« [TV] kiss×sis #4 | トップページ | 04月28日のココロ日記(BlogPet) »

2010/04/27

[REVIEW] District 9

第9地区 http://d-9.gaga.ne.jp/

  第一印象としては「スターシップ・トゥルーパーズ」と「トランスフォーマー」と「仮面ライダー」と「CNN」を足して4で割った感じと言うところ。ニュース映像やインタビューで構成される前半はまるでドキュメンタリーのようであり、微妙な「エビ」の着ぐるみは、仮面ライダーやウルトラマンのような特撮物を連想させ、銃撃戦で建物が吹き飛ぶ様や、アーマードスーツでの戦いはトランスフォーマーのようであり、そしてストーリー全体から感じる異性物への嫌悪感は、虫との戦いを描いたスターシップ・トゥルーパーズに通じる物があるように思えた。
  「9番目」と言うあたりが南アフリカ的には意味を持つ数字だったり、ナイジェリア人のギャングの存在を問題定義したいのはわかるけど、日本からすれば遠い世界の出来事と言う印象は否めない。異分子として隔離される経験もないだけに、映画で描かれる社会問題以上に、そのグロテスクな点ばかりが目立つ印象。制作サイドとして狙ってやっているのだろうが、ちょっとやり過ぎに思えた。
  一応宇宙人とのコンタクト物ということになるが、SFがメインではないので、細かい点に付いて突っ込むべきではないのだろう。異星人が突然やってきたという「舞台」が重要なのであって、その目的や科学的検証等にさしたる意味があるとも思えない。いろいろ突っ込みたいところがあるのは確かだが。
  エンディング等もなんか微妙と言うか、わからなくはないけど、そうなるんだ…と言う感じではあります。ただ、「公共の利益」を優先すると会社や国が決めたなら、個人の尊厳なんていとも簡単に無視されるんだろうな、というのは感じました。あと、なんとなく続けようと思えば続けられなくもない終わり方になってましたが、続けようと思うと間違いなく破綻しそうな雰囲気。このまま「一発屋的な怪作」として1話で終わった方が無難だろう。

|

« [TV] kiss×sis #4 | トップページ | 04月28日のココロ日記(BlogPet) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/48263840

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW] District 9:

« [TV] kiss×sis #4 | トップページ | 04月28日のココロ日記(BlogPet) »