« [ITA] マッティオーニ、ミランへレンタル移籍 | トップページ | [Carling Cup 08/09] SF-2:マンU v ダービー »

2009/01/20

[Asian Cup 2011] 最終予選#01 日本 v イエメン

試合結果
  日本 2 - 1 イエメン

公式記録

  JFA公式記録 http://www.jfa.or.jp/national_team/special/afc_asiacup/20090120/img/20090120_asiancup_JPNvYEM.pdf
    さすがJFAは芸が細かいですなぁ…。支配率まで出てるよ(笑)
  AFC公式記録 http://images.the-afc.com/Documents/competitions/fixtures/242-1911.pdf
    得点と出場時間と気温ぐらいしか使えるデータがない。天候「すんげぇ寒い」って何だろう(笑)

感想
  シュート27本で2点は効率悪いと言うべきか、相手の唯一のシュートで失点するのは問題だと言うべきか…。27本中枠内シュートが10本しかないと言うのも決定力の低さを表しているようで悲しくはある。
  相手との実力差があったから結果としてシュート27本打てたということなのだろうが、引かれた相手を崩せず、見込みのないシュートを打たざるを得なかった面が強いか。サイドから駒野や内田が突破してチャンスを作ったものの、クロスの精度を欠いて決定機を作ることは出来ず。全力疾走してのクロスがボールデッドするのはしょうのない面はあるが、立ち止まってボールを止めてのクロスがFWにかすりもしないというのはどうしたものか。
  中村と青木のダブルボランチ、及び高木と寺田という目新しいCBコンビとGKの川島については、相手との実力差がありすぎることもあり、評価は難しいところ。シュート1本に押さえたと言うほど出来がよかったとほめるのも考え物だし、中澤に比べるとまだまだと言うわけでもない。一応公式戦とはいえ、所詮1試合をこなしただけ、しかもプレイ機会が少なすぎる。
  公式戦と言うことで、勝ち点3と言う結果を得れたことは評価すべきだろう。直近ではホームのオーストラリア戦、中期的展望では2010年のワールドカップを考慮するならば、手放しで喜べる状況ではないが、この試合の次が天王山と言うわけではない。ただ、天皇杯ベスト4を呼べないと言うゆがんだ状況については、なるべく早く解決する必要を改めて感じた。

スタッツ(ニッカンスポーツ 本誌 & JFAマッチレポートより)
      S SOG  CK  F OFF YC POS
  日本 27 10  12  9  0 0 75
イエメン  1  1  0 27  2 1 25

採点

    ニッカン エルゴラ
 川島 90  5.0  5.5
 内田 90  5.0  5.5
 高木 90  5.0  5.5
 寺田 90  4.5  5.5
 駒野 90  5.5  6.0
 岡崎 90  6.5  6.0
 青木 90  5.0  5.0
 中村 90  6.0  6.0
 香川 88  5.0  6.0
 田中 79  6.5  6.0
 興ろ 60  5.0  5.0

 巻  30  5.5  5.5
 乾  11  5.5  ---
 金崎 02  ---  ---

# エルゴラ、少し甘すぎないか。結果はともかく6点連発というほどいい試合とは思えんが…。

|

« [ITA] マッティオーニ、ミランへレンタル移籍 | トップページ | [Carling Cup 08/09] SF-2:マンU v ダービー »

football(日本代表)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/43845962

この記事へのトラックバック一覧です: [Asian Cup 2011] 最終予選#01 日本 v イエメン:

« [ITA] マッティオーニ、ミランへレンタル移籍 | トップページ | [Carling Cup 08/09] SF-2:マンU v ダービー »