« [Giro 2009] 第17ステージ結果 | トップページ | [ITA] ジエゴ、ユベントスへ移籍(2014年まで) »

2009/05/27

[CL08/09] FINAL:バルセロナ v マンU

応援しているチーム同士の戦いってのは、見るのに困りますね(笑)

スタジアム
  スタディオ・オリンピコ  ローマ
  気温:23度  湿度:71%  ピッチ:乾燥  天候:快晴

試合結果
  バルセロナ 2 - 0 マンU  バルサ、CL2回目の優勝

主審
  マッシモ・ブサッカ

ラインナップ

 

バルセロナ
   14 アンリ     10 メッシ     09 エトゥ

        08 イニエスタ    06 シャビ

            28 ブスケシュ

  16 シウビーニョ  03 ピケ  24 トゥーレ  05 プジョル(C)

            01 バルデス
  サブ:
    13 ピント  02 カセレス  07 グジョンセン  11 ボヤン  15 ケイタ
    27 ペドロ  46 ムニエサ
  監督:
    ジョゼップ・グアルディオラ

 

マンU
   10 ルーニー    09 ロナウド    13 パク

        11 ギグス(C)     08 アンデルソン

            16 キャリック

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ  22 オシェイ

              01 Vサール
  サブ:
    29 クスチャク  09 ベルバトフ  17 ナニ  18 スコールズ  21 ラファエル
    23 エヴァンス  32 テベス
  監督:
    アレックス・ファーガソン

前半:試合展開
 02 MAU SOG:左FK:ロナウドS                  ☆GKセーブ
 02 MAU SB :こぼれ中パクS                    ※DFクリア(CK)
 03 MAU S  :左CK:→ルーニー中S                 枠左
 07 MAU S  :ロナウド中ミドルS                   枠右
 09 MAU S  :エブラ左→ロナウド中S                ※枠右
 10 BAR SOG:イニ中→エトゥ中ドリブルS            GOAL★BAR 1-0 MAU
 14 MAU OFF:中→ギグス                       オフサイド
 16 BAR ▲YC:ピケ、ロナウドを妨害               CARD▲ピケ
 17 MAU S  :右FK:ギグスS                    枠上
 19 BAR S  :エトゥ右→メッシ中ミドルS               枠上
 20 MAU S  :ロナウド中ミドルS                   枠右
 21 BAR    :バルデス、パクと接触して負傷
 21 BAR    :シュート2本、枠内1本
 21 MAU    :シュート7本、枠内6本
 23 MAU    :左CK:ルーニー→ロナウド中HS            枠上
 27 BAR S  :左FK:シャビS                   ※枠左
 33 MAU    :エブラ左クロス                     GKキャッチ
 35 BAR    :トゥーレ中→プジョル右クロス              DFクリア(CK)
 35 BAR    :右CK:シャビ→
 36 BAR    :左CK:シャビ→
 45 BAR    :メッシ左ドリブル、クロス                GKセーブ
 +1 BAR    :イニ中→アンリ                     あわず

前半:コメント
  マンUが開始直後から猛攻をかけたが、先制点を奪えず。逆に防戦一方だったたバルサが、エトゥの
 ゴールで一気にペースを掴む。ただ、中盤でのボール回しは出来るものの、前線での効果的なドリブル
 やパスが相手に防がれ決定機を作ることが出来ず。チャンスがロナウドのFKやミドルSだけという
 のは序盤の攻勢を考えると納得出来ない結果だろう。攻撃のリズムを変えるという意味でベルバトフの
 投入はあるかもしれないが、彼のプレイスタイルを考えると使いづらい面もあるか。ファンデルサールが
 悪くはないものの最高ではない出来なのが気になるところではある。

  一方、支配率54%、パス機会がほぼ互角とバルサらしくない展開ながら、唯一のエトゥのチャンスを
 活かして先制、それでようやく目が覚めた感はある。マンUの激しいプレスをシャビとイニエスタが
 かいくぐり、中央のメッシが下がってゲームの組み立てに関わる。いつもとは若干異なる展開ながら、
 うまく試合を運んだと言える。バルデスの負傷と、先制して守りに入らないかという点が、若干
 気がかりではあるが、いつものバルサならば攻めの姿勢を続けてくれるはず。逆にここで守りに入る 
 ようだと相手の逆襲を許すことになるだろう。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  1   4   1   3   3  54   1   0   0
      マンU  0   8   1   2   3   46   0   0   1

後半:試合展開
 46 MAU 交代1:アンデルソン(OUT)、テベス(IN)
 49 BAR SOG:シャビ→アンリ左ドリブル、切り返してS        ☆GKセーブ
 50 BAR    :エトゥ右クロス→メッシ                ※あわず
 52 BAR    :イニ中ドリブル、エリア前で倒れる            ファール
 53 BAR SOG:中FK:シャビS                   ☆右ポスト
 54 MAU    :ルーニー右クロス                    DFクリア(CK)
 56 MAU    :ルーニー右クロス→ロナウド、パク            あわず
 63 MAU    :テベス中→ルーニー右クロス               DFクリア(CK)
 63 MAU    :右CK:ギグス                     あわず
 66 BAR SOG:アンリ左ドリブルS                   GKキャッチ
 66 MAU 交代2:パク(OUT)、ベルバトフ(IN)
 69 MAU    :右CK:ギグス→                    DFクリア
 70 BAR SOG:シャビ右クロス→メッシ中HS           GOAL★BAR 2-0 MAU
 72 BAR 交代1:アンリ(OUT)、ケイタ(IN)、イニが前へ
 72 MAU SOG:右クロス→ギグス→ロナウド左S            ☆DFブロック(CK)
 74 BAR    :右FK:シャビ→プジョル中HS             GKキャッチ
 75 MAU 交代3:ギグス(OUT)、スコールズ(IN)
 78 MAU ▲YC:ロナウド、プジョルを突き飛ばす          CARD▲ロナウド
 80 BAR SOG:イニエスタ左ドリブルS                 GKキャッチ
 80 MAU ▲YC:スコールズ、ブスケシュにタックル         CARD▲スコールズ
 85 BAR SOG:中→プジョル右S                   ☆GKセーブ
 85 MAU OFF:スコールズ中→ルーニー中                オフサイド
 87 MAU S  :右CK:→ベルバトフ中HS               枠上
 88 MAU    :中フィード→テベス                   Tミス
 +1 MAU    :ルーニー左クロス                    GKキャッチ
 +2 BAR 交代2:イニエスタ(OUT)、ペドロ(IN)
 +3 MAU ▲YC:ビディッチ、メッシを倒す             CARD▲ビディッチ

後半:コメント

  後半に入ってもバルサ優勢の試合展開は変わらず。テベス、ベルバトフを投入して攻撃のリズムを
 変えようとするマンUだがうまくいかず。そんな中、シャビとメッシに一瞬の隙を突かれて、2点目、
 これでバルサの勝利はほぼ決まったと言ってよい。ロナウドは持ち味を全く出せず、ルーニーやパクは
 守備に追われて攻撃に絡めず。プレスをかけてもバルサのパスワークにうまくかわされる。ただ、
 メッシに追加点を奪われるまでは1対0で推移したのだから、さほど悪い展開だった訳ではない。
 勝負の世界にもしはないが、ロナウドのFKが決まっていたら逆の展開になっていた可能性も充分に
 あった。マンUは健闘したが、バルサが彼らを上回ったと言える。

  両サイドバックのスタメン不在、負傷者続出という追い詰められた状況の中、守備の不安を感じさせない
 展開だった。後半に入って枠内シュートを6本。シャビのFKやアンリのシュートなど、決定機も前半より
 増えて、まさに自分たちの攻撃サッカーでマンUを押し切った印象がある。負傷が心配されたイニエスタや
 アンリも全く問題ないプレイ。特にイニエスタは前線へのドリブルで何度もチャンスを作った。バルデスも
 パクと接触した影響もなくプレイ、まあ後半はマンUにロナウドのシュート以外の決定機が無かったという
 面も大きいが。特に後半は自分たちの持ち味を出し切って、マンUを押し切った。チェルシー戦を見たとき
 にはコンディションが心配されたが、この日の試合に関しては完璧だった。

  開幕前の2強が順当に決勝に勝ち上っての決勝と言うのも珍しいが、両チームともしっかりと攻めの試合
 を見せたという意味で、決勝らしかぬ実に見応えのある試合だった。全員が持ち味を出し切ったバルサに
 対し、攻撃勢がうまく抑えられたマンUと言う面はあったにせよ、それでも実に面白い試合だったと思う。
 どちらが勝ってもシーズン全体を通してみれば、ふさわしいチームだったと思う。来季に関しても、バルサと
 マンUを中心としてプレミア勢を軸に欧州王座を争うことになるはず。ここまでの強さを見せてくれたバルサ
 には、是非ともCL初の連覇を期待したい。ただ、この強いバルサの勇姿がCWCで見れないというのは、
 残念ではあるが。

スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    バルセロナ  2   11   8   4   7  52   1   0   2
      マンU  0   12   2   7  10   48   3   0   5

|

« [Giro 2009] 第17ステージ結果 | トップページ | [ITA] ジエゴ、ユベントスへ移籍(2014年まで) »

football(チャンピオンズリーグ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [CL08/09] FINAL:バルセロナ v マンU:

« [Giro 2009] 第17ステージ結果 | トップページ | [ITA] ジエゴ、ユベントスへ移籍(2014年まで) »