望
  ブラジル(vs ポルトガル)
    勝ち:
      1位通過
    分け:
      1位通過
    負け:
      2位通過

  ポルトガル(vs ブラジル)
    勝ち:
      1位通過
    分け:
      2位通過

    負け
      コートジボアールと得失点勝負( 6以下)

  コートジボアール(vs 北朝鮮)
    勝ち:
      ブラジル勝ち:ポルトガルと得失点勝負(-1以上)

      ブラジル分け:敗退
      ブラジル負け:敗退

分析

  正直、ブラジル&ポルトガルで決まりかなと言う印象。さすがに2試合連続気の抜けた試合をする
  事もないはず。H組も混戦だし、1位と2位はあまり意味がないので、負けないようにうまく調整
  してくるか。

Group H
     Team  MP W  D  L  GF GA Pts
    Chile   2  2  0  0  2  0  6
    Spain   2  1  0  1  2  1  3
 Switzerland   2  1  0  1  1  1  3
   Honduras   2  0  0  2  0  3  0

最終節対戦
  CHI[6pts] v ESP[3pts]
  SUI[3pts] v HON[0pt]

展望
  チリ(vs スペイン)
    勝ち:
      1位通過
    分け:
      1位通過

    負け:
      スイスと得失点勝負(1以下)

  スペイン(vs チリ)
    勝ち:
      通過
    分け:

      スイス勝ち:敗退
      スイス分け:通過
      スイス負け:通過

    負け:
     2点差以下の負け
      スイス勝ち:敗退
      スイス分け:敗退
      スイス負け:スイス、ホンジュラスと得失点勝負(0以下)
     3点差以上の負け
      敗退

  スイス(vs ホンジュラス)
    勝ち:
       チリ勝ち:2位通過
       チリ分け:2位通過

       チリ負け:チリと得失点勝負(1以上)
    分け:
       チリ勝ち:2位通過
       チリ分け:敗退
       チリ負け:敗退
    負け:
      点差以下
        チリ勝ち:スペイン、ホンジュラスと得失点処理(-1以下)
        チリ分け:敗退
        チリ負け:敗退
      2点差以上
        敗退

  ホンジュラス(vs スイス)
    勝ち:
      2点差以上
        チリ勝ち:スペインと得失点処理(-1以上)
        チリ分け:敗退
        チリ負け:敗退
      1点差以下
        敗退
    分け:
      敗退
    負け:
      敗退

分析
  基本線としては、スペインとチリの敗者が脱落と言う事なのでこの2チームの戦いは死闘になるはず。
  ただしスイスの勝利が前提なので、状況によっては、他会場の動向も気にしつつという事にはなる。
  ホンジュラスも数字上はチャンスはあるが、実際には厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-35:Gr-B:ナイジェリア v 韓国  スタッツ

スタジアム
  ダーバン・スタジアム  ダーバン
  気温:18度  湿度:87%  ピッチ:柔  天候:一部曇り
直前オッズ
  GRE v ARG 7.00 3.75 1.53
  NGR v KOR 3.00 3.20 2.40
  通過:ARG 1.00 KOR 1.57 NGR 4.00 GRE 4.00
  敗退:GRE 1.22 NGR 1.22 KOR 2.25 ARG 26.00
B組暫定順位
  ARG[2] 6( 4/ 5) KOR[2] 3(-1/ 3) GRE[2] 3(-1/ 2) NGA[2] 0(-2/ 1)
試合結果
  ナイジェリア 2 - 2 韓国
主審
  オレガリオ・ベンケレンサ(POR)
ラインナップ
 ナイジェリア
         08 アイイェグベニ

  12 ウチェ     04 カヌ     19 オバシ*Y

         20 エトゥフ   13 ユスフ

  05 アフォラビ  06 シットォ  02 ヨボ(C)  17 オディアー

            01 エニェアマ
  サブ
    03 タイウォ    07 ウタカ    09 マルティンス  10 イデイェ 
    11 オデムウィンギ 15 ハルナ*Y   16 エジデ     18 オビンナ    
    21 エチエジレ   22 アデレイェ  23 アイイェヌグバ
  監督
    ラーシュ・ラガーベック
  欠場
    14 カイタ
 韓国
               10 パク・チュヨン

      19 ヨム・ギフン  07 パク・チソン  17 イ・チョンヨン

           08 キム・ジョンユ 16 キ・ソンヨン 

  12 イ・ヨンピョ  14 イ・ジョンス  04 チョ・ヨンヒョン  22 チャ・ドゥリ

              18 チョン・ソンリョン
  サブ:
    01 イ・ウンジュ  02 オ・ボムソク  03 キム・ヒョンイル  05 キム・ナミル
    06 キム・ホギョン 09 アン・ジョンファン  11 イ・スンヨル 13 キム・ジェソン
    15 キム・ドンジン 20 イ・ソングッ
    21 キム・ヨンガン 23 カン・ミンス
  監督:
    ホ・ジュンム
前半:イベント
 12 NGA SOG:ウチェS                     GOAL★NGA 1-0 KOR
 31 NGA ▲YC:エニュアマ                    CARD▲エニュアマ
 37 NGA ▲YC:オバシ                      CARD▲オバシ
 38 KOR SOG:イ・ジョンスS                  GOAL★NGA 1-1 KOR
 42 NGA ▲YC:ユスフ                      CARD▲ユスフ

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
   ナイジェリア  1   5   3   0  13   48   3   0   0
       韓国  1   7   3   2   5  52   0   0   2
後半:イベント
 46 NGA 交代1:ヨボ(OUT)、エチエジレ(IN)
 49 KOR SOG:パク・チュヨンS                 GOAL★NGA 1-2 KOR
 57 NGA 交代2:ヤクブ(OUT)、カヌ(IN)
 64 KOR 交代1:ヨム・ギフン(OUT)、キム・ナミル(IN)
 68 KOR ▲YC:キム・ナミル                   CARD▲キム・ナミル
 69 NGA SOG:PK:ヤクブS                  GOAL★NGA 2-2 KOR
 70 NGA 交代3:ヤクブ(OUT)、オビンナ(IN)
 87 KOR 交代2:キ・ソンヨン(OUT)、キム・ジェスン(IN)
 +3 KOR 交代3:パク・チュヨン(OUT)、キム・ドンジン(IN)

後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
   ナイジェリア  2   11   4   1  22   46   3   0   1
       韓国  2   16   8   7  11  54   1   0   2
B組順位
  ARG 9( 5/ 6) KOR 4(-1/ 5) GRE 3(-2/ 2) NGA 1(-2/ 3)
MOM
  パク・チソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-36:Gr-B:ギリシャ v アルゼンチン

スタジアム
  ピーター・モカバ・スタジアム  ポロクワネ
  気温:  湿度:  ピッチ:  天候:
直前オッズ
  GRE v ARG 7.00 3.75 1.53
  NGR v KOR 3.00 3.20 2.40
  通過:ARG 1.00 KOR 1.57 NGR 4.00 GRE 4.00
  敗退:GRE 1.22 NGR 1.22 KOR 2.25 ARG 26.00
B組暫定順位
  ARG[2] 6( 4/ 5) KOR[2] 3(-1/ 3) GRE[2] 3(-1/ 2) NGA[2] 0(-2/ 1)
  1位はメキシコと、2位はウルグアイと対戦
試合結果
  ギリシャ 0 - 2 アルゼンチン
主審
  ラフシャン・イルマトフ(UZB)
ラインナップ
 ギリシャ
            07 サマラス*Y

   21 カツラニス  10 カラグニス(C)    19 パパタソプロス*Y  06 ツィオリス*Y

                05 モラス

  15 トロシディス*Y 11 ビントラ    08 パパドプーロス   16 キルギアコス

               12 ツォルバス
  サブ:
    01 ハルキアス  02 セイタリディス   03 パツァツォグル  04 スピロプロス  09 ハリステアス
    13 シファキス  14 サルビンキディス  17 ゲガス      18 ニニス     20 カペタノス 
    22 マレザス   
  監督:
    オットー・レイハーゲル
  欠場
    23 プリダス(負傷)
 アルゼンチン
         19 ミリート   16 アグエロ

              10 メッシ(C) 

         08 ベロン     20 マキシ      

              05 ボラッティ

  03 ロドリゲス   04 ブルディッソ   02 デミチェリス   15 オタメンディ

            22 ロメロ
  サブ:
    01 ポゾ   06 エインシェ*Y  07 ディ・マリア   09 イグアイン  11 テベス
    12 ガルセ  13 サムエル    14 マスチェラーノ*Y      18 パレルモ      
    21 アンドゥハル  23 パストーレ   
  監督:
    ディエゴ・マラドーナ
  欠場
    17 グティエレス(出場停止)
前半:試合展開
 00 B組順位:ARG 7( 4/ 5) KOR 4(-1/ 3) GRE 4(-1/ 2) NGA 1(-2/ 1)
 12 ARG SB :マキシ中ミドルS                    DFブロック
 12 NGA SOG:ウチェS                     GOAL★NGA 1-0 KOR
 12 B組順位:ARG 7( 4/ 5) GRE 4(-1/ 2) NGA 3(-1/ 2) KOR 3(-2/ 3) 
 14 GRE    :左CK:カラグニス
 18 ARG SOG:アグエロ左ドリブルS                 ※GKセーブ(CK)
 19 ARG SOG:ベロン中ミドルS                   ☆GKセーブ(CK)
 24 ARG    :ベロン右クロス                    ※あわず
 30 GRE    :カラグニス中フィード→サマラス             あわず
 30 GRE ▲YC:カツラニス
 32 ARG SOG:ミリート右クロス→アグエロ左S            ※DFブロック(CK)
 33 GRE    :右フィード→サマラス                  DFクリア
 35 ARG    :ロドリゲス左クロス                   DFクリア(CK)
 38 ARG    :オタメンディ右クロス                  GKセーブ
 38 KOR SOG:イ・ジュンスS                  GOAL★NGA 1-1 KOR
 39 B組順位:ARG 7( 4/ 5) KOR 4(-1/ 4) GRE 4(-1/ 2) NGA 1(-2/ 2)
 39 GRE    :サマラス中→カツラニス                 あわず
 43 GRE    :左クロス                        GKキャッチ
 +1 ARG SOG:マキシ中TS                     ☆GKセーブ
 +1 ARG SOG:メッシ右S                      ※GKセーブ(CK)
前半:コメント
 アルゼンチン
   初先発のアグエロがドリブル突破でチャンスを作るもGKに阻まれる。後は中盤でベロンが
   うまくリンク役として機能、惜しいミドルシュートもあった。メッシもキツイマークなりに
   ドリブルでチャンスを作ろうとしている。全体的に悪い流れではないが、相手GKの好守に
   阻まれている印象。ただ、このまま無失点で行けばいい流れ、カードや負傷者無しに終えたい
   ところ
 ギリシャ
   アルゼンチンに攻められつつも、GKの好セーブで無失点に押さえた。そして得意のカウンターで
   何度かチャンスを作った。トップのサマラスへのフィードが何度か決まっており、ここからチャンス
   を作りたいところ。このまま行けば韓国に突破を許すだけに、なんとかゴールを奪いたいところ。
   ゴールを奪うためにはシュートが必要。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     ギリシャ  0   0   0   1  11   35   1   0   0
   アルゼンチン  0   8   4   5   4  65   0   0   0
後半:試合展開
 46 GRE 交代1:カラグニス(OUT)、スピロプーロス(IN)
 48 GRE S  :中フィード→サマラス左ドリブルS           ※枠右
 49 KOR SOG:パク・チョユンS                 GOAL★NGA 1-2 KOR
 49 B組順位:ARG 7( 4/ 5) KOR 6( 0/ 5) GRE 4(-1/ 2) NGA 1(-3/ 2)
 52 ARG    :ベロン→アグエロ左エリア内で倒れる           笛無し
 54 GRE 交代2:カツラニス(OUT)、ニニス(IN)
 55 GRE 交代3:トロシディス(OUT)、パツァツォグル(IN)

 58 ARG S  :ロドリゲス左ドリブルMS                枠左
 60 GRE S  :サマラス中ドリブルS                  枠右
 62 ARG SB :ロドリゲス中ミドルS                  DFブロック
 63 ARG SB :メッシ左S                       DFブロック
 63 ARG 交代1:マキシ(OUT)、ディマリア(IN)
 66 ARG    :ロドリゲス左クロス→ミリート              あわず
 69 ARG SOG:中FK:メッシS                   ☆GKセーブ(CK)
 69 ARG SOG:右CK:ベロン→モラッティ左S            ☆GKキャッチ
 69 NGA SOG:PK:ヤクブS                  GOAL★NGA 2-2 KOR
 69 B組順位:ARG 7( 4/ 5) KOR 4(-1/ 5) GRE 4(-1/ 2) NGA 1(-2/ 3)
 72 ARG OFF:ロドリゲス                       オフサイド
 76 ARG ▲YC:モラッティ                    CARD▲モラッティ
 77 ARG 交代2:アグエロ(OUT)、パストーレ(IN)
 77 ARG SOG:左CK:ディマリア→デミチェリスS        GOAL★GRE 0-1 ARG
 77 B組順位:ARG 9( 5/ 6) KOR 4(-1/ 5) GRE 3(-2/ 2) NGA 1(-2/ 3)
 80 ARG   :ディマリア左クロス                    DFブロック(CK)
 80 ARG 交代3:ミリート(OUT)、パレルモ(IN)
 84 ARG S  :パレルモ中S                      枠左
 86 ARG SOG:メッシ中ドリブルS                  ☆左ポスト
 89 ARG SOG:メッシ中ドリブルS                  ☆GKセーブ
 89 ARG SOG:こぼれ→パレルモ左S               GOAL★GRE 0-2 ARG
 90 ARG SOG:スピロプロス中S                   ※GKセーブ
 +1 GRE S  :中ミドルS                       枠上
 +2 GRE SOG:サマラス左ミドルS                   GKキャッチ
後半:コメント
 アルゼンチン
   後半に入ってもアルゼンチンの優勢は変わらず。それでもギリシャは固い守りを見せていたが、
   77分にセットプレイからデミチェリスが決めて先制、その後交代で入ったパレルモが押し込んで
   試合を決めた。7人を入れ替えて望んでもしっかり結果を出すあたりに選手層の厚さを感じさせる。
   とりあえずグループステージは順風満帆だったが、これから強豪とあたる決勝トーナメントで、
   どのような戦いを見せてくれるかが注目。
 ギリシャ
   ドロー狙いで守ってあわよくばカウンターでゴールを狙ったが、最後まで守る事は出来なかった。
   サマラスが前線で体を張ってボールを受けたものの、シュートに持ち込むのが精一杯。決定的な
   シーンは終了間際のスピロプロスのシュートのみだった。最後にアルゼンチン戦があったくじ運の
   悪さもあったが、やはり韓国戦の出来の悪さが悔やまれるところではある。まあ、自慢の守備が
   機能しない時点で勝機は無かったとも言えるのだが。
B組順位
  ARG 9( 5/ 6) KOR 4(-1/ 5) GRE 3(-2/ 2) NGA 1(-2/ 3)
MOM
  メッシ (my vote:メッシ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-34:Gr-A:フランス v 南アフリカ スタッツ

スタジアム
  フリー・ステート・スタジアム  ブルームフォンテーン
  気温:15度  湿度:31%  ピッチ:ドライ  天候:晴れ
直前オッズ
  MEX v URU 3.75 1.91 3.75
  FRA v RSA 2.15 3.30 3.40
  通過:MEX 1.02 URU 1.02 FRA 9.00 RSA 34.00
  敗退:RSA 1.00 FRA 1.05 URU 13.00 MEX 13.00
試合結果
  フランス 1 - 2 南アフリカ
主審
  オスカル・ルイス(COL)
ラインナップ
 フランス
             09 シセ

      07 リベリー  08 グルキュフ   11 ジニャク

         19 ディアビ   18 ディアラ(C)

  22 クリシー  17 スキラッシ  05 ギャラス  02 サニャ

              01 ロリス
  サブ
    03 アビダル*Y  04 レベイエール  06 プラニュス  10 ゴブー  12 アンリ
    13 エブラ*Y   15 マルダ     16 マンダンダ  20 バルブエナ
  欠場
    14 トゥララン(出場停止)  23 カラッソ(負傷)  21 アネルカ(欠場)
 南アフリカ
         17 パーカー 09 ムフェラ

  08 シャバララ              10 ピーナール

         23 クボニ  06 シバヤ

  03 マシレラ  20 グマロ  04 モコエナ  05 エンゴンカ

           01 ジョセフス
  サブ
    02 ガクサ  07 デイビッズ  11 モディセ  12 レショロニャネ  14 ブース
    15 スワラ  18 ノムベテ   19 モリリ   21 サングウィニ   22 ウォルターズ
  欠場
    13 ディクガコイ  16 グーン
前半:イベント
 20 RSA SOG:クマロS                     GOAL★FRA 0-1 RSA
 25 FRA ▼RC:グルキュフ肘打ち                 退場▼グルキュフ
 37 RSA SOG:ムフェラS                    GOAL★FRA 0-2 RSA

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     フランス  0   5   3   3   6   51   0   1   3
    南アフリカ  2   8   3   3   4  49   0   0   2
後半:イベント
 46 FRA 交代1:ジニャク(OUT)、マルダ(IN)
 55 FRA 交代2:シセ(OUT)、アンリ(IN)
 56 RSA 交代1:エンゴンカ(OUT)、ガクサ(IN)
 70 RSA 交代2:パーカー(OUT)、ノムベテ(IN)

 70 FRA SOG:マルダS                     GOAL★FRA 1-2 RSA
 71 FRA ▲YC:ディアビ                     CARD▲ディアビ
 80 RSA 交代3:クボニ(OUT)、モディセ(IN)
 82 FRA 交代3:ディアラ(OUT)、ゴブー(IN)

後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     フランス  1   10   4   3  10   50   1   1   6
    南アフリカ  2   21   10   5  12  50   0   0   3
A組順位
  URU 7( 4/ 4) MEX 4( 1/ 3) RSA 4(-2/ 3) FRA 1(-3/ 1)
MOM
  ムフェラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-33:Gr-A:メキシコ v ウルグアイ

スタジアム
  ローヤル・バフォケン・スタジアム
  気温:19度  湿度:23%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  MEX v URU 3.75 1.91 3.75
  FRA v RSA 2.15 3.30 3.40
  通過:MEX 1.02 URU 1.02 FRA 9.00 RSA 34.00
  敗退:RSA 1.00 FRA 1.05 URU 13.00 MEX 13.00
試合前A組暫定順位
  URU[2] 4( 3/ 3) MEX[2] 4( 2/ 3) FRA[2] 1(-2/ 0) RSA[2] 1(-3/ 1) 
  引き分けで両チーム進出、勝ったチームは進出決定、負けたチームはフランスとの戦い
試合結果
  メキシコ 1 - 2 ウルグアイ
主審
  ビクトル・カサイ(HUN)
ラインナップ
 メキシコ
            09 フランコ*Y

        10 ブランコ  17 ジョバンニ

   18 グアルダード  04 マルケス  06 トラード*Y

03 サルシド   15 モレノ*Y  02 ロドリゲス*Y   05 オソリオ

            01 ペレス
  サブ:
    07 バレーラ  08 カストロ   12 アギラール  13 オチョア  14 エルナンデス
    19 マガジョン  20 トーレス  21 バウティスタ 22 メディーナ 23 ミチェル
  監督
    ハビエル・アギーレ
  欠場
    16 スアレス(出場停止) 11 ヴェラ(負傷)
 ウルグアイ
            09 スアレス   07 カバーニ

               10 フォルラン  

      11 Aペレイラ    15 ペレス    17 アレパロ

   04 フシレ    06 ビクトリーノ*Y 02 ルガノ(C)*Y  16 Mペレイラ

               01 ムスレラ
  サブ
    05 ガルガーノ  08 エグレン  12 カスティージョ  13 アブレウ
    18 ゴンサレス  19 スコッティ    20 Aフェルナンデス  21 Sフェルナンデス
    22 カセレス   23 シルバ
  監督
    オスカル・タパレス
  欠場
    03 ゴディン(負傷)
前半:試合展開
 00 A組順位:URU 5( 3/ 3) MEX 5( 2/ 3) FRA 2(-2/ 0) RSA 2(-3/ 1)
 01 MEX S  :マルケス中ミドルS                   枠左
 02 URU    :ペレイラ右クロス                    あわず
 05 MEX OFF:フランコ                        オフサイド
 06 URU S  :中FK:ペレイラS                   枠上
 06 URU SOG:中フィード→スアレス右1対1S            ※枠左
 07 MEX    :ジョバンニ右クロス→ブランコ中HS           あわず
 09 MEX    :サルシド左クロス                    DFクリア(CK)
 11 URU    :フォルラン左クロス                   枠上
 12 URU    :右クロス                        GKキャ地
 13 URU    :左FK:フォルラン                  ※GKセーブ
 15 MEX    :ブランコ中→フランコ左                 S出来ず
 18 URU    :カバーニ右ドリブル                   DFクリア(CK)
 18 URU S  :右CK:フォルラン→ビクトリーノ中HS         枠上
 20 MEX    :グアルダード左ドリブル、クロス             DFクリア(CK)
 20 RSA SOG:右CK:→中HS                 GOAL★FRA 0-1 RSA
 20 A組順位 :URU 5( 3/ 3) MEX 5( 2/ 3) RSA 4(-2/ 2) FRA 1(-3/ 0) 
 21 URU SOG:ペレイラ左ドリブルS                 ※枠左
 22 MEX SOG:グアルダード中ミドルS                ☆クロスバー
 28 URU S  :カバーニ右S                      枠左
 35 URU    :ペレス、こめかみから出血
 37 RSA SOG:右CK:→中HS                 GOAL★FRA 0-2 RSA
 37 A組順位 :URU 5( 3/ 3) MEX 5( 2/ 3) RSA 4(-1/ 3) FRA 1(-4/ 0) 
 41 MEX S  :サルシド中ミドルS                   枠上
 43 URU SOG:カバーニ右クロス→スアレス中HS         GOAL★MEX 0-1 URU
 43 A組順位 :URU 7( 4/ 4) MEX 4( 1/ 3) RSA 4(-1/ 3) FRA 1(-4/ 0) 
 +2 URU    :フォルラン右クロス                   DFクリア(CK)
前半:コメント
 ウルグアイ
   予想に反して激しい攻めを見せ、43分にカバーニのクロスにスアレスがヘッドで合わせて
   先制。中盤での激しい攻防前線からのプレスでボールを奪って前線に繋ぐ展開で何度か
   チャンスを作った。引き分けでも1位通過だけに、大きく前進したと言っていいだろう。
   守備は、フランコにボールを持たれると不安な点もあるが、概ねうまく押さえたとは
   言えるだろう。
 メキシコ
   開始早々積極的なシュートを見せるも、全体を通して見れば、ウルグアイに押され気味で
   推移した印象は否めず。特にサイドからドリブル突破でクロスをあげられるシーンが目立ち、
   激しいプレスでボールを失うシーンも何度かあった。南アフリカ次第とはいえ、このままの
   得点差ならば2位で通過できるだけに、まずはこれ以上の失点は避けたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     メキシコ  0   3   1   3  11   58   0   0   1
    ウルグアイ  1   8   2   2   5  42   0   0   0
後半:試合展開
 46 MEX 交代1:グアルダード(OUT)、バレラ(IN)
 47 MEX S  :中FK:ブランコS                   GKキャッチ
 50 URU SOG:カバーニ右ドリブルS                  GKキャッチ
 53 MEX    :ジョバンニ右クロス                   DFクリア
 53 MEX OFF:マルケス中→フランコ右                 オフサイド
 54 URU SOG:右FK:フォルラン→ルガノ中HS           ☆GKセーブ
 54 URU SOG:こぼれ→ペレイラS                  ※DFブロック
 56 URU S  :左CK:フォルラン→スアレス右S            枠上
 57 MEX 交代2:モレノ(OUT)、カストロ(IN)
 57 MEX S  :バレラ中ミドルS                    枠上
 63 MEX 交代3:ブランコ(OUT)、エルナンデス(IN)
 64 MEX    :エルナンデス中→ジョバンニ中              DFクリア
 64 MEX SOG:バレラ右クロス→ロドリゲス中HS           ※枠左
 68 URU ▲YC:フシレ、ジョバンニを掴む             CARD▲フシレ
 69 MEX S  :トラード→ロドリゲス中HS               枠右
 70 FRA SOG:マルダS                     GOAL★FRA 1-2 RSA
 74 MEX    :バレラ右クロス                     DFクリア(CK)
 75 MEX S  :右クロス→ロドリゲス中HS               枠上
 76 MEX S  :ジョバンニ左クロス→エルナンデス中S          DFブロック(CK)
 77 URU 交代1:ペレイラ(OUT)、スコッティ(IN)
 83 URU    :ペレイラ右クロス                    DFクリア(CK)
 84 MEX    :サルシド右→フランコ                 ※Tミス
 85 URU 交代2:スアレス(OUT)、フェルナンデス(IN)
 86 MEX ▲YC:カストロ                     CARD▲カストロ
 88 URU SOG:カバーニ中ミドルS                   GKセーブ
後半:コメント
 ウルグアイ
   後半は支配権を相手に渡してカウンター狙い。それでもセットプレイでチャンスを作ったりと
   互角の展開で試合を進め1点差で逃げ切った。これで1位通過でアルゼンチンとの対決を
   避けることが出来たのは朗報だろう。現時点で相手は分からないが、今年のウルグアイなら
   優勢に試合を進められそうな気がする。ただ、今日全開で飛ばした疲れが今後に出てこなければ
   いいのだが。
 メキシコ
   後半はやや支配率では優位にたったが、最後までウルグアイの守備を崩せず。何度か決定的な
   シーンはあったもののゴールに結びつけることは出来なかった。それでも裏カードが接戦での
   決着だっただけに2位通過が決定。相手はアルゼンチンが濃厚で厳しい戦いとなるが、突破
   したからには頑張って欲しい。ただ、アルゼンチン的にはフィジカルコンタクトの厳しい
   ウルグアイよりはやりやすいような気がする。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     メキシコ  0   11   2   6  20   59   2   0   2
    ウルグアイ  1   15   5   7  13  41   1   0   0
A組順位
  URU 7( 4/ 4) MEX 4( 1/ 3) RSA 4(-2/ 3) FRA 1(-3/ 1)
MOM
  スアレス (my vote:スアレス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/21

[WC2010] MN-32:Gr-H:スペイン v ホンジュラス

スタジアム
  エリス・パーク・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:  湿度:  ピッチ:  天候:
H組暫定順位
  CHI[2] 6( 2/ 2) SUI[2] 3( 0/ 1) ESP[1] 0(-1/ 0) HON[1] 0(-1/ 0)
  スペイン、負けると敗退が決定、引き分けでチリ決勝T新進出
試合結果
  スペイン 2 - 0 ホンジュラス
主審
  Yuichi Nishimura(JPN)
ラインナップ
 スペイン
      07 ビジャ  09 トーレス  22 ナバス

              08 シャビ

          14 アロンソ  16 ブスケシュ

  11 カプデビラ  03 ピケ    05 プジョル  15 Sラモス

           01 カシージャス
  サブ
    02 アルビオル  04 マルチェナ  06 イニエスタ 10 セスク   12 バルデス
    13 マタ     17 アルベロア  18 ペドロ   19 ジョレンテ 20 マルティネス
    21 シルバ    23 レイナ
  監督
    ビセンテ・デルボスケ
 ホンジュラス
             11 スアソ

    13 エスピノサ  15 マルティネス  19 トゥルシオス

          20 ゲバラ(C)   08 パラシオス*Y 

  21 イサギーレ  03 フィゲロア  02 チャベス  23 メンドーサ

            18 バジャダレス
  サブ:
    01 カナーレス  04 Jパラシオス  05 ベルナルデス  06 トーマス   09 パボン
    10 パラシオス  12 ウェルカム   14 ガルシア    16 サビジャン  17 アルバレス 
    22 エスコベル  07 ヌニョス  
  監督
    レイナルド・ルエダ
前半:試合展開
 02 HON    :マルティネス右クロス→スアソ              ハンド
 04 ESP    :ナバス右クロス                     GKキャッチ
 05 ESP SOG:ビジャ左クロス→トーレス中S              GKキャッチ
 07 ESP SOG:ビジャ中ミドルS                   ☆クロスバー
 08 HON ▲YC:トゥルシオス、遅延行為              CARD▲トゥルシオス
 11 ESP S  :シャビ左クロス→ラモス中HS              枠上
 11 HON    :GK、相手と接触
 13 HON    :マルティネス右クロス                  GKキャッチ
 14 ESP S  :ビジャ左ドリブルS                   枠右
 15 ESP S  :アロンソ中ロングS                   枠上
 16 HON    :メンドーサ右クロス                   GKキャッチ
 17 HON    :マルティネス→スアソ                  GKキャッチ
 17 ESP SOG:ビジャ左ドリブルS                GOAL★ESP 1-0 HON
 19 HON OFF:マルティネス                      オフサイド
 21 ESP    :左FK:シャビ                     ファール
 24 ESP    :ナバス右クロス→シャビ                 あわず
 25 ESP    :ナバス右クロス                     DFクリア(CK)
 28 ESP    :ナバス右クロス                     DFクリア(CK)
 32 ESP    :ビジャ左ドリブル                    合わず
 33 ESP S  :ラモス右クロス→トーレス中HS            ※枠上
 33 ESP S  :カット→トーレス中ドリブルS              枠上
 36 ESP OFF:シャビ中→トーレス                   オフサイド
 38 HON ▲YC:イサギーレ                    CARD▲イサギーレ
 39 ESP    :ナバス右クロス                     GKキャッチ
 40 ESP    :ナバス右クロス→ビジャ                 DFクリア(CK)
 44 HON OFF:オフサイド                       
前半:試合展開
 スペイン
   いつものように高い支配率でゲームを支配、今日は左サイドのビジャがドリブル突破で
   相手を交わしてシュートして先制点を上げた。その他にも何度も決定的なチャンスがあった
   もののゴールを奪えなかったのは気がかり。右サイドのナバス、シャビはうまく攻撃に
   絡んでいるが、トーレスが決定機を決められないのが気がかり。また、ビジャが若干、熱く
   なっているのが気になるところ。
 ホンジュラス
   スペインの攻撃の前に防戦一方だが、とりあえず最少失点で抑えたことは評価出来る。
   ただし組織的な守備が出来ておらず、前線のスアソへのボールがうまく入らない。正直
   ここから逆転する事は難しいだろう。セットプレイでチャンスを作るぐらいしかゴール
   の予感はない。
後半:試合展開
 46 HON 交代1:エスピノーサ(OUT)、ウェルカム(IN)
 46 HON S  :中ロングS                       枠外
 49 ESP    :ナバス左ドリブル、                   DFクリア
 51 ESP SOG:ビジャ中S                    GOAL★ESP 2-0 HON
 52 ESP S  :ラモス中ドリブルS                  ※枠右
 53 ESP SOG:ナバス右ドリブルS                   GKキャッチ
 54 ESP    :ピケ、口を蹴られる
 55 ESP    :カプデビラ左クロス                   DFクリア(CK)
 61 ESP    :ナバス右ドリブル、エリアないで倒れる          PK
 62 ESP S  :PK:ビジャS右下                  ※枠右
 63 HON 交代2:トゥルシオス(OUT)、ヌニョス(IN)
 65 ESP S  :スアソ中ミドルS                    枠左
 66 ESP 交代1:シャビ(OUT)、セスク(IN)
 66 ESP SOG:中フィード→セスク左S                ☆DFクリア(CK)
 67 ESP SB :ラモス中BS                      DFブロック(CK)
 69 HON S  :ヌニョスS                       枠上
 70 ESP 交代2:トーレス(OUT)、マタ(IN)
 73 ESP S  :マタ中S                        枠上
 76 ESP 交代3:ラモス(OUT)、アルベロア(IN)
 77 HON S  :ヌニョス左S                      枠左
 80 ESP OFF:ウェルカム                       オフサイド
 82 HON S  :左FK:ヌニョス→ウェルカム中HS           枠左
 82 ESP    :マタ左クロス                      DFクリア(CK)
 83 HON    :メンドーサ右クロス                   DFクリア(CK)
 84 HON 交代3:スアソ(OUT)、パラシオス(IN)
 87 ESP    :ビジャ中TS                     ☆DFブロック(CK)
 90 HON OFF:オフサイド
 90 ESP    :アロンソ→マタ                     Tミス
後半:コメント
 スペイン
   トーレスは不発もサイドに出たビジャが2ゴール、やはり彼は中央よりもサイドのスペースの
   あるところにいた方が持ち味が出る。トーレスもゴールこそならなかったが、復調の兆しは
   見えてきた。イニエスタの不在もセスクやナバスでリカバリ可能と、チームとして徐々に
   調子が上がってきたと言える。GS突破をかけた勝負が好調のチリとの勝負というのが
   懸念事項ではあるが、これを乗り切れば一気にチームに勢いが付きそうな気がする。まだまだ
   正念場は続くが頑張って欲しい。
 ホンジュラス
   後半に入っても一方的に攻められる展開は変わらず。90分でシュート7本を放つも枠内0、
   決定機0では勝ち点3が望めるわけもない。相手が悪いと言えばそれまでだが、それにしては
   守備に問題がありすぎる。数字上は決勝T進出の可能性はあるが、現実的には敗退と
   いっていい。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
     スペイン  2   22   7   12   9   57   0   0   1
   ホンジュラス  0   9   0   2  18  43   2   0   7
H組暫定順位
  CHI[2] 6( 2/ 2) ESP[2] 3( 1/ 2) SUI[2] 3( 0/ 1) HON[2] 0(-3/ 0)
MOM
  ビジャ  (my vote:ビジャ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-31:Gr-H:チリ v スイス

スタジアム
  ポート・エリザベス・スタジアム  ネルソン・マンデラ・ベイ
  気温:18度  湿度:77%  ピッチ:柔  天候:晴れ
直前オッズ
  CHI v SUI 2.10 3.10 3.75
試合前H組暫定順位
  CHI[1] 3( 1/ 1) SUI[1] 3( 1/ 1) ESP[1] 0(-1/ 0) HON[1] 0(-1/ 0)
試合結果
  チリ 1 - 0 スイス
主審
  ハリル・アル・ガムディ(KSA)
ラインナップ
 チリ
    15 ボーセジュール   09 スアソ    07 サンチェス

    14 Mフェルナンデス*Y 06 カルモナ*Y  08 ビダル

   18 ハラ    03 ポンセ  17 メデル   04 イスラ 

             01 ブラボ
  サブ
    02 フエンテス  05 コントレーラス  10 バルディビア 11 ゴンサレス  12 ピント
    13 エストラーダ 16 オレジャナ    19 フィエーロ  21 テージョ
    22 バレデス   23 マリン      20 ミジャール
  監督
    マルセロ・ビエルサ
 スイス
           10 エンフォ

  16 フェルナンデス  09 フライ    11 べーラミ

           06 フッゲル     08 ギョクハン(C)

  17 ツィーグラー*Y  13 グリヒティンク*Y  05 ベルゲン   02 リヒトシュタイナー

                 01 ベナーリオ*Y
  サブ
    03 マニャン  07 バルネッタ   12 ベルフリ    14 バダリーノ 
    15 ヤキン*Y  18 ブニャク    19 デルディヨク  20 シュベグラー 21 レオーニ  
    22 エッギマン 23 シャキリ
  監督
    オットマー・ヒッツフェルト
  欠場
   04 センデロス
前半:試合展開
 02 CHI ▲YC:スアソ                      CARD▲スアソ

 05 CHI S  :サンチェス右ミドルS                  枠上
 09 CHI OFF:ボーセジュール                     オフサイド
 10 CHI SOG:ビダル左ミドルS                   ☆GKセーブ
 10 CHI SOG カルモナ中ミドルS                  ☆GKセーブ
 18 SUI ▲YC:エンフォ                     CARD▲エンフォ
 18 CHI OFF:ボーセジュール                     オフサイド
 23 CHI ▲YC:カルモナ、べーラミを倒す             CARD▲カルモナ 次停
 25 SUI ▲YC:ポンセ    でるで                  CARD▲ポンセ

 30 CHI OFF:ボーセジュール                     オフサイド
 31 SUI ▼RC:べーラミ、ビダルをはたく             退場▼べーラミ
 33 CHI S  :左FK:→中HS                    枠左
 36 CHI    :スアソ中スルーP                    GKキャッチ
 38 CHI S  :ビダル中ミドルS                    枠左
 39 CHI S  :ボーセジュール左クロス→スアソ中HS          枠上
 40 SUI S  :インデル中ミドルS                   GKキャッチ
 40 CHI S  :ボーセジュール左クロス→サンチェス中TS        GKキャッチ
 42 SUI 交代1:フライ(OUT)、バルネッタ(IN)
 43 SUI S  :エンフォ左S                      枠左
 +1 CHI    :サンチェス右クロス                   GKキャッチ
前半:コメント
 チリ
   序盤は互角だったが、べーラミの退場で左サイドで優位に立つ。但し、何度かあったサイドからの
   クロスで決定機を作れなかったのは課題か。攻めている印象はあったものの、シュート自体は9本と
   多くない。最終節にスペイン戦を残しているだけに、この試合では是非とも勝利したいところ、
   後半は、さらに攻撃的なサッカーを見せて欲しい。
 スイス
   べーラミのファールは不用意だが、一発レッドに値するかは疑問。一人少なくなったことで引いて
   守る展開を強いられるが、狙いがはっきりする分よいという考えもある。右サイドをボーゼジュール
   に破られるシーンが目立っただけに対策は必要か。後は、どうにか相手ゴール前までボールを運ぶ
   手段。一人少ないだけに厳しいが、このままではチリの猛攻に耐えられる気がしない。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
       チリ  0   9   4   2  10   56   3   0   6
      スイス  0   3   0   0  14  44   1   1   9
後半:試合展開
 46 CHI 交代1:スアソ(OUT)、バルビディア(IN)
 46 CHI 交代2:ビダル(OUT)、ゴンザレス(IN)

 48 SUI ▲YC:バルネッタ                    CARD▲バルネッタ
 48 CHI OFF:左FK:→サンチェス中S→GOAL           オフサイド
 55 CHI SOG サンチェス、カット、右ドリブルS           ☆GKセーブ
 59 CHI SOG:右CK:サンチェス→ゴンサレス中HS          枠上
 60 SUI ▲YC:インデル、相手を押す               CARD▲インデル
 60 CHI ▲YC:マティ、相手を押す                CARD▲マティ 次停

 65 CHI 交代3:マティ(OUT)、パレデス(IN)
 66 SUI    :左CK:ツィーグラー                  DFクリア
 68 SUI 交代2:エンフォ(OUT)、デルディヨク(IN)
 68 SUI    :ツィーグラー→デルディヨク               あわず
 73 CHI    :イスラ右クロス                     DFクリア(CK)
 75 SUI SOG:ボーゼジュール左クロス→ゴンサレス左HS     GOAL★CHI 1-0 SUI
 77 SUI 交代3:フェルナンデス(OUT)、ブニャク(IN)
 78 CHI    :イスラ右クロス                     GKキャッチ
 83 SUI S  :リヒトシュタイナーS                  枠上
 84 CHI S  :左クロス→バレデス中S                 枠上
 87 CHI SOG:サンチェス右クロス→ゴンサレス左S           GKキャッチ
 90 CHI S  :バレレス右ドリブルS                 ※枠右
 90 SUI SOG:リヒト左クロス→中ヒール→デルディヨクS       ※枠左
 +2 CHI ▲YC:バルディビア、エリア内で倒れる          CARD▲バルディビ
後半:コメント
 チリ
   75分にボーデジュールのクロスにゴンサレスが頭で合わせて先制、これが結局決勝弾となって、
   決勝トーナメント進出へ大きく前進した。相手が一人少ない中、積極的に攻めて20本のシュートを
   放ったが、前節のホンジュラス同様にもう1,2点入ってもおかしくないという意味で決定機に
   課題が残るか。最終節、スペイン相手に引き分け以上の結果を出せば決定だが、この決定力の
   不足が裏目に出なければいいが。
 スイス
   一人退場するまでは互角だったが、その後は守りの展開を強いられた。一方的な展開ながらも
   最少失点で抑えたことについては評価すべきだろう。次のホンジュラス戦に勝てば決勝T進出
   も見えるだけに、気持ちを切り替えてプレイして欲しい。ただ、おそらく1点奪って守るだけ
   では通過は厳しいだけに、攻撃的な展開を見せる必要があるのだが…。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK  FC  POS  YC  RC  OFF
       チリ  1   20   7   5  19   58   6   0   9
      スイス  0   7   1   3  26  42   3   1   0
H組暫定順位
  CHI[2] 6( 2/ 2) SUI[2] 3( 0/ 1) ESP[1] 0(-1/ 0) HON[1] 0(-1/ 0)
MOM
  ゴンサレス (my vote:ゴンサレス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-30:Gr-G:ポルトガル v 北朝鮮

スタジアム
  グリーン・ポイント・スタジアム  ケープタウン
  気温:12度        湿度:90%        ピッチ:柔        天候:曇り
試合前G組暫定順位
  BRA[2] 6( 4/ 5) POR[1] 1( 0/ 0) CIV[2] 1(-2/ 1) PRK[1] 0(-2/ 0)
直前オッズ
  POR v PRK 1.36 4.50 9.00
試合結果
  ポルトガル 7 - 0 北朝鮮
主審
  パブロ・ポゾ(CHI)
ラインナップ
 ポルトガル
  11 シモン    18 アルメイダ        07 ロナウド*Y

     16 メイレレス  08 Pメンデス  19 ティアゴ

 23 コエントラン  02 アウベス  06 カルバーリョ  13 ミゲル 

           01 エドゥアルド
 サブ
   03 フェレイラ  04 ロランド  05 ドゥダ   09 リエジソン 10 ダニー
   12 ベト     14 ベロ-ソ  15 ペペ    21 コスタ    22 フェルナンデス
 監督
   カルロス・ケイロス
 欠場
    17 アモリム(負傷)  20 デコ(負傷)  
 北朝鮮
                  09 チョン・テセ

                  04 パク・ナムチョル

           10 ホン・ヨンジョ  17 アン・ヨンハ   11 ムン・イング

05 リ・グァンチョン  08 チ・ヨンナム   03 リ・ジュンイル  13 パク・チョルジン 02 チャ・ジョンヒョク  

                01 リ・ミョング
  サブ
    06 キム  12 チェ  14 パク  16 ナム  18 キム
    19 リ   21 リ   15 キム  07 アン  20 キム
    22 キム  23 パク
  監督
    キム・ジョンフン
前半:試合展開
 03 POR SOG:ロナウド左ドリブルS                  GKキャッチ
 05 POR S  :メイレレス左→カルバリョ中S              枠上
 07 POR SOG:右CK:シモン→カルバーリョ中HS          ☆左ポスト
 09 POR OFF:中スルーP→アルメイダ中S               オフサイド
 11 PRK S  :チャ中ミドルS                     枠右
 12 PRK S  :中FK:テセS                     枠上
 16 POR    :ロナウド左ドリブル、クロス               DFクリア(CK)
 18 POR SOG:ヨンジョ右MS                    ※GKセーブ
 18 POR S  :こぼれ→パク中HS                   枠上
 21 PRK S  :アンヨンハ中ミドルS                  枠左
 22 POR    :右クロス                        あわず
 23 POR S  :メイレレス左S                    ※枠左
 23 PRK S  :左ミドルS                       枠上
 26 POR SB :コエントロン左クロス→シモンS             DFブロック
 28 PRK OFF:ホン・ヨンジョ                     オフサイド
 29 POR SOG:ティアゴ→メイレレス中S             GOAL★POR 1-0 PRK
 35 POR S  :メイレレス中S                     枠左
 38 POR ▲YC:メンデス、足裏タックル              CARD▲メンデス
 42 POR S  :ロナウド左ドリブルS                  枠右
 45 POR    :シモン右ドリブル→                   DFクリア
前半:コメント
 ポルトガル
   ロナウドは相手の厳しいマークで仕事が出来なかったものの、逆サイドのシモンがドリブル突破する
   シーンが何度かあった。また、メイレレスが何度か前線への飛び出しでチャンスを作り、ゴールも
   奪った。雨の中で体力を使う厳しい展開ではあるが、相手も疲れているだけに追加点を奪って
   楽に進めたい。
 北朝鮮
   序盤こそ運動量でポルトガルに食い下がったが、時間が経つに連れて相手のパス回しを許すように
   なった。ゴールを奪われたメイレレスの前線への飛び出しをどうにかカバーしたいところ。ロナウド
   には厳しいマークで対応しているが、コエントランや逆サイドのシモンが空いて攻撃を許すシーン
   が気になった。ただし、まだ1点差だけに粘って同点にしたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    ポルトガル  1   11   3   3  10   53   1   0   1
      北朝鮮  0   7   1   1   0  47   1   0   1
後半:試合展開
 46 POR SOG:ティアゴ中ミドルS                  ※GKセーブ(CK)
 47 PRK ▲YC:ホン・ヨンジョ                  CARD▲ホン・ヨンジョ
 48 POR S  :シモン右→ロナウド中ミドルS              枠上
 49 POR SOG:ロナウド中ドリブルS                 ※GKセーブ
 49 POR    :こぼれ→アルメイダ                   DFクリア
 51 PRK SOG:テセ左ミドルS                     GKキャッチ
 52 POR    :ロナウド左クロス→アルメイダ              S出来ず
 53 POR SOG:メイレレス中→シモン右S             GOAL★POR 2-0 PRK
 56 POR SOG:コエントラン左クロス→アルメイダ中HS      GOAL★POR 3-0 PRK

 58 PRK 交代1:ムン・イング(OUT)、キム・ヨングン(IN)
 58 PRK 交代2:パク・ナムチョル(OUT)、ナム・ソンチョル

 60 POR SOG:ロナウド左ドリブル、クロス→ティアゴ中S     GOAL★POR 4-0 PRK
 64 POR S  :ロナウド右クロス→メイレレス中S           ※枠左
 65 PRK S  :中ミドルS                       枠上
 68 POR S  :ロナウド左→コエントラン左S             ※枠右
 70 POR ▲YC:アルメイダ、抗議                 CARD▲アルメイダ
 70 POR 交代1:メイレレス(OUT)、ベローゾ(IN)
 72 POR SOG:ロナウド右ドリブルS                  GKキャッチ
 73 PRK S  :テセ右S                        枠右
 74 POR 交代2:シモン(OUT)、ドゥダ(IN)
 75 PRK 交代3:チャ・ジョンヒョク(OUT)、ナム・ソンチョル(IN)
 77 POR 交代3:アルメイダ(OUT)、リエジソン(IN)

 80 POR SOG:ロナウド左クロス→リエジソン中S         GOAL★POR 5-0 PRK
 87 POR S  :ベローゾ中ミドルS                   枠上
 87 POR SOG:ロナウド中ドリブルS               GOAL★POR 6-0 PRK
 89 POR SOG:左クロス→ティアゴ中HS             GOAL★POR 7-0 PR
K
後半:コメント
 ポルトガル
   後半、攻めに出て守備の人数が少なくなったところをついて、怒濤の6ゴール、結局7-0で圧勝
   した。コンディションどうこう言いたいことはあるが、これはポルトガルよりも北朝鮮の出来に
   依存するところが大きい。これで、コートジボアールが同じような事をしない限り、ブラジルに
   負けても決勝トーナメント進出が濃厚になったと言える。前線の選手にゴールが生まれたという
   意味で勢いに乗れるかもしれない。
 北朝鮮
   後半、完全に集中力が切れて大量失点。このあたりの崩れ方が国際経験の無さという事になって
   しまうのだろう。試合内容以上に精神的に弱い点は問題。あるいはブラジル相手に全精力を
   使い果たしたという事なのかもしれないが…。これで敗退は決まったが、コートジボアール戦
   では是非とも一泡吹かせて欲しい。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    ポルトガル  7   26   13   3  18   55   2   0   2
      北朝鮮  0   15   4   1   3  45   2   0   3
G組暫定順位
  BRA[2] 6( 4/ 5) POR[2] 4( 7/ 7) CIV[2] 1(-2/ 1) PRK[2] 0(-9/ 0)
MOM
  ロナウド (my vote:メイレレス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] 6/24 最終節展望(E/F)

Group E
    Team  MP W  D  L  GF GA Points
○Netherlands  2  2  0  0  3  0  6
    Japan  2  1  0  1  1  1  3
   Denmark  2  1  0  1  2  3  3
×  Cameroon  2  0  0  2  1  3  0

最終節対戦
  DEN[3pts] v JPN[3pts]
  CMR[0pts] v NED[6pts]

展望
  オランダ(vs カメルーン):通過決定
    勝ち:1位通過
    分け:1位通過
    負け:
      日本が分けの場合1位通過、それ以外は得失点で1位または2位

  日本(vs デンマーク)
    勝ち:
      通過
    分け
      通過

    負け
      敗退

  デンマーク(vs 日本)
    勝ち:
      通過

    分け:
      敗退
    負け
      敗退
分析
  興味は日本とデンマークの2位争い、勝った方が通過だが、引き分けでも通過できる日本は
  今まで以上に守備重視の展開をしてくるか。

Group F
     Team  MP W  D  L  GF GA Pts
   Paraguay  2  1  1  0  3  1  4
    Italy  2  0  2  0  2  2  2
 New Zealand  2  0  2  0  2  2  2
   Slovakia  2  0  1  1  1  3  1

最終節対戦
  SVK[1pt]  v ITA[2pts]
  PAR[4pts] v NZL[2pts]

展開
  パラグアイ(vs ニュージーランド)
    勝ち:
      1位追加
    分け:
      通過
    負け:

      イタリア勝ち:敗退
      イタリア分け:2位通過
      イタリア負け:スロバキアと得失点勝負(1以下)

  イタリア(vs スロバキア)
    勝ち:
      通過
    分け:
      パラグアイ勝ち:2位通過
      パラグアイ分け:2位通過

      パラグアイ負け:敗退
    負け
      敗退

  ニュージーランド(vs パラグアイ)
    勝ち:
      通過

    分け:
      イタリア勝ち:敗退
      イタリア分け:敗退
      イタリア負け:2位通過
    負け:
      敗退

  スロバキア(vs イタリア)
    勝ち:
      パラグアイ勝ち:2位通過
      パラグアイ分け:2位通過

      パラグアイ負け:パラグアイと得失点勝負(-1以上)
    分け:
      敗退
    負け:
      敗退

分析
  ニュージーランド相手に引き分け以上でOKのパラグアイは勝ち抜けが有力。イタリアも
  スロバキア相手に勝てば決定、引き分けでもニュージーランドが勝たなければOKなので、
  こちらも勝ち抜けが有力か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] 6/23 最終節展望(C/D)

Group C
    Team  MP W  D  L  GF GA Points
  Slovenia  2  1  1  0  3  2  4
     USA  2  0  2  0  3  3  2
   England  2  0  2  0  1  1  2
   Algeria  2  0  1  1  0  1  1
最終節対戦
  SLO[4pts] v ENG[2pts]
  USA[2pts] v ALG[1pt]
展望
  スロベニア(vs イングランド)
    勝ち:
      1位通過
    分け:
      通過

    負け:
      アメリカ勝ち:敗退
      アメリカ分け:セルビアと得点勝負
      アメリカ負け:アルジェリアと得失点勝負( 0以下)
  アメリカ(vs アルジェリア)
    勝ち:
      通過

    分け:
      スロバキア勝ち:通過
      スロバキア分け:イングランドと得点勝負(3以上)

      スロバキア負け:敗退
    負け:
      敗退
  イングランド(vs スロベニア)
    勝ち:
      通過

    分け:
      アメリカ勝ち:敗退
      アメリカ分け:アメリカと得点勝負(1以上)
      アメリカ負け:通過
    負け:
      敗退
  アルジェリア
    勝ち
      スロバキア勝ち:2位通過
      スロバキア分け:2位通過
      スロバキア負け:2点差以上の勝ちで2位通過

    分け:
      敗退
    負け:
      敗退

分析
  4位のアルジェリアを含めてすべてのチームにチャンス有り。アルジェリア以外は目の前の相手を
  倒せば決勝T進出だけに、普通に勝ちに来るはず。ただし、残り時間が少なくなったときに、
  色々考えることは多そう。

Group D
    Team  MP W  D  L  GF GA Points
     Ghana 2  1  1  0  2  1  4
    Germany 2  1  0  1  4  1  3
    Serbia 2  1  0  1  1  1  3
   Australia 2  0  1  1  1  5  1
最終節対戦

  GHA[4pts] v GER[3pts]
  AUS[1pt] v SRV[3pts]
展望
  ガーナ(vs ドイツ)
    勝ち:
      1位通過
    分け:
      通過

    負け:
      セルビア勝ち:敗退
      セルビア分け:敗退
      セルビア負け:オーストラリアと得失点勝負(0以下)

  ドイツ(vs ガーナ)
    勝ち:
      通過

    分け:
      セルビア勝ち:敗退
      セルビア分け:通過
      セルビア負け:オーストラリアと得失点勝負(3)

    負け:
      敗退

  セルビア(vs オーストラリア)
    勝ち:
      通過
    分け:
      ガーナ勝ち:2位通過

      ガーナ分け:敗退
      ガーナ負け:ガーナと得失点勝負(0)
    負け:
      敗退

  オーストラリア(vs セルビア)
    勝ち:
      ガーナ勝ち:2位通過

      ガーナ分け:7点差以上の勝利で通過
      ガーナ負け:ガーナと得失点勝負(-3以上)
    分け:
      敗退
    負け:
      敗退
分析
  セルビアとオーストラリアは勝ち必須だけに激しい展開が期待される。ドイツとガーナが、
  セルビアの状況を見ながら慎重な展開が予想されるか。いずれにしても、目の前の相手を
  倒すことが最低限の条件。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/20

[WC2010] 6/22 最終節展望(A/B)

Group A
       Team MP W  D  L  GF GA Pts
      Uruguay 2  1  1  0  3  0  4
      Mexico 2  1  1  0  3  1  4
      France 2  0  1  1  0  2  1
   South Africa 2  0  1  1  1  4  1

最終節対戦
  MEX[4pt] v URU[4pt]
  FRA[1pt] v RSA[1pt]

展望
  ウルグアイ(vs メキシコ)
    勝ち:1位通過
    分け:2位通過

    負け:FRA v RSA が分ければ2位通過、それ以外は得失点勝負(+2以下)
  メキシコ(vs ウルグアイ)
    勝ち:1位通過
    分け:2位通過

    負け:FRA v RSA が分ければ2位通過、それ以外は得失点勝負(+1以下)
  フランス(vs 南アフリカ)
    勝ち:URU v MEXが分けだと敗退決定
       それ以外は得失点勝負(-1以上)

    分け:敗退
    負け:敗退
  南アフリカ(vs フランス)
    勝ち:URU v MEXが分けだと敗退決定
       それ以外は得失点勝負(-2以上)

    分け:敗退
    負け:敗退

分析
  メキシコが2位通過で問題なしと考えれば、前半動きがなければ、スコアレスドローに落ち着く
 可能性は高いんのではないかなと。負けなければ決勝Tに行けるなら、守備を固めるのが普通だし。
  例え負けても得失点差の絡みで、フランスの勝ち抜けには奇跡が必要。

Group B
      Team  MP W  D  L  GF GA Pts
     Argentina 2  2  0  0  5  1  6
  Korea Republic 2  1  0  1  3  4  3
      Greece 2  1  0  1  2  3  3
      Nigeria 2  0  0  2  1  3  0
最終節対戦
  NGR[0pt] v KOR[3pt]
  ARG[6pt] v GRE[3pt]

展望
  アルゼンチン(vs ギリシャ)
    勝ち:1位通過
    分け:1位通過
    負け:2点差以下の敗戦で通過

  3点差以上の場合、韓国が勝てなければ通過
                それ以外は得失点勝負( 1以下)

  韓国(vs ナイジェリア)
    勝ち:
      アルゼンチン勝ち:通過
      アルゼンチン分け:通過

      アルゼンチン負け:アルゼンチン、ギリシャと得失点勝負( 0以上)
    分け
      アルゼンチン勝ち:通過
      アルゼンチン分け:通過
      アルゼンチン負け:敗退
    負け
      敗退

  ギリシャ(vs アルゼンチン)
    勝ち:3点差以上で通過
       2点差未満の場合、韓国と得失点勝負( 1以下)
    分け:韓国の敗戦で通過
    負け:敗退

  ナイジェリア(vs 韓国)
    勝ち:
      アルゼンチン勝ち:通過
      アルゼンチン分け:敗退
      アルゼンチン負け:敗退
    分け:敗退決定
    負け:敗退決定

分析
  2点差で負けても進出出来るアルゼンチンはほぼ決定。勝ってもアルゼンチンの負けが
 必要なナイジェリアはきつい。韓国とギリシャは、対戦相手を考えれば韓国有利か。
 ただし、90分終わるまで何が起こるか分からなそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-29:Gr-G:ブラジル v コートジボアール

スタジアム
  サッカー・シティ・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:12度  湿度:22%  ピッチ:乾燥 天候:晴れ
直前オッズ
  BRA v CIV 1.70 3.40 5.50
試合前G組暫定順位
  BRA[1] 3( 2/ 2) CIV[1] 1( 0/ 0) POR[1] 1( 0/ 0) PRK[1] 0(-2/ 0)
  ブラジル、勝てば決勝T進出決定
試合結果
  ブラジル 3 - 1 コートジボアール
主審
  ステファン・ラノイ(FRA)
ラインナップ
 ブラジル
         09 ファビアーノ

    11 ロビーニョ  10 カカ  07 エラーノ

         05 メロ   08 シウバ 

  06 バストス  04 ファン  03 ルシオ(C)  02 マイコン

           01 セーザル
  サブ
    12 ゴメス  13 アウベス  14 ルイゾン  15 チアゴ・シウバ  16 ジウベルト・メロ
    17 ジョズエ 18 ラミレス  19 バチスタ  20 クレベルソン   21 ニウマール
    22 ドニ   23 グラフィッチ
  監督
    ドゥンガ
 コートジボアール
            11 ドログバ(C)

  08 カルー  09 ティオテ  21 エブエ   15 ディンダン

           19 Yトゥーレ

  17 ティエネ  05 ゾコラ  04 Kトゥーレ  20 デメル

            01 バリー
   サブ
     02 アンゴア  06 ゴブリ  07 ドゥンビア   12 ゴッソ  10 ジェルビーニョ
     13 ロマリッチ 14 コネ   16 ゾグボ    18 ケイタ   22 バンバ
      23 イェボア  03 ボカ
   監督
     スベン・ゴラン・エリクソン
前半:試合展開
 01 BRA S  :ロビーニョ中ドリブルMS                枠上
 06 CIV    :カルー→ドログバ                    GKキャッチ
 13 CIV S  :右FK:ドログバS                   枠上
 15 CIV    :左FK:エブエ                     ファール
 18 BRA    :マイコン右ドリブル                   DFクリア(CK)
 19 BAR S  :右CK:エラーノ→シウバ中S              DFブロック
 19 BRA S  :ロビーニョ中S                     枠上
 20 BRA    :マイコン右クロス→                   DFクリア(CK)
 21 BRA    :左CK:エラーノ                    GKキャッチ
 25 BRA SOG:カカ→ファビアーノ右S              GOAL★BRA 1-0 CIV
 27 BRA    :バストス左クロス                    DFクリア(CK)
 28 BRA    :エラーノ左クロス→ファビアーノ落            あわず
 31 CIV ▲YC:ティエネ                     CARD▲ティエネ
 38 CIV    :右クロス→ドログバ中                  あわず
 38 CIV SOG:ディンダン中ミドルS                  GKキャッチ
 41 CIV S  :エブエ中ドリブルS                   枠右
 42 CIV OFF:→ディンダン                      オフサイド
前半:コメント
 ブラジル
   ゴールシーンは見事だったが、それ以外はコートジボアールの守備を崩せない印象。
   今のところ危険な箇所でボールを奪われていないので相手にチャンスを与えていない
   が、ドログバやカルーというワールドクラスの選手がいるだけに、不用意なパスカット
   にはくれぐれも注意したい。
 コートジボアール
   序盤こそ攻めたものの、全体的にブラジルに支配権を譲ってカウンター狙いに終始。
   セットプレイからチャンスを作ったものの決定機は無し。ただし、相手の1点リードは
   想定内のはず。少なくとも勝ち点1を獲らないと厳しい状況に追い込まれるので、
   後半の逆襲に期待したい。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ブラジル  1   4   1   3  10   54   0   0   0
 コートジボアール  0   4   1   0   8  46   1   0   1
後半:試合展開
 50 CIV    :デメル右クロス                     GKキャッチ
 50 BRA SOG:ファビアーノ中ドリブルTS            GOAL★BRA 2-0 CIV
 54 CIV S  :ディンダン右クロス→ドログバ左HS           枠右
 54 CIV 交代1:ディンダン(OUT)、シルビーニョ(IN)
 56 CIV S  :中ミドルS                       枠右
 58 CIV OFF:ドログバ                        オフサイド
 59 CIV    :カルー→ジェルビーニョ                 あわず
 61 BRA S  :エラーノ中ミドルS                   枠左
 62 BRA SOG:ロビーニョ→カカ右S                  GKセーブ
 62 BRA SOG:カカ左ドリブル、クロス→エラーノ中S       GOAL★BRA 3-0 CIV
 67 BRA    :エラーノ、足裏タックルを受けて退場
 67 BRA 交代1:エラーノ(OUT)、Dアウベス(IN)
 68 CIV 交代2:カルー(OUT)、ケイタ(IN)

 70 BRA S  :マイコン右S                      枠右
 72 CIV 交代3:エブエ(OUT)、ロマリック(IN)
 72 CIV SOG:ロマリック中ミドルS                 ※GKセーブ
 74 BRA SOG:Dアウベス中ミドルS                  GKキャッチ
 75 CIV ▲YC:ケイタ、バストスに足裏タックル          CARD▲ケイタ
 78 BRA    :カカ左ドリブル                     DFクリア(CK)
 79 CIV SOG:ケイタ左クロス→ドログバ中HS          GOAL★BRA 3-1 CIV
 85 BRA ▲YC:カカ、相手を押す                 CARD▲カカ
 86 CIV ▲YC:ティオテ                     CARD▲ティオテ
 88 BRA ▲YC:カカ                       退場▼カカ

 89 CIV SOG:右ミドルS                      ※GKセーブ(CK)
 +2 CIV    :左クロス→ケイタ右返                 ※GKセーブ
 +3 BRA 交代2:ロビーニョ(OUT)、ラミレス(IN)
 +4 BRA SOG:中FK:DアウベスS                  GKキャッチ
後半:コメント
 ブラジル
   3点を奪って試合を早々に決めたものの、その後、ルーズなDFラインでオフサイドが取れず
   ドログバにゴールを奪われる。DFラインの集中力の欠如はブラジルの伝統という話もあるが、
   今後、決勝トーナメントでは1つのミスが致命傷となりかねない。北朝鮮戦に続いての失点
   は、ドゥンガには納得出来かねるところだろう。カカが微妙なカードで退場したが、これは
   決勝Tへ向けて調整出来ると思うしかないだろう。
 コートジボアール
   ブラジルに3点奪われたところで完全に冷静さを失い、不用意なファールを連発した。その
   ファールでエラーノを負傷させ、フェイクプレイでカカを退場に追い込むようでは、世界や
   審判の支持は得られまい。この後のポルトガルの試合や、次の北朝鮮との対戦を残している
   とはいえ、決勝T進出に赤信号と言わざるを得ない。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ブラジル  1   12   6   4  17   56   1   1   0
 コートジボアール  0   10   4   3  23  44   3   0   2
G組暫定順位
  BRA[2] 6( 4/ 5) POR[1] 1( 0/ 0) CIV[2] 1(-2/ 1) PRK[1] 0(-2/ 0)
MOM
  ファビアーノ  (my vote:ファビアーノ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-28:Gr-F:イタリア v ニュージーランド

スタジアム
  ムボンメラ・スタジアム  ネルスプロイト
  気温:20度  湿度:20%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  ITA v NZL 1.20 6.00 15.00
試合前F組暫定順位
  PAR[2] 4( 2/ 3) ITA[1] 1( 0/ 1) NZL[1] 1( 0/ 1) SVK[2] 1(-2/ 1)
試合結果
  イタリア 1 - 1 ニュージーランド
主審
  カルロス・バトレス(GUA)
ラインナップ
 イタリア
        09 イアクィンタ     11 ジラルディーノ

  15 マルキ-ジオ                  07 ペペ

        22 モントリーボ  06 デロッシ

  03 クリシート  04 キエリーニ  05 カンナバーロ  19 ザンブロッタ

            12 マルケッティ
  サブ
   02 マッジョ    08 ガットゥーゾ  10 ディナターレ  13 ボッケッティ
   14 デサンクティス 16 カモラネージ*Y 17 バロンボ    18 クアリラレッラ 20 パッツィーニ
   23 ボヌッチ    21 ピルロ
  監督
    マルチェロ・リッピ
  欠場
    01 ブッフォン(負傷)
 ニュージーランド
     10 キレン    09 スメルツ   14 ファロン

  03 ロクヘッド  05 ビセリッチ 07 エリオット  11 バートス

      19 スミス   06 ネルセン  04 リード

             01 パストン
  サブ
    02 シグムンド*Y 08 ブラウン  13 バロン  15 マグリンシー  16 クラファム
    17 マリガン   18 ボーエンス 20 ウッド  21 クリスティ   22 ブロッキー
    23 バナタイン
  監督
    リッキー・ハーバート
  欠場
    12 モス(出場停止)
前半:試合展開
 07 NZL SOG:左FK:エリオット→スメルツ中S         GOAL★ITA 0-1 NZL
 09 ITA    :左FK:                       ※GKセーブ
 10 ITA SB :ペペ右ドリブルS                    DFブロック(CK)
 13 ITA    :ザンブロッタ右ドリブル、クロス             あわず
 14 NZL ▲YC:ファロン                     CARD▲ファロン
 16 ITA    :モントリーボ左クロス                  DFクリア(CK)
 17 ITA S  :右CK:ペペ→カンナ→キエリーニ左S          枠上
 22 ITA S  :ザンブロッタ右ミドルS                ※枠上
 25 ITA    :モントリーボ右クロス                  Gkセーブ
 27 ITA SOG:モントリーボ右ミドルS                ☆左ポスト
 28 ITA    :左クロス→デロッシ、エリア内で倒れる          PK
 28 NZL ▲YC:スミス、デロッシを倒す              CARD▲スミス
 29 ITA SOG:PK:イアキンタS右中              GOAL★ITA 1-1 NZL
 32 ITA S  :右CK:ペペ→クリシト中S               枠上
 45 ITA S  :ザンブロッタ右ミドルS                 DFブロック
 45 ITA SOG:デロッシ中ミドルS                  ☆GKセーブ
前半:コメント
 イタリア
   開始早々7分に先制され、その後は一方的に攻めた結果、どうにかPKをゲットして同点に
   追い付く。モントリーボのシュートがポストを叩いたり運も無かっただけに、とりあえず
   追い付いて一息か。ただし、グループリーグ勝ち抜けのためには勝利が必須。出来れば
   大量点で得失点でも優位に立ちたいところ。
 ニュージーランド
   前半を通してシュートはゴールの1本のみ、後はひたすら守る展開だった。PKに関しては
   デロッシにうまくやられた印象。このまま勝ち点1で追われれば御の字ではあるが、正直
   今のまま守りだけを考えていては、いつかはやられてしまうはず。
前半:スタッツ

           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     イタリア  1   10   4   6   7   60   0   0   1
 ニュージーランド  1   1   1   0  14  40   2   0   0
後半:試合展開
 46 ITA 交代1:ジラ(OUT)、ディナターレ(IN)
 46 ITA 交代2:ペペ(OUT)、カモラネージ(IN)

 49 ITA SOG:カモ右→ディナターレ右S               ※GKセーブ
 55 ITA    :クリシート左クロス                   DFクリア
 61 ITA S  :中→イアキンタ中反転S                 枠左
 61 ITA 交代3:マルキージョ(OUT)、パッツィーニ(IN)
 62 NZL 交代1:ファロン(OUT)、ウッド(IN)

 63 NZL S  :ビセリッチ中ミドルS                  枠左
 66 ITA S  :ディナターレ右クロス→キエリーニ中HS         DFクリア(CK)
 70 ITA SOG:モントリーボ中ミドルS                ☆GKセーブ
 73 ITA    :ディナターレ左クロス                  DFクリア(CK)
 79 ITA SOG:右CK:→イアキンタ中HS              ☆DFクリア(CK)
 79 ITA S  :カモ中S                        枠左
 80 ITA S  :ディナターレ中ドリブルMS               枠左
 80 NZL 交代2:ビチェリチ(OUT)、クリスティ(IN)
 82 ITA S  :左CK:モントリーボ→キエリーニ            ファール
 89 ITA SOG:カモ中ミドルS                    ☆GKセーブ(CK)
 90 ITA SB :ザンブロッタ右S                   ※DFブロック
 +3 NZL 交代3:キレン(OUT)、バロン(IN)
後半:コメント
 イタリア
   後半開始早々にディナターレとカモラネージ、さらに61分にパッツィーニを投入して超攻撃的な
   布陣にして13本のシュートを放ったものの、相手GKやDFの守備を破ることは出来なかった。
   GKの獲れないミドルは何度かあったが、それを押し込む人間がいなかった。また、ミドルSか
   単純なクロスしか攻撃の決め手がないのが勝ちきれなかった要因か。
 ニュージーランド
   後半もシュートを2本しか放てなかったものの、イタリアの攻撃を押さえきった。相手の攻撃の
   単調さに助けられたとは言え、スロバキア戦に続いての引き分けは評価できる。ただ、守り一辺倒
   では、パラグアイに勝利することは難しいだろう。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     イタリア  1   23   7   15  11   57   0   0   1
 ニュージーランド  1   3   1   0  24  43   3   0   1
F組暫定順位
  PAR[2] 4( 2/ 3) ITA[2] 2( 0/ 2) NZL[2] 2( 0/ 2) SVK[2] 1(-2/ 1)
MOM
  デロッシ (my vote:パストン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-27:Gr-F:スロバキア v パラグアイ

スタジアム
  フリー・ステート・スタジアム  ブルームフォンテーン
  気温:15度  湿度:28%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  SVK v PAR 3.75 3.10 2.10
試合前F組暫定順位
  ITA[1] 1( 0/ 1) PAR[1] 1( 0/ 1) NZL[1] 1( 0/ 1) SVK[1] 1( 0/ 1)
試合結果
  スロバキア 0 - 2 パラグアイ
主審
  エディ・メイレット(SEY)
ラインナップ
 スロバキア
              11 ビッチク

     07 バイス     08 コザク      09 シュスタク

       17 ハムシク(C)  06 シュトルバ*Y

  16 ドゥリツァ  21 サラタ  03 シュクルテル  02 ペカリク

              01 ムハ
  サブ
    04 チェフ  05 ザバフニク  10 サパラ  12 ペルニス  13 ホロスコ
    14 ヤクブコ 15 ストフ    18 イェンドリシェク    19 クチュカ
    20 コプネク 22 ペトラシュ  23 クチャク
  監督
    ウラジミール・バイス
 パラグアイ
    18 バルデス  09 サンタクルス  19 バリオス 

    16 リベーロス  15 カセレス*Y  13 ベラ

  03 モレル  21 アルカラス 14 ダシルバ  06 ボネット

           01 ビジャール(C)
  サブ
    02 ベロン    04 カニサ  05 カセレス  07 カルドソ  08 バレート
    17 トーレス   10 ベニテス 12 バレート  20 オルティゴサ
    22 ボバディージャ  23 ガマラ
  監督
    ヘラルド・マルティーノ
  欠場
    11 サンタナ
前半:試合展開
 02 SVK OFF:オフサイド
 03 PAR    :バリオス右クロス                    あわず
 03 PAR SOG:サンタクルス左MS                  ☆GKセーブ(CK)
 19 PAR    :左FK:→シルバ右                  ※あわず
 19 PAR SOG:バルデス→リベロス中MS                GKキャッチ
 23 PAR S  :バリオス右S                      枠上
 25 PAR S  :バルデス左S                      枠右
 27 PAR SOG:バリオス→ベラ中ドリブルS            GOAL★SVK 0-1 PAR
 32 SVK    :ハムシク右クロス→バイス                あわず
 37 SVK S  :左CK:→サラタ中HS                 枠上
 39 PAR SOG:サンタクルス中ドリブルS               ☆GKセーブ
 42 SVK ▲YC:ドゥリツァ                    CARD▲ドゥリツァ
 45 PAR ▲YC:ベラ                       CARD▲ベラ

前半:コメント
 パラグアイ
   3トップにした積極的な布陣が大当たり。前線からのプレスでボールをカットして、シュートに
   持ち込むシーンが目立った。但し、時間が経つに連れ動きが鈍くなっている気がするのが心配
   なところ。ただ一方的な展開とは言えまだまだ1点差。早く追加点を取ってゴールを決めたい。
 スロバキア
   攻めるパラグアイのボールを奪ってカウンターをしかける狙いの筈だが、ビルドアップでミス
   を連発してパスカットされてピンチを招くシーンが目立った。また、攻撃については前線に
   ボールを運ぶ事がほとんどできず、シュートはわずか1本。むしろよく1失点で抑えたという
   印象が強い。もう少し攻撃を活性化させたいところだが、パラグアイの猛攻を押さえるだけで
   精一杯か。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   スロバキア   0   1   0   1   6   49   1   0   1
   パラグアイ   1   8   4   1  13  51   1   0   0
後半:試合展開
 47 SVK    :シェスタク、スライディング            CARD▲シェスタク
 56 SVK    :ドゥリシャ左クロス                   GKキャッチ
 58 SVK OFF:オフサイド
 60 PAR    :サンタクルス左クロス                  DFクリア
 62 SVK    :ドゥリシャ左ドリブル                  DFクリア(CK)
 68 PAR 交代1:バルデス(IN)、トーレス(IN)
 70 SVK 交代1:シュスタク(OUT)、ホロシコ(IN)
 72 PAR S  :サンタクルス左クロス→ベラ中HS           ※枠左
 77 PAR S  :トーレス中ミドルS                   枠上
 82 PAR 交代2:ルーカス(OUT)、カルドソ(IN)
 83 SVK 交代2:サラタ(OUT)、ストフ(IN
)
 83 SVK ▲YC:バイス                      CARD▲バイス
 86 PAR SOG:リベロス中MS                  GOAL★SVK 0-2 PAR
 88 SVK 交代3:ベラ(OUT)、バレート(IN)
 +1 SVK S  :バイス中ドリブルS                   枠上
 +2 SVK SOG:中ミドルS                      ☆GKセーブ
後半:コメント
 パラグアイ
   後半は攻め疲れかペースコントロールか、ともかくあまり前に出ることを避ける省エネ
   サッカーに終始。若干スロバキアに攻められるシーンが増えたものの、問題無く守りきり、
   86分に追加点を獲って勝負を決めた。もう少し早く勝負を決められた印象はあるものの、
   まあうまい試合運びが出来た印象。ただ、先制点を取れないと厳しい状況に陥った気は
   する。プレスをかけた時間にゴールを奪えないときのゲームプランを見てみたい 
 スロバキア
   後半に入って若干攻める機会は増えたものの、決定機を作り出す事は出来ず。結局最後
   までパラグアイの前線に翻弄された印象。残りがイタリア戦であることを考えると、
   決勝トーナメント進出は厳しい状況と言わざるを得ない。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   スロバキア   0   6   1   3  14   51   3   0   3
   パラグアイ   2   11   5   1  18  49   1   0   0
試合前F組暫定順位
  PAR[2] 4( 2/ 3) ITA[1] 1( 0/ 1) NZL[1] 1( 0/ 1) SVK[2] 1(-2/ 1)
MOM
  ベラ (my vote:ベラ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 迷い猫オーバーラン! #11

11 迷い猫、割れた  http://www.patisserie-straycats.com/story/11/

コメント
  いや、いきなり希さん、動画サイトで踊ってますけど、なんか見つかっちゃった感じ…。そして千世っち、
 体育祭を全国中継とか、しかも3Dフルハイビジョンだそうですが…。いきなりブルマだそうですが、いきなり
 短パン廃止宣言してますが、いいのか千世っち。一方、二人三脚のパートナーを巡って大騒動。乙女お姉さんが
 パートナー宣言したことでモメモメ。いきなり「ブルマの学園」とか飾りが立ってますが、そこで叶絵ちゃんが
 登場。いや、どうして、そこで熱血モードになってるんだ…。しかもスパッツ宣言してるし。どっちでもいいと
 言う巧が非難ごうごうと言うAパート。いや、血のブルマ事件って…(笑)
  ブルマのテーマソングとか歌ってますけど、スパッツの方にも歌があったんだ~。聖闘士星矢なミュージカルって
 どうなんだ、それは…。ちょっとおませな幼なじみって…。そして巧君の事で悩む希ちゃん…。ブルマをはかせられる
 メイドさん。しかし、わざわざスカートめくる必要はない気がするんですが。巧とどうなりたいかと言われて、
 二人三脚に出るとか言い切ってますが。おっと、ここで珠緒先輩登場。あれ~、普通に可愛いね(笑)
 そしてリハーサルの提案ですが、とりあえず巧の縄解いてやれよ…。というBパート。それにしてもケイオン部協定
 って、それはいいけどEDが…。それよりなにより、四摩子さんの中の人が志摩子さんの中の人って(笑)

次回予告

  実はクラスメイトだったり先輩だったりするメイドさんでしたって、今更言うか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/19

[WC2010] MN-24:Gr-D:ガーナ v オーストラリア

スタジアム
  ロイヤル・バフォケン・スタジアム
  気温:13度  湿度:38%  ピッチ:乾燥  天候:ドライ
直前オッズ
 GHA v AUS 2.30 3.10 3.30
試合前D組暫定順位
  GER[2] 3( 3) GHA[1] 3( 1) SRV[2] 3( 0) AUS[1] 0( -4)
試合結果
  ガーナ 1 - 1 オーストラリア
ラインナップ
 ガーナ
            03 ギャン

    13 アイェウ   21 アサモア   12 タゴエ*Y

         23 ボアテンク  06 アナン

  02 サルベイ  19 アディ   08 メンサー  04 パントシル

            22 キングソン
  サブ:
    01 アギェイ   05 メンサー  07 インコーム  09 ボアテンク  10 アッピアー 
    11 ムンタリ   14 アモアー  15 ボルサー   16 アホール   17 アイェウ  
    18 アディアー  20 アベイエ
  監督:
    ミロバン・ライェバッツ
 オーストラリア
            10 キューエル

   23 ブレシャーノ   14 ホルマン    07 エマートン

          05 クリナ  16 バレリ

   21 カーニー  03 ムーア*Y  02 ニール*Y  08 ウィルシャー

           01 シュウォーツァー
  サブ: 
    06 ボージャン  09 ケネディ   12 フェデリチ
    15 ジュディナク 17 ルカビツヤ  18 ジョーンズ  20 ミリガン  11 チッパーフィールド
    22 ビドシッチ  19 ガルシア
  監督
    ピム・ファーベック
  欠場
    04 ケーヒル(出場停止) 13 グレッラ(負傷)
前半:試合展開
 02 AUS    :キューエル右ドリブル、エリア内で倒れる         笛無し
 06 GHA S  :ボアテンク右ミドルS                  枠左
 07 AUS    :左FK:ブレシャーノ                  合わず
 11 AUS SOG:中FK:ブレシャーノS                ※GKセーブ
 11 AUS SOG:こぼれ→ホルマン左S               GOAL★GHA 0-1 AUS
 17 GHA S  :アイエゥ右クロス→ギャン中HS             GKキャッチ
 20 GHA S  :アイェウ中ミドルS                   DFクリア(CK)
 21 GHA    :右CK:アイェウ                    GKキャッチ
 23 GHA SB :ギャン中S                       DFブロック(CK)
 24 GHA SB :アイェウ右クロス→メンサー中S             ハンド(PK)
 24 AUS ▼RC:キューエル、ハンド                退場▼キューエル
 25 GHA SOG:PK:ギャンS右下                GOAL★GHA 1-1 AUS
 27 GHA S  :タゴエ左ドリブルS                   枠左
 36 GHA    :中FK:アサモアS                   壁
 40 GHA ▲YC:アディ                      CARD▲アディ
 44 GHA SOG:C→ボアテンク右ドリブルS              ☆GKセーブ(CK)
前半:コメント
 オーストラリア
   セットプレイのこぼれを押し込んで先制したところまでは押し気味だったが、その後ガーナの
   攻撃を許すようになり、セットプレイ崩れからのシュートでキューエルがハンドを取られて退場。
   微妙な判定だったが、決定機の妨害という意味ではやむなしか。一人少なくなったことで守備に
   追われるシーンが目立ち、なかなか攻撃を仕掛けるシーンがないのが辛いところ。セットプレイ
   に頼るしかないか。
 ガーナ
   先制点を許したものの、その後は押し気味に試合を進める。但し何度かシュートは放ったものの
   相手の守備にも阻まれて決定機は無し。シュートはほとんどが枠外ではゴールが生まれないのも
   やむ無しか。一人多いだけに追加点を奪って試合を決めたいところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ガーナ  1   9   3   4   9   47   1   0   2
  オーストラリア  1   2   2   0   8  53   0   1   1
後半:試合展開
 47 GHA S  :アサモア中ドリブルMS                 枠右
 50 GHA SOG:ギャン中ミドルS                   ※GKセーブ
 51 GHA S  :ペインシトル中ミドルS                 枠左
 53 GHA    :タゴエ右クロス                     GKキャッチ
 53 AUS    :右CK:ウィルクシャー                 DFクリア
 55 GHA SB :アサモア中ミドルS                   DFブロック
 56 GHA 交代1:タゴエ(OUT)、アベイエ(IN)
 57 GHA    :アサモア左クロス                    GKキャッチ
 58 AUS S  :右FK:→ムーア左HS                 枠左
 60 GHA SOG:ギャン中ミドルS                    GKキャッチ
 64 GHA S  :メンサー中ミドルS                   GKキャッチ
 65 GHA SB :アサモア中S                      DFブロック
 66 AUS 交代1:ブレシアーノ(OUT)、チッパーフィールド(IN)
 67 AUS S  :右クロス→チッパーフィールド中HS          ※枠上
 67 GHA S  :ギャン右ドリブルS                  ※枠左
 68 AUS 交代2:ホルマン(OUT)、ケネディ(IN)
 71 GHA S  :ボアテンク→ギャン左S                 枠左
 73 AUS SOG:チッバーフィールド右S                ☆GKセーブ
 73 AUS SOG:こぼれ→ケネディ中S                 ※GKキャッチ
 75 AUS OFF:ケネディ                        オフサイド
 77 GHA 交代2:アサモア(OUT)、ムンタリ(IN)
 79 GHA ▲YC:メンサー                     CARD▲メンサー
 80 AUS S  :中FK:エマートンS                  枠上
 85 AUS 交代3:ウィルクシャー(OUT)、ルカビツヤ(IN)
 87 AUS ▲YC:ムーア                      CARD▲ムーア 次節停止
 90 GHA S  :左FK:→→メンサーS                 枠上
 +2 GHA SOG:アベイエ中S                     ☆GKセーブ
 +3 GHA    :ペイントシル負傷(尾骨?)
後半:コメント
  オーストラリア
    後半の終わりにはむしろ攻撃でガーナを圧倒したものの、相手の守備勢に阻まれてゴールならず。
    1人少ないことを感じさせない攻めを見せただけに残念だった。ガーナの攻撃もうまく押さえて
    いただけに、キューエルのハンドがなければ違った結果になった気もする。非常に厳しい状況では
    あるが、まだ可能性がないわけではないので最後まで健闘して欲しい。
  ガーナ
    シュート22本を放つも結果はPKの1点のみ。相手が一人少なく、ドリブル突破の守備に難があった
    だけに残念な結果ではある。しかし2試合を通してゴールがPKの2本のみというのは決定力を
    問われても仕方のない結果。最後のドイツ戦でスッキリ勝って決勝T進出を決めたいところ。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ガーナ  1   22   6   6  22   50   3   0   2
  オーストラリア  1   8   5   1  18  50   1   1   2
D組暫定順位
  GHA[2] 4( 1/ 2) GER[2] 3( 3 / 4) SRV[2] 3( 0/ 2) AUS[2] 1( -4/ 1)
MOM
  ギャン (my vote:シュウォーツァー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-26:Gr-E:カメルーン v デンマーク

スタジアム
  ロフタス・バースフィールド・スタジアム  プレトリア
  気温:10度  湿度:48%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ  
  CMR v DEN 2.90 3.10 2.50
E組暫定順位
  NED[2] 6( 3/ 3) JPN[2] 3( 0/ 1) CMR[1] 0(-1/ 0) DEN[1] 0(-2/ 0)
  カメルーン、負けると敗退が決定
試合結果
  カメルーン 1 - 2 デンマーク
主審
  ホルヘ・ラリオンダ(URU)
ラインナップ
 カメルーン
          09 エトゥ(C)  15 ウェボ    

  10 エマナ                   08 ジェレミ

         18 エノー    06 Aソング

             

  02 アスエコト  05 バソング  03 エンクルー*Y 19 エムビア

             16 ハミドゥ
  サブ
    01 カメニ  04 ソング    07 エングエモ 11 マクーン 
    12 ボング  13 モティング  14 シェジュー  17 イドリス   20 マンジュク
    21 マティブ 22 エンディ   23 アブバカル
  監督
    ポール・ル・グエン
 デンマーク
     09 トマソン(C) 11 ベントナー   19 ロンメダール 

      10 ヨルゲンセン(C)   08 グロンキア

            02 Cボウルセン

  15 Sポウルセン  04 アッガー 03 キアル  06 ヤコブセン

             01 セーレンセン
  サブ
    05 クビスト   07 イェンセン  12 カーレンベリ     13 クロルドルップ
    14 Yポウルセン 16 アンデルセン 17 ベックマン  18 ラーセン  21 エリクセン
    20 エネボルセン 22 クリスティアンセン  23 ムティリガ
  監督
    モアテン・オルセン
前半:試合展開
 01 CMR SB :アスエコト中ミドルS                  DFブロック
 07 DEN S  :ロンメダール右ドリブルS                枠上
 09 CMR SOG:左FK:ジェレミS                   GKキャッチ
 10 CMR SOG:ウェボ左→エトゥ中S               GOAL★CMR 1-0 DEN
 13 CMR S  :エマナ中ミドルS                   ※枠左
 17 DEN S  :グレンケア左S                     DFブロック(CK)
 17 DEN S  :右クロス→グロンキア左HS               枠上
 20 CMR SOG:エノー中ミドルS                    GKキャッチ
 20 DEN SOG:ヤコブセン右クロス→トマソンS            ☆GKセーブ
 25 DEN    :ヤコブセン右クロス                   GKセーブ
 29 CMR S  :エマナ中ミドルS                    枠上
 30 DEN S  :ヤコブセン右S                     枠上
 33 DEN SB :Sポウルセン中ミドルS                 DFブロック
 33 DEN SOG:ポウルセン右クロス→ベントナー中S        GOAL★CMR 1-1 DEN
 37 CMR    :ジェレミ右クロス                    あわず
 41 CMR    :ジェレミ右クロス                    GKキャッチ
 41 DEN OFF:グロンキア                       オフサイド
 42 DEN SOG:ロンメダール右→トマソン中S             ☆DFブロック
 42 CMR SOG:エマナ→エトゥS                   ☆左ポスト
 43 CMR SOG:エマナ中ドリブルRS                 ☆GKセーブ
前半:コメント
 デンマーク
   右サイドのロンメダールとヤコブセンが何度もドリブル突破でチャンスを作った。同点弾も
   右からのクロスにベントナーが合わせた形。ただし、今日のDFラインはミスパスを相手に
   カットされるのが気になる点。後はうまく機能しているトマソンとグロンキアが、どこまで
   使えるかも注目。
 カメルーン
   開始早々にエトゥが決めて先制したものの、その後は左サイドの穴を狙われた。ウェボや
   エトゥが戻らないのでアスエコト一人で対応しきれず、突破を許すシーンが目立った点は
   早々に修正する必要があるだろう。攻撃に関してはプレスをかけてデンマークのミスを
   誘って決定機を作ったのは評価出来る。出来ればリードして終わりたかった展開ではあるが。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    デンマーク  1   10   5   2   3   50   0   0   0
    カメルーン  1   8   3   1   5  50   0   0   1
後半:試合展開
 46 CMR 交代1:エノー(OUT)、マクーン(IN)
 46 DEN 交代1:ヨルゲンセン(OUT)、イェンセン(IN)

 47 CMR    :右CK:→エムビア中HS               ※GKセーブ(CK)
 48 CMR    :右クロス→アスエコト、エリア内で倒れる         笛無し
 49 CMR ▲YC:バソング                     CARD▲バソング
 50 DEN S  :キアル右ミドルS                    枠上
 58 CMR S  :エトゥ中→ウェボ右S                  枠上
 61 CMR S  :アスエコト左クロス→ウェボS              GKキャッチ
 61 DEN SOG:ロンメダール右ドリブルS             GOAL★DEN 2-1 CMR
 63 CMR S  :右クロス→ウェボ中HS                 枠左
 66 CMR S  :エトゥ右クロス→マクーン中S              枠上
 67 DEN 交代2:グロンキア(OUT)、カーレンベリ(IN)
 71 DEN SOG:トマソン中S                     ☆GKセーブ
 72 CMR 交代2:バソング(OUT)、イドリス(IN)
 75 CMR ▲YC:ウンビア                     CARD▲ウンビア
 77 CMR SOG:エマナ右ドリブルS                  ☆GKセーブ
 80 CMR S  :右クロス→イドリス中HS                枠上
 81 DEN SOG:ベントナー中S                     GKキャッチ
 82 CMR SOG:アブバカル中ミドルS                  DFブロック(CK)
 85 CMR S  :イドリス中HS                     枠上
 86 DEN 交代3:トマソン(OUT)、Yポウルセン(IN)
 87 DEN ▲YC:キアル                      CARD▲キアル 次停
後半:コメント
 デンマーク
   後半はカメルーンに攻めさせてカウンター狙いに徹した。相手に何度かチャンスを与えたものの
   それ以上の決定機を作り出した。アッガーとケアルのCBは高さにもスピードにも致命的な
   穴はなく、ロンメダールのドリブル突破は驚異的。特に守備力の堅さは確かだけに、彼らから
   大量点を奪うのは簡単ではないだろう。ただし、得失点差を考えると、2点差を付けての
   勝利が欲しかったところではある。
 カメルーン
   日本戦の不振が嘘のように激しく攻め立てて試合の主導権を握ったが、無理な攻めがたたって
   2失点を喫し、結果としてグループリーグ敗退が決定した。開幕前から内紛が伝えられたり
   した混乱ぶりで最後まで力を出し切れなかった印象が強い。個々の選手の力では世界レベルと
   言えるがチームとしての完成度は低いままだった。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    デンマーク  1   23   8   7   9   54   2   0   1
    カメルーン  1   13   6   2  12  46   2   0   1
E組暫定順位
  NED[2] 6( 3/ 3) JPN[2] 3( 0/ 1) DEN[2] 3(-1/ 2) CMR[2] 0(-2/ 1)
  カメルーン敗退決定
MOM 
  アッガー (my vote:ロンメダール)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-25:Gr-E:オランダ v 日本

スタジアム
  ダーバン・スタジアム  ダーバン
  気温:22度  湿度:38%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  NED v JPN 1.44 4.00 8.00
試合前E組暫定順位
  NED[1] 3( 2/ 2) JPN[1] 3( 1/ 1) CMR[1] 0(-1/ 0/ 0) DEN[1] 0(-2/ 0)
試合結果
  オランダ 1 - 0 日本
主審
  ヘクトル・バルダッシ(ARG)
ラインナップ
 オランダ
            09 Vペルシー*Y

   23 Vファールト  10 スナイデル   07 カイト

       08 デヨンク*Y   06 Vボメル

  05 ジオ(C) 04 マタイセン  03 ハイティンハ  02 Vビール

          01 ステケレンブルフ
  サブ
    11 ロッベン  12 ブラルーズ  13 オーイエル  14 デゼウ  15 ブラーフハイト
    16 フォルム  17 エリア    18 スハールス  19 バベル  20 アフェライ
    21 フンテラール  22 ボスフケル
  監督
    ベルト・ファン・マルワイク
 日本
          18 本田

  16 大久保  07 遠藤  17 長谷部(C) 08 松井

          02 阿部*Y

  03 駒野   04 闘莉王   22 中澤  05 長友

          21 川島
  サブ
    01 楢崎  06 内田  09 岡崎  10 中村俊  11 玉田
    12 矢野  13 岩政  14 中村憲 15 今野   19 森本
    20 稲本  23 川口
  監督
    岡田武史
前半:試合展開
 04 NED    :Vペルシ左クロス                    DFクリア(CK)
 05 NED    :右CK:Vファールト                  DFクリア
 07 JPN    :駒野、Vペルシーの足を顔に受ける
 09 NED S  :左FK:スネイデルS                  枠上
 10 NED    :カイト右クロス                     合わず
 10 NED S  :カイト中OHS                     DFブロック
 11 JPN S  :長友左S                        枠右
 13 JPN    :右FK:Vビール                    DFクリア
 16 JPN    :松井→本田                       合わず
 24 JPN OFF:大久保                         オフサイド
 30 NED    :Vファールト左クロス                  DFクリア
 33 JPN S  :右FK:遠藤→本田中HS                枠上
 36 NED ▲YC:Vビール                     CARD▲Vビール
 36 JPN S  :右FK:遠藤→闘莉王左HS               枠上
 37 JPN SOG:松井中MS                       GKキャッチ
 39 NED    :Vボメル中→                      あわず
 41 JPN S  :中FK:本田S                     枠上
 +1 NED SOG:VファールトS                     GKキャッチ
前半:コメント
 日本
   アンカーの阿部が献身的な守備でスナイデルへのボールをカット、サイドの選手へのボール
   供給もさせず、シュートをわずか3本に押さえた。ポゼッションは3割弱しかないが、これは
   相手にボールを持たせている印象。攻撃も決定的なチャンスは無かったものの、何度か相手
   ゴール前にボールを運んで5本のシュートを放った。ほぼ、計算通りの日本ペースで試合が
   進んだと言える。
 オランダ
   日本の守備の前に攻撃勢がなかなかボールを持てず。中盤でパスを回すばかりでなかなか
   決定的な攻撃が出来ず。攻めに出たSBの裏を狙われるシーンもあって、自分たちの
   サッカーが出来なかった印象。ただし、日本の疲れを待って後半に猛攻をかける可能性が
   濃厚。ロッベン、エリアの投入で一気に攻め立てる作戦だろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     オランダ  0   3   1   1  10   69   1   0   0
       日本  0   5   1   0   8  31   0   0   1
後半:試合展開
 47 NED SB :スネイデル中MS                    DFブロック
 48 NED SOG:ジオ左クロス→Vペルシー中HS             GKキャッチ
 49 NED S  :中フィード→VペルシBS                枠右
 51 NED    :右FK:Vファールト                  DFクリア(CK)
 51 NED    :左CK:スネイデル                   DFクリア
 53 NED SOG:スネイデル左ミドルS               GOAL★NED 1-0 JPN
 56 JPN SOG:大久保中ドリブルS                   GKキャッチ
 57 JPN S  :大久保左S                       枠上
 58 JPN    :左CK:遠藤→松井→                  DFクリア(CK)
 59 JPN    :左CK:遠藤                      DFクリア(CK)
 60 JPN    :左FK:遠藤                      GKキャッチ
 64 JPN 交代1:松井(OUT)、中村俊(IN)
 65 JPN S  :大久保左MS                      枠右
 67 NED    :スナイデル左クロス                   あわず
 69 JPN    :駒野右クロス→                     DFクリア(CK)
 70 JPN    :遠藤左クロス                      DFクリア(CK)
 72 JPN    :駒野右クロス                      枠上
 72 NED 交代1:Vファールト(OUT)、エリア(IN)
 76 JPN 交代2:長谷部(OUT)、岡崎(IN)
 77 JPN 交代3:大久保(OUT)、玉田(IN)

 78 NED    :エリア中→Vペルシ                   GKキャッチ
 82 JPN    :本田右クロス→闘莉王                  合わず
 82 NED 交代2:スネイデル(OUT)、アフェライ(IN)
 85 NED SOG:アフェライ左ドリブルS                ☆GKセーブ
 87 NED OFF:エリア                         オフサイド
 88 NED 交代3:Vペルシ(OUT)、フンテラール(IN)
 88 NED SOG:フンテラール中S                   ☆GKセーブ
 90 JPN S  :駒野右→闘莉王中→岡崎左S              ※枠上
 +2 JPN    :長友右ドリブル、エリア内で倒れる            笛無し
後半:試合展開
 オランダ
   53分、こぼれ球をスナイデルが左からミドルを決めて先制、それまで全くチャンスが無かった
   ものの、しっかりそれを決めるのはさすが。その後、前がかりになった日本の裏を突く形で
   アフェライとフンテラールがカウンターでゴールを狙うが、GKのセーブに阻まれる。相手の
   激しさもあって自分たちのサッカーが出来なかったが、それでも勝ち点3をゲットして決勝T
   進出へ一歩前進出来たのをよしとすべきだろう。
 日本
   失点までは優勢に試合を進めていたが、失点のシーンでスナイデルをフリーにしてしまった
   事が悔やまれる。その後、闘莉王をあげたり玉田や岡崎を投入したものの、チャンスは岡崎の
   枠上のシュートのみ。結果が出なかった事もあり、時間的にも人選的にも不満の残る交代と
   なってしまった。ただ、オランダ戦の敗戦は想定内の筈なので、次のデンマーク戦にすべてを
   かけて欲しい。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     オランダ  1   9   5   4  18   61   1   0   2
       日本  0   10   3   5  11  39   0   0   1
E組暫定順位
  NED[2] 6( 3/ 3) JPN[2] 3( 0/ 1) CMR[1] 0(-1/ 0/ 0) DEN[1] 0(-2/ 0)
MOM
  スナイデル (my vote:スナイデル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/18

[WC2010] MN-23:Gr-C:イングランド v アルジェリア

スタジアム
  グリーン・ポイント・スタジアム  ケープタウン
  気温:17度  湿度:25%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  ENG v ALG 1.25 5.00 15.00
試合前C組暫定順位
  SVN[2] 4( 1/3) USA[2] 2( 0/3) ENG[1] 1( 0) ALG[1] 0(-1)
試合結果
  イングランド 0 - 0 アルジェリア
主審
  ラフシャン・イルマトフ(UZB)
ラインナップ
 イングランド
         21 ヘスキー   10 ルーニー

  04 ジェラード*Y                 07 レノン

         08 ランパード  14 バリー

  03 Aコール  06 テリー    18 キャラガー*Y  02 ジョーンズ

           01 ジェームズ
  サブ
    12 グリーン   05 ドーソン  09 クラウチ  11 Jコール   13 ウォーノック
    16 ミルナー*Y  15 アップソン 17 SWP   19 デフォー
    22 キャリック  23 ハート
  監督
    ファビオ・カペッロ
  欠場
    20 キング(負傷)
 アルジェリア  
   15 ジアニ    13 マトムール 07 ブドゥブ

  03 ベラジ  08 ラセン  19 イェブタ*Y  21 カディル

    05 ハリシェ   02 フゲア  04 ヤヒア

           16 シャウシ
  サブ:
   01 カヴアウィ  06 マンスーリ 11 ジェブール     10 サイファ
   12 ベライド   14 ライファウィ 17 グエディウラ 18 メジャニ  20 メスバフ
   22 アブドゥン  23 エムボリ
  監督
    ラバー・サーダン
  欠場
    09 ケザル
前半:試合展開
 04 ENG SOG:ジェラード左ロングS                  GKキャッチ
 09 ENG    :ジョンソン右スルーP                  GKキャッチ
 12 ALG    :右クロス                        GKセーブ
 12 ENG    :右CK:バリー                     ファール
 15 ALG S  :ブドゥブ中ミドルS                   枠右
 17 ALG    :ジアニ左クロス                     GKキャッチ
 20 ALG SOG:ジアニ左クロス→イェブタ中HS             GKキャッチ
 20 ENG SOG:ルーニー左S                      GKキャッチ
 24 ALG    :右CK:ベラジ                     GKキャッチ
 30 ENG SOG:ジェラード左ミドルS                  GKキャッチ
 32 ALG    :ベラジ左クロス                     GKキャッチ
 33 ENG SOG:レノン右クロス→ランパード中S            ※GKキャッチ
 35 ALG SOG:ジアニ左S                       枠左
 38 ENG S  :ジェラード中ミドルS                  枠上
 39 ENG SOG:バリー中ミドルS                    GKキャッチ
 40 ENG    :ヘスキー右クロス                    DFクリア
 43 ENG SOG:ルーニー中ミドルS                   GKキャッチ
前半:コメント
 イングランド
   若干ではあるがアルジェリアに押された印象。中盤の争いで若干遅れを取っている
   のは予想外だろう。攻撃に関しては中央の選手に厳しいマークがついて、なかなか
   決定的なシュートが打てず。ジェラード、レノンが何度かクロスをあげるものの、
   チームとして崩すシーンがほとんど見られず。
 アルジェリア
   決定的なシュートこそなかったが、支配率はイングランドを上回った。ただし、
   ジアニのクロスはよく上がるものの、中であわせる選手がいない。ジェームズが
   若干不安定な守備を見せているだけに、もう少しシュートやクロスを打ちたい
   ところ。ただしプレッシャー強いだけに疲労が心配
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   イングランド  0   9   5   1   6   49   0   0   0
   アルジェリア  0   6   1   2   6  51   0   0   2
後半:試合展開
 50 ALG    :ジアニ左クロス                     枠左
 52 ENG    :ヘスキー右クロス                    枠上
 55 ENG    :ジェラード右クロス                   DFクリア
 57 ALG    :ベラジ左クロス                     DFクリア(CK)
 58 ENG ▲YC:キャラガー、オブストラクション          CARD▲キャラガー 次節停止
 59 ALG S  :中FK:ヤヒアS                    枠左
 61 ENG    :左CK:ランパード                   GKキャッチ
 62 ENG    :レノン左クロス→                    DFクリア(CK)
 63 ENG 交代1:レノン(OUT)、SWP(IN)
 70 ENG SB :ジェラード中→ヘスキー右S              ※枠上(CK)
 71 ENG SOG:右CK:ランパード→ジェラード中HS          GKキャッチ
 73 ENG S  :ル-ニー右S                      枠左
 74 ENG 交代2:ヘスキー(OUT)、デフォー(IN)
 74 ALG 交代1:ブドゥブ(OUT)、アブドゥン(IN)

 76 ENG    :→デフォー                       DFクリア(CK)
 76 ENG SB :バリー中BS                      DFブロック
 79 ALG OFF:オフサイド
 80 ALG 交代2:ジアニ(OUT)、 グエディウラ(IN)
 84 ENG 交代3:バリー(OUT)、クラウチ(IN)

 86 ENG    :右CK:ランパード→デフォー右HS           枠上
 88 ENG S  :ランパード中ミドルS                  枠左
 90 ALG    :ベラジ左                        GKキャッチ
 +1 ENG S  :デフォー中ミドルS                   枠上
後半:コメント 
 イングランド
   後半に入っても攻撃の形を作れない状態は続き、結局スコアレスドローで試合が終了。
   攻撃は個人頼みでチームとしての連動性を欠き、ドリブルを突っかけては取られるシーン
   ばかりが目立った。また、キャラガーが2枚目の黄紙で次節出場停止となってしまった
   のは、CBにアップソンを使わざるを得ないと言う点と右SBのバックアッパーが
   いなくなったという意味で痛い。
 アルジェリア
   イングランドの攻撃を押さえきっての勝ち点1というのは、後半全く枠内シュートが
   打てないほど守備的な展開を強いられた割には健闘と言えるだろう。ベラジのクロスや
   セットプレイは良かったと思うが、前線で合わせる選手がいなかった。とりあえず
   勝ち点1をひろって決勝T進出への望みをどうにか繋いだが、実情としてはほぼ脱落
   と言わざるをえないところ。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   イングランド  0   15   6   10  13   48   1   0   1
   アルジェリア  0   11   1   3  13  52   1   0   3
C組暫定順位
  SVN[2] 4( 1/ 3) USA[2] 2( 0/ 3) ENG[2] 2( 0/ 1) ALG[2] 1(-1/ 0)
MOM
  Aコール (my vote:ベラジ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-22:Gr-C:スロベニア v アメリカ

スタジアム
  エリス・パーク・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:14度  湿度:16%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  SVN v USA 3.60 3.10 2.15
試合前C組暫定順位
  SVN[1] 3( 1) ENG[1] 1( 0) USA[1] 1( 0) ALG[1] 0(-1)
  スロベニア、勝てば2位以上決定
試合結果
  スロベニア 2 - 2 アメリカ
主審
  コマン・クリバリ(MLI)
ラインナップ
 スロベニア
        11 ノバコビッチ  09 リュビヤンキッチ

  17 キルム  08 コレン     18 ラドサブレビッチ*Y 10 ビルサ

  13 ヨキッチ 05 チェサル    04 シュレル      02 ブレツコ

            01 ハンダビッチ
  サブ
   03 ジニッチ  06 イリッチ  07 ベツニク   14 デディッチ   12 ハンダノビッチ
   15 クーリン  16 セリガ   19 フィレコビッチ 20 コマッチ*Y      21 ステバノビッチ
   22 マブリッチ 23 マタブジュ
  監督
   マチャジュ・ケッチュ
 アメリカ
         20 フィンドリー*Y  17 アルティドール

  10 ドノバン  16 トーレス   04 ブラッドリー  08 デンプシー 

  03 ボカネグラ  05 オニュウ  15 デメリット*Y   06 チェルンドロ*Y

               01 ハワード
  サブ
    02 スペクター  07 ビーズリー  09 ゴメス  11 ホールデン  12 ホーンスタイン
    14 バドル    13 クラーク   18 グザン  19 エドゥ    21 グッドソン
    22 ファイルハーバー  23 ハーネマン
  監督
    ボブ・ブラッドリー
前半:試合展開
 01 SVN    :リュビアンビッチ、肘打ちで倒れる→治療後復帰
 05 USA    :フィンドリー左ドリブル                 DFブロック(CK)
 07 SVN S  :左FK:→ルビアンキッチ中HS             枠上
 13 SVN SOG:ビルサ中ミドルS                 GOAL★SVN 1-0 USA
 15 USA    :左FK:ドノバン                    GKセーブ
 18 USA S  :ブラッドリー左ミドルS                 枠上
 27 SVN OFF:オフサイド
 29 SVN    :左FK:                        GKクリア
 35 SVN ▲YC:チェサル、アルティドールを倒す          CARD▲チェサル
 36 USA SOG:右FK:トーレスS                  ☆GKセーブ(CK)
 39 USA    :フィンドリー左クロス                  DFクリア(CK)
 40 USA ▲YC:フィンドリー                   CARD▲フィンドリー 次停
 40 USA    :右クロス→ドノバン                  ☆DFクリア
 42 SVN SOG:スルーP→ルビアンキッチ左1対1S        GOAL★SVN 2-0 USA
前半:コメント
 スロベニア
   シュート3本枠内2本で2点という実に効率のいいサッカーでリードを保った。攻撃機会では
   アメリカの方が大きかったが、見事なミドルシュートとオフサイドギリギリのスルーパスで
   2点のリードを奪った。相手の集中力の欠けたところを見事につくのはなかなかにしたたか
   だが、レフェリングでもかなりの追い風を受けたことは間違いない。このままうまく終わらせて
   決勝T進出を決めたいところ。
 アメリカ
   アルティドールとフィンドリーのドリブルで何度かチャンスを作ったが、シュートは4本とさほど
   多くない。それでも決定機は2度ほどあったが、GKとDFの好守に阻まれた。内容的には
   スロベニアを上回っている印象があるだけに納得のいかない前半ではある。ただ、プレスや
   守備の集中力という点でイングランド戦ほどの迫力がないのも確か。早急に立て直して追い付き
   たい。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    スロベニア  2   3   2   1   5   50   1   0   3
     アメリカ  0   4   1   4   9  50   1   0   0
後半:試合展開
 46 USA 交代1:フィンドリー(OUT)、フェイルハーバー(IN)
 46 USA 交代2:トーレス(OUT)、エドゥ(IN)

 46 SVN OFF:ノバコビッチ                      オフサイド
 48 USA SOG:ドノバン右ドリブルS               GOAL★SVN 2-1 USA
 50 USA    :左FK:ドノバン→オニュウ               あわず
 51 SVN    :左FK:ビルサ                    ※GKセーブ(CK)
 52 SVN S  :コレン中ミドルS                    枠上
 59 USA    :右FK:ドノバン                    ファール
 64 SVN    :ヨキッチ左クロス                    GKキャッチ
 68 SVN ▲YC:シュレル、アルティドールを倒す          CARD▲シュレル
 70 USA SOG:こぼれ→アルティドール中S               GKキャッチ
 72 SVN ▲YC:キルム                      CARD▲キルム
 72 USA SOG:右FK:ドノバン→フェイルハーバーS          GKキャッチ
 73 SVN 交代1:ルビアンキッチ(OUT)、ペチニック(IN)
 75 SVN ▲YC:ヨキッチ                     CARD▲ヨキッチ
 77 USA S  :アルティドール左ミドルS                枠右
 80 USA 交代3:オニュウ(OUT)、ゴメス(IN)
 81 USA SOG:ブラッドリー中ミドルS                 GKキャッチ
 82 USA SOG:アルティドール中落→ブラッドリー中S       GOAL★SVN 2-2 USA
 85 USA    :右FK:ドノバン→                   ファール
 87 SVN 交代2:ビルサ(OUT)、デディッチ(IN)
 88 SVN SOG:右クロス→ノバコビッチ中HS              GKキャッチ
後半:コメント
 アメリカ
   ドノバンのドリブルからのシュートで一気に活気づき、82分にブラッドリーのシュートで
   追い付いた。DFラインのリーズさは問題だが、それ以上に不可解な主審の笛に苦しめ
   られた印象が強い。それもサッカーと言うのは気の毒すぎるが、まだ2位通過の線は
   残っているので次しっかり勝ちたいところ。ただし、守備組織の整備をしなければ上位
   進出は厳しいだろう。
 スロベニア
   後半に入って守備の気持ちが強くなったか、ドノバンのゴールで1点差に迫られてからは
   防戦一方。計4枚のイエローカードを出したものの最後に同点に追い付かれた。後半は
   FKがあったくらい、流れ的には追い付かれてもやむなしの展開だった。それでもどうにか
   勝ち点1をゲット、緊迫感のあるままイングランド戦を迎えられるのは、悪くない展開かも
   しれない。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    スロベニア  2   7   4   2  15   49   4   0   3
     アメリカ  0   14   6   4  18  51   1   0   0
C組暫定順位
  SVN[2] 4( 1) USA[2] 2( 0) ENG[1] 1( 0) ALG[1] 0(-1)
MOM
  ドノバン (my vote:ドノバン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-21:Gr-D:ドイツ v セルビア

スタジアム
  ポート・エリザベス・スタジアム  ネルソン・マンデラ・ベイ
  気温:15度  湿度:55%  ピッチ:柔  天候:晴れ
直前オッズ
  GER v SRV 1.61 3.60 6.00
試合前D組暫定順位
  GER[1] 3( 4) GHA[1] 3( 1) SRV[1] 0(-1) AUS[1] 0( -4)
試合結果
  ドイツ 0 - 1 セルビア
主審
  アルベルト・ウンディアーノ(ESP)
ラインナップ
 ドイツ
              11 クローゼ

      10 ポドルスキ   08 エジル*Y   13 ミュラー

      07 シュバインシュタイガー  06 ケディラ

  14 バドシュトゥバー  03 フリードリッヒ    17 メルテザッカー  16ラーム(C) 

                01 ノイアー
  サブ:
    02 ヤンセン   04 アオゴ  05 タスキ   09 キースリンク  12 ヴィーゼ
    15 トロホウスキ 18 クロース 19 カカウ*Y  20 ボアテング   21 マリン
    22 ブット  23 ゴメス
  監督
    ヨアヒム・レーブ
 セルビア
               15 ジギッチ*Y   

  14 ヨバノビッチ  22 クズマノビッチ*Y  18 ニンコビッチ   17 クラシッチ

               10 スタンコビッチ(C) 

  03 コラロフ  05 ビディッチ   20 スボティッチ 06 イバノビッチ

               01 ストイコビッチ
  サブ:
    02 ルカビナ    04 カチャル    07 トシッチ    08 ラゾビッチ  12 イサイロビッチ
    16 オブラドビッチ 19 ペトロビッチ  21 ムルジャ
     23 ジュリチッチ 09 パンテリッチ  11 ミリヤシュ
  監督:
    ラドミール・アンティッチ
  欠場
    13 ルコビッチ(出場停止)
前半:試合展開
 01 SRV S  :右→ジギッチ左H→ヨバノビッチ中HS          GKキャッチ
 02 SRC S  :クズマノビッチ中ミドルS                枠左
 03 GER S  :エジル右クロス→ケディア右BS             枠上
 07 GER S  :ポドルスキ中BS                    枠左
 12 SRV S  :クラシッチ右クロス→ニンコビッチ左BS         枠上
 12 GER ▲YC:クローゼ、相手を倒す               CARD▲クローゼ
 16 GER OFF:クローゼ                        オフサイド
 18 SRV ▲YC:イバノビッチ、ポドルスキを倒す          CARD▲イバノビッチ
 19 SRV ▲YC:コラロフ、スライディング             CARD▲コラロフ

 21 GER    :ケディラ右クロス                    DFクリア(CK)
 21 GER    :右CK:エジル→                    DFクリア
 22 GER ▲YC:ケディラ、クラシッチを倒す            CARD▲ケディラ
 23 SRV S  :左CK:クラシッチ→ジギッチ左HS           枠上
 30 GER OFF:シュバ中→クローゼS→GOAL             オフサイド
 33 GER ▲YC:ラーム                      CARD▲ラーム
 33 SRV S  :右FK:コラロフS                  ※枠右
 35 GER    :ミュラー右クロス→クローゼ左返             あわず
 37 GER ▲YC:クローゼ、後方から蹴る              退場▼クローゼ
 38 SRV SOG:クラシッチ右クロス→ジギッチ左返→ヨバノ中S   GOAL★GER 0-1 SRV
 41 SRV OFF:クラシッチ                       オフサイド
 42 GER    :ミュラー右クロス                    DFブロック(CK)
 42 GER SB :ポドルスキ中BS                    DFブロック
 +1 GER    :ミュラー右ドリブル                   DFクリア(CK)
 +1 GER SOG:ケディラ中S                     ☆クロスバー
前半:コメント
 セルビア
   右サイドのクラシッチが、相手SBに対して優位に立ち何度もチャンスを作った。守備に関しても
   ドイツの破壊力ある前線をうまく押さえた印象。ただ、激しい守備をするシーンもあるだけに
   カードにはくれぐれも注意したい。後、ドイツには高さがあるだけにセットプレイを与える
   ファールは避ける必要があるだろう。
 ドイツ
   試合の入りは悪くなかったが、カード連発でリズムを失った印象。ジギッチの高さに対応
   しきれずに失点を許した。後は、見違える動きのセルビアの対応に苦労してファール連発
   と言う面もあった。それでもエジルを中心とした攻撃勢は何度もチャンスを作っていただけに、
   一人少なくなってもゴールの可能性はありそう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ドイツ  0   4   2   4   9   52   3   1   2
     セルビア  1   5   1   1   4  48   2   0   1
後半:試合展開
 46 GER OFF:エジル                         オフサイド
 46 GER S  :ポドルスキ左S                     枠右
 48 GER    :ミュラー右クロス                    枠上
 53 GER S  :ラーム右クロス                     GKキャッチ
 54 GER SOG:シュバ左ミドルS                   ☆GKセーブ
 57 SRV    :クラシッチ右クロス                   DFクリア
 57 SRV ▲YC:スボビッチ                    CARD▲スボビッチ
 58 GER S  :エジル中→ポドルスキ左S               ※枠右
 59 GER S  :エジル中→ポドルスキ左S               ※枠左
 60 SRV ▲YC:ポドルスキ左クロス→ビディッチ             ハンド
 60 GER SOG:PK:ポドルスキS右下                ☆GKセーブ
 62 SRV    :ヨバノビッチ左ドリブル                 ボールデッド
 67 SRV SOG:クラシッチ右→ヨバノビッチ中S            ☆左ポスト
 68 GER S  :ミュラー右ドリブルS                  GKセーブ
 69 GER S  :ポドルスキ左S                     枠上
 70 SRV 交代1:ニンコビッチ(OUT)、カジャル(IN)
 70 GER 交代1:エジル(OUT)、カカウ(IN)
 70 GER 交代2:ミュラー(OUT)、マリン(IN)

 73 SRV ▲YC:シュバインシュタイガー              CARD▲シュバインシュタイガー
 74 SRV S  :クラシッチ右クロス→ジギッチ中HS           枠上
 75 SRV S  :コラロフ左S                      枠上
 75 SRV 交代2:クズマノビッチ(OUT)、ペトロビッチ(IN)
 77 SRV S  :右FK:クラシッチ→ペトロビッチ中HS         枠上
 77 GER 交代3:バドシュトゥーバー(OUT)、ゴメス(IN)
 78 GER S  :ポドルスキ左S                     GKセーブ(CK)
 79 SRV 交代3:ヨバノビッチ(OUT)、ラゾビッチ(IN)
 81 GER S  :中フィード→ジギッチ左落→カチャル右S         枠上
 84 GER S  :ポドルスキ左S                     枠右
 88 SRV    :カチャル右クロス                    枠上
 90 SRV    :ラーム右クロス                     GKキャッチ
 +2 GER SB :ケディラ中S                      DFブロック
 +3 SRV    :スタンコビッチ、足がつって退場
後半:コメント
 セルビア
   後半、一人多いながらも引いてしっかり守るサッカーに終始。そのせいでドイツにつけ込まれ
   たものの、ポドルスキの不調もあって、どうにか同点にされずにすんだ。終盤はカウンターで
   なんどもチャンスを作るなど、自分たちのペースを取り戻した。強豪相手だと善戦すると言うか、
   気持ちが入ると強いというか、乗ったときのセルビアは強い。後は、退場者を先に出さずに
   切れなかったのも大きいだろう。
 ドイツ
   一人少ないながらも、むしろ優勢に進めてシュート数でも上回った。中盤でエジルが奮闘し、
   何度も決定的なパスを出したが、が、ポドルスキがシュートを外しまくった上にPKまで
   止められる始末。今シーズン、ゴールがわずか2本という不調ぶりが、肝心な所で出てしまった。
   エジルが変わってからはチャンスメークが全く出来なくなった。クローゼが前線に残っていれば
   違った結果になっていた気もするが、次に勝てばいいだけの話ではある。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      ドイツ  0   15   4   7  19   51   4   1   3
     セルビア  1   10   3   1  10  49   4   0   3
D組暫定順位
  GER[2] 3( 3) GHA[1] 3( 1) SRV[2] 3( 0) AUS[1] 0( -4)
MOM
  ストイコビッチ(my vote:ストイコビッチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/17

WC2010] MN-18:Gr-A:フランス v メキシコ

スタジアム
  ピーター・モカバ・スタジアム  ポロクワネ
  気温: 5度  湿度:63%  ピッチ:乾燥  天候:やや曇り
試合前A組暫定順位
  URU[2] 4( 3/ 3) MEX[1] 1( 0/ 1) FRA[1] 1( 0/ 0) RSA[2] 1(-3/ 1) 
試合結果
  フランス 0 -2 メキシコ
主審
  ハリル・アル・ガムディ(KSA)
ラインナップ
 フランス[FRA]
           21 アネルカ   

    15 マルダ    07 リベリ*Y   10 ゴブー

        19 ディアビ  14 トゥララン*Y

  13 エブラ(C)*Y  03 アビダル  05 ギャラス  02 サニャ

             01 ヨリス
  サブ:
    04 レベイエール  06 プラニュス  09 シセ     11 ジニャク  12 アンリ
    08 グルキュフ   16 マンダンダ  17 スキラッチ  18 Aディアラ 20 バルブエナ
    22 クリシー   
  監督:
    レイモン・ドメネク
  欠場
    23 カラッソ
 メキシコ
  11 ヴェラ       09 Gフランコ      17 ドス・サントス

         06 トラード(C)*Y  16 フアレス*Y

             04 マルケス

  15 モレノ  02 ロドリゲス  05 オソリオ  12 アギラール

          01 ペレス
  サブ:
    07 バレーラ  08 カストロ   10 Cブランコ  13 オチョア  14 エルナンデス
    03 サルシド  18 グアルダード 19 マガジョン  20 トーレス  21 バウティスタ
    22 メディーナ 23 ミチェル
  監督:
    ハビエル・アギーレ
前半:試合展開
 03 MEX OFF:ジョバンニ                       オフサイド
 04 FRA    :左CK:                        DFクリア
 04 MEX ▲YC:フランコ、遅延行為                CARD▲フランコ
 06 FRA SOG:中FK:リベリーS                   GKキャッチ
 08 MEX S  :マルケス中→ヴェラ左S                 枠上
 10 FRA    :マルダ左ドリブル                    DFクリア(CK)
 11 FRA S  :アネルカ右ドリブルS                  枠上
 12 MEX S  :フランコ中TS                     枠上
 13 FRA S  :リベリ右S                       枠左
 18 MEX S  :サルシド左S                      枠右
 21 MEX S  :右FK:ジョバンニS                  壁
 24 FRA    :リベリ左クロス                     DFクリア
 25 FRA    :トゥララン右クロス→マルダ               あわず
 27 MEX SOG:サルシド左ドリブルS                 ※GKセーブ
 27 MEX    :ヴェラ、足を負傷
 31 MEX 交代1:ヴェラ(OUT)、バレラ(IN)
 33 MEX S  :サルシド左クロス→バレラ中HS            ※枠上
 35 FRA    :ディアビ右クロス                    DFクリア
 36 MEX S  :トラード中ミドルS                   枠上
 38 FRA SB :左FK:リベリS                    壁
 39 MEX S  :ジョバンニ中S                     枠右
 45 FRA SOG:アネルカ左S                      GKキャッチ
 +1 FRA ▲YC:トゥララン、相手を掴む              CARD▲トゥララン 次節停止
前半:コメント
 メキシコ
   左サイドからサルシドやジョバンニが突破するシーンが効果的だった。特にサルシドは1本
   決定的なシュートを放つなど大活躍。一方で、ヴェラが太もも裏の負傷で退場したのは
   痛いところ。守備に関しては、リベリ、アネルカをうまく押さえて決定的な仕事をさせて
   いない。とりあえずこのまま左のスペースを狙う展開でうまくゴールを奪いたい。
 フランス
   アネルカが下がり気味でボールを奪うことが多く、前線で決定的な仕事が出来ず。トップ下に
   配置したリベリーも効果的とは言えず、マルダ、ゴブーもゴール前では仕事が出来ず。攻撃に
   出て奪われたボールでカウンターを食らうシーンが目立つ。このままでは失点する可能性が
   大か
後半:試合展開
 46 FRA 交代1:アネルカ(OUT)、ジニャク(IN)
 48 MEX ▲YC:フアレス                     CARD▲フアレス
 49 MEX ▲YC:モレノ、スライディング              CARD▲モレノ

 52 MEX S  :オソリオ右クロス→フランコ中HS            枠上
 54 FRA SOG:マルダ左ミドルS                   ☆GKセーブ(CK)
 55 MEX 交代2:フアレス(OUT)、エルナンデス(IN)
 62 MEX 交代3:フランコ(OUT)、ブランコ(IN)

 63 MEX SOG:マルケス中ミドルS                   GKキャッチ
 64 MEX SOG:マルケス中→エルナンデスGK交わしてS      GOAL★FRA 0-1 MEX
 69 FRA 交代2:ゴブー(OUT)、バルブエナ(IN)
 72 MEX OFF:ジョバンニ                       オフサイド
 74 FRA S  :ジニャク右S                      枠上
 77 MEX    :バレラ右ドリブル、クロス                DFクリア(CK)
 78 FRA ▲YC:アビダル、バレラを倒す              CARD▲アビダル
 79 MEX SOG:PK:ブランコS左下               GOAL★FRA 0-2 MEX
 82 MEX ▲YC:ロドリゲス、リベリーを倒す            CARD▲ロドリゲス
 84 MEX SOG:エルナンデス中ミドルS                 GKキャッチ
 89 FRA S  :バルビエナ右S                     枠上
後半:コメント
 メキシコ
   55分にエルナンデス、ブランコを投入して一気に攻撃モード、そして交代で入ったエルナンデス
   がオフサイドギリギリから飛び出して先制、これでフランスは完全に浮き足立った。その後78分に
   バレラがエリア内で倒されてPK、これをブランコがしっかり決めて試合を決定づけた。フランス
   よりチームとしてまとまっていたのは明か、勝つべくして勝った試合と言えるだろう。細かい
   パスを回すサッカーは相変わらずうまい。
 フランス
   後半に入っていきなりアネルカをさげてジニャクを投入、失点後バルブエナを投入するものの
   全く機能せず。逆にボールを奪われてDFラインの裏のスペースを狙われるシーンが目立った。
   アネルカの交代は全く不可解、グルキュフ、アンリを使わないのも同様に納得出来ない采配
   だった。これで決勝T進出は、ほぼ無くなったと言わざるを得ない。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     フランス  0   13   4   7  22   53   2   0   2
     メキシコ  2   12   5   1  25  47   4   0   4
A組暫定順位
  URU[2] 4( 3/ 3) MEX[2] 4( 2/ 3) FRA[2] 1(-2/ 0) RSA[2] 1(-3/ 1) 
MOM
  エルナンデス (my vote:サルシド)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-19:Gr-B:ナイジェリア v ギリシャ

スタジアム
  フリー・ステート・スタジアム  ブルームフォンテーン
  気温:10度  湿度:31%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  GRE v NGR 3.75 3.10 2.10
試合前B組暫定順位
  ARG[2] 6(+4) KOR[2] 3(-1) NGA[1] 0(-1) GRE[1] 0(-2)
  ギリシャとナイジェリアが分ければ、アルゼンチンの2位以上決定
主審
  オスカル・ルイス(COL)
ラインナップ
 ギリシャ
       14 サルピンキディス   17 ゲガス

         06 ツィオリス  10 カラグニス(C)

   11 ビントラ     21 カツラニス    15 トロシディス*Y  

   19 パパスタスプロス  08 パパドプロス  16 キルギアコス

               12 ツォルバス
  サブ
    01 ハルキアス  02 セイタリディス  03 パツァツォグル  04 スピロプロス  05 モラス
    07 サマラス   09 ハリステアス   13 シファキス    18 ニニス     20 カペタノス
    22 マレザス   23 プリタス
 ナイジェリア
    11 オデムウィンギ  08 アイイェグベニ

  12 ウチェ                14 カイタ

         15 ハルナ*Y  20 エトゥフ

  03 タイウォ  06 シットォ  02 ヨボ(C)  17 オディアー

            01 エニェアマ
  サブ
    04 カヌ  05 アフォラビ  07 ウタカ  09 マルティンス 10 イデイェ
    13 ユスフ 16 エジデ    18 オビンナ 19 オバシ    21 エチエジレ
    22 アデレイェ  23 アイイェヌグバ
前半:試合展開
 13 GRE SOG:カツラニス中ロングS                  GKキャッチ
 15 GRE ▲YC:パパスタソプーロス                CARD▲パパスタソプーロス
 16 NGA SOG:左FK:ウチェS                 GOAL★GRE 0-1 NGA
 17 NGR    :CK:ウチェ                      DFクリア
 22 NGR    :右CK:ウチェ                     DFクリア
 22 NGR S  :ハルナS                        枠外
 23 GRE    :左クロス→キルギアコス中HS              枠左
 31 GRE S  :カラグニス右クロス→キルギアコス中HS         枠上
 33 NGR ▼RC:カイタ、トロシディスを蹴る            退場▼カイタ
 35 GRE S  :右クロス→トロシディス中HS              枠左
 37 GRE 交代1:パパストロプーロス(OUT)、サマラス(IN)
 39 GRE S  :右クロス→ゲカス中HS                 枠左
 39 GRE SOG:サルピンキディス中S                 ☆GKセーブ
 40 GRE S  :中ミドルS                      ※GKセーブ(CK)
 41 GRE SOG:右CK:→サマラス中S                ☆DFクリア
 44 GRE SOG:サルピンキディス右S→DFR           GOAL★GRE 1-1 NGA
 +2 GRE    :ビントラ右クロス                    GKキャッチ
前半:コメント
  ギリシャ
    韓国戦同様、守備的に入ったが、相手の退場でサマラスを投入し、一気に攻撃が活性化、
    一気にたたみかけた結果同点弾をたたき込んだ。ただ、ナイジェリアの混乱ぶりを
    考えると、もう1点獲って試合を決めたかったところ。
  ナイジェリア
    序盤は優勢に試合を進め、ウチェが先制ゴールを決めたが、カイタが不用意なファールで
    退場して流れを失った。同点で終えられたのが奇跡的な混乱ぶりだった。後半、どうにか
    立て直したいが、正直勝ち点1が精一杯か。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ギリシャ  1   12   4   4   8   52   1   0   0
   ナイジェリア  1   4   2   2   7  48   0   1   0
後半:試合展開
 46 NGA 交代1:オデムウィンギ(OUT)、オバシ(IN)
 47 GRE S  :右クロス→カラグニス中HS               枠上
 48 NGR    :ウチェ左クロス                     GKクリア(CK)
 50 GRE S  :カラグニス左ミドルS                  枠上
 55 GRE SOG:カラグニス右クロス→キリアコス左HS         ※GKキャッチ
 56 NGR 交代2:タイウォ(OUT)、エチエジレ(IN)
 59 GRE SOG:ゲカス右S                      ☆GKセーブ
 59 NGR SOG:C→ヤクブ中S                    ☆GKセーブ
 59 NGR S  :こぼれ→右S                      枠右
 68 GRE S  :サルピンキディス右→ゲカス中HS            DFブロック(CK)
 69 GRE SOG:右クロス→サマラス中HS               ☆GKセーブ
 71 GRE SOG:ツィオリス中ミドルS                 ☆GKセーブ
 71 GRE SOG:こぼれ→トロシディスS              GOAL★GRE 2-1 NGA

 74 NGR    :エチエジレ、足を痛めて退場
 75 GRE S  :カラグニス中ミドルS                  枠右
 76 NGA S  :ヤクブ中S                       枠左
 77 GRE SOG:カラグニス中ミドルS                 ※GKセーブ
 79 NGA 交代3:エチエジレ(OUT)、アデレイェ(IN)
 79 GRE 交代2:ゲカス(OUT)、

 82 GRE S  :キルアコス左S                     枠上
 88 GRE ▲YC:サマラス                     CARD▲サマラス
 89 NGA ▲YC:オバシ                      CARD▲オバシ

 +4 GRE S  :サマラス左ドリブルS                  枠左
後半:コメント
 ギリシャ
   ギリシャらしくなく積極的に攻め続け、27本のシュートを放った結果、71分にどうにか
   逆転弾をゲットした。ただ、後半はナイジェリアのカウンターを食らうシーンも多かった
   だけに、まさに薄氷を踏む勝利。ただ、最終戦の相手がアルゼンチンで、スピードのある
   ドリブラーが多いだけに苦戦は必至。EUROで優勝したときの堅守速攻を見せて欲しいところ
   ではあるが…。
 ナイジェリア
   10人になってから守備組織は崩壊状態だったが、それでもエニェアマのスーパーセーブは
   健在だった。枠内シュート11本で2失点、うち一つはDFに当たってコースが変わった
   避けられないシュートだったことを考えれば、負けてしまったとは言えMOM選出も納得。
   アルゼンチンにギリシャを粉砕してもらって、韓国に勝てば決勝Tへ進出出来るだけに
   最後まであきらめずにプレイして欲しい。もっとも、この内容では上位進出は厳しいだろうが。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ギリシャ  2   27  11   11  13   56   3   0   3
   ナイジェリア  1   10   4   3  15  44   1   1   1
B組暫定順位
  ARG[2] 6( 4/ 5) KOR[2] 3(-1/ 3) GRE[2] 3(-1/ 2) NGA[2] 0(-2/ 1)
MOM
 エニェアマ (my vote:エニュアマ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-20:Gr-B:アルゼンチン v 韓国

スタジアム
  サッカー・シティ・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温: 7度  湿度:27%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
グループB暫定順位
  KOR[1] 3(+2) ARG[1] 3(+1) NGA[1] 0(-1) GRE[1] 0(-2)
直前オッズ
  ARG v KOR 1.53 3.75 7.00
試合結果
  アルゼンチン 1 - 4 韓国
主審
  フランク・デ・ブリーゲル(BEL)
ラインナップ
 アルゼンチン
       11 テベス     09 イグアイン 

           10 メッシ 

  07 ディ・マリア            20 マキシ

           14 マスチェラーノ(C)

   06 エインシェ  13 サムエル  02 デミチェリス  17 グティエレス

            22 ロメロ
  サブ:
    01 ポゾ      03 ロドリゲス  04 ブルディッソ  05 ボラッティ  12 ガルセ
    15 オタメンディ  16 アグエロ   18 パレルモ    19 ミリート  08 ベロン   
    21 アンドゥハル  23 パストーレ
  監督:
    ディエゴ・マラドーナ
 韓国
               10 パク・チュヨン

      19 ヨム・ギフン  07 パク・チソン  17 イ・チョンヨン

           08 キム・ジョンユ 16 キ・ソンヨン 

  12 イ・ヨンピョ  14 イ・ジョンス  04 チョ・ヨンヒョン  02 オ・ボムソク

              18 チョン・ソンリョン
  サブ:
    01 イ・ウンジュ  22 チャ・ドゥリ     03 キム・ヒョンイル  05 キム・ナミル
    06 キム・ホギョン 09 アン・ジョンファン  11 イ・スンヨル  13 キム・ジェソン
    15 キム・ドンジン 20 イ・ソングッ
    21 キム・ヨンガン 23 カン・ミンス
  監督:
    ホ・ジュンム
前半:試合展開
 04 ARG    :ディマリア左ドリブルS                 枠左
 06 ARG OFF:サムエル→イグアイン                  オフサイド
 08 ARG S  :イグアイン右S                     枠上
 10 KOR ▲YC:ヨム・ギフン                   CARD▲ヨム・ギフン
 14 KOR S  :パク右S                        枠左
 16 ARG    :左FK:メッシ→DF               GOAL★ARG 1-0 KOR
 18 ARG S  :マキシ中ミドルS                    枠右
 18 KOR S  :ギ・ソンヨン中ミドルS                 枠上
 20 ARG    :中FK:メッシ                     GKキャッチ
 21 ARG    :サムエル、太ももの裏を押さえている→治療
 23 ARG 交代1:サムエル(OUT)、ブルディッソ(IN)
 24 ARG    :テベス右ドリブル、クロス→イグアイン中OHS      あわず
 25 ARG    :ディマリア左クロス                   GKキャッチ
 25 KOR S  :オ・ボムソク右ミドルS                 枠左
 28 ARG S  :テベス中ミドルS                   ※枠上
 29 KOR S  :イ左クロス→イ中HS                  枠左
 33 ARG SOG:ブルディッソBH→イグアイン右HS        GOAL★ARG 2-0 KOR
 34 KOR ▲YC:イ・チョンヨン、ブルディッソを倒す        CARD▲イ・チョンヨン
 36 KOR SB :右FK:S                       DFブロック
 38 ARG    :テベス中→マキシ                    あわず
 40 ARG    :イグアイン右クロス→                  GKセーブ
 40 ARG SOG:ディマリア左S                    ※GKセーブ(CK)
 44 ARG S  :テベス→メッシ中RS                 ※枠右
 +1 KOR SOG:イ・チョンヨン、カット、ドリブルS        GOAL★ARG 2-1 KOR
前半:コメント
 アルゼンチン
   攻撃面に関してはセットプレイからのOGとイグアインのヘッドでの2得点と申し分ない。
   韓国のセットプレイ対応のまずさをしっかりと付いてゴールを奪うのがさすが世界レベル。
   守備に関しては、概ねうまく押さえていたものの、サムエルが負傷退場したことと、
   デミチェリスが味方の声が聞こえず、ボールをカットされるミスが出るなど、やはり
   攻撃に比べると見劣りするのは否めず。しかし、シュート7本枠内シュート2本で2ゴール
   はなかなか効率がよい。
 韓国
   セットプレイの対応のまずさが気になった。アグレッシブさに欠けるという意見もあるが、
   運動量は出ているので、アルゼンチンにうまく交わされているように見える。テベスや
   ディマリアがフリーで前を向いてドリブルするシーンがあったのも気になった。名前負け
   したというワケではないだろうが、自分たちのサッカーが出来てないのは確か。終盤の
   ゴールが起爆剤となればいいが。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アルゼンチン  2   7   2   2  12   62   0   0   2
       韓国  1   6   1   0  11  38   2   0   0
後半:試合展開
 46 KOR 交代1:キ・ソンヨン(OUT)、キム・ナミル(IN)
 47 ARG SB :メッシ中ドリブルS                   DFブロック
 47 ARG S  :メッシ中S                       枠左
 52 ARG SOG:ディマリア→イグアイン中BS             ☆GKセーブ(CK)
 53 ARG OFF:テベス                         オフサイド
 53 ARG SOG:テベス左ドリブルS                  ☆GKセーブ
 54 ARG ▲YC:グティエレス                   CARD▲グティエレス 次停
 55 ARG ▲YC:マスチェラーノ                  CARD▲マスチェラーノ

 56 KOR S  :左FK:イ・チョンヨンS                壁(CK)
 57 KOR S  :イ中ドリブル→ヨム右S                ※枠右
 58 ARG S  :右CK:マキシ→エインシェ中HS            枠上
 66 ARG S  :中FK:メッシS                    GKキャッチ
 70 ARG SOG:マキシ右クロス→イグアイン中S             GKキャッチ
 70 KOR S  :キム・ジョンユ中ミドルS                DFブロック(CK)
 74 ARG ▲YC:エインシェ、ハンド                CARD▲エインシェ
 75 ARG 交代2:テベス(OUT)、メッシ(IN)
 76 KOR    :中フィード→                      GKクリア
 76 ARG SOG:C→メッシ左ドリブルS                ☆GKセーブ
 76 ARG SOG:こぼれ→メッシS                    左ポスト
 76 ARG SOG:こぼれ→イグアイン中S              GOAL★ARG 3-1 KOR
 78 ARG S  :イグアイン中RS                    枠上
 80 ARG SOG:アグエロ左クロス→イグアイン中HS        GOAL★ARG 4-1 KOR
 81 KOR 交代2:パク・チュヨン(OUT)、イ・ソングッ(IN)
 81 ARG 交代3:イグアイン(OUT)、ボラッティ(IN)

 +2 ARG S  :C→アグエロ右ドリブルS                枠左
後半:コメント
 アルゼンチン
   開始早々アルゼンチンが猛攻をかけて決定機を作るも追加点ならず、その後グティエレス
   とマスチェラーノがカードを受けるなど、いったん流れを失ったが、メッシとアグエロの
   突破でイグアインが2ゴール、一気に勝負を決めた。攻め続ける事で守備の不安を払拭し、
   イグアインのハットトリックを呼び込んだ。メッシ、ディマリアはうまく攻撃に絡めて
   いたが、テベス、マキシに関してはいまいちだった印象。また、エインシェ、グティエレス、
   マスチェラーノのカードは今後の不安材料ではある。
 韓国
   後半も半分を過ぎた頃からようやく韓国らしい前への突破力が見え始めた。ただし前がかり
   になることで、アルゼンチンのカウンターを許す結果となり、大差での敗戦となってしまった。
   前後半を通して枠内シュートが2本しか打てなかったのがアルゼンチンにリードを許した
   要因の一つだろう。気持ちの面でも残念ながらギリシャ戦の韓国ではなかった。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アルゼンチン  4   22  11   6  19   57   3   0   4
       韓国  1   13   2   2  19  43   2   0   0
B組暫定順位
  ARG[2] 6( 4/ 5) KOR[2] 3(-1/ 3) NGA[1] 0(-1/ 0) GRE[1] 0(-2 / 0)
  次の試合でギリシャとナイジェリアが分ければ、アルゼンチンの2位以上決定
MOM
  イグアイン (my vote:イグアイン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタート(BlogPet)

きょうこうさぎはスタートしなかった?
でも、Nagaのシュート数も対戦したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/16

[WC2010] MN-17:Gr-A:南アフリカ v ウルグアイ

スタジアム
  ロフタス・バーフィールド・スタジアム  プレトリア
  気温:10度  ピッチ:29%  ピッチ:乾燥  天候:曇り
直前オッズ
  RSA v URU 3.20 3.00 2.40
試合前A組順位
   MEX[1] 1( 0/ 1) RSA[1] 1( 0/ 1) FRA[1] 1( 0/ 0) URU[1] 1( 0/ 0)
試合結果
  南アフリカ 0 - 3 ウルグアイ
主審
  マッシモ・ブサッカ(SUI)
ラインナップ
 南アフリカ
            09 ムフェラ

  11 モディサ     10 ピーナール     08 シャバララ

       12 レショロラネ  13 ディクガコイ*Y

  03 マシレラ*Y  20 グマロ  04 モコエナ  02 ガクサ

            16 クーン
  サブ
    01 ジョセフス  05 エンゴンカ  06 シバヤ  07 ディビッズ  14 ブース
    15 スワラ    17 パーカー   18 ノムベテ 19 モリリ    21 サングウィニ
    22 ウォルターズ  23 クボニ
  監督
    カルロス・アルベルト・パレイラ
 ウルグアイ
             09 スアレス

    11 Aペレイラ   10 フォルラン  07 カバーニ

        15 ペレス  17 アレパロ

   04 ビクトリーノ 03 ゴディン   02 ルガノ(C)*Y  16 Mペレイラ

          01 ムスレラ
  サブ
    05 ガルガーノ  06 ビクトリーノ*Y  08 エグレン  12 カスティージョ  13 アブレウ
    18 ゴンサレス  19 スコッティ    20 Aフェルナンデス  21 Sフェルナンデス
    22 カセレス   23 シルバ
  監督
    オスカル・タパレス
  欠場
    ロデリオ(出場停止)
前半:試合展開
 03 RSA    :左FK:モディス→                   DFクリア(CK)
 05 URU S  :中FK:フォルランS                  壁
 05 RSA ▲YC:ピーナール、ハンド                CARD▲ピーナール
 06 URU S  :中FK:フォルランS                  壁
 07 URU S  :フォルラン→スアレス左S                枠左
 08 URU S  :ビクトリーノ左S                    枠左
 14 RSA S  :シャバララ中ミドルS                  枠上
 16 RSA S  :シャバララ中ミドルS                  枠上
 19 RSA    :右FK:シャバララ→左返                DFクリア
 23 URU SOG:スアレス右ドリブルS                  GKキャッチ
 24 URU S  :ペレイラ左MS                     枠上
 24 URU SOG:フォルラン中ミドルS→DFR           GOAL★RSA 0-1 URU
 33 URU S  :スアレス右ドリブルS                 ※枠右
 36 RSA    :シャバララ左クロス                   あわず
 43 RSA ▲YC:ディクガコイ、スアレスを倒す           CARD▲ディクガコイ 次停
 44 URU S  :アレバロ右ミドルS                   枠上
前半:コメント
 ウルグアイ
   南アフリカに押し込まれるシーンもあったが、スアレスのドリブル突破でチャンスを作り、
   最後はフォルランのミドルで先制した。その後、攻めてきた相手に対し、ボールを奪って
   カウンターと言う形が出来ているので、自分のペースで試合が進んだ印象。後半、相手の
   隙をうかがって追加点をあげて勝負を決めたいところ。
 南アフリカ
   序盤は優勢に進めている印象だったが徐々にスアレスの突破を許すようになり、フォルランの
   ミドルにしてやられた印象。結局シュートは3本で枠内無し。とはいえ、決定的な突破は許して
   いないだけに守備としては健闘と言える。むしろ決定的なシーンを作り出せない攻撃勢の方に
   問題があるか。最低限この試合では引き分けが必要な筈なので積極的な攻めを期待したい。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    南アフリカ  0   3   0   2   7   49   2   0   0
    ウルグアイ  1   8   2   0   6  51   0   0   2
後半:試合展開
 48 URU S  :スアレス左ドリブル→カバーニ左S            枠左
 51 URU    :左FK:フォルラン                   あわず
 51 URU    :スアレス右ドリブル、エリア内で倒される         笛無し
 54 URU S  :左FK:フォルラン→ルガーノ中HS           枠左
 56 RSA SB :ピーナール左S                     DFブロック
 57 RSA 交代1:レショロラネ(OUT)、モリリ(IN)
 66 RSA S  :ガクサ右クロス→ムフェラ右HS            ※枠右
 71 URU 交代1:フシレ(OUT)、フェルナンデス(IN)
 72 URU S  :カバーニ右S                      枠上
 76 URU SB :フォルラン中S                     DFブロック
 76 URU    :こぼれ→スアレス左GKに倒される            PK
 76 RSA ▼RC:クーン、スアレスを引っかける           退場▼クーン
 79 RSA 交代2:ピーナール(OUT)、ジョゼフス(IN)
 80 URU SOG:PK:フォルラン中S左上             GOAL★RSA 0-2 URU
 86 URU SOG:カバーニ中ドリブルS                  GKキャッチ
 89 URU 交代2:カバーニ(OUT)、Sフェルナンデス(IN)
 90 URU 交代3:ペレス(OUT)、ガルガーノ(IN)

 +4 URU SB :フォルラン左S                     DFブロック(CK)
 +5 URU SOG:スアレス右クロス→ペレイラ中S          GOAL★RSA 0-3 URU
後半:コメント
 ウルグアイ
   若干下がり目の位置に配したフォルランが大活躍、先制のミドルもさることながら、決定的な
   パスやクロスを何度もあげてチャンスを作った。結局最後まで南アフリカに決定機を許さず、
   スアレスの突破で相手GKの退場を招いて試合を決めた。これで決勝T進出へ大きく前進
   と言えるだろう。
 南アフリカ
   劣勢ながらも何度かチャンスを作ったが、GKがスアレスを引っかけて退場したところで
   万事窮す、そこから2点を取り戻すモチベーションは残っていなかった。試合巧者のウルグアイ
   に対して先制点を許してしまったのが敗因と言えるだろう。ただ、守備力でも攻撃力でも
   決勝Tへ進出するためには力が足りなかった面は否定できない。数字上は進出の可能性は
   残っているが、この大量失点で脱落と言わざるを得ない。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    南アフリカ  0   10   3   3  13   51   2   1   3
    ウルグアイ  3   19   6   4  10  49   0   0   3
A組暫定順位
  URU[2] 4( 3/ 3) MEX[1] 1( 0/ 1) FRA[1] 1( 0/ 0) RSA[2] 1(-3/ 1) 
MOM
  フォルラン (my vote:フォルラン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-16:Gr-H:スペイン v チリ

スタジアム
  ダーバン・スタジアム
  気温:20度  湿度:55%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  ESP v SUI 1.28 5.00 12.00
H組暫定順位
  CHI[1] 3( 0) ESP[0] 0( 0) SUI[0] 0( 0) HON[1] 0(-1)
試合結果
  スペイン 0 - 1 スイス
主審
  ハワード・ウェブ(ENG)
ラインナップ
 スペイン
           07 ビジャ

  06 イニエスタ  08 シャビ 14 アロンソ  21 シルバ

           16 ブスケシュ

  11 カプデビラ  03 ピケ  05 プジョル  15 Sラモス

           01 カシージャス
  サブ
    02 アルビオル  04 マルチェナ  09 トーレス  10 セスク   12 バルデス
    13 マタ     17 アルベロア  18 ペドロ   19 ジョレンテ 20 マルティネス
    22 ナバス    23 レイナ
  監督
    ビセンテ・デルボスケ
 スイス
           10 エンフォ     19 デルディヨク

  16 フェルナンデス                   07 バルネッタ

           06 フッゲル     08 ギョクハン(C)

  17 ツィーグラー  13 グリヒティンク  04 センデロス  02 リヒトシュタイナー

                 01 ベナーリオ
  サブ
    03 マニャン  05 ベルゲン    12 ベルフリ  14 バダリーノ  15 ヤキン
    18 ブニャク  20 シュベグラー  21 レオーニ  22 エッギマン  23 シャキリ
  監督
    オットマー・ヒッツフェルト
  欠場
    09 フライ  11 べーラミ
前半:試合展開
 09 SUI    :バルネッタ右クロス                   DFクリア(CK)
 10 ESP    :C→ビジャ左ドリブルS                 GKキャッチ
 13 ESP OFF:ビジャ→シャビ                     オフサイド
 17 ESP SOG:シルバ左S                       GKキャッチ
 17 ESP SOG:Sラモス右S                      枠右
 21 ESP SOG:イニエスタ中ミドルS                  GKキャッチ
 24 ESP SB :イニ中→ピケ右TS                  ※GKセーブ
 26 SUI SOG:中FK:ツィーグラーS                 GKセーブ
 30 ESP    :シルバ→イニ中、エリア前で倒れる
 30 SUI ▲YC:グリヒティンク                  CARD▲グリヒティンク
 31 ESP SB :中FK:ビジャS                    DFブロック(CK)
 35 ESP    :カプデビラ左クロス→ビジャ右落             DFクリア
 36 SUI 交代1:センデロス(OUT)、Vベルゲン(IN)
 37 ESP    :イニ→シルバ左クロス                  DFクリア(CK)
 38 SUI    :バルネッタ右クロス                   DFクリア(CK)
 41 ESP S  :アロンソ中BS                     枠上
 44 ESP S  :イニ中ミドルS                     枠上
 45 ESP S  :ビジャ左ドリブル、RS                 枠右
前半:コメント
 スペイン
   ポゼッションでは67%と持ち味を出したもののシュート7本、枠内3本と決して満足のいく内容ではない、
   ブスケシュのアンカーはうまく機能して相手の攻撃をつぶしているか、ビジャの1トップでは高さが
   欠けているために、なかなかチャンスを作れなかった。それでも、ビジャやピケがエリア内でフリー
   で受けるシーンがあったので、このまま自分たちのサッカーを続ければいいだろう。くれぐれも失点は
   禁物であることは言うまでもない。
 スイス
   引いて守ってカウンターを狙ったが、相手を無失点に押さえたのはいいとして、攻撃の形を全く付くれな
   かった。唯一のシュートがFKの1本では得点が入らなくてもしょうがない。また、CBのセンデロスを
   負傷で欠いたのも、守備の核を失うのと同時に交代オプションを一つ失ったという意味でも痛い。ただ、
   基本は勝ち点1狙いだから、悪くはない展開だろう。これがあと45分続けばいいのだが。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     スペイン  0   7   3   2   5   67   0   0   1
      スイス  0   1   1   2  11  33   1   0   0
後半:試合展開
 46 ESP    :シウバ右ドリブル                    DFクリア(CK)
 47 ESP S  :右CK:シャビ→アロンソ中MS             枠上
 49 ESP    :カプデビラ左クロス                   DFクリア(CK)
 49 ESP    :イニ左→シルバ左                    S出来ず
 50 ESP SB :シャビ左ミドルS                    DFブロック(CK)
 51 ESP S  :シャビ右クロス→ブスケシュ中HS            GKセーブ(CK)
 51 ESP S  :プジョル右→シルバ右S                 枠右
 52 SUI SOG:GKフィード→混戦→フェルナンデス中S      GOAL★ESP 0-1 SUI
 55 ESP    :Sラモス右クロス                    GKキャッチ
 57 SUI    :リヒトシュタイナー右クロス               GKキャッチ
 58 ESP SOG:イニ左→ビジャ中S                   GKキャッチ
 58 ESP    :Sラモス右クロス                    DFクリア(CK)
 60 ESP S  :右CK:シャビ→Sラモス中HS             枠上
 61 ESP 交代1:ブスケシュ(OUT)、ナバス(IN)
 62 ESP 交代2:シルバ(OUT)、トーレス(IN)

 63 ESP S  :イニ左ミドルS                    ※枠右
 66 ESP    :ナバス右クロス                     DFクリア(CK)
 68 ESP S  :ビジャ左→トーレス中S                 枠上
 69 SUI S  :左クロス→エンフォ中HS                枠左
 70 ESP SOG:トーレス左S                      GKセーブ(CK)
 70 ESP SOG:シャビ中ミドルS                   ☆クロスバー
 72 ESP SOG:ナバス右ドリブルS                  ※GKキャッチ
 74 SUI ▲YC:ツィーグラー                   CARD▲ツィーグラー
 74 ESP OFF:右FK:シャビ→ラモス中H→ピケ            オフサイド
 75 SUI SOG:デルディヨク右ドリブルS               ☆右ポスト
 75 SUI SB :デルディヨク右S                   ☆DFブロック
 76 ESP SB :イニ左ミドルS                     DFブロック
 77 ESP 交代3:イニ(OUT)、ペドロ(IN)
 78 ESP S  :ナバス右ミドルS                   ※枠左
 79 SUI 交代1:デルディヨク(OUT)、ヤキン(IN)
 82 SUI S  :バルネッタ右ミドルS                  枠上
 83 SUI    :インデル左クロス                    DFクリア(CK)
 85 ESP    :ナバス右クロス→ビジャ左H→トーレス          合わず
 87 ESP S  :ナバス右クロス→トーレス中BS             枠上
 +1 ESP    :ナバス右クロス                     DFクリア(CK)
 +3 ESP    :左FK:シャビ→                    ファール
 +4 SUI ▲YC:ヤキン、ハンド                  CARD▲ヤキン
 +6 ESP S  :右CK:ナバス→シャビ中BS              枠上
後半:コメント
 スイス
   しっかりと守ってゴール前のスペースを与えなかった。そしてGKのフィードから相手CBの混乱を
   誘ってゴールを奪った。その後、スペインの攻撃を押さえつつ、カウンターで何度かチャンスを作り、
   シュート8本、枠内3本を放った事は評価したい。守備の良さもよかったが、スペインのコンディション
   不良にも助けられた感は強い。ただし、強豪から勝ち点3をゲット出来た事は大きな自信になるだろう。
 スペイン
   中盤でパスを回しつつも、決定的なシュートがなかなかうてない、悪いときのスペインのサッカー
   になってしまった。ポゼッションは63%、シュートは24本放ったがゴールを奪えず。前線に高さが
   ないのだから、もう少しビジャのスピードを活かす攻撃をしたかったところ。まあ、あれだけ引かれて
   いるので難しいことは分かるのだが。イニ、Sラモス、シルバのコンディションがいまいちだったのは
   心配事項。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     スペイン  0   24   8   12   8   63   0   0   2
      スイス  1   8   3   3  21  37   4   0   1
H組暫定順位
  CHI[1] 3( 0) SUI[1] 3( 1) ESP[0] 0(-1) HON[1] 0(-1)
MOM
  フェルナンデス (my vote:ベナーリオ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-16:Gr-H:チリ v ホンジュラス

スタジアム
  ムボンベラ・スタジアム  ネルスプロイ
  気温:17度  湿度:28%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
試合結果
  ホンジュラス 0 - 1 チリ
主審
  エディ・マレット(SEY)
ラインナップ
 ホンジュラス
               09 パボン

      13 エスピノサ   07 ヌニョス   17 アルバレス

          08 ゲバラ    20 パラシオス

  21 イサギーレ  03 フィゲロア  02 チャベス  23 メンドーサ

            18 バジャダレス
  サブ:
    01 カナーレス  04 Jパラシオス  05 ベルナルデス  06 トーマス   11 スアソ
    12 ウェルカム  14 ガルシア    15 マルティネス  16 サビジャン  19 トゥルシオス
    22 エスコベル
  監督
    アレクシス・メンドーサ
  欠場
    10 パラシオス(欠場)  レイナルド・ルエダ監督(出場停止)
 チリ
    15 ボーセジュール  10 バルディビア  07 サンチェス

    14 Mフェルナンデス  06 カルモナ   20 ミジャール

   08 ビダル    03 ポンセ  17 メデル   04 イスラ 

             01 ブラボ
  サブ
    02 フエンテス  05 コントレーラス  09 スアソ  11 ゴンサレス  12 ピント
    13 エストラーダ 16 オレジャナ    18 ハラ   19 フィエーロ  21 テージョ
    22 バレデス   23 マリン
  監督
    マルセロ・ビエルサ
前半:試合展開
 03 CHI S  :中FK:マティS                   ※枠上
 04 CHI    :右CK:マティ                     DFクリア
 04 CHI ▲YC:カルモナ
 07 HON SB :パボン中ミドルS                    GKキャッチ
 09 CHI SOG:ビダル中ミドルS                   ※GKセーブ
 13 CHI    :バルビディア→ボーセジュール左             あわず
 15 HON    :左クロス                        あわず
 18 HON S  :パボン中ミドルS                    枠左
 19 CHI ▲YC:マティ                      CARD▲マティ
 20 HON SB :エスピノーザ右ミドルS                 DFブロック(CK)
 21 CHI SB :サンチェス左→バルビディア中S            ※DFブロック(CK)
 22 CHI S  :左CK:マティ→サンチェス中S             GKキャッチ
 25 CHI    :サンチェス右クロス                   DFブロック(CK)
 25 CHI S  :右CK:マティ→ビダル中HS              枠上
 33 HON ▲YC:パラシオス                    CARD▲パラシオス
 34 CHI SOG:イスラ右クロス→ボーセジュール中S        GOAL★HON 0-1 CHI
 36 CHI    :バルビディア中ヒール                  あわず(CK)
 42 CHI    :ボーセジュール左クロス                 DFクリア
 44 CHI SOG:サンチェス右S                    ※DFブロック
 45 HON SOG:左FK:ヌニョスS                  ☆GKセーブ(CK)
前半:コメント
 チリ
   ポゼッションで相手を圧倒して激しく攻めた結果、何度も決定的なシーンを作り、34分に
   右サイドのクロスにボーセジュールが合わせて先制点を奪った。その後も、何度もドリブル
   やパスで相手のDFラインを切り裂いた。相手のDFやGKの好守がなければもう1,2点
   入っていたはず。完全にチリペースで試合が進んでいると言ってよいだろう。
 ホンジュラス
   チリのボールを奪ってのカウンターを狙ったものの、前線にかける人数が少なくなかなか
   機能せず。シュート数こそ互角だが、ポゼッションで大きく下回る辛い展開。決定的な
   シュートはヌニョスのFKのみ、正直おいつくのは厳しいか
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   ホンジュラス  0   5   2   2   6   38   1   0   0
       チリ  1   7   2   5  11  62   2   0   0
後半:試合展開
 47 HON    :アルバレス、エリア内で倒れる              笛無し
 52 CHI OFF:バルビディラ→イスラ                  オフサイド
 53 CHI 交代1:ミジャール(OUT)、ヤラ(IN)
 56 CHI S  :右FK:→ビダル中HS                 枠上
 60 HON 交代1:パボン(OUT)、ウェルカム(IN)
 61 CHI SB :サンチェス右→イスラ中S                DFブロック
 62 CHI S  :サンチェス中ドリブルS                ※枠左
 63 HON ▲YC:ゲバラ                         オフサイド
 64 CHI SOG:中FK:ビダル右H→ポンセ中HS           ☆GKセーブ
 66 HON 交代2:ゲバラ(OUT)、トーマス(IN)
 69 CHI    :サンチェス右クロス→イスラ               S出来ず
 73 CHI SB :マティ中S                       DFブロック
 73 CHI S  :ボーセジュール左クロス→イスラ中HS          枠右
 75 CHI SOG:ビダルS                       ※GKセーブ
 76 CHI OFF:オフサイド
 78 HON 交代3:ヌニョス(OUT)、マルティネス(IN)
 80 CHI S  :サンチェス右ミドルS                  枠左
 87 CHI 交代3:バルビディラ(OUT)、ゴンサレス(IN)
 90 HON S  :ウェルカム中ミドルS                  枠上
 +1 CHI S  :ゴンサレス中ミドルS                  枠上
 +3 CHI S  :ゴンサレス左S                     枠上
後半:コメント
 チリ
   後半は終始相手を圧倒、タイムアップまで激しく攻め続けた。後半はシュート13本放った
   ものの枠内シュートは3本のみ、決定機は64分のフリーキックと75分のビダルのシュート
   のみ。引いた相手に対する攻めの姿勢は評価したいが、決定力については課題が残るか。
 ホンジュラス
   攻め続けるチリを防ぐのが精一杯で、なかなか効果的な攻撃が出来ず。まるで引き分け
   狙いであるかのような試合に終始して、どうにか0-1で乗り切った。ただし、これで
   勝ち点3を失ったことは確か。ドロー狙いでゴールを奪うのは簡単ではないと言う事
   だろう
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   ホンジュラス  0   7   2   4  15   44   1   0   2
       チリ  1   20   5   6  21  56   2   0   4
H組暫定順位
  CHI[1] 3( 1/ 1) ESP[0] 0( 0/ 0) SUI[0] 0( 0 / 0) HON[1] 0(-1 / 0)
MOM
  ボーセジュール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/15

[WC2010] MN-14:Gr-G:ブラジル v 北朝鮮

スタジアム
  エリス・パーク・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温: 3度  湿度:52%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  BRA v PRK 1.10 9.00 26.00
G組暫定順位
  CIV[1] 1( 0) POR[1] 1( 0) BRA[0] 0( 0) PRK[0] 0( 0) 
試合結果
  ブラジル 2 - 1 北朝鮮
主審
  ビクトル・カサイ(HUN)
ラインナップ
 ブラジル
         09 ファビアーノ

    11 ロビーニョ  10 カカ  07 エラーノ

         05 メロ   08 シウバ 

  06 バストス  04 ファン  03 ルシオ  02 マイコン

           01 セーザル
  サブ
    12 ゴメス  13 アウベス  14 ルイゾン  15 チアゴ・シウバ  16 ジウベルト・メロ
    17 ジョズエ 18 ラミレス  19 バチスタ  20 クレベルソン   21 ニウマール
    22 ドニ   23 グラフィッチ
  監督
    ドゥンガ
 北朝鮮
                09 チョン・テセ

             17 アン・ヨンハ  10 ホン・ヨンジョ

  05 リ・グァンチョン  08 チ・ヨンナム   11 ムン・イング   02 チャ・ジョンヒョク

    04 パク・ナムチョル  03 リ・ジュンイル  13 パク・チョルジン 

                01 リ・ミョング
  サブ
    06 キム  12 チェ  14 パク  16 ナム  18 キム
    19 リ   21 リ   15 キム  07 アン  20 キム
    22 キム  23 パク
  監督
    キム・ジョンフン
前半:試合展開
 05 BRA S  :ファビアーノ右S                    GKキャッチ
 07 BRA S  :エラーノ右S                      枠上
 07 BRA S  :ロビーニョ中ミドルS                  枠上
 10 BRA S  :バストス左S                      枠右
 11 PRK SOG:テセ右S                        GKキャッチ
 13 BRA SB :マイコン右S                      DFブロック
 13 BRA SOG:エラーノ中S                      GKキャッチ
 16 PRK SB :ム中ミドルS                      DFブロック
 17 PRK S  :チャ右ドリブルS                    枠上
 19 PRK S  :ム中ロングS                      GKキャッチ
 20 BRA    :マイコン右クロス                    枠上
 21 BRA SOG:ロビーニョ右S                     GKキャッチ
 26 PRK    :テセ左クロス                      あわず
 27 BRA SOG:マイコン右ミドルS                  ※GKセーブ(CK)
 31 PRK    :テセ左ドリブル                     DFクリア(CK)
 32 PRK S  :右クロス→リ中S                    枠左
 34 BRA S  :バストス中ミドルS                   枠上
 35 BRA    :バストス左クロス→ファビアーノ             DFクリア
 36 PRK S  :中ミドルS                       枠上
 40 PRK OFF:テセ                          オフサイド
 40 BRA S  :メロ中ミドルS                     枠上
 42 BRA    :ロビーニョ左ドリブル、クロス              DFブロック(CK)
 45 BRA    :バストス左クロス                    枠上
前半:コメント
 ブラジル
   中盤でボールをキープするも、前線への決定的なパスがなかなか出ず、シュート9本を放つも
   決定機は無し。カカ、ファビアーノが中央でほとんど仕事を出来ず、シュートはSBのマイコン
   とバストスがほとんどと言う展開では無得点もやむなしか。ただ、相手のカウンターはうまく
   押さえているので、後半、相手が疲れたところでのゴールを期待か。
 北朝鮮
   5バックで引いて守る作戦が功を奏して前半をスコアレスドローで折り返し。少ないながらも
   カウンターでチャンスを作ってシュート6本を放ったが決定機は無し。ただし強豪のブラジル
   相手と言う事で、北朝鮮ペースと言えるだろう。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ブラジル  0   9   3   3   4   66   0   0   0
      北朝鮮  0   6   2   1   3  34   0   0   1
後半:試合展開
 47 BRA SB :エラーノ中ドリブルS                  DFブロック
 50 BRA SB :ロビーニョ中ミドルS                  DFブロック
 51 BRA S  :中FK:バストスS                   枠左
 53 BRA S  :ロビーニョ右ミドルS                  枠左
 54 PRK    :パク左ドリブル、クロス                 DFブロック(CK)
 55 BRA SOG:エラーノ右→マイコン右S             GOAL★BRA 1-0 PRK
 61 BRA SOG:バストス左ミドルS                   GKセーブ
 63 BRA S  :ロビーニョ左クロス→ファビアーノ中TS         枠上
 65 PRK S  :チ左ミドルS                      枠左
 71 BRA SB :メロ中ミドルS                     DFブロック
 72 BRA SOG:ロビーニョ中→エラーノ右S            GOAL★BRA 2-0 PRK
 73 BRA 交代1:エラーノ(OUT)、Dアウベス(IN)
 73 BRA SOG:カカ左S                        GKキャッチ
 76 BRA OFF:Dアウベス                       オフサイド
 77 BRA S  :ロビーニョ中ミドルS                  枠右
 78 BRA 交代2:カカ(OUT)、ニウマール(IN)
 80 BRA SOG:ニウマール中ミドルS                  GKキャッチ
 80 PRK 交代1:ムン・イング(OUT)、キム・グムイル(IN)
 81 BRA SOG:メロ中ミドルS                     GKキャッチ
 83 BRA SB :ロビーニョ中ミドルS                  DFブロック(CK)
 83 BRA SOG:ルシオ左S                       GKキャッチ
 84 BRA OFF:ファビアーノ                      オフサイド
 84 BRA 交代3:メロ(OUT)、ラミレス(IN)
 85 BRA SOG:右クロス→ニウマール中S                GKキャッチ
 86 PRK    :→テセ                         DFクリア(CK)
 88 BRA OFF:ファビアーノ                      オフサイド
 88 BRA ▲YC:ラミレス                     CARD▲ラミレス
 89 PRK SOG:チ・ヨンナム左S                 GOAL★BRA 2-1 PRK
 90 PRK S  :テセ中ミドルS                     枠上
 +1 PRK S  :テセ右ミドルS                     枠右
後半:コメント
 ブラジル
   マイコンの先制弾は凄かった。エラーニョのシュートもよかった。ただし、ポゼッション66%で
   シュート26本、枠内シュート10本を放ったとは思えないほど攻めあぐんだ印象が強い。5バックの
   相手を崩すのに四苦八苦、それでも2ゴールを奪うのがさすがブラジルたる所以だろう。守備に
   関しては相手がほとんど攻めてこなかったものの、1失点を献上。このあたりもブラジルらしい。
   グループリーグに関しては結果が全てだからさほど気にすることはないだろう。
 北朝鮮
   さすがに90分間守り倒すというのは困難だった。5バック3ボランチで守っているにも関わらず
   それでもシュート11本を放ち、1ゴールをあげたことを評価すべきなのだろう。残念ながらブラジル
   から勝ち点をあげる事は出来なかったが、まだ2試合あるので、次を目指していくしかないのだろう。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ブラジル  2   26  10   7   9   63   1   0   3
      北朝鮮  0   11   3   3  10  37   0   0   1
G組暫定順位
  BRA[1] 3( 2) CIV[1] 1( 0) POR[1] 1( 0) PRK[1] 0(-2)
MOM
  マイコン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-13:Gr-G:コートジボアール v ポルトガル

スタジアム
  ポート・エリザベス・スタジアム  ネルソン・マンデラ・ベイ
  気温:12度  湿度:71%  ピッチ:柔らかい  天候:晴れ→雨
直前オッズ
  CIV v POR 3.60 3.10 2.05
試合結果
  コートジボアール 0 - 0 ポルトガル
主審
  ホルヘ・バリオンダ(URU)
ラインナップ
 コートジボアール
           15 ディンダン

  08 カルー  09 ティオテ  21 エブエ    10 ジェルビーニョ

           19 Yトゥーレ

  17 ティエネ  05 ゾコラ  04 Kトゥーレ  20 デメル

            01 バリー
   サブ
     02 アンゴア  06 ゴブリ  07 ドゥンビア  11 ドログバ  12 ゴッソ
     13 ロマリッチ 14 コネ   16 ゾグボ    18 ケイタ   22 バンバ
     23 イェボア  03 ボカ
   監督
     スベン・ゴラン・エリクソン

 ポルトガル
           09 リエジソン

 10 ダニー     16 メイレレス   20 デコ    07 ロナウド

           08 Pメンデス

 23 コエントラン  06 カルバーリョ  02 アウベス  03 フェレイラ

           01 エドゥアルド
 サブ
   04 ロランド  05 ドゥダ  11 シモン   12 ベト    13 ミゲル
   14 ベロ-ソ  15 ペペ   17 アモリム  18 アルメイダ 19 ティアゴ
   21 コスタ   22 フェルナンデス
 監督
   カルロス・ケイロス

後半:試合展開
 07 CIV ▲YC:ゾコラ、ロナウドを倒す              CARD▲ゾコラ
 10 POR SOG:ロナウド中ミドルS                  ☆左ポスト
 14 CIV S  :右FK:ティエネ                    枠右
 17 CIV S  :ティオテ中ドリブルS                  枠上 
 20 CIV ▲YC:ドゥメル、ロナウドとやり合い           CARD▲ドゥメル
 20 POR ▲YC:ロナウド、ドゥメルとやり合い           CARD▲ロナウド

 27 CIV    :左CK:                        DFクリア
 30 CIV    :ティエネ左クロス                    GKキャッチ
 42 CIV    :デュメル右クロス                    DFブロック(CK)
前半:コメント
 コートジボアール
   ドログバをベンチにおいてのスタートだが、ポルトガルよりはボールを支配して攻撃的な
   サッカーを見せた。ただし、カルーやエブエがサイド突破をはかるものの、相手のDFライン
   を崩すシーンはなく、シュート2本はいずれも枠外で決定的なチャンスは無し。右腕骨折の
   ドログバの投入がカギとなるか。
 ポルトガル
   コートジボアールの攻撃を受けてカウンター狙いのシーンが目立ったが、こちらもほとんど
   攻撃の形を作れず。ロナウドのミドルが左ポストを叩いたのが唯一の決定機だった。若干
   左サイドが押し込まれているものの、全体的には相手をうまく押さえている印象。ただし、
   このままではゴールを奪うのは混乱だろう。
後半:試合展開
 47 CIV S  :ジェルビーニョ左S                   GKセーブ(CK)
 47 CIV S  :右CK:→ティオテ中HS                枠上
 51 POR S  :右クロス→カルバーリョ中HS              枠上
 54 CIV SOG:カルー中S                       GKキャッチ
 55 POR 交代1:ダニー(OUT)、シモン(IN)
 58 POR SOG:デコ左クロス→リエジソン中HS             GKキャッチ
 58 CIV S  :ジェルビーニョ左ドリブルS               DFブロック(CK)
 60 CIV S  :左クロス→ジェルビーニョ中HS             枠上
 63 POR 交代2:デコ(OUT)、チアゴ(IN)
 66 CIV 交代1:カルー(OUT)、ドログバ(IN)

 66 CIV S  :Yトゥーレ中ミドルS                  枠左
 69 CIV    :左クロス→                       DFクリア(CK)
 71 POR    :メイレレス右クロス                   DFクリア(CK)
 74 POR    :フェレイラ右クロス→リエジソン             ファール
 78 POR S  :メイレレス中ミドルS                  枠左
 80 POR S  :中FK:ロナウドS                   枠上
 82 CIV 交代2:ジェルビーニョ(OUT)、ケイタ(IN)
 84 CIV OFF:オフサイド
 85 POR 交代3:メイレレス(OUT)、アモリム(IN)
 88 CIV 交代3:エブエ(OUT)、ロマリック(IN)

 90 POR S  :アモリム中ミドルS                   枠上
 +1 CIV S  :ドログバ左S                      枠右
 +3 CIV S  :ケイタ左S                       DFブロック
後半:コメント
 コートジボアール
   後半に入って最後まで攻め続けたものの、結局決定機は作れず。ドログバの投入もコンディション
   がまだまだなのか決定的な仕事は出来ず。Kトゥーレが足が吊ったのが若干気になるが、まあ、
   うまく守備を対応したという印象。初戦という事もあり、負けなかった事が重要というのが正直な
   感想か。
 ポルトガル
   全体的に押される展開だったものの、それでも何度かクロスやセットプレイでチャンスを作った。
   ただ、こちらも決定的なシュートを打つことは出来ず。終盤の押され具合を考えると勝ち点1でも
   成功という印象。こちらも勝ち点1をゲット出来た事で満足すべきだろう。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
 コートジボアール  0   5   1   6  18   50   2   0   2
    ポルトガル  0   7   2   4  13  50   1   0   1
G組暫定順位
  BRA[0] 0( 0/ 0) PRK[0] 0( 0/ 0) CIV[1] 1( 0/ 0) POR[1] 1( 0/ 0)
MOM
  ロナウド (my:vote ジェルビーニョ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/14

[WC2010] MN-11:Gr-F:イタリア v パラグアイ

スタジアム
  グリーン・ポイント・スタジアム  ケープタウン
  気温: 8度  湿度:70%  ピッチ:濡れ  天候:雨
直前オッズ
  ITA v PAR 2.10 3.00 4.00
試合結果
  イタリア 1 - 1 パラグアイ
主審
  ベニト・アルチュンディア(MEX)
ラインアップ
 イタリア
            11 ジラルディーノ

   09 イアクィンタ  15 マルキ-ジオ   07 ペペ

        22 モントリーボ  06 デロッシ

  03 クリシート  04 キエリーニ  05 カンナバーロ  19 ザンブロッタ

             01 ブッフォン
  サブ
   02 マッジョ    08 ガットゥーゾ  10 ディナターレ  12 マルケッティ  13 ボッケッティ
   14 デサンクティス 16 カモラネージ  17 バロンボ    18 クアリラレッラ 20 パッツィーニ
    23 ボヌッチ
  監督
    マルチェロ・リッピ
  欠場
    21 ピルロ(負傷)
 パラグアイ
    19 バリオス  18 バルデス

   17 トーレス  16 リベーロス  13 ベラ

          15 カセレス

  03 モレル  14 ダシルバ  21 アルカラス  06 ボネット

          01 ビジャール
  サブ
    02 ベロン    04 カニサ  05 カセレス  07 カルドソ  08 バレート
    09 サンタクルス 10 ベニテス 11 サンタナ  12 バレート  20 オルティゴサ
    22 ボバディージャ  23 ガマラ
  監督
    ヘラルド・マルティーノ
前半:試合展開
 03 ITA    :ザンブロッタ右クロス                  DFクリア(CK)
 05 ITA SB :モントーリボ中ミドルS                 DFブロック
 07 ITA    :クリシート左クロス→ペペ                DFクリア
 10 ITA SB :モントリーボ中ミドルS                 DFブロック
 12 ITA    :クリシート左クロス→ペペ右H              ファール
 17 ITA OFF:ジラ→イアキンタ                    オフサイド
 19 ITA    :ザンブロッタ右クロス                  あわず
 20 PAR    :ベラ右クロス                      DFブロック(CK)
 22 ITA SOG:カット→モントリーボ中ドリブルS            GKキャッチ
 22 PAR S  :トーレス中ミドルS                   枠右
 24 ITA    :マルキ-ジオ左クロス                  DFクリア(CK)
 26 PAR OFF;オフサイド                       オフサイド
 28 ITA    :左FK:マルキ-ジオ                  DFクリア(CK)
 31 ITA OFF:モントリーボ中→ペペ                  オフサイド
 39 PAR SOG:右FK:右FK:トーレス→アルカラス中HS    GOAL★ITA 0-1 PAR
 41 PAR S  :カセレス中ミドルS                   枠上
前半:コメント
 パラグアイ
   イタリアの軽快なパス回しと激しい中盤の前にほとんど形が作れなかったが、セットプレイから
   アルカラスが頭で押し込んで先制点を上げた。それまで防戦一方で耐える展開だったがゴールに
   よって選手が活性化し、イタリアにプレスをかけるようになった。ただ、前半のようなイタリアの
   攻撃を許す展開だと苦戦は必至。イタリアの攻撃をどこまでしのげるかが注目
 イタリア
   細かいパスでチャンスを作り、相手FWにほとんど仕事をさせなかったが、セットプレイ一つで
   リードを許す結果は納得がいかないだろう。クリシートやペペのクロス、それにモントリーボの
   パス出しは悪くない。相手が疲れたところでまずは1点獲って同点に追い付きたいところだが…。
後半:試合展開
 46 ITA 交代1:ブッフォン(OUT)、マルケッティ(IN)

 52 PAR S  :ヴェラ中ミドルS                    枠上
 53 ITA    :ザンブロッタ右クロス→ペペ左              S出来ず
 55 PAR S  :ヴェラ右S                       枠上
 56 ITA S  :モントリーボ中ミドルS                 GKキャッチ
 58 ITA    :イアキンタ右クロス                   GKキャッチ
 59 ITA 交代2:マルキージオ(OUT)、カモラネージ(IN)
 59 ITA    :カモラネージ右クロス→ペペ               GKキャッチ
 60 PAR 交代1:トーレス(OUT)、サンターナ(IN)
 62 PAR ▲YC:カセレス、モントリーボを倒す           CARD▲カセレス
 63 ITA SOG:左CK:ペペ→デロッシ中BS           GOAL★ITA 1-1 PAR
 65 ITA    :イアキンタ→モントリーボ左倒れる            笛無し
 66 PAR S  :バリアス→サンターナ中S                枠右
 68 PAR 交代2:バルデス(OUT)、サンタクルス(IN)
 70 ITA SB :ペペ右→ジラ中S                    DFブロック
 70 ITA ▲YC:カモラネージ                   CARD▲カモラネージ
 72 ITA 交代3:ジラ(OUT)、ディナターレ(IN)
 74 ITA    :デロッシ右クロス→カモ中H               GKキャッチ
 76 PAR 交代3:バリオス(OUT)、カルドソ(IN)
 77 PAR OFF:カルドソ                        オフサイド
 78 ITA    :左CK:ペペ                      GKキャッチ
 80 ITA SOG:ペペ左ミドルS                     GKキャッチ
 83 ITA SOG:モントリーボ中ミドルS                ☆GKセーブ(CK)
 86 ITA    :左FK:ペペ                      DFクリア(CK)
後半:コメント
 イタリア
   後半開始早々、ブッフォンが腰の痛みで負傷交代というアクシデントに襲われるものの、
   交代で入ったマルケッティは無難に守備をこなす。攻撃に関しても流れの中からはチャンスを
   作れなかったものの、セットプレイからデロッシが同点弾をたたき込んだ。伝統的にスロー
   スタートの傾向が強いだけに、このドローは悪くはない結果と言えるだろう。少なくとも
   負けなかった事だけは評価したい。、
 パラグアイ
   後半は防戦一方の展開となり、セットプレイから同点に追い付かれるが、どうにか守りきって
   勝ち点1を手にした。力関係を考えてもこの勝ち点1は満足出来る結果と言っていっていいだろう。
   セットプレイとミドルシュート以外に相手にチャンスを与えなかった点からも、伝統の守備力は
   健在と言ってよい。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    イタリア   2   10   5   8  15   52   1   0   3
   パラグアイ   0   8   1   4  15  48   1   0   4
暫定順位
  ITA[1] 1( 0) PAR[1] 1( 0) NZL[0] 0( 0) SLO[0] 0( 0)
MOM
  アルカラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-10:Gr-E:日本 v カメルーン

スタジアム
  フリー・ステート・スタジアム
  気温:13度  湿度:34%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  JPN v CMR 3.75 3.10 2.10
E組暫定順位
  NED[1] 3( 2) CMR[0] 0( 0) JPN[0] 0( 0) DEN[1] 0(-2)
試合結果
  日本 1 - 0 カメルーン
主審
  オレガリオ・ベンケレンサ
ラインナップ
 日本
          18 本田

  16 大久保  07 遠藤  17 長谷部(C) 08 松井

          02 阿部

  05 長友   04 闘莉王   22 中澤  03 駒野

          21 川島
  サブ
    01 楢崎  06 内田  09 岡崎  10 中村俊  11 玉田
    12 矢野  13 岩政  14 中村憲 15 今野   19 森本
    20 稲本  23 川口
  監督
    岡田武史
 カメルーン
  13 モティング     15 ウェボ     09 エトゥ(C)

         18 エノー    21 マティブ

             11 マクーン

  02 アスエコト  05 バソング  03 エンクルー  19 エムビア

             16 ハミドゥ
  サブ
    01 カメニ  04 ソング  06 Aソング  07 エングエモ  08 ジェレミ
    10 エマナ  12 ボング  14 シェジュー 17 イドリス   20 マンジュク
    22 エンディ 23 アブバカル
  監督
    ポール・ル・グエン
前半:試合展開
 08 CMR    :ウェボ左クロス→モティング               あわず
 10 CMR    :左FK:アスエコト                   あわず
 14 JPN    :駒野右スロー→本田                   GKキャッチ
 15 CMR    :中ミドルS                       DFブロック
 17 JPN S  :松井右クロス                      GKキャッチ
 21 JPN OFF:長谷部右クロス→本田                  オフサイド
 22 JPN    :大久保、GKと接触、治療後復帰
 26 JPN OFF:中FK:→松井                     オフサイド
 27 CMR OFF:アスエコト左フィード→ウェボ              オフサイド
 29 JPN OFF:松井                          オフサイド
 31 JPN    :川島、腰を打つ
 38 CNR SOG:エノー左S                       GKキャッチ
 39 JPN SOG:松井右クロス→本田左TS             GOAL★JPN 1-0 CMR
 43 JPN OFF:長谷部フィード→本田→大久保              オフサイド
前半:コメント
 日本
   カメルーンの攻撃をうまくカットして、右サイドからクロスをあげるシーンが目立った。なかなか
   シュートに結びつかなかったものの、39分、長谷部のクロスをフリーの本田が落ち着いて決めてゴール、
   1点リードで終了した。エトゥは長友がうまく押さえ、中盤も阿部がうまいポジショニングで相手の
   攻撃の目をつぶしていた。ただしシュートは2本、ポゼッションが46%と攻めているわけではないので
   このままプレスで相手にサッカーをさせない展開を続けたい。
 カメルーン
   アスエコトの裏を疲れるシーンが目立った。駒野や長谷部、松井に突破を許すシーンが目立った。
   攻撃に関しても、前線へのボールをカットされてほとんど攻撃の形を作れなかった。ただし、エトゥ
   を筆頭に個の力では日本を上回っているし、相手が疲れたところで逆襲したいところだろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      日本   1   2   2   0  10   46   0   0   3
   カメルーン   0   2   1   0  12  54   0   0   1
後半:試合展開
 46 CMR    :左クロス                        DFクリア(CK)
 48 JPN    :大久保左ドリブル                    ファール
 49 CMR S  :エトゥ右ドリブル、クロス→モティング右S        枠上
 52 CMR SB :モティング中S                     DFブロック
 54 CMR S  :エムビア右クロス→中HS                枠上
 57 CMR S  :モティング左S                     枠左
 62 CMR    :中FK:マクーン→                   DFクリア(CK)
 63 CMR 交代1:マティブ(OUT)、エマナ(IN)
 69 JPN 交代1:松井(OUT)、岡崎(IN)

 72 CMR ▲YC:エンクルー                    CARD▲エンクルー
 75 CMR OFF:オフサイド
 75 CMR 交代2:マクーン(OUT)、ジェレミ(IN)
 76 CMR 交代3:モティング(OUT)、イドリス(IN)
 82 JPN 交代2:大久保(OUT)、矢野(IN)

 82 JPN SOG:長谷部中ミドルS                   ☆GKセーブ
 82 JPN OFF:岡崎                          オフサイド
 85 CMR SOG:エムビア中ミドルS                  ☆左ポスト
 85 CMR SOG:エマナ中S                       GKキャッチ
 88 JPN SOG:本田中S                       ※GKセーブ
 88 JPN 交代3:長谷部(OUT)、稲本(IN)
 +1 JPN ▲YC:阿部                       CARD▲阿部
 +2 CMR    :中FK:アスエコト                   GKキャッチ
 +3 CMR    :ジェレミ右クロス→                   ファール
後半:コメント
 日本
   後半、積極的に攻めて来たカメルーンをうまくかわし、最後まで集中力を保って1点を
   守りきった。後半のシュートは3本、試合全体を通して5本と決して攻撃的な展開が出来た
   とは言い難いし、内容的にスコアレスドローにふさわしい展開ではあったが、それでも
   アウェイの大会で初の勝ち点3を得た事は評価したい。カメルーン相手には本田の1トップ
   は機能したが、オランダやデンマークでも同じであることを期待したい。
 カメルーン
   後半に入り全体的に積極的な攻めを見せたが、個人技頼りでなかなか効果的な攻撃は出来ず。
   唯一の決定機はポストに阻まれた。DFラインは不安定で、攻撃は日本の運動量に完全に
   押さえ込まれた。格下相手に油断が無かったというのは嘘になるのだろう。どちらにとっても
   わずかな決定機しかなかったが、それを決めれるかどうかが勝負の分かれ目となった。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      日本   1   5   5   0  20   45   1   0   4
   カメルーン   0   8   4   3  29  55   1   0   2
MOM
  本田 (my vote:本田)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-09:Gr-E:オランダ v デンマーク

スタジアム
  サッカー・シティ・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:16度  湿度:19%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  NED v DEN 1.53 3.80 6.50
試合結果
  オランダ 2 - 0 デンマーク
主審
  ステファン・ラノワ(FRA)
ラインナップ
 オランダ
            09 Vペルシー

   23 Vファールト  10 スナイデル   07 カイト

       08 デヨンク   06 Vボメル

  05 ジオ(C) 04 マタイセン  03 ハイティンハ  02 Vビール

          01 ステケレンブルフ
  サブ
    11 ロッベン  12 ブラルーズ  13 オーイエル  14 デゼウ  15 ブラーフハイト
    16 フォルム  17 エリア    18 スハールス  19 バベル  20 アフェライ
    21 フンテラール  22 ボスフケル
  監督
    ベルト・ファン・マルワイク
 デンマーク
            11 ベントナー

  10 ヨルゲンセン(C)  19 ロンメダール  20 エネボルセン

        12 カーレンベリ  02 Cボウルセン

  15 Sポウルセン  03 キアル  04 アッガー  06 ヤコブセン

             01 セーレンセン
  サブ
    05 クビスト   07 イェンセン  08 グロンキア  09 トマソン  13 クロルドルップ
    14 Yポウルセン 16 アンデルセン 17 ベックマン  18 ラーセン  21 エリクセン
    22 クリスティアンセン  23 ムティリガ
  監督
    モアテン・オルセン
前半:試合展開
 03 DEN SB :アッガー中ミドルS                   DFブロック
 06 NED S  :中FK:スネイデルS                  枠上
 07 DEN S  :左FK:エネボルセンS                 枠右
 10 NED SOG:カイト中ミドルS                    GKキャッチ
 17 NED    :カイト右クロス                     DFクリア(CK)
 18 NED    :左CK:スナイデル                   DFクリア
 18 NED SB :スネイデル左ミドルS                  DFブロック
 20 NED SB :Vファールト中S                    DFブロック(CK)
 20 NED    :左CK:スナイデル                   DFクリア
 21 NED S  :Vファールト中S                    枠上
 21 DEN S  :エネボルセン左ドリブルS                枠上
 27 DEN S  :ロンメダール右クロス→ベントナー中HS        ※枠左
 29 NED OFF:Vペルシー                       オフサイド
 30 DEN    :ヨルゲンセン、タックルを受けて倒れる          笛無し
 33 NED    :Vファールト→Vペルシー                DFクリア(CK)
 33 NED    :左CK:スナイデル                   DFクリア
 33 NED    :カイト右クロス                     DFクリア(CK)
 34 DEN SOG:C→ヨルゲンセン→ロンメダール右ドリブルS       GKキャッチ
 36 DEN S  :右FK:ロンメダールS                 壁
 37 DEN SOG:ベントナー→カーレンベリ左S             ☆GKセーブ(CK)
 38 DEN    :Cボウルセン→                     DFクリア
 43 NED S  :Vペルシ右ドリブルS                 ※枠右
 44 NED ▲YC:デヨンク                     CARD▲デヨンク
 45 DEN S  :右CK:カーレンベリ→ベントナー中HS         枠左
前半:コメント
 デンマーク
   ポゼッションではオランダに遅れをとったものの、カウンターから決定機を作った。27分に
   ベントナーが頭で会わせたシーンと、37分にベントナーからパスを受けたカーレンベリの
   放ったシュートと2本の決定機。シュートが5本と少ない割に効率的な攻撃と言ってよい。
   それ以上にオランダの誇る攻撃勢をほぼ完璧に押さえていたのが印象的。さすがに欧州の
   予選で揉まれているチームだけに守備は固い。
 オランダ
   序盤こそ、なんどかチャンスを作ったものの、時間が経つに連れ攻撃の形を作れなくなった。
   デンマークのサイドチェンジにうまく対応出来ていないのが気になった。今のところベントナー
   はどうにか押さえているが、やはり守備の不安が出た印象。攻撃勢に関しては、デンマークの
   守備にうまく押さえられていた印象。ただ、勝負は後半なので、これからと言うところ。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    オランダ   0   5   1   4   6   60   1   0   1
   デンマーク   0   6   2   2   8  40   0   0   0
後半:試合展開
 46 NED    :Vペルシ左クロス→DFヘッド           GOAL★NED 1-0 DEN
 50 NED ▲YC:Vペルシ                     CARD▲Vペルシ
 52 NED     カイト→Vペルシ左                  ※S出来ず
 56 DEN 交代1:エネボルセン(OUT)、グロンケア(IN)
 58 DEN S  :アッガー左スロー→キアルS               DFクリア
 59 NED SOG:Vペルシー左クロス→Vファールト中BS        ☆GKキャッチ
 61 NED OFF:Vボメル→Vペルシ                   オフサイド
 62 DEN 交代2:ベントナー(OUT)、ベックマン(IN)
 64 DEN ▲YC:キアル                      CARD▲キアル
 68 NED 交代1:Vファールト(OUT)、エリア(IN)
 69 NED    :エリア左ドリブル→Vペルシ               S出来ず
 71 NED S  :Vボメル中ミドルS                   枠上
 73 DEN 交代3:カーレンベリ(OUT)、エリクセン(IN)
 73 NED S  :Vボメル右ミドルS                   GKセーブ(CK)
 74 NED S  :右CK:スナイデル→Vペルシ中HS           枠左
 76 DEN OFF:オフサイド
 77 NED 交代2:Vペルシ(OUT)、カイト(IN)
 79 NED    :アフェライ左ドリブル、クロス              あわず
 80 NED OFF:カイト左→エリア                    オフサイド
 82 NED SB :スネイデル中ミドルS                 ※枠上(CK)
 83 NED S  :アフェライ中ミドルS                  枠上
 85 NED SOG:中→エリア左S                    ☆右ポスト
 85 NED SOG:こぼれ→カイト右S                GOAL★NED 2-0 DEN
 88 NED S  :左クロス→アフェライ中BS              ☆DFクリア
 88 NED 交代3:デヨンク(OUT)、デゼウ(IN)
 90 DEN S  :ロンメダール右S                    枠左
 +2 NED S  :カイト中S                       枠右
後半:コメント
 オランダ
   後半早々、VペルシのクロスがOGを生み、これで一気に流れが楽になった。失点後も攻撃の
   手を緩めず、むしろより積極的に攻め続けて後半だけでシュート10本。相手が前がかりになった
   事もあってか、人数をかけずに個の力で攻撃を続け、最後にカイトが追加点をあげてゴールを
   決めた。最後、のアフェライのシュートも決まっていれば完璧だったが、さすがにそれは望み
   過ぎか。後半に関しては積極的に攻める事で守備の不安を打ち消した印象。デンマーク相手に
   これだけ圧倒な試合が出来るオランダはさすが。
 デンマーク
   OGで失点するまでは計算通りだったが、その後は最後まで防戦一方の展開を強いられた。
   ベントナーも60分が限度、トマソンも負傷で出場出来ない事で、攻撃の形がほとんどつくれな
   かった。守備に関しても、途中出場のエリアをうまく押さえられないなど、不安な面もあった。
   ただ、相手がオランダだったという事を考慮する必要があり、日本やカメルーンが同じように
   戦うのは難しいだろうが。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    オランダ   0   15   7   6  13   58   2   0   4
   デンマーク   0   8   3   2  20  42   1   0   2
MOM
  スナイデル (my vote:カイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[EL10/11] UEFAヨーロッパリーグ試合日程

2010-11シーズンUEFA ヨーロッパリーグ試合日程 http://jp.uefa.com/news/newsid=1483230.html
  予選1回戦第1戦       2010年 7月 1日
  予選1回戦第2戦       2010年 7月 8日
  予選2回戦第1戦       2010年 7月15日
  予選2回戦第2戦       2010年 7月22日
  予選3回戦第1戦       2010年 7月29日
  予選3回戦第2戦       2010年 8月 5日

  プレーオフ第1戦       2010年 8月19日
  プレーオフ第2戦       2010年 8月26日

  グループリーグ第1節     2010年 9月16日
  グループリーグ第2節     2010年 9月30日
  グループリーグ第3節     2010年10月21日
  グループリーグ第4節     2010年11月 4日
  グループリーグ第5節     2010年12月 1、 2日
  グループリーグ第6節     2010年12月15、16日

  決勝トーナメント1回戦第1戦 2011年 2月17日
  決勝トーナメント1回戦第2戦 2011年 2月24日
  決勝トーナメント2回戦第1戦 2011年 3月10日
  決勝トーナメント2回戦第2戦 2011年 3月17日

  準々決勝第1戦        2011年 4月 7日
  準々決勝第2戦        2011年 4月14日

  準決勝第1戦         2011年 4月28日
  準決勝第2戦         2011年 5月 5日

  決勝(ダブリン・ランズダウンロード)
                2011年 5月18日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL10/11] チャンピオンズリーグ試合日程

2010-11シーズンUEFA チャンピオンズリーグ試合日程 http://jp.uefa.com/news/newsid=1483230.html
 予選1回戦第1戦    2010年 6月29、30日
 予選1回戦第2戦    2010年 7月 6、 7日
 予選2回戦第1戦    2010年 7月13、14日
 予選2回戦第2戦    2010年 7月20、21日
 予選3回戦第1戦    2010年 7月27、28日
 予選3回戦第2戦    2010年 8月 3、 4日

 プレーオフ第1戦    2010年 8月17、18日
 プレーオフ第2戦    2010年 8月24、25日

 グループリーグ第1節  2010年 9月14、15日
 グループリーグ第2節  2010年 9月28、29日
 グループリーグ第3節  2010年10月19、20日
 グループリーグ第4節  2010年11月 2、 3日
 グループリーグ第5節  2010年11月23、24日
 グループリーグ第6節  2010年12月 7、 8日

 決勝トーナメント1回戦第1戦
            2011年 2月15、16日
         または2011年 2月22、23日
 決勝トーナメント1回戦第2戦 
            2011年 3月 8、 9日
         または2011年 3月15、16日

 準々決勝第1戦     2011年 4月 5、 6日
 準々決勝第2戦     2011年 4月12、13日

 準決勝第1戦      2011年 4月26、27日
 準決勝第2戦      2011年 5月 3、 4日

 決勝(ロンドン・ウェンブリー)  2011年5月28日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/11 UEFA主催大会抽選日程

2010-11シーズンUEFA 主催クラブ大会組み合わせ抽選日程

http://jp.uefa.com/news/newsid=1483230.html
 2010年 6月21日 12:00  ニヨン UEFAチャンピオンズリーグ 予選1、2回戦
 2010年 6月21日 13:30  ニヨン UEFAヨーロッパリーグ   予選1、2回戦
 2010年 7月16日 12:00  ニヨン UEFAチャンピオンズリーグ 予選3回戦
 2010年 7月16日 13:30  ニヨン UEFAヨーロッパリーグ   予選3回戦
 2010年 8月 6日 13:30  ニヨン UEFAチャンピオンズリーグ プレーオフ
 2010年 8月 6日 13:30  ニヨン UEFAヨーロッパリーグ   プレーオフ
 2010年 8月26日 18:00  モナコ UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグ
 2010年 8月27日 13:00  モナコ UEFAヨーロッパリーグ   グループリーグ
 2010年12月17日 12:00  ニヨン UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦
 2010年12月17日 13:00  ニヨン UEFAヨーロッパリーグ   決勝トーナメント1、2回戦
 2011年 3月18日 12:00  ニヨン UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝、準決勝、決勝
 2011年 3月18日 13:30  ニヨン UEFAヨーロッパリーグ   準々決勝、準決勝、決勝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

[WC2010] MN-06:Gr-C:アルジェリア v スロベニア

スタジアム
  ペーター・モカバ・スタジウム  ポログアネ
  気温:19度  湿度:42%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  ALG v SVN 3.25 3.00 2.25
C組暫定順位
  ENG[1] 1( 0) USA[1] 1( 0) ALG[0] 0( 0) SVN[0] 0
試合結果
  アルジェリア 0 - 1 スロベニア
主審
  カルロス・バトレス(GUA)
ラインナップ
 アルジェリア  
   13 マトムール 11 ジェブール  21 カディル

   19 イェブタ  15 ジアニ    08 ラセン

  03 ベラジ  05 ハリシェ  02 フゲア  04 ヤヒア

           16 シャウシ
  サブ:
   01 カヴアウィ  06 マンスーリ  07 ブドゥブ   09 ケザル   10 サイファ
   12 ベライド   14 ライファウィ 17 グエディウラ 18 メジャニ  20 メスバフ
   22 アブドゥン  23 エムボリ
  監督
    ラバー・サーダン
 スロベニア
        11 ノバコビッチ  14 デディッチ

  17 キルム  08 コレン     18 ラドサブレビッチ  10 ビルサ

  13 ヨキッチ 05 チェサル    04 シュレル      02 ブレツコ

            01 ハンダビッチ
  サブ
   03 ジニッチ  06 イリッチ  07 ベツニク    09 リュビヤンキッチ  12 ハンダノビッチ
   15 クーリン  16 セリガ   19 フィレコビッチ 20 コマッチ      21 ステバノビッチ
   22 マブリッチ 23 マタブジュ
  監督
   マチャジュ・ケッチュ
前半:試合展開
 03 ALG SOG:中FK:ベラジS                   ☆GKセーブ(CK)
 15 SVN SB :コレン中ミドルS                    DFブロック
 17 SVN    :キルム右クロス                     GKキャッチ
 21 SVN    :右FK:ビルサ中                    GKセーブ
 22 SVN    :左FK:キルム                     ファール
 30 ALG    :カディル右クロス                    枠上
 35 SVN ▲YC:ラドサブレビッチ                 CARD▲ラドサブレビッチ
 37 ALG S  :左FK:→ハリシェ中HS                枠右
 40 ALG S  :ベラジ左→マトムール右S                枠上
 43 SVN SOG:ビルサ中ミドルS                   ☆GKセーブ(CK)
 45 SVN S  :ビルサ中ミドルS                    枠右
前半:コメント
 スロベニア
   どっちかというとアルジェリアにボールを持たされた印象。本来カウンターを狙うチームに
   見えるだけにあまりいい展開とは言えなかったが、終盤のビルサのミドルシュートで若干
   ペースを掴んだか。もう少しセットプレイの数を増やせば得点シーンも増えそうな気がする、
 アルジェリア
   カウンターで何度か相手ゴール前までボールを運んだものの、決定的なシュートは序盤の
   FKのみ。後はロングフィードにFWが走り込む、若干古いサッカーをしているように
   見えた。正直、今のままではゴールを奪うのは厳しそう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アルジェリア  0   3   1   3   9   51   0   0   2
    スロベニア  0   3   2   2   5  49   1   0   1
後半:試合展開
 50 ALG    :右クロス→中                      あわず
 51 ALG S  :ジアニ左ミドルS                    枠上
 52 SVN 交代1:デギッチ(OUT)、リュビヤンキッチ(IN)
 54 SVN    :右FK:ジアニ                     GKキャッチ
 58 ALG 交代1:ジェブール(OUT)、ゲザル(IN)
 59 ALG ▲YC:ゲザル、相手を掴む                CARD▲ゲザル
 60 SVN SOG:キルム左S                      ※GKキャッチ
 63 SVN S  :コレン中ミドルS                    枠上
 71 ALG S  :右クロス→ゲザル中HS                 枠上
 73 ALG ▲YC:ゲザル、ハンド                  退場▼ゲザル
 77 SVN SOG:カット→ジアニ中S                  ☆GKセーブ
 79 SVN SOG:コレン中ドリブルS                GOAL★ALG 0-1 SVN
 81 ALG 交代2:マトムール(OUT)、サイフィ(IN)
 82 ALG 交代3:カディル(OUT)、グディエラ(IN)
 84 SVN 交代2:ビルサ(OUT)、ベツニク(IN)
 87 SVN 交代3:ラドサブレビッチ(OUT)、コマッチ(IN)

 +2 ALG S  :左クロス→こぼれ→中HS                枠上
 +3 SVN ▲YC:コマッツ                     CARD▲コマッツ
後半:コメント
 スロベニア
   後半に入って相手FWが退場、これで優位に立ったスロベニアが、ドリブルシュートを決めて
   ゴール、貴重な勝ち点3を手にした。序盤のFK以外は決定機を与えていないだけに、守備力は
   低くはないはず。残り2試合、格上相手だけに堅守のカウンター狙いという方向を見せやすい
   のではないだろうか。
 アルジェリア
   結果としてはゲザルの不用意なカードが敗戦を招いたと言えるだろう。ただ、セットプレイ以外
   にはパスカットでGKと1対1になったシーンしか決定機を作れなかっただけに、順当な結果と
   言えなくも無い。この後、イングランド、アメリカと強豪相手が続くが、何とか一矢を報いて欲しい
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アルジェリア  0   10   2   4  17   48   2   1   2
    スロベニア  1   6   4   3  10  52   2   0   3
C組暫定順位
  SVN[1] 3( 1) ENG[1] 1( 0) USA[1] 1( 0) ALG[1] 0(-1) 
MOM
  コレン (my vote:コレン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-07:Gr-D:ドイツ v オーストラリア

スタジアム
  ダーバン・スタジアム  ダーバン
  気温:19度  湿度:84%  ピッチ:乾燥  天候:ややくもり
直前オッズ
  GER v AUS 1.50 3.90 7.00
D組暫定順位
  GHA[1] 3( 1) AUS[0] 0( 0) GER[0] 0( 0) SRV[1] 0(-1)
試合結果
  ドイツ 4 - 0 オーストラリア
主審 
  マルコ・ロドリゲス(MEX)
ラインナップ
 ドイツ

              11 クローゼ

      10 ポドルスキ    08 エジル   13 ミュラー

      07 シュバインシュタイガー  06 ケディラ

  14 バドシュトゥバー  03 フリードリッヒ        17 メルテザッカー  16ラーム(C) 

                01 ノイアー
  サブ:
    02 ヤンセン   04 アオゴ  05 タスキ  09 キースリンク  12 ヴィーゼ
    15 トロホウスキ 18 クロース 19 カカウ  20 ボアテング   21 マリン
    22 ブット  23 ゴメス
  監督
    ヨアヒム・レーブ
 オーストラリア
               19 ガルシア

     05 クリナ     04 ケーヒル       07 エマートン

             13 グレッラ  16 バレリ

  11 チッパーフィールド  02 ニール  03 ムーア  08 ウィルシャー

           01 シュウォーツァー
  サブ:
    06 ボージャン  09 ケネディ   10 キューエル  12 フェデリチ 14 ホルマン
    15 ジュディナク 17 ルカビツヤ  18 ジョーンズ  20 ミリガン  21 カーニー
    22 ビドシッチ  23 ブレシャーノ 
  監督
    ピム・ファーベック
前半:試合展開
 01 AUS    :ケーヒル左クロス                    GKキャッチ
 02 GER OFF:ミュラー→エジル                    オフサイド
 04 AUS SOG:右CK:ウィルクシャー→ケーヒル右HS        ※DFブロック
 04 AUS SB :こぼれ→ガルシア中S                 ※DFブロック
 06 AUS OFF:エマートン→ガルシア                  オフサイド
 07 GER SOG:クローゼ右ドリブルS                 ※GKセーブ
 07 GER SB :右クロス→エジル中S                  DFブロック(CK)
 08 GER SOG:エジル→ミュラー右→ポドルスキ中S        GOAL★GER 1-0 AUS
 12 GER ▲YC:エジル右ドリブル、倒れる             CARD▲エジル
 15 GER OFF:オフサイド
 17 GER    :ポドルスキ左クロス                   GKキャッチ
 18 GER OFF:エジル                         オフサイド
 19 AUS S  :右クロス→クリナ中HS                 枠上
 20 AUS S  :ガルシア中S                      枠上
 22 GER    :ミュラー右クロス                    あわず
 24 GER S  :ポドルスキ左クロス→クローゼ中S            枠上
 24 AUS ▲YC:ムーア                      CARD▲ムーア
 27 GER SOG:ラーム右クロス→クローゼ中HS          GOAL★GER 2-0 AUS
 31 GER SOG:エジル右S                      ☆DFクリア(CK)
 32 GER OFF:オフサイド
 39 GER S  :ラーム右クロス→ケディラ中HS             枠上
 40 GER    :中スルー→エジルGKかわす               S出来ず
 44 AUS    :クリナ左クロス                     GKキャッチ
前半:コメント
 ドイツ
   序盤こそ、オーストラリアの激しいプレスに戸惑ったものの、徐々に攻撃のリズムを掴んで
   2ゴールを奪った。中盤でエジルが攻撃の起点としてボールを出したり受けたりいいプレイ
   が目立っており、右サイドのラーム、ミュラーもいいクロスをあげている。2点獲ってからは
   若干ペースダウンして落ち着いた試合展開なのは若いチームではあるがさすがドイツといった
   ところ。
 オーストラリア
   最初の猛攻でゴールを奪えていれば違ったのだろうが、その後はドイツの一方的な攻めに防戦
   一方の展開を強いられた。ガルシアは何度かゴール前に顔を出したものの、それ以外の選手は
   なかなか攻撃に絡めなかった。正直、ここから2点を追い付くのは厳しいと言わざるを得ない。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ドイツ   2   7   4   3   4   58   1   0   4
 オーストラリア   0   4   1   3   8  42   1   0   1
後半:試合展開
 46 AUS 交代1:グレッラ(OUT)、ホフマン(IN)
 46 AUS ▲YC:ニール、クローゼを蹴る              CARD▲ニール
 48 AUS SB :エマートン右クロス                   DFクリア(CK)
 51 GER    :ミュラー右→クローゼ                  GKキャッチ
 51 AUS S  :ホルマン中S                      枠右
 54 GER S  :ラーム右クロス→ミュラー中S              枠上
 54 GER OFF:ミュラー右→エジル                   オフサイド
 56 AUS ▼RC:ケーヒル、シュバにスライディング         退場▼ケーヒル
 58 AUS ▲YC:バレリ                      CARD▲バレリ

 59 GER SOG:エジル右S                      ※GKセーブ
 60 GER SOG:クローゼ右S                     ※GKセーブ
 60 GER    :クローゼ右→エジル                   S出来ず
 61 GER SOG:ポドルスキ左S                     GKセーブ
 64 AUS 交代2:ガルシア(OUT)、ルカビツヤ(IN)
 66 GER S  :ポドルスキ左クロス→クローゼ中BS           枠左
 68 GER SOG:ポドルスキ→ミュラー右S             GOAL★GER 3-0 AUS

 69 GER 交代1:クローゼ(OUT)、カカウ(IN)
 70 GER SOG:エジル左クロス→カカウ中S            GOAL★GER 4-0 AUS
 72 AUS SOG:クリナ中S                       枠上
 74 GER 交代2:エジル(OUT)、ゴメス(IN)
 74 AUS 交代3:エマートン(OUT)、ゼビナク(IN)

 79 AUS    :クリナ右クロス                     DFクリア
 80 AUS S  :ウィルシャー右S                    枠左
 81 GER OFF:ゴメス                         オフサイド
 82 GER 交代3:ポドルスキ(OUT)、マリン(IN)
 82 GER S  :マリン左S                       GKキャッチ
 84 AUS SOG:チッパーフィールド左クロス→ルカビツヤ中S       GKキャッチ
 85 GER S  :マリン右クロス→ゴメス中S               枠右
 +2 GER ▲YC:カカウ                      CARD▲カカウ
後半:コメント
  ドイツ
   4ゴールという結果もさることながら、ポドルスキ、クローゼ、ミュラー、カカウの前線が
   ゴールを決めたことが大きい。後はゴメスとエジルが決めていれば言う事無しだろうが、
   さすがにそこまで望むのは贅沢だろう。ただし、あまりにも一方的な展開のためDFラインが
   問われる状況にならなかったので、そのあたりは今後の対戦を見守る必要があるだろう。
   若手が多いだけに勢いに乗ることは間違いないか。
 オーストラリア
   2点差と言う事でよりアグレッシブに攻めたものの、56分にケーヒルがシュバにタックルして、
   一発退場、これですべてが終わった。その後はドイツの攻撃を耐えるのみ、さらに2失点を
   重ねたのもやむ無しか。得失点差こそ誤算だが、ドイツ相手の敗戦は想定内の筈。ここからの
   立て直しは監督力に大きく依存することになる。 
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ドイツ   4   16  10   4  10   55   2   0   7
 オーストラリア   0   8   2   7  19  45   3   1   1
D組暫定順位
  GER[1] 3( 4) GHA[1] 3( 1) SRV[1] 0(-1) AUS[1] 0( -4)
MOM
  ポドルスキ (my vote:エジル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-08:Gr-D:セルビア v ガーナ

スタジアム
  ロフタス・バーフェルド・スタジアム  プレトリア
  気温:21度  湿度:43%  ピッチ:水含む  天候:晴れ
直前オッズ
  SRV v GHA  2.10 3.10 3.75
試合結果
  セルビア 0 - 1 ガーナ
主審
  ヘクトル・バルダッシ(ARG)
ラインナップ
 セルビア
         15 ジギッチ    09 パンテリッチ

  14 ヨバノビッチ                 17 クラシッチ

         10 スタンコビッチ 11 ミリヤシュ 

  03 コラロフ  05 ビディッチ   13 ルコビッチ  06 イバノビッチ

            01 ストイコビッチ
  サブ:
    02 ルカビナ     04 カチャル   07 トシッチ   08 ラゾビッチ  12 イサイロビッチ
    16 オブラドビッチ  18 ニンコビッチ 19 ペトロビッチ 20 スボティッチ 21 ムルジャ
    22 クズマノビッチ  23 ジュリチッチ
  監督:
    ラドミール・アンティッチ
 ガーナ
            03 ギャン

    13 アイェウ   21 アサモア   12 タゴエ

         23 ボアテンク  06 アナン

  02 サルベイ  05 メンサー   15 ボルサー  04 パントシル

            22 キングソン
  サブ:
     01 アギェイ  07 インコーム  08 メンサー  09 ボアテンク  10 アッピアー
     11 ムンタリ  14 アモアー   16 アホール  17 アイェウ   18 アディアー
     19 アディ   20 アベイエ
  監督:
    ミロバン・ライェバッツ
前半:試合展開
 01 SRV S  :パンデリッチS                     枠外
 02 GHA S  :アナン中ミドルS                    枠右
 04 GHA S  :中FK:ギャンS                    枠上
 05 SRV    :クラシッチ右クロス                   枠上
 09 SRV    :スタンコビッチ左ドリブル、クロス            DFクリア
 11 GHA    :右CK:                        あわず
 14 GHA SB :ボアテンク中ミドルS                  DFブロック(CK)
 15 GHA    :アサモア左クロス                    DFクリア(CK)
 19 SRV ▲YC:ジギッチ、相手を押さえる             CARD▲ジギッチ
 21 GHA    :ボアテンク左クロス→ギャン              ※あわず
 26 GHA ▲YC:ボルサー、ジギッチを倒す             CARD▲ボルサー
 30 SRV OFF:オフサイド
 30 SRV S  :中FK:コラロフS                   枠上
 32 SRV S  :パンテリッチ右S                    枠左
 38 GHA    :右クロス                        GKキャッチ
 39 SRV SOG:スタンコビッチ中ミドルS→DFR            GKキャッチ
 43 SRV OFF:パントリッチ                      オフサイド
 +1 GHA    :アイェウ左クロス                    GKキャッチ
前半:コメント
 セルビア
   序盤は一進一退ではあったが、時間が経つに連れ攻撃のリズムが出来はじめた。ただし、
   相手の堅守もありシュートをなかなか放てず。枠内シュートがスタンコビッチの1本のみ。
   得点を奪う以上に失点に対する警戒があった印象で、SBの上がりもあまり見られず。
   負けたくない気持ちは分かるが、ここで勝ち点1という結果は、決勝T進出と言う意味で
   あまり嬉しくはない。
 ガーナ
   照準をGS突破に合わせて全力で戦った印象がある。何度かいいクロスやセットプレイは
   あったものの、枠内シュートは無し。相手のDFラインを崩すシーンはなかっただけに、
   引き分け狙いならともかく、勝つためには攻撃面でもう少し工夫をする必要があるだろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    セルビア   0   4   1   1   4   52   1   0   2
     ガーナ   0   3   0   3   6  48   1   0   0
後半:試合展開
 48 GHA    :ギャン右クロス                     合わず
 49 SRV S  :ヨバノビッチ左ドリブルS                枠左
 54 GHA S  :タゴエ右クロス→アイェウ左HS            ※枠左
 54 SRV ▲YC:ルコビッチ                    CARD▲ルコビッチ
 55 GHA S  :タゴエ中ミドルS                    枠上
 56 GHA S  :アイェウ中ミドルS                   枠上
 59 SRV    :パンデリッチ左クロス→ジギッチ             S出来ず
 61 GHA S  :左クロス→タゴエ右BS                 枠右
 62 GHA S  :アサモア右ドリブルMS                 枠右
 62 SRV 交代1:ミリアシュ(OUT)、クズマノビッチ(IN)
 69 SRV S  :右クロス→ジギッチ中HS                枠上
 70 SRV 交代2:ジギッチ(OUT)、ラゾビッチ(IN)
 73 GHA 交代1:アサモア(OUT)、アッピアー(IN)

 74 SRV ▲YC:ルコビッチ、ギャンを掴む             退場▼ルコビッチ

 76 SRV 交代2:ヨバノビッチ(OUT)、スポティッチ(IN)
 79 SRV SOG:ラゾビッチ右クロス→クラシッチ中S          ☆GKセーブ(CK)
 80 SRV S  :右CK:→ビディッチ中HS               枠上
 82 SRV S  :イバノビッチ右ドリブルMS               枠上
 83 GHA    :右クロス→DFハンド                  PK
 83 SRV ▲YC:クズマノビッチ、ハンド              CARD▲クズマノビッチ
 84 GHA SOG:PK:ギャンS左中                GOAL★GHA 1-0 SRV
 87 SRV S  :中フィード→クズマノビッチ中S             枠上
 89 GHA ▲YC:タゴエ、ハンド                  CARD▲タゴエ
 +1 GHA 交代2:ボアテンク(OUT)、アディ(IN)
 +2 GHA SOG:ギャン左ドリブルS                  ☆右ポスト
 +3 GHA 交代3:ギャン(OUT)、オウス・アベイエ(IN)
後半:コメント
 ガーナ
   相手の退場で一人多い中、それでもチャンスは作れずにいたものの、83分に相手DFの不用意な
   ハンドでPKをゲット。それをギャンが決めて、貴重な勝ち点3を手に入れた。運動量で相手を
   上回り、かつ相手の疲労を誘うことでファールを得た。枠内シュート3本と、攻撃的な展開が
   出来たとは言い難いが、勝ち点3を得たことで勢いに乗れるのではないか。ドイツに取っても
   苦戦は避けられないのではないか。
 セルビア
   試合を通してガーナの運動量に苦しめられた印象、それが不用意なファールで一人を失う事で
   ますます劣勢に立たされた。シュート数も10本と攻撃の形を作れたとは言い難く、それでも
   どうにかゴール前まで運ぶものの、ジギッチの高さを活かすことが出来なかった。2位に入る
   上での直接のライバルに遅れを取ったのはあまりにも大きすぎる。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    セルビア   0   10   2   4  10   52   3   1   2
     ガーナ   1   13   3   4  15  48   2   0   0
D組暫定順位
  GHA[1] 3( 1) AUS[0] 0( 0) GER[0] 0( 0) SRV[1] 0(-1)
MOM
  ギャン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 迷い猫オーバーラン! #10

10 迷い猫、持ってった http://www.patisserie-straycats.com/story/10/

コメント
  えっと、いきなり捕まえてる乙女さんですが…。そんなわけで店も暇ですが、そうですか、ヘリで通勤とは…。
 そんなわけで「乙女終了」だそうです。いや、女の子連れてくる度に「ニャー」って挨拶させるのもどうなんだ。
 ほのかちゃんだそうですが…。いきなり、アイドルユニットとかで、キャピとか言ってますが…。いや、いきなり
 お手とか言っても無理だって。とりあえず歓迎モードの希ちゃんと千世さんですが。そして巧は帰れないという
 Aパート。
  いや、とりあえず、台に乗ってる人をつつくのは問題だけど…、なんでいきなり格闘モードに入るかなぁ…。
 なんか希ちゃんとほのかちゃんが、不思議な感性で結ばれている様子です。いや、どうして乙女さんを裸エプロン
 で攻略…。そしてようやく帰ってくる乙女さんと迎えに来るお母さん。みんな待ってるから来なさいという
 希ちゃん、無事お母さんに連れられて帰っていきましたと言うBパート。そしてようやく帰る巧君。いや、DVD
 見てたって言えば、「二回と二百万回死ね」と言われてもしょうがない。ってなばさんなんだ、お母さん。
次回予告
  そっか、血のブルマ事件やるんだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/12

[WC2010] MN-05:Gr-C:イングランド v アメリカ

スタジアム
  ロイヤル・バフォケン・スタジアム
  気温:14度  湿度:77%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  ENG v USA  1.50 4.00 7.00
試合結果
  イングランド 1 - 1 アメリカ
主審
  カルロス・シモン(BRA)
ラインナップ
 イングランド
         10 ルーニー  21 ヘスキー

  16 ミルナー    08 ランパード  04 ジェラード(C) 07 レノン

  03 Aコール    06 テリー    20 キング   02 ジョンソン

              12 グリーン
  サブ
    01 ジェームズ  05 ドーソン  09 クラウチ  11 Jコール   13 ウォーノック
    14 バリー    15 アップソン 17 SWP   18 キャラガー  19 デフォー
    22 キャリック  23 ハート
  監督
    ファビロ・カペッロ
 アメリカ
         20 フィンドリー  17 アルティドール

  10 ドノバン   13 クラーク  04 ブラッドリー  08 デンプシー

  03 ボカネグラ  05 オニュウ  15 デメリット   06 チェルンドロ

               01 ハワード
  サブ
    02 スペクター  07 ビーズリー  09 ゴメス  11 ホールデン  12 ホーンスタイン
    14 バドル    16 トーレス   18 グザン  19 エドゥ    21 グッドソン
    22 ファイルハーバー  23 ハーネマン
  監督
    ボブ・ブラッドリー
前半:試合展開
 03 USA OFF:フィンディ                       オフサイド
 04 ENG SOG:ヘスキー→ジェラード中S             GOAL★ENG 1-0 USA
 06 USA OFF:フィンディ                       オフサイド
 10 ENG S  :左FK:ランパードS                  DFクリア(CK)
 11 ENG S  :右クロス                        枠上
 12 USA    :フィンディ右ドリブル                  DFクリア(CK)
 13 USA S  :右CK:アルティドール→オニュウHS          DFクリア
 19 USA    :ドノバン右クロス→デンプシー             ※あわず
 20 ENG    :ルーニー→レノン右→                  DFクリア
 20 ENG SOG:ルーニー中ミドルS                   GKキャッチ
 26 ENG ▲YC:ミルナー、チェルンドロを倒す           CARD▲ミルナー
 27 USA S  :右FK:ドノバン→アルティドール中HS         枠上
 29 USA    :ハワード、ヘスキーと接触
 31 ENG 交代1:ミルナー(OUT)、SWP(IN)
 33 USA SOG:アルティドール中S                   GKキャッチ
 35 ENG    :Aコール左クロス                    DFクリア
 37 ENG S  :SWP左ミドルS                    枠右
 39 ENG S  :ドノバン中ミドルS                   枠左
 39 USA ▲YC:チェルンドロ                   CARD▲チェルンドロ
 40 ENG SOG:デンプシー中ミドルS               GOAL★ENG 1-1 USA
 +1 ENG OFF:ヘスキー→Aコール                   オフサイド
前半:コメント
 イングランド
   開始早々ジェラードがスルーパスを受けてゴールを決めるところまでは完璧だったが、
   その後は特に左サイドでミルナーが突破されてピンチを作る。また、クロスやセットプレイ
   で相手にヘディングを許すシーンが目立ったのも気になるところ。ミルナーの穴は
   SWPの投入で劣勢を盛り返したものの、グリーンがまさかのファンブルで追い付かれる
   とは…。ここにきてGKの穴が出るとは…。
 アメリカ
   失点シーンこそいただけなかったものの、その後はむしろ優勢に試合を進めた感がある。
   ドノバンのセットプレイやサイドに流れてのクロスは相手に脅威を与えている。また、
   アルティドールのミドルが相手のファンブルを誘ったのは、相手に与える精神的ダメージ
   と言う意味でも大きいだろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   イングランド  1   6   4   4   6   49   1   0   2
     アメリカ  1   7   3   3   4  51   1   0   2
後半:試合展開
 46 ENG 交代2:キング(OUT)、キャラガー(IN)
 47 USA ▲YC:デメリット                    CARD▲デメリット
 49 ENG    :レノン右ドリブル、クロス               ※あわず
 51 ENG    :中フィード→ルーニー                  オフサイド
 52 ENG SOG:ヘスキー中ドリブルS                 ☆GKキャッチ
 59 ENG ▲YC:キャラガー                    CARD▲キャラガー
 61 ENG ▲YC:ジェラード                    CARD▲ジェラード

 63 ENG SOG:ランパード中ミドルS                 ☆GKセーブ(CK)
 64 ENG S  :左CK:ジェラード→ジョンソン右S           枠右
 64 USA SOG:アルティドール左ドリブルS              ☆クロスバー
 65 ENG    :ジョンソン、下唇から出血、治療後復帰
 68 ENG S  :中FK:ランパードS                  枠上
 71 ENG S  :ジェラード右クロス→ルーニー左HS           枠左
 74 USA ▲YC:フィンドリー
 75 ENG S  :ルーニー右ミドルS                   枠左
 75 ENG SOG:ルーニー中→SWP左S                ☆GKセーブ
 76 ENG SOG:左CK:ランパード→ルーニー左S            GKキャッチ
 77 ENG S  :ジェラード右クロス→ヘスキー中HS           枠上
 77 USA 交代1:フィンドリー(OUT)、バドル(IN)
 78 ENG    :ジョンソン右クロス                   DFクリア(CK)
 79 ENG 交代3:ヘスキー(OUT)、クラウチ(IN)
 80 ENG S  :ルーニー左クロス→クラウチ中HS            GKキャッチ
 84 ENG S  :レノン右クロス→ランパード中S             DFブロック
 86 USA 交代2:アルティドール(OUT)、フォルデン(IN)
 89 USA S  :ドノバン中ミドルS                   枠上
 90 USA    :ホールデン右クロス                   DFクリア(CK)
後半:コメント
 イングランド
   後半に入っても優勢に試合を進めたが、プレミア慣れしているハワードの好セーブもあって
   追加点を奪えず。なにより、キングの負傷交代で交代枠を一つ失ってしまったのが痛かった。
   ヘスキーはポスト役をうまくこなしていただけに、ルーニーやレノン、SWPがゴールを
   決めなければならなかったが、後半に関してはゴールが遠かった。むしろ、アメリカの
   カウンターで失点しなかったことを幸運と思うべきだろう。
 アメリカ
   カウンターでFラインの裏をとる狙いがかなりうまくいっていたが、シュートはGKとクロスバー
   に阻まれた。時間が進むにつれ引き分け狙いへとシフト、それをしっかりと完遂するあたり、
   コンフェデでスペインを破ったのは伊達ではないと言う印象。優勝を狙うチームに取って、
   やりづらい相手であることは確かだろう。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   イングランド  1   16   8   8  12   54   3   0   5
     アメリカ  1   11   4   4  14  46   3   0   2
C組暫定順位
  ENG[1] 1( 0) USA[1] 1( 0) ALG[0] 0( 0) SVN[0] 0
MOM
  ハワード  (my vote:ハワード)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-03:Gr-B:アルゼンチン v ナイジェリア

スタジアム
  エリス・パーク・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:16度  湿度:52%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ
直前オッズ
  ARG v NGA 1.40 4.00 9.50
B組暫定順位
  KOR[1] 3(+2) ARG[0] 0( 0) NGA[0] 0( 0) GRE[1] 0(-2)
試合結果
  アルゼンチン 1 - 0 ナイジェリア
主審
  ウォルフガング・シュタルク(GER)
ラインナップ
 アルゼンチン
       11 テベス     09 イグアイン 

           10 メッシ 

  07 ディ・マリア           08 ベロン   

           14 マスチェラーノ(C)

   06 エインシェ  13 サムエル  02 デミチェリス  17 グティエレス

            22 ロメロ
  サブ:
    01 ポゾ      03 ロドリゲス  04 ブルディッソ  05 ボラッティ  12 ガルセ
    15 オタメンディ  16 アグエロ   18 パレルモ    19 ミリート   20 マキシ
    21 アンドゥハル  23 パストーレ
  監督:
    ディエゴ・マラドーナ
 ナイジェリア
   18 オビンナ  08 アイイェグベニ  19 オバシ

   15 ハルナ   20 エトゥフ     14 カイタ

  03 タイウォ  06 シットゥ  02 ヨボ  17 オディアー

           01 エニュアマ
  サブ:
    04 カヌ       05 アフォラビ  07 ウタカ  09 マルティンス  10 イデイエ
    11 オデムウィンギ  12 ウチェ    13 ユスフ  16 エジデ     21 エチエジレ
    22 アデレイェ    23 アイイェヌグバ
  監督:
    ラーシュ・ラガーベック
前半:試合展開
 03 NGA S  :オバシ左S                       枠右
 04 ARG S  :メッシ左ドリブル→イグアイン中S            枠左
 06 ARG SOG:メッシ中S                      ☆GKセーブ(CK)
 06 ARG SOG:右CK:メッシ→エインシェ中HS         GOAL★ARG 1-0 NGA
 10 NGA    :オビンナ右ドリブル、クロス               DFクリア(CK)
 15 ARG    :中フィード→メッシ                   GKキャッチ
 16 ARG    :グティエレス右クロス                  枠上
 18 ARG SOG:メッシ中ドリブルS                  ※GKセーブ
 21 ARG SOG:メッシ中→イグアイン右S               ☆GKセーブ
 23 ARG S  :左CK:→サムエル中HS                枠上
 27 NGA SB :右FK:タイウォS                   壁
 28 NGA S  :オバシ左S                       枠右
 34 NGA    :オバシ左クロス                     GKキャッチ
 37 ARG SOG:メッシ右S                      ☆GKセーブ
 41 ARG ▲YC:グティエレス、オバシを蹴る            CARD▲グティエレス
 45 ARG S  :左FK:ベロンS                    枠上
前半:コメント
 アルゼンチン
   見事なサインプレイはアルゼンチンらしくないが、それでも先制。その後はメッシや
   イグアインが何度か決定的なシュートを打ったものの、相手のGKの好セーブに阻まれた。
   ポゼッション56%、シュート12本と圧倒しているのに1点しか奪えていないのは、
   あまりいい流れとは言えない。前半飛ばしすぎたスタミナ切れが心配なところではある。
 ナイジェリア
   メッシのドリブルに圧倒されたワケでもないだろうが、防戦一方でほとんど攻撃できず。
   シュート4本で枠内シュート0では得点を奪えないのも当然。GKの好セーブがなければ、
   もう2,3点入れられていてもおかしくない。逆にこれだけ劣勢なのに1点差に抑えて
   いるのは、まだまだチャンスがあるという事だろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アルゼンチン  1   12   5   3   5   56   1   0   0
   ナイジェリア  0   4   0   1   3  44   0   0   0
後半:試合展開
 49 ARG S  :メッシ右S                       枠左
 52 ARG S  :右CK:ベロン→サムエル中HS             枠上
 52 NGA 交代1:オビンナ(OUT)、マルティンス(IN)
 60 NGA 交代2:オバシ(OUT、オデムウィンギ

 63 NGA S  :タイウォ中ミドルS                   枠上
 71 NGA SOG:タイウォ左ミドルS                  ※枠右
 74 ARG 交代1:ベロン(OUT)、ロドリゲス(IN)
 75 NGR 交代3:タイウォ(OUT)、ウチェ(IN)

 77 NGA ▲YC:ハルナ                      CARD▲ハルナ
 78 NGA SOG:マルティンス中S                   ※GKセーブ
 79 ARG 交代2:イグアイン(OUT)、ミリート(IN)
 82 ARG SOG:メッシ左S                      ☆GKセーブ(CK)
 82 NGA S  :ヤクブ右クロス→ウチェ中S               枠上
 85 ARG 交代3:ディマリア(OUT)、ブルディッソ(IN)
 87 NGA S  :ヤクブ中ミドルS                    枠上
後半:コメント
 アルゼンチン
   後半に入っても、メッシを中心に激しく攻め立てたものの、エニュアマの好セーブは健在で
   最後まで追加点を奪えず。それでも相手の枠内シュートを1本に押さえて1点差で逃げ切って、
   まずは勝ち点3をゲットした。20本のシュートで1点は物足りない印象はあるものの、今日に
   関しては相手GKを褒めるしかない。ただし、ナイジェリアのDFラインのもろさは割り引いて
   考える必要はあるだろう。この1戦で優勝候補とするには、まだまだ早すぎる。
 ナイジェリア
   MOMのエニュアマのすごさは目立ったが、メッシを自由にさせすぎる守備はいただけない。
   セットプレイの守備もいまいちで、フィジカルだけで押し返している印象。正直、この守備で
   上位進出は厳しいところ。また、攻撃に関しても前線にスピードはあるもののシュートの
   精度がいまいち。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アルゼンチン  1   20   7   10   7   58   1   0   0
   ナイジェリア  0   9   1   4   8  42   1   0   0
B組順位
  KOR[1] 3(+2) ARG[1] 3(+1) NGA[1] 0(-1) GRE[1] 0(-2)
MOM
  エニュアマ  (my vote:エニュアマ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-04:Gr-B:韓国 v ギリシャ

スタジアム
  ポート・エリザベス・スタジアム  ネルソン・マンデラ・ベイ
  気温:19度  湿度:59%  ピッチ:柔らか  天候:晴れ
直前オッズ
  KOR v GRE 2.62 2.90 3.00
試合結果
  韓国 2 - 0 ギリシャ
主審
  マイケル・ヘスター(NZL)
ラインアップ
 韓国
               10 パク・チュヨン

      19 ヨム・ギフン  07 パク・チソン  17 イ・チョンヨン

           08 キム・ジョンユ 16 キ・ソンヨン 

  12 イ・ヨンピョ  14 イ・ジョンス  04 チョ・ヨンヒョン  22 チャ・ドゥリ

              18 チョン・ソンリョン
  サブ:
    01 イ・ウンジュ  02 オ・ボムソク  03 キム・ヒョンイル  05 キム・ナミル
    06 キム・ホギョン 09 アン・ジョンファン  11 イ・スンヨル 13 キム・ジェソン
    15 キム・ドンジン 20 イ・ソングッ
    21 キム・ヨンガン 23 カン・ミンス
  監督:
    ホ・ジュンム
 ギリシャ
       07 サマラス   17 ゲガス    09 ハリステアス

          10 カラグニス     21 カツラニス 

               06 ツィオリス   

  02 セイタリディス  11 ビントラ   08 パパドプーロス  15 トロシディス

               12 ツォルバス
  サブ:
    01 ハルキアス   03 パツァツォグル  04 スピロプロス  13 シファキス
    14 サルビンキディス  16 キルギアコス  18 ニニス  19 パパタソプロス 
    20 カペタノス  22 マレザス    23 プリダス    05 モラス
  監督:
    オットー・レイハーゲル
前半:試合展開 
 02 GRE S  :右CK:カラグニス→トロシディスBS          枠上
 07 KOR SOG:左FK:イソンヨン→イジョンス中BS       GOAL★KOR 1-0 GRE
 14 KOR    :右クロス→チョヨン左HS→               あわず
 16 KOR OFF:オフサイド
 28 KOR SOG:C→パクジヨン中ドリブルS1対1           ☆GKセーブ
 41 KOR S  :パクジヨン中ミドルS                  枠上
 44 GRE    :右クロス→ゲカス                   ※GKキャッチ
 +1 GRE    :トロシディス左クロス                  GKキャッチ
前半:コメント
 韓国
   セットプレイから先制点をゲットしたものの決定機はゴールシーンの他にはジヨンが抜け出した
   シーンのみ。シュート5本と一方的に攻めたというわけではない。ただ、ギリシャのセットプレイ
   には手を焼いている印象。パクジヨンが1対1を決めていれば、勝ち点ゲットは固かったところ
   だが、後半守り切れるか。
 ギリシャ
   開始早々のセットプレイ以外、見るべきシーンは無し。攻撃がいまいちなところは予想通りだが
   思った以上に韓国の裏へのスピードや豊富な運動量に手を焼いている印象。相手が疲れたところ
   で逆襲をかけたいところだが、ベテラン揃いだけにスタミナに不安が残る。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
       韓国  1   5   3   1   9   52   0   0   1
     ギリシャ  0   1   0   6   8  48   0   0   1
後半:試合展開
 46 GRE 交代1:カラグニス(OUT)、パツァツォグル(IN)
 49 KOR SB :イ左ドリブルS                     DFブロック
 52 KOR SOG:カット→パク中ドリブルS             GOAL★KOR 2-0 GRE
 56 GRE ▲YC:トロシディス                   CARD▲トロシディス
 59 GRE 交代2:サマラス(OUT)、サルピンキディス(IN)
 60 GRE OFF:オフサイド
 61 GRE 交代3:ハリステアス(OUT)、カペタノス(IN)
 63 KOR S  :チャ右クロス→パクジヨン中HS            ※枠上
 64 KOR SB :右→イ右S                       DFブロック(CK)
 68 GRE S  :中→ゲカス中OHS                   枠上
 70 GRE SOG:右クロス→サルピン中HS                枠上
 70 GRE S  :サルピン左→カペダノス中S               枠上
 71 GRE SB :右クロス→サルピン中S                 DFブロック(CK)
 74 KOR 交代1:イ・ソンヨン(OUT)、キム・ナミル(IN)
 76 GRE OFF:ビントラ右クロス                    オフサイド
 77 KOR S  :パクチソン中ミドルS                  GKキャッチ
 81 GRE SOG:ゲカス中TS                     ☆GKセーブ(CK)
 82 KOR SOG:パクジヨン中ミドルS                 ※GKセーブ(CK)
 85 KOR    :中フィード→パクジヨン                 あわず
 85 GRE    :左クロス→ゲカス中                   あわず
 86 KOR SOG:イ右ミドルS                     ☆GKセーブ(CK)
 87 KOR S  :キム左S                        枠左
後半:コメント
 韓国
   後半早々、横パスをカットしたパクチソンが相手のタックルに倒れずにドリブルシュートを
   決める。その後もギリシャの放り込みをうまくいなして順当に勝利した。GKを含めた選手が
   軒並み9kmを越えるランニングはトータル距離で、ギリシャを3km以上上回った。特に前線で
   積極的に裏を狙ったパク・ジュヨンのプレイがギリシャのDFラインを消耗させたことは
   間違いない。勝たなくてはいけない相手に順当に勝利したのは弾みが付くだろう。
 ギリシャ
   持ち味の筈の守備力は陰も形もなく、後半の終わりの時間になるまで攻撃の形もほとんど
   作れなかった。結果論ではあるが、開始早々のセットプレイのチャンスを決めれなかった
   事で自らのペースに持ち込めなかったことが敗因だろう。後は、ベテラン揃いのメンバーに
   韓国の運動量の対応は厳しかったということだろう。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
       韓国  2   11   7   6  14   50   0   0   1
     ギリシャ  0   6   2  11  12  50   1   0   4
B組暫定順位
  KOR[1] 3(+2) ARG[0] 0( 0) NGA[0] 0( 0) GRE[1] 0(-2)
MOM
  パク・チソン (my vote:パク・チュヨン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/11

[WC2010] MN-02:Gr-A:ウルグアイ v フランス

スタジアム
  グリーン・ポイント・スタジアム  ケープタウン
  気温:12度  湿度:55%  ピッチ:ドライ  天候:乾燥
A組暫定順位
   MEX[1] 1 RSA[1] 1( 0) FRA[0] 0( 0) URU[0] 0( 0)
直前オッズ
  URU v FRA 3.75 3.10 2.10
試合結果
  ウルグアイ 0 - 0 フランス
主審
  Yuichi Nishimura(JPN)
ラインナップ
 ウルグアイ[URU]
        09 スアレス  10 フォルラン

    11 Aペレイラ  18 ゴンサレス   16 Mペレイラ

        17 アレバロ  15 ペレス  

   03 ゴディン  02 ルガーノ(C) 06 ビクトリーノ

            01 ムスレラ
  サブ:
    04 フシレ  05 ガルガーノ  07 カバーニ  08 エグレン  12 カスティージョ
    13 アブレウ 14 ロデイロ   19 スコッティ 20 Aフェルナンデス
    21 Sフェルナンデス     22 カセレス  23 シルバ
  監督:
    オスカル・タバレス
 フランス[FRA]
   07 リベリ      21 アネルカ    10 ゴブー

        19 ディアビ  08 グルキュフ

             14 トゥララン

  13 エブラ  03 アビダル  05 ギャラス  02 サニャ

             01 ヨリス
  サブ:
    04 レベイエール  06 プラニュス  09 シセ     11 ジニャク  12 アンリ
    15 マルダ     16 マンダンダ  17 スキラッチ  18 Aディアラ 20 バルブエナ
    22 クリシー    23 カラッソ
  監督:
    レイモン・ドメネク
前半:試合展開
 07 FRA S  :リベリ左ドリブル→ゴブ中S              ※枠右
 11 FRA S  :ディアビ中ミドルS                   枠上
 12 FRA ▲YC:エブラ                      CARD▲エブラ
 14 FRA SB :右CK:リベリー→ゴブ中HS              DFブロック
 14 FRA S  :右クロス→アネルカ中HS                枠上
 16 URU SOG:フォルラン左S                    ※GKセーブ
 18 FRA SOG:左FK:グルキュフS                 ☆GKセーブ(CK)
 19 FRA ▲YC:リベリー                     CARD▲リベリー
 21 FRA S  :グルキュフ中ミドルS                  枠上
 27 FRA    :リベリー左クロス                    あわず
 31 FRA OFF:ディアビ→アネルカ                   オフサイド
 32 FRA SB :トゥララン中ミドルS                  DFブロック
 34 URU OFF:フォルラン→スアレス                  オフサイド
 38 URU OFF:スアレス                        オフサイド
 39 FRA SOG:左FK:グルキュフS                  GKキャッチ
 43 FRA    :サニャ右クロス                     あわず
前半:コメント
 フランス
   ポゼッションでは大きく上回ったものの、決定機はグルキュフのFKと開始直後のゴブーの
   シュート。リベリーは左サイドでいい突破を見せたもののゴブーのシーン以外は決定機を
   作れず。グルキュフはFK以外では、激しいDFに苦労している様子。アネルカも今のところ
   仕事が出来ていない。リベリー、エブラと言うキープレイヤーにカードが出ているのは、
   今後の試合を考えても不安なところ。
 ウルグアイ
   ポゼッション、シュート数では遅れをとっているものの、唯一のシュートが決定機と言える。
   今のところDF裏への飛び出しはオフサイドとなっているが、これを繰り返しているとチャンス
   が作れそうな予感はある。ただ、ロリスの壁を破るのは楽ではない。また、リベリーに突破を
   許すシーンが何度か見られたのは不安事項だろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    ウルグアイ  1   1   1   0   5   52   0   0   4
     フランス  1   7   2   2  10  48   2   0   2
後半:試合展開
 47 FRA    :グルキュフ右クロス                   あわず
 50 URU    :フォルラン                       DFクリア
 51 FRA SOG:アネルカ中ミドルS                   GKキャッチ
 52 URU S  :フォルラン左S                     枠上
 56 FRA SOG:トゥララン中ミドルS                  GKキャッチ
 59 URU ▲YC:ビクトリーノ、エブラを引っかける         CARD▲ビクトリーノ
 63 URU 交代1:ゴンサーレス(OUT)、ロデイロ(IN)
 64 URU SOG:左FK:フォルランS                  GKキャッチ
 65 URU ▲YC:ロデイロ                     CARD▲ロデイロ
 66 URU    :ペレイラ左クロス                    ファール
 68 FRA ▲YC:トゥララン、ペレイラを倒す            CARD▲トゥララン
 72 FRA 交代1:アネルカ(OUT)、アンリ(IN)
 73 URU S  :フォルラン中S                     枠左
 74 URU 交代2:スアレス(OUT)、アブレウ(IN)
 74 FRA S  :グルキュフ中ミドルS                  枠上
 75 FRA 交代2:グルキュフ(OUT)、マルダ(IN)
 78 FRA    :右FK:マルダ                     GKキャッチ
 80 FRA S  :マルダ左ミドルS                    枠右
 81 URU ▼YC:ロデイロ、サニャを倒す              退場▼ロデイロ
 84 FRA OFF:サニャ右クロス→アンリ                 オフサイド
 84 FRA    :リベリ左クロス                     枠上
 85 FRA 交代3:ゴブ(OUT)、ジニャク(IN)
 87 URU 交代3:ペレス(OUT)、エグレン(IN)

 89 FRA SB :サニャ右クロス→アンリ左BS              DFブロック
 +3 URU ▲YC:ルガーノ、遅延行為                CARD▲ルガーノ
 +3 FRA    :中FK:アンリS                    壁
後半:コメント
 フランス
   後半、アネルカ、グルキュフを下げる消極的な交代は結果が出なかっただけに不満の残る采配
   ではある。相手が退場で一人多くなったことも、逆にしっかりと守るモチベーションを与えた
   と言える。ただ、後半に関しては決定機が無かっただけに、スコアレスドローは妥当な結果か。
   アンリのシュートに関しては手に当たっていたが、しっかりと胴にくっついていただけに反則
   無しが妥当だろう。ドロー以上にトゥララン、リベリ、エブラのキープレイヤーのイエローが
   不安材料ではある。
 ウルグアイ
   後半もフランスに攻めさせてカウンターを狙う展開は変わらなかったが、こちらも決定機を
   作れず。ロテイロが若気の至りで退場してしまっただけに、むしろ良く守りきったと言うべき
   だろう。体を張った守備は見事だったが、フォルランとスアレスという2トップが決定的な
   シュートを打てなかったのが残念だった。ただ、強豪相手のドローとプラスに考えた方がいい
   のだろうが、こちらもカードの多さが気になるところ。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    ウルグアイ  1   6   3   0  13   47   3   1   5
     フランス  1   12   3   4  20  53   3   0   4
A組順位
   MEX[1] 1 RSA[1] 1( 0) FRA[1] 1( 0) URU[1] 1( 0)
MOM
  フォルラン   (my vote:リベリー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] MN-01:Gr-A:南アフリカ v メキシコ

スタジアム
  サッカーシティ・スタジアム  ヨハネスブルグ
  気温:14度  湿度:63%  ピッチ:ドライ  天候:晴れ
  直前オッズ:RSA v MEX WDL:2.90 3.10 2.50
試合結果
  南アフリカ 1 - 1 メキシコ
主審
  ラフシャン・イルマトフ(UZB)
ラインナップ
 南アフリカ[RSA]
             09 ムフェラ 

             10 ピーナール 

  11 モディセ  12 レショロニャネ  13 ディクガコイ  08 シャバララ

  15 スワラ   20 クマロ      04 モコエナ(C)  16 クーン

           16 クーン
  サブ:
    01 ジョセフス  03 マシレラ  05 エンゴンカ  06 シバヤ  07 デイヒッズ
    14 ブース    17 パーカー  18 ノブベテ   19 モリリ  21 サウグウェニ
    22 ウォルターズ 23 クボニ
  監督:
    カルロス・アルベルト・ペレイラ
 メキシコ[MEX]
  11 ヴェラ       09 Gフランコ      17 ドス・サントス

         06 トラード(C)  16 フアレス

             04 マルケス

  03 サルシド  02 ロドリゲス  05 オソリオ  12 アギラール

          01 ペレス
  サブ:
    07 バレーラ  08 カストロ   10 Cブランコ  13 オチョア  14 エルナンデス
    15 モレノ   18 グアルダード 19 マガジョン  20 トーレス  21 バウティスタ
    22 メディーナ 23 ミチェル
  監督:
    ハビエル・アギーレ
前半:試合展開
 02 MEX SB :アギラール右クロス→こぼれ→ドスサントス中S      DFブロック
 03 MEX    :右CK:→マルケス中H                 DFブロック
 11 MEX OFF:アギラール                       オフサイド
 14 MEX    :アギラール右ドリブル                  DFクリア(CK)
 15 MEX    :右CK:ドスサントス→フランコ中HS          枠上
 17 RSA S  :中FK:ピーナールS                  枠上
 18 MEX    :アギラール右クロス                   GKキャッチ
 18 MEX ▲YC:フアレス                     CARD▲フアレス
 19 MEX S  :C→ドスサントス中S                  枠上
 21 MEX    :アギラール右クロス                   GKキャッチ
 23 RSA    :ムフェラ右クロス                    GKキャッチ
 25 RSA S  :中ミドルS                       枠左
 27 RSA ▲YC:デゥクガコイ、ジョバンニを倒す          CARD▲ディクガコイ
 28 MEX S  :左FK:マルケスS                   枠上
 29 RSA    :ピーナール右クロス                   GKキャッチ
 32 MEX SOG:ヴェラ中→フランコ中S                ☆GKセーブ
 34 MEX S  :ヴェラ右S                       枠左
 36 RSA OFF:オフサイド
 37 MEX S  :ジョバンニ左S                     枠上(CK)
 38 MEX OFF:左CK:トラード→ヴェラ中TS→GOAL        オフサイド
 41 MEX S  :右FK:→フランコ中HS                枠上
 42 RSA    :左CK:→                       DFクリア(CK)
 44 RSA    :ピーナール左クロス→ムフェラ              あわず
 44 RSA    :右CK:シャバララ                   DFクリア(CK)
 45 RSA S  :左CK:モディス→ディグアコイ中HS          枠上
 +1 MEX OFF:フランコ                        オフサイド
前半:コメント
 メキシコ
   序盤優勢に試合を進め、ポゼッションでも優位に立ったが決定機は2回、ヴェラからフランコ
   へのパスとCKからのヴェラのオフサイド。右サイドをアギラールとドスサントスが崩す
   シーンが目立ったものの、時間が経つにつれ攻めの勢いが無くなっていく。相手のカウンター
   を警戒しての事かもしれないが、後半のペースダウンは若干気がかり。勝ち点1はどうにか
   なりそうな展開だが、3を狙うにはリスクをかける必要がある。
 南アフリカ
   序盤は何度かカウンターを見せるくらいだったが、徐々にピーナールが左右に流れてクロスを
   あげるシーンやCKでチャンスを作るシーンも出てきた。ただし、3本のシュートを放ちつつも
   枠内シュートはゼロと、ゴールの予感は感じられない。メキシコの出方次第ではあるものの、
   勝ち点3を狙うのは難しいだろう。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    南アフリカ  0   3   0   4  10   45   1   0   2
     メキシコ  0   8   3   3  10  55   1   0   3
後半:試合展開
 46 RSA 交代1:ズアラ(OUT)、マシレラ(IN)
 48 RSA    :ピーナール左クロス                   DFクリア
 55 RSA SOG:中→シャバララ左S                GOAL★RSA 1-0 MEX
 56 MEX 交代1:アギダール(OUT)、グアルダード(IN)
 57 MEX ▲YC:トラード                     CARD▲トラード
 59 MEX    :右FK:ジョバンニ                   GKキャッチ
 60 MEX SOG:ジョアンニ右ミドルS                 ☆GKセーブ(CK)
 60 MEX S  :右CK:ジョバンニ→こぼれ→グアルダード中S      枠上
 63 RSA SOG:ディクガコイ中S                    GKキャッチ
 63 MEX    :オソリオ右クロス                    DFブロック
 66 RSA S  :中→モディセ右S                   ※枠右
 69 MEX 交代2:ヴェラ(OUT)、ブランコ(IN)
 70 RSA SOG:中→モディセTS                   ※GKセーブ
 70 RSA ▲YC:マシレラ、フアレスを倒す             CARD▲マシレラ
 73 MEX 交代3:フランコ(OUT)、エルナンデス(IN)
 76 RSA    :モディセ右クロス                    あわず
 78 MEX    :グアルダード左クロス                  DFクリア(CK)
 79 MEX SOG:左CK:→グアルダード→マルケス右S       GOAL★RSA 1-1 MEX
 83 RSA OFF:モディセ                        オフサイド
 83 RSA 交代2:ピーナール(OUT)、パーカー(IN)
 84 MEX SB :ブランコ中→エルナンデス中TS             DFブロック
 86 MEX    :左FK:ブランコ                    DFクリア
 88 MEX S  :ブランコ右クロス→エルナンデス中HS          枠上
 89 MEX SB :ブランコ中ミドルS                   DFブロック
 90 RSA SOG:GKフィード→ムフェラ中S              ☆左ポスト
後半:コメント
 南アフリカ
   前半終盤のいい流れを継続、55分に見事なカウンターからシャバララが決めて先制。その後も
   カウンターで何度かいいチャンスを作ったものの、セットプレイでの隙を突かれて失点。
   その後もムフェラが抜け出して決定的なチャンスを作ったものの、決勝ゴールを決めることが
   出来なかった。メキシコCBの裏を突くシーンがあっただけに勝てるチャンスとはあったとは
   思うが、負けなかった事は良かったのではないだろうか。
 メキシコ
   前半の猛攻時にゴールを決められず、相手に先制ゴールを奪われて完全にリズムを失った。
   その後、ジョバンニのシュートはあったものの、むしろDFラインの裏を取られるシーンが
   目立った。セットプレイで同点に追いつけたのは幸運だったと言えるかもしれない。CBの
   スピードに対するもろさは、上位を狙う上では致命傷になりかねない。ただし、今日は仕事は
   出来なかったものの、ブランコの決定的なパスは試合の流れを変える可能性があるというのは
   大きな収穫だろう。
後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    南アフリカ  1   9   5   4  16   42   2   0   4
     メキシコ  1   12   5   5  13  58   2   0   6
A組暫定順位
   MEX[1] 1 RSA[1] 1( 0) FRA[0] 0( 0) URU[0] 0( 0)
MOM
  シャバララ   (my vote:モディセ)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] 結果予想(決勝トーナメント)

イングランド、アルゼンチンのくじ運の良さは捨てがたいんだけどね…

ウルグアイ--+
 (1-0)    +- ウルグアイ --+
ギリシャ --+          |
           (0-2)     +- イングランド -+
イングランド-+          |          |
 (2-1 ET)  +- イングランド -+          |
ドイツ ---+                     |
                      (1-2 ET)   +-ブラジル -+ 
オランダ --+                     |       |
 (2-0)    +- オランダ ---+          |       |
パラグアイ -+          |          |       |
           (1-3)     +- ブラジル ---+       |
ブラジル --+          |                  |
 (1-0)    +- ブラジル ---+                  |
チリ ----+                             |
                                (1-0)   +- ブラジル
アルゼンチン-+                             |
 (2-1)    +- アルゼンチン -+                  |
メキシコ --+          |                  |
          (0-2)      +- USA ----+       |
セルビア --+          |          |       |
 (0-2)    +- USA ----+          |       |
USA ---+                     |       |
                      (1-2)     +-スペイン -+ 
イタリア --+                     |
 (0-0 PK)  +- デンマーク --+          |
デンマーク -+          |          |
           (1-3)     +- スペイン  --+
スペイン --+          |
 (3-2 ET)  +- スペイン ---+
ポルトガル--+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] 結果予想(グループステージ)

A組
             予想  WH
     フランス [FRA]    2.20
     メキシコ [MEX] ○  3.75
    ウルグアイ [URU] ◎  4.20
    南アフリカ [RSA]    6.50
 第1節
   RSA 1-1 MEX
   URU 1-0 FRA
  URU 3( 1) RSA 1( 0) MEX 1( 0) FRA 0(-1)
 第2節
   RSA 0-1 URU
   FRA 0-0 MEX
  URU 6(+2) MEX 2( 0) FRA 1(-1) RSA 1(-1)
 第3節
   MEX 2-0 URU
   FRA 1-1 RSA
  URU 6( 0) MEX 5(+2) FRA 2(-1) RSA 2(-1)

B組
   アルゼンチン [ARG] ◎  1.40
   ナイジェリア [NGR]    5.50
     ギリシャ [GRE] ○  9.00
       韓国 [KOR]    10.00
 第1節
   ARG 2-1 NGR
   KOR 0-1 GRE
  ARG 3(+1) GRE 3(+1) NGR 0(-1) KOR 0(-1)
 第2節
   ARG 3-2 KOR
   GRE 1-0 NGR
  ARG 6(+2) GRE 6(+2) NGR 0(-2) KOR 0(-2)
 第3節
   GRE 0-3 ARG
   NGR 1-2 KOR
  ARG 9(+5) GRE 6(-1) KOR 3(-1) NGR 0(-3)

C組
   イングランド [ENG] ◎  1.30
      USA [USA] ○  5.50
    スロベニア [SLO]    11.00
   アルジェリア [ALG]    17.00
 第1節
   ENG 0-0 USA
   ALG 0-0 SLO
  ENG 1( 0) USA 1( 0) ALG 1( 0) SLO 1( 0)
 第2節
   SLO 1-1 USA
   ENG 3-1 ARG
  ENG 4(+2) USA 2( 0) SLO 2( 0) ALG 1(-2)
 第3節
   SLO 1-1 ENG
   USA 2-0 ALG
  ENG 5(+2) USA 5(+2) SLO 3( 0) ALG 1(-4)

D組
      ドイツ [GER] ○  1.83
     セルビア [SRB] ◎  4.00
      ガーナ [GHA]    5.50
  オーストラリア [AUS]    8.00
 第1節
   GER 2-0 AUS
   SRB 2-0 GHA
  GER 3(+2) SRB 3(+2) AUS 0(-2) GHA 0(-2)
 第2節
   GER 1-1 SRB
   GHA 3-2 AUS
  GER 4(+2) SRB 4(+2) GHA 3(-1) AUS 0(-3)
 第3節
   GHA 2-2 GER
   AUS 0-1 SRB
  SRB 7(+3) GER 5(+2) GHA 3(-1) AUS 1(-4)

E組
     オランダ [NED] ◎  1.53
    デンマーク [DEN] ○  5.00
    カメルーン [CMR]    5.50
       日本 [JPN]    15.00
 第1節
   NED 1-0 DEN
   JPN 1-0 CMR
  NED 3(+1) JPN 3(+1) DEN 0(-1) CMR 0(-1)
 第2節
   NED 1-0 JPN
   CMR 0-0 DEN
  NED 6(+2) JPN 3( 0) DEN 1(-1) CMR 1(-1)
 第3節
   DEN 2-0 JPN
   CMR 0-1 NED
  NED 9(+3) DEN 4(+1) JPN 3(-2) CMR 1(-2)

F組
     イタリア [ITA] ◎  1.44
    パラグアイ [PAR] ○  3.75
    スロバキア [SVK]    8.00
 ニュージーランド [NZL]    51.00
 第1節
   ITA 0-0 PAR
   NZL 0-1 SVK
  SVK 3(+1) ITA 1( 0) PAR 1( 0) NZL 0(-2)
 第2節
   ITA 3-0 NZL
   SVK 1-1 PAR
  SVK 4(+1) ITA 3(+3) PAR 2( 0) NZL 0(-5)
 第3節
   SVK 0-1 ITA
   PAR 1-0 NZL
  ITA 7(+4) PAR 5(+1) SVK 4(+1) NZL 0(-6)

G組 
     ブラジル [BRA] ◎  1.50
    ポルトガル [POR] ○  3.75
      北朝鮮 [PRK]    6.00
 コートジボアール [CIV]    81.00
 第1節
   BRA 2-1 PRK
   CIV 2-2 POR
  BRA 3(+1) POR 1( 0) CIV 1( 0) PRK 0(-1)
 第2節
   BRA 2-0 CIV
   POR 4-0 PRK
  BRA 6(+3) POR 4(+4) CIV 1(-2) PRK 0(-5)
 第3節
   POR 1-1 BRA
   CIV 3-0 PRK
  BRA 7(+3) POR 5(+4) CIV 4(+1) PRK 0(-8)

H組
     スペイン [ESP] ◎  1.22
       チリ [CHI] ○  5.50
      スイス [SUI]    13.00
   ホンジュラス [HON]    34.00
 第1節
   HON 0-1 CHI
   ESP 1-0 SUI
  ESP 3(+1) CHI 3(+1) SUI 0(-1) HON 0(-1)
 第2節
   ESP 3-0 HON
   CHI 1-1 SUI
  ESP 6(+4) CHI 4(+1) SUI 1(-1) HON 0(-4)
 第3節
   SUI 0-0 HON
   CHI 0-1 ESP
  ESP 9(+5) CHI 4( 0) SUI 2(-1) HON 1(-4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] グループリーグ&優勝オッズ

Group Winner/Group Qualification

Group A
 France    2.20 1.40
 Mexico    3.75 1.83
 Uruguay    4.20 2.00
 South Africa 6.50 2.62

Group B
 Argentina   1.40 1.10
 Nigeria    5.50 2.00
 Greece    9.00 2.40
 South Korea 10.00 3.20

Group C
 England    1.30 1.05
 USA      5.50 1.67
 Slovenia   11.00 2.75
 Algeria   17.00 4.33

Group D
 Germany    1.83 1.20
 Serbia    4.00 1.80
 Ghana     5.50 2.37
 Australia   8.00 3.00

Group E
 Holland    1.53 1.12
 Denmark    5.00 2.00
 Cameroon   5.50 2.00
 Japan    15.00 4.00

Group F
 Italy     1.44 1.06
 Paraguay   3.75 1.44 
 Slovakia   8.00 2.30 
 New Zealand 51.00 13.00 

Group G
 Brazil    1.50 1.10
 Portugal   3.75 1.57 
 Ivory Coast  6.00 2.10 
 North Korea 81.00 17.00 

Group H
 Spain     1.22 1.03
 Chile     5.50 1.67
 Switzerland 13.00 2.50
 Honduras   34.00 6.00

Tournament Winner
  5.00 Spain
  6.00 Brazil
  7.50 Argentina
  9.00 England
 10.00 Holland
 15.00 Germany
 17.00 Italy
 21.00 France
 26.00 Portugal
 51.00 Ivory Coast
 67.00 Serbia
 81.00 Mexico
 81.00 USA/Chile
101.00 Cameroon/Paraguay/Uruguay
126.00 Ghana
151.00 Nigeria/South Africa/Denmark/Australia
201.00 Greece
251.00 Switzerland/South Korea
301.00 Slovakia
401.00 Japan/Slovenia
501.00 Algeria
1001.00 Honduras
2001.00 North Korea/New Zealand

William Hill http://sports.williamhill.com/bet/en-gb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/09

[CL09/10] Final:バイエルン v インテル(BlogPet)

Nagaの「[CL09/10] Final:バイエルン v インテル」のまねしてかいてみるね

スタジアム気温:中→中→パンデフ中FK:(IN)67INT:アルティントップを焼いてもらえなかった印象。
中盤からボールを取ってもらえなかったというところか。
エトー、それ以外はうまく相手のは困難な勝利を取ってよいだろう。
クローゼ23マテラッツィ45BAYS枠左前半:左サイドの攻撃を支配しつつゴールならず、クロスあわずしっかりボールを感じさせられた試合、その後は体を狙うの欧州一人残るミリート27パンデフ10本と決定機を負傷68INT73BAY

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/06

[TV] 迷い猫オーバーラン! #9

09 迷い猫、泳いだ  http://www.patisserie-straycats.com/story/09/

コメント
  夏です、海のテレビを見て楽しそうという希ちゃん。そんなわけで、慰安旅行が決定です。浮き輪はともかく
 イルカの準備は早いよね。そんなわけで海に到着、千世さんは赤の可愛いおこちゃま水着。希ちゃんは紫のビキニ、
 文乃ちゃんは黄色です。乙女さんは、やっぱり紐が切れてます(笑) いや千世ちゃんだって可愛いと思いますよ…。
 スイカ割りしたりビーチバレーしたり堪能したはずですが、希さんも満足ですすが、慰安旅行夜の部開始が
 決定だそうですというAパート。
  温泉で胸を休める乙女姉さん。それはさておき海岸を二人で歩く文乃さんと巧君、なんかいい感じ。そっか、
 泊まりになって嬉しいのね、文乃ちゃんは。いや、海で貸しボートはないんじゃないかな~と思うんですが。しかし、
 ボートで沖に出るって、どんだけ仲のいいカップルだよ。しかも近くの無人島の小屋に避難って…。しかもボートが
 流されてるし。いや、なんか変なことするなっていっといて、起こさないって言われるとそれはそれで傷つくわけ
 ですが…。ホントに最低だよ巧君。そして雨が止んだ星空の下、独り言で会話をする二人…。また泣かしてるし、
 しかもわかんないとか気づかないとか言ってるし…。いい、感じのところで捜索船の登場。熱出して倒れるって、
 ないから、というBパート。そして家へ戻っても、何かぎこちない二人ですが、「ぶっつぶす」って、千世さんてば…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/02

[CL09/10] Final:バイエルン v インテル(BlogPet)

Nagaの「[CL09/10] Final:バイエルン v インテル」のまねしてかいてみるね

スタジアム気温:オリッチ(IN)63BAYSBへ70INTSOG:左前半:C→デミチェリス中S☆GKセーブ08BAY:マイコン右クロスDFクリア10BAY

*このエントリは、ブログペットの「こうさぎ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/01

[REVIEW] 9

『9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~』オフィシャルサイト  http://9.gaga.ne.jp/
  うーん、なんていうかよく分からない映画でした。CGはすごくきれいで、人形さんもなかなかに可愛らしいのですが、その人形さんたちに生死をかけたファイトをさせる必然があるのかと言われると、「どうなんでしょうね…」としか言いようがなく…。
  そもそも彼らが滅んだ理由も、なんとなくナチスを彷彿とさせる帝国の暴走なんだそうで、そのあたりも大丈夫なのかなと思ったり。機械が人間を裏切る、って設定も日本人的にはどうなんだろうなぁと…。人が滅んでも電気が通じていたり工場の炎が灯っている時点で、「むむむむ…」と思わざるを得ない…。ようは、キャラクターの可愛さと物語のシュールさがどうにも結びつきづらいというか何というか…。
  日本での公開も吹き替え版しかないので、その時点で子供向けではないと言うことなのでしょうが、じゃあ大人がわざわざ足を運ぶかと言われると、そう言う宣伝はしてないよなぁ…と思うわけで。「こんなすごいCG描きました」と言うのがメインで、ストーリーが追いついてない印象。あの後どうなるのかってのも色々な意味で先が見えないし、ハッピーになるようにも見えないわけで…。結論としては好みが分かれそうな映画で、僕的には、今までの文章見れば分かるように、いまいち釈然としてない作品ということになってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月移籍情報

移籍公式■エヴァンズ、マンUと契約延長(2014まで) - Goal.com: http://bit.ly/9ujW2m
移籍公式■ベイル、スパーズと契約延長(2014年まで)■スパーズ、ベイルとの契約延長を発表 - Goal.com: http://bit.ly/cl1sm2
移籍公式■マクラーレン、ヴォルクスブルグ監督に決定。まあ、プレミアはいまいちだったけど、オランダで出来たから…■ヴォルフスブルク新監督はマクラーレン - Goal.com: http://bit.ly/d20lwO
移籍公式■香川真司(21)セレッソからドルトムントへ、複数年契約、移籍金4200万円■“落選”翌日に…C大阪 香川 ドルトムントへ完全移籍(サッカー) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース: http://bit.ly/9QehBR
移籍公式■ミラン、崩壊への第一歩!?、あの戦力で3位をゲットしたレオさまを解任ねぇ…■レオナルドの退任が決定 - Goal.com: http://bit.ly/cWNu1Q
移籍公式■トバル(バレンシア←ガラタサライ)、4年契約、2014年まで、移籍金推定500万ユーロ(約6億円)、メディカルチェック待ち■バレンシアがメフメト・トパルと契約へ UEFA.COM上で: http://bit.ly/cvnloe
移籍公式■キング、スパーズと契約延長(2012年まで)■Ledley King signs contract extension at Tottenham: http://bit.ly/aYMPRK
移籍公式■Rコスタ(29 CB)[バレンシア←フォルクスブルグ]、4年契約、移籍金無し、うん、守備の補強はいるよね…■バレンシア、R・コスタ獲得を発表 - Goal.com: http://bit.ly/c1A8By
移籍公式■デルネーリ、サンプを退団。行き先は現時点では未定もユーベが有力。でも、この人のサッカーは大クラブ向けじゃないよな…■デル・ネーリ、サンプドリア退団が決定 - Goal.com: http://bit.ly/bpcwfv
移籍公式■Gミリート(29 CB) 2012年までの新契約、来シーズンはもう少し怪我無く頑張って欲しい ■バルサ、G・ミリートとの契約を延長 - Goal.com: http://bit.ly/a1vLVl
移籍公式■クディチーニ、スパーズと契約延長(2011年まで)、トレーニングに復帰出来たのは実にめでたいぞ。■Goalkeeper Carlo Cudicini pens new Tottenham contract: http://bit.ly/dleiAh
移籍公式■ケーヒル、エバートンと契約延長(2014年まで)。重要な選手だけど30歳で4年って長くないか■Tim Cahill signs new four-year deal with Everton: http://bit.ly/bkzvIV
移籍公式■イタリアのボスマンプレイヤー■インテル:オルランディーニ■ローマ: Artur、トネット、カッセティ、タッディ、エスポージト、グレコ■ミラン:ローマ、ジーダ、ファバッリ、ピッポ■ユーベ:キメンティ、カンナバーロ http://bit.ly/8YEpgg
移籍公式■スペインのボスマンプレイヤー■バルサ:無し■レアル:デュデク■バレンシア:セサル、バラハ■セビージャ:無し■アトレティコ:イバネス、ペルニア、カマーチョ■ビジャレアル:ハビベンタ、ピレス、イバガサ、フスター http://bit.ly/dhFjhP
移籍公式■イングランドのボスマンプレイヤー■チェルシー:バラック、Jコール、ベレッティ■マンU:無し■アーセナル:キャンベル、センデロス、シルベストル■トットナム: Alnwick、Dervite、グジョンセン http://bit.ly/d0IucX
移籍公式■ダビド・ビジャ(28) [バルセロナ←バレンシア]、2014年まで4年契約、移籍金50億円(4000万ユーロ)、オプション1年■OFFICIAL: Barcelona Sign David Villa From Valencia http://bit.ly/9JhfWh
移籍公式■セサル・サンチェス(38) バレンシアと2011年まで契約延長■Official: Cesar Sanchez Signs New Valencia Contract http://bit.ly/brhK7S
移籍公式■ミケル・サン・ホセ(20 DF)[ビルバオ←リバプール]、2015年まで5年契約、すみません、見たことありません…■リヴァプール若手DF、ビルバオに完全移籍 http://bit.ly/b2mP9Q
移籍公式■テオファニス・ゲカス(29 FW)[フランクフルト←レバークーゼン]■ゲカスがフランクフルトへ - Goal.com: http://bit.ly/9TAr00
移籍公式■シドニー・サム(22 MF)[レバークーゼン←ハンブルガー]、5年契約、移籍金非公開■レヴァークーゼン、トニ・クロースの後釜を確保 - Goal.com: http://bit.ly/aD1JWJ
移籍公式■フィリッポ・インザーギ(36) ミランと1年間の契約延長、2011年まで■Goal.com: http://bit.ly/cDyH1d
移籍公式■マルアヌ・シャマフ(26 FW) [アーセナル←ボルドー] 複数年契約、移籍金無し■Goal.com: http://bit.ly/9ML1Qm
移籍公式■ディエゴ・カペル(22) セビージャと契約延長(2014年まで) 違約金3000万ユーロに設定■Goal.com: http://bit.ly/90gEnR
移籍公式■ムアマドゥ・ダボ(23 MF)[セビージャ←サンティティエンヌ] 2014年まで4年契約、移籍金無し■Goal.com: http://bit.ly/aeqnKc
移籍公式■フランク・リベリー(27) バイエルンと契約延長、2015年まで■Goal.com: http://bit.ly/b3EYwG
移籍公式■フラン・メリダ(20 MF)[アトレティコ←アーセナル]、2015年まで5年契約、移籍金無し■Goal.com: http://bit.ly/9OriLn
移籍公式■ジャック・ロドウェル(19) エバートンと契約延長、2015年まで■Goal.com: http://bit.ly/dmx8vV
移籍公式■ニコラ・ジギッチ(29 FW)[バーミンガム←バレンシア] 2014年まで、4年契約、移籍金8億円■ジギッチのバーミンガム移籍が決定 - Goal.com: http://bit.ly/9ApDQ9
移籍公式■プランデッリ監督、ヴィオラを離脱し次期イタリア代表就任が濃厚■Goal.com: http://bit.ly/d7tVM0
移籍公式■キケ・サンチェス・フローレス(45)はアトレティコとの契約を1年延長。途中から入って、久々のタイトル獲得だから当然と言えば当然ですけどね…。■ UEFA.COM: http://bit.ly/ce5000
移籍公式■アントニオ・アルバレス監督(55)がセビージャとの契約を1年延長、2011年まで。国王杯とってCL圏確保ですから、そりゃ評価されてしかるべきです。■UEFA.COM: http://bit.ly/8YbWK6
移籍公式■ハンノ・バリッチ(29 MF) [レバークーゼン←ハノーバー96]、2年契約、2012年まで。■Goal.com: http://bit.ly/9vmYrv
移籍公式■ミゲル・アンヘル・エレロ(21 MF)[デポルティボ←バレンシア] ローン移籍、2011年まで ■Goal.com: http://bit.ly/di7Rs2
移籍公式■チェーザレ・プランデッリ(52)、ワールドカップ後のイタリア代表監督に就任。ヴィオラには保証金を出すとのこと。うーん、セレクターとしてはどうなんだろう、監督としては優秀だけど… ■Goal.com: http://bit.ly/dgrrS0
移籍公式■ルカ・モドリッチ[24 MF] トットナムと契約延長、2016年まで、これで今年の移籍は無くなりました■BBC http://bit.ly/aVP10S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW] Prince of Persia: The Sands of Time

プリンス・オブ・ペルシャ ~時間の砂~  http://adisney.go.com/disneypictures/princeofpersia/ 
  ペルシャのプリンスが町中を走り回っているアクションシーンで、同名のゲームを連想するのは僕だけではないと思います。当然のごとく、お姫様もいますし悪人もいます。まあ、ペルシャが舞台の「時代劇」なので、剣で切りあったり、弓矢が飛んだりするのはお約束ということでいいんでしょう。ただ、ワイヤーアクションで人が飛び回るのは、最近の流行とは言えやりすぎかなぁ…と思わないでもないのですが、まあ面白いから良しということなのでしょう(笑)
  時代劇なのに「1分だけ時間を遡る砂」と言うのが、なんともSFチックで、それを使うと世界を滅ぼせるという大層な設定がいい感じです。その剣をあるべき場所に戻すために、無実の罪を着せられた主人公と剣を奪われた姫様が繰りなす珍道中は、王道のストーリーとしか言いようがありません。麗しいお姫様が荒野を旅すれば、当然色々とひどい目に合うのもお約束、まあひどくエッチっぽいシーンがないのがアラビア的と言うことなのかもしれませし、色々配慮したということなのかもしれませんが。
  時代劇で勧善懲悪で時間物なので、エンディングもそんな風になってます。「ああ、そうなるんだ」というのはちょっと驚きますが、まあSF者としては想定の範囲内でしょう。純粋に楽しめた作品という意味では、今期これまでの中で最高のものの一つと言えるでしょう。ちょっと人が死に過ぎかなぁ、と言う気はしないでもないですが…。でも、一番驚いたのは、姫様の中の人が坂本真綾さんだったってことでしょう。「聞いたような声だなぁ…」とは思ったのですが、こんな大人な役ができるようになったとはファンとしては感無量です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »