« [ENG] ポセボン、ブラガにレンタル移籍 | トップページ | [LETOUR2009] チーム別見所 »

2009/07/04

[F1] よくわかる現代F1

■それぞれの陣営の思惑

 モズレー(FIA)  
    ・メーカーしか勝てないF1の状況をどうにかしたい(エントリーを増やしたい)
    ・チーム数を増やしてスポーツ性を増したい
    ・フェラーリ以外のメーカの数を減らしたい
    ・分裂しても最終的には押さえられると思っている。
    ・1国1開催が妥当だと考えている

 エクレストン(アルファプレマ配下)
    ・とりあえず現状の利益を維持したい
    ・可能ならばもっともうけたい
    ・分裂はもうけが少なくなるので避けたい
    ・興行権料の高いところでF1をやりたい。伝統では飯は食えない

 フェラーリ
    ・現状の特権(多めの分配金)は維持したい
    ・自分たちに不利なルール改正は許せない(テスト制限)
    ・自分たちあってのF1だと固く信じている
    ・地元のサンマリノGPの廃止を苦々しく思っている

 メーカー・タイプA
    ・ルール無法状態の収集を期待している
    ・コストは減らしたいが、それでチームが弱体化するのは困る
    ・新シリーズを立ち上げるのは、現実的には無理だと分かっている(まとまるわけがない)
    ・北米での開催が減っている事は広告効果の面でゆゆしき問題

 メーカー・タイプB
    ・高コストのF1は撤退したいが広告効果を考えて躊躇している
    ・分裂の混乱に乗じて撤退と言うシナリオも検討している
    ・タイプAのメーカーに資金力でかなわないと思っている

 コンストラクター
    ・コストは是が非でも減らしたい。
    ・本来はFOTAと行動を共にしたいが、融資を受けている手前、バーニーに逆らえない
    ・メーカーの資金力に太刀打ちできないのは分かっている
    ・遠征費のかかる欧州外の開催は減らして欲しい


■F1年表(組織ゴタゴタ編)

  1974年   FOCA(Formula One Constructors Association)設立

  1981年 1月 ウィングカー問題で分裂開催の危機()

  1981年 3月 コンコルド協定締結(7年間有効)

  1987年   コンコルド協定更新(10年間有効)
      FOCAが持つF1の商業権の管理をFOPA(Formula One Promotions and Administration)へ委託。

  1995    FIAが、FOCAの持つF1関係の権利をFOPAへ完全に委託
      テレビ放映権料の23%と興行権料のすべて(放映権料の47%はチーム、30%はFIA)

  1996    SLECホールディングスを設立
     →F1関連企業(フォーミュラワンブループ)を統括することを目的

  1997    FOPAをFOAとFOMへ分割、FOH(Formula One Holdings)設立
     →FOA、FOMの株を保持し、証券取引所への上場を目的とする

  1997年   コンコルド協定更新(10年間)

  1997    GPWC(Grand Prix World Championship)設立

  2001年 4月 FIA、F1の商業権をSLECへ2011年から2111年までの百年間リースを発表

  2005年   エクレストン、SLEC株のうち25%を手元に残し、残りを投資銀行に売却。
      →多大な利益を得ながら、CEOとして変わらぬ権力を保つ

  2005年 1月 フェラーリ、GPWCを撤退&コンコルド協定更新
      →他チームより優位な条件あり

  2005年   自動車メーカー連合、GPMAを結成(新シリーズ設立をもくろむ)
      →株式の過半数がF1外部に流れる状況が運営の安定を損ねると主張

  2005年   エクレストン、アルファプレマ設立
    CVCキャピタルパートナーズとエクレストンが共同で設立

  2006年   エクレストン、SLEC株の残り75%を回収
      →アルファプレマを親会社にフォーミュラワングループを再構築。

  2006年 8月 トヨタGPMAを脱退

  2006年   コンコルド協定期限切れに伴い、一部テレビ放映権料等の支払が遅延

  2007年 2月 ルノーGPMAを脱退

  2008年   コンコルド協定期限切れ

  2008年   KERS導入等、新レギュレーション導入でトラブル有り

  2008年 7月 FOTA(Formula One Teams Association)設立

  2009年 4月 2010年新レギュレーションとしてバジェットキャップ制を発表

  2009年 6月 FOTA、エントリーに留保条件をつけて2010年エントリーを提出

  2009年 6月 12日、FIA暫定エントリーリスト発表
      →ウィリアムズ、フォースインディア、フェラーリ、レッドブル、トロロッソが無条件と発表

  2009年 6月 12日、フェラーリ、レッドブル、トロロッソが抗議のプレスリリース

  2009寝 6月 25日 FIA エントリー発表

■現在の組織図(エクレストン関連)

    アルファプレマ
       |
       |
    FOH(フォーミュラー・ワン・フォールディング)
       |
       |
     +-+--------------------------------+
     |                                  |
     |
    FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)   FOA(フォーミュラーワン・アドミニストレーション)

# なんか次から次へと会社作って株を買わせてって、怪しいよね…

|

« [ENG] ポセボン、ブラガにレンタル移籍 | トップページ | [LETOUR2009] チーム別見所 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/45536681

この記事へのトラックバック一覧です: [F1] よくわかる現代F1:

« [ENG] ポセボン、ブラガにレンタル移籍 | トップページ | [LETOUR2009] チーム別見所 »