« [PL09/10] #36 アーセナル v マンC | トップページ | [TV] 迷い猫オーバーラン! #3 »

2010/04/24

[PL09/10] #36 マンU v トットナム

スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター  Att: 75,268
試合結果
  マンU 3 - 1 トットナム
主審
  スティーブ・マリナー
ラインナップ
 マンU
     17 ナニ    09 ベルバトフ   25 バレンシア

     11 ギグス   18 スコールズ   24 フレッチャー

  03 エブラ  15 ビディッチ  23 エヴァンス  21 ラファエル

             01 Vサール
  サブ
    29 クスチャク  06 ブラウン  22 オシェイ  04 ハーグリーブズ  16 キャリック
    28 ギブソン   27 マケイダ
  監督
    アレックス・ファーガソン
 トットナム
        09 パブリチェンコ  18 デフォー

  14 モドリッチ  12 パラシオス  06 ハドルストーン  05 ベントリー

  03 ベイル    20 ドーソン   26 キング      32 Aエコト

             01 ゴメス
  サブ
    27 アルウィック  04 カブール  19 バソング  07 レノン  08 ジェナス
    15 クラウチ    17 グジョンセン
  監督
    ハリー・レドナップ
前半:試合展開
 16 MAU SB :中FK:ギグスS                    壁
 19 MAU    :バレンシア右クロス                   DFクリア
 29 TOT S  :パブリチェンコ中S                   GKキャッチ
 29 MAU SB :エブラ左クロス→ベルバ中S               DFブロック
 30 MAU SOG:バレンシア中ミドルS                  GKキャッチ
 30 MAU S  :ベルバ中ミドルS                    枠上
 32 MAU S  :エブラ左ドリブルS                   枠上
 33 TOT    :ベイル左ドリブル→                   GKキャッチ
 34 MAU S  :ナニ左ミドルS                     枠左
 35 MAU ▲YC:ナニ                       CARD▲ナニ
 36 TOT S  :右FK:ベイルS                    枠上
 39 TOT S  :モドリッチ右S                     GKキャッチ
 42 MAU SB :ギグス左S                       DFブロック(CK)
前半:コメント
 マンU
   ルーニー不在で決定力の不足は相変わらず。ベルバは奮闘しているものの彼が落としても打っても、
   それを押し込む選手がいない。ナニ&バレンシアのサイドもうまく相手に押さえられている印象。
   ただ、バレンシアの対面のベイルの守備がいまいちなだけにチャンスがあるとすればそちらか。
   後半にギブソンやマケイダの投入で活性化を図りたい。
 スパーズ
   相手に主導権を握られるもどうにか守りきった印象。右アスエコト、左ベイルで相手のサイドを
   どうにか押さえ、そしてドーソンとキングのCBとMF勢でどうにか中央からの攻撃を防いだ。
   カウンターもモドリッチがドリブルで突破をはかるシーンがあったものの、デフォーのスピードを
   活かすことが出来ず。強豪相手のアウェイと言う意味では理想に近い展開だが、混戦の4位争いを
   考えると勝ち点3が欲しい。
前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  0   7   3   2   8  54   1   0   2
    トットナム  0   3   1   2   5   46   0   0   1
後半:試合展開
 47 TOT    :ベントリー左クロス→デフォー→パブリ          S出来ず
 49 MAU    :バレンシア右クロス                   GKキャッチ
 53 MAU    :バレンシア右クロス                   DFクリア(CK)
 53 MAU S  :左CK:→ベルバ右落→フレッチャー          ※あわず
 54 TOT SOG:パラシオス左S                     GKキャッチ
 55 TOT 交代1:デフォー(OUT)、グジョンセン(IN)
 55 MAU SOG:右クロス→ベルバ中HS                 GKキャッチ
 56 MAU S  :ナニ右ドリブルS                   ※枠右
 57 MAU    :ベルバ→エブラ、エリア内で倒れる            PK
 58 MAU SOG:PK:ギグスS左下                GOAL★MAU 1-0 TOT
 60 MAU 交代1:バレンシア(OUT)、キャリック(IN)
 66 TOT 交代2:ベントリー(OUT)、レノン(IN)
 67 MAU 交代2:エブラ(OUT)、オシェイ(IN)

 70 TOT SOG:左CK:ベイル→キング中HS           GOAL★MAU 1-1 TOT
 74 TOT    :レノン右クロス                     GKキャッチ
 75 TOT    :ベイル左ドリブル、クロス                DFブロック(CK)
 76 TOT 交代3:パブリチェンコ(OUT)、クラウチ(IN)
 76 TOT S  :レノン→ハドルストン中MS               枠上
 77 MAU SB :フレッチャー右クロス→ベルバ中HS           GKセーブ
 78 MAU SOG:ナニ右ドリブルS                    GKキャッチ
 79 MAU 交代3:ラファエル(OUT)、マケイダ(IN)
 81 MAU SOG:マケイダ右→ナニ右RS              GOAL★MAU 2-1 TOT
 83 TOT S  :クラウチ左S                      枠左
 85 MAU    :ナニ左ドリブル、エリア内で倒れる            PK
 86 MAU SOG:PK:ギグスS右下                GOAL★MAU 3-1 TOT
後半:コメント
 マンU
   エブラが倒されてPK、そして終盤にもナニが倒されてPKと、前半の微妙な判定を返すかのように、
   PKを得てそれをギグスがしっかり決めた。それ以上に、交代出場直後のマケイダからのパスに合わせた
   ナニのゴールが試合を決めたことは間違いない。前節のロスタイムといい、大事な試合でしっかり結果を
   出してくるのはさすが。ただし、チェルシーが転けてくれなければ優勝はないのだが。
 トットナム
   ベイルを前に出して攻撃が活性化し、CKからキングが同点弾を決めたものの、マケイダの投入で再び
   活性化したマンUに逆転を許す結果となった。苦手のマンU相手に善戦したものの、最後の最後に地力
   の差が出た印象。デフォーの動きがいまいちだったこと、ベールの攻撃力を生かせなかったことなど、
   結果として作戦が裏目に出た印象もある。ただ、4位争いに関してはまだまだと言うところ。
スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
      マンU  3   7   3   2   8  58   1   0   4
    トットナム  1   3   1   2   5   42   0   0   1

|

« [PL09/10] #36 アーセナル v マンC | トップページ | [TV] 迷い猫オーバーラン! #3 »

football(ENG)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/48244132

この記事へのトラックバック一覧です: [PL09/10] #36 マンU v トットナム:

« [PL09/10] #36 アーセナル v マンC | トップページ | [TV] 迷い猫オーバーラン! #3 »