« ●JOKE●[WC2010] 日本ベスト4への道 | トップページ | [REVIEW] 20世紀少年 <第2章> 最後の希望 »

2009/04/01

[REVIEW] valkyrie

トム・クルーズ主演 『ワルキューレ』 

  とりあえずトム・クルーズが格好いいよね、という映画ではあるのは確か。計画実行の為に奮闘する姿にはドキドキさせられるし、ベルリンを掌握するため の会議室のシーンにもハラハラさせられる。最後に銃殺されてしまったのは、事実がそうだから変えようがなかったんだろう。フィクションならば、実は生きて いて…となるところなのだろうが。

 残念ながら失敗には終わったものの、ヒットラーに対して反旗を翻そうと試みる人々が少なからず存在し、そして実際に行動を起こしているというの は、同時期に諸国一致で戦争に突き進んだ日本と比較すると興味深い。革命論とか難しい話になりそうであるが、こういう事実があるからこそ、ヒットラーと言 う忌むべき存在を映画化する事ができるのだろう。

  ただ、この映画は直接的に戦争反対やナチ反対を強く主張しているわけではなく、当時あったことを淡々と描くのみ。時折主人公の口からヒトラー に対する不満が語られるのみであり、そしてそれで十分だ。序盤、トムクルーズ演じる大佐が爆発で腕を失うあたりは、あの腕のおかげでヒットラーに近づくこ とができたとはいえ、ほんとうに必要なシーンだったかはちょっと考えてしまう。日本だったらいろいろ騒ぐ人が多いだろうな、と言うのは間違いないだろう。

  軍隊の動員シーンこそあれど、銃撃シーンや先頭シーンはほとんどないだけに、戦争映画のファンには若干物足りず、。むしろ歴史映画や人間ドラ マが好きな人にお勧めの映画だろう。ショウレースとは多分無縁だし、感動作と言うわけではなく、ドタバタや爆笑とは無縁だが、それでもすごく楽しむことの できた映画だった。

|

« ●JOKE●[WC2010] 日本ベスト4への道 | トップページ | [REVIEW] 20世紀少年 <第2章> 最後の希望 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/44547850

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW] valkyrie:

« ●JOKE●[WC2010] 日本ベスト4への道 | トップページ | [REVIEW] 20世紀少年 <第2章> 最後の希望 »