« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/31

川澄綾子さん、お誕生日おめでとうございます。

 初めてお会いしたのは、2004年12月19日の「ハピネット・ピクチャーズ DVDアニメフェスティバル」、
それから3年ちょい、思ったより短いなぁと思うのは、それだけ与えてもらった時間が充実している
からなのでしょう。
 自分のお誕生日にイベントがあって最高と書いたのが約1ヶ月前。そして今度はあやち~さんの
お誕生日のイベントに出席することが出来ました。1日遅れてしまいましたが、

  ハッピー・バースディ川澄綾子さん

 今日から始まる1年が、今までにもまして幸福な日々でありますように。

P.S.
  イベント帰りに街で見かけた手書きメッセージ。占いなんぞは信じませんが、書いてある内容は
 信じてもいいかな、とか思ったり(笑)

20080330011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 今月のチェック予定

正確には来月なんでしょうが…。
そりゃ、なんといっても「かのこん」だよね~、あとは「To Loveる」…、
エッチっぽいのばっかりな気がするのは気のせいだろう。気のせいだ、気のせいに違いない(笑)

# かのこんとTo Loveる以外は録画保存すると思います…。

  Mon 11:00 CH-729    キディ・グレイド(4/27)             
  Mon 11:30 CH-729    護くんに女神の祝福を!(4/27)       

  Tue 24:00 CH-276    ロザリオとバンパイア(4/22)         
  Tue 25:00 CH-4      RD 潜脳調査室(4/08)               

  Wed 09:30 CH-729    もっけ
  Wed 11:00 CH-729    シゴフミ                           

  Thr 07:00 CH-729    もえたん                           
  Thr 09:00 CH-729    ウエルベールの物語 第二幕          
  Thr 10:30 CH-729    仮面のメイドガイ(4/10)             
Thr 11:00 CH-729    S・A~スペシャル・エー~(4/17)      
  Thr 11:30 CH-729    みなみけ2                         
  Thr 24:00 CH-276    ぽてまよ                           
  Thr 24:00 CH-330    カイバ(4/10)                       
  Thr 26:00    CH-6    To Loveる(4/05)

  Fri 11:30 CH-729    ウィッチブレイド オリジナル解禁版( 
  Fri 24:00 CH-276    True tears                         
  Fri 24:00 CH-276    ひだまりスケッチ
  Fri 25:00    CH-6     マクロスF

  Sat 10:00 CH-729    魔法少女リリカルなのは             
  Sat 10:30 CH-729    かのこん(4/05)

  Sun 07:30 CH-729    絶対可憐チルドレン(4/20)            

  Sun 13:00 CH-729    みなみけ(4/13)                     
  Sun 17:00 CH-6      コードギアス 反逆のルルーシュ R2   

(4/15)19:30 CH-729    一騎当千Dragon Destiny      
(4/27)08:30 CH-729    桃華月憚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/30

[J1 2008] 第03節結果

●2008Jリーグ ディビジョン1 第3節 試合結果
 03/30
   G大阪 ○2 - 1  東京V        万博(13,693)
    清水 △0 - 0△ 大宮        日本平(13,855)
  FC東京 △3 - 3△ 京都        味スタ(19,233)
    川崎 ○2 - 0  千葉        等々力(17,658)
     柏  1 - 2○ 札幌          柏(10,048)
    浦和 ○3 - 0  新潟         埼玉(46,962)
    鹿島 ○2 - 1  横浜FM      カシマ(22,901)
   名古屋 ○2 - 1  大分        瑞穂陸( 8,764)
    神戸 ○3 - 2  磐田       ホムスタ(10,043)

●順位表

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD  前節
 ---------------------------------------------------------------------
  1 鹿島アントラーズ     9  3  3  0  0  8  1  7   1→
 ---------------------------------------------------------------------
  2 ヴィッセル神戸      7  3  2  1  0  8  4  4   4△
  3 名古屋グランパス     7  3  2  1  0  5  2  3   5△
  4 大分トリニータ      6  3  2  0  1  5  3  2   2▼
  5 横浜F・マリノス     6  3  2  0  1  4  3  1   3▼
  6 FC東京         5  3  1  2  0  7  6  1   6→
  7 京都サンガF.C.      5  3  1  2  0  6  5  1   7→
  8 大宮アルディージャ    4  3  1  1  1  3  2  1   8→
  9 清水エスパルス      4  3  1  1  1  3  3  0  10△
 10 川崎フロンターレ     4  3  1  1  1  4  5 -1  14△
 11 ガンバ大阪        4  3  1  1  1  2  4 -2  15△
 12 ジュビロ磐田       3  3  1  0  2  5  5  0   8▼
 13 浦和レッズ        3  3  1  0  2  3  3  0  17△
 14 柏レイソル        3  3  1  0  2  3  4 -1  11▼
 15 コンサドーレ札幌     3  3  1  0  2  3  7 -4  18△
 ---------------------------------------------------------------------
 16 東京ヴェルディ      1  3  0  1  2  2  5 -3  13▼
 ---------------------------------------------------------------------
 17 ジェフユナイテッド千葉  1  3  0  1  2  1  4 -3  12▼
 18 アルビレックス新潟    0  3  0  0  3  2  8  0  16▼

●toto結果

第324回 mini toto-A組 くじ結果  
  03/30  日本平  1  清水  0-0  大宮  0  1
  03/30   万博  2  G大阪 2-1  東京V 1  12
  03/30  味スタ  3  F東京 3-3  京都  0  1
  03/30  等々力  4  川崎  2-0  千葉  1  02
  03/30    柏  5  柏   1-2  札幌  2  1
       当せん金 16,220円
      当せん口数   829口
    次回への繰越金    0円

第324回 mini toto-B組 くじ結果 
  03/30   カシマ 1   鹿島 2-1  横浜M 1  10
  03/30    埼玉 2   浦和 3-0  新潟  1  02
  03/29    平塚 3   湘南 2-3  徳島  2  1
  03/30  レベスタ 4   福岡 2-0  愛媛  1  1
  03/30  ベアスタ 5   鳥栖 1-1  熊本  0  1
     当せん金 9,827円
    当せん口数 1,024口
  次回への繰越金   0円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] TAF2008:ゼロの使い魔 公開録音

場所
  東京ビッグサイト東1-3ホール

時間
  14:00 - 13:35

出演者(敬称略)
  日野聡    (日向才人役)    [日:]
  釘宮理恵   (ルイズ役)     [釘:]
  川澄綾子   (アンリエッタ役)  [川:]
  能登麻美子  (ティファニア役)  [能:]
  ICHIKO (第1期第2期OP) [I:]

注意
  公録ですんで、詳細はラジオで聞いてください(笑)

0)OP前
  ばっさり略。ラジオお約束の挨拶や導入をやってました。いや、公録だからいっかな~って
  ぼーっとしてました。(笑)

1)トリスティア学園掲示板

■シークレットゲスト登場

特別ゲストとして登場するあやち~とまみまみ。

 川:アンリエッタ役の川澄綾子です。よろしくお願いします。
 能:皆さんこんにちは、ティファニア役の能登麻美子です。よろしくお願いします。
 日:今日は川澄さんのお誕生日と言うことだそうで。
 川:はい、はい、そうなんです。
 釘:まさに今日なんですよね。
 川:すみません…。

だから、謝らなくてもいいですから(笑)

 釘:わたし「さくら」とかわかったよ~。
 川:ほんと~?
 日:俺、弁当食べながら「梅干しだ~」って。

回答は「ウメ」でしたけどね(笑)

■半泣きのくぎみ~

ここで、くぎみ~より第3期シリーズのタイトルが紹介される。

 釘:「ゼロの使い魔~、プリンセッセのロンド」です。

しかしステージ上に漂う微妙な雰囲気…。

 川:「セッセ」でいいの?
 能:「セッセ」なの…?
 日:これは、「プリンセッセ」でいいんですね。

ステージ上の様子に微妙な雰囲気の会場。スクリーンにはプリンセッセと書いてあるのに…。

 釘:泣きそうになっちゃったよ、ばか~!
 日:皆さん、バカがでましたよ~!
 釘:だってだって、台本、「プリンセス」だったんだもん。

ホントに半泣きだった気がする。いやぁ、偉いぞくぎみ~、がんばった…。ということでタイトルは
「プリンセッセのロンド」です。読み間違えのないように、もしくは漢字表記で(笑)

■3人のプリンセス

 川:3人と言えば誰ですかね?
 日:アンリエッタでしょ、キュルケでしょ、それと…、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・
 ラ・ヴァリエールですね~。

さらっとフルネームで言える日野ちゃま、さすがです。

 釘:ど~して、ティファニアって言わない、能登さん来てるのに!

言ったら言ったですねると思うのだが…。でもプリンセスならルイズよりタバサじゃないか?(笑)

 日:だって、よくわからないし…。
 能:まあ、これから、おいおいね…。

中の人さえわかってないんだろうなぁ、今は…。

■ティファニアは小さい、大きい…、何が?

 川:2の終わりの時、3はまだ決まってなかったんだよね。
 能:2では、ティファニアは、もう少し小さい気がしたんだけど。

それは、告知ポスターのように、ルイズと並んでなかったからだと思います(笑)

 釘:胸はおっきかった。
 川:おっきかった。それだけは覚えてる。
 釘:ラジオの人にはわからないんですが、これが動くんだよ~。
 能:うごくよ~、わかんないけど…。

ここは日野ちゃまに「胸がですか?」とかいうセクハラ発言を期待したのですが…。

 釘:2期の最後に(ティファニアが)出たときも、言葉は少ししかなかったよね。
 日:ぽわーんって感じで。
 川:ほわ~でもいいんじゃない?
 能:でも、続くと思ってなかったので、3期に出られるのが嬉しいです。
 釘:収録が楽しみだね。
 日:いっときますけど、「灼眼的な」感じじゃないですからね。

歓声で答える客席。メディア・ファクトリー的にはどうなんでしょう(笑)

■巨乳キャラとくぎみ~

 釘:日野ちゃまは、どこに期待してます?
 日:もちろん、「ちち、レボルーション」

客席からは歓声。それに対して3人の冷たい目。「ちちレボ」だったかな?

 日:サイトの事とかどう思います?
 川:アンリエッタはサイトのこと気に入っていると思う。

気に入ってなきゃ、あんなコトしないと思います…。

 川:「あれ」はあんなに開いてたのね。収録中も「どうしよう」って思ってたんだけど、
 「アンリエッタ、ホントに姫かよ!」、ホントすごいシーンだった。

アレは姫としてどうなのかな~と思います。それだけ真摯に囮役に徹してると言うことなのか…、
才人に対してそれだけではない何かがあったのか…。

 釘:1期は真面目だったけど、2期に入って弾けだした。
 川:シエスタが一番すごいよね、才人に迫ったり。

そのシエスタの中の人は別ステージでイベントのようでしたが(笑)

 川:でも、サイトがもてるのわかる気がする。格好いいし。
 釘:でも、見てる点、1つだよ…。
 川:その点は忘れたい。

それは、サイトというより日野ちゃまへの突っ込みでは(笑)

 釘:私、役柄的にそこが豊かなのがないの…。
 川:…、そうだね。理恵ちゃんのやってた役考えてたけど、確かに無いよね。

なんつ~追い打ちをかけますか(笑)

 川:いいんだよ、理恵ちゃんは!
 釘:ありがとう、慰められた…。
 日:でも、自分で振ったんだよね…。
 釘:うっさいなぁ…。

慰めに…、なってるか?
まあ、世の中には「貧乳はステータスだ」なんて格言もありますし、ツンデレに巨乳キャラは似合い
ませんし、いいんじゃないでしょうか、いいのかなぁ…。

■メッセージ

 釘:それでは、メッセージをお願いします。川澄さんから。
 川:え~と、どうですね。第1期をやったのは今からどれくらい前かわからないくらいですが、
  始まったときはこんなに続くとは思わなかったです。3期では色々な話があるようですので、
  楽しい話もあったらいいなと思います、戦争とかの話だけではなく。

原作に比べるとソフトなんですけどね。

 川:学園の話になるとアンリエッタの出番は減るのかもしれないけど、そこは大人の力で、
  国王なので権力を駆使して参加したいと思います。夏から始まる第3期シリーズを楽しみに
  しています。今日はどうもありがとうございました。

「学校に入学しちゃいました」とか、「何か文句がおありですか、ルイズ・フランソワーズ…」とか、
姫様の笑顔で言われると断れないよな~(笑) 期待してます。続いてまみまみ。

 能:正直、出られると思ってなかったので3期は楽しみです。気心の知れた皆さんと楽しくやりたい
  です、皆さん楽しみにしてください。

何でどう気心が知れているんだろう、というのが気になりましたが(笑)

2)言葉の魔法

 釘:2人とも可愛かったね。普段はなかなかゲストを呼んでくれないので、ゲストさんと喋れて
  嬉しかったです。次行っていいですか?
 日:待ってください…。
 釘:じゃあ、しりとりでもする?
 日:まじっすか…、出来ました!

いや、必死で原稿探す人間にしりとりですか…、やっぱ日野ちゃまにはきびしいな~、くぎみ~(笑)
公録で早口言葉をやるのは「スタッフがどSだから」と言うひのちゃま。いつものように対決しましたが、
くぎみ~の勝利と言うことになったようです。

3)ミニライブコーナー

 ICHIKO
  「I SAY YES」
  「First kiss」

ともに1番のみ。会場大混雑のためジャンプ禁止でした。あたりまえだっての(笑)

 釘:すごくよかった~。
 日:すごい格好良かったです。
 釘:今度機会があったら、私たちもバックで踊りたいです。
 日:邪魔にならない程度にね。
 I:次は3人で、広い場所で踊りましょう。

しっかり踊ってもらいましょう(笑)

4)最後の挨拶

 釘:ホントにホントにすごかった。こんなに人が来ると思わなかった。

ここで、右、中、左それぞれにお礼を言う日野ちゃま

 釘:心に残る一日でした。
 日:みんな、格好良すぎだよ~。皆さん、マジで好きです。ありがとうございました~。

 釘:困ります、それでなくてもみんな日野ちゃま大好きなんだから…。

そんなくぎみ~のぼやきに客席から「好きだよ」の歓声があった…はず。

 釘:俺も大好き!

俺っすか…。くぎみ~も可愛いんだからもう少し言葉に注意した方が…。

 釘:俺って言っちゃったよ、ちょっと男気があったかな。

くぎみ~だからオッケーです。

 日:皆さんどうもありがとうございました。
 釘:これからもおうえんしてくださいね
 2:さようなら~

もう少し喋ってたような気がかなりしますので、ラジオで補完してください(笑)

5)感想

 ゼロの使い魔に関しては…、期待してますよ。主役のアンリエッタ様、ティファニア、そしてシエスタ
の巨乳3姫が大騒動を繰り広げるってお話ですよね、あ、姫ならキュルケをくわえなきゃいけないのか…。
だって、前のイベントで作者さんが「胸の革命」って言ってたし。まあ、そんなことを言うとルイズに
お仕置きされること間違い無しでしょうが(笑)

 日野ちゃまとくぎみ~は相変わらずくぎみ~が黒いなという感じで、そこに突っ込みのあやち~さんと
ほんわかなまみまみが加わって、いい感じだったと思います。もう少し落ち着いた会場で座ってゆっくり
と見たかったところですが、「かのこん」を整理券で見た人間にそういう事言う資格はないんだろうなと、
はい言いません(笑)

 あやち~さんはイベントは手慣れた物だし、とりあえず一番に喋るという責任感に溢れた人なのでまあ、
よく喋ってましたが、それだけにまみまみが大人しく見えたなと。速報では「ほとんど喋ってない」とか
書いてるし(笑) 「ムネモシュネ・イベント」では結構頑張ってたけどね、ボケでくぎみ~をツボに
はめてたけど…。

 第3期に関しては待ってましたというか、あそこで終わったら特にまみまみファンは納得しないだろう、
製作サイドだってある程度見越してああいう起用をしたんだとは思います。幸いなことにアクシデントも
起こらず無事に続編が作られるのは何よりです。原作がシビアな方向に向かっているのに楽しい話がある、
というのが若干不安ではありますが、まあアニメはアニメとして楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] TAF2008:かのこんイベント

場所
  東京ビッグサイト東1-3ホール

時間
  13:00 - 13:25

 出演者(敬称略)
  川澄綾子   (源ちずる役)   [川:]
  能登麻美子  (小山田耕太役)  [能:]

0)開演前

コスプレイヤーのお姉さんが二人登場して撮影タイム。

20080330006  こんな感じ。



メディア・ファクトリーの司会のお姉さんが登場、諸注意を。
  ・撮影禁止(含むメディア)
  ・押したりしない
  ・Web、雑誌に載るかも

メディア含めて撮影禁止って聞かないけど、それどころでない混乱だったからかな…。

1)トークコーナー前半

司会者の紹介に応じて左側から登場する2人。

あやち~
  白の7分袖のワンピース、丈は膝程度。
  黒のタイツ、黒のヒール。

まみまみ
  茶色のワンピース
  黒のストッキング、黒のヒール

挨拶の後、着席。まみまみが客席から向かって左、あやち~が右。

■キャラクターについて

 司:それぞれのキャラクターについてコメントをお願いします。
 能:耕太はすごく純朴な少年で、素朴です。まるで女の子みたいに可愛いです。

一生懸命コメントをするまみまみへの、あやち~さんの視線に深い愛を感じました…。

 川:ちずるは耕太よりも1学年上で、すごく積極的な娘。あと、ナイスバディ。すごいキャラだけど
  実は狐の妖怪で、400年以上生きています。普段は普通の女の子だけど、変身するとあんな感じに
  なります。

スクリーン上のちずるの設定画を示すあやち~。「あんな感じ」が金色の方のコスプレイヤーさん(笑)

 川:さっき、PVが流れてたんだけど、はずかしいねって。
 能:(苦笑)
 司:恥ずかしいですか?
 川:はい。こっぱずかしいです。収録中は、あんまし思わなかったけど…。

だから、「こっぱずかしい」とか言わないで(笑)
ここで、ふと思い立ったようにまみまみに尋ねるあやち~。

 川:思う?
 能:思わないけど…、改めてみると恥ずかしい。
 川:収録とかで、みんながクスクス笑うのが恥ずかしい。
 能:笑えるポイントがあるんですよね。

笑いたくなる関係者の気持ちはよくわかります(笑)

■見所

 司:現場の雰囲気はどうでしょう?
 川:女の子が多いので「ちずるの言動はありかなしか」というのが話題になる。

結局ありなんだろうか、無しなんだろうか…(笑)

 司:作品の見所は?
 川:見所は山のようにありますが、次回予告がホントに面白い、予告になっていないんですが…。
  ちずるさんが耕太にやりたいエッチなプレイを考えるんですが…「よく考えるな~」って。
 能:なんか、60本ぐらい候補があるんだそうで…。
 川:その中からよりすぐった12本なんで、相当馬鹿馬鹿しい。

「嫌らしい」とか「不潔」ではなく「馬鹿馬鹿しい」ということはまだ救いがあるのでしょうか、
あるいは逆に救いようがないんでしょうか…。それにしても、最近、予告に妙な力を入れる作品
多いかも(笑)

■ラジオ

 司:お二人でラジオをやっているそうですが?
 川:もう、配信した? した…。聞いてくれた人?

結構な人間が手をあげる。

 川:結構いるね。
 能:結構嬉しいね。

ごめんなさい、まだ全然追い付いていません。あなたたちのせいで3月は忙しすぎです…(笑)

 川:ラジオではかのこんの世界を絡めたりしつつ、だいたいずっと喋ってます。
 能:かのこんと関係ないことをね。でも、2回目以降は色々と…。
 川:コーナーとかをね。毎回ミニドラマがOPに入ってますので聞いてください。

このあたりの情報は前回のイベントで聞いたのと同じかな。

2)身も心も2人はひとつ!? 愛の憑依クエスチョン

 司:せっかくなので、ラジオのコーナーをやってもらいます。

タイトルを読み上げる2人。いやいや、タイトルもどうなんだって感じですが(笑)

 司:普段は2人で合わせるんですが、今回は会場の皆さんと合わせて頂きます。
 川:すごいです。
 能:これはすごいことです。
 川:私たちは100発100中なんだよね。
 能:すごい正解率だよね。
 川:でも、みんながね…。

あなた達の世界に割り込むのは大変ですから…(笑)

■第1問:花と言えば

 川:えっと、あれだよね。
 能:ちょっとまって…。

まみまみにわからないものが、ファンにわかる訳がないです。

 川:今の季節だよ!
 能:そうだね。
 川:私、この花が一番好きなんです。
 能:綾ちゃん言ってるもんね。

まあ、「今の季節」でわかります。

 2:せーの。
 全:さくら!

当然、全員一致です。

 川:ありがとうございます。
 能:ありがとうございます。
 川:他のこと言った人がいるか気になる。チューリップとか…、言った人手あげて?

当然手をあげる人はいない。

 川:お~。
 司:優秀ですね。

このヒントで桜以外を思い浮かべる人は日本人じゃないと思う(笑)

■第2問:おにぎりの具といえば

 能:これは、別れますからね。
 川:まみこは…、変だよね。

いきなりなんつー事を言うんでしょう(笑)

 能:あやちゃんはポピュラーだよね。
 川:麻美子に合わせるよ。

まてまて、変なのに合わせられても困るぞ…。

 能:いやいや、あやちゃんので。好きなの3つあるよね。
 川:うーんとね、いつも飲むとき私が頼む奴。
 能:えっ…?
 川:ってわかんないか…。

残念ながら一緒に飲んだことありませんから…(笑)

 能:鮮やかな奴。
 川:いっぱいあるよ!

あなたがそこで突っ込みますか。このままだとダメかな~と思ったんですが…。

 川:すっぱいので行く!
 能:すっぱいのね。

それは、1つしかないですからね。ナイスヒントでしょう。

 2:せーの。
 全:うめ!

梅干しじゃないのか…(笑)

 司:お見事です。
 川:ちなみに、麻美子が好きなのはいくらでした。
 能:綾ちゃんはこんぶかおかかだよね。
 川:ちがうよ~、昆布やおかかは飲み屋で頼まないでしょ!
 能:あれ~。
 川:めんたいこだよ!

あやち~さんの片思いの様相を呈してます。ちなみに「いくら」は変じゃないです、大好きです(笑)

■第3問:3月30日といえば?

 能:あ~、これはね。
 川:…。
 司:これは、能登さんと会場の皆さんで相談してもらいましょう。
 能:あやちゃん、置いてけぼりですね。みんな、わかりますよね。
 川:ぽかんとしてない?
 能:綾ちゃん…。そんな、重要なイベントですから。
 川:ありがとう…、イベント、イベント!?
 司:ちなみに、アニメフェアじゃありませんからね。

そんな空気読めない人間はいません(笑)

 2:せーの。
 全:綾ちゃん、お誕生日おめでと~!

お約束な展開。ここでプレゼントということで、ちずるのコスプレさんから黄色い花束を渡される。

 司:せっかくですから、皆さんでハッピーバースディを歌いましょう。最後の部分は
  「ハッピーバースディ ディア、綾ちゃん」で。

♪ ハッピー・バースディ

 川:ありがとうございます。

ここで、会場の2カ所から「お誕生日おめでとう」の字幕が出された様子。

 川:ありがとう、本当に嬉しいです。
 司:ここで、能登さんの方からもプレゼントがあります。
 能:はい、ちずるさんの好きないなり寿司~。
 川:ありがと~、一緒に食べようね~。
 能:私もいなり寿司好き~。

まみまみ、ナイス返しだ(笑)

 能:でも、30日ってホントに当日に、こうやって皆さんで祝ってもらって、すごいよね。
 川:ありがとうございます。すみません…。
 能:あやまることないよ~
 川:ああいうの、わざわざ隠しててくれたんだよね。うれしい。ありがと~。

再び掲げられた字幕の方にお礼をいうあやち~さん。

3)トークコーナー後半

■各種告知
  ここで告知のコーナー。プレゼントを引き取ろうとするスタッフに、いなり寿司は渡すが、花束は
 持ったままでいいと言った様子のあやち~。そういうところ好きだな。
  AT-X、動画、携帯での送信にくわえ、PS2のゲームも出るそうです。

■メッセージ

 司:では、最後になりましたが、沢山お越しいただいた会場の皆さんにメッセージをお願いします。
  能登さんから。
 能:はい。こうして沢山の方々とお会いできて嬉しいです。放映がもうすぐ始まりますが、恥ずかしい
  シーンも多いののですが、それらも含めて楽しんで頂けたらと思います。絵柄も恥ずか…、可愛い
  ので、ドキドキすることが出来ると思います。是非見てください、お願いします。

「恥ずかしい絵柄」というのは本心だったりするのかな。やっぱ恥ずかしいんだろうな…。

 司:続いて川澄さん。
 川:どうもありがとうございました。今日は誕生日だったんですが、とっても思い出深い誕生日に
  なりました。AT-Xの方で放送開始ということで、えっちでこっぱずかしい作品なので、隠れて
  みるのもいいかもしれません。大きな画面で見たい人、小さな画面で隠れてみたい人、それぞれの
  ニーズに応える形になってますので、嬉し恥ずかしな気持ちを味わってください。きょうはどうも
  ありがとうございました。

「嬉し恥ずかし」に続いて「こっぱずかしい」もお気に入りとして登録されたようです。
これでイベントはおしまい。客席に手を振りながらする2人退場。

4)感想

 25分は短いけど、会場の状況を考えると30分が限度だろうな…。こんなに沢山の人が来ると思って
無かったのは、きっとメディア・ファクトリーの関係者なんだろう。個人的には、もう少しほっちゃんの
方に流れてくれるのを期待したのだが…(笑)

 イベント内容に関しては、可もなく不可もなく、いつものようにあやち~さん主導で、まみまみは
それについて行き、時折ぼけたところへあやち~さんが厳しく突っ込む、というお馴染みのリズムで推移
した感じです。まあ、ラジオでずっとそんな感じでやってた訳ですし、手慣れた物でしょう。

 しかし、「こっぱずかしい」とかをあっけらかんと言ってしまうというのは、どうなのかな~と
思わないでもなく。「ちょっぴりいやらしい」とか「男の子が好きそうな」とか、もう少しマイルド
だけど実は過激な言い方というのはあるとは思うんですが、まあ、あやち~さんですからOKです。

 最初に書いたように短いイベントではありましたが、楽しい時間を過ごさせてもらって、本当に
2人と関係者の皆さんには感謝です。でも、次は是非とも座ってもう少し長い時間見せて頂きたいと
思います。その方がレポートも書きやすいので(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] TAF2008:ムネモシュネ・ステージ

場所
  東京ビッグサイト東1-3ホール

時間
  11:00 - 11:30

出演者(敬称略)
  能登麻美子(麻生祇 燐 役)  [能:]
  釘宮理恵 (ミミ 役)    [釘:]

服装
 まみまみ:茶色系のワンピース。黒のストッキング&黒のヒール
 くぎみ~:ピンクと白のチェック。袖がヒラヒラ、スカートは膝くらい。

1)登場

■トークコーナー

自己紹介、の後トークコーナー

 司:お二人でイベントというのは、今までにありますか?
 能:2人でイベントは初…。
 釘:初かもしれない。
 司:今日はこんなに沢山の人に来て頂いて。
 能:すご~い。
 釘:みんな見てる?

半分くらい手をあげたかな。
ここで番組を見るためには「スカパー!」に入ってくれという話。ステージに向かって右に予約コーナーあり。

 司:あそこで受付やってますので、加入されてない方は是非ともお願いします。
 釘:あはは、ここでって、具体的な…。
 能:ここでね。

宣伝上手な司会者さんに苦笑する2人。

■番組紹介

 司:ムネモシュネの意味をご存じですか?
 能:勉強しました。「記憶の女神」みたいなものだそうです。

メモには「記憶のメガネ」とあったのだが、後で調べたら「女神」だったというのは内緒だ(笑)
別にまみまみの滑舌が…、とか言いたい訳ではない、多分…。

 釘:1話の時から分かって分かってたっけ?
 能:1話の時は「なんなんだ~って」
 釘:さやかさんが教えてくれた。「私調べてきてます」って。
 能:そうでした…。
 釘:さすが!
 能:すごいね…。

さすが、さやかお姉様。ぼけてない時はすごい(笑)

■難しい

 司:作品についての感想は?
 能:全部難しい。
 釘:アクションが多い。
 能:内容が複雑。
 釘:難しいよね。1回目見てわかるのかな?
 能:仲間だ~。
 釘:わからなかった人、手あげて?

そこそこ手が上がった…と思う。後ろは見えないのでよく分からないけど。
AT-X限定先行放映ですしね。

 能:話が入り組んでたりするしね。
 司:まあ、わからない人はDVDで見てもらうって事で。
 釘:すごいね、全部そっち方面。世の中全部それっすか。
 司:「買って」とは言ってませんから。「DVDでチェックしてね」と。
 能:大人のやり方だね~。

いや、まあ、いいですけど。そういうやり方にはもう慣れましたし(笑)

2)PV上映

ここで、1話と2話の名シーンを合わせて作ったPVの上映。5分ぐらいあったかな。

 2:すご~い!
 釘:初めて見ました。1話と2話のダイジェストですね。まあ、これでわかった人は…いないかも。

とりあえず、すごい迫力だってのはわかりました。というか本編みなさい(笑)>自分

3)キャラ紹介

 司:ここで、キャラの紹介をして頂きたいのですが、普通にやっても面白くないので、相手のキャラに
  ついての紹介をして頂きたいと思います。まずは釘宮さんにリンの紹介をお願いします。
 釘:はい。リンはコンサルティング会社を経営しています、いわゆる何でも屋さん。あと、メガネを
  かけてます!
 能:その通り。

いや、メガネを強調されても、メガネ属性はないんで…、(笑)

 釘:メガネがチャームポイントです。20代後半らしいけど、いろいろあって、酸いも甘いも知り
 尽くした感じ。でも飄々と生きています。全体的にたまに見せるお茶目さが可愛いです。

スラスラというくぎみ~。やるじゃん。

 釘:どう、正確でしょ!?
 能:すご~い。今度から真似しようって思った!

いや…、まみまみらしいけど、その発言はどうよ…、と思う訳で(笑)
主人公が20代後半って時点でかなりチャレンジングですね。

 司:続いて能登さん、ミミの紹介をお願いします。
 能:え~と、ミミは助手をしていて、外見は10代前半なんですが、経験が豊富で、正直いくつなん
  だろうって感じです。
 釘:ねぇ~。
 能:ねぇ~。リンと仲いいですよね。

あなた達も、仲いいですよね(笑)

 釘:あと、「お水係」してます。
 能:そう、お水という名のウォッカを飲ませてくれる…。
 釘:2人ともお酒に強い。

ということは20歳以上ですよね、理論上は…。でも日本の話じゃなかったらいいのか(笑)

 能:後、パソコン担当です。
 釘:大変なの~。「なんとかてらばいと」とか、みんなは普通かもしれないけど、そんな言葉、日常
  つかわん!

さすがにテラまでは、まだつかわないので…(笑)

 能:説明が多くて、頭のいい女の子です。

PCとかに疎いまみまみにとっては神様に見えるんだろうな~
まあ、あんまり人のことは言えないんだけど(笑)

4)ストーリーの見所

■第1話の見所

 司:ここで第1話の見所を能登さん、お願いします。
 能:何ですかね…。

ここでくぎみ~の方をみるまみまみ。いきなり振りますか(笑)

 釘:なんですかね。あの人との出会いですかね。
 能:大きいね。うんうん。見所がありすぎて、何を言っていいかわからないんです。

「物は言い様」というのはこういうときに使うのかな。
まみまみは言葉の重みをしっているので慎重なんですよ…、とフォローしておく(笑)

 能:ローラって言う謎の女性が出てきて、これからの伏線、導入部分という感じなので、すべてが
  見所です。
 釘:伏線が一杯なので、見逃すと「はて?」」となってしまいます。
 司:さっきからほとんど釘宮さんが説明してますね。
 能:あれ、私も答えてますよ~。

いや、くぎみ~さんがほとんど説明してますよ(笑)
まあ、まみまみですから全然オッケーなんですけどね。

■第2話の見所

 司:第2話の見所は?
 釘:第2話はサザーランド切手の会で、切手が重要な役割を果たします。あと、天使が出てきます。
 能:みんな「ぽかーん」としてますね。

そりゃ「切手」と「天使」が見所って言われてもね(笑)

 司:ミミ大活躍の回ですね。
 釘:「ビンゴ!」って言った回か! すごく大変だった!、セリフが。
 司:出るたびに服装が替わるミミに注目ですよね。
 釘:番組の討ち入りの時に、「ミミは衣装こってます」って言われた。デスクワーク中心だから、
  気分転換の気持ちもあるのでは。衣装を買えて気持ちをあげるっていう。
 能:時代を先取りしている感じだよね、メイド衣装とか。
 釘:メイド服は唐突だよね。
 能:時代が90年代なので、先取りしてるかなと。

最近だとメイド服も見飽きたかな~とか思うのですが、それって負けですか(笑)

■第3話の見所

 司:ここで、4月放送予定の3話の見所を。
 能:衝撃的です。非常にビックリすることが起こってます。
 釘:言っちゃっていいのが、水着の事だけ。でも「水着着てます」って言っても「ふ~ん」って感じで。
 能:「だから?」って感じだよね。

水着がサービスショットにならない番組らしいし~(笑)

 釘:話は、1,2話よりわかりやすいです。
 能:2話がやたらと難しいです。
 釘:人の関係図とか書きながら、2人で頑張りました。
 能:それに比べると3話はおっかけやすいです。

1話が難しいのは…、シリーズもののあり方としていいのか?(笑)

5)プレゼント&告知

ここで、リピート放送の告知の後、プレゼントコーナー。
これだけの混雑で整理券ゲット対象者へのプレゼントって、企画的にどうかと思うんですが(笑)
プレゼントはマイクロファイバータオルのサイン入り。絵柄はリンの「あらあら」な絵。

 能:サインのしどころに悩みました。
 釘:どこに書いても「あらあら」って感じで。
 司:結構いい材質使ってるんですよ。

司会者さんの言葉にタオルを触ってみる2人。

 釘:すごい~。
 能:きもちい~。

ここで、ミミのコスプレをした女の子が箱を持ってくる。

 能:かわい~。
 釘:ミミちゃんだ~。

ここで一人目を引く能登さん。

 司:台本では、心のこもった言葉をかけるとあります。
 能:おめでとうございます。使ってください。

いきなり言われても困るよな~、という空気を察したのか、二人目以降は普通の「おめでとう」のみ。

2:おめでと~ございます~!

■DVD&ラジオ

ここで最後とも近いと言うことで各種告知。
DVDには英語字幕がつくとのこと。

 釘:私、今度、英語の字幕つけてみます!
 能:ホントに?
 釘:麻美ちゃんに英語で話しかけます。でも、吹き替えじゃなくて良かった…。
 能:絶対出来ないよね。

いや、吹き替えですから、欧米な皆さんが声当てるんですよ(笑)
続いてラジオの説明。0話を音泉で公開中とのこと。1話以降はDVDの特典。

 釘:皆さん、ラジオ聞いてくれましたか。何となくあんな感じです。楽しくおしゃべりしてます。
  「あは~」みたいなゆるい感じ。
 能:うん、その通り。私は特に言うこと無しです。このままな感じでお話ししてます。
  番組のカラーとは違うけど、のんびりやってます。

「あは~」だとゆるいのか、とか、まみまみが絡めばのんびりになるよね…、というのはいいんですが。

 釘:日高さんのマイクの持ち方、格好いい~!
 能:ちょっと上向きでね。
 釘:ありがとうございます。

また妙なところに…(笑) この日はマイク絞りはしてなかったはず。
続いて、コミックや小説の告知をする日高さんだが、何故かくぎみ~がツボに…。

 釘:(苦笑して下を向く)
 司:どうかしましたか、釘宮さん?
 釘:だってだって、(まみまみが)コミックの時「まんが~?」って、その後ノベルって言って
 「小説」って…、どれだけ英語ダメなの~って。
 能:(苦笑)
 釘:まあ、笑ったらガンにならないしね。
 能:ガン予防にね。

いや~、気づかんかったな~。っていうかまみまみならよくある話だし~(笑)

6)最後の挨拶

■メッセージ

 司:では、最後に皆さんにメッセージをお願いします。
 能:こんなに沢山集まってくれて嬉しいです。アダルトな作品ですが、内容が濃くて面白いので、
  是非ともご覧になってラジオを聞いてください。今日はどうもありがとうございました。

まみまみがアダルトって…、まあいいか(笑)

 釘:本編はすごく時代が変わって、謎が一杯です。視聴者に挑戦している感じなので「お~、乗ってやる!」
  って感じで見てください。ラジオもゆるゆるでやってますので応援してください。今日はありがとう
  ございました。

くぎみ~がゆるゆるって、実はそうなのかな。ひのちゃまと一緒だとかなり黒いのに(笑)
ということでイベント終了。30分ぐらいでした。

7)感想

  ムネモシュネは前から見たいと思って楽しみにしていたのですが、ごめんなさい、録画だけして
 まだ見てません。ただ、結構危険なシーンが多いので、こんなの流していいのかな~、まみまみや
 くぎみ~に声当てさせていいのかしら、とか思ったりする今日この頃です。DVDねぇ…、かなり
 欲しくはあるんですが先立つものとの相談ですかね。

  AT-Xのみの先行放映なので、こういうイベントで知名度を上げるのは戦略として間違ってない
 とは思います。ただ、イベントの形態とそこで得られる収益という意味では微妙な気がしないでもなく。
 作品個々のメディアに対する露出はあまり高くない気がするし、イベントに来るファンは「絶対に買う」
 層か、「作品はともかく中の人を見に来る」層のような気がするので。

  それはともかく、朝11時からイベントって、見る方もやる方も、ホント大変だな~と思う訳で。
 2人ともこれが1つ目で、結局この日は都合4つのイベントに出席した訳で、ホントにお疲れ様でした。
 でも、整理券を徹夜しないとゲット出来ないような今の状況は正直何とかして欲しいな~と思う訳です。
 しかも立ち見だと後ろの方なんてほとんど見えないしね、立ち見2列目なのでどうにか見えましたが。
 詳細なレポートが書けなかったのは、混雑してたせいです、ということにしてください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

03月30日のココロ日記(BlogPet)

今度、ブログ妖精の世界にNagaさんを連れていってあげますね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] CLANNAD ~クラナド~

●公式HP
    クラナド  

●放映日程
・TBS  2007年10月 4日(木) 25:55~  ※初回は26:25~(30分押し)
・MBS  2007年10月13日(土)25:55~
・CBC  2007年10月17日(水)26:50~  ※初回放送は、27:20~
・BS-i  2007年10月25日(木)25:00~

●キャスト
  岡崎 朋也(おかざき ともや)    中村 悠一
  古河 渚(ふるかわ なぎさ)      中原 麻衣
  古河 秋生(ふるかわ あきお)    置鮎 龍太郎
  古河 早苗(ふるかわ さなえ)    井上 喜久子
  春原 陽平(すのはら ようへい)  阪口 大助
  春原 芽衣(すのはら めい)      田村 ゆかり
  伊吹 風子(いぶき ふうこ)      野中 藍
  伊吹 公子(いぶき こうこ)      皆口 裕子
  芳野 祐介(よしの ゆうすけ)    緑川 光
  藤林 杏(ふじばやし きょう)    広橋 涼
  藤林 椋(ふじばやし りょう)    神田 朱未
  一ノ瀬 ことみ(いちのせ ことみ)能登 麻美子
  坂上 智代(さかがみ ともよ)    桑島 法子
  宮沢 有紀寧(みやざわ ゆきね)  榎本 温子
  幸村 俊夫(こうむら としお)    青野 武
  相楽 美佐枝(さがら みさえ)    雪野 五月
  柊 勝平(ひいらぎ かっぺい)    白石 涼子

●概要
    ふとした偶然で売れないパン屋と関わることになった主人公が、売れるパンを目指して勝ち目のない
  戦いを繰り広げる経営シミュレーションとか、迫り来る辞書やヒロインの回し蹴りを紙一重でかわす
  アクションシーンの数々、それを物陰から見守る健気な双子の妹。そして主人公の友人の妹や母親と
  繰り広げる禁断の恋…、と言うようなお話なんですかねぇ。きっと映画とは違う話になることだけは
  間違いないだろうなぁ(笑)

●ラジオ
  渚と早苗のおまえにレインボー     【配信開始日】  2007年10月5日(金)(毎週金曜更新)

●感想
  エンディングには正直度肝を抜かれた。あの「クラナド」でこういうハッピーエンドにする方法が
 あったのかと。時系列の流れは多分ゲームとも映画とも違うのだろう。ただ、その中で渚と朋也が
 この時点で幸せな結末を迎えられたの言うのは予想外であり、また嬉しくもあった。

  渚パパのあの飛び込みは、ある程度予想出来た気もするが、あそこまで潔くやってくれれば言う
 事はない。そしてそれに答える早苗さんも、涙声とかではない応援の言葉を渚にかける。ここまで
 くれば朋也が出て行かない訳はない。普通の状況ではまずあり得ないシチュエーションだが、この家族
 の前ではさも当然のことに見えてくる。そんなみんなの声援に応えて舞台を演じきる渚。パパの褒める
 様子を見るに悪くはない出来だったのだろう。このエンディングと原作の関係はよくわからない。
 しかし、TV版クラナドの最終回としては、いい話だったと思う。

  もちろん不満に残る点もある。序盤の風子、その次のことみまでの描かれ方と比べて終盤の杏や
 椋、それに智代の描かれ方はあわただしかったのが残念だ。朋也との関わりを考えると、むしろ
 風子やことみよりも詳細に描かれてしかるべきなのに、時間の都合か演出の都合か、詳細な掘り下げ
 がなされなかったのは残念だ。テニスコートで泣く杏と椋を、原作を知らないファンは受け入れる
 事が出来たのだろうか。

  そんな残念な点はないとは言わないが、マルチストーリーのTVストーリー化という不可能への
 挑戦は、かなりな成功を収めたと思う。ただ、智代エンドや続編の製作の発表など、まだまだ続くと
 言う事に、素直に喜べない自分がいるのも確か。ゲームの世界はこの後も色々な話が続く。でも、
 TVの世界はこのまま平穏に終わってもいいんじゃないか、むしろ終わった方がいいんじゃないかと
 いう思いを捨てきれない。その懸念は続編を見るまで晴れることはないのだろう。ただし結論から
 言えば、2クールのストーリーものとしては、なかなかうまく作られた作品だったということだろう。

●サブタイトル
  1. ■ 第 1話 「桜舞い散る坂道で」  / 2007/10/04  [感想]  [公式]
  2. ■ 第 2話 「最初の一歩」     / 2007/10/11  [感想]  [公式]
  3. ■ 第 3話 「涙のあとにもう一度」 / 2007/10/18  [感想]  [公式]
  4. ■ 第 4話 「仲間をさがそう」   / 2007/10/25  [感想]  [公式]
  5. ■ 第 5話 「彫刻のある風景」   / 2007/11/01  [感想]  [公式]
  6. ■ 第 6話 「姉と妹の創立者祭」  / 2007/11/08  [感想]  [公式]
  7. ■ 第 7話 「星形の気持ち」    / 2007/11/15  [感想]  [公式]
  8. ■ 第 8話 「黄昏に消える風」   / 2007/11/22  [感想]  [公式]
  9. ■ 第 9話 「夢の最後まで」    / 2007/11/29  [感想]  [公式]
 10. ■ 第10話 「天才少女の挑戦」   / 2007/12/06  [感想]  [公式]
 11. ■ 第11話 「放課後の狂想曲」   / 2007/12/13  [感想]  [公式]
 12. ■ 第12話 「かくされた世界」   / 2007/12/20  [感想]  [公式]
 13. ■ 第13話 「思い出の庭を」    / 2008/01/10  [感想]  [公式]
 14. ■ 第14話 「Theory of Everything」/ 2008/01/17  [感想]  [公式]
 15. ■ 第15話 「困った問題」     / 2008/01/24  [感想]  [公式]
 16. ■ 第16話 「3 on 3」       / 2008/01/31  [感想]  [公式]
 17. ■ 第17話 「不在の空間」     / 2008/02/07  [感想]  [公式]
 18. ■ 第18話 「逆転の秘策」     / 2008/02/14  [感想]  [公式]
 19. ■ 第19話 「新しい生活」     / 2008/02/28  [感想]  [公式]
 20. ■ 第20話 「秘められた過去」   / 2008/03/06  [感想]  [公式]
 21. ■ 第21話 「学園祭にむけて」   / 2008/03/13  [感想]  [公式]
 22. ■ 第22話 「影二つ」       / 2008/03/20  [感想]  [公式]
 23. ■ 番外編 「夏休みの出来事」   / 2008/03/27  [感想]  [公式]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/29

[TV] 機動戦士ガンダムOO #25

第25話 「刹那」

コメント
  アレルヤ&ハレルヤはマシン大破でも健在、刹那も本命のアルバトーレと戦っております。ユニット
 を失いながらも相手を撃破、でも中から本命のモビルスーツ…、百式…?。なんか、単機になっても
 ビーム兵器のパワーすごいな…。アレルヤはビームで破壊されるも中佐と少尉の連携で大破、マリーって
 誰…。最後の最後にフラッグですか、まさに真打ち登場ですな。ティエリアはGNドライブを射出、
 ハレルヤはアウト、そして刹那は…。
  時は流れて4年後の2031年、地球連邦が発足して1年、平和維持軍が発足。ティエリア、ネーナ、
 サーシェスは健在。沙慈は宇宙の仕事に従事。そして空に流れるGNドライブの軌跡。
 イノベイターってなんだ~、ようやくOO登場…なのか? 色々謎を残して第2シリーズへ続く。
 って、なんだかなぁ(笑)
  個人的にはネーナさんが健在でよかった…のかなぁ。スメラギさんやフェルトさんはどうしたの
 かな…。王さんは宇宙服も格好いいな~とかそんな感じなのかな。まあ、次シリーズも合わせて
 評価しないとね。え、あの人はティエリアじゃないのぉ?

次回
  なんか、ルルーシュが次番組のように見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

[レポート予告] 東京国際アニメフェア2008

●更新履歴

 「かのこん」と「ゼロの使い魔」、「ムネモシュネ」どうにか公開しました。これでうちどめです。

08/03/29
  10:45 - 11:15 解禁!「絶対可憐チルドレン」レベル0: 平野綾/白石涼子/戸松遥/中村悠一 [メモ]
  12:00 - 12:30 「カイバ」トークイベント:桑島法子/小林治/竹内夕己美  [メモ]
  14:00 - 14:30 「To LOVEる-とらぶる-」渡辺明乃/戸松遥/矢作紗友里  [メモ]

08/03/30
完成 11:00 - 11:30 「ムネモシュネの娘たち」トークショー:能登麻美子/釘宮理恵  [メモ]
完成 13:00 - 13:30 「かのこん」トークイベント:能登麻美子/川澄綾子  [メモ]
完成 14:00 - 14:30 「ゼロの使い魔on the radio」公開録音:釘宮理恵/日野聡/能登麻美子/川澄綾子/ICHIKO  [メモ]

S:最優先事項よ! A:公開する方向だけど遅れたり不十分だったり… B:メモレベルかな C:無かったことになるかも…

●イベントデータ提供
  声優系イベント予定表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 灼眼のシャナII #24

第24話「守るべきもの」

コメント
  しゃなたんとへかてーたんの戦いだ~。マージョリーさん大ピンチ~。へかてーたん、目が怖いよ~。
 悠二もシャナも、そして吉田さんも戦うAパート。へかてーたんを守るシュドナイは格好いいと思う
 けどな~。

  悠二君、消えかかってますよ…。悠二君、成長したな~。いや、そんなに存在の力放っちゃダメ
 でしょう。戻ってこいって言って戻ってくる物なのか…。まあ、お涙頂戴な話にしないのが2期
 っぽいと言えばそうなんだけど、なんかへかてーたんの記憶が微妙な役割を果たしたようで。
 まあ、結論から言えば、「おかえりなさい」っていう吉田さんなわけですよ、というBパート。
 えーと、結局どっちを選んだんですかねって、シャナなんでしょうが。第3期は…、なさそうで
 ありそうで、という感じでしょうか。すべては第2期の売り上げ次第…、それと作り手の気力かな。

次回予告
  マクロスと言えば…、シュークリームかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

最近のお仕事(「もっけ」だよ~~)

 「もっけ祭り」、レポートほぼ完了です。色々リンクを張りたいのですが、それは一息ついてから、ということでここから。
 アニメは、「CLANNAD」「シャナ」「ガンダムOO」をオンタイムで見てました。感想はここから。
 Jリーグはtotoの整理を兼ねて結果まとめをしてます。こちらから。かなり、カーリング協会へかなり寄付しました(笑)

春の海が見たくなったので旅に出てきます。探さないでください。サッカーとかF1とかは帰ってからどうするか考えます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/28

[UC09/10] 決勝開催地決定

[UEFA.COM] 2010年UC決勝はハンブルグで開催
 UEFAは28日、リヒテンシュタインのファドゥーツで理事会を開き、UEFAカップ決勝をドイツのアレナ・ハンブルクで開催することを決めた。 2011年の決勝会場については、各理事に候補地を検討する時間を与えるために決定を先送りした。

# 2009年は シュクリュ・サラチョール・スタジアム イスタンブール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL09/10] 決勝開催地はサンチャゴ・ベルナベウ

[UEFA.COM] 2010年UCL決勝はマドリードで開催
 UEFAは28日、リヒテンシュタインのファドゥーツで理事会を開き、2010年UEFAチャンピオンズリーグ決勝をマドリードのサンチャゴ・ベルナベウで開催することを決めた。 2011年の決勝会場については、各理事に候補地を検討する時間を与えるために決定を先送りした。

  1957年       レアル・マドリー 1-0 ACフィオレンティーナ
  1969年          ACミラン 4-1 AFCアヤックス
  1980年 ノッティンガム・フォレストFC 1-0 ハンブルク

チャンピオンズリーグになってからの開催は初めてですか、GOAL2では優勝してましたがね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] CLANNAD #EX

番外編 「夏休みの出来事」

コメント
  そっか、特別な人なんだ、手繋いでるし…、って杏ちゃん、そこをバイクで抜けますか~(笑)
 なるほど、学園祭の後の話な訳ね。女の子に囲まれて渚ちゃんも大変だな…。あ~、芽衣ちゃん
 登場だ~。ここのパパさんが「泊まってけ」って言うと悪意が感じられないのはいいなぁ(笑)
 パンの上に乗っているのは、マーブルチョコですか…。「可愛い娘いますよ~」って、あんた
 鬼だよ、芽衣ちゃん。なんかゆかりんな芽衣ちゃん、大活躍やな~なAパート。「渚、好きだ!」
 ってねぇ…(笑)

  芽衣ちゃん、あんた兄に対してひどいよ…。あれあれ~、そんなエッチなセリフ言わせていいん
 ですか、いいけど。いやいや、おそろいのパンツはダメだろう。渚の朋也君は…、いいなぁ…。
 いやいや、パンにタコはダメだろう…。っていうか、渚ちゃん、頑張れ~。まあ、芽衣ちゃんの
 プランはムチャクチャだったけど、手握れたし良かったんじゃないの、というBパート。こういう
 恥ずかしくてオイオイな話は大好きです(笑)

次回予告
  アフターストーリーは…、笑ってはみれないのかな。来週から「To LOVEる」だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2008/03/27

[VIL] ピレス、ヴィジャレアルと契約延長

[UEFA] ビジャレアルがピレスと契約延長
  スペインのビジャレアルCFは27日、けがから回復したした元フランス代表MFロベール・ピレス(34)との契約を2009年夏まで1年間延長した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/26

[WC2010] 3次予選#02 バーレーン v 日本

堀池さんを解説にしてください。もしくはNHKに中継させてください、ホントはスカパー!がいいけど(笑)

●試合結果
  バーレーン 0 - 1 日本

●ラインアップ
      12 巻  16 大久保

         10 山瀬

  05 安田  13 鈴木  14 中村  03 駒野

    15 今野  02 中澤  06 阿部

         01 川口(c)
  サブ:
    11 玉田  09 山岸  07 遠藤  18 楢崎  04 水本  08 羽生  17 田代
  監督:
    岡田武史

●前半:試合展開
 04 BHA    :左クロス                        DFクリア
 05 JPN    :安田左ドリブル、クロス                 DFクリア(CK)
 05 JPN    :左CK:中村→
 12 JPN ▲YC:ファタディ、FKで早く動く            CARD▲ファタディ
 13 JPN SB :中FK:中村S                     壁
 14 JPN    :左FK:中村→                     GKキャッチ
 15 JPN    :駒野右クロス→安田                   あわず
 16 BHA    :右FK:→                       DFクリア
 23 BHA S  :中ミドルS                       枠上
 27 BHA SOG:右ドリブルMS                     GKキャッチ
 29 BHA    :中フィード→                      あわず
 30 BHA    :左クロス→中HS                   ※枠右
 32 BHA    :右CK:→                       DFクリア
 34 JPN    :左FK:中村                      DFクリア
 35 JPN    :右クロス→中S                     枠上
 36 JPN SOG:駒野中ミドルS                     GKキャッチ
 37 BHA    :左クロス→中、エリア内で倒れる             笛無し
 37 BHA    :右クロス→中                      DFクリア
 38 BHA    :右クロス→中                     ※GKセーブ
 41 JPN S  :山瀬中ミドルS                     枠上
 42 BHA ▲YC:ジャラル、レイトタックル             CARD▲ジャラル
 42 JPN    :左FK:→巻中落                    あわず
 45 JPN SB :山瀬左クロス→大久保中S                DFクリア(CK)
 46 BHA S  :ファタディ中S                   ※※枠右

●前半:コメント
  日本は決定的なチャンスを全く作れず、攻撃のチャンスもセットプレイ頼み。安田が何度か左サイド
 から突破を見せたが、決定的なクロスまでは結びつかず。逆にカウンターや相手のクロスに対する
 守備の混乱が目立った。特に駒野、安田あたりが中央で高さ勝負をせざるを得ない展開だと、正直、
 苦しい。アウェイの試合で相手にチャンスを作らせつつもドローという結果は悪くないが、このまま
 チャンスを作れないようでは、相手にゴールを奪われかねない展開。カウンターでもセットプレイでも
 何でもいいからチャンスを作って攻めの姿勢を見せたいところ。

●後半:試合展開
 47 BHA    :左クロス→                       DFクリア
 47 BHA S  :中ミドルS                       枠上
 48 BHA SOG:左クロス→GKセーブ→オマル中S           ☆クロスバー
 51 JPN    :巻右クロス                       あわず
 55 BHA S  :中ミドルS                       GKキャッチ
 57 JPN 交代1:山瀬(OUT)、遠藤(IN)
 58 JPN    :駒野右クロス→                     GKキャッチ
 59 JPN ▲YC:阿部                       CARD▲阿部
 62 BHA    :右フィード→左                     ファール
 63 BHA S  :中ドリブルMS                     枠左
 66 BHA    :右クロス→中                      DFクリア(CK)
 67 BHA    :左CK:                        GKキャッチ
 67 JPN    :右クロス→中                      DFクリア
 68 JPN    :中村右ドリブル                     DFクリア(CK)
 69 JPN S  :右CK:遠藤→巻中HS                 枠上
 70 JPN    :駒野右クロス→大久保中                ※あわず
 71 JPN    :遠藤左スルーP→大久保                 オフサイド
 72 JPN 交代2:安田(OUT)、山岸(IN)
 72 BHA    :右クロス→                       枠上
 73 BHA    :右クロス                        GKキャッチ
 74 BHA S  :右ミドルS                       枠右
 76 JPN SB :山岸中ミドルS                     DFブロック
 77 BHA SOG:左クロス→GKセーブ→中HS           GOAL★BHA 1-0 JPN
 79 JPN SB :遠藤中ミドルS                     DFブロック
 80 JPN    :遠藤中スルーP→中村                  DFクリア(CK)
 82 JPN 交代3:阿部(OUT)、玉田(IN)
 83 BHA ▲YC:ラケア、駒野を倒す                  ▲ラケア
 90 JPN    :中村中スルーP→巻→大久保→G             オフサイド

●後半:コメント
  残念な結果ではあるが、今日の展開を考えればバーレーンの勝利は妥当な結果だとも言える。
 シュート数を見てもバーレーンの方がゴールへの意欲は高かった。90分間で日本の決定機は無し、
 駒野のクロスに大久保が飛び込んだのが唯一のチャンスでは、無得点で終わるのも当然。終盤、
 相手のDFが疲労困憊で動けなかっただけに、結果論ではあるがもう少しやりようがあった気が
 する。
  失点シーンに関しては、川口の判断ミスとしか言いようがない。あのはじき方はどうにも中途
 半端、少なくともW杯で守るキーパーのプレイではない。不慣れなDFラインのまずい守備も
 重なって相手に失点を許してしまったのは悔やまれる。ただ、あのシュートがなくてもポストに
 救われるシーンもあったし、1点は取られてもしょうがない展開だったような気がする。ドロー
 狙いとも思える消極的なゲームプランが、結果として自らの首を絞めることになってしまったと
 言うところだろうか。
  もちろん、アウェイで勝ち点1でも欲しかったのは正直なところ。ただし、上位を争うチームの
 アウェイでの1点差敗戦は、いい結果ではないが致命的な結果とは言えないだろう。これからチーム
 を立て直してホームで勝利をおさめればいいということ。後は、2位争いの相手となるオマーンに
 対してしっかり結果を出すことが大切だろう。

●スタッツ
         G   S  GK  CK  POS
  バーレーン  1  14   7   4  47
     日本  0   8  16  10  53

●第2節終了時順位
       M  W  D  L  P  A GD Pt
   BAHRAIN 2  2  0  0  2  0  2  6
    JAPAN 2  1  0  1  4  2  2  3
    OMAN 2  1  0  1  1  1  0  3
  THAILAND 2  0  0  2  1  5 -4  0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] やわらか三国志 突き刺せ!! 呂布子ちゃん 4巻

[公式サイト] ストーリー

はぷにんぐ7
  いやいや、若本御大にこんな曲歌わせちゃダメだろう…(笑) そっか、転校生ものか…。ということで、
 呂布子ちゃんと高順が入れ替わってます(笑) しかし仕返しがスカートめくりって低レベルだなぁ…。
 ブラ試着って、友達の前じゃやらんだろう。レナちゃん、なんか怪しい服装だなぁ。なんか先生に抱きついて
 るのもお約束だなぁ…。いきなりお風呂に誘うのもいいとして、サービスタイムとかアイキャッチ入れてるし。
 そして陳宮さんが乱入して無事解決。まあ、ぼっこぼこにされるのは仕方ないよね

次回予告
  へっくしょん、ゆざめしちゃいました (by 高順)

はぷにんぐ8
  雪が積もってます。一人で雪合戦ってわびしいなぁって、いきなりUFOに拉致されてますが…。なんか
 レナちゃんが電車に乗って旅立ってますよ…、と思ったら宇宙戦艦だったり、若奥様だったり…。いやいや、
 大事な物がないって驚く宇宙人もどうよって話があるんですが、変身して宇宙人も成敗したり、そして地上に
 戻ると…、10年が経過ですかって、そこで

次回予告
  銀河中央に到達したり宇宙人が来たり、宇宙が滅亡したり…。うそだぴょんって…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/24

[F1 2008] ランキング(第2戦まで)

ドライバーズ・ランキング

  1 22 L.ハミルトン   (マクラーレン・メルセデス) 14( 4)
  2  1 K.ライッコネン  (フェラーリ)        11(10)
  3  3 N.ハイドフェルド (BMWザウバー)        11( 3)
  4 23 H.コバライネン  (マクラーレン・メルセデス) 10( 6)
  5  4 R.クビサ     (BMWザウバー)        8( 8)
  6  7 N.ロズベルグ   (ウィリアムズ・トヨタ)    6
  7  5 F.アロンソ    (ルノー)           6( 1)
  8 11 J.トゥルーリ   (トヨタ)           5( 5)
  9  8 中嶋一貴     (ウィリアムズ・トヨタ)    3
 10 14 S.ブルデー    (STRフェラーリ)       2
 11 10 M.ウェーバー   (レッドブル・ルノー)     2( 2)

コンストラクターズ・ランキング

  1 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 24(10)
  2 BMWザウバーF1チーム           19(11)
  3 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ  11(10)
  4 AT&Tウィリアムズ            9
  5 INGルノーF1チーム            6( 1)
  6 パナソニック・トヨタ・レーシング     5( 5)
  7 レッドブル・レーシング          2( 2)
  8 スクーデリア・トーロ・ロッソ       2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ガンダム00] こんな第2期はイヤだ…

とりあえず、コメントは差し控えさせて頂きます(笑)

なぜかネーナが主役
  刹那の立場は…

フェルトがモビルスーツに乗っている
  いや、これはイヤでないひとは少なくないか…

王留美が世界支配に乗り出す
  なさそうでありそうだ…。

いきなり10年後の話。
  刹那が丸くなってネーナとイチャイチャしてたり…。

いきなり100年後の話。
 「その昔、ソレスタルビーイングという夢を追いかけた奴らがいてのぉ」とか老人が喋ってたり…。

いきなり10000年後の話。
  文明が原始に戻って復興中…。

いきなり200年前の話
  イオリア・シュヘンベルグの行動をトレースしてたり

実はイオリアの夢
  「悪い夢を見たよ…」なんて回想してたり。

実は誰も死んでない
  現れてない勢力が拾い上げては治療して…。

死んだ人がサイボーグとして生き返っている。
  手や目が蘇生できるんだから…、それくらい出来ても…。

死んだ人がクローンとして生き返っている。
  それはどこのSEEDですか…。

いきなり人類粛正が始まる
  人間の存在こそが諸悪の根元だ…。

いきなりエレベータ落としのシーン
  クレーターが出来るほどの破壊力はないかな

いきなり隕石落としが始まる
  いや、近くにそんな天体ないですけど…。

第1期の生存者が誰もいない
  それはどこの新作ですか…。

いきなりSEEDの3期が始まる
  そういえば映画どうなったんだ…

実は第2期はなくなった…。
  だから、次々と人を…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[CD] ツンデレシリーズ、こんどは百人一首だ!!

[DEARS公式] 『ツンデレ百人一首』 発売のお知らせ

●製品情報

  タイトル:ツンデレ百人一首
  発発売日:2008年5月9日(金)
    価格:2,625円(税込)
  製品番号:DEARS-26
  JANコード:4582260620205
  収録内容:ツンデレ読み手CD&カルタ付き(100枚×2)
    制作:DEARS

  くぎみ~が「千早振る…」なんてツンデレ風に読むのか、古典にケンカ売ってるな~、と思ったら
 そういう訳ではなく、ツンデレな文章を100個集めたから、「ツンデレ百人一首」なんだそうで。
 確かに一般的な百人一首には、「小倉百人一首」って名前あるもんなぁ…。つまり、「後撰百人一首」や
 「源氏百人一首」と同じくくりとして「ツンデレ百人一首」というのが選ばれた訳ですね(笑)
 しかし、こういう文章を100個覚えて、上の句だけで取れと言いますか…。こういうのを買う皆さん
 は札が汚れるのがイヤで、百人一首として使えなかったりしないんでしょうか(笑)
  ツンデレといえばくぎみ~っていうのはわかりやすくていいんだけど、変化球でまみまみとか言う
 のはどうでしょう、ダメでしょうか。あと、あやち~さんを起用して「ツンツン百人一首」とか、
 そういうのも、是非ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/23

[J1 2008] ナビスコ杯第02節

2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第2節 試合結果
 03/23
    神戸  0 - 1○ 名古屋      ホムスタ( 6,051)
    京都 △3 - 3△ 浦和        西京極(13,332)
    磐田  0 - 2○ FC東京      ヤマハ(10,543)
   東京V △0 - 0△ 清水        味スタ( 7,154)
    札幌 ○2 - 1  川崎         室蘭( 5,387)
    千葉 △1 - 1△ 柏        フクアリ(10,856)
    大宮 △0 - 0△ 横浜FM     NACK(10,091)

グループA

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD
 ------------------------------------------------------------
  1 京都サンガF.C.      4  2  1  1  0  4  3  1
  2 名古屋グランパス     3  2  1  0  1  1  1  0
  2 ヴィッセル神戸      3  2  1  0  1  1  1  0
  4 浦和レッズ        1  2  0  1  1  3  4 -1

グループB

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD
 ------------------------------------------------------------
  1 清水エスパルス      4  2  1  1  0  3  1  2
  2 FC東京         3  2  1  0  1  3  3  0
  3 ジュビロ磐田       3  2  1  0  1  2  2  0
  4 東京ヴェルディ      1  2  0  1  1  0  2 -2

グループC

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD
 ------------------------------------------------------------
  1 ジェフユナイテッド千葉  4  2  1  1  0  3  1  2
  2 コンサドーレ札幌     4  2  1  1  0  3  2  1
  3 柏レイソル        2  2  0  2  0  2  2  0
  4 川崎フロンターレ     0  2  0  0  2  1  4 -3

グループD

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD  前節
 ---------------------------------------------------------------------
  1 横浜F・マリノス     4  2  1  1  0  1  0  1 
  2 大分トリニータ      3  2  1  0  1  3  1  2
  3 大宮アルディージャ    2  2  0  2  0  2  2  0
  4 アルビレックス新潟    1  2  0  1  1  2  5 -3

第323回 toto
  買ってません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールドクロス

[まんたん] 聖闘士星矢:装着可能な等身大「黄金聖衣」登場 秋葉原UDXで公開
 いや、まあ、昨今なら何を作っても有りなんだろうけど、プラスチックで作っても20キロ越えるのね。
本物だとどれくらいの質量なんでしょう。まあ、セイントの皆さんは鍛えてるから問題ないんだろうけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2008] 第2戦 マレーシアGP

サーキット
  セパン・サーキット  56周

天候
  天候:晴れ        気温:30度        路面:45度        湿度:68%

グリッド
  マッサ、ライコネン、トゥルーリ、クビサ、ハイドフェルド、ウェバー、アロンソ、コバライネン
# コバライネン&ハミルトン、走路妨害で5グリッド降格
# 中嶋、前レースでのペナルティで最後尾スタート
  クビサ、マッサ、ライコネン、ウェバーがハード

スタート
  1コーナーはマッサがライコネンの鼻先を押さえてトップで通過。1周目の順位はマッサ、
 ライコネン、クビサ、ウェーバー、ハミルトン、トゥルーリ、コバ、クルサード、の順。
 グロックが14コーナーでロズベルグと接触、ブルデーもスピンでリタイア。
 フェラーリの2台が独走、5周目の次点で3位以下に5秒の差をつける。
 6周目、スーティルがコースオフして車を止めてリタイア。
 9周目の時点でライコネンとクビサの差は7.5秒

タイヤ交換1回目
 16周目ウェバー(9.8H)、17周目マッサ(8.5H)、トゥルーリ(9.2H)、ハイドフェルド(8.6H)、
 18周目ライコネン(7.9H)、19周目ハミルトン(19.9S)、右フロントのタイヤ交換ミスで後退。
 20周目コバライネン(10.2H)、21周目クビサ(8.7H)、22周目アロンソ(8.5H)
 23周目クルサード(10.0H)、24周目ピケ
 24周目終了時の順位はライコネン、マッサ、クビサ、コバ、トゥルーリ、ウェバー、ハミルトン、
 ハイドフェルドの順。ライコネンとハミルトンの差は43秒。

第2スティント~タイヤ交換2回目~フィニッシュ
 31周目マッサがスピン、グラベルにはまってリタイア。
 35周目ライコネンとクビサの差は22秒。
 38周目ライコネン(8.5S)、40周目ウェバー(7.5S)、41周目トゥルーリ(?.??)
 41周目ベッテル、エンジントラブルでリタイア
 42周目ハイドフェルド(6.7S)、アロンソ(?.?S)、43周目クビサ(6.5S)
 45周目ハミルトン(8.9H)、46周目コバライネン(7.2S)
 46周目終了時の順位はライコネン、クビサ、コバライネン、トゥルーリ、ハミルトン、ハイドフェルド、
 ウェバー、アロンソの順。
 49周目、トゥルーリとハミルトンの差は4.4秒、徐々に差を詰めるハミルトンだが、抜くことは出来ず
 5位でフィニッシュ。結局ライコネンがクビサとの差を保ったままトップでチェッカーを受けた。
 日本勢は佐藤が16位、中嶋が17位に終わった。

レース結果
  1  1 K.ライッコネン  フェラーリ        1:31'18.555 56 203.971 1
  2  4 R.クビサ     BMWザウバー        1:31'38.125 56 203.245 1
  3 23 H.コバライネン  マクラーレン・メルセデス 1:31'57.005 56 202.549 2
  4 11 J.トゥルーリ   トヨタ          1:32'04.387 56 202.279 4
  5 22 L.ハミルトン   マクラーレン・メルセデス 1:32'05.103 56 202.253 2
  6  3 N.ハイドフェルド BMWザウバー        1:32'08.388 56 202.132 5
  7 10 M.ウェーバー   レッドブル・ルノー    1:32'26.685 56 201.466 4
  8  5 F.アロンソ    ルノー          1:32'28.596 56 201.396 4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] もっけ祭り 購入者限定イベント

もっけ祭り 購入者限定イベント

場所
   赤羽会館

時間
   14:00 - 15:30

出演者(敬称略)
  川澄綾子(檜原静流 役    ■川:)
  水樹奈々(檜原瑞生 役    ■水:)
  橋本まい(久佐子 役     ■橋:)
  西田正義(監督        ■西:)
  長津晴子(シリーズ構成    ■長:)

0)開演前

 直前になっても座席決定方法が告知されないので、少し早めに行動。イヤな予感が当たって、結局
並んだ順ということで36番として入場。無料入場も含めて150くらい、200はいない…、かな。500強
というキャパを考えると、無料入場の実施はしょうがないとしても、前3列スタッフ/取材席って…。

1)開演

  本日の司会はアニメ会のサンキュータツオさん。

司:私のこと、知ってる人手あげて。あれ、何人かいますね。ここで誰もいない予定だったんですが。

僕を含めて10人くらいあげたかな。横に数人、後ろは見てない。手をあげた皆さんの一部は、
のだめと桜のトークショウ&上映会 in 石丸電気ソフト1」に来た皆さんです(笑)

いつものように諸注意。

  ・貴重品にご注意。トイレに行くときは荷物を持って
  ・動画、写真撮影、録音、飲食、携帯電話禁止
  ・鼻をかむときは小さく

真ん中はともかく、それ以外はあまり聞かないなぁ。ちなみにサンキューさん、花粉症でお悩みなんだ
そうで、だから鼻をかむ注意なんてあったのかなと。

ここで「遠くから来た人」というイベント恒例の質問。
札幌というのはよくある話としても、台湾ってのは…、これためだけに来た訳じゃないよね(笑)

2)トークコーナー

そんな諸注意の後、まずは声優のお三方登場。

■服装

川澄さん:
   黒のヒラヒラワンピース、なのか…。スカートは膝上、茶色のブーツ。

水樹さん:
   薄ピンクのヒラヒラスカート、だった気がする。

橋本さん:
   あやち~さんより一回り背が高い。白かった(笑)

視線に偏りがあるのバレバレじゃん…。まあ、長い人生、そういうこともあります。どっかのアニメ
情報サイトとかで見てください(笑)

■ご挨拶

 司:ご挨拶をお願いします
 川:はい。皆さんこんにちは。檜原静流役の川澄綾子です。今日はイベントを楽しんでいってください。
 水:檜原瑞生役の水樹奈々です。皆さん、最後までよろしくお願いします。
 橋:久佐子役の橋本まいです。今日はよろしくお願いします。

あやち~さんはともかく、残り二人は実は初見だったりします…。

 司:最終回のアフレコも終わってると思いますが、久しぶりだったりします?
 川:そうですね、久しぶりね。(奈々ちゃんとは)なんか、こう…。
 水:姉妹みたいな感じで。
 川:楽屋で喋りすぎ。奈々ちゃん興奮すると、こうバタバタするんです。

手をバタバタさせるあやち~さん。

 司:なんか瑞生みたいですね。
 水:そう。こんなことあったんできいてください~、ってバタバタと…。
 川:で、私は、そうなんだ、そうなんだって…。

静流ちゃんは大人しい娘なので、あやち~さんは役にひきずられて落ち着いていたようです。
野乃先輩の時にそんなことを言ってました。
左側に3つ並んだ椅子に、真ん中があやち~さん、奥(右)に水樹さん、手前(左)に橋本さんが
着席する。ここで、さらにゲスト登場。監督の西田さんと、シリーズ構成の長津さん。

 西:(ぴ~~)今日は、お越しいただいてありがとうございます。

監督のマイクのハウリングに爆笑する3人。

 長:今日は、こんなに沢山の皆さんに来て頂いて。私のためじゃないと思いますが、ありがとうございます。

落ち着いて、こういう気の利いたことを言える人は好きです。
監督が真ん中、構成さんが奥(左)、司会が手前(右)に着席する。

 川:今日、監督スーツ姿なんですよ。最初見たときわからなかった。アフレコではラフな格好
  だったので、今日お会いしてビックリした。なんか、授業参観のお父さんみたい。

実家方面の父親参観は休日だったので、お父さんはスーツなんか着てこなかったけどな~(笑)
監督の写真が舞台上部のスクリーンに映し出される。ラフな格好で口を開けている。場内大爆笑。

 司:どうして、写真撮るってわかってるのに口を開けているんですか?
 西:…。

■監督とシリーズ構成

 西:GMからどうって言う話があったので、是非やらせてくださいと言った。推薦+立候補みたいな感じ。

ここで、可愛い動作をする監督に、またもや3人爆笑。

 長:監督は現場ではすごくテンションが高くて、「ど~も~」ってTシャツとサンダルで来たときは
  誰かと思った。スタッフさんかなと思っていたら真ん中の椅子に座ったので「監督なんだ」って…。

上に立つ人には威厳や格好も必要なんですかねぇ…。

 司:なんでも、長津さんは見えるそうですが?
 長:そうですね。静流ちゃんみたいに見えるんです。見えるって気づいたのは小学6年生頃の頃です。
 3:え~~!
 長:でも、みんな、見えませんか?
 川:見えませんよ~!

衝撃の告白に驚く一同。普通は見えませんから…。

 長:「もっけ」は妖怪がリアルで、善悪じゃなく存在する物として描かれていて、全体の流れを
  損なわないようにシリーズ構成をしました。
 西:補足すると、全体の流れを損なわないようにすると同時に、原作と年齢が違うので、そのあたりの
  整合性を取るような仕事をしてもらいました。

あやち~さんがツボに入って笑ってたが、何故だろう…。

■原作の感想

 川:物の怪を扱うということで、最初は怖い話なのかなと思っていた。怖いのものは苦手なんで、
  なんで笑う!
 西:そうだろうな~と思って…。

いきなり監督にダメ出し…。監督も「すごく意外です!」ぐらい返して欲しかったな(笑)

 川:でも読んでみると、どちらかというとほのぼのとしてて、幽霊より民話という感じで、読んでて
  ほっとした。初めて読んだとき、1巻を読んで、その後一気に読んだ。がっと買って…。
 水:私もそう。「もっけ」ってこれ見ただけじゃわからないけど、なんか可愛いキャラが出てきて
  『もっけだよ~』とか言うのかと思ってた。

水樹さんに「もっけだよ~」とか可愛く言われると、それはそれでありかな~とか思えてきたり(笑)

 水:怖いのは苦手だけど、すっと入れた。日本むかしばなしみたいな感じ。原作は私も一気買い、
  大人買いをしました。
 橋:私も原作を読みました。1話1話は長くないんですが、こんな「もっけ」もいたんだ~って、
  どんどん読み進めました。

大人買いは大人の基本ですから正しい姿です(笑)

■見える…?

 司:監督はどうですか?
 西:結論を出すのではなく、問題提起をする側の作品で、それがうまく出来たと思う。
 司:長津さんは、作品のように見えたりするんですか?
 長:ええ。あんな感じで、「す~」っとはっきり見えます。
 司:ちなみに、今日も見えたりします?
 長:ええ、あのへんに…。
 3:ええっ~~!

まったくわからない人ですが、冗談だと信じたいです。まあ、いてもわからないでしょうけど…。

 司:軍服着た男の人とか、いたりしませんよね?
 長:それはさすがに…。

なぜ、軍服を着た男の人…。マンガ版のハルヒを思い出したというのは内緒。

 長:「もっけ」は妖怪なんで、自然に即した形で現れているのが違うかなと。私も似たような経験は
  したことがあるんですけど、こう、いつも帰っている帰り道がすごく長く感じて…。
 川:そういうのはあると思いますけど。こう、葉っぱとか取って遊んでて…。
 司:それは道草ですよね!

子供のやることとはいえ、葉っぱ取ってどうするんだろう…(笑)

 長:普段1分で帰るところが2時間くらいかかって、いつまで歩いても帰れなくて、泣きそうに
  なったことがあります。
 川:え~、それはないです…。
 長:後で水木しげるさんの妖怪辞典を見たら、そういう妖怪が載っていて、「あ~、これかも~」って。
 川:妖怪辞典の出所が…、それ信用していいんですよね?
 司:こらこら、水木先生だぞ!
 西:それは信用しないと…。

相変わらずの爆弾発言だな~(笑)

■印象に残る話

 川:静流の話はいろいろあったんですが、怖いのが多くて…。
 司:困った眉毛の話とかですかね。
 川:困ったマイケル!?
 司:困った眉毛!
 川:そう聞こえたんです…。
 橋:私もそう聞こえました。

僕もそう聞こえました(笑)

 司:なんか、こっちとこっちで組が分かれてませんか、こっちが「妖怪組」みたいな…。

ステージ左が声優さん、右に監督と構成さんなのでかなりの距離があります。

 川:瑞生ちゃんのエピソードが可愛いのが多かったので印象に残ってます。
 司:瑞生ちゃんのも怖い話だったら救いようがないですからね。
 川:静流は怖いのが多かった…。

まだ前半数話しか見てないけど、瑞生が騒いでるシーンばっかり印象に残ってます。
数話しか見ていないので、「困った眉毛」と言うのがよくわかりません(笑)

 司:水樹さんは?
 水:瑞生は体を張ってるので…。
 川:気合いで何とかしてるよね。
 水:見えないから勢いで行っちゃって、が~って。それでとりつかれたり。でも、小憎たらしいけど
  憎めない妖怪ばっかりで。イズナとか可愛いけど、隆聖さんがすごくいい演技で。いろいろあるけど
  可愛いシリーズがよかったです。

イズナは、結構面白かったです。猫に弱いってあたりが。

 橋:私はヤマウバの回の瑞生のモノローグが印象に残っています。瑞生が友達に自分の体質を告白する
  シーンで「憑かれやすいの」という瑞生に「じゃあ、早く帰った方がいいよ」というシーンで
  ほのぼのとしました。

「憑かれる」と「疲れる」をかけてる訳ですが、原作で読んだ記憶はあるけど本編はまだ見てないな…。

 西:ナガレイズナとかは、原作の尺が短くてエピソードをくわえたので感慨深かったです。
 長:全部好きなんですけど、1つって言われたら「ツエザクラ」、自信を持とうって言う話なん
  ですが…。
 司:杖を持って学校へ行くシーンはすごかったです。

杖を持つ瑞生は結構笑えました。

(3)予告一気上映

 司:予告がすごかったんですが…。
 川:面白かった。
 水:静流が壊れ始めてました。
 川:あいうえお作文が大好きなんです。
 司:犯人誰ですか?
 西:多分私…。
 川:途中から予告がすごく面白くなっていって…。
 西:最初から全力を尽くしていたので、途中から面白くなったと言われるのは心外です。
 川:すみません。でも、途中からダジャレが出始めて。
 橋:途中からどんどんスピードが速くなっていって「大変だな~」と思ってみてました。

ここで、話題の予告編を全部まとめて見てみることに。

 川:まとめて見るってないですから…。

確かにそんなもの見せてくれたイベントは、今までないですねぇ…。
そんな訳で上映開始。一応コメントはメモしましたが、もしかしたら予告とコメントがずれてたりする…かも。

■02  ナガレイズナの予告
■03  オクリモノの予告

 川:ふつう。
 長:ふつう。
 川:予告っぽい。

■04  ワライヤミの予告

 川:なんか怖かった。
 橋:まだゆっくりですよね。

■05  ヒヨリモウシの予告

 川:ねえ、ちゃんと…。
 水:ちゃんと…。

■06  ケサランパサランの予告

 川:懐かしいね~。

■07  ジャタイの予告

 川:次回予告、二人で合わせて言うとあまりにね…。

コメントの後ろの方、よく聞こえなかった。

■08  ヤマウバの予告(瑞生の修学旅行)

 川:わたし、この回出てないの~!
 水:あ~。

■09    エンエンラの予告 (三味線の音と共に、「はっ、はっ、はっ~ by 水樹」)

 川:これだ~!

■10  カマイタチの予告

 川:何があったんだろう…。

■11  ダイマナコの予告

 司:持ち直しましたね。

■12  マジモノの予告(「ちゃんちゃん by 川澄」)

 川:ダジャレ来たね…。

■13  マメオトコの予告
■14  ツエザクラの予告(「ニャ~ by 川澄」)

 水:かわい~
 司:漫才になってきましたね。

■15  ミノムシの予告(「ちゃんちゃん by 川澄」)

 川:この突っ込み、新鮮。

■16  ソラバヤシの予告(あいうえお作文復活)

 川:私、頑張ってるね…。

頑張ってると思います。

■17  スダマガエシの予告

 水:ガングロって…。

■18  バタバタの予告

 川:タイトル言わなくなったね…。

■19  メクラベの予告

 川:頑張ってたよね。
 水:頑張ってた…。

■20  カミナリガリの予告

 司:戻った。速くなってきましたね。

■21  テオイモノの予告

 橋:音と絵が合ってない…。

■22  イナバヤマの予告
■23  ロクサンの予告
■24  オモカゲの予告(最後は真面目)

24話一気見ってのも楽しくはあるけど、もう少しコメントを入れられるような編集を考えた方が
いいんじゃないの、8話くらいで切るとか…、とは思いました。

 西:皆さん、いい感じで。
 川:予告はすごい楽しみだった。「ななちゃん、今週はこれだよ、とか…」

最初の方はまともだったのに9話あたりから少しずつ方向が…、という感じでしょうか。

 長:あいうえお作文は、こんないい話なのに…、とか思いました。
 川:「ななちゃん、今日もあいうえおだよ~」って。なんかすごく面白かった。静流が悩んでいる役
  だったので、この予告で発散できた。
 西:それが狙い通りなのです。(予告がうまくいったのは)天才アクターのお二人のおかげです。
  なかなか、お話しする機会はなかったんですけど…。
 川:この距離が、だんだん離れていく気がします…。

今日のあやち~さんは監督さんに厳しかったです。

 司:橋本さんはどう思いました?
 橋:「たいへんだ~」と思いました。後ろの文章とか言いにくくて。
 西:天才アクターだから、無茶降りしてもやってくれました。
 長:すごいですよね、二人とも天才なんですね…。

個人的には天才アクトレスだと思うのだが。そんな天才の連呼に苦笑せざるを得ない二人でした。
本人の言葉じゃないけど、あやち~さんも水樹さんも頑張ったと思います。

(4)ミツアシガエル上映

続いて、未放映話である「ミツアシガエル」の上映。

 司:これは、どんな話なんですか、西田監督?
 西:え~、長津さん、どうですか?

いや、そこで振りますか…、監督ともあろうお方が(笑)

 長:これは瑞生のカエルに対する苦手意識を描いた作品で、見方を変えると心に余裕を持とうよ、
  というような作品です。ベンツのマークってあるじゃないですか、あれはハトの足を表して
  いるんです。3っていうのは縁起がいい数字なんですよ。

台本通りなのかもしれませんが、そこで、しっかり答えられる長津さんは偉いと思いました。
ここで出演者の皆さんは一旦退場。

 川:みなさん、お楽しみ下さい。

「ミツアシガエル」上映

きっこさんがカエルでした。あと、高津なくぎみ~も出てます。何回聞いても釈然としませんが(笑)

 西:感慨深い作品です。原作の中でも好きな話の1つです。

なぜか、ここでも笑いを抑えきれない川澄さん。今日はいつも以上によく笑ってます(笑)

(5)橋本まいの「もっけ」探して一人旅

 司:そういえば、橋本さん、旅に行ってきたそうで?
 橋:行かせて頂きました。あいにくの雨で遠くの方が見えなかったんですが、雰囲気とかは
  アニメと一緒でした。

一人旅なのに、遠距離カメラがあるのはなんでだろ~(笑)

■駅前

 川:これが一番限界なの?
 橋:ええ。
 川:すごい、揺れてる、手ぶれしてる!
 長:目が回る~!
 司:コーヒーカップみたいですね。

ハンディカメラ手持ちなので、自分を撮るのは大変です。

■図書館

 川:頑張ったね。
 橋:道、だれも歩いていないんです。まっすぐで長い道なのに、前にも後ろにも人がいない。

■資料館

 川:「もっけ」って発見するものなの?
 橋:寒さで口が回らなくて…
 川:寒かったんだ…。

■神社

 川:ここなんか、覚えがありますね

後で見せてもらったイメージ画にそっくりでした。

■橋

もっけのなかでは、おじいちゃんに「渡るな」と言われてる橋です。

 橋:すんなりわたりました。
(映像の橋本さんの「山登り」のコメントに対し)
 川:やま…、やま!?

確かに川というか土手なので、突っ込みたい気持ちはわかりますが(笑)

■もっけ発見、実は…にわとり

一同:え~~!
 橋:生物に会うのが久しぶりで…。
 川:可哀想な娘じゃない?

ちょっととぼけたと言う意味の可哀想なんでしょうが、こういう無茶ロケをさせられてるのが可哀想です。

■山上り

 川:すごいね。スニーカーとか履いていけば良かったね。
 橋:普通のブーツだったんで…。

こんな感じで、橋本さんが帰りの電車に乗り込むところでおしまい。
誰も何も言いませんでしたが、きっと6巻か7巻あたりの特典映像だと思います(笑)

■映像後トーク

 川:おつかれさま~。
 水:お疲れ様です。
 司:どうでしたか?
 橋:駅から遠ざかるほど誰もいなくて…。霧がかかっていて「もっけ」がいそうな雰囲気でした。
 水:まいちゃんの笑顔に癒された。
 川:こういうコーナー持ったらいいんじゃない? まいさんぽとか?
 橋:ちいさんぽですか…。

その割にはぶれてるとかダメ出しまくりだった気がするけど。
若いって、色々やらされて大変だね~(笑)

(6)ミニライブ

続いて、橋本まいさんが、EDを生披露するコーナー。

 橋:詩を読んだときに感動して涙が出た。小学校で、家に帰るときのうれしさ、家路に急ぐ気持ちを
  表現したつもり。夕暮れ時の歌詞なので、夕焼けの色を思い出しながら歌いました。

ここで一旦退場する一同。

 橋:今日はフルコーラスで歌わせて頂きますのでよろしくお願いします。

♪ パノラマ  橋本まい

歌が終わって入場してくる一同。

 司:すごいですよ~。大きな拍手を。

司会者の言葉にもう一度拍手する客席。

 橋:こんな沢山の人の前で歌うのは初めてなので緊張しました。

「沢山の」の表現になんとなく引っかかりましたが…。まあ、人前が初めてという意味でしょう。

 水:堂々としてて。
 川:うん。
 司:この歌、歌ってみたいんですがと言う人に、注意点とかありますか?
 橋:最後のハミングの部分は実は重ね録りしてるので、皆さんお友達と一緒に歌ってください。
 司:どうですか、参考になりましたか?

いや、それも無茶ぶりだなぁ…(笑) 次のカラオケでトライしてみよう。

(7)プレゼントコーナー

サイン入りポスター5枚、第1話から第24話までのアフレコ台本、そして監督&長津さんの
サイン入り特製色紙が各1。アフレコ台本って聞こえたが、24冊って全部サインしてあるのかな…(笑)

全話台本プレゼントの告知があった時、

 水:おうちでアフレコしてください。
 川:おうちでアフレコしてください。
 司:まず静流、それから瑞生とかやるんですかね?
 川:お友達とやってください!

なんてやりとりが。一人でアフレコしてたら、それこそ可哀想な人だ。「しおんの王ごっこ」とどっちが
痛いかな…(笑)
そして抽選。まずはポスターを出演者5人が順に引いていく。橋本さんから聞いたような番号が…。
ポスターはこんな感じです。開けてないですけど(笑)

続いて台本の抽選。代表して川澄さん。

 司:入らない人は手あげないでいいですよ。
 川:これ、持って帰るんですかね…、9番!

会場から手が上がった様子。

 川:アフレコごっこしてください!

帰りにみたんですが、おもったより大きくなかったです。小さめの手提げ袋におさまってました。
軽くはなかったでしょうが。

続いて色紙の抽選。瑞生と静流の絵がカラーで書かれたもの。

 川:つまらないもので、すみません…。
 司:そんなこと無いですよ、皆さんすごく欲しいですよ。

当たれば嬉しいですよ。「もっけ」って好きな作品だし。ポスター当たったので当たりませんが(笑)

 川:赤羽の駅で捨てたりしないでください。
 司:東十条の駅で捨ててください。

いやいや、その返しは…、面白いけど(笑)

(8)最後の挨拶

 川:どうも皆さんありがとうございました。「もっけ」は収録もほのぼのとした感じで…、何で笑う!

だから、最後まで監督にダメだししない(笑)

 川:おじいちゃん役の堀さんや、お婆ちゃん役の京田さんとか、優しい方々に囲まれてすごく楽し
  かったです。今日のイベントの雰囲気そのままでした。監督が面白い人だとわかったので、もっと
  一緒にご飯に行けば良かったかなと思いました。
 西:残念です。
 川:そんな感じでいい雰囲気でしたので、その感じをフィルムから受け取ってもらいたいです。
  DVDで見てほんのりした気分になってください。遠いところから来てくださった皆さん、あ、
  別に近くから来てくれた皆さんをないがしろにする訳じゃないですよ、近所でも嬉しいです。
  ともかく、今日はありがとうございました。

「特に遠くの皆さん」とか言えば、そこまでフォローしなくても…とは思うんですが、重箱の隅をつつく
のが、あやち~さんのいいところなので、OKだと思います。
続いて水樹さん。

 水:もっけの現場はホントに楽しくて、お仕事なのに癒される感じでした。1話完結の話は最近では
  珍しくて、このままずっと最終回がこなくてずっと続くのかと思うこともありました。

確かに1話完結のアニメはないかな。あるんだろうけど見てない(笑)

 水:あと、監督がシャイボーイというのは初回のアフレコ時に気づいてました。キャラ紹介をする時に
  ずっと汗をかいてバタバタしていたので、面白い人だからお話しするチャンスをうかがってたけど、
  ブースのこっちと向こうでなかなか機会が無くて。でも今日は楽しくお話をすることが出来てよかった
  です。改めてもっけの世界に触れて、仕事に疲れたときに見ると癒されると思うので、側に置いて
  欲しいです。今日はありがとうございました。

シャイボーイって…。あやち~さんに遠慮したせいかは不明ですが思ったより大人しかったです(笑)
さらに、橋本さん。

 橋:今日は先輩や監督さん達から色々話を聞けて良かったです。

あやち~さんや水樹さんに頭をさげるまいちゃん。いい娘だ…。

 橋:レギュラーではなかったけど、現場に行くたびにほんわかした雰囲気で、色々エネルギーを
  もらえたと思います。そんな楽しい作品のイベントに呼んでもらって良かったです。「もっけ」
  は1話完結なので、どれを見ても楽しめる作品で、その日の自分の気分に合わせて話を選んで
  楽しめる作品だとお思います。今日はどうもありがとうございました。

いい娘だ…。周りの個性的な先輩(達)に押されてたけど、それは当然だしな。

 司:「もっけ」はゲストも豪華ですからね。
 西:オールカラーだとベテランさん、野沢那智さんとかも呼びやすいので…

監督の発言に苦笑する3人。若手だと色や絵が無くてもいいって言ってるんだろうか(笑)
続いて長津さん。

 長:今日は楽しかったです。3人には初めて会ったんですが、大ファンになってしまいました。
  これからもよろしくお願いします。

最後に監督さん。

 司:監督は、この後の仕事は?
 西:NHKの教育テレビの方の作品をやらせて頂きます。
 司:「アリソンとリリア」ですね。一緒にやられる声優さんもいらっしゃるようですが。
 西:水樹さんにお願いしています。よろしくお願いします。

頭を下げる監督に、立ち上がって礼をする水樹さん。
Avex的には、メディアワークスの事には触れてもらいたくなかったりするかな(笑)
声優さんや製作サイドは、そういうのに気を使うのだが、アナウンサーや司会者さんはあまり気に
しないからなぁ。特にアニメ会なんて、そういうネタが売りな訳だし(笑)

 西:もっけは1回見てわからなくてもかまわなくて、何回見ても楽しめる作品に出来たつもりです。
  声優さんの声を聞いたときにぴったりはまって、しかも縁起をしてもらって最高でした。でも、
  二人にその気持ちが伝わってなかったみたいで…。
 川:そんなこと無いです!
 西:とまあ、こんな感じで楽しく、ハートウォーミングな感じでやらせて頂きました。
 司:ハートウォーミングって昭和みたいですね。
 西:昭和の話ですから。

この前のイベントに参加してると、昭和と言う言葉に苦笑せざるを得なかったり
なんてトークでイベント終了。退場する一同。最後にさらりとサンキューさんが締めの挨拶をしておしまい。
「心のメモリーに記憶するように」という趣旨の事を言われましたが、容量が小さいのでこうして外部記憶に
移しておきました(笑)

(9)感想

 イベントの中に関しては良かったと思います。時間の割にトークが少なくて、レポート書きとしては
物足りない部分もあったりはしましたが、それでも面白い話や予告編一挙上映みたいな面白い企画が
見れたりしたのも斬新だったし。しいて気になる点といえば、あやち~さんが妙にツボに入って
わらってたな~と言う点でしょうか。どうせなら、マイクの前で理由を教えてくれれば、ネタに
出来たのに。ただ笑われても、心配して話しかけていた水樹さんにしか理由わかりませんって(笑)

 あやち~さんはいつものように、積極的に喋りにいってたのがグーでしたが、水樹さんは思った
よりも大人しかったし、橋本さんに関しては緊張してたしイベント慣れしてないってのもあったん
だろうなと。でも、きっといい人です。僕にポスター当ててくれた人だし(笑) それと、司会の
サンキューさんが結構良かったです。「もっけ」もしっかり予習してるし、突っ込みとかに毒はなく、
それでいて的確だし。つまるようなところもなく。うまい進行だったと思います。なんて言うのは
プロには失礼か。いや、別に鷲崎さんがきついって訳ではないですよ、多分(笑)

 ちょっと残念だったのは、「もっけ」って、横浜方面だとオンタイムで放映なかったんですよね。
AT-Xで半分を過ぎたくらい。そんな状態で全話の話をされてもピンとこないな、と言う事は
あったり。まあ、全話やってても見切れないというのもしょっちゅうあったりして…、いつぞやの
「しおんの王」の時とかですが(笑) 

 でもイベントのしきりはねぇ…。整理券も配布せずに時間ギリギリまで待たせたり、前3列を
スタッフ席にしたり、あんましお客さんの方向いているとは思えなかったかな…。後、せっかく
会場で予約を募るんだから、会場特典とかを付けてもっと勝負に出たりしないと。何かつけていた
のかもしれないけど、積極的に宣伝してなかったので、会場では予約しませんでしたよ…。有識者
によると「エイベックス仕様」とのことですが…、次はもっと参加者に優しいイベントにしてくれる
事を期待します。

(10)まとめ

まいちゃん:
  今は素直でいい娘だけど、これから業界の荒波にもまれるとどうなるんだろう…、というのが
 ちょっぴり心配だったり…。いや、まあ、なるようになりますよ、多分。

奈々ちゃん:
  監督のコミュニケーションは取れたかな微妙だな。ライブとかの勢いを見るに、ファンがもう少し
 寄ってくるかと思ってたけど、ライブとトークイベントは別って事かな。

あやち~さん:
  自分は散々笑ってたのに、人に笑われると「何で笑う!」と突っ込むあやち~さんの事が、ますます
 好きになりました(笑) いつものこととはいえトークイベントで率先して喋ってくれるプロ根性には
 頭が下がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[レポート予告] もっけ祭り 購入者限定イベント

完成したレポートはこちらから
3月中にはきちんとして、綺麗な体になりたいです(笑)

キーワード
  なんで笑う!
  大人買い
  犯人は監督!?
  天才アクター

でも、思ったより量が少なかった、出演者多いのにおしゃべりさんが一人だったからか~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

03月23日のココロ日記(BlogPet)

今日、おちるしてたらNagaさんが近くにいる感じがしたんです。もう!覗きはらめぇ!ですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/22

[LETOUR2008] 出場20チーム決定

[CYCLINGTIME] 08年のツール・ド・フランス出場20チームが発表

アスタナを出した方が盛り上がると思うんだけど…。前年優勝出れないってまずいだろう…。

08年ツール出場20チーム(*はプロコンチネンタルチーム)
  ゲロルシュタイナー      (GER)
  チームミルラム        (GER)
  クイックステップ       (BEL)
  サイレンス・ロット      (BEL)
  チームCSC           (DEN)
  ケスデパーニュ        (ESP)
  エウスカルテル        (ESP)
  サウニエルドゥバル・スコット (ESP)
  チームハイロード       (USA)
 *スリップストリーム・チポレ  (USA)
  ブイグテレコム        (FRA)
  クレディアグリコル      (FRA)
  コフィディス         (FRA)
  フランセーズデジュー     (FRA)
  アージェードゥーゼル     (FRA)
 *アグリチュベル        (FRA)
 *バルロワールド        (GER)
  ランプレ           (ITA)
  リクイガス          (ITA)
  ラボバンク          (NED)

2007年覇者のアルベルト・コンタドール(スペイン)擁するアスタナはやはり招待されず。
アスタナを除く17のプロツアーチームは順当に出場権を得ている。

●コンチネンタルチーム

 スリップストリーム
  プロツアーチームをも凌駕する戦闘力を有すると言われるアメリカチーム
    デーヴィット・ミラー(イギリス)
    デーヴィット・ザブリスキー(アメリカ)
    マニュス・バクステッド(スウェーデン)
 アグリチュベル
  フランスチャンピオンの36歳クリストフ・モロー(フランス)が所属しているフランスチーム。
    クリストフ・モロー(フランス)
    ジミー・カスペール(フランス)
    ニコラ・ヴォゴンディ(フランス)
 バルロワールド
  2007年大会山岳賞のマウリシオ・ソレール(コロンビア)が所属。
    マウリシオ・ソレール(コロンビア)
    バーデン・クック(オーストラリア)
    ロバート・ハンター(南アフリカ)
    エンリーコ・ガスパロット(イタリア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 機動戦士ガンダムOO #24

第24話 「終わりなき詩」

コメント
  2年前を回想し、叫ぶ刹那。やっぱり王さんはチャイナが似合うな~。フェルトも泣いてるし、
 ティエリアも珍しく熱いし。フェルトはいい娘だなぁ…と感慨にふけるまもなく敵襲、やっぱり
 終盤になるとモビルアーマー出てくるよね。人がどんどん死んでいくのはゼータっぽいけど、
 そうですか、クリスさんを殺しますか…。ツエーリさんの奮闘のかいも無かったのね。しかし、
 まだ2クールなのにここまでやりますか…。

次回
  そしてクライマックスへ。ってあと2クールあるんですよね…。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

[TV] 灼眼のシャナII #23

第23話「危難の胎動」

コメント
  時間に現れたのがヘカテーなら、それが悠二の選んだ人だったりするんでしょうか…。なんて言って
 るまもなく倒れる悠二。ヘカテーの青い結界は、なんなんでしょう。ヘカテーたんはパワーだけは
 すさまじいからな。ヨーハンの声で事態の深刻さを悟る一同、というAパート。いやはやどうした
 もんだか…。

  動き始めた悠二に迫る怪しいロボット。そして内部への突入を図るマージョリー、そして敵の刃に
 倒れるマージョリー。大命詩篇とか剛の立像とか、色々出てきてるけど、悠二が落ちちゃった…、
 というBパート。倒れたマージョリーさんと外で怪しい宝具を持っている吉田さんがとても心配です。

次回予告
  わ、来週最終回だよ…。吉田さんが宝具握ってるよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008/03/21

[QMA5] 今日の成績(落ちることもあるさ~)

  久しぶりなんで成績はいまいちでした。しばらく行かなかったら20000位ぐらい下がってるし(笑)

Round 10 ミノタウロス組→ガーゴイル組
  9位  11位  2位  初級魔導士6級

所有マジカ:  461
獲得魔法石:  277 ( 47484位)
 連続正解:   19 ( 52981位)
 優勝回数:    2 (  2542位)
 平均順位: 7.46

     平均: 64.03
 ノンジャンル: 55.56
アニメ&ゲーム: 64.44
   スポーツ: 60.87
     芸能: 61.11
     雑学: 66.67
     学問: 72.22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[コラム] オジェック解任騒動について思う

 オジェックが名将かと言われれば、去年のリーグ制覇ならずの結果が示すように疑問をはさむ声は多いろう。ただ、アジア制覇という結果を踏まえ、より一層の飛躍ができるとのフロントの判断があったから継続したはずなのに、「たかが2敗」で解任というのは、普通のチームのやることとは思えない。

 「監督と選手の仲がしっくりいっていない」というのが、いきなり今年の3月になって判明したとは考えにくい。普通に考えれば去年から引きずっていた問題であることは明らかなだけに、去年一杯でやめてもらうべきだったと言うのが筋、最悪シーズン開始前に手を打つべきだった。去年の終盤の失速について、監督と協議し、今年はオジェック体制継続で行って問題ないと判断したから今年も依頼しているのだから、もう少しフロントが責任を持って支えるべきだろう。「致命的な事態になる前に対応した」とのコメントには納得いきがたいものがある。

 その後の人選がエンゲルスというのもどうだろう。オジェック体制下のコーチである以上、能力的にはオジェックより下と考えるのが普通だろう(何を持って優劣をつけるかは難しいところではあるが)。それに、今の低迷に対して少なからぬ責任があるはずだ。無論、現時点で開いている有力監督がいないという事情はわからないでもないが、指揮をとる前から「今年一杯の契約、場合によっては複数年の延長も考えている」なんて発言が出てくるのはおかしい。レッズという組織の中にオジェックを快く思っていない派閥があったんじゃないの、と勘繰られても仕方がない。

 チームとして機能していないと言う事態について、監督が責任を負うのは当然としても、長谷部、小野、ワシントンの放出をとめられず、またポンテの長期欠場という事態の中、有効な手立てを打てないフロントにも問題はあるだろう。高原、エジミウソン、梅崎、サントスの獲得が手だと言えばそうなのだが、新加入選手で穴を埋めようとする時点で、序盤のミスマッチは十分に予想できるはず。序盤の苦戦はある程度盛り込み、かつ後半からのペースアップを計るなら、この2敗も悪いスタートではあるが、最悪とは言えないはずだ。

 結論として、フロントそして選手の中に、アジア王者になったおごり、自分たちは強者であるというおごりがあったのではないだろうか。「豊富な資金力を生かして能力の高い選手を取ったから大丈夫」、「去年タイトルを取れたのだから今年も同じ方向で大丈夫」、「自分たちは強いのだからこれくらいやっておけばいいだろう」、無意識のうちのそんな気の緩みが少しずつ積み重なって、今の惨状を招いてしまったのではないだろうか。もちろんレッズが強豪チームであることに異論を挟むつもりはない。ただ、資金力、観客動員力の差ほどにはチーム力の差がない、というのも事実だし、何よりレッズが強くなったのはつい最近の事であるというのをもう一度思い出した方がいいのではないだろうか。

[レッズ公式] 08.03.16[クラブ]ホルガー・オジェック監督の契約解除について
[レッズ公式] 08.03.16[クラブ]ゲルト・エンゲルスコーチ、監督就任について
[レッズ公式] 08.03.16[クラブ]ゲルト・エンゲルス新監督、記者会見
[スポーツナビ] 浦和がオジェック監督解任 エンゲルス・コーチが昇格

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディスガイアDSでリメイク

[Dengeki]日本一ソフトウェアがDSに参入決定!!  第1弾は初代『ディスガイア』リファイン版!
  日本一ソフトウェアは、今春にDS用ソフト『魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と赤い月』を発売する。価格は未定。本作は、PS2やPSPでリリースされた『魔界戦記ディスガイア』の1作目をDSでリファインしたもの。

 
ガストのような失敗をしなければいいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] CLANNAD #22

第22話 「影二つ」

コメント
  渚ちゃんの心情を表すかのようなどんよりとした空模様の中、挨拶もせずに出かけてしまう渚。
 まあ、秘密を知ってしまったから無理もないんだけどね。気持ちはわからないでも、そこまで
 沈んでしまうのは、渚ちゃんらしくはあるけどね…。「人」のおまじないを教える春原だけど、
 「入」書いてたり、狙ってやってたらすごいな。宮沢さん、学園祭でも資料室にいるんだね…。
 そこにお父さんのビデオがあれば見ざるを得ないよね、というAパート。後15分足らずでどう
 しますかね。

  本番になっても気分の晴れない渚ちゃん。幕が上がってもセリフの出てこないのはつらいよね。
 あ、そこで出てきますかお父さん、お約束とはいえ、泣けますなぁ。早苗ママも朋也君もタイミング
 よく声を出してるし…。結局最後は「だんご大家族」で終わったんだね。微妙な雰囲気だったけど、
 良かったそうで。翌日、デートの帰りに部室に寄るってのはこの二人らしいけど、そこでプロポーズ
 ならぬ恋人宣言ですか、まあ、ここで終わっておくのがいいかな…、TVなら、というBパート。
 ゲームはゲーム、TVはTVってことで、まあいいんじゃないでしょうか。色々謎は残ったけど。

次回
  最終回の後に番外編とは、これいかに…。放送局限定だったりするのか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

[DVD] らき☆すた #10

第19話 「二次に本質あり」

コメント
  金魚がぎょぴちゃんってどうよって話はねぇ。ちんちんはさておき、そんなぼやけた画面にしてまで
 ガンダムネタをやりたいですか(笑) ハマーン様まで出てるし…。お姉さん、Fate読んでますねぇ、
 後ろにはみくるちゃんもいるし…。あれ、お母さんがシ~してる。「台風一過」の話を、後でこっそり
 聞きに来るつかさちゃんがいい感じです。かがみさんのメイドさん、いいと思うけどな…。学園の
 アイドルって、確かにリアルでは聞かないな…。田村さんはメロンパンなんだね。シャーペンの乗りは
 違うと思いますよ。ボウリングでキャラ名は…、ありそうだね。僕はやらないけど、でもハルヒなんだ。
 え、「やおい」って2つ意味があるんですか…?

ラッキーチャンネル
  みのる君、富士の樹海に行くことになったんですが…、水汲み?

エンディング 男の生き様
  シャボン玉と歌がなんともアンマッチです。

第20話 「夏の過ごし方」

コメント
  やっぱり食玩とかパターンあるんでしょうな。オタクの男子は…、確かに不安だと思うな。なんか、
 蚊がリアルなのがイヤかなぁ。その手のゲームの声をくじらさんにやらせるのはどうかな~って思う
 んですが、わざとですかね。あれ、バニーハルヒがいるなぁ。どうしてハルヒがコーラの宣伝してるん
 だろう…。休みに何も出来ないってのは、子供も大人も同じかなと思う訳で。かがみさんは人気者だし、
 南ちゃんは優しいね…、という結論ということで。

ラッキーチャンネル
  小野大輔君はなぜ…、小泉君もカラスも出てなかったと思うけど(笑)

エンディング お婿ルンバ
  チアリーダーさんは可愛いと思います。みのる君は…、もういいです(笑)

特典映像 白石みのるの冒険 エピソード09
  木登りは…、木が可哀想です。サンタモニカの3人での合唱は…、どうだろう…。
  とりあえず出来たものはさておき、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/20

[J1 2008] ナビスコ杯第01節

2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第1節 試合結果
 03/20
   名古屋  0 - 1○ 京都        瑞穂陸( 5,410)
    浦和  0 - 1○ 神戸         埼玉(33,392)
   東京V  0 - 2○ 磐田        味スタ( 5,660)
    清水 ○3 - 1  FC東京      日本平(10,035)
    川崎  0 - 2○ 千葉        等々力( 9,079)
     柏 △1 - 1△ 札幌        柏の葉( 4,838)
  横浜FM ○1 - 0  大分       ニッパ球( 6,179)
    新潟 △2 - 2△ 大宮       東北電ス(22,578)

グループA

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD
 -------------------------------------------------------------
  1 京都サンガF.C.      3  1  1  0  0  1  0  1
  1 ヴィッセル神戸      3  1  1  0  0  1  0  1
  3 浦和レッズ        0  1  0  0  1  0  1 -1
  3 名古屋グランパス     0  1  0  0  1  0  1 -1

グループB

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD
 -------------------------------------------------------------
  1 清水エスパルス      3  1  1  0  0  3  1  2
  2 ジュビロ磐田       3  1  1  0  0  2  0  2
  3 FC東京         0  1  0  0  1  1  3 -2
  4 東京ヴェルディ      0  1  0  0  1  0  2 -2

グループC

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD
 -------------------------------------------------------------
  1 ジェフユナイテッド千葉  3  1  1  0  0  2  0  2
  2 コンサドーレ札幌     1  1  0  1  0  1  1  0
  2 柏レイソル        1  1  0  1  0  1  1  0
  4 川崎フロンターレ     0  1  0  0  1  0  2 -2

グループD

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD
 -------------------------------------------------------------
  1 横浜F・マリノス     3  1  1  0  0  1  0  1
  2 大宮アルディージャ    1  1  0  1  0  2  2  0
  2 アルビレックス新潟    1  1  0  1  0  2  2  0
  4 大分トリニータ      0  1  0  0  1  0  1 -1

第322回 mini toto-A組 くじ結果 

  03/20   等々力 1   川崎 0-2  千葉  2  1
  03/20   味スタ 2  東京V 0-2  磐田  2  2
  03/20   日本平 3   清水 3-1  F東京 1  10
  03/20  ニッパ球 4  横浜M 1-0  大分  1  1
  03/20  東北電ス 5   新潟 2-2  大宮  0  02

# また川崎に泣かされたの…。

     当せん金 8,648円
    当せん口数  933口
  次回への繰越金   0円

第322回 mini toto-B組 くじ結果 
  03/20    埼玉 1   浦和 0-1  神戸  2  2
  03/20   柏の葉 2    柏 1-1  札幌  0  1
  03/20  ユアスタ 3   仙台 1-0  福岡  1  10
  03/20  NDスタ 4   山形 3-5  岐阜  2  1
  03/20  ベアスタ 5   鳥栖 1-0  C大阪 1  12

     当せん金 43,239円
    当せん口数   162口
  次回への繰越金    0円

# 岐阜にアウェイで勝たれると荒れるな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

[RMA] ニステルローイ、足首手術

[UEFA] ファン・ニステルローイが足首を手術
  レアル・マドリーCFのオランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ(31)が19日、右足首の手術を受けた。当面の試合は欠場するが、UEFA EURO 2008(TM)本大会の出場は支障がないとみられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[NED] ロナルド・デ・ブール、現役引退

[UEFA] ロナルド・デ・ブールが現役引退
  元オランダ代表のMFロナルド・デ・ブールが19日、首の負傷を理由に37歳での現役引退を表明した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/18

最近のおしごと(♪ どうしてこんなに忙しいんだろ~)

 ・しおんの王のイベントレポートまとまりました #1  #2
 ・F1はじめました。モータースポーツのリンクから
 ・Jリーグやってます。専用のリンクから

1,2月とかなり引きこもりな状態だったのですが、3月に入って毎週のように外出を強いられてます。先週は久しぶりの引きこもりでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

[WC2010] 3次予選#02 バーレーン戦招集メンバー

うまく散らばってるかな、という感じはします。

【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】日本代表メンバー発表のお知らせ(08.03.14)
【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】日本代表に大久保嘉人選手(ヴィッセル神戸)を追加招集(08.03.15)
  
ナビスコカップ組(17日出発)
 DF 中澤 佑二  1978.02.25 187cm/78kg 横浜F・マリノス            72/ 13
 MF 山瀬 功治  1981.09.22 173cm/70kg 横浜F・マリノス            7/  5
 GK 楢崎 正剛  1976.04.15 187cm/80kg 名古屋グランパス           53/ -56
 FW 玉田 圭司  1980.04.11 173cm/67kg 名古屋グランパス           41/  9
 MF 羽生 直剛  1979.12.22 167cm/63kg FC東京                17/  0
 MF 今野 泰幸  1983.01.25 178cm/73kg FC東京                17/  0
 GK 川口 能活  1975.08.15 180cm/77kg ジュビロ磐田             113/-102
 DF 駒野 友一  1981.07.25 172cm/76kg ジュビロ磐田             32/  0
 GK 川島 永嗣  1983.03.20 185cm/80kg 川崎フロンターレ            1/ -1
 MF 中村 憲剛  1980.10.31 175cm/67kg 川崎フロンターレ           21/  1
 MF 山岸 智   1983.05.03 181cm/77kg 川崎フロンターレ            10/  0
 FW 巻 誠一郎  1980.08.07 184cm/81kg ジェフユナイテッド千葉        29/  8
 MF 鈴木 啓太  1981.07.08 177cm/67kg 浦和レッズ              26/  0
 MF 阿部 勇樹  1981.09.06 177cm/77kg 浦和レッズ              27/  2
 FW 高原 直泰  1979.06.04 181cm/75kg 浦和レッズ              56/ 23

ACL組(ACL出場後合流)
 DF 内田 篤人  1988.03.27 176cm/62kg 鹿島アントラーズ            6/  0
 FW 田代 有三  1982.07.22 181cm/77kg 鹿島アントラーズ            3/  0
 DF 水本 裕貴  1985.09.12 183cm/72kg ガンバ大阪               3/  0
 DF 安田 理大  1987.12.20 173cm/65kg ガンバ大阪               3/  0
 MF 遠藤 保仁  1980.01.28 178cm/75kg ガンバ大阪              63/  5

海外組(24日合流)
 MF 稲本 潤一  1979.09.18 181cm/75kg アイントラハト フランクフルト(ドイツ) 68/  4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[J1 2008] 第02節結果

●2008Jリーグ ディビジョン1 第2節 試合結果

 03/15
    大分 ○2 - 0  柏         九石ド(18,263)
    浦和  0 - 2○ 名古屋        埼玉(54,482)
    磐田 ○3 - 0  G大阪       エコパ(25,560)
    神戸 ○4 - 1  川崎       ホムスタ(16,066)
    札幌  1 - 2○ 横浜FM      札幌ド(25,225)
    新潟  2 - 3○ FC東京     東北電ス(35,083)
    千葉  1 - 2○ 清水       フクアリ(14,566)
 03/16
    京都 ○2 - 1  大宮        西京極(14,982)
   東京V  0 - 2○ 鹿島        味スタ(18,934)

●順位表

  P Team           Pt  G  W  D  L  F  A GD  前節
 ---------------------------------------------------------------------
  1 鹿島アントラーズ     6  2  2  0  0  6  0  6   1→
 ---------------------------------------------------------------------
  2 大分トリニータ      6  2  2  0  0  4  1  3   4△
  3 横浜F・マリノス     6  2  2  0  0  3  1  2   5△
  4 ヴィッセル神戸      4  2  1  1  0  5  2  3   6△
  5 名古屋グランパス     4  2  1  1  0  3  1  2   6△
  6 FC東京         4  2  1  1  0  4  3  1   6→
  7 京都サンガF.C.      4  2  1  1  0  3  2  1   6▼
  8 大宮アルディージャ    3  2  1  0  1  3  2  1   2▼
  8 ジュビロ磐田       3  2  1  0  1  3  2  1  16△
 10 清水エスパルス      3  2  1  0  1  3  3  0  14△
 11 柏レイソル        3  2  1  0  1  2  2  0   2▼
 12 ジェフユナイテッド千葉  1  2  0  1  1  1  2 -1  12→
 13 東京ヴェルディ      1  2  0  1  1  1  3 -2   6▼
 14 川崎フロンターレ     1  2  0  1  1  2  5 -3   6▼
 15 ガンバ大阪        1  2  0  1  1  0  3 -3  12▼
 ---------------------------------------------------------------------
 16 アルビレックス新潟    0  2  0  0  2  2  5 -3  16→
 17 浦和レッズ        0  2  0  0  2  0  3 -3  15▼
 18 コンサドーレ札幌     0  2  0  0  2  1  6  0  18→

●toto結果

第321回 mini toto-A組 くじ結果 
  03/15   九石ド 1   大分 2-0  柏   1  1
  03/15    埼玉 2   浦和 0-2  名古屋 2  02
  03/15  フクアリ 3   千葉 1-2  清水  2  2

  03/15  東北電ス 4   新潟 2-3  F東京 2  10
  03/15   札幌ド 5   札幌 1-2  横浜M 2  2
     当せん金 9,214円
    当せん口数 1,372口
  次回への繰越金   0円

# また東京にしてやられた…(笑)

第321回 mini toto-B組 くじ結果 

  03/15   エコパ 1   磐田 3-0  G大阪 1  2
  03/15  ホムスタ 2   神戸 4-1  川崎  1  02
  03/16   味スタ 3  東京V 0-2  鹿島  2  2
  03/16    小瀬 4   甲府 0-0  徳島  0  1
  03/16  ニッパ球 5  横浜C 3-2  湘南  1  10

   当せん金 18,382円
  当せん口数   519口
次回への繰越金    0円

# 三ツ沢行けば面白かったかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2008] 第1戦 オーストラリアGP ショートインプレッション

●暫定順位
  1 ハミルトン
  2 ハイドフェルド
  3 ロズベルグ
  4 アロンソ
  5 コバライネン、
  ? バリチェロ    赤信号無視で審議→失格
 67 中嶋
 78 ブルデー
 89 ライコネン

●感想

 マクラーレン
  フェラーリの自滅に救われるもコバライネンはピットインでの不運に泣かされる

 フェラーリ
  下馬評では1番手だったがアクシデントとトラブルで自滅。エンジンに何らかの弱点があるか?
  マレーシアまでの改良が間に合うか?

 BMW
  苦戦が予想されたが2位入賞は立派。クビサのリタイアが悔やまれる

 ルノー
  車の力はまだまだだが、アロンソの粘りに救われる。このままでは苦戦は必至

 ウィリアムズ
  ロズベルグの表彰台と中嶋の入賞、チーム力を考えれば大健闘

 レッドブル
  2台ともアクシデントに巻き込まれて力を出せず。今後に期待。

 トヨタ
  2台ともトラブルでリタイア。真の実力披露はまだまだか

 トロ・ロッソ
  ブルデーのピット戦略は見事にはまるもエンジントラブルに泣く。ただポイントゲットは大健闘

 ホンダ
  バリチェロ粘りの走りで入賞も、赤旗無視が悔やまれる。車の安定性は増したか。

 スーパーアグリ
  走行出来ただけでも奇跡だが、持久戦だけに完走はしたかった。

 フォース・インディア
  マシントラブルになく。実力は未知数。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2008] 第1戦 オーストラリアGP速報

●天候
     路面:38度  気温:25度  湿度:54%  風速:2.3m/s  気圧1016.6 mBar
 BS実測    46度    :39度

●スターティング・グリッド
  ハミルトン、クビサ、コバライネン、マッサ、ハイドフェルド、トゥルーリ、ロズベルグ、クルサード

●メモ
  予選9番手のグロックはギアボックス交換+進路妨害で10グリッド降格、19番手よりスタート
  スーティル、モノコック&エンジン交換、ピットスタート
  フェラーリ2台とグロッソがソフトタイヤ

●レース展開(全58周)

スタート
 マッサがコバライネンと接触して後退、セーフティカーが出る。
 マッサと中嶋がピットイン、バトン、デビッドソン、ウェーバーがマシンにダメージを負う。
 混乱に乗じてライコネンが8番手まで浮上する。
 スタート時の順位は、ハミルトン、クビサ、コバライネン、ロズベルグ、ハイドフェルド、トゥルーリ、
 バリチェロ、ライコネン。

スタート2回目(3周目)
 マッサが再びピットインし給油、1ストップへの変更か。
 ハミルトンが最速ラップを重ねてクビサとの差を広げていく。
 ライコネンは前のバリチェロを抜けず、差が広がるが、19周目にようやくパスする。

ピットイン1回目
 16周目、クビサ(8.6H)、18周目ハミルトン(9.2H)、21周目トゥルーリがピットインするがリタイア、
 22周目ロズベルグ(?.?H)、ハイドフェルド(7.9H)、ハイドフェルドがロズベルグをかわす。
 23周目コバライネン(9.0H)、クルサード(?.? )、24周目バリチェロ(?.? )
 コバライネンがライコネンの前に入ったことで、フェラーリのペースが上がらず。
 トゥルーリ、電気系のトラブルでリタイア
 26周目、マッサとクルサードが接触、クルサードがリタイアとなりセーフティカー
 27周目の順位はハミルトン、コバライネン、ライコネン、クビサ、ハイドフェルド、アロンソ、
 ロズベルグ、バリチェロ

スタート3回目(29周目)
 ピットオープンで数台がピットイン、クビサ(?.?S)、アロンソ(9.1H)、グロック(?.?S)、中嶋(?.?S)
 スタート直後、ライコネンがアタックをかけるがオーバーラン、大きく後退する。
 30周目、マッサがスローダウン、リタイア、31周目ピケがピットアウト直後にリタイア。
 32周目ライコネン(?.?H)。33周目、佐藤がリタイア。
 34周目の順位は、ハミルトン、コバライネン、ハイドフェルド、ロズベルグ、バリチェロ、ブルデー、クビサ、アロンソ。
 ライコネン、グロックとの争いでダートにタイヤを落として後退する。

ピット2回目
 43周目ハミルトン(8.6S)、ロズベルグ(?.?S)、44周目ハイドフェルド(7.0S)
 グロック、最終コーナーでスピン、セーフティカーとなる。
 46周目、バリチェロ、ピットインだがホースを引きずってリタイア
 47周目の時点での順位はコバライネン、ハミルトン、ハイドフェルド、バリチェロ、ロズベルグ、
 ブルデー、クビサ、アロンソ
 47周目コバライネン(S)、アロンソ(S)
 スタート直前の順位は、ハミルトン、ハイドフェルド、バリチェロ、ロズベルグ、ブルデー、
 クビサ、中嶋、ライコネン

スタート3回目(48周目)
 クビサと中嶋がピットイン、ウィングを破損している。クビサはリタイア、中嶋はピットアウト。
 ライコネン、スローダウンし、55周目にリタイア。
 56周目、ブルデーが煙を噴いてリタイア。
 57周目、コバライネンがアロンソをかわすもストレートでスローダウン、アロンソが再び前に出る。
 最終順位はハミルトン、ハイドフェルド、ロズベルグ、アロンソ、コバライネン、6位のバリチェロは
 赤信号無視で審議、中嶋、ブルデー、ライコネンの順。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

03月16日のココロ日記(BlogPet)

今日見たTVに場所が出てきました!嬉しいです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

[TV] 機動戦士ガンダムOO #23

第23話 「終わらない詩」

コメント
  トランザムシステムをゲットして敵を追い払った刹那。ネーナは泣くしかない訳で。そして国連軍の
 進行。26機+ガンダムだと分が悪いのは仕方なし、ロックオンも無理矢理出て行くことになる訳で。
 ロックオンも2艦までは撃沈したけど、ガンダムは大破。刹那の助けも間に合わず、サーシェスと
 相打ちって、人が抱えて撃てるメガ粒子砲ってどうなんだか…。ハロの「ロックオン」の言葉が
 悲しいです。

次回
  戦士が減っても戦いは続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2008] エントリーリスト

●ドライバーリスト

 フェラーリ
  01 キミ・ライコネン      残留
  02 フェリペ・マッサ      残留

 BMWザウバー
  03 ニック・ハイドフェルド   残留
  04 ロバート・クビサ      残留

 ルノー
  05 フェルナンド・アロンソ   ←マクラーレン
  06 ネルソン・ピケ Jr.     ←テストドライバー

 ウィリアムズ
  07 ニコ・ロズベルグ      残留
  08 中嶋一貴          ←テストドライバー

 レッドブル
  09 デビッド・クルサード    残留
  10 マーク・ウェバー      残留

 トヨタ
  11 ヤルノ・トゥルーリ     残留
  12 ティモ・グロック      ←テストドライバー(BMW)

 トロ・ロッソ
  14 セバスチャン・ボーデ    ←チャンプカー
  15 セバスチャン・ベッテル   ←BMW/トロ・ロッソ

 Honda Racing F1
  16 ジェンソン・バトン     残留
  17 ルーベンス・バリチェロ   残留

 SUPER AGURI
  18 佐藤琢磨          残留
  19 アンソニー・デビッドソン  残留

 フォース・インディア
  20 エイドリアン・スーティル  残留
  21 ジャンカルロ・フィジケラ  ←ルノー

 マクラーレン
  22 ルイス・ハミルトン      残留
  23 ヘイキ・コバライネン     ←ルノー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[F1 2008] 主なレギュレーション変更

●主なレギュレーション変更点
 ・エンジンコントロールユニット(ECU)の標準化。
 ・エンジン開発を2012年までの完全凍結(ホモロゲーション)。
 ・スペアカー(サードカー)を廃止。
 ・ギヤボックスは4グランプリ1基(交換時 5グリッド降格)
 ・トラクションコントロールシステム(TCS)の使用を禁止
 ・ギア比およびドッグリングの変更は予選セッション前まで。ギア破損時は交換可能
 ・5.75%のバイオ燃料を混合。
 ・予選時間の変更(Q1 15→20、Q3 20→10)
 ・Q3終了時の燃料調整の廃止

●リンク
  F1レギュレーション wikipedia
  テクニカル・レギュレーション変更 F1-Live.com
  スポーティング・レギュレーション変更 F1-Live.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 灼眼のシャナII #22

第22話「クリスマス・イブ」

コメント
  サブラクってやっぱり死んでなかったんだというのはさておきクリスマスです。おやおや、池君
 お久しぶりじゃないですか。どうしてシャナが千草に成績表を見せるんだろう…。千種さんの体調
 不良は、そういうことだったんだ…。実は悠二君に兄さんがいたんだ、というAパート。シャナと
 仲良く玄関を掃除する千草さん、いいですね…。

  アイキャッチで雪だるまを作るシャナちゃんと吉田さんがよくて、2つ結びのシャナちゃんが可愛い
 けど、子供の作り方教えてって、ストレートに聞かれてもこまるよな…。裸を見せるより恥ずかしい
 って言われて赤くなるシャナちゃんは可愛いな。そこで、可愛い手紙セットを買いに行く吉田さんも
 いい娘だよ。そこへ池君が絡んできてややこしいな…。カルメルさん、悠二が絡むと冷静さを失って
 るよな…。服を用意してあげるとは、カルメルさんもいい人だよ。池君も、わかっててもやらずには
 いられないというのは辛いよね。さてさて、どっちを選ぶんですかってところでまみまみ登場ですか、
 なBパート。杖の先にあるのは…、零時迷子に見えるんですけど。

次回予告
  零時迷子を抜き取られて悠二は生きていられるんですっけ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/14

[LIV] アッガー、中足骨手術、今期絶望

[UEFA] アッガー、今季は絶望
  リバプールFCのデンマーク代表CBダニエル・アッガー(23)が、負傷している中足骨の手術を受けることになり、今季残りの全試合を欠場する見込みとなった。監督曰く「ダニエルにとってはつらいことだが、完全にけがを治してほしい。守備の控え選手はおり、マルティン・シュクルテルが良くやっている。ダニエルは来季には復帰できるはずだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[UEFA] Country Ranking 2008 until Best 8

うまくいくと、今年中にイングランドとスペインが逆転するかも。
ポルトかPSVが優勝すると6位になる可能性はあるが…、きついな~

UEFA Country Ranking 2008

#   country        03/04   04/05   05/06   06/07   07/08  rank08  nt08
1  Spain         14.312  12.437  15.642  19.000  12.875  74.266  2/ 8
2  England       11.250  15.571  14.428  16.625  14.875  72.749  4/ 8
3  Italy          8.875  14.000  15.357  11.928   9.500  59.660  2/ 8
-------------------------------------------------------------------------
4  France        13.500  11.428  10.812  10.000   6.928  52.668  7
5  Germany        4.714  10.571  10.437   9.500  12.642  47.864  3/ 7
6  Russia         5.875  10.000  10.000   6.625   9.000  41.500  1/ 4
-------------------------------------------------------------------------
7  Romania        4.333   5.500  16.833  11.333   2.600  40.599  5
8  Portugal      10.250   8.166   5.500   8.083   7.785  39.784  1/ 7
9  Netherlands    5.416  12.000   7.583   8.214   4.833  38.046  1/ 6
-------------------------------------------------------------------------
10  Scotland       7.375   4.750   4.250   6.750   8.500  31.625  1/ 4
11  Turkey         6.500   5.375   4.000   6.100   9.250  31.225  1/ 4
12  Ukraine        4.875   8.100   5.750   6.500   4.875  30.100  4
-------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] UEFA TEAM RANKING until Best 8

RマドリーはポットB転落が濃厚。
インテルはミラン、セビージャのどちらかがこけない限りポットB
セビージャはCLに出れればポットA
ブレーメン、ポットBの可能性あり

  1 AC Milan      Ita  16.9285  31.6200  26.0675  27.9360  17.1350  119.687     ITA-5
  2 Chelsea       Eng  22.7125  25.1385  17.7610  28.4860  21.9085  116.006  CL  ENG-3 ○
  3 Liverpool      Eng  14.7125  30.1385  17.7610  29.4860  20.9085  113.006  CL  ENG-4 ○
  4 FC Barcelona    Esp  16.7230  17.1040  34.1620  20.2700  23.2485  111.507  CL  ESP-2 ○
  5 Arsenal       Eng  17.7125  19.1385  31.7610  18.4860  21.9085  109.006  CL  ENG-1 ○
  6 Sevilla       Esp  4.7230  16.1040  30.1620  31.2700  20.2485  102.507     ESP-6
  7 Olympique Lyon   Fra  18.4550  23.7710  24.5680  18.3000  14.2860  99.380     FRA-1 ○
  8 Manchester United  Eng  15.7125  17.1385  12.7610  27.4860  23.9085  97.006  CL  ENG-2 ○
 ------------------------------------------------------------------------------------------------------
  9 Internazionale   Ita  15.9285  22.6200  24.0675  16.9360  17.1350  96.687     ITA-1 ○
 10 Real Madrid     Esp  21.7230  18.1040  17.1620  20.2700  16.2485  93.507     ESP-1 ○
 11 PSV Eindhoven    Ned  17.7875  24.9600  13.5025  17.7105  16.5950  90.555  UC  NED-1 ○
 12 Villarreal     Esp  20.7230  22.1040  24.1620  6.2700  17.2485  90.507     ESP-3 ○
 13 Bayern München   Ger  10.5555  19.4885  17.4440  20.1350  20.1720  87.795  UC  GER-1 ○
 14 Newcastle United  Eng  24.7125  27.1385  4.7610  22.4860  4.9085  84.006     ENG-15
 15 Valencia      Esp  29.7230  14.1040  5.1620  23.2700  11.2485  83.507     ESP-9
 16 AS Roma       Ita  12.9285  8.6200  19.0675  20.9360  20.1350  81.687  CL  ITA-2 ○
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 17 FC Porto      Por  26.3825  13.6950  8.8150  15.6675  16.5690  81.129    
 18 Benfica       Por  13.3825  13.6950  17.8150  18.6675  13.5690  77.129    
 19 Werder Bremen    Ger  1.5555  16.4885  14.4440  24.1350  17.1720  73.795    
 20 AZ Alkmaar     Ned  1.7875  27.9600  13.5025  18.7105  7.5950  69.555    
 21 Schalke 04     Ger  6.5555  13.4885  24.4440  5.1350  17.1720  66.795  CL  
 22 Juventus      Ita  12.9285  23.6200  23.0675  3.9360  3.1350  66.687    
 23 Sporting CP Lisbon Por  8.3825  25.6950  3.8150  9.6675  18.5690  66.129  UC  
 24 Olympique Marseille Fra  24.4550  3.7710  15.5680  5.3000  14.2860  63.380    
 25 Espanyol      Esp  4.7230  4.1040  14.1620  35.2700  4.2485  62.507    
 26 Steaua Bucuresti  Rom  5.4300  11.8150  26.5550  10.7400  4.8580  59.398    
 27 AS Monaco      Fra  23.4550  15.7710  14.5680  3.3000  2.2860  59.380    
 28 CSKA Moscow     Rus  1.9385  27.3000  10.3000  12.1860  6.9700  58.694    
 29 Glasgow Rangers   Sco  6.4335  7.5675  13.4025  15.2275  15.8050  58.436  UC  
 30 Middlesbrough    Eng  3.7125  17.1385  25.7610  5.4860  4.9085  57.006    
 31 Tottenham Hotspur  Eng  3.7125  5.1385  4.7610  23.4860  17.9085  55.006
 32 AC Parma      Ita  9.9285  22.6200  5.0675  13.9360  3.1350  54.687
 33 Lille OSC      Fra  4.4550  16.7710  16.5680  14.3000  2.2860  54.380
 34 Bayer Leverkusen  Ger  1.5555  15.4885  3.4440  15.1350  18.1720  53.795  UC
 35 AJ Auxerre     Fra  15.4550  19.7710  5.5680  10.3000  2.2860  53.380
 36 Panathinaikos    Gre  6.3750  14.0350  7.1000  10.5400  14.4750  52.525
 37 Girondins Bordeaux Fra  18.4550  3.7710  3.5680  12.3000  14.2860  52.380
 38 FC Basel      Sui  2.6185  9.8660  20.0935  7.3525  12.0625  51.993
 39 Hamburger SV    Ger  3.5555  3.4885  16.4440  8.1350  20.1720  51.795
   VfB Stuttgart    Ger  11.5555  14.4885  13.4440  3.1350  9.1720  51.795
 41 Ajax        Ned  6.7875  11.9600  15.5025  13.7105  3.5950  51.555
 42 Olympiakos Piraeus Gre  5.3750  16.0350  7.1000  7.5400  15.4750  51.525
 43 Celtic       Sco  15.4335  8.5675  1.4025  13.2275  12.8050  51.436  UC
 44 Zenit St. Pet.   Rus  1.9385  11.3000  20.3000  2.1860  14.9700  50.694
 45 Shakhtar Donetsk  Ukr  1.6085  12.6730  12.8975  14.1450  8.6085  49.932
 46 Fenerbahçe     Tur  2.1450  10.7735  7.3200  11.0125  18.0525  49.303  CL
 58 Getafe       Esp  4.7230  4.1040  5.1620  6.2700  20.2485  40.507  UC
 73 Fiorentina     Ita  2.9285  4.6200  5.0675  3.9360  18.1350  34.687  UC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] 決勝トーナメントベスト8組み合わせ

一番いいくじはバルサかもね。フェネルは遠いしやりたくないし…。

●ベスト8
     シャルケ v バルセロナ  バルサ、くじ運に恵まれた
      ローマ v マンU    ローマ雪辱なるか
    アーセナル v リバプール  一番の注目、攻めのアーセナル v 守りのリバプール
 フェネルバフチェ v チェルシー  チェルシー、運はあるが油断は禁物

●ベスト4(上の勝者が決勝でホーム)
    シャルケ v バルセロナ  V  ローマ v マンU         順当に行けばバルサ v マンUか
   アーセナル v リバプール  V  フェネルバフチェ v チェルシー  プレミア対決濃厚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] CLANNAD #21

第21話 「学園祭にむけて」

コメント
  あれ、みんなで演劇の練習してるよ、ってどうして杏さんがリーダーなんでしょう。そういえば、
 渚ちゃんに負けた皆さんも、一緒に頑張ってるのね、良きかな良きかな。椋ちゃんもことみちゃんも
 胸が大きいな…。体の弱い渚ちゃんは演劇を見たこと無いのねって、確かに爆弾発言だなぁ。早苗さん
 の先生時代のアルバム、もっと見たかったな…。合唱部の皆さんもお手伝い、良きかな良きかな。
 智代ちゃん、メガネっ娘ですが、完全に渚ちゃんをよしよしって、いいのかな、いいんだろうな、
 というAパート。頑張れ、渚ちゃん…。

  台本チェックで周りが目に入らない渚ちゃん、周りの皆さんも悪戦苦闘です。観客の皆さんは異星人
 ですか…。春原やるじゃん。ムードメーカー杏ちゃんの提案で円陣を組んでリハーサル開始。早苗さん、
 サインもらおうとしてますし。当然前夜は眠れない訳で、朋也君ところに相談しに来る訳で。しかし、
 最後の最後にお父さんとお母さんのことがばれちゃって、どうしたものかというBパート。最悪の
 タイミングと言うお父さんの言葉もごもっとも。

次回
  あれれ、最終回…、ですか。まあ、ゲームのようには出来ないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/13

[FRA] ベンゼマ、リヨンと契約延長

[UEFA] ベンゼマ、リヨンと契約更新
  オリンピック・リヨンのフランス代表FWカリム・ベンゼマ(20)が、リーグ1首位に立つ同クラブと2013年6月までの新たな契約を結んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/12

[CL07/08] B16#L2:インテル v リバプール

欧州カップ戦に関しては、格が違うとしか言いようがないですね。

●スタジアム
  スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ  ミラノ
  気温:13度  湿度:44%  ピッチ:湿気含む  天候:曇り

●試合結果
  インテル 0 - 1 リバプール  Agg. 0-3でリバプールがベスト8進出

●主審
  トム・ヘニンク・エブレベ (NOR)ラインアップ

●ラインアップ

 インテル
         09 クルス     08 ズラ

            05 スタンコビッチ

    04 サネッティ(C) 19 カンビアッソ  14 ビエラ

  16 ブルディッソ  26 キブ   24 リバス  13 マイコン

           12 セザール
  サブ:
    01 トルド  07 フィーゴ  11 ヒメネス  18 クレスポ  28 マニシェ
    29 スアソ  30 ペレ
  監督:
    ロベルト・マンチーニ

 リバプール
              09 トーレス

       19 バベル   08 ジェラード  18 カイト

          21 ルーカス  20 マスチェラーノ

  12 アウレリオ  04 ヒーピア  37 シュクルテル  23 キャラガー

              25 レイナ
  サブ:
    30 イタンジェ  06 リーセ  10 ボロニン  11 ベナユン  15 クラウチ
    16 ペナント   17 アルベロア
  監督:
    ラファエル・ベニテス

●前半:試合展開
 02 LIV    :トーレス右クロス                    DFクリア(CK)
 03 INT S  :カンビアッソS                     枠外
 04 INT S  :ズラ左クロス→カンビアッソ中S             DFブロック(CK)
 08 INT SOG:左CK:→クルス中ミドルS              ☆GKセーブ(CK)
 12 LIV ▲YC:バベル、FKで妨害                CARD▲バベル
 13 INT S  :左FK:ズラS                     枠上
 16 INT S  :ズラ左ミドルS                     枠上
 17 LIV SB :トーレス中S                      DFブロック
 19 INT S  :左FK:デヤンS                    GKキャッチ
 20 LIV SB :ジェラード左ミドルS                  DFブロック
 25 LIV    :フィード→バベル                   ※GKクリア
 27 LIV    :カイト左クロス                     DFクリア(CK)
 28 LIV SB :トーレス左ドリブルS                 ☆GKセーブ
 29 INT    :ズラ左落                        GKキャッチ
 30 INT S  :ズラ左スルーP→クルス左S              ※枠右
 33 LIV SB :DF→カイト左ドリブルS                DFブロック
 35 INT ▲YC:ブルディッソ                   CARD▲ブルディッソ
 39 INT    :マイコン右クロス                    DFクリア
 40 INT    :サネッティ左クロス→ズラ                GKキャッチ
 43 INT SOG:マイコン右クロス→クルス中HS            ☆GKキャッチ
 +2 INT    :スタンコ右クロス→                   DFクリア

●前半:コメント
  攻めるインテルと守ってカウンター狙いのリバプールが激しくせめぎ合った試合だが、レイナの
 好セーブ等で無失点に押さえたリバプールのペースと言えるか。インテルもズラのスルーパスや、
 マイコンのクロスなどDFラインを2,3度破るシーンを作ったものの、わずかに枠外にシュートが
 外れたりレイナの好守に阻まれたりで得点ならず。ただし、ゴールが決まらなかった以外は狙い
 通りのサッカーが出来ているので、とりあえずこのまま攻め続けるはず。

  一方のリバプールもカウンターで素早く前線につないでゴールを奪おうという狙いが明確、
 こちらも数が少ないながら決定機を作り出した。リバプール的には2点差があるだけにこのまま
 時間を使っていけばいいだろう。無理にゴールを狙うよりは守備重視で行きたい。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    インテル   0   8   2   2   8  56   1   0   2
   リバプール   0   4   1   2   8  44   1   0   2

●後半:試合展開
 48 LIV ▲YC:ジェラード、カンビアッソにタックル        CARD▲ジェラード
 50 INT ▲YC:ブルディッソ、ルーカスにレイトチャージ      CARD▲ブルディッソ
 52 INT S  :中FK:キブS                     枠上
 53 LIV S  :カイト右クロス                     DFクリア
 56 LIV ▲YC:アウレリオ、キブを妨害              CARD▲アウレリオ
 57 INT S  :右FK:ズラS                     枠上
 57 INT S  :カット→ズラ左S                  ※※枠左
 59 INT ▲YC:リバス、バベルを妨害               CARD▲リバス
 60 LIV SOG:左FK:ジェラードS                 ☆GKセーブ(CK)
 61 LIV S  :左CK:ジェラード→ルーカス中HS           枠右
 61 LIV 交代1:バベル(OUT)、ベナユン(IN)
 64 LIV SOG:アウレリオ左クロス→トーレス中反転S       GOAL★INT 0-1 LIV AGG 0-3
 67 INT    :カンビアッソ右クロス                  GKキャッチ
 68 INT SB :スタンコ中ミドルS                   DFブロック
 69 LIV SOG:トーレス左クロス→ジェラード中S            GKキャッチ
 71 INT S  :中FK:クルスS                    枠上
 72 LIV    :ベナユン左クロス                    GKセーブ(CK)
 73 INT ▲YC:スタンコ、マスチェラーノにタックル        CARD▲スタンコビッチ
 74 LIV ▲YC:ベナユン、マイコンにひじうち           CARD▲ベナユン
 76 INT 交代1:ビエラ(OUT)、ペレ(IN)
 79 INT S  :マイコン右S                      枠左
 79 INT S  :キブ中スルーP→ズラ左S                枠上
 80 INT 交代2:ズラ(OUT)、スアソ(IN)
 81 LIV 交代2:カイト(OUT)、リーセ(IN)
 84 LIV    :リーセ左クロス→トーレス中               DFクリア
 84 INT 交代3:スタンコビッチ(OUT)、ヒメネス(IN)
 85 INT ▲YC:キブ、ジェラードにタックル            CARD▲キブ
 88 LIV 交代3:マスチェラーノ(OUT)、ペナント(IN)
 90 LIV S  :リーセ左ミドルS                    枠右

●後半:コメント
  もともと渋い試合運びには定評のあるリバプールにとって、相手が10人になった時点で勝ちぬけは
 約束されたと言っても過言ではない状況だったと言える。前半、何度かあった危険なシーンをレイナの
 好守備と相手のシュートミスで切り抜けたことで、大きく勝利に前進した。最悪追いつかれることは
 あっても、逆転負けすることはないだろうと言う予感はチームにもファンにもあったはずだ。

  ブルディッソの退場については、特にインテルサイドからはいいたいことはたくさんあるだろう。ただし、
 相手に足裏タックルをした時点でカードを出されるのはしょうがない。「リバプールにも同じような
 ファールはあった」という意見もあるようだが、足裏でのタックルと言うのは記憶はないし、たとえ
 同じようなプレイがあったとしても、ブルディッソの退場が消えてなくなるものでもない。前節の
 マテラッツィ同様、カードを1枚もらった時点でのプレイとしては、あまりにも軽率すぎたと言える
 だろう。結局DFラインの不注意なプレイと、彼らを使わざるを得なかった負傷者続出で試合を失った
 と言うのは、ズラあたりにとってやりきれないものがあるだろう。

  リバプールの攻撃勢が絶好調だったわけではない。決定機はトーレスのゴールシーンと、もう1本、
 左サイドからのシュートぐらいしかなかった。ただし、2点差リードという状況を考えれば、守備を
 固めてあわよくばカウンターで攻める、というのは当然の選択であるし、アロンソ不在の中、それを
 完遂したチームをほめるべきだろう。もちろん、トーレスのゴールについては、あの反転の素早さと
 シュートの正確さは賞賛に値する。

  選手個人のレベルではインテルに若干かなわないかもしれないが、チーム力としてはインテルを大きく
 上回っていたことが、2戦を通しての勝利を生んだと言えるだろう。この試合でのシュクルテルを中央に
 配し、キャラガーを右サイドに回す布陣は今後、守備的なオプションとして有効に使われるだろう。  

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    インテル   0  15   2   2  17  47   4   1   2
   リバプール   1   8   4   4  17  53   4   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[INT] インテル会長、マンチーニ監督は留任

[UEFA] インテル会長、マンチーニ監督は留任
  FCインテル・ミラノのマッシモ・モラッティ会長は12日、今季終了後の退任を表明したロベルト・マンチーニ監督が来季以降もチームの指揮を執ると明言した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] ブッフォン、ユーベと契約延長

[UEFA] ブッフォンがユーベと契約延長
  イタリア代表のGKジャンルイジ・ブッフォンが12日、所属するユベントスとの契約を2013年6月まで1年間延長した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/11

[CL07/08] ベスト8以降シード(暫定)

ベスト8以降は「シードチームが第2戦ホーム」とは明記されてないんだよな…。

リバプール勝ち抜けの場合

 バルサ   14  2
 マンU   14  7
 アーセナル 12  5
 チェルシー 12  7
-----------------------
 ローマ   12 16
 フェネル   10  6
 リバプール  9+2
 シャルケ   8 66

・プレミア3強の同士討ちはない
・リバプール対プレミアはあり。
・上位シードは、フェネルかシャルケを当てたい。ただし、癖のあるチームだけに、
 攻略がはまれば快勝の可能性もあるか?
・下位シードには逃げ道は無い。上位は調子の波はあれどどこも難敵

インテル勝利の場合

 バルサ   14  2
 マンU   14  7
 インテル  12  4
 アーセナル 12  5
-----------------------
 チェルシー 12  7
 ローマ   12 16
 フェネル   10  6
 シャルケ   8 66

・アーセナル v マンUはない
・チェルシー対プレミアはあり。
・上位シードは、フェネルかシャルケを当てたい。ただし、癖のあるチームだけに、
 攻略がはまれば快勝の可能性もあるか?
・下位シードには逃げ道は無い。上位は調子の波はあれどどこも難敵

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キミキスパソコン

 キミキスパソコンといっても、色がかわいくて天板に絵が描いてあるだけだからな~。各種サウンドに
音声ファイル設定済みぐらいのことをしてほしいものだが…。
 あと、色を選択させるんだったら、全員分出したほうがいいんじゃないかな~とかおもったり。なんでこの4人なんだ…、あやち~とまみまみはどうした(笑)

# 買いませんよ~(笑)

キミキス・メインキャラ 他(●が今回の商品化対象) 
 ●星乃結美(ほしの ゆうみ)   声:小清水亜美
  里仲なるみ(さとなか なるみ) 声:水橋かおり
 ●水澤摩央(みずさわ まお)   声:池澤春菜
 ●咲野明日夏(さきの あすか)  声:広橋涼
 ●二見瑛理子(ふたみ えりこ)  声:田中理恵
  祇条深月(しじょう みつき)  声:能登麻美子
  栗生恵(くりゅう めぐみ)   声:中原麻衣

  相原菜々(あいはら なな)   声:野川さくら
  川田知子(かわだ ともこ)   声:川澄綾子

選択可能カラー
 「ベリーブルー」
 「シュガーピンク」
 「リーフグリーン」

NECダイレクト
  http://www.necdirect.jp/psp/PA121/DIRECT1K/ENTPND/h/?tab=N1K_Z_NPL_08&catalogid=N1K_Z_NPL_08

ビッグローブ
  http://store.biglobe.ne.jp/pc/kimikiss/

# さすがにキミキスだけあって、サイトは会社で開くには派手なんだよな~(笑) ひらいたけど~

●参考
  wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[INT] マンチーニ監督退任?

[UEFA] マンチーニ監督が今季限りの退任を表明
  FCインテル・ミラノのロベルト・マンチーニ監督(43)が11日、UEFAチャンピオンズリーグ敗退が決まった直後に今季限りで同クラブの監督を辞任する意向を表明した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

第2回声優アワード発表

 遅くなりましたが、受賞者の皆さんおめでとうございます。
 色々見るように努力してはいるんですが、「喜びの声」のようなインタビューはそこかしこに
載っていても、「この人が受賞できた理由、あの人が受賞できなかった理由」というような分析記事
ってないんですよね…。そういうのは日本人気質に合わないんでしょうか(笑)

●公式サイト
  http://www.seiyuawards.jp/

●第二回声優アワード 主要部門結果

    主演女優賞              平野綾

    主演男優賞              宮野真守

    サブキャラクター女優賞  釘宮理恵
                           斎賀みつき

    サブキャラクター男優賞  小野大輔
                           神谷浩史

    新人男優賞              羽多野渉
                           代永翼 

    新人女優賞              加藤英美里
                           小林ゆう

    パーソナリティー賞      鈴村健一

    歌唱賞                  平野綾/福原香織/加藤英美里/遠藤綾

●不思議な点

 素人から見て不思議な点を列挙してみます。まあ、プロの皆さんにはそれなりの考えがあって
現行の方式をとっているのだとは思うのですが…、どうもね…。

・選考基準が不明瞭
   一般登場と選考委員会の採点比率は?
   1次選考後の決定方法は?
   それぞれの皆さんの受賞根拠とか(この作品の演技によって…)

  上記の結果は、可能性の1つとして「有り」だとは思います。ただ、賞の品格を高めていくため
 には、選考基準というのはオープンにした方がいいと思います。「一般投票によるファンの意見
 重視」なら、堂々とその旨を歌えばいいし、専門家による委員会による審査なら、それを明確に
 すればいい。なんか、投票もやりつつ委員会も選考って、結局決め手は何よ、というのが不明瞭
 で…。

・声優さんだけ褒められてもなぁ…。
  作品あっての声優さんである以上、今年度を代表する作品は「これ」で、そこで好演を見せてくれた
 ××さんに賞を進呈します、ってのが筋かなと。その意味で作品賞とかいうのを参考で出してくれたり
 するとスッキリするのかも。

・ノミネート者ぐらい公表したら?
  前の話と被るけど、「一般投票での得票を各媒体ごとに集計し、その結果を元に最終選考への
 ノミネート者を決定いたしました。その後選考委員会による二次選考によって最終的な受賞者を決定」
 ということなら、ノミネート一覧ぐらい公表しませんか? 公式HPにそれが載ってないというのは、
 ホントに選考したのかなぁって思えるし、「ノミネートされた」ってことで声優さんのモチベーションも
 あがりますよね。

・選考委員会って何?
  こういう責任ある選考を行う委員会なら、メンバー構成ぐらい明らかにしておかないとまずいんじゃ
 ないかな…、と思ったり。買票行為とかあるから非公開にしてたりするんですかねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ITA] パルマ、ディ・カルロ監督を解任

[UEFA] パルマがディ・カルロ監督を解任
  パルマFCが9日、ドメニコ・ディ・カルロ監督(43)を解任した。ディ・カルロ監督の契約は今季終了時に満了する予定だったが、パルマは9日のリーグ戦でもUCサンプドリアに1‐2で敗退。依然として降格圏に低迷しているため、ディ・カルロ監督を解任する決断を下した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

[J1 2008] 第01節結果

2008Jリーグ ディビジョン1 第1節 試合結果
  03/08
      G大阪  △0 - 0△  千葉                万博(18,093)
      名古屋  △1 - 1△  京都                豊田ス(26,102)
    FC東京  △1 - 1△  神戸              味スタ(24,390)
    横浜FM  ○1 - 0    浦和              日産ス(61,246)
        清水    1 - 2○  大分              日本平(19,054)
        鹿島  ○4 - 0    札幌                カシマ(28,152)
  03/09
          柏  ○2 - 0    磐田                  柏(11,210)
        川崎  △1 - 1△                    等々力(21,020)
        大宮  ○2 - 0    新潟            NACK(14,380)

   P  Team                     Pt   G   W   D   L    F   A  GD   
  ----------------------------------------------------------------
   1  鹿島アントラーズ          3   1   1   0   0    4   0   4   
   2  大宮アルディージャ        3   1   1   0   0    2   0   2   
   2  柏レイソル                3   1   1   0   0    2   0   2   
   4  大分トリニータ            3   1   1   0   0    2   1   1   
   5  横浜F・マリノス          3   1   1   0   0    1   0   1   
   6  FC東京                  1   1   0   1   0    1   1   0   
   6  東京ヴェルディ            1   1   0   1   0    1   1   0   
   6  川崎フロンターレ          1   1   0   1   0    1   1   0   
   6  名古屋グランパス          1   1   0   1   0    1   1   0   
   6  京都サンガF.C.            1   1   0   1   0    1   1   0   
   6  ヴィッセル神戸            1   1   0   1   0    1   1   0   
  12  ジェフユナイテッド千葉    1   1   0   1   0    0   0   0   
  12  ガンバ大阪                1   1   0   1   0    0   0   0   
  14  清水エスパルス            0   1   0   0   1    1   2  -1   
  15  浦和レッズ                0   1   0   0   1    0   1  -1   
  ----------------------------------------------------------------
  16  アルビレックス新潟        0   1   0   0   1    0   2  -2   
  ----------------------------------------------------------------
  16  ジュビロ磐田              0   1   0   0   1    0   2  -2   
  18  コンサドーレ札幌          0   1   0   0   1    0   4   0   

第320回 mini toto-A組 くじ結果              結果  購入
  まあ、こっちはいいんだけど…

  03/08       万博  1   G大阪  0-0   千葉    0   1
  03/08     味スタ  2   F東京  1-1   神戸    0   1
  03/08     日産ス  3   横浜M  1-0   浦和    1   10
  03/08     日本平  4     清水  1-2   大分    2   1
  03/08     カシマ  5     鹿島  4-0   札幌    1   10

当せん金  37,399円  当せん口数  359口

第320回 mini toto-B組 くじ結果 
  川崎~、あともうちょっとだったのに(笑)

 

03/08     豊田ス  1   名古屋  1-1   京都    0   10
  03/09     等々力  2     川崎  1-1   東京V  0   1
03/09         柏  3       柏  2-0   磐田    1   12
  03/08   ニンスタ  4     愛媛  2-1   熊本    1   1
  03/09       笠松  5     水戸  0-2   C大阪  2   2

当せん金  14,837円  当せん口数  572口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[UCI 08] とりあえずフランスの勝ち…?

[CYCLINGTIME] チーム側はパリ~ニースを支持、CASは仲裁を謝絶
  パリ~ニース開幕が2日後に迫った3月7日、AIGCP(国際プロサイクリングチーム連盟)は会合を開き、投票による多数決でレース出場を決めた。プロチームの代表で構成されるAIGCPはパリで会合を開き、その中でパリ~ニース出場に関する投票が行なわれた。投票の結果、15チームが出場支持(残りチームは投票を棄権)の意向を示し、多数決で全チームのパリ~ニース出場が決定。チーム側は出場に踏み切った。

 
 ツールがある限りASOの天下だろうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[BEN] カマーチョ監督、辞任

[UEFA] ベンフィカのカマチョ監督が辞任
  SLベンフィカのホセ・アントニオ・カマチョ監督が9日、ポルトガル1部リーグのUDレイリア戦後に辞任した。監督曰く「チームの成績を改善するために、私にできることはもう何もない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] MF文庫J アニメフェスティバル/「かのこん VS ゼロの使い魔」

MF文庫J アニメフェスティバル/「かのこん VS ゼロの使い魔」

 場所
  秋葉原UDX 2Fイベントスペース「AKIBA_SQUARE」

 時間
  15:30 - 17:40

 出演者(敬称略)
    川澄綾子      (かのこん■源ちずる役)      [川:]
    能登麻美子    (かのこん■小山田耕太役)    [能:]
    釘宮理恵      (ゼロの使い魔■ルイズ役)    [釘:]
    日野聡        (ゼロの使い魔■平賀才人役)  [日:]
    ヤマグチノボル(ゼロの使い魔■原作)        [ヤ:]
    西野かつみ    (かのこん■原作)、          [西:]
    鷲崎健        (司会進行)                  [司:]

1)かのこん先行上映会

 司会はアニぱらやアニスパ!で一部にお馴染みの鷲崎健さん。また、アクの強いの持ってきたなぁ(笑)
うまくはまれば楽しめるけど…(以下  司:)

 先行上映は1話を全部見せてくれた…という訳ではなく、7分ぐらいに編集したダイジェスト版の様子。
それは大人の事情があるからしょうがないとして、ちずるちゃんがあんまし可愛いかったり、アレだった
りで、第1声であやち~とわかりませんでした。まだまだ修行が足りないな~(笑)

 見る見ないという感想は、指摘にはすでにDVD購入&購入イベント参加(あれば)まで決まって
いるので、あまり意味はないかと…。いや、キャスト的にも内容的にも、これを見ずして何を見ろと
言うのでしょう(笑)

2)ゼロの使い魔 × かのこん 原作者対談

 続いて、原作者同士の対談ですが…、物書きを二人並べてもなぁ…、だから司会を鷲崎氏に依頼したのか?
文庫は読んでも小説誌までは手が回らないので、二人とも顔を見たのは初めて。
 司会者の呼び出しに答えてステージ右側より登場する二人。自己紹介の後、椅子に座るが、かのこんの
原作者の西野先生の方が妙にオドオドしている。

 司:西野先生、死ぬんじゃないでしょうね?
 西:だ、だいじょうぶです…。

遠目に見ても大丈夫には見えないけど。いきなり500人の前でのさらし者だからなぁ…

■アニメ化について

 司:アニメ化ですが、どうですか、西野せんせい?
 西:素晴らしいものを作ってもらえた。面白くなるとは思っていたが期待以上の出来で感動した。
 司:ヤマグチ先生は「かのこん」見てどうですか?
 ヤ:ちずるが可愛い。あと、耕太君が可愛い。でも、あれ男なんですよね?
 西:あります、あります。

なにがあるんだ~(笑)

 司:いや、XYがどうこうとかじゃなくて…。

やっぱりオドオドしている西野先生に追い討ちをかける司会者。

 司:かなり緊張してます? みんな読んでみましょうか、せーの
 客:にしの~
 司:いい客ですね~、こんなんしてくれるのオタクだけですよ~。

いや、緊張している人間を追い詰めちゃダメだろう…。ちなみに、この二人、出版社の忘年会で一度
あっただけとのこと。そりゃそうだよね。

■作品が生まれたきっかけ

 ヤ:ファンタジーがやりたかった。昔は学園物とか書いていたので。
 司:はじめての挑戦だったわけですね。
 ヤ:そうかもしれない。

やっぱヤング向けには学園物がいいのかなぁ…。ちなみに会場内で読んだことある人はいなかった様子。

 司:西野先生は?
 西:…、えっ?
 司:ぼ~っとしない!
 西:すみません…。

いやいや、何度も言うけど、その弱い者いじめなダメだしはどうよ…。

 西:僕の場合、新人賞の受賞作品がそのまま、という感じなので。こういうお姉さんが
 いたらいいな~って。

処女作ってことになりますから、思いの向くまま書いたということだそうです。
こんなこと思ってる人なんだ…(笑)

 司:ヤマグチ先生は一番最初の作品はどんなのだったんですか?
 ヤ:バンドものを…。
 司:バンドをやられてたんですか?
 ヤ:全然やったことがなかったんで、作品でもほとんど弾いてません。
 司:そうなんですか!?

まあ、いかにうまく読者をだますかが作家の仕事ですから、いいと思います。

■アニメ化について

 司:アニメ化と聞いてどんな感じでしたか、西野先生?
 西:全く考えてなかった。出来る訳がないだろうと。原作の方だと3巻で…、無理だろうってかんじで。
  編集さんからアニメ化の話を聞いたとき、なんで、そんなつまらない嘘をつくんだろうと…。今でも
  信じられない…。

そういうこといって三巻を買わせようだなんて。大人買いして帰りましたけどね(笑)

 司:ヤマグチ先生は?
 ヤ:うれしかった。びっくりしました。
 司:淡泊ですねぇ…。

まあ、すでに3作目ですし。初めてのアニメ化って、2年前かぁ…。

■「かのこん」に対する感想(by ヤマグチ)

 ヤ:擬音を、よくこれだけ考えつくな、と感心しています。
 西:すみません…。
 ヤ:すばらしいです…。

謝るところじゃないよねぇ…。
しかし、どんな擬音なのかは…

 司:擬音はどう考えるんですか?
 西:その場その場で思いつく感じ。考えてひねり出すと面白くない。

配布されたアニカンで、擬音の一端を見せてもらったんですが、確かにすごかったです(笑)

■「ゼロの使い魔」の感想(by 西野)

 西:MF文庫のエースですから。僕が応募したとき、ライトノベルはほとんど知らなかったが、
  「ゼロの使い魔」の存在は知っていた。読んでみてもすごかった。

ここまでは後輩の素直なほめ言葉なんですが…。

 西:あと、「バスト・レボルーション」って言葉を見たときにすごいと思った。
 司:なんですか、その「バスト・レボルーション」ってのは?
 ヤ:胸の…、革命です。
 司:そのまんまやん。中学生英語やん!
 西:これは私が思いつかなければならなかった。悔しかったです。書かなきゃいけなかったのに…。

いや、そこ悔しがるとこですか…。原作全部読んだけど、そんなのあったかなぁ…。

■ツンデレ

 司:「かのこん」には、ツンデレキャラって出てきますか?
 西:あんまりいない…。
 司:さっきの映像で出てきた委員長とか?
 西:委員長は…、ツンしかないかな。
 司:斎藤千和は厳しい人ですんで…。

プロセス技をかけながら「地獄へ落ちろ~」とか言うのかな~(笑)
って、中の人は関係ないと思うのだが。

 司:ルイスはツンデレですが、書いてて腹が立ちませんか「なに言ってんだ、こいつ」とか…。
 ヤ:そういうときは頭の中でいじめたりします。
 司:そんなことするんですか?
 ヤ:書いてない部分を汲み取ってほしいかなと…。

でも、その厳しいところが、ルイズのキャラだからなぁ…。
ドSな人間は実はドMだったりする場合もあるらしいので、そういうのもありかな、とか…。
しかし、トークテーマが「ツンデレ」って…、どうよ(笑)

■今後のストーリー

 ヤ:まあ、だいたい予想がつくと思いますが。13巻がああいう風に終わったので、あれに
  つづく、というぐらいしか言えません。
 司:今日この場にきた5000人の皆さんに特別にお願いしますよ!
 ヤ:ルイズが可愛いとか…。
 司:客が言うわ、作者が言うな!

個人的にはルイスはともかく、アンリエッタ様がどうなっていくのかが気になります…。
原作は結構まじめなのに、アニメではどんどん壊れてる気がして(笑)

 西:9巻が引く感じになったので、それに決着がつく。その後は考えていない。
 司:皆の意見が活かされるかも?
 西:ホントに白紙なのでぜひお願いしたいです。

正直ものだなぁ。嘘でも思わせぶりなことを言っておけばいいのに(笑)

■作家になったきっかけ

 ヤ:中学生の時、筒井康隆さんを読んで、マネして書いてました。
 司:同じような話を?
 ヤ:全く同じ話を。
 司:それ写本やん!
 ヤ:まんま同じに書いて、「なれたらいいな~」とか。
 司:SFとか行かなかったんですね?
 ヤ:筒井さんは、あんましSF多くないですよね。色々書いてますし。

司会者さん曰く「小学生で星新一、中学生で筒井康隆」らしいのだが、そうかな~。
欧米かぶれだったので、クラーク、アシモフ、ハミルトン、ウェルズとか読んでたな(笑)

 西:社会人で入院して自分を見つめ直したときに、やりたいことをやらなきゃダメだって。
  応募して2作目で引っかかった。作家になるとも思ってなくて、そんなきっかけがなければ
  ここにいない。小説を書き始めたのはデビューする2年前くらい。

それはそれですごい才能だとは思いますが…。

■作家になりたい人への秘訣、アドバイス

 西:人に喜んでもらえる作品を書くようにしている。お説教は嫌い。人生で辛いことが多いので、
  小説の中では夢や理想を届けたい。みんなに読んでもらえる事をかんがえてかけばいい。
  そんなたいしたもんじゃない。

人に夢を売る商売なので、ある程度の夢や希望を与えることは必要だと思います。

 ヤ:好きなものを書く。はやりじゃなくて、好きなものを真面目に書く。

これもね。やっぱり好きなもの、好きなキャラでないと、きちんと書けませんって。

この後、好きな食べ物とか趣味とか台本にあったようですが、司会者、投げやりモード。
そんなの聞いたってねぇ、という気持ちはよくわかる(笑)

■好きな食べ物

 ヤマグチ:カニ玉
   西野:カレーライス

■趣味

 ヤマグチ:水槽。熱帯魚とか水草
   西野:健康も兼ねて散歩。座りっぱなしでお腹が出てきた。体力が無くなると、徹夜も出来ない。

■10番勝負とか

  巨乳対決で盛り上がってました。いやいや、その擬音を書くほうも書くほうだが、読みきった
 司会者もえらいぞ(笑)

■挨拶

 ヤ:これからもがんばりますのでよろしくお願いします。
 西:頑張ります、よろしくお願いします。

■感想

 作家さんトークってのは専用のコーナーでやった方がいいと思うな。ライブのみ目当ての客って
マナーがいまいちな人たち多いし…。

3)ゼロの使い魔ステージ

ここで西野先生は退場。ヤマグチ先生は残って、くぎみ~とひのっちを呼び出す司会者。

 くぎみ~:ピンクのワンピース、ピンクの花飾り。桜のイメージか?
 ひのちん:下はジーンズ、上は…、アロハでもないけど、シャツ…

# 「男なんて要らないんだよ! (C)なばさん」、そこまで注意いかんっすよ…(笑)

 司:それでは自己紹介を。
 釘:こんにちわ、ルイズ・フランソワーズ役の釘宮理恵です。今日はよろしくお願いします。
 日:ぜろにちわ、平井才人役の日野聡です。よろそくおま~!

ひのっちもシャナ始めたころに比べると、イベント慣れしてきたなぁ(笑)

 釘:すっごく沢山人がいるんですが、後ろの皆さんもですか?
 司:まあ、通りすがりな皆さんですが…。
 釘:通りすがり的な人ですか、一杯いますね!

いや、通りすがりじゃないと思うぞ。あいかわらずいい加減だなぁ、司会者(笑)

■映像セレクション

 ここからは、皆さんが事前に選んだシーンの映像を見ながらのトークショウ。
 まずはヤマグチ先生のチョイスしたシーンから。

[ヤマグチ]ゼロ2#12、才人が一人残って7万人の敵めがけて突っ込むシーン

 ヤ:やっぱ、男だったらこんな風に戦いたいじゃないですか。で、死にたい…。
 司:ほんまに?

死なれたら小説続きが読めないから困るなぁ(笑)

 ヤ:ゼロを象徴するシーン。守って突っ込むあたりが…。
 司:男のロマン、あこがれの生き様ですか?
 ヤ:そうですよ…(笑)
 司:なんで半笑いなんですか?

あれはいいシーンでした。会場で映像見てても涙出そうになりました。
それだけに、その後のまみまみの登場シーンが唐突でずっこけましたが(笑)

 日:自分で選んだんですよね?
 ヤ:ええ、まあ…。
 釘:あのシーンはスタッフさんの気迫もすごかったですよね。
 日:弓矢とかがすごいです!

ここで会場の一部から苦笑が。

 司:何故笑う!
 釘:毎回毎回弓矢って言い過ぎだよ…。

そうなんだ…。

 司:サイト役的にはあのシーンはどうですか?
 日:戦闘シーンがすごいですよね。
 司:そういう大枠じゃなくてサイトの気持ちとか…、ないの?
 日:ああ、どうなんですか、先生?
 司:そこで振るか?

ひのっち、何にも考えてなかったようです。それでも慌てず騒がず作者にスルーするあたりが進歩かな。

 日:集力の時も気合いが入ってました。
 釘:この回は全体的にね。
 日:かなり違いました。普段はコミカルだけど、2期は戦争メインでよりシリアスな話になったので。

くぎみ~、マイク癖が悪い。両手でもってわさわさしてる。

[釘宮]ゼロ#09 ルイズが掘れ薬にやられてサイトにデレデレなシーン

 司:可愛いですね。
 釘:まさか戦闘の後のシーンとは…、ホントに恥ずかしいです。なんでここ選んじゃったの…。
  スタッフに選んでくださいって言われて、「デレデレになった回があったな~」て

やりどころが無くて、マイクを思いっきり絞るくぎみ~。

 司:そんなに絞って、マイク汁でも出したいんですか?
 釘:あ~~~~!
 日:あついのか?
 釘:あついんだよ! もう、次、行ってください!

くぎみーに言われちゃ逆らえないよね。ということなのか、次へ。

[日野]ゼロ2#04 ルイズとサイトがボートの中でラブラブ~なシーン

あまりのラブラブさに身もだえる司会者

 日:きもいですよ…。
 司:あ~、静かに、このあといいシーンなのに、あ~。

音がフェードアウトしたので、しかたなくトークに戻る。

 司:どうしてこのシーンを?
 日:皆さんが喜ぶし、先生も喜ぶし、俺も喜ぶ!

客席からの拍手と歓声にこたえるひのっち。

 日:この後、耳たぶ甘がみですよ!
 司:そうなんですか!?
 日:実際に噛む訳ではないんですけどね。

家で見返したら、才人がルイズの耳を確かに噛んでました(笑)

 釘:あ~、あ~。
 日:うちの姫が「にゃにゃにゃにゃ」してて…。
 釘:も~、のぼる、恥ずかしいんじゃ!!

素で恥ずかしがるくぎみ~。それはそれで可愛かったり(笑)

 釘:あれはあたしじゃないよ…。ルイズだから…。

知ってますけど…。別にくぎみ~が照れるところじゃないとは思うんだが、面白いからよし。

 釘:あ~もう、ルイズに腹が立つ!
 司:でも、ヤマグチさん、ルイズをいじめることがあるそうですよ。
 ヤ:ちょっとやりすぎたときとかね。
 釘:すみません…。

やっぱ、そこで謝ってしまうよな~、中の人的には。一心同体ってことか(笑)

■第3シリーズについて

 司:言える範囲でいいので、情報なんぞを教えてください。
 ヤ:第3期は、ティファニアが学園にやってきます。
 日:乳レボルーションですか?
 ヤ:乳レボです!
 司:さっき、乳とは言ってなかったですよね(笑)

さっきは「バスト・レボルーション」でしたよね、ひのっちエロイぞ(笑)
ちなみに、ティファニアは、まみまみで巨乳なエルフさんです(笑)

 ヤ:ですので、ラブコメ的な展開が多くなる、そこまでは言っていいって言われました。
 司:そうですか…。
 ヤ:一応、冒険も色々やるみたいです。
 司:なんか他人事ですけど、原作者ですよね?

司会者の疑問ももっともですが、原作とアニメとは別物ってことで。まあ、夏の話ですしね。
結局これ以上の情報は引き出せず。

■ヤマグチ先生予想期待度NO1セリフ

ここで、ヤマグチ先生が、次作で出てきたら言いなというセリフをそれぞれに読んでもらうことに。

[ルイズ]私、無敵なだから、色気をプラスで使い魔なんていちころなんだから!

ちなみに、紹介時には司会者さんが読んでます。偉いぞ(笑)

 ヤ:これは、初めてルイズが色気を武器に使ったセリフです。
 釘:才人に言ったんですか?
 ヤ:確か、独り言だったと…。

12巻前後だった記憶があります。

 釘:恥ずかしい…。

またもや、くぎみ~がもだえてます。

 釘:はっはっはっ…。
 司:準備はいいですか?
 釘:は、はい?

そして壊れつつあります(笑)

 日:緊張してます。
 釘:うっさい、頑張ります!

かなりアレな状態ながら、しっかりセリフを決めるくぎみ~。あたりまえだけどルイズだ~(笑)

 司:お~、椅子があるのに立ち上がってしまいました!
 釘:もう、ちょう、ちょうね、わ~、はずかしい。のぼのぼ…。

くぎみ~、完全に壊れております(笑)

 釘:先生は恥ずかしいセリフを考える天才です。すごい才能だと思う。V見ても未だに恥ずかしいし…。
 司:恥ずかしいですか?
 釘:恥ずかしいです!

続いて才人のセリフ。

[才人]情けねえとこ見せられないだろ、一応俺は男なんだよ、だから無理しなきゃ格好つかないだろ!

これはエルフにさらわれたタバサを助けに行くシーン、10巻前後かな(自信なし)

 ヤ:これはサイトの本音が現れているセリフで、サイトが何を大事にしているかわかるセリフです。
 司:サイトは恥ずかしいセリフは?
 日:ないですね。感じたことはないです。

格好いいセリフやおバカなセリフは多いですけどね。

 日:一番恥ずかしいのは噛んだとき。噛んでも大丈夫ですか?
 ヤ:大丈夫です
 日:先生、やさしいです。

ここでセリフを言うひのっちだが、司会者の口調をまねるのでストップが入る。

 司:違うだろう、真似すんなや!
 日:真似じゃなくて才人で…。
 司:あたりまえだろ、す~っといってや、テイク2行きます。

次は、真面目に噛まずにしっかり決めるひのっち。

 司:かっこいいですね~。
 客:かっこい~!
 釘:今、はずかしいんじゃない?
 日:そうね…。
 釘:もっと言え~!
 客:かっこいい~!
 日:な、なんなんだ…。
 釘:おもしろ~い。

くぎみ~、可愛いのに、ひのっちに対して性格悪すぎだよ~、(笑)

■主役登場!?

ここで、ゼロにも出ているまみまみとあやち~を呼ぶことに。どうして最初から呼ばないんだろう(笑)

 あやち~:黒に白(灰)の水玉のワンピース、黒のタイツ、黒のヒール。
 まみまみ:白のワンピース、黒のブーツ。

 川:みなさん、こんにちわ、アンリエッタ役の川澄綾子です
 能:みなさん、こんにちわ、ティファニア役の能登麻美子です。

何回聞いても覚えられないエルフさんの名前。まみまみのエルフで認識されてるからな~(笑)

 川:日野君、噛んじゃったの?
 日:ちがいます、噛んだらごめんなさいってことで、噛んでません!
 司:普段からよく噛むんですか?
 川:…。噛まないね…。
 日:……、うん。
 司:なんなんでしょう、今の間は?

ホントになんなんでしょう(笑)

 司:ところで、能登さん?
 能:は、はいっ?
 川:ぼっとしてた?
 司:どうですか?
 能:ぼっとしてないよ~。廊下の奥にまで人がたくさんいますね~。

廊下って、ここは学校かなんかですか(笑)

 川:すごいですね~、頑張ってください!

いや、まあ、立ち見の人は頑張ってるんでしょうけど、それもなんか違う気が…(笑)

■最後にメッセージ

 司:では、時間になりましたので挨拶を。
 ヤ:「かのこん」ともどもよろしくお願いします。
 司:続いて釘宮さん。
 釘:はい。あっというまですけど、すごく恥ずかしかったです。
 客:かわい~!
 釘:はいはい。
 客:かわい~!
 釘:はい。みんなすごい統制が取れてて最高だよ。今後も番組とかラジオとか様々に展開して行きます
  ので、今年も頑張ります。
 司:最後に日野さん。
 日:スタッフ共々頑張って、番組を作っていきます。これからもよろしくお願いします。

手を振りながら退場する二人とヤマグチ先生。

■感想

  さっきも書きましたが、恥ずかしさのあまり壊れるくぎみーがよかったです、よかったのかなぁ。
 ひのっちはなんか落ち着きが出てて、成長したなぁ~と。それじゃあつまらんと言う話もあるが、
 もだえるくぎみ~が見れたからよし、なんて言っている時点で釘宮病に感染しているんでしょうか(笑)

4)かのこんステージ

ゼロからの流れでステージ上に残る二人。それまで、くぎみ~達が座っていた椅子を勧められる。

 司:それではお座り下さい
 川:ここ、いいんですか?
 能:ここ?
 司:ええ。他にどこに?

ごもっともな突っ込み。言われたら床に座ってくれるんでしょうか(笑)

 司:能登さんが真ん中で川澄さんが隣と言うことで。

いつもの流れであやち~が先に登場していたので入れ替わる。

 司:それでは、「かのこん」の役柄で自己紹介をお願いします。
 能:小山田 耕太役の能登麻美子です。今日はよろしくお願いします。
 川:源 ちずる役の川澄綾子です。今日はよろしくお願いします。

能登さんの方が主役だったんだ…、と言うのに、このとき気づいたのは内緒(笑)

■アニメになって

 川:私たちも見させてもらったんですが、こんなに可愛いんだなと、改めてビックリしました。
 司:絵もきれいで。
 川:ホントに。
 司:雨のシーンとか、切り立つような感じで…。
 川:「切り立つ」って…、そういう風に言うんですか?
 司:わかればいいんですよ!
 川:すみません…。

いきなり出演者に駄目出しな司会者。うちのあやち~になんて事を(笑)

 川:さっきも言いましたけど、絵が可愛いのでビックリしました。CDドラマではもう少しお姉さん
  と男の子っぽく描かれていたので、ちょっと可愛くなっていたなと。

ダイジェストでは結構迫ってましたが…。そうするとCDドラマってどんな感じなんだろう…。

■それぞれの役柄について

 司:能登さんの役は?
 能:耕太は田舎から転校してきて、ものすごく純朴で素朴です。それで押しに弱いです。音響監督さん
  とかに「もっと女の子っぽくして下さい」ってよく言われてます。襲われるシーンとかも可愛くって。
 司:やられるシーンで「ギャ~」とか言わないんですか?
 能:とりあえずやってみるんですが、「女の子らしく」って言われます。

まあ、まみまみに依頼する時点で、「ギャ~」は求めないよね(笑)

 司:川澄さんの役は?
 川:ダイジェストで見て頂いたように、ちずるは人間っぽい外見なんですが、狐の妖怪です。400歳以上
  生きているらしいです。積極的で自由奔放な性格です。まあ、400年も生きているので怖いものなんか
  無いって感じでしょう。
 司:人間だと100歳ぐらいでも、結構すごいですからね。
 川:それがかける4ですからすごいですよ。人目をはばからず耕太に飛びかかって押し倒してます。
 能:それで「ひゃ~」と言って倒されてます。
 司:「ギャ~」じゃないんですね。

冷静に読み返してみると、「この人達、大観衆の前で何を喋ってるんだ」って感じです(笑)

 能:もうちょっと大人っぽいという先入観を持っていたんですが、結構絵が可愛くて。アニメはこんなに
  可愛いんだって…。
 川:そうですね。私もCDドラマではお姉さんっぽく迫る感じで。一学年上だし、実際には390学年
  以上、上な訳ですが、学校では1つ上の学年に属しているので、お姉さんっぽくて、でもムキになったり
  するところが可愛い。浮き沈みが激しいというか、喜怒哀楽が激しくて、どれも吹っ切れている。怒った
  時の顔がギャグ顔になる。あと、怒った時に、がに股で走ったりするのが可愛らしい。
 司:キュートさも兼ね備えれている感じですかね。
 川:そうですね。

がに股…、可愛いですか(笑)

■パンツ履いてない!?

 川:(アフレコ現場でも)みんなでちずるさんの言動に大笑いしてます。

ここで、後ろに「耕太&ちずる & 望」のエッチバージョンの絵が映し出される。
かのこんの公式HPで30秒ぐらい待つと出てきます。

 司:これはすごいですね。、もう一人は誰ですか?
 能:これは、望ちゃんです。
 川:望ちゃんです。彼女は狼なんですけど…。

ここで、川澄さんが驚きの声を上げる。

 川:耕太、パンツ履いてる!?
 能:履いてる、履いてる!

慌てて弁解するまみまみ。別にまみまみが焦るところではないと思うが(笑)

 川:でも、足のところに…。
 司:ホントだ、あれ、パンツですよね?
 能:履いていることにしといて……。

「エッチな話は全然OK」って、「Aika」のインタビューで言ってたのに、まだまだかな(笑)

 司:どれだけ沢山パンツ履いてるんですか、ラサール石井じゃあるまいし…。
 川:ごめんなさい、そのネタわかんないです。
 司:いいんです、言ってみたかっただけです。

強引に話を締める司会者に、釈然としないあやち~。しかし、そこで「ネタ不明」とか言ってしまう
あやち~さんが好きです。後、「豊永利行君が2番目にいじめれた弟キャラだ」なんて司会者に
「わかる~」とか言ってました。

■ムードメーカー

 司:現場の雰囲気とかどうですか?
 能:スタジオ自体が狭い…、こじんまりしているんです。
 川:そうですね、こじんまりしてて、きゅっとしてる。そこにみんながきゅっと集まっているので、
 能:みんなで話が出来るんです。
 川:休憩中にみんなで「今日のちずるちゃんのセリフはどうよ」なんて話をしてます。
  毎回度肝を抜かれてばかりなので。

狭いスタジオに沢山の女の子ですか…(笑)

■早すぎる展開

 司:キャラについて気をつけている点はありますか?
 川:どうかな…。
 能:気をつけてる点ね…。
 川:まあ、吹っ切るように演じてます。1カット1カット感情が違ったりするので。泣いてたと思うと
  次のシーンで怒ってたり。
 司:それってVチェック大変ですね?
 川:Vチェック大変です。セリフのスピードが速いし。
 能:時間がかかる。いちいち止めたりして…。
 川:「やだ、みないで~、うそうそ見てみて」とか言ったりするし。展開の速さについて行って
  テンションをあげるのが大変。

テンション高い役って、なくは無いんだけどあんましないかな…。

 能:耕太はいろんな人に、ちずるさんや望さんに責められるシーンが多い。「やめてよ~」が多いです。
 川:多いよね~。
 能:かと思うと殴られたり。ギャグシーンでは縮むんです。
 川:2等身ぐらいになるよね。

縮むのがお気に入りだったりするんでしょうか。

 川:ちずる姉さんの役ってのは今までやったことがない役で、初めてぐらいの役。ここまで振り切れて
  いるのは今まで無かった。
 司:スピーディーですか?
 能:早いです。
 川:毎週毎週、大変なことになってます。

それはそれで非常に楽しみです。

■好きなサブキャラ

 司:好きなサブキャラとかいますか?
 川:くまださん。謎っぽいです。パソコンで株を買っている人。あの人が気になります。
 司:ダイジェストでも出番が多かったようですが、いまだに謎なんですか?
 川:今のところ謎です。まあどうなるかは見て頂きたいです、くまださん。
 司:謎が解決されるかもしれないし、しないかもしれないと…。

おじさん好きだからな~(笑)

 能:先生が二人いるんですけど、八束先生と、下屋ちゃんの砂原先生。お二人が気になります。
  個人的に八束先生とちずるのやりとりが面白いです。
 司:一緒に暴走するんですか?
 川:どっちかというと、ちずるの暴走を押さえる人。「落ち着け、落ち着け」って感じで。

「地獄へ落ちろ~」なんて事は言わないんだろうな…、あれは千和ちゃんだし(笑)

■ツンデレ

 司:恋人って?
 川:ちずると、望と、アカネは…どうかな。気にはなってるんじゃないかな?
 司:眼鏡かけた委員長さんですよね。ツンデレですかね。
 川:デレはあるかな…。
 司:ツンツンですか~?
 川:ツンツンですね。

ツンツンって、それは、どこの姫ですか(笑)

 川:耕太、もてもてだよ~。
 能:もててますね。
 司:現場では能登さん、どうなんですか?
 能:迫られたらキューンってなると思うけど、皆さんアタックが強くて結構ボロボロになります。
  やってる方としては体力を使います。

これって、「耕太が」ってことですよね。てっきりみんながまみまみにアタックをかけているのかと…(笑)

■アワアワ

 司:耕太のアタックはどうでしょう?
 川:どうですかね、今のところアワアワしてます。
 能:アワアワしてる。アワアワしっぱなしです。
 川:マミコの役、アドリブが多くて、ちずるの後ろとかでアワアワしてるんです。耕太のアワアワは
  別録りなんです。
 能:普通の撮りが終わった後、一人で寂しいです。寄る辺ないです。
 川:ゴメンね、一人にさせて。

あやまるあやち~に愛の深さを感じます。しかし…、

 川:だから、まみこのアワアワはすごいです。普段もそうですから。
 司:そうですよね。
 能:そんなことない!
 川:アワアワしてるよ、まみこ!
 能:してないもん…。
 司:今だってしてるじゃん…。

この二人は、そこまでまみまみをいじめて楽しいか~、楽しいだろうな~(笑)

■仲良し二人組

 司:この二人(あやち~とまみまみ)ホント仲がいいんです。さっき、2時間ぐらい前も楽屋で
  ずっと話してて、入りたかったんだけど、入れなくて。何の話してます?
 川:なんでもだよね?
 能:そう。
 司:じゃあ、「親日の話しましょう!」とかいってもしてもらえるんですか?
 川:私はできるけど、まみこは出来ないと思う。
 司:出来るんだ…。

「出来るけど、私はプライド派ですから」とか返して欲しかったな(笑)

 能:私は、知らないときは、あやちゃんに教えてもらう感じなので。「へ~そうなんだ」って。
 川:今日は「婦人公論」の話をしてました。私は毎号読んでいるので…。
 能:私は、特集が面白いときだけ読むので、教えてもらってました。
 司:定期購読させて頂きます。きっと、アニメイトとかでも揃えるんですよ。

いや、ないですから(笑)

 司:せ~の!
 客:婦人公論!
 能:なんていいお客様だ…。

いや、婦人公論って叫んでどうしろと…。客も無責任な発言に乗らないの(笑)

■放映日

 司:土曜の朝にAT-Xで放映されます。
 川:あってるけど、いいのかな。土曜の朝なんですよ…。
 能:目が覚めるんじゃないの?
 川:でも、それでいいと思う。朝から大興奮だと思う。1話も(ダイジェストの)あの後がすごい。

朝から「ドタバタエロティック学園ラブコメ」ですか…。まあ休日だからいいかな、あるいは見てから
寝るってのもありか(笑)

 能:そうですよ、あの後がすごいんです。
 司:どんな感じなんですか?
 川:言わない方がいいと思う。嬉し恥ずかしな展開です。
 司:嬉し恥ずかしって言い方が古い。昭和みたい。
 川:昭和だから…。

生まれたのは昭和でしょうけど…って、最近だと平成の人もいるんだよなぁ……。
続いて、ネット放映もあるという事が告知される。

 司:「インターネットの見れるパソコン」って、見れないパソコンってどういう事ですか、繋いでないとか?
 川:あ、わたしずっとそうだった。
 司:何してたんですか?
 川:多分、iPodを充電してました。
 司:不便な充電器ですね~。
 川:でも、今は繋いでるよ~!

昔は、記事をアップするときだけ繋いだりしてたんですよ。電話回線だから、繋ぐと電話かからないし。
そういえば、まみまみはiPodとか使えるようになったんだろうか(笑)

■ラジオ

3/21からラジオがスタートするそうです。「まるなび!?」以来の迷コンビだな~(笑)

 司:どういう内容なんですか?
 川:いつも二人が喋っていることを。
 能:そう。
 川:でも、かのこんを紹介するコーナーもあります。

その言い方だと、かのこんがサブみたいに聞こえます(笑)

 能:でも、そこから脱線したり…。
 川:一杯喋ってます。まみこがいつもみたいに喋っちゃって…。
 司:楽屋な感じですか?
 川:嬉し恥ずかしな感じなんで。でも、OPにそういうミニドラマやってたりします。

今日のあやち~キーワードは「嬉し恥ずかし」のようです。
あと、3/30にイベントするそうで…、どうして、3月はこんなに忙しいかな~(笑)

■最後のコメント

 能:かの今、もうすぐ始まります。可愛くてにぎやかで、男性はもちろんですが、女の子にも楽しんで
  もらえる作品だと思います。今日は本当に、遠くの皆様も、ありがとうございました。

 川:みなさん、どうもありがとうございました。ちょっとエッチな作品ですが、爽快感がある、
  コメディタッチのエッチです。親に隠れてこそこそと、いや、どうどうと、土曜の朝からですが
  うちの子は何見てるんだって言われながら見てください。今日はどうもありがとうございました。

AT-Xと契約してくれる理解のある親なら大丈夫じゃないかな~。しかし、自分の子供とか出来たら、
どうするんだろうね、どうどうと見せたりするんでしょうか(笑)

■感想

  まほろさんの遺言に囚われた人なので、「エッチなのはいけないと思います!」なんですが、実は
 二人とも嫌いじゃないんだろうな…、とか思ったり思わなかったり…。まみまみに迫るあやち~って、
 それはどこの「GIRLSブラボー」ですかって感じで、千和ちゃんも出てるし。まみまみの男の子は
 久しぶりだけど、どうやっても女の子に聞こえるんだよな~、狙ってるんだろうけど(笑)

5)スペシャルライブステージ

ICHICO
 1のOPは出会いをテーマに、2ではもっと密着した二人の関係を歌った。

♪ I Say Yes(ゼロの使い魔2 OP)

宮崎羽衣
 自分と同じで「エッチなのから一歩引く女の子」の発言に客席から突っ込み多数。
 今回が初披露の曲。

♪ PHOSPHOR(かのこん OP)

榊原ゆい
  白いヒラヒラの衣装は「私らしくない」、普段はもっと露出度が高い。
  「榊ちゃんのPVはエロイ」(by 司会者)
  榊ちゃんって呼ぶな~!

♪ 恋の炎(かのこん ED)

6)フィナーレ

 司:時間もないので、主役の釘宮さんと能登さんに挨拶をお願いします。
 釘:今日はホントに楽しかったです。みんなあったかくて嬉しかったです。
  30日にラジオの公録をやるので、よければ遊びに来てください。今日はどうもありがとうございました

行くとしたら「かのこん」のイベントだからな…って、同じ会場の同じブースじゃん(笑)

ま:今日はホントにどうもありがとうございました。沢山の人に着て頂いて嬉しいです。30日に
 イベントありますので、足をお運び頂ければと思います。ホントにどうもありがとうございました。

人が多いところはな~、行けないかも(笑)

(7)感想

  朝から並ばされたりしてやたらと疲れるイベントだったけど、久しぶりのまみまみで良かったなと。
 いや、今年に入って2回目のあやち~も、デレデレに壊れたくぎみ~も良かったです。出演者、2時間強の
 間拘束なんだね、たったら「ゼロ」の時間を伸ばして4人のトークにした方が良かったと思うけどな。
 大人しいまみまみはともかく、あやち~さんはいくらでも喋ってくれるはずだから(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

03月09日のココロ日記(BlogPet)

人間は、考えるグレンラガンだと思いました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[レポート予告]かのこん vs ゼロの使い魔

完成したレポートはこちらから

3/20ぐらいまでには完成させたいです(しおんの前科もあるし、出すとは言うまい)

キーワード

 「親に隠れてこそこそ見ろ」というあやち~
 「アワアワしてないよ~」とアワアワしてるまみまみ
 「可愛い」と言われて、もだえるくぎみ~
 「格好いい」にてれるひのちん
 作家センセってやっぱりどっか変(笑)
 まみまみの役はあやち~の役他にパンツ脱がされてました…。

あと、「榊ちゃんのPVはエロイ」です、見てないけど(笑)

#鷲崎さんに書けといわれたので…

しおんは出来てるのよ。後1回赤直しすればいいのよ、でも時間が取れない…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

[涼宮ハルヒの戸惑] プレイ1:そしてゲーム製作

1-火
「ゲームを作るわよ!」とハルヒに言われては逆らえない。みくるちゃんとデート、ではなく写真撮影の後、ハルヒが読めない文字で作るタイトルロゴを茫然と見守る羽目に‥。

1-水
 みくるちゃんにリストを消された…、どうやってコピー&ペーストで消えるかなぁって、ひょっとして
キーボード使ってCとXを間違えましたか…。バックアップから復活して感謝される。なんか、ハルヒさんが
微妙に怒っている気がするのは何故だろう…。

1-木
 今日もみくるちゃんのシナリオ製作をお手伝い。妖精さんがいて蝶々が飛ぶ世界、あるいは
ネコさんだらけの世界が好きらしいが、あなた、確か未来人でしたよね…、禁則事項で喋れない
からしょうがないですけど、まあみくるちゃんだからよいです。放課後はカード効果をみくる
ちゃんと考えたが…、人選間違ったかな。それでもシナリオとグラフィックはだいぶ進んでいる。

1-金
  可愛い妹に起こしてもらえるのは幸せだと思うぞ。今日は小泉の作業につき合った後、放課後は
 みくるちゃんと背景書き。線が優しいのはみくるちゃんらしさってことで。しかし、どうして
 UMAでお馬さんをって、ローマ字読みですかぁ(笑) きっと未来にはそんな不思議な事態は
 ないんでしょう、だから過去のハルヒを見に来るんですよねぇ(笑) 

1-土
  お休みではありますが、ゲーム作りに登校。ハルヒが憂鬱なので、みくるちゃんのサポートは
 控える。ハルヒとサブシナリオ作成だが、どうもシナリオに偏りがある、というか基本的に誰かを
 こき使わなくては気が済まないらしい…。午後はみくるちゃんとフォント作成。いや、そんなに
 絵文字を沢山作っても…という感じだが、本人が楽しそうだからいいか(笑)

1-日
  日曜日恒例の不思議パトロール、でも遊んでる暇あるんだろうか…。みくるちゃんのワンピースも
 可愛いが、長門さんが私服だ…。今日はみくるちゃんと班分け。そんな、デートじゃないってそこまで
 強調しなくてもいいと思うぞ、ハルヒ…。ブラックタピオカミルクティが禁則事項というのは釈然と
 しないが、まあみくるちゃんだし…。

2-月
  ゲームの本を一生懸命読む長門さんを見ると、実はこの作業が気に入っているのではと思わないでも
 なく。進捗は順調だが、なぜかハルヒが暴走状態なのが不安だ…。まあ、いつもの事という話もあるが。
 昼休みは長門さんと装備品のリストアップ。という事は、RPGを作っているんだろうか…。でも、
 どうして装備品の中にメガネがあるんだろう…。放課後、部室に着くなりハルヒに怒られる。すぐ来た
 のに遅いって言われてもな…。そしてハルヒの書いたキャラ紹介文をレビュー、しかし、ゲームに
 自分のキャラをストレートに出すとは…、結局自分で修正する羽目に。後、眼鏡っ子キャラを入れ
 忘れたのがゆゆしき問題とか、忘れると眼鏡っ子属性の人に暗殺されるとか…、どうなんだ?

2-火
  そういえば、最近妹ちゃんが起こしてくれないなぁ…って宿題やってないし。ハルヒが珍しく
 機嫌がよく、数学の出題範囲を教えてくれた。昼休みは長門さんと、ハルヒが入れた眼鏡キャラの
 ラフ起こし。とりあえず長門さんに眼鏡をかけてもらってどうにか作業を完成させる。眼鏡をかけた
 顔も可愛いが、やはり眼鏡はない方がいいと思う。放課後、せっかくみくるちゃんがお茶を入れて
 くれているのに、ハルヒは甘やかすなとご機嫌斜め。ハルヒが出かけた後、みくるちゃんとBGMの
 お勉強。さすがにこの時代の音楽はよくわからないらしく、僕の持ってきたCDを熱心に聞いている。
 家に持って帰って勉強するというのはさすがみくるちゃんだが、あまりに多すぎて全部を聞くのは
 無理だと思うのだが…

2-水
  よくわからんが作業はすごく進んでいるらしい…。昼休みはみくるちゃんのお手伝い。夜遅くまで
 CDを聞いていてお疲れの様子、とうとう寝てしまった。しかし、夢の中でまでハルヒにいじめられて
 いるとは気の毒だ。放課後は長門さんと一緒にサウンドの勉強。どうやら親子で肩車のシーンが気に
 なった様子。危険なんだそうだ…。

2-木
  朝からいきなりハルヒに怒られる。寝る間も惜しんで団長の命令に従えって…。昼休みは長門さん
 と楽器練習。好きな楽器でトライアングル選ばれてもなぁって思うのですが。高いところの楽器を
 取るのに肩車を要求される。高校生にしては軽すぎ、それに人に見られると恥ずかしい…。楽器を
 取ったところでバランスを崩れるが、長門さんと楽器は無事。放課後はハルヒとともに呼称表を
 作成。自分元ネタのキャラをはるにゃん呼ばわりですか…、いいけど。

2-金
  昼休みはみくるちゃんとラブリーなもの考察。すごく楽しそうだし作業も順調そうだ。しかし、
 耳かきをしてもらうイベントって、どんなイベントなんだろう…。午後はハルヒとキャラ設定。
 相変わらずの暴走ぶりを押さえるのに疲れた。

2-土
  今日の昼休みはコスプレ撮影。なんでゲームでそんなのがいるんだか、と言うのは言わない約束(笑)
 なぜかみくるちゃんだけを撮りまくった気がするが、まあ規定事項だろう。午後は長門さんと一緒に
 スクリプトの説明書読解。さすがに記憶力は素晴らしい。それにしても、ジャンルに囚われない自由さが
 必要なゲーム製作ってなんだよ…。明日は…、なぜか家にハルヒ達が来ることに。何をする気だ?

2-日
  今日は家で作業、長門さんはシャミセンの事が気に入った様子。まあ、休日なのに作業が進むのは
 いいことだ。笑顔で挨拶をしてくれるみくるちゃん、いいなぁ…。

3-月
  ハルヒが朝からご機嫌斜め。本屋に資料がなかったらしい。昼休みはハルヒとイメージボード作成。
 魔法使いだの、高層ビルだの、火星人だの、統一感の無さはハルヒらしいが…、不安だ。放課後は
 みくるちゃんとヘルプ文章作成。隠し要素をヘルプに書くのはダメですよ~。そうか、禁則事項は
 少しはにかむ感じで言わないといけないのか…って、何やってんだか。仕事の後のみくるちゃん特製の
 ラスクは美味なり。

3-火
  朝から鶴屋さんに会ってしまった。相変わらず元気だが、元気注入とか言っていきなり叩くのは
 やめて欲しい。昼休みはハルヒと背景ラフ。放課後、部室に行ってノックをすると、慌てるみくる
 ちゃんの声。中で激しく物音がするが大丈夫なのだろうか、心なしか涙目だ…。放課後は、みくる
 ちゃんとキャラパラメータの設定。いや、ゲームのパラメータでそこまで悩まなくてもいいんだが。

3-水
  大量生産のお茶より、メイドの入れたお茶が美味しいって、それは違うだろう、ハルヒ…。みくる
 ちゃんだから美味しいんだぞ。昼休みはグラフィック作業をハルヒと一緒に。才能やひらめきはある
 んだけどな…。放課後はみくるちゃんとステータス画面の作成。レベルアップとともにHPがあがる
 のは規定事項ですから…。

3-木
  昼休みはみくるちゃんとイベント背景塗り。キャラと合わないと落ち込むみくるちゃんを励ます。
 放課後もみくるちゃんとガヤ録り。商店街のガヤ録りではかなり苦戦した様子。

3-金
  昼休みはみくるちゃんとメインシナリオの作業。ほのぼのとしたストーリーをよどみなく語って
 くれるが、正直ゲームの役には立ちそうにない。まあ、自分で書き直せばいいだけの話なので、
 今はこのほんわかした雰囲気を楽しもう。放課後もみくるちゃんとメインテーマ。緊張してお茶を
 飲んでばかりいるみくるちゃん、もう少し気長にやればいいのに。それはさておきハルヒがご機嫌
 ななめなのはどうしたものか…。

3-土
  朝からハルヒに元気の注入とか言って蹴りを食らってしまった…。昼休みはみくるちゃんと
 システムボイス。いやいや、不具合発生のボイスがみくるちゃんってのは…、ありだろう(笑)
 マイクをつけ忘れて録音出来ないってのもご愛敬。ハルヒはやっぱり不機嫌だ…。午後はアフレコ。
 みくるちゃん、アフレコに悪戦苦闘…。そしてハルヒも不機嫌…。あれ、みくるちゃんが勇者が
 どうたいって言ってたからてっきりRPGかと思ったら…、育成ゲーム作ってたんだ…。しかし、
 女の子に「萌え」って力説されてもなぁ~。

3-日
  今日の不思議パトロールはみくるちゃんとデート。とりあえず公園に行くが、不思議なことなど
 見つかるはずもない。みくるちゃんがアクセサリーを覗いているが、なぜか僕に買ってくれた。
 普通逆だと思うのだが、まあそれはそれで嬉しい。

4-月
  朝からみくるちゃんと鶴谷さんに会う。叩かれることもないしラッキーだ。両手に花というのは
 気分がいい。昼休みはみくるちゃんと台詞の設定。多少、台詞が吹き出している気がするが、後で
 自分で直せばよいこと。放課後も朝比奈さんとボイスデータ化。みくるちゃんの鼻歌をゲームの
 どこに使うんでしょう…。帰り、昇降口でみくるちゃんと鉢合わせ、そのまま一緒に帰ることに。

4-火
  最近、夢の中でもゲーム作りに悩まされている。登校時にみくるちゃんと鉢合わせ、ラッキー、
 せっかく二人で行こうとしたのに鶴谷さん登場、ちょっと残念。昼休みはみくるちゃんとシナリオ
 コンバートの作業。作業が進まないのを謝るみくるちゃんの作業もお手伝い。放課後は、みくるちゃん
 とボイスエフェクト。みくるちゃんの悲鳴の音声データに驚かされる。みくるちゃんと帰宅。

4-水
  寝不足で坂を上るのはかなりしんどいが、みくるちゃんと鶴谷さんに会って多少は元気も回復する。
 昼休み、特殊攻撃セリフ案をみくるちゃんと。長門さんに借りた本の中からアイデアをゲットして
 どうにか作業完了。放課後、部室に行くとみくるちゃんが泣いている。またハルヒにいじめられた
 かと思いきや、映画を見て感動していたらしい。放課後はハルヒと思考ルーチンフロー。敵の思考
 ルーチンに余計なものを入れすぎ…。みくるちゃんとの下校はいいなぁ…。

4-木
  最近よくみくるちゃんや鶴谷さんと会うと思ったら待ち伏せされていたらしい…。ハルヒがかなり
 ご機嫌斜め、教師に何か言われたらしい。まあ、自業自得といえばそれまでだが。昼休みはハルヒと
 イベントのチェック。ハルヒをおだてながらどうにか作業をこなす。放課後はハルヒとアイテムデザイン。
 ビキニアーマーで悩むのは結構だが、なんでもみくるちゃんに着せたがるのはどうかと思うぞ。
 今日はみくるちゃんと裏道を通って帰る。喜んでもらったようで何よりだ。

4-金
  今日もみくるちゃんと鶴谷さんと登校。ハルヒは相変わらず世の中の不条理について考えてるし。
 昼休みは長門さんとシナリオチェック。感想は聞けなかったがチェックはちゃんとやってくれたよう
 だ。放課後はハルヒとアイテム画像の作業。作業量の多さにクレームをつけていると、ハルヒがお菓子
 を食べさせてくれた。しかし、IF1個書く度にお菓子1個って…、犬じゃないんだから。放課後、
 みくるちゃんと帰宅。自転車だと気持ちいいといいつつ、自転車に乗れなさそうなみくるちゃん。

5-土
  製作最後の日。学校が休みと言うことでみくるちゃんも一人で登校。昼休みはみくるちゃんと、
 ゲームオーバー曲作成。あきらめて欲しくないからと明るい曲をつくるみくるちゃんが健気。
 励ましの気持ちが必要か…、すごいな、みくるちゃん。放課後は長門さんとキャラチェック。
 もう少し意見とかを言って欲しいが。ゲームはこれで完成する…はずだ。

5-日
  そして1ヶ月の苦闘の後、どうにかゲームが完成。グラフィックの出来もゲームバランスも考慮の
 余地があったとは思うが、まあ素人が作ったにしては上出来だろう。これでハルヒが満足してくれれば
 いいのだが。しかし、歌姫コンテストで披露する曲が「恋のミクル伝説」っていいのかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 機動戦士ガンダムOO #22

第22話 「トランザム」

コメント
  スナイパーが目をやられたらダメなんだろうけど、3週間と言われたら治療を断る気持ちもわからない
 ではなく。ロックオンを追いかけるフェルト、物陰から見守るのは…。シビアな展開の中、スイーツを
 欲しがるネーナはバカっぽいな~。やられちゃえって言う、沙慈君が怖いです。刹那の暴走にプランを
 渡すスメラギさん、まあ、止めたって行くだろうしね。なんか傭兵のお兄さんが一人でやってきて、
 大暴れ、兄ちゃん二人が倒れてネーナも大変な事態。そこへ助けに来る刹那は格好いいんだけど、やっぱ
 劣勢。オヤオヤ、エクシアが紅くなって速くなったよ~、やっぱり3倍速いのかな、トランザムは(笑)

次回
  まだまだ混乱は続くのかな~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 灼眼のシャナII #21

第21話「合わさる力」

コメント
  カルメルさんの包帯には、何か不思議なパワーがあったりするんでしょうか。スティグマ封じの
 自在式ってすごいな。土地にしみこむ敵って、どんなのだよ…。マージョリーさんはなんか自在式を
 打ちまくってますが、はてさて、どうなることやらというAパート。頑張れ、吉田さん。

  サブラクとの戦闘は羽前として終わりが見えず。田中君、格好いいぞ。地面を浮かせてサブラクと
 地上とのリンクを絶って、最後はシャナの炎の一撃、なんか顔が怖いんですけど…。しかし、あれだけ
 ムチャクチャやっといて、街が何事もなかったように戻るのは、いつものこととはいえ、どうなんで
 しょうね、というBパート。やっぱり吉田さんはいい娘だねぇ…。やっぱりくぎみ~は照れてる時の
 声が一番だよ~。

次回予告
  嵐の前の静けさがクリスマスですか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/07

[TV] CLANNAD #20

第20話 「秘められた過去」

コメント
  渚ちゃん…、やっぱりずれてるな~って冗談なんだ。確かに女の子の一人歩きはダメだよな…。
 少しずつ幻想世界の話が出てきてますが、レインボーパンって、それどこのラジオですか(笑)
 そして文化祭の準備。資料室で恋愛相談ですかって、風子ちゃん、やっぱバカだろう…。幻想世界の
 お話は、映画とは違うんだよね、というAパート。その話の元ネタを探してどうするっていうのは
 言わない約束か?

  若者らしくちちくりあうって何だかな…。お父さん変だよ。昔から渚ちゃんは体が弱かったん
 だね。あんないい加減でも、色々考えてるお父さんなんだね。家族でピクニックですか…、高校生
 にもなって、仲がいいな~。そこでピクニックに行かないのは、まずいと思うけどな…。春原、
 変だけどいい奴じゃん。自分の娘を追いつめてどうする…というBパート。さすがに、走り出した
 ところで倒れたりはしないのね…。しかし、砂埃とかお弁当に入ったりしないんだろうか…。

次回
  学園祭準備中…。大変だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

[ESP] クレメンテ氏がムルシア新監督に就任

[UEFA] クレメンテ氏がムルシア新監督に就任
  低迷を続けるスペインのレアル・ムルシアCFが6日、ルーカス・アルカラス監督(40)を解任し、元スペイン代表監督のハビエル・クレメンテ氏(56)を新監督に任命した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

[UCI 08] パリ~ニース騒動続報

[CYCLINGTIME] 混迷するパリ~ニース闘争、UCIが制裁措置を発表
  ASOはレースの独自開催に強硬な姿勢を見せ、UCIは出場した選手に対して出場停止処分と罰則金の制裁を加えると発表した。

出場した選手に対し
・6ヶ月以下のレース出場停止
・10000スイスフラン(約100万円)以下の制裁金
・獲得UCIポイントの失効
・世界選手権やその他のレースからの除外

出場したチームに対し
・UCI登録の一定期間取り消し
・10000スイスフラン(約100万円)以下の制裁金
・プロツアーライセンス/ワイルドカード獲得権の撤回

 基本的に迷惑を被るのは、チームであり選手なんだよなぁ…。世界最大レースのツールが絡むだけにややこしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L2:Rマドリー v ローマ

トッティがいまいちでも2ゴールっていうのはすごいな。

●スタジアム
  サンチャゴ・ベルナベウ  マドリー
  気温: 7度  湿度:35%  ピッチ:乾燥  天候:快晴

●第1節結果
  ROM 2-1 RMA

●試合結果
  Rマドリー 1 - 2 ローマ  Agg. 2-4 でローマがベスト8進出

●主審
  キロス・バサラス (GRE)  笛多すぎだよ…

●ラインアップ

 レアル・マドリー
           07 ラウール(C)

    10 ロビーニョ  14 グティ            19 バティスタ

          08 ガゴ  06 ディアッラ*Y

  16 エインシェ  03 ペペ  05 カンナ  02 サルガド

          01 カシージャス
  サブ:
    25 ドゥデク   09 ソルダード  12 マルセロ  15 ドレンテ
    20 イグアイン  22 トーレス   24 バルボア
  監督:
    ベルント・シュスター

 ローマ
            10 トッティ(C)

    30 マンシーニ  20 ペロッタ*Y     11 タッディ

         08 アクイラーニ  16 デロッシ

  22 トネット  04 フアン     05 メクセス  03 シシーニョ

             32 ドニ
  サブ:
    27 セルジオ  02 パヌッチ   07 ピサーロ  09 ブチニッチ
    14 ジュリ   21 フェラーリ  33 ブリーギ
  監督:
    ルチアーノ・スパレッティ

●前半:試合展開
 02 ROM    :左FK:→                       GKキャッチ
 07 ROM    :シシーニョ右クロス                   DFクリア(CK)
 08 RMA    :ディアッラ中→ラウール                 あわず
 10 RMA SOG:シシーニョ右クロス→トッティ中MS           GKキャッチ
 11 RMA    :左FK:→GKキャッチミス               DFクリア
 12 RMA    :エインシェ左クロス                   DFクリア(CK)
 12 RMA    :左CK:グティ                     DFクリア(CK)
 12 RMA S  :左CK:グティ→カンナ中HS              DFクリア
 13 RMA ▲YC:エインシェ、デロッシにタックル          CARD▲エインシェ
 17 RMA SOG:中FK:バティスタ→DFR              ☆GKセーブ(CK)
 18 ROM SOG:アクイラーニ右ミドルS                ☆クロスバー
 18 ROM SOG:アクイラーニ中ミドルS                ☆GKセーブ(CK)
 20 ROM ▲YC:タッディ、エインシェを倒す            CARD▲タッディ
 21 RMA S  :ロビーニョ→バティスタ中S              ※枠上
 25 ROM SB :DF→マンシーニ左S                  DFブロック(CK)
 26 RMA    :グティ右クロス→ロビーニョ               あわず
 27 RMA    :中FK:グティ→                    DFクリア(CK)
 27 RMA    :左クロス→バティスタ                  GKキャッチ
 27 ROM S  :アクイラーニ中ミドルS                ※枠左
 31 ROM    :トネット左クロス                    あわず
 31 RMA    :ロビーニョ左ドリブル                  ボールデッド
 33 RMA SOG:バティスタ中ミドルS                  GKキャッチ
 34 ROM SB :アクイラーニ中S                    DFブロック
 34 ROM S  :トッティ右S                      枠左
 35 ROM ▲YC:デロッシ                     CARD▲デロッシ
 36 RMA SB :中FK:バティスタS                  壁
 38 ROM S  :デロッシ中ミドルS                   枠左
 38 RMA    :ラウール右クロス                    DFクリア
 41 RMA ▲YC:ペペ、シシーニョにアフターチャージ        CARD▲ペペ
 45 ROM    :マンシーニ左ドリブル、クロス              DFクリア(CK)
 +1 ROM    :アクイラーニ左クロス→メクセス             オフサイド

●前半:コメント
  ポゼッションはホームで1点差を追うマドリーが優勢に試合を進めたが、チャンスはバティスタの
 FKのみ。左サイドの裏を突くシーンが目立ったものの。そこからシュートまで持ち込むことが
 なかなか出来ず。ニステルローイの不在は正直大きい。一方のローマはアクイラーニのミドルで
 決定的なチャンスを作ったものの、それ以外は守備に人数をかけている。ただ、サイドバックの
 裏を取られるシーンも多く、盤石の守備からはほど遠い。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   Rマドリー   0   4   2   4  14  54   2   0   0
     ローマ   0   8   2   4  12  46   2   0   2

●後半:試合展開
 49 RMA S  :中FK:バティスタS                 ☆クロスバー
 51 ROM SOG:シシーニョ右→マンシーニ中S             ☆GKセーブ
 52 RMA    :サルガド右クロス→バティスタ              ファール
 52 RMA SB :バティスタ中ミドルS                  DFブロック(CK)
 55 ROM ▲YC:ペロッタ                     CARD▲ペロッタ 次停
 56 ROM S  :シシーニョ右クロス→ペロッタ中HS           枠左
 58 RMA SOG:ディアラ中ミドルS                  ☆GKセーブ(CK)
 60 RMA SB :トッティ中ミドルS                   DFブロック
 61 RMA 交代1:ディアラ(OUT)、ドレンテ(IN)
 63 RMA S  :左FK:グティ→ラウール中HS             枠上
 63 RMA    :ロビーニョ→ラウール                  GKキャッチ
 65 RMA 交代2:サルガド(OUT)、マルセロ(IN)  負傷交代
 65 ROM 交代1:マンシーニ(OUT)、ブチニッチ(IN)

 66 ROM SOG:トネット左クロス→アクイラーニ中S          ☆クロスバー
 67 RMA S  :ロビーニョ中S                     DFブロック
 67 ROM ▲YC:シシーニョ、遅延行為               CARD▲シシーニョ
 69 RMA S  :ドレンテ左クロス→ロビーニョ右HS          ※枠右
 71 RMA ▲YC:ペペ、ブチニッチを倒す              退場▼ペペ
 73 ROM SOG:トネット左クロス→タッディ中HS         GOAL★RMA 0-1 ROM AG.1-3
 75 RMA SOG:ロビーニョ→ラウール中1対1S          GOAL★RMA 1-1 ROM AG.2-3

 76 RMA ▲YC:ロビーニョ                    CARD▲ロビーニョ
 77 ROM 交代2:ペロッタ(OUT)、ピサーロ(IN)
 77 RMA    :ドレンテ左クロス                    DFブロック(CK)
 80 RMA    :ロビーニョ左クロス→ラウール              DFクリア
 80 RMA    :ドレンテ右クロス                    GKセーブ(CK)
 81 RMA ▲YC:グティ、相手を掴む                CARD▲グティ
 83 ROM ▲YC:アクイラーニ、相手を掴む             CARD▲アクイラーニ
 84 ROM ▲YC:トネット、ドレンテを掴む             CARD▲トネット

 85 ROM S  :シシーニョ右ループS                  GKキャッチ
 85 RMA 交代3:バティスタ(OUT)、ソルダード(IN)
 87 ROM 交代3:シシーニョ(OUT)、パヌッチ(IN)

 87 ROM S  :左FK:→タッディ右→デロッシ中           ※S出来ず
 89 RMA    :右クロス→                       DFクリア(CK)
 90 ROM S  :タッディ→アクイラーニ中S               枠上
 +2 ROM SOG:右FK:パヌッチ→ブチニッチ中HS        GOAL★RMA 1-2 ROM AG.2-4
 +4 ROM S  :パヌッチ右クロス→中S                 枠左

●後半:コメント
  試合の流れを決めたのはブチニッチ。左サイドに入るとドリブル突破でサルガドを圧倒、彼が
 負傷退場した後、ペペを退場に追いやり、交代で入ったトーレスを圧倒した。1ゴール目は彼の
 キープからトネットがクロスをあげ、2点目はFKに彼がヘディングで合わせて試合を決める
 ゴールとなった。ゴールこそ決まらなかったもののアクイラーニも3本の決定的なミドルシュート
 を放つなど、トッティの調子がいまいちでも、他のメンバーがしっかりと仕事をこなした印象が
 強い。ただしゴールを奪ってからの守備のドタバタについては修正の余地があるだろう。フアンに
 しろメクセスにしろ悪い選手ではないのだが、落ち着きを失っていた時間があったのはいただけない。

  一方のマドリーは、ニステルローイ、スナイデル、Sラモス、ロッベンというキーとなるべき選手
 の不在が響いた。中でもSラモスの不在でサルガドを使わざるを得なかった事にくわえ、彼が負傷
 退場してしまったのは大誤算だろう。どうにかエインシェを左サイドで使えたものの、ペペの退場で
 結果として彼をCBで使わざるを得ない状態に。カシージャスのスーパーセーブはあったものの、
 あれだけフリーでヘディングされては止めようもない。序盤積極的なプレスで相手からボールを
 奪ってチャンスを作ったものの、それを前線で決める選手を欠いたのが致命的だった。とはいえ、
 ラウールはしっかりと1ゴールを決めているだけに、彼を責める訳にもいかないが。ただ、最近の
 CLでの成績を考えれば、ここでの敗退は妥当とも言える。少なくともこの日に関しては、ローマの
 方がよりよいサッカーをしていたことは確かだろう。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   Rマドリー   1  14   5   10  30  56   4   1   0
     ローマ   2  18   8   4  28  44   6   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[GER] キースリング、レバークーゼンと契約延長

[UEFA] キースリングが契約延長
  バイヤー04レバークーゼンが5日、FWシュテファン・キースリング(24)との契約を2012年夏まで2年間延長した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

[QMA5] 今日の成績(たまには気分転換)

  時間が早いせいか、1回戦を突破できてよかったです(笑)

Round 9 ミノタウロス組
  13位  11位  2位  初級魔導士7級

所有マジカ:  413
獲得魔法石:  252 ( 22185位)
 連続正解:   19 ( 29259位)
 優勝回数:    2 (  1304位)
 平均順位: 6.81

     平均: 64.10
 ノンジャンル: 55.56
アニメ&ゲーム: 65.38
   スポーツ: 60.87
     芸能: 61.11
     雑学: 69.05
     学問: 70.00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L2:セビージャ v フェネルバフチェ

まあ、いい試合ではあったけど、来年はもう少し守備を鍛えましょう(笑)

●スタジアム
  ラモン・サンチェス・ビスファン  セビージャ
  気温:23度  湿度:36%  ピッチ:乾燥  天候:快晴

●第1節結果
  フェネルバフチェ 3 - 2 セビージャ

●試合結果
  セビージャ 2 - 3 フェネルバフチェ  延長0-0、PK 2-3 でフェネルバフチェがベスト8進出

●主審
  マッシモ・ブサッカ (SUI)

●ラインアップ

 セビージャ
         10 ファビアーノ 12 カヌーテ

  17 Dカペル    21 ケイタ  08 ポウルセン  07 Jナバス

  06 アドリアーノ  03 ドラゴ  14 エスキュデ  04 Dアウベス(C)

             

01 パロップ*Y
  サブ:
    13 デ・サンクティス  05 ドゥダ  11 レナト  15 モスケラ  20 デ・ムル
    22 アルナ・コネ    25 マレスカ
  監督:
    マヌエル・ヒメネス

 フェネルバフチェ
             09 ケジュマン

             20 アレックス

  25 ボラル    21 シャーヒン  15 アウレリオ  99 デイビッド

  06 ベデルソン  02 ルガーノ*Y  36 エドゥ    77 ヒョニュル*Y

              01 デミレル
  サブ:
    22 セルダル・クルビルゲ  05 ヤシン・チャクマク  08 カズム・カズム  17 ジャン・アラト
    18 アリ・ビルギン     19 オンデル・トゥラジュ 23 セミフ・シェンテュルク
  監督:
    ジーコ

●前半:試合展開
 05 FEN ▲YC:シャーヒン、ケイタを掴む             CARD▲シャーヒン
 05 SEV SOG:中FK:アウベスS                GOAL★SEV 1-0 FEN AG*3-3
 07 FEN ▲YC:ディビッド                    CARD▲ディビッド
 07 SEV S  :左FK:アウベスS                   枠上
 08 FEN    :セルチク中→アウレリオ                 あわず
 09 SEV SOG:ケイタ中ミドルS                 GOAL★SEV 2-0 FEN AG 4-3
 13 SEV S  :左FK:アウベスS                   枠上
 13 FEN ▲YC:ギョハン、カペルを倒す              CARD▲ギョハン
 16 SEV    :カペル左クロス                     GKキャッチ
 16 FEN SOG:ルガノ中ミドルS                    GKキャッチ
 18 SEV S  :右CK:ナバス→ファビアーノ中HS           枠上
 20 FEN    :左クロス→ケジュマン中                 あわず
 21 FEN SOG:左CK:→デイビッド中S             GOAL★SEV 2-1 FEN AG*4-4
 23 SEV SOG:ファビアーノ中ミドルS                 GKキャッチ
 25 SEV S  :カヌーテ中ミドルS                   枠右
 26 FEN    :ケジュマン右クロス                   あわず
 27 SEV    :ナバス右クロス                     GKキャッチ
 28 FEN    :ボラル左クロス                     あわず
 30 FEN    :右FK:→                      ※あわず
 31 SEV    :カペル左クロス                     あわず
 32 SEV SB :アウベス右S                      DFブロック
 33 FEN    :アレックス中フィード                  GKキャッチ
 34 FEN S  :ベデルソン中ミドルS                 ※枠左
 38 SEV S  :中FK:ファビアーノS               ※※枠左
 39 SEV    :ボラル左クロス                     あわず
 41 SEV SOG:アウベス中→カヌーテ中TS            GOAL★SEV 3-1 FEN AG 5-4
 +1 FEN S  :中アレックス→ディビッド               ※GKセーブ
 +2 FEN SOG:右クロス→アウレリオ→エドゥ左S           ☆DFクリア

●前半:コメント
  守備よりも攻撃を重視する両チームの戦いと言うことで、前節以上に派手な試合展開となった。
 セビージャは左サイドに入ったカペルが絶好調、前半何度も左サイドでの突破をはかり、何度か
 FKを得てチャンスを作った。2点差でリードしたところまでは計算通り、後は追加点を取るなり 
 してこの点差をキープして試合をクローズする手段があるかだが、正直守りに入って守れるほどの
 守備力はないので、まだまだ予断を許さない。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    セビージャ  3  10   5   1  10  56   0   0   1
 フェネルバフチェ  1   6   3   2  16  44   3   0   1

●後半:試合展開
 49 FEN S  :ボラル左クロス→アレックス中HS            枠上
 51 FEN    :左FK:アレックス                   GKキャッチ
 55 FEN SB :デービッジ→アレックス左S               DFブロック
 55 SEV S  :カペル左クロス→ファビアーノ中HS           GKキャッチ
 59 SEV    :ケイタ左クロス                     DFクリア
 60 FEN S  :アウレリオ左ミドルS                  枠上
 63 FEN 交代1:セルチク(OUT)、セミッヒ(IN)
 64 SEV SB :カペル左クロス→ナバス右TS              DFブロック
 65 FEN    :ボラル左クロス                     あわず
 66 FEN S  :ボラル左ミドルS                    枠上
 67 SEV ▲YC:ケイタ、相手を倒す                CARD▲ケイタ
 68 SEV SB :ナバス右ドリブルS                   DFブロック
 70 SEV S  :右FK:アウベス→ケイタ中HS            ※枠上
 73 FEN ▲YC:ベデルソン                    CARD▲ベデルソン
 74 SEV S  :中FK:アウベスS                  ※枠右
 77 SEV 交代1:ファビアーノ(OUT)、レナト(IN)
 79 FEN SOG:右FK:アレックス→ディビッド中S          ☆右ポスト
 79 FEN SOG:こぼれ→ディビッドS               GOAL★SEV 3-2 FEN AG 5-5
 81 FEN    :左FK:アレックス→                  あわず
 86 SEV SB :ケイタ中S                       DFブロック
 88 FEN S  :ボラル中ミドルS                  ※※枠右
 90 SEV ▲YC:アウベス                     CARD▲アウベス
 +1 SEV    :アドリアーノ左クロス→レナト             ※S出来ず

●後半:コメント
  後半に入ってセビージャがやや受け身に回るシーンが目立ち、そして80分に追加点をあげられて
 しまう。特にセットプレイでお粗末な守備が目立つだけに、1点を守れなかったのはしょうがない。
 むしろ追加点をあげれなかったことを悔やむべきか。延長でも両者ノーゴールというのは正直
 考えにくい。

●延長:試合展開
  92 SEV    :ナバス右クロス                     GKキャッチ
  97 SEV    :左FK:アウベス                    DFクリア
  97 FEN    :カウンター→左クロス                  GKキャッチ
  98 FEN S  :ディビッジ中S                    ※枠左
  99 FEN S  :ディビッジ中ミドルS                  枠右
 103 SEV S  :左FK:アウベス→レナト中HS             枠上
 104 SEV    :ナバス右ドリブル、クロス                DFブロック
 105 SEV 交代2:ナバス(OUT)、コネ(IN)
  +1 SEV    :左FK:アウベス→                   GKセーブ
 106 SEV    :アウベス右クロス→カヌーテ               ファール
 110 SEV SB :アウベス右クロス→カペル左S              DFブロック
 111 FEN 交代2:ボラル(OUT)、カジム(IN)
 112 FEN 交代3:アレックス(OUT)、アリ(IN)

 117 FEN    :中FK:デービッジ                   枠上
 120 SEV S  :右FK:アウベスS                   壁

●延長:コメント
  延長に入ってセビージャがやや持ち直したものの、双方とも決定機は作れず。選手の疲労と、
 1点を失えばおしまいという状況を考えれば動きがなかったのもやむなしか。ここまで来れば
 後は運頼み、より幸運な方がPK戦を制するのだろう。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    セビージャ  3  20   5   5  27  52   2   0   2
 フェネルバフチェ  2  15   5   5  38  48   5   0   2

●PK
 1: SEV SOG:カヌーテS左下          GOAL★ SEV 1-0 FEN
 1: FEN SOG:ウェデルソンS左中        GOAL★ SEV 1-1 FEN
 2: SEV SOG:エスキュデS中下      GKセーブ  SEV 1-1 FEN
 2: FEN SOG:エドゥS左中        GKセーブ  SEV 1-1 FEN
 3: SEV SOG:ドラゴS右上           GOAL★ SEV 2-1 FEN
 3: FEN SOG:アウレリオS中下         GOAL★ SEV 2-2 FEN
 4: SEV SOG:マレスカS中下       GKセーブ  SEV 2-2 FEN
 4: FEN SOG:ケジュマンS中上         GOAL★ SEV 2-3 FEN
 5: SEV SOG:アウベスS左下       GKセーブ  SEV 2-3 FEN

●コメント
  PKは所詮運ではあるが、その運を引き寄せるのがジーコの強さと言うことか。下馬評で上回る
 セビージャ相手にドローに持ち込み、そしてPKで制する。この勝負強さをドイツで出してくれれば、
 というのは言わない約束なのだろうか。セビージャの敗退は残念ではあるが、この守備力では正直
 しょうがないかなという気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L2:マンU v リヨン

マンUにしてはつまらない試合だったなぁ…

●スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター
  気温: 4度  湿度:54%  ピッチ:湿気含む  天候:晴れ

●第1節結果
  リヨン 1 - 1 マンU

●試合結果
  マンU 1 - 0 リヨン  Agg. 2-1 でマンUがベスト8進出

●主審
  ロベルト・ロセッティ (ITA)  悪くないジャッジ。

●ラインアップ

 マンチェスターU
     17 ナニ      10 ルーニー   07 ロナウド

     08 アンデルソン  16 キャリック  24 フレッチャー

  03 エブラ  15 ビディッチ  05 リオ(C)  06 ブラウン

            01 Vサール
  サブ:
    29 クシュチャク  04 ハーグリーブス  09 サア  13 朴智星
    18 スコールズ   22 オシェイ     32 テベス
  監督:
    アレックス・ファーガソン

 リヨン
    14 ゴブ*Y        10 ベンゼマ   18 ベン・アルファ

    

06 シェルストローム*Y  28 トゥララン  08 ジュニーニョ(C)*Y

  11 グロッソ  03 クリス  29 スキラッチ  02 クレルク

             01 クペ
  サブ:
    30 ベルクートル  05 ボドメル  09 フレジ  19 デルガド  23 ケイタ
    27 ムニエール   32 ブームソン
  監督
    アラン・ぺラン

●前半:試合展開
 02 MAU    :ナニ左クロス                      DFクリア
 03 MAU ▲YC:エブラ、ベンゼマを倒す              CARD▲エブラ
 07 MAU    :ロナウド右スルーP                   あわず
 10 MAU    :ロナウド右ドリブルS                 ※DFブロック
 14 MAU    :ロナウド中→アンデルソン                DFクリア
 16 MAU S  :フレッチャー中ミドルS                 枠右
 17 MAU    :キャリック中フィード→ナニ               オフサイド
 18 MAU    :エブラ左ドリブル、クロス                DFクリア(CK)
 19 MAU    :左CK:ナニ→                     DFクリア
 20 MAU S  :ベンゼマ中ミドルS                   枠上
 21 MAU S  :ルーニー中ミドルS                   枠右
 24 LYO ▲YC:グロッソ抗議?                  CARD▲グロッソ
 25 MAU    :エブラ左クロス                     DFクリア(CK)
 27 MAU    :アンデルソン右ドリブル                 DFクリア
 28 LYO    :クレルク右クロス                    GKキャッチ
 29 LYO    :ゴブー→ベンゼマ                    DFクリア
 29 LYO SOG:シェルストローム中ミドルS               GKセーブ
 30 MAU    :ルーニー中スルーP→ロナウド              GKキャッチ
 31 LYO S  :クレルク右クロス→シェル中HS             GKキャッチ
 33 MAU S  :中FK:ロナウドS                   壁
 33 MAU S  :こぼれ→ビディッチ中MS                枠上
 36 MAU    :エブラ左クロス→フレッチャー              GKキャッチ
 37 MAU    :アンデルソン中浮き球→ナニ               GKキャッチ
 38 MAU    :ロナウド右クロス→                   DFブロック(CK)
 41 LYO    :左FK:ジュニーニョ                  GKキャッチ
 41 MAU SOG:ブラウン→アンデルソン→ロナウドS        GOAL★MAU 1-0 LYO AG.2-1
 43 MAU    :フレッチャー右クロス                  GKキャッチ
 44 MAU ▲YC:ナニ、後方タックル                CARD▲ナニ
 45 LYO SOG:右FK:ジュニーニョS                ※GKセーブ

●前半:コメント
  結果としてロナウドのシュートでマンUがリードしたがそれ以外の見せ場は正直無し。特にマンU
 にとっては相手の守備を崩すことが出来ず、決定的なシュートを打てなかったという意味で不満の残る
 前半だったと言える。中盤での争いを考慮したための4-3-2-1はルーニーが完全にトップで孤立、前線
 にボールがおさまらないためサイドにはたくことも出来ず。キャリックやアンデルソンの展開でサイド
 にボールが出ても、それを中で合わせる人間がいない。とりあえず1点リードしただけに相手に1失点
 許しても延長になるところまでは持ってきたが、出来れば早く追加点をあげて試合を決めたいところ。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     マンU   1   8   1   4   9  58   2   0   1
     リヨン   0   3   1   0   9  42   1   0   0

●後半:試合展開
 48 LYO SB :シェルストローム中ミドルS               DFブロック
 50 MAU SB :ナニ左ミドルS                     DFブロック
 50 LYO S  :ジュニーニョ中ミドルS                 枠上
 51 LYO S  :ベンアルファ左ミドルS                 枠上
 53 MAU SB :キャリック中ミドルS                  DFブロック
 56 LYO ▲YC:スキラッチ、エブラを踏む             CARD▲スキラッチ
 57 LYO SB :CK:ジュニーニョ→こぼれ→グロッソS         DFブロック
 58 LYO S  :ベンアルファ中ミドルS                 枠右
 60 MAU    :ゴブー左クロス                     DFクリア
 61 MAU    :ナニ左ドリブル                     DFクリア(CK)
 61 MAU    :左CK:ナニ→                     GKキャッチ
 62 LYO    :左ドリブル                       DFクリア(CK)
 66 LYO    :ベンゼマ→クレルク右クロス               あわず
 67 MAU    :アンデルソン中スルーP                 あわず
 67 LYO 交代1:ゴブ(OUT)、ケイタ(IN)
 69 LYO SB :ベンゼマ→ベンアルファ中S               DFブロック
 70 MAU 交代1:アンデルソン(OUT)、テベス(IN)
 73 MAU    :C→ルーニー右クロス→テベス              あわず
 74 LYO SOG:ケイタ右S                      ☆右ポスト
 78 LYO    :ケイタ右クロス                     あわず
 79 LYO 交代2:シェルストローム(OUT)、フレッジ(IN)
 83 MAU    :テベス→ロナウド                    オフサイド
 86 LYO S  :中FK:ジュニーニョS                 枠上
 87 MAU S  :テベス→ルーニー中S                 ※枠右
 88 LYO    :ケイタ左クロス
 +1 MAU    :ケイタ左クロス                     DFクリア
 +1 MAU 交代2:ロナウド(OUT)、ハーグリーブス(IN)
 +2 LYO    :左クロス→中H                     ファール

●後半:コメント
  結局後半に入ってもゲームに動きはなく、マンUが1点差をうまくキープして逃げ切った。
 後半、ロナウドの運動量が減ることでほとんど攻撃に絡めなくなり、その後、何度かカウンター
 でゴール前までボールを運ぶも、決定的なシュートを放つことが出来なかった。3センター
 1トップの布陣は、失点がなかったという以外の成果は無し。狙ったプランならば問題ないが、
 テベスが入ってからの方がルーニーの動きが良かっただけに、今後、どのような戦術を採用するの
 かが興味深い。正直、リヨンの調子がいまいちだったことにすくわれた感もある。結果論ではあるが、
 ケイタをスタメンで起用し、積極的にゴールを奪いに来ていたら違った結果になっていたかも
 しれない。

●後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     マンU   1  13   2   7  18  54   3   0   4
     リヨン   0  12   2   3  19  46   2   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L2:ミラン v アーセナル

アーセナルの順当勝ちでした。

●スタジアム
  スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ  ミラノ
  気温: 6度  湿度:87%  ピッチ:湿気含む  天候:雨

●第1レグ結果
  ARS 0-0 MIL

●試合結果
  ミラン 0 - 2 アーセナル  Agg. 0-2 でアーセナルがベスト8進出

●主審
  コンラト・プラウツ (AUT)

●ラインアップ

 ミラン
          07 パト    09 ピッポ

              22 カカ

    23 アンブロジーニ  21 ピルロ  08 ガットゥーゾ*Y

  03 マルディーニ  04 カラーゼ  13 ネスタ  44 オッド

             16 カラッチ
  サブ:
    29 フィオーリ  05 エメルソン  11 ジラルディーノ  17 シミッチ
    19 ファバッリ  20 グルキュフ  25 ボネーラ
  監督:
    カルロ・アンチェロッティ

 アーセナル
             25 アデバイヨル*Y

              13 フレブ

  02 ディアビー  04 セスク   16 フラミニ  27 エブエ

  22 クリシー  06 センデロス  10 ギャラス  03 サニャ

             24 アルムニア
  サブ:
    01 レーマン   11 ファン・ペルシ  15 デニウソン  19 ジウベルト
    26 ベントナー  31 ホイト      32 ウォルコット
  監督:
    アーセン・ベンゲル

●前半:試合展開
 02 MIL    :中フィード→ピッポ                   オフサイド
 07 MIL SB :カカ左→ガットゥーゾ左MS→DFR           GKキャッチ
 07 ARS S  :フレブ中ミドルS                    枠上
 08 MIL SB :パト左ドリブルS                   ※DFブロック(CK)
 08 MIL SB :左CK:ピルロ→中                  ☆DFクリア
 08 MIL    :オッド右クロス→ピッポ                ※あわず
 10 MIL    :右FK:ピルロ→                    DFクリア(CK)
 10 ARS    :ギャラス、ネスタと接触で頭を打つ→治療後復帰
 13 MIL    :ピルロ中フィード→パト左                GKクリア
 13 ARS S  :アデバイヨル右→ディアビ左ミドルS           枠右
 14 MIL SOG:マルディーニ左クロス→ピッポ中BS           GKキャッチ
 16 ARS    :セスク中フィード→アデバイヨル             オフサイド
 17 ARS    :サニャ右クロス                     DFクリア
 19 MIL SOG:カカ左ドリブル、クロス→パト右1対1S         GKキャッチ
 20 MIL    :中フィード→DFR→ピッポ              ※DFクリア(CK)
 20 MIL S  :右CK:ピルロ→ピッポ中HS              枠左
 22 MIL S  :カカ右ミドルS                    ※枠右
 24 ARS    :マルディーニ左クロス→ピッポ              GKキャッチ
 25 MIL    :ピルロ中フィード→                   GKキャッチ
 28 ARS S  :アデバイヨル左ドリブルS               ※枠上(CK)
 29 ARS SB :セスク中ミドルS                    DFブロック(CK)
 31 ARS    :エブエ右クロス                     あわず
 32 ARS SB :セスク中ミドルS                    DFブロック
 32 ARS SB :ディアビ中ミドルS                   DFブロック
 33 ARS ▲YC:フレブ中ドリブル、エリア内で倒れる        CARD▲フレブ
 34 ARS SOG:アデバイヨル左→セスク中ミドルS           ☆クロスバー
 39 ARS    :左FK:セスク                     DFクリア
 43 ARS S  :セスク中→アデバイヨル中S               枠左
 +2 ARS    :フラミニ中→エブエ                   オフサイド

●前半:コメント
  序盤ミランが優勢に試合を進めたが、セットプレイからのチャンスを生かせず、徐々にアーセナルの
 ポゼッションが上がっていく。アデバイヨルがサイドに流れ、セスクやフレブが中でシュートを狙う
 ものの、DFやポストに阻まれる。ポゼッションのアーセナルと引いてカウンターを狙うミラン、双方の
 持ち味が出た展開と言える。

  ミランはトップにピッポとパトを配する事で前線へのパスの出し所が増え、サイドで起点を作った
 時に中央にもう一人がポジションすることで、前回よりは攻撃的な戦い方を選択。ピッポが何度か
 シュートを放つシーンがあったものの決定的なシュートを打つことが出来ず。カカも押さえられては
 いるが何度かドリブル突破でボールを運ぶシーンがあっただけに、後半に決定機が訪れることを
 期待したい。中盤、守備での劣勢は否めないだけに、早く追加点を取って主導権を取りたいところ。

  一方のアーセナルは序盤こそ押されたものの、時間が進むに連れ試合の流れを掴んだ。アデバイヨル
 がサイドに流れ、中のスペースをフレブやセスク、フラミニがうまく使うことでなんどか決定的な 
 形を作り出した。ただ、ピッポというスペースを狙う選手がいるだけに、前がかりになって裏を
 取られることだけは十分警戒したい。今のところうまく押さえているが、なにせピッポは決定的な
 仕事と言う意味ではスペシャリストだから。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ミラン   0   7   3   4   7  45   0   0   1
   アーセナル   0   8   2   2  15  55   1   0   6

●後半:試合展開
 47 ARS SOG:左CK:セスク→センデロス右S            ※GKキャッチ
 50 MIL S  :パト中ミドルS                     枠左
 51 ARS S  :DF→アデバイヨル中→エブエ右S           ※枠右
 52 MIL SB :カカ中ミドルS                     DFブロック
 54 MIL SOG:左FK:ピルロS                   ※GKセーブ(CK)
 54 MIL S  :ピルロ左クロス→ピッポ中HS              枠右
 55 MIL ▲YC:ピッポ、暴言?                  CARD▲ピッポ
 56 ARS SB :ディアビ左S                      DFブロック
 56 ARS ▲YC:エブエ、足裏タックル               CARD▲エブエ
 61 MIL    :ガットゥーゾ、足を痛める→治療後復帰
 63 MIL S  :カカ左ドリブルS                    枠左
 64 ARS    :セスク中→エブエ                    DFクリア
 66 MIL S  :オッド右クロス→パト中S                枠上
 67 MIL    :カカ中スルーP→パト                  オフサイド
 68 ARS    :フレブ中→エブエ                    あわず
 69 MIL 交代1:ピッポ(OUT)、ジラ(IN)
 71 ARS 交代1:エブエ(OUT)、ウォルコット(IN)

 72 ARS ▲YC:クリシー、ピルロを倒す              CARD▲クリシー
 74 MIL S  :オッド右ミドルS                    味方
 75 ARS    :中→ウォルコット右S                 ☆GKセーブ
 75 ARS    :中                          ※DFブロック
 79 MIL S  :パト右ドリブルS                   ※枠左
 80 MIL ▲YC:カカ、ボールを叩きつける             CARD▲カカ
 83 MIL SOG:パト左ミドルS                     GKキャッチ
 84 ARS SOG:セスク中ミドルS                 GOAL★MIL 0-1 ARS  AG.0-1
 85 MIL ▲YC:ピルロ                      CARD▲ピルロ
 90 ARS 交代2:フレブ(OUT)、シルバ(IN)
 +2 ARS SOG:ウォルコット右ドリブル、クロス→アデバイヨル中S GOAL★MIL 0-2 ARS  AG.0-2

●後半:コメント
  後半はアーセナルの一方的なペース、決定機の数こそ少なかったもののポゼッションでミランを
 リード、相手のゴール近くで試合を進めるシーンが目立っただけに、この勝利は順当な結果と言って
 よいだろう。

  ミランの最大の敗因は、「カウンターとセットプレイでゴールを奪う」ゲームプランがうまく
 いかなかったこと。後半、疲労のせいかピッポの存在が消えるようになり、その後ジラに交代して
 からも状況は変わらず。FWがほとんどチャンスを作ることが出来なかった。全体的に劣勢で攻撃
 開始位置が後方で、カカのドリブルでゴール前に切れ込むには距離がありすぎた。ファールを得る
 シーンも少なく、しかも相手ゴール前から遠い位置ばかりということでピルロのセットプレイを
 活かせるシーンも無し。決定機は前半のCKのこぼれ球の混戦を相手DFにクリアされたシーンと、
 パトが右サイドでフリーになったシーンぐらい。アーセナルのゴールに関しては相手を褒めるしか
 なく、むしろ前節を含めて先制点を奪えなかった事が致命的だったと言わざるを得ない。

  一方のアーセナルは、力でミランを押しきった感がある。ゴールこそセスクやウォルコットの
 個人技によるところが大きいものの、チームとして前からプレスをかけ、高い位置でボールを奪って
 そこからゲームを作るという形が徹底していた。単調なクロスをアデバイヨルにぶつけるのではなく、
 サイドに彼が流れて、そのスペースに中盤の選手が飛び込むという、強いときのアーセナルの形が
 出来ていた。CMFのセスク、フラミニ、フレブが、ミランのピルロに対して攻撃で優勢に立ち、
 ガットゥーゾやアンブロジーニに対して守備でも上回った。相手にはセードルフがいなかったものの、
 彼がいても結果に違いはなかったろう。実力的には順当な勝利だが、優勝争いの常連チームを圧倒
 してのベスト8進出で、優勝にかなり近づいたと言えるだろう。

●後半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ミラン   0  16   6   8  15  45   3   0   5
   アーセナル   2  13   5   3  24  55   3   0   9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

最近のお仕事(そして年月が流れ…)

 ・密かに「スカイガールズ」のイベントレポートをあげてみたりしました。#1  #2
 ・QMAとは「クイズ・マジックアカデミー」の略だったりします
 ・オンタイムで追っかけられてるのは、クラナドとガンダムだけかな…、シャナは今月中には追い付きたい…ってもう終わるじゃん(笑) アニメのカテゴリから。

最近、誕生日を迎えたらしいです。でも、10年前と比べてやること変わってないのに、たかだか1年でどうにかなるものじゃないよね。いつものようにアニメ見てゲームしてイベントいって、レポート書くだけです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] しおんの王 DVD第1巻発売記念イベント 2回目

しおんの王 DVD第1巻発売記念イベント 2回目

 場所
  ポニーキャニオン本社 イベントスペース

 時間
  15:00 - 16:00

 備考
  出演者、立ち位置、服装は前回と同様

0)開演前

  14:30抽選開始ということで、エスプレッソを流し込んで気合いを入れて、10分前に会場へ。前回の
 イベントでもらったポスター持った人が結構いる。前回よりも数人程度少ないかも…。抽選番号は
 22番、右側は空いてたけど、あえて左サイドで1列後ろの4列目を選択。司会者は前回と同じ、
 3人の服装も前回と同じ。リバーシブルのスタジャン着ている人もいないしね。時間やや早めに照明
 OFF。だから、まとめる時間をもう少しくださいよ~(笑)。演出とかは前回同様。

1)自己紹介

 川:皆さんこんにちは、安岡紫音の川澄綾子です。今日はよろしくお願いします。
 朴:皆さんこんにちは、斉藤歩役の朴 璐美です。今日はよろしくお願いします。
 水:二階堂沙織役の水野理紗です。どうぞよろしくお願いします。

ここで突然笑い出す朴さん。

 司:どうかしましたか?
 朴:なんでもないです。
 川:ねぇ~。
 朴:ねぇ~。
 川:やめてくださいよ!

なにやら二人の間に怪しいというか不思議な雰囲気が…。

 川:さっき、朴さんにいかに私が常識人かって事を言い含めてたんですが、哀れんだ目で見られて…
 朴:常識人ねぇ、ふう~ん。
 川:そんな感じで…。
 朴:だって、さっき、川澄さんが私の(横腹のあたりを指さして)この辺をじっと見るんです。
  何見てるのかな~って思ったら「くびれが~」っていきなり触るんです。いきなりですよ。
  皆さんだったらどう思いますか?
 川:こう、常識的にね…
 朴:常識的にね…。

それは、あやち~の前で、くびれがしっかりしてたり、そんな服を着てる朴さんが悪いでしょう。
でも、いきなりに問題があるんだったら「触らせて!」って言えばいいのかなぁ…(笑)

2)トークコーナー

■紫音について

 司:紫音は喋れない役ですが?
 川:喋れないってのは、そんなに大変ではなかったです。話がすごく重くて、モノローグとかも
  暗くて不幸なめに会ったり、人々の悪意を受けたりするんですが、でも紫音の笑顔がすごく
  明るくて。笑いの息のお芝居を入れなくても絵で伝わるってことが改めて確認できました。
 司:演出の方も可愛く見せようって意識が強かったです。
 川:リアクションでよく言われたのが、「もっと明るく!」ってことで、モノローグとかは抑えめ
  な演技が普通は多いんですが、「もう少し明るく」とよく言われました。

あれで紫音が暗い子だったら救いようがないですしね。

■歩について

 朴:歩は男性なので…。そこ笑うとこですか?

いや、朴さんに改まって言われると苦笑せざるを得ません。

 朴:女性と男性の素の部分の演じ分けが大変でした。私、一応女性なので、どちらかというと、
  女だけど男を演じる役の方が演じやすくて、真逆だったんです。モノローグで男に変わるところ
  とか、スイッチングがヘビーでした。

「一応女性です」で笑いがないのもどうなんだか。初めて朴さんのお姿を拝見したんですが、すごく
麗しい女性なんです。

 司:1話の切り替えとか、どのように収録したんですか? モノローグだけ別録りとか?
 朴:流れでやらせてもらいました。女性を演じた後、モノローグに戻るより、流れの中で自分で
  やった方がやりやすいと思ったので。
 司:1話はインパクトありました。
 朴:「ぱりーん」ありましたね(笑)
 司:アフレコ時は、色とかついてなかったんですよね。

もう、色がないとか絵がないとかは、隠すことでも無くなってしまったんですかね(笑)
ここで朴さん、下を向いて苦笑する。

 朴:あんなにすごいシーンになるとは思わず。1話をみんなで見せてもらう機会があったんですが、
  笑いしか出ませんでした。

恥ずかしかったです、とかいうと若手っぽいけど、それはもう嘘っぽいしな~(笑)

 水:怖かった…。
 朴:中尾さん、収録の時から誰とも喋ってくれなくて、「怒ってるのかな」って…。後で聞いた
  ところ、「こんな衝撃的な役は声の芝居しかやらせてもらえない」って、張り切ってやっていら
  したようです。
 司:あのシーンで神園の出番を増やしたそうです。本当は、後半、あんなに真相に絡む予定は
  なかったそうです。
 朴:なるほど、つながりました。中尾さんが、「おれ、10話くらいでいなくなっちゃうから」って
  最初の方はずっと言ってたんですよ。
 川:最後の最後まで活躍してましたからね。

確かにあの「ぱりーん」のシーンは見ててもビックリしたから…。

■沙織について

 水:沙織はお嬢様の役で、キャラデの沼田さんに「出来損ないのメーテルだ」って言われました。
 川:メーテルってそうなの?
 司:女性らしいですよね。
 川:すごい繋がりですね…。
 朴:メーテルです。
 川:メーテルか、へぇ~。
 水:沙織は色々併せ持っていて、スタイルは峰不二子だし、性格はメーテルだし。
 川:メーテルもスタイルいいよね!
 朴:巨乳?

メーテルってスレンダーではあるけどグラマーではないような…。モデル体型?

 川:メーテルって、帽子の人で、「鉄郎…」って言う人だよね?
 司:わかりやすい解説、ありがとうございます。まあ、沙織さんはお色気があるって事で。
 川:(朴さんを指さして)ここが一番グラマーだったら困るよね!
 朴:ビリビリぽろ~んって…
 川:ぽろりっすか!
 司:ぽろりはなかったですけどね…。

「ここ」と言うのは、歩君に対してで、朴さんって事ではないと思います。そういう誤解を受けかねない
発言は、やめなさい、なんて突っ込みを書く方もどうよって話はあるんでしょうが…(笑)

 水:沙織はお嬢様で頑張りました。胸はオープンだったけど、下は長いスカートで隠してて…。
 川:あれ、多分校則違反だよ。布足さないとダメだもん。お嬢様だからかな。時代っぽい。
 朴:あれはお嬢様だからだよ。

お嬢様ってことは「ごきげんよう」とか言うのかな(笑)

 川:今、これくらいだよね!

ここで、おもむろに紫音のポスターを指さして力説する川澄さん。

 朴:短すぎ!
 川:街でこんなの見ない?
 朴:それはコギャル。紫音はコギャルじゃないので…。
 司:1話の後ろ姿とか、作画監督のこだわりだそうで。
 川:しおん、むっちりしてた。こう、段になってて…。
 朴:(沼田さんは)それも、うざいね

この日の朴さんの決めぜりふは「うざい」ってことのようです(笑)

■面白いエピソード

このあたりから、作品をちゃんと見てないと辛いかな…という話題に。すみません。

 司:面白いエピソードとかありますか?
 朴:なんで、私をがんみ? 言えないエピソードがいっぱいありました。
 川:おじさま達が渋かった。刑事さんとか。
 司:古田さんとか。
 川:カーネル・サンダースとか
 水:ゴマちゃんみたいって、言ってました。

■小林と悟について

 川:怪しいですね。
 朴:二人して松川君をいじってました。
 水:2対1。
 朴:そこで、なんで私を見る?
 川:「聞いてくださいよ~、2軒目行っちゃいました~」とか言ってたね。
 朴:嫌いだったら行かなきゃいいのに。
 水:朴さん、よくヒロさんに絡みますよね?
 朴:私は、ヒロには絡みます。理由はないけど、兄弟みたいな感じ。出来の悪い姉と、良くできた
  弟みたい…。
 川:ほんとそうだよね。
 朴:ありがとう、あやちゃん!
 川:あれ…、フォローしたんだけど、フォローになってない…、かな?
 朴:なってないね。

なってないです(笑)

 川:出来のいい姉で…。
 朴:もう結構です!

このかみ合わない組み合わせが聞き手としては最高だったりします。イベント冥利に尽きるなぁ(笑)
ここから将棋の話なんですが、ごめんなさい、将棋わかりません。ムチャクチャ書いてるかも…。

 朴:スタッフさん達がマグネットの小さい将棋を持ち込んで、打っている姿が可愛い。私たちが
  面白いこと言ってないのに笑ってたりして。
 川:「なんで~」って感じだよね。
 司:とちりのリテイクはありましたが、雰囲気が違うとかいうリテイクは無かったですね。
 川:棋譜はわかる人にしかわからないので。局面とかも何の事やら…。
 水:棋譜が当日変更になったりしたのは困りました。イントネーションとか覚えてきたのに。
 川:棋譜とかわからないけど、なんか格好いいなって。わかってた?
 朴:局面って何?
 川:この手で流れが変わったとか言うんじゃない?
 朴:わかんない…。

アニメで出てくるあの棋譜はホントなんでしょうか…、ってのは周りでも話題になってました。
ただ、将棋に詳しい人がいないので、誰にもわからなかったというオチですが(笑)

 川:将棋は周り将棋ぐらいしかできないので、それって将棋じゃないよね。
 朴:ホントにね。
 川:将棋ははさみ将棋ぐらいしかできない。
 朴:わかんないよね。
 川:そこ、突っ込んでくださいよ!
 朴:ごめんなさい、ぼ~っとしてた。

はさみ将棋とか周り将棋ホントに出来るのかな~とか思ったり(笑)

■監督

 司:監督はどうですか?
 朴:常にニコニコしてるんですが、腹の中で色々考えてそうで…。
 川:私は初めてお仕事をご一緒させて頂いたんですが、ニコニコしている印象しかないんですけど…、
  黒いんですか?
 朴:いや、黒いんじゃなくて、イタズラ心って言うか…。

そこでどうしてストレートに「黒い」とか聞くかなぁ(笑)

 川:監督は口が堅かった! あれだけ飲ましたのに…。

今回はスルーされましたが、「飲ませて陥れる」なんて、なにげに危険な発言です(笑)

 司:最後まで漏れませんでしたね。
 川:見事に漏れなかった。だいたい漏れちゃうんだけどね…。
 朴:幸子が犯人だったらとか…。
 川:最後まで色々言って。すごい理由付けをしてました。
 司:どんな?
 川:聞きたいですか、すっごくドロドロしてますよ。
 朴:後は、紫音パパとか…。
 川:辛いですよね、殺した人が一緒にって。
 司:幸子もそうでですけど
 川:ドロドロですけどね…。私ひどいこと言ってるよね、紫音のお母さんなのに…。
 朴:そんなことない、常識人だよ。

まあ、あやち~さん的には想定内だと思います。

■犯人は誰だ。

 司:アンケートであったんですが、大阪からいらした人がいて、19話まだやってないそうで…。

偉いな~、すごいな~。録画だけしてみてないのとは違うや…、すみません(笑)

 川:ネタばれとかしちゃまずいよね。
 朴:そういえば誰かに「犯人が問題じゃない、それを解明するプロセスが大事なんだ」って、言われました。
 水:いいこと言われてうやむやにされました。
 川:そうですね…。
 朴:私は、犯人が誰かわかってました。
 川:ずる~い。私もわかってました!
 司:どうして、そこで張り合うんですか!

それがあやち~さんだからです(笑)

 朴:大阪から来た人、犯人誰だと思いますか!?
 客:…、幸子?
 朴:さすが大阪の人です。空気読みますよね。

実は他のキャラわからない、なんて事はあったりしないのだろうか(笑)

■今後の見所

 司:これから最終話に向けての見所は?
 水:全部が注目なんですが「これからどうなっていくんだ」ってところ。
 朴:見所満載すぎ。もう、髪を切って歩君になってますので、紫音に対する思いが、最終話で明確に
  なってます。私的には「ち、ち、ち」っていう紫音の息に大注目。言えませんけど、その後のセリフ
  が大切です。「ち」の息が全部違うんですよ。さすが川澄綾子って感じ。
 川:やったときからずっと言ってたんですよ。「よかったよ~」って。
 朴:是非、5回ぐらい見て欲しい。1回目は「ああ違うんだ」って感じで、2回目は「改めて意味を
  感じとって」、3回目は、「心に色々こみ上げてくるものがあって」浸れます。楽しみにして
  ください。

もう少し色々と説明して頂いたのですが、さすがにメモしきれませんでした。ちなみに、4回目、5回目の
楽しみ方のレクチャーはありませんでした(笑)

 司:紫音と歩美君は?
 朴:はっはっは~、いい感じです。いろんな気持ちが融合して。

なぜ、そこで笑うかなぁ…、朴さんは(笑)

 川:犯人もそうだけど、トーナメントも佳境で、誰が優勝するのか。2つの事柄がラストに向けて
  終焉を迎えます。こんな緊迫感は他の作品ではないので、是非見て欲しいです。
 司:3巻では、監督さんとの対談を収録して、その中でキャストの話も出てくるようです。
 朴:もういいよ~。
 川:やだよ~、こわいよ~。
 水:こわい…。
 朴:こわこわ!
 川:読んだら凹みます?
 司:そんなことはないと思いますが?

凹むようなことは商品にはできんでしょう。褒めちぎってもいないと思いますが(笑)

3)質問コーナー

 1回目同様、アンケートの内容を元に司会者から質問。

質問1:(川澄さんへ)喋らない役

 川:私、喋らない役をやったことがあって、精神的に喋れないとか、物理的に声帯が言っちゃって
  るとか。色々考えて、器官として出ないのか心で出ないのかは色々考えました。出も、声が出ない
  ってのは想像がつかないし、それでも吐息とかはでるのかなって。走れば息は切れるだろうし、
  泣いたら嗚咽はでるだろうし…。
 朴:私は、あそこの息が大好き!
 川:結構難しいんですが、見てる人には伝わったでしょうか?

朴さんは息とかささやきに弱いようです(笑)
帰ってお風呂に入っているときに、「野乃先輩か!」と突然気がつきました。しっかりしろ~、自分。

質問2:好きなシーン

 川:最終話に向けて暗いシーンが印象的だったんですが、明るいシーンでは、3人のシーンで、
 「そろって反省しましょう」とかがよかったです。私はお芝居してないんですが…。

紫音が笑顔でスケッチブックあげるシーンです。あれはマンガで読んでも良いシーンでした。

 朴:パパの紫音に対する思いが大好き。素敵なおしばいで、温かくてせつなくて。そんなパパと対局
  することになって、そこで、戦ってるんだけど、パパだなぁって。
 川:歩君も対決して負けてましたね。
 司:松本さんはどうですか?
 朴:おっきい人です。
 川:おっきい人です!
 水:朴さんとゴマせんべいを食べてました。
 朴:やっぱ、ゴマせんべいだよね。この堅さがいいんだよね~とか言って。

「何が大きいのかなぁ」、と微妙に笑いが起きてました。

 水:私は神園さんと対局したとき。そのときの「ありがとう」は、沙織に言われているのか、私に
  いわれているのか、どっちに言われているのかわからないくらい舞い上がってました。
 朴:隆聖さんがすごかった。
 水:私を持ち上げて頂きました。あと、歩くんと会話するのは緊張しました。
 朴:なんで?
 水:いや、モノローグのやりとりばかりで、久しぶりにオンになって…。
 朴:よかった、人生に対する駄目ダシをされたのかと思った。
 水:そ、そんなことはないです。

ダメだしされかねないような人生なんだろうか(笑) 「朴さんが怖かったから」、というオチでは
無かったようです。

質問3:From監督 それぞれが一番苦労したところ

 朴:直にきけばいいじゃないですか…。

悩む3人

 司:ないんですか?
 川:あります。対局のシーンって、すごく静かなんだけど、戦っている気合いがあって、そこを
  表現するのが難しかったです。必殺技を出すぐらいの勢いで「えりゃ~」とかやるのが、難し
  かったです。
 朴:私はモノローグどうしのやりとりですか。自分と相手の。後は、紫音ちゃんがいないから
  孤独で。返信がないまま…。
 川:紫音はいるんですけど、画面にはスケッチブックの文字も書いてなかったり…。
 朴:仕方がないので台本を全部覚えて、ここはこういうシーンだからって…。
 水:あれは難しかった。私も棋譜ですかね。イントネーションが違うっていわれて。本人わから
  ないので。
 司:将棋の駒の音は、音響さんがわざわざ高い駒をかって、落として何パターンか音を録音した
  そうです。
 朴:高いんですよね…。
 川:すごく高いんですよ!

相手がいないアフレコってのもやりづらいだろうなぁ…。

4)「しおんの王」の王は誰だクイズ

1回目と違って、タイトルコールは無くてただの「クイズ大会」だったような…。

 司:全話出てる皆さんには簡単だと思います。
 川:でてないも~ん。
 朴:1話だけだよ!

どこの子供ですか、そんな言い訳、紫音だってしませんよ(笑)

 司:さっきはドーナツで、水野さんがゲットしたんですが…。
 朴:何故私を見るんですか。2個いただきました。
 司:キル・フェ・ポンの季節のフルーツタルト、1ホール。
 川:わ、それすごい! やる気出た!
 朴:なかったんかい! 声も違うし。
 川:あったけど、ますます出た!

ものに弱いよな~(笑)
ちなみに、季節のフルーツタルトは聞こえましたが、ブランド名はメモし忘れましたので商品違う
かもしれません…。まあ、あやち~さんが小躍りするぐらい有名なものらしいということで、
キル・フェ・ボンにしておきました。

問題1:歩美の努めている飲食店の名前は? 

 司:漢字3文字です。
 朴:(小声で客席に)知ってる人いますか?
 川:勝手に「そばせい」だと思ってました…。
 司:さいごに「え」がつきます。
 朴:(小声で客席に)誰か知ってる人いますか?
 客:あっ!
 朴:今、なにか、「あっ」ていいましたよね。
 川:あれ、うちの…。

多分、あやち~さんのマネさんが声を出したかと思われます。
朴さん、客席からのリアクションがないので、両側を見る作戦に変更。

 朴:あ~、そんなじゃない?
 川:わかんないよ~。
 司:朴さん、あからさまにカンニングしないでください!

回答:
  川澄:生兵衛
   朴:世兵衛
  水野:勘兵衛

 司:誰かわかる人いますか?
 客:半兵衛。
 司:正解です。
 川:半ベイってことは、私あってる?

あってません(笑) 客席の正解者にポスターと1ポイントを進呈。

第2問:小林の努める会社の名前は?

 川:わかった!

覗き見しようとする朴さん。

 川:朴さん、見たでしょ!
 朴:みてないよ~!
 川:みたでしょ!
 司:それでは朴さんから。

回答:
   朴:ウッズ・プロモーション

 司:残りの二人は?

  川澄:ウッズモバイル
  水野:ウッズモバイル

正解はウッズモバイル。

 朴:なんでちゃんと見せてくれないのぉ?

これ、クイズですし…。あやち~さんと水野さんに1ポイント。

 司:次は朴さんにはわかると思いますが…。
 朴:心がけ次第って事ですか?

第3問:歩のお母さんの入院している病院は?

 司:最後は「病院」です。最初は「な」です
 朴:早く思い出して!
 川:なかよし、とかじゃない?
 朴:あ~、じゃあもう、これでいいです。

回答:
   川:長沢
   朴:中村
   水:中田

正解は長篠…でしたっけ? ともかく回答者無し、正解した客席にポスター&1ポイント。

第4問:神園の顔を描け

 司:最後は5ポイントです!
 川:え~!
 水:え~!
 司:このままだと、客席にプレゼントが行ってしまいますよ。
 川:本気、本気で書くよ。あ、みんな縦なんだ。じゃあ私も縦、朴さん、どこからかいてるの?
 あ、なんか(私の)すごく似てる!

あやち~さんだけやたらはしゃいでいた記憶はあります。絵は見せられないので、客席のリアクション。

リアクション:
  水:「お~」
  朴:「あはは…」
  川:「えっ?」

二人が絵にセリフを入れたので、
 司:川澄さんもセリフを入れて頂いて。
 川:じゃあ、セリフは「おかみ~」で。
 朴:言ってない言ってない(笑)

客席から3人を選んで判定してもらうことに。

 川:正直にね。
 朴:絵を見て、私も見て…。
 司:それは無しです。

しかし3人の意見が割れたのでもう一人追加。その人がかなり悩んだ結果、朴さんが選ばれる。

 川:ホント、ホントにこの絵?
 朴:ありがとう、空気を読んでくださって。彼は悪くないよ…。

朴さんににらまれたら普通は逆らえないと思います。個人的には水野さんだと思いました。
同じ立場で選ばされたらあやち~さんを指してしまったかもしれませんが(笑)

5)じゃんけん大会

 続いて台本とポスターをかけてのじゃんけん大会。5人まで残ったけど、水野さんに消されてしまいました(笑)
 台本2冊とポスター3枚を勝者に進呈。

6)最後の挨拶

 水:いつも応援してくださってありがとうございます。サスペンスの要素もあって、将棋は人間を
  写す鏡で面白いと思います。最後まで楽しんでください。スタッフも楽しんで作ってますので、
  それが伝わるとうれしいです。

お疲れ様でした…。「すみません、うちのあやち~が…」、とか謝りたくなった(笑)

 朴:将棋をしらないけど、この作品で将棋に触れました。人の人生を反映した自分の表現の一部で、
  人同士の戦いだけど、自分との戦いという漢字で面白いと思います。サスペンス満載ですし、
  私的には「ち、ち、ち」を見逃さないで欲しいです・
 川:もうやめて…。
 朴:ホントにすごいんだって。最終話まで見ると、もう1回最初から見たくなる作品です。是非とも
  お手元において見てください。

よっぽど「ち」が好きなんですね。いわれなきゃ絶対意識しなかったろうな。

 川:今日は来てくださってありがとうございました。収録はちょっと前に終わったけど、こうやって
  しおんの王について話したり考えたりすることが出来て楽しかったです。収録現場はすごく
  楽しくて、でも集中してやってて、スタッフの熱意、ストレートによくしようと言う想いがすごく
  伝わってきて、私たちもそれに答えようと頑張りました。後3話ですので、ここでみのがしたら
  今までなんだったんだ、って感じになってしまうので、是非とも見てください。ああ、そうか、
  あの人が犯人だったんだって。それで最初から見直すと、新たな発見はあると思います。これから
  DVDも続々出ますので、是非とも買ってください。

今年初めての「買ってください攻撃」、まあ2巻までゲットした時点で買いますけどね。
そういえばマンガの方では犯人出てたが、アニメとの関連はどうなんだろう…。

7)感想
  いきなりくびれに手を出しますか、しかも先輩の…。さすがあやち~です。ってのが一番に感想
 として上がってくるのはどうなんでしょう。気持ちはよくわかりますが。あと、クイズは商品があった
 方がやっぱりテンションあがるんだなと。普通に考えると、女性が1ホールもらっても食べきれない
 はずだから、3人で分ければよいと思うのですが(笑)

8)まとめ

最後は、何となくARIA風に。理由はまったくありません(笑)

川澄:
  女性に手を出すの禁止、お菓子を欲しがりすぎるのも禁止!

朴:
  カンニング禁止、後輩や客席を脅すのも禁止!

水野:
  マイクの集音部を隠すの禁止、巨乳で盛り上がるのも禁止

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] しおんの王 DVD第1巻発売記念イベント 1回目

しおんの王 DVD第1巻発売記念イベント  1回目

 場所
  ポニーキャニオン本社 イベントスペース

 時間
  13:00 - 14:00

 出演者(敬称略)
  川澄 綾子(川:安岡紫音 役)   緑の半袖ヒラヒラワンピースに黒のタイツ、ブーツ
  朴 璐美 (朴:斉藤歩 役)   黒のパンツに紫のシャツ。結構格好いい
  水野 理紗(水:二階堂沙織 役) 白の上に黒の重ね着、ハイソックスとか

0)イベント前

  虎ノ門のポニーキャニオン本社前に集まったのは50人弱。有料イベントだし、こんなものか。
 どういう席になっても座って見れそうなのはレポ書きには嬉しいところ。抽選番号19番を引き
 当てて、3列目の左サイド、あやち~の座りそうな椅子がよく見える場所をゲット。主役だし
 司会の隣だよね、という予想は大当たり。女性は2割から3割くらい。朴さん目当てかな…、
 聞いた訳じゃないけど。TVがあるけど、メーカーがパナソニック、パイオニア、そしてソニー、
 いや別に映れば何でもいいとは思うけど…(笑)

  会場の照明が落ちてTVにOPが流れる。その後、司会者が登場(以下 司:)多分、ポニー
 キャニオンの関係者さんだとは思うんですが、名乗ってくれないため名前等は不明。いつもの
 ような諸注意の後、3人を呼び出す。立ち位置は客席から見て左に司会者さん、中央に左から
 川澄さん、朴さん、水野さん。マイク毎に名前が書いてある様子。場所とか声質とかで設定違うの
 かな(笑)

1)開演

 司:では、一言ずつ挨拶をお願いします。
 川:安岡紫音の川澄綾子です。ようこそお越し下さいました。
 朴:斉藤歩役の朴 璐美です。今日は皆さんに喜んでもらいたいと思います。
 水:二階堂沙織役の水野理紗です。ようこそいらっしゃいました、今日はよろしくお願いします。
 司:では、お座りください。

司会者の薦めに従って腰掛ける三人。しかし…。

 3:おおっ!
 川:以外といい椅子ですね。ポニーキャニオンやりますね!

感心するあやち~ですが、司会者の椅子を見て突然笑いだす。

 川:タバコの穴が…。
 司:ええ、ですから私のということにしてあります。

いらんとこ目ざといからなぁ(笑) 「ポニーキャニオンはいい」って、どこの会社がダメ椅子なんだろう、
とかが気になる訳で…。

 司:私、座ってやる司会は初めてなんですよ…。
 朴:緊張なさってますよね。
 司:そんなでもないんですけど…。
 川:いつもと顔が違う。
 朴:若干ね…。
 司:私より水野さんの方が緊張してませんか?
 川:ここ、持ってるよね。

水野さん、妙にマイクの上の方を持ってます。

 水:ここ持つと、マイクに音が入らないかなと。
 朴:それ、やばくない?

前の二人と比べてイベント慣れしてないですね。若いから当たり前なんですが(笑)

2)トークコーナー

 司:アフレコは大分前に終了したと思うんですが、
 川:そうですね。
 朴:ぶっちゃけ…。去年のうちに終わってました。11月?
 川:12月の最初の方に…。
 朴:じゃあ、ほぼ11月。
 司:まあ、今日は予習をしてきてもらったので、
 川:え~~、そっか…。
 朴:どうしよう…。

そんな暇無いと思うな~(笑)

■紫音について

 司:紫音というのは、どんなキャラでしょう?
 川:正直、最初に監督さんや構成作家さんとお話しするまでは、すごく難しいと思ってました。
  喋れないってどういう事なんだろうって、アドリブはいらないっていわれて、家で練習して
  来た、喉を押さえてしわがれ声を出すようなことが全部無駄になってしまいました。そんな
  わけなので、難しいような難しくないような…。

まったく声が出ないなら、声優さんいらないよね。存在感の薄い主役ではあります。

 川:「吐息」って言うんですかね?
 朴:それも微妙なニュアンスだね。
 川:「息」?
 司:それも、もう少し…。
 川:言い方も難しいんですけど…。ともかく絵も等身大でリアルなので、紫音ちゃんが
  いることは絵を見て頂くとして、静寂を印象づけたいと。

「喋れないんだから、あまり派手な演技をするな」という演出だったようです。声優としてのやりがい
と言う意味では、物足りない面はあったかもしれませんね…。

 朴:我々が大変だったよね。
 水:ホントに!
 朴:(紫音と)会話したいんだけど、いない…。
 川:私、後ろに座ってるし。なんかみんな頑張ってるな~って。
 朴:なんかみんなやってるな~、しっかりやれよ~って感じで上から見られてました。
 川:そんなんじゃない!

むしろ周りの方が大変な訳で。後ろから見学とは(笑)

 司:監督さんは「1話は紫音は喋らなくていいかも」ぐらいのことを言ってました。
 水:川澄さんがいらっしゃらない回がありましたよね。
 朴:1話だけ、いない回がありました。
 川:それって声優だな~って。ドラマだったら絶対ないですもんね。
 司:1話でも、声が出たのはBパートからで。
 川:モノローグの他は変質者に「うっ」ってやられて「うっ」ってところぐらいですか。
 朴:あそこで歩の「男メーター」上がった瞬間だよね。

男メーターとか朴さんに言われると、どうしても笑ってしまいます。

■歩について

 司:歩も衝撃的なシーンがありましたが。
 朴:「ばりーん」みたいな。
 川:最初、男か女かわからなかったよね。胸のない男の子?
 朴:どうしてこっちを見る。
 川:ごめんなさい。
 朴:オーディションを受けに行ったとき、男ばっかり受けていて、やっぱりそうだよね~って思って
 たんだけど、「決まりました」って連絡が来てちょっと複雑だった。どういうことだろうって…。

キャストを見た時に「あ~、なるほどね」と、すごく納得した記憶があります(笑)

 朴:1話に関しては「微妙な感じで」って言われて。微妙ってなんだぁ…。
 川:質問とかした?
 朴:モノローグは男の子で、「バリーン」のシーンまでは男性とわかられたくないっていう微妙な感じで。
 川:そう、微妙な…。
 朴:モノローグでドスをきかせたり…。
 司:「ばりっ」のシーンは?
 川:(神園が)怖かった…。
 朴:妖怪にしか見えない…。
 司:あれは、作監が、中尾さんの演技を見て「書き足さなきゃ」ってあんな感じになったんだそうです。
 朴:しわを?
 川:それは衝撃だよね…。
 朴:中尾さんも名演で。「わぉ、ばいきんまんだよ」って感じなのに(笑)

そうなんですよね、ばいきんまんなんですよね(笑)

■沙織について

 司:沙織というキャラは?
 水:わっ、わっ…。

いや、振られたからってそこまで驚かなくても(笑)

 水:二人と違って等身大で出来ると思ってたんですが、普通なのがすごく難しかったです。何も
  してないんだけど、何かしなきゃいけない気持ち…。
 朴:わかるわかる。素で頑張らなきゃいけないよね。
 水:そのままじゃいけないんだけど…。

まあ、二人に比べれば普通なキャラだけど、でもあんまりいないよね、あんな女の子(笑)

 水:後は私にとって、初の「巨乳キャラ」でした!
 川:それって、巨乳キャラだと芝居が変わるの!?
 水:えーと、初めてだったんで「巨乳キャラですけど、何か意識してやった方がいいんでしょうか」
  って監督さんに聞いたら、「そりゃ、必要でしょう」って言われて…。結局伝わらなかったん
  ですが…。
 朴:そんなことないよ、伝わりましたよね?

客席に問いかける朴さん。当然拍手をせざるを得ない訳です(笑)

 水:ありがとうございます。これから、巨乳キャラでも頑張ります!
 朴:これで(巨乳キャラも)出来るよ、良かったね。

「やったほうがいい」って、それは…、監督さんにだまされていると思うな…(笑)

 司:沙織ってスカートの丈が長いですよね
 朴:スカート長いです。スケバンかって言うぐらい長いです。
 川:それをいったら紫音短すぎです!
 朴:おへそとかも見えてるしね…。
 司:あれは、作監の沼田さんのこだわりだそうです。「天真爛漫な小学6年生は、おへそが見えても
 気にならない。だからおへそを見せたい」って言ってました。
 朴:沼田を連れてこい!
 川:そんな小6いないよ~。おへそフェチなんですか?
 司:そういう訳ではないと思いますが…。

朴さんの怒りはごもっとも(笑) それ以前に「天真爛漫な小6なんていないよ」って話も…。

 川:おへそを見せたいねぇ。
 司:作監はまだまだ徹夜で仕上げをする日々なんですが、
 朴:徹夜でおへそを書いてるんですかねぇ。

紫音のキャラ的にあのスカートは恥ずかしがる気がするんだが…。小学校低学年ならともかく…。

■ドMな松川さん

 司:その他の皆さんのエピソードについては?
 朴:ありすぎです。言えないようなものばかり…。
 川:でも、みんな結構、
 朴:くどい!
 川:すごく言われたのが、冗談交じりで「今の芝居ね…」とか批評される。

ベテラン多いしなぁ(笑)

 川:松川さんが、久谷かってぐらいキャラに似てる。あと、「噛んじゃった~」とか言って、必ず
  朴さんを見るの…。
 朴:突っ込んで欲しいんだろうけど、ホントうざい! どがつくM。
 川:でも、ホントはドSですって…。

朴さんに逆らえる人がいない、って言う方が正しかったりするのでは…。

 水:松川さんが劇をやることになって、みんなで見に行ったんですけど、
 朴:ホント、見に来てくれってうざくって、仕方ないから見に行ってやった。
 水:ちらしを配ってて、川澄さんは普通に受け取ったんですけど、朴さんには拒否されて、いない時を
 見計らって鞄に入れてました。
 朴:ホントにうざい! 後の方になると短パンはいてやってくるし。目がいいのにメガネかけたり…。
 水:外から入るタイプなんですかね
 朴:外から入りすぎ!

よっぽどお気に召さないようです…。でも、魅力的な女性が「うざい」ってのは、ちょっとね(笑)

 朴:同じ出身なんだよね?
 水:先輩ですけど…。
 朴:私、人の芝居とか絶対に行かない人なんですけど、
 川:私もそう。でも、すごく面白かった。
 朴:あんまりうるさいから「どうする、じゃあ、しおんの収録の後に行こう」ってことになって、
  行ったら面白かった。でも、「面白かったでしょ」って出てくる彼がホントにうざい!
 川:しかも噛んでたし…。
 司:そのあたりも久谷と似てますよね。
 川:いじられかたとか…。
 朴:完全に似てる!
 水:劇団員の人は、「松川さんはSなのにいじられているのが新鮮」だって。

まあ、朴さんやあやち~さんに逆らえる人はそうはいないと思うな…(笑)

 水:あと、劇団員の中で、「しおんの王ごっこ」とかやってるんだって…。
 川:え~、しおんの王ごっこって、誰が紫音の役をやってるんだろう…。
 朴:男ばっかりなのに、おへそだしたりしてるの?

想像させないで欲しい…。しかし、どうしてみんな、そこまでおへそにこだわるかな(笑)

■郷田さん

 司:今回、羽仁役の郷田さんが音響監督を兼ねてらっしゃいましたが、
 川:郷田さんがすごい。自分のセリフを行った後、人のセリフをチェックしてた。
 朴:郷田さん別録りかなって思ったら、さすが役者の気持ちがわかるので、きっちり一緒にやってた。
 川:出来る限り一緒にって…。
 司:僕はNG出しづらいなって言ってました。
 川:でも、一番最初にNG出したのが郷田さんで、「これでみんなNG出しやすくなったよね」って。
 朴:はは、ありがとうございます~。
 川:あと、「羽仁が押したからNG]なんて自虐ネタも言ってました
 朴:自虐ネタだよね。普通、アフレコってAパート、Bパートに分けてやるんだけど、羽仁のシーンに
  会わせてAパートのここまでやりますって感じでやって他のが新鮮だった。

自分の演技に集中できるのかな…、まあプロに言う事じゃないとは思うけど(笑)

 水:郷田さん、メモ取るんですけど「メモのノイズが入ってしまった!」って結構悔しがってました。
  後ろで郷田さんがメモ書いてるって思うと、結構ドキドキしました。
 川:「今かんだな」って思うと、ペンの音がして。「やっぱりダメだったか…」って。
 朴:私、全然気が付かなかった…。メモ取ってたの?
 川:朴さんは集中してるんですよ。
 朴:違うのよ、ぼけてるのよ…。

めずらしくあやち~さんがフォローしてるのに。面白いからいいけど(笑)

■最終話へ向けての見所

 川:まだ19話だから言っちゃいけないんだよね、やばいやばい。
 司:真犯人は誰かとかね。
 川:いやいや、わからないですよ。もしかしたら幸子かもしれない、幸子であって欲しかったかな
  って。
 朴:「欲しかった」って、過去形だよね…。
 川:……。そっか、こういう事か…。

いや、だからね…、このおねえさん、怪物王女に続いてやらかしました(笑)

 司:では、後3話となりましたが見所を水野さんから。
 水:後3話、やばい、言えないんですよね。沙織は本筋とは全く関係ないような事をしてました。
  だから、視聴者の気持ちで犯人は誰だ、とか考えたりしてました。
 朴:もうやってるんですが、歩は、髪の毛を切られたシーンが、やばかった。どこもかしこも
  見所なんですが、最終回の紫音に大注目。「ちっ」という息に注目して欲しい。想像つきますか、
  つきませんよねぇ…。

意地悪だ…。性格がにじみ出ている…、のか(笑)

 川:言っちゃいけないことを一杯言いそうなんですが、まあ、衝撃のラストです。私たちの間では
  もし、誰それが犯人だったらって、昼メロのような切り口でいろんな事を考えて、みんなで楽しんで
  ました。最後の最後まで楽しんでもらいたいです。
 朴:犯人は幸子かもしれません。
 川:怖いですね
 朴:我々の中では、絶対な感じだったんですが…、まだわかりませんよ?

それはないですから…。幸子や國府田さんに恨みでもあるのかしらん(笑)

3)質問コーナー

 イベント前に集めたアンケートを元に、皆さんに質問するコーナー。実際には質問をそのまま読む
のではなく、その内容を元に司会者さんがキャストの皆さんに聞く形。トーク後半と言う雰囲気も。

質問1:(川澄さんへ)喋らない役で苦労したところは?

 川:モノローグがすべてって言うんですか。しおんの場合、言葉が喋れないので、モノローグが
  100%真実っていうか、心の声がすべてって事を頭に置かないといけないと思ってやりました。
  普通は、モノローグの発音はウィスパーっぽくやったりするんですけど、そういうのはなしに。
  何回か声を出すシーンがあって、「しばらく声帯を使っていない人は綺麗な声はでないんじゃないか」
  って監督に相談したんですが、「そこはアニメだから」ということで。最初はしゃがれた声とか
  色々考えてはいたんですが…。

まあ、せっかくあやち~を使う訳ですし。ファンとしては少ない出番ぐらいちゃんと喋って欲しい訳です。

質問2:(全員へ)話が進むうちに気になったこと

構成作家の山田さんからの質問だったかな…(メモしてない)

 川:ホントに犯人は最後までお教えてもらえなかった。
 朴:毎週毎週問いつめたのに…。
 川:お酒を飲ませれば、吐くんじゃないかな~って思ったんですが、なんかミスリードされちゃった。
 朴:かわし方がうまかった。飲み会とかで飲ませて、私は帰らなきゃいけなくなったので、「川澄、
  後は任せた」とかいって帰ったんですが…。
 川:まかされて一生懸命飲ませたんだけど、結局ダメで、「朴さん、ダメでした」って…。
 朴:「わかった、了解。来週頑張ろう」って感じで…。

軽く言ってますけど、お酒飲ましてだまそうだなんて、どれだけ悪女なんですかぁ(笑)
まあ、あやち~や朴さんのお酒は断れないよなぁ…。

 司:犯人わかっていると演技にも違いが出るんですかね?
 川:違うと思う。実は(シリーズ構成の)山田さんが口を割りそうだったんですよね。監督は
 「うん、どうだろうね」ってほほえんでいるばかりだったんですが。

笑顔の下に隠れているのは何なんでしょうね。

 川:あと、松川君がかわいそうだった。
 朴:最初は怪しげに言われててね…、あっ、えーと、今の私がミスリード…。
 川:さっきの私のも、ミスリードなんです。

都合が悪いことはみんなミスリードって事でいいです(笑)

4)「しおんの王」の王は誰だクイズ

 司:しおんの王についてのクイズを出しますので、皆さんに競ってもらおうということで。

ここでスケッチブックが回されるが、なぜか自分のを取らずに水野さんに回してしまう朴さん。

 司:まあ、皆さんに取っては簡単な問題ですから。
 朴:ほんとですか、振りじゃないですか?
 司:ちなみに商品を用意しました。
 川:ほんとですか、なになに?

商品が出ると聞くやいなや、目に見えて「やる気~」が出てくる人が約1名(笑)

 司:新宿で大人気の「クリスピードーナッツ」を1ケース用意しました。
 川:すごーい。
 朴:すごーい。並んだ?
 司:並びました。オリジナルの詰め合わせだと時間がかかるんですよね。1回だけ差し入れしたことが
 あったんですが、そのときに川澄さんが嬉しそうに膝の上にケースを抱えていたのが印象的で…。
 川:みんなのとこに持っていく前に、どれを取ろうかな~ってずっと考えてました。
 朴:ずるいな~。

やっぱり、一番最初に好きなの選んだんだろうなぁ(笑)

第1問:紫音の兄弟子の名前をフルネームで。
 川:フルネームありましたっけ?
 朴:ありませんよ…。
 司:ちなみに、上の名前は久谷です。
 水:あ、まちがえました。あ、どうしよ~、どうしよ~、もう1枚使っていいですか。
 司:どうぞ。
 川:わたし、松川さんの下の名前もわかりません…。

お約束の混乱ぶり、ありがとうございます(笑)

回答:
  水野:久谷徹
   朴:久谷ドMマツカワ
  川澄:久谷こうじ

 朴:(久谷ドMマツカワ)やっぱこれでしょう!

わからないので、うけポイント狙いに行ったようです。

 朴:(久谷コウジ)だれ、それ?
 川:なんかこういうかんじだったかな~って…。

「感じ」とか言ってる時点でダメダメだなぁ。正解は水野さん。1ポイントゲット。

第2問:羽仁兄弟のそれぞれのフルネームは?
 朴:わかんない~。羽仁兄しかしらない。
 川:そっちはわかるんだけど、なんでもう一人はわからないんだろ、あれ…。
 朴:しょうもないことしか書けない…。
 川:あれ~。

知っているはずのことが出てこないのは結構悔しいものです(笑)

答え:
  水野:まこと & さとる
   朴:さとる & 音響監督
  川澄:名人  & さとる

正解はまたもや水野さん。

第3問:自分のキャラクターの最初のセリフは?
 司:次が最後ですが、最後は3ポイントということでよろしいですね。
 水:頑張ったのに…。
 司:ナレーションは除きます。後、「吐息」とか「息」も無しです。
 川:私は、モノローグってこと?
 司:そうです。

言われなきゃ絶対「吐息」とか書きそうだ(笑)

回答■朴:(息)、そこ、どいてくださる?

 朴:ドーナツはもらったと思います。

回答■水野:紫音ちゃん、あなたか紫音ちゃん、いや~ん。

 水:ちょっと長めですけど…。

回答■川澄:お、おとうさん…。

 朴:言ってましたっけ?
 川:心の中で言ってました!
 朴:そんなの、なんだってありじゃん…。

朴さんが珍しく自信満々ですが…。正解は以下の通り。

答え:
  川澄:何でだろう、その気持ち…。
   朴:すいません、そこ、いいですか?
  水野:紫音ちゃん、あなたが紫音ちゃん?

 水:これ、近いですよね。
 朴:やった~、正解!
 川:あたし、近いですよね?
 朴:どこが…。

川澄さんはさておき、朴さんと水野さんで近い方を客席に拍手してもらうことに。
拍手の多かった水野さんがクイズ王ということでドーナッツをゲットしましたが…。

 朴:わかってるわよね!
 水:わかってます…。

朴さん、冗談でもそういうこと言うから…。冗談で無かったみたいだけど(笑)
まあ、12個を一人では食べれないでしょうけど…。

5)プレゼント大会。

入場整理券は回収済みってことで、じゃんけん大会の勝者がサイン入り台本をゲット。
さすがに全部の再現は無理なので、面白かった発言だけ。

 朴:最初はチョキを出します

 川:私は普通に…

 し:では、続いて朴さん
 客:やりづれ~
 朴:ちょっと、なんですって? ホントにごめんなさい。パーを出します!

結果、4人にサイン入り台本がプレゼントされました。

6)最後の挨拶

 司:では、時間もおしてきたので挨拶を。水野さんから。
 水:TV放映も佳境を迎えて、放映が終わった後もDVDで見直して頂ければ、怪しかったところ
  とか、「ああそうなんだ」って言う感じで楽しんで頂けると思います。最後までしおんの王を
  楽しんでください。

いかにも優等生なコメントです。初々しいな。

 朴:放送にかんしては彼女の言うとおりなんですが、将棋で戦うシーンの他にもサスペンスとか
  あって、作家さんも頑張っている思いを感じられる作品でした。是非ともお手元に置いて見て
  欲しいと思います。

朴さんにしては大人しいコメントに聞こえます(笑)

 川:ここからの3話はものすごい展開で、すべての答えがわかります。是非とも見逃さないで欲しいです。
 犯人は幸子かもしれないし、実は全部紫音の夢かもしれません。
 朴:夢オチかい!
 川:それを確かめる上でも是非見てください。

いかにもあやち~さん的なコメントです(笑)

7)感想。

 退出時にポスターもらいました。感想としては、あやち~は相変わらずだけど、朴さんってすごいな~、
 噂には聞いてたけど噂以上だな~ってことで。初めてだったけどインパクトありました。よかったです。
 水野さん、この二人に囲まれて萎縮するのはしょうがないよね~(笑)

  イベント後は、とりあえず虎ノ門駅前まで戻ってエクセルシオールで情報整理…をしたかったのですが、
 抽選まで30分ってことで、ほとんど作業が出来ませんでした。同会場の2回回しとはいえ、もう少し時間に
 余裕を取ってもらわないと困ります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[レポート予告] しおんの王DVD第1巻発売記念イベント #1 #2

完成したレポートはこちらから
  1回目
  2回目

 いってきたっす。しかし、誕生日にこんなイベントを見せてもらえるなんて、最高の幸せ者だな~と思う訳で。仕事ももらってきたけど、それもまたよし(笑)
 キーワードとしては「ミスリード」「常識人」「巨乳キャラOK」「ふりだよね」「わかってるわよね!」「やる気出た!」ぐらいでしょうか。詳細は144時間以内にはまとめたいのですが、アップできるかはわかりません…(笑)

# 2巻も買わされたのに1巻発売記念とはこれいかに。どうせ買うからいいんだけど(笑)

 2ちゃんに書くなっていわれたけど、ブログならいいよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

03月02日のココロ日記(BlogPet)

三昧や、ああアニメや優勝や。詠み人知らず。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/01

[TV] 機動戦士ガンダムOO #21

第21話 「滅びの道」

コメント
  日々不幸になっていく沙慈君はちょっと可哀想だなぁ…。上司が仕事中の人間にお酒渡すなよ…、
 スメラギさん。夢の中のマリナさんはよく喋るなぁ…。ってガンダム19機がいきなり襲って来ます
 か…。ヴェーダからのバックアップがって、そういう風に動いてたんだ~。ロックオン、格好いいけど
 怪我しちゃねぇ…。新型来たけどデュナメス大破にパイロット負傷、戦力的に大幅アップとは行かない
 ようで。

次回
  人は自分の目的のためにどこまで非情になれるんでしょうね

| | コメント (0) | トラックバック (9)

[TV] 灼眼のシャナII #20

第20話「茜色の死闘」

コメント
  しかし次から次へと災難の耐えない街ですなぁ。包帯に巻かれる悠二がバカっぽいですが、それに
 しても今度の敵は強いぞ、さすがカルメルさんの宿命のライバル、サブラク。スティグマをあびた
 カルメルさん、マージョリーさん、シャナちゃん…。包帯に巻かれながら漂う悠二が感じた気配は
 なに、というAパート。吉田さん、変な事考えちゃダメだよ…。

  シャナちゃん重傷で動けません。カルメルさん奮闘するけど、どう考えても悠二が邪魔だよな…。
 しかし、ビルに挟んで爆破してもピンピンしてるとは…、カルメルさんじゃないけどありえないな。
 背中の怪我はどんどん大きくなっていくし、カルメルさん大ピンチ、ってとこで続いちゃいますか、
 なBパート。

次回予告
  ようやくシャナが復帰…、するのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »