« ディスガイアDSでリメイク | トップページ | [QMA5] 今日の成績(落ちることもあるさ~) »

2008/03/21

[コラム] オジェック解任騒動について思う

 オジェックが名将かと言われれば、去年のリーグ制覇ならずの結果が示すように疑問をはさむ声は多いろう。ただ、アジア制覇という結果を踏まえ、より一層の飛躍ができるとのフロントの判断があったから継続したはずなのに、「たかが2敗」で解任というのは、普通のチームのやることとは思えない。

 「監督と選手の仲がしっくりいっていない」というのが、いきなり今年の3月になって判明したとは考えにくい。普通に考えれば去年から引きずっていた問題であることは明らかなだけに、去年一杯でやめてもらうべきだったと言うのが筋、最悪シーズン開始前に手を打つべきだった。去年の終盤の失速について、監督と協議し、今年はオジェック体制継続で行って問題ないと判断したから今年も依頼しているのだから、もう少しフロントが責任を持って支えるべきだろう。「致命的な事態になる前に対応した」とのコメントには納得いきがたいものがある。

 その後の人選がエンゲルスというのもどうだろう。オジェック体制下のコーチである以上、能力的にはオジェックより下と考えるのが普通だろう(何を持って優劣をつけるかは難しいところではあるが)。それに、今の低迷に対して少なからぬ責任があるはずだ。無論、現時点で開いている有力監督がいないという事情はわからないでもないが、指揮をとる前から「今年一杯の契約、場合によっては複数年の延長も考えている」なんて発言が出てくるのはおかしい。レッズという組織の中にオジェックを快く思っていない派閥があったんじゃないの、と勘繰られても仕方がない。

 チームとして機能していないと言う事態について、監督が責任を負うのは当然としても、長谷部、小野、ワシントンの放出をとめられず、またポンテの長期欠場という事態の中、有効な手立てを打てないフロントにも問題はあるだろう。高原、エジミウソン、梅崎、サントスの獲得が手だと言えばそうなのだが、新加入選手で穴を埋めようとする時点で、序盤のミスマッチは十分に予想できるはず。序盤の苦戦はある程度盛り込み、かつ後半からのペースアップを計るなら、この2敗も悪いスタートではあるが、最悪とは言えないはずだ。

 結論として、フロントそして選手の中に、アジア王者になったおごり、自分たちは強者であるというおごりがあったのではないだろうか。「豊富な資金力を生かして能力の高い選手を取ったから大丈夫」、「去年タイトルを取れたのだから今年も同じ方向で大丈夫」、「自分たちは強いのだからこれくらいやっておけばいいだろう」、無意識のうちのそんな気の緩みが少しずつ積み重なって、今の惨状を招いてしまったのではないだろうか。もちろんレッズが強豪チームであることに異論を挟むつもりはない。ただ、資金力、観客動員力の差ほどにはチーム力の差がない、というのも事実だし、何よりレッズが強くなったのはつい最近の事であるというのをもう一度思い出した方がいいのではないだろうか。

[レッズ公式] 08.03.16[クラブ]ホルガー・オジェック監督の契約解除について
[レッズ公式] 08.03.16[クラブ]ゲルト・エンゲルスコーチ、監督就任について
[レッズ公式] 08.03.16[クラブ]ゲルト・エンゲルス新監督、記者会見
[スポーツナビ] 浦和がオジェック監督解任 エンゲルス・コーチが昇格

|

« ディスガイアDSでリメイク | トップページ | [QMA5] 今日の成績(落ちることもあるさ~) »

football(Jリーグ )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/40642942

この記事へのトラックバック一覧です: [コラム] オジェック解任騒動について思う:

« ディスガイアDSでリメイク | トップページ | [QMA5] 今日の成績(落ちることもあるさ~) »