« [ESP] ポチェッティーノ氏、エスパニョール監督に就任 | トップページ | [FA CUP 08/09] 3回戦リプレイ結果&4回戦組み分け »

2009/01/21

[Carling Cup 08/09] SF-2:バーンリー v トットナム

スタジアム
    ターフ・ムーア    バーンリー

試合結果
  バーンリー 3 - 2 トットナム     通算 4-6でスパーズが決勝進出

主審
  マーク・ハルジー

ラインアップ

 バーンリー
          20 ブレーク     10 パターソン   33 イーグルス

          16 マッキャン   11 エリオット   08 グジョンソン

    23 ジョーダン   04 ダフ   05 カーライル   02 アレクサンダー

                      12 イエンセン
    サブ:
        01 Penny      03 Kalvenes   07 McDonald   09 Akinbiyi   18 Mahon
        19 Rodriguez  27 MacDonald
  監督:
        オーウェン・コイル

 トットナム
                      25 デフォー       14 モドリッチ

    24 オハラ         06 ハドルストン   04 ゾコラ         05 ベントリ-

    32 アスエコット   20 ドーソン       39 ウッドゲート   16 ギュンター

                        27 アルウィック
    サブ:
        21 セサル       03 ベール   09 パブリチェンコ   17 ドスサントス   18 キャンベル
        19 ターラブト   33 ロシャ
    監督:
        ハリー・レドナップ

前半:試合展開
  04  BUR    :こぼれ→パターソン                                     GKキャッチ
  06  TOT       :アスエコットバックパス                                ☆GKセーブ(CK)
  07  TOT SOG:モドリッチ左→デフォー中MS                          ☆GKセーブ(CK)
  08  TOT S    :左CK:ベントリ-→ウッドゲート中HS                  枠上
  21  TOT ▲YC:ベントリ-、イーグルスを蹴る                      CARD▲ベントリ-
  22  BUR S    :マッキャン中ミドルS                                    枠右
  24  BUR S    :右CK:→エリオット中MS                              枠上
  30  BUR SB  :イーグルス中ドリブルS                                  DFブロック
  31  BUR S    :右CK:ブレーク→ダフ中HS                            枠上
  34  BUR SOG:右FK:ブレークS                                GOAL★BUR 1-0 TOT Agg.2-4
  39  BUR ▲YC:マッキャン                                        CARD▲マッキャン
  39  BUR 交代1:ジョーダン(OUT)、カルベロス(IN)   負傷交代

前半:コメント
  試合のペースを握ったのはバーンリー。中盤の争いで優位に立ち、何度かゴール前でチャンスを作った。
 イーグルスのドリブルと、ブレークのクロスやFKで何度もスパーズを脅かし、34分にはフリーキックから
 先制した。ただ決定機はこのFKと相手DFのバックパスぐらい。チーム力を考えれば大健闘の前半だが、
 3点差を追い付くという意味では物足りない結果。前節では後半からスパーズの逆襲が始まっただけに、
 少なくともあと1ゴールは欲しかったところ。

前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
   バーンリー   1   5   2   3   9  52   1   0
   トットナム   0   4   2   1   4  48   1   0

後半:試合展開
  46  BUR    :右クロス→                                              DFクリア(CK)
  46  TOT S    :モドリッチ中S                                          枠上
  56  BUR       :右FK:→                                              DFクリア
  63  TOT 交代1:オハーラ(OUT)、ベール(IN)   負傷交代
  64  TOT S    :ベイル左ドリブルS                                    ※枠右
  65  TOT 交代2:モドリッチ(OUT)、パブリチェンコ(IN)
  68  BUR S    :パターソン中S                                          枠上
69  BUR ▲YC:ダフ                                              CARD▲ダフ
  73  BUR SOG:ブレーク左ドリブル、クロス→マッキャン中S        GOAL★BUR 2-0 TOT Agg. 3-4
  74  TOT S    :パブリチェンコ中S                                      枠右
  76  BUR S    :グジョンソン右S                                        枠上
  78  TOT S    :ベール左クロス→パブ中S                              ※枠上
  81  BUR 交代2:グジョンソン(OUT)、ロドリゲス(IN)
  81  BUR       :右FK:                                                S出来ず
  83  BUR       :イーグルス右クロス                                    ※DFクリア(CK)
  84  BUR S    :左CK:ブレークS
  84  TOT SOG:ベール中ミドルS                                      ※GKセーブ
  84  TOT SOG:こぼれ→デフォー中S                                  ☆GKセーブ
  88  BUR SOG:左FK:→GKキャッチミス→ロドリゲス中S        GOAL★BUR 3-0 TOT Agg. 4-4
  +1  TOT SB  :パブリチェンコ中ミドルS                                DFブロック(CK)

後半:コメント
  後半に入って、ポゼッションを握るバーンリーに対し、パブリチェンコ、ベールを入れてカウンター狙い
 を見せるトットナムと言う展開で試合が推移。73分にブレークが見事なドリブル突破でスパーズのDFライン
 を切り裂き、マッキャンへのクロスをあげて2点目、さらに88分にFKから相手GKのこぼしたボールを
 途中交代で入ったロドリゲスが押し込んで通算で追い付いた。
  勢いで3点差を追い付いたバーンリーだが、延長に入ってモチベーションはともかく、体力面で続くか
 は気になるところ。このまま終わればバーンリーの決勝進出となるだけに、慎重な展開になってしまうことが
 心配。スパーズは何度かパブリチェンコが裏に抜け出すシーンがあっただけに、悔やまれる結果ではある。
 後半、完全に消えてしまったデフォーの活躍にも期待したい。

スタッツ:
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
   バーンリー   3  10   4   8  14  56   2   0
   トットナム   0  14   7   4   5  44   1   0

延長戦:試合展開
   91           :Agg. 4-4(AG 0-1)、このまま終わればバーンリー
   94 TOT SOG:ハドルストン中S                                      ☆GKセーブ
   95 TOT 交代3:ガンター(OUT)、ターラブト(IN)
   97 TOT S    :パブリチェンコ左S                                      GKキャッチ
  100 BUR       :パブリチェンコ左ドリブル、クロス                        GKキャッチ
  101 BUR 交代3:パターソン(OUT)、アキンバイ(IN)
  106 TOT       :ベントリ-右ミドルS                                    GKキャッチ
  118 TOT SOG:アスエコと左クロス→パブリチェンコ中S            GOAL★BUR 3-1 TOT Agg. 4-5
  120 TOT SOG:デフォー中S                                      GOAL★BUR 3-2 TOT Agg. 4-6

コメント:
  延長に入るとトットナムの一方的なペース、途中交代で入ったベールとパブリチェンコを中心に何度か
 ゴールを脅かす。それでもバーンリーが守りきるかと思われた118分、ベールからアスエコトにボールが
 渡り、そのクロスをパブリチェンコが押し込んでスパーズがついに通算で逆転した。結果だけ見れば
 スパーズの大逆転ではあるが、そもそも90分で3失点して延長に入った事が問題。良かったのは結果だけ、
 課題ばかり残る試合となってしまった。スパーズの復活にはまだまだかかりそうである。

スタッツ:
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
   バーンリー   3  10   4   8  19  54   2   0
   トットナム   2  22  15   4   7  46   1   0

|

« [ESP] ポチェッティーノ氏、エスパニョール監督に就任 | トップページ | [FA CUP 08/09] 3回戦リプレイ結果&4回戦組み分け »

football(ENG)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Carling Cup 08/09] SF-2:バーンリー v トットナム:

« [ESP] ポチェッティーノ氏、エスパニョール監督に就任 | トップページ | [FA CUP 08/09] 3回戦リプレイ結果&4回戦組み分け »