« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/31

[Giro 2008] 第20ステージ結果

●レース展開

 最終日前日に用意されたのは特上のチーマ・コッピ/ガヴィア峠越え難関山岳ステージ。標高2618mのガヴィアは紛れもなく大会最高地点で、その先には急勾配で知られる1級山岳モルティローロ峠が待ち構える。この2大難関峠と2級山岳アプリカを越えるとようやくゴール地点ティラーノが見えてくる。前日に引き続いて224kmの長丁場。
 雪に覆われたガヴィアを先頭で通過したのはペレスクアピオ。メイン集団は先頭から4分54秒遅れでこの大会最高地点を越えた。長い下り区間でバリアーニとコロムが先頭ペレスクアピオに追いつき、3名でエスケープ、3分20秒のリードを保った、この日の最重要山岳と目されたモルティローロに突入。先頭のコロムは独走状態でモルティローロ頂上を通過。メイン集団はリッコとセッラがアタックを繰り返したが、マリアローザを引き離すことが出来ず、先頭コロムから37秒遅れでリッコ、コンタドール、セッラ、ポッツォヴィーヴォ、ロドリゲス、メンショフ、シモーニが通過、1分03秒遅れでブルセギンとヴァンデンブロック、1分30秒遅れでペッリツォッティとヴァリャベッチ、そして2分03秒遅れでディルーカが難所を越えた。
 次の2級山岳アプリカまでの長い下りで遅れていたブルセギン、ヴァンデンブロック、ペッリツォッティ、ヴァリャベッチらがメイン集団に復帰、更に先頭を逃げるコロムを飲み込み、メイン集団は12名に膨らんだ。しかしディルーカだけが追いつけず、1分遅れで追走。2級山岳アプリカの上りが始まると真っ先にセッラがアタック、持ち前の登坂力で緩斜面を駆け上がり、後続を1分以上引き離してこの上りを終えて、今大会3度目となる独走勝利。4秒差をひっくり返したいリッコはスプリントでゴールに向かうが、最後までコンタドールを引き離すことが出来ずに同タイムでゴール。結局最後までチームメイトの援護を欠いたディルーカのペースは上がらず、先頭から5分27秒、メイン集団から3分57秒遅れでゴールし、連覇の夢は潰えた。

●ジロ・デ・イタリア2008第20ステージ結果
  1 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ) 6h52'45"
  2 ジルベルト・シモーニ(イタリア、セッラメンティPVC)      +1'04"
  3 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、ケスデパーニュ)       +1'22"
  4 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)  +1'30"
  5 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)
  6 アントニオ・コロム(スペイン、アスタナ)
  7 フォルトゥナート・バリアーニ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  8 マルツィオ・ブルセギン(イタリア、ランプレ)
  9 タディ・ヴァリャベッチ(スロベニア、アージェードゥーゼル)
 10 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)
 11 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)
 15 ダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)         +5'27"

●マリアローザ(総合)
  1 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)        89h23'25"
  2 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)    +04"
  3 マルツィオ・ブルセギン(イタリア、ランプレ)          +2'00"
  4 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)       +2'05"
  5 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)   +2'35"
  6 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)            +2'47"
  7 ダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)          +4'18"
  8 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)  +4'26"
  9 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)+5'25"
 10 ジルベルト・シモーニ(イタリア、セッラメンティPVC)       +6'40"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
  1 BENNATI Daniele   ITA  LIQ  180
  2 SELLA Emanuele   ITA  CSF  138
  3 RICCO' Riccardo   ITA  SDV  131
  4 CAVENDISH Mark   GBR  THR  106
  5 BETTINI Paolo    ITA  QST  106
  6 PELLIZOTTI Franco  ITA  LIQ  96
  7 DI LUCA Danilo   ITA  LPR  87
  8 CONTADOR Alberto  ESP  AST  81
  9 ZABEL Erik     GER  MRM  80
 10 KIRYIENKA Vasil   BLR  TCS  74

●マリアヴェルデ(山岳賞)
  1 SELLA Emanuele       ITA  CSF 136
  2 KIRYIENKA Vasil       BLR  TCS  63
  3 BALIANI Fortunato      ITA  CSF  48
  4 PEREZ CUAPIO Julio Alberto MEX  CSF  20
  5 BERTOLINI Alessandro    ITA  SDA  20
  6 COLOM MAS Antonio      ESP  AST  20
  7 EFIMKIN Alexander      RUS  QST  20
  8 BOSISIO Gabriele      ITA  LPR  19
  9 CARDENAS Felix Rafael    COL  BAR  19
 10 RUJANO GUILLEN José     VEN  GCE  18

●マリアビアンカ(新人賞)
  リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] かのこん #09

#9 感じすぎちゃう?

コメント
  乳枕って、いきなりですか…。「甘えんぼさんして…」って言うって事は耕太君もまんざらでも
 ないんだろうけど、みのりちゃんにあの声で「お兄ちゃん!」って言われるのは微妙だ~(笑)
 蓮ちゃんと藍ちゃんのどじっ娘コンビに妖怪を倒すのを依頼するのは、どうかなぁと思うんだが。
 エッチは体力が基本って…、間違ってないけど間違ってるなぁ。ちずるちゃんが変なクスリ飲まされて、
 いきなり胸が洗濯板って、なんだろうなAパート。ちずるさんにとって胸がないのは辛いんだろう
 なぁ…。いや、あたしの勝ちとかどうしてとどめを刺すような事言うかなぁ、望さんは(笑)

  耕太君一生懸命慰めるけど、結局胸がないと寂しいんだね。まあ、前向きと言えばちずるさん
 らしいけど、おっぱい復活検討会議ねぇ。いや、しかし胸をもむのに、どうして柔道場で胴着なん
 だろう。いや、胸をツンツンする耕太君、まんざらでもなさそうだ。パンがなければケーキって、
 胸がなければお尻ですか、望さん…。お尻をなめちゃうんだ…。え、なんかみのりちゃんが怪しい
 亡霊呼び出したとこで次回ですかぁ。どうするどうなるちずるさんの胸とお尻、というBパート。
 次回に続くのは初めてだなぁ…。

来週のプレイ 「オーケストラプレイ」
  耕太君が指揮者で私が楽器。ここがチェロでここがコントラバス。あん、そこはヴァイオリン。
  耕太君、タクト振りすぎ、ビバ、ビバルディ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] マクロスF #09

09 フレンドリー・ファイア
コメント
  いきなり秘書さんからお姉さんの話をされるミハエル、なにやら情緒不安定に陥ってます。お姉さんはジェシカ
 さんとか言うらしいですが。心配するクランさんに卑猥な軽口で返すミハエルさん、そりゃ殴られるのも当然
 でしょうと言うAパート。しかし、お姉さんに何があったんだろう…。
  ランカさん、いきなりレオタードでティッシュ配りしてますが…、ネットも使えないだなんて前時代的な…。
 そしてバジュラの巣を探しに出たスカル小隊の元へ謎の機体。アルトとミシェルの活躍で敵を撃破するものの、
 肝心の巣は破壊される、それでもミッションとしては生きて帰っただけOKって事なんでしょうかと言うBパート
 でも、クランさんの大と小はあまりにも違いすぎると思います(笑)
次回予告
  よく分からないけど、伝説との再会で南の島へ行く感じです?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/30

[Giro 2008] 第19ステージ結果

●レース展開
 2つの平坦ステージを終え、第19ステージは今大会最後の頂上ゴールレニャーノからモンテ・ポーラまでの228km。前半が平坦で、後半に3つの難関の峠、長さ19.8kmの1級山岳ヴィヴィオーネ峠、平均勾配8.2%の1級山岳プレゾラーナ峠、そして最後は長さ6.4kmのモンテ・ポーラがレイアウトされた。
 54km地点で先頭グループを形成したのは7名、メイン集団は追う気配を見せず、125km地点でメイン集団との差は21分。メイン集団はマリアローザ擁するアスタナがコントロールし、1つ目の山岳ポイント1級山岳ヴィヴィオーネ峠に向かった。結局、第1の峠ではメイン集団に動きはなく、先頭グループから16分遅れで頂上を通過。この時点で集団は40名。
 ヴィヴィオーネの下りでメイン集団からLPRブレーキが攻撃開始、高速ダウンヒラーのサヴォルデッリに牽かれ、総合6位のディルーカとニーバリが集団から飛び出す。この下りアタックで、ディルーカはマリアローザを1分引き離して下りを終えた。メイン集団はコロムとクレーデンがマリアローザの前を引き続けディルーカを追走するが、サヴォルデッリにアシストされたディルーカとのタイム差は広がるばかり。プレゾラーナ峠でディルーカはアシストを失ったが、頂上通過時でコンタドールから2分のアドバンテージを得る。
 そして迎えたモンテ・ポーラ。キリエンカはこの上りでもペースを維持して逃げ続け、後ろから迫り来る選手たちを振り切って独走のままゴール。ディルーカは2分のアドバンテージを保ったまま上りを走り抜け、トップから4分36秒遅れの2位でフィニッシュ。ゴールまで距離を残してマリアローザのコンタドール自らがアタック、これにセッラとリッコがカウンターアタック。総合2位のリッコが単独で抜け出すことに成功し、トップから5分44秒遅れのステージ5位、後続のマリアローザグループは6分21秒遅れでゴール。これによりコンタドールの4秒差でマリアローザキープ、リッコが4秒差の総合2位、そして攻撃を成功させたディルーカが21秒遅れの総合3位にジャンプアップしてマリアローザ争いはますます混戦となった。

●ジロ・デ・イタリア2008第19ステージ結果
  1 ヴァシル・キリエンカ(ベラルーシ、ティンコフ)       6h37'32"
  2 ダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)         +4'36"
  3 アレクサンドル・エフィムキン(ロシア、クイックステップ)   +4'43"
  4 スティーブ・クミングス(イギリス、バルロワールド)      +5'25"
  5 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)  +5'44"
  6 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +6'21"
  7 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)
  8 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)
  9 マルツィオ・ブルセギン(イタリア、ランプレ)
 10 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)
 11 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
 12 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)

●マリアローザ(総合)
  1 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)          82h29'10"
  2 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)      +04"
  3 ダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)             +21"
  4 マルツィオ・ブルセギン(イタリア、ランプレ)            +2'00"
  5 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)         +2'05"
  6 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)              +2'47"
  7 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)     +4'25"
  8 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)    +4'26"
  9 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ) +5'25"
 10 ジルベルト・シモーニ(イタリア、セッラメンティPVC)         +7'18"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
  1 BENNATI Daniele   ITA  LIQ  180
  2 RICCO' Riccardo   ITA  SDV  117
  3 SELLA Emanuele   ITA  CSF  113
  4 CAVENDISH Mark   GBR  THR  106
  5 BETTINI Paolo    ITA  QST  106
  6 PELLIZOTTI Franco  ITA  LIQ  90
  7 DI LUCA Danilo   ITA  LPR  86
  8 ZABEL Erik     GER  MRM  80
  9 KIRYIENKA Vasil   BLR  TCS  74
 10 CONTADOR Alberto  ESP  AST  69

●マリアヴェルデ(山岳賞)
  1 SELLA Emanuele      ITA  CSF 127
  2 KIRYIENKA Vasil      BLR  TCS  63
  3 BALIANI Fortunato     ITA  CSF  27
  4 BERTOLINI Alessandro   ITA  SDA  20
  5 EFIMKIN Alexander     RUS  QST  20
  6 BOSISIO Gabriele     ITA  LPR  19
  7 CARDENAS Felix Rafael   COL  BAR  19
  8 PELLIZOTTI Franco     ITA  LIQ  17
  9 DI LUCA Danilo      ITA  LPR  17
 10 RODRIGUEZ OLIVER Joaquin ESP  GCE  17

●マリアビアンカ(新人賞)
  リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] ザンブロッタ、ミランへ移籍

[UEFA] ザンブロッタがバルサからミランへ移籍
  イタリア代表SBジャンルカ・ザンブロッタ(31):バルセロナからミランへ、契約期間、移籍金非公開

 おかえりなさい。これからはミランのために頑張って下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] アマウリ、ユベントスへ移籍(2012年まで)

[UEFA] ユーベが大型補強でアマウリ獲得
  ブラジル人FWアマウリ(27):パレルモからユベントスへ、2012年まで、4年契約、移籍金1530万ユーロ(約25億1000万円)。07/08はリーグ戦の34試合で15得点

 トレゼゲやデルピエロとの相性はどうかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] カッサーノ、サンプドリアに完全移籍(2013年まで)

[UEFA] カッサーノがサンプドリアに完全移籍
  イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(25):レアル・マドリーCFからUCサンプドリアへ、2013年まで、5年契約。移籍金無し、他チーム移籍の場合の移籍金あり

 おいといてもごくつぶしなだけだし、双方にとっていい取引なんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

[Giro 2008] 第18ステージ結果

●レース展開
 山岳に突入前の第18ステージは世界選手権開催を記念したスペシャルステージ。2009年世界選手権ロードが開催されるスイスのメンドリシオをスタートし、2008年世界選手権ロードが開催されるイタリアのヴァレーゼにゴール。最後は実際に9月に使用される17.4km周回コースを2周半してゴールとなる。
 地元期待のベッティーニを含む、脚の揃った強力な12名の先頭グループが形成され、ラスト36km地点でフォイクトが抜け出す。フォイクトは後続を41秒引き離して最終周回(残り17km)に突入、最後まで勢いは衰えず、2位に1分07秒の差を付けてゴールした。メイン集団は7分51秒遅れでゴール、総合上位陣はこの集団内でゴールしたため順位に変動無し。

●ジロ・デ・イタリア2008第18ステージ結果
   1位 イェンス・フォイクト(ドイツ、チームCSC)           3h22'46"
   2位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)   +1'07"
   3位 リナルド・ノチェンティーニ(イタリア、アージェードゥーゼル)
   4位 ガブリエーレ・ボシシオ(イタリア、LPRブレーキ)
   5位 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)        +2'04"
   6位 パオロ・ベッティーニ(イタリア、クイックステップ)
   7位 フェリックス・カルデナス(コロンビア、バルロワールド)
   8位 アラン・ペレス(スペイン、エウスカルテル)
   9位 マウリシオアルベルト・アルディラ(コロンビア、ラボバンク)
  10位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、ケスデパーニュ)        +2'06"

●マリアローザ(総合)
   1位 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)       75h45'17"
   2位 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)     +41"
   3位 ジルベルト・シモーニ(イタリア、セッラメンティPVC)       +1'21"
   4位 マルツィオ・ブルセギン(イタリア、ランプレ)          +2'00"
   5位 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)       +2'05"
   6位 ダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)          +2'18"
   7位 デニス・メンショフ(ロシア、ラボバンク)            +2'47"
   8位 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)   +4'25"
   9位 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)  +4'26"
  10位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)+5'25"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
     1  BENNATI Daniele     ITA   LIQ   180
     2  CAVENDISH Mark      GBR   THR   106
     3  BETTINI Paolo       ITA   QST   106
     4  RICCO' Riccardo     ITA   SDV   105
     5  SELLA Emanuele      ITA   CSF   103
     6  PELLIZOTTI Franco   ITA   LIQ    81
     7  ZABEL Erik          GER   MRM    80
     8  DI LUCA Danilo      ITA   LPR    66
     9  CONTADOR Alberto    ESP   AST    65
    10  BOSISIO Gabriele    ITA   LPR    52

●マリアヴェルデ(山岳賞)
     1  SELLA Emanuele            ITA   CSF  127
     2  KIRYIENKA Vasil           BLR   TCS   28
     3  BALIANI Fortunato         ITA   CSF   27
     4  BERTOLINI Alessandro      ITA   SDA   20
     5  BOSISIO Gabriele          ITA   LPR   19
     6  CARDENAS Felix Rafael     COL   BAR   19
     7  PELLIZOTTI Franco         ITA   LIQ   17
     8  RODRIGUEZ OLIVER Joaquin  ESP   GCE   17
     9  LASTRAS GARCIA Pablo      ESP   GCE   12
    10  RUJANO GUILLEN José       VEN   GCE   12

●マリアビアンカ(新人賞)
    リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/28

[Giro 2008] 第17ステージ結果

ペタッキのいないジロの平坦はね…ということでパスでした。

●レース展開
  休息日を挟んでいよいよ運命の第3週。アルプス山岳ステージに向けてつかの間の休息を取れるステージではある。スタート後間もなくガヴァッツィとイグナチエフ、さらにウゲが合流して3人での逃げとなるが、ラスト4kmで吸収されスプリント勝負となる。チームハイロードが完璧なトレインを形成し、グライペル、カヴェンディッシュの1,2フィニッシュを決めた。総合、ポイント、山岳、新人の各賞とも大きな動きは無し。

●ジロ・デ・イタリア2008第17ステージ結果
  1位 アンドレ・グライペル   (ドイツ、チームハイロード)  3h27'05"
  2位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームハイロード)
  3位 ダニエーレ・ベンナーティ (イタリア、リクイガス)
  4位 エリック・ツァベル    (ドイツ、チームミルラム)
  5位 アッサン・バザイエフ   (カザフスタン、アスタナ)
  6位 アレクサンドル・ウソフ  (ベラルーシ、アージェードゥーゼル)
  7位 エンリーコ・ガスパロット (イタリア、バルロワールド)
  8位 ブラム・デフロート    (オランダ、ラボバンク)
  9位 アレクサンドル・セロフ  (ロシア、ティンコフ)
 10位 ニコライ・トルソーフ   (ロシア、ティンコフ)

●マリアローザ(総合)
  1位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)         72h14'40"
  2位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +41"
  3位 ジルベルト・シモーニ    (イタリア、セッラメンティPVC)      +1'21"
  4位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)          +2'00"
  5位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)         +2'05"
  6位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)         +2'18"
  7位 デニス・メンショフ     (ロシア、ラボバンク)          +2'47"
  8位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +4'25"
  9位 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)     +4'26"
 10位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +5'25"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele   ITA  LIQ 160
  2 CAVENDISH Mark   GBR  THR 106
  3 RICCO' Riccardo   ITA  SDV 105
  4 SELLA Emanuele   ITA  CSF 103
  5 BETTINI Paolo    ITA  QST  92
  6 PELLIZOTTI Franco  ITA  LIQ  81
  7 ZABEL Erik     GER  MRM  80
  8 DI LUCA Danilo   ITA  LPR  66
  9 CONTADOR Alberto  ESP  AST  63
 10 BRUSEGHIN Marzio  ITA  LAM  50

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele      ITA  CSF 127 完走すれば決まり
  2 KIRYIENKA Vasil      BLR  TCS  28
  3 BALIANI Fortunato     ITA  CSF  27
  4 BERTOLINI Alessandro   ITA  SDA  20
  5 BOSISIO Gabriele     ITA  LPR  19
  6 CARDENAS Felix Rafael   COL  BAR  19
  7 PELLIZOTTI Franco     ITA  LIQ  17
  8 RODRIGUEZ OLIVER Joaquin ESP  GCE  15
  9 LASTRAS GARCIA Pablo   ESP  GCE  12
 10 RUJANO GUILLEN José    VEN  GCE  12

●マリアビアンカ(新人賞)
 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月28日のココロ日記(BlogPet)

川へ洗濯に行くと大きなハンブルクが流れてくるそうです。美味しそうですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] ジラ、ヴィオラへ移籍(2012年まで)

[UEFA] ジラルディーノがフィオレンティーナへ
  イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(25):ミランよりヴィオラへ、2012年まで、4年契約、移籍金非公開

 もう少しミランで活躍出来ると思ったけどなぁ…。使い方の問題もあるんだろうけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/27

[KIRIN CUP 2008] 日本 v パラグアイ

●スタジアム
  埼玉スタジアム  さいたま
  気温:23度  湿度:??%  天候:晴れ

●試合結果
  日本 0 - 0 パラグアイ

●ラインアップ

 日本
           12 巻

           08 山瀬

  07 遠藤  13 鈴木(C) 14 中村憲  10 中村俊

  27 長友  04 闘莉王  02 寺田   06 阿部

         18 楢崎
  サブ:
    01 川口  23 川島  22 中澤  24 井川  26 香川  11 玉田  20 矢野
  監督:
    岡田 武史

●前半:試合展開
 02 PAR    :右CK:マルティネス                  DFクリア
 04 JPN SB :山瀬中ミドルS                     DFブロック
 06 JPN SB :中村俊S                        DFブロック
 06 JPN SB :山瀬S                         DFブロック
 17 JPN SOG:左中村クロス→トゥーリオ中HS             GKキャッチ
 18 JPN    :左CK:遠藤                      DFクリア
 26 JPN    :右CK:
 38 JPN SB :中村憲中ドリブルS                   DFブロック
 41 PAR SB :左CK:→ゴンサレス中HS               DFブロック
 42 PAR S  :ベロン左S                       枠上
 43 JPN S  :中村憲中ミドルS                   ※GKセーブ(CK)

●前半:コメント
  ポゼッションでは日本が圧倒的に優位にたったものの決定機は全くなし。唯一、中村憲のミドルSを
 GKが弾いたシーンくらい。チーム全体としても左サイドの長友の上がりが目についたくらい。引いて
 守るパラグアイに手をやいた感は否めず。かなりの選手を入れ替えて望んだとはいえ、攻め疲れての
 スタミナ切れは心配なところ。

●前半:スタッツ
            G   S  SOG  CK  YC
       日本   0   5   1   3   0
    パラグアイ   0   3   0   3   0

●後半:試合展開
 46 JPN 交代1:山瀬(OUT)、松井(IN)  山瀬が左MFへ
 50 JPN    :阿部右クロス                      DFクリア
 52 JPN    :中村憲左クロス                     DFクリア
 56 JPN S  :中村俊右S                       枠上
 61 JPN S  :中村俊右クロス→巻中HS                枠右
 63 JPN 交代2:鈴木(OUT)、長谷部(IN)
 63 JPN 交代3:巻(OUT)、高原(IN)
 65 PAR SOG:中FK:ヌニョスS                  ☆GKセーブ
 65 PAR S  :こぼれ→ゴンサレス中S                 枠上
 67 JPN    :松井左クロス→高原                   S出来ず
 69 JPN 交代4:阿部(OUT)、駒野(IN)
 73 PAR S  :右FK:ヌニョスS                  ※枠上
 77 JPN 交代5:山瀬(OUT)、大久保(IN)
 78 JPN S  :大久保左ミドルS                    枠上
 81 JPN    :大久保右ドリブル、クロス                DFクリア(CK)
 81 JPN    :右CK:中村俊→寺田中                 あわず
 83 JPN ▲YC:大久保                      CARD▲大久保
 86 JPN SOG:大久保中ミドルS                    GKキャッチ
 89 JPN S  :右CK:中村俊→寺田中HS               枠左

●後半:コメント
  後半、若干攻撃的になったパラグアイだが、流れの中で決定的なチャンスを作ることは出来ず。
 ヌニョスのFKにはヒヤリとさせられたが、それ以外の流れの中でのシュートは無し。日本も、
 大久保が入ってシュート数こそ増えたものの、決定的なシュートは打てず。CKにトゥーリオや
 寺田が飛び込むシーンはあったものの、決定的なシュートは打てず。
  相手の攻撃力の無さに助けられてドローに持ち込めたものの、ゴールの予感は全く感じられない
 試合だった。堅守を誇るパラグアイだけに本気の相手ならば悪くない結果と言えるが、国内組主体で
 長距離移動をしてきて、GKのセービングに不安を感じる相手に対する結果としては物足りないと
 言わざるを得ない。ただ、あくまで親善試合、この後のW杯予選が本番であることは言うまでもない。

●スタッツ
            G   S  SOG  CK  YC   POS
       日本   0  11   2   5   1   59
    パラグアイ   0   7   1   3   0   41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ESP] ピケ、バルセロナへ移籍(2012年まで)

[UEFA] ピケ、古巣バルセロナへ復帰
  スペインU-21同国代表CBジェラール・ピケ(21):マンUよりバルセロナへ、2012年まで4年契約。

 使い勝手はいい選手だけどマンUは実力者多いからな。地元スペインでの飛躍に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

[Giro 2008] 第16ステージ結果

実にジロらしい、ありえないステージでした(笑)

●レース展開
  第91回ジロ・デ・イタリアの目玉として導入した第16ステージ個人タイムトライアル。類い稀な難易度で、総合争いにおいて決定的なタイム差を生みかねない。ゴール地点となるのは2006年のジロ第17ステージにも組み込まれていた標高2273mのプラン・デ・コロネス。麓の街サンヴィジリオ・ディ・マレッベから12.9kmかけて標高差1086mを駆け上がる。サポートカー通行不可ということでチーム関係者は自転車を抱えてバイクで併走、中継カメラやバイクは頂上から麓までヘリで輸送というあらゆる意味で型破りのステージだ。
  序盤から中盤にかけて好タイムを出したのがルハノ。シッティングで登り切ったタイムは41分15秒。続くフォイクトが暫定2位のタイムを叩き出す。そして総合上位勢でまず好タイムを出したのが、山岳2連勝を果たしたセッラ。ルハノを43秒上回る40分32秒という驚きのタイムでゴールする。総合7位のペッリツォッティは中間計測ポイントをセッラから22秒遅れで通過するが、後半の急坂区間で大きくタイムを伸ばして6秒上回る40分26秒のトップタイムを叩き出す。結局、ベッリツォッティがトップタイムで今年初勝利、通算2勝目をあげた。
  総合3位ディルーカは1分45秒遅れ、総合4位ブルセギンは1分04秒遅れ、総合5位メンショフは1分49秒遅れと伸び悩んだ。一方、総合6位のシモーニはトップから17秒遅れの好タイムの3位でゴール。そしてマリアローザ争いでは、まずは総合2位のリッコが30秒遅れでゴール。一方、トップのコンタドールは22秒遅れでゴールし、リッコとの総合タイム差を8秒広げるとともにマリアローザを死守した。
●ジロ・デ・イタリア2008第16ステージ結果
  1位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)         40'26"
  2位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)   +06"
  3位 ジルベルト・シモーニ    (イタリア、セッラメンティPVC)       +17"
  4位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)           +22"
  5位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +30"
  6位 ホセ・ルハノ        (ベネズエラ、ケスデパーニュ)       +49"
  7位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)          +1'04"
  8位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +1'43"
  9位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)         +1'45"
 10位 デニス・メンショフ     (ロシア、ラボバンク)          +1'49"

●マリアローザ(総合)
  1位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)         68h47'31"
  2位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +41"
  3位 ジルベルト・シモーニ    (イタリア、セッラメンティPVC)      +1'21"
  4位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)          +2'00"
  5位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)         +2'05"
  6位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)         +2'18"
  7位 デニス・メンショフ     (ロシア、ラボバンク)          +2'47"
  8位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +4'25"
  9位 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)     +4'26"
 10位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +5'25"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele  ITA  LIQ 144
  2 RICCO' Riccardo  ITA  SDV 105
  3 SELLA Emanuele  ITA  CSF 103
  4 BETTINI Paolo   ITA  QST  92
  5 CAVENDISH Mark  GBR  THR  86
  6 PELLIZOTTI Franco ITA  LIQ  81
  7 DI LUCA Danilo  ITA  LPR  66
  8 ZABEL Erik    GER  MRM  66
  9 CONTADOR Alberto ESP  AST  63
 10 BRUSEGHIN Marzio ITA  LAM  50

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele      ITA  CSF 127  完走すれば決まり
  2 KIRYIENKA Vasil      BLR  TCS  28
  3 BALIANI Fortunato     ITA  CSF  27
  4 BERTOLINI Alessandro   ITA  SDA  20
  5 BOSISIO Gabriele     ITA  LPR  19
  6 CARDENAS Felix Rafael   COL  BAR  19
  7 PELLIZOTTI Franco     ITA  LIQ  17
  8 RODRIGUEZ OLIVER Joaquin ESP  GCE  15
  9 LASTRAS GARCIA Pablo   ESP  GCE  12
 10 RUJANO GUILLEN José    VEN  GCE  12

●マリアビアンカ(新人賞)
 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2008] ランキング(第6戦まで)

ドライバーズ・ポイント
  1 22 L.ハミルトン   (マクラーレン・メルセデス) 38(10) 03△
  2  1 K.ライッコネン  (フェラーリ)        35   01▼
  3  2 F.マッサ     (フェラーリ)        34( 6) 02▼
  4  4 R.クビサ     (BMWザウバー)        32( 8) 04→
  5  3 N.ハイドフェルド (BMWザウバー)        20   05→
  6 23 H.コバライネン  (マクラーレン・メルセデス) 15( 1) 06→
  7 10 M.ウェーバー   (レッドブル・ルノー)    15( 5) 07→
  8  5 F.アロンソ    (ルノー)           9   09△
  8 11 J.トゥルーリ   (トヨタ)           9   08▼
 10  7 N.ロズベルグ   (ウィリアムズ・トヨタ)    8   10→
 11  8 中嶋一貴     (ウィリアムズ・トヨタ)    7( 2) 11→
 12 15 S.ベッテル    (STRフェラーリ)       4( 4) --△
 13 16 J.バトン     (Honda)           3   12▼
 13 17 R.バリチェッロ  (Honda)           3( 3) --△
 15 14 S.ブルデー    (STRフェラーリ)       2   13▼

コンストラクターズ・ポイント
  1 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ  69( 6) 01→
  2 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 53(11) 03△
  3 BMWザウバーF1チーム           52( 8) 02▼
  4 AT&Tウィリアムズ            15( 2) 04→
  5 レッドブル・レーシング         15( 5) 05→
  6 INGルノーF1チーム            9( 0) 07△
  7 パナソニック・トヨタ・レーシング     9( 0) 06▼
  8 スクーデリア・トーロ・ロッソ       6( 4) 09△
  9 HondaレーシングF1チーム         6( 3) 08▼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[GER] ラバディア氏、レバークーゼン監督に就任

[UEFA] レバークーゼンの新監督にラバディア氏
  ブンデスリーガ2部のSpVggグロイター・フュルトのブルーノ・ラバディア監督(42)が、同クラブを離れ、先週ミヒャエル・スキッベ監督が解任されたバイヤー04レバークーゼンの新指揮官に就任することになった。 2010年まで2年契約。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] サムエル、インテルと新契約(2012年まで)

[UEFA] インテルが2選手と新契約
  インテルはDFワルテル・サムエル(30)と2012年までとなる新契約に合意した。今季はセリエAで12試合、UEFAチャンピオンズリーグで5試合の出場にとどまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ESP] ジョレンテ、ビジャレアルへ移籍

[UEFA] ビジャレアルがジョレンテを獲得
  スペイン人ホセバ・ジョレンテ(28):バジャドリーからビジャレアルへ、2012年まで4年契約、移籍金非公開

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

[Giro 2008] 第15ステージ結果

●レース展開
  計6つの山岳ポイントが登場した第15ステージは、ドロミテを近辺を行き来する、間違いなく今大会の最難関ステージ。いきなりの山岳で飛び出したセッラがそのまま逃げを決め、それにベッティーニ、フォイクト、バリアーニなど計8人で逃げグループを形成する。22つ目、3つ目の峠もセッラがトップで9人で通過、集団も2分強の差で追走する。
  4つ目のジャウ峠でバリアーニが飛び出し、ロドリゲスとセッラが合流して3人での逃げとなる。ここにニーバリとペレスクアピオが合流し、5人での優勝争いとなる。そして最後のフェダイア峠、残り12kmでセッラが後続を引き離す勢いで突き進み、そのまま頂上ゴールまで独走、昨日に続いてのステージ制覇を成し遂げた。
  メイン集団ではペッリツォッティがラスト6kmからスパート、これで集団が崩れる。さらにリッコが何度もアタックを仕掛け、ペッリツォッティ、ディルーカ、シモーニ、メンショフ、コンタドールが脱落。リッコはトップから2分11秒遅れの3位でゴール。ディルーカは2分20秒遅れ、そしてシモーニとコンタドールが2分27秒遅れでゴールした。マリアローザのボシシオは14分以上遅れてのゴールとなったため、総合2位のコンタドールが総合トップにジャンプアップ。これに33秒遅れでリッコ、55秒遅れでディルーカが続いた。

●ジロ・デ・イタリア2008第15ステージ結果
  1位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  4h53'24"
  2位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)   +2'05"
  3位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +2'11"
  4位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)          +2'20"
  5位 ジルベルト・シモーニ    (イタリア、セッラメンティPVC)       +2'27"
  6位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)
  7位 デニス・メンショフ     (ロシア、ラボバンク)           +2'34"
  8位 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)      +3'18"
  9位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)           +3'22"
 10位 タディ・ヴァリャベッチ   (スロベニア、アージェードゥーゼル)    +3'27"
 11位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)

●マリアローザ(総合)
  1位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)         68h06'43"
  2位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +33"
  3位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)          +55"
  4位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)          +1'18"
  5位 デニス・メンショフ     (ロシア、ラボバンク)          +1'20"
  6位 ジルベルト・シモーニ    (イタリア、セッラメンティPVC)      +1'26"
  7位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)         +2'27"
  8位 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)     +2'50"
  9位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +4'04"
 10位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +4'41"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele   ITA  LIQ 144
  2 RICCO' Riccardo   ITA  SDV  93
  3 BETTINI Paolo    ITA  QST  92
  4 CAVENDISH Mark   GBR  THR  86
  5 SELLA Emanuele   ITA  CSF  83
  6 ZABEL Erik     GER  MRM  66
  7 DI LUCA Danilo   ITA  LPR  59
  8 PELLIZOTTI Franco  ITA  LIQ  56
  9 CONTADOR Alberto  ESP  AST  49
 10 BALIANI Fortunato  ITA  CSF  47

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele      ITA  CSF 117
  2 KIRYIENKA Vasil      BLR  TCS  28
  3 BALIANI Fortunato     ITA  CSF  27
  4 BERTOLINI Alessandro   ITA  SDA  20
  5 BOSISIO Gabriele     ITA  LPR  19
  6 CARDENAS Felix Rafael   COL  BAR  19
  7 RODRIGUEZ OLIVER Joaquin ESP  GCE  15
  8 LASTRAS GARCIA Pablo   ESP  GCE  12
  9 RUJANO GUILLEN José    VEN  GCE  12
 10 POZZOVIVO Domenico    ITA  CSF  10

●マリアビアンカ(新人賞)
 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] コードギアス 反逆のルルーシュR2 #08

TURN 08 百万 の キセキ

コメント
  なんかいきなり特区ニッポンに参加するとか言ってます。スザク君が休学する羽目になってます。
 ルル君、やっぱり悪魔だよ。「ヒャ~」というアーニャさんが可愛いけど…、いきなり「マゾ?」
 はどうなんでしょう。なんかゼロと会談してますが、セシルさんの服装浮きすぎでしょう、という
 Aパート。司法取引なんてスザク君には許せないでしょうなぁ。

  ナナリーさんが演説してます。人も集まったようです。なんか、ゼロが100万人います…。
 氷山で中華連邦まで脱出ですか、すごい作戦だなぁ。まあ、スザク君なら虐殺は出来ないよな。
 それはいいけど、中華連邦に移動して次はどうするんでしょうね…、ナナリーさんとも離れちゃう
 し…。

次回予告
  進行遅れのため、特別番組らしいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (28)

[F1 2008] 第6戦 モナコGP

●サーキット情報
  モナコ・サーキット  78周
  気温:20度  路面:19度  湿度:81%  天候:雨

●予選結果
  マッサ、ライコネン、ハミルトン、コバ、クビサ、ロズベルグ、アロンソ、トゥルーリ

●レース展開

 ○スタートからセーフティカーまで
  ハミルトン、ライコネンをパスするがクラッシュで後退、クルサードのクラッシュで破片が飛び散り
  セーフティーカーが導入される。アロンソはエクストリーム・ウェットで勝負に出る。

  L01:ハミルトン、ライコネンをパス
  L01:マッサ、ハミルトン、ライコネン、クビサ、アロンソ、ロズベルグ、トゥルーリ、グロック
  L01:バトン、ハイドフェルドと接触
  L03:ロズベルグ、接触
  L03:ロズベルグ、ピットイン
  L04:グロック、スピン、フロントウィング破損
  L06:ハミルトン、接触右リア破損
  L06:ハミルトン、ピットイン(SW) 5位で復帰
  L07:アロンソ、右リア破損
  L07:クルサード&トロロッソ接触
  L08:SCD
  L08:PI:アロンソ(→EW)、7番手で復帰
  L10:ピットオープン(給油可)
  L10:レース再開

 ○レース再開→タイヤ交換1回目
  クビサを筆頭にタイヤ交換を実施、路面は乾いているがスタンダード・ウェットへの交換。

  L10:マッサ、ライコネン、クビサ、ハミルトン、ハイドフェルド、ウェバー、アロンソ、中嶋
  L12:アロンソ、ウェバーをかわす→6位へ
  L13:ライコネン、DTペナルティ→4番手で復帰
  L14:アロンソ、ハイドフェルドと接触
  L14:アロンソ&ロズベルグ、ピットイン
  L15:マッサ、クビサ、ハミルトン、ライコネン、ハイドフェルド、ウェバー、スーティル、中嶋
  L16:マッサ、1コーナー、オーバーラン →2位へ
  L17:バリチェロ、中嶋をかわす →8位へ
  L21:クビサ、マッサ(2.2)、ハミルトン(13.5)、ライコネン(15.6)、ウェバー(41.4)、スーティル(46.8)、
    トゥルーリ(48.1)
  L23:FL:マッサ 1:32.163
  L25:FL:クビサ 1:31.156
  L26:PI:クビサ(8.7SW)
  L27:ライコネン、1コーナーでクラッシュ
  L27:PI:ライコネン(16.1SW):ノーズ交換
  L28:FL:マッサ 1:30.749
  L31:FL:ハミルトン 1:30.553
  L33:PI:マッサ(11.7SW)→2位へ
  L34:FL:ハミルトン 1:29.420
  L35:PI:コバライネン(11.2SW)

 ○第3スティント→タイヤ交換2回目まで
  徐々に路面が乾き初めペースが上がっていく。FIAから雨予報が出るがチームはドライタイヤへ交換。
  マッサは25秒のタイム差を生かせず3位に後退する。

  L36:FL:スーティル 1:29.292
  L37:FL:スーティル 1:29.043
  L38:グロック、スピンでリアウィング破損
  L38:FL:ハミルトン 1;28.691
  L40:FL:ハミルトン 1:28.065
  L41:FL:バルチェロ 1:27.168
  L42:FL:バルチェロ 1:26.978
  L43:FL:ウェバー 1:26.921
  L44:FL:ウェバー 1:26.727
  L45:あと6分で雨の予報
  L45:PI:アロンソ(D)
  L46:FL:ハミルトン 1:26.546
  L47:FL:クビサ 1:26.371
  L47:PI:ピケ(D)
  L48:PI:ウェバー(D)
  L48:FL:ロズベルグ 1:25.25
  L49:ピケ、1コーナーを直進  リタイア
  L49:PI:バトン(D)
  L53:PI:クビサ(D)
  L53:PI:スーティル(D)
  L54:PI:ハミルトン(7.5DH)→1位で復帰
  L55:PI:バリチェロ(DS)
  L54:FL:コバライネン 1:24.203
  L55:FL:コバライネン 1:22.668
  L56:PI:マッサ(8.8:DS) →3位で復帰
  L57:PI:ライコネン(DS)

 ○SCD→レース終了
  ロズベルグのクラッシュで2回目のセーフティカー。ただしピットインは終了しているため順位変動は
  無し。再開直後にライコネンがスーティルにクラッシュ、スーティルがリタイア、ライコネンは9位に
  後退する。

  L57:FL:コバライネン 1:20.801
  L58:FL:コバライネン 1:20.252
  L60:ハミルトン、クビサ(39.4)、マッサ(D4.4)、スーティル(D14.9)、ライコネン(D18.9)、
    ウェバー(D1.0)、ベッテル(D12.8)、バリチェロ(D10.3)、中嶋(D26.9)
  L62:ロズベルグ、クラッシュ
  L62:SCD
  L64:整理開始
  L67:レース再開(11:10)
  L67:ハミルトン、クビサ、マッサ、スーティル、ライコネン、ウェバー、ベッテル、バリチェロ、中嶋
  L68:ライコネン、スーティルに追突
  L68:PI:スーティル→リタイア
  L68:PI:ライコネン→9番手で復帰
  L69:FL:ハミルトン 1:19.992
  L71:FL:ライコネン 1:18.008
  L72:FL:ライコネン 1:17.516
  L74:FL:ライコネン 1:16.689
  L76:2時間経過、レース終了

●レース結果(暫定)

1 ハミルトン
2 クビサ
3 マッサ
4 ウェバー
5 ベッテル
6 バリチェロ
7 中嶋
8 コバライネン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 絶対可憐チルドレン #08

8th sense. 兵部京介!あ出ちゃったの?

コメント
  いきなり進入されてますけど、大丈夫なのか、バベル…。飯ぐらい食わせろって、刑務所の畑で
 野菜かじってるのはどうかと思うぞ、桃太郎。おいおい、刑務所に手榴弾や銃器を隠し持てるって、
 どんなセキュリティだよ。囚人大脱走です。ECCMのせいでナオミさんも吹き飛ばされてピンチ~、
 なAパート。アニメ見てて出動出来ませんって、小学生らしいけどまずいだろう(笑)

類似品に注意、なんの? → ノーザンライト・スープレックス

  皆本君、ヘリで墜落寸前ですが。強力な敵の前に大ピンチなチルドレンですが…、京介君のアドバイス
 で大逆転ですが、薫ちゃんがまた暴走してます。なんか京介さんと葵ちゃんが協力することになったよう
 でうまく行ったようですが。いや、そんな簡単に脱走されてもなぁ…というBパート。これでようやく
 物語が始まるって感じなんでしょうね。

次回予告
  チルドレンが大人になった…、喜ぶ人と悲しむ人がいるんだろうな(笑)    

| | コメント (0) | トラックバック (12)

[GER] クロップ氏、ドルトムント監督に就任

[UEFA] クロップ氏がドルトムント新監督に決定
  BVボルシア・ドルトムントは23日、今季終了後に辞任したトーマス・ドル前監督の後任にユルゲン・クロップ氏(40)を任命した。契約期間は2年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 6月の新番組(CS)

一騎当千をメインに、エルフィンやなのはや君が主で執事が俺でを補完する感じ…。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●AT-X
  一騎当千 Great Guardians    ■2008年6月11日(水)9:30スタート■
  ソウルイーター         ■2008年6月4日(水)9:00/20:00スタート■
               「ソウルイーターレイトショー」も放送します!
  よつのはOVA           ■2008年6月29日(日)24:00~25:30ほか 第1・2話■
  アニメ女子部「ヴァンパイア騎士」■2008年6月6日(金)10:30スタート■
  OVA ToHeart2          ■2008年6月22日(日)24:00~25:30ほか 第1~3話■
  魔法少女リリカルなのはStrikerS ■2008年6月21日(土)10:00スタート■
  おねがい☆ツインズ       ■2008年6月1日(日)7:00スタート■
  FLAG              ■2008年6月4日(水)11:30スタート■
  エルフェンリート        ■2008年6月5日(木)13:30スタート■
  星界の戦旗           ■2008年6月6日(金)13:30スタート■
  星界の紋章 特別編       ■2008年6月8日(日)24:00~ほか■
  まんが日本絵巻         ■2008年6月20日(金)7:00スタート■
  CODE-E             ■2008年6月4日(水)8:00スタート■
  この青空に約束を-~ようこそつぐみ寮へ~
                  ■2008年6月3日(火)8:30スタート■
  ドラゴノーツ-ザ・レゾナンス-  ■2008年6月23日(月)7:00スタート■
  ひぐらしのなく頃に解      ■2008年6月6日(金)19:30スタート■
  Myself; Yourself        ■2008年6月20日(金)8:30スタート■
  SHUFFLE!            ■2008年6月21日(土)11:00スタート■
  奏光のストレイン        ■2008年6月20日(金)8:00スタート■
  獣神演武            ■2008年6月4日(水)7:00スタート■
  ロケットガール         ■2008年6月25日(水)19:00スタート■
  GIRLSブラボー first season   ■2008年6月28日(土)13:00スタート■
  かりん             ■2008年6月15日(日)21:00スタート■

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●アニマックス
 キン肉マン キン肉星王位争奪編 6/17(火)スタート 月曜~金曜午後 8:30~
                               深夜 1:00~(25:00~)
                               翌日 午前 11:30~
 劇場版 あしたのジョー2 6/15(日)21:00~ ビッグサンデーズにて
              6/21(土)深夜 1:30~ ミッドナイトシアターにて
              6/22(日)正午 12:00~ サンデースペシャルにて

 劇場版 エースをねらえ! 6/22(日)午後 21:00~ ビッグサンデーズにて
              6/28(土)深夜 1:30~ ミッドナイトシアターにて
              6/29(日)正午 12:00~ サンデースペシャルにて

 スペースアドベンチャー コブラ 6/29(日)午後 21:00~ ビッグサンデーズにて

 ブーンドッグス シーズン2 6/1(日)スタート 毎週日曜 深夜 0:30~
 ZOMBIE-LOAN 6/7(土)スタート 毎週土曜 午後 11:00~
 劇場版 灼眼のシャナ ディレクターズカット 6/ 8(日)午後 21:00~ ビッグサンデーズにて
                       6/14(土)深夜 1:30~ ミッドナイトシアターにて
                       6/15(日)正午 12:00~ サンデースペシャルにて

 

FREEDOM  * 放送時間 毎週日曜 午後6:00~ 2話連続放送
                  6月8日(日)スタート
                 * 再放送 毎週日曜 深夜2:00~

 ハチミツとクローバーII  
                 * 放送時間 月曜~金曜 午前9:00~
                  6月9日(月)スタート

 

君が主で執事が俺で
                * 放送時間 月曜~金曜 深夜0:30~
                 6月9日(月)スタート

 高橋留美子劇場 
                * 放送時間 月曜~金曜 午後12:30~
                 6月10日(火)スタート
 ハンター×ハンター グリードアイランド編
                * 放送時間 月曜~金曜 午後5:00~
                 6月10日(火)スタート
                * 再放送 月曜~金曜 早朝6:30~
                 月曜~金曜 正午12:00~

 エルモズワールド
                * 放送時間 月曜~金曜 午前8:00~
                 6月23日(月)スタート
                * 再放送 月曜~金曜 午後3:00~
 アニマル横丁
                * 放送時間 月曜~金曜 午後3:30~
                 6月24日(火)スタート

 英國戀物語エマ 第二幕  英國戀物語エマ 第二幕   
                * 放送時間 月曜~金曜 午前9:00~
                 6月25日(水)スタート

 バッカーノ!
                * 放送時間 毎週日曜深夜1:30~ 2話連続放送
                 6月29日(日)スタート

 獣装機攻 ダンクーガ ノヴァ 獣装機攻 ダンクーガ ノヴァ  
                * 放送時間 毎週日曜 深夜2:30~
                 6月29日(日)スタート
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●キッズ
  ツバサ・クロニクル   6月10日(火) スタート
               毎週(月)~(金) ひる 12:30~
                          夜  8:00~
  スカポンタンアワー ヤッターマン2時間放送!タイムボカンシリーズ ヤッターマン
              6月1日(日) スタート
              毎週(日) ひる 12:00~
  シュガーバニーズ
              6月3日(火) スタート
              毎週(月)~(水) あさ 10:00~
  リトルプリンセス
              6月3日(火) スタート
              毎週(火) ひる  3:00~
  ホビッチョ!
              6月2日(月)スタート
              毎週(月)~(金) 夕方  5:28~
              毎週(月)・(水)・(金) あさ  7:28~
              毎週(土) 夕方  5:58~
              毎週(日) あさ  8:58~
  *
   BLEACH 4話連続放送 92~95話    6月8日(日) 夜   9:00~

   機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション
              1、2話   6月7日(土) 夕方  5:00~
              3、4話   6月8日(日) 夕方  5:00~

   アクビガール     6月3日(火)スタート!毎週月~金 あさ  8:05~
   ギャグマンガ日和   6月2日(月)スタート!  毎週月~金 夜  10:37~、深夜  2:37~
   ギャグマンガ日和2  6月18日(水)スタート! 毎週月~金 夜  10:37~、深夜  2:37~
   ギャグマンガ日和3  6月2日(月)スタート! 毎週月~金 夜  10:30~、深夜  2:30~
   CatChat えいごでFRIENDS DX 6月29日(日)スタート! 毎週日 あさ  8:30~
   銀魂    6月6日(金)スタート!   毎週金 夜  10:00~
   クレイアニメ 太鼓の達人   6月20日(金)スタート!  毎週月~金 あさ  8:00~
   The World of GOLDEN EGGS 6月2日(月)スタート!
                           毎週月~金 夜  10:45~、深夜  2:45~
   サンリオぽこあぽこ 6月6日(金)スタート! 毎週金・土 あさ  9:30~
                         毎週金 ひる  2:30~
   シティーハンター2   6月12日(木)スタート!
               毎週月~金 ひる  1:30~、夜   8:30~

   ストラトス・フォー アドヴァンス(OVA  6月10日(火)スタート!
                        毎週火 夜  11:00~、深夜  3:30~
   タイムボカンシリーズ ヤッターマン   6月4日(水)スタート!
                       毎週月~金 あさ  6:30~、夕方  4:30~

   スカポンタンアワー ヤッターマン2時間放送! タイムボカンシリーズ ヤッターマン
                       6月1日(日)スタート!
                       毎週日 ひる 12:00~
   デュエル・マスターズ チャージ   6月2日(月)スタート!
                     毎週月~金 あさ  6:00~、ひる  3:30~
   はぴはぴクローバー   6月17日(火)スタート!   毎週月~金 ひる 11:00~
   パンダーゼット THE ROBONIMATION  6月2日(月)スタート!   毎週月~金 あさ  8:24~
   BLUE DRAGON    6月14日(土)スタート!
                    毎週土 夜  10:00~、深夜  3:00~
                    毎週日 夜   6:00~
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●ホームドラマ
  ごぞんじ!月光仮面くん  25分  06月 16日
  ワイルド7another 謀略運河   25分 06月 29日

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●ファミリー劇場

  

TV初でぶっちぎり!アクエリオン、編成合体!!! 6/2(月)ほか

  

「パトレイバー」シリーズも編成合体! 6/6(金)ほか

  TVアニメ「マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ」 6/9(月)放送スタート

  TV特撮「超光戦士シャンゼリオン」 6/7(土)放送スタート

  超光戦士シャンゼリオン

  TVドラマ「ケータイ刑事 銭形雷 2ndシリーズ」(2話連続) 6/8(日)スタート

  ダイヤモンド・アイ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●NECO
  『課長王子』(全13話)スタート! 1~4話

  『アリオン』オンエア!!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●TBSチャンネル
  Kanon

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

●テレ朝チャンネル
  【特集!】映画「ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」
  【テレ朝チャンネル初放送!】「おジャ魔女どれみ♯」

●日テレプラス
  巨人の星 特別篇 猛虎 花形満 (6/19~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/24

[Giro 2008] 第14ステージ結果

●レース展開
  ドロミテ初日の山岳ステージ、13km地点で飛び出した10人に、さらに飛び出した3人が合流し、先頭で13名の逃げグループが形成された。13人の中にはヴァンデヴェルデ、フォイクト、ベッティーニ、セッラ、イギリンスキーなどの実力者が含まれる。ケスデパーニュが3人を送り込んでいるのが注目される。
  先頭13名は7分のリードを保ったまま1級山岳マンゲン峠の上りに突入、ここでマリアヴェルデのセッラが真っ先にアタックし、ロドリゲスやルハノの追撃を振り切って独走態勢に入った。セッラは快調に上り続け、元の逃げメンバーを3分近く引き離して頂上を通過。結局2位に4分以上の大差を付けてトップでゴール。
  集団では、シモーニが集団の先頭に立ってペースを上げて集団が崩壊。ラスト2kmでクレーデン、続いてコンタドール、ディルーカが遅れ始める。結局メイン集団ではメンショフがトップ。リッコとペッリツォッティが9秒、シモーニが13秒の遅れにとどめたのに対し、ディルーカは26秒、コンタドールが45秒、クレーデンに至っては71秒遅れとなった。マリアローザのヴィスコンティはさらに10分遅れでのゴールとなりマリアローザを喪失、替わりにボッシオがマリアローザを手にした。

●ジロ・デ・イタリア2008第14ステージ結果
  1位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ) 5h37'14"
  2位 ヴァシル・キリエンカ    (ベラルーシ、ティンコフ)        +4'38"
  3位 ホアキン・ロドリゲス    (スペイン、ケスデパーニュ)       +5'08"
  4位 ホセ・ルハノ        (ベネズエラ、ケスデパーニュ)      +7'38"
  5位 パオロ・ベッティーニ    (イタリア、クイックステップ)      +7'59"
  6位 デニス・メンショフ     (ロシア、ラボバンク)          +8'48"
  7位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)         +8'57"
  8位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)
  9位 ジルベルト・シモーニ    (イタリア、セッラメンティPVC)      +9'01"
 10位 ユルゲン・ヴァンデンブロック(ベルギー、サイレンス・ロット)

●マリアローザ(総合)
  1位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)        63h10'47"
  2位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)            +05"
  3位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)            +28"
  4位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +1'02"
  5位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)          +1'07"
  6位 アンドレアス・クレーデン  (ドイツ、アスタナ)            +1'11"
  7位 デニス・メンショフ     (ロシア、ラボバンク)           +1'18"
  8位 ジルベルト・シモーニ    (イタリア、セッラメンティPVC)       +1'31"
  9位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)          +1'32"
 10位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)       +1'35"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele   ITA  LIQ 144
  2 CAVENDISH Mark   GBR  THR  86
  3 BETTINI Paolo    ITA  QST  84
  4 RICCO' Riccardo   ITA  SDV  77
  5 ZABEL Erik     GER  MRM  66
  6 SELLA Emanuele   ITA  CSF  57
  7 PELLIZOTTI Franco  ITA  LIQ  51
  8 DI LUCA Danilo   ITA  LPR  45
  9 KIRYIENKA Vasil   BLR  TCS  43
 10 CONTADOR Alberto  ESP  AST  39

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele      ITA  CSF  62
  2 KIRYIENKA Vasil      BLR  TCS  28
  3 BERTOLINI Alessandro   ITA  SDA  20
  4 BOSISIO Gabriele     ITA  LPR  19
  5 CARDENAS Felix Rafael   COL  BAR  16
  6 LASTRAS GARCIA Pablo   ESP  GCE  12
  7 BALIANI Fortunato     ITA  CSF  10
  8 RODRIGUEZ OLIVER Joaquin ESP  GCE  10
  9 RUJANO GUILLEN José    VEN  GCE  6
 10 DALL'ANTONIA Tiziano   ITA  CSF  6

●マリアビアンカ(新人賞)
 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] かのこん #08

#8 一緒に入っちゃう?

コメント
  せっかくの婚前旅行なのに、みんながついてきてご機嫌斜めなちずるさん。着物を着た雪花さんも
 いいけど、お母さん若いなぁ…、実年齢はともかく。温泉旅館と言うことでサービスシーンなんですが、
 湯煙多いな~って、お母さんいきなり登場してお背中流すって…。お母さん、胸もすごいけど、尻尾も
 すごいなぁ、というAパート。ちずるさんより大きい胸って…、どうしたものやら(笑) ちずるさん、 
 倉に囚われてるのね。しかし、いきなり覗きに走るたゆら君、自業自得だよ~。あれ、一同、ほれ薬を
 飲まされてどうする、どうなる…。

  いきなり、耕太君が望さんに迫ってます。それはいいけど、きーちゃんとゆっきーも…。だからと
 言って委員長さんに飲ませるのは…。イヤ、ちずるさん、女体盛りって、何にも盛ってませんよ(笑)
 望さん、全部あげるって…。ちずるさん雪の中着物はだけて走ってるし。お酒のせいだとは言え、
 ちずるさんショックだったんですねぇ。しかし、ちずるさんを泣かせるなんて、困った耕太君ですね、
 というBパート。まあ、ギリギリで正気を取り戻すのはお約束なんだけど、一杯ひどいコトしたん
 ですよ、耕太君は(笑) でも、ちずるさんをよろしくされてめでたしめでたし…なのかな?
 あれ、久美ちゃん久しぶり(笑)

来週のプレイ 「ボクシングプレイ」
  ちずる選手飛び出しました、いきなりクリンチ。クリンチクリンチ、とことんクリンチ。
  やだ、耕太君すごくガゼルアッパー、ちずるKOされちゃ~う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週頃の出来事

ますみんの数ヶ月ぶりの自炊は限りなく失敗に近かったらしい
ゴトゥーザ様の「内緒の可愛いキャラ」は狂乱家族日記のキャラだったらしい
琴ちゃわんさんが「隠の王」に出るらしい。第9話から。
本名さんは沖縄へ仕事でお出かけらしい
佳奈ちゃんは実家へ帰っていたらしい
オリエちゃんはおひっこしして一人暮らしで悪戦苦闘らしい
松谷さんは、レビュウショウ用のレコーディングが近いらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[KIRIN CUP 2008] 日本 v コートジボアール

相手がいることではあるけど、盤石の出来とは言えない気がするな…

●スタジアム
  豊田スタジアム  名古屋  
  気温:18度  湿度:90%  天候:雨

●試合結果
  日本 1 - 0 コートジボアール

●ラインアップ

 日本
       16 大久保  11 玉田

  07 遠藤              09 松井 

       05 今野   17 長谷部

  27 長友  22 中澤(C)  04 闘莉王  03 駒野

          18 楢崎
  サブ: 
    01 川口  23 川島  02 寺田  06 阿部  24 井川  08 山瀬  13 鈴木
    14 中村  26 香川  12 巻   19 高原  20 矢野
  監督:
    岡田 武史

 コートジボアール
             20 サノゴ 

  02 アカレ                   21 エブエ

   17 ティエヌ  05 ゾコラ(cap)  07 ファエ    

  03 ボカ  08 ドメル   12アブドゥラエ    22 ゾロ

            16 ゾクボ
  サブ: 
    01 バリ  23 アンバン  4 K・トゥーレ  6 ロロ  9 K・トラオレ
    10 ドゥンビア
  監督:
    バヒド・ハリルホジッチ

●前半:試合展開
 06 JPN S  :永友左クロス→大久保中S               ※枠右
 10 COT SOG:中FK:ゾコラS                    GKキャッチ
 15 JPN    :永友左クロス                      DFクリア(CK)
 16 JPN SOG:左CK:遠藤→大久保中HS              ☆GKセーブ
 21 JPN SOG:長谷部右クロス→玉田左BS            GOAL★JPN 1-0 COT
 33 JPN SB :玉田右ミドルS                     DFブロック
 36 COT    :左FK:ゾコラ                     GKキャッチ
 45 COT SB :エブエ左ミドルS                    DFブロック
 45 COT    :アカレ左クロス→サノゴ、エリア内で倒れる        笛無し

●前半:コメント
  序盤、激しいプレスで相手を圧倒し先制点をあげた日本だが、スタミナ切れか徐々にプレスが
 弱くなり、コートジボアールの攻撃を許し始める。決定的なシュートこそ許していないが、ゴール前
 まで危険な形でボールを運ばれる機会が何度もあった。守備では、今野のミスパスで何度かピンチを
 作ったシーンが気になったが、ボールを持ちすぎる相手の攻撃にも助けられて決定機は無し。一方の
 攻撃は、ゴールにつながった長谷部のドリブルと松井のドリブルが目立ったくらい。セットプレイで
 チャンスを作るしかないというのは相手の強さを割り引いても物足りない

●前半:スタッツ
            G   S  SOG  CK  YC
       日本   1   4   2   2   0
 コートジボワール   0   4   1   1   0

●後半:試合展開
 58 JPN    :駒野左クロス                      DFクリア
 59 COT SOG:中FK:                       ☆GKセーブ
 65 JPN SB :永友左ミドルS                     DFブロック
 67 COT 交代1:ドメル(OUT)、ロロ(IN)
 68 COT S  :ティエヌ右ミドルS                   枠上
 71 COT SB :エブエ中ミドルS                    DFブロック
 75 JPN 交代1:玉田(OUT)、矢野(IN)
 75 JPN 交代2:松井(OUT)、香川(IN)
 75 COT 交代2:アカレ(OUT)、トラオレ(IN)
 83 JPN S  :中FK:駒野S                     枠左
 83 COT 交代3:ファイ(OUT)、ドゥンビア(IN)
 84 COT S  :トラオレ中S                      枠右
 86 JPN    :香川右クロス→大久保                 ※GKキャッチ
 89 COT SOG:ティアヌ中ミドルS                   GKキャッチ
 90 COT SOG:中→S                        ☆右ポスト
 +3 JPN SOG:長谷部中ミドルS                    GKキャッチ

●後半:コメント
  結果は出したが、試合内容については不満だらけとしか言いようがない。特に、後半スタミナ
 切れか動きが鈍く、相手の攻撃を受けるだけになってしまった展開はオマーンとの戦いにおける
 大きな不安材料と言わざるを得ない。たまたま、相手にエースストライカーがいなく、中2日と
 雨ということでサイドの上下動が少なく、効果的なドリブルがなかったことがさいわいした。
 なにより、エブエが積極的にシュートを放っている時点で、前線の駒不足がうかがい知れる。
 まあ、不完全な相手に親善試合で無意味な大勝をあげて問題点が見えなくなるよりはいいと思う
 しかないか。

●スタッツ
            G   S  SOG  CK  YC
       日本   1   9   3   2   0
 コートジボワール   0  12   4   2   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] マクロスF #08

08 ハイスクール・クイーン
コメント
  ランカさん、ニンジンのコスプレで歌ってますが、いきなりヘビーな仕事だなぁ。そしてアルトの高校へ転校。
 さらになぜかシェリルさんまで登場…。え、アルトってシェリルの奴隷だったんだ…。そういえばイヤリングは
 飛行機と一緒になくなったのか。なんか卵まみれの描写はやらしいなぁと言うAパート。そしてお約束のシャワー
 シーンも(笑)
  いきなりシェリルさんの下着が動き始めて大混乱って…。しかもスーツを装着してるし。そしてパンティに
 手を伸ばしたところでスーツが外れて…、まあ当然アルトが助けに来るわけですが、飛ぶのはパンツ履いてからの
 方がいいんじゃないかなぁ。一方、収録がキャンセルになって一人歌うランカの横に、謎のハーモニカ男が、
 と言うBパート。それはさておきシェリルさんが転入、しかもパイロットコースって…(笑)
次回予告
  ミハエルさんのお話しでしょうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/23

[Giro 2008] 第13ステージ結果

●レース展開
  前日の第12ステージに引き続き、第13ステージも真っ平らなコース。38km地点でブファズとアギッレの2名のアタックが決まった。66km地点で最大8分24秒のリードを得るが、ゴールまで12kmを残して吸収。ラスト1kmでチームミルラムが先頭に立つが、ツァベルのスプリント開始前にベンナーティが加速して先頭に立つ。カヴェンディッシュがベンナーティに呼応するようにスプリントを開始し、加速力を活かしてベンナーティに並ぶと、いとも簡単にパスして先頭へ。最後は余裕を持ってフィニッシュライン上で両手を上げた。 「3センチ差」で負けた前日の雪辱を完璧な勝利で果たして、第4ステージに続くジロ通算2勝目。

●ジロ・デ・イタリア2008第13ステージ結果
  1位 マーク・カヴェンディッシュ (イギリス、チームハイロード) 4h11'07"
  2位 ダニエーレ・ベンナーティ  (イタリア、リクイガス)
  3位 コルド・フェルナンデス   (スペイン、エウスカルテル)
  4位 エリック・ツァベル     (ドイツ、チームミルラム)
  5位 ジュリアン・ディーン    (ニュージーランド、スリップストリーム)
  6位 ミルコ・ロレンツェット   (イタリア、ランプレ)
  7位 アレクサンドル・ウソフ   (ベラルーシ、アージェードゥーゼル)
  8位 ニコライ・トルソーフ    (ロシア、ティンコフ)
  9位 ロビー・マキュアン     (オーストラリア、サイレンス・ロット)
 10位 グレーム・ブラウン     (オーストラリア、ラボバンク)

●マリアローザ(総合)
  1位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)     57h17'06"
  2位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)         +5'50"
  3位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)          +6'59"
  4位 アンドレアス・クレーデン  (ドイツ、アスタナ)           +7'41"
  5位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ (イタリア、リクイガス)         +7'51"
  6位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)          +7'52"
  7位 パオロ・サヴォルデッリ   (イタリア、LPRブレーキ)         +7'56"
  8位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)         +8'20"
  9位 グスタフエリック・ラーション(スウェーデン、チームCSC)        +8'31"
 10位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)+8'32"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele  ITA  LIQ 144
  2 CAVENDISH Mark  GBR  THR  86
  3 BETTINI Paolo   ITA  QST  71
  4 RICCO' Riccardo  ITA  SDV  69
  5 ZABEL Erik    GER  MRM  66
  6 FERNANDEZ Koldo  ESP  EUS  53
  7 MCEWEN Robbie   AUS  SIL  48
  8 FORSTER Robert  GER  GST  46
  9 REBELLIN Davide  ITA  GST  45
 10 DI LUCA Danilo  ITA  LPR  42
 11 PELLIZOTTI Franco ITA  LIQ  42

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele     ITA  CSF  37
  2 BERTOLINI Alessandro  ITA  SDA  20
  3 BOSISIO Gabriele    ITA  LPR  19
  4 CARDENAS Felix Rafael  COL  BAR  16
  5 LASTRAS GARCIA Pablo  ESP  GCE  12
  6 KIRYIENKA Vasil     BLR  TCS  12
  7 BALIANI Fortunato    ITA  CSF  10
  8 DALL'ANTONIA Tiziano  ITA  CSF  6
  9 SPEZIALETTI Alessandro ITA  LPR  5
 10 VEIKKANEN Jussi     FIN  FDJ  5
 11 PIETROPOLLI Daniele   ITA  LPR  5

●マリアビアンカ(新人賞)
 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PS2] かのこん えすいー

●公式サイト
  かのこん えすいー

●ゲーム情報
     タイトル: かのこん えすいー
 プラットフォーム: PlayStation 2
     ジャンル: ドタバタラブコメADV
     発売時期: 2008年7月予定
     CERO: 審査予定

●ゲーム内容
  ジャンルの通り「ドタバタで、ちょっと(?)えっちなラブコメディ」、自分で疑問符を入れてしまう
 あたりがさすがです。ただ、トップページの画像は地味です。ちずるさんと望さんが耕太君に胸を
 押しつけてますが、水着きてますし、かのこんにしては地味。でも、「えすいー」って、プログラム
 でも書くんかいな…、最初からスペシャル・エディションとか書けばいいのに。CERO審査でZとか
 つかなければいいんですが(笑) まあ、売りは絵以上にセリフだったりするから大丈夫かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[NEWS] 「かのこん」配信サイトでの配信停止(第7話)

それでも、というかそれだからこそ、当サイトは「かのこん」を応援していきます!

[Itmedia] “寸止め”アニメ「かのこん」、GyaOで配信中止 「倫理規定を超えた」

まだ見てないけど、何が悪かったのかなぁ…

 ・あやち~さんのあまりのエロエロっぷりな演技がエクセレントすぎた

 ・まみまみのあまりの見事ややられっぷりが、いじめを助長すると認識された

 ・ちわちゃんの「不潔よ!」があまりにもリアルになりすぎた

 ・望さんのツルペタぶりと、その外見らしからぬ言動が、各種団体の怒りを買った

 ・予告の妄想ぶりがあまりにもダメダメすぎてよすぎ…

とりあえず、早めにいろいろな作業を片付けて、たまってるかのこんの大鑑賞会を開きたいと思います。ということで今週末は引きこもり決定(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[DVD] らき☆すた #12

第23話 「微妙なライン」

コメント
  人のパソコンは使いづらいのは心理が、ツンデレから画像へのコピーって…。ゆたかに胸を揉んでもらう
 南ちゃんってダメだろう。同人のネタは周りからゲットというのは基本かな…。なんか細かいネタが沢山で、
 突っ込みどころ満載っていうか。最近、パティみたいな動機で留学してくる人は最近だといたりするのかな。
 アニソンしか聴かないってのも基本と言えば基本だけど。しかし外見と中身が一致しないってのは、それは
 それで萌えるんだろうな。

ラッキーチャンネル
  なんでゴトゥーザ様が…。しかも不良でバイクだし。口でぶるんぶるんがいい感じです。

エンディング ミクル変身!そして戦闘!
  ビームサーベルで斬り合ってますけど…。口BGMでみくるちゃんのテーマっていいなぁ(笑)

第24話 「未定」

コメント
  おやOP無いんですね。常に前向きなゆーちゃんが健気でいいです。しかし文化祭でチアガールですか。
 やるなぁパティ。ゆーちゃんにそこまで言われるとこなたも断れないしって、綾ちゃんとの握手で買収
 されましたが。かがみん、友情話に弱いなぁ…。いや、「ハレ晴れ…」のようにいかんとか言われても、
 しかしかがみん、リーダーっぽいなぁ。ヅカ喫茶とかもそれはそれで見たいかなとか思ったり。結局、
 かがみんがリーダーか…。こなたん、やってることと中の人あってないっすから、南さんにやらせて
 ください(笑) リハーサルでチアが決まってめでたしめでたし、そして本番で幕が開いておしまいって
 のはお約束だろうなぁ。まあここで着るのが「らき☆すた」らしいと言えばそうかもしれないのでいいの
 ですが、文化祭なのにバニーさんが歌ってなかったのが心残りです。

ラッキーチャンネル
  番組の中で歌いそうになってしましたが…。チャプターはありません(笑)

エンディング 愛はブーメラン
  なんか歌ってました。色々やらされておつかれ…ということで。

特典映像 白石みのるの冒険 エピソード11
  若い人たちはいろいろやらされて大変だね。まあ、女の子はカレー食べて大騒ぎしてるだけですが。
 結論から言えば、えみりんは働き者で、あきら様はわがままだなぁ…。最後までいじられまくる
 しろいしさん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/22

[Giro 2008] 第12ステージ結果

●レース展開
  第12ステージはスプリンターにとって数少ないチャンスである平坦なコースレイアウト。開始直後にガルパルソロがアタックを成功させ、一人旅。ガルパルソロはラスト10kmのアーチを先頭で通過したが、その後メイン集団に飲み込まれる。落車の影響でツァベルが交代、スプリント勝負に加われず。石畳のコーナーでインを突いて先頭に立ったのはマリアチクラミーノのベンナーティ、ラスト200mからスプリントを開始し、これをカヴェンディッシュとマキュアンが追う展開。ベンナーティはゴールに突き進むが、これを猛烈な勢いでカヴェンディッシュが追い上げ、最後は2人ほぼ同時にゴール。写真判定の結果、軍配が上がったのはベンナーティで、ステージ3勝目。

●ジロ・デ・イタリア2008第12ステージ結果
  1位 ダニエーレ・ベンナーティ (イタリア、リクイガス)      4h05'29"
  2位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームハイロード)
  3位 ロビー・マキュアン    (オーストラリア、サイレンス・ロット)
  4位 コルド・フェルナンデス  (スペイン、エウスカルテル)
  5位 パオロ・ベッティーニ   (イタリア、クイックステップ)
  6位 ロベルト・フェルスター  (ドイツ、ゲロルシュタイナー)
  7位 ルチアーノ・パリアリーニ (ブラジル、サウニエルドゥバル・スコット)
  8位 アッサン・バザイエフ   (カザフスタン、アスタナ)
  9位 アレクサンドル・ウソフ  (ベラルーシ、アージェードゥーゼル)
 10位 アレクサンドル・セロフ  (ロシア、ティンコフ)

●マリアローザ(総合)
  1位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)     53h05'46"
  2位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)         +5'50"
  3位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)          +6'59"
  4位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)          +7'52"
  5位 アンドレアス・クレーデン  (ドイツ、アスタナ)           +7'54"
  6位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ (イタリア、リクイガス)         +8'04"
  7位 パオロ・サヴォルデッリ   (イタリア、LPRブレーキ)         +8'09"
  8位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)+8'32"
  9位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)         +8'33"
 10位 グスタフエリック・ラーション(スウェーデン、チームCSC)

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele  ITA  LIQ 120
  2 BETTINI Paolo   ITA  QST  71
  3 RICCO' Riccardo  ITA  SDV  69
  4 CAVENDISH Mark  GBR  THR  61
  5 ZABEL Erik    GER  MRM  52
  6 REBELLIN Davide  ITA  GST  45
  7 FORSTER Robert  GER  GST  44
  8 DI LUCA Danilo  ITA  LPR  42
  9 PELLIZOTTI Franco ITA  LIQ  42
 10 MCEWEN Robbie   AUS  SIL  41

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele     ITA  CSF  37
  2 BERTOLINI Alessandro  ITA  SDA  20
  3 BOSISIO Gabriele    ITA  LPR  19
  4 CARDENAS Felix Rafael  COL  BAR  16
  5 LASTRAS GARCIA Pablo  ESP  GCE  12
  6 KIRYIENKA Vasil     BLR  TCS  12
  7 BALIANI Fortunato    ITA  CSF  10
  8 DALL'ANTONIA Tiziano  ITA  CSF  6
  9 SPEZIALETTI Alessandro ITA  LPR  5
 10 VEIKKANEN Jussi     FIN  FDJ  5
 11 PIETROPOLLI Daniele   ITA  LPR  5

●マリアビアンカ(新人賞)
 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ESP] エメリ氏、バレンシア監督に就任

[UEFA.COM] バレンシア新監督にウナイ・エメリ氏
  スペイン1部リーグのバレンシアCFは22日、UDアルメリアを指揮していたウナイ・エメリ氏を来季からの監督に任命することを決めた。契約期間は2年。

 監督の力でどうこうできる問題なんですかねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/21

[Giro 2008] 第11ステージ結果

●レース展開
  42km地点でようやく5名の逃げが決まる。1級山岳でメイン集団がスピードアップ。これによりマリアローザのヴィスコンティら大勢が遅れ、20名ほどに絞られたメイン集団は先頭グループから5分遅れで頂上通過。雨に濡れたテクニカルな下りでは、トップ集団のベルトリーニとダラントニア、メイン集団ではベッリツォッティ、セッラ、ベンナーティらが落車するも軽傷で再スタートを切った。また、第3山岳の下りでもマリアローザのヴィスコンティやマリアヴェルデのセッラ、ライプハイマー、ピエポリらの実力者が落車する。
  ゴール前の11km周回コースに入ると先頭はラストラス、ベルトリーニ、バリアーニ、ダラントニアの4名に絞られる。スピードがあがり、先頭グループからはダラントニアが脱落。ラスト800mの石畳の左カーブで、脚を残していたはずのバリアーニが前輪で弾いた石塊に後輪を滑らせて落車。この隙を突いてベルトリーニがスパートを仕掛け、ラストラスの追撃を振り切ってそのままゴールに飛び込んだ。

●ジロ・デ・イタリア2008第11ステージ結果
  1位 アレッサンドロ・ベルトリーニ(イタリア、セッラメンティPVC)     5h44'22"
  2位 パブロ・ラストラス     (スペイン、ケスデパーニュ)        +05"
  3位 フォルトゥナート・バリアーニ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  4位 ティツィアーノ・ダラントニア(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)   +41"
  5位 ローラン・マンジェル    (フランス、アージェードゥーゼル)    +1'33"
  6位 ユッシ・ヴェッカネン    (フィンランド、フランセーズデジュー)
  7位 ダニエーレ・ベンナーティ  (イタリア、リクイガス)         +3'53"
  8位 エリック・ツァベル     (ドイツ、チームミルラム)
  9位 ミルコ・ロレンツェット   (イタリア、ランプレ)
 10位 ダヴィデ・レベッリン    (イタリア、ゲロルシュタイナー)

●マリアローザ(総合)
  1位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)     49h00'17"
  2位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)         +5'50"
  3位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)          +6'59"
  4位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)          +7'52"
  5位 アンドレアス・クレーデン  (ドイツ、アスタナ)           +7'54"
  6位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ (イタリア、リクイガス)         +8'04"
  7位 パオロ・サヴォルデッリ   (イタリア、LPRブレーキ)         +8'09"
  8位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)+8'32"
  9位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)         +8'33"
 10位 グスタフエリック・ラーション(スウェーデン、チームCSC)

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele  ITA  LIQ  89
  2 RICCO' Riccardo  ITA  SDV  69
  3 BETTINI Paolo   ITA  QST  59
  4 ZABEL Erik    GER  MRM  52
  5 REBELLIN Davide  ITA  GST  45
  6 DI LUCA Danilo  ITA  LPR  42
  7 PELLIZOTTI Franco ITA  LIQ  42
  8 CAVENDISH Mark  GBR  THR  41
  9 BOSISIO Gabriele ITA  LPR  38
 10 CONTADOR Alberto ESP  AST  38

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele     ITA  CSF  37
  2 BERTOLINI Alessandro  ITA  SDA  20
  3 BOSISIO Gabriele    ITA  LPR  19
  4 CARDENAS Felix Rafael  COL  BAR  16
  5 LASTRAS GARCIA Pablo  ESP  GCE  12
  6 KIRYIENKA Vasil     BLR  TCS  12
  7 BALIANI Fortunato    ITA  CSF  10
  8 DALL'ANTONIA Tiziano  ITA  CSF  6
  9 SPEZIALETTI Alessandro ITA  LPR  5
 10 VEIKKANEN Jussi     FIN  FDJ  5
 11 PIETROPOLLI Daniele   ITA  LPR  5

●マリアビアンカ(新人賞)
 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] ファイナル:マンU v チェルシー

●スタジアム
    ルジニキ・スタジアム    モスクワ
    気温:14度    湿度:96%    ピッチ:湿気含む    天候:曇り

●試合結果
  マンU 1 - 1(PK6-5) チェルシー

●主審
    リュボシュ・ミヘル (SVK)

●ラインアップ

 マンチェスターU
                10 ルーニー     32 テベス

    07 ロナルド                                         04 ハーグリーブス

                18 スコールズ   16 キャリック

    03 エブラ   15 ビディッチ   05 ファーディナンド(C)  06 ブラウン

                    01 Vサール
    サブ:
        29 クシュチャク   08 アンデルソン   11 ギグス   17 ナニ
        22 オシェイ       24 フレッチャー   27 シルベストル
    監督:
        アレックス・ファーガソン

チェルシー
      15 マルダ           11 ドログバ       15 マルダ

                08 ランパード       13 バラック

                          04 マケレレ

    03 Aコール   26 テリー(C)      06 カルバリョ   05 エシアン

                          01 チェフ
    サブ:
        23 クディチーニ   07 シェフチェンコ   12 ミケル   21 カルー
        33 アレックス     35 ベレッチ         39 アネルカ
    監督:
        アブラム・グラント

●前半:試合展開
  00  ---       :グラウンドは微妙…。ちょっとボコボコ
  04  CHE       :マルダ左クロス→                                          DFクリア
  06  MAU SOG:ハーグリーブス右ミドルS                                  GKキャッチ
  07  CHE       :ドログバ                                                  オフサイド
  08  MAU       :ハーグリーブス右クロス                                    DFクリア
  12  MAU       :ブラウン右クロス→ハーグリーブス中H                      ボールデッド
  16  MAU       :ロナウド左ドリブル、クロス→ハーグリーブス中              あわず
  22  MAU ▲YC:スコールズ、マケレレにレイトタックル                CARD▲スコールズ
  22  CHE ▲YC:マケレレ、スコールズと接触                          CARD▲マケレレ
  22  MAU       :スコールズ、鼻血
  23  CHE       :ランパード左クロス                                        DFクリア(CK)
  24  CHE       :左CK:ランパード→                                      あわず
  27  MAU SOG:ブラウン右クロス→ロナウド中HS                    GOAL★MAU 1-0 CHE
  28  CHE S    :バラック中ミドルS                                        枠上
  30  MAU       :ブラウン右クロス→ロナウド左H                            DFクリア
  34  MAU SOG:ランパード→ドログバ右H→                              ※DFクリア(CK)
  35  MAU       :ロナウド左クロス→テベス中HS                          ☆GKセーブ
  35  MAU SOG:キャリック中ミドルS                                    ☆GKセーブ(CK)
  35  MAU       :左CK:→ロナウド中HS                                  枠上
  41  CHE       :テリー左スルーP→Aコール左、エリア内で倒れる            笛無し
  42  MAU       :ルーニー右クロス→テベス中                              ※あわず
  43  MAU ▲YC:リオ、ランパードを妨害                              CARD▲リオ
  44  CHE S    :左FK:バラックS                                        枠上
  45  MAU SOG:エッシェン中ミドルS→こぼれ→ランパード中S        GOAL★MAU 1-1 CHE
  +2  CHE S    :バラック右ミドルS                                        枠上
  +2  CHE ▲YC:カルバーリョ、ロナウドにタックル                    CARD▲カルバーリョ

●前半:コメント
    序盤の膠着状態の後、中盤はマンUのペース、リードされてからチェルシーのペースで互いに
 譲らない展開で前半は1対1の同点で終了した。ユナイテッドはサイドの争いで優位に立ち、
 右からのクロスに左のロナウドが競り勝つ形で攻撃の形を作った。マルダが守備の面でいまいち
 な事、エッシェンが高さやポジショニングという面で若干不安なところをうまく突いた形だろう。
 ただし、ゴールを奪ってから2度あった決定機で追加点を奪えなかったことで、追い付かれて
 しまったのが、唯一悔やまれるところではある。

  一方のチェルシーは、失点してようやく目が覚めた形だ。ただしゴールシーンに関しては、
 ボールの跳ね返りや相手GKのスリップなど、幸運が重なった形と言える。唯一のチャンスで
 同点に追いつけたのは大きいが、相手DFを崩しきれていない。個の力と運に頼るだけでは
 勝ちきるのは難しいだろう。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     マンU   1   5   3   2   5  59   2   0   0
   チェルシー   1   6   1   2   9  41   2   0   1

●後半:試合展開
  46  CHE S  :マルダ中ミドルS                                        枠上
  54  MAU       :エブラ左クロス→                                        あわず
  55  CHE S    :エッシェン中ミドルS                                    枠上
  57  CHE       :Aコール左クロス                                        DFクリア(CK)
  57  CHE S    :左CK:ランパード→ドログバ中HS                      枠上
  57  CHE S    :バラック中ミドルS                                      枠右
  60  CHE       :ランパード左ドリブル                                    DFクリア(CK)
  62  CHE       :バラック左クロス                                        DFクリア
  65  CHE       :右FK:マルダ→                                        DFクリア
  66  CHE SB  :マルダ中ミドルS                                        DFブロック
  66  CHE S    :ランパード中ミドルS                                    DFブロック(CK)
  66  CHE S    :左CK:ランパード→テリー中HS                        枠上
  67  MAU       :リオ、足がつった様子
  67  CHE       :ランパード、マッサージを受ける
  70  CHE S    :Jコール中ドリブルS                                    味方に当たる
  71  MAU SB  :キャリック中ミドルS                                    DFブロック(CK)
  74  MAU SB  :ロナウド左ドリブルS                                    DFブロック(CK)
  75  MAU       :左CK:ハーグリーブス→ロナウド                        あわず
  77  CHE       :左クロス→ドログバ落→マルダエリア内で倒れる            笛無し
  78  CHE SOG:ドログバ中ミドルS                                    ☆右ポスト
  80  MAU       :マルダ左クロス→ドログバ中S                            枠上
  82  MAU S    :テベス左ミドルS                                        枠上
  83  CHE S    :ドログバ左→バラック中ミドルS                          枠上
  85  CHE S    :ドログバ右S                                            枠右
  87  CHE S    :Jコール右クロス→ドログバS                            枠右
  87  MAU 交代1:スコールズ(OUT)、ギグス(IN)
  +2  MAU       :ロナウド左クロス                                        あわず

●後半:コメント
    後半、チェルシーが優勢に試合を進めながらも決定機は両チームをあわせてドログバのシュート
 のみ。ピッチの悪さも手伝って両チームとも選手がかなり疲労しているのが気になるところ。残り
 30分、少ないチャンスをいかにうまく行かせるかがポイントになるか。リオ、ランパードと足を
 つった選手がどこまで持つか。

●後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     マンU   1   8   3   4  14  57   2   0   0
   チェルシー   1  20   2   6  10  43   2   0   2

●延長戦
   92 MAU       :テベス、ルーニー1,2                                  GKキャッチ
   92 CHE 交代1:マルダ(OUT)、カルー(IN)
   94 CHE SOG:バラック中→ランパード左S                            ☆右ポスト
   98 CHE       :エッシェン右ドリブル                                    DFクリア(CK)
   99 CHE 交代2:Jコール(OUT)、アネルカ(IN)
  100 MAU       :エブラ左クロス→ギグス中S                            ☆DFクリア(CK)
  101 MAU 交代2:ルーニー(OUT)、ナニ(IN)
  103 MAU SOG:テベス左S                                              GKキャッチ
   +1 CHE S    :右CK:ランパード→カルー中HS                        枠左
  106 CHE SB  :バラック中ミドルS                                      DFブロック
  112 MAU ▲YC:ビディッチ、アネルカにタックル                    CARD▲ビディッチ
  114 MAU       :ハーグリーブス右クロス                                  DFクリア
  116 CHE ▲YC:バラック                                          CARD▲バラック
  116 CHE ▼RC:ドログバ                                          退場▼ドログバ
  116 MAU ▲YC:テベス                                            CARD▲テベス
  118 CHE ▲YC:エッシェン                                        CARD▲エッシェン
  +2            :Aコールとナニが頭をぶつける
  +4  MAU S    :ロナウド左クロス→テベス中HS                          枠上
  +4  CHE 交代3:マケレレ(OUT)、ベレッチ(IN)
  +5  MAU 交代3:ブラウン(OUT)、アンデルソン(IN)

●スタッツ
     マンU   1  12   5   5  14  57   2   0   0
   チェルシー   1  24   3   8  10  43   2   0   2

●PK戦
  MAU 1:テベスS右下           GOAL★MAU 1-0 CHE
  CHE 1:バラックS右中         GOAL★MAU 1-1 CHE
  MAU 2:キャリックS左中       GOAL★MAU 2-1 CHE
  CHE 2:ベレッチS右下         GOAL★MAU 2-2 CHE
  MAU 3:ロナウドS左下       GKセーブ  MAU 2-2 CHE
  CHE 3:ランパードS右下       GOAL★MAU 2-3 CHE
  MAU 4:ハーグリーブスS左上   GOAL★MAU 3-3 CHE
  CHE 4:AコールS右下         GOAL★MAU 3-4 CHE
  MAU 5:ナニS左中             GOAL★MAU 4-4 CHE
  CHE 5:テリーS右中               枠右  MAU 4-4 CHE
  MAU 6:アンデルソンS中中     GOAL★MAU 5-4 CHE
  CHE 6:カルーS右上           GOAL★MAU 5-5 CHE
  MAU 7:ギグスS右下           GOAL★MAU 6-5 CHE
  CHE 7:アネルカS左中       GKセーブ  MAU 6-5 CHE

●コメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月21日のココロ日記(BlogPet)

弁当や、ああクラスメイトやバイや。詠み人知らず。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/20

[Giro 2008] 第10ステージ結果

雨降らなきゃクレーデンかコンタドールだったよね。

●レース展開
  半分の選手が走り終えた段階でトップはマルティン、これをピノッティが上回る。残り20人あたりで雨が本降りになり始める。シモーニが終盤の山岳で健闘、好タイムをマーク。その後、ブルセギンも第1計測ポイントを14番手で通過したものの、後半の上りで大きく挽回し、タイムは56分41秒で、ピノッティを36秒上回った。クレーデンも同様に後半の上り区間で巻き返し、第3計測ポイントでブルセギンと並ぶが、ゴール地点も雨に見舞われ、終盤に伸びずにブルセギンから20秒遅れでゴール。コンタドールは第3計測ポイントでブルセギンを10秒上回るが、ゴール前のスリッピーな上りでタイムを失い、56分49秒でゴール。ブルセギンのタイムに8秒届かなかった。
 トップでゴールしたブルセギンの他に、コンタドールは総合4位に浮上。クレーデンも総合6位につけた。リッコとディルーカが逆に順位を落とした。

●ジロ・デ・イタリア2008第10ステージ結果
  1位 マルツィオ・ブルセギン   (イタリア、ランプレ)     56'41"
  2位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)      +08"
  3位 アンドレアス・クレーデン  (ドイツ、アスタナ)       +20"
  4位 マルコ・ピノッティ     (イタリア、チームハイロード)  +36"
  5位 パオロ・サヴォルデッリ   (イタリア、LPRブレーキ)     +44"
  6位 デニス・メンショフ     (ロシア、ラボバンク)      +46"
  7位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ (イタリア、リクイガス)     +54"
  8位 グスタフエリック・ラーション(スウェーデン、チームCSC)    +59"
  9位 リーヴァイ・ライプハイマー (アメリカ、アスタナ)     +1'01"
 10位 ジルベルト・シモーニ    (イタリア、セッラメンティPVC) +1'02"
 11位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)

●マリアローザ(総合)
  1位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)      42h14'16"
  2位 マティアス・ルス      (ドイツ、ゲロルシュタイナー)        +34"
  3位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)          +5'53"
  4位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)          +7'27"
  5位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)   +7'32"
  6位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +7'33"
  7位 フェリックス・カルデナス  (コロンビア、バルロワールド)       +7'46"
  8位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)           +7'56"
  9位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)          +8'11"
 10位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ (イタリア、リクイガス)          +8'19"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele  ITA  LIQ  80
  2 RICCO' Riccardo  ITA  SDV  69
  3 BETTINI Paolo   ITA  QST  59
  4 ZABEL Erik    GER  MRM  44
  5 DI LUCA Danilo  ITA  LPR  42
  6 PELLIZOTTI Franco ITA  LIQ  42
  7 CAVENDISH Mark  GBR  THR  41
  8 REBELLIN Davide  ITA  GST  39
  9 FORSTER Robert  GER  GST  34
 10 BOSISIO Gabriele ITA  LPR  33
 11 BRUTT Pavel    RUS  TCS  33

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele     ITA  CSF  37
  2 BOSISIO Gabriele    ITA  LPR  19
  3 CARDENAS Felix Rafael  COL  BAR  16
  4 KIRYIENKA Vasil     BLR  TCS  12
  5 BALIANI Fortunato    ITA  CSF  9
  6 SPEZIALETTI Alessandro ITA  LPR  5
  7 PIETROPOLLI Daniele   ITA  LPR  5
  8 LAVERDE JIMENEZ Luis F. COL  CSF  3
  9 LOOSLI David      SUI  LAM  3
 10 KRIVTSOV Yuriy     UKR  ALM  3
 11 VERBRUGGHE Rik     BEL  COF  3

●マリアビアンカ(新人賞)
 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[FRA] 松井、サンテティエンヌへ移籍

[UEFA.COM] 松井がサンテティエンヌへ移籍
  日本代表MF松井大輔(27):ルマンよりサンテティエンヌへ、2011年まで、3年契約

 順調なステップアップですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ENG] デゲン、リバプールへ移籍

[UEFA.COM] リバプールがP・デゲンを獲得
http://jp.euro2008.uefa.com/news/kind=1/newsid=698214.html
 イングランド・プレミアリーグのリバプールFCは20日、BVボルシア・ドルトムントのスイス代表右SBフィリップ・デゲン(25)を獲得した。アンフィールドで契約に合意したデゲンは、ドルトムントとの契約終了後の7月1日に加入する。

  フィナンの後継者候補ということなんでしょうか。使えて欲しいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

[GER] ヨル監督、ドルトムントを辞任

[UEFA.COM] ドルトムントのドル監督が辞任
  BVボルシア・ドルトムントのトーマス・ドル監督(42)が、同クラブとシーズン終了後の話し合いを持った結果、辞任することになった。ドル監督は自ら辞任を申し出て、クラブから正式に認められた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

[Giro 2008] 第09ステージ結果

ベッティーニ惜しかったな…。

●レース展開
  開始直後、クリフトソフもブファズが逃げをうち、メイン集団はこの逃げを容認。先頭2名は36km地点で最大10分40秒までリードを広げる。ゴール16km手前のサンカルロの上りで、メイン集団からセッラが飛び出して先頭の2人を追い越してトップに立つも、残り10kmで捕まり、ゴール前のスプリント勝負となる。ラスト300m、ガットの仕掛けにベンナーティが反応、そのままスピードを一気に上げてベッティーニの追撃を振り切って第3ステージに次ぐステージ2勝目をあげた。

●ジロ・デ・イタリア2008第9ステージ結果
  1位 ダニエーレ・ベンナーティ  (イタリア、リクイガス)        5h30'06"
  2位 パオロ・ベッティーニ    (イタリア、クイックステップ)
  3位 ロビー・マキュアン     (オーストラリア、サイレンス・ロット)
  4位 エリック・ツァベル     (ドイツ、チームミルラム)
  5位 コルド・フェルナンデス   (スペイン、エウスカルテル)
  6位 ロベルト・フェルスター   (ドイツ、ゲロルシュタイナー)
  7位 マーク・カヴェンディッシュ (イギリス、チームハイロード)
  8位 ティツィアーノ・ダラントニア(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  9位 ジュリアン・ディーン    (ニュージーランド、スリップストリーム)
 10位 アレクサンドル・ウソフ   (ベラルーシ、アージェードゥーゼル)

●マリアローザ(総合)
  1位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)      42h14'16"
  2位 マティアス・ルス      (ドイツ、ゲロルシュタイナー)        +34"
  3位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)          +5'53"
  4位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)          +7'27"
  5位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)   +7'32"
  6位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +7'33"
  7位 フェリックス・カルデナス  (コロンビア、バルロワールド)       +7'46"
  8位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)           +7'56"
  9位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)          +8'11"
 10位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ (イタリア、リクイガス)          +8'19"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele  ITA  LIQ  80
  2 RICCO' Riccardo  ITA  SDV  69
  3 BETTINI Paolo   ITA  QST  59
  4 ZABEL Erik    GER  MRM  44
  5 DI LUCA Danilo  ITA  LPR  42
  6 PELLIZOTTI Franco ITA  LIQ  42
  7 CAVENDISH Mark  GBR  THR  41
  8 REBELLIN Davide  ITA  GST  39
  9 FORSTER Robert  GER  GST  34
 10 BOSISIO Gabriele ITA  LPR  33
 11 BRUTT Pavel    RUS  TCS  33

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele     ITA  CSF  37
  2 BOSISIO Gabriele    ITA  LPR  19
  3 CARDENAS Felix Rafael  COL  BAR  16
  4 KIRYIENKA Vasil     BLR  TCS  12
  5 BALIANI Fortunato    ITA  CSF  9
  6 SPEZIALETTI Alessandro ITA  LPR  5
  7 PIETROPOLLI Daniele   ITA  LPR  5
  8 LAVERDE JIMENEZ Luis F. COL  CSF  3
  9 LOOSLI David      SUI  LAM  3
 10 KRIVTSOV Yuriy     UKR  ALM  3
 11 VERBRUGGHE Rik     BEL  COF  3

●マリアビアンカ(新人賞)
 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] コードギアス 反逆のルルーシュR2 #07

TURN 07 棄てられた 仮面

コメント
  まあ、ナナリーがいなくてもロロがいるから、って訳にはいかないよな。修学旅行でどうして
 水鉄砲や花火が出るかなぁ。まあ、一度の失敗を取り戻すのは難しいよな。英雄、色を好むって、
 新妻のセリフだとは思わないんでしょうが。いや、そんな力の安売りはダメだろうなぁ。なんか、
 状況に絶望して街をさまようって、どっかで見たようなシチュエーションだなぁというAパート。
 ルルーシュは、座って何をしようとしてたんだろう。

  いきなりリフレインっすか。日曜の夕方のセリフじゃないでしょう、ルルーシュ君。カレンさん
 で復活したかと思いきや。なんか会長もみんなも、いい人だなぁ…。そうですか、結局ルル君を
 救うのは友達な訳ですか…。え、いきなり特区ニッポン参加ですか、でも、まだまだ状況は二転三転
 するんでしょうな、コードギアスだし…。

次回予告
  ヴィレッタ先生が水着を着てた気がします…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (26)

[TV] 絶対可憐チルドレン #07

7th sense. 平々凡々しばられたチルドレン

コメント
  学校に行かずに無人島で訓練って、小学生にそういうことさせていいのかな。超能力使えないのに、
 戦車を殴っちゃダメだろう。ECMとは「超能力対抗装置」か、どうりで分からないはずだ。局長、
 それは確かに教育に良くないっすよ。しかし、そんなに振り回されたらあばら骨とか折れるんじゃ
 ないの…。なんか口上言ってますけど、すっかりヒロイン気取りだな…。おいおい、いきなりECMで
 超能力防がれて大ピンチ…なAパート。

よろれいひ~、奈津子です。 → すご、何故ヨーデル…、バイほたる

  新型ECMいきなり盗まれるなよ…、どんなセキュリティチェックしてるんだ。薫ちゃん、もう少し
 理性的に行動しろって言われたのに。まあ、葵も紫穂も殴りに行かないだけで、似たようなもんだが。
 パスワード1つでファイル削除してECCM起動って、どんなパソコンだよ(笑) それで、結論としては
 愛の力は強いって事でいいのかなぁ、というBパート。超能力者も普通の人々も苦労が絶えないって
 事なんだけど、色々伏線貼られてます。

次回予告
  いや、人の名前は四文字熟語じゃないと思うぞ。マッスル大鎌、復活です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (12)

[ENG] キャリック、マンUと契約延長

[UEFA.COM] キャリックが4年間の契約延長
   マンチェスター・ユナイテッドFCのイングランド代表MFマイケル・キャリック(26)が、同クラブとの契約を2012年6月まで4年間延長した。

 
攻撃オプションでは必要な選手ですから良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/17

[Giro 2008] 第08ステージ結果

●レース展開
  序盤、5人の逃げグループが形成されるが、ゴール前残り3kmで集団に吸収、上りゴールでの
 スプリント勝負は、ピエポリにアシストされたリッコが飛び出しにディルーカをパス。後方から
 レベッリンとベッティーニが追い上げたが届かず。リッコがトップでゴールした。 リッコは
 アグリジェントの第2ステージに続くステージ2勝目。

●ジロ・デ・イタリア2008第8ステージ結果
  1位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)4h41'05"
  2位 パオロ・ベッティーニ    (イタリア、クイックステップ)
  3位 ダヴィデ・レベッリン    (イタリア、ゲロルシュタイナー)
  4位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)
  5位 ダニエーレ・ピエトロポッリ (イタリア、LPRブレーキ)
  6位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)
  7位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  8位 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  9位 パオロ・サヴォルデッリ   (イタリア、LPRブレーキ)
 10位 フェリックス・カルデナス  (コロンビア、バルロワールド)

●マリアローザ(総合)
  1位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)     36h44'06"
  2位 マティアス・ルス      (ドイツ、ゲロルシュタイナー)       +34"
  3位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)         +5'53"
  4位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)         +7'27"
  5位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)+7'33"
  6位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +7'36"
  7位 フェリックス・カルデナス  (コロンビア、バルロワールド)      +7'46"
  8位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)          +7'56"
  9位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)         +8'11"
 10位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ (イタリア、リクイガス)         +8'19"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)
  1 RICCO' Riccardo   ITA  SDV  69
  2 BENNATI Daniele   ITA  LIQ  51
  3 DI LUCA Danilo   ITA  LPR  42
  4 PELLIZOTTI Franco  ITA  LIQ  42
  5 REBELLIN Davide   ITA  GST  39
  6 BETTINI Paolo    ITA  QST  39
  7 BOSISIO Gabriele  ITA  LPR  33
  8 BRUTT Pavel     RUS  TCS  33
  9 CAVENDISH Mark   GBR  THR  32
 10 ZABEL Erik     GER  MRM  30

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele     ITA  CSF  36
  2 BOSISIO Gabriele    ITA  LPR  19
  3 CARDENAS Felix Rafael  COL  BAR  16
  4 KIRYIENKA Vasil     BLR  TCS  12
  5 BALIANI Fortunato    ITA  CSF  9
  6 SPEZIALETTI Alessandro ITA  LPR  5
  7 PIETROPOLLI Daniele   ITA  LPR  5
  8 LAVERDE JIMENEZ Luis F. COL  CSF  3
  9 LOOSLI David      SUI  LAM  3
 10 VERBRUGGHE Rik     BEL  COF  3

●マリアビアンカ(新人賞)
 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Serie A 07/08] 37節終了後

  P Team       Pt  GD 07/08
 ---------------------------------------------
  1 Inter       82  41 WIN or 2nd
  2 Roma       81  35 WIN or 2nd
 ---------------------------------------------
  3 Juventus     71  35 CL-P
  4 Fiorentina    63  15 CL-P or UC
 ---------------------------------------------
  5 Milan       61  25 CL-P or UC
  6 Sampdoria     59  10 UC or None
 ---------------------------------------------
  7 Udinese      57  -2 UC or None
  8 Napoli      50  -2 
  9 Genoa       48  -6 
 10 Palermo      46  -10 
 11 Atalanta     45  -6 
 12 Lazio       43  -5 
 12 Siena       43  -5 
 14 Cagliari     41  -16 
 15 Torino      40  -12 
 16 Reggina      39  -19 remain
 17 Catania      36  -12 
 ---------------------------------------------
 18 Parma       34  -18 
 19 Empoli      33  -24 
 20 Livorno      30  -24 

●優勝争い 直接対決はインテルが上
  インテル(82)  パルマ(A)  
   ローマ(81)  カターニャ(A)
 インテル、勝てば決定。ローマ勝ち&インテル分け以下なら逆転でローマ

●4位争い 直接対決はミランが上
  ヴィオラ(63)  トリノ(A)
   ミラン(61)  ウディネーゼ(H)
 ヴィオラ、勝てば決定。ミラン勝ち&ヴィオラが分け以下なら逆転でミラン

●6位争い 直接対決はサンプが上
   サンプ(59)  ユーベ(H)
   ウディ(57)  ミラン(A)
サンプ、分け以上で決定

●残留争い
 カターニャ(36)  ローマ(H)
   パルマ(34)  インテル(H)
  エンポリ(33)  リボルノ(H)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] かのこん #07

#7 あたためてあげちゃう?

コメント
  Tバックにニップレスで朝から迫るちずるさん…、それはまずいんじゃないかな…。道の真ん中
 でいきなり服を脱ぎ出すってのは、しかもニップレスだし。あ、くのいちさんですか、委員長、パンツ
 見えてますよ~。いやいや、試すっていきなり豪雪はまずいだろう。寒くなるとみんな冬眠しちゃう
 ってのは、動物としてはありなんだろうけど、妖怪としてはどうなんだろう、というAパート。
 いや、雪だるま作ってる場合じゃないでしょう、雪花さん…。

  委員長は4Pを覚えたわけじゃなく、知ってた訳ですね。双子さん服の下に新聞紙って生活の知恵
 ですな。野草に残飯の鍋って確かに困るよね。雪だるまに襲われてピンチ、しかもちずるさんと望さん
 と3人で暖めあって別の意味でピンチ。しかし耕太君が真っ赤になって何やってるんだか。そこへ
 現れる雪花さん、まあ結局2人が合体してめでたしめでたし。テストが無事終了だけど、実家に
 呼ばれてどうなるの、というBパート。雪だるまな望さんはいつ助けてもらえるんだろう。やっぱり
 この話が引っかかったのかなぁ(笑)

来週のプレイ 「テイスティングプレイ」
  ワインの味わい方知ってる? 香りをかいで舌の上で転がすようにクチュクチュするの
  ちずるワインもテイスティングして、熟成400年ものよ、あ、耕太君の舌使い、ヌーボー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] マクロスF #07

07 ファースト・アタック             
コメント
  キャサリンさん、出向の立場で色々辛そうです。そして「あたしの歌をきけぇ~」で歌い始めるシェリルさんは
 さすがです。ライブ中に上半身裸で休憩って。アルトを心配しているのがバレバレでも、歌を歌い続けると宣言
 するのがシェリルだよなぁというAパート。でも、ライブの曲に合わせて描かれた戦闘シーンがあまりにも格好
 良すぎるのが、ちょっと問題じゃないかなぁと思ったり。あれ、ルカさんが食べられちゃいました…。
  泣くわけないでしょって、どんだけ強がりだよ。そしてお約束のトランスフォーメーション、そして相手艦へ
 特攻してマクロスキャノンをぶち込むって、もう何がなんだかと言うBパート。しかもイヤリングからは歌が
 聞こえてくるし…。そしてランカの好きな曲をハーモニカで演奏する敵!?
次回予告
  そしてランカさん転校ですか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/16

[Giro 2008] 第07ステージ結果

●レース展開
  69km地点で7名の先頭グループが形成、メイン集団を最大9分30秒引き離して後半の山岳地帯に突入。
 途中の山岳ステージはセッラが獲得したものの、残り8kmでパンクして後退。結局ボシシオが独走して
 ゴールに飛び込んだ。
  メイン集団では2級山岳の2.5km手前でディルーカがアタック、これにリッコ、コンタドールが続き、
 事前に飛び出したピエポリと合流して4人で追走、2分遅れでゴールする。クレーデンらのメイン集団は
 2分55秒遅れでゴールする。そしてマリアローザ争いは、ヴィスコンティがルスに9秒差をつけてトップ
 をキープ。ルスは中盤にアタックをしかけて体力を消耗したのが響いたか。

●ジロ・デ・イタリア2008第7ステージ結果
  1位 ガブリエーレ・ボシシオ  (イタリア、LPRブレーキ)        4h45'05"
  2位 ヴァシル・キリエンカ   (ベラルーシ、ティンコフ)         +46"
  3位 エマヌエーレ・セッラ   (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +1'02"
  4位 フェリックス・カルデナス (コロンビア、バルロワールド)      +1'33"
  5位 ダニーロ・ディルーカ   (イタリア、LPRブレーキ)         +2'04"
  6位 リカルド・リッコ     (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)
  7位 レオナルド・ピエポリ   (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) +2'07"
  8位 アルベルト・コンタドール (スペイン、アスタナ)          +2'10"
  9位 ダヴィデ・レベッリン   (イタリア、ゲロルシュタイナー)     +2'55"
 10位 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)

●マリアローザ(総合)
  1位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)     32h03'01"
  2位 マティアス・ルス      (ドイツ、ゲロルシュタイナー)       +09"
  3位 ガブリエーレ・ボシシオ   (イタリア、LPRブレーキ)         +5'43"
  4位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)         +7'27"
  5位 エマヌエーレ・セッラ    (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)  +7'36"
  6位 フェリックス・カルデナス  (コロンビア、バルロワールド)      +7'46"
  7位 リカルド・リッコ      (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)+7'53"
  8位 ダニエーレ・ナルデッロ   (イタリア、セッラメンティPVC)
  9位 アルベルト・コンタドール  (スペイン、アスタナ)          +7'56"
 10位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)         +8'11"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele    ITA  LIQ  50
  2 RICCO' Riccardo    ITA  SDV  44
  3 BOSISIO Gabriele   ITA  LPR  33
  4 BRUTT Pavel      RUS  TCS  33
  5 CAVENDISH Mark    GBR  THR  32
  6 DI LUCA Danilo    ITA  LPR  32
  7 ZABEL Erik      GER  MRM  30
  8 PRIAMO Matteo     ITA  CSF  29
  9 PELLIZOTTI Franco   ITA  LIQ  28
 10 FROHLINGER Johannes  GER  GST  26

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele      ITA  CSF  36
  2 BOSISIO Gabriele     ITA  LPR  19
  3 CARDENAS Felix Rafael   COL  BAR  16
  4 KIRYIENKA Vasil      BLR  TCS  12
  5 BALIANI Fortunato     ITA  CSF  6
  6 PIETROPOLLI Daniele    ITA  LPR  5
  7 LAVERDE JIMENEZ Luis F.  COL  CSF  3
  8 LOOSLI David       SUI  LAM  3
  9 VERBRUGGHE Rik      BEL  COF  3
 10 DI LUCA Danilo      ITA  LPR  2
 11 PEREZ SANCHEZ Francisco  ESP  GCE  2
 12 EFIMKIN Alexander     RUS  QST  2
 13 ROY Jérémy        FRA  FDJ  2

●マリアビアンカ(新人賞)
 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のお仕事(してねぇ…)

 ・ジロ・デ・イタリアが始まりました。一応毎日見るような努力はしてます。ここから
 ・F1見てます。ここから
 ・映画も行きました スパイダーウィックの謎  ライラの冒険
 ・TAFレポート、「まみまみのボケに撃沈されるくぎみ~の巻」で打ち止めです。ムネモシュネ・ステージのレポです(笑)

なんだ、結構頑張ってるじゃん、偉いぞ。かのこん他多数の鑑賞たまってるけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

[Giro 2008] 第06ステージ結果

[CYCLINGTIME]プリアーモ大金星、ヴィスコンティが初マリアローザ

●レース展開

  第6ステージは、当初全長265kmコースで行なわれる予定が、選手たちの抗議より33.6kmのコース短縮。
 序盤の47km地点に3級山岳を越えてからは、海岸線まで平坦路を駆け抜ける。3級山岳を越えたところで
 11人の逃げが成功する。
  集団が逃げを容認したことで最大16分まで差が広がる。残り10km手前でペレスとプリアーモの2人が
 抜け出すが、後続は牽制状態に入りペースが伸びず。結局、この2人が残りの選手との差を広げ、
 一騎打ちとなる。ゴール前200mでプリアーモがスパート、ペレスに8秒差をつけてゴールする。残りの
 9人が続く。40秒遅れでゴールしたヴィスコンティがマリアローザをゲット。ルスが同タイムで2位に
 続く。

●ジロ・デ・イタリア2008第6ステージ結果
  1位 マッテーオ・プリアーモ   (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ) 5h24'49"
  2位 アラン・ペレス       (スペイン、エウスカルテル)        +08"
  3位 ニコライ・トルソーフ    (ロシア、ティンコフ)           +27"
  4位 ポール・マルテンス     (ドイツ、ラボバンク)           +31"
  5位 マキシム・イグリンスキー  (カザフスタン、アスタナ)         +32"
  6位 ダニエーレ・ナルデッロ   (イタリア、セッラメンティPVC)       +36"
  7位 フランチェスコ・ガヴァッツィ(イタリア、ランプレ)           +40"
  8位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)
  9位 マニュス・バクステッド   (スウェーデン、スリップストリーム)    +43"
 10位 マティアス・ルス      (ドイツ、ゲロルシュタイナー)       +47"

●マリアローザ(総合)
  1位 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)    27h14'04"
  2位 マティアス・ルス      (ドイツ、ゲロルシュタイナー)
  3位 ダニエーレ・ナルデッロ   (イタリア、セッラメンティPVC)     +1'22"
  4位 アラン・ペレス       (スペイン、エウスカルテル)      +4'42"
  5位 フランチェスコ・ガヴァッツィ(イタリア、ランプレ)         +5'34"
  6位 マッテーオ・プリアーモ   (イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ) +9'07"
  7位 フランコ・ペッリツォッティ (イタリア、リクイガス)        +9'08"
  8位 ダニーロ・ディルーカ    (イタリア、LPRブレーキ)        +9'15"
  9位 モーリス・ポッソーニ    (イタリア、チームハイロード)     +9'16"
 10位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ (イタリア、リクイガス)

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele   ITA  LIQ  50
  2 RICCO' Riccardo   ITA  SDV  34
  3 BRUTT Pavel     RUS  TCS  33
  4 CAVENDISH Mark   GBR  THR  32
  5 ZABEL Erik     GER  MRM  30
  6 PRIAMO Matteo    ITA  CSF  29
  7 FROHLINGER Johannes GER  GST  26
  8 FORSTER Robert   GER  GST  24
  9 PEREZ LEZAUN Alan  ESP  EUS  22
 10 PELLIZOTTI Franco  ITA  LIQ  22

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele      ITA  CSF 12
  2 PIETROPOLLI Daniele    ITA  LPR  5
  3 LAVERDE JIMENEZ Luis F.  COL  CSF  3
  4 LOOSLI David       SUI  LAM  3
  5 VERBRUGGHE Rik      BEL  COF  3
  6 CARDENAS Felix Rafael   COL  BAR  3
  7 EFIMKIN Alexander     RUS  QST  2
  8 PEREZ SANCHEZ Francisco  ESP  GCE  2
  9 ROY Jérémy        FRA  FDJ  2

●マリアビアンカ(新人賞)
 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、クイックステップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ENG] リオ、マンUと契約延長

[UEFA.COM] マンUがファーディナンドと5年契約
   15日、イングランド代表DFリオ・ファーディナンド(29)が同クラブと5年間の新契約を結んだ。今回の契約の結果、CBファーディナンドは2013年夏までマンチェスター・ユナイテッドに在籍することになった。

  34歳までマンUですか…。双方にとっていい選択だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/14

[Giro 2008] 第05ステージ結果

[CYCLINGTIME] ティンコフ念願の優勝、ブラットが逃げ切り勝利を飾る

●レース展開
  ゴール33km手前で標高590mの丘を越え、ゴールがラスト3kmで高低差206mを登る山岳コース。時折雨が
 降るコンディションの中、19km地点からラベルデ、フレーリンガー、ミラー、ペレス、ブラットの5名の逃げ
 が成功する。メイン集団はマリアローザ擁するリクイガスがコントロールするも、コントロールに失敗、
 5人の先頭争いとなる。
  ラスト1km、ブラットが仕掛ける。それと同タイミングでミラーがチェーン切れトラブル、怒ったミラーが
 土手下に自転車を投げ出す。ブラットは一気に後続を引き離し、最後の力を振り絞って上りをこなし、そのまま
 登り切ってゴールした。メイン集団は31秒遅れでゴール、総合上位陣および各種ジャージは集団でゴール
 したため変動無し。

●ジロ・デ・イタリア2008第5ステージ結果
  1位 パヴェル・ブラット    (ロシア、ティンコフ)        5h04'52"
  2位 ヨハネス・フレーリンガー (ドイツ、ゲロルシュタイナー)      +04"
  3位 ルイスフェリペ・ラベルデ (コロンビア、CSFグループ・ナヴィガーレ) +10"
  4位 フランシスコ・ペレス   (スペイン、ケスデパーニュ)       +25"
  5位 パオロ・ベッティーニ   (イタリア、クイックステップ)      +31"
  6位 ダニエーレ・ピエトロポッリ(イタリア、LPRブレーキ)
  7位 リカルド・リッコ     (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)
  8位 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)
  9位 ユッシ・ヴェッカネン   (フィンランド、フランセーズデジュー)
 10位 アルベルト・コンタドール (スペイン、アスタナ)

●マリアローザ(総合)
  1位 フランコ・ペッリツォッティ   (イタリア、リクイガス)    21h46'49"
  2位 クリスティアン・ヴァンデヴェルデ(アメリカ、スリップストリーム)   +01"
  3位 ダニーロ・ディルーカ      (イタリア、LPRブレーキ)       +07"
  4位 モーリス・ポッソーニ      (イタリア、チームハイロード)    +08"
  5位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ   (イタリア、リクイガス)
  6位 ニキ・セレンセン        (デンマーク、チームCSC)       +17"
  7位 カンスタンティン・シウトソウ  (ベラルーシ、チームハイロード)   +18"
  8位 パオロ・サヴォルデッリ     (イタリア、LPRブレーキ)       +19"
  9位 アンドレア・ノエ        (イタリア、リクイガス)       +22"
 10位 エンリーコ・ガスパロット    (イタリア、バルロワールド)     +25"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
  ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele    ITA  LIQ  46
  2 RICCO' Riccardo    ITA  SDV  34
  3 BRUTT Pavel      RUS  TCS  33
  4 CAVENDISH Mark    GBR  THR  32
  5 ZABEL Erik      GER  MRM  30
  6 FROHLINGER Johannes  GER  GST  26
  7 FORSTER Robert    GER  GST  24
  8 PELLIZOTTI Franco   ITA  LIQ  22
  9 DI LUCA Danilo    ITA  LPR  20
 10 BETTINI Paolo     ITA  QST  19

●マリアヴェルデ(山岳賞)
  エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele     ITA  CSF  9
  2 PIETROPOLLI Daniele   ITA  LPR  5
  3 LAVERDE JIMENEZ Luis F. COL  CSF  3
  4 LOOSLI David      SUI  LAM  3
  5 VERBRUGGHE Rik     BEL  COF  3
  6 CARDENAS Felix Rafael  COL  BAR  3
  7 PEREZ SANCHEZ Francisco ESP  GCE  2
  8 ROY Jérémy       FRA  FDJ  2
  9 FROHLINGER Johannes   GER  GST  1
 10 BALIANI Fortunato    ITA  CSF  1
 11 SEELDRAYERS Kevin    BEL  QST  1

●マリアビアンカ(新人賞)
  モーリス・ポッソーニ(イタリア、チームハイロード)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月14日のココロ日記(BlogPet)

さっき新鮮な日とナイトを買ってきました。明日のお弁当はこれで決まりですね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[GER] ヨル氏、ハンブルグ監督に就任

[UEFA.COM] ハンブルク新監督にヨル氏
   ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVは13日、PSVアイントホーフェンの指揮を執るために今季限りで退任するフーブ・ステフェンス監督の後任に、マルティン・ヨル氏(52)を任命した。ヨル氏はハンブルクと2010年夏までの2年契約に合意した。正式な就任会見は来週行われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人って言えば、やっぱりこうなるのか(笑)

ふと思い立って、ボロのスポンサーである888.comのページに行ってみました。
日本語あるんだね、カジノなのにいいのかな、というのも驚きだったんですが…。
それ以上に、どうして日本語版だけ、こういう絵があるんですか(笑)

授業を始めます
http://images.888.com/casino/new888/lang/jp_new/DealerRoulette.gif

ご質問をお選び下さい
http://images.888.com/casino/new888/lang/jp_new/GameMainBg1.gif

むむむ…
http://images.888.com/casino/new888/lang/jp_new/GameMainBg.gif

888.com Casino School ホームページ[注■独自ツールダウンロード要求有り]
http://jp.888.com/jp/hgimain.htm?lang=jp&S=345698122595520307&OS=345698122595520307&SR=409536&OSR=409536&flag=No&un=false&l=&ic=0&st=0&bc=123&anid=0&se=611860&isus=false&istur=false

というか、もうボロの胸スポンサーじゃないんだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/13

[Giro 2008] 第04ステージ結果

[CYCLINGTIME] 英の新型特急カヴェンディッシュがグランツール初勝利

●レース展開
  スタート直後、アタックを仕掛けたヴェルブルッヘの単独逃げが成功、最大11分弱まで差が広がった
 ものの、ゴール19km手前のカタンツァーロ頂上部で吸収される。上りで集団がばらけるかに思えたが、
 下りでスプリンター勢がスピードアップ、この日もゴール前勝負となるが、ゴール前800mで落車が発生、
 勝負は先頭の10人に絞られる。ラスト200mでベンナーティがしかけるが、カヴェンディッシュが並びかけ、
 爆発的な加速で一気に先頭に立ちそのままゴール、自身グランツール初勝利、そしてジロ初勝利を
 あげた。総合上位陣は集団でゴールし大勢に変化無し。

●ジロ・デ・イタリア2008第4ステージ結果
  1位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームハイロード)
  2位 ロベルト・フェルスター(ドイツ、ゲロルシュタイナー)
  3位 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  4位 アッサン・バザイエフ(カザフスタン、アスタナ)
  5位 ミルコ・ロレンツェット(イタリア、ランプレ)
  6位 エリック・ツァベル(ドイツ、チームミルラム)
  7位 ロビー・マキュアン(オーストラリア、サイレンス・ロット)
  8位 トニ・マルティン(ドイツ、チームハイロード)
  9位 パオロ・ベッティーニ(イタリア、クイックステップ)
 10位 オスカル・ガット(イタリア、ゲロルシュタイナー)

●マリアローザ(総合)
  1位 フランコ・ペッリツォッティ   (イタリア、リクイガス)     16h41'26"
  2位 クリスティアン・ヴァンデヴェルデ(アメリカ、スリップストリーム)   +01"
  3位 ダニーロ・ディルーカ      (イタリア、LPRブレーキ)       +07"
  4位 モーリス・ポッソーニ      (イタリア、チームハイロード)    +08"
  5位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ   (イタリア、リクイガス)
  6位 ニキ・セレンセン        (デンマーク、チームCSC)       +17"
  7位 カンスタンティン・シウトソウ  (ベラルーシ、チームハイロード)   +18"
  8位 パオロ・サヴォルデッリ     (イタリア、LPRブレーキ)       +19"
  9位 アンドレア・ノエ        (イタリア、リクイガス)       +22"
 10位 ダニエーレ・ベンナーティ    (イタリア、リクイガス)       +24"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
  ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)
  1 BENNATI Daniele   ITA  LIQ  45
  2 CAVENDISH Mark   GBR  THR  32
  3 ZABEL Erik     GER  MRM  30
  4 RICCO' Riccardo   ITA  SDV  25
  5 FORSTER Robert   GER  GST  24
  6 DI LUCA Danilo   ITA  LPR  20
  7 REBELLIN Davide   ITA  GST  16
  8 HONDO Danilo    GER  SDA  16
  9 FERNANDEZ Koldo   ESP  EUS  16
 10 ROY Jérémy     FRA  FDJ  16

●マリアヴェルデ(山岳賞)
  エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  1 SELLA Emanuele    ITA  CSF  9
  2 PIETROPOLLI Daniele  ITA  LPR  5
  3 LOOSLI David     SUI  LAM  3
  4 VERBRUGGHE Rik    BEL  COF  3
  5 CARDENAS Felix Rafael COL  BAR  3
  6 ROY Jérémy      FRA  FDJ  2
  7 BALIANI Fortunato   ITA  CSF  1
  8 SEELDRAYERS Kevin   BEL  QST  1

●マリアビアンカ(新人賞)
  モーリス・ポッソーニ(イタリア、チームハイロード)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] ネドベド、ユベントスと契約延長

[UEFA.COM] ネドベドがユベントスと契約延長
   ユベントスのチェコ人MFパベル・ネドベド(35)が、同クラブとの契約を2009年6月まで1年延長した。ユベントスの契約は今季末に満了する予定だったが、13日の練習後、ネドベドは契約更新にサインした。

  
FC東京も磐田も残念でした(笑) まあ、本人にモチベーションがあるなら、いい選択だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

[F1 2008] ランキング(第5戦まで)

●ドライバーズ・ポイント
  1  1 K.ライッコネン (フェラーリ)        35( 6) 01→
  2  2 F.マッサ    (フェラーリ)        28(10) 04△
  3 22 L.ハミルトン  (マクラーレン・メルセデス) 28( 8) 02→
  4  4 R.クビサ    (BMWザウバー)        24( 5) 03→
  5  3 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)        20( 4) 05→
  6 23 H.コバライネン (マクラーレン・メルセデス) 14( 0) 06→
  7 10 M.ウェーバー  (レッドブル・ルノー)    10( 2) 08△
  8 11 J.トゥルーリ  (トヨタ)           9( 0) 07▼
  9  5 F.アロンソ   (ルノー)           9( 3) 10△
 10  7 N.ロズベルグ  (ウィリアムズ・トヨタ)    8( 1) 09▼
 11  8 中嶋一貴    (ウィリアムズ・トヨタ)    5( -) 11→
 12 16 J.バトン    (Honda)           3( 0) 12→
 13 14 S.ブルデー   (STRフェラーリ)       2( -) 13→

●コンストラクターズ・ポイント
  1 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ  63(16) 01→
  2 BMWザウバーF1チーム           44( 9) 02→
  3 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 42( 8) 03→
  4 AT&Tウィリアムズ            13( 1) 04→
  5 レッドブル・レーシング         10( 2) 06▼
  6 パナソニック・トヨタ・レーシング     9( 0) 05△
  7 INGルノーF1チーム            9( 3) 07→
  8 HondaレーシングF1チーム         3( 0) 08→
  9 スクーデリア・トーロ・ロッソ       2( 0) 09→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2008] 第03ステージ結果

[CYCLINGTIME] 区間も総合もリクイガスが支配、ベンナーティが初勝利

●レース展開
  3級山岳を越えての下りで6人が逃げる。残り70kmの地点で集団が落車、リッコが巻き込まれて左手を
 負傷する。ラスト28kmで集団は再び1つになるが、さらに落車が発生、CSCのブラドリー・マックギーが
 救急車で運ばれリタイア。集団でゴール前へ突入、残り200mで飛び出したベンナーティが逃げ切ってゴール、
 ジロでの初勝利をあげた。リッコは人差し指の脱臼、リタイアしたマックギーは鎖骨骨折の重傷とのこと。

●ジロ・デ・イタリア2008第3ステージ結果
  1位 ダニエーレ・ベンナーティ  (イタリア、リクイガス)      5h37'01"
  2位 エリック・ツァベル     (ドイツ、チームミルラム)
  3位 ダニーロ・ホンド      (ドイツ、セッラメンティPVC)
  4位 トーマス・フォーテン    (ドイツ、ゲロルシュタイナー)
  5位 アルベルト・ロッド     (イタリア、ティンコフ)
  6位 コルド・フェルナンデス   (スペイン、エウスカルテル)
  7位 ティツィアーノ・ダラントニア(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)
  8位 マルロンアリリオ・ペレス  (コロンビア、ケスデパーニュ)
  9位 マーク・カヴェンディッシュ (イギリス、チームハイロード)
 10位 オスカル・ガット      (イタリア、ゲロルシュタイナー)

●マリアローザ(総合)
  1位 フランコ・ペッリツォッティ   (イタリア、リクイガス)     11h52'17"
  2位 クリスティアン・ヴァンデヴェルデ(アメリカ、スリップストリーム)    +01"
  3位 ダニーロ・ディルーカ      (イタリア、LPRブレーキ)        +07"
  4位 モーリス・ポッソーニ      (イタリア、チームハイロード)     +08"
  5位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ   (イタリア、リクイガス)
  6位 ニキ・セレンセン        (デンマーク、チームCSC)        +17"
  7位 カンスタンティン・シウトソウ  (ベラルーシ、チームハイロード)    +18"
  8位 パオロ・サヴォルデッリ     (イタリア、LPRブレーキ)        +19"
  9位 アンドレア・ノエ        (イタリア、リクイガス)        +22"
 10位 エンリーコ・ガスパロット    (イタリア、バルロワールド)      +25"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
 ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、リクイガス)

●マリアヴェルデ(山岳賞)
 エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)

マリアビアンカ(新人賞)
 モーリス・ポッソーニ(イタリア、チームハイロード)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CHE] テリー&ドログバ負傷

[BBC] Chelsea worry over Terry & Drogba
[UEFA.COM] チェルシー、テリーがひじを脱臼
  ・テリー、21日のボルトン戦で肘を脱臼
  ・ドログバ、21日のボルトン戦で膝を負傷

テリーは3,4日で直りそうだが、ドログバは微妙…。
本人達には残念でしょうが、マンUにはいいニュースでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ENG] ボジングワ、チェルシーへ移籍

[BBC]  Chelsea to sign £16.2m Bosingwa
  ポルトガル代表右SBボジングワ(25):ポルトよりチェルシーへ、契約期間未公表、移籍金推定1620万ポンド(約33億円)

 ということはDアウベスは取らないってことですね。チームの行く末が不透明でも、ポルトガルにいるよりはいいってことかな。年俸も上がるしね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] パルマ、クーペル監督を解任

[UEFA.COM] パルマ、クーペル監督を解任
  イタリア・セリエAのパルマFCは、成績不振を理由にエクトル・クーペル監督(52)を解任した。11日のACFフィオレンティーナ戦に1-3と敗れたパルマは、最終節を残して残留圏の17位に勝ち点2差をつけられている。インテル、バレンシアCFの監督を歴任したクーペル氏は昨年12月、低迷していたスペインのレアル・ベティス・バロンピエの監督を解任された。その後、3月にドメニコ・ディ・カルロ前監督の後任としてパルマにやってきたばかりだった。

 
最終節前に解任って、ムチャクチャだなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

[Giro 2008] 第02ステージ結果

ダイジェストでみたんですが、ゴール前の争いは結構すごい感じでした。

[CYCLINGTIME] リッコ渾身の勝利、ペッリツォッティが総合リーダーに

●ジロ・デ・イタリア2008第2ステージ結果
  1位 リカルド・リッコ     (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット) 5h48'35"
  2位 ダニーロ・ディルーカ   (イタリア、LPRブレーキ)
  3位 ダヴィデ・レベッリン   (イタリア、ゲロルシュタイナー)
  4位 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)
  5位 パオロ・サヴォルデッリ  (イタリア、LPRブレーキ)
  6位 ホアキン・ロドリゲス   (スペイン、ケスデパーニュ)
  7位 ユッシ・ヴェッカネン   (フィンランド、フランセーズデジュー)   +04"
  8位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス)          +08"
  9位 レオナルド・ピエポリ   (イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)
 10位 アンドレアス・クレーデン (ドイツ、アスタナ)

●マリアローザ(総合)
  1位 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)     6h15'16"
  2位 クリスティアン・ヴァンデヴェルデ(アメリカ、スリップストリーム)+01"
  3位 クリスアンケル・セレンセン(デンマーク、チームCSC)       +07"
  4位 ダニーロ・ディルーカ(イタリア、LPRブレーキ)
  5位 モーリス・ポッソーニ(イタリア、チームハイロード)       +08"
  6位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス)
  7位 ニキ・セレンセン(デンマーク、チームCSC)            +17"
  8位 ブラドリー・マックギー(オーストラリア、チームCSC)
  9位 カンスタンティン・シウトソウ(ベラルーシ、チームハイロード)  +18"
 10位 パオロ・サヴォルデッリ(イタリア、LPRブレーキ)         +19"

●マリアチクラミーノ(ポイント賞)
  リカルド・リッコ(イタリア、サウニエルドゥバル・スコット)

●マリアヴェルデ(山岳賞)
  エマヌエーレ・セッラ(イタリア、CSFグループ・ナヴィガーレ)

●マリアビアンカ(新人賞)
  クリスアンケル・セレンセン(デンマーク、チームCSC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] コードギアス 反逆のルルーシュR2 #06

TURN 06 太平洋 奇襲 作戦

コメント
  そうか、このときのためにロロ君がいたのか…、偉いぞ。ロイド伯爵復帰、そして悩むナナリー…。
 夫が待ってるとか神楽耶さんも言いますね。ああ、ナナリーさんを捕虜にする作戦ですか。ロイドさん
 とか色々やってますが、とりあえずナナリーの元に到着したゼロことルルーシュ、というAパート。
 しかし、ここからどうしますかねぇ…。神楽耶さんより若い支配者ってのもどうかな~と思うのですが。

  さすがにナナリーと言えどもゼロの正体は分からないようで。ナナリーさんも強くなったなぁと
 思うのですが、ユフィさんの意志を継いじゃったわけですが。いやぁ、なんか敵も味方も新兵器の
 オンパレード、もう何がなんだかって感じですが、「スザクさ~ん」はルル君には辛いよね…という
 Bパート。そこでゼロをやっつけられないのは、話を今後に伝えるためなんだろうけど、どうかな~。
 とりあえず、カレンさんとナナリーさんが無事で良かったです。

次回予告
  ルル君、ショック大きいだろうなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (42)

[F1 2008] 第5戦 トルコGP

とりあえず「速いフェラーリをいかに出し抜くか」というのが前半戦の見所になっちゃいました…、という感じですか。

●サーキット
  イスタンブールパーク・サーキット  58周
  気温:17度  路面温度:29度  湿度:55%  風速5.2m/s

●グリッド
  マッサ、コバ、ハミルトン、ライコネン、クビサ、ウェーバー、アロンソ、トゥルーリ
  フェラーリ、バリチェロ、グロックのみソフト、他はハード。

●スタート→第1スティント
  ライコネンがスタートで出遅れ、クビサ、アロンソの変更を許す。スタート直後の接触でトゥルーリと
  中嶋がクラッシュ、ともにリタイアとなる。序盤、ソフトタイヤのフェラーリが優勢に試合を進めるが、
  マクラーレンも徐々にスピードアップ。

 L01:ライコネンがハミルトンをかわそうとするも失敗、クビサ、アロンソにかわされる
    フィジケラと中嶋が接触、SCD
    マッサ、ハミルトン、クビサ、コバ、アロンソ、ライコネン、ウェバー、ハイドフェルド
    ベッテル、スーティル、中嶋ピットイン
    フィジケラ、リタイア
 L02:SCD、ピットイン
    コバライネン、ピットイン→18位へ後退
    マッサ、ハミルトン、クビサ、アロンソ、ライコネン、コバ、ウェバー、ハイドフェルド
 L03:レース再開
    中嶋、リタイア。リアウィングを失って復帰できず
   FL マッサ 1:28.174
   ライコネン、アロンソをパス(4位へ)
 L04:FL マッサ 1:27.786
 L05:FL マッサ 1:27.628
 L06: マッサ、ハミルトン(1.5)、クビサ(4.4)、ライコネン(5.5)、アロンソ(6.8)
 L07:FL ハミルトン 1.27.427
 L08: マッサ、ハミルトン(1.6)、クビサ(4.9)、ライコネン(6.4)、アロンソ(7.9)
 L09:FL ハミルトン 1.27.307
 L10:FL ハミルトン 1.27.162
    マッサ、ハミルトン(1.4)、クビサ(5.7)、ライコネン(7.1)、アロンソ(8.8)、ウェバー、ハイドフェルド
 L11:FL マッサ 1:37.001
 L12:FL ハミルトン 1:26.869
    コバライネン、スーティルを交わす→15位へ
    マッサ、ハミルトン(1.1)、クビサ(6.4)、ライコネン(7.6)、アロンソ(9.7)、ウェバー、ハイド
 L14:FL ハミルトン 1:26.742

●ピットイン1回目→第2スティント
  ハミルトン、給油時間からして3ストップか。24周目にマッサを交わして逃げをはかる。
  ブルデーがコースオフしてリタイアとなる。

 L15:PI アロンソ(10.1H) →10番手復帰
   FL ハミルトン 1:26.641
    マッサ、ハミルトン(0.7)、クビサ(7.3)
 L16:PI ハミルトン(6.4H) →6番手復帰
 L17  コバライネン、ベッテルを交わす→16位
 L18 PI ウェバー(10.0H)→10番手復帰
 L19 PI マッサ(8.2S)→3番手復帰
   PI クビサ(8.7H)→5番手復帰
 L20 PI トゥルーリ( . ?)
   FL ライコネン 1:36.506
 L21 PI ライコネン (8.6S)→3番手復帰
   PI ハイドフェルド( . ?)
 L22  マッサ、ハミルトン(0.8)、ライコネン(8.5)、クビサ(11.6)、ロズベルグ(12.5*)、クルサード(13.3*)
 L23 PIクルサード
 L24  ハミルトン、マッサを交わす→1位へ
    ハミルトン、マッサ(0.5)、ライコネン(8.4D)、クビサ(3.1D)
 L25  ハミルトン、マッサ(1.8)、ライコネン(9.2D)、クビサ(2.5D)、ハイドフェルド(12.0D)
 L26  ブルデー、コースオフ
    ハミルトン、マッサ(2.8)、ライコネン(9.3D)、クビサ(3.3D)、ハイドフェルド(11.7D)
 L27 PI コバライネン(9.9H)
   PI バリチェロ( . ?)
 L28  ハミルトン、マッサ(4.8)、ライコネン(9.7D)、クビサ(4.2D)、ハイドフェルド(12.1D)
 L30  ハミルトン、マッサ(6.3)、ライコネン(10.3D)、クビサ(4.5D)、ハイドフェルド(12.8D)
 L31  ハミルトン、マッサ(7.5)、ライコネン(10.4D)、クビサ(22.7)、ハイドフェルド(36.1)

●1ストップ&3ストップピットイン
  ハミルトン、2回目のピットイン、3位で復帰。2ストップのフェラーリ勢を追走する。

 L31 PI バトン ( . S)
   PI グロック( . H)
 L32 PI ハミルトン(6.2S)→3位で復帰
 L33 マッサ、ライコネン(10.5)、ハミルトン(13.2)、クビサ(15.9)、ハイドフェルド(30.1)
 L34 コバライネン、グロックを交わす→13位
 L35 ピケ、バトンを交わす→11位へ
   コバライネン、バトンを交わす→12位へ
   マッサ、ライコネン(10.8)、ハミルトン(13.4)、クビサ(16.6)、ハイドフェルド(31.7)
 L37 マッサ、ライコネン(10.6)、ハミルトン(13.0)、クビサ(16.8)、ハイドフェルド(33.1)
 L39 マッサ、ライコネン(9.7)、ハミルトン(12.3)、クビサ(16.4)、ハイドフェルド(33.0)

●ピットイン2回目→チェッカー
  マッサ、ライコネンがピットイン、ハミルトンは遅れて45周目に3回目のピットインを行い
  ライコネンの前に出ることに成功。ライコネンの追走を交わしてどうにか2位を死守する。

  L40 PI マッサ(7.3H) →3位へ
      PI クビサ(7.4S) →5位へ
  L41 PI アロンソ(7.5S) →9位へ
  L42 PI ハイドフェルド(6.6S) → 6位へ
  L43 PI ライコネン(7.1H) → 3位へ
      PI ロズベルグ(7.1S) →
  L44 ハミルトン、マッサ(14.4)、ライコネン(21.5)
  L45 PI ハミルトン(5.9S) → 2位へ、ライコネンの前
  L46 マッサ、ハミルトン(5.2)、ライコネン(6.6)、クビサ(21.4)、ハイドフェルド(36.6)
  L47 マッサ、ハミルトン(5.2)、ライコネン(6.5 D1.3)
  L48 コバライネン、クルサードを交わす→10番手へ
      マッサ、ハミルトン(5.1)、ライコネン(6.4 D1.2)
  L49 コバライネン、ロズベルグを交わす→9番手へ
      マッサ、ハミルトン(5.4)、ライコネン(6.4 D0.9)
  L50 PI コバ( . S)
      マッサ、ハミルトン(5.7)、ライコネン(6.5 D0.7)
  L51 マッサ、ハミルトン(5.9)、ライコネン(6.7 D0.7)
  L52 マッサ、ハミルトン(6.1)、ライコネン(6.7 D0.6)
  L53 マッサ、ハミルトン(5.8)、ライコネン(6.5 D0.6)
  L54 マッサ、ハミルトン(5.7)、ライコネン(6.4 D0.7)
  L55 マッサ、ハミルトン(5.3)、ライコネン(6.0 D0.6)
  L56 マッサ、ハミルトン(5.3)、ライコネン(6.1 D0.7)
  L57 マッサ、ハミルトン(5.1)、ライコネン(5.9 D0.1)

●試合結果(暫定)
  01 マッサ
    02 ハミルトン
    03 ライコネン
    04 クビサ
    05 ハイドフェルド
    06 アロンソ
    07 ウェバー
    08 ロズベルグ

●コメント
  得意のコースで逃げの展開に持ち込めた時点でマッサが勝利に大きく近づいた。途中、ハミルトンに
 追走されたり逃げをうたれたときにはやや心配したが、ライコネンがうまく間に入って、ハミルトンの
 追撃を許さなかった。スタートダッシュで出遅れたライコネンは、ハミルトンの後塵を拝す事になったが、
 それでも年間タイトルを考えると3位は悪くない。一方のマクラーレンは、どうにか2位をゲットした
 ハミルトンはともかく、パンクで順位を大きく落としたコバライネンは不運だった。とりあえずBMWが
 3番手の地位を確保、その後は混戦状態の様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 絶対可憐チルドレン #06

6th sense. 喧嘩上等!クラスメイトの目の前で…!?

コメント
  今時指切りげんまんってのもどうよとは思うのですが、学校を楽しみにする葵ちゃんはいいとして、
 普通の子の考えを知りたがる紫穂ちゃんは黒くて怖い…。薫ちゃん、どうしてそういう下品なことを
 考えてますか。皆本君、なんか格好がバカっぽいな。東野君、花井さんが好きなんだろうな。拳で
 来いって、薫ちゃんならそれでも勝てるんだろうな、と思うAパート。泣きそうな皆本の顔ってのが
 なんともねぇ(笑)

よう、東野 将だ! → だから、花井ちさとだよ。

  短パンよりスパッツがいいんだ、しかもブルマって自分も履くんだろうね。色々あってドッチボール
 対決ですが…、そんな真正面から投げ合い。東野君、昔はいい子だったのにね、ってママもそんなこと
 を周りに言うなよ。まあ、拳で語り合う訳にはいかないから、ボールで語り合うのは間違ってないとは
 思うけどね、というBパート。やっぱり東野君はいい奴なんと言うことにまとまりましたが、局長、
 ホントに大人げないよ…。っていうかそれ以前に仕事してください(笑)

次回予告
  ECMって、なんだっけなぁ…。とりあえずピンチぽいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2008/05/10

[Giro 2008] 第01ステージ結果

まあ、顔見せですから、これでどうこうってのはないんですけどね。明日はF1&サッカーなので見れません。

[CYCLINGTIME] 最速スリップストリーム、ヴァンデヴェルデがトップに

ジロ・デ・イタリア2008第1ステージ結果
  1位 スリップストリーム  26'32"
  2位 チームCSC        +06"
  3位 チームハイロード    +07"
  4位 リクイガス       +09"
  5位 バルロワールド     +14"
  6位 LPRブレーキ       +28"
  7位 アスタナ        +29"
  8位 ティンコフ       +33"
  9位 クイックステップ    +42"
 10位 ランプレ        +45"

●マリアローザ(総合)
 1位 クリスティアン・ヴァンデヴェルデ (アメリカ、スリップストリーム)26'32"
 2位 デーヴィット・ザブリスキー    (アメリカ、スリップストリーム)
 3位 ライダー・ヘジダル        (カナダ、スリップストリーム)
 4位 ジュリアン・ディーン       (ニュージーランド、スリップストリーム)
 5位 マニュス・バクステッド      (スウェーデン、スリップストリーム)

●マリアビアンカ(新人賞)
 クリスアンケル・セレンセン(デンマーク、チームCSC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] かのこん #06

#6 お願いしちゃう?

コメント
  先週ちずるさんが裸で寒がってたのは冬だったからですね。ちずるさん、着物を着ている以外、
 やることはお正月でも変わらないのね…。いや、確かに着物は下着つけないんらしいですけどね。
 ちずるさん足癖もわるいんだね。そこで耕太君が覆い被さって、最後はお代官様ごっこ、中から
 スク水って…お正月から何やってるんだろう。いや、嫌いだからって脱ごうとするのはどうなんだ
 というAパート。確かにスク水エプロンはあり得ないよなぁ。守らないとひどい目にあう双六って
 どんなのよ。お約束で望さん登場ですけど、着物脱ぎあうって…。

  そういうわけで初詣ですが、望さん着物の着付けがおかしいよ。まあ、この2人を外に連れて行く
 だけで失敗なんだろうけど。まあ、耕太君でなくても巫女さんはわかるかなとか。結局みんなで
 縁日を回って、耕太君の家に行くと言うことでめでたしめでたしなBパート。いや、まあ、いつもと
 同じかのこんなんだけど、何が気に入らなかったんだろう、Gyaoさんは、あるいは第7話なのか(笑)

来週のプレイ 「美しき青きドナウが流れちゃうプレイ」
  今日はお餅つきよ。どうしてバニー姿かって、餅つきと言ったら、ウサギさんでしょう。
  つきつきして耕太君、柔らかむにむになちずるの胸お餅。ムチムチモチモチペッタンタ~ン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] マクロスF #06

06 バイバイ・シェリル
コメント
  リハで頑張るシェリルさんです。ミシェルにシェリルとのデートの件で激しく詰め寄られるアルト君。一方、
 ランカさんは、アイドル事務所への所属が決まったようです。そんなめでたい中に大統領の特別発表でバジュラ
 の存在とギャラクシーの被害が報告され街は騒然。一方、キャサリンさんもなにやら怪しい辞令を受けていますが
 何なんでしょうというAパート。しかし、シェリルさんが会見する必然ってあるのかなぁ…。
  シェリルさん、相変わらずな状況でライブ強行を宣言してますが…、すごいなぁ。そして律儀にイヤリングを
 届けるアルト。母親の形見の幸運のお守りをアルトに預けるシェリル。珍しくしおらしい面を見せたりして。
 そして今日も遅れて出かけるランカちゃん…、しっかりしなさい。そしてマクロス・クォーターはフォールド
 して戦場へと言うBパート。シェリルのライブも始まりました。
次回予告
  そして戦闘開始

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] ドニ、ローマと契約延長

[スポーツナビ] ローマGKのドニが2012年まで契約延長
  ローマのGKドニは契約を延長し、2012年6月30日までプレーを続けることになった。ブラジル人GKのドニは2005年の夏にローマに加入し、これまでの契約は2009年までだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[VOL] [スポーツナビ] ザッカルド、フォルクスブルグへ移籍

[スポーツナビ] パレルモのザッカルドがボルフスブルクへ
  イタリア代表DFクリスティアン・ザッカルド(26):パレルモよりフォルクスブルグへ、2011年まで3年契約、移籍金推定約800万ユーロ(約12億7300万円)

 わざわざフォルクスブルグへ行きたがる理由がわからんなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/09

[Giro 2008] 有力選手

[CYCLINGTIME] アスタナを迎え撃つイタリア勢、混沌とした覇権争い

個人総合時間賞 マリアローザ

  ダニーロ・ディルーカ(イタリア)  LPRブレーキ
    ディフェンディングチャンピオン。ドーピング騒動でコンチネンタルチームへの移籍を強いられた。
    パオロ・サヴォルデッリ(イタリア)をアシストに連覇を狙う
  ジルベルト・シモーニ(イタリア) セッラメンティPVC
    山岳スペシャリスト。コンチネンタルチームに移籍しての出場。
  アルベルト・コンタドール(スペイン) アスタナ
    2007年ツール総合優勝。山岳でスペシャリストをも凌駕しTTで上位に食い込む25歳のオールラウンダー。
    リーヴァイ・ライプハイマー(アメリカ)と、2004年ツール総合2位・2006年ツール総合3位の
    アンドレアス・クレーデン(ドイツ)を交えたトリプルエースでタイトルを狙う。
  リカルド・リッコ(イタリア) サウニエルドゥバル・スコット
    シモーニが去ったチームのエースとして2007年の総合6位以上を目指す山岳スペシャリスト。課題はTT。
  ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)  リクイガス
    イタリア期待の若手オールラウンダー。去年はディルーカのアシストに徹し、総合優勝に大きく貢献した。
  デニス・メンショフ(ロシア) ラボバンク
    2005年と2007年ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝者。

個人総合ポイント賞 マリアチクラミーノ
  パオロ・ベッティーニ(イタリア) クイックステップ
    現世界チャンピオン
  ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア) リクイガス
    ロマンディ第5ステージで優勝
  マーク・カヴェンディッシュ(イギリス) チームハイロード
    シュヘルデプレイス・フラーンデレンで優勝
  エリック・ツァベル(ドイツ) チームミルラム
    ペタッキに変わってミルラムのエースを務める

個人総合山岳賞 マリアヴェルデ
  レオナルド・ピエポリ(イタリア) サウニエルドゥバル・スコット
    去年の山岳王
  マウリシオ・ソレール(コロンビア) バルロワールド
    2007年ツール・ド・フランスで山岳賞に輝いたコロンビアン

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/08

[BAR] ライカールト、今期で解任、次期監督はペップ

[UEFA.COM] バルサの次期監督にグアルディオラ氏
  FCバルセロナのフランク・ライカールト監督(45)が6月30日をもって退任し、同クラブの元MFで、現在はBチームの監督を務めるジョゼップ・グアルディオラ氏(37)が新指揮官に就任する。

 シーズン終了まで待つかなと思ってたんですが、クラシコの大敗が決め手になってしまったんでしょうね。去年終盤から今年に関してはいまいちだったけど、だからといってそれまでの3年の快挙が色あせるわけではないので、堂々と次の道を歩んでほしいです。失速の時期がテン・カーテの離脱と重なるのは、やっぱりそういう事なんだろうなと。国内も欧州も制覇した後に、引き締める人材を欠いて、それを最後まで取り戻せなかったと。ライカールトは監督としては優し過ぎたような気がします。。

 その意味で後任がペップと言うのも若干心配だったり。知性派の印象はあるけど、熱血漢とは違う気がするしな。ベストはモウリーニョだと思うんだが、やっぱお金とスタイルが気に食わなかったかなぁ。ユーロもあるし、もう少し時間をかけて監督選びが出来たと思うんだが…。このタイミングでペップ体制を発表するのは正直疑問。よっぽどペップを信頼しているのか、あるいはよっぽどお金がないのか…。なんとなく後者のような気がするのがいやなんだけど…。

 粕谷さん曰く「ペップは傷つけちゃいけない人」って言ってたけど、そのはずなんだよな。かつてのキャプテンの名声を利用しようとして失敗した、なんて結果にならなきゃいいけど。まあ、フロントの思惑はさておき、ペップにはいい意味で予想を裏切って欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

[PREMERA Div. 07/08] #36 Rマドリー v バルセロナ

グッバイ、ライカールト&ロニー、去年までの2年間は楽しい時代だったよ。

●試合結果
  Rマドリー 4 - 1 バルセロナ

●審判
  ペレス・ブルイ

●ラインアップ

 Rマドリー
          07 ラウール(C)

   11 ロッベン  14 グティ  23 スナイデル

       08 ガゴ    06 ディアラ

  12 マルセロ  16 エインシェ  03 ペペ  04 Sラモス

            01 カシージャス
  サブ:
    25 デュデク  22 トーレス  02 サルガド  19 バティスタ   29 イグアイン 
    10 ロビーニョ  17 ニステルローイ
  監督:
    ベルント・シュスター

 バルセロナ
  14 アンリ  27 ボージャン  19 メッシ

      07 グジョ    06 シャビ

         24 トゥーレ

  22 アビダル  04 マルケス  05 プジョル  11 ザンブロッタ

           01 バルデス
  サブ:
    13 ピント   21 テュラム  15 エジミウソン  23 オレゲル  16 シウビーニョ
    18 エスケロ  17 ドスサントス
  監督:
    フランク・ライカールト

●前半:試合展開
 02 RMA SOG:スナイデル→ロッベン中MS               GKキャッチ
 02 BAR S  :グジョンセン中ミドルS                 枠左
 13 RMA SOG:ラウール中ミドルS                GOAL★RMA 1-0 BAR
 17 RMA SB :中FK:スナイデルS                  壁(CK)
 18 RMA S  :ガゴ中ミドルS                    ※GKセーブ
 20 BAR ▲YC:トゥーレ、抗議                  CARD▲アビダル
 22 RMA SOG:右FK:グティ→ロッベン中HS          GOAL★RMA 2-0 BAR
 23 BAR S  :右FK:メッシS                    GKキャッチ
 24 BAR 交代1:グジョンセン(OUT)、ドスサントス(IN)
 24 BAR S  :メッシ中→ボージャン左S                枠上
 26 BAR S  :中FK:アンリS                   ※枠右
 30 RMA SB :スナイデル左ドリブルS                 DFブロック
 32 BAR S  :ドスサントス右ミドルS                 枠上
 33 BAR    :ボージャン→ドスサントス                オフサイド
 34 RMA SOG:左FK:スナイデル→グティ左S            ☆GKセーブ
 37 RMA    :スナイデル→ラウール右                 DFクリア(CK)
 39 BAR ▲YC:マルケス、スナイデルにタックル          CARD▲マルケス
 40 RMA S  :左FK:→Sラモス中HS               ※枠上
 40 RMA SOG:ロッベン左ドリブルS                  壁
 40 RMA S  :ロッベン左S                      枠上
 41 RMA ▲YC:スナイデル                    CARD▲スナイデル
 43 RMA S  :Sラモス右S                      枠左
 44 BAR    :アビダル左クロス                    GKキャッチ
 +1 BAR S  :中FK:シャビS                    枠上

●前半:コメント
  優勝を決めて気を抜くかと思いきや、逆に行け行けどんどんのお祭り騒ぎ。前半だけでシュート
 10本というクラシコらしからぬ攻撃的な展開でバルサを圧倒した。決定機はレアルの方ばかり、
 バルデスのセーブがなければ、もう1,2点取られてもおかしくない状態。バルサは、2失点した
 ところでグジョンセンを下げてドスサントスを投入。ただし、攻撃に関しては劇的な変化は見えず
 防戦一方の苦しい展開。チームの勢いの差と言えばそれまでだが、チームに勝利に対する意欲が
 感じられない。

●前半:スタッツ
           G   S  SOG   F   P  YC  RC
   Rマドリー   2  10   6   6  56   1   0
   バルセロナ   0   6   1  10  44   2   0

●後半:試合展開
 46 BAR 交代2:マルケス(OUT)、シウビーニョ(IN)
 47 BAR SB :シウビーニョ左クロス→ボージャン中HS         DFブロック
 50 BAR ▲YC:アンリ、ペペを倒す                CARD▲アンリ
 51 RMA    :ロッベン中→マルセロ左                 オフサイド
 54 RMA SOG:ディアラ中ミドルS                   GKキャッチ
 54 RMA    :グティ中→ラウール                   DFクリア
 56 RMA S  :ディアラ右ミドルS                   枠左
 56 RMA    :中スルーP→グティ左→マルセロ            ※DFブロック
 58 BAR ▲YC:バルデス、抗議?                 CARD▲バルデス
 59 RMA SB :ロッベン中ミドルS                   DFブロック(CK)
 60 BAR 交代3:シウビーニョ(OUT)、エジミウソン(IN)
 60 RMA SOG:左CK:→GKこぼれ→ディアラ中S          ☆DFクリア
 61 RMA 交代1:ロッベン(OUT)、イグアイン(IN)
 62 RMA SOG:ディアラ右ドリブル→イグアイン右TS       GOAL★RMA 3-0 BAR
 67 RMA SOG:マルセロ右ミドルS                  ☆GKセーブ
 72 RMA 交代2:グティ(OUT)、ロビーニョ(IN)
 75 RMA S  :右CK:→イグアイン中HS               枠上
 75 RMA 交代3:ラウール(OUT)、ニステルローイ(IN)
 77 RMA    :ロビーニョ左クロス→DFブロック            ハンド(PK)
 78 RMA SOG:PK:ニステルローイS右下            GOAL★RMA 4-0 BAR
 80 RMA S  :ロビーニョ左クロス→ニステル中S           ※GKセーブ
 82 BAR SOG:メッシ中ドリブルS                  ☆GKセーブ(CK)
 84 RMA ▲YC:エインシェ                    CARD▲エインシェ
 84 BAR SOG:アンリ左S                       GKキャッチ
 86 BAR SOG:メッシ右ドリブルS                  ※GKセーブ(CK)
 86 BAR S  :メッシ右ドリブルS                   枠上
 87 BAR SOG:メッシ中スルーP→アンリ中ドリブルMS      GOAL★RMA 4-1 BAR
 +1 RMA ▲YC:ペペ、メッシを倒す                CARD▲ペペ
 +2 BAR ▲YC:シャビ、抗議                  退場▲▲シャビ

●後半:コメント
  後半に入ってもマドリーの勢いは留まるところを知らず。交代で入ったイグアインがファースト
 タッチでゴールを決め、さらに手術後復帰戦となったニステルローイがしっかりPKを決めてバルサ
 にとどめを刺した。
  マドリーの最大の勝因はディアラとロッベン。ディアラが豊富な運動量で中盤を支配。しかも
 攻撃の起点となって玉を配球したりゴール前に飛び込むなど、予想外の働きを見せた。そして、
 ロッベン。左サイドを突破したり、中央でボールを受けたり、縦横無尽の動きでバルサのDFライン
 を翻弄、前節に続いてヘディングでのゴールを決めるなど絶好調。もちろん、先制点を奪ったラウール
 や、ゴール前で攻撃に絡んだグティやスナイデル、そしていつものように好セーブを連発したカシージャス
 と、DFを含めてすべてのメンバーが、優勝が決定したとは思えない高い集中力でゲームに臨んでいた
 のが印象的だった。シーズンを通しての失速には多少疑問な点もあるが、上位の直接対決となったこの
 クラシコを見れば、マドリーはタイトルにふさわしいチームだったと言えるだろう。
  逆に、バルサはまったくいいところがなかった。2失点したところでグジョンセンに替えてドスサントス、
 後半から投入したシウビーニョは負傷交代を強いられた。バルデスは好セーブもあったが、ボール扱いに
 不安定さを見せた。2位を奪取する意味で負けられない試合だったはずだが、まったくモチベーションが
 感じられなかった。選手もチームも、来季のことで頭がいっぱいということなのだろうか…。この大敗で
 監督交代は決定的になったと言ってもいいだろう。

●スタッツ
           G   S  SOG   F   P  YC  RC
   Rマドリー   4  21  12  13  51   3   0
   バルセロナ   1  15   5  18  49   6   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05月07日のココロ日記(BlogPet)

最近、Nagaさんは試合のことが気になってしょうがないみたいですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2008] スーパーアグリ、F1世界選手権から撤退

[公式] スーパーアグリF1チームからの声明
  スーパーアグリF1チーム(SAF1)は、本日、F1世界選手権から撤退することを決定した。2006年からプライベーターチームとしてF1に参戦し、昨 年はチーム結成22戦目(スペインGP)で初ポイントを獲得、2007年のランキング9位という成績を残したSAF1のF1における活動は本日、その幕を 閉じることになる。

 
個人が夢を追いかけてどうこう出来る世界じゃなくなったということで。個人でやるなら年数十億のあぶく銭を出せる人じゃないとね、ということなんでしょう。しかし、コスト減とか言っておきながら、プロドライブに続いての撤退というのも、どうしたもんだかって感じですが…。しかしシーズン途中での撤退って、結構まずい気がするんだけどな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/06

[J1 2008] 第11節結果

●2008Jリーグ ディビジョン1 第11節 試合結果
 05/06
    磐田  1 - 4○ 川崎        ヤマハ(13,602)
    札幌  1 - 3○ 東京V       札幌ド(16,508)
     柏 ○3 - 0  神戸          柏( 9,398)
    新潟 ○3 - 0  清水       東北電ス(36,403)
  横浜FM △1 - 1△ 大宮        日産ス(27,988)
  FC東京  0 - 1○ 名古屋       味スタ(30,825)
    浦和 ○3 - 0  千葉         埼玉(52,008)

●順位表

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD  前節
 ---------------------------------------------------------------------
  1 浦和レッズ        23 11  7  2  2  21  8 13   1→
 ---------------------------------------------------------------------
  2 名古屋グランパス     22 11  7  1  3  17 11  6   3△
  3 川崎フロンターレ     20 11  6  2  3  20 16  4   5△
  4 FC東京         20 11  6  2  3  18 14  4   2▼
  5 鹿島アントラーズ     18 10  5  3  2  19 10  9   4▼
  6 横浜F・マリノス     17 11  5  2  4  16 11  5   6→
  7 柏レイソル        16 11  5  1  5  15 12  3  13△
  8 大宮アルディージャ    16 11  4  4  3  15 13  2   7▼
  9 ガンバ大阪        15 10  4  3  3  13 13  0   8▼
 10 大分トリニータ      14 10  4  2  4  11 10  1  11△
 11 ヴィッセル神戸      14 11  3  5  3  16 16  0   9▼
 12 ジュビロ磐田       14 11  4  2  5  16 17 -1  10▼
 13 東京ヴェルディ      14 11  4  2  5  14 17 -3  15△
 14 京都サンガF.C.      14 10  4  2  4  10 14 -4  12▼
 15 アルビレックス新潟    12 11  3  3  5  10 15 -5  16△
 ---------------------------------------------------------------------
 16 清水エスパルス      12 11  3  3  5  9 14 -5  14▼
 ---------------------------------------------------------------------
 17 コンサドーレ札幌     7 11  2  1  8  9 21 -12  17→
 18 ジェフユナイテッド千葉  2 11  0  2  9  8 25 -17  18→

●toto

第333回 mini toto-A組 くじ結果
  05/06   札幌ド 1   札幌 1-3  東京V 2  2
  05/06   ヤマハ 2   磐田 1-4  川崎  2  2
  05/06  東北電ス 3   新潟 3-0  清水  1  02
  05/06   味スタ 4  F東京 0-1  名古屋 2  12
  05/06   日産ス 5  横浜M 1-1  大宮  0  1
     当せん金 13,736円
    当せん口数   675口
  次回への繰越金    0円

# 悪くはないよ…。

第333回 mini toto-B組 くじ結果
  05/06     柏 1    柏 3-0  神戸  1  10
  05/06    埼玉 2   浦和 3-0  千葉  1  1
  05/06    笠松 3   水戸 0-2  湘南  2  2
  05/06    小瀬 4   甲府 2-1  横浜C 1  12
  05/06   広島ビ 5   広島 0-1  仙台  2  1
     当せん金 7,498円
    当せん口数 1,312口
  次回への繰越金   0円

# もうちょっとなんだけどな…。

第333回 totoGOAL3 くじ結果
  05/06   ヤマハ 1  磐田 1  1  0
           2  川崎 4  3  1
  05/06  東北電ス 3  新潟 3  3  0
           4  清水 0  0  0
  05/06     柏 5  柏  3  3  1
           6  神戸 0  0  0
     当せん金 1,640,515円  31,550円
    当せん口数     6口   208口
  次回への繰越金     0円    0円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] 第37節結果

マンUがスッキリ勝って2冠を決めてくれると思いますよ…、というか決めて欲しい。

●Notes
  マンU:負傷のルーニー、ビディッチはベンチ入りせず

●Results

 Saturday, 03 May 2008
    Aston Villa  0-2(HT 0-0)○ Wigan    
     Blackburn ○3-1(HT 1-1)  Derby    
      Bolton ○2-0(HT 1-0)  Sunderland  ディウフのゴールで、ほぼ残留決定
      Fulham ○2-0(HT 0-0)  Birmingham  後半2ゴールでフルアム大逆転で残留圏へ
      Man Utd ○4-1(HT 3-1)  West Ham   ロナウドの2発で快勝。マジック1
   Middlesbrough ○2-0(HT 1-0)  Portsmouth 
      Reading  0-1(HT 0-1)○ Tottenham  ベント&キーンのコンビGが決勝点
 Sunday, 04 May 2008
      Arsenal ○1-0(HT 0-0)  Everton   
     Liverpool ○1-0(HT 0-0)  Man City  
 Monday, 05 May 2008
     Newcastle  0-2(HT 0-0)○ Chelsea   チェルシー、後半2ゴール。勝負は最終節

●Comments

ファーガソン監督(MAU)
 「今シーズンのサポートに感謝。モスクワとウィガンのアウェイ戦も楽しみに」
  楽な試合かと思ったがレッドカードでいらない緊迫感が生まれた。HTで落ち着かせて、うち
 らしい冷静で成熟した戦いをすることが出来た。それがうまくいったので相手が苦労したはず。


●Tables

  P Team       P PTS  GD  W  D  L  F  A      07/08
 -------------------------------------------------------------------------------
  1 Man Utd     37  84  56 26  6  5  78  22   1→  CL
  2 Chelsea     37  84  39 25  9  3  64  25   2→  CL 
 -------------------------------------------------------------------------------
  3 Arsenal     37  80  42 23 11  3  73  31   3→ 
  4 Liverpool    37  73  37 20 13  4  65  28   4→ 
 -------------------------------------------------------------------------------
  5 Everton     37  62  20 18  8 11  52  32   5→ 
 -------------------------------------------------------------------------------
  6 Aston Villa   37  59  20 16 11 10  69  49   6→ 
  7 Blackburn    37  58  5 15 13  9  49  44   8△ 
  8 Portsmouth    37  57  9 16  9 12  48  39   7▼    FA  
  9 Man City     37  55  -1 15 10 12  44  45   9→   
 10 West Ham     37  48  -8 13  9 15  40  48  10→   
 11 Tottenham    37  46  7 11 13 13  66  59  11→  [UEFA CUP]
 12 Newcastle    37  43 -18 11 10 16  44  62  12→ 
 13 Wigan      37  40 -15 10 10 17  34  49  14△ 
 14 Middlesbrough  37  39 -17  9 12 16  35  52  15△ 
 15 Sunderland    37  39 -22 11  6 20  36  58  13▼ 
 16 Bolton      37  36 -18  9  9 19  35  53  16→ 
 17 Fulham      37  33 -23  7 12 18  37  60  19△ 
 -------------------------------------------------------------------------------
 18 Reading     37  33 -29  9  6 22  37  66  17▼ 
 19 Birmingham    37  32 -19  7 11 19  42  61  18▼ 
 20 Derby      37  11 -65  1  8 28  20  85  20→ 

●Fixtures

Sunday, 11 May 2008

優勝争い  チェルシー勝ち&マンU分け以下 or チェルシー分け&マンU負けなら逆転
     Wigan v Man Utd,   15:00
    Chelsea v Bolton,    15:00

5位、6位争い (UCのフェアプレイ枠をゲット)
    Everton v Newcastle,  15:00  pts 62
    West Ham v Aston Villa, 15:00  pts 59
   Birmingham v Blackburn,  15:00  pts 58
   Portsmouth v Fulham,    15:00  pts 57

残留争い
   Portsmouth v Fulham,    15:00  pts 36(-23)
    Chelsea v Bolton,    15:00  pts 33(-18)
     Derby v Reading,   15:00  pts 33(-29)
   Birmingham v Blackburn,  15:00  pts 32(-19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Giro 2008] アスタナ、逆転で出場可能に

[CYCLINGTIME] 土壇場の出場権獲得劇、アスタナのジロ出場が正式決定
  ジロ・デ・イタリア開幕が1週間後に迫った2008年5月4日、レース主催者のRCSスポルトは出場チームリストから外していたアスタナのレース出場を正式に決定した。コンタドール、ライプハイマー、クレーデンの強力な3名を擁するアスタナは一躍マリアローザ最有力候補に名乗りを挙げた。4月にアスタナチームはRCSスポルトに「有力選手をレースに送り込むこと」を条件に出場を再申請。そして今回、レース総合ディレクターのアンジェロ・ソメニャン氏がアスタナの出場にGOサインを出した。更にRCSスポルトはチームハイロードの出場も認め、出場チーム数は一つ増えて22チームに。アスタナとチームハイロードの出場決定により、逆にプロコンチネンタルチームのNGCメディカルOTCが出場チームリストから外れた。

  うーん、それなら最初から出場させておけよって感じですが…。ここまで来たら優勝して欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

[Serie A 07/08] 再生計画(ACミラン)

まだ予断を許しませんが、とりあえず自力4位の目が出てきたので来年の話を

●07/08基本布陣
              パト
             (ピッポ)(ジラ)

       セードルフ       カカ
       (ジラ)
  アンブロジーニ           ガットゥーゾ
   (グルキュフ)           (ブロッキ)
              ピルロ
            (エメルソン)
 マルディーニ   カラーゼ    ネスタ    オッド
(ヤンクロフスキ)(マルディーニ)(ボネーラ) (ボネーラ)
                 (シミッチ) (カフー)
              ジーダ
             (カラッチ)
●課題

 1)エース・ストライカーの不在
   1トップで前線でDFラインと勝負できる人材が欲しい。ジラは完全に期待外れ、ピッポは
  コンディション不良でフルシーズン、コンスタントにプレー出来ず。パトに全てを期待するのは気の毒。
   ⇒ドログバ、ニステルローイ、ベルバトフ、トニ

 2)CMFの人材不足
   3センターのレギュラーと控えの差がありすぎて、有効なターンオーバーが出来ず。豊富な運動量と強い
  フィジカルで、中盤を支配できる人材が欲しい。
   ⇒フレブ、フラミニ、デロッシ
    マスチェラーノ、エッシェン、カンビアッソ、

 3)上下動を繰り返せるSB
   オッド、ヤンクロフスキともコンディションが整わず。マルディーニ、ボネーラは運動量と攻撃参加の面で
  不安あり。ウィングバックがこなせるくらい攻撃的な人材が欲しいところ。
   ⇒ザンブロッタ、ラーム、Dアウベス、Sラモス

 4)スピードのあるCB
   相手がロングフィードでカウンターを狙ってきたときにスピード勝負で負けないCB。ただ、スピードがあれば、
  高さ勝負で負けてもいいというわけには行かないのが辛いところ。
   ⇒メクセス、Sラモス、

 5)安定感のあるGK
   とりあえず世界レベルで戦えるGK。
   ⇒ブッフォン、フレイ、ゴメス

●08/09希望布陣
       トニ       ピッポ
      (ジラ)     (パト)
            カカ
          (セードルフ)
     フラミニ        デロッシ
    (アンブロジーニ)  (ガットゥーゾ)
            ピルロ
           (フラミニ)
ヤンクロフスキ   メクセス  ネスタ   ザンブロッタ
(マルディーニ) (カラーゼ)(ボネーラ) (オッド)
             フレイ
            (カラッチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] フラミニ、ミランへ移籍

[UEFA] フラミニがミラン移籍で合意
  フランス代表MFマティウ・フラミニ(24):アーセナルよりミランへ、2012年まで、4年契約、移籍金無し

 ミランからの正式な発表によれば、フラミニは4年契約にサインし、2008年7月1日から2012年6月30日までミランに所属することになる。契約条件は明らかにされてはいないものの、年俸550万ユーロ(約9億円)前後ではないかとうわさされている。アーセナルとの契約は今年6月30日で終了するために移籍金は支払われない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

[TV] コードギアス 反逆のルルーシュR2 #05

TURN 05 ナイト オブ ラウンズ

コメント
  カレンさん、微妙に服が色っぽいんですけど…、というのが第1印象ってダメだな。まあ、独裁者
 ってのも大変なんですよ、やったこと無いけど。スザク君復帰です、ってどうしてかなぁ。やっぱり
 ルルーシュが疑われているって事なんでしょうが。ジノさんとアーニャさん登場、なAパート。ホント
 につまらなそうなアーニャさんが気になるところです(笑)

  会長さん、スザク君の歓迎会でイベント開きますか…。ジノさんとアーニャさんも出てきてますが、
 C.C.さん、なんのコスプレですか、ってトマトの中に押し込まれてシェイクされてるし、カレンさんは
 熊のぬいぐるみだし…。そしてヴィレッタさんがルルの魔の手に落ちたり、アーニャさんが一人寂しげ
 だったりするんですが…、そんなの最後の1シーンでどうでもよくなっちゃったなぁ…。そうですか、
 ナナリーさん総督として復帰ですか…。でも、ルルに記憶は無いことになってるんですよねぇ、
 バレバレだけど。

次回予告
  あれ、怪しいポップの寸劇が無くなった…。スザクとナナリー、仲いいですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (28)

[Serie A 07/08] #36 ミラン v インテル

とりあえずミランが勝って本当に良かったです。

●スタジアム
  ジュゼッペ・メアッツァ  ミラン
  インテル、勝てば優勝決定

●試合結果
  ミラン 2 - 1 インテル

●主審
  ロベルト・ロゼッティ

●ラインアップ

 ミラン
             09 ピッポ

        10 セードルフ   22 カカ

    23 アンブロジーニ  20 ピルロ  08 ガットゥーゾ

  19 ファバッリ  04 カラーゼ  13 ネスタ    25 ボネーラ

             16 カラッチ
  サブ:
    29 フィオーリ  44 オッド  18 ヤンクロフスキ  27 セルジーニョ
    32 ブロッキ   11 ジラ   07 パト
  監督:
    カルロ・アンチェロッティ

 インテル
        18 クレスポ    09 クルス

            28 マニシェ

   19 カンビアッソ  04 サネッティ  14 ビエラ

26 キブー  23 マテラッツィ  24 リバス    13 マイコン

          12 セザール
サブ:
  01 トルド   16 ブルディッソ  06 マックスウェル  30 ペレ  11 ヒメネス
  45 バオテッリ 29 スアソ
監督:
  ロベルト・マンチーニ

●前半:試合展開
 00 ---  開始:FIO 61 MIL 59 SAM 57
 03 MIL S  :左FK:ピルロS                    枠上
 06 INT    :マイコン右クロス                    DFクリア
 06 INT    :サネッティ中クロス                   あわず
 09 MIL    :ネスタ右フィード→ピッポ                あわず
 16 INT ▲YC:リバス、カカを倒す                CARD▲リバス
 17 MIL    :左FK:ピルロ                     DFクリア(CK)
 18 MIL S  :ファバッリ左ミドルS                  枠上
 20 MIL SOG:ピッポ右ドリブルS                  ☆GKセーブ(CK)
 20 CAG SOG:GOAL:ジェダ                 GOAL★CAG 1-0 FIO
 20 ---  順位:FIO 60 MIL 59 SAM 57
 21 MIL SB :右ミドルS                       DFブロック(CK)
 21 MIL    :ボネーラ右クロス                    DFクリア(CK)
 24 MIL    :ファバッリ左クロス→ピッポTS→GKセーブ       オフサイド
 28 MIL    :ガットゥーゾ右クロス                  DFクリア
 33 MIL S  :左FK:ピルロ                     GKキャッチ
 35 MIL S  :ボネーラ右クロス→ピッポ中H             ※あわず
 37 MIL S  :ガットゥーゾ右クロス→カカ中S             枠右
 40 MIL    :カカ左ドリブル                     ボールデッド
 42 MIL 交代1:ファバッリ(OUT)、ヤンクロフスキ(IN)
 43 INT SOG:マニシェ中ミドルS                   GKキャッチ
 +1 MIL S  :セードルフ中→カカ右クロス→ピッポ中HS      ※※枠左

●前半:コメント
  前半を通してミランの一方的なペース。シュート数でも7本のミランが3本のインテルを上回った。
 ただ、2度ほどあった決定機をピッポが決めれなかったのが残念。カカ、セードルフがサイドに流れ、
 ピルロやガットゥーゾがエリア内に積極的に入ってくるのが、ミランの気持ちを表しているだろう。
 ヴィオラがカリアリに先制されているだけに、是非とも勝利をおさめたいところだが。

●前半:スタッツ
         G   S  SOG  CK   F  OFF  POS  YC  RC
    ミラン  0   7   1   4  12   2  61   0   0
   インテル  0   3   2   0   8   1  39   1   0

●後半:試合展開
 46 MIL    :ガットゥーゾ右クロス                  DFクリア(CK)
 48 INT    :クルス右クロス                     GKキャッチ
 50 MIL    :ガットゥーゾ右クロス                  DFクリア(CK)
 50 MIL S  :左CK:ピルロ→アンブロジーニ中HS          枠上
 50 CAG SOG:GOAL:コンティ                GOAL★CAG 2-0 FIO
 51 MIL SOG:カカ右クロス→ピッポ中HS            GOAL★MIL 1-0 INT
 51 FIO SOG:GOAL:サンタナ                GOAL★CAG 2-1 FIO
 51 ---  順位:MIL 61 FIO 60 SAM 57
 53 INT    :マイコン右クロス→クルス                GKキャッチ
 55 MIL S  :セードルフ左ミドルS                  枠上
 56 MIL SOG:カカ左ドリブルS                 GOAL★MIL 2-0 INT
 61 INT SOG:マニシェ中ミドルS                   GKキャッチ
 62 INT    :中→クレスポ左1対1S                ☆GKセーブ
 64 INT    :マイコン右クロス→カンビアッソ             DFクリア(CK)
 64 INT S  :左CK:キブー→クルス中HS              枠右
 65 INT SOG:中ミドルS                      ※GKセーブ
 65 INT 交代1:マニシェ(OUT)、バルテッリ(IN)
 65 MIL    :C→カカ→ガットゥーゾ                 オフサイド
 66 MIL 交代2:ガットゥーゾ(OUT)、ブロッキ(IN)
 72 MIL    :セードルフ左スルーP→ピッポ              あわず
 72 INT 交代2:クレスポ(OUT)、スアソ(IN)
 73 MIL ▲YC:ピルロ                      CARD▲ピルロ
 75 ROM SOG:GOAL:パヌッチ                GOAL★SAM 0-1 ROM
 75 ---  順位:MIL 61 FIO 60 SAM 56
 75 MIL ▲YC:アンブロジーニ                  CARD▲アンブロジーニ
 76 INT SOG:左FK:クルスS                 GOAL★MIL 2-1 INT
 77 MIL 交代3:ピッポ(OUT)、パト(IN)
 78 MIL ▲YC:ボネーラ、スアソを掴む              CARD▲ボネーラ
 80 INT SB :マイコン中ミドルS                   DFブロック(CK)
 81 INT 交代3:リバス(OUT)、マックスウェル(IN)
 82 INT    :マックスウェル左クロス                 DFクリア(CK)
 83 INT SOG:左CK:バロテッリ→マテ右HS             枠右
 85 INT SOG:左FK:キブーS                   ☆GKセーブ(CK)
 89 INT ▲YC:キブー、ピルロを倒す               CARD▲キブー
 89 INT ▲YC:マテラッツィ、抗議                CARD▲マテラッツィ

 90 MIL S  :中FK:ピルロS                    枠上
 +4 MIL ▲YC:ヤンクロフスキ、マイコンを引っかける       CARD▲ヤンクロフスキ
 +5 INT S  :右FK:キブーS                    枠上

●後半:コメント
  後半に入ってもミラン優勢の流れは変わらず、その流れに乗って現在絶好調中のピッポが5試合
 連続となる先制点をたたき出す、さらにカカがドリブルシュートを決め、2点差、これでミランが
 試合の流れを握る。FKを決められて1点差となってからは防戦一方だったが、どうにか逃げ切って、
 ようやくCL圏内の4位に浮上した。

  決定力に関してはピッポの復活によって改善された感はある。ただし、チーム全体のフィジカルと
 言うのがスタミナという面でフアンがあるのは明らか。前半に先制点を狙って飛ばしすぎたという
 面はあるのかもしれないが、それにしても終盤のスタミナ切れは救いようがない。途中に入った
 パト、ブロッキが効果的に動けないなど、交代選手の投入という意味で物足りなさを感じる。ただ、
 ビオラが負けたことでどうにか4位に浮上することが出来たのは大きい。残り2試合、内容はともかく
 2連勝して4位を死守して欲しい。

  インテルに関しては、勝利に対する執念がミランより劣っていたと言うことだろう。確かに、この
 勝利で優勝に黄信号という訳ではないが、ローマに3ポイント差に迫られたというのは事実。残り
 2試合を1勝1分けで良いとはいえ、エースのズラがいない状況では楽観は出来ないだろう。ここを
 どう乗り切るかに、チームと監督力が問われている気がする。

●前半:スタッツ
         G   S  SOG  CK   F  OFF  POS  YC  RC
    ミラン  2  13   4   8  21   5  58   4   0
   インテル  1  11   7   5  15   3  42   3   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 絶対可憐チルドレン #05

5th sense. 油断大敵!フツー入ってこないよね

コメント
  BABELのロボットさんがエスパーの授業をしてますが、なんか超度の説明が地震そのままなのはどうよ
 って感じ。小学生くらいなら、やっぱり学校行きたいよね。皆本さんが熱血するのもわからないでも
 ないです。百人百一脚は、いくらないんでも多すぎだろう…。「冗談はヨシコさん」は古すぎだろう…。
 ランドセルや教科書に名前を書いて嬉しがるのは小学生なんだねというAパート。なんかロボットが
 乗っ取られてテロですかぁ、ということでBパートに続く…。

わかれよっか… → 可愛いモガちゃん、愛してるよ~

  いや、テロ組織にコンピュータシステム乗っ取られちゃダメだろう。まあ、局長が遠慮するなと
 言うならいいんだけど、ワクチンソフトでそんなに直るもんかなぁ…。データを持ち出す前に公開
 してしまえばいいかな~とか思ったり思わなかったり。それにしても、百人百三脚の増えた足は
 どういう足なのかが気になるなぁ…というBパート。あれ、結局今日は学校行かなかった、ひっぱり
 ますねぇ(笑)

次回予告
  次こそホントに学校に行きます、心配です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Serie A 07/08] 35節までの結果

●35節までの順位

   P Team       Pt  P  GD  08/09
  --------------------------------------------------
   1 Inter       81  35  42  CL
   2 Roma       75  35  31  CL or CL-P
  --------------------------------------------------
   3 Juventus     70  35  36  CL or CL-P
   4 Fiorentina    60  35  14  CL-P or UC
  --------------------------------------------------
   5 Milan       58  35  26  CL-P or UC
   6 Sampdoria     56  35  11  CL-P or UC
  --------------------------------------------------
   7 Udinese      54  35  -1  CL-P or UC
   8 Genoa       48  35  -3  UC
   9 Napoli      47  35  -3  remain
  10 Palermo      43  35  -9 
  11 Atalanta     42  35  -6 
  12 Lazio       40  35  -6 
  13 Siena       39  35  -6 
  14 Catania      35  35  -11 
  14 Cagliari     35  35  -19 
  16 Torino      34  35  -14 
  17 Empoli      33  35  -21 
  --------------------------------------------------
  17 Reggina      33  35  -22 
  19 Parma       31  35  -17 
  20 Livorno      30  35  -22 

●首位争い
        36      37      38
 インテル(81) ミラン(A)   シエナ(H)   パルマ(A)
  ローマ(75) サンプ(A)   アタランタ(H) カターニャ(A)

●4位争い
        36      37      38
 ヴィオラ(60) カリアリ(A)  パルマ(H)   トリノ(A)
  ミラン(58) インテル(H)  ナポリ(A)   ウディネーゼ(H)
  サンプ(56) ローマ(H)   パレルモ(A)  ユベントス(H)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

[J1 2008] 第10節結果

●2008Jリーグ ディビジョン1 第10節 試合結果
 05/03
    大分 ○3 - 1  新潟        九石ド(19,273)
    京都 ○1 - 0  札幌        西京極(12,467)
   名古屋  1 - 2○ G大阪       豊田ス(34,436)
    大宮  0 - 3○ FC東京     NACK(13,788)
   東京V ○3 - 2  横浜FM       国立(21,798)
    清水 △1 - 1△ 磐田        日本平(20,330)
    千葉  0 - 1○ 柏        フクアリ(14,103)
    川崎 ○3 - 2  鹿島        等々力(20,280)
    神戸 △1 - 1△ 浦和       ホムスタ(23,088)

●順位

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD  前節
 ---------------------------------------------------------------------
  1 浦和レッズ        20 10  6  2  2  18  8 10   1→
 ---------------------------------------------------------------------
  2 FC東京         20 10  6  2  2  18 13  5   4△
  3 名古屋グランパス     19 10  6  1  3  16 11  5   2▼
  4 鹿島アントラーズ     18 10  5  3  2  19 10  9   3▼
  5 川崎フロンターレ     17 10  5  2  3  16 15  1   7△
  6 横浜F・マリノス     16 10  5  1  4  15 10  5   5▼
  7 大宮アルディージャ    15 10  4  3  3  14 12  2   6▼
  8 ガンバ大阪        15 10  4  3  3  13 13  0  10△
  9 ヴィッセル神戸      14 10  3  5  2  16 13  3   8▼
 10 ジュビロ磐田       14 10  4  2  4  15 13  2   9▼
 11 大分トリニータ      14 10  4  2  4  11 10  1  11→
 12 京都サンガF.C.      14 10  4  2  4  10 14 -4  13△
 13 柏レイソル        13 10  4  1  5  12 12  0  14△
 14 清水エスパルス      12 10  3  3  4  9 11 -2  12▼
 15 東京ヴェルディ      11 10  3  2  5  11 16 -5  16△
 ---------------------------------------------------------------------
 16 アルビレックス新潟    9 10  2  3  5  7 15 -8  15▼
 ---------------------------------------------------------------------
 17 コンサドーレ札幌     7 10  2  1  7  8 18 -10  17→
 18 ジェフユナイテッド千葉  2 10  0  2  8  8 22 -14  18→

●toto
  買ってません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #37 マンU v ハマーズ

●スタジアム
    オールド・トラフォード  マンチェスター

●試合結果
  マンU 4 - 1 ウェストハム  Att: 76013

●審判
    マイク・ライリー

●ラインナップ

 マンU
                07 ロナウド     32 テベス

    13 パク     18 スコールズ   16 キャリック   17 ナニ

    03 エブラ   06 ブラウン     05 リオ         04 ハーグリーブス

                      01 Vサール
    サブ:
        08 アンデルセン   11 ギグス   22 オシェイ   24 フレッチャー   29 クスチャク
    監督:
        アレックス・ファーガソン

 ウェストハム
                        25 ザモラ     09 アシュトン

    34 ボアモルテ       17 ムリンス   08 パーカー     16 ノーブル

    03 マッカートニー   02 ニール     30 トムキンス   14 パントシル

                          01 グリーン
    サブ:
        12 コール   15 ソラーノ   23 ウォーカー   39 コリソン   40 セアーズ
    監督:
        アラン・カービッシュリー

●前半:試合展開
  02  MAU    :テベス右クロス→                                        DFクリア(CK)
  03  MAU SOG:ロナウド右ドリブルS→DFR                      GOAL★MAU 1-0 WHM
  07  WHM SOG:ノーブル左クロス→ザモラ中HS                        ☆DFクリア
  10  MAU       :ハーグリーブス右クロス                                  DFクリア
  15  MAU       :ロナウド左ドリブル、倒れる                              笛無し
  19  MAU S  :テベス右ドリブルS                                    ※DFクリア
  19  WHM S    :アシュトン中ミドルS                                    枠上
  21  MAU       :ロナウド→ナニ                                          DFクリア
  24  MAU       :ナニ右クロス                                            DFクリア
  24  MAU SOG:ハーグリーブス右クロス→ロナウド左TS            GOAL★MAU 2-0 WHM
  26  MAU SOG:テベス中ミドルS                                  GOAL★MAU 3-0 WHM
  28  MAU SOG:ボアモルテ右クロス→DFR→アシュトン中OHS    GOAL★MAU 3-1 WHM
  30  WHM       :アシュトン足を痛める→治療後復帰
  31  WHM S    :ノーブル中ロングS                                      枠上
  36  MAU S    :パク左クロス→ナニ中OHS                              あわず
  37  MAU ▼RC:ナニ、ニールに頭突き                              退場▼ナニ
  38  WHM ▲YC:ニール、ナニと小競り合い                          CARD▲ニール
  39  WHM ▲YC:マッカートニー、ロナウドを引っかける              CARD▲マッカートニー

●前半:コメント
  マンUが立て続けに3ゴールを決めた時点で試合の流れは決した感があるが、ナニの退場は無駄な
 プレイ。それでも一人少ないながら互角の試合を見せるのはさすがというべきか。特にハマーズ側に
 勝利への意欲が感じられないように見えるが、マンU側もDFに集中力が欠けるシーンが見えるのが
 気になるところ。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
     マンU   3   4   4   1   9  58   0   1
  ウェストハム   1   7   5   2   5  42   2   0

  

●後半:試合展開
  50  WHM    :パントシル右ドリブル、クロス                            DFクリア
  50  WHM S    :パーカー中ミドルS                                      枠上
  52  WHM 交代1:ボアモルテ(OUT)、ソラーノ(IN)
  57  WHM 交代2:アシュトン(OUT)、Cコール(IN)
  59  MAU SOG:キャリック中ドリブルMS                          GOAL★MAU 4-1 WHM
  61  MAU ▲YC:ロナウド、相手を蹴る                              CARD▲ロナウド
  61  MAU 交代1:パク(OUT)、ギグス(IN)
  63  MAU S    :ハーグリーブス右ミドルS                                枠上
  64  MAU 交代2:ロナウド(OUT)、フレッチャー(IN)
  66  WHM S    :ソラーノ右→ザモラ中TS                                枠上
  67  WHM ▲YC:ザモラ、抗議?                                    CARD▲ザモラ
  71  MAU SOG:ギグス中→フレッチャー右S                            ☆左ポスト
  73  MAU 交代3:スコールズ(OUT)、オシェイ(IN)
  75  MAU S    :左FK:ハーグリーブスS                                枠左
  75  WHM 交代3:マリンズ(OUT)、シアーズ(IN)
  78  WHM SOG:ザモラ左ミドルS                                        GKキャッチ
  84  WHM       :パーカー左クロス                                        GKキャッチ
  85  MAU       :ギグス中→ハーグリーブス右                              DFクリア
  89  MAU S    :テベス右ドリブルS                                      枠上

●後半:コメント
  結局ユナイテッド主導のゲーム展開は変わらず。ロナウドがファールで多少カリカリするシーンが
 あったくらい、キャリックの追加点やフレッチャーのポストを叩くシュートなど、最後までハマーズに
 チャンスを与えなかった。これで最終節を勝てば勝利、実にわかりやすい展開になったと言えるだろう。
 ナニの欠場が痛いが、ギグスやアンデルソンがきちんと穴を埋めてくれるはず。出来れば、ビディッチ
 とルーニーはCLに向けて温存したいところではある。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
     マンU   4  10   6   4  15  52   1   1
  ウェストハム   1   9   5   2  15  48   3   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] かのこん #05

#5 ダメになっちゃう?

コメント
  結界を張って屋上でお楽しみの2人だが、結界を破って登場する朔。ちずるさんが微妙にご機嫌斜め。
 胸に顔を押しつけられて耕太君も災難だなぁと。なんか怪しい腕輪を付けられた耕太君、いきなり性欲が
 出ると危険だとか。いや、嘆くのは分かるけどどうしてバックが薔薇…。ちずるさんがやってこないと
 言うことで皆さんご機嫌斜め。それにしても耕太君を影から見守るちずるさんって、まったくもって
 かのこんらしくないよね、というAパート。いや、まあ、学生のありようとしては正しい気がするが(笑)

  ちずるさん、2日目にして早くも禁欲症状、耕太君に会えないだけでそこまでやつれますか…。耕太君が
 やってきても居留守を使わざるをえないのは辛いよね。そこでちずるを縛って代わりに出て行くたゆらも
 偉いなぁ。まあ、結局たゆら君もちずるさんもボロボロになってます。まあ、結局そこへ耕太君が現れて
 合体して倒すのがお約束。勝負にも勝って腕輪も取れてめでたしめでたしなBパート。うーん、結局、
 朔君は何しに来たんでしょうね、あれ、幾さんが絡んでる訳ですか、やっぱり…。

来週のプレイ 「美しき青きドナウが流れちゃうプレイ」
  耕太君はスカートの中。踊り終えるまで隠れ通せたら耕太君の勝ち。
  あ、中でフンフンしないで、決壊しちゃ~う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] 第37節残留争い

●試合経過
 00   試合前:WIG 37(-17) MID 36(-19) BOL 33(-20) REA 33(-28) BIR 33(-17) FUL 32(-25)
 00 ---  本日:MID / REA / BIR / FUL /WIG  BOL(17:15)
 00    開始:WIG 38(-17) MID 37(-18) REA 34(-28) BIR 34(-17) FUL 33(-25) ■BOL 33(-20)
 06 FUL    :左クロス→マクブライド中HS→クロスバー        ポスト
 08 FUL SOG:FK:→中S                     ☆GKセーブ
 13 BIR    :左FK:ラーション                   DFクリア
 17 TOT SOG:GOAL:キーン                 GOAL★REA 0-1 TOT
 17    順位:WIG 38(-17) MID 37(-18) BIR 34(-17) FUL 33(-25) REA 33(-29) ■BOL 33(-20)
 41 BIR    :C→マクファデン右→                  DFクリア(CK)
 41 MID SOG:GOAL:リゴット                GOAL★MID 1-0 POR
 41    順位:MID 39(-17) WIG 38(-17) BIR 34(-17) FUL 33(-25) REA 33(-29) ■BOL 33(-20)
 +1 FUL SOG:右クロス→中S                    ☆DFブロック
 52 FUL SOG:左FK:ブラード→マクブライド中HS       GOAL★FUL 1-0 BIR
 52 WIG SOG:GOAL:バレンシア               GOAL★AVI 0-1 WIG
 52    順位:WIG 40(-16) MID 39(-17) FUL 35(-24) REA 33(-29) BIR 32(-18) ■BOL 33(-20)
 52 MID SOG:GOAL:サンリ                 GOAL★MID 2-0 POR
 63 WIG SOG:GOAL:バレンシア               GOAL★AVI 0-1 WIG
 87 FUL SOG:C→ネブランド中S                GOAL★FUL 2-0 BIR

●暫定順位
 14 Wigan      37 -16  40 14→
 15 Middlesbrough  37 -17  39 15→
 16 Bolton     36 -20  33 16→
 19 Fulham     37 -23  33 19△
 17 Reading     37 -29  33 17▼
 18 Birmingham   37 -19  32 18▼

フルアム降格圏脱出

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] マクロスF #05

05 スター・デイト
コメント
  ランカさん、実はお嬢様学校へ通ってるって「ごきげんよう」とか挨拶してるのかなぁ。コンテストに
 出たせいで停学だそうです。ロッカーに隠れたり携帯が鳴ったり、なんてお約束なんだ。なんだろう、
 キャサリンさんって、実は隊長さんともいい仲だそうな。シェリルさん、相変わらず悪魔だよ、そんな、
 胸の谷間にお守り入れたり…。そっか、シェリルさんは全部生まれたまんまなんだ…。でも、街をさまよう
 2人って完全なデートだよなぁ、と言うAパート。そっか、シェリルさんやっぱり人気者なんだ…。いや、
 女の子をつれて別の女の子のところへ行くのはどうなんだ。
  巨人の街ではしゃぐシェリルさん、いきなりパンティに曲のフレーズを書き始めたり…。シェリルさんを
 見ながら宇宙に思いを馳せるってアルト君も変だよね。一方、売り言葉に買い言葉で歌うことになった
 ランカちゃん、大声援を受けて光り輝いてます。え、敵のマシンが覚醒したのはランカちゃんのせいですか。
 いや、去り際にキスだなんて、シェリルさん格好良すぎるでしょう、というBパート。ギャラクシー船団が
 襲われたってのも大事だけど、それ以上にランカちゃんどうするんだ…。
次回予告
  船団が襲われてもシェリルさんは帰っちゃうんですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/02

[PREMERA Div. 07/08] 35節開始前

マドリー、勝てば優勝決定です

●Clasificacion
            PT  PJ  GD  07/08
 ------------------------------------------------
  1 R.Madrid     75  34  41  CL
  2 Villarreal    65  34  15  remain
 ------------------------------------------------
  3 Barcelona     61  34  29  remain
  4 At.Madrid     55  34  15  remain
 ------------------------------------------------
  5 Racing      53  34   2  remain
  6 Sevilla      52  34  16  remain
 ------------------------------------------------
  7 Deportivo     49  34   2 
  8 Almeria      48  34  -1 
  9 Espanyol     47  34  -4 
 10 Mallorca     47  34  11 
 11 Athletic     46  34   0 
 12 Betis       44  34  -4 
 13 Getafe      42  34  -4 
 14 Valladolid    42  34  -13 
 15 Valencia     42  34  -15  UC
 16 Recreativo    40  34  -17 
 17 Osasuna      40  34  -5 
 ------------------------------------------------
 18 Zaragoza     38  34  -10 
 19 Murcia      30  34  -24 
 20 Levante      25  34  -34  DOWN

●2位争い     35      36      37        38
  ビジャレアル  ヘタフェ(H)  レクレ(A)   エスパニョール(H) デポル(A)
   バルセロナ  バレンシア(H) Rマドリー(A) マジョルカ(H)   ムルシア(A)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] 残り2節状況

●第36節終了時点

     P Team       P PTS  GD  08/09
  ---------------------------------------------------------
 WIN   1 Man Utd     36  81  53  WIN , CL or CL-P
 CL   2 Chelsea     36  81  37  WIN , CL or CL-P
 CL-P  3 Arsenal     36  77  41  WIN , CL or CL-P
  =========================================================
 CL-P  4 Liverpool    36  70  36  CL-P
  =========================================================
 UC   5 Everton     36  62  21  (UC)
     6 Aston Villa   36  59  22  (UC)
     7 Portsmouth    36  57  11  (UC)
  =========================================================
     8 Blackburn    36  55  3  remain
     9 Man City     36  55  0  remain
     10 West Ham     36  48  -5  remain
     11 Tottenham    36  43  6  UC and remain
     12 Newcastle    36  43 -16  remain
     13 Sunderland    36  39 -20  remain
  =========================================================
     14 Wigan      36  37 -17  
     15 Middlesbrough  36  36 -19  
     16 Bolton      36  33 -20  
     17 Reading     36  33 -28  
  ---------------------------------------------------------
 DOWN  18 Birmingham    36  32 -17  
 DOWN  19 Fulham      36  30 -25  
 DOWN  20 Derby      36  11 -63  

●優勝争い
              37        38
    マンU(81+53) Wハム(H)     ウィガン(A)
  チェルシー(81+37) Nカッスル(A)   ボルトン(H)
  アーセナル(77+41) エバートン(H)   サンダーランド(A)

# 相手は互角。最終節は残留争い組だが、連勝出来ない方が負け。アーセナルは厳しい

●UC争い         37        38
  エバートン(62+21) アーセナル(A)   Nカッスル(H)
   Aヴィラ(59+22) ウィガン(H)    Wハム(A)
  ポーツマス(57+11) ボロ(A)      フルアム(H)

# アーセナルのモチベーションがどこまであるか。組み合わせはヴィラ有利

●残留争い     37        38
   フルアム(30) バーミンガム(H)  ポーツマス(A)
 バーミンガム(32) フルアム(A)    ブラックバーン(H)
  レディング(33) トットナム(H)   ダービー(A)
   ボルトン(33) サンダーランド(H) チェルシー(A)
 ミドルスブラ(36) ポーツマス(H)   マンC(H)
   ウィガン(37) Aヴィラ(A)    マンU(H)

# 残り2枠。ボロとウィガンは今節で残留を決めたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] カイバ #04

第4話 ばあさんの記憶の部屋

  重力の小さい星でカイバさんは走ってます。カバさんになって逃げ出したんですが、おばあさんに
 連れられて、勝手に直されてお金をせびられて、そこへ警備員が来てさあ大変って感じですが。
 カバさんが喋ってますね。まあ、宝物なんてそんなもんなんだろうな、というお話ですが…、最後は
 ちょっと悲しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

[REVIEW] The Spiderwick Chronicles

[REVIEW] The Spiderwick Chronicles
邦題:スパイダーウィックの謎

 レイトショーの中で一番面白そうなもの、というので「スパイダーウィックの謎」を見ました、ああ、こういうファンタジーな話だったんだと映画を見て気がつくのもどうかとは思うのですが、欧米方面の皆さんにとっての「妖精」って、日本で言う「妖怪」なわけですから、その意味でネコ娘がいないのが残念でした…、あ、中の人はちなちなでお願いしますって、いきなり鬼太郎ですか(笑)

 妖精とかお伽話とか、わざわざ映画見に来るのに嫌いな人はいないでしょ、という事なんだと思います。とりあえず、トマトと塩の強さを思い知らされました、でもトマトジュースは無塩派ですけどね(笑) あれだけ妖精さんが動かせるってのはCG頑張ってる、手間もお金もかかっていると言うことなんでしょう。まあ、ファンタジーにお金なんて俗っぽいことを言っている時点で負けなのかもしれません。

 主役の子供の顔に見覚えがあると思ったら、「チャーリーとチョコレート工場」の予告編で見た記憶が。パパさんも見たことあるなぁと思ったら、ニック・ノルティさんじゃないですか…、キャスト表みるまで分からないのはちょっと…。でも、やっぱりフェンシングをしているお姉さんがグーだし、それ以上に怪しい博士の娘さん(もちろん6歳時)がよい感じでした。ストーリー的に続編はないかな、とか思ってしまう自分は、なんとなくダメっぽい気がします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »