« [VIL] ピレス、ヴィジャレアルと契約延長 | トップページ | [CL09/10] 決勝開催地はサンチャゴ・ベルナベウ »

2008/03/28

[TV] CLANNAD #EX

番外編 「夏休みの出来事」

コメント
  そっか、特別な人なんだ、手繋いでるし…、って杏ちゃん、そこをバイクで抜けますか~(笑)
 なるほど、学園祭の後の話な訳ね。女の子に囲まれて渚ちゃんも大変だな…。あ~、芽衣ちゃん
 登場だ~。ここのパパさんが「泊まってけ」って言うと悪意が感じられないのはいいなぁ(笑)
 パンの上に乗っているのは、マーブルチョコですか…。「可愛い娘いますよ~」って、あんた
 鬼だよ、芽衣ちゃん。なんかゆかりんな芽衣ちゃん、大活躍やな~なAパート。「渚、好きだ!」
 ってねぇ…(笑)

  芽衣ちゃん、あんた兄に対してひどいよ…。あれあれ~、そんなエッチなセリフ言わせていいん
 ですか、いいけど。いやいや、おそろいのパンツはダメだろう。渚の朋也君は…、いいなぁ…。
 いやいや、パンにタコはダメだろう…。っていうか、渚ちゃん、頑張れ~。まあ、芽衣ちゃんの
 プランはムチャクチャだったけど、手握れたし良かったんじゃないの、というBパート。こういう
 恥ずかしくてオイオイな話は大好きです(笑)

次回予告
  アフターストーリーは…、笑ってはみれないのかな。来週から「To LOVEる」だよ。

|

« [VIL] ピレス、ヴィジャレアルと契約延長 | トップページ | [CL09/10] 決勝開催地はサンチャゴ・ベルナベウ »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/40671424

この記事へのトラックバック一覧です: [TV] CLANNAD #EX:

» CLANNAD  第23話 「夏休みの出来事」 [ゼロから]
古河渚の朋也に対するお姉さんぷりは、板に付いたようでなによりですね。しかし、二人が手を繋ぐところを裂くようにスクーターで通り抜けようとする藤林杏は、嫉妬でしょうか [続きを読む]

受信: 2008/03/29 01:22

» CLANNAD 番外編「夏休みの出来事」 [風庫~カゼクラ~]
『だって岡崎さんは・・・その、私にとって“特別な人”ですから』 てっきり春原エンドとか倒錯の番外編を予想しちゃってた CLANNAD番外編「夏休みの出来事」。 ラブい2人が“手を繋ぐまで”のホンワカ話でございました。 というよりも何よりも。 キターーーー!!! 「CLA..... [続きを読む]

受信: 2008/03/29 02:03

» CLANNAD -クラナド- 番外編 「夏休みの出来事」 [のらりんクロッキー]
とっても楽しい番外編でした~ こういう話もできるのがCLANNADの強みですね。 中原麻衣さんの演技が光りました。 できれば風ちゃんも出してほしかったな。 春原の扱いが…不憫でしたねw 朋也と渚はピュアすぎて見てるこっちが赤面ですよ。 朋也は付き合ってからは... [続きを読む]

受信: 2008/03/29 05:57

» CLANNAD 番外編「夏休みの出来事」 [MAGI☆の日記]
CLANNAD-クラナド-の番外編を見ました。番外編 夏休みの出来事学園祭も終わり、朋也は高校最後の夏を迎えていた。「いい天気だな」「はい」「補習なんかサボって海にでも行かないか?」「岡崎さん、毎日そんなこと言ってます」「だって、俺は進学するつもりはないんだぜ...... [続きを読む]

受信: 2008/03/29 09:07

» (アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 番外編 「夏休みの出来事」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
CLANNAD 4 (初回限定版) 付き合い始めてから暫く経つものの、その関係に進展を見ない朋也と渚。そんな二人に、周囲はやきもきさせられるが・・・。 [続きを読む]

受信: 2008/03/30 23:35

» CLANNAD 第23話 [にき☆ろぐ]
さて、本編が一区切りついて番外編です普通に本編のその後だったんですね付き合い始めた朋也と渚ですが・・・ってまだ手をつないだこともないと!?どんだけウブなんですかこの2人は・・・まぁ渚がああいう性格ですからねなかなか進展しない2人に周りもやきもきしてるみた...... [続きを読む]

受信: 2008/04/01 17:43

« [VIL] ピレス、ヴィジャレアルと契約延長 | トップページ | [CL09/10] 決勝開催地はサンチャゴ・ベルナベウ »