« [LETOUR2009] コース決定 | トップページ | [REPORT] DVD「乃木坂春香の秘密」第1巻発売記念イベント トーク&握手会 »

2008/10/25

[REPORT] 秋葉原エンタまつり2008:ケメコデラックス!in AKIBA

日時
  2008/10/25 19:00-20:00

場所
  秋葉原UDX 2階 AKIBA_SQUARE

出演者
  喜多村 英梨 小林三平太            (喜:)
  斎藤 千和  ケメコ 役      ピンク   (斉:)
  高橋 美佳子 牧原イズミ 役    白ピンク  (高:)
  戸松 遥   エムエム 役     青     (戸:)
  釘宮 理恵  早川美咲 役     黒     (釘:)
  白石 涼子  黒崎リョーコ 役   白     (白:)
  川瀬 浩平  ジェネオンP           (司:)

レポート

 [ほびーちゃんねる] 秋葉原エンタまつり2008『キタエリのケメコマニアックス!inアキバ』が賑やかなキャスト陣で開催!

 [ZAKZAK] 秋葉原エンタまつり2008『キタエリのケメコマニアックス!inアキバ』が賑やかなキャスト陣で開催!

0)開演前
  集合場所がいきなり裏になったり早くも混乱の予感。開演15分前からようやく入場開始って、そりゃ
 10分遅れでの開始になるのも当然(笑) 前方スクリーンにCMが流れてますけど、全部古い…。
 「フェイト」なんていつの話だよ…。中山Pが歩いてるけど、難しい顔してるなぁ…。

1)開演

10分遅れでBGMの中、偽まる先生と喜多村さんが登場。

 喜:出づらかった…。
 司:どこで出ようか、考えてしまいました。

ということで自己紹介。

 司:ジェネオン・エンターテインメントの川瀬と申します、よろしくお願いします。
 喜:最高~、偽まる~!
 司:はい、現在19時10分です。夜のアキバのイベントってのは初めてなんですが…。
 喜:二人だけだと寂しいね。今でも私のこと分からない人いるんじゃないかな。

えっと、「こはるびより」で勉強させていただきましたので大丈夫です。

 喜:マ~ベラ~ス!
 客:マ~ベラ~ス!
 喜:まあ、落ち着け…。ラジオとかやってます~。

えっと、キタエリさん名乗ってないんじゃないか…、あなたが落ち着いて(笑)

 司:突然ですが、イベントタイトル変更したいと思います。

偽まる先生のコメントに合わせて前方スクリーンが変わる。

  キタエリのケメコマニアックス in アキバ

いつの間にかラジオの公録というかイベントになってます。

 司:いつまでお前ら二人でやってるんだって感じですが。
 喜:野郎が画面に映っても面白くないよね。
 司:こっち、やってください

カメラが偽まる先生からキタエリに変わる。いっそ楽屋とか映してくれても良かったのに(笑)

 喜:私、台本もらったの5分前だったんだよ、やる気ないよ…。
 司:ハイハイ…。
 喜:マ~ベラ~ス!
 客:マ~ベラ~ス!

キタエリさん、引っかき回して楽しんでいるようにしか見えません(笑)

2)ゲスト登場

 司:それではゲストの皆さん、登場してください~。

そんな訳でわらわらとゲストの5人が登場、普通一人ずつ呼びませんかぁ(笑) 

 司:ということで、応募に受かった皆さんが前に、応募しなかった皆さんが後ろにいらっしゃいますが、
 喜:私、ゲストでいいんですよね?

偽まる先生とラブラブで登場したのにゲスト扱いっすか(笑)

 司:それでは自己紹介をお願いします。
 白:私ですか?
 司:お願いします、面倒なんで端から…。
 白:みなさ~ん、マ~ベラ~ス!
 客:マ~ベラ~ス!
 白:マ~ベラ~スって言うの面白そうだなって。黒崎リョーコ役の白石涼子です。短い時間ですが楽しんで下さい。
 喜:りょ~こ~。

そういうキャラなんだ、キタエリさん…。

 釘:はいこんばんわ、早川美咲役の釘宮理恵です。今日はよろしくお願いします。
 司:ふ~ふ~!

茶化す偽まる先生を睨むくぎみゅ。

 司:怒られた…。

怒られるのも当然です。プロデューサーらしく真面目にやりましょう(笑)

 司:続いて斉藤さん。
 斉:皆さん、マ~ベラ~ス!
 客:マ~ベラ~ス!
 斉:ケメコ役の斉藤千和です。よろしくお願いします。

きっと主役であるはずのキャラを演じる人です。ホントかなぁ…。

 戸:皆さん、むはっさ~
 客:むはっさ~
 戸:エムエム役の戸松遥です。よろしくお願いします。

個人的にはこっちが主役だと思うんですが…。「むはっさ」ってなんだろう…。

 高:マ~ベラ~ス!
 客:マ~ベラ~ス!
 高:牧原イズミ役の高橋美佳子です。今日はよろしくお願いします。

そうだよね、ハイアット美佳子さんだよね…。動いてるの見たのは初めてだなぁ…(笑)

3)ぶっちゃけ・ここがデラックス ~ 猛獣 対 猛獣使い!? ~

 司:今日は、アニメはよく分からないけど戸松遙が好きとか、白石涼子に会いたいって感じでいらした方も
  いると思うので、「ケメコ・デラックス」とはなんぞやと言うのを紹介してみたいと思います。
  涼子ちゃんも出てるし、理恵ちゃんも出てるしって感じで、見てもらえたらいいかなと。

あやち~さんもGTOさんも出てますしね。今日はいませんが…。
そんな無駄話をしている間にスタッフさんが椅子と机を準備。左から以下の席順。

  偽まる 白石 釘宮 斉藤 戸松 高橋 喜多村

 釘:引き位置で見るとちっちゃいね、うちら…。
 白:ほんとだ…。
 司:ぶっちゃけすごく緊張します。女性6人相手は始めてなんで…。

いや、乃木坂春香も6人でしたけど…。まさか「横綱混じってたから」とか言うんだろうか(笑)

 喜:ふ~、おっとこまえ~!

そういうこと言うから猛獣扱いされるんですって(笑)
HPにぼそっと「乃木坂と違ってケメコは猛獣揃いだから大変」とか書かれてたし…。

 釘:このTV何インチですか?
 司:何インチですか?、40インチだそうです…。
 喜:自由だなぁ…。
 司:ここ舞台ですので。まあ、皆さんが楽しんでいただければいいんですが…。

負けるなプロデューサー…。負けてる気がするけど(笑)
そんなこんなで、ケメコのデラックスな部分を紹介していくことに。VTRを見ながらのトークコーナー。

3-1) バトルシーンがやたらとデラックス

まずは派手なバトルシーンのビデオが流れる。それを見ながら。好き勝手を言う出演者。
まあ、そういうイベントなので全然オッケーなんですが(笑)

 喜:究極合体だね。
 司:来週オンエアの5話になります。
 斉:これ、いいお話だったんだよね。
 司:監督のご意向により無駄に動いております。
 斉:ケメコが出てきたら全部アドリブでって。「ダメだったら削除しますから」とか言われて…。
 司:すみません…。
 斉:最近、監督の方からこうして下さいとかほとんど無いんですよ。「あ~、そう来るんですか
  ケメコさん…」なんて感じで。

監督投げやりモードのようです。いいのかなぁ…、いいけど。

3-2)余計なトコまでデラックス

 喜:花山田君の音乗りがすごくいい。
 司:この回では、ああいうお遊びやっちゃってます。

花山田君は実はスタッフなんだそうです。誰だろう…。

4)やっぱり斉藤千和が(いい意味で)デラックス。

ここからタイトル長すぎなんで完全にメモしきれません。雰囲気だけ察して下さい。

 斉:「やらされてます」ってのが逃げ道になってます。全部監督にやらされてます。

まあ、やらされてるといいつつ本人も楽しんでるんでしょうが(笑)

 喜:これエロス。これ能登麻美子。

という風に聞こえました。まみまみがゲスト出演しているのでしょうか…、あるいは幻聴?(笑)

 斉:どれがアドリブだったんだろうって感じですが。
 司:斉藤さんにはいろいろやってもらってます。
 斉:ケメコの場合しょうがないかなと。
 司:引き出し総動員してやってもらってます。
 斉:いろんな物捨ててます。

捨ててるんだ…。それは楽しみですね(笑)

5)おまけ■ エロスな美少女がいっぱいでデラックス

もう、タイトルからして狙ってるというか、そういう作品なんだなって事ですね。

5-A)高橋美佳子演じる幼なじみの牧原イズミがエロ可愛くてデラックス

 高:私、幼なじみキャラが多いんです。いい感じに行くんだけど友達で終わるキャラ。

とりあえず、「エロ可愛い」がこの日のキーワードのようでした。

5-B)白石涼子と名前が同じと後で気づいた黒崎リョーコがエロ可愛くてデラックス

 司:これ、ホントに後で気がついたんですよ。
 白:結構エロっぽくと言われたので目指してやってます。やったことないんで結構大変。

声優さんにそんな要望を出す作品と監督ってどうなんでしょうね。

5-C)もしかしたらご飯3杯いけるんじゃないのって言う戸松遙が演じるエムエムがエロツンデレ

絶対何かが違うだろうな…。タイトル長すぎだよ…(笑)

 戸:長いですね…。
 司:5話では活躍するんで、是非来週見て下さい。
 戸:エムエムの詳しいことがちょっと分かる気がします。

それよりも、とまっちゃんがホントに3杯も食べるのかが気になります(笑)

5-D)エロテロリスト釘宮理恵の演じる早川の怪演がデラックス

 司:台本読んでて気づいたんですが「エロテロリストの早川」とかじゃなくて「エロテロリストの釘宮理恵」
  になってるんです。マジで間違えました。

エロテロリストかつ怪演と言われて凹むくぎみー。

 斉:いじめないであげて~。

顔を覆うくぎみ~。そんな彼女をかばう千和ちゃん。麗しい友情です。あるいは愛情(笑)

5-E)突っ込みだらけの喜多村絵里の仕事量がデラックス

 喜:絵と声があっているようで、あってない。勢いだけでやってます。

そんなこんなで、VTRを見ながらのトークショウはおしまい。おわったところで、くぎみ~のアップ。

 釘:こらこらこら~、も~、おかしいでしょ~!

おかしくありません。カメラさん、グッジョブ!

 司:釘宮理恵がエロテロリスト、マジで間違えました。タイトル言ってて「あれっ?」って。
 釘:そもそも1話と設定すら違うんですよ。1話の時は「淡々と喋ってくれれば十分」って言われたのに、
  3話か4話で「もっと敏感に感じて」とか色々言われました。
 司:釘宮さんには昔、「撲殺天使ドクロちゃん」でサバトちゃんって役を演じてもらったんですが、監督
  曰く「釘宮さんって言ったら何でもやってくれるんだよね~」って。あのおじさん、調子に乗ってます…。
 釘:真面目にエロとか考えてたのに~。頑張ります。 

頑張るんだ、頑張れ…、くぎみ~。何を頑張るのかは知らないが(笑)

6)質問コーナー ~キャラの好きなところ~

 司:みんな、しゃべんないよね~
 斉:え~、名前呼ばれたら喋ればいいって言われた…
 司:はいはい…。では質問コーナー行きます。
 斉:はいっ!

突然大声で返事する斉藤さんにあっけにとられる一同。

 斉:おっきい声出そうかなって…。
 司:(客席の)皆さんも大人しいですね。喋ってもいい奴ですからね。
 喜:夜だからつかれてるんだよ。もしくはもっと夜のために…。

キタエリさんのオヤジトークは見事にスルー(笑)

 司:皆さん真面目ですね。どうかくつろいで下さい。

いつもと同じようにメモ取ってましたけど(笑)
ここで、葉書の質問を元にしたトークコーナー。たしかここでお便りを読んだ…、はず。

 喜:お便りを読みます。
 釘:見えてる、見えてる!
 司:あれは、うちの会社の住所ですから。

表面は、確かにジェネオンの住所か…。僕も「まずいんじゃないの」と思ったけど(笑)

6-A)涼子とリョーコ

 喜:「自分のキャラで好きなところは?」
 司:では、白石さんから。
 白:リョーコはなんかすげー強くて格好よかったりするけど、結構だるいところがあって。すごいミニスカとか
  女の子らしいのに、見えそうな感じでアクションしたりするとこ。
 司:オーディションでリョーコは白石さんにほぼ決まりだったんですが、監督が「もっとエロくできますかね」
  って言い出して、事務所に連絡してもう1回来てもらった。
 白:もう1回セクシーな声でとか呼ばれたときに、「こりゃだめかな~」と思った。
 司:純粋に監督が聞きたかっただけみたいで。あのオヤジはって感じですけど。
 白:頑張ります。

みんな真面目だなぁ…っていうか監督そんないい加減なのか(笑)

6-B)早川とエロテロリスト釘宮

 釘:早川は名字で呼ばれるのが気に入ってます。
 司:何それ?
 釘:早ちゃんとか。美咲って可愛い名前があるのに、台本にも早川ってバーン書かれてて、私的には男気が
  あっていいな~と

名字で呼ばれて男気ってどうなのかな…。

 司:で、芝居はエロスを要求される…。
 釘:エロスですよね。エロスを目指している訳ではなく、楽しいことがあるとエロく受け取られても仕方のない
  言い方をしてしまうんですよね。
 司:監督のエッチは小学生感覚なんで。スカートめくりレベルなんで。残念ながら…。
 釘:なんかイラっと来る。頑張ってるのに~!
 司:大丈夫、大丈夫…。
 釘:精進します。

そんなまっすぐに「精進します」って言われてもなぁ…。でも、何が大丈夫なんだろう。

6-C)ケメコ…、可愛いかぁ?

 斉:ケメコは萌えキャラでしょ。
 司:萌えキャラです。
 斉:今まで色々なキャラをやったけど、自分で見て「ちょ~可愛い~」って思った。ケメコが一番好きね。
 司:なぜ片言…。
 斉:可愛いでしょ。女子的には可愛いけど、
 釘:男子から見たらどう見えるんですか?

あんなに銃振り回すのはちょっとなぁ…。

 客:ま~べらす!
 斉:マ~ベラ~スってどっちですか?
 司:いい言葉ですね。僕と水島監督的にもケメコが一番です。
 喜:おいおい、サングラスはずせよ~!

なんかかなりご機嫌斜めなキタエリさんでした。まあ男に「三平太ラブ」とか言われても困るけど(笑)

6-D)エロツンデレなエムエムと食いしん坊な遥ちゃん

 司:戸松さん、どうですか?
 戸:エムエムは恥ずかしがり屋なところが好き。もっと出てこいよ~って。
 司:思いますよね。
 戸:思います。モジモジしているところがもどかしい、かゆくなる。
 司:5話はもっと出てくるようになるので、戸松遙のツンデレという新たな境地を…。
 戸:うまくできているといいんですが…。

結構グッドな感じだと思いますが。コーディもツンツンだったし(笑)

6-E)ナイスバディなイズミさんと高橋センセ

 司:高橋先生お願いします。
 高:イズミは素直に慣れない、でも甘い恋心を抱いているって言うギャッププラス、あのボディが…。
 司:バディが…。
 高:まさかのボイン…。
 喜:え、もう1回聴きたい。なんて?
 高:ボイン…。
 喜:もう一回!
 高:えりちゃんどうしたの?

結局キタエリさんもオヤジだってことなでしょうか(笑)

 喜:さっきから、なんか怒られてばっか。

そりゃ、怒られることばっかり言うから…。

 高:まんが見てたけど、アニメであんなにユラしてもらえるとは思わなくて
 司:監督的に「揺れるのが萌えなんだ」って勘違いし始めまして。
 高:アフレコ現場、ざわざわですよ。イズミちゃん出てくる度に。彼女、エッチだと思ってない。天然なので。
  ナイスバディな水着姿とか披露したり…。
 司:あのおじさん、勘違いしてますからね。「胸揺らしときました」とか…。
 高:そこもエロいと思います。
 司:あれもサービスだって。
 高:無駄に提供とかに被ったり。

まあ、エロいアニメなんでしょうがないんでしょう…。

7)質問その2 ~監督はどんな人~

 喜:「監督ってどんな人ですか?」

まずは監督の紹介。某どくろちゃんからの転用で、ドラえもんっぽい写真が出てくる。

 喜:駄目なんじゃないかな?
 釘:わかんないよね…?
 司:大丈夫です。線入ってますし。
 喜:監督は…、疲れる。
 高:正直すぎる…。

確かに、疲れそうな気がするけど…。それをばっさり言うキタエリさんもすごいです。

7-A)メレンゲな高橋さん。

 高:監督とはあまりお話していないんですが、1話の説明の時メレンゲ…じゃなくて?
 釘:けれんみ! みんなで辞書引いた。
 高:けれんみをもって演じてくれって。
 釘:けれんみ、ってはったりってこと。
 白:オンマイクですよ~!
 司:さすが、エロテロリスト…。

くぎみ~、またもや撃沈。音声さん、グッドジョブ!

 高:こう、監督はキャラに対して確固たるものを持ってるのかなって…。
 司:持ってるわけない! 言ってみたかっただけ。
 高:「けれんみ」とかさっぱりわからなかった…。

「けれんみ」なんて、普段使いませんしね。「はったり」で演じろってのもどういうことなんだか(笑)

 高:あと、ちょっとエムなのかなと。
 司:ドエムですね。
 高:じゃあ、いじめてもおこったりしませんかね?
 司:全然怒りません、むしろ喜びます。「えへえへ」とか笑いながら。

いないと思って好き勝手言ってます。当然ラジオでも流さないし(笑)

7-B)存在自体でOKな遥ちゃん

 戸:私も面と向かって話したことはないんですけど、あんまり覚えて無くて、1話の時にどうやって
  演じるのか聞きに行ったら「ああ、オーディションと同じ感じでお願いします」って言われました。
 司:戸松さんの可愛い声でやってもらえばOKって感じだったんですよ。
 戸:あと、アニメTVで解説やってたのが面白かった。

もう「娘な世代」だからジェネレーションギャップで、監督的には会話もしづらいんだろうなぁと(笑)

7-C)ナンシーな千和ちゃん

 斉:私はED録る時に来てくれなかったことを一生恨みます。結果、あんな感じになっちゃいました。
 司:アフレコの時、「(EDについては)この後斉藤さんと話しときます」って言われたので、「よろしく
  お願いします」って。それで当日言ったら斉藤さんがぽかーんとしてて…。
 斉:「詳しくは当日」って、何にも聞いてないんですよ!
 司:で、結局監督に電話して、斉藤さんに変わって。
 斉:「ナンシー風でやって」、って言われて、「あ、はい、わかりました」って…。
 司:横で聞きながら、「なんだよ、ナンシー風で」って…。
 斉:歌う機会があったら、ナンシー風で歌って下さい。

歌詞カードにも「ナンシー風」って書いてあったんだけど、ホントになんなんでしょう(笑)

7-D)そのコメントはいいのか、くぎみゅ(笑)

 釘:監督は変態って言われてますが、できあがったものを見ると天才だと思います。できあがったものは
  すごく面白くて、エンターテイメントに溢れてて色々詰め込まれてるのに、見てるとあっという間に
  時間が過ぎる感じで。
 司:すごいまっとうなコメントですね…。
 釘:今日の仕事は終わったかなと…。

いきなり「変態」って、なんて、何言ってるんだって感じですが…、それをまっとうなコメントってのも(笑)

7-E)オチは任せろりょ~こちゃん

 司:はい、白石さん落として下さい。
 白:そんな…。始めてお仕事させていただいたんですが、頭の中を見てみたい。何を考えているのか、
  どうやったらそんなことを思いつくのか。OPとか作詞されたんですが、意味が分からずテンション
  だけで歌った。
 司:それが正解です。
 白:あと、眉毛がハの字。困った顔をしてるけど、でも困ってない。笑ってたり生き生きしたり、
  今楽しそう、今エロみたいな、だいぶ監督の事が分かってきた。
 司:可哀想に…。
 白:原作通りなんですけど、そこにエロが加わって…。

  

ごつっ!

 なにやらすごい音が。前歯の方を必死に押さえている。涼子ちゃんが、マイクを前歯にぶつけた様子。
となりのくぎみゅが心配そうに。頭を撫で撫でしている…。

 喜:みんな、マ~ベラ~ス! な事件が起きたぞ~!
 白:何話してましたっけ、とにかくそんな感じです。

トークの内容はともかく、行動では見事に落ちたと思います(笑)

 司:なんか、ケメコ・デラックスはドクロちゃんみたいになってきてますが…
 喜:まずいですよ!
 司:OP見た人はわかるんですが、ドクロちゃん以外の何物でもないなと。私と相棒のさとみPとで
  毎週ダビングとかやってるんですが、「いや~、今週もひどいね、いい意味で」なんてやってます。

一話のあまりのドクロちゃんぶりに購入決定と思ったと言うのは内緒です(笑)

8)質問その3 ~色々大丈夫ですか?~

 喜:「EDは大丈夫なんですか、斉藤さん、かっこ笑い」
 斉:逆にみんなに聞きたい。大丈夫なのか私?
 客:大丈夫!
 司:大丈夫そうだ…。
 斉:両親には話してない。主役をやってるから話したいんだけどまだ…。まあ、みんなが喜んでくれれば
  いいので身を粉にしてやってる。EDに関しては2,3番がもっとすごい。1番で引いたら聞かない
  方がいい。フェードアウトしたりね。
 司:1,2番は愛情をもって、3番を怒りを込めてって感じで。
 斉:他のラジオで「2,3番流せません」って言われて。
 司:きたえりのラジオでも断られた。
 喜:遥ちゃんとかにゲストで来てもらったんだけど、台詞を被せてもらった。
 戸:「むはっさ」とかね。

EDの「プリップリン体操」の3番はムチャクチャです。カラオケにしてくれるのか心配です(笑)


9)番組紹介!?

 司:はい、こうして尺も伸びたことですし、ではなくみんなの聞きたい事を聞いたことで…。
 喜:おいおい、サングラスはずせよ~!
 司:ここで、本日TVKで放映予定の第4話から。予告見た人はわかるんですが、水着で水泳大会で、
  いわゆる業界的にサービス回になってます。

ここでまたもやビデオ上映。確かにイズミちゃんを筆頭に早川さんとかがサービスしてます(笑)

 斉:OAではこの後見れるのかな?
 喜:ぽろりしちゃうのありかも。
 高:なんか恥ずかしい…。
 司:そこに限らずいろんな小ネタをしこんであるので、何度か見てチェックして欲しいです。

えっと、まだ見れてません、ごめんなさい。最悪BDできちんと見ます(笑)

10)宣伝コーナー

 司:宣伝コーナーってことで、原稿を用意してみました。
 釘:あ、忘れてました…。

ここで、傍らの鞄から原稿を取り出し、立ち上がって皆に配る偽まる先生。なんか、ロンドローブでも
似たようなことやってたような…。まあ、全員分原稿があるだけいいか(笑)

 喜:川瀬さん、段取り悪くない?
 斉:(服装が)なんか昭和のカウントダウンTVっぽいよね。

キタエリの発言に釘爆笑。

 司:古い男なんですみませんね…。
 喜:後、数分だから、頑張れ!
 司:いっつもこんな感じにアフレコ現場でも好き勝手言われてます…。
 喜:野郎だと損するよね。
 司:みんな楽しそうにやってるのを見て「若いっていいな」って。

偽まる先生と同年代の自分としては、そんな悲しいこと言わないで欲しいなと思ったり(笑)
宣伝は以下のような感じ
  ・放映時間   涼子さん
  ・コミック   くぎみゅ
  ・ゲーム    千和ちゃん
  ・OP/ED  とまっちゃん
  ・メディア   高橋さん
  ・ラジオ    キタエリさん

以下、面白かったところを抜粋。

10-A)ロンドローブイベントに続いて、聞いてないよ~

 司:ブルーレイのみ、監督と私のコメンタリ-が尽きます。容量が余ってるので。あと、予約特典の
  DVDの内容についてはこれから考えます。
 喜:斉藤千和のラジオがあるってことは、私は首?
 司:えっと、新録です。
 斉:え~、やだ~。川瀬さんも一緒にやるの?
 司:出ません!
 斉:え~、出ないのやだ~!

また出演者の知らないところで企画が進んでいるようです、頑張れ、千和ちゃん…(笑)

10-B)「てへっ」が素で似合うのは若いって事かなぁ(笑)

OPやEDが10/29にが発売になると言う宣伝の後、

 戸:以下略です、てへっ。

と可愛く締めるとまっちゃん。その後、

 戸:台本通りに言ってみました。

どうしてそういうこと言うかなぁ、面白いからいいけど(笑)

10-C)もはや、CMにすらなってません。

 喜:私何回ぐらいマーベラスって言ったっけ?

知りませんよ~(笑) ここで、ラジオの宣伝をしたはずですが、

 喜:ケメコマーベラスマニアックス…、マ~ベラス

もう、マーベラスだらけで何がなんだか分かりません。

 喜:合い言葉はマ~ベラス~!

何かの罰ゲームだったと言う噂がありますが、詳細は不明です。

11)最後の挨拶

そろそろ時間って事で、締めに入る偽まる先生。

 司:もう8時なんでそろそろね…。
 客:え~。
 司:店もしまっちゃいますし…。

EDが流れてくる。確かにアキバ的には店が閉まる時間(笑)

 喜:なんか曲があってないよね。
 司:歌入りを流すと斉藤千和がパニックになるので音だけにしました。

イベント1時間前に聴きましたが、確かにすごい曲でした。

 司:まずは斉藤さん。
 斉:ケメコではもうマーベラスに毎日やってます。次の朝の仕事はNGにして全力で取り組んでいますので、
 喜:次の日日曜じゃん…。
 斉:皆さんに楽しんでもらえれば、私も自分を捨てるかいがあるというものです。現場は楽しくやって
  いるので皆さんにも楽しく見てもらえれば幸せです。今日はありがとうございました。

結論から言えば、「ケメコ・デラックスはマーベラス」って事ですね…。

 司:続いて白石さん。
 白:今日はマイクに歯をぶつけたりすごく楽しいイベントでした
 司:楽しいの?
 白:リョーコを演じてリョーコさんって呼ばれる度にキュンとします。
 司:あの音響監督に?
 白:最終話まで何度も呼ばれてキュンキュンしたいと思います。あと、相方がいるんですが、誰がやって
  いるか想像しながら見て下さい。今日はどうもありがとうございました。これからも応援してください。

マイクに歯をぶつけたのは災難だったとは思うのですが、本人が楽しいのならいいのでしょう(笑)

 司:続いて高橋さん。
 高:マーベラスを合い言葉に。気が早いけど、2期とかあったらいいなと思うので、是非応援してもらい
  たいです。お友達にもよくわからないけど面白いアニメがあるよって、
 司:正しい。
 高:ちょっとエロもあるよって。
 司:そこ重要!
 高:そんな感じで進めてもらえたらと思います。今日は本当にありがとうございました。

いい歳をした女の子がエロとか言っちゃいけないって、そんなこと言ってる時点で古いのかなぁ(笑)
まあ「本人達が騒いでいるからいいのか」と思うことにしました。

 司:続いて釘宮さん。
 釘:今日は遅い時間の開始なのに、こんなに集合していただいてありがとうございます。立ち見の皆さん、
  おつかれさまでした。こうして千和座長の下でエネルギッシュに楽しくやってます。最終回まで精一杯
  頑張りますので応援して下さい。今日はありがとうございました。

立ち見の人まで気にしてくれるくぎみゅはいい人です。エロテロリストだけど(笑)

 司:続いて、戸松さん。
 戸:今まで、エムエムはあまり出ていないですが、5話で可愛らしいシーンを見せます。女の子らしい
  面もあるし、新キャラとかも出てくるので見て下さい。釘宮さんに負けないくらいのツンデレを目指して
  頑張りたいと思います。

とまっちゃんの言葉に、あわてて手をふるくぎみゅ。

 戸:今日はありがとうございました。

エロツンデレなエムエムを演じる心構えだけはあるようです。まあ、コーディも結構ツンデレだったし(笑)
でも、くぎみゅに対抗するにはまだまだかな(笑)

 司:最後に喜多村さん。
 喜:はい、小林三平太役の喜多村英梨です。

ここでようやく名乗ったはず(笑)

 喜:男性キャラは重要視されませんが、三平太も愛していただけるように頑張ります。今日の
  イベントの感想とか、ラジオに書いて下さい。今日はどうもありがとうございました。

キタエリさんあっての、ケメコマニアックスだと言うのはよく分かりました。

 司:今日はありがとうございました。長い間すみませんでした。
 喜:サングラスとれよ~!
 司:本日はこれで締めたいと思います。ホントにありがとうございました。

なんて挨拶の後、手を振りながら退場する一同。

12)感想

  1時間で、ビデオが多いからもう楽にレポートできるかと思ったんですが…、その意味では
 「ケメコのキャストは猛獣揃い」とぼやく偽まる先生の方が正しかったんだろうなと。くぎみゅが
 エロテロリストなのも分かったし、とまっちゃんが3杯食べれそうなのも分かったし、あとは、
 キタエリさんがひどい人だってのも分かったし…(笑) それにしても、いかにも水島監督らしい
 仕上がりになってるんだなって事がよく分かりました。きっとBDで買ってしまうと思います。

13)おまけその1 ~そして翌日もアキバ~

 客:昨日もイベントお疲れ様でした。レポート500行になっちゃいますよ~。
 川:ドタバタしてしまって申し訳ない。
 客:そんなことないです、楽しかったです。ケメコも乃木坂も楽しみにしてます。
 川:ありがとうございます。

なんて会話がこのイベントの翌日にあったとか無かったとか、ええ、「秋葉原でまみまみと握手」で
偽まる先生に感想を伝えてきました。キタエリさんの傍若無人ぶりがかなりひっかかりましたが、
偽まる先生がいいならいいのかなって思います(笑)

14)おまけその2 ~ラジオ■開演前インタビュー~

イベント開演前
 喜:む~はっさ~
 全:む~はっさ~

■斉藤さん

 斉:緊張して喋れないかもしれません。お客さんと楽しく距離の近いイベントにしたいと思います。

コメントの途中で周りからの失笑。

■白石さん

 白:私、何個喋るかなと。ステージ上で「アハハ」って言ってそう。頑張って喋ろうと思います。

まあ、結果として大活躍でしたが。

■戸松さん

 喜:ムハッサ代表ムハッサさん
 戸:ムハッサトゥールー、戸松遙です。テンション、ハイハイハイです。あがっておりますが、イザと
  なると無口になるので…。意外と逃げるの。「ムフフフ」担当にならないように。当たり障りの
  ない感じで頑張って行けたらなと。

ホントに無口な人は「むはっさ~」なんて言わないと思う…。

■高橋さん

 高:ムハッサ-、楽しみです。
 喜:今日はいっぱいボインボイン言えるといいね。
 高:何それ、はき違えてない?
 喜:ボインさんですよね…。
 高:私、ボインさんじゃないですよ、バカにしてるの? 
 喜:アドリブです。
 高:アドリブ、それもっと失礼じゃん!

ボインというのは触れてはいけない話題らしいです…。

■釘宮さん

 喜:ムハッサ~。
 釘:ムハッサ~。
 喜:早川らしいアドリブを!
 釘:はは~ん。
 喜:生ハリーをどこかで、忘れていると思うけど
 釘:入れられたらね…

忘れていたようです。まあ、エロテロリストの話題でお腹いっぱいですのでOK(笑)

15)おまけその3 ~ラジオ■開演後インタビュー~

 喜:お疲れ様でした~。
 全:お疲れ様でした~
 喜:では、千和ちゃんから。
 斉:みんな揃ってのイベントで、こんなに揃うことは無いと思うので楽しかった。楽しんでもらえていれば
  幸いですが。ケメコ役の斉藤千和でした。ありがとうございました。

楽しさという意味では100点です。歌の披露があれば120点でしたが(笑)

 喜:続いて、エムエム役のとましー
 戸:お~、エムエム役の戸松遙です。いや、あの、なんだろう、同じようなこと言ってしまいますが、
  みんなで揃ってイベントに出れてよかったなと思います。充実した内容で楽しませもらいました、
  ありがとうございました。

普通のコメントしかなかったのがチョイ残念(笑)

 喜:続いて、歯をぶつけた涼子ちゃん。
 白:黒崎リョーコ役の白石涼子です。年々前歯が出てきてると思ったんですが、当たるくらいまで成長
  しちゃったかと。本気で痛かったんですけど、イベントは楽しかったです。語ることがあまりなかった
  ので嬉しかったし、オンエア見るのが楽しみ。来ていただいた皆さん、楽しんでいただけてればいいの
  ですが、ありがとうございました。

前歯出てきてますか、そうですか…(笑)

 喜:美佳子ちゃん、お願いします。
 高:牧原イズミ役、高橋美佳子です。ケメコのファンの皆さんを目の前にしたのは初めてだったので、
  こういう人たちが応援してくれてるんだなってひしひし感じました。来てくださった皆さん、ありがとう
  ございました。来られなかった皆さん、想像してください。ありがとうございました。

ボインでいじめられる高橋さんはぐーとか思ったり思わなかったり。

 高:そして最後に釘宮りえっち。
 釘:はぁ~い、早川美咲役の釘宮理恵で~す。今日はですね、結構遅い時間からのイベントだったんですが、
  皆さんに来ていただけて嬉しかったです。お客さんの反応もすごく暖かくて…。うふふ。ね、なんだろう。
  会場でVを流しながらトークしたんですけど、短すぎてもっと見たい、ゆっくり見たいと言う気持ちに
  させられました。今日来ていただいた皆さんも、おうちでラジオを聞いてる皆さんも、オンエアとか
  DVDとかでチェックしていただければと思います。今日はどうもありがとうございました。

ある意味コメント慣れしてるというか、一生懸命言いたいことを伝えようと頑張るくぎみゅは大好きです。
ますますファンになりました。

|

« [LETOUR2009] コース決定 | トップページ | [REPORT] DVD「乃木坂春香の秘密」第1巻発売記念イベント トーク&握手会 »

イベント/舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [REPORT] 秋葉原エンタまつり2008:ケメコデラックス!in AKIBA:

« [LETOUR2009] コース決定 | トップページ | [REPORT] DVD「乃木坂春香の秘密」第1巻発売記念イベント トーク&握手会 »