« 最近のお仕事(日曜日はまみまみの日って何故!?) | トップページ | [DVD] プリンセスラバーDVDのエディション違いについての考察 »

2009/06/21

[F1 2009] 第8戦 イギリスGP結果

サーキット
  シルバーストーン・サーキット  5.141km×60Laps 燃料 2.5kg/Lap
  気温:16度  路面:28度  湿度:56%  風速:3.7m/s

スターティング・グリッド
  1ベッテル[666.5S]  2バリチェロ[657.5S] 3ウェバー[659.5S] 4トゥルーリ[658S] 5ナカジマ[652.5H] 6バトン [657.5S]
  7ロズベルグ[661.5H] 8グロック[660S]   9ライコネン[654S] 10アロンソ[654H]  11マッサ[675S]  13コバ[695.5S]

# スーティル、ピットスタート(クラッシュによるマシン交換)

第1スティント予想(N=16)
  N  ナカジマ ■N+1 ライコネン/アロンソ■N+2 バリチェロ/トゥルーリ/バトン■N+3 ウェバー
  N+4 ロズベルグ■N+6 ベッテル

レース展開

スタート~1周目
 L01 ** ナカジマ4番手、ライコネン5番手、トゥルーリ後退
 L01   ニコ、トゥルーリをかわす
 L01   ベッテル、バリチェロ、ウェバー、ナカジマ、ライコネン、ロズベルグ、トゥルーリ、マッサ
 L01   バトン9番手へ後退
 L02   バトン、マッサをかわす→8番手

# トゥルーリが出遅れたのを見逃さず、ナカジマ、ライコネンがジャンプアップする。
# バトンが9番手と出遅れたがマッサをかわして8番手に浮上する。

第1スティント
 L02 FL ベッテル 1:22.338
 L03 FL ベッテル 1:21.823
 L04 FL ベッテル 1:21.618
 L04   ベッテル、バリチェロ(4.4)、ウェバー(5.1)、ナカジマ(7.8)、ライコネン(D1.0)、ロズベルグ(D1.2)
 L04   12 ハイドフェルド、翼端板破損でタイム伸びず
 L06   ベッテル、バリチェロ(6.1)、ウェバー(6.9)、ナカジマ(9.8)、ライコネン(D1.4)、ロズベルグ(D1.1)、トゥルーリ、バトン
 L06 FL ベッテル 1:21.458
 L07 FL ベッテル 1:21.275
 L08 FL ベッテル 1:21.082
 L09 FL ベッテル 1:20.931

 L09   ベッテル、バリチェロ(9.6)、ウェバー(D0.7)、ナカジマ(D2.5)、ライコネン(D1.5)、ロズベルグ(D0.8)、トゥルーリ、バトン
 L11 FL ベッテル 1:20.839
 L13 FL ベッテル 1;20.821

 L13   ベッテル、バリチェロ、ウェバー、ナカジマ、ライコネン(D2.4)、ロズベルグ(D1.0)、トゥルーリ、バトン
 L14   ベッテル、バリチェロ(15.1)、ウェバー、ナカジマ(D2.3)、ライコネン(D2.2)、ロズベルグ(D1.3)、トゥルーリ、バトン
# ベッテルがファーステストラップを連発して後ろとの差を広げていく。
# ウェバーはバリチェロに引っかかりタイムが伸びず。

ピットイン1回目
 L15 PI ナカジマ(9.1H) →11番手
 
L16 FL ベッテル 1:20.735
 L16 PI ライコネン(9.4S) →ナカジマの前
 L18 PI ロズベルグ トゥルーリ(8.8S) バトン(9.8H)
 L19 PI バリチェロ(9.7H) グロック( . S)
 L20 PI ウェバー(11.7S) →バリチェロの前
 L21 PI ベッテル(9.6S)
 L23 PI マッサ(8.2S) →ライコネンの前

 L24   ベッテル、ウェバー(21.5)、バリチェロ(25.2)、ロズベルグ(26.4)、マッサ(30.1)、トゥルーリ(35.4)、ライコネン(36.7)、バトン(37.9)、ナカジマ(39.5)
# 15周目にナカジマがピットイン、ハードタイヤでアウト。
# その後、ピットインしたメンバーがすべからくナカジマの前に入り込む。
# マッサが23周目にピットイン、ライコネンの前で復帰する。

第2スティント

 L28   ベッテル、ウェバー(20.4)、バリチェロ(D6.7)、ロズベルグ(D1.5)、マッサ(D2.9)、トゥルーリ、ライコネン、バトン
 L31   ハミルトン、アロンソをパス→16位
 L31   ベッテル、ウェバー(17.9)、バリチェロ(D8.9)、
 L32   ベッテル、ウェバー(17.6)、バリチェロ(D10.5)、ロズベルグ(D0.7)、マッサ(D1.5)、トゥルーリ(D9.8)、ライコネン(D0.6)、バトン(D2.0)、ナカジマ(D1.6)
 L34   ブルデー、コバライネンと接触
 L37   ベッテル、ウェバー(18.1)、バリチェロ(32.7)、ロズベルグ(D1.1)、マッサ(D0.9)
 L38   コバライネン、ピットイン→リタイア
 L39   ブルデーピットイン→リタイア

# ベッテル、ウェバーが独走、バリチェロ、ロズベルグ、マッサは3位争い、トゥルーリ以下が9位争い。
# 38周目、ブルデーがコバライネンに接触し両者ともリタイア。

ピットイン2回目~チェッカー

 L40 PI ナカジマ( . S)
 L42 PI ライコネン(7.5H)→ナカジマの前
 L43 PI ロズベルグ(6.4S)→ライコネンの前
 L44 PI ベッテル(8.2H)→バリチェロの前
 L45 PI マッサ(7.5H)→ロズベルグの前
 L46 PI トゥルーリ( . )
 L47 PI ウェバー(6.8H) バリチェロ(6.5S)
 L49 PI グロック(5.2H)
 L50 PI バトン(6,3S)→トゥルーリの前

 L51   ベッテル、ウェバー、バリチェロ、マッサ、ロズベルグ、バトン、トゥルーリ、ライコネン
 L55   ベッテル、ウェバー(20.7)、バリチェロ(43.9)、マッサ(48.8)、ロズベルグ(50.5)、バトン(51.9)、トゥルーリ(65.5)、ライコネン(69.4)
# 2回目のピットインでマッサがロズベルグを逆転
# バトンもトゥルーリ、ライコネンをかわして6位に浮上。
# その後、バトンはマッサ、トゥルーリを追い詰めるが抜くことが出来ずにチェッカー

レース結果(暫定)

  ベッテル
  ウェバー
  バリチェロ
  マッサ
  ロズベルグ
  バトン
  トゥルーリ
  ライコネン

|

« 最近のお仕事(日曜日はまみまみの日って何故!?) | トップページ | [DVD] プリンセスラバーDVDのエディション違いについての考察 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/45414477

この記事へのトラックバック一覧です: [F1 2009] 第8戦 イギリスGP結果:

« 最近のお仕事(日曜日はまみまみの日って何故!?) | トップページ | [DVD] プリンセスラバーDVDのエディション違いについての考察 »