« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

[Giro 2009] 第21ステージ結果

レース展開
  100周年記念大会は、ミラノではなくローマでの14.4kmのタイムトライアルで幕を閉じる。マリアローザ
 争いは、トップのメンショフとディルーカの差は20秒差。機材トラブルや大きな失敗がなければ、メンショフ
 優位の展開が予想される。

  23時58分、ディルーカがスタート。そしてマリアローザのメンショフが2分後にスタート。両選手とも
 闘志溢れる飛び出しでゴールへ飛び出していく。第1計測地点(3.3km)ではディルーカがトップ通過、
 一方、メンショフは雨が降り出したこともありディルーカに5秒遅れで通過。しかし第2計測地点では
 メンショフが追い上げトップに3秒遅れ、一方のディルーカは14秒遅れで通過。

  そしてディルーカが険しい表情でゴール、トップに45秒遅れの暫定16位でゴール。あとはメンショフのゴール
 次第。そしてそのメンショフが、直線で落車、すぐに立ち上がりバイクを交換して再スタート。それでも、24秒
 遅れとディルーカを上回るタイムでゴール、ハラハラさせたもののどうにかリードを保ってマリアローザを
 獲得した。ステージ優勝は序盤からトップを守ったコノバロバス、新人賞争いもシールドライヤースがリードを
 保って獲得した。

ステージ成績
  1 グナタス・コノバロバス    LTU  サーヴェロ・テストチーム      18.42  
  2 ブラッドリー・ウィギンス   GBr  ガーミン・スリップストリーム    0.01
  3 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    0.07
  4 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              0.11
  5 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            0.16
  6 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 0.18
  7 ドリス・デヴェナインス    BEL  クイックステップ          0.20
  8 マーティン・チャリンギ    NED  ラボバンク             0.21
  9 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 0.23
 10 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             0.24
 14 フィリップ・ジルベール    BEL  サイレンス・ロット         0.36
 15 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 0.39
 16 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             0.40
 17 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             0.45
 18 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             0.46
 20 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.49
 25 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          0.53
 27 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              
 34 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             1.02
 42 ミハイル・イグナチエフ    RUS  カチューシャ            1.07
 48 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            1.11
 49 グスタボ・セサル       SPA  シャコベオ・ガリシア        1.13
 50 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          1.16

個人総合成績
  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク            86.03.11
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク              0.41
  3 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              1.59
  4 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム       3.46
  5 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              3.59
  6 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               5.28
  7 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  8.43
  8 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード     10.01
  9 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル         11.13
 10 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            11.28
 11 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ           12.50
 12 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               15.59
 14 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ           16.15
 15 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ   
 17 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ    
 18 ヤネス・ブライコヴィッチ   SLO  アスタナ               28.07
 19 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            28.39
 22 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 39.19
 24 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ           46.03
 25 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     48.00
 31 ダニエル・ナバーロ      SPA  アスタナ              1.02.21
 32 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          1.05.06
 37 アレクサンドル・エフィムキン RUS  アージェードゥーゼル        1.19.57
 48 イェンス・フォイクト     GER  サクソバンク            1.37.25
 49 ホセルイス・ルビエラ     SPA  アスタナ              1.38.56

# メンショフ、ハラハラさせつつもトップをキープ。

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク             170 pts
  2 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク             144
  3 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             133
  4 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 133
  5 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク             104
  6 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード    103
  7 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム       86
  8 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ           82
  9 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス              74
 10 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ               70

# ディルーカ、残念なポイント賞

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 61 pts
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             45
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             41
  4 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 40
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             38
  6 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      30
  7 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          24
  8 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 24
  9 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム      15
 10 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            14

# 山岳での頑張りは賞に値する。

個人総合新人賞
  1 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ         86.19.26  
  2 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  2.55
  3 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット          17.03
  4 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     31.45
  5 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ           34.37
  6 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ               58.41
  7 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド            59.06
  8 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア        1.26.10
  9 アーノルド・ジャネッソン   FRA  ケースデパーニュ          1.41.55
 10 ダリオ・カFタルド       ITA  クイックステップ          1.44.09

# 長い名前ですがファンに覚えてもらえたでしょう。。

チーム総合成績
  1 アスタナ          257.48.40   
  2 チームコロンビア・ハイロード  24.15
  3 ディキジョバンニ        27.17
  4 リクイガス           32.21
  5 ランプレN.G.C          58.58

# このタイトルがチーム状況の好転に繋がるか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL08/09] マグパイズの降格に思う

  ここ最近プレミアリーグを見始めた新参者のファンとしては、「強いニューカッスル」といえば、ボビー・ロブソン時代のことになってしまう。DFラインの印象はほとんどないが、当時からギブンのスーパーセーブで脆弱なDFラインをどうにかごまかし、後はシアラーとベラミーの2トップをはじめとする攻撃勢がゴールを奪う。スピードの結構ハードなタックルに、ロベールのキック力、そして、ジェナスが期待の若手として話題になっていたのが記憶に残っていることであろうか。

  当時から攻撃力はあったけど守備に関しては残念ながらお粗末の一言、ギブンがいなければもっとひどい状態だったと言うのは今もつい最近も変わらない。多少守備がだめでも攻撃でカバーというのがチームの哲学で、それでCLにまで出場したのだからよしとしたのだろう。ロブソンが辞任してからは結局、守備面での向上を図ることも攻撃力の維持も出来ず、中位から下位に低迷することになってしまったと言う印象が強い。そもそも、ロブソンの辞任後、1年ごとに監督が替わっているような混乱状況が収束することなくここまできてしまったと言うことなのだろう。

  オーウェン、マルティンス、ビドゥカ、バット、アメオビ、ミルナー、コロッチーニ、ダフ…。メンバーをみる限り、2部に落ちるようなチームでないことは子供にでもわかる。いくら高額の選手をそろえても、マネージメントの部分がふがいなければチームとして機能しないということを改めて思い知った。今年になってから話題になるのは身売り関係の話ばかりで、冬にはとうとうギブンが移籍してしまう始末。昔からニューカッスルに対する忠誠心が深い彼が移籍したというのは、金銭面のことだけとは思えない。

  映画「GOAL」でニューカッスルが最終節で4位に入りCL出場権を獲得するシーンがある。2006年に日本で公開されたときにも「CLなんていつの話だよ」と懐かしく思った記憶があるが、今となってはCLで実際に活躍していたというのを知らないファンも少なからずいるのではないか。かつての名門の没落という意味ではリーズの例があるが、チーム運営が致命的にまずいと言う点でニューカッスルの行く末もかなり心配なところではある。

  今年は若干空席も目立ったらしいが、それでも毎試合ごとに5万人ものファンがセント・ジェームス・パークに集まってくる。そんな熱狂的なファンにとって二部降格は気の毒としかいいようがないが、それでも、前述のチームの混乱ぶりをみるに、ハルが残留したことはプレミアリーグにとってより適切な状態だろうというのが個人的な印象である。二部降格というのはかなりの痛手ではあるが、この降格で問題点を洗い出し、健全なチームとして復活してほしい。ウェストハムやアストンヴィラに出来たのだから、ニューカッスルにだって出来るはずだ。

最近の成績
-----------------------------------------------------------------------------------
 Year  Manager            Or  W  D  L GF GA  GD PTS Memo
-----------------------------------------------------------------------------------
 08/09  キーガン/キニア/シアラー  18  7 13 18 40 59 -19 34  Relegate
 07/08  アラダイス/キーガン     12 11 10 17 45 65 -20 43
 06/07  グレン・ローダー       13 11 10 17 38 47  -9 43
 05/06  スーネス/ローダー       7 17  7 14 47 42  5 58  UC
 04/05  ロブソン/カーパー/スーネス 14 10 14 14 47 57 -10 44 
 03/04  ボビー・ロブソン        5 13 17  8 52 40  12 56  UC
 02/03  ボビー・ロブソン        3 21  6 11 63 48  15 69  CL-P
 01/02  ボビー・ロブソン        4 21  8  9 74 52  22 71  CL-P
 00/01  ボビー・ロブソン       11 14  9 15 44 50  -6 51  ITC
 99/00  フリット/ロブソン      11 14 10 14 63 54  9 52 
-----------------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月31日のココロ日記(BlogPet)

トラックの荷台に乗りたい野望があることをNagaさんに伝えるべきか否か。悩む。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 初恋限定 #08

8 チョコレート・ボマーの憂鬱 http://www.j-hatsukoi.com/story.html

ストーリー
  小宵ちゃん、ザッハトルテとかガトーショコラとかブロマンジェとかすごいなぁ…、相手がお兄ちゃんで
なきゃ最高なんだけど。岬さんは、バレンタインの定義から気にしてますが…、自分の好きな人に「好きな人
いない」って聞かれるのもつらいよね。結局本命相手のチョコを買っていくわけですが、本命チョコを守に
見せつけるとは、何とも罪作りな。そこで勢いに乗って告白してしまう守君もどうかとは思うが。相談に
乗ってもらう別所君も絡んで複雑な状況、でも相談相手を置いて帰るなよ…と言うAパート。でも、そのチョコ
は違うんだけどね(笑)

  岬さんの事で悩んでいるお兄さんを見て、こよいちゃんも悩みがつきない様子。財津君が好きなのも岬さん
だってのが話をややこしくなったりするわけで。いやいや、いきなり岬さんに直談判ってどうなんだか。いろいろ
悩んでいるけど、歩ちゃんの言葉に背中を押される岬さん、単純というかまっすぐと言うか…。そして、在原を
電話呼び出し。でも、いきなり電話で呼び出される方も、困るよなぁ…。知り合いの中でチョコを渡そうとする
ってのも緊張だなぁ。そこで別所君と守君に頭をさげるみさきさん。まっすぐでいいなぁ。「まずは友達になろう」
と言う台詞もというBパート。結局、警ちゃんの持っている本命チョコはどうなったんでしょう…、そして
楠田はチョコをもらえたんでしょうか。

次回予告
  今まで陰の薄かった名央ちゃんの出番です。どうなることやら(笑)  

初恋放課後トーク
  ああいう計画はやっちゃダメなんだ…。みんな、お菓子の手作りをするんだ…。友チョコなんてはやってるんだ、へぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/30

[FA CUP 08/09] Final:チェルシー v エバートン

スタジアム
  ウェンブリー・スタジアム  ロンドン  Att. 89,391

試合結果

  エバートン 1 - 2 チェルシー  チェルシー5度目の優勝

主審
  ハワード・ウェブ

ラインナップ

 チェルシー
    15 マルダ      11 ドログバ        39 アネルカ

        08 ランパード    05 エッシェン

              12 ミケル

  03 Aコール   26 テリー(C)      33 アレックス  17 ボジングワ

              01 チェフ
  サブ:
    40 イラーリオ  02 イバノビッチ  09 ディ・サント  13 バラック  21 カルー
    35 ベレッティ  42 マンシエン
  監督:
    フース・ヒディング

 エバートン
          09 サハ     25 フェライニ

  20 ピーナール  17 ケーヒル   18 ネビル     21 オズマン

  03 ベイネス   05 レスコット  04 ヨボ      02 ヒバート

             24 ハワード
  サブ:
    01 ナッシュ   08 カスティージョ  14 ヤグハン  15 ヤコブセン
    26 ロドウェル  32 ゴスリング    37 バクスター
  監督:
    デビッド・モイーズ

前半:試合展開

 01 EVE SOG:フェライニ左H落→サハ中S            GOAL★CHE 0-1 EVE
 05 CHE    :マルダ左クロス                     DFブロック(CK)
 08 CHE    :左FK:ランパード→                  枠上
 08 EVE ▲YC:ヒバート                          CARD▲ヒバート
 12 CHE    :ランパード中ドリブル→Aコール             オフサイド
 14 CHE S  :ドログバ左クロス→エッシェン中S            枠上
 15 EVE    :ピーナール左クロス→フェライニ             GKキャッチ
 20 CHE    :コール左クロス                     DFクリア
 21 CHE SOG:マルダ左クロス→ドログバ中HS          GOAL★CHE 1-1 EVE
 23 CHE S  :ランパード中ミドルS                  枠上
 31 CHE SB :マルダ左S                       DFブロック
 31 CHE SOG:こぼれ→アネルカ中BS                 GKキャッチ
 33 CHE    :ランパード右クロス                   DFブロック(CK)
 34 CHE    :サハ中→ケーヒル右                   GKキャッチ
 36 EVE    :ピーナール左クロス→サハ                あわず
 38 CHE    :ランパード中→アネルカ、エリア内で倒れる        笛無し
 44 CHE S  :こぼれ→コール左ドリブルS               枠上
 +1 EVE    :右FK:レスコット                   GKキャッチミス(CK)

前半:コメント

  開始20秒でファーストシュートをゴールに結びつけたエバートンだが、チェルシーも最初のシュートを
 ゴールに結びつけ同点に追い付く。その後は若干チェルシーが優勢に試合を進めるが、決定的な形は
 作れず。それでも左サイドで優位にたちチャンスを作るシーンが目立った。エバートンはゴールシーン
 以外ではシュートにさえ持ち込めていないだけに、このまま一方的に押し込まれているようでは、失点
 するのも時間の問題のように見えてならない。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    チェルシー  1   6   3   2   6  --   0   0   1
    エバートン  1   1   1   1   5   --   1   0   1

後半:試合展開

 46 EVE 交代1:ヒバート(OUT)、ヤコブセン(IN)
 48 EVE ▲YC:ネビル、ミゲルにタックル             CARD▲ネビル
 49 CHE SB :中BS                         DFブロック
 49 CHE    :コール左クロス                     DFブロック(CK)
 50 CHE S  :左CK:ランパード→こぼれ→マルダ中BS        枠上
 52 CHE    :アネルカ中→コール左                  DFクリア(CK)
 54 CHE    :アネルカ右クロス                    GKキャッチ
 59 EVE S  :サハ中ミドルS                     枠左
 60 CHE S  :ランパード中スルーP→アネルカ中RS         ※枠上
 61 CHE 交代1:エッシェン(OUT)、バラック(IN)
 62 EVE SOG:ケーヒル中ミドルS                   GKキャッチ
 63 CHE ▲YC:ミケル                      CARD▲ミケル
 65 EVE    :ピーナール左クロス                   GKキャッチ
 67 EVE S  :左クロス→サハ中HS                  枠上
 68 CHE    :マルダ左クロス                     GKキャッチ
 70 CHE    :マルダ左クロス→ドログバ中BS             枠左
 72 CHE SOG:ランパード中ミドルS               GOAL★CHE 2-1 EVE
 73 EVE S  :ピーナール左ミドルS                  枠右
 75 CHE S  :ランパード→マルダ左S                 枠上
 77 EVE 交代2:サハ(OUT)、ボーン(IN)
 78 CHE SOG:マルダ中ミドルS                   ☆クロスバー
 81 CHE SOG:中フィード→ドログバ中HS               GKキャッチ
 82 CHE SB :コール左ミドルS                    DFブロック
 82 EVE 交代3:オズマン(OUT)、ゴズリング(IN)
 84 CHE ▲YC:ランパード右、エリア内で倒れる          CARD▲ランパード
 90 EVE S  :ケーヒル左ミドルS                   枠左
 +4 EVE ▲YC:ベインズ、ボジングワを倒す            CARD▲ベインズ

後半:コメント
  後半に入ってもチェルシー優勢の展開は変わらず。そして72分、ランパードのミドルシュートで
 チェルシーが勝ち越すと、そのままエバートンは決定機を作ることが出来ずに試合が終了した。
 後半早々ケーヒルを前線に上げる事でシュートの数こそ多くなったが、チェフを脅かすことは
 出来なかった。前半早々に先制点を上げたときにはタイトルの期待もかかったが、決定力の面で
 課題を残す結果となった。CL圏内を狙うためには攻撃力の改善が必要だろう。
  リーグでもCLでもタイトルに届かなかったチェルシーだが、最後の最後にどうにかタイトルを
 獲得することが出来た。ただし在籍メンバーを考えるとFAカップのタイトルでは満足出来ない
 のは当然のこと。今年最大の苦戦は監督人事に失敗したことだけに、まずは監督を決めて、
 そこからしっかりチームを強化して欲しいところ。結局モウリーニョの遺産を食いつぶしている
 だけではこれ以上の向上は望めないだろう。

スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    チェルシー  2   12   4   5  12  58   2   0   2
    エバートン  1   6   2   1  17   42   3   0   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 第20ステージ結果

80時間走って18秒差ってせつないよね…。

レース展開
  最終日はタイムトライアルと言う事で、実質今日が最後のステージレース。ナポリからアナーニの203kmは、
 前半はほぼ平坦。後半からは小刻みなアップダウンが続くコース。現在、マリアローザのメンショフと
 ディルーカの差は18秒、波乱は起きにくいコースではあるが、ボーナスタイム狙いで激しく攻撃するしかない。

  スタート直後の4km地点で8人の逃げが決まり、集団はこれを容認するが、残り50kmの手前で早くも吸収。LPRが
 スプリントポイントを狙っての引きで先頭を捉えた様子。しかしスプリントポイントを目の前にメンショフが
 アタック、ペタッキがどうにか追走してトップを押さえたものの、2位メンショフ、3位ディルーカで通過、
 逆に2秒のビハインドをおってしまう。

  この後、何度か逃げを試みる選手が出るが集団が残り1kmで吸収し、集団ゴールの様相を見せる。残り1km付近で
 ジルベールが集団から抜け出し、ポポビッチ、ヴォクレールが追走。ジルベールがすごいスピードでの逃げ切りを
 見せてトップでゴール。結局ディルーカは何も仕掛ける事が出来ずに集団でゴールした。

ステージ成績
  1 フィリップ・ジルベール    BEL  サイレンス・ロット         4.30.07  
  2 トマ・ヴォクレール      FRA  Bbox ブイグテレコム          0.02
  3 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  0.07
  4 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ    
  5 セバスティアン・イノー    FRA  アージェードゥーゼル    
  6 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス    
  7 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    
  8 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD     
  9 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム    
 10 セルジュ・パウエルス     BEL  サーヴェロ・テストチーム    
 11 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク    
 12 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク     
 13 ルーベンス・ベルトリアーティ SWI  ディキジョバンニ    
 17 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C     
 18 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ    
 23 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム    
 24 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ    
 25 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ    
 26 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ    
 29 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス    
 30 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    
 36 イェンス・フォイクト     GER  サクソバンク    
 39 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ    

個人総合成績

  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク           85.44.05  
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             0.20
  3 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.43
  4 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      2.44
  5 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             3.37
  6 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              4.59
  7 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 8.44
  8 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    9.36
  9 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        10.46
 10 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C           11.36
 11 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          11.58
 12 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              15.04
 15 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              16.28
 18 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C           27.52
 22 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                39.04
 23 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          44.59
 25 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    47.07
 29 トーマス・ローレッガー    AUT  チームミルラム           56.16
 30 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          59.55
 32 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ         1.03.43
 46 レオナルド・ベルタニョッリ  ITA  ディキジョバンニ         1.31.57
 48 イェンス・フォイクト     GER  サクソバンク           1.35.04
 49 ホセルイス・ルビエラ     SPA  アスタナ             1.37.50

# タイムトライアルのスキルを考えればメンショフでほぼ決まりだそうです。

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク             170 pts
  2 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク             138
  3 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             133
  4 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 126
  5 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク             104
  6 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード     87
  7 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム       86
  8 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ           82
  9 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス              74
 10 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ               70

# ディルーカがポイント賞ってのが、ジロならではですね(笑)

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 61 pts
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             45
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             41
  4 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 40
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             38
  6 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      30
  7 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          24
  8 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 24
  9 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム      15
 10 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            14

# もっともふさわしいという気がしないでもなく。

個人総合新人賞
  1 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          85.59.51   
  2 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ   2.11
  3 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット           16.33
  4 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード      31.21
  5 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ            32.35
  6 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ                58.07
  7 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド             58.59
  8 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア         1.24.19
  9 アーノルド・ジャネッソン   FRA  ケースデパーニュ           1.39.50
 10 ダリオ・カFタルド       ITA  クイックステップ           1.41.41

# ケヴィンさんで決まりでしょう。

チーム総合成績
  1 アスタナ          256.51.03   
  2 チームコロンビア・ハイロード  24.21
  3 ディキジョバンニ        24.35
  4 リクイガス           31.28
  5 ランプレN.G.C          57.58

# やっぱりアスタナはすごいな。コロンビアに勝ちましたか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/29

[Giro 2009] 第19ステージ結果

レース展開
  第19ステージはアヴェリーノからヴェスヴィオまでの164km。若干のアップダウンのあるコースで途中で
 3級山岳を通過して、最後は超級の頂上ゴール。山岳が得意なメンバーに取っては最後のチャンスだけに
 レースが大きく動くことが予想される。

  レース開始から16lmでクリフトソフとファッチの逃げが成功、101km地点の山岳ポイントでは、トップの
 二人から3分15秒遅れで飛び出したグリフコ、そして3分35秒遅れでLPRがペースを作るメイン集団が追走する。
 残り25kmの地点で先頭と集団の差は1分38秒。残り14km、登り口で先頭と集団の差は15秒と、完全に集団は
 射程に収めた。ディルーカは若干後方に位置している。

  アニョリ、ティラロンゴが飛び出した後、バッソがペースアップ。追走するガルゼッリ共々一気にペース
 をあげ先頭に立つ。ディルーカがペースアップしシモーニも飛び出して先頭集団を吸収。そしてそのタイミング
 でバッソがペースをあげ抜け出す。そしてサストレもアタックをかけ、バッソと合流して先頭集団を形成する。
 残り5kmで先頭はバッソとサストレ、シモーニとアローヨが追走、ガルゼッリ、メイン集団と続く。

  残り5kmを過ぎたところでサストレがペースアップ、バッソをちぎり始める。そしてメイン集団でもディルーカ
 がペースアップ、さらにペッリゾッティが先頭に出てペースを作る。メンショフがしっかり二人をマークする
 事でなかなか集団のペースが上がらない。残り2km、サストレは快調にトップで通過、間にバッソをはさみ、
 ペッリゾッティ、メンショフ、ディルーカは58秒遅れ。

  まずはペッリゾッティがスタート、前で待つバッソとペースアップを図る。ディルーカとメンショフの
 一騎打ちの形になる。サストレがトップでゴールし今年2勝目。2位はバッソのサポートを受けたペッリゾッティ
 が20秒差、3位はディルーカが入り、ボーナスタイム8秒の差をつけた。

ステージ成績
  1 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム     4.33.23  
  2 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             0.21
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             0.30
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             0.30
  5 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             0.35
  6 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              0.53
  7 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        1.14
  8 セルジュ・パウエルス     BEL  サーヴェロ・テストチーム      1.15
  9 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ          1.15
 10 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.15
 11 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          1.15
 12 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            1.29
 13 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          1.32
 14 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          1.38
 15 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.40
 16 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              1.42
 20 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            2.44
 21 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              2.51
 23 ヤネス・ブライコヴィッチ   SLO  アスタナ              2.51
 24 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          2.51
 27 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    2.51

個人総合成績
  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク           81.13.55  
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             0.18
  3 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.39
  4 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      2.40
  5 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             3.33
  6 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              4.55
  7 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 8.48
  8 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    9.32
  9 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        10.42
 10 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C           11.32
 11 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          11.54
 12 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              13.29
 13 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ          15.29
 14 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          15.42
 15 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              16.24

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク            162 pts
  2 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク             127
  3 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             123
  4 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 107
  5 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク             96
  6 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム      86
  7 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード    78
  8 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス             74
  9 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ              70
 10 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ          68

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 61 pts
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             45
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             41
  4 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 40
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             38
  6 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      30
  7 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          24
  8 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 24
  9 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム      15
 10 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            14

個人総合新人賞
  1 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ         81.29.37   
  2 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  2.11
  3 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         16.33
  4 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    29.28
  5 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          32.15
  6 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              58.07
  7 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           58.59
  8 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア       1.24.19
  9 アーノルド・ジャネッソン   FRA  ケースデパーニュ         1.37.09
 10 ダリオ・カFタルド       ITA  クイックステップ         1.39.00

チーム総合成績
  1 アスタナ          243.20.21   
  2 チームコロンビア・ハイロード  24.21
  3 ディキジョバンニ        24.35
  4 リクイガス           30.35
  5 ランプレN.G.C          56.27
m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ENG] トーレス、リバプールと契約延長(2013+1年まで)

[UEFA.COM] トーレスがリバプールとの新契約に合意
  リバプールFCは28日、スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(25)が内容の改善された新契約に合意したと発表した。これを受けて、ラファエル・ベニテス監督は「クラブの全関係者を勇気づけるメッセージになる」と喜びを語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

[Giro 2009] 第18ステージ結果

レース展開
  第18ステージはスルモナからベネヴェントの182km。序盤の山岳ポイントを超えた後は、基本的に平坦なコース。
 ステージ優勝狙いの逃げのメンバーと、スプリンター達の争いが予想される。総合争いに関しては一休みと
 言ったところか。

  山岳を過ぎたところで25人のメンバーが先頭集団を形成、ポポヴィッチ、スカルポーニ、ヴィスコンティらの
 実力者が含まれているとは言え、メンショフとの差が10分以上あるためラボバンクは静観。最大6分以上の差が 
 ついたものの、メイン集団もペースアップ。残り30kmの地点で先頭と集団の差は3分18秒、残り20kmで2分42秒と
 徐々に差はつまってはいるものの、追いつけるかは微妙な展開。

  残り15km手前でグラボフスキーがアタック、カルデナス、スカルポーニら8人が先行することに成功する。
 残り10km、先頭8人と後続17人の差は30秒、メイン集団はラボバンクの引きで完全に静観。残り5km手前で
 バクとカルデナスが抜けだし、ペイトとマッカート二ーが追いつく。さらにスカルポーニ、デヴェナインス、
 そしてグラボフスキーも追いつき、7人での優勝争いとなる。残り1kmを切った辺りで、デヴェナインスが
 アタック、しかし最後で息切れ。ペイトのスリップに入ったスカルポーニが抜け出して先頭でゴール、
 ステージ2勝目をあげた。総合争い勢は1分17秒遅れでの集団ゴールとなり、大勢に影響は無し。

ステージ成績
  1 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ         4.07.41  
  2 フェリック・カルデナス    COL  バルロワールド            ST
  3 ダニー・ペイト        USA  ガーミン・スリップストリーム     ST 
  4 ラルス・バク         DEN  サクソバンク             ST
  5 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                 0.06
  6 ドリス・デヴェナインス    BEL  クイックステップ          0.20
  7 ジェイソン・マッカート二ー  USA  サクソバンク            0.24
  8 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 0.37
  9 アレッサンドロ・ベルトリーニ ITA  ディキジョバンニ          0.39
 10 ブリエーレ・ボシシオ     ITA  LPRブレーク             0.42
 15 トマ・ヴォクレール      FRA  Bbox ブイグテレコム         0.42
 16 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          0.42
 20 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    1.17
 22 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              1.17
 27 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             1.17
 28 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             1.17
 29 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             1.17
 30 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          1.17
 31 トーマス・フォーテン     GER  チームミルラム           1.17
 33 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            1.17
 34 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.17
 35 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             1.17
 36 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    1.17
 37 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 1.17
 38 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              1.17
 39 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          1.17
 42 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        1.17
 46 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.17
 52 ヤネス・ブライコヴィッチ   SLO  アスタナ              1.17
 62 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.17
 66 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              1.17
 72 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ          1.17

個人総合成績
  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク           76.40.02  
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             0.26
  3 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             2.00
  4 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             3.28
  5 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      3.30
  6 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              4.32
  7 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    7.05
  8 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 8.03
  9 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        9.58
 10 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C           10.33
 11 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          11.09
 12 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              12.17
 13 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              14.03
 14 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          14.34
 15 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ          14.44

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク             146 pts
  2 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク             113
  3 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             103
  4 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 101
  5 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク             96
  6 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード     78
  7 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ           68
  8 ミケーレ・スカルポーニ   ITA  ディキジョバンニ           64
  9 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス              62
 10 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム       61

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 61 pts
  2 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 39
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             39
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             37
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             28
  6 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          24
  7 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 24
  8 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      15
  9 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム      15
 10 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            14

個人総合新人賞
  1 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ         76.54.36   
  2 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  2.09
  3 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         15.14
  4 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          20.44
  5 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    24.50
  6 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           43.26
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              48.42
  8 ダリオ・カFタルド       ITA  クイックステップ         1.22.43
  9 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア       1.23.00
 10 アーノルド・ジャネッソン   FRA  ケースデパーニュ         1.36.53

チーム総合成績
  1 アスタナ           229.35.11   
  2 チームコロンビア・ハイロード   17.12
  3 ディキジョバンニ         23.52
  4 リクイガス            29.57
  5 ランプレN.G.C           54.18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] クイーンズブレイド #09

第9話 赤心~武器屋と鋼鉄姫  [公式サイト]

コメント
  いやいや、その胸で剣を鍛えられてもなぁと言う狙ったカットでのアバンから入るのが分かってる作品なん
 ですが。若いけど年増なユーミルさんが頑張って戦っております。高いところで高笑いって間抜けっぽいよね。
 レイナさん、いきなり聖乳こぼしてますが…、鬼です。なんか、エキドナさんが子供をいたぶって楽しんでます。
 ケルタン君の活躍で、ユーミルさんは退散。カトレアさんと縁のある剣ですか。しかし、ナナエルさん、山羊の
 乳を継ぎ足しって、やっぱバカだなぁ。しかし巨人殺しって怖い通り名だなぁ。しかし、ユーミルさんよっぽど
 ヘビが嫌いなんだろうなぁ。しかし、オレンジ味とかグレープ味とか、イチゴ味とか、そんなミルク飲みたいか。
 トモエさんの元にリスティさんが現れてるし…、少しずつ集まってきたなぁと言うAパート。

  ダンナに逃げられたカトレアさんって辛い立場だねぇ。しかしエキドナさんに嫌みを言われるレイナさんって
 まだまだ甘チャンだよね…。それはいいとして、エキドナさんはレイナさんに何をしようとしてるんでしょうか。
 しかも、最後のお楽しみって…。そしてようやくカトレアの元へ登場するユーミン。レイナさん、知らない間に
 裸に剥かれていたようです。しかし、レイナさんが引きずるって、どんな大きな剣ですか…。いや、剣もすごい
 けどパワーも飛んでもないなぁ、と言うBパート。しかし、なぜ負けたユーミルの方が高飛車…。いやいや、
 プレーンな乳を補填したからと言って、問題が解決したとは思えないんだけどなぁ(笑) そしてトモエ&
 リスティと出会って、次回へ続く。来週から物語が少しは動くかな…。

次回予告
  バトルも白熱ですが、レイナさんも大変な事になってしまうようです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[ITA] ジエゴ、ユベントスへ移籍(2014年まで)

[UEFA.COM] ユベントスがジエゴ獲得
  名前:ジエゴ(23)
  FROM:ブレーメン
   TO:ユベントス
  年数:5年契約(2014年まで)
 移籍金:
  備考:2450万ユーロ(約32億円)

  いい選手だとは思うけど、司令塔って言うプレイスタイルは使い方が難しい気がするんだが、特にイタリアでは。ジダンの再来を願っているのかもしれないけど、ちょっとフィジカル足りないんじゃないかなぁ…、これから鍛えるのかもしれないけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

[CL08/09] FINAL:バルセロナ v マンU

応援しているチーム同士の戦いってのは、見るのに困りますね(笑)

スタジアム
  スタディオ・オリンピコ  ローマ
  気温:23度  湿度:71%  ピッチ:乾燥  天候:快晴

試合結果
  バルセロナ 2 - 0 マンU  バルサ、CL2回目の優勝

主審
  マッシモ・ブサッカ

ラインナップ

 

バルセロナ
   14 アンリ     10 メッシ     09 エトゥ

        08 イニエスタ    06 シャビ

            28 ブスケシュ

  16 シウビーニョ  03 ピケ  24 トゥーレ  05 プジョル(C)

            01 バルデス
  サブ:
    13 ピント  02 カセレス  07 グジョンセン  11 ボヤン  15 ケイタ
    27 ペドロ  46 ムニエサ
  監督:
    ジョゼップ・グアルディオラ

 

マンU
   10 ルーニー    09 ロナウド    13 パク

        11 ギグス(C)     08 アンデルソン

            16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ  22 オシェイ

              01 Vサール
  サブ:
    29 クスチャク  09 ベルバトフ  17 ナニ  18 スコールズ  21 ラファエル
    23 エヴァンス  32 テベス
  監督:
    アレックス・ファーガソン

前半:試合展開
 02 MAU SOG:左FK:ロナウドS                  ☆GKセーブ
 02 MAU SB :こぼれ中パクS                    ※DFクリア(CK)
 03 MAU S  :左CK:→ルーニー中S                 枠左
 07 MAU S  :ロナウド中ミドルS                   枠右
 09 MAU S  :エブラ左→ロナウド中S                ※枠右
 10 BAR SOG:イニ中→エトゥ中ドリブルS            GOAL★BAR 1-0 MAU
 14 MAU OFF:中→ギグス                       オフサイド
 16 BAR ▲YC:ピケ、ロナウドを妨害               CARD▲ピケ
 17 MAU S  :右FK:ギグスS                    枠上
 19 BAR S  :エトゥ右→メッシ中ミドルS               枠上
 20 MAU S  :ロナウド中ミドルS                   枠右
 21 BAR    :バルデス、パクと接触して負傷
 21 BAR    :シュート2本、枠内1本
 21 MAU    :シュート7本、枠内6本
 23 MAU    :左CK:ルーニー→ロナウド中HS            枠上
 27 BAR S  :左FK:シャビS                   ※枠左
 33 MAU    :エブラ左クロス                     GKキャッチ
 35 BAR    :トゥーレ中→プジョル右クロス              DFクリア(CK)
 35 BAR    :右CK:シャビ→
 36 BAR    :左CK:シャビ→
 45 BAR    :メッシ左ドリブル、クロス                GKセーブ
 +1 BAR    :イニ中→アンリ                     あわず

前半:コメント
  マンUが開始直後から猛攻をかけたが、先制点を奪えず。逆に防戦一方だったたバルサが、エトゥの
 ゴールで一気にペースを掴む。ただ、中盤でのボール回しは出来るものの、前線での効果的なドリブル
 やパスが相手に防がれ決定機を作ることが出来ず。チャンスがロナウドのFKやミドルSだけという
 のは序盤の攻勢を考えると納得出来ない結果だろう。攻撃のリズムを変えるという意味でベルバトフの
 投入はあるかもしれないが、彼のプレイスタイルを考えると使いづらい面もあるか。ファンデルサールが
 悪くはないものの最高ではない出来なのが気になるところではある。

  一方、支配率54%、パス機会がほぼ互角とバルサらしくない展開ながら、唯一のエトゥのチャンスを
 活かして先制、それでようやく目が覚めた感はある。マンUの激しいプレスをシャビとイニエスタが
 かいくぐり、中央のメッシが下がってゲームの組み立てに関わる。いつもとは若干異なる展開ながら、
 うまく試合を運んだと言える。バルデスの負傷と、先制して守りに入らないかという点が、若干
 気がかりではあるが、いつものバルサならば攻めの姿勢を続けてくれるはず。逆にここで守りに入る 
 ようだと相手の逆襲を許すことになるだろう。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  1   4   1   3   3  54   1   0   0
      マンU  0   8   1   2   3   46   0   0   1

後半:試合展開
 46 MAU 交代1:アンデルソン(OUT)、テベス(IN)
 49 BAR SOG:シャビ→アンリ左ドリブル、切り返してS        ☆GKセーブ
 50 BAR    :エトゥ右クロス→メッシ                ※あわず
 52 BAR    :イニ中ドリブル、エリア前で倒れる            ファール
 53 BAR SOG:中FK:シャビS                   ☆右ポスト
 54 MAU    :ルーニー右クロス                    DFクリア(CK)
 56 MAU    :ルーニー右クロス→ロナウド、パク            あわず
 63 MAU    :テベス中→ルーニー右クロス               DFクリア(CK)
 63 MAU    :右CK:ギグス                     あわず
 66 BAR SOG:アンリ左ドリブルS                   GKキャッチ
 66 MAU 交代2:パク(OUT)、ベルバトフ(IN)
 69 MAU    :右CK:ギグス→                    DFクリア
 70 BAR SOG:シャビ右クロス→メッシ中HS           GOAL★BAR 2-0 MAU
 72 BAR 交代1:アンリ(OUT)、ケイタ(IN)、イニが前へ
 72 MAU SOG:右クロス→ギグス→ロナウド左S            ☆DFブロック(CK)
 74 BAR    :右FK:シャビ→プジョル中HS             GKキャッチ
 75 MAU 交代3:ギグス(OUT)、スコールズ(IN)
 78 MAU ▲YC:ロナウド、プジョルを突き飛ばす          CARD▲ロナウド
 80 BAR SOG:イニエスタ左ドリブルS                 GKキャッチ
 80 MAU ▲YC:スコールズ、ブスケシュにタックル         CARD▲スコールズ
 85 BAR SOG:中→プジョル右S                   ☆GKセーブ
 85 MAU OFF:スコールズ中→ルーニー中                オフサイド
 87 MAU S  :右CK:→ベルバトフ中HS               枠上
 88 MAU    :中フィード→テベス                   Tミス
 +1 MAU    :ルーニー左クロス                    GKキャッチ
 +2 BAR 交代2:イニエスタ(OUT)、ペドロ(IN)
 +3 MAU ▲YC:ビディッチ、メッシを倒す             CARD▲ビディッチ

後半:コメント

  後半に入ってもバルサ優勢の試合展開は変わらず。テベス、ベルバトフを投入して攻撃のリズムを
 変えようとするマンUだがうまくいかず。そんな中、シャビとメッシに一瞬の隙を突かれて、2点目、
 これでバルサの勝利はほぼ決まったと言ってよい。ロナウドは持ち味を全く出せず、ルーニーやパクは
 守備に追われて攻撃に絡めず。プレスをかけてもバルサのパスワークにうまくかわされる。ただ、
 メッシに追加点を奪われるまでは1対0で推移したのだから、さほど悪い展開だった訳ではない。
 勝負の世界にもしはないが、ロナウドのFKが決まっていたら逆の展開になっていた可能性も充分に
 あった。マンUは健闘したが、バルサが彼らを上回ったと言える。

  両サイドバックのスタメン不在、負傷者続出という追い詰められた状況の中、守備の不安を感じさせない
 展開だった。後半に入って枠内シュートを6本。シャビのFKやアンリのシュートなど、決定機も前半より
 増えて、まさに自分たちの攻撃サッカーでマンUを押し切った印象がある。負傷が心配されたイニエスタや
 アンリも全く問題ないプレイ。特にイニエスタは前線へのドリブルで何度もチャンスを作った。バルデスも
 パクと接触した影響もなくプレイ、まあ後半はマンUにロナウドのシュート以外の決定機が無かったという
 面も大きいが。特に後半は自分たちの持ち味を出し切って、マンUを押し切った。チェルシー戦を見たとき
 にはコンディションが心配されたが、この日の試合に関しては完璧だった。

  開幕前の2強が順当に決勝に勝ち上っての決勝と言うのも珍しいが、両チームともしっかりと攻めの試合
 を見せたという意味で、決勝らしかぬ実に見応えのある試合だった。全員が持ち味を出し切ったバルサに
 対し、攻撃勢がうまく抑えられたマンUと言う面はあったにせよ、それでも実に面白い試合だったと思う。
 どちらが勝ってもシーズン全体を通してみれば、ふさわしいチームだったと思う。来季に関しても、バルサと
 マンUを中心としてプレミア勢を軸に欧州王座を争うことになるはず。ここまでの強さを見せてくれたバルサ
 には、是非ともCL初の連覇を期待したい。ただ、この強いバルサの勇姿がCWCで見れないというのは、
 残念ではあるが。

スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  2   11   8   4   7  52   1   0   2
      マンU  0   12   2   7  10   48   3   0   5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 第17ステージ結果

ペッリゾッティもすごかったけど、ディルーカの追い上げもすごいと思うよ。

レース展開
  休息日明けとなる第17ステージはキエティからブロックハウスまでの83km。距離は短いが残り24kmから
 最大勾配13%、平均6.9%と永遠と登り続ける山岳ステージ。これでも山頂に雪があったためゴール地点を
 下げたというのだから驚きである。

  スタートから10km付近でヴォクレールがアタック、ヴィスコンティらを含む10人での先頭集団を形成する。
 メイン集団はLPRを先頭に追走する。さらなる逃げも出て追走集団が形成されるが、メイン集団のペース
 アップで吸収。33km地点で先頭とメイン集団の差は2分20秒。山岳賞2位のグリムコが落車に巻き込まれて
 遅れるが、程なく復帰する。スプリントポイントでの先頭と集団の差は2分48秒。

  上りでヴォクレール、キアリーニが遅れる。一方、メイン集団からシュミットとペッリツォッティが
 抜けだし、それにランスが追走する。メイン集団からディルーカがスパート、メンショフは追走するが、
 サストレ、ライプハイマーは遅れる。残り9km付近でトップはペッリツォッティ、30秒程度の遅れで
 ディルーカ、メンショフ、ガルゼッリ、バッソの4人、先頭から1分秒遅れてサストレ、ランス、シュミット、
 シモーニが続く。残り5kmの地点で、先頭とディルーカの差は39秒、サストレ達との差は62秒。

  ペッリゾッティはどんどんペースをあげて後続との差をつける。残り3kmを過ぎたところで、ディルーカ達
 の集団は51秒、サストレ達のの差は89秒。そして追走グループからディルーカがスパート、メンショフが
 マークするがバッソ、ガルゼッリは遅れる。結局ペッリゾッティが逃げ切って先頭でゴール。第2位には
 一旦遅れたものの追い付いたガルゼッリ、それに続くディルーカが3位。メンショフはディルーカに5秒遅れ
 の4位でのゴールとなった。サストレは1分59秒遅れでのゴールとなり、総合争いからは大きく後退した。

ステージ成績
  1 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス  2.21.06   
  2 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  0.42
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク              0.43
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク              0.48
  5 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              0.57
  6 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C             1.54
  7 シルヴェスタ・シュミット   POL  リクイガス              1.55
  8 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード     1.59
  9 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム       1.59
 10 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               1.59
 11 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               1.59
 12 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル         1.59  
 13 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ           2.05
 14 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  2.09
 15 カンスタンティン・シウトソウ BLR  チームコロンビア・ハイロード     2.17
 17 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ           2.17
 19 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ           2.17
 21 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ           3.48
 22 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ           4.15
 23 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           4.15
 27 ヤネス・ブライコヴィッチ   SLO  アスタナ               5.18
 28 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ               5.27
 39 イェンス・フォイクト     GER  サクソバンク             5.27

個人総合成績
  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク           72.28.24  
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             0.26
  3 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             2.00
  4 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             3.28
  5 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      3.30
  6 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              4.32
  7 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    7.05
  8 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 8.03
  9 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        9.58
 10 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C           10.33
 11 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          11.09
 12 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              12.17
 13 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ          14.44
 14 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              16.43
 15 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          17.24

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             146 pts
  2 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             113
  3 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             103
  4 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 101
  5 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             96
  6 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード     78
  7 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ           68
  8 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              62
  9 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム       61
 10 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               60

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 61 pts
  2 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 39
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             39
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             37
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             28
  6 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          24
  7 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 19
  8 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      15
  9 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム      15
 10 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            14

個人総合新人賞
  1 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ         72.45.48   
  2 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  2.07
  3 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         12.24
  4 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          17.54
  5 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    24.40
  6 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           40.04
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              49.05
  8 ダリオ・カFタルド       ITA  クイックステップ         1.19.53
  9 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア       1.20.10
 10 ブレーズ・ソンネリー     FRA  アージェードゥーゼル       1.33.07

チーム総合成績
  1 アスタナ          217.06.10
  2 チームコロンビア・ハイロード  16.47
  3 ディキジョバンニ        25.14
  4 リクイガス           26.04
  5 ランプレN.G.C          51.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[NED] ヨル氏、アヤックス監督に就任

[UEFA.COM] アヤックス新監督がヨル氏に決定
  名前:マルティン・ヨル氏(53)
  FROM:ハンブルガーSV
   TO:AFCアヤックス
  年数:不明
 移籍金:
  備考:

 地元とは言え都落ちの感は否めないなぁ。いい監督だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[GER] ゴメス、バイエルンへ移籍

[GOAL.COM] ゴメス、バイエルンとの交渉が最終段階に
  名前:マリオ・ゴメス(23) 独代表DF
  FROM:シュトゥットガルト
   TO:バイエルン
  年数:交渉中
 移籍金:3000万ユーロ(約39億8500万円)
  備考:

 まあ、予想通りの移籍ですが、ますますFCハリウッドですなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ESP] セビージャ、ヒメネス監督、続投

[UEFA.COM] セビージャ、ヒメネス監督が続投
  セビージャFCは、マノロ・ヒメネス監督との契約を1年延長した。リーグ3位を確保し、来季のUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ出場権を獲得したことが評価された。

 現実目標として3位は妥当な成績ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 6月の新番組(CS)

メインは充電ちゃんとガンダムOOかなぁ…。

AT-X
 ファイト一発!充電ちゃん!!             ■2009年6月25日(木)8:00スタート■
 PEACE MAKER 鐵                  ■2009年6月10日(水)10:30スタート■
 アニメ女子部「ウルフズレイン」          ■2009年6月5日(金)9:30スタート■
 君が望む永遠~Next Season~            ■2009年6月14日(日)25:00ほか■
 アカネマニアックス                ■2009年6月28日(日)25:00ほか■
 こぐまのミーシャ                 ■2009年6月15日(月)6:00スタート■
 ドルアーガの塔~the Sword of URUK~        ■2009年6月4日(木)6:00スタート■
 ネットゴーストPIPOPA               ■2009年6月17日(水)7:00スタート■
 乃木坂春香の秘密                 ■2009年6月19日(金)13:00スタート■
 恋姫†無双                    ■2009年6月19日(金)13:30スタート■
 Canvas2~虹色のスケッチ~             ■2009年6月20日(土)10:00スタート■
 らき☆すたOVA                   ■2009年6月21日(日)26:00ほか■
 星界の戦旗III                   ■2009年6月25日(木)10:00スタート■
 ef-a tale of melodies.              ■2009年6月28日(日)6:00スタート■
 劇場版サイレントメビウス             ■2009年6月7日(日)26:00ほか■
 劇場版サイレントメビウス2             ■2009年6月14日(日)26:00ほか■

ANIMAX
 もやしもん  アニマックス初  6/3(水)スタート  毎週水曜 夜10:00~10:30 LEVEL22にて、深夜3:00~3:30
                           毎週木曜 午後2:00~2:30
 悪魔くん            6/22(月)スタート 毎週月曜~金曜 夕方4:00~4:30、夜9:00~9:30、夜11:00~11:30
                 6/27(土)スタート 毎週土曜 午後7:00~8:00 2話連続放送
                ※6/21(日)午前11:00~ サンデースペシャルで4話先行放送
 BLOOD THE LAST VAMPIRE      6/6(土) 夜10:00~11:00 
                 6/28(日) 夜9:00~9:55 ビッグサンデーズ にて
 ストレンヂア 無皇刃譚      6/14(日) 夜9:00~11:00 ビッグサンデーズ にて
                 6/20(土) 深夜0:00~2:00 ミッドナイトシアター にて
 劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 6/21(日) 夜9:00~10:45 ビッグサンデーズ にて
                     6/28(日) 午前11:00~0:45 サンデースペシャル にて
 怪童丸             6/28(日) 夜9:55~10:50 ビッグサンデーズ にて
 東京国際アニメフェア2009 劇場アニメ最速レポート 6/21(日) 午後1:00~1:30、夜11:00~11:30
 遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ 6/3(水)スタート   毎週月曜~金曜 朝6:30~7:00
 世界名作劇場 こんにちは アン ~Before Green Gables  6/7(日)スタート   毎週日曜 朝10:30~11:00
 鉄腕バーディーDECODE:02    * 放送時間 6/8(月)スタート   毎週月曜~金曜 夜9:30~10:00
 ガラスの仮面 ガラスの仮面  * 放送時間 6/10(水)スタート   毎週月曜~金曜 昼0:00~1:00
 東京魔人學園剣風帖 龖 第弐幕 * 放送時間 6/10(水)スタート   毎週月曜~金曜 深夜2:30~3:00
 赤毛のアン          * 放送時間 6/13(土)スタート   毎週土曜 夜8:00~9:00
 黒執事            * 放送時間 6/13(土)スタート   毎週土曜 夜10:00~11:00
 ちびまる子ちゃん       * 放送時間 6/16(火)スタート   毎週月曜~金曜 夕方5:30~6:00
 MONSTER            * 放送時間 6/18(水)スタート   毎週月曜~金曜 深夜2:00~2:30
 カウボーイビバップ      * 放送時間 6/19(金)スタート   毎週月曜~金曜 深夜0:00~0:30
 蒼天の拳           * 放送時間 6/19(金)スタート   毎週月曜~金曜 深夜1:30~2:00
 地獄少女 三鼎        * 放送時間 6/20(土)スタート   毎週土曜 夜9:00~10:00

キッズステーション

 ペンギンの問題         6月7日(日)放送スタート(週替り)
                  毎週(日)夕方5:00~(2話連続)
                  毎週(土)あさ6:30~(2話連続)
 デュエル・マスターズ ゼロ     毎週(日)夕方4:30~
                  毎週(土)あさ6:00~
 デュエル・マスターズ GATE   毎週(日)夕方4:55~
                  毎週(水)あさ6:25~、夜7:25~
                  毎週(土)あさ6:25~
 シュガーバニーズ フルール   6月5日(金)放送スタート(週替り)
                  毎週(金)あさ8:00~、あさ10:00~
 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) セカンドシーズン  6月12日(金)放送スタート(週替り)
                             毎週(金)夜11:00~、深夜3:00~(2話連続放送)

 ごくせん            6月22日(月)放送スタート(週替り)
                   毎週(月)夜11:00~、深夜3:00~(2話連続放送)
 イタズラなKiss(日替り)                 6月23日(火)スタート!
                             毎週(月~金)ひる2:00~、明朝5:00~
 宇宙海賊キャプテンハーロック(週替り 2話放送)      6月11日(木)スタート!
                               毎週(木)夜11:00~、深夜3:00~
 うっかりペネロペ Penelope tete en l'air(日替り 2話連続)6月 8日(月)スタート!
                             毎週(月~木)あさ8:00~、あさ10:00~
 カタカナ カンタン!(週替り)              6月11日(木)スタート!
                              毎週(木)ひる3:45~
 環境超人エコガインダー(日替り)             6月30日(火)スタート!
                             毎週(月~木)あさ8:00~、あさ10:00~
 ガンバの冒険(週替り 2話連続)              6月14日(日)スタート!
                               毎週(日)夜8:00~
 キャッツ・アイ(日替り)                 6月15日(月)スタート!
                             毎週(月~金)夜10:30~、深夜2:30~
 ゼロ デュエル・マスターズ(週替り)           6月28日(日)スタート!
                               毎週(日)夕方4:30~
 逮捕しちゃうぞ フルスロットル(週替り 2話連続)     6月 9日(火)スタート!
                               毎週(火)夜11:00~、深夜3:00~
 ぽかぽか森のラスカル(日替り)              6月 2日(火)スタート!
                               毎週(火~金)あさ8:15~
 本マグロトロ太郎(日替り)                6月11日(木)スタート!
                               毎週(火~金)あさ8:26~
ファミリー劇場
 TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」   6/20(土)放送開始 初回放送(土)8:00~9:00  再放送:(月)19:00~
 TVアニメ「ハゼドン」(2話連続)    6/15(月)放送開始 (月)~(木)6:30~7:00

TBSチャンネル
 ロミオ×ジュリエット        【初回】6/19から毎週(月)-(金)午後6:00~午後6:30 ※6/26は休止
                    【再】6/22から毎週(月)-(金)午前8:00~午前8:30 ※6/29は休止


テレ朝チャンネル

 も~っと!おジャ魔女どれみ     6月 1日(月)スタート■毎週月曜日 午後6:00~7:00[2話連続]
                   6月 6日(土)スタート■毎週土曜日 午前9:00~10:00[2話連続]
                   6月22日(月)スタート■毎週月曜日 あさ5:30~6:30[2話連続]
 ユメミル、アニメ onちゃん      6月1日(月)スタート■毎週月~土曜日 午前8:55~9:00(6/30最終回)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

[ITA] モウリーニョ監督、契約延長(2012年まで)

[UEFA.COM] モウリーニョ監督がインテルとの契約を1年延長
  FCインテル・ミラノのジョゼ・モウリーニョ監督が、同クラブと1年の契約延長を結び、2012年6月までイタリア王者の指揮を執ることになった。

 スクデットと言う最低限のノルマは果たしたということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[GER] フェー氏、ボルクスブルグ監督に就任

[UEFA.COM] ボルフスブルク新監督にフェー氏
  名前:アルミン・フェー氏(48)
  FROM:無所属(シュツットガルト)
   TO:ボルクスブルグ
  年数:2年契約(2011年まで)
 移籍金:
  備考:スポーティングディレクターと役員も兼任

 まあ、優勝経験があるんだから悪い監督ではないんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/25

[Serie A 08/09] 第37節結果(メモ)

Ultimo turno - 37^ Giornata

 20/5/2009
     Lazio ○1 - 0  Reggina  
 24/5/2009
   Atalanta △2 - 2△ Palermo  
   Cagliari ○2 - 1  Inter   
    Catania ○3 - 1  Napoli   
    Chievo △0 - 0△ Bologna  
     Lecce △1 - 1△ Fiorentina 
     Milan  2 - 3○ Roma    
   Sampdoria △2 - 2△ Udinese  
     Siena  0 - 3○ Juventus  
    Torino  2 - 3○ Genoa   

Classifica

  P Team       Pt  G  V  N  P  GF  GS  GD     08/09
 ----------------------------------------------------------------------------------
 CH Inter       81  37  24  9  4  66  29  37  1→  [CL]
  2 Milan       71  37  21  8  8  68  35  33  2→  [CL-P]
  3 Juventus     71  37  20  11  6  67  37  30  3→  [CL]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  4 Fiorentina    68  37  21  5  11  53  36  17  4→  [CL-P]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  5 Genoa       65  37  18  11  8  52  38  14  5→  [EL-P]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  6 Roma       60  37  17  9  11  61  59  2  6→  [EL-3]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  7 Palermo      56  37  17  5  15  55  48  7  7→ 
  8 Udinese      55  37  15  10  12  55  48  7  8→ 
  9 Cagliari     53  37  15  8  14  47  44  3  9→ 
 10 Lazio       50  37  15  5  17  46  53  -7 10→  [EL-P]
 11 Atalanta     47  37  13  8  16  42  44  -2 11→ 
 12 Sampdoria     45  37  11  12  14  47  50  -3 12→ 
 13 Napoli      43  37  11  10  16  40  45  -5 13→ 
 14 Catania      43  37  12  7  18  40  48  -8 15△ 
 15 Siena       43  37  12  7  18  32  43 -11 14▼ 
 16 Chievo      38  37  8  14  15  35  46 -11 16→ 
 17 Bologna      34  37  8  10  19  40  61 -21 18△ 
 ----------------------------------------------------------------------------------
 18 Torino      34  37  8  10  19  35  58 -23 17▼ 
 19 Lecce       30  37  5  15  17  36  63 -27 20△  [Retrocesso]
 20 Reggina      30  37  6  12  19  29  61 -32 19▼  [Retrocesso]

CL本戦争い
  Fiorentina - Milan   15:00
# 直接対決(Fio 0-1 Mil)■(Juv 1-0/1-1 Fio)■(Juv 4-2/1-1 Mil)
# ユーベは3位以上確定
# ヴィオラが2点差以上で勝てば逆転、ミランは引き分け以上で本戦出場
# ヴィオラ1-0の場合は?

残留争い
   Bologna - Catania  15:00
     Roma - Torino  15:00
# 直接対決(Bol 5-2/1-1 Tor)
# ポイントが同じ場合はボローニャ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 第16ステージ結果

レース展開
  第16ステージは、「最も重要なステージ」の前評判が高い、総合優勝に大きく影響するコースレイアウト。
 ペルゴラからモンテ・ペトラーノまでの237kmの長さに加え、2級山岳と1級山岳を2つ越え、ラストは平均勾配8%、
 最大13%のモンテ・ペトラーノを登る山頂フィニッシュという非常にタフなコース。休息日前と言う事もあり、
 レースに大きな動きがあることは避けられないか。この日も30度を超える熱さの中でのタフなレースが予想される。

  スタートから30kmほどで20人が抜け出し、結局18人の先頭グループを形成。逃げ集団にクネゴ、ポポヴィッチ、
 スカルポーニ、フォイクトらが含まれる。総合争いに絡むLPRとラボバンクも1人ずつ選手を送り込んでいる。
 上りに入って先頭集団は14人に減少、この14人が一つ目の峠を集団で通過、ラボバンクがコントロールする
 メイン集団は4分差で通過する。

  174km付近でスカルポーニとクネゴがスパート、追走していたポポヴィッチとボシシオがクネゴらに追いつき、
 4人で逃げる。メイン集団もペースアップ、2分40秒差で追走する。残り46km、2つめの山岳の上りに入った
 ところでクネゴがペースアップ、スカルポーニが一旦遅れるが、どうにか復帰。そしてメイン集団でも新人賞
 ジャージのロブクィフト、さらにシモーニ、ロジャースも遅れ始める。結局メイン集団は3分30秒程度の遅れで 
 ラス前の山頂を通過。

  下りでポポビッチがスパート、クネゴに13秒の差をつける。一方メイン集団ではライプハイマーがパンク、
 チームメイト2名に引かれて集団に復帰するが、このタイムロスは痛い。結局ポポビッチが先頭で最後の上り
 に入り、18秒差でクネゴ、36秒差でボッシオが続く。メイン集団は赤旗を提示するバイクにスピードをコントロール
 されてペースが上げられず、4分48秒差で最後の山頂へ上り始める。

  残り11km、集団からバッソがスパート、これを皮切りにレースが活性化する。一旦遅れたサストレだが、
 集団に復帰、そしてその足でスパートをかける。その後、ディルーカがアタックをかけ、メイン集団から、
 るもなかなか決まらず。しかし残り4kmでサストレがスパート、 サストレ、バッソ、メンショフ、ディルーカの
 4人が抜け出す形となる。

  サストレはどんどんペースアップ、。ディルーカとメンショフが牽制する間に、ぐんぐんと3人を引き離していく。
 残り3kmの地点で先頭ポポビッチとの差は40秒、バッソがサストレに26秒遅れで続き、ディルーカとメンショフが
 追走。結局サストレは残り2kmの手前でポポビッチをラクラクかわし、先頭でゴール。ディルーカとメンショフは
 バッソこそ捉えるもののサストレには25秒遅れでゴール、しかしゴール前スプリントでメンショフがディルーカに
 先行し、タイム差をつける事が出来た。ペッリツォッティはトップから1分21秒、ライプハイマーに至っては
 2分51秒もの差をつけられ、タイム差をつけられなかったバッソ共々、総合争いから大きく後退した感は否めない。
 ジャージ争いでは、新人賞のロヴクヴィストが24分遅れと大ブレーキ、ジャージを失うことになってしまった。

ステージ成績

  1 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      7.11.54  
  2 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク              0.25
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク              0.26
  4 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              0.29
  5 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  1.19
  6 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  1.21
  7 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              1.21
  8 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル         2.11
  9 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ           2.35
 10 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               2.51
 11 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               2.51
 12 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ           2.51
 15 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード     2.51
 17 ヤネス・ブライコヴィッチ   SLO  アスタナ               2.51
 18 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ               3.21
 19 セルジュ・パウエルス     BEL  サーヴェロ・テストチーム       3.39
 21 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C             3.54
 22 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                  4.20
 23 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C             5.01
 24 アレクサンドル・エフィムキン RUS  アージェードゥーゼル         6.31
 34 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ           13.12
 38 イェンス・フォイクト     GER  サクソバンク             13.12
 57 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ           13.12
 62 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     24.46

個人総合成績
  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク            70.06.30  
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク              0.39
  3 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム       2.19
  4 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              3.08
  5 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              3.19
  6 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               3.21
  7 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード     5.54
  8 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  8.21
  9 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ           8.39
 10 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル         8.47
 11 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C             9.27
 12 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               11.06
 13 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ               12.04
 14 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ           12.14
 15 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ           13.57
 16 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            14.29
 17 カンスタンティン・シウトソウ BLR  チームコロンビア・ハイロード     17.29
 18 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  18.10
 19 ヤネス・ブライコヴィッチ   SLO  アスタナ               21.03
 20 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット          24.37

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク            130 pts
  2 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             99
  3 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             96
  4 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 81
  5 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    78
  6 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             78
  7 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          68
  8 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              55
  9 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      54
 10 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             50
 11 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット         47
 12 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    47
 13 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            46
 14 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          39
 15 ロバート・ハンター      RSA  バルロワールド           37

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 51 pts
  2 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 39
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             33
  4 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             33
  5 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          24
  6 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 19
  7 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      15
  8 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム      15
  9 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            14
 10 フランチェスコ・デボニス   ITA  ディキジョバンニ          13
 11 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             13
 12 ルーベンス・ベルトリアーティ SWI  ディキジョバンニ          12
 13 ヘクトール・ゴンザレス    SPA  フジ・セルヴェット         11
 14 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          11
 15 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              8

個人総合新人賞
  1 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ         70.20.27  
  2 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  4.13
  3 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット          10.40
  4 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ           16.38
  5 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     17.02
  6 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド            27.34
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ               46.52
  8 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア        1.14.07
  9 ダリオ・カFタルド       ITA  クイックステップ          1.17.31
 10 アーノルド・ジャネッソン   FRA  ケースデパーニュ          1.21.33

チーム総合成績
  1 アスタナ          209.53.36   
  2 チームコロンビア・ハイロード  17.32
  3 ディキジョバンニ        25.19
  4 リクイガス           32.28
  5 ランプレN.G.C          44.17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2009] ランキング(第6戦まで)

ドライバーズ・ポイント
   1  22  ジェンソン・バトン      (ブラウン・メルセデス)    51  (10)    1→
   2  23  ルーベンス・バリチェッロ(ブラウン・メルセデス)    35  ( 8)    2→
   3  15  セバスチャン・ベッテル  (RBRルノー)               23          3→
   4  14  マーク・ウェーバー      (RBRルノー)               19.5( 4)    4→
   5   9  ヤルノ・トゥルーリ      (トヨタ)                  14.5        5→
   6  10  ティモ・グロック        (トヨタ)                  12          6→
   7   7  フェルナンド・アロンソ  (ルノー)                  11  ( 2)    8△
   8   4  キミ・ライッコネン      (フェラーリ)               9  ( 6)   13△
   9   1  ルイス・ハミルトン      (マクラーレン・メルセデス) 9          7▼
  10   3  フェリペ・マッサ        (フェラーリ)               8  ( 5)   12△
  11  16  ニコ・ロズベルグ        (ウィリアムズ・トヨタ)     7.5( 3)   10▼
  12   6  ニック・ハイドフェルド  (BMWザウバー)              6          9▼
  13   2  ヘイッキ・コバライネン  (マクラーレン・メルセデス) 4         11▼
  14  12  セバスチャン・ブエミ    (STRフェラーリ)            3         14→
  15  11  セバスチャン・ブルデー  (STRフェラーリ)            2  ( 1)   15→
# フェラーリ勢、順位アップ

コンストラクターズ・ポイント
   1  ブラウンGP・F1チーム                    86  (18)    1→
   2  レッドブル・レーシング                  42.5( 4)    2→
   3  パナソニック・トヨタ・レーシング        26.5        3→
   4  スクーデリア・フェラーリ・マールボロ    17  (11)    7△
   5  ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス  13          4▼
   6  INGルノーF1チーム                       11  ( 2)    5▼
   7  AT&Tウィリアムズ                        7.5( 3)    8△
   8  BMWザウバーF1チーム                      6         6▼
   9  スクーデリア・トーロ・ロッソ             5  ( 1)    9→
# フェラーリ、ウィリアムズがアップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREMERA Div. 08/09] 第37節結果(メモ)

RESULTADOS
 JORNADA 37. 23 y 24 de mayo de 2009
     R. Madrid  1 - 3○ Mallorca  
     Athletic  1 - 4○ Atlético  
     Barcelona  0 - 1○ Osasuna  
      Sevilla ○1 - 0  Deportivo 
    Valladolid  1 - 2○ Sporting  
     Almería   0 - 3○ Espanyol  
      Getafe ○1 - 0  Numancia  
    Villarreal ○3 - 1  Valencia  
      Málaga  △1 - 1△ Betis   
    Recreativo  0 - 1○ Racing   

Clasificacion
 ---------------------------------------------------------------------------------------
            PT  PJ  PG  PE  PP  GF  GC  GD       09/10
 ---------------------------------------------------------------------------------------
  1 F.C. Barcelona  86  37  27  5  5 104  34  70  1→ CL [CL]
  2 Real Madrid C.F. 78  37  25  3  9  82  50  32  2→   [CL]
  3 Sevilla F.C.   67  37  20  7  10  52  39  13  3→   [CL]
 ---------------------------------------------------------------------------------------
  4 At. de Madrid   64  37  19  7  11  77  57  20  4→   [EL-P]
 ---------------------------------------------------------------------------------------
  5 Villarreal C.F.  62  37  17  11  9  58  52  6  6△   [EL-P]
  6 Valencia C.F.   59  37  17  8  12  66  54  12  5▼   
 ---------------------------------------------------------------------------------------
  7 R.C. Deportivo  57  37  16  9  12  47  46  1  7→ 
  8 Málaga C.F.    55  37  15  10  12  55  56  -1  8→ 
  9 R.C.D. Mallorca  51  37  14  9  14  51  57  -6  9→ 
 10 U.D. Almería   46  37  13  7  17  45  58 -13  10→   
 11 Real Racing Club 45  37  12  9  16  48  47  1  12△ 
 12 R.C.D. Espanyol  44  37  11  11  15  43  49  -6  14△ 
 13 Ath. Club Bilbao 44  37  12  8  17  47  60 -13  11▼   [EL-P]
 14 R. Valladolid D. 42  37  12  6  19  45  57 -12  13▼ 
 15 Getafe C.F.    41  37  10  11  16  49  55  -6  16△ 
 16 Real Betis B. S. 41  37  10  11  16  50  57  -7  15▼ 
 17 Real S. de Gijón 40  37  13  1  23  45  78 -33  17→ 
 ---------------------------------------------------------------------------------------
 18 C. At. Osasuna  40  37  9  13  15  39  46  -7  18→ 
 19 C.D. Numancia   35  37  10  5  22  38  67 -29  19→   [Degradación]
 20 R.C.R. de Huelva 33  37  8  9  20  33  55 -22  20→   [Degradación]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/24

[PL08/09] 最終節ライブテキスト

最終節試合日程 

 Sunday, 24 May 2009

      Sunderland v Chelsea        , 16:00   残留争い
            Hull v Man Utd        , 16:00   残留争い
     Aston Villa v Newcastle      , 16:00   残留争い
        West Ham v Middlesbrough  , 16:00   残留争い
          Fulham v Everton        , 16:00   EL争い
       Liverpool v Tottenham      , 16:00   EL争い
         Arsenal v Stoke          , 16:00   
       Blackburn v West Brom      , 16:00
        Man City v Bolton         , 16:00
           Wigan v Portsmouth     , 16:00

EL争い
   7  Fulham           37   53    7   vs Everton
  -------------------------------------------------
   8  Tottenham        37   51    2   at Liverpool

残留争い

  16  Sunderland       37   36  -19   vs Chersea
  17  Hull             37   35  -24   vs Man Utd
  -------------------------------------------------
  18  Newcastle        37   34  -18   at Aston Villa
  19  Middlesbrough    37   32  -28   at West Ham

前半:試合展開
  00               7)FUL 54(7)     8)TOT 52(2)
  00              16)SUN 37(-19)  17)HUL 36(-24)  18)NCU 35(-18)  19)MID 33(-28)
  25  MAU GOL:ギブソン左ミドルS                          HUL 0-1 MAU
  25              16)SUN 37(-19)  17)NCU 35(-18)  18)HUL 35(-25)  19)MID 33(-28)
  35  WHM GOL:コールS                                    WHM 1-0 MID
  35              16)SUN 37(-19)  17)NCU 35(-18)  18)HUL 35(-25)  19)MID 32(-29)
  35  LIV GOL:トーレスS                                  LIV 1-0 TOT
  35               7)FUL 54(7)     8)TOT 51(1)
  38  AVI GOL:バリーS                                    AVI 1-0 NCU
  38              16)SUN 37(-19)  17)HUL 35(-25)  18)NCU 34(-17)  19)MID 32(-29)
  45  EVE GOL:オズマンS
  45               7)FUL 53(6)     8)TOT 51(1)

前半終了時の順位

     7)FUL 53(6)     8)TOT 51(1)
    16)SUN 37(-19)  17)HUL 35(-25)  18)NCU 34(-17)  19)MID 32(-29)

後半:試合展開

  47  CHE GOL:アネルカ中ミドルS                          SUN 0-1 CHE
  47              16)SUN 36(-20) 17)HUL 35(-25)  18)NCU 34(-17)  19)MID 32(-29)
  50  MID GOL:オニールS                                  WHM 1-1 MID
  50              16)SUN 36(-20)  17)HUL 35(-25)  18)NCU 34(-17)  19)MID 33(-28)
  53  SUN GOL:左CK:→こぼれ→リチャードソン右S        SUN 1-1 CHE
  53              16)SUN 37(-19)  17)HUL 35(-25)  18)NCU 34(-17)  19)MID 33(-28)
  58  WHM GOL:スタニスラスS                              WHM 2-1 MID
  58              16)SUN 37(-19)  17)HUL 35(-25)  18)NCU 34(-17)  19)MID 32(-29)
  68  LIV GOL:カイトS                                    LIV 2-0 TOT
  73  CHE GOL:カルー右ミドルS                            SUN 1-2 CHE
  73              16)SUN 36(-20)  17)HUL 35(-25)  18)NCU 34(-17)  19)MID 32(-29)
  85  CHE GOL:カルー右ミドルS                            SUN 1-3 CHE
  85              16)SUN 36(-21)  17)HUL 35(-25)  18)NCU 34(-17)  19)MID 32(-29)

最終順位

 結局どの争いにも動きがなかったなぁ…。ちょっと拍子抜け。

 Barclays Premier League Table 24 May 2009 18:06
  -------------------
                    P    GD  PTS
  -------------------
   1  Man Utd       38   90   44  CL
   2  Liverpool     38   86   50  CL
   3  Chelsea       38   83   44  CL
  -------------------
   4  Arsenal       38   72   31  CL-P
  -------------------
   5  Everton       38   63   18  EL-P
   6  Aston Villa   38   62    6  EL-P
  -------------------
   7  Fulham        38   53    5  EL-Q3
  -------------------
   8  Tottenham     38   51    0
   9  West Ham      38   51   -3
  10  Man City      38   50    8
  11  Wigan         38   45  -11
  12  Stoke         38   45  -17
  13  Bolton        38   41  -12
  14  Portsmouth    38   41  -19
  15  Blackburn     38   41  -20
  16  Sunderland    38   36  -20
  17  Hull          38   35  -25
  -------------------
  18  Newcastle     38   34  -19  RELEGATE
  19  Middlesbrough 38   32  -29  RELEGATE
  20  West Brom     38   32  -31  RELEGATE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 第15ステージ結果

レース展開
  第15ステージは、フォルリからファエンツァまでの161km、2日連続の山岳ステージ。6つの峠を超える
 アップダウンの激しい休まる暇のない起伏の激しいコース。最後のモンテトレビオの最大勾配16%の山を
 越えれば、あとはなだらかな下り基調の平坦ゴールだけに、総合争いの選手にとっては気の抜けない
 ステージではあるが、あまり動きにくいステージにも見える。

  50km付近で飛び出した16人が先頭集団を形成、6分近い差をつける。100kmを過ぎた頃からリクイガスが
 メイン集団の先頭を引き大きくペースアップ、そして集団が分断したところでバッソがスパート、これに
 ガルゼッリが続き、一気に飛び出す。107km地点の第4山岳を先頭集団の7人が通過、バッソとガルゼッリが
 2分19秒から山頂を通過。3分遅れでメンショフ含む追走集団が通過。

  最後の上りはパウエルスとベルタニョッリの二人が先頭で追加。そして遅れたセルパとグリフコが、
 バッソ、ガルゼッリと合流して2分20秒遅れで通過。メイン集団ではディルーカがアタック、メンショフが
 追走し結局集団で山頂を通過する。ここで先頭からパウエルスが後退、遅れたサストレを引き上げろと
 チームから指示が出た様子。しかしパウエルスが後退したところで、バッソらがメイン集団に吸収され、
 パウエルスの後退は無駄となる。

  独走となったベルタニョッリが残り10kmのゲートを通過、結局そのまま逃げ切ってゴール。2位には
 パウエルスがどうにか入り、メイン集団はトップから1分56秒遅れでゴール、上位勢にタイム差はつかな
 かったが、ランス、クネゴ、シモーニらが遅れてのゴールとなった。

ステージ成績
  1 レオナルド・ベルタニョッリ  ITA  ディキジョバンニ         4.18.34  
  2 セルジュ・パウエルス     BEL  サーヴェロ・テストチーム      0.54
  3 マルコ・ピノッティ      ITA  チームコロンビア・ハイロード    0.54
  4 ラルス・バク         DEN  サクソバンク            0.54
  5 マルコ・マルツァーノ     ITA  ランプレN.G.C            0.56
  6 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 1.27
  7 マウロ・ファッチ       ITA  クイックステップ          1.49
  8 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        1.51
  9 エドゥアルト・ボルガノフ   RUS  シャコベオ・ガリシア        1.51
 10 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          1.56
 11 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    1.56
 12 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            1.56
 13 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          1.56
 14 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             1.56
 15 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    1.56
 16 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             1.56
 17 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.56
 18 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             1.56
 19 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              1.56
 21 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.56
 22 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.56
 25 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              2.56
 26 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              2.56 
 27 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            2.56 

個人総合成績
  1 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク           62.54.23  
  2 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク             0.34
  3 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ              0.43
  4 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             2.00
  5 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム      2.52
  6 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス             3.03
  7 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード    3.05
  8 マルツィオ・ブルセギン   ITA  ランプレN.G.C            5.26
  9 ダビ・アローヨ       SPA  ケースデパーニュ          6.01
 10 トーマス・ロヴクヴィスト  SWE  チームコロンビア・ハイロード    6.26
 11 タディ・ヴァリャベッチ   SLO  アージェードゥーゼル        6.49
 12 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 7.15
 13 ランス・アームストロング  USA  アスタナ              8.28
 14 ヤロスラフ・ポポヴィッチ  UKR  アスタナ              9.00
 15 ダミアーノ・クネゴ     ITA  ランプレN.G.C            9.43

個人総合ポイント賞

  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク            114 pts
  2 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク             96
  3 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク             79
  4 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード    78
  5 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 69
  6 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             69
  7 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ          68
  8 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ              50
  9 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット         47
 10 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード    46

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 49 pts
  2 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 39
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             27
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             23
  5 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 19
  6 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム      15
  7 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  8 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             13
  9 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           13
 10 ルーベンス・ベルトリアーティ SWI  ディキジョバンニ          12

個人総合新人賞

  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード   63.00.49   
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ           4.42
  3 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 10.36
  4 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         14.41
  5 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          21.31
  6 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           28.03
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              39.41
  8 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                 53.30
  9 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア       1.01.51
 10 ダリオ・カFタルド       ITA  クイックステップ         1.03.01

チーム総合成績

  1 アスタナ          188.09.10   
  2 チームコロンビア・ハイロード   5.17
  3 ディキジョバンニ        17.51
  4 リクイガス           26.29
  5 ランプレN.G.C          31.21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2009] 第6戦 モナコGP 結果

サーキット
  モンテカルロ市街地コース    3.340km×78周
    気温:25度    路面:43%    湿度:59%    路面:ドライ    天候:晴れ

スターティンググリッド
  1 バトン[647S]      2 ライコネン[644H]    3 バリチェロ[648S]    4 ベッテル[631S]    5 マッサ[643H]   
    6 ロズベルグ[642H] 7 コバライネン[644H] 8 ウェバー[646H]      9 アロンソ[654H]   10 ナカジマ[668H]
   19 ハミルトン[645]

メモ
  ハミルトン:ギアボックス交換       
   グロック:リアサスペンション変更 

レース展開

スタート~第1スティント

 L01     バリチェロ、ライコネンをかわす  L01     バトン、バリチェロ(0.9)、ライコネン(2.5)、ベッテル(3.2)、マッサ(4.3)、ロズベルグ(4.9)、コバ(5.8)
 L02 FL  バトン 1:19.330
 L02 PI  クビサ
 L03     バトン、バリチェロ(0,9)、ライコネン(3.1)、ベッテル(5.1)、マッサ(5.6)
 L03 FL  バリチェロ 1:18.471
 L04 FL  バトン 1:18.292

 L04     バトン、バリチェロ(1.2)、ライコネン(3.2)、ベッテル(5.3)、マッサ(6.0)
 L05 FL  バトン 1:17.722
 L06 FL  ライコネン 1:27.278

 L07     マッサ、シケイン、オーバーラン
 L07     ロズベルグ、マッサをかわす
 L07 FL  バトン 1:16.676
 L07     バトン、バリチェロ(2.5)、ライコネン(4.1)、ベッテル(14.0)、ロズベルグ(14.2)、マッサ(15.0)
 L09     バトン、バリチェロ(3.1)、ライコネン(4.7)、ベッテル(21.8)、ロズベルグ(21.9)、マッサ(22.3)
 L10     ベッテル、ロズベルグ、マッサ、コバライネンにパスされる

# スタートでバリチェロが飛び出し、ブラウンの1、2体制。序盤はブラウンとフェラーリが互角の走りを
# 見せるが、4位のベッテルはソフトタイヤがフィットせず、トップから4秒遅れのタイムしか出せず。
# ロズベルグ、マッサ、コバライネンにかわされる。

ピットイン1回目

 L10 PI  ベッテル( . H)、ハミルトン( . H)
 L11     ブエミ、ピケと接触
 L12     バトン、バリチェロ(5.9)、ライコネン(6.8)、ロズベルグ(25.9)、マッサ(26,9)、コバ(    )、ウェバー(30,5)
 L13     バトン、バリチェロ(9.0)、ライコネン(9.6)、ロズベルグ(22.3)、マッサ(23.8)、コバ(27.7)、
 L13 FL  マッサ 1:16.383
 L14 FL ロズベルグ 1:16.373

 L15 PI  ライコネン(8.4H)
 L15 FL  ロズベルグ 1:16.319
 L16     ベッテル、1コーナーで接触、リタイア
 L16 PI  バリチェロ( .  H) →ライコネンの前
 L16 FL  ロズベルグ 1:16.187
 L17 PI  バトン(7.0H) →ロズベルグの後ろ
 L18 PI  ロズベルグ( . H)→アロンソの後ろ

 L19     バトン、マッサ(0.8*)、コバ(5.0*)、ウェバー(6.3*)、バリチェロ(16.0)、ライコネン(17.8)
 L20 PI  マッサ(9.3H)
 L22 PI  ウェバー(8.7H)→マッサの後ろ

 L23     バトン、バリチェロ(16.6)、ライコネン(19.2)、アロンソ(20.3*)、マッサ(22.8)、ウェバー(25.7)、ロズベルグ(26.9)、コバ(28.4)
 L25     バトン、バリチェロ(16.7)、ライコネン(19.7)、アロンソ(20.9*)、マッサ(23.0)、ウェバー(26.8)、
 L27     バトン、バリチェロ(16.0)、ライコネン(19.4)、アロンソ(21.0*)、マッサ(22.8)、ウェバー(26.2)
 L28 PI  アロンソ(8.9H)

# ベッテルのピットイン後、バリチェロもペースダウン、3秒前後で推移していたバトンとの差が10秒近くにまで開く。
# 15周目にライコネン、16周目にバリチェロ、17周目にバトン、20周目にマッサがピットイン。
# ウェバーが順位を上げるが上位の順位は変わらず。

第2スティント

 L28 FL  バリチェロ 1:16.152
 L29     バトン、バリチェロ(??.?)、ライコネン(19.1)、マッサ(23.2)、ウェバー(26.4)、ロズベルグ(31.0)
 L29 PI  クビサ、ガレージイン
 L31 FL  マッサ 1:15.908
 L32     バトン、バリチェロ(14.9)、ライコネン(18.4)。マッサ(22.0)、ウェバー、ロズベルグ、コバ
 L33 FL  マッサ 1:15.759
 L34 FL  マッサ 1:15.757

 L35 PI  ナカジマ( . H)
 L37     バトン、バリチェロ(14.7)、ライコネン(18.1)、マッサ(21.0)、ウェバー(25.4)、ロズベルグ、コバ
 L38 FL  マッサ 1:15.609
 L40     バトン、バリチェロ(15.7)、ライコネン(18.0)、マッサ(21.0)、ウェバー(25.4)、ロズベルグ、コバ
 L42 FL  ウェバー 1:15.567
 L42 PI  ハイドフェルド( . S)
 L43     バトン、バリチェロ(15.9)、ライコネン(18.1)、マッサ(21.2)、ウェバー(25.4)、ロズベルグ、コバ
 L45 FL  ウェバー 1:15.321
 L46     バトン、バリチェロ(14.5)、ライコネン(17.4)、マッサ(19.9)、ウェバー(23.6)、ロズベルグ、コバ
 L49 FL  バトン 1:15.190

# バトンは後方を見ながらペースをコントロール、15秒前後の差をキープ。
# マッサがFLを出しつつ追いかけ、若干前との差を詰めつつレースが推移。

ピットイン2回目~最終スティント

 L50 PI  バリチェロ( . H)→5位、ウェバーの後ろ
 L50 FL  マッサ 1:15.154
 L51 PI  バトン(6.8H)→2位、ライコネンの後ろ
 L52     コバライネン、トンネル出口でクラッシュ、リタイア
 L52 PI  ライコネン( . S)→5位、バリチェロの後ろ
 L54 PI  ハミルトン

 L55     バトン、マッサ(1.0)、ウェバー(3.5)、バリチェロ(13.8)、ライコネン(17.4)、ロズベルグ、アロンソ
 L56 PI  マッサ(7.5S)、ウェバー(8.0S)
 L57     バトン、バリチェロ(13.2)、ライコネン(16.3)、マッサ(20.2)、
 L60     バトン、バリチェロ(12.8)、ライコネン(18.2)、マッサ(20.2)、ロズベルグ(21.7*)、ウェバー(24.6)、アロンソ、
 L63     バトン、バリチェロ(13.2)、ライコネン(20.0)、マッサ(21.9)、ロズベルグ(23.3*)、ウェバー(26.1)、アロンソ(*)
 L65 PI  ロズベルグ(8.4S)→7位
 L66 PI  アロンソ( . S)
 L66     バトン、バリチェロ(12.5)、ライコネン(19.3)、マッサ(20.6)、ウェバー(23.9)、ロズベルグ、アロンソ
 L68     バトン、バリチェロ(11.9)、ライコネン(18.4)、マッサ(19.6)、ウェバー(23.6)、ロズベルグ、アロンソ
 L71     バトン、バリチェロ(11.2)、ライコネン(17.6)、マッサ(19.5)、ウェバー(23.0)、ロズベルグ、アロンソ
 L71 PI  ナカジマ( . S)
 L75     バトン、バリチェロ(10.6)、ライコネン(15.8)、マッサ(17.8)、ウェバー(20.9)、ロズベルグ、アロンソ(D3.0)
 L77     ナカジマ、クラッシュ、リタイア

# 50周目にバリチェロ、51周目にバトンがピットイン、ライコネンとマッサの間で復帰、これによりマッサのペースが上がらない。
# 52周目にライコネンがピットイン、バリチェロの後ろで復帰。
# 55周目にマッサとウェバーが復帰、ライコネンの後ろで復帰。
# 結局ソフトのフェラーリとレッドブルはペースを上げられずこのままゴール。8位には1ストップで粘ったトロロッソが入った。

レース結果(暫定)

  1 バトン
  2 バリチェロ
  3 ライコネン
  4 マッサ
  5 ウェバー
  6 ロズベルグ
  7 アロンソ
  8 ブルデー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月24日のココロ日記(BlogPet)

理詰めで考えても新しい記事はかけないのです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 初恋限定 #07

7 キスをしようよ  http://www.j-hatsukoi.com/story.html

コメント
  楠田君と二人と言われて照れたりイブの夜を思い出して照れる憩ちゃんが可愛かったり。彼氏とかあっさり
言い切る土橋さんもいい感じかなぁ。したり顔で説教する憩ちゃんも憩ちゃんだけど、ばっさり切り捨てる
土橋さんもグーです。そうですか寺井君ですか。スキがないとかつぶやきつつ、さらっと分かれる土橋さんも
問題だけど、手をつなぐくらいで悩む寺井君もウイウイしいなぁ。なんか、ブチブチ言ってる男に「つき合ってみる」
とかあっさり言うなんて罪作りな女だよなぁ(笑) 努力賞とか言って抱きつくくらいなら、キスしてしまえば
いいんじゃないの、と思わないでもないAパート。

  そんな煮えきらない寺井君、いきなりボールをぶつけられる悪夢で目が覚めたりしてるわけで。一念発起して
初詣に誘ったのは偉いけど、近所の神社だと色々知り合いが多いなぁ。こよりちゃん、いきなりお兄ちゃんと
ラブラブモード。岬さんを大魔王扱いって…。なんか、山本さんにドキドキなこよいちゃんも、また可愛いですが。
そして初詣で寺井君は手を握れず。魔性時期に頭を下げる寺井君は嫌いじゃないけど、いきなりキスする土橋さんは、
どうなんだ…。そっか、土橋さんでも恥ずかしいんだと言うBパート。今日は、いつも以上に恥ずかしい話だった
気がするなぁ(笑)

次回予告
  そうですか、確かに新年の次はバレンタインデーですね。

初恋放課後トーク
  大魔王体操、大受けのようです。寺井君のような人が周りにいたら応援するってホントかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/23

[F1 2009] 第6戦 モナコGP 予選結果

  --------------------------------------------
      No  Name                      Team                              Time     Lap  Wei.
  --------------------------------------------
  1 22 ジェンソン・バトン    ブラウン・メルセデス       1'14.902 25 647.5
  2  4 キミ・ライッコネン    フェラーリ            1'14.927 31 644.0
  3 23 ルーベンス・バリチェッロ ブラウン・メルセデス       1'15.077 26 648.0
  4 15 セバスチャン・ベッテル  RBRルノー             1'15.271 27 631.5
  5  3 フェリペ・マッサ     フェラーリ            1'15.437 28 643.5
  6 16 ニコ・ロズベルグ     ウィリアムズ・トヨタ       1'15.455 23 642.0
  7  2 ヘイッキ・コバライネン  マクラーレン・メルセデス     1'15.516 24 644.0
  8 14 マーク・ウェーバー    RBRルノー             1'15.653 20 646.5
  9  7 フェルナンド・アロンソ  ルノー              1'16.009 24 654.0
 10 17 中嶋一貴         ウィリアムズ・トヨタ       1'17.344 28 668.0
  --------------------------------------------
 11 12 セバスチャン・ブエミ   STRフェラーリ           1'15.833 17 670.0
 12  8 ネルソン・ピケJr.     ルノー              1'15.837 22 673.1
 13 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1'16.146 18 693.0
 14 11 セバスチャン・ブルデー  STRフェラーリ           1'16.281 19 699.5
 15 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス 1'16.545 19 670.0
    --------------------------------------------
 16  1 ルイス・ハミルトン    マクラーレン・メルセデス     1'16.264  4 645.5
 17  6 ニック・ハイドフェルド  BMWザウバー            1'16.264 11 680.0
 18  5 ロバート・クビサ     BMWザウバー            1'16.405 12 696.0
 19  9 ヤルノ・トゥルーリ    トヨタ              1'16.548 11 688.3
 20 10 ティモ・グロック     トヨタ              1'16.788 12 700.8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 第14ステージ結果

レース展開
  第14ステージは、カンピ ビンセンツィオンピ ビンセンツィオからサン・ルーカまでの172kmのコース。
 4つの峠を越えた後、最後のゴール前は約3kmと短いながらも超級クラスの勾配の登りを登っての山頂ゴール。
 ディルーカ向きという前評判の中、メンショフがマリアローザを死守出来るのかに注目したい。昨日の
 ステージで勝利したカベンディッシュがツールに向けてこのレースをリタイア、他4人がリタイアし、総勢
 181人でのスタートとなった。

  27km地点で、14人の大きなグループの逃げが決まる。集団は5分前後の差ででLPRを中心にコントロール。
 第4山岳山頂を11人前後の先頭集団で通過、メイン集団は1分30秒程にまで差を詰める。残り3kmで先頭集団
 からゲランスがスパート、そのままメイン集団を振り切ってジロ初勝利を上げた。先頭集団では、
 ペッリツォッティがアタックをかけて先着。メイン集団ではメンショフとディルーカの間にタイム差は無し、
 メンショフがうまくしのいだ形となった。

ステージ成績

  1 サイモン・ゲランス AUS  サーヴェロ・テストチーム       4.16.48  
  2 ルーベンス・ベルトリアーティ SWI  ディキジョバンニ       0.12
  3 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C         0.18
  4 エフゲニー・ペトロフ RUS  カチューシャ             0.24
  5 フィリップ・ダイグナン IRL  サーヴェロ・テストチーム      0.27
  6 クリス・フルーム GBr  バルロワールド              0.36
  7 ヴァシル・キリエンカ BLR  ケースデパーニュ           0.41
  8 フランチェスコ・レダ ITA  クイックステップ           1.01
  9 アンドリー・グリフコ UKR  ISD                  1.04
 10 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス           1.04
 11 ダニーロ・ディルーカ ITA  LPRブレーク              1.04
 12 ステファノ・ガルゼッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.04
 13 デニス・メンショフ RUS  ラボバンク               1.04
 14 カルロス・サストレ SPA  サーヴェロ・テストチーム        1.04
 15 マルツィオ・ブルセギン ITA  ランプレN.G.C            1.04
 16 イヴァン・バッソ  ITA  リクイガス               1.07
 17 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ            1.07
 18 ミケーレ・スカルポーニ ITA  ディキジョバンニ          1.07
 19 ダビ・アローヨ SPA  ケースデパーニュ              1.10
 20 マイケル・ロジャース AUS  チームコロンビア・ハイロード     1.10
 21 タディ・ヴァリャベッチ SLO  アージェードゥーゼル        1.16
 25 ダミアーノ・クネゴ ITA  ランプレN.G.C              1.29
 33 トーマス・ロヴクヴィスト SWE  チームコロンビア・ハイロード   1.37
 36 ジルベルト・シモーニ ITA  ディキジョバンニ           1.43
 44 ランス・アームストロング USA  アスタナ             1.58
 43 ヤロスラフ・ポポヴィッチ UKR  アスタナ             1.53
 59 マウリシオ・ソレル COL  バルロワールド             2.57

個人総合成績

  1 デニス・メンショフ RUS  ラボバンク             58.33.53  
  2 ダニーロ・ディルーカ ITA  LPRブレーク              0.34
  3 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ            0.43
  4 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス           2.00
  5 カルロス・サストレ SPA  サーヴェロ・テストチーム        2.52
  6 イヴァン・バッソ  ITA  リクイガス               3.03
  7 マイケル・ロジャース AUS  チームコロンビア・ハイロード     3.05
  8 ジルベルト・シモーニ ITA  ディキジョバンニ           5.17
  9 マルツィオ・ブルセギン ITA  ランプレN.G.C            5.26
 10 ダビ・アローヨ SPA  ケースデパーニュ              6.01
 11 トーマス・ロヴクヴィスト SWE  チームコロンビア・ハイロード   6.26
 12 タディ・ヴァリャベッチ SLO  アージェードゥーゼル        6.54
 13 ステファノ・ガルゼッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 7.15
 14 ランス・アームストロング USA  アスタナ             7.28
 15 ヤロスラフ・ポポヴィッチ UKR  アスタナ             8.00
 16 ミケーレ・スカルポーニ ITA  ディキジョバンニ          8.08
 17 ダミアーノ・クネゴ ITA  ランプレN.G.C              8.43

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク            112 pts
  2 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク             96
  3 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク             79
  4 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード    78
  5 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム    73
  6 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 69
  7 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             69
  8 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ          68
  9 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ              50
 10 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット         47

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 49 pts
  2 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 31
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             27
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             23
  5 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 19
  6 サイモン・ゲランス      AUS  サーヴェロ・テストチーム      15
  7 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  8 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             13
  9 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           13
 10 ルーベンス・ベルトリアーティ SWI  ディキジョバンニ          12

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  58.40.19  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          4.42
  3 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.20
  4 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          5.28
  5 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           7.11
  6 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         9.25
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              23.38
  8 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                37.27
  9 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          42.09
 10 ブレーズ・ソンネリー     FRA  アージェードゥーゼル        42.14

チーム総合成績
  1 アスタナ          175.06.40  
  2 ディキジョバンニ        4.44
  3 チームコロンビア・ハイロード  7.19
  4 リクイガス           22.13
  5 ケースデパーニュ        22.44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/22

[Giro 2009] 第13ステージ結果

レース展開
  第13ステージは、リド・デ・カマイオーレからフィレンツェまでの176km。海岸沿いを北上したあと、内陸へ
 入るコース。64~67km地点のモンテマーニョを過ぎた後は、小さな峠を越えるのみのスプリンター向けのコース。
 カンチェラーラが昨日リタイアということで186人の選手が出走した。

  12km付近でスカルセッリら3人がアタック、メイン集団は5分前後の差で逃げをコントロール。残り30km付近で
 シュレーダーが逃げるが残り5km付近で吸収。ゴール前でコロンビアが完璧なトレインを形成し、カヴェンディッシュ
 が先頭に出て、ペタッキを振り切ってゴールした。

ステージ成績
  1 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード   3.48.36   
  2 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク              
  3 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ           
  4 ロバート・ハンター     RSA  バルロワールド    
  5 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム    
  6 フアンホセ・アエド     ARG  サクソバンク    
  7 ロベルト・フェルスター   GER  チームミルラム    
  8 ベン・スウィフト      GBr  カチューシャ    
  9 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット    
 10 セバスティアン・イノー   FRA  アージェードゥーゼル    
 12 フィリッポ・ポッツァート  ITA  カチューシャ    
 26 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ               0.08
 27 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク    
 28 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ    
 30 マルツィオ・ブルセギン   ITA  ランプレN.G.C     
 41 イェンス・フォイクト    GER  サクソバンク    
 43 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード    
 44 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク     
 48 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス    
 49 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス    
 52 トーマス・ロヴクヴィスト  SWE  チームコロンビア・ハイロード    
 63 ジルベルト・シモーニ    ITA  ディキジョバンニ
 72 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム    
 73 ダミアーノ・クネゴ     ITA  ランプレN.G.C     
 94 ランス・アームストロング  USA  アスタナ

個人総合成績
  1 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク           54.16.00  
  2 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク             0.34
  3 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ              0.40
  4 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             2.00
  5 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム      2.52
  6 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード    2.59
  7 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス             3.00
  8 ジルベルト・シモーニ    ITA  ディキジョバンニ          4.38
  9 マルツィオ・ブルセギン   ITA  ランプレN.G.C            5.26
 10 トーマス・ロヴクヴィスト  SWE  チームコロンビア・ハイロード    5.53
 11 ダビ・アローヨ       SPA  ケースデパーニュ          5.55
 12 ランス・アームストロング  USA  アスタナ              6.34
 13 タディ・ヴァリャベッチ   SLO  アージェードゥーゼル        6.42
 14 ヤロスラフ・ポポヴィッチ  UKR  アスタナ              7.11
 15 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 7.15
 17 ミケーレ・スカルポーニ   ITA  ディキジョバンニ          8.05
 18 ダミアーノ・クネゴ     ITA  ランプレN.G.C            8.18
 28 マウリシオ・ソレル     COL  バルロワールド           12.39

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク            107 pts
  2 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク             96
  3 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード    79
  4 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード    78
  5 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク             76
  6 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム    73
  7 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ          68
  8 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 65
  9 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             63
 10 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ              50
 11 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット         47
 12 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード    45
 13 ロバート・ハンター     RSA  バルロワールド           37
 14 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス             36
 15 ベン・スウィフト      GBr  カチューシャ            35

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 49 pts
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             27
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             23
  4 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 16
  5 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  6 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             13
  7 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           13
  8 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          11
  9 ヘクトール・ゴンザレス    SPA  フジ・セルヴェット         10
 10 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 10
 11 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               8
 12 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           8
 13 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
 14 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               6
 15 ダリオデーヴィット・チョーニ ITA  ISD                 6

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  54.21.54  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          4.42
  3 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          5.22
  4 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.36
  5 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           8.12
  6 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         9.14
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              21.56
  8 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                37.02
  9 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    40.39
 10 ブレーズ・ソンネリー     FRA  アージェードゥーゼル        41.12

チーム総合成績
  1 アスタナ           162.11.23   
  2 ディキジョバンニ          6.48
  3 チームコロンビア・ハイロード    7.55
  4 リクイガス            21.25
  5 ケースデパーニュ         22.44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

[Giro 2009] 第12ステージ結果

ライプハイマーも、もう少しだったのにね。

レース展開

  第12ステージは、総合優勝決定の大きな鍵となる個人タイムトライアル、しかも全長60.6kmの山岳タイム
 トライアルとあって、総合の順位が大きく変わる可能性がある。タイムトライアルのスペシャリスト達に、
 山岳スペシャリストがどれだけ食い下がれるのかが注目。序盤は総合119位のミラーがトップタイムを出し、
 4秒差でベルトリーニが続いている。

 

第1計測地点
   ガルゼッリ、続いてスカルポーニ、ボッシ-ジョが区間トップタイムで通過。期待のランスはガルゼッリに
  40秒遅れ、バッソはガルゼッリに44秒遅れ。サストレは38秒遅れ、ペリッツォッティが20秒遅れ、ライプハイマー
  はガルゼッリに先行、暫定トップのボッシ-ジョに1秒遅れで通過する。ロジャースはガルゼッリに1分20秒近く
  遅れる。メンショフが暫定トップを17秒上回るタイムで通過。ディルーカはメンショフに43秒差での通過となる。
  ■タイム差■
   1)メンショフ    2)ボッシ-ジョ(0.17)    3)ライプハイマー(0.18) 4)スカルポーニ(0.18) 5)ガルゼッリ(0.20)
   6)ディルーカ(0.43) 7)ペリッツォッティ(0.44) 10)サストレ(0.58)    11)ランス(1.00) 1   3)バッソ(1.04)
   20)ロジャース(1.37)

 

第2計測地点
   ガルゼッリはトップ通過、スカルポーニは30秒遅れ、クネゴは1分32秒遅れの9位で通過。ランスは29秒遅れと
  ペースアップ。バッソはガルゼッリに1分遅れ、ペリッツォッティが18秒遅れ。サストレは1分4秒遅れとペースが
  上がらない。ライプハイマーは3秒遅れと好タイム。ロジャースは74秒と大きく遅れる。メンショフはガルゼッリに
  12秒先行とここでもトップタイムをたたき出す。ディルーカはメンショフに46秒遅れ、バーチャルででメンショフに
  34秒差にまで詰められている。
  ■タイム差■
   1)メンショフ    2)ガルゼッリ(0.12)   3)ボッシ-ジョ(0.13) 4)ライプハイマー(0.15) 5)ペリッツォッティ(0.30)
   6)ウィギンス(0.35) 7)ブライコビッチ(0.40) 8)ランス(1.00)    9)スカルポーニ(0.45)  10)ディルーカ(0.46) 
   11)バッソ(1.12)   12)サストレ(1.16)    16)ロジャース(1.26)  18)シモーニ(1.40)    19)クネゴ(1.44) 

 

第3計測地点
   ヴィスコンティが上りでペースを上げトップ通過。しかしガルゼッリが2分近く上回って暫定トップ。ランスは
  ガルゼッリに1分12秒。ブルセギンは約1分遅れ。バッソは1分13秒遅れ。サストレは58秒差と若干持ち直す。
  ペリッツォッティがガルゼッリに32秒遅れと大健闘。ライプハイマーはガルゼッリを30秒上回る暫定トップに
  立つが、メンショフがライプハイマーをさらに34秒リードする走りで暫定トップをキープ。ディルーカはメンショフに
  1分46秒遅れとなり、バーチャルでリーダーの座を失った
  ■タイム差■
   1)メンショフ    2)ライプハイマー(0.34) 3)ガルゼッリ(1.04) 4)ペリッツォッティ(1.34) 5)ブライコビッチ(1.41)
   6)ディルーカ(1.46) 7)ボッシ-ジョ(1.53)  8)ウィギンス(1.57) 9)サストレ(2.02)     10)スカルポーニ(2.05)
   12)ランス(2.16)   13)バッソ(2.17)     15)ロジャース(2.42) 16)シモーニ(2.59)     22)クネゴ(3.53) 

 

ゴール地点
   ヴィスコンティが2分29秒差の暫定トップでゴール。ボアッソンは1分27秒差でゴール、ピノッティは39秒遅れ、
  ヴィギンスが49秒先行して暫定トップ。ガルゼッリが11秒上回っての暫定トップでゴール。ボッシ-ジョは
  ガルゼッリに1分遅れ。スカルポーニは1分50秒遅れ。クネゴは3分遅れ、ランスは1分23秒遅れに終わった。
   新人賞のロブクイストは3分58秒遅れ、バッソは1分14秒遅れ。サストレは1分15秒遅れ、ペリッツォッティは
  24秒遅れ。ライプハイマーは最後までペースが落ちず、ガルゼッリに43秒先行して暫定トップ。メンショフはその
  ライプハイマーに20秒先行してのトップ。ロジャースは2分46秒遅れ、ディルーカは1分54秒遅れの6位でゴールし、
  マリアローザはメンショフに移る事となった。

ステージ成績
  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク            1.34.29  
  2 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              0.20
  3 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.03
  4 ヤネス・ブライコヴィッチ   SLO  アスタナ              1.14
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.27
  6 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             1.54
  7 ブラッドリー・ウィギンス   GBr  ガーミン・スリップストリーム    1.59
  8 ブリエーレ・ボシシオ     ITA  LPRブレーク             2.04
  9 ホセ・セルパ         COL  ディキジョバンニ          2.13
 10 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            2.17
 11 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             2.17
 12 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      2.18
 13 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              2.26
 14 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    2.46
 15 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 2.48
 16 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          2.53
 17 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          3.00
 19 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        3.35
 22 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              3.59
 23 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            4.07
 26 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          4.40
 28 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    5.01
 31 デーヴィット・ミラー     GBr  ガーミン・スリップストリーム    5.17
 46 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          7.04
 57 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           7.38

個人総合成績
  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク           50.27.17  
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             0.34
  3 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              0.40
  4 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             2.00
  5 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      2.52
  6 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    2.59
  7 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             3.00
  8 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          4.38
  9 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            5.26
 10 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    5.53
 11 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          5.55
 12 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              6.34
 13 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        6.42
 14 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              7.11
 15 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 7.15
 17 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          8.05
 18 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            8.18
 27 ヤネス・ブライコヴィッチ   SLO  アスタナ              12.09
 28 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           12.19

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク            107 pts
  2 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    78
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             76
  4 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             76
  5 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 65
  6 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             63
  7 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    61
  8 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    54
  9 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          52
 10 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              50
 11 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    45
 12 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット         40
 13 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             36
 14 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          31
 15 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           28
 16 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            28

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 49 pts
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             27
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             23
  4 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 16
  5 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  6 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             13
  7 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           13
  8 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          11
  9 ヘクトール・ゴンザレス    SPA  フジ・セルヴェット         10
 10 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 10
 11 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               8
 12 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           8
 13 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
 14 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               6
 15 ダリオデーヴィット・チョーニ ITA  ISD                 6

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  50.33.10  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          4.42
  3 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          5.30
  4 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.36
  5 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           8.12
  6 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         9.14
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              21.56
  8 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                37.10
  9 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア        40.06
 10 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    40.39

チーム総合成績
  1 アスタナ          150.45.11  
  2 ディキジョバンニ        6.56
  3 チームコロンビア・ハイロード  8.11
  4 リクイガス           21.25
  5 ケースデパーニュ        22.44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] クイーンズブレイド #08

第8話 暗躍~牙の暗殺者  [公式サイト]

コメント
  ナナエルさん地上に落ちてもまだ飛べるのねと言う話もあるけど、レイナさんが気の毒すぎ。なんか変だなぁ
 と思ったら、田舎物コンビが先週は出てなかったのか…。ヒロインが方向音痴なのはお約束だよなぁ(笑)
 しかし二週連続で温泉の回って…、いいのかなぁ。温泉に入るときでもトモエさんは見せないんだ、そうなると
 一人だけ目立ってるよなぁ。いや、いきなり立ち去れって、なんてわがままな娘だなぁ。エリナさんにはAT-X
 でも煙がまとわりついてるのね…。なんか忍者同士の戦いになってるし、ってシズカさん負けてるし。縛られ方が
 なんか変です、シズカさん…。しかも、いたぶられてるしと言うAパート。

  トモエさんいい人だから、いきなりだまされて連れて来られてます。シズカさんのためなら裸にもなりますか。
 ナナエルさんのお友達登場でクイーンズブレイド開始。でもトモエさんもいまいちだなぁ…。でも、着物を
 ヒラヒラさせて必殺技ってどうよ…。とりあえず相手が逃げたって事は、トモエさんの勝ちみたいですが、
 負けたらどうなるんだろう…、と言うBパート。どっかにレギュレーション公開されてないのかな(笑)
 そして真打ちのクローデットさん出撃…。ト

次回予告
  ぶらり二人旅はいいとして、どう考えてもおっきすぎでしょう(笑)

  

| | コメント (0) | トラックバック (4)

[UC08/09] ファイナル結果

スタジアム
  シュクリュ・サラチョール - イスタンブール - トルコ

試合結果
  シャフタール 2 - 1 ブレーメン

試合展開
  25 SHA ゴール ルイス・アドリアーノ   SHA 1-0 BRE
  35 BRE ゴール ナウド         SHA 1-1 BRE

  +1 BRE 警告  フリンクス
  57 SHA 警告  スルナ
  77 SHA 警告  レワンドフスキ
  78 BRE 交代1 ロゼンベリ (アウト)、フント (イン)
  82 BRE 警告  フリッツ
  87 SHA 警告  イウシーニョ
  90 SHA 交代1 アドリアーノ (アウト)、グラドキー (イン)
  95 BRE 交代2 フリッツ (アウト)、パサネン (イン)
  97 SHA ゴール ジャドソン       SHA 2-1 BRE
 100 SHA 交代2 イウシーニョ (アウト)、ガイ (イン)
 103 BRE 交代3 ニーマイヤー (アウト)、ジオリス (イン)
 112 SHA 交代3 ジャドソン (アウト)、ドゥリャイ (イン)
 115 BRE 警告  ジオリス
 120 BRE 警告  ベーニシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/20

[Giro 2009] 第11ステージ結果

真っ当な勝負ならコロンビアチームとカベンディッシュが一番かな。

レース展開

  第11ステージはトリノからアレンツァーノまでの214km。前半は平坦ですが残り110km地点から少しずつ
 登りはじめるものの、山岳は平均2%程度と決して厳しい山登りではない。ミラノ~サンレモと同じコース
 を使うと言う事もあり、ミラノ~サンレモを制した「カヴェンディッシュ」には注目したい。ショルツと
 ホーナーがリタイア。特にアスタナに取っては貴重なアシストを失ったのは痛いところ。

  集団から飛び出したイサイチェフが単独の逃げを決め最大8分の差をつけるが、集団が差をコントロールし
 徐々に差を詰める。残り42kmでマルッツァーノが飛び出すも結局集団が吸収。アスタナが集団をコントロール、
 ランスが先頭に山岳をハイペースで下り集団でゴール前へ突入し、カベンディッシュが圧勝で今期2勝目を
 上げた。ペタッキは追いつけず3位に終わった。総合勢の上位に変動は無し。

ステージ成績
  1 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード    4.51.17   
  2 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム    
  3 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク     
  4 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ    
  5 セバスティアン・イノー   FRA  アージェードゥーゼル    
  6 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット    
  7 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード    
  8 アレクサンドル・セロフ   RUS  カチューシャ    
  9 オスカル・ガット      ITA  ISD     
 10 ロベルト・フェルスター   GER  チームミルラム    
 20 マルツィオ・ブルセギン   ITA  ランプレN.G.C     
 37 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク    
 40 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード    
 42 ダミアーノ・クネゴ     ITA  ランプレN.G.C     
 46 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ    
 49 ヤロスラフ・ポポヴィッチ  UKR  アスタナ    
 54 ミケーレ・スカルポーニ   ITA  ディキジョバンニ    
 56 ジルベルト・シモーニ    ITA  ディキジョバンニ    
 71 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス    
 78 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク     
 82 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム    
 86 ランス・アームストロング  USA  アスタナ    

個人総合成績
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク           48.51.28
  2 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             1.20
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    1.33
  4 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              1.40
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.53
  6 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.54
  7 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             2.03
  8 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    2.12
  9 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          2.35
 10 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          2.58
 11 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        4.27
 12 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            4.29
 13 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              4.32
 14 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          4.51
 15 ローレンス・テンダム     NED  ラボバンク             5.18 
 16 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              5.28
 17 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            5.31
 18 フレドリック・ケシアコフ   SWE  フジ・セルヴェット         5.58
 19 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           6.01
 20 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          6.17
 22 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          6.32
 27 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 7.32

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             97 pts
  2 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    78
  3 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             76
  4 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    61
  5 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    54
  6 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          52
  7 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             51
  8 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             51
  9 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 49
 10 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    43
 11 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット         40
 12 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          31
 13 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             31
 14 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              30
 15 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           28
 16 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            28

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 48 pts
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             27
  3 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 16
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             15
  5 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  6 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             13
  7 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           13
  8 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          11
  9 ヘクトール・ゴンザレス    SPA  フジ・セルヴェット         10
 10 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 10
 11 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           8
 12 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
 13 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               6
 14 ダリオデーヴィット・チョーニ ITA  ISD                 6
 15 フランチェスコ・ベッロッティ ITA  バルロワールド            5
 16 ギョーム・ボナフォンド    FRA  アージェードゥーゼル         5

個人総合新人賞

  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  48.53.40  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          2.39
  3 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          4.05
  4 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.08
  5 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           7.37
  6 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         9.03
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              18.14
  8 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                32.38
  9 ブレーズ・ソンネリー     FRA  アージェードゥーゼル        33.28
 10 マルコス・ガルシア      SPA  シャコベオ・ガリシア        34.03

チーム総合成績
  1 アスタナ           145.57.44  
  2 チームコロンビア・ハイロード   2.04
  3 ディキジョバンニ         2.50
  4 ケースデパーニュ         6.35
  5 バルロワールド          10.03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/19

[Giro 2009] 第10ステージ結果

レース前半はガルゼッリ、後半はディルーカの活躍が目立ったレースでした。

レース展開
  レース序盤から逃げたガルゼッリが先頭で逃げ続け、メイン集団に最大5分の差をつける。その後ろを
 ヴィスコンティとグリフコのISDの二人が追走。さらにその後ろにカルデナスら4人が追走する第3グループ、
 そしてメイン集団が続く展開でレースが進む。

  残り62kmの今日2つめの峠のチマコッピをガルゼッリがトップで通過、ヴィスコンティら第2グループは
 4分遅れ、第3集団は5分半遅れ、そしてメイン集団は6分以上遅れての通過となる。その後、メイン集団は
 リクイガスが先頭にたってペースアップを図る。

  残り25km、下りの途中でガルゼッリと第2グループが合流、一方後ろでは第3集団がメイン集団に吸収
 される。先頭3人とメイン集団の差は2分を切っている。上り始めたところでグリフコが後退、ガルゼッリと
 ヴィスコンティの一騎打ちの展開となるが、残り15kmでメイン集団との差は1分と徐々に差が詰まっていく。

  上りの途中でペッリツォッティがスパート、先頭集団の二人に追い付きペースをあげる。ガルゼッリは
 どうにかついていくか、ヴィスコンティは後退する。残り12km、ソレルのアタックに合わせる形で
 ディルーカがペースアップ、ランス、ロジャース、シモーニが遅れ始める。ロブクイスト、ロジャース、
 ホーナーはメイン集団について行けず後退している様子。結局ペリッツォッティがトップで通過、
 メイン集団も7秒遅れで通過した。

  残り7kmで、ディルーカが下りでペースアップ、ペッリツォッティを捉える。バッソ、ソレル、
 ライプハイマー、ガルゼッリが下りでディルーカに遅れる。トップはアローヨ、ディルーカ、サストレ、
 ペッリツォッティ、メンショフの5人。ディルーカが後続との差を広げようと先頭に立って引いている。
 ゴール前の最後の上りでディルーカがスパート、4人を引き離して行く。結局ディルーカがトップで
 ゴール、ペリッツォッティ、メンショフ、サストレが10秒遅れてゴール。アロヨを挟んでバッソ、
 ライプハイマー、シモーニの集団が29秒遅れでのゴールとなった。ディルーカはリクイガス包囲網を
 打ち破り、ボーナスタイムの20秒を加えて30秒の差をつける事が出来たのは、今後に向けて大きな
 勝利と言えるだろう。

ステージ成績
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク           6.30.43  
  2 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             0.10
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             0.10
  4 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      0.10
  5 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          0.26
  6 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           0.29
  7 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             0.29
  8 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              0.29
  9 ホアキン・ロドリゲス     SPA  ケースデパーニュ          0.29
 10 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.29
 11 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 0.29  
 12 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          0.29
 13 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              0.29
 14 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          0.41
 15 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            0.45
 18 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            1.34
 21 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              1.34
 22 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    1.39
 25 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ              1.39
 32 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 2.29

個人総合成績
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク           44.00.11  
  2 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             1.20
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    1.33
  4 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              1.40
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.53
  6 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.54
  7 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             2.03
  8 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    2.12
  9 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          2.35
 10 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          2.58
 11 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ              3.24
 12 ホアキン・ロドリゲス     SPA  ケースデパーニュ          3.58
 13 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        4.27
 14 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            4.29
 15 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              4.32
 16 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          4.51
 17 ローレンス・テンダム     NED  ラボバンク             5.18
 18 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              5.28
 19 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            5.31
 20 フレドリック・ケシアコフ   SWE  フジ・セルヴェット         5.58
 21 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           6.01
 24 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          6.32
 29 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 7.32

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク             97 pts
  2 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード    65
  3 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク             60
  4 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク             51
  5 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス             51
  6 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 49
  7 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード    43
  8 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム    41
  9 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ          38
 10 ミケーレ・スカルポーニ   ITA  ディキジョバンニ          31
 11 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス             31
 12 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット         30
 13 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ              30
 14 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード    29
 15 マウリシオ・ソレル     COL  バルロワールド           28

個人総合山岳賞
  1 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 45 pts
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             27
  3 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 16
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             15
  5 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  6 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             13
  7 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           13
  8 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          11
  9 ヘクトール・ゴンザレス    SPA  フジ・セルヴェット         10
 10 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 10
 11 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           8
 12 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
 13 ダリオデーヴィット・チョーニ ITA  ISD                 6
 14 フランチェスコ・ベッロッティ ITA  バルロワールド            5
 15 ギョーム・ボナフォンド    FRA  アージェードゥーゼル         5

個人総合新人賞

  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  44.02.23  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          2.39
  3 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          4.05
  4 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.08
  5 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           7.37
  6 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         9.03
  7 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              18.14
  8 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          25.49
  9 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                28.51
 10 ブレーズ・ソンネリー     FRA  アージェードゥーゼル        29.41

チーム総合成績
  1 アスタナ          131.23.53  
  2 チームコロンビア・ハイロード  2.04
  3 ディキジョバンニ・アンドローニ 2.50
  4 ケースデパーニュ        6.35
  5 バルロワールド         10.03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL08/09] 第37節結果(メモ)

マンU優勝決定、WBA降格決定
ブラックバーンまで残留決定

Results

 Saturday, 16 May 2009
            Bolton  △1-1(HT 1-0)△  Hull             
           Everton  ○3-1(HT 1-1)    West Ham         
           Man Utd  △0-0(HT 0-0)△  Arsenal          
     Middlesbrough  △1-1(HT 1-0)△  Aston Villa      
         Newcastle    0-1(HT 0-1)○  Fulham            
             Stoke  ○2-0(HT 0-0)    Wigan            
         Tottenham  ○2-1(HT 1-0)    Man City         
 Sunday, 17 May 2009
           Chelsea  ○2-0(HT 1-0)    Blackburn         
         West Brom    0-2(HT 0-1)○  Liverpool         
 Monday, 18 May 2009
        Portsmouth  ○3-1(HT 0-0)    Sunderland       

Tables

   P  Team              P  PTS   GD   W   D   L    F    A           08/09   09/10
  -------------------------------------------------------------------------------
  CH  Man Utd          37   87   43  27   6   4   67   24     1→       CL  [CL]
   2  Liverpool        37   83   48  24  11   2   74   26     2→           [CL]
   3  Chelsea          37   80   43  24   8   5   65   22     3→   FA      [CL]
  -------------------------------------------------------------------------------
   4  Arsenal          37   69   28  19  12   6   64   36     4→           [CL-P]
  -------------------------------------------------------------------------------
   5  Everton          37   60   16  16  12   9   53   37     6△   FA      [EL]
   6  Aston Villa      37   59    5  16  11  10   53   48     5▼           [EL]
   7  Fulham           37   53    7  14  11  12   39   32     7→
  -------------------------------------------------------------------------------
   8  Tottenham        37   51    2  14   9  14   44   42     8→
   9  West Ham         37   48   -4  13   9  15   40   44     9→           [REMAIN]
  10  Man City         37   47    7  14   5  18   57   50    10→           [REMAIN]
  11  Stoke            37   45  -14  12   9  16   37   51    12△           [REMAIN]
  12  Wigan            37   42  -12  11   9  17   33   45    11▼           [REMAIN]
  13  Bolton           37   41  -11  11   8  18   41   52    13→           [REMAIN]
  14  Portsmouth       37   41  -18  10  11  16   38   56    15△           [REMAIN]
  15  Blackburn        37   40  -20  10  10  17   40   60    14▼           [REMAIN]
  16  Sunderland       37   36  -19   9   9  19   32   51    16→
  17  Hull             37   35  -24   8  11  18   39   63    18△
  -------------------------------------------------------------------------------
  18  Newcastle        37   34  -18   7  13  17   40   58    17▼
  19  Middlesbrough    37   32  -28   7  11  19   27   55    19→
  20  West Brom        37   31  -31   8   7  22   36   67    20→          [RELEGATE]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

[PREMERA Div. 08/09] 第36節結果(メモ)

RESULTADOS
 JORNADA 36. 16 y 17 de mayo de 2009
     Atlético ○1 - 0  Valencia  
     Mallorca ○2 - 1  Barcelona  
      Racing ○3 - 2  Valladolid 
     Sporting ○2 - 1  Málaga   
     Numancia ○1 - 0  Recreativo 
       Betis ○2 - 0  Almería   
     Espanyol ○1 - 0  Athletic  
     Deportivo △1 - 1△ Getafe   
      Osasuna △0 - 0△ Sevilla   
    Villarreal ○3 - 2  R. Madrid  

Clasificacion
            PT  PJ  PG  PE  PP  GF  GC  GD   08/09 09/10
 --------------------------------------------------------------------------------
  1 F.C. Barcelona  86  36  27  5  4 104  33  71  1→ CL [CL]
  2 Real Madrid C.F. 78  36  25  3  8  81  47  34  2→   [CL]
  3 Sevilla F.C.   64  36  19  7  10  51  39  12  3→   [EL-3]
  4 At. de Madrid   61  36  18  7  11  73  56  17  5△
 --------------------------------------------------------------------------------
  5 Valencia C.F.   59  36  17  8  11  65  51  14  4▼
  6 Villarreal C.F.  59  36  16  11  9  55  51  4  7△
 --------------------------------------------------------------------------------
  7 R.C. Deportivo  57  36  16  9  11  47  45  2  6▼
  8 Málaga C.F.    54  36  15  9  12  54  55  -1  8→
  9 R.C.D. Mallorca  48  36  13  9  14  48  56  -8  10△
 10 U.D. Almería   46  36  13  7  16  45  55 -10  9▼
 11 Ath. Club Bilbao 44  36  12  8  16  46  56 -10  11→   [EL-P]
 12 Real Racing Club 42  36  11  9  16  47  47  0  13△
 13 R. Valladolid D. 42  36  12  6  18  44  55 -11  12▼
 14 R.C.D. Espanyol  41  36  10  11  15  40  49  -9  14→
 15 Real Betis B. S. 40  36  10  10  16  49  56  -7  16△
 16 Getafe C.F.    38  36  9  11  16  48  55  -7  15▼
 17 Real S. de Gijón 37  36  12  1  23  43  77 -34  18△
 --------------------------------------------------------------------------------
 18 C. At. Osasuna  37  36  8  13  15  38  46  -8  17▼
 19 C.D. Numancia   35  36  10  5  21  38  66 -28  20△
 20 R.C.R. de Huelva 33  36  8  9  19  33  54 -21  19▼


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Serie A 08/09] 第36節結果(メモ)

Ultimo turno - 36^ Giornata

 16/5/2009
     Roma ○4 - 3  Catania  
    Udinese ○2 - 1  Milan   
 17/5/2009
    Bologna ○2 - 1  Lecce   
  Fiorentina ○1 - 0  Sampdoria 
     Genoa △2 - 2△ Chievo   
   Juventus △2 - 2△ Atalanta  
    Napoli  1 - 2○ Torino   
    Palermo ○2 - 0  Lazio   
    Reggina ○2 - 1  Cagliari  
     Inter ○3 - 0  Siena   

Classifica

  P Team       Pt  G  V  N  P  GF  GS  GD     09/10
 ----------------------------------------------------------------------------------
 CH Inter       81  36  24  9  3  65  27  38  1→  [CL]
  2 Milan       71  36  21  8  7  66  32  34  2→  [CL-P]
  3 Juventus     68  36  19  11  6  64  37  27  3→  [CL-P]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  4 Fiorentina    67  36  21  4  11  52  35  17  4→  [EL-P]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  5 Genoa       62  36  17  11  8  49  36  13  5→  [CL-3]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  6 Roma       57  36  16  9  11  58  57  1  6→ 
 ----------------------------------------------------------------------------------
  7 Palermo      55  36  17  4  15  53  46  7  7→ 
  8 Udinese      54  36  15  9  12  53  46  7  8→ 
  9 Cagliari     50  36  14  8  14  45  43  2  9→  [Rimanendo]
 10 Lazio       47  36  14  5  17  45  53  -8 10→  [EL-P]
 11 Atalanta     46  36  13  7  16  40  42  -2 11→  [Rimanendo]
 12 Sampdoria     44  36  11  11  14  45  48  -3 12→  [Rimanendo]
 13 Napoli      43  36  11  10  15  39  42  -3 13→  [Rimanendo]
 14 Siena       43  36  12  7  17  32  40  -8 14→  [Rimanendo]
 15 Catania      40  36  11  7  18  37  47 -10 15→  [Rimanendo]
 16 Chievo      37  36  8  13  15  35  46 -11 16→
 17 Torino      34  36  8  10  18  33  55 -22 17→
 ----------------------------------------------------------------------------------
 18 Bologna      33  36  8  9  19  40  61 -21 18→
 19 Reggina      30  36  6  12  18  29  60 -31 20△
 20 Lecce       29  36  5  14  17  35  62 -27 19▼

13/05/2009
 20:45  Lazio - Sampdoria  1 - 1 (7-6 dcr)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 初恋限定 #06

#6 雪が降り出すその前に 

コメント
  ニュートンっぽい雑誌を読んでる弘之君、どうせならもう少しマニアックな雑誌の方が…、という話はさておき、
 そうですか、名央ちゃんラブですか。まあ少しでも近くにいたい気持ちは分かるけど、いきなり友人の席に座ってます。
 そして季節物と言う事でクリスマス・パーティー、あゆみちゃんと弘之君が、利害が一致して意気投合してるのが
 面白かったり。一方、楠田の事が気になる慧ちゃんのツンデレ具合が、ヒナさんっぽくていい感じ。とりあえず
 妄想するのはいいけど、服は着ましょう…。しかし、プレゼント買いに着て、気になる相手と鉢合わせって、ちょっと
 出来過ぎ。結局憎まれ口を言って怒らせてるし…。クリスマスの前には期末テスト、言われてみればそうかなと
 言う感じですが、女王様タイプって友達に言われるのは、かなりイヤかも。それで、土橋さんに寄ってきた
 男の子は誰ですかと言うAパート。「洋服譲って」って、色が重なるとダメなんだ。女の子は大変だね。

  そして、パーティ当日だけど、そこでいきなりサンタさんが倒れて財津君とあゆみちゃんがアウト。肝心の
 名央ちゃんが風邪でダウンと言う事で、お見舞いに言ってしまう浩之君、まあ言ってないんだけど(笑)
 そして残される二人…。必死で引き留める慧ちゃんは、健気でいいです。しかし、ファミレスでウェイトレス
 さんのパンツ覗いたりするかね、しかもめぐるちゃんがバイトしてるし…。しかし高校生なんだから、サイゼリア
 に文句をつけるなよって感じですが、雪の積もった公園で、雪合戦で言いたいことを言い合ってプレゼントを
 渡し合って、仲直りかなと言うBパート。派手な服の次に手袋を差し出すあたりは、結構格好いいなぁと
 思わないでもなく。でも、地球温暖化のご時世に、ホワイトクリスマスはないかなぁと思ったり、それ以上に、
 30度を超えようかという日にクリスマスの日をされても…(笑)

次回予告
  そしてテニス少女のりかちゃんが、恋愛にひどく苦労するお話(笑)

初恋放課後トーク
  初ゲストで、EDを歌ったマーブルさんが登場。曲についてのまじめなトークをしてました。それはいいんだけど、
 伊瀬さんと藤村さんしかいないのは何故でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[ITA] カンナバーロ、ユベントスへ移籍(2010年まで)

[UEFA.COM] カンナバーロがユベントスに復帰
  名前:ファビオ・カンナバーロ(35)  イタリア代表DF
  FROM:Rマドリー
   TO:ユベントス
  年数:1年契約(2010年まで)
 移籍金:無し
  備考:

  出て行ったクラブに出戻りって、度胸があるというか何というか…。よっぽどの活躍を見せないとファンは許さないと思うんだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[NED] クーマン氏、AZ監督へ就任

[UEFA.COM] AZの新監督にクーマン氏
  名前:ロナルド・クーマン氏
  FROM:無所属(バレンシア)
   TO:AZ
  年数:2年契約(2011年まで)
 移籍金:
  備考:

 バレンシアで監督失格となったと思ってたのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

[Giro 2009] 第09ステージ結果

カヴェンディッシュハすごかったけど、もやもや感の残るレースではありました。

レース展開
  第9ステージの舞台はミラノ、16kmの周回コースを11周する平坦で直線の多いコース。ただ、直角カーブもあるので
 少し注意です。上りがないだけにスプリンター有利のコース、カヴェンディッシュやペタッキに注目だろう。

  1周目にフォーテンとマルティネスが落車、5周目が終わったゴール地点で集団が停止、ペタッキがマイクを持って
 メッセージ「コースが危険すぎるのでゆっくり走っている。観客の皆さんにはエンターテイメント性が低くて申し訳
 ないが、どうかご理解ください。」と言う趣旨。

  9周目のスプリントポイントは何事も無く通過。フォイクトが先頭でなにやら言うも、ペースはどんどん上がっていく。
 結局レースはコロンビアがトレインを形成、そこから抜け出したカベンディッシュが、デーヴィスやペタッキを振り切って
 ゴール、ジロ2009初勝利をあげた。ディルーカを含むメイン集団は1分以上遅れてのゴールとなったが、今日は総合成績
 の対象外となった様子。

ステージ成績
  1 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード 4.16.13   
  2 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ    
  3 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム    
  4 マシュー・ゴス       AUS  サクソバンク    
  5 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク     
  6 ロベルト・フェルスター   GER  チームミルラム    
  7 ロバート・ハンター     RSA  バルロワールド    
  8 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット    
  9 サイード・ハド       FRA  Bbox ブイグテレコム     
 10 トーマス・フォーテン    GER  チームミルラム    

個人総合成績
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク           33.13.35  
  2 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    0.13
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.44
  4 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              0.51
  5 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             0.58
  6 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             1.14
  7 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.24
  8 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ              1.25
  9 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.35
 10 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          1.49
 11 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          2.09
 12 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              2.38
 13 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        2.44
 14 ローレンス・テンダム     NED  ラボバンク             2.49
 15 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          2.57
 20 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            3.24
 21 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            3.37
 25 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              4.39
 28 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           5.12
 33 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          5.31
 36 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 6.49
 39 ホセルイス・ルビエラ     SPA  アスタナ              9.43

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             72 pts
  2 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    65
  3 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             54
  4 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    41
  5 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          38
  6 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    37
  7 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 36
  8 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             35
  9 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            32
 10 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             31
 11 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット         30
 12 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          29
 13 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    29
 14 カンスタンティン・シウトソウ BLR  チームコロンビア・ハイロード    25
 15 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    25

個人総合山岳賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             25 pts
  2 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 15
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             15
  4 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  5 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          11
  6 ヘクトール・ゴンザレス    SPA  フジ・セルヴェット         10
  7 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              8
  8 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           8
  9 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
 10 フランチェスコ・ベッロッティ ITA  バルロワールド            5
 11 ギョーム・ボナフォンド    FRA  アージェードゥーゼル         5
 12 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              4
 13 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド            4
 14 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ           4
 15 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム     3
 16 マウロ・ファッチ       ITA  クイックステップ           3
 17 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ               3
 18 トマ・ヴォクレール      FRA  Bbox ブイグテレコム         3
 19 フランチェスコ・デボニス   ITA  ディキジョバンニ           3
 20 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット          3

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  33.13.48  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          2.44
  3 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          4.05
  4 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.13
  5 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           5.47
  6 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    7.54
  7 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         8.10
  8 ジョンリー・オーガスティン  RSA  バルロワールド           10.26
  9 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              13.08
 10 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          14.54

チーム総合成績
  1 チームコロンビア・ハイロード  111.48.38  
  2 アスタナ              0.34
  3 ディキジョバンニ          3.07
  4 バルロワールド           3.39
  5 ケースデパーニュ          6.38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月17日のココロ日記(BlogPet)

さっき大風でユリー・クリフトソフが飛んでいくのが見えました

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/16

[Giro 2009] 第08ステージ結果

終盤の有力選手の逃げは面白かったけどね…。

レース展開
  第8ステージはモルベーニュからベルガモまでの209km。スタートしてすぐにコモ湖がありジロ・デ・
 ロンバルディアのコースも通過する。途中にはサン・ピエトロがそびえており、下りにタイトなコーナー
 が控えている。

  スタートから40kmを過ぎた時点で10人が飛び出し、一時は4分の差をつける。そして、残り35km付近、
 2つめの上りの手前でクネゴやライプハイマーが抜けだし、先頭集団で粘る4人と合流、新たに8人の
 先頭集団を形成するが、しかし残り16kmでメイン集団に吸収される。ここでシウトソウがカウンター
 アタックをかけ、一気に40秒の差をつける。結局そのリードを活かしてシウトソウがトップでゴール。
 集団ではディルーカが3位でゴールし、ボーナスタイム8秒をゲット、リードをさらに広げた。

ステージ成績
  1 カンスタンティン・シウトソウ BLR  チームコロンビア・ハイロード  5.04.34  
  2 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード   0.21
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク     
  4 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス    
  6 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ    
  7 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C     
  8 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ    
  9 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C     
 10 トーマス・ローレッガー    AUT  チームミルラム    
 15 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ    
 16 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス    
 19 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    
 21 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク    
 26 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ    
 27 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ    
 30 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム    
 31 ランス・アームストロング   USA  アスタナ    
 34 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ    
 37 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド    

個人総合成績
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク           33.13.35  
  2 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    0.13
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.44
  4 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              0.51
  5 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             0.58
  6 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             1.14
  7 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.24
  8 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ              1.25
  9 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             1.35
 10 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ          1.49
 11 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          2.09
 12 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              2.38
 13 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル        2.44
 14 ローレンス・テンダム     NED  ラボバンク             2.49
 15 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          2.57
 20 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            3.24
 21 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            3.37
 25 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              4.39
 28 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           5.12
 33 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          5.31
 36 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 6.49
 39 ホセルイス・ルビエラ     SPA  アスタナ              9.43

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ ITA  LPRブレーク  72 pts
  2 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    65
  3 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             54
  4 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    41
  5 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          38
  6 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    37
  7 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 36
  8 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             35
  9 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            32
 10 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             31
 11 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット         30
 12 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          29
 13 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    29
 14 カンスタンティン・シウトソウ BLR  チームコロンビア・ハイロード    25
 15 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    25

個人総合山岳賞                               
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             25 pts
  2 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 15
  3 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             15
  4 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  5 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ          11
  6 ヘクトール・ゴンザレス    SPA  フジ・セルヴェット         10
  7 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              8
  8 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           8
  9 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
 10 フランチェスコ・ベッロッティ ITA  バルロワールド            5
 11 ギョーム・ボナフォンド    FRA  アージェードゥーゼル         5
 12 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              4
 13 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド            4
 14 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ           4
 15 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム     3
 16 マウロ・ファッチ       ITA  クイックステップ           3
 17 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ               3
 18 トマ・ヴォクレール      FRA  Bbox ブイグテレコム         3
 19 フランチェスコ・デボニス   ITA  ディキジョバンニ           3
 20 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット          3

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  33.13.48  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          2.44
  3 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          4.05
  4 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.13
  5 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           5.47
  6 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    7.54
  7 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         8.10
  8 ジョンリー・オーガスティン  RSA  バルロワールド           10.26
  9 アンドレイ・ゼイツ      KAZ  アスタナ              13.08
 10 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          14.54

チーム総合成績

  1 チームコロンビア・ハイロード 98.59.59  
  2 アスタナ             0.34
  3 ディキジョバンニ         3.07
  4 バルロワールド          3.39
  5 ケースデパーニュ         6.38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/15

[Giro 2009] 第07ステージ結果

見逃した…。

レース展開

  第7ステージは序盤から登り続けて最後に一気に下る、体力と精神力が要求されるコース。スタート直後から
 飛び出した4人が、一時は9分以上の差をつけるが、山頂が近づくにつれて集団がペースアップ。パッソ・マロヤの
 山頂手前で4人はすべて吸収される。

  残り22kmで後続のメイン集団から飛び出す選手が出始め、ベルトリーニをを含む5人の選手が逃げを成功させる。
 メイン集団との差は43秒。逃げの5人は先頭を交代しながら協力体制でゴールを目指す。スリップしやすいカーブの
 下りでペースを上げられないメイン集団は、5人との差を縮められない。

  ゴ―ルまであと1km、まず最初にベルトリーニがアタック。後を追ったのがブルツ。一瞬のうちに差を広げるが、
 後ろが追いついて、ふたたび5人が縦に並ぶ。そのとたんにボアッソンが噴射、豪快にゴールイン。主催者側が
 総合順位に関しては、ゴール前3km地点のタイムを記録することを発表したことで、総合順位上位のランナーは
 「現状維持」を選択し大きな動きはなかった。

ステージ成績

  1 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード  5.56.53  
  2 ロバート・ハンター      RSA  バルロワールド         
  3 パーヴェル・ブルツ      RUS  カチューシャ    
  4 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット    
  5 アレッサンドロ・ベルトリーニ ITA  ディキジョバンニ    
  6 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                0.31
  7 マシュー・ゴス        AUS  サクソバンク           0.40
  8 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ         0.40
  9 ロベルト・フェルスター    GER  チームミルラム          0.40
 10 ベン・スウィフト       GBr  カチューシャ           0.40
 11 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード   0.40
 12 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C           0.40
 13 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム   0.40
 14 セバスティアン・イノー    FRA  アージェードゥーゼル       0.40
 15 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク            0.40

個人総合成績
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク         28.08.48  
  2 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  0.05
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード  0.36
  4 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ            0.43
  5 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク           0.50
  6 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス           1.06
  7 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム    1.16
  8 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ            1.17
  9 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス           1.27
 10 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ        1.41
 11 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ        2.01
 12 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ            2.30
 13 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル      2.36
 14 ローレンス・テンダム     NED  ラボバンク           2.41
 15 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ        2.49
 16 フェリック・カルデナス    COL  バルロワールド         2.55
 17 ホアキン・ロドリゲス     SPA  ケースデパーニュ        3.01
 18 トーマス・ローレッガー    AUT  チームミルラム         3.15
 19 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C          3.16
 20 ブリエーレ・ボシシオ     ITA  LPRブレーク           3.21
 21 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C          3.29
 25 ランス・アームストロング   USA  アスタナ            4.31
 28 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド         5.04

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             56 pts
  2 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             54
  3 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    45
  4 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    41
  5 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          38
  6 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             35
  7 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            32
  8 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット         30
  9 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    29
 10 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          28
 11 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 26
 12 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    25
 13 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    23
 14 ロバート・ハンター      RSA  バルロワールド           23
 15 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              22
 16 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             22
 17 ベン・スウィフト       GBr  カチューシャ            22

個人総合山岳賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             25 pts
  2 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             15
  3 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  4 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 10
  5 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           8
  6 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              7
  7 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
  8 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ           5
  9 フランチェスコ・ベッロッティ ITA  バルロワールド            5
 10 ギョーム・ボナフォンド    FRA  アージェードゥーゼル         5
 11 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              4
 12 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド            4
 13 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム     3
 14 マウロ・ファッチ       ITA  クイックステップ           3
 15 トマ・ヴォクレール      FRA  Bbox ブイグテレコム         3
 16 フランチェスコ・デボニス   ITA  ディキジョバンニ           3
 17 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット          3

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト    SWE  チームコロンビア・ハイロード  28.08.53  
  2 ケヴィン・シールドライヤース  BEL  クイックステップ          2.44
  3 ジャクソン・ロドリゲス     VEN  ディキジョバンニ          4.05
  4 フランチェスコ・マシャレッリ  ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.13
  5 ジョンリー・オーガスティン   RSA  バルロワールド           5.18
  6 クリス・フルーム        GBr  バルロワールド           5.37
  7 フランシス・デグレーフ     BEL  サイレンス・ロット         8.00
  8 エドヴァルド・ボアッソン    NOR  チームコロンビア・ハイロード    8.06
  9 ドミトロ・グラボフスキー    UKR  ISD                 8.18
 10 ダリオ・カタルド        ITA  クイックステップ          8.51

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/14

[Giro 2009] 第06ステージ結果

逃げが決まるのは久しぶりに見たなぁ。

レース展開
  第6ステージはオーストリア国内を主体とする248kmのロングコース。標高1500mオーバーの山岳を2つ越える
 ものの、ゴールまで残り12kmは下りから平坦な道のり。2つの山岳を物ともせず最後まで生き残った選手達の
 スプリント勝負が期待できる。

  序盤から激しいアタック合戦が繰り広げられ、そこからボナフォンド、キリエンカ、ガット、スカルポーニ、
 クロステルガードの5人が残り190km付近で飛び出す。残り80km、1つめの峠を下ったところで、先頭グループから
 キリエンカとスカルポーニの2人を残して残り3人が脱落する。2つめの峠はスカルポーニがトップでゴール、
 キリエンカが続き、2分38秒遅れで集団から単独で飛び出したガルゼッリが続く。メイン集団はトップから
 4分10秒遅れで山頂を通過。

  残り30km地点でガルゼッリが逃げを断念、一方前を行くキリエンカがパンクで貴重なリードを失う。
 スカルポーニはキリエンカを待たずにペースを維持、残り25kmの地点でキリエンカはスカルポーニに24秒遅れ、
 集団は3分40秒遅れて追走。20kmの地点でキリエンカは14秒、集団は2分40秒遅れ。その後キリエンカは
 スカルポーニに追いつくが、残り1kmで集団との差は1分38秒にまで縮まる。

  一端は追いついたキリエンカだが、足がつったようでペースをあげられず。残り5mでスカルポーニと集団の
 差は1分8秒、集団のペースがおもうよようにあがらず。残り2kmを過ぎたあたりでキリエンカが吸収されるが、
 スカルポーニは最後まで逃げきって、ジロ初勝利をあげる。メイン集団はトップから36秒遅れ、アームストロング
 は落車に巻き込まれて、またもや1分強のタイム差を付けられてのゴールとなった。

ステージ成績

  1 ミケーレ・スカルポーニ   ITA  ディキジョバンニ          5.49.55  
  2 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード     0.32
  3 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ           0.32
  4 フィリッポ・ポッツァート  ITA  カチューシャ             0.32
  5 マシュー・ゴス       AUS  サクソバンク             0.32
  6 フィリップ・ジルベール   BEL  サイレンス・ロット          0.32
  7 エンリコ・ガスパロット   ITA  ランプレN.G.C             0.32
  8 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード     0.36
  9 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク              0.36
 10 タディ・ヴァリャベッチ   SLO  アージェードゥーゼル         0.36
 13 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク              0.36
 18 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス              0.36
 19 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス              0.36
 20 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ               0.36
 21 マルツィオ・ブルセギン   ITA  ランプレN.G.C             0.36
 29 ダミアーノ・クネゴ     ITA  ランプレN.G.C             0.36
 30 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  0.36
 38 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム       0.36
 73 ランス・アームストロング  USA  アスタナ               1.15

個人総合成績
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク         22.11.15  
  2 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  0.05
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード  0.36
  4 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ            0.43
  5 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク           0.50
  6 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス           1.06
  7 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム    1.16
  8 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ            1.17
  9 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス           1.27
 10 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ        1.41
 11 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ        2.01
 12 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ            2.30
 13 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル      2.36
 14 ローレンス・テンダム     NED  ラボバンク           2.41
 15 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ        2.49
 16 フェリック・カルデナス    COL  バルロワールド         2.55
 17 ホアキン・ロドリゲス     SPA  ケースデパーニュ        3.01
 18 トーマス・ローレッガー    AUT  チームミルラム         3.15
 19 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C          3.16
 20 ブリエーレ・ボシシオ     ITA  LPRブレーク           3.21
 21 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C          3.29
 25 ランス・アームストロング   USA  アスタナ            4.13
 28 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド         5.04

個人総合ポイント賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             56 pts
  2 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             51
  3 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    38
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             35
  5 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          30
  6 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          28
  7 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            28
  8 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 26
  9 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    25
 10 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    24
 11 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    23
 12 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              22
 13 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             22
 14 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    20
 15 フィリップ・ジルベール    BEL  サイレンス・ロット         20

個人総合山岳賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             25 pts
  2 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             15
  3 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          13
  4 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 10
  5 ヴァシル・キリエンカ     BLR  ケースデパーニュ           8
  6 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
  7 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              6
  8 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ           5
  9 フランチェスコ・ベッロッティ ITA  バルロワールド            5
 10 ギョーム・ボナフォンド    FRA  アージェードゥーゼル         5
 11 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              4
 12 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド            4
 13 マウロ・ファッチ       ITA  クイックステップ           3
 14 トマ・ヴォクレール      FRA  Bbox ブイグテレコム         3
 15 フランチェスコ・デボニス   ITA  ディキジョバンニ           3
 16 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット          3

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  22.11.20  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          2.44
  3 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          4.05
  4 ジョンリー・オーガスティン  RSA  バルロワールド           5.00
  5 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 5.13
  6 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           5.37
  7 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         8.00
  8 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          8.08
  9 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                 8.18
 10 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    9.06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] クイーンズブレイド #07

第7話 降臨~光明の天使  [公式サイト]

コメント
  ナナエルさん、でっちあげの件でおしかりを受けに天界へ戻っているようです。天使長のお小言を居眠りで
 切り抜けるとは、さすがな根性だなぁ…。沼地の魔女って、手下を使って世界征服を企んでたんだ…。なんか、
 QBらしからぬアドベンチャーな展開。しっかり雷も落ちてるし。水流にも吹き飛ばされて、ドジッ娘モード
 全開だなぁ。レイナさん、どうして沼地みたいな危険なところに来てるんですか…。レイナさん、言う事は
 格好いいんだけど実は弱いんだよなぁ…。天使でも服着てるんだ…って、そこに悪の3人衆が露天風呂に入りに
 来るし…。でも、露天風呂で語らう3人って、手下じゃなきゃ普通の女の子なんだけどなぁ…と言うAパート。

  なんかナナエルさんのぼせて気絶してますけど、どうして手下達の前に流れて行くかなぁ…。動きを探りに
 来たとか、わざわざ言う事もないだろうに。そこで謙って情報を聴きだそうって、しかもレイナさんの場所と
 引き替えだななんて、ホントに天使とは思えないなぁ…。手下達はクイーンズブレイドを阻止しようって
 考えてるんだそうで。あれ、AT-Xなのに湯煙が上がってるなぁ。何のかんの言いながらレイナさんを助けに
 行くのは憎めないなぁナナエルさん。なんかナナエルさん強いじゃん…って、天界から追放されてます。なんか
 聖乳渡されてますが、全部こぼすと冥界落ちなんだ…って、いきなりレイナさんに聖乳ぶっかけるんだ、という
 Bパート。でもQBの世界だと全然エッチっぽく見えないのは何故だろう(笑)

次回予告

  ナナエルさんの主役ロードはいいとして、「ナナエルさんの憂鬱」って、いいのか…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[GER] ファンハール氏、バイエルン監督に就任

[UEFA.COM] バイエルンの来季新監督にファン・ハール氏
  名前:ルイス・ファン・ハール氏
  FROM:AZ
   TO:バイエルン
  年数:2年契約(2011年まで)
 移籍金:
  備考:

 ビッグクラブの監督向きじゃない気がするんだけどな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL08/09] 第36節結果(メモ)

リバプール&チェルシー、CL本戦決定、アーセナルCLプレイオフ決定
ウィガン&ストークス残留決定

Results

 Saturday, 09 May 2009
         Blackburn  ○2-0(HT 1-0)    Portsmouth    
            Bolton  △0-0(HT 0-0)△  Sunderland    
           Everton  △0-0(HT 0-0)△  Tottenham      
            Fulham  ○3-1(HT 1-1)    Aston Villa   
              Hull    1-2(HT 0-1)○  Stoke         
         West Brom  ○3-1(HT 1-1)    Wigan         
          West Ham    0-3(HT 0-2)○  Liverpool      
 Sunday, 10 May 2009
           Arsenal    1-4(HT 0-2)○  Chelsea       
           Man Utd  ○2-0(HT 2-0)    Man City      
 Monday, 11 May 2009
         Newcastle  ○3-1(HT 1-1)    Middlesbrough   
 Wednesday, 13 May 2009
             Wigan    1-2(HT 1-0)○  Man Utd       

Tables

   P  Team              P  PTS   GD   W   D   L    F    A           08/09   09/10
  -------------------------------------------------------------------------------
   1  Man Utd          36   86   43  27   5   4   67   24     1→       CL  [CL]
   2  Liverpool        36   80   46  23  11   2   72   26     2→           [CL]
   3  Chelsea          36   77   41  23   8   5   63   22     3→   FA  --  [CL]
  -------------------------------------------------------------------------------
   4  Arsenal          36   68   28  19  11   6   64   36     4→       --  [CL-P]
  -------------------------------------------------------------------------------
   5  Aston Villa      36   58    5  16  10  10   52   47     5→           [EL]
   6  Everton          36   57   14  15  12   9   50   36     6→   FA      [EL]
   7  Fulham           36   50    6  13  11  12   38   32     9△
  -------------------------------------------------------------------------------
   8  Tottenham        36   48    1  13   9  14   42   41    10△
   9  West Ham         36   48   -2  13   9  14   39   41     7▼
  10  Man City         36   47    8  14   5  17   56   48     8▼
  11  Wigan            36   42  -10  11   9  16   33   43    11→          [REMAIN]
  12  Stoke            36   42  -16  11   9  16   35   51    13△           [REMAIN]
  13  Bolton           36   40  -11  11   7  18   40   51    12▼
  14  Blackburn        36   40  -18  10  10  16   40   58    15△
  15  Portsmouth       36   38  -20   9  11  16   35   55    14▼
  16  Sunderland       36   36  -17   9   9  18   31   48    16→
  17  Newcastle        36   34  -17   7  13  16   40   57    18△
  -------------------------------------------------------------------------------
  18  Hull             36   34  -24   8  10  18   38   62    17▼
  19  Middlesbrough    36   31  -28   7  10  19   26   54    19→
  20  West Brom        36   31  -29   8   7  21   36   65    20→

CL敗退
  アーセナル、チェルシー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/13

[Giro 2009] 第05ステージ結果

見逃しました…。ランス、クネゴが後退ですか…。

レース展開

  第5ステージは、開始早々2級山岳を登り、その後峠を一気に下って平坦が続いた後、前半戦の最大の難所の
 アルプ・ディ・スイシを駆け上る頂上ゴール。距離は125kmと短めだがかなり過酷なコース。序盤に7人が逃げ
 を決めて4分差をつけるものの、残り10kmで集団に吸収される。

  残り7kmのあたりでランス、ガルゼッリ、クネゴの有力選手が遅れ始める。残り5kmでシモーニも後退、
 残り5kmの地点で先頭は、バッソ、ディルーカ、ロヴクヴィスト、ライプハイマー、ホーナー、メンショフ、
 サストレ、そして追い付いてきたアロヨの8人。残り500mでディルーカがペースアップ、そこでメンショフが
 一気にスパートし、ディルーカを振り切ってトップでゴール。ディルーカは連勝こそならなかったものの、
 ロヴクヴィストに先行してゴールしたことで、マリアローザを獲得した。

  ブルセギン、クネゴ、アームストロング、スカルポーニ、ガルゼッリが2分以上の大差をつけられ、総合
 争いから大きく後退した。

ステージ成績
  1 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             3.15.24  
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク              0.02
  3 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     0.05
  4 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              0.05
  5 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               0.09
  6 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ               0.09
  7 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム       0.19
  8 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ           0.22
  9 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード     0.22
 10 フレドリック・ケシアコフ   SWE  フジ・セルヴェット          0.22
 11 ローレンス・テンダム     NED  ラボバンク              0.24
 12 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド            0.45
 13 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              0.47
 14 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ           0.47
 15 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  0.50
 30 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C             2.26
 32 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C             2.39
 34 ホセルイス・ルビエラ     SPA  アスタナ               2.58
 35 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               2.58 
 48 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ           4.46
 55 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  5.24

個人総合成績
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク         16.20.44  
  2 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  0.05
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード  0.36
  4 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ            0.43
  5 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク           0.50
  6 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス           1.06
  7 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム    1.16
  8 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ            1.17
  9 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス           1.27
 10 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ        1.41
 11 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ        2.01
 12 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ            2.30
 13 タディ・ヴァリャベッチ    SLO  アージェードゥーゼル      2.36
 14 ローレンス・テンダム     NED  ラボバンク           2.41
 15 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ        2.49
 16 フェリック・カルデナス    COL  バルロワールド         2.55
 17 ホアキン・ロドリゲス     SPA  ケースデパーニュ        3.01
 18 トーマス・ローレッガー    AUT  チームミルラム         3.15
 19 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C          3.16
 20 ブリエーレ・ボシシオ     ITA  LPRブレーク           3.21
 21 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C          3.29
 22 ランス・アームストロング   USA  アスタナ            3.34
 23 カンスタンティン・シウトソウ BLR  チームコロンビア・ハイロード  3.35
 24 フレドリック・ケシアコフ   SWE  フジ・セルヴェット       3.51
 25 ブラッドリー・ウィギンス   GBr  ガーミン・スリップストリーム  3.58
 26 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド         4.01

個人総合ポイント賞
  1 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             51 pts
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             49
  3 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    38
  4 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             32
  5 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            28
  6 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 26
  7 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    25
  8 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    24
  9 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              22
 10 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             22
 11 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             19
 12 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           18
 13 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット         16
 14 ベン・スウィフト       GBr  カチューシャ            16
 15 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    15

個人総合山岳賞
  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             25 pts
  2 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             15
  3 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 10
  4 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード     6
  5 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              6
  6 カルロスホセ・オチョア    VEN  ディキジョバンニ           5
  7 フランチェスコ・ベッロッティ ITA  バルロワールド            5
  8 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              4
  9 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド            4
 10 マウロ・ファッチ       ITA  クイックステップ           3
 11 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット          3
 12 トマ・ヴォクレール      FRA  Bbox ブイグテレコム         3
 13 フランチェスコ・デボニス   ITA  ディキジョバンニ           3
 14 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               2
 15 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ           2
 16 ビョルン・シュレーダー    GER  チームミルラム            2

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  16.20.49  
  2 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          2.44
  3 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          4.05
  4 ジョンリー・オーガスティン  RSA  バルロワールド           4.21
  5 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 4.34
  6 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           4.58
  7 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         7.21
  8 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          7.29
  9 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                 8.18
 10 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    9.22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

[Giro 2009] 第04ステージ結果

最後の上りだけ見ましたが、まだまだみんな元気です。それにしてもディルーカのスパートはすごかった…。

レース展開

  第4ステージは、今年初の山岳ステージ。100km程の平坦道の後、2級山岳を乗り越え最後はドロミテの
 超級峠での頂上ゴール。ジロでは普通の山岳ステージではあるが、マリアローザのペタッキをはじめとする
 スプリンターは完走が最優先事項となるはず。今年のジロの展開を占う意味でも、楽しみなステージと
 なるはず。

  スタート後のアタックの後、フォイクト、マルティネスなどの6名が逃げに成功し最大で7分の差を集団に
 つけるが、LPRが集団のペースを上げて追走する。最初の峠が終わったところでの先頭との差は4分台、
 そして頂上まで残り15kmの上りの時点では2分30秒にまで縮まる。先頭はホイクト、ベロッティ、デボニスの
 3人。

  残り10kmの地点でデボニスが遅れ、ホイクトとベロッティの二人が逃げる。残り9km付近で集団との差は
 1分40秒。その後、ホイクトがペースアップ、残り6kmでホイクトと集団の差は1分15秒。後方でソレルが
 スパートすることで集団が活性化、残り5kmで50秒、残り3kmで25秒と一気に差を詰める。そして残り2.5km
 でフォイクトが集団に吸収される。

  先頭はバッソの属するリクイガスがペースを作る。残り1.5kmでソレルがスパート、差をつけて1kmの
 ゲートをくぐる。ソレルがハイペースで逃げ続けるが、残り300メートル付近でディルーカがスパート、
 ガルゼッリ、ペッリツォッティ続き、ソレルをかわしてゴール、勝利を飾った。ディルーカのスパート
 にロジャース、スカルポーニ、アームストロングがついて行けずタイム差をつけられてのゴールとなった。

ステージ成績
  1 ダニーロ・ディルーカ    ITA  LPRブレーク              4.15.04  
  2 ステファノ・ガルゼッリ   ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ    
  3 フランコ・ペッリツォッティ ITA  リクイガス    
  4 マウリシオ・ソレル     COL  バルロワールド    
  5 ジルベルト・シモーニ    ITA  ディキジョバンニ    
  6 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ    
  7 トーマス・ロヴクヴィスト  SWE  チームコロンビア・ハイロード    
  8 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス    
  9 デニス・メンショフ     RUS  ラボバンク    
 10 ダビ・アローヨ       SPA  ケースデパーニュ    
 11 ヤロスラフ・ポポヴィッチ  UKR  アスタナ    
 12 クリストファー・ホーナー  USA  アスタナ    
 13 タディ・ヴァリャベッチ   SLO  アージェードゥーゼル    
 14 ダミアーノ・クネゴ     ITA  ランプレN.G.C     
 15 マルツィオ・ブルセギン   ITA  ランプレN.G.C     
 16 カルロス・サストレ     SPA  サーヴェロ・テストチーム    
 -------------------------------------------
 20 マイケル・ロジャース    AUS  チームコロンビア・ハイロード       0.06
 21 ミケーレ・スカルポーニ   ITA  ディキジョバンニ             0.06
 32 ランス・アームストロング  USA  アスタナ                 0.15

個人総合成績
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード   13.05.28  
  2 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク              0.02
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード     0.06
  4 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ               0.26
  5 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ               0.26
  6 ランス・アームストロング   USA  アスタナ               0.28
  7 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              0.32
  8 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C             0.42
  9 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C             0.42
 10 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム       0.49
 11 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス              0.53
 12 カンスタンティン・シウトソウ BLR  チームコロンビア・ハイロード     0.59
 13 クリストファー・ホーナー   USA  アスタナ               1.00
 14 フェリック・カルデナス    COL  バルロワールド            1.00
 15 トーマス・ローレッガー    AUT  チームミルラム            1.02
 16 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク              1.02
 17 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ           1.06
 18 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  1.09
 19 ダビ・アローヨ        SPA  ケースデパーニュ           1.11
 20 ジョンリー・オーガスティン  RSA  バルロワールド            1.20
 21 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ           1.25

有力選手タイム差         (ボーナス)
  -0.02   ロヴクヴィスト    
  0.00△△ ディルーカ      -0.20
  0.04▼  ロジャース      
  0.24   ライプハイマー    
  0.26▼  アームストロング   
  0.30   ペッリツォッティ   -0.12
  0.40   クネゴ/ブルセギン  
  0.47   サストレ       
  0.51   バッソ        
  1.00   メンショフ      
  1.04   シモーニ       
  1.07△  ガルゼッリ      -0.16
  1.23▼  スカルポーニ     

# ディルーカ、ステージ制覇でボーナスタイム獲得

個人総合ポイント賞
  1 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             51 pts
  2 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    38
  3 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             29
  4 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 26
  5 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            25
  6 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    24
  7 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット         16
  8 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             16
  9 ベン・スウィフト       GBr  カチューシャ            16
 10 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            14
 11 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           14
 12 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          14
 13 オスカル・ガット       ITA  ISD                 14
 14 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          14
 15 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          12

個人総合山岳賞

  1 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             15 pts
  2 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 10
  3 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス              6
  4 フランチェスコ・ベッロッティ ITA  バルロワールド            5 
  5 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド            4
  6 マウロ・ファッチ       ITA  クイックステップ           3
  7 ダビ・ガルシア        SPA  シャコベオ・ガリシア         3
  8 フランチェスコ・デボニス   ITA  ディキジョバンニ           3
  9 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ           2
 10 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット          2
 11 ビョルン・シュレーダー    GER  チームミルラム            2
 12 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 1
 13 イェンス・フォイクト     GER  サクソバンク             1
 14 ユリー・クリフトソフ     UKR  アージェードゥーゼル         1

個人総合新人賞
  1 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  13.05.28  
  2 ジョンリー・オーガスティン  RSA  バルロワールド           1.20
  3 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ          1.33
  4 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ          1.45
  5 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド           2.38
  6 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード    3.24
  7 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                 3.29
  8 フランチェスコ・マシャレッリ ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 3.41
  9 フランシス・デグレーフ    BEL  サイレンス・ロット         4.20
 10 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          4.28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2009] ランキング(第5戦まで)

ドライバーズ・ポイント

  1 22 ジェンソン・バトン   (ブラウン・メルセデス)  41 (10)  1→
  2 23 ルーベンス・バリチェッロ(ブラウン・メルセデス)  27 ( 8)  2→
  3 15 セバスチャン・ベッテル (RBRルノー)        23 ( 5)  3→
  4 14 マーク・ウェーバー   (RBRルノー)        15.5( 6)  6△
  5  9 ヤルノ・トゥルーリ   (トヨタ)         14.5    4▼
  6 10 ティモ・グロック    (トヨタ)         12     5▼
  7  1 ルイス・ハミルトン   (マクラーレン・メルセデス) 9     7→
  8  7 フェルナンド・アロンソ (ルノー)          9 ( 4)  8→
  9  6 ニック・ハイドフェルド (BMWザウバー)       6 ( 2)  9→
 10 16 ニコ・ロズベルグ    (ウィリアムズ・トヨタ)   4.5( 1) 11△
 11  2 ヘイッキ・コバライネン (マクラーレン・メルセデス) 4    10▼
 12  3 フェリペ・マッサ    (フェラーリ)        3 ( 3) --△
 13  4 キミ・ライッコネン   (フェラーリ)        3    12▼
 14 12 セバスチャン・ブエミ  (STRフェラーリ)      3    13▼
 15 11 セバスチャン・ブルデー (STRフェラーリ)      1    14▼

# ウェバーが順位を上げるも上位に変動無し

コンストラクターズ・ポイント

  1 ブラウンGP・F1チーム          68 (18)  1→
  2 レッドブル・レーシング         38.5(11)  2→
  3 パナソニック・トヨタ・レーシング    26.5    3→
  4 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 13     4→
  5 INGルノーF1チーム            9 ( 4)  5→
  6 BMWザウバーF1チーム           6 ( 2)  6→
  7 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ   6 ( 3)  7→
  8 AT&Tウィリアムズ            4.5( 1)  8→
  9 スクーデリア・トーロ・ロッソ       4     9→

# 上位に変動無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/11

[Giro 2009] 第03ステージ結果

ゴール前だけ見ましたが、上りなのにペタッキ強いなぁ…。

レース展開

   スタート~5km付近で飛び出した5人が集団との差を広げ最大7分までリードを広げるが、リクイガスを中心に
 集団もペースアップ。途中の山岳ポイントは前で通過したものの、坂を下りきった残り35km付近で集団に吸収
 される。残り15km付近でライプハイマー、ホイクトを含む9人が抜け出し、10km付近で集団が大クラッシュ。
 結局逃げは不成功に終わるが、クラッシュにカベンディッシュが巻き込まれ、先頭の50人程度の集団から25秒
 程度遅れる。結局カベンディッシュは追い付く事は出来ず大きく順位を落とす。
   残り3kmの上りでブルセギンがスパート、さらにビスコンティもスパートする。ブルセギンは後退し、
 ビスコンティは残り300mまで粘るが集団に飲み込まれる。残り500mでペタッキがスパート、集団に大きく
 差をつけてトップでゴール。スプリントを争うカベンディッシュは1分25秒遅れでのゴールとなった。

ステージ成績
  1  アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク           4.45.27  
  2  タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    
  3  フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C     
  4  ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ    
  5  ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C     
  6  フィリップ・ジルベール    BEL  サイレンス・ロット    
  7  オスカル・ガット       ITA  ISD     
  8  マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    
  9  アナス・ルンド        DEN  サクソバンク    
  10  ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ    
  11  エンリコ・ガスパロット    ITA  ランプレN.G.C      
  12  ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク     
  13  イェンス・フォイクト     GER  サクソバンク
  20  パブロ・ラストラス      SPA  ケースデパーニュ      
  21  ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ
  22  ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ
  31  マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C     
  33  イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス
  44  リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ    
  46  カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム
  50  ランス・アームストロング   USA  アスタナ    
  57  フィリッポ・ポッツァート   ITA  カチューシャ
 ------------------------------------------
  58  ジョヴァンニ・ヴィスコンティ ITA  ISD                 0.13
  62  デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             0.24
 111  マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           1.25

個人総合成績
  1 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク           8.50.06  
  2 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    0.08
  3 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.18
  4 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード    0.18 
  5 ランス・アームストロング   USA  アスタナ              0.31
  6 ダニーロ・ディルーカ     ITA  LPRブレーク             0.40
  7 ヤロスラフ・ポポヴィッチ   UKR  アスタナ              0.44
  8 リーヴァイ・ライプハイマー  USA  アスタナ              0.44
  9 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 0.45
 10 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            0.52
 11 フィリッポ・ポッツァート   ITA  カチューシャ            0.53
 12 ダニエーレ・ピエトロポッリ  ITA  LPRブレーク             0.53
 13 ブリエーレ・ボシシオ     ITA  LPRブレーク             0.53
 14 オスカル・ガット       ITA  ISD                 0.55
 15 フランコ・ペッリツォッティ  ITA  リクイガス             0.58
 16 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            1.00
 17 マヌエーレ・モーリ      ITA  ランプレN.G.C            1.00
 18 マルツィオ・ブルセギン    ITA  ランプレN.G.C            1.00
 19 エンリコ・ガスパロット    ITA  ランプレN.G.C            1.00
 20 トーマス・ローレッガー    AUT  チームミルラム           1.07
 21 フィリップ・ダイグナン    IRL  サーヴェロ・テストチーム      1.07
 22 カンスタンティン・シウトソウ BLR  チームコロンビア・ハイロード    1.07
 23 カルロス・サストレ      SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.07
 24 イヴァン・バッソ       ITA  リクイガス             1.11
 27 デニス・メンショフ      RUS  ラボバンク             1.20
 29 ジルベルト・シモーニ     ITA  ディキジョバンニ          1.20
 32 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    1.29
 39 ミケーレ・スカルポーニ    ITA  ディキジョバンニ          1.37
 42 ステファノ・ガルゼッリ    ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.39
 95 マウリシオ・ソレル      COL  バルロワールド           3.26
# ペタッキ、2連勝でマリアローザも獲得

有力選手タイム差
  -0.13  ロジャース
  0.00  アームストロング
  0.08  ディルーカ
  0.13  ライプハイマー
  0.49▼ メンショフ
  0.29  クネゴ/ブルセギン
  0.36  サストレ
  0.40  バッソ
  0.53  シモーニ
  1.06  スカルポーニ
  1.08  ガルゼッリ
  4.56▼ ソレル
# メンショフ、ソレルが落車に巻き込まれて順位を落とす。

個人総合ポイント賞
  1 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク             51 pts
  2 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム    38
  3 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C            25
  4 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード    24
  5 ベン・スウィフト       GBr  カチューシャ            16
  6 オスカル・ガット       ITA  ISD                 14
  7 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ          14
  8 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ          14
  9 ダミアーノ・クネゴ      ITA  ランプレN.G.C            12
 10 フィリップ・ジルベール    BEL  サイレンス・ロット         10
 11 ジュゼッペ・ パルンボ     ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ  8
 12 レオナルド・スカルセッリ   ITA  ISD                 8
 13 マイケル・ロジャース     AUS  チームコロンビア・ハイロード     8
 14 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット          8
 15 マヌエーレ・モーリ      ITA  ランプレN.G.C            7
 16 アナス・ルンド        DEN  サクソバンク             7
# ペタッキ首位キープ

個人総合山岳賞
  1 マウロ・ファッチ       ITA  クイックステップ           3 pts
  2 ダビ・ガルシア        SPA  シャコベオ・ガリシア         3
  3 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット          2
  4 ビョルン・シュレーダー    GER  チームミルラム            2
  5 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD                 1
  6 ユリー・クリフトソフ     UKR  アージェードゥーゼル         1
# 勝負は次ステージから

個人総合新人賞
  1 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム  8.50.14   
  2 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード   0.10
  3 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C           0.44
  4 オスカル・ガット       ITA  ISD                0.47
  5 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ         1.16
  6 ジョンリー・オーガスティン  RSA  バルロワールド          1.17
  7 クリス・フルーム       GBr  バルロワールド          1.17
  8 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード   1.21
  9 ダリオ・カタルド       ITA  クイックステップ         1.24
 10 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード   1.35
 11 ケヴィン・シールドライヤース BEL  クイックステップ         1.37
 12 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD                2.02
 13 グナタス・コノバロバス    LTU  サーヴェロ・テストチーム     2.03
 14 マシュー・ゴス        AUS  サクソバンク           2.43
 15 マッテーオ・モンタグーティ  ITA  LPRブレーク            2.48
# カベンディッシュ、落車に巻き込まれて順位を落とす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 初恋限定 #05

#5 とまどいダイビング

コメント

  胸があって、とか高校生らしい会話をしてますが、そんなめぐるちゃんが全国1位でオリンピック
 候補生ってすごいな。岬ちゃんの好きな人がお兄ちゃんだとは、なんともややこしい…。しかし、
 海パンで追いかけてくる先輩は変だろう…、さらに追いかけられるのがイヤじゃない初恋の人って、
 人は見かけによらないなぁ(笑) 水泳で勝ってデートしてもらえってのも、なんとも無責任な
 発言ではあるなぁ可愛い発想だけど、と言うAパート。もう、部員の転校で廃部だなんて、なんて
 お約束な展開だ(笑)

  いや、だから海パンって職員室にお願いって、変だろう…。土下座する先輩の頼みを振り切る
 めぐるちゃん。色々悩みが多いよね。今時運動部なんて活動が流行らないのも確かなわけで。
 なぜか勝負することになったのは、女心と秋の空で片づたりしてますが、そうですか、マネさんと
 して入部ですか、まあ、それはそれでありなのかなと言うBパート。でも水着は着るんだね。廊下で
 ぶつかってメガネを落とすベタな出会いをしている新キャラも気になりますが、それ以上に、お風呂で
 めぐるちゃんの胸にかかった光のもやは、DVDでは消えるんでしょうかというのが気になります。(笑)

次回予告
  そしてクリスマス、気になるアイツと二人きりって、またまたベタですねぇ(笑)

初恋放課後トーク
  ボインボインと変態のお話とか言ってるし。高校の部活って、関わりない人は多いよね、やってる人は
 真面目にやってるんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[PREMERA Div. 08/09] 第35節結果(メモ)

RESULTADOS
 JORNADA 35. 09 y 10 de mayo de 2009
     Atlético ○3 - 2  Espanyol  
     Barcelona △3 - 3△ Villarreal 
      Getafe ○3 - 0  Osasuna   
    Recreativo  1 - 2○ Deportivo  
    Valladolid △0 - 0△ Racing   
      Almería ○3 - 1  Sporting  
     Valencia ○3 - 0  R. Madrid  
      Sevilla ○3 - 1  Mallorca  
     Athletic ○1 - 0  Betis    

Clasificacion
            PT  PJ  PG  PE  PP  GF  GC  GD     08/09
 ----------------------------------------------------------------------------------
  1 F.C. Barcelona  86  35  27  5  3 103  31  72  1→ CL CR [CL]
  2 Real Madrid C.F. 78  35  25  3  7  79  44  35  2→     [CL]
  3 Sevilla F.C.   63  35  19  6  10  51  39  12  3→
  4 Valencia C.F.   59  35  17  8  10  65  50  15  4→
 ----------------------------------------------------------------------------------
  5 At. de Madrid   58  35  17  7  11  72  56  16  5→
  6 R.C. Deportivo  56  35  16  8  11  46  44  2  7△
 ----------------------------------------------------------------------------------
  7 Villarreal C.F.  56  35  15  11  9  52  49  3  6▼
  8 Málaga C.F.    54  35  15  9  11  53  53  0  8→
  9 U.D. Almería   46  35  13  7  15  45  53  -8  10△
 10 R.C.D. Mallorca  45  35  12  9  14  46  55  -9  9▼
 11 Ath. Club Bilbao 44  35  12  8  15  46  55  -9  11→   CR [EL-P]
 12 R. Valladolid D. 42  35  12  6  17  42  52 -10  12→
 13 Real Racing Club 39  35  10  9  16  44  45  -1  13→
 14 R.C.D. Espanyol  38  35  9  11  15  39  49 -10  14→
 15 Getafe C.F.    37  35  9  10  16  47  54  -7  17△
 16 Real Betis B. S. 37  35  9  10  16  47  56  -9  15▼
 17 C. At. Osasuna  36  35  8  12  15  38  46  -8  16▼
 ----------------------------------------------------------------------------------
 18 Real S. de Gijón 34  35  11  1  23  41  76 -35  18→
 19 R.C.R. de Huelva 33  35  8  9  18  33  53 -20  19→
 20 C.D. Numancia   32  35  9  5  21  37  66 -29  20→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Serie A 08/09] 第35節結果(メモ)

Ultimo turno - 35^ Giornata

 9/5/2009
   Sampdoria ○5 - 0  Reggina  
     Lazio  1 - 3○ Udinese  
 10/5/2009
   Atalanta △1 - 1△ Genoa   
   Cagliari △2 - 2△ Roma    
    Catania  0 - 2○ Fiorentina 
    Chievo △2 - 2△ Inter   
     Lecce △1 - 1△ Napoli   
     Siena ○1 - 0  Palermo  
    Torino △1 - 1△ Bologna  
     Milan △1 - 1△ Juventus  

Classifica

  P Team       Pt  G  V  N  P  GF  GS  GD   08/09 09/10
 ----------------------------------------------------------------------------------
  1 Inter       78  35  23  9  3  62  27  35  1→    [CL]
  2 Milan       71  35  21  8  6  65  30  35  2→    [CL-P]
  3 Juventus     67  35  19  10  6  62  35  27  3→    [EL-P]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  4 Fiorentina    64  35  20  4  11  51  35  16  4→    [EL-P]
 ----------------------------------------------------------------------------------
  5 Genoa       61  35  17  10  8  47  34  13  5→
 ----------------------------------------------------------------------------------
  6 Roma       54  35  15  9  11  54  54  0  6→
 ----------------------------------------------------------------------------------
  7 Palermo      52  35  16  4  15  51  46  5  7→
  8 Udinese      51  35  14  9  12  51  45  6  9△
  9 Cagliari     50  35  14  8  13  44  41  3  8▼
 10 Lazio       47  35  14  5  16  45  51  -6 10→
 11 Atalanta     45  35  13  6  16  38  40  -2 11→  CI
 12 Sampdoria     44  35  11  11  13  45  47  -2 13△  CI [Rimanendo]
 13 Napoli      43  35  11  10  14  38  40  -2 12▼    [Rimanendo]
 14 Siena       43  35  12  7  16  32  37  -5 14→    [Rimanendo]
 15 Catania      40  35  11  7  17  34  43  -9 15→    [Rimanendo]
 16 Chievo      36  35  8  12  15  33  44 -11 16→
 17 Torino      31  35  7  10  18  31  54 -23 17→
 ----------------------------------------------------------------------------------
 18 Bologna      30  35  7  9  19  38  60 -22 18→
 19 Lecce       29  35  5  14  16  34  60 -26 19→
 20 Reggina      27  35  5  12  18  27  59 -32 20→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[INDEX] 一騎当千DD

キャスト

  孫策伯符:浅野 真澄
  呂蒙子明:甲斐田 裕子
  劉備玄徳:真堂 圭
  関羽雲長:生天目 仁美
  張飛益徳:茅原 実里
  趙雲子龍:浅川 悠
  曹操孟徳:赤城 進
 夏侯淵妙才:喜多村 英梨
  周瑜公瑾:日野 聡

ストーリー

 01 龍魂胎動 [公式]  [感想]
 02 魔王覚醒 [公式]  [感想] 
 03 流血落涙 [公式]  [感想]
 04 弐龍邂逅 [公式]  [感想] 
 05 闘士無惨 [公式]  [感想] 
 06 伏龍逢著 [公式]  [感想] 
 07 関羽投降 [公式]  [感想] 
 08 小覇王散 [公式]  [感想] 
 09 友義滅裂 [公式]  [感想] 
 10 公瑾流轉 [公式]  [感想] 
 11 闘士乱戦 [公式]  [感想] 
 12 赤壁炎上 [公式]  [感想] 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

[INDEX] やわらか三国志 突き刺せ!! 呂布子ちゃん

キャスト
 呂布子:松岡由貴  
  陳宮:西村ちなみ
  高順:若本規夫 
  曹操:吉野裕行
 夏侯惇:中田譲治 
  エリ:白鳥由里
 アスミ:野田順子 
  レナ:佐藤朱
  ナミ:立野香菜子 
 漁師A:梁田清之
 漁師B:真殿光昭 
 赤兎馬:園部啓一
  関羽:立木文彦 

感想はこちら
  ・1巻(2007年12月26日)
  ・2巻(2008年 1月23日)
  ・3巻(2008年 2月27日)
  ・4巻(2008年 3月26日)

第1回アフレコ!
  http://www.starchild.co.jp/special/ryofuko/news_01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2009] 第5戦 スペインGP 結果

サーキット
  サーキット・ド・カタロニア  4.655km×66周
  気温:24度  湿度:54% 路面:38度  路面:ドライ

予選結果
  バトン[646S] ベッテル[651S] バリチェロ[649S] マッサ[655S] ウェバー[651S] グロック[646S]
  トゥルーリ[655S] アロンソ[645S] ロズベルグ[668S] クビサ[660S] ナカジマ[676S]
  14 ハミルトン[683S] 16 ライコネン[673S] 18 コバライネン[657S]

レース展開

レース開始からSC導入まで
 L01   マッサ、ベッテルをかわす
 L01   トゥルーリ、ブエミ、ブルデー、スーティルがクラッシュ→SC
 L01   バリチェロ、バトン、マッサ、ベッテル、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、グロック
 L01   ハイドフェルド9位、ライコネン、10位、コバライネン11位へアップ
 L01 PI フィジケラ
 L02 PI ナカジマ、Fウィング交換
 L05   SCD、この周で解除
 L05   バリチェロ、バトン、マッサ、ベッテル、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、グロック
 L06   バリチェロ、バトン(0.9)、マッサ(2.4)、ベッテル(3.0)、ウェバー(3.8)、アロンソ(4.7)、ロズベルグ(6.1)、グロック(6.7)
# スタート開始直後に集団でクラッシュが発生、トゥルーリ、スーティル、トロロッソ勢がリタイアする。
# この混乱でハイドフェルド、ライコネン、コバライネンがジャンプアップ

レース再開からピットイン1回目まで
 L06 FL バリチェロ 1:24.581
 L06   コバライネン、スローダウン
 L07 FL バリチェロ 1:24.172
 L07 PI コバライネン
 L08 FL バトン 1:23.898
 L09 FL バトン 1:23.849
 L10   バリチェロ、バトン(1.0)、マッサ(3.9)、ベッテル(4.9)、ウェバー(5.8)、アロンソ(7.5)、ロズベルグ(10.6)、グロック(6.7)
 L10 FL バリチェロ 1:23.719
 L11 FL バリチェロ 1:23.334
 L12 FL バリチェロ 1:23.103
 L12   バリチェロ、バトン(1.4)、マッサ(5.0)、ベッテル(5.8)、ウェバー(6.8)、アロンソ(8.9)、ロズベルグ、グロック
 L13 FL バリチェロ 1:23.094
 L13   バリチェロ、バトン(1.6)、マッサ(5.4)、ベッテル(6.3)、ウェバー(7.4)、アロンソ(9.7)、ロズベルグ、グロック
 L14 FL バトン 1:22.950
 L17 FL バトン 1:22.899
 L17   バリチェロ、バトン(1.3)、マッサ(7.0)、ベッテル(7.9)、ウェバー(9.3)、アロンソ(11.8)、ロズベルグ、グロック
 L17 PI グロック(8.8S)
 L18 PI バトン(9.3S) アロンソ() 
 L18   ライコネン、スローダウン
 L19 PI バリチェロ(6.7S) ウェバー(  )
 L20 PI マッサ(8.6S) ベッテル(8.7S)
 L20   バリチェロ、ロズベルグ(1.2)、バトン(5.4)
 L21   バリチェロ、ロズベルグ(0)、バトン、マッサ、ベッテル、ハイドフェルド(0)、クビサ(0)
 L22   バリチェロ、ロズベルグ(2.6)、バトン(6.9)、マッサ(10.6)、ベッテル(11.5)
 L23 PI クビサ(7.2S)
 L24   バリチェロ、ロズベルグ(3.7)、バトン(8.7)、マッサ、ベッテル、ハイドフェルド、ハミルトン(0)、ウェバー
 L25 PI ロズベルグ(7.4S)
 L26   バリチェロ、バトン(10.5)、マッサ(13.4)、ベッテル(14.4)、ハイドフェルド(0)、ハミルトン(0)、ウェバー

# バリチェロとバトンが交互にFLを出してマッサとの差を広げていく。18周目にバトン、19周目にバリチェロが
# ピットインするが、バトンが2ストップ、バリチェロが3ストップに作戦が別れる。
# 20周目にマッサとベッテルが同時ピットインするが順位は変わらず。

第2スティントからピットイン2回目まで
 L28 FL バリチェロ 1:22.762
 L28   バリチェロ、バトン(12.1)、マッサ、ベッテル(D1.3)、ハイドフェルド、ハミルトン、ウェバー、アロンソ
 L29   バリチェロ、バトン(13.0)、マッサ、ベッテル、ハイドフェルド、ハミルトン、ウェバー、アロンソ
 L30   バリチェロ、バトン(13.5)
 L31 PI バリチェロ(6.7S)、ハイドフェルド(S)、ハミルトン(S)
 L32   バトン、マッサ(3.3)、ベッテル(4.3)、バリチェロ( 8.4)、ウェバー(14.2)、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L33   バトン、マッサ(3.6)、ベッテル(4.5)、バリチェロ( 8.7)、ウェバー(14.0)、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L34   バトン、マッサ(4.0)、ベッテル(5.0)、バリチェロ( 9.2)、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L35   バトン、マッサ(4.5)、ベッテル(5.3)、バリチェロ( 9.6)、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L36   バトン、マッサ(4.7)、ベッテル(5.8)、バリチェロ(10.1)、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L36 PI ナカジマ
 L37   バトン、マッサ(5.0)、ベッテル(6.0)、バリチェロ(10.2)、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L38   バトン、マッサ(5.1)、ベッテル(6.1)、バリチェロ(10.8)、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L39   バトン、マッサ(4.9)、ベッテル(6.1)、バリチェロ(10.8)、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L40   バトン、マッサ(4.8)、ベッテル(6.1)、バリチェロ(11.3)、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L42   バトン、マッサ(4.0)、ベッテル(5.4)、バリチェロ(11.8)、ウェバー、アロンソ、ロズベルグ、ハイドフェルド
 L43 PI マッサ(7.7H) ベッテル(8.7H)
 L44   バトン、バリチェロ(12.0)、ウェバー(14.5)
 L44 PI アロンソ(  H)
 L45   バトン(1)、バリチェロ(11.9)、ウェバー(14.7)、マッサ、ベッテル、ロズベルグ(1)、ハイドフェルド(1)、アロンソ
 L46   バトン(1)、バリチェロ(11.9)、ウェバー(1)、マッサ、ベッテル、ロズベルグ(1)、ハイドフェルド(1)、アロンソ
 L46   クビサ、ピケ
 L48 PI バトン(8.7H)→3位へ ハミルトン
 L49   バリチェロ、ウェバー(3.7)、バトン(15.4)、マッサ(28.9)、ベッテル(29.8)
 L49 PI ロズベルグ
 L50 PI バリチェロ(6.1H)→2位へ ウェバー(  H)→3位へ ハイドフェルド
 L51   バトン、バリチェロ、ウェバー、マッサ、ベッテル、ハイドフェルド、アロンソ、ロズベルグ
 L52   バトン、バリチェロ(8.1)、ウェバー(10.1)、マッサ(15.9)、ベッテル(16.2)、ハイドアロンソ(36.2)、ハイドフェルド、ロズベルグ

# 31周目にバリチェロがピットインするが、その後ペースが上がらない。バトンはマッサとの差を4、5秒にキープ
# 43周目にマッサとベッテルが同時ピットイン、マッサが1秒早く給油を済ませ順位変動無し。
# 48周目にバトンがピットインし、マッサの前で復帰。マッサのペースが全く上がらず。
# 50周目にバリチェロ、ウェバーがピットインし、マッサの前での復帰に成功する。

最終スティント
 L63   ベッテル、マッサをパス→4位へ
 L63   バトン、バリチェロ、ウェバー、ベッテル、マッサ、アロンソ(D13.3)、ハイドフェルド、ロズベルグ
 L64   バトン、バリチェロ、ウェバー、ベッテル、マッサ、アロンソ(D8.7)、ハイドフェルド、ロズベルグ
 L65   バトン、バリチェロ、ウェバー、ベッテル、マッサ、アロンソ(D1.9)、ハイドフェルド、ロズベルグ
 L66   バトン、バリチェロ、ウェバー、ベッテル、マッサ、アロンソ(D1.9)、ハイドフェルド(D12.5)、ロズベルグ

# マッサはピットインミスでガソリンが足りず、ペースを上げられない。
# 残り4周でベッテルにかわされ、アロンソにも迫られるがどうにか押さえて5位をキープ。
# バトンはハードタイヤで別次元の走りを見せ、今期4勝目をあげた。

レース結果

   No Name           Team               Time      Avg   Or
 -----------------------------------------------
  1 22 ジェンソン・バトン    ブラウン・メルセデス       1:37'19.202 66 189.336 1
  2 23 ルーベンス・バリチェッロ ブラウン・メルセデス       1:37'32.258 66 188.914 1
  3 14 マーク・ウェーバー    RBRルノー             1:37'33.126 66 188.886 2
  4 15 セバスチャン・ベッテル  RBRルノー             1:37'38.143 66 188.724 2
  5  7 フェルナンド・アロンソ  ルノー              1:38'02.368 66 187.947 4
  6  3 フェリペ・マッサ     フェラーリ            1:38'10.029 66 187.702 1
  7  6 ニック・ハイドフェルド  BMWザウバー            1:38'11.514 66 187.655 5
  8 16 ニコ・ロズベルグ     ウィリアムズ・トヨタ       1:38'24.413 66 187.245 2
 -----------------------------------------------
  9  1 ルイス・ハミルトン    マクラーレン・メルセデス     1:37'20.216 65 186.434 6
 10 10 ティモ・グロック     トヨタ              1:37'20.990 65 186.409 8
 11  5 ロバート・クビサ     BMWザウバー            1:37'23.811 65 186.319 7
 12  8 ネルソン・ピケJr.     ルノー              1:37'26.107 65 186.246 10
 13 17 中嶋一貴 ウィリアムズ・ トヨタ              1:37'37.113 65 185.896 9
 14 21 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア・メルセデス 1:37'50.740 65 185.464 10
 -----------------------------------------------
    4 キミ・ライッコネン    フェラーリ               油圧系 17 167.517 10
    2 ヘイッキ・コバライネン  マクラーレン・メルセデス     ギアボックス 7 130.125 11
    9 ヤルノ・トゥルーリ    トヨタ              アクシデント 0  0.000 -
   12 セバスチャン・ブエミ   STRフェラーリ          アクシデント 0  0.000 -
   11 セバスチャン・ブルデー  STRフェラーリ          アクシデント 0  0.000 -
   20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス アクシデント 0  0.000 -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 第02ステージ結果

レース展開
  序盤から飛び出したスカルセッリが一時は8分以上の差をつけるが、周回コースに入り、残り30kmを切った
あたりで集団に吸収される。その直後、ボクレールとグリムコが飛び出すが逃げ切りならず、集団でゴール前を
目指す。残り6kmで集団後方で落車。これにライプハイマーが巻き込まれ、結局この日は13秒遅れでのゴールと
なる。落車と同時のタイミングでジルベール、ガスパロット、ポッツァートの3人が抜け出すが集団が吸収。
  残り1.5kmでカンチェラーラが抜け出すも抜け出せず。残り1kmでコロンビアがトレインを作りカベンディッシュが
3番手、後ろにペタッキがつけるが、ペタッキが早めにスパート。カベンディッシュを振り切ってトップでゴールする。

ステージ成績
  1 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク          3.43.07   
  2 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード    
  3 ベン・スウィフト      GBr  カチューシャ    
  4 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ    
  5 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム    
  6 オスカル・ガット      ITA  ISD     
  7 フランチェスコ・ガヴァッツィITA  ランプレN.G.C     
  8 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット    
  9 マヌエーレ・モーリ     ITA  ランプレN.G.C     
 10 ドリス・デヴェナインス   BEL  クイックステップ    
    51     エドヴァルド・ボアッソン         NOR     チームコロンビア・ハイロード
    ------------------------------------------
 53 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス            0.13
 60 ヤロスラフ・ポポヴィッチ  UKR  アスタナ             0.13
 64 ミケーレ・スカルポーニ   ITA  ディキジョバンニ         0.13
 97 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ             0.13
133 マウリシオ・ソレル     COL  バルロワールド          0.49

個人総合成績
  1  マーク・カヴェンディッシュ    GBr  チームコロンビア・ハイロード  4.04.43   
  2  マーク・レンショー        AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.14
  3  マイケル・ロジャース       AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.14
  4  トーマス・ロヴクヴィスト     SWE  チームコロンビア・ハイロード    0.14
  5  エドヴァルド・ボアッソン     NOR  チームコロンビア・ハイロード    0.14
  6  タイラー・フェラー        USA  ガーミン・スリップストリーム    0.16
  7  アレッサンドロ・ペタッキ     ITA  LPRブレーク             0.16
  8  クリスティアン・ヴァンデヴェルデ USA  ガーミン・スリップストリーム    0.20
  9  ブラッドリー・ウィギンス     GBr  ガーミン・スリップストリーム    0.20
  10  ランス・アームストロング     USA  アスタナ              0.27
  11  ホセルイス・ルビエラ       SPA  アスタナ              0.27
  12  マルコ・ピノッティ        ITA  チームコロンビア・ハイロード    0.27
  13  トーマス・ダニエルソン      USA  ガーミン・スリップストリーム    0.33
  14  ダニーロ・ディルーカ       ITA  LPRブレーク            0.36
  15  リカルド・キアリーニ       ITA  LPRブレーク             0.36
  16  ヤロスラフ・ポポヴィッチ     UKR  アスタナ              0.40
  17  ヤネス・ブライコヴィッチ     SLO  アスタナ              0.40
  18  リーヴァイ・ライプハイマー    USA  アスタナ              0.40
  19  オスカル・ガット         ITA  ISD                0.41
  20  ドミトロ・グラボフスキー     UKR  ISD                 0.41
  21  アンドリー・グリフコ       UKR  ISD                 0.41
  27  デニス・メンショフ        RUS  ラボバンク             0.52
  33  ダミアーノ・クネゴ        ITA  ランプレN.G.C            0.56
  34  マルツィオ・ブルセギン      ITA  ランプレN.G.C            0.56
  40  カルロス・サストレ        SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.03
  45  イヴァン・バッソ         ITA  リクイガス             1.07
  57  ジルベルト・シモーニ       ITA  ディキジョバンニ          1.20 
  82  ミケーレ・スカルポーニ      ITA  ディキジョバンニ          1.33
  85  ステファノ・ガルゼッリ      ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.35
 113  マウリシオ・ソレル        COL  バルロワールド           1.57

有力選手タイム差
  -0.13  ロジャース
  0.00  アームストロング
  0.08  ディルーカ
  0.13▼ ライプハイマー
  0.25  メンショフ
  0.29  クネゴ/ブルセギン
  0.36  サストレ
  0.40▼ バッソ
  0.53  シモーニ
  1.06▼ スカルポーニ
  1.08  ガルゼッリ
  1.30▼ ソレル

個人総合ポイント賞

  1 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク          26 pts
  2 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード 24
  3 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム 18
  4 ベン・スウィフト       GBr  カチューシャ         16
  5 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ       14
  6 オスカル・ガット       ITA  ISD              10
  7 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C         9
  8 レオナルド・スカルセッリ   ITA  ISD              8
  9 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット       8
 10 マヌエーレ・モーリ      ITA  ランプレN.G.C         7
 11 ドリス・デヴェナインス    BEL  クイックステップ        6
 12 トーマス・フォーテン     GER  チームミルラム         5
 13 パオロ・ロンゴボルギーニ   ITA  バルロワールド         4
 14 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ        3
 15 ロバート・ハンター      RSA  バルロワールド         3

個人総合山岳賞

  1 ダビ・ガルシア        SPA  シャコベオ・ガリシア      3 pts
  2 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット       2
  3 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD              1

個人総合新人賞

  1 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード 4.04.43  
  2 トーマス・ロヴクヴィスト  SWE  チームコロンビア・ハイロード  0.14
  3 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード  0.14
  4 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム  0.16
  5 リカルド・キアリーニ    ITA  LPRブレーク           0.36
  6 オスカル・ガット      ITA  ISD               0.41
  7 ドミトロ・グラボフスキー  UKR  ISD               0.41
  8 フランチェスコ・ガヴァッツィITA  ランプレN.G.C          0.56
  9 イアン・スタナード     GBr  ISD               1.04
 10 トム・スタムスニデル    NED  ラボバンク           1.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース展開

 序盤から飛び出したスカルセッリが一時は8分以上の差をつけるが、周回コースに入り、残り30kmを切った
あたりで集団に吸収される。その直後、ボクレールとグリムコが飛び出すが逃げ切りならず、集団でゴール前を
目指す。残り6kmで集団後方で落車。これにライプハイマーが巻き込まれ、結局この日は13秒遅れでのゴールと
なる。落車と同時のタイミングでジルベール、ガスパロット、ポッツァートの3人が抜け出すが集団が吸収。
 残り1.5kmでカンチェラーラが抜け出すも抜け出せず。残り1kmでコロンビアがトレインを作りカベンディッシュが
3番手、後ろにペタッキがつけるが、ペタッキが早めにスパート。カベンディッシュを振り切ってトップでゴールする。これにより、ポイント賞ジャージも手にした。

ステージ成績
  1 アレッサンドロ・ペタッキ  ITA  LPRブレーク          3.43.07   
  2 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード    
  3 ベン・スウィフト      GBr  カチューシャ    
  4 アラン・デーヴィス     AUS  クイックステップ    
  5 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム    
  6 オスカル・ガット      ITA  ISD     
  7 フランチェスコ・ガヴァッツィITA  ランプレN.G.C     
  8 ダヴィデ・ヴィガノ     ITA  フジ・セルヴェット    
  9 マヌエーレ・モーリ     ITA  ランプレN.G.C     
 10 ドリス・デヴェナインス   BEL  クイックステップ    
 53 イヴァン・バッソ      ITA  リクイガス            0.13
 60 ヤロスラフ・ポポヴィッチ  UKR  アスタナ             0.13
 64 ミケーレ・スカルポーニ   ITA  ディキジョバンニ         0.13
 97 リーヴァイ・ライプハイマー USA  アスタナ             0.13
133 マウリシオ・ソレル     COL  バルロワールド          0.49

個人総合成績
  1  マーク・カヴェンディッシュ    GBr  チームコロンビア・ハイロード  4.04.43   
  2  マーク・レンショー        AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.14
  3  マイケル・ロジャース       AUS  チームコロンビア・ハイロード    0.14
  4  トーマス・ロヴクヴィスト     SWE  チームコロンビア・ハイロード    0.14
  5  エドヴァルド・ボアッソン     NOR  チームコロンビア・ハイロード    0.14
  6  タイラー・フェラー        USA  ガーミン・スリップストリーム    0.16
  7  アレッサンドロ・ペタッキ     ITA  LPRブレーク             0.16
  8  クリスティアン・ヴァンデヴェルデ USA  ガーミン・スリップストリーム    0.20
  9  ブラッドリー・ウィギンス     GBr  ガーミン・スリップストリーム    0.20
  10  ランス・アームストロング     USA  アスタナ              0.27
  11  ホセルイス・ルビエラ       SPA  アスタナ              0.27
  12  マルコ・ピノッティ        ITA  チームコロンビア・ハイロード    0.27
  13  トーマス・ダニエルソン      USA  ガーミン・スリップストリーム    0.33
  14  ダニーロ・ディルーカ       ITA  LPRブレーク            0.36
  15  リカルド・キアリーニ       ITA  LPRブレーク             0.36
  16  ヤロスラフ・ポポヴィッチ     UKR  アスタナ              0.40
  17  ヤネス・ブライコヴィッチ     SLO  アスタナ              0.40
  18  リーヴァイ・ライプハイマー    USA  アスタナ              0.40
  19  オスカル・ガット         ITA  ISD                0.41
  20  ドミトロ・グラボフスキー     UKR  ISD                 0.41
  21  アンドリー・グリフコ       UKR  ISD                 0.41
  27  デニス・メンショフ        RUS  ラボバンク             0.52
  33  ダミアーノ・クネゴ        ITA  ランプレN.G.C            0.56
  34  マルツィオ・ブルセギン      ITA  ランプレN.G.C            0.56
  40  カルロス・サストレ        SPA  サーヴェロ・テストチーム      1.03
  45  イヴァン・バッソ         ITA  リクイガス             1.07
  57  ジルベルト・シモーニ       ITA  ディキジョバンニ          1.20 
  82  ミケーレ・スカルポーニ      ITA  ディキジョバンニ          1.33
  85  ステファノ・ガルゼッリ      ITA  アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.35
 113  マウリシオ・ソレル        COL  バルロワールド           1.57

有力選手タイム差

  -0.13  ロジャース
  0.00  アームストロング
  0.08  ディルーカ
  0.13▼ ライプハイマー
  0.25  メンショフ
  0.29  クネゴ/ブルセギン
  0.36  サストレ
  0.40▼ バッソ
  0.53  シモーニ
  1.06▼ スカルポーニ

  1.08  ガルゼッリ
  1.30▼ ソレル

個人総合ポイント賞
  1 アレッサンドロ・ペタッキ   ITA  LPRブレーク          26 pts
  2 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード 24
  3 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム 18
  4 ベン・スウィフト       GBr  カチューシャ         16
  5 アラン・デーヴィス      AUS  クイックステップ       14
  6 オスカル・ガット       ITA  ISD              10
  7 フランチェスコ・ガヴァッツィ ITA  ランプレN.G.C         9
  8 レオナルド・スカルセッリ   ITA  ISD              8
  9 ダヴィデ・ヴィガノ      ITA  フジ・セルヴェット       8
 10 マヌエーレ・モーリ      ITA  ランプレN.G.C         7
 11 ドリス・デヴェナインス    BEL  クイックステップ        6
 12 トーマス・フォーテン     GER  チームミルラム         5
 13 パオロ・ロンゴボルギーニ   ITA  バルロワールド         4
 14 ジャクソン・ロドリゲス    VEN  ディキジョバンニ        3
 15 ロバート・ハンター      RSA  バルロワールド         3

個人総合山岳賞
  1 ダビ・ガルシア        SPA  シャコベオ・ガリシア      3 pts
  2 エロス・カペッキ       ITA  フジ・セルヴェット       2
  3 アンドリー・グリフコ     UKR  ISD              1

個人総合新人賞
  1 マーク・カヴェンディッシュ GBr  チームコロンビア・ハイロード 4.04.43  
  2 トーマス・ロヴクヴィスト  SWE  チームコロンビア・ハイロード  0.14
  3 エドヴァルド・ボアッソン  NOR  チームコロンビア・ハイロード  0.14
  4 タイラー・フェラー     USA  ガーミン・スリップストリーム  0.16
  5 リカルド・キアリーニ    ITA  LPRブレーク           0.36
  6 オスカル・ガット      ITA  ISD               0.41
  7 ドミトロ・グラボフスキー  UKR  ISD               0.41
  8 フランチェスコ・ガヴァッツィITA  ランプレN.G.C          0.56
  9 イアン・スタナード     GBr  ISD               1.04
 10 トム・スタムスニデル    NED  ラボバンク           1.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月10日のココロ日記(BlogPet)

ハガキの枚数、もっと増えませんかねえ…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/09

[F1 2009] 第5戦 スペインGP 予選結果

  --------------------------------------------
      No  Name                      Team                              Time     Lap  Wei.
  --------------------------------------------
   1  22  ジェンソン・バトン        ブラウン・メルセデス              1'20.527  21  646.0
   2  15  セバスチャン・ベッテル    RBRルノー                         1'20.660  15  651.5
   3  23  ルーベンス・バリチェッロ  ブラウン・メルセデス              1'20.762  20  649.5
   4   3  フェリペ・マッサ          フェラーリ                        1'20.934  18  655.0
   5  14  マーク・ウェーバー        RBRルノー                         1'21.049  17  651.5
   6  10  ティモ・グロック          トヨタ                            1'21.247  25  646.5
   7   9  ヤルノ・トゥルーリ        トヨタ                            1'21.254  25  655.5
   8   7  フェルナンド・アロンソ    ルノー                            1'21.392  20  645.0
   9  16  ニコ・ロズベルグ          ウィリアムズ・トヨタ              1'22.558  22  668.0
  10   5  ロバート・クビサ          BMWザウバー                       1'22.685  15 660.0
  --------------------------------------------
  11  17  中嶋一貴                  ウィリアムズ・トヨタ              1'20.531  16  676.6
  12   8  ネルソン・ピケJr.         ルノー                            1'20.604  20  677.4
  13   6  ニック・ハイドフェルド    BMWザウバー                       1'20.676  16  676.3
  14   1  ルイス・ハミルトン        マクラーレン・メルセデス          1'20.805  12  683.0
  15  12  セバスチャン・ブエミ      STRフェラーリ                     1'21.067  15  678.0
  --------------------------------------------
  16   4  キミ・ライッコネン        フェラーリ                        1'21.291   5  673.0
  17  11  セバスチャン・ブルデー    STRフェラーリ                     1'21.300   8  669.0
  18   2  ヘイッキ・コバライネン    マクラーレン・メルセデス          1'21.675  10  657.0
  19  20  エイドリアン・スーティル  フォース・インディア・メルセデス  1'21.742  11  675.0
  20  21  ジャンカルロ・フィジケラ  フォース・インディア・メルセデス  1'22.204  11  656.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] アニメ「PandoraHearts」スペシャルイベント「Knave of Hearts」

日時
  2009年05月09日(土)16:30 - 18:30

場所
  九段会館 大ホール

出演者
  皆川 純子    (皆:)        オズ役
  鳥海 浩輔    (鳥:)        ギルバート役
  川澄 綾子    (川:)        アリス役            黒のワンピース。胸のあたりに飾り。茶色のブーツ。
  花澤 香菜    (花:)        シャロン役
  石田 彰     (石:)        ブレイク役
  FictionJunction OP 「Parallel Hearts」
  savage genius  ED    「Maze」

0)開演前
  300番台と言うことで会場外の歩道で整列。いや、外を使うのはしょうがないけどしっかり指導して並ばせ
 ないと…。指示がないからと言って歩道一杯に広がるのもどうかと思うが。344番の整理番号でもらった
 抽選番号は255番。無料招待だとそれぐらいスキップするのはしょうがないかねぇ。色々あって6列目の左端を
 ゲット。


1)開演前アナウンス

開演10分前と開演直前にアナウンスあり。基本線としては、諸注意を必死で説明するギルに対し、ブレイクが
いろいろな突っ込みをする感じ。

■10分前
 鳥:(イベントの諸注意をする旨を説明)
 石:リラックスリラックス。
 鳥:携帯等はOFFにして…。
 石:電磁波は体によくないしね。
 鳥:気分が悪くなったらスタッフへ。
 石:さしずめ、ギルバート君が救急車だね。
 鳥:非常の際には…。
 石:ちゃんと誘導できるんですか?

もう、いきなりの漫才ムードに場内大爆笑。

■開演直前
 鳥:まもなく開演です。
 石:ホントに始まるんですか?
 鳥:席に戻ってください。
 石:やれやれ、わたしも戻りますかね…。

ギルも大変だなぁと改めて思ったり(笑)

1)自己紹介&アイスブレーキング

幕が上がるそして鳥海さん登場。

 鳥:はいどーも、今日はスペシャルイベント「Knave of Hearts」ということで、ようこそ
  いらっしゃいました。

今日も司会は鳥海さんのようです。ちょっと不安…かも(笑)

 鳥:さっきも本気でかみました、レイブン改めギルバート役の鳥海 浩輔です。さっき、髪の毛も
  わかめにしてもらって、イベント楽しみです。いろんなコーナーとかいろんなコーナーとか
  プレゼントコーナーとかありますので楽しんで下さい。

軽い挨拶の後、出演者を呼び出す鳥海さん。挨拶を促す。

 皆:みなさん、こんにちは。元気なお返事ですね。晴れてよかったです。昨日までの天気でも
  パンドラハーツらしいかなとは思ってたんですが。オズ役の皆川淳子です。

今日もいろいろやらかしてくれそうで楽しみです(笑)

 川:みなさん、こんにちは。上の方見えますか、階段に気をつけてくださいね。今日は黄色い悲鳴が
  聞けるかな?
 鳥:悲鳴じゃない、歓声!
 川:歓声が聞けて、今までにない感じなのでテンションあがってます。今日はいろんなことがあるので
  楽しんでいってください。

挨拶はそつがなくて大変結構なんですが、とりあえずイベントでは名乗って下さい(笑)

 花:こんなにたくさんの女の方がいらしてウハウハでございます。シャロン役の花澤香菜です。
  今日はよろしくお願いします。

ほら、香奈ちゃんでさえ名乗ってる…。しかし、女の子が一杯でウハウハって、この娘もそういう
キャラなのか…(笑)

 石:今日はなんかたくさんの方がいらしてて、だんだん目が慣れて視線があって、いやだっていう
  んじゃないけど緊張してます。
 鳥:ずっと石田さんを凝視してください。
 石:やめて…。

鳥海さんの挑発で石田さんを凝視する客席。恥ずかしがる石田さん。
実は恥ずかしがり屋さんなんだ。やってるキャラからは想像つかないな(笑)

■出演者と客席の素性…。

 鳥:Knave of Hearts」って意味知ってますか? 不思議の国のアリスのハートのジャックから来ていて、
  ごろつきって意味だそうです。
 皆:ごろつき…。
 川:ごろつき…。
 鳥:今日はごろつきの集まりってことで、我々も皆さんも…。

いやです…。それはいやです。

■わかめ

そんなごろつきの皆さんの興味は、必然的に鳥海さんの頭に(笑)

 皆:髪の毛わかめ…。
 川:いつの間に…。
 皆:会ったときと違う。
 川:ホントに。後ろも蝶結び、リボン結びで。素敵だよね、素敵なわかめ頭。
 石:ほめるとこ、そこ?

ほめてないと思うな(笑) ということで、今日はわかめ頭の鳥海さんの司会で、ごろつきどもの決起集会を
九段会館からお送りすることになりました…って事になってしまうのでしょうか。

3)ダイジェスト

そしてイベント開始ということで、まずは…。

 鳥:まずはダイジェストをみてもらいましょうってことで、私が昨日…。
 皆:うそだぁ、スタッフさんでしょ。
 川:いっつも仕込んでるよね!

TAFのスペシャルステージでも同じことを言ってました。もうそのネタは飽きたかなぁ(笑)

A)ダイジェスト(#1と#2)

■あな、くぼんだところ…。
 皆:これすごいよ!
 川:こんなに穴があくんでしょうか?

イベントを通してこの二人は喋り通してました、イベント向きのキャラだなぁ、惚れ直しました(笑)

■首を絞めるアリス

 皆:こわいよ~!
 川:こわいよ~!
 鳥:子供の頃、こんなに可愛い声なんだ…。

怖いけどアリスは可愛いです。

■真のアリス登場
 川:この音楽格好いいよね。
 鳥:(アリス)でかいね。
 川:でかいですよ。

でかいなぁ…、うさぎなのに(笑)

■そしてオズが…
 皆:ちゃんと前見て、オズ!
 川:ホントだよ、刃物もって目つむっちゃダメ!

いや、そこで二次元の人に突っ込まれても…。

 鳥:ということで、1話と2話のダイジェストでした。
 花:私たち、いらない子ってことですか?
 鳥:おれ、二言しかないし。「結構だ」って…。

シャロンとブレイク、ここでは出番なかったんですよね。

 鳥:(アリスを演じて)どんな感じですか?
 皆:もう、手探り状態で、アリスもよくわからないし。
 川:4パターンぐらい出てて、色っぽいのとか…。
 皆:怖いのとか…。
 川:途方に暮れてやりました。
 皆:迷いながらね。
 川:あと、オズの悲鳴が多い。

迷った甲斐はあったと思います。

 石:実は、2話に入ってたの知ってました? こう、見切れるぐらいに…。
 川:地デジでも?
 石:地デジでも切れちゃう。ちょこっと隠れる感じ。

だから、そういう時事ネタを入れるのはどうかなぁ…。

 石:俺たちゃここだよ!
 花:シャロンはギルの頭の中にいました。

もう、いらない子というより危ない子です(笑)

 花:トイレ行きたい…。
 鳥:行くんだったら放映中にね。
 皆:2、3分しかないよ。

結局行かなかったようですが、突然、この子は何を言い出すんでしょう(笑)

B)ダイジェスト(#3と#4)

■オズとアリスの初体験
 川:怖いね。
 川:(キスシーン)ごめんね、初めてだった?
 皆:光栄です。

光栄なんだ…。

 川:なんか。馬乗りになってますが…。
 皆:はい、ありがたく思ってます。

中の人的には逆なのかなぁ…と思わないでもないけど、どっちも攻めなのか。まあ、乗られる本人が
ありがたいならいいんじゃないでしょうか…。

■オズ出血、実は…
 皆:脇汗みたい。
 石:カバじゃないんだか…。
 川:赤いんだよ、そうそうそうです。

シリアスシーンなのに「カバ」とか「脇汗」とかおふざけコメントがすぎます(笑)

■アリスをいたぶるブレイク
 川:ブレイク、結構どエス…。
 石:あなたに言われたくない!
 川:そっか…。

そうです。でも、ブレイクの方がドエスだと思いますが(笑)

■そして泣き出すアリス
 川:アリス別人。数少ない可愛いバージョン。このシーンも好き。
 皆:本領発揮ですな。
 川:いやいや…。

本領発揮ですよ。怖かったり高飛車なのもまたいいんだけど(笑)

 石:こう、ブレイクがひどいって言われるのはわかる。
 川:アリスをバンバンしてまして。
 石:確かにアリスは女の子に見えますが、でもでっかいウサギですよ!
 川:確かにね…。
 石:まあ「動物虐待」って話もあるんですが、でもあんなの、やらなきゃやられますって…。
 川:鎌持ってるしね。

それでも、あのアリスをバシバシとしばくブレイクは、かなり鬼だと思います。

C)ダイジェスト(#5と#6)

 皆:(この話は)原作通りしんどかった。

■オズに駆け寄るギル
 皆:ギル、早過ぎじゃなかった?
 鳥:実は見えないけど帽子に手を。
 皆:加速装置って?
 川:えー。
 皆:格好いい。なんでみんな脇をねらうの、やめろよ!
 川:脇って…。

実はオズの弱点とか、そんな同人誌のネタじゃないんだから(笑)

■そして消える
 皆:可愛い。
 川:可愛い。
 鳥:「にいさ~ん!」
 皆:なに、今の?
 鳥:いや、よくあるパターンかな。「とうさーん」とか。

だから、勝手にアフレコしない(笑)

■行方不明その1
 鳥:シャロンは?
 花:ねえ、どうしちゃったんですか?
 皆:いつもお茶飲んでるから。
 川:どんだけこっちがピンチでもお茶飲んでて…。
 花:歯が黄色くなりそう。
 川:ステインがね…。

ステインだらけのヒロインはイヤです。

■行方不明その2
 鳥:あとはなぞのおっさんとか。
 川:ハンサムだけどね。
 鳥:みんなでハンサムグッズとか考えたり。石田さんのがよかった。
 石:アイドルグッズといえば、ハンサム自転車。
 川:ハンサム自転車ね。
 石:サイドとかに絵がついてるの。
 川:でも、補助輪ついてるんだよ。

そんな、茉莉ちゃんじゃないんだから、補助輪はないでしょう…(笑)

4)新キャラ紹介

ここでダイジェストの流れからトークに入っていく一同。

 鳥:チェシャ猫は山口勝平さんで。
 皆:可愛い。
 川:河合。そして格好よく、一途で。
 鳥:レイブは諏訪部順一で。
 皆:相方ですね。
 川:吐息が一杯…。
 鳥:(相方言われるのがいやだったから)あえて言わなかったんですけどね。

相方なんだ…。

 鳥:あと、ハンサムさん。
 石:最後まで言わない気?
 鳥:大丈夫、次の収録の時「一杯言っときましたよ」って言っとけば…。

きっとバレバレだったんだろうなぁ、小野さん、不憫です(笑)

■ビンセント
 鳥:閏はやらしい。
 川:ねっとりしてる。
 皆:ぴったりですよ。

しかし、なぜか映像が出ない。

 鳥:石田さんは好きなお笑い芸人は?
 石:ゆーじこーじですね。
 川:ごめんねごめんね~って奴ですね。すごく好き。
 石:みなさんも応援してくださいって関係ないんですけどね。

ホントに唐突だ…(笑)

D)ダイジェスト先行公開(#7)

ようやく映像が出るのですが…。

 鳥:これは僕のミステイクですね。これもVTRとは思わなかった。
 川:怖いですね。
 鳥:先に新しい声優さんとか言っちゃうし…。
 川:いいですよ。

ハプニングとかあるのがイベントの醍醐味ですし、いいんじゃないでしょうか。


4)ぱんどらはーちゅ 生アフレコ

イベント用にお話と映像を先生に起こしてもらいました。

 川:どきどきですね。

えっと、みんなで女装とかしてる話でした。たしか…。こういうのも特典映像で欲しいですね。

5)「謎」トークコーナー

続いてのコーナーは…。

 鳥:今日、なんと日常的に気になる謎について写真を撮ってもらいました。
 皆:ホント困りました。
 川:困りました。

困りましたと言いつつ、自信がありそうななさそうなコメントをする面々に、

 石:なんでそんなに自分たちでハードルあげるんですか!

と若干切れ気味の石田さん。一人良識人がいる感じです(笑)

■(1) 伊勢海老ツリー (花澤)

エビが大量に渦高く積まれたツリー。

 花:これ、気持ち悪いですよね。
 川:気持ち悪いね。
 花:中華街を友達と歩いてたら…。
 川:食べたの?
 花:食べてないです!
 鳥:本物?
 花:本物じゃないです。美味しそうに見せたいならもう少し置き方とかあると思うんだけど…。
 川:ナウシカっぽいよね。
 鳥:ワシャワシャ襲ってきそう…。

ナウシカとか分からない世代もいるんじゃないかなぁ、と心配してみたり…(笑)

■(2) 知ってはならない (石田)

ディスプレイの中になにやら怪しい靴。まるで悪魔が履くような…。

 石:東京はコンクリートジャングルで、神も仏もいないんですが、悪魔は住んでます。
 鳥:普通に売ってる?
 石:靴屋さんに買いに来てます。

いや、買っている姿は見てないと思うんですが…(笑)

 石:(悪魔の間で)「あそこの店にはあるぜ」って話題になってるんです。僕、この靴屋に初めて
  行ったんですが、そんなに流行ってないところで普通の人には見つけられない場所なんです。
  これってやばい…。
 川:悪魔の秘密を知ってしまった…。
 石:ばらしてしまいました。
 川:こんな大勢の前で…。
 石:悪魔がきても知りません。東京には悪魔が住んでる…。

悪魔は見たことないですが、悪魔みたいな人は住んでそうな気がします。東京に限らずですが(笑)

 川:これ、石田さん、買ったんですか?
 石:買ってませんよ。外からこっそり撮ったのに。
 皆:でも、店的には一押しなんですよね。
 川:すごいわ…。

ディスプレイされてるってことは何らかの売りなんでしょうけど…、変だ(笑)

 川:もしかしたら石田さん履いてくるかも。
 石:つのが生えてきたり…。
 鳥:みんなで呪われれば怖くない。

いや、かなり怖いと思います。まあ、ピエロさんとかサーカス関係者の御用達だと信じたいです(笑)

■(3) 事務所のゆるキャラ (川澄)

ビルの上になにやら看板が見える。

 川:これ、見えづらいと思うんですが、大沢事務所のマスコットキャラです。
 花:これマスコットキャラですか!?
 石:あなた、どこの事務所でしたっけ?
 花:大沢事務所…。

まあ、先輩として叱咤したい気持ちは分かりますが、香奈ちゃんなんでゆるしてやってください(笑)

 川:ある時、事務所が引っ越したんですけど、行ってみたらそのキャラが…。このビルじゃないよなぁ…
  と思ったんだけど、そのビルで…。
 皆:でも、これ使ってるの?
 鳥:封筒とかに?
 川:使ってないです。(封筒は)普通の「大沢」っってのと「OHSAWA」って言う文字のしかないです。
  ビルの上にはドンってあるんだけど、封筒には使わない。
 鳥:マックの「M」みたいな感じなのにね。
 川:こう、ドナルドダック?
 鳥:そこは危険!

噂には聞くけど、そんなにD社って権利がきついんだ…。

 川:事務所の人に聞いても、奥歯にものが挟まった言い方をするだけで…。
 皆:押していこうよ。名前はあるの?
 川:ないと思う。マネージャーさんに聞いてみないと。
 鳥:つけましょう。今決めましょう。
 川:永遠の小学生らしいですが…。
 鳥:どうですか、香菜ちゃん?
 花:ビートたけしとか…。
 鳥:ランドセルだしね…。
 川:香菜ちゃんが言えば、うちの事務所の偉い人はOK。

いや、さすがにまるしーでひっかかるでしょう「びーとたけし」は。せめて「たけしくん」とか(笑)

 川:あるのかな、あったらごめんなさい、部長さん。
 鳥:どうですか、石田さん?
 石:大沢君でいいんじゃないの?
 鳥:じゃあ、大沢君ということで。

結局、大沢君にきまったんでしょうか…(笑)

■(4) ええっ!? (鳥海)

お皿に盛られたのは小ガニのようです。

 鳥:かにです。丸ごとかにです。
 川:踊り食い?
 石:痛そう。
 鳥:このままバリバリと…。
 川:沢ガニ?
 鳥:しらないけど、最初にでてきたのがこれ。そのまま食べてって言われて、ちょっと堅かった。
 川:ソフトジェルクラブとかじゃなく?
 鳥:普通のかにでした。

さすがにかにの踊り食いというか、姿食いの経験はありません。

 石:そのうち北海道名物になるかも。熊が鮭を加えるように、
 鳥:僕がかにをくわえてる。
 川:白い恋人か、鳥海さんか…。

それは面白そうだから、女の子いっぱい買いにいくかも。そこで「生キャラメルか」とか言うと
「なういぎゃる」みたいなんですけどね(笑)>あやちーさん

 皆:その前に水こぼしちゃった。なんかおもらしみたい…。
 川:パーカーみせてあげなよ。

突然立ち上がった皆川さんに催促するあやち~。後ろを向くと、フード付きのパーカー。

 川:私、シュシュしたまま出てきちゃって、順ちゃん預かってって入れてもらった。
 石:僕、時計してきちゃった。
 皆:いいよ!

いや、ひとがいいとうかなんというか…。イベント中なんですけど(笑)

■(5) バーチャル教習所、都心に看板のみ。 (皆川)

 川:これ、どこで運転するの?
 鳥:初っぱなから公道。
 石:コースないんだ。
 鳥:むしろ車持ってきてくださいって。

教習所なのにコースないのはだめですよねぇ(笑)

 鳥:あけると魔界につながってるとか。
 皆:つながってるか!
 川:寂れ具合がこわいよね。学科だけかな?

いや、そもそも古看板だけだとおもうのですが…。

■(6) 発砲注意 (鳥海)

そしておまけで鳥海さんの取った看板。

 石:注意しきれるもんじゃないよね。
 川:流れ弾に注意するの?
 鳥:それは別にあるの…。
 川:え~。
 皆:落石注意とかも、注意してどうにかなるもんじゃないよね。

おっしゃる通りですが、落石に関しては「落ちている石に注意」するんだそうです。

■まとめ

 川:お題をいただいてからすごい探した。
 鳥:町にあふれる謎を探してみるコーナー、いかがでしたでしょうか?

まあ、世の中、自分の周りに謎があふれてるもんじゃないですから。でも大沢事務所の看板は驚いた(笑)


6)お絵かきコーナー

サブタイトルは「書いてみよう僕(私)の考えたチェイン」だそうです。

 鳥:我々が考えたチェインで、どのチェインと契約したいのかをみなさんに判定してもらおうって
  ことで。最下位の人には罰ゲームがあります。2分ぐらいで書いてください。

一斉に絵を描き出す一同。

 皆:焦らせる音楽だなぁ…。

描く一同。

 皆:絵心のある人いるの?
 鳥:香菜ちゃんがうまいですよ。
 花:…。

まだまだ描く一同。

 皆:難しいな…。無言になっちゃうよ。
 鳥:僕はかき終わりました、さあ、どうですか?
 川:もうやだ、もうやだ…。
 皆:チェインとか無理だよ…。

ということで作品の紹介。

■(1) 熊の○ーさん (鳥海)

 鳥:今日はDVDの撮影とかないんで、こういつも描けないことを。○ーさん
 石:なんだって?
 鳥:熊の○ーさん。「僕と契約したいのか、だったらこの甘い汁をなめてごらん」って感じで…。

まあ、収録されたら海の向こうから激しいクレームくるでしょうな(笑)

 鳥:特技としては、下半身露出してて働かない。でも幸せに暮らせるってことで。

そんなチェーンほしいか…(笑)

■(2) アヴィスの中のほにょ (花澤)

 花:「アヴィスの中のほにょ」です。
 石:なんか凶悪…。
 川:なんでしおれてるの?
 花:「元ネタの子」がハムが好きでそれをちょっと…。
 鳥:元ネタっていっちゃったよ…。

ホントにだめな娘です(笑)

 花」ハムを食べると早く走れるんです。
 鳥:どうやって契約するんですか?
 花:指の先と先会わせて「そうすけ」って
 全:…

もう、「そうすけ」とか言ってる時点でだめだめです(笑)

 皆:なんか似ても似つかない…。
 鳥:おっさんですよ。
 川:精気を、すいとらえそう…。

鳥海さん、無精ひげをあごに追加。ますますおっさん度がアップしました(笑)

■(3) コラーゲン・ぶー (川澄)

 川:言っとくよ、わたし。すごい暖かい目で見てね…。

まあ、あやち~さんに画才があるとは聞いてないのでぜんぜん期待はしてませんが(笑)

 川:私はパクリとかしちゃいけないと思って、本編に出てきてない動物なにかなって考えて。
  最初、馬を考えたけど、馬は出てきたので豚に…。
 鳥:豚ですか。契約すると?
 川:契約すると肌がつるつるに。もれなく肌がつやつやに。もうほっといてください。もう進め!

まあ、豚はコラーゲン豊富みたいですからね。ともかくあやちーさんに「進め!」と言われると
進むしかありません(笑)

■(4) ○○えもん (皆川)

ここで、立ち上がって、スタスタと原稿を出す皆川さん。

 石:どうして、当然のごとく先に行くの? 僕、香奈ちゃんときから手をあげてるのに…。

この業界、やったもん勝ちですから(笑)

 皆:ドラえもんに似てるけど、ポケットついてません。でも、タケコプターついているので
  空は飛べます。

目に斜線をいれる鳥海さん。えっと、タケコプターとかいいんですかね…。

 川:レベル99なんだ…。
 鳥:契約は?
 皆:ハイタッチで契約完了。
 鳥:自己紹介してください、ドラえもんっぽく。

いや、「ドラえもん」とか言ってる時点でダメだろう(笑)

 皆:また、無茶ぶりを…。ぼくおずえもん…。
 川:きっとすごいよ…、

もう、終わった皆さんは好き勝手言ってます(笑)

■(5)WC超人 (石田)

便器と水タンクを連想させる怪人というかアヴィス。しゅっぽんを持っている。

 石:募集と言えば超人なんで。こう、違法契約者を食べちゃうんです。口が便座の中で、最後の最後に
  いやな感じを…。
 鳥:アヴィスに流されるわけですね。
 皆:でも、すくえるようにしゅっぽんが…。
 川:自分で掃除するんだ。
 鳥:歯ブラシみたいなものか。

なんか、最後がすごくうまくまとまったなぁ…。超人だけど。

■まずい罰ゲームと美味しい罰ゲーム

ここで客席の拍手で罰ゲームを受けることを決める事に。

 鳥:何ともいえない感じ。
 川:ひどいよね。一人痛いよね。女性の気持ちをキャッチしたんだ…。

罰ゲームは皆川さん。その前に、勝者の皆さんへのケーキが運び込まれる。

 川:わーわー、可愛い~。
 鳥:えっと、おおむねイチゴです。

そして敗者の皆川さんにはノニジュース。

 鳥:すごくまずいスイーツを。
 川:これすごいよ、じゅんちゃん気をつけて。私前に何度か飲ませられたんだ。
 花:どんな仕事してるんですか…。
 川:つらい仕事だよ、そうだね、色々やってるんだよ…。

しみじみ若手を諭すあやち~さん。でも、仕事で飲んだのかなぁ(笑)

 皆:大丈夫だよ、僕にはギルがいるから…。

しかし、皆川さんから予想外の台詞。一瞬固まる鳥海さんですが、

 鳥:……。俺は今でもあなたの従者です。

片膝をついて頭をさげる。そして立ち上がってコップを手にする。

 川:これにおって。ホントにひどいの…。
 石:くさった醤油みたい…。

思わず顔をそむける一同。

 皆:よかったオズ役で。
 川:ひどいでしょ…。

一気飲みする鳥海さん。

 川:大丈夫…?
 皆:従者の鏡だよ。
 川:悪魔がいますよ!
 石:ここにいたんじゃん…。
 川:芸能界って怖いね。
 花:怖いです…。

ホントに怖いです。

 皆:さ、ぼくはケーキでも食べよ~。
 川:ジャイアンじゃないですか!
 鳥:ブレイク的には1口で食べなくていいんですか!?

ここで鳥海さんの逆襲が思わぬところへ(笑)

 石:そうですか…。
 川:やるの?
 鳥:ホントにやるんですか?
 石:いただきまーす。
 皆:無理だよ…。

はき出しそうになりながらもどうにか押し込む石田さん。

 石:これ事故なんじゃないかな。
 鳥:おいしいですかって、今話しかけちゃいけないんだ。

四苦八苦しながらどうにか押し込む石田さん。

 鳥:楽屋に帰ったら謝罪しますので…。
 石:きたなくてごめんね。でもおいしかった。

石田さんの笑顔に救われた気がします。楽屋がどうなったかは知りませんが(笑)

7)ライブ

♪ 「Maze」 savage genius
 どうもありがとうございました、このあとも楽しんでいってください

♪ 「Parallel Hearts」 FictionJunction

 鳥:ありがとうございました。FJでした。すごかったですね。リハの時勝手に客席にいたんだけど、
  すごかった。感動した。皆川さんなんか泣いちゃって。迫力あるし。あんだけ歌えたらいいな。

8)プレゼント

ここで、もう一度登場する一同。

 皆:ホントに感動しました。プロってすげぇな~って。

そしてプレゼントコーナーへ。商品は以下のような感じ。

  (1) 皆川淳子さんとみんなのサイン入り台本 1人
  (2) 川澄綾子さんとみんなのサイン入り台本 1人
  (3) 鳥海さんと、以下同様
  (4) 石田さんと、以下同様
  (5) 春沢さんと、以下同様
  (6) FJサイン色紙 1人
  (7) SJ F サイン色紙 1人
  (8) 望月せんせいの原作8.5巻 2名
  (9) スペシャルビジュアルカード5店セット 5名

ホントは一人ずつのサインだったと思うのですが、どういう訳か全員が書くことになったようです。
そういうファンサービスはいいですねぇ、当たらなかったけど(笑)
そして商品紹介として、原作、DVD、ラジオの情報の紹介。

9)挨拶

ということで楽しいイベントの時間も終わりが近づいた様子。

 鳥:ホントにお別れですが、楽しんでいただけましたでしょうか。

順に挨拶する一同。

 近:SJ fで参加している近江知永です。今日はすてきな場所で歌えてとてもうれしいです。
  ありがとうございます。あと、声優もやってますので、関係者のみなさんよろしくおねがいします
 鳥:宣伝かよ!
 近:あと、メイズかってください!

最近のイベントは営業も兼ねてるんだ(笑)

 SJ:今日はメイズを歌わせていただいて、ありがとうございます。この曲は奥井さんに作詞をして
  もらったんですが、歌詞が謎のキーワードであふれているのがパンドラハーツと同じ感じで、
  謎めいた感じです。アニメが進むと謎もドラスティックに解明される思うので見守って管さい。
  6/3発売です。

 FJ:ありがとうございました。この曲はオズの目線で歌っている曲で、未来はわからないけど、
  頼むからハッピーエンドで終わってくれよと言う思いで、明るい未来を楽しみに作品を見たいです。
  7月にライブもあってこの曲も歌うので、できればきてください。

ここでメンバー紹介があったはず。

 石:えーと、本日はおこしいただいてありがとうございます。イベントはおしまいですがOAは
  始まったばかりなので、楽しみにみてください。最後まで期待してみてもらえるよう、皆さんの
  期待に応えるようにがんばりますので応援よろしくお願いします。

ケーキのドタバタはありましたが、そつなくまとめてもらえたと思います。

 花:今日はどうもありがとうござました。この作品は2クールもあるので、もう1回ぐらいイベント
  できるかな…。こんどのイベントでもよろしくお願いします。本当に今日はありがとうございました。

とりあえずTBSアニメフェスタへの出演は決まりました。

 川:今日はみなさんありがとうございました。長い時間でしたがあっというまで。キャストもアフレコ
  ではこんな感じで楽しくアフレコしつつ、いいものにしたいと真剣にアフレコしてます。みんなが
  幸せになれるといいなと思いつつ、色々な試練に対して、その気持ちをくんでがんばって作品作りを
  していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

最後まで名乗らなかったんじゃないだろうか…(笑)

 皆:本当にパンドラハーツは大好きな作品で、毎週がんばっています。みんなの力で盛り上がって、
  盛り上げて、伝説になるような作品にしたいと思っています。今日はありがとうございました。

面白さは相変わらずでした。

 鳥:なんとか無事イベントが終わってほっとしています。香奈ちゃんじゃないけど、またイベントとか
  やりたいし、オズが、そしてみんなが幸せになってほしいと思います。ここで昔の偉い人がいった言葉を。
 「信じるものは救われる」、香奈ちゃんじゃなきえど、こういう機会もあるとおもうので、作品全部を
 通してパンドラハーツ、応援よろしくお願いします。

おー、なんか司会っぽい(笑)

 鳥:長い時間ですが、まとめるの得意じゃないので、家に帰るまでがイベントですので、たのしかったねと、
  電車や車の中でニヤニヤしてください。

帰ったからといって終わりじゃないですよね、レポート書いたりブログ書いたり(笑)

10)最後のアナウンス

 鳥:以上で「PandoraHearts」スペシャルイベント「Knave of Hearts」はすべて終了です。
 石:えー、もうおわりなの?
 鳥;家に帰ってにんまりして下さい。
 石:冗談の通じない人だ
 2:本日はご来場、まことにありがとうございました!

という感じで幕が下りておしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 第01ステージ結果

レース展開

  スタート地点のリド・デ・ベニスは、アドリア海に面した幅およそ3km、長さ11kmの細長い小島。コースには
 5つのカーブと、折り返し地点でのUターンがあるが、高低差はほとんどなく平坦。気温は約20度、東から柔らかな
 そよ風が吹く中、15時35分にスタート。

 トップスタートのコロンビアが21:50でゴール、ラボバンクは38秒遅れ、バルロワールドは54秒遅れとタイムが伸びず。
4番手スタートのスリップストリームが6秒遅れでゴール。AG2Rは1分30秒遅れ、4番手スタートのS.DIQUIGIOVANNIは
66秒遅れと、スプリンター系の選手不在の割には健闘する。

 7番手のブイグテレコムは61秒遅れ、シャコベ・ガルシアは79秒遅れ、サイレンスロットは82秒遅れ、アクアサポーネは
81秒遅れ、クイックステップが74秒遅れと中盤にスタートのチームは伸び悩む。

 12番スタートのリクイガスはうまくまとめて40秒遅れ、暫定で4位に入る。フジ・セルベットは97秒遅れ、14番スタートの
サーベロは49秒遅れ、サクソバンクはカンチェラーラの鬼神の引きも実らず55秒遅れに終わる。

 16番スタートのカチューシャが途中18秒遅れで通過したものの、後半遅れて35秒遅れの暫定3位、それでも予想外の健闘と
言える。17番スタート途中12秒遅れのISDも粘って27秒遅れでゴールする。

 18番スタートのミルラムは49秒遅れ。19番スタート途中24秒遅れのランプレは42秒遅れの暫定7位。20番スタートの
ケーエスデパーニュは58秒遅れとタイムをのばせず。21番スタート途中6秒遅れのLPRは22秒遅れの暫定3位の大健闘。
そしてラストスタート途中6秒遅れのアスタナはランスが往年の引きを見せ13秒遅れで暫定3位に入る。
 これにより、マリアローザはコロンビアでトップゴールを果たしたカベンディッシュがゲットした。

ステージ成績

  1 チームコロンビア・ハイロード    21.50
  2 ガーミン・スリップストリーム    0.06
  3 アスタナ              0.13
  4 LPRブレーク             0.22
  5 ISD                 0.27
  6 カチューシャ            0.35
  7 ラボバンク             0.38
  8 リクイガス             0.40
  9 ランプレN.G.C            0.42 
 10 チームミルラム           0.49
 11 サーヴェロ・テストチーム      0.49
 12 バルロワールド           0.54
 13 サクソバンク            0.55
 14 ケースデパーニュ          0.58
 15 Bbox ブイグテレコム         1.01
 16 ディキジョバンニ          1.06
 17 クイックステップ          1.14
 18 シャコベオ・ガリシア        1.19
 19 アクアエサポーネ・カッフェモカンボ 1.21
 20 サイレンス・ロット         1.22
 21 アージェードゥーゼル        1.35
 22 フジ・セルヴェット         1.37

個人総合成績

  1  マーク・カヴェンディッシュ    GBr  チームコロンビア・ハイロード  21.50
  4  マイケル・ロジャース       AUS  チームコロンビア・ハイロード  0.00
  5  トーマス・ロヴクヴィスト     SWE  チームコロンビア・ハイロード  0.00
  10  デイヴィット・ザブリスキー    USA  ガーミン・スリップストリーム  0.06
  13  クリスティアン・ヴァンデヴェルデ USA  ガーミン・スリップストリーム  0.06
  14  ブラッドリー・ウィギンス     GBr  ガーミン・スリップストリーム  0.06
  15  ランス・アームストロング     USA  アスタナ            0.13
  17  クリストファー・ホーナー     USA  アスタナ            0.13
  18  ヤロスラフ・ポポヴィッチ     UKR  アスタナ            0.13
  19  リーヴァイ・ライプハイマー    USA  アスタナ            0.13
  20  ホセルイス・ルビエラ       SPA  アスタナ            0.13
  22  ダニーロ・ディルーカ       ITA  LPRブレーク           0.22
  27  アレッサンドロ・ペタッキ     ITA  LPRブレーク           0.22
  28  ジョヴァンニ・ヴィスコンティ   ITA  ISD               0.27
  36  レオナルド・スカルセッリ     ITA  ISD               0.31
  37  ミハイル・イグナチエフ      RUS  カチューシャ          0.35
  38  フィリッポ・ポッツァート     ITA  カチューシャ          0.35
  45  デニス・メンショフ        RUS  ラボバンク           0.38
  51  フランコ・ペッリツォッティ    ITA  リクイガス           0.40
  55  イヴァン・バッソ         ITA  リクイガス           0.40
  58  ダミアーノ・クネゴ        ITA  ランプレN.G.C          0.42
  63  マルツィオ・ブルセギン      ITA  ランプレN.G.C          0.42
  64  エンリコ・ガスパロット      ITA  ランプレN.G.C          0.42
  69  ジェレミー・ハント        GBr  サーヴェロ・テストチーム    0.49
  71  カルロス・サストレ        SPA  サーヴェロ・テストチーム    0.49
  73  トーマス・フォーテン       GER  チームミルラム         0.49
  74  マルクス・フォーテン       GER  チームミルラム         0.49
  82  マウリシオ・ソレル        COL  バルロワールド         0.54
  87  ファビアン・カンチェラーラ    SWI  サクソバンク          0.55
  92  ホアキン・ロドリゲス       SPA  ケースデパーニュ        0.58
  94  ヴァシル・キリエンカ       BLR  ケースデパーニュ        0.58
 101  トマ・ヴォクレール        FRA  Bbox ブイグテレコム       1.01
 113  ジルベルト・シモーニ       ITA  ディキジョバンニ        1.06
 115  ミケーレ・スカルポーニ      ITA  ディキジョバンニ        1.06
 144  ステファノ・ガルゼッリ      ITA  アクアエサポーネ        1.21
 162  アレクサンドル・エフィムキン   RUS  アージェードゥーゼル      1.35
 183  デーヴィット・ミラー       GBr  ガーミン・スリップストリーム  2.16
 192  イェンス・フォイクト       GER  サクソバンク          3.29

有力選手タイム差

  -0.13 ロジャース
  0.00 アームストロング/ライプハイマー
  0.08 ディルーカ
  0.25 メンショフ
  0.27 バッソ
  0.29 クネゴ/ブルセギン
  0.36 サストレ
  0.41 ソレル
  0.53 シモーニ/スカルポーニ
  1.08 ガルゼッリ

個人総合新人賞

  1 マーク・カヴェンディッシュ  GBr  チームコロンビア・ハイロード  21.50
  2 エドヴァルド・ボアッソン   NOR  チームコロンビア・ハイロード  0.00  
  3 トーマス・ロヴクヴィスト   SWE  チームコロンビア・ハイロード  0.00 
  4 モーリス・ポッソーニ     ITA  チームコロンビア・ハイロード  0.00 
  5 タイラー・フェラー      USA  ガーミン・スリップストリーム  0.06
  6 リカルド・キアリーニ     ITA  LPRブレーク           0.22
  7 ドミトロ・グラボフスキー   UKR  ISD               0.27
  8 オスカル・ガット       ITA  ISD               0.27
  9 キャメロン・ メイヤー     AUS  ガーミン・スリップストリーム  0.29
 10 ミハイル・イグナチエフ    RUS  カチューシャ          0.35

チーム別見所(by 栗村さん)

 ミルラム
  フォーテン兄弟のスプリント

 AG2R
  VALJAVEC、EFIMKINらが総合を狙う

 バルロワールド
  上りに強いソレル、カルデナス。スプリンターのハンター

 クイックステップ
  スプリンターのデービス以外は若手中心

 

サイレンスロット
  平地系の選手が多い。ジルベールのステージ優勝を狙う

 ISD
  マリアローザ経験者のビスコンティらでステージ優勝を狙う

 ケーエスデパーニュ
  ホアキン・ロドリゲス

 フジ-セルベト
  アンヘル・ゴメス、リカルド・セラーノ ステージ優勝狙い

 サクソバンク
  カンチェラーラのTT狙い、ホイクトらのステージ狙い

 スリップストリーム
  去年チームTT制覇。ザブリスキー、ミラー、バンデベルデ、TTスペシャリスト

 カチューシャ
  ポッツァートのステージ優勝、ポイント賞狙い。

 チームコロンビア
  カベンディッシュのスプリント狙い

 

アクアサポーネ
  ガルゼッリの総合狙い

 ディキジョバンニ
  シモーニの総合狙い

 ラボバンク
  メンショフの総合狙い。

 ランプレ
  クネゴの総合狙い。ガスパロット、ガバッティのスプリント

 LPRブレーキ

  ディルーカの総合狙い、ペタッキのスプリント狙い

 サーヴェロ
  サストレの総合狙い。

 リクイガス
  バッソの総合狙い、

 アスタナ
  ライプハイマーの総合狙い。アームストロングにも注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 優勝オッズ(090509)

WillamHillでやってなかったので、カッサバ エンタープライズのオッズにしました。

Giro di Italia 2009 - Outright Winner
 
http://www.888sport.com/bet?action=go_events&type_id=4943

  2.62  バッソ
  4.33  ライプハイマー
 10.00  クネゴ
 11.00  メンショフ
 15.00  ディルーカ、アームストロング、サストレ
 26.00  シモーニ
 29.00  ペリッツォッティ
 34.00  ブルセギン、スカルポーニ
 41.00  ソレル、ヴァンデベルデ
 51.00  ロジャース、ガルゼッリ
 67.00  ロドリゲス
 81.00  Valjavec、ダニエルソン、Lovkvist、Brajkovic
101.00  Siutsou、ポポビッチ、Cioni、Arroyo
126.00  カンチェラーラ、Hagen
151.00  Petrov、Augustyn、Grivko、Cataldo、Hesjedal、Serpa、Szmyd、Visconti、Goolen
201.00  Nero、Bosisio、Cano、Kiryienka

# 202倍以上は省略

正直、サストレまでの7人の争いかなとは思います。さすがにシモーニは苦しいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ENG] ウォルコット、アーセナルと契約延長

[UEFA.COM] アーセナルがウォルコットと長期契約
  イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCは8日、同国代表MFテオ・ウォルコット(20)と長期の新契約を結んだと発表した。契約の詳細は未公表。

 シティとかに取られる前にってことでしょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

[メモ] アニメ仮面、アニメTVをジャック(違)

[のら犬] 「星に願いを ColdBody ×Warm Heart」の告知
  http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/jiji/news/hp0001/index00670000.html

アニメTV http://www.anime-tv.co.jp/feature.html
  ③のら犬兄弟のギョーカイ時事放談オールナイトイベントの様子!
  ④Blu-rayアニメーション「星に願いを ColdBody×Warm Heart」の紹介

いや、どっちかというとオールナイトイベントの紹介じゃん(笑)
普通に考えるとりにゃんなシーンのダイジェストかなぁ。もしくは初恋限定。他は使えないだろうし…。

初回放送
 ①tvk      5月 9日(土)24:00~24:30
 ②シーエスGyaO 5月11日(月)24:30~25:00
 ③AT-X     5月12日(火) 9:30~10:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] スタート前、ヴェネチア

[アームストロング] On a gondola. Heading to the press conference. Ha!

[アスタナ公式] How about this gondola! Lance with Simoni, Basso and Di Luca!! How about this gondola! Lance with Simoni, Basso and Di Luca!! on Twitpic

 

 

[アスタナ公式] Team Astana time!!! Looking good in Venice!

Team Astana time!!! Looking good in Venice! on Twitpic

[スリップストリーム公式] Giro d’Italia team presentation http://www.slipstreamsports.com/2009/05/07/giro-ditalia-team-presentation

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[UC08/09] ベスト4結果

ベスト4結果(2009/4/30,5/7)
  シャフタール ○3-2(1-1 2-1)  ディナモ・キエフ
   ハンブルク  3-3(1-0 2-3)○ ブレーメン

ファイナル組み合わせ(2009/5/16)

  シャフタール v ブレーメン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2009] 公式出場リスト

ようやく見つけたので。去年&過去成績と一緒に。◎が大注目、○が気になる感じ。

[公式ページ] Le squadre  http://www.gazzetta.it/ssi/2008/boxes/giro2009/sito/squadre_it.shtml

ACQUA & SAPONE - CAFFE' MOKAMBO
 1  GARZELLI Stefano       1973 ITA ◎ 00優勝
 2  ANDRIOTTO Dario        1972 ITA
 3  CODOL Massimo         1973 ITA
 4  DONATI Alessandro       1979 ITA
 5  FAILLI Francesco       1983 ITA
 6  MARZOLI Ruggero        1976 ITA
 7  MASCIARELLI Andrea      1982 ITA
 8  MASCIARELLI Francesco     1986 ITA
 9  PALUMBO Giuseppe       1975 ITA

AG2R LA MONDIALE          
11  VALJAVEC Tadej        1977 SLO
12  EFIMKIN Vladimir       1981 RUS   山岳7位
13  HINAULT Sébastien       1974 FRA
14  KRIVTSOV Yuriy        1979 UKR
15  LOUBET Julien         1985 FRA ○
16  PLIUSCHIN Alexandr      1987 MDA
17  SENAC Jean Charles      1985 FRA
18  SONNERY Blaise        1985 FRA
19  TURPIN Ludovic        1975 FRA

ASTANA               
21  ARMSTRONG Lance        1971 USA ◎
22  BRAJKOVIC Janez        1983 SLO
23  HORNER Christopher      1971 USA
24  LEIPHEIMER Levi        1973 USA ◎
25  MORABITO Steve        1983 SUI
26  NAVARRO GARCIA Daniel     1983 ESP
27  POPOVYCH Yaroslav       1980 UKR ◎
28  RUBIERA VIGIL José Luis    1973 ESP ◎
29  ZEITS Andrey         1986 KAZ

BARLOWORLD             
31  SOLER HERNANDEZ Juan M.    1983 COL
32  AUGUSTYN John Lee       1986 RSA
33  BELLOTTI Francesco      1979 ITA
34  CACCIA Diego         1981 ITA
35  CARDENAS RAVALO Felix Rafael 1972 COL
36  CHEULA Giampaolo       1979 ITA
37  FROOME Christopher      1985 KEN
38  HUNTER Robert         1977 RSA
39  LONGO BORGHINI Paolo     1980 ITA

BBOX BOUYGUES TELECOM       
41  BELGY Julien         1983 FRA
42  CHAINEL Steve         1983 FRA
43  GENE Yohann          1981 FRA
44  HADDOU Said          1982 FRA
45  QUEMENEUR Perrig       1984 FRA
46  SOKOLOV Evgeny        1984 RUS
47  SPRICK Matthieu        1981 FRA
48  TSCHOPP Johann        1982 SUI
49  VOECKLER Thomas        1979 FRA ◎

CAISSE D'EPARGNE         
51  ARROYO DURAN David      1980 ESP
52  JEANNESSON Arnold       1986 FRA
53  KIRYIENKA Vasil        1981 BLR   ST.19  山岳2位
54  LASTRAS GARCIA Pablo     1976 ESP
55  LOPEZ GARCIA David      1981 ESP
56  PEREZ SANCHEZ Francisco    1978 ESP ○
57  PERGET Mathieu        1984 FRA
58  RODRIGUEZ OLIVER Joaquin   1979 ESP
59  CHARTEAU Anthony       1979 FRA

CERVELO TEST TEAM
61  SASTRE CANDIL Carlos     1975 ESP ◎
62  DEIGNAN Philip        1983 IRL
63  GERRANS Simon         1980 AUS
64  GUSTOV Volodymir       1977 UKR
65  HUNT Jeremy          1974 GBR ○
66  KING Edward          1983 USA
67  KONOVALOVAS Ignatas      1985 LTU
68  LLOYD Daniel         1980 GBR
69  PAUWELS Serge         1983 

FUJI - SERVETTO
71  CAMANO ORTUZAR Iker      1979 ESP
72  CAPECCHI Eros         1986 ITA
73  VIGANO Davide         1984 ITA
74  GOMEZ GOMEZ Angel       1981 ESP
75  DEL NERO MONTES Jesus     1982 ESP
76  GONZALEZ BAEZA Hector     1986 ESP
77  FERNANDEZ RAMOS Alberto    1984 ESP
78  KESSIAKOFF Fredrik      1980 SWE
79  SERRANO GONZALEZ Ricardo   1978 ESP

GARMIN - SLIPSTREAM   08 チームTTトップ
81  DANIELSON Tom         1978 USA
82  DEAN Julian          1975 NZL
83  FARRAR Tyler         1984 USA
84  MEYER Cameron         1988 AUS
85  MILLAR David         1977 GBR ◎
86  PATE Danny          1979 USA
87  VANDEVELDE Christian     1976 USA ◎
88  WIGGINS Bradley        1980 GBR
89  ZABRISKIE David        1979 USA ◎

ISD
91  VISCONTI Giovanni       1983 ITA ○
92  GATTO Oscar          1985 ITA
93  CIONI Dario David       1974 ITA
94  STANNARD Ian         1987 GBR
95  GRIVKO Andriy         1983 UKR
96  GRABOVSKYY Dmytro       1985 UKR
97  HUZARSKI Bartosz       1980 POL
98  SCARSELLI Leonardo      1975 ITA
99  PIDGORNYY Ruslan       1977 UKR

LAMPRE - NGC
101  CUNEGO Damiano        1981 ITA ◎ 04優勝
102  BONO Matteo          1983 ITA
103  BRUSEGHIN Marzio       1974 ITA   ST.10(TT)  総合3位
104  DA DALTO Mauro        1981 ITA
105  GASPAROTTO Enrico       1982 ITA ○
106  GAVAZZI Francesco       1984 ITA
107  MARZANO Marco         1980 ITA
108  MORI Manuele         1980 ITA
109  TIRALONGO Paolo        1977 ITA

LIQUIGAS
111  BASSO Ivan          1977 ITA ◎ 06優勝
112  AGNOLI Valerio        1985 ITA
113  CARLSTRÖM Kjell        1976 FIN
114  MIHOLJEVIC Vladimir      1974 CRO
115  PELLIZOTTI Franco       1978 ITA ○ ST.16(TT-M) 総合4位
116  QUINZIATO Manuel       1979 ITA
117  STANGELJ Gorazd        1973 SLO
118  SZMYD Sylvester        1978 POL
119  VANOTTI Alessandro      1980 ITA

LPR BRAKES - FARNESE VINI
121  DI LUCA Danilo        1976 ITA ◎ 総合8位  07優勝
122  BOSISIO Gabriele       1980 ITA   ST.7
123  CHIARINI Riccardo       1984 ITA
124  ERMETI Giairo         1981 ITA
125  GOLCER Jure          1977 SLO
126  MONTAGUTI Matteo       1984 ITA
127  PETACCHI Alessandro      1974 ITA ◎
128  PIETROPOLLI Daniele      1980 ITA
129  SPEZIALETTI Alessandro    1975 ITA

QUICKSTEP
131  DAVIS Allan          1980 AUS
132  CATALDO Dario         1985 ITA
133  DEVENYNS Dries        1983 BEL
134  ENGELS Addy          1977 NED
135  FACCI Mauro          1982 ITA
136  REDA Francesco        1982 ITA
137  HULSMANS Kevin        1978 BEL
138  SEELDRAYERS Kevin       1986 BEL
139  MALACARNE Davide       1987 ITA

RABOBANK
141  MENCHOV Denis         1978 RUS ◎ 総合5位
142  ARDILA CANO Mauricio Alberto 1979 COL
143  TEN DAM Laurens        1980 NED
144  VAN EMDEN Jos         1985 NED
145  DE GROOT Bram         1974 NED
146  HORRILLO MUNOZ Pedro     1974 ESP
147  KOZONTCHUK Dmitry       1984 RUS
148  STAMSNIJDER Tom        1985 NED

S.DIQUIGIOVANNI - ANDRONI GIOC.
151  SIMONI Gilberto        1971 ITA ◎ 総合10位  03優勝
152  BERTAGNOLLI Leonardo     1978 ITA
153  SCARPONI Michele       1979 ITA
154  BERTOLINI Alessandro     1971 ITA ○ ST.11 山岳5位
155  SERPA PEREZ Jose Rodolfo   1979 COL
156  BERTOGLIATI Rubens      1979 SUI
157  DE BONIS Francesco      1982 ITA
158  OCHOA Carlos José       1980 VEN
159  RODRIGUEZ Jackson       1985 VEN

      

SILENCE - LOTTO
161  BRANDT Christophe       1977 BEL
162  DE GREEF Francis       1985 BEL
163  DOCKX Bart          1981 BEL
164  GILBERT Philippe       1982 BEL
165  JACOBS Pieter         1986 BEL
166  LJUNGBLAD Jonas        1979 SWE
167  KAISEN Olivier        1983 BEL
168  VANENDERT Jelle        1985 BEL
169  WEGELIUS Charles       1978 GBR

TEAM COLUMBIA - HIGH ROAD
171  BARRY Michael         1975 CAN
172  BOASSON HAGEN Edvald     1987 NOR
173  CAVENDISH Mark        1986 GBR ◎ ST.4,13  ポイント4位
174  LÖVKVIST Thomas        1984 SWE
175  PINOTTI Marco         1976 ITA ○ ST.21
176  POSSONI Morris        1984 ITA
177  RENSHAW Mark         1982 AUS
178  ROGERS Michael        1979 AUS ○
179  SIUTSOU Kanstantsin      1982 BLR

TEAM KATUSHA
181  POZZATO Filippo        1981 ITA
182  BRUTT Pavel          1982 RUS   ST.5 ポイント3位
183  ESKOV Nikita         1983 RUS
184  IGNATIEV Mikhail       1985 RUS
185  KLIMOV Serguei        1980 RUS ○
186  MAZZANTI Luca         1974 ITA
187  PETROV Evgeni         1978 RUS
188  SEROV Alexander        1982 RUS
189  SWIFT Ben           1987 GBR

TEAM MILRAM
191  BARLA Luca          1987 ITA
192  FÖRSTER Robert        1978 GER
193  FOTHEN Markus         1981 GER
194  FOTHEN Thomas         1983 GER
195  MÜLLER Martin         1974 GER
196  ROHREGGER Thomas       1982 AUT
197  RUSS Matthias         1983 GER
198  SCHOLZ Ronny         1978 GER
199  SCHRÖDER Björn        1980 GER

TEAM SAXO BANK
201  CANCELLARA Fabian       1981 SUI ◎
202  VOIGT Jens          1971 GER   ST.18
203  LUND Anders          1985 DEN
204  MCCARTNEY Jason        1973 USA
205  HAEDO Juan José        1981 ARG
206  VAN GOOLEN Jurgen       1980 BEL
207  BAK Lars Ytting        1980 DEN
208  GOSS Matthew Harley      1986 AUS
209  SÖRENSEN Nicki        1975 DEN

XACOBEO GALICIA
211  MARTINEZ ACEVEDO Serafin   1984 ESP
212  CESAR VELOSO Gustavo     1980 ESP
213  GARCIA DA PENA David     1979 ESP
214  ISAICHEV Vladimir       1986 RUS
215  RABUNAL RIOS Gonzalo     1984 ESP
216  FERNANDEZ CRUZ Delio     1986 ESP
217  MAYOZ ECHEVERRIA Iban     1981 ESP
218  GARCIA FERNANDEZ Marcos    1986 ESP
219  VORGANOV Eduard        1982 RUS

主な未出場選手
 エマヌエーレ・セッラ(元:CFSグループ・ナヴィガーレ)   出場停止処分(ドーピング)
 リカルド・リッコ(元:サウニエルドゥバル・スコット)   出場停止処分(ドーピング)
 ダニエーレ・ベンナーティ(リクイガス)          腿の故障
 マッテーオ・プリアーモ(CSFグループ・ナヴィガーレ)    チーム未出場
 アンドレ・グライペル(チーム・コロンビア)
 ユルゲン・ヴァンデンブロック(サイレンス・ロット)
 アルベルト・コンタドール(アスタナ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] PandoraHearts #06

第 6話「食い違った現在地」

コメント
  とりあえず刻印は動いてないようで一安心。アリスちゃん、朝から肉食べ過ぎでしょう…。そして成人の儀を
 行った館へ行こうとするオズ。なんか館がいきなり廃墟と化してます。アリスちゃん、いきなり「切り捨てた」
 とかストレートな事を言ってますが。しかしよく食べるよなぁ、アリスちゃん。ギルの回想をするオズですが、
 突然怪しげな気配。そして響き渡る銃声と言うAパート。

  いきなり相手の糸に捕まるレイブン。そして明かされる衝撃の事実。いきなり10年が経って、しかもレイブンが
 ギルだと敵から聞かされるのはね。そして敵に操られるレイブン。そこでいきなり銃口を自分に向けて引くオズ、
 どうするどうなると言うBパート。それにしても、黒ウサギさんの活躍の場面ってほとんど無いんだね、まあ
 アリスの方が可愛いからいいんだけど(笑)

次回予告
  なんか、またアヴィスで話が進んだりするんでしょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009/05/07

[INDEX] 2009年前期にいった気がするイベントとあった気がする皆さん

参加イベント一覧

 01 01/24 「乃木坂春香の秘密」"N's+姫宮みらん" ジョイントトーク&ライブ
 02 03/20 TAF2009:ミンキーモモ特別イベント
 03 03/21 TAF2009:ラジオ・クイーンズ・ブレイド 公開録音
 04 03/21 TAF2009:ファイト一発!充電ちゃん!! ブースイベント
 05 03/21 TAF2009:パンドララジオ 公開録音
 06 03/21 TAF2009:「PandoraHearts」放送開始記念プレミアムステージ
 07 03/22 地球Note DVD「能登麻美子 Style」発売記念イベント
 08 03/27 「のら犬兄弟のギョーカイ時事放談」 FESTIVAL(オールナイト)
 09 03/29 メディファク 春のアニメフェスティバル
 10 04/12 STARCHILD PRESENTS STARCHILD FESTIVAL 2009 SPRING
 11 04/19 鉄のラジオバレル in DVD発売記念イベント
 12 04/26 地獄フェスティバル09
 13 05/03 春だ!正義だ!ラインバレル祭り! 昼の部
 14 05/03 春だ!正義だ!ラインバレル祭り! 夜の部

# 月5個ぐらいですが、TAFみたいな複数カウントもありますから、たいした数じゃないですね(笑)

動いているのを見た人(敬称略)

  8 能登麻美子
  4 川澄綾子 
  3 植田佳奈/佐藤利奈/釘宮理恵/柿原徹也/中村悠一/福山潤
  2 斉藤千和/下田麻美/花澤香菜/皆川純子/高垣彩陽/千葉進歩/鳥海浩輔
  1 戸松遥/後藤麻衣/生天目仁美 他 計35名

# さすが鉄人まみまみとは言え、ここのところイベント続きで少し心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] クイーンズブレイド #06

第6話     約束~森の番人       [公式サイト]

コメント
  木々の中を颯爽と跳ね回る女の子…、また新キャラですかと言う状態ですが、まあそういう作品なので(笑)
 メイドのアイリさんが暴れてます。いや、ナナエルさん戯言いいつつ、しっかり仕事してるなぁ…。そうですか、
 ノアちゃん履いてませんが。あれあれ、またレイナさんが邪魔しに入ってますが、乱入してやられてちゃダメ
 じゃん…。って、どうしてやられると服が脱げる…。だから、鎧がちいさいからやられるんだよ。一番のダメージ
 は、エルフが履いてないってことなんじゃないかなって言うAパート。ヘビとか葉っぱとか、変なの…。

  ノアがつらく当たられるのはハーフエルフだからってのが複雑な問題だったりするんだけど、やっぱり
 寂しいよね。シスコンの妹は姉捜しの旅に出発してるし。ナナエルさん、天使なのに黒すぎだよ…。という事で
 レイナとアレインの戦闘は回避。めげずにノアとレイナの戦いをクイーンズブレイドに仕立てようとした
 ナナエルさん、アレインの視線に何も出来ず。いや、そこで戦えないのがレイナさんっぽくはあるんだけど…。
 履いてないのは問題だけど、履いてればいいってもんじゃないと思うんだが…というBパート。ところでトモエさん
 は絶壁で何やってたんでしょう…(笑)

次回予告

  ナナエルさん大ピンチって、この人が騒ぐのはいつものことだからぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

[GER] マガト氏、シャルケ監督に就任

[UEFA.COM] マガト氏がシャルケ新監督に決定
  名前:フェリックス・マガト氏
  FROM:ボルフスブルク
   TO:シャルケ
  年数:5年契約(2013年まで)
 移籍金:
  備考:

 優勝争いの微妙な時期にこういう発表はどうなんだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[NED] ファンバステン、アヤックス監督を辞任

[UEFA.COM] アヤックスのファン・バステン監督が辞任
  オランダ・エールディビジのAFCアヤックスで6日、マルコ・ファン・バステン監督(44)が辞任した。声明の中で、「ファン・バステン監督は今季の目標を達成できず、来季の成績向上も難しいと感じた」と辞任の理由を説明した。 

 次が決まってたりするのかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[POR] マニシェ、アトレティコを退団

[UEFA.COM] マニシェがアトレティコを退団
  ポルトガル代表のMFマニシェが5日、クラブ・アトレティコ・マドリーとの契約を解除し、同クラブを退団した。

 
この人も役に立ってるんだかたってないんだかわからんなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/06

[Giro 2009] 出場メンバー発表状況(090506)

まあ、そのうち公式サイトとかがきちんとすると思いますが…

 ランプレ          (イタリア)   PT 08   http://www.teamlampre.com/news/news.asp?id=1766
   →クネゴ

 リクイガス         (イタリア)   PT 08   ?

 ISD             (イタリア)   PC     ?

 アックア・エ・サポーネ   (イタリア)   PC     ?

 アージェードゥーゼル    (フランス)   PT 08   http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=10572
   →タディ・ヴァリャベッチ

 Bboxブイグテレコム     (フランス)   PT     http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=10573
   →トマ・ヴォクレール

 ケスデパーニュ       (スペイン)   PT 08   ?

 シャコベオガリシア     (スペイン)   PC     ?

 ガーミン・スリップストリーム(アメリカ)   PT 08   http://www.slipstreamsports.com/2009/05/05/team-garmin-slipstream-announces-giro-ditalia-start-list
   →バンデベルデ

 チームコロンビア      (アメリカ)   PT     http://www.highroadsports.com/news/341-Columbia-Highroad-Aims-to-Hit-Ground-Running-in-Giro-D-Italia   →マーク・カベンディッシュ

 クイックステップ      (ベルギー)   PT 08   http://www.qsi-cycling.com/en/Team_Giro

 サイレンス・ロット     (ベルギー)   PT 08   http://www.silence-lotto.com/site2007/EN_selectie.php?wedstrijdid=230

 アスタナ          (カザフスタン) PT 08   http://www.astana-cyclingteam.com/NewsAndPressRel_overview.html
   →ランス・アームストロング、L・ライプハイマー、Y・ポポビッチ

 カチューシャ        (ロシア)    PT     http://www.katushateam.com/index.php?p=press-dettaglio&id=98
   →フィリッポ・ポッツァート

 チームミルラム       (ドイツ)    PT 08   http://www.team-milram.com/en/news_details.asp?id=4059&pnr=1
   →

 ラボバンク         (オランダ)   PT 08   ?

 チームCSC・サクソバンク   (デンマーク)  PT 08   http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=10574
   →ファビアン・カンチェラーラ

 サーベロ          (スイス)    PC     http://www.cervelo.com/news.aspx?t=TestTeam&i=TeamNews
   →カルロス・サストレ

 LPRブレーキ         (アイルランド) PC 08   ?

 セッラメンティPVC      (ベネズエラ)  PC     ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL08/09] B4#L1:チェルシー v バルセロナ

前節結果
  バルセロナ 0 - 0 チェルシー

スタジアム

  スタンフォード・ブリッジ  ロンドン
  気温:17度  湿度:52%  ピッチ:湿気含む  天候:晴れ時々曇り

試合結果
  チェルシー 1 - 1 バルセロナ  Agg 1-1でバルセロナが決勝進出

主審
  トム・ヘニング・エブレベ(NOR)

ラインナップ

 チェルシー
   15 マルダ    11 ドログバ    39 アネルカ*Y

      08 ランパード     13 バラック*Y

           05 エッシェン

  03 Aコール  26 テリー  33 アレックス*Y  17 ボジングワ

           01 チェフ
  サブ:
    40 イラーリオ  02 イバノビッチ  09 ディ・サント  12 ミケル  21 カルー
    35 ベレッティ  42 マンシエン
  監督:
    フース・ヒディング

 バルセロナ
   08 イニエスタ    09 エトゥ     10 メッシ

         15 ケイタ    06 シャビ

             28 ブスケシュ*Y

  22 アビダル   03 ピケ  24 トゥーレ  20 Dアウベス*Y

             01 バルデス
  サブ:
    13 ピント  02 カセレス  07 グジョンセン  11 ボージャン  16 シウビーニョ
    21 フレブ  27 ロドリゲス
  監督:
    ジョゼップ・グアルディオラ

前半:試合展開
 02 BAR S  :エトゥ中ミドルS                    枠左
 05 BAR SB :シャビ右S                       DFブロック
 08 BAR S  :シャビ左→アウベス右BS                枠左
 09 CHE SOG:ランパード左→エッシェン中BMS         GOAL★CHE 1-0 BAR Agg 1-0
 12 BAR    :イニ左クロス                      あわず
 17 CHE S  :マルダ左→ランパード左S                枠上
 21 BAR S  :左FK:アウベスS                  ※枠右
 23 CHE    :中フィード→ドログバ                 ☆GKクリア
 25 CHE SOG:左FK:ドログバS                  ☆GKセーブ(CK)
 25 CHE S  :右CK:ランパード→テリー中HS           ※枠左
 27 CHE    :ランパード→ドログバ中ドリブル            ☆GKセーブ
 28 BAR    :シャビ中→アウベス右HS                ファール
 29 BAR S  :イニ左S                        枠上
 30 BAR ▲YC:アウベス                     CARD▲アウベス 次停
 37 BAR SB :メッシ右S                       GKキャッチ
 38 BAR    :メッシ右クロス                     GKキャッチ
 42 CHE    :左FK:ランパード→                  DFクリア(CK)
 +3 BAR    :アウベス右クロス                    DFクリア(CK)
 +3 BAR S  :シャビ左ミドルS                    枠右

前半:コメント

  9分にエッシェンがスーパーなボレーシュートを決めてからは完全なチェルシーのペース。ポゼッション
 では大きくバルサに水を空けられているが、それで出来たスペースをうまく突くことでシュートやセットプレイ
 のチャンスを作った。バルデスが何度か危ないセーブを強いられているだけに、むしろ1失点で済んでいる
 のは幸運と言えるだろう。ともかく、まずは枠内シュートを打たないとゴールは奪えない。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    チェルシー  1   4   2   2   8   39   0   0   1
    バルセロナ  0   4   0   3   7  61   1   0   0

後半:試合展開
 47 BAR S  :左FK:→アウベスS                  枠上
 49 BAR SB :ブスケシュ→ケイタ左S                 DFブロック(CK)
 53 CHE SOG:アネルカ→ドログバ右S                ☆GKセーブ
 53 CHE S  :マルダ左S                       DFブロック(CK)
 53 CHE OFF:ランパード                       オフサイド
 56 CHE    :マルダ左クロス                     枠上
 61 BAR S  :ケイタ右TS                      枠上
 65 BAR S  :メッシ中S                       枠左
 66 BAR ▼RC:アビダル、アネルカを倒す             退場▼アビダル
 69 CHE S  :右FK:ランパードS                  枠左
 70 BAR SB :シャビ中ミドルS                    DFブロック
 71 CHE SOG:ランパード左S                    ☆GKキャッチ
 72 CHE 交代1:ドログバ(OUT)、ベレッティ(IN)
 77 CHE ▲YC:アレックス、メッシを引っかける          CARD▲アレックス 次停
 78 BAR S  :中FK:アウベスS                   枠上
 79 CHE    :アネルカ中ドリブル、エリア内で倒れる          笛無し
 80 BAR S  :ピケ中S                        枠左
 85 BAR 交代1:ブスケシュ(OUT)、ボージャン(IN)
 87 CHE SB :エッシェン左S                    ※DFブロック
 +1 CHE S  :ベレッティ中S                     枠左
 +3 BAR SOG:メッシ左→イニエスタ中S             GOAL★CHE 1-1 BAR
 +5 CHE    :アレックス右                      DFブロック(CK)
 +5 BAR 交代1:イニエスタ(OUT)、グジョンセン(IN)
 +7 BAR 交代2:エトゥ(OUT)、シウビーニョ(IN)


後半:コメント

  180分の間、バルサを完全に押さえたチェルシーだったが、ロスタイムのイニエスタのシュート一発で、
 敗退を強いられる事になった。シュートは12本と14本、ゴール1本は妥当な数字ではあるが、チェルシーが
 カウンターやセットプレイから何度も決定機を作った上に、相手のDFが退場したことを考えると、もう
 1、2点は追加できたはず。エリア内での微妙な判定を見逃されたのは確かだが、それを言うならアネルカ
 へのファールもレッドカードに値するかは正直疑問。ゴールを獲るべき時に獲れなかった事が、最後の
 逆転劇を生んだと言えるだろう。

  一方のバルサはアンリが不在で左サイドの攻撃が機能せず、Dアウベスのクロスも全然見当外れ。
 セットプレイにも冴えがなく、ゴールシーンまで枠内シュート無しと言う完全な負け試合の展開ながら、
 最後の最後にイニエスタが見事なシュートを決めて勝ち抜けた。判定に救われた感があるのは否めないが
 それでも相手の決定機を防いだ急造DFラインとGKの活躍のたまものだろう。ただし、右SBの
 Dアウベスと左SBのアビダルが出場停止、CBを含めたDFラインの人選は頭が痛いところだろう。

スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    チェルシー  1   12   4   6  16   37   4   0   1
    バルセロナ  1   14   1   6  17  63   3   1   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[FRA] デシャン氏、マルセイユ監督に就任

[UEFA.COM] デシャン氏、来季のマルセイユ監督に就任
  フランス・リーグ1のオリンピック・マルセイユは5日、ディディエ・デシャン氏が6月から新監督に就任すると発表した。契約期間は2年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/05

[CL08/09] B4#L2:アーセナル v マンU

前節結果
  マンU 1 - 0 アーセナル

スタジアム

  アーセナル・スタジアム  ロンドン
  気温:14度  湿度:55%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ時々曇り

試合結果
  アーセナル 1 - 3 マンU  Agg 1-4でマンUが決勝進出

主審
  ロベルト・ロセッティ(ITA)

ラインナップ

 アーセナル
             25 アデバイヨル

    11 Vペルシ*Y              14 ウォルコット

         08 ナスリ*Y  17 ソング*Y  04 セスク(C) 

   40 ギブス  20 ジュルー   05 トゥレ     03 サニャ

             01 アルムニア
   サブ:
     21 ファビアンスキ  02 ディアビ*Y  12 ヴェラ  15 デニウソン  18 シルベストル
     26 ベントナー    27 エブエ
   監督:
     アーセン・ベンゲル

 マンU
               07 ロナウド

   13 パク                     10 ルーニー*Y

      08 アンデルソン  16 キャリック  24 フレッツアー

  03 エブラ*Y   15 ビディッチ   05 リオ(C)   22 オシェイ

               01 Vサール
  サブ:
    29 クスチャク  09 ベルバトフ  11 ギグス  18 スコールズ  21 ラファエル
    23 エバンス   32 テベス*Y
  監督:
    アレックス・ファーガソン

前半:試合展開
 02 ARS    :サニャ右クロス                     DFクリア
 03 ARS SB :セスク中ミドルS→DFR                DFブロック(CK)
 03 ARS    :右CK:セスク→アデバイヨル              ファール
 08 MAU SOG:ロナウド左クロス→パク右S            GOAL★ARS 0-1 MAU Agg 0-2
 11 MAU SOG:右FK:ロナウドS                GOAL★ARS 0-2 MAU Agg 0-3
 18 MAU SOG:ルーニー左ミドルS                  ☆GKセーブ(CK)
 20 ARS    :アデバイヨル左ドリブル                 DFクリア(CK)
 21 ARS    :左CK:セスク                     GKキャッチ
 21 MAU    :右CK:アンデルセン→ルーニー             ファール
 23 ARS    :右CK:Vペルシ                    DFクリア
 29 ARS    :Vペルシ右クロス→アデバイヨル             ファール
 30 MAU SOG:ロナウド左ドリブルS                  GKキャッチ
 30 ARS SOG:ナスリ左クロス→セスク中HS              GKキャッチ
 32 MAU SOG:左FK:ロナウドS                   GKキャッチ
 35 ARS S  :サニャ右クロス→アデバイヨル左HS           枠上
 45 MAU SOG:ロナウド中S                      GKキャッチ

前半:コメント
  開始直後に猛攻をかけたアーセナルだが、パクとロナウドのゴールでユナイテッドが2点リード、
 結局、そのまま前半を終了した。アーセナルは前節同様ウォルコットがまったく持ち味を出せず、
 サニャやナスリがサイドからクロスを上げるも、ユナイテッドのCBの壁を破れず。一方のマンUは
 カウンターからロナウドが何度かシュートを放つ等、悪くない流れで前半を終えた。残り45分で
 アーセナルが4ゴールを奪うのは、限りなく不可能に近いといわざるを得ない。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    アーセナル  0   3   1   3   9  56   0   0   2
      マンU  2   8   6   2   4   44   0   0   3

後半:試合展開
 46 ARS 交代1:ギブス(OUT)、エブエ(IN)
 47 MAU    :左CK:ルーニー→                   DFクリア
 52 MAU SOG:ロナウド中ドリブルS                 ☆GKセーブ(CK)
 52 MAU SOG:アンデルソン右S                   ※GKセーブ(CK)
 53 MAU    :左CK:ルーニー                    GKキャッチ
 55 ARS S  :右FK:Vペルシ                    枠左
 60 ARS SB :右CK:Vペルシ→ナスリ中S              DFブロック
 60 ARS    :左CK:セスク→                    DFクリア
 61 MAU SOG:カウンター→ルーニー→ロナウド中S        GOAL★ARS 0-3 MAU Agg 0-4
 63 MAU 交代1:アンデルソン(OUT)、ギグス(IN)
 63 ARS 交代2:ウォルコット(OUT)、ベントナー(IN)

 64 ARS SOG:Vペルシ中ミドルS                  ※GKセーブ
 65 MAU 交代2:エブラ(OUT)、ラファエル(IN) オシェイ左へ
 66 MAU 交代3:ルーニー(OUT)、ベルバトフ(IN)

 72 ARS S  :ベントナー右ドリブルS                 枠右
 75 MAU ▼RC:フレッチャー、セスクを引っかける         退場▼フレッチャー
 76 ARS SOG:PK:VペルシS右上               GOAL★ARS 1-3 MAU Agg 1-4
 79 ARS 交代3:Vペルシ(OUT)、ヴェラ(IN)
 83 ARS S  :セスク中ミドルS                    枠左
 85 ARS SOG:左FK:→ベントナー中落→セスク右S          GKキャッチ
 86 ARS ▲YC:エブエ、パクを倒す                CARD▲エブエ
 87 MAU S  :右FK:ロナウドS                  ※枠上
 +1 ARS SOG:アデバイヨル右S                    GKキャッチ

後半:コメント
  後半に入ってもマンU有利の状況は変わらず。61分にカウンターからロナウドが決めたことでマンUの
 勝利は絶対的なものとなる。アーセナルは枠内シュート4本と、前半よりはシュートを放ったものの、
 PK以外の決定的なシーンは無し。枠内シュートの数ではマンUの半分しか打てない状況では、勝利
 出来ないのも必然か。

  試合結果は完璧なマンUだったが、フレッチャーの一発退場は、決勝に向けて不安材料と言える
 だろう。守備面での貢献はアンデルセンともどもチーム一とも言えるだけに、彼の出場停止は不安材料
 と言えるだろう。スコールズやギグスという代役、あるいは2トップと言う選択を取るにせよ、作戦面
 での選択肢が減るのは歓迎出来ることではない。とはいえ、フレッチャーがいない事でチーム力が
 大きく減ったりしないのもマンUの選手層の厚さのなせるワザなのだが。国内を含めて4冠まであと
 もう少し、ここまで来れば、CLの連覇はないというジンクスにも是非とも挑戦して欲しい。

スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    アーセナル  1   13   5   7  20  55   3   0   3
      マンU  3   14  10   6  10   45   0   1   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL08/09] ベスト4第2レグオッズ

みんな、マンU v バルサが見たいようです(笑)

90 Minutes

  5 May 09 - 19:45 Arsenal  v  Man Utd   2.62 3.20 2.70
  6 May 09 - 19:45 Chelsea  v  Barcelona  2.70 3.10 2.70

To Qualify
 Arsenal v Man Utd - To Qualify 5 May 09 - 19:45
   Man Utd  1.25(←1.61)
   Arsenal  3.75(←2.20)
 Chelsea v Barcelona - To Qualify 6 May 09 - 19:45
  Barcelona  1.67(←1.61)
   Chelsea  2.10(←2.20)

Champions League 08/09 Winner (Top)

  Man Utd  2.62(←3.25)
 Barcelona  2.87(←3.00)
  Chelsea  4.33(←4.00)
  Arsenal  6.50(←4.50)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[GER] ヒーピア、レバークーゼンへ移籍(2011年まで)

[UEFA.COM] ヒーピアのレバークーゼン移籍が決定
  名前:サミ・ヒーピア(35) フィンランド代表DF
  FROM:リバプール
   TO:バイヤー04レバークーゼン
  年数:2年契約(2011年まで)
 移籍金:無し
  備考:

いずれはスタッフとして戻って来て欲しい人材ではあります。とりあえずはお疲れ様でした。新天地での活躍も期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL08/09] 第35節結果(メモ)

アーセナルCL出場決定&ヴィラEL出場決定

Results

 Saturday, 02 May 2009
           Chelsea  ○3-1(HT 2-1)    Fulham            
          Man City  ○3-1(HT 3-0)    Blackburn         
     Middlesbrough    0-2(HT 0-1)○  Man Utd          
        Portsmouth    0-3(HT 0-2)○  Arsenal          
             Stoke    0-1(HT 0-1)○  West Ham         
         Tottenham  ○1-0(HT 1-0)    West Brom         
             Wigan  △0-0(HT 0-0)△  Bolton            
 Sunday, 03 May 2009
         Liverpool  ○3-0(HT 2-0)    Newcastle         
        Sunderland    0-2(HT 0-0)○  Everton          
 Monday, 04 May 2009
       Aston Villa  ○1-0(HT 1-0)    Hull             

Tables

   P  Team              P  PTS   GD   W   D   L    F    A           08/09   09/10
  -------------------------------------------------------------------------------
   1  Man Utd          34   80   40  25   5   4   63   23     1→       CL  [CL]
   2  Liverpool        35   77   43  22  11   2   69   26     2→           [CL-P]
   3  Chelsea          35   74   38  22   8   5   59   21     3→   FA  CL  [CL-P]
   4  Arsenal          35   68   31  19  11   5   63   32     4→       CL  [CL-P]
  -------------------------------------------------------------------------------
   5  Aston Villa      35   58    7  16  10   9   51   44     5→          [EL]
   6  Everton          35   56   14  15  11   9   50   36     6→   FA      [EL]
   7  West Ham         35   48    1  13   9  13   39   38     8△
  -------------------------------------------------------------------------------
   8  Man City         35   47   10  14   5  16   56   46     9△
   9  Fulham           35   47    4  12  11  12   35   31     7▼
  10  Tottenham        35   47    1  13   8  14   42   41    10→
  11  Wigan            34   42   -7  11   9  14   31   38    11→   --REMAIN--
  12  Bolton           35   39  -11  11   6  18   40   51    13△
  13  Stoke            35   39  -17  10   9  16   33   50    12▼
  14  Portsmouth       35   38  -18   9  11  15   35   53    14→
  15  Blackburn        35   37  -20   9  10  16   38   58    15→
  16  Sunderland       35   35  -17   9   8  18   31   48    16→
  17  Hull             35   34  -23   8  10  17   37   60    17→
  -------------------------------------------------------------------------------
  18  Newcastle        35   31  -19   6  13  16   37   56    18→
  19  Middlesbrough    35   31  -26   7  10  18   25   51    19→
  20  West Brom        35   28  -31   7   7  21   33   64    20→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/04

[PREMERA Div. 08/09] 第34節結果(メモ)

RESULTADOS
 JORNADA 34. 02 y 03 de mayo de 2009
       Betis  0 - 2○ Atlético  
     Espanyol ○3 - 0  Valencia  
     Mallorca ○2 - 1  Getafe   
      Osasuna  1 - 2○ Recreativo 
     Deportivo ○1 - 0  Valladolid 
      Racing  0 - 2○ Almería   
     Sporting △1 - 1△ Athletic  
     R. Madrid  2 - 6○ Barcelona  
     Numancia ○2 - 0  Málaga   
    Villarreal  0 - 2○ Sevilla   

Clasificacion
            PT  PJ  PG  PE  PP  GF  GC  GD     08/09
 ----------------------------------------------------------------------------------
  1 F.C. Barcelona  85  34  27  4  3 100  28  72  1→ CL CR [CL]
  2 Real Madrid C.F. 78  34  25  3  6  79  41  38  2→     [CL]
  3 Sevilla F.C.   60  34  18  6  10  48  38  10  3→
 ----------------------------------------------------------------------------------
  4 Valencia C.F.   56  34  16  8  10  62  50  12  4→
 ----------------------------------------------------------------------------------
  5 At. de Madrid   55  34  16  7  11  69  54  15  6△
 ----------------------------------------------------------------------------------
  6 Villarreal C.F.  55  34  15  10  9  49  46  3  5▼
 ----------------------------------------------------------------------------------
  7 R.C. Deportivo  53  34  15  8  11  44  43  1  8△
  8 Málaga C.F.    51  34  14  9  11  52  53  -1  7▼
  9 R.C.D. Mallorca  45  34  12  9  13  45  52  -7  9→
 10 U.D. Almería   43  34  12  7  15  42  52 -10  11△
 11 Ath. Club Bilbao 41  34  11  8  15  45  55 -10  12△   CR [EL-P]
 12 R. Valladolid D. 41  34  12  5  17  42  52 -10  10▼
 13 Real Racing Club 39  34  10  9  15  44  44  0  13→
 14 R.C.D. Espanyol  38  34  9  11  14  37  46  -9  16△
 15 Real Betis B. S. 37  34  9  10  15  47  55  -8  14▼
 16 C. At. Osasuna  36  34  8  12  14  38  43  -5  15▼
 17 Getafe C.F.    34  34  8  10  16  44  54 -10  17→
 ----------------------------------------------------------------------------------
 18 Real S. de Gijón 34  34  11  1  22  40  73 -33  18→
 19 R.C.R. de Huelva 33  34  8  9  17  32  51 -19  19→
 20 C.D. Numancia   31  34  9  4  21  37  66 -29  20→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Serie A 08/09] 第34節結果(メモ)

Ultimo turno - 34^ Giornata

 2/5/2009
    Bologna  1 - 2○ Reggina  
     Inter ○2 - 0  Lazio   
 3/5/2009
    Catania  0 - 2○ Milan   
  Fiorentina ○1 - 0  Torino   
   Juventus △2 - 2△ Lecce   
    Palermo ○5 - 1  Cagliari  
     Roma △0 - 0△ Chievo   
     Siena ○2 - 1  Napoli   
    Udinese ○3 - 0  Atalanta  
     Genoa ○3 - 1  Sampdoria 

Classifica

  P Team       Pt  G  V  N  P  GF  GS  GD   08/09 09/10
 ------------------------------------------------------------------------------
  1 Inter       77  34  23  8  3  60  25  35  1→    [CL]
  2 Milan       70  34  21  7  6  64  29  35  2→    [EL-3]
  3 Juventus     66  34  19  9  6  61  34  27  3→    [EL-3]
 ------------------------------------------------------------------------------
  4 Fiorentina    61  34  19  4  11  49  35  14  4→
 ------------------------------------------------------------------------------
  5 Genoa       60  34  17  9  8  46  33  13  5→
 ------------------------------------------------------------------------------
  6 Roma       53  34  15  8  11  52  52  0  6→
 ------------------------------------------------------------------------------
  7 Palermo      52  34  16  4  14  51  45  6  8△
  8 Cagliari     49  34  14  7  13  42  39  3  7▼
  9 Udinese      48  34  13  9  12  48  44  4 10△
 10 Lazio       47  34  14  5  15  44  48  -4  9▼  CI
 11 Atalanta     44  34  13  5  16  37  39  -2 11→
 12 Napoli      42  34  11  9  14  37  39  -2 12→
 13 Sampdoria     41  34  10  11  13  40  47  -7 13→  CI
 14 Siena       40  34  11  7  16  31  37  -6 15△
 15 Catania      40  34  11  7  16  34  41  -7 14▼
 16 Chievo      35  34  8  11  15  31  42 -11 16→
 17 Torino      30  34  7  9  18  30  53 -23 17→
 ------------------------------------------------------------------------------
 18 Bologna      29  34  7  8  19  37  59 -22 18→
 19 Lecce       28  34  5  13  16  33  59 -26 19→
 20 Reggina      27  34  5  12  17  27  54 -27 20→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/03

[REPORT] 春だ!正義だ!ラインバレル祭り! 夜の部

日時
  2009年05月03日(日) 18:30 - 21:10

場所
  メルパルクホール

出演者
  能登 麻美子 (城崎絵美役)  (能:) 黒に白の水玉の半袖ワンピ、黒のレギンス
  柿原 徹也  (早瀬浩一役)  (柿:) 黒のTシャツ、白のパーカー、ジーパン
  中村 悠一  (森次玲二役)  (中:) 黒の革ジャン、茶色のズボン
  斎藤 千和  (レイチェル役) (斉:) ピンクのノースリーブ、短パン、黒ブーツ
  植田 佳奈  (遠藤シズナ役) (植:) ピンクの半袖ワンピ
  釘宮 理恵  (遠藤イズナ役) (釘:) 白の七分袖ブラウス、青のスカート
  福山 潤   (加藤久嵩役)  (福:) 白の上着、黒のズボン
  千葉 進歩  (菅原マサキ役) (千:) 白Tシャツ、黒のパーカー、黒のブーツ、ジーンズ 

0)開演前

  16:40ごろに昼の部が終了。人混みをかき分けてちょっと離れたファーストフード店にこもって原稿書き。
 どうにか草稿を完了させて、18:10ごろに夜の部へ入場。さすがに開場時間を40分も過ぎていると言う事で、
 待ち時間もなく開場入り。グッズの用も無いので、トイレの後まっすぐ着席。11列8番は端だけど見切れとかは
 問題なさそう。さっきと逆サイドがよかった気もするけど、司会側なので、まみまみやくぎみゅの視線は来るので
 いいんでしょう。どうせ端なら通路側が…、なんて贅沢を言ってもキリがないし(笑)

1)トーク。

OPが流れ、昼の部同様、ステージ後方から現れる面々、並びは昼と同様ながらスタンドマイクがない。
映像にあわせて決め台詞を言う一同。

 柿:ナイスな展開だぜ!
 能:正義の味方になってください、こんどこそ本当の正義の味方になってください。
 中:早瀬、、私と戦ってもらうぞ!
 植:逃げたらいかん!
 釘:姉さん、やめて
 福:真の●●を知りたければ、加藤機関に来い!
 千:抵抗は無意味だ、みんな一つになるんだ。
 斉:歓迎するわ浩一、でもうちのマキナはこわさないでね!

決めぜりふの後、降りてくる一同。一部聞き取れませんでした。

 斉:レイチェル役の斉藤千和です。よろしくお願いします。ではみなさんからご挨拶をいただきたいと思います。
  かっきーから。
 柿:早瀬浩一役の柿原徹也です。
 客:かっきー!
 柿:はいどうも。
 客:かっきー!!
 柿:最後まで言わせてくれ~。沢山の皆さんに来ていただいて光栄です。

四苦八苦しながらどうにか挨拶をすますかっきー。

 植:続きまして、遠藤シズナ役の植田佳奈です。今日は楽しんで帰ってください。
 釘:遠藤イズナ役の釘宮理恵です。今日は最後までよろしくお願いします。
 中:えっと、森次玲二役の中村悠一です。昼の回は盛り上がりましたが、夜も最後までもっと盛り上がって
  いきたいと思います。
 能:はい、城崎絵美役の能登麻美子です。みなさん今日はよろしくお願いします。
 福:こんにちわ、いや、こんばんはかな。加藤久嵩役の福山潤です。明かりがついたとき笑いが起こったので、
  僕の勝利は確定かなと、今日はよろしくお願いします。

昼はストレートなおかっぱヘアーでしたが、夜はちょんまげになってました。

 千:こんばんは、ありがとうございます。ようこそナイトクラブへ。ナイトな話をするかはわかりませんが、
  盛り上がっていきたいと思います。

そんな感じでトークかと思いきや…。

 斉:ぬるーりといトークコーナー。お弁当を食べたばかりで…。
 中:おなかいっぱい。
 福:お弁当食べて、ピザ食べて、その後に弁当食べて。さっきまでアオノリがついていた。
 斉:まだ起きてますか?
 中:がんばりましょう。

どうやら、中村さんおねむのようです、何故なんでしょう(笑)

 斉:25話が終わってどうですか、かっきー。
 柿:1話から叫んでいるせりふが多くて2クールは長いと思っていたけど、始まってしまったらあっと言う間だった。
  役者のみなさんと和気藹々できたし…。
 福:だれと和気藹々だって?
 柿:皆さんと…。
 中:おまえはそうでもないよ…。

早速二人のツープラトン攻撃にタジタジなかっきー(笑)

 中:こう、役柄の関係で、僕は沢城と話してたし、双子は二人で…。
 植:二人でね。
 釘:二人でね。

まあ、プライベートでも仲良しさんらしいし。

 福:おれは端っこにいた。
 千:後ろと前に分かれて、前は喋るひとが中心でかっきーが一人でいた。
 柿:やさしいんですよ、マサキさんは。
 千:おれ、やさしくしたおぼえないんだけど…。

フォローしてもらって感激、かと思いきや、あっさり切られるかっきー。

 柿:え、ともかく、僕は前で、能登さんと甘い思い出を…。
 能:一マス空いてましたけどね。
 柿:そうでしたね、なんで積めてくれないんだろうって…。
 福:あげくのはてに飯塚さんが入ってね。
 斉:まみちゃんは楽しかったよね。
 能:楽しかったよ。

アフレコから妄想の日々だったんですね。まあ、まみまみが楽しいんならOKです。

 斉:かっきーは話しかけんなオーラが…。
 植:全然。そんな感じあった?
 斉:むしろてんぱってるオーラが。「やめて、触らないで!」って…。
 中:おまえになんか触らないよ!

なにげに毒舌な佳奈ちゃんは嫌いではありません(笑)

 柿:でも、中村さん、優しいんですよ。外で僕を待っててくれて「飯食いにいこうよ」って。
 中:それはみんなを待ってたんだよ。お前だけなら待たないよ。
 柿:半年間、うれしかったのに…。
 中:まあ、ごはんはいったかな、3、4回。
 柿:もっと行ったじゃないですか。(優しいところを)広めましょうよ~!
 斉:まあ、こんな感じで楽しい現場なんですが…。

かっきー以外の面々には楽しい現場だろうなぁ、まあかっきーも変態王子だからまんざらでもないんだろうけど(笑)

2)お題トーク

アイスブレーキングの後、出されたお題に従ってのトークコーナー。

■(1) 好きなマキナ、差し上げます。

 斉:えっと、理恵ちゃん。
 釘:はい、うーんと、私はJUDAのマキナってカラフルでみんな好きなんだけど、中でもペインキラーが…。

ペインキラーはこんな感じ http://www.linebarrels.jp/machine_09.html 美海ちゃんの乗る奴ですね。
それはいいんだけど、

 釘:足とかの「もちっ」とした感じが好きです。
 福:ロボットで「もちっ」て…。
 釘:あんまりない感じ。可愛いと思います。

「もちっ」って言う表現はどうかと思いますが、くぎみゅなのでオッケーかなと。でも、美海ちゃんがもちっとした
ペインキラーに乗ってるって、やっぱり狙いだよね(笑)

 斉:潤君は?
 福:JUDAのだと、 ディスィーブかな?
 植:うちらのだよ。
 釘:すげぇ…。

ディシーブはこんな感じ。http://www.linebarrels.jp/machine_05.html
「大型で扱いづらいじゃないの~?」と思うのですが、理由を聞いて納得(笑)

 福:攻撃方法にロマンがある。「柿原に恐怖を与えてやる~」って。
 柿:どんな恐怖ですか!
 福:一杯の漢字のイメージを。
 斉:「読めねえ~」って。
 福:それで最後に「空気」って出すの。
 釘:ちょーおかしー。ナイスな展開だね、あ、言っちゃった…。
 斉:かっきー愛されてるね。

くぎみ~、ナイスなコメントだよ~(笑)

 斉:きずなが浩一を気にするエピソードがあって、そこでしずなが「姉は思春期をこじらせているんです」って
  言うんだけど、かっきーそれを聞いて、「そんな台詞あるんですか?」って言って、(「へぇ?」って
  言うところを)「へぇ~」って言って。皆わかってるのに一人だけ…。
 柿:で、(音響監督の)三間さんに怒られて。皆にはすごい生暖かい目で見られるし…。

帰国子女特有の苦労ですなぁ。ちなみに、かっきーの発言中「お前だよ」「あなたでしょ」と、まみまみと福山さんが
責任のなすり付けをしていたように見えたというのは内緒です(笑)

■(2) ラインバレル元年2019年

 斉:ラインバレルの舞台は2019年で、今から10年後な訳ですが、なにやってるんでしょうか。千葉さん。
 千:俺、石上さんと同じくらいなんだよね。「若いっていいね~」とか言ってるかもしれない。
 福:なんか、ほんとに言ってそう。
 千:「いいね~」っていいながら、ちょっとスケベにね。

いや、石上さんはそんなにスケベ…ではないこともないか…。

 斉:潤君は?
 福:10年後は一大事です。41歳でちょうど厄年なんで、どんな厄がくるのか。前にはいろんなことがおこったので、
  体を鍛えないと…。
 客:頑張れ~。
 福:頑張る。他人事だなぁ…。

厄年で体を鍛えるって、斬新な考えだなぁ。

 斉:佳奈ちゃんは…。
 植:うーん。おかあさん?
 斉:この辺、みんな、同世代だからみんなに重い10年。触れづらいよね…。
 植:誰が最初で誰が最後かってね…
 釘:言いづらいよね…。

まみまみは黙ってうなづくだけだったように思います。しかしこの面々のお母さんって想像しにくいよなぁ(笑)

 斉:中村さんは?
 中:10年後は39歳、森川さんとかそれくらい。
 千:僕と同じですかね。
 中:見えないですね。千葉さんのように落ち着きのある…。
 千:また、適当な…。
 斉:千葉さんって徳をつんでますから。
 福:ちょっとまて、それだと、徳をつんでないみたい…。

徳を積んだ人は、ナース服がどうとか、黒ストッキングがどうとかは言わないと思います(笑)

 斉:いや、なんかいい感じかなと。
 中:私もここから10年で徳を積んで…。
 客:がんばれ~!
 中:がんばらないよ、がんばらなくてもできるもん、多分…。
 千:大丈夫、基本的にぼーっとしてるだけなので。

結論としては、「中村さん、かなり頑張らないとダメだと思うぞ」って事で…。人のこと言えた話ではない、
という話はさておき(笑)

■(3) ラインバレルメンバーのあなた最低です。

観客お待ちかねのコーナー、ということで皆さんうちわを取り出します。

 中:あれを配っている以上はね…。
 斉:じゃあ、まみちゃん。
 能:さっき最低なことがおこったので…。
 中:あれ、言っちゃいますか、大丈夫ですか?
 能:さっき、ご飯休憩があったんですけど…、やめようかな?

なんでそこまで言って思わせぶりになるかなぁ(笑)

 柿:控え室で、こう、僕と能登さんの間は一つ空いてて、能登さんの荷物があったんです。
 中:絶対来るなよって…。
 能:ごはんもおいしくて。そこへピザがきたので、くちをモゴモゴしながら、「わ~っ」て歩いていったら、
  ご飯が「プッ」って、柿原さんの袖に…。
 柿:この辺です。

袖を見せるかっきー。しかし、

 福:(能登さんに)ごめんね柿原が変な事して…。
 中:あいつが、荷物あるのにやってくるから…。
 柿:普通に俺が悪かったことになってますけど…。洗わずに宝物にします。
 斉:なんかぜんぜん最低じゃないですよ。

むしろ、ご飯がついたのを喜んでいるかっきーの方が最低だと思うぞ…。ということで、まみまみのほほえましい
エピソードはおしまい。

 斉:では王子。
 柿:はい…。
 斉:昼の部で二つ言っちゃったので、また別の奴をお願いします。
 柿:別のですか?

しばし考えた後、エピソードを披露する王子。

 柿:僕、先日車を購入したんですよ。
 福:いくら?
 中:高い奴ですよ!
 柿:そんな、高くないですよ…。
 中:安い買い物なんだ…!
 柿:安くないですよぉ!
 中:じゃ、やっぱり高いんだ!
 柿:…。
 中:進めろよ!

そこで中村さんが切れるのはどうかと思うぞ、まあかっきーだからしょうがないけど(笑)

 柿:初日、友達とドライブにいったけど、夜、友達を送っていったんです。狭い道で、誘導してもらって車庫入れ
  したらすてきな音が。「あれ、大丈夫?」ってきいたら「大丈夫」って。そのうちガリガリって音がして、
  すてきなデザインの模様が…。
 中:タトゥーか。
 福:ハクがついたな。

やっぱりなツープラトン攻撃にまたもやタジタジの王子。

 柿:で、次の日仕事に乗っていて駐車場に止めて仕事が終わって行ったら、フロントバンパーがぐしゃって、
  青い塗料がついてた。2日乗って、10日修理に出した、乗ってる時間より修理している時間が長いって。
 福:どうせ最初なんだから、ベッコベコになるまで乗ればいいじゃん。
 中:ぶつけて小型車にしてしまえばいいのに。
 柿:それを聞いてへこんだ。
 福:ボディもへこんだ。

という感じでオチがついたんですが、

 斉:みんなせっかくうちわ用意したのに、最低じゃなくておもしろい話して…。
 柿:面白くないですよ!?

と言う事で千和ちゃんのダメだしが出たところへ助け船登場。

 福:はいはい。
 斉:なんですか、福山さん。
 福:僕、ラインバレルって番組がすきなんですけど、そこにかきなんとかって失礼な奴がいるんですよ。
 斉:ほぉ。かきなんとかさんですか。
 福:で、そのかきなんとかってのが、ガムをかみながら「福山さん、いつ服くれるんですか」って言うんですよ~。
 柿:言ってませんよ!
 福:あれ、お前の事なの?
 柿:……。
 中:まるでチンピラじゃないですか!、ガムを噛んで服を要求するなんて!
 柿:してませんって!
 斉:ちょっとこちらへ。

当然のごとく前へ呼び出されるかっきー。

 斉:お名前は?
 柿:かきもとです。
 斉:ということで、観客の皆さんの判定をお願いします。

言うまでもなくほとんどが「最低です」の方を向ける。

 斉:今日二つで最低の称号を二つですか?
 柿:チンピラ王子と最低王子ですか…。
 斉:では、まずはまみちゃんに言ってもらって、そのあとみなさんで。
 能:チンピラ王子、最低です!

まずは、まみまみの攻撃。続いて、

 能:あなた、
 全:最低です!
 柿:あると思います…。
 中:すげえな…
 斉:昼の部で「俺、ありです」とか言ってますし…。

最低ですと言われて喜ぶのはさすが変態王子です。

 斉:王子、どうですか?
 柿:おれですか、夜もこんな、日本中で「最低です」って言われた声優は俺くらいで、最低王子って称号を
  いただいた声優は俺くらいなので、これを誇りにしていきたいです。

まあ、本人がまんざらでもないからいいんでしょうが、変なの…(笑)

3)ライブ

ここでどうにか無事にトークコーナーが終わり、千和ちゃんを残して退場する一同。

 客:かわい~!
 斉:みんなの方がかわいいぜ!

もう、なにがなんだか分かりません。ともかく、ここでコミネさんを呼んでのライブコーナーへ。

 こ:コミネリサです、はじめまして。今日は特別なライブコーナーで、この曲は浩一を見守っている女の子の
  気持ちを表した曲です。

 

「PROUD」 コミネリサ     (第18話・第24話挿入歌)

 こ:もう1曲、感動のシーンで流れていた曲を弾き語りやります。今日来てくださったみなさんに心を込めて歌います。

 

「心のままに」 コミネリサ

4)レイチェルちゃん

 ライブの後、間髪入れずに上映。昼と同じBパート。話についてはそちらを。

 斉:見ていただいたのは25話でした。レイチェルちゃん大活躍でしたが、いかがでしたか。エンディングを見て、
  もしかしたら気づいた方はいるかもしれませんが、中村さんが一人五役やってます。Aパートでちょこちょこ
  出ててDVDに収録されるんで、是非とも買っていただいて、これとこれとこれだってチェックしてください。

そうやって中村さんファンに買わせようとしてるんでしょうか(笑)

5)ゲーム体験

告知映像の後、登場する千和ちゃん。この辺りの段取りは昼と同じ。

 斉:ゲームになります。ここはまた楽しい時間ですので、ラインバレルのみなさん、みんな早く!
 中:楽しいメンバーだよ~。

まあ、確かにそうですけど、自分で言いますか(笑)

 斉:もうおねむですか
 中:さきほどコーラを飲みまして…。
 福:炭酸抜きのコーラはいいカロリー源だって話はありますが…。

そんなこんなでゲームに関するトークのコーナー。

 柿:買っていただければうれしい。まだ発売されてないけど、セカンドとかサードとか続くといい。
 斉:今必死で(アフレコ)やってますよね。「俺の喉が枯れる」って…。

楽屋でも台本を読んでいたとか言ってました。

 斉:千葉さんとかゲームします?
 千:時々するけど、操作が難しいのは苦手。
 斉:まみちゃんは?
 能:私はゲームしないですけど、アニメで言ってない台詞とかたくさんあって、コミカルなのもあったので、
  楽しんで収録しています。

やってみたいですとは言わないのがマイペースなまみまみらしいです(笑)
ということで、試作機のプレイをすることになったのですが…。

 斉:ちょんまげのかた、ちょんまげのかたいらっしゃいますか。
 福:もしかして、今、人生と言う名のゲームをプレイしている俺ですか?

そう言いながら出てくる福山さん。

A)戦闘シーン

 福:これは、日頃やってるとおりですね。
 斉:声が出ないんです。
 福:ゆうきちゃん、声出ないって。
 中:大丈夫だ、私は声がでる。スモークか何かで目がまぶしいけど。
 斉:敵キャラは、女性陣どうですか?
 3:…。

ここで敵役を女性陣にやって欲しそうな千和ちゃんだが、誰も手をあげようとしない。

 千:わかりました、やります。

やむなく千葉さんがやることに。

■(1) 森次の攻撃

 中:浩一などに負けはしない
 千:よくもやりやがったな、おれが早瀬浩一だ!
 柿:違うでしょ!
 中:バカが、きかねえよ。

浩一、いつの間にか敵キャラになってます(笑)

■(2)浩一の攻撃
 斉:では、敵キャラは釘宮さんお願いします。
 釘:わたし、わたしですか、頑張ります。

頑張れ、くぎみゅ…。

 柿:(ジャスティス・ブレードって)頭悪そう…。
 柿:正義の剣をくらえ~!
 釘:もう~~、え~、ば~か、ば~か、よくもやりやがったな、ば~かば~か。

反撃の台詞を必死で考えたくぎみ~ですが、空気を読めないかっきーは敵を完全に破壊。

 釘:死んじゃったよ…。
 中:おまえ、なにするんだよ!
 福:あ~あ…。

福山さんのため息は、そのまま客席のため息でもあるのでした。

■(3) 双子の攻撃
 植:食らえ、なめんのもいいかげんにしとけよ、かっきー!
 釘:ナーブクラックだ、食らえ、かっきー!

双子の見事なコンビネーションで破壊されるかっきー、ではなく敵キャラ。

 釘:かっきーよわい。
 斉:かっきーよえ~。

いや、かっきーじゃないですけど…(笑)

■(4) 敵の攻撃
 福:へい、かっきー。おまえを倒してやるぜ~。
 柿:あうち、あたらないよ~、こんどはこっちだ。
 福:さほどにはきかぬは。

あんまり無茶やると、ゲーム買った人からクレーム来ますよ…(笑)

B)アドベンチャーパート

続いて、アドベンチャーパートを見ることに。

 斉:はい、実はゲーム好きの29歳の方。

一同、中村さんを注目。しょうがないといった感じで登場。

 中:ゲームはたしなむ程度ですが。
 斉:日にどれくらいやるんですか?
 中:週に何日とかじゃないんだ…。まあ、1日に3、4時間…。
 福:スイーツみたいなもんですよ。
 中:最近4時くらいに寝てます。
 柿:やりすぎ。寝てください。

そんな中村さんがゲーム機を手に取る。当然、声が出ないわけですが。

 中:(声は)能登さんでお願いします。
 能:あ、はい。

ここで、かっきーには加藤のマネと言うリクエストが出たので、なんとか頑張るかっきー。

 柿:(加藤のまねで)

ここで「的確」が読めずに突っ込まれるかっきー。

 能:(可愛く台詞)
 柿:(スキップされる)なんで…
 中:ゲームはテンポよく!

これは、台詞スキップも可能というデモで、決して意地悪じゃないと思いますよ(笑)

選択:「当たり前だろう」とかそんな感じの。

 能:(可愛く)私はみなさんの力になれて嬉しいです。
 柿:俺も嬉しいよ。
 能:(可愛く)はい、私もです。

そんな感じだったと思います。

 福:発売された時、いかに違うかをみてほしいですね。
 柿:やめてくれ~!
 斉:ちゃんと漢字も読めているし。
 中:製品版だと、「的確」が変わってたり…。
 柿:見えなかったんです。

まあ、そういうことにしておきましょう(笑)

 中:選択肢が三つあるってことは、それ毎のエンディングに関わってくるって事で、相当なボリュームですね。
 柿:普通にハドソンの人みたい。
 斉:ちょっと、被ってるし…。
 中:どっちかというと高橋名人。

最後まで「ハドソン=高橋名人」にこだわる中村さんでした。

 柿:アニメでできなかったシーンもあるのでお楽しみに。

色々地雷を踏んでしまっている気がしないでもないのですが、半年後の販売が楽しみです(笑)

6)朗読劇

 斉:すっげえ遠いんだけど、みんなおいでよ。

と言う事で一旦集まった後、後ろの朗読ポジションへ散らばる出演者。しかし、昼と違うって…。

 あらすじ
  今日も今日とて森次に怒られる早瀬、理性がないのは獣以下、犬や猫の方がましとなじられ、特別訓練を
 させられる羽目に。頭に来た早瀬は、森次の部屋に侵入し、彼の欠点を暴こうと試みる。
  ベッドの下で見つけた謎の日記帳には、髪の毛の悩みや、無人島へ行けなかった恨み、そして加藤と飲みに
 行ったときの犬猫論争が赤裸々に語られていた。
  そこへ現れた森次に表紙をみるように言われた早瀬。そこには石神の名前が…。怒った森次に早瀬がさらなる
 ハードな特訓を貸せられたのはいうまでもない…。城崎の「あなた最低です」の言葉とともに…。

まあ、落ちとしては、そんなものかな(笑) 朗読が終わって降りてくる一同。

 斉:みんな降りますかね。長い時間ありがとうございました。そろそろお別れの時間です。
 柿:楽しいです。新しいラインバレルの世界をみんなで生で出来て。
 中:台詞は多いけど、一人なので寂しい。みんなと掛け合いたかった。
 斉:でも、福山君とかけあってたよね。
 福:ワンワンかわいい。
 中:いや、猫ですよ。
 千:うさぎもかわいい!
 斉:ま、そのあたりは楽屋でゆっくりと…。

千葉さん、ナイス返しでした。

7)最後の挨拶

挨拶と言う事で、まずはコミネさんを呼び出す千和ちゃん。

 コ:すてきなイベントに参加することができてすごく嬉しい、今日はどうもありがとうございました。
 中:では挨拶をお願いします。千葉さんから。
 千:どうも、ありがとうございました。大勢のファンの皆さんが昼も夜も、まあまあ遅いこんな時間まで。
  楽しんでもらえたらホントよかった。もっと喋りたかった。もう1回こんなのがあったら、かっきーを
  よりいじることができると思う。機会があればと願いつつ、今日はありがとうございました。

中村さんと福山さんのツープラトンがすごすぎと言う話はあったんでしょうが。

 福:どうも、皆さん、楽しかったですか。GWこの後何しますか。今日はすごく楽しかった。GWの真ん中の
  休日、楽しい時間を共有できてよかった。加藤はニヒルなキャラで「想像せよ」なんてキャッチな台詞があって、
  なかなかそういうキャラはない。犬猫さわぎとかもあって楽しかった。みなさん、ありがとうございました。

中村さん共々大活躍でした。さすがです。

 能:ホントにあっという間の1日、昼も夜もたくさんのラインバレルのファンの皆さんと、キャスト、
  そしてスタッフの、皆さん、一緒の時間を過ごせてよかった。みなさんが楽しんでいただけたのなら何より。
  今日はありがとうございました。

今日は変態王子に虐められる展開ではなかったので良かったんじゃないでしょうか。

 中:今日、TDLじゃなくてこっちに来てくれたみなさんに感謝します。普通、あっちにいくでしょう。
  昼の回で楽しかったという話もいただいたけど、送り側として反省している。夜の部ではよりよいもの、
  楽しいものを見せようとしたけど、自分たちが楽しくなっちゃってやりたいことができなかった。
  この反省は次の機会に生かしたいので、みなさんどんどん応援してほしい。これからもよろしくお願いします。

中村さんの大活躍は歴史に残ると思います(笑)

 斉:では、釘ちゃん。
 客:くぎみ~!
 中:くぎみ~!
 釘:びっくりした、近すぎだよ!
 釘:会場の皆さん、キャストの皆さん、そしてスタッフの皆さんと、ラインバレルを好きなみんなで同じ体験を
  1日通してできて楽しかった。みんなにもそう思ってもられると嬉しい。DVDや原作、ゲームとまだまだ
  ラインバレルは続くので、ずっと応援してほしい。今日はありがとうございました。

もう少し色々喋って欲しかったところではありますが、「ば~かば~か」が聴けたのでOKです(笑)

 斉:では、佳奈ちゃん。
 植:ありがとうございます。さみしいね。朝早くから騒いでいるのに、時間があっという間。私はゲームの
  アフレコも終わってしまったので、このメンバーといつ会えるんだろうって思ったら、寂しくて…。
  またみんなとお会いできればと思う。GW残り半分、楽しい休日を過ごしてください。

昼からずっとしんみりモードな佳奈ちゃんですが、その割に王子を「キモイ」呼ばわりしてたのが印象的です。

 柿:今日は本当にどうもありがとうございました。満席になったのがなにより嬉しい。昼も夜も満席でこんなに
  嬉しいことはない。反省もあるので、またもう1回、時間も1時間半と短かったので、2時間とか3時間とかやりたい
  気持ちでいっぱい。ラインバレル、まだまだ続いてるし、残念ながらラジオもまだ続いているので、これから
  ゲストをお呼びして続けていきたい。インタネットラジオともども、ラインバレルを応援してほしい。

ラジオの話をしたときに、まみまみが頭を抱えた気がします(笑)

 斉:ありがとうございました。司会はレイチェル・キャルビン役の斎藤千和でした。

昼間同様サインボールを投げる事になったのですが、かけ声が、

 能:あなた
 全:最低です!

ってどうなんだろう、と思わないでもなく。ボールもこないし…(笑)

 斉:それでは、みなさん、ありがとうございました
 全:ありがとうございました。

幕が下りておしまい。

8)感想
  GWの中日と言う事で心置きなくイベントに出かけることが出来たというのが偽らざる感想である。翌日の会社の
 心配をすることもなくゆっくりと時間を過ごせる、まさに「ナイスな展開だよ~」以外の何物でもない。休日だから
 人と同じようにTDLなどへ出かけても、混み混みで疲れるだけ、それだったらラインバレルのイベントで面白い
 トークを聞いていた方が何倍も有意義である。

  このイベントが成功したのは男性陣の巧みなトークに寄るところが大きいだろう。かっきーに対する中村さんと
 福山さんのツープラトン攻撃、前回のラジオ公録でもナイスな展開ではあったが、大会場になってますます切れ味
 が冴え渡った間がある。反省しきりだった千葉さんもアフレコシーンなどではいい味を出していた。その意味で、
 司会の千和ちゃん以外、若干存在感の薄かった女性陣は、想定内とはいえちょっと失望させられた面もある。
 まあ、まみまみが後ろに下がるだろうなというのは読めていたのだが、うえかなさんやくぎみゅさんまで同じ状況
 になってしまうとは。その意味で千和ちゃんの存在感を感じられたのが収穫だったという話もあるが。

  番組が終わってもラジオが続き、こうしてイベントが行われるという事は、そこそこ人気があるという事なの
 だろう。その意味ではストーリーを完全に終わらせてしまって続編が作れない状況というのを残念に思うことも
 ある。ただ、二クールという枠の中で出来ることをやりきったからこそ視聴者の共感を得られたという面もある
 はず。その意味で「レイチェルちゃん」や「ゲーム」と言った外伝的展開を広げていくというのは悪くない考え
 だと思う。このままおしまいとしてしまうにはあまりに惜しい作品であることは確かなのだから、それこそ、
 「あなた最低です!」と言われてしまうことは間違いない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] 春だ!正義だ!ラインバレル祭り! 昼の部

日時
  2009年05月03日(日) 15:10 - 16:40

場所
  メルパルクホール

出演者
  能登 麻美子 (城崎絵美役)  (能:) 黒に白の水玉の半袖ワンピ、黒のレギンス
  柿原 徹也  (早瀬浩一役)  (柿:) 黒のTシャツ、白のパーカー、ジーパン
  中村 悠一  (森次玲二役)  (中:) 黒の革ジャン、茶色のズボン
  斎藤 千和  (レイチェル役) (斉:) ピンクのノースリーブ、短パン、黒ブーツ
  植田 佳奈  (遠藤シズナ役) (植:) ピンクの半袖ワンピ
  釘宮 理恵  (遠藤イズナ役) (釘:) 白の七分袖ブラウス、青のスカート
  福山 潤   (加藤久嵩役)  (福:) 白の上着、黒のズボン
  千葉 進歩  (菅原マサキ役) (千:) 白Tシャツ、黒のパーカー、黒のブーツ、ジーンズ 

0)開演前
  浜松町は何度か来たことはあるけど、大門をくぐったのは実は初めて。「あれがよく異世界への門になる建物か」と
 東京タワーに感心しながらメルパルクホールへ。ほぼ開場時間の14時に到着も、予想通り開場が遅れて20分くらい
 待たされる。それにしても、女の子が多いなぁ…。かなりアウェイだ…。

  14時30分頃にどうにか会場入り。パンフレットを二冊購入して今日の目的の二割は達成…。そして開くと…、
 まみまみ、いつの写真だよ…(笑) しかし、アンケートが入ってたりパンフレットを作ったり、手間暇と費用を
 かけてるなぁ…。「天才少女レイチェルちゃん」の他にも続編作る気かしらん(笑)

1)生ドラマ

幕が上がるとステージ後方の雛壇に人数分のスタンドマイクが。出演者の皆さんがわらわらと登場。自キャラの
映像とともに決め台詞。

 柿:今日から俺が正義の味方だ!
 能:あなた、私と一緒に戦ってくれますか?
 中:正義の味方ごっこはもう終わりだ!
 植:指くわえてみてな!
 釘:僕は なにがあってもマキナに…
 福:想像せよ、我々が勝利する姿を。
 千:試させていただきます、あなたがふさわしいかを。
 斉:アップリフト確認、みてなさい久嵩。首根っこを捕まえてあげるわ!

全員が決め台詞を言い終えたところで開幕宣言、のようなもの。

 柿:春だ、正義だ、
 全:ラインバレル祭り!

そしてスクリーンの映像が切り替わり、生ドラマ開始。

内容
  ある休日、そそくさと出かけていく城崎を見かける双子とレイチェル。早瀬君には内緒との言葉を不振に思い、
 早瀬に忠告に。ラインバレルを呼ぼうとするほど、とりみだした早瀬をどうにか落ち着かせ、城崎の後をつける
 ことに。
  待ち合わせの場所には森次の姿が。トイショップでキバイダーシリーズのおもちゃを物色したり、ファミレス
 でパフェを食べたりする城崎に気が気でない早瀬と一同。そこへたまたま居合わせた加藤も含めて動揺の色が
 隠せない一同。
  そして公園の池でボートに乗る2人に焦った早瀬はボートを転覆させてしまう。結局尾行がばれてしまった
 一同は、城崎に頼まれた森次が早瀬向きのデートの練習台になっていたことを聞かされる。その後、早瀬が、
 怒った城崎に最低呼ばわりされ、怒った森次に天誅を食らわされたのは言うまでもない…。

そんな感じの話でした。まあ、かっきーがダメダメで冷たい目で見られて、まみまみに「あなた、最低です」って
言われる筋が通っていればOKなので、話は作りやすいかな(笑)

2)挨拶&トーク

ドラマが終わったところでステージ前方に降りてくる一同。

 斉:さぁ、と言うことでみなさんこんにちは。本日はみなさん、お越しいただいてありがとうございます。
  なぜか本日司会進行をやることになった、レイチェル役の斉藤千和です。と言う事で、皆さん簡単に
  自己紹介をお願いします。じゃあ、かっきーから。
 柿:皆さんこんにちは、早瀬浩一役の柿原徹也です。沢山の皆さんにお越しいただいてありがとうございます。
  楽しんでいってください。
 植:遠藤シズナ役の植田佳奈です。今日は楽しんで盛り上がっていきたいと思うので、みなさんも楽しんで
  いってください。
 釘:遠藤イズナ役の釘宮理恵です。今日はよろしくお願いします。
 中:紹介とかないんですか。
 斉:ないです。勝手にやってください。
 中:アバウトな…。

ぼやきながらも自己紹介を続ける中村さん。確かに千和ちゃんアバウト過ぎ(笑)

 中:森次玲二役の中村悠一です。今日は遠いところから、遠いのかな、わざわざ起こしいただいて、
  ありがとうございます。二階席のみなさん元気ですか、今日はもう二度と触れませんが…。

なぜいきなり部階を敵に回す(笑)

 能:城崎絵美役の能登麻美子です。今日は皆さんとお会いできてとても嬉しいです。今日一日よろしく
  お願いします。

大人数だしボケは無いなぁ(笑)

 福:こんにちは、GWの中わざわざ足を運んでくださってありがとうございます。加藤久嵩役の福山潤です。
 千:本日はお日柄もよく、ようこそおいでいただきました。菅原マサキ役の千葉進歩です。
 斉:以上の楽しいメンバーでお送りします。

自分たちで楽しいメンバーとか言うんだ、全く間違ってないけど(笑)


3)トークコーナー「ラインバレルメンバーのあなた最低です」

トークテーマとして与えられたお題が表題のようなもの。これにはさすがのメンバーも驚きの色を隠せない。

 中:初っ端から?
 福:いきなりこれですか?
 斉:だって、普通の話なんか、そんなの取材とかで一杯喋ったでしょう。

確かに間違ってない気はしますが、いいのかなぁ…。

 柿:まあ、ラインバレルは上あがりですから。
 千:低いところからあがるだけですから…。

ということで、トークコーナー開始ですが…。

 斉:じゃあ、中村さんから。
 中:ここで使いますか?
 福:ジョーカーですよ…。
 斉:じゃあ、優しく言ってくれる千葉さんから。
 千:聞いてないよ…。

ということで千葉さんからに。中村さんにはそんな後回しにするほどすごい話があるんでしょうか(笑)

■(1) クリスマスの過ごし方

 千:瞬間、思った藻はラインバレルの中で、阪口大介が演じてた役で、王政 陸ってのが、クリスマスのカップルに
  ビームをバーンってやるのがいて、気持ちはわかるけど、あれ最低だった。
 福:あいつ、チキン食べ過ぎて台詞が聞こえなかった。
 千:本人、チキン大好きだから…。

あの話を考えた人は、よっぽどバカップルが嫌いなんだろうなと思いました。気持ちはよくわかります(笑)

■(2) まみちゃんに触るな!

 斉:次、かなちん。
 植:あ、はい。ラインバレルの中ですかね、それとも日々の中から?
 斉:日々な感じで…。

話の流れから、自分のドジっ娘ぶりを披露してくれるかと思いきや、

 植:さっき、かっきーがまみちゃんの肩に触ったのは許せなかった!
 斉:私も許せなかった!

やっぱり人気者なまみまみ。というかかっきーのセクハラはラジオの発言だけじゃないのか?

 柿:そ、それは、こうスキンシップというかよろしくね、って。だめですか?
 能:そういうのは一杯ありました。
 斉:これ、いやだったの?
 能:いやだった…。

裏表の無い人だから、ホントにイヤだったんだろうなぁ(笑)

 中:まあ、アニメのアフレコ終わりましたし…。
 柿:ショック。俺、夜の部いないかも…。

別にかっきーがいなくても、それはそれで問題ないと思ったのは、僕を含めたすべての男性客でしょう(笑)
だから、席を一個開けられるんですって…(笑)

■(3) シズナの立場は

そんなかっきーに対する非難はさておき、お話をすすめるかなちん。

 植:ラインバレル内では、終わりの5話とか6話くらいになるまで、ディシーブで自分も一緒に動かしていると
  思ってた。実際にはマキナは一人だけなので、私はサポートパイロットだって…。
 釘:私も、シズナがやってると思ってた。
 植:17話にして初めて知った。もっと前に説明してほしかった。最低かも。やりなおしたい…。
 斉:そんなことはないでしょう。

千和ちゃんじゃないけど、それはうえかなさんのせいだけではないと思うなぁ…。

■(4) 駅でおもらし、学校でおもらし…

 斉:では、真ん中の黒い方。
 中:能登さん黒いですからね…。

しかし会場を含めた一同の視線は中村さんの方へ。

 中:私ですか?
 斉:言える範囲で。
 福:言えないのは楽屋で…。
 中:楽屋でも引くぜ!

いや、そんな胸張って言われてもなぁ…。

 中:ラジオとかで何回も言ったけど、現場帰りで女の子がおしっこ漏らしてた。足下に水がこぼれた感じだけど
  様子がおかしくて、前に回ってみたら、ペットボトル説かなくて、股間が…。
 斉:女子、(うちわを)あげていいよ!

千和ちゃんの声に、会場の一部で「あなた最低です」のうちわがあがる。

 中:いろんな場で言っちゃって…。皆さんもありますか、もらしたこと?
 全:…。

それは一種のセクハラじゃないかなぁと思わないでもなく…。そこへ助け船。

 福:あるある。小学校の入学式の時、トイレっていえなくてもらした。いきなり知らない奴から「えんがちょ」、
  っと言われてそこで学級会が始まった。「今のは可哀想だとおもいます」とか言う話になって、それより
  着替えさせてくれって。
 千:トイレは戦場でした。
 中:大便所の方は命がけだった。
 福:おれ、学校の途中で家に帰ってやってた。だって10分ぐらいで帰れるじゃん。
 中:個室に入ると「くっせえなぁ」とかクラス中の話題に…。

楽しそうに話す男子一同に、驚きの顔を隠せない女子一同。まあ、文化が違うからしょうがないでしょう(笑)

■(5) 目が覚めたら…

 中:これじゃないです。
 斉:違うんですかぁ?
 中:ええ。

ということで本題に入る中村さん。

 中:ラインバレルは朝録ってたんだけど、ある朝起きたら開始する時間で…。その日は祝日か何かで事務所休みで、
  緊急連作先に電話かけてもつながらなくて。「なんで出ないんだよ!」って切れながら。カナイさんのせいです。
 福:名前出すなよ!
 中:急いで現場にいったらテスト終えたところだったけど、「中村さん来たからもう1回テスト行きます」って…。
 植:よりにもよって当番週だったしね。

重要な時に限ってアクシデントが起こるってのはマーフィーの法則でしょう(笑)

 斉:驚くくらい堂々と登場してましたよね。
 福:なんか事情があるのかなぁって…。
 斉:では、中村さん前へ。

千和ちゃんの声に従って、渋々前へ出てくる中村さん。

 斉:どちらから?
 中:神奈川県からきました、29歳です。
 斉:では、会場の皆さん。寝坊した中村さんが最低だと思う人は、うちわの「最低です」の方を、
  いいんじゃないかと思う人は「絵の方」をこちらへ向けてください。

そして会場にあがるうちわ。9割以上が「最低の方」を出してますが…。

 中:二階席は全部絵ですね。
 斉:違いますね。能登さん、一言お願いします。
 能:ほんと、あなた最低です!
 中:わーい。
 能:わーいじゃない!
 中:もえ~!
 福:おれもおれも、出来れば耳元で…。

だから、まみまみに萌えてる人たちには「最低」も逆効果なんですって。気持ちはわかる(笑)

 福:太陽がでかいと月が見えない。

結論としては、福山さんも自分が変だって事は理解してるようです…(笑)

■(6) 密林の王子、ストッキングを愛でる

 斉:では、お待たせしました。王子お願いします。
 柿:何の王子?
 能:王子!
 斉:一番最近の最低なのを…。

変態王子じゃないだけいいんじゃないの…、と思ったり思わなかったり。

 柿:おれ、アマゾンに最近はまってるんですが…。
 福:仮面ライダー?
 中:熱帯雨林か?
 柿:違いますよ、アマゾンだって言ってるでしょ!
 福:仮面ライダーだってアマゾンだよ!

ホントですよ。むしろ熱帯雨林や仮面ライダーの方が先輩なんですから(笑)
そんな先輩のいじめにもめげず話を続ける王子。

 柿:こう、アマゾンで「ストッキングの美しく見えるDVD」ってのがあって…
 全:えっ!?
 福:ストーキング?
 柿:違います。「ストッキングの美しい履き方」。それをクリックしたら、おすすめの商品に、「白いストッキング」
  とか、「黒いストッキング」とかが出るようになって…。
 中:買ったの?
 柿:買いませんよ!
 福:この間のイベントの後?
 柿:違いますって!

そこで「可愛い妹に高級なのを買ってあげるんです」とか言っとけばシスコンレベルアップなのに(笑)

 柿:実は、もう十分でしょ。ラインバレルの中では森次さん。おれがあれだけ主人公として喋っているのに、
  「おろかな」とか一言で全部持っていくのは…。
 斉:柿原さん、こちらへどうぞ。

納得行かない様子ながらも渋々出てくる王子。しかし、

 福:日本には正座という文化があってな…。
 中:正座と土下座という文化があるぞ!

その言葉に従って観客の方を向いて正座するかっきー。

 斉:どちらから?
 柿:ドイツ、デュッセルドルフから来ました、柿原です…。
 斉:今日は何について判定して欲しいんですか?
 柿:自分が最低なのはみとめますが、中村さんも最低だと思います。
 中:ばかじゃないの? くぎみー、どう?
 釘:わたし、最低って言われるとむかっとくる。
 斉:柿原さんが最低だなと思う皆さんは「最低です」の方を、いいんじゃないって思う人は絵の方をお願いします。

当然会場のほとんどが「最低です」の方を出す。

 斉:もう一度、まみちゃんに登場いただいて、今度はみんなで…。
 能:あなた、
 全:最低です!

会場からの「最低です」の声にくらっとくるかっきー。しかし、

 柿:悪くないですね。でも、帰るとウィキペディアに(最低に関する記述が)増えてると思う。
 斉:あたらしい趣味が増えましたって…。

そんなお約束の展開でトークコーナーは終了。

 斉:みなさんせーの、
 全:ありがとうございました。

ここで千和ちゃんを残して退場する一同。


3)ライブコーナー

 斉:ありがとうございました。
 客:かわい~!
 斉:ああ、可愛いとか言われた、もっと言って、すみません、もっと言って~。

客席からの「可愛い」の声援にまんざらでもない千和さん。それでも進行を続けます。
続いてはライブコーナーと言うことで、コミネリサさんの登場。

 「PROUD」 コミネリサ     (第18話・第24話挿入歌)

 コ:ここは小学校の合唱コンクール以来。この曲は浩一の何も恐れず向かっていく姿に感動して作った。

 「心のままに」 コミネリサ

キーボード弾き語りでした。映像と一緒に聴かせられると、結構うるっとくるものがありました。

4)天才少女レイチェルちゃん第2話

千和ちゃんの登場はなしに、いきなりスクリーン上に流れるレイチェルちゃんのダイジェスト。
これが噂の「天才少女レイチェルちゃん」かぁ…。と思いつつ始まったのは何故か2話。
どうして1話を温存するかなぁ(笑)

内容
  時間も余ったので、JUDAメンバーのお部屋を訪問するレイチェルと愛華さん。変身ポーズの練習に勤しむ
 浩一や、実は一番色っぽいサトル君の寝起き、ヨガでダイエットを試みる美海ちゃんなどと大騒動を繰り広げた
 後、マニキュアを塗り合う結衣さんと絵美さんのラブラブシーンに嫉妬するレイチェル。結衣さんの部屋への
 潜入を試みるが、直前でばれて辺りは血の海に…。

詳細はDVDになったときに見てください。

5)ゲーム

上映が終わって再登場する千和ちゃん。重大発表があるとの言葉を残して退場。スクリーンに映し出される映像。
「PSPゲーム化 今秋発売予定」だそうです。映像の後、千和ちゃんが再登場してゲームの告知。

 斉:ラインバレルのみんな、元気に登場してください。
 福:どうも、ラインバレルのみんなです。
 中:ラインバレル3です。
 福:ラインバレル7です。

1とか2とかは誰なんでしょう…。

 斉:ゲーム化ですが、どうですか、柿原さん。
 柿:収録に取りかかっているんですが、オリジナルストーリーでアニメよりボリュームがあって、浩一アップアップです。
 斉:せっかくなので、今日は試作機をプレイしてもらいます。では、ハドソンさん、ハドソンさ~ん。

いや、「ハドソンさ~ん」と呼ばれても困ると思うんですが(笑) ハドソンの関係者さんらしき人が登場。

A)戦闘パート

 斉:では、やりたい福山さん、手を挙げてください。
 福:えっ!?
 斉:やりたい福山さ~ん!
 中:福山君、やりたそう…。

皆に押される形で前に出てくる福山さん。

 福:すごいコードついてる…。

スクリーン上にゲームのプレイ画面が。なんとか大戦の地上戦シーンっぽいのは気のせいではないでしょう。

■(1)森次の攻撃ターン

 釘:はじまった。
 中:(収録)僕は、もうばりっと終わった。
 福:じゃあやって!
 中:リアルタイムで。(森次は)陰湿そうな顔だなぁ…。

 中:[森次] 本物の暴力を教えてやる
 福:[敵キャラ] くたばれ中村!

■(2)浩一の攻撃シーン

 柿:「ジャスティスブレード」ってバカっぽい名前だなぁ…。

浩一っぽくていいんじゃないでしょうか(笑)

 柿:[浩一]ジャスティスブレイド!
 千:[敵キャラ]よくもやりやがったな、最低王子!

■(3)遠藤姉弟の攻撃

 植:どっちが喋るんだろう?

うえかなさん→くぎみ~さんの順になってました。

■(4)敵キャラの攻撃

ラインバレルめがけて寄ってくる敵キャラ達。

 柿:なんで俺ばかり…。
 中:一番弱いからだろ。

そして1機が攻撃態勢に。

 千:[敵キャラ]くたばれ、いちばん、よわっちいやつ!

キャラがアップになって決めぜりふを言うのは、ホントによく見るシーンですね(笑)
感想としては、

 福:やってみてやりやすい。リハのとき説明もあまり聞いてなかったけど普通ににできた。

まあ、よくある戦闘シミュレーションの形式って事で、ゲーマーな皆さんなら問題なしでしょう。でも、
せっかくのリハの意味がないなぁ(笑)

B)アドベンチャーパート。

戦闘シーンの他にもアドベンチャーパートがある、ということで。

 斉:どうしてもやりたい感じの中村君!

いや、福山君に続いて規定事項なんでしょうけど…(笑)

 中:ハドソンってことはすごろくで回ったり、名人が出てきたりするんですか?

いやいや、ハドソンだからって「もも鉄」と「高橋名人」がすべてじゃないでしょう(笑)

■(1)初のオペレータ業務が終わっての城崎と浩一

 中:能登さん、僕と喋ってください。

中村さんのラブコールに、渋々…かどうかは不明ですが頷くまみまみ。いや、城崎と浩一のシーンなんで
我慢してください…(笑)

 中:(王子の)声が汚い、のいじー。
 柿:そんなこと無いですよ~。
 斉:まあ、開発中ですんで…。

いや、そもそも声出てないですよね。

 柿:[浩一]城崎のオペレータ良くできてたよ。
 能:[城崎]そんな…。
 中:いいんだよ…。

プレイヤーの中村さん、なにやら思い切り独り言会話モードに入ってます。

 能:[城崎]私、役に立ったかしら。
 中:役に立ちましたよ…。

まあ、気持ちは分かるけど…、中の人と観客の前でできるのはすごい(笑)

ここで三選択画面。一番ふざけた「城崎の声が気になって…」を選択。

 柿:気になって作戦どころじゃなかったよ。
 能:王子、なに考えているんですか!

いつものラジオモードになって怒るまみまみ、グッドジョブ!

 能:まったく、気持ち悪い、あなた最低です!

気持ち悪いはアドリブのような気がします。こんな感じでデモプレイは終了。

 斉:どうですか、女性二人?
 植:きもい…。
 中:今日は、「きもい」って言われてました。

これは、ネットとかに書けっていうフリでしょうから、こうして書きました(笑)

 中:皆さんの演技がきちんとかみ合って、能登さんと(王子が)ちゃんと噛み合っているかね…。
 能:やばいやばい…。
 中:おまけシナリオは相当バカなシナリオもあるし。
 福:おれ、全部とったけど、相当分量あった…。
 斉:マルチエンディングなんで、城崎じゃない人ともね…。
 能:え~~!
 中:山下君と、沢白と…。

いや、それは、いい感じだけどどうかなぁ。一番可愛いと言う話もあるが(笑)

 中:ほかの人のシナリオわからないんだよね。
 柿:僕は全部もらっているけど、半端ないから、一週間ぐらいっかって、その二日目…。
 斉:二人はどうですか?
 植:はい…。
 斉:二人がモニタに映るとちょう可愛い~!
 中:なに、個人的な感想言ってんだよ!
 斉:あはは。

笑いながらも進行を続ける千和ちゃん。

 斉:二人はゲームどうですか、ってかなちんに聞くのは失礼だな。
 中:ゲームやらない日ある?
 植:ないですね…。
 福:ないんだ…。

やっぱりないんだ…(笑)

 釘:なんか、私でもできそう。わたし、凝り性なんで、やると全クリアしたくなる…。
 斉:こう、かっきーが誰を好きかが、エンディングをみるとわかるかもね。今後の関係に影響が…。
 柿:え~~。
 中:別の現場であったときとかにね…。

とりあえずまみまみにしとかないとまずいんじゃないですかぁ、ラジオもまだやってるし(笑)

6)エンディング

 斉:そろそろお別れの時間ですが。かっきー汗だく。中村君、もっと汗だく。
 中:僕はそれほどでもなかった…。。
 斉:動揺してフードも裏がえってる。
 柿:言わなきゃわからないでしょ!

ということで、コガネリサさんを呼び出す千和ちゃん。

 斉:どうですか、リサさん。
 コ:暖かいみなさんに音楽を届けられてほんとによかったです。
 中:歌って、生まれたときからうまかったんですか?
 柿:それ、俺も聞きたい!

「うまいんですか」って聞かれて困るコガネさん。

 中:後付けでもだいじょうぶですか?
 コ:大丈夫です。私、人前で歌えない人だったんで…。
 中:でもうまかったんでしょ。
 福:中村さん、どっちいきたいんですか?
 中:30すぎても大丈夫ですか?
 コ:大丈夫です。

まあ、最近は歌のお仕事も多いから悩みも多いんでしょうか(笑)

 斉:感想を、さっきと逆で千葉さんから。
 千:なんか、あっという間すぎて、盛り上がったところで終了した。伝えたい事が一杯あって楽しかった。
  夜も頑張りたい。今日はありがとうございます。

ゲーム紹介での敵キャラのアテレコはグッジョブでした。

 斉:続いて福山さん。
 福:どうもありがとう、楽しかったですか? 触れないっていったけど2階席も触れてみようか、まぶしいけど。
  楽しかったですか。本編のアニメでは加藤はドシリアスで、ドラマで興奮した久嵩ができたのが楽しめました。
  皆さんも楽しめたと思います。GWも半ばですが、夜も、GWも楽しんでください。皆さんありがとうございました。

いや、中には夜は来れない人がいるんじゃないかな…

 斉:続いて、まみちゃん。
 客:まみこ~!
 福:まみこ~!
 能:ハイ、ほんとにこんなに沢山の皆さんに来ていただいて、ラインバレルを愛する皆さんと、遠いところからも
  沢山来ていただいて嬉しいです。ラインバレルは個人的に大好きな作品で、作品が終わった後もイベントを
  通してみなさんに会えて嬉しいです。今日は、皆さんありがとうございました。

挨拶は立派ですが福山さんに対する突っ込みがあればもっとよかったと思います。

 斉:では、中村さん。
 中:GWの貴重な一日をラインバレルに割いていただいて、いい天気なのにここを選んでくれて嬉しいです。
  応援ありがとう、(25話 レイチェルさんでは)アニメパートではキャストされてますが、実はBパートは
  しゃべってません。
 福:俺もやりたかった…。
 中:森次、喋ってないんだよ。それではみなさん、さようなら。

相変わらずのかっきーへの対応、見事でした(笑)

 斉:では、釘ちゃん。
 客:くぎみ~!
 釘:すごーい、いえ~い。
 中:くぎみ~、だいじょうぶか、素人さんみたいだぞ…。いえ~いとか…。
 釘:すみません…。みんなDVDかうよね、(レイチェルちゃんは)いいフリだった。短いあっという間だったけど、
  ギュギュっといっぱいつまった感じで楽しかった。ファンのみなさんが雰囲気を暖めてくれてうれしかった。
  今日はどうもありがとうございました。

最後の挨拶ぐらいしか、くぎみゅらしさが出てなかったのが残念でした。

 斉:次、かなちゃん。
 植:今日は朝早くから入って長い間いるのに、あっという間で楽しかった。ラインバレルものらりくらりと…。
 中:それ、いいことばなのか?
 柿:あとはあがるだけでしょ!
 植:こう、一定レベルのテンションなので、楽屋でも心地いい。こんな感じで続けていければいいなと思うので、
  応援よろしくお願いします。今日はどうも、ありがとうございました。

発言は少な目でしたが、「きもい」は深く印象に残りました(笑)

 斉:では、かっきー。
 柿:本放送が終わって一ヶ月たつのに、こんなにたくさんお客さんに来ていただいて、ゲームグッズも発売に
  なるのは、主人公をやらせてもらって嬉しい。イベントで出会う機会がまたあるといいい。みなさんにまた
  お目にかかれる機会を楽しみにしてます。

最低で変態な王子にしては悪くない挨拶です(笑)

と挨拶が終わったところでプレゼントのサインボール投げ。上着を脱ぐ、福山さん、半袖の後がくっきり…。

 福:普段から自転車だから…。

一人3個ずつ投げたところで終了。端だからボールがきませんでした。

 斉:今日は本当にありがとうございました。これからもラインバレルを応援してください。
 全:ありがとうございました。

こんな感じで、幕が下りておしまい。

7)感想
  レイチェルちゃんBパートの放映とライブ2曲があっての1時間30分だから、イベントとしてはさほど密度は高くない。
 それでも時間が過ぎるのがあっというまな感じだったとだから、心から楽しめた。

  一番おもしろかったのは、中村さんと福山さんの絶妙のやりとり。残念だったのは、そのせいで麗しい女性勢の
 存在がかすんでしまったこと。誰とはいわないがくぎみゅなどは、もしかしたらいなかったかのようだ…。

  そんななか千和ちゃんの司会ぶりには感心することしきり。台本どおりの部分も、そうでない部分も含めて
 軽快なやりとりはあらためて芸達者だなという印象を受けた。こんごますます気にしていきたい声優さんであり、
 夜も楽しみに見てみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月03日のココロ日記(BlogPet)

ココロ、Nagaさんの影響で、最近エキドナを作るのが好きになりました。
何回やってもあきません。
…ヘンですか?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/02

[PL08/09] #35 ポーツマス v アーセナル

スタジアム
  フラットン・パーク  ポーツマス  Att: 20418
  気温:18度  湿度:35%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ

試合結果
  ポーツマス 0 - 3 アーセナル

主審
  リー・メイソン

ラインナップ

 ポーツマス
             39 ベンジャミ  09 クラウチ

  06 マリンス      22 ヒューズ   28 デービス   14 ペナント

  07 フレイダルション  15 ディスタン  23 キャンベル  16 パマロ

               01 ジェームス
  サブ:
    31 ベゴビッチ  02 プリムス  10 ニュージェント  27 カヌ  33 バシナス
    17 ウタカ    20 クラニー
  監督:
    ポール・ハート

 アーセナル
            12 ヴェラ   26 ベントナー

  23 アルシャビン(C) 16 ラムジー  15 デニウソン  14 ウォルコット

  27 エブエ      20 ジュルー  17 ソング    03 サニャ

             21 ファビアンスキ
  サブ:
    24 マノーン  28 ビスチョフ  35 コキュエリン  38 エマニュエル  43 メリダ
    47 ランダル  56 フリムポン
  監督:
    アーセン・ベンゲル

前半:試合展開
 03 POR SOG:クラウチ中落→マリンズ中S               GKキャッチ
 04 ARS    :アルシャビン→ウォルコット右クロス           あわず
 05 ARS S  :右CK:ベラ→ジュル左HS               枠上
 07 ARS SOG:ベントナー右S                     GKキャッチ
 07 POR S  :ベラジ-左ドリブルS                  枠左
 09 ARS S  :ヴェラ中ミドルS                    枠上
 13 ARS SOG:アルシャビン左クロス→ベントナー右HS      GOAL★POR 0-1 ARS
 17 ARS S  :エブエ左ドリブル→ヴェラ中S             ※DFブロック(CK)
 19 POR S  :ベラジ-左S                      枠上
 21 ARS ▲YC:アルシャビン、ペナントを掴む           CARD▲アルシャビン
 26 POR S  :クラウチ、ベラジ-、1,2S             ※枠右
 35 ARS    :ヴェラ左クロス→ベントナー右落→ウォルコット      DFクリア
 40 ARS    :アルシャビン、エリア内で倒される            PK
 40 POR ▲YC:キャンベル、抗議                 CARD▲キャンベル
 40 ARS SOG:PK:ベントナー右中               GOAL★POR 0-2 ARS
 +2 POR S  :クラウチ中S                      枠右

前半:コメント
  アーセナルがチャンスを多く作ったわけではないが、ジェームスのミスと微妙な判定に助けられて、
 2点のリードを奪って前半を終了。準レギュラー主体ではあるが、2点のリードがあれば負けることは
 ないだろう。これでウォルコットやサニャ、エブエをうまく休ませてCLに備えたいところ。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    ポーツマス  0   8   4   3   3  48   1   0   -
    アーセナル  2   7   1   1   4   52   1   0   -

後半:試合展開

 46 POR 交代1:ペナント(OUT)、ウタカ(IN)
 46 POR 交代2:フレイダルション(OUT)、カヌ(IN)

 46 POR    :ウタカ左ドリブル                    DFクリア(CK)
 49 POR S  :クラウチ中落→ヒューズ→ウタカ中S          ※枠左
 50 POR S  :ウタカ左ミドルS                    枠上
 52 POR S  :GKフィード→カヌー中落→クラウチ中S        ※枠上
 53 POR SOG:カヌー中ミドルS                   ※GKセーブ
 55 POR    :中フィード→ウタカGKかわして            ※S出来ず
 56 ARS SOG:ヴェラ中S                    GOAL★POR 0-3 ARS
 65 ARS 交代1:ウォルコット(OUT)、ビショフ(IN)
 65 POR ▲YC:カヌー、ジュルーにタックル            CARD▲カヌー
 69 ARS S  :ベントナー中ドリブルMS                枠上
 72 ARS    :右CK:ヴェラ→                    DFクリア(CK)
 73 ARS    :右CK:ヴェラ→                    DFクリア(CK)
 73 ARS    :左CK:アルシャビン→                 GKキャッチ
 75 ARS SOG:ヴェラ中S                      ☆GKセーブ(CK)
 77 ARS 交代2:ベントナー(OUT)、メリダ(IN)
 78 POR ▼RC:パマロ、アルシャビンを倒す            退場▼パマロ
 80 POR S  :クラウチ中ミドルS                   枠上
 81 POR ▲YC:デービス                     CARD▲デービス
 82 ARS S  :メリダ中ミドルS                    枠右
 82 ARS 交代3:ラムジー(OUT)、ランドール(IN)
 85 POR S  :中FK:ウタカS                   ※GKセーブ(CK)
 86 POR S  :右CK:→GKキャッチミス→中S           ☆GKセーブ
 88 ARS SOG:アルシャビン中S                    GKキャッチ
 89 ARS    :エブエ左ドリブル                    DFクリア(CK)

後半:コメント
  後半早々こそポーツマスがウタカを中心にした攻撃でチャンスを作ったものの、55分にヴェラが3ゴール
 目を決めて勝負あり。アーセナルはウォルコット、ベントナーを休ませる余裕ぶりで順当に勝利を収めた。
 勝ち点3を得てCL出場権を確保すると共に、ビショフやメリダ、ランドールという若手に経験を積ませ
 られたのは大きいだろう。不安定な守備が何度かあったものの、ファビアンスキーもクリーンシートを
 出来たことは評価出来るだろう。

スタッツ

           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    ポーツマス  0   12   4   5   9  46   3   1   -
    アーセナル  3   15   9   11  10   54   1   0   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL08/09] #35 ミドルスブラ v マンU

スタジアム
  リバーサイド・スタジアム   ミドルスブラ        Att: 33767
  気温:13度  湿度:54%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ

試合結果
  ミドルスブラ 0 - 2 マンU

主審
  マーク・ハルジー

ラインナップ

 ミドルスブラ
        10 アリャディエール  16 キング 

   19 ダウニング  26 ベーツ    17 トゥンジャイ  04 オニール

   02 ホイト    14 フート    31 ウェザー    29 マクマホン

              22 ジョーンズ
   サブ:
     21 ターンブル  08 ディガード  11 エメネス  12 アルベス  20 アルカ
     28 ジョンソン  40 グラウンズ
   監督:
     ギャレス・サウスゲート

 マンU
         41 マケイダ  09 ベルバトフ

  10 ルーニー  11 ギグス   18 スコールズ  13 パク

  03 エブラ   23 エバンス  15 ビディッチ  22 オシェイ

           12 フォスター
  サブ:
    29 クスチャク  07 ロナウド  08 アンデルソン  17 ナニ  21 ラファエル
    28 ギブソン   32 テベス
  監督:
    アレックス・ファーガソン

前半:試合展開
 03 MID S  :アリャ中ミドルS                    枠右
 05 MAU S  :ルーニー左ドリブルS                  枠上
 12 MID    :マクマホン右クロス                   DFクリア(CK)
 12 MID OFF:中→トゥンジャイ中OHS                オフサイド
 14 MAU S  :ルーニー中ミドルS                   枠上
 18 MID S  :トゥンジャイ中MS                   枠上
 21 MAU S  :ルーニー中ドリブルMS                 枠右
 22 MID SOG:アリャ中S                      ※GKセーブ
 23 MAU S  :スコールズ中ミドルS                  枠左
 24 MAU    :ルーニー左クロス→                   DFクリア(CK)
 25 MAU SOG:ギグス中ミドルS                 GOAL★MID 0-1 MAU
 28 MID    :右CK:→フート中H                  GKキャッチ
 31 MID    :オニール右クロス                   ※GKセーブ
 31 MID SB :トゥンジャイ中MS                   DFブロック
 31 MID S  :中ミドルS                       枠上
 38 MID OFF:アリャディエール                    オフサイド
 38 MAU ▲YC:マケイダ                     CARD▲マケイダ
 41 MID SB :マクマーン右ミドルS                  DFブロック
 45 MAU S  :スコールズ中ミドルS                  枠左
 +1 MAU S  :ベルバトフ右→スコールズ中S              枠左

前半:コメント

  双方とも何度かゴール前までボールを運ぶもののなかなか決定機を作れず、そんな中、マンUが
 ギグスの見事なミドルで先制した。ただ、ゴールを奪ってからはボロの攻撃を受けてのカウンター狙い
 に徹し、それがもう一つ決まらずになかなかシュートを打てず。1点のリードを守りきる力はあるとは
 言え、サッカーにはアクシデントがつきものなだけに、追加点を奪ってゴールを決めたい。

  一方のボロは、ゴール前までボールを運んでも単調なクロスに頼るのみ、それではビディッチと
 エバンスのCBコンビを破るのは困難。もう少し攻撃に工夫が欲しい。アリャディエールとトゥンジャイの
 個人技があれば、何かが出来るはずなのだが…。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   ミドルスブラ  0   8   4   3   3  48   0   0   1
      マンU  1   7   1   1   4   52   1   0   2

後半:コメント
 49 MAU S  :ルーニー左ドリブル→マケイダ中S           ※枠左
 51 MAU SOG:ルーニー中スルーP→パク中S           GOAL★MID 0-2 MAU
 53 MID    :トゥンジャイ右クロス                  GKキャッチ
 55 MID 交代1:キング(OUT)、アウベス(IN)
 55 MID 交代2:マクマーン(OUT、ディガール(IN)
 56 MAU 交代1:マケイダ(OUT)、テベス(IN)

 56 MAU ▲YC:フート、テベスを倒す               CARD▲フート
 70 MID S  :左FK:ダウニング→ウィーター中HS          枠上
 70 MID 交代3:オニール(OUT)、エムネス(IN)
 75 MAU 交代2:パク(OUT)、ナニ(IN)

 76 MID    :トゥンジャイ、エリア内で倒れる             笛無し
 77 MID    :エムネス左クロス                    GKキャッチ
 78 MAU S  :ルーニー左S                      枠右
 78 MAU 交代3:エブラ(OUT)、ラファエル(IN)
 87 MID SB :トゥンジャイ中S                    DFブロック
 +3 MID S  :左FK:アウベスS                   枠上
後半:コメント
  後半早々、ルーニーのパスにパクが合わせて2ゴール目、これでマンUの勝利は決まった。ボロは選手交代
 で攻撃的なシフトを試みるがほとんど機能せず。終盤にエブラを休ませる余裕まで見せたユナイテッドが
 アウェイながら順当な勝利で、3ポイントをゲットし大きく三連覇に向けて前進したと言える。明日試合の
 あるリバプールに対し、大きなプレッシャーを与えたはず。

スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   ミドルスブラ  0   11   5   3   7  46   1   0   2
      マンU  2   13   4   3   7   54   1   0   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 初恋限定 #04

世界の誰より大好きな

コメント
  中間テストが終わって悲喜こもごも、それにしてもあゆみちゃんのお兄ちゃんと小宵のお兄ちゃんがなにやら
 悪さしてますが、小宵ちゃん、お兄ちゃんへのタックルはかなりまずいだろう…。中学生なのにおんぶして
 もらって帰るのもどうなんだ…。兄弟の反応としては、どっちかと言うとあゆみちゃんの反応の方がそれっぽいかな。
 パパの単身赴任を喜んだり、お兄ちゃんのパジャマを暖めたり…。とりああず髪の毛の動きが怪しすぎるよなぁ。
 エプロンして弁当を渡してネクタイを締めてあげるってまさに新妻だよなぁ。ここにも山本さんを気にする
 男が1人…。いや、いきなり女の子の口に飴玉つっこむのはまずいだろう…。山本さん、怒ってるのかなぁ…。

  小宵ちゃん、いきなりエプロンでお出迎えですが…、裸エプロンじゃなくてホントによかったよ。夕食には
 伊勢エビだし、お風呂で背中流してるし。それで、山本さんから電話かかってきてるし…。いくらショックでも
 タライは降ってこないと思うけどな。ファミレスに入ってきたくらいで、そんなに騒ぎになるかねぇ。でも、
 胸強調したりしてやらしいなぁ。小宵ちゃんがショックを受けるのもわかるぞ。でも、飴を突っ込まれ
 たからって好きになるかねえ…。友達の為に色々教えてあげるっていい子だねぇ、と言うBパート。ハンバーグ
 はいいとしても、大きすぎだろう、小宵ちゃん…(笑)

次回予告
  好きな先輩の頼みでも出来ないことって、危険な感じです(笑)

初恋放課後トーク
  豊崎さん大活躍について…。電話かかってきて切るのはひどいと思うな…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/05/01

[TV] PandoraHearts #05

第 5話「時計回りの悪夢」

コメント
  いきなり初仕事ですが、お子様向けの任務にご機嫌斜めなアリスですが、オズとブレイクのタッグもなかなか
 です。いきなり愚民どもとか騒いでますが、ブレイクさん怪しいことを吹き込んでますが…。町に着くなり迷子に
 なるアリスちゃんってどうなんだ。いやいや、アリスが屋台で肉を食らってますがいいんでしょうか。いきなり
 お花売りの少女とかと会話してますが、彼女がターゲットっぽいですね。胸の刻印が一周するとって、そこで話を
 切ってるし。そしてお花の少女が貴族を惨殺してます、と言うAパート。刻印、ほとんど一周してますね…。

  レイブン、お父さん呼ばわりされたり色々苦労が絶えないのですが。アリスを襲うチェーン。しかし時計の針が
 ゼロになって、チェーンと共に消え去る契約者。ブレイクさん、オズに色々思うところがあるようですが。初めて
 の契約を恥じらうアリスちゃん可愛いですが、自分の大事なのに傍観者モードなオズが不思議です。しかし、
 枕投げって古風だなぁと言うBパート。そっか、アリスちゃんが死ねばオズは助かるのか…、ありえないけど(笑)

次回予告
  あれ、レイブンはやっぱりギルなんですか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »