« [EURO2008] #25 ポルトガル v ドイツ | トップページ | [TV] かのこん #12 »

2008/06/20

[EURO2008] #26 クロアチア v トルコ

ロスタイム2分で追い付かれたらPKには勝てないよね。

●スタジアム
  エルンスト・ハッペル  ウィーン
  気温:28度  湿度:39%  天候:晴れ  ピッチ:乾燥

●試合結果
  クロアチア 1 - 1(PK 1-3) トルコ  

●審判
  ロベルト・ロゼッティ(ITA)

●ラインアップ

 クロアチア[CRO]
              18 オリッチ 

              19 クラニチャル

  07 ラキティッチ  10 Nコバチ(C) 14 モドリッチ*Y  11 スルナ*Y

  22 プラニッチ   03 シムニッチ*Y 04 Rコバチ*Y  05 チョルルカ

              01 プレディコサ

  サブ:
    12 ガリノビッチ  23 ルニェ  02 シミッチ  06 ベイッチ  08 ブコエビッチ  09 カリニッチ
    13 ポクリバチ   15 クネジェビッチ  16 レコ  17 クラスニッチ 
    21 ペトリッチ
  監督:
    スラベン・ビリッチ
  欠場:
    20 ブダン

 トルコ[TUR]
         08 ニハト(C)    18 カズム*Y

     14 トゥラン*Y  17 トゥンジャイ*Y  22 アルティントップ

             06 トバル*Y

  03 ハルタ*Y  15 アシュク*Y  04 ギョクハン*Y  20 サブリ*Y

              01 リュシュトゥ
  サブ:
    12 ゼンギン  02 チェティン  05 エムレ   09 シェンテュルク  10 ギョクデニズ 
    11 メティン  13 ギュンゴル  16 ボラル   19 アクマン     21 メフリト
  監督:
    ファティ・テリム
  欠場:
    23 デミレル  07 アウレリオ  

●前半:試合展開
 03 CRO SB :モドリッチ中ドリブルS                 DFブロック
 05 TUR S  :アルティントップ中ミドルS               枠左
 06 CRO    :カット→左ドリブル、クロス               DFクリア(CK)
 08 TUR SOG:トゥンジャイ中ミドルS                 DFブロック
 19 CRO SOG:モドリッチ右ドリブル、クロス→オリッチ中S      ☆クロスバー
 19 CRO S  :こぼれ→クラニチャル中HS              ※枠上
 25 CRO    :左クロス→                       GKクリア
 26 CRO SB :スルナ右ミドルS                    DFブロック
 27 TUR ▲YC:トゥンジャイ、Nコバチにひじうち         CARD▲トゥンジャイ 次停
 38 TUR S  :トパル中ミドルS                   ※枠右

●前半:コメント
  一発勝負の決勝トーナメントと、気温28度という高温のせいか両チームとも動きが重く慎重な試合展開。
 モドリッチのドリブルからのクロスが両チームで唯一の決定機。消耗戦で早くスタミナの切れた方が負け
 という展開になる可能性が大か。

●後半:試合展開
 49 TUR ▲YC:アルダ、妨害                   CARD▲アルダ 次節停止
 51 CRO S  :オリッチ左HS                     あわず
 53 CRO    :左CK:スルナ→                    あわず
 57 CRO SOG:クラニチャル左S                    GKキャッチ
 61 TUR 交代1:カズム(OUT)、ボラル(IN)
 62 CRO    :モドリッチ右クロス→オリッチ中S→G          オフサイド
 65 CRO 交代1:クラニチャル(OUT)、ペトリッチ(IN)
 68 CRO S  :チョルルカ右ミドルS                  枠上
 70 CRO S  :ラキティッチ1,2左S                ※枠上
 72 CRO S  :ラキティッチ左クロス→オリッチ中HS         ※枠右
 76 TUR 交代2:トパル(OUT)、セミフ(IN)
 79 CRO    :左CK:→                       GKセーブ
 84 CRO SOG:中FK:スルナS                   ☆GKセーブ(CK)
 84 CRO S  :右CK:→スルナ中HS                 枠左
 89 CRO SB :右ミドルS
 89 TUR ▲YC:ボラル、相手を倒す                CARD▲ボラル
 90 CRO SOG:モドリッチ右クロス→オリッチ中S           ※GKキャッチ
 +2 CRO SOG:中FK:スルナS                   ※GKキャッチ
 +3 CRO S  :ミドル→オリッチ中TS                ※枠上

●後半:コメント
  90分を通して試合を優勢に進めていたのはクロアチア。シュート数でも決定機の数でもトルコを
 圧倒した。ただし安定性に欠けつつも、ここ一番ではスーパーセーブを見せるリュシュトゥの壁を
 破れなかったのが悔やまれる。終盤、両チームとも疲れてラインが間延びしているだけに、ゴールが
 生まれる可能性は大きいか。体力的には限界に近いだろうので後は精神力の勝負になるか。

●後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   クロアチア   0   14   5   7  16  52   0   0   1
     トルコ   0   7   1   2  18  48   3   0   1

●延長:試合展開
  92 CRO    :クロス→オリッチ、エリア内で倒れる           笛無し
  95 TUR SOG:トゥンジャイ左S                   ※GKセーブ(CK)
  97 CRO 交代2:オリッチ(OUT)、クラスニッチ(IN)
  99 TUR S  :セミフ右S                       枠上
 102 TUR S  :トゥンジャイ中ミドルS               ※※枠左
 105 TUR    :ニハト左クロス                     DFクリア
 107 TUR ▲YC:アシュク                     CARD▲アシュク 次停
 117 TUR 交代3:ニハト(OUT)、ギョクデニズ(IN)
 118 TUR S  :左CK:→中HS                    枠上
 119 CRO SOG:モドリッチ右クロス→クラスニッチ中HS      GOAL★CRO 1-0 TUR
 +2 TUR SOG:GKフィード→こぼれ→セミフ中ミドルS      GOAL★CRO 1-1 TUR

●延長:コメント
  延長はトルコが優勢に試合を進めるが、119分にクラスニッチがゴールを決め、クロアチアのベスト4
 は堅いかと思われた。ただ、ロスタイム終了直前のプレイでセミフが同点弾をたたき込む。クロアチア
 に取っては悔やんでも悔やみきれない失点となってしまった。

●PK
    CRO 1:モドリッチS右中                    枠右            ×        CRO 0-0 TUR
    TUR    1:アルダS中下                            GOAL            ○        CRO 0-1 TUR
    CRO 2:スルナS右中                            GOAL            ○        CRO 1-1 TUR
    TUR    2:セミヒS右下                            GOAL            ○        CRO 1-2 TUR
    CRO 3:ラキティッチS左下                枠左            ×        CRO 1-2 TUR
    TUR    3:アルティントップ右下            GOAL            ○        CRO 1-3 TUR
    CRO 4:ペトリッチS右中                    GKセーブ    ×        CRO 1-3 TUR

●コメント
  チーム力や技術力を冷静に分析すれば、トルコの劣勢は明らかだろう。ただし、精神力に関しては
 トルコがトップであることは間違いないだろう。正GKを出場停止で欠いたことで替わりに出場した
 リュシュトゥとDFラインは、お世辞にも安定したプレイとは言えなかった。何度もクロアチアの
 突破を許し、ピンチなシーンを作り出したがそれをどうにか守り抜いた。攻撃も、前半はほとんど
 仕事が出来なかったが、時間が経つに連れ、スタミナと精神力で相手を圧倒した。PKに関しては
 運頼みの面が強いが、ロスタイムでの劇的ゴールで追い付いたトルコが精神的に圧倒的に優位に
 立ったのは間違いない。ただし、ボラルとトゥンジャイを出場停止で欠くベスト4は、今日以上の
 苦戦を強いられることは間違いないだろう。

  3試合目で主力を温存出来たクロアチアだが、90分のうちに何度もあった決定機を生かせない事で、
 徐々にジリ貧になっていった。それでも残り1分にクラスニッチのゴールで逆転したときには勝負あり
 かと誰もが思ったはずだ。逆に決定的な状況になったからこそ、そこから追い付かれたショックで
 PK戦は勝負にならなかった。不運といえばそれまでだが、序盤のチャンスを生かせなかったあたりが
 経験の無さということになるのだろう。ベスト8という成績は決して悪くない。ただ、それを健闘で
 済ませられる

|

« [EURO2008] #25 ポルトガル v ドイツ | トップページ | [TV] かのこん #12 »

football(EURO 欧州選手権)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/41656132

この記事へのトラックバック一覧です: [EURO2008] #26 クロアチア v トルコ:

« [EURO2008] #25 ポルトガル v ドイツ | トップページ | [TV] かのこん #12 »