« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/29

[QMA5] 今日の成績(金曜日なのでダブルヘッダー)

  時間が早いせいか、1回戦を突破できてよかったです(笑)

Round 7 ミノタウロス組
  11位  3位  5位  見習魔導士3級

Round 8 ミノタウロス組
   1位 13位  4位  初級魔導士10級

所有マジカ:  365
獲得魔法石:  209 ( 19286位)
 連続正解:   19 ( 23269位)
 優勝回数:    2 (  1035位)
 平均順位: 6.50

     平均: 65.05
 ノンジャンル: 60.01
アニメ&ゲーム: 68.21
   スポーツ: 66.67
     芸能: 61.11
     雑学: 80.00
     学問: 70.83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] CLANNAD #19

第19話 「新しい生活」

コメント
  学校でお祝いでお弁当ってありなのかなぁ…。夏休み前に学園祭って変じゃないかなぁ…と思わない
 でもなく。演劇部復活。渚ちゃん、なんか強くなったなぁ。いやいや、カギ開けっ放しで出て行くのは
 まずいでしょう。渚ちゃん、いきなり朋也君をおうちに誘ってますけど…。お父さん、面白すぎだな~。
 家族がないと挨拶もないんだね、というAパート。頑張る渚ちゃんがグッドです。

  春原、面白いって言うかバカだろう。でも、杏と智代の最悪コンビって…。早苗さん、服装が若い
 です。元々センセだったんだね。渚ちゃんは確かに心配性だけど、謝りたいことは確かにあるんだろう
 なぁ…。ネコ蹴るなよ…、春原というBパート。最後に謎の女の子。あら、TVレポーターにみのる君
 ですか…。

次回
  秘められた過去を露わにしてもいいことってないんだろうけどね…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/28

[QMA5] 今日の成績(昇格は想定外です‥)

  昇格条件は「過去3回の平均が4位以上」なんだそうで。3位だと思ってた。区切りが悪いので、検定試験を試しておしまい。

Round 6 ガーゴイル組
  5位   見習魔導士7級

所有マジカ:  260
獲得魔法石:  118 ( 26092位)
 連続正解:   18 ( 21839位)
 優勝回数:    1 (  1154位)
 平均順位:    -

     平均: 66.26
 ノンジャンル: 58.97
アニメ&ゲーム: 74.36
   スポーツ: 77.78
     芸能: 47.62
     雑学: 87.50
     学問: 72.22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中下車の旅 ~相鉄編~

-----|----|--|--|---|--|---|
       書店   TSU B-OFF 古本  GAME 温泉  
-----|----|--|--|---|--|---|
   横浜 大(22:00)       遠   ◎  ○   
-----|----|--|--|---|--|---|
  平沼橋 ?                    
  西横浜                      
  天王町 小(22:00)       遠   遠     
   星川                      
-----|----|--|--|---|--|---|
  和田町      ○     やや遠       
  上星川            ?      ○2分 
   西谷 ?          ?   ?     
  鶴ヶ峰 中(25:00) ○  遠   ?      遠  
  二俣川 小(21:00)       ?   ?     
-----|----|--|--|---|--|---|
 希望ケ丘 ?          ?   ?     
  三ツ境 小(21:00) ※      ?   ◎     
   瀬谷 中(21:00) △  遠   ?   ?  △15分
   大和 中(20:00) ※  遠   ○   ◎     
-----|----|--|--|---|--|---|
 相模大塚 ?          ?   ?     
 さがみ野 ?    ※     ?   ?     
 かしわ台                   ○5分
  海老名 中( : )   ○   ?   ○     
-----|----|--|--|---|--|---|

◎グッドな店あり ○あり △あるけどいまいち 遠あるけど遠い ?不明

天王町
  駅前には本屋とマックと牛丼屋くらいしかないが、大通り沿いに飲み屋、食堂が多く並ぶ。
  10分ほど歩くと天王町商店街やSATY、安売りで有名な松原商店街がある。

星川
  駅前にマック、パン屋、ラーメン屋、駅近くにマルエツとホームセンター、あと区役所があるが、
  それ以外は住宅しかない。10分ほど歩いて16号まで出ればラーメン屋等あり。

鶴ヶ峰
  下町。食堂、Fフードが多い。ブックオフは駅からかなり遠そう(未確認)、ヨーカドーは
  やや駅から遠い。TSUTAYA(本屋併設)以外は見るべきものなしか…。

三ツ境
  ダイエーとローゼンがあるので生活には困らない。そこそこな規模のゲーセンが駅前に2件、
  クリエイト薬局がある。ただし大きな書店、古本屋が無い。商店街はいまいち活気に欠けるか。

瀬谷
  駅前にマルエツ、本屋、TSUTAYA、Fフード等が並んでいる。逆に駅から外れると家しかない。
  徒歩15分の「湯楽の里」はやや狭い上に温泉ではないので注意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/27

[QMA5] 今日の成績(終電との戦い)

2プレイしか出来ないのは負けた気がします。しかし、アニメで7割って二度と出ないだろうな~(笑

Round 5 ガーゴイル組
  2位 → 4位  見習魔導士9級

所有マジカ: 230
獲得魔法石:  93 ( 31458位)
 連続正解:   18 ( 20974位)
 優勝回数:    1 (  1101位)
 平均順位: 6.73

     平均: 67.54
 ノンジャンル: 62.04
アニメ&ゲーム: 72.02
   スポーツ: 77.78
     芸能: 50.00
     雑学: 85.71
     学問: 72.22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[UCI 08] 今年ももめてます…

[CYCLINGTIME] 泥沼化するパリ~ニース主催者ASOとUCIの対立
  パリ~ニースに関して、再びASO(レース主催者)とUCI(国際自転車競技連盟)が真っ向に対立している。ナショナルイベントとしてレース開催を目指す主催者に対し、UCIはレースをカレンダーから外すとともに、チームにレース出場をボイコットするよう求めた。この決定に対してUCIはすぐさまプレスリリースを出して反発する。今回ASOがとった行動を「全くの非合法」であるとし、「ASOが現在の態度を変えない場合、今年のパリ~ニースはUCIの統制から外れる。これは深刻な結果を招く恐れがある」と警告を発した。加えてUCIは、出場予定チームに対し、レース出場を取り止めるよう求めた。

  フランスといえば、ルマンとWSCの騒動を思い出します。やっぱりフランス人って何かがダメなんだろうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] やわらか三国志 突き刺せ!! 呂布子ちゃん 3巻

[公式サイト] ストーリー

はぷにんぐ5
  飲み屋で語り合う関羽と曹操、すっかりこの世の中になじんだ様子。夏侯惇の雑誌に人魚の懸賞金の記事が。
 今回の高順はピンクのライオンですが、呂布子ちゃんどうして寝ぼけて「あしたのジョー」になってますが…。
 陳宮さん不憫過ぎ。そして関羽と対峙する呂布子ちゃんですが、いきなり抱きつかれて大ピンチ。

次回予告
  次回を、まだ続くのか (by 呂布子ちゃん)

はぷにんぐ5の2
  いきなりクラスメートのレナを捕獲とか言い切る呂布子ちゃん怖いです。さすがに高価なカメラは曹操と言えども
 壊すことが出来ないようで。困る関羽の前に現れるレナちゃん。いや、潤いがほしいからと言って呂布子ちゃんの
 ふんどしじゃ萌えないでしょう。カニを撃退した関羽にモモ缶を投げつけるレナちゃん。光を求めて進む呂布子ちゃん
 は、アスミの風呂に出現してノルマ完了。いや、「お月様」とか言ってないで、もう少しストーリーを完結させま
 しょうよ…(笑)

はぷにんぐ6
  松岡先生、学校帰りに温泉に入って、いつの間にか背丈が縮んでるし、呂布子ちゃんがバカでかくなったり、
 レナちゃんが人魚だったり…。って呂布子ちゃんがマンガを描いてたってオチですか…。

次回予告
  呂布子ちゃん、私で遊ばないでね…。(by 松岡先生)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/26

[QMA5] 今日の成績(雨中の決戦は惨敗な~のだ)

特にミスとかはないんだけどなぁ…、芸能はわかりません。

Round 3 ガーゴイル組
  1位 →  4位 → 11位  修練生1級

所有マジカ: 202
獲得魔法石:  80

     平均: 64.44
 ノンジャンル: 61.90
アニメ&ゲーム: 66.67
   スポーツ: 71.43
     芸能: 40.00
     雑学: 83.33
     学問: 66.67

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Xprize] 月面探索競争、10チームエントリー

こういうのに日本の名前が出てこないのは納得できるけど残念だなぁ…。ホンダとか無理なのかな~(笑)

[Xprize] The X PRIZE Foundation Announces Official Contenders in Private Moon Race
[ITpro] Google共同開催のロボット宇宙探コンテスト,10チームが出場登録

●競技内容
  ・民間出資によって開発したロボット探査機であること
  ・月面に軟着陸すること
  ・詳細な探査データを地球に送信すること
     月表面の高解像度360度パノラマ写真
     月表面から撮った着陸船の写真
     着陸船の月表面の道程の(ほぼ)ライブビデオ
     HDビデオ
     着陸までのデータを第1段階のデータとして送信すること
     月面の道程のデータを発進の直前にセットで送信すること(月面からの初メール)

●賞金 
  ・総額  $30 million (USD) 
  ・1位  $20 million (USD) 2012/12/31までの達成で全額、2014/12/31までの達成で半額
  ・2位   $5 million (USD) 2014/12/31までの達成で全額
  ・特別賞  $5 million (USD) 以下のような要件を満たした場合
                    ・5k以上の長距離走行
                    ・人工物の撮影(アポロ宇宙船など)
                    ・1夜(約14.5日)を通してシステムが生き残ること

●出場チーム(エントリー順)

Odyssey Moon [GBR]    
  責任者:Dr. Robert Richards.
   体制:英国マン島の民間企業

Astrobotic [USA]
    責任者:Dr. William “Red” Whittaker    
   体制:Carnegie Mellon University(USA)と Raytheon Company(USA) の協力

Team Italia [ITA]    
  責任者:Prof. Amalia Ercoli-Finzi,
   体制:イタリアの大学の共同チーム
  collaboration between several universities.

Micro Space [USA]   
  責任者:Richard Speck
   体制:Micro-Space, Inc.(コロラド州)

Southern California Selene Group(SCSG) [USA]         
  責任者:Harold Rosen
   体制:カリフォルニア近辺の企業グループ?

FredNet [???]
  責任者:Fred J. Bourgeois III、
     体制:オープンソース開発者、技術者、科学者の国際的グループ

Aeronautics and Cosmonautics Romanian Association(ARCA) [ROU]
  責任者:Dumitru Popescu  
   体制:ルーマニアの航空宇宙関連プロジェクト助成団体

Lunatrex [USA]
  責任者:Pete Bitar
     体制:合衆国の企業および大学の共同チーム

Quantum3 [USA]    
  責任者:Paul Carliner,
   体制:合衆国をベースとするチーム

Chandah [USA?]   
  責任者:Adil Jafry
   体制:不明(個人?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/25

[QMA5] 今日の成績

ようやく始めました。1日数プレイですが、ふんわりのんびりマイペースでやってみたいと思います。

Round 1 入学: ガーゴイル組(多分)
  2位 →  8位 → 3位  修練生6級、ミノタウロス組へ昇格

Round 2 ミノタウロス組
  8位 →16位16位  修練生4級、ガーゴイル組へ降格  

所有マジカ: 160
獲得魔法石:  48

     平均: 65.74
 ノンジャンル: 57.41
アニメ&ゲーム: 66.67
   スポーツ: 83.33
     芸能: 66.67
     雑学: 88.89
     学問: 66.67

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[マナケミア2] ウルリカ・ミューベリってこんな人!?

(C)GUST CO.,LTD. 2008

●公式サイト

Logo




●ウルリカ・ミューベリ名場面集(迷場面?)

全体ショット

 

Ulrika

    戦う女の子です!。でも持つのは剣じゃないのね(笑)。

必殺技!?

  Mana2_009     Mana2_010   必殺技だってあります。とりあえず魔法系なのか!?

勝利のポーズ!?

  Mana2_007_2 勝利の雄叫び?。ウルリカさんに正義は勝つって言われたら、納得するしかないよね(笑)

戦士の休息

  Ulrika_image    勉強は苦手なんだろうな~、かつネコ好きって、頭の上のはネコじゃないと思うが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[マナケミア2] ウルリカのアトリエ:キャラ紹介

当サイトはウルリカのアトリエを応援します、なのです(笑)

●ストーリー
  幼き頃の出会いは世界の必然、マナの卵を手にした少女が、マナを復活させる使命を果たすために
 今、アルビレス学園に入学する。寡黙な部下や謎のマスコットを従え、マナの復活に挑む少女の運命は!?

ウルリカ・ミューベリ(Ulrika Myberg)
   C V:川澄綾子
   誕生日:9月23日(天秤座)
   年 齢:15歳
   血液型:ちょっと怒りっぽいB型
   身 長:156cm
   体 重: 48kg
 好きなもの:かわいいもの
 嫌いなもの:高飛車女と嫌味男
 キャラ設定:
   主人公の一人。基本的に、明るく前向きな少女。頭で考えるより、身体が先に動くタイプ。

 台詞の例 [サンプルボイス]
   1「え、そうよ。きれいでしょ。しかもね、ただ綺麗なだけじゃなく、これがなんと…」
   2「なんで私があやまんなきゃいけないのよ、あんたが勝手に転んだだけじゃない!」
   3「本物の金持ちって感じね。よし、決めた。アイツは今から私たちの敵よ!」
   0「せっかくのお祭りなんだから、楽しまないともったいないよ?」

# いや~、妄想度120%ってかんじでよいですね~(笑)

●キャスト
 ウルリカ・ミューベリ     川澄綾子
 ロゼリュクス・マイツェン   小野大輔

●お詫び
  初稿では「ミューベリのアトリエ」としてましたが、今までの慣習に則ると名前を使うのが正しいような気がしてきました。ということで「ウルリカのアトリエ」に修正させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[マナケミア2] ブログパーツ貼りました

当ブログは「ミューベリのアトリエ」の応援サイトです。
ということで応援活動の第1弾として、ブログパーツを張りました。音がなりますが、なにとぞご容赦のほどを、ブログパーツ真ん中の音声ボタンで消せますので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[NEWS] マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~

[NEWS] マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~

   タイトル:マナケミア2~おちた学園と錬金術士たち~
   ジャンル:錬金術RPG
   対応機種:Playstation 2
  プレイ人数:一人
  発 売 日:2008年05月29日発売予定
   販売価格:通常版7140円、限定版10290円

限定版はウルリカさんのボイス・クロックでお願いします(笑)
あと、プレステ2対応で本当によかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/24

02月24日のココロ日記(BlogPet)

遅い前半を抱き枕にしたら気持ちいいですかねぇ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/23

[TV] 機動戦士ガンダムOO #20

第20話 「変革の刃」

コメント
  未来だけに再生も出来るだろうって意見多数だけど、細胞障害ねぇ…。ガンダムのせいで軍事同盟
 ってのもいいんだか悪いんだか。これで第1段階クリアね。ガンダム30機のプレゼントって…、
 それ以上に、上官にバラの花ってバカが一人。絹江さんも大胆だなぁ、っていうか、なんで傭兵さんは
 ペラペラいろんな事を喋るかなぁ…ってそういうことですか…。綾ちゃんお疲れ~って、そんな雰囲気
 じゃないよな。王さん登場、あらあらこの人も一筋縄ではいかないなぁ。でも美人に嫉妬するネーナさん
 が可愛いけど…。しかし、月にある大型コンピューターですか…、独立戦争でもするのかしらん(笑)
 でも、顔がないモビルスーツはガンダムじゃないと思います。

次回
  純粋に相手の方が数多いからなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 今週の放映試合

CL始まると、結構サッカー三昧の日々ですなぁ(笑)

      バーミンガム vs アーセナル     02/23(Sat)  21:39 Ch.308 LIVE

        フルアム vs ウェストハム    02/23(Sat)  23:54 Ch.307 LIVE
       リバプール vs ミドルズブラ    02/23(Sat)  23:55 Ch.181 LIVE
     ニューカッスル vs マンチェスターU  02/23(Sat)  26:09 Ch.307 LIVE

       セビージャ vs サラゴサ      02/23(Sat)  29:55 WOWOW  LIVE
         ローマ vs フィオレンティーナ 02/24(Sun)  22:50 Ch.180 LIVE
        カリアリ vs ラツィオ      02/24(Sun)  22:50 Ch.185 LIVE
      セントミレン vs セルティック    02/24(Sun)  22:55 Ch.181 LIVE
       バルセロナ vs レバンテ      02/24(Sun)  26:55 WOWOW  LIVE
         ミラン vs パレルモ      02/24(Sun)  28:20 Ch.186 LIVE
       Rマドリー vs ヘタフェ      02/24(Sun)  28:58 WOWOW  LIVE

       バレンシア vs レクレアティーボ  02/25(Mon)  25:40 WOWOW 
 マンチェスター・シティ vs エバートン     02/26(Tue)  04:54 Ch.307 LIVE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[NEWS] 『クイズマジックアカデミー』アニメ化

[まんたん] クイズマジックアカデミー:アニメ化決定 アーケードの人気ゲームを映像化
「クイジマジックアカデミー」がオリジナルビデオアニメ化されることが明らかになった。20日から稼働している「5」のキャラクターデザインで、ギャグ中心のストーリーになるという。

 いや、まあ、ついて行きますけど…。キャストを変えたりしないでくださいよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 灼眼のシャナII #19

第19話「言えなかったこと」

コメント
  今度の徒は微妙にバカっぽいな…、という一方で、シャナはお母さんの看病をしていたりする訳で。
 怒鳴ってるところに、田中とおがっちゃんはデートですが、そんなにうまく通りかかるかな。葛藤
 しつつも、マージョリーさんに会いに行く田中。偉いぞ…。

  剣を持つ悠二ってイメージ違うよね。マージョリーさん、わかってるよね~、田中を送り出して
 くれるなんて。カルメルさんのご飯は…ダメだと思うが。バンデラーって、なんかウニョウニョして
 趣味悪いなぁ…。お~、なんか悠二強いぞ。シャナ、格好いいんだけどパンツ見えてるぞ…という
 Bパート。せっかく敵を倒したのに、終わってない雰囲気のまま次回に続く…、あれ、吉田さん
 出てなかったなぁ。

次回予告
  戦いはまだまだ続く、というかここからが本番。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/22

[DVD] らき☆すた #09

第17話 「お天道様のもと」

コメント
  かがみさんはいい人ですよ、ちょっときついけど。みんな、こなたちゃんにプレゼントって優しい
 なぁ。ゲームやマンガは子供のものって訳ではないよな~、なんか「24 hours」やってるしやってるし。
 サプライズってのはえてしてうまくいかないもんです。そうですか、第1希望「団長」すっか。あえて
 どこのとは聞くまい…。ポケモン名前全部言えるんだ、それはすごいな。コンプティーク読んでますが、
 今更驚く事でもないな。いきなりたこわさですか、つかさちゃん。若草物語はいいとして、キャッツアイ
 ですか、まあ、いろいろあっても姉妹は仲良しってことで…、しかし4人もいるとうるさいだろうな…。

ラッキーチャンネル
  アニメ店長がゲストだそうですが…、それいいのか。

エンディング もってけ!セーラーふく(曖昧サンシャインver.)
  編集はおもしろいと思います。

第18話 「十人十色」

コメント
  ウエハースの食玩って…取り出して袋保存ですか、しけそうだな~。うさぎなかがみ様は好きです。
 「ふもっふ」とか、みゆきさんに言わせてますが…。「萌えってなに?」って確かに聞かれても困る
 言葉ではあるけど、というか誰か教えてください。そんなことより、どうしていきなり先生とこなたんは
 スパロボを初めてるんですか…。携帯は…2年では足りないぐらい使ってるなぁ、こなたんと同類か…。
 岩崎さん…が受けじゃなかったのかなぁ…とか思わないでもなく。乙女ロードは、乙女ロードになって
 からは行ったことはないです(笑) 

ラッキーチャンネル
  本番中に携帯は切りましょうとあきら様ではなくても言いたくなるよね

エンディング かおりんのテーマ
  歌と絵のアンマッチは面白いですが…。

特典映像 白石みのるの冒険 エピソード08
  クイズして電流流されたりわさびたっぷりな食事を食べさせられたり、全身タイツ着せられたり
 大変だね~。ホテルのロビーでもやるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/21

[リーズのアトリエ] 修正版到着

2/11に発送したら、今日届きました。なんとなく赤リーズと白リーズを並べてみたり(笑) プレイは……、まだしてません。送って10日で到着とは、結構早かったな。

20080220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/20

[CL07/08] B16#L1:フェネルバフチェ v セビージャ

両チームとも、もう少し守備をちゃんとしないと…

●スタジアム
  シュクリュ・サラチョール  イスタンブール
  気温: 4度  湿度:76%  ピッチ:乾燥  天候:快晴

●試合結果
  フェネルバフチェ 3 - 2 セビージャ

●主審
  フロリアン・マイアー (GER)

●ラインアップ

 フェネルバフチェ
            09 ケジュマン

         20 アレックス(C) 99 デイビッド

      25 ボラル  15 アウレリオ  21 シャーヒン

  03 Rカルロス 02 ルガーノ*Y  36 エドゥ   77 ギョニュル*Y

            01 デミレル
  サブ:
    22 クルビルゲ  05 チャクマク  06 ベデルソン  08 カズム
    19 トゥラジュ  23 シェンテュルク  33 マルドナド
  監督:
    ジーコ

 セビージャ
           12 カヌーテ  10 ファビアーノ

  05 ドゥダ     08 ポウルセン 21 ケイタ    07 Jナバス

  06 アドリアーノ  03 ドラゴ   14 エスキュデ  04 Dアウベス(C)

              01 パロップ
  サブ:
    13 デ・サンクティス  11 レナト  15 モスケラ  17 ディエゴ・カペル
    22 アルナ・コネ    25 マレスカ 28 ファシオ
  監督:
    マヌエル・ヒメネス

●前半:試合展開
 00 ---    :ピッチが荒れてるように見えるなぁ…
 01 FEN    :Rカルロス左フィード                  GKキャッチ
 02 SEV    :Jナバス右クロス                    GKキャッチ
 04 SEV    :ドゥダ左クロス                     DFクリア(CK)
 05 SEV SOG:左CK:ドゥダ→カヌーテ中BS            ☆GKセーブ
 07 SEV SOG:ケイタ中ミドルS                    GKキャッチ
 08 FEN    :ギョハン右クロス                    DFクリア
 12 FEN    :ウール左ドリブル                    DFクリア(CK)
 12 FEN SOG:アレックス左クロス→ケジュマン右S          ※GKセーブ
 16 SEV    :Jナバス右クロス→カヌーテ中              S出来ず
 17 FEN SOG:ウール左クロス→ケジュマン中HS         GOAL★FEN 1-0 SEV
 20 SEV S  :ドゥダ左クロス→ファビアーノ中ミドルS         枠上
 23 SEV    :ファビアーノ、カヌーテ1,2              GKキャッチ
 23 SEV    :Jナバス右クロス→DFR→O-GOAL      GOAL★FEN 1-1 SEV
 26 FEN ▲YC:ウール、Dアウベスにスライディング        CARD▲ウール
 29 FEN    :ケジュマン右クロス→Rカルロス             オフサイド
 33 FEN    :ケジュマン右クロス→アレックス             あわず
 33 FEN SB :ギョハン右クロス→アウレリオ中S            DFブロック(CK)
 34 FEN SOG:ウール左クロス→アウレリオ右HS           ☆GKセーブ
 34 SEV    :C→1対3                       DFクリア(CK)
 35 SEV    :右CK:ドゥダ→エスキュデ               あわず
 36 SEV    :中スルーP→Jナバス右                 オフサイド
 40 SEV    :Dアウベス右クロス                   DFクリア(CK)
 41 SEV    :左CK:→中HS                    GKキャッチ
 44 FEN SOG:ウール左クロス→エドゥ中HS             ☆GKセーブ
 44 FEN S  :アレックス中S                    ※枠左
 45 SEV    :フィード→カヌーテ左クロス               DFクリア(CK)

●前半:コメント
  両チームともポゼッションとカウンターを適度に混ぜつつ相手のゴールを狙うまさに互角の展開。
 決定機ではホームのフェネルバフチェが上回ったが、セビージャもカウンターからドゥダやファビ
 アーノがチャンスを作り、シュート数では上回った。ただ、2回の決定機がありながらパロップに
 阻まれたフェネルバフチェにとってうまくない流れであるのは確かだろう。アウェイゴールを奪って
 ドローで推移していると言うことでセビージャのペースと言えるか。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   Fバフチェ   1   6   4   2   7  44   1   0   4
   セビージャ   1   7   3   6   6  56   0   0   2

●後半:試合展開
 47 FEN ▲YC:ケジュマン、ドゥダを倒す             CARD▲ケジュマン
 48 SEV    :左クロス                        GKキャッチ
 49 SEV SOG:ドゥダ中ミドルS                    GKキャッチ
 50 SEV SOG:カヌーテ中ミドルS                   GKキャッチ
 52 SEV    :ファビアーノ左クロス→Jナバス             GKキャッチ
 57 FEN SOG:左CK:アレックス→ルガノ中HS         GOAL★FEN 2-1 SEV
 60 FEN    :右FK:アレックス→                  DFクリア
 60 FEN    :ボラル左クロス→右返→中                DFクリア
 61 FEN SOG:ケジュマン中ミドルS                  GKキャッチ
 62 FEN    :Rカルロス左クロス→中                 ファール
 63 SEV 交代1:ドゥダ(OUT)、Dカペル(IN)(
 64 FEN ▲YC:Rカルロス、相手を挟む              CARD▲Rカルロス
 65 SEV    :右FK:→                      ※GKセーブ
 66 SEV SOG:左CK:カペル→ボウルセン中落→エスキュデ中S  GOAL★FEN 2-2 SEV
 66 FEN    :Rカルロス、エスキュデと接触→治療後復帰
 68 FEN 交代1:Rカルロス(OUT)、ベデルソン(IN)
 69 SEV ▲YC:パロップ、遅延行為                CARD▲パロップ
 76 SEV    :Jナバス右クロス                    あわず
 78 FEN 交代2:ウーゴ(OUT)、カジム(IN)
 79 FEN S  :中FK:ベデルソンS                  枠上
 83 SEV S  :ケイタ中ミドルS                    枠右
 84 FEN 交代3:ケジュマン(OUT)、セミッヒ(IN)
 86 FEN    :右クロス                        DFクリア
 87 SEV    :Dカペル左クロス                    DFクリア
 87 FEN SOG:C→アレックス中→セミッヒ右S→DFR      GOAL★FEN 3-2 SEV
 90 SEV    :左FK:アウベス                    GKキャッチ
 +1 FEN ▲YC:セルティク、Dアウベスを倒す           CARD▲セルティク
 +2 SEV SOG:ファビアーノ右S                   ※GKセーブ
 +2 SEV S  :Dアウベス左→カヌーテ中S               枠上
 +3 SEV ▲YC:アレックス、Dカペルを倒す            CARD▲アレックス

●後半:コメント
  さすがに三度目のリードを追い付くことはセビージャを持ってしても出来なかった。印象として
 セットプレイに対するDFに課題が残る。またSBにアドリアーノとDアウベスという攻撃的な
 選手を配していることもあり、サイドの守備力や、攻め上がったときの裏のスペースのケアと言う
 点で不安定なのはチームカラーではある。それにしてもクロスやセットプレイへの対応は、世界
 レベルからすると見劣りするのは否めず。さすがにホームでは勝利してベスト8に進出してくれる
 とは思うが、そこから先へ進出するには、今日の守備では問題がありすぎだろう。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   Fバフチェ   3  11   7   3  17  48   5   0   5
   セビージャ   2  13   7   7  19  52   1   0   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L1:セルティック v バルセロナ

セルティックごときに2失点しているようじゃ、優勝候補筆頭の名は返上だろうな(笑)

●スタジアム
  セルティック・パーク  グラスゴー
  気温: 7度  湿度:70%  ピッチ:湿気含む  気温:曇り

●試合結果
  セルティック 2 - 3 バルセロナ

●審判
  ピーター・フロジュフェルト (SWE)

●ラインアップ

 セルティック
          27 マクドナルド 10 フェネホール

  46 マクギーディ 19 ロブソン   11 ハートリー    25 中村

  03 ネイラー   44 マクマナス  05 コールドウェル  52 カディス

              01 ボルツ
  サブ:
    21 ブラウン  09 サマラス  12 ウィルソン  15 スノ  18 ドナーティ
    33 キレン   48 オデー
  監督:
    ゴードン・ストラカン

 バルセロナ
   10 ロニー     14 アンリ    19 メッシ*Y

         20 デコ    08 イニエスタ

            24 トゥーレ*Y

  22 アビダル  04 マルケス  03 ガビー  05 プジョル

            01 バルデス
  サブ:
    13 ピント     06 シャビ  07 グジョンセン  09 エトー  16 シウビーニョ
    17 ドスサントス  21 テュラム
  監督:
    フランク・ライカールト

●前半:試合展開
 02 BAR    :ロニー左クロス→メッシ右                トラップミス
 03 BAR    :ロニー→アビダル左クロス                DFクリア
 04 BAR    :アビダル左クロス                    DFクリア
 06 BAR    :ロニー左スルーP→アンリ                あわず
 06 CEL    :中村右→マクドナルド、エリア内で倒れる         ファール(マクドナルド)
 07 CEL    :マクギーディ左ドリブル、クロス             DFクリア
 09 CEL    :フェネホール左クロス                  DFクリア
 12 BAR    :ロニー左クロス                     あわず
 13 BAR SOG:アンリ右クロス→イニ中ミドルS            ☆GKセーブ
 14 CEL SOG:右CK:デコ→アンリ中TS              ☆DFクリア(CK)
 14 BAR SB :ロニー左S                       DFブロック(CK)
 15 BAR SB :アンリ中S                       DFブロック
 16 CEL SOG:ネイラー左クロス→フェネホール中HS       GOAL★CEL 1-0 BAR
 18 BAR SOG:メッシ、デコ、1-2S              GOAL★CEL 1-1 BAR

 20 CEL ▲YC:ロブソン、メッシに足裏タックル          CARD▲ロブソン
 22 BAR SB :デコ右ミドルS                     DFブロック(CK)
 23 BAR S  :中FK:ロニーS                    枠上
 30 BAR ▲YC:デコ、抗議?                   CARD▲デコ
 33 BAR SB :ロニー左ドリブルS                   DFブロック
 34 BAR S  :プジョル右クロス→メッシ左BS             枠上
 36 BAR S  :アビダル左クロス→アンリ中BS            ※枠上
 38 CEL SOG:マクギーディー左クロス→ロブソン中HS      GOAL★CEL 2-1 BAR
 43 BAR S  :ロニー左→メッシ右S                  枠上
 44 CEL S  :マクギーディ左ミドルS                 枠上
 45 CEL SB :メッシ右→イニ中S                   DFブロック
 +1 BAR    :メッシ中スルーP→ロニー                GKセーブ

●前半:コメント
  予想に反してセルティックが大健闘、2つしかなかった決定機をどちらも活かしてバルサをリード
 して前半を終了した。目立ったのは左サイドのマクギーディの突破。彼の左サイドのドリブルが
 2ゴールに結びついた。逆に右サイドの中村が攻撃に絡めず、セットプレイでの見せ場もなかった
 のが、日本人としては気になるところ。バルサの守備勢が全体的に高さに弱い事は確かなので、
 フェネホールやロブソンの高さを活かすクロスでの攻撃は続けるべきだろう。もちろん、これ以上の
 失点を許さないというのが大前提になるが。

  バルサは守備でドタバタした上に、攻撃でも持ち味を出せなく、ちぐはぐした感じで前半が終わって
 しまった感がある。1対1ではセルティックの選手を圧倒するものの、そこから単純なクロスをあげる
 だけで、調子の良いときのようなダイレクトの細かいパス回しなどが見られない。メッシのドリブルも
 1ゴールにこそ結びついたものの、それ以外は目立たず。ポゼッションで圧倒しているだけにこの結果は
 納得が行かないだろう。ただし、流れを変えられそうな選手がエトゥしかいないのが気になるところ。
 もっとも、最近のロニーの出来ではグジョンセンの方がいい気もするが。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  セルティック   2   3   2   1   8  38   1   0   0
   バルセロナ   1  11   3   5   5  62   1   0   1

●後半:試合展開
 46 CEL    :マクドナルド左ドリブル、クロス             DFブロック
 48 BAR    :プジョル右クロス                    ボールデッド
 51 BAR S  :メッシ中ミドルS                    枠左(CK)
 51 BAR S  :イニ中ミドルS                     枠上
 52 BAR SOG:カット→ロニー→アンリ左ドリブルS        GOAL★CEL 2-2 BAR
 55 BAR    :メッシ右ドリブル                    DFクリア
 55 CEL 交代1:フェネホール(OUT)、サマラス(IN)
 56 BAR S  :ロニー左ミドルS                    枠左
 59 BAR    :メッシ中スルーP→ロニー                DFカット
 61 CEL ▲YC:ハートリー、デコを倒す              CARD▲ハートリー
 61 CEL 交代2:カディス(OUT)、ウィルソン(IN)
 64 BAR S  :アビダル左→アンリ中S                ※枠左
 65 CEL 交代3:ハートリー(OUT)、ドナーティー(IN)
 66 BAR 交代1:デコ(OUT)、シャビ(IN)
 68 BAR S  :トゥレ中ミドルS                    枠右
 68 CEL SOG:ドナーティ中ミドルS                  GKセーブ
 72 BAR    :アンリ左クロス                     DFクリア(CK)
 72 BAR SOG:左CK:シャビ→マルケス中HS            ※GKキャッチ
 73 BAR 交代2:ロニー(OUT)、エトゥ(IN)
 75 BAR SOG:中FK:シャビ→ミリート中HS            ※GKキャッチ
 80 BAR SOG:エトゥ右クロス→こぼれ→メッシ中S        GOAL★CEL 2-3 BAR
 85 BAR    :エトゥ中スルーP→アンリ中              ※GKセーブ
 87 BAR SOG:プジョル右クロス→アンリ中S             ☆GKセーブ
 88 BAR    :エトゥ中→アンリ中S→G                オフサイド
 88 BAR 交代1:アンリ(OUT)、グジョンセン(IN)
 +3 CEL ▲YC:サマラス左エリア内で倒れる            CARD▲サマラス

●後半:コメント
  後半は時間が経つにつれてバルサが優勢に試合を進め、アンリとメッシのゴールで逆転し、結果と
 して順当勝ちとなった。ただし、先発メンバーの攻撃のリズムがちぐはぐなのは相変わらず。アンリは
 ベストの状況を取り戻しつつあり、メッシは個人技のさえを取り戻しつつあるが、ロニーは決定的な
 仕事をすることが出来なかった。後半、エトゥが入ってからの方が明らかにパス回しがスムーズだった。
 これだけ優勢に試合を進めながら1点差の勝利というのが、今のバルサの調子を表しているとも言える
 だろう。

  セルティックに関しては、せっかくの2ゴールを活かすことが出来なかったのが残念だろう。ただし
 一方的に攻められる展開ながらよく1点差に抑えたという見方も出来る。それでも、得意のホームで
 勝利できなかった時点でベスト8進出には奇跡が必要となった。残念ながら実力差がありすぎたと
 いう結論になるのだろう。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
  セルティック   2   4   3   1  17  37   3   0   1
   バルセロナ   3  24   9   8   9  63   1   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L1:リヨン v マンU

マンUの方が1枚上手な訳ですよ、やっぱり。ルーニーがダメでもテベスいるしね。

●スタジアム
  スタッド・ジェルラン  リヨン
  気温:11度  湿度:50%  ピッチ:乾燥  天候:曇り

●試合結果
  リヨン 1 - 1 マンU

●主審
  ルイス・メディーナ・カンタレホ (ESP)

●ラインアップ

 リヨン

   14 ゴブ*Y        10 ベンゼマ      02 クレルク

         06 シェルストローム   08 ジュニーニョ(C)*Y

              28 トゥララン

  11 グロッソ  32 ブームソング  29 スキラッチ  20 ルベイエール*Y

                01 クペ
  サブ:
    30 ベルクートル  03 クリス  05 ボドメル  09 フレジ  18 ベン・アルファ
    19 デルガド    23 ケイタ
  監督:
    アラン・ぺラン

 マンチェスターU
             10 ルーニー

  11 ギグス(C)                    07 ロナウド

    08 アンデルソン  04 ハーグリーブス  18 スコールズ

   03 エブラ  15 ビディッチ   05 リオ    06 ブラウン

            01 Vサール
  サブ:
    29 クシュチャク  09 サア  16 キャリック  17 ナニ  22 オシェイ
    24 フレッチャー  32 テベス
  監督:
    アレックス・ファーガソン

●前半:試合展開
 03 LYO    :グロッソ左クロス                    DFクリア
 03 MAU SB :ロナウド右ドリブルS                  DFブロック(CK)
 05 MAU    :ブラウン右クロス                    GKキャッチ
 06 LYO S  :クレルク右ミドルS                   枠右
 07 LYO SB :グロッソ左クロス→ゴブ中S              ※DFブロック
 07 LYO SOG:左CK:ジュニーニョ→ベンゼマ右S           GKキャッチ
 09 MAU S  :ルーニー中ミドルS                   枠左
 12 LYO    :右クロス                        DFクリア
 12 LYO S  :シェルストローム中ミドルS               枠左
 16 LYO    :左FK:ジュニーニョ→                 DFクリア(CK)
 20 LYO SOG:中FK:ジュニーニョS                 GKキャッチ
 22 LYO    :シェルストローム左クロス                DFクリア
 23 LYO    :クレルク右クロス→DFクリアミス           ※枠左(CK)
 24 LYO    :左CK:ジュニーニョ                  DFクリア(CK)
 25 MAU SOG:ギグス中→ルーニー中RS               ☆GKセーブ
 26 LYO S  :右クロス→ベンゼマ中S                ※枠上
 27 MAU SB :ギグス左S→スコールズ左S              ※DFブロック(CK)
 28 MAU    :左CK:ギグス                     DFクリア(CK)
 28 MAU    :左CK:ギグス                     DFクリア(CK)
 34 LYO ▲YC:レベイエール                   CARD▲レベイエール 次停
 34 MAU S  :ロナウド中ミドルS                   枠上
 36 LYO ▲YC:シェルストローム、ロナウドを倒す         CARD▲シェルストローム
 37 MAU    :ギグス中スルーP→スコールズ              あわず
 39 MAU ▲YC:ハーグリーブス、ゴブを倒す            CARD▲ハーグリーブス
 39 LYO ▲YC:ブームソング、抗議                CARD▲ブームソング

 40 LYO S  :左FK:ジュニーニョS                 枠上
 42 MAU SB :ロナウド左ミドルS                   DFブロック
 43 MAU    :ロナウド左ドリブル、エリア内で倒れる          笛無し(CK)
 44 MAU SOG:左FK:ロナウドS                  ☆GKセーブ(CK)
 45 MAU    :右CK:ギグス→ロナウド中HS             枠上

●前半:コメント
  序盤こそ優勢に立ったリヨンだが、時間が経つに連れユナイテッドが少しずつ攻めの形を作り始める。
 マンUはサイドや中盤でボールを持ったギグスから前線への決定的なパスを出すシーンが多く見られたが、
 スコールズやルーニーに合わず。ロナウドは流れの中では相手にうまくマークされて仕事を出来ず。
 比較的フリーでボールを持てているアンデルソンや、エブラ&ブラウンのサイドを使った攻撃がゴール
 への道となるか。ただし、アウェイということでこのまま無失点でも悪くはない結果だろう。

  一方のリヨンは序盤こそベンゼマやシェルストロームのドリブルで攻撃の形を作ったが、徐々に相手に
 押し込まれるようになった。ただし、ジュニーニョという飛び道具があるだけに、なんとか敵陣でファール
 をもらい、FKをゲットしたいところ。ただし、流れの中での攻撃はマンUにうまく押さえられている
 だけに、ベンアルファの投入などで流れを変えることが必要か。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     リヨン   0   8   2   4   6  50   3   0   0
     マンU   0  10   2   6   7  50   1   0   0

●後半:試合展開
 52 MAU    :ロナウド左スルーP→エブラ               あわず
 52 MAU SB :スコールズ右ミドルS                  DFブロック
 54 LYO SOG:ベンゼマ中ミドルS                GOAL★LYO 1-0 MAU
 62 MAU    :ロナウド右クロス                    GKセーブ(CK)
 65 MAU 交代1:スコールズ(OUT)、テベス(IN)
 65 MAU 交代2:ギグス(OUT)、ナニ(IN)

 66 LYO SOG:クレルク右S                      GKキャッチ
 67 MAU SB :テベス→ルーニー中S                  DFブロック
 68 LYO SOG:左FK:ジュニーニョS                ※枠右
 70 MAU    :ナニ右クロス→テベス中H→ルーニーS→G        オフサイド
 74 LYO 交代1:ジュニーニョ(OUT)、ボドメル(IN)
 78 MAU 交代3:キャリック(OUT)、ハーグリーブス(IN)

 78 LYO 交代2:クレルク(OUT)、ベンアルファ(IN)
 82 LYO S  :ベンアルファ中ミドルS                 枠上
 82 MAU    :ルーニー中→テベスS                  オフサイド
 83 LYO 交代3:ベンゼマ(OUT)、フレッジ(IN)
 86 MAU SOG:左FK:ロナウドS                  ☆GKセーブ(CK)
 87 MAU SB :右CK:ナニ→キャリック中S             ※DFブロック
 87 MAU SOG:ナニ右クロス→ロナウド→テベスS         GOAL★LYO 1-1 MAU

●後半:コメント
  結果としてマンUの方が一枚上手だったと言うことか。序盤はドローでもよしとする慎重な試合展開
 に終始し、ベンゼマのスーパーなゴールで先制を許したところで、ナニ&テベスという攻撃力のある選手
 を投入、彼らがしっかりと同点弾をたたき出した。

  ルーニーの1トップは守りはともかく攻めについてはあまり機能はしていなかった。相手の3トップ
 に引っ張られる形でSBの攻め上がりが押さえられ、ロナウドのドリブルはしっかりとマークされた。
 ただ、スコアレスドローもしくは僅差の状況を作るための策ならば理解は出来る。狙い通りにドローに
 持ち込み、しかもアウェイゴールまであげたのだから、マンUとしては満足の出来る結果だったと
 言える。特にリードされてから追い付いたという意味でモチベーションもポジティブになるはずだ。
 ホームでの第2戦に向けて準備万端と言えるだろう。

  リヨンについては序盤こそ優勢に進めたものの、時間が経つに連れマンU優勢の展開になっていった
 事は否めない。ベンゼマの個人技で先制したものの、ジュニーニョのFKも不発で、途中投入のベン・
 アルファもほとんど仕事が出来なかった。負けなかっただけよいという話はあるが、第2戦で少なくとも
 1ゴールが必要という展開は正直言って厳しい。ただし、劣勢であるだけに思い切って攻めの姿勢を
 貫ければ、あるいは勝機が見えるかもしれない。正直、勝ち抜けにはかなりの幸運が必要だと思うが。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     リヨン   1  14   4   4  17  46   3   0   1
     マンU   1  16   5   9  14  54   1   0   2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L1:アーセナル v ミラン

ゴールは無かったけど、すっごく楽しめた試合でした。どっちかが敗退ってもったいないな…

●スタジアム
  アーセナル・スタジアム  ロンドン
  気温: 6度  湿度:72%  ピッチ:湿気含む  天候:晴れ時々曇り

●試合結果
  アーセナル 0 - 0 ミラン

●主審
  クラウス・ボー・ラーセン (DEN)

●ラインアップ

 アーセナル
            25 アデバイヨル

            13 フレブ

  09 シルバ   04 セスク   16 フラミニ  27 エブエ

  22 クリシー  10 ギャラス  05 トゥーレ  03 サニャ

            01 レーマン
  サブ:
    21 ファビアンスキ  06 センデロス  15 デニウソン  19 ジウベルト
    26 ベントナー    31 ホイト    32 ウォルコット
  監督:
    アーセン・ベンゲル

 ミラン
              07 パト

           10 セードルフ  22 カカ

    23 アンブロジーニ  21 ピルロ  08 ガットゥーゾ*Y

  03 マルディーニ  04 カラーゼ  13 ネスタ  44 オッド

              16 カラチ
  サブ:
    29 フィオーリ  05 エメルソン  09 ピッポ  11 ジラ  18 ヤンクロフスキ
    25 ボネーラ   32 ブロッキ
  監督:
    カルロ・アンチェロッティ

●前半:試合展開
 02 MIL    :ピルロ中→セードルフ                  DFクリア
 04 ARS    :フレブ中スルーP→エブエ                あわず
 05 MIL SB :パト左ミドルS                     DFブロック(CK)
 05 ARS    :トゥーレ、ボールが足にあたる
 06 MIL    :左CK:ピルロ→マルディーニ中HS          ※GKセーブ
 06 ARS    :GKフィード→アデバイヨル中ドリブル         ※DFクリア
 07 ARS 交代1:トゥーレ(OUT)、センデロス(IN)
 09 ARS SOG:エブエ右クロス→アデバイヨル中HS           GKキャッチ
 11 ARS    :セスク中浮き球                     あわず
 13 ARS    :サニャ右クロス→シウバ                 あわず
 16 MIL    :ピルロ中フィード                    GKキャッチ
 17 ARS    :中→アデバイヨル右クロス                DFブロック
 19 ARS    :アデバイヨル中スルーP→エブエ             DFクリア(CK)
 20 ARS    :右CK:シウバ                     GKキャッチ
 21 ARS    :セスク中フィード→アデバイヨル             DFクリア(CK)
 21 ARS    :右CK:セスク→センデロス               あわず
 22 MIL    :ピルロ中フィード                    GKキャッチ
 23 ARS    :シウバ左ドリブル                    DFクリア
 23 ARS S  :ギャラス中ミドルS                   枠左
 26 ARS S  :セスク中フィード→アデバイヨル中S           枠上
 28 MIL    :オッド右クロス→カカ右→                DFクリア
 29 MIL    :ガットゥーゾ、フレブに踏まれる→程なく復帰
 32 ARS    :エブエ右クロス→アデバイヨル              あわず
 33 MIL ▲YC:パト、サニャを押す                CARD▲パト
 35 ARS    :右FK:セスク→シウバ左H               あわず
 36 ARS SOG:エブエ右ドリブル、クロス→フラミニ中S        ※GKキャッチ
 37 MIL    :パト右ドリブル                     DFクリア
 38 ARS S  :クリシー左クロス→アデバイヨル中HS          枠上
 40 ARS    :センデロス中スルーP                  GKキャッチ
 42 ARS    :サニャ右クロス                     DFクリア
 42 ARS    :アデバイヨル→セスク                  あわず
 43 ARS SB :セスク右ミドルS                    DFブロック
 43 ARS S  :セスク右スルーP→エブエ右S              DFブロック
 44 ARS SOG:フラミニ左ドリブルS                 ※GKセーブ

●前半:コメント
  ベスト16屈指の好カードに違わぬ緊迫した試合展開となった。シュート数は両チーム合わせて9本
 と少ないが、中盤からDFラインでのボールの奪い合いと展開の速さが半端でない。ポゼッションで
 優位に立ったのはアーセナル。いつもの細かいパス回しと激しいポジションチェンジでミランのDF
 ラインを揺さぶった。決定機こそ作り出せなかったものの、相手DFラインが疲労したことは間違い
 なく、後半のゴールに向けて準備は万端と言ったところか。裏を狙う動きやクロスに合わせる高さで
 大活躍だったアデバイヨルに対し、ほとんど消えていたシウバが気になるところ。ベントナーや
 ウォルコットとの交代が充分に考えられる。

  一方のミランは、前半に関してはアーセナルの攻めを押さえるだけで精一杯、ボールを奪ってからの
 カウンターも2列目までボールを運ぶことが出来ず、ほとんど攻撃の形を作ることが出来なかった。
 中盤のパス回しのアーセナルに、MFの人数を増やす対応は間違ってはいないが、1トップのパトに
 すべてを託するのは本人に取っても気の毒なところ。カカがもう少し前で攻撃に絡む形を作りたい
 ところではあるが、相手に失点を許さない事の方が重要か。マルディーニやカラーゼがアデバイヨルの
 スピードに対応しきれていないのが気になる点。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アーセナル   0   5   2   4   6  56   0   0   1
     ミラン   0   2   1   1   6  44   1   0   2

●後半:試合展開
 48 ARS    :C→アデバイヨル→エブエ右               DFブロック
 48 MIL    :ネスタ足を押さえている→退場
 50 ARS    :左CKセスク→DFR                 ※枠左(CK)
 50 MIL 交代1:ネスタ(OUT)、ヤンクロフスキ(IN)  マルディーニ中へ
 51 MIL    :ピルロ中→カカ右クロス→パト              あわず
 52 MIL    :ヤン左クロス                      DFクリア
 52 ARS S  :C→フレブ右クロス→エブエ右S            ※枠左
 53 ARS SB :エブエ右ドリブルS                   DFブロック
 53 ARS    :セスク中→フレブ→アデバイヨル中S→G         オフサイド
 54 ARS    :セスク中→アデバイヨル                ☆GKキャッチ
 55 ARS S  :セスク→シウバ中ミドルS               ※枠上
 56 ARS    :セスク右フィード→アデバイヨル             DFクリア
 59 MIL    :ピルロ中浮き球→ヤン                  あわず
 61 MIL    :オッド右クロス                     GKキャッチ
 63 MIL S  :こぼれ→オッド右ミドルS                枠上
 64 ARS    :セスク右クロス→アデバイヨル             ※DFクリア(CK)
 65 MIL    :カカ中スルーP→パト                  GKキャッチ
 67 MIL    :ピルロ右クロス                     DFクリア
 69 MIL S  :ガットゥーゾ中→カカ右ミドルS             枠右
 71 MIL    :パト中ドリブル                     DFクリア(CK)
 74 ARS S  :アデバイヨル→シウバ中S                枠右
 74 ARS 交代2:ダシウバ(OUT)、ベントナー(IN)
 75 ARS SOG:こぼれ→セスク中MS                 ☆GKキャッチ
 76 ARS    :ベントナー左ドリブル                  DFクリア
 77 MIL    :パト、足がけいれんしている
 77 MIL 交代2:パト(OUT)、ジラ(IN)
 79 ARS    :右クロス                        GKキャッチ
 80 ARS    :サニャ右クロス                     GKキャッチ
 81 ARS    :エブエ右ドリブル、エリア内で倒れる        CARD▲エブエ
 82 MIL    :ヤン左クロス                      DFクリア
 82 ARS SOG:アデバイヨル中BS                   GKキャッチ
 83 ARS SOG:セスク中ミドルS                    GKキャッチ
 84 ARS    :右クロス→アデバイヨル                 あわず
 86 MIL 交代3:セードルフ(OUT)、エメルソン(IN)
 87 MIL SOG:左CK:ピルロ→ジラ左HS              ※GKキャッチ
 89 MIL S  :中FK:ピルロS                    枠左
 89 ARS S  :C→エブエ→フレブ左→ベントナー左S          枠上
 89 ARS 交代3:エブエ(OUT)、ウォルコット(IN)
 90 MIL S  :中FK:ピルロS                    枠上
 +2 ARS    :サニャ右クロス                     DFクリア(CK)
 +2 ARS SOG:ウォルコット中ミドルS                 GKキャッチ
 +4 ARS SOG:ウォルコット右ドリブル、クロス→アデバイヨル中HS  ☆クロスバー

●後半:コメント
  後半早々、ネスタが足を痛めて負傷退場したことでミランが窮地に陥るかと思われたが、右CBに
 入ったマルディーニを中心にヤンクロフスキ、オッド、カラーゼのDFラインが気迫の守りで無失点
 でしのいだ。アウェイでの前半戦をスコアレスドローでホームへ帰るというのはミランに取って想定内
 の結果と言えるだろう。

  ミラン相手でも自分たちのサッカーを貫き、全員が持ち味を出し切ったアーセナルだが、優勢に
 試合を進めつつゴールを奪えなかったのが悔やまれる。完全にDFラインを崩したのは、終了直前の
 ウォルコットとアデバイヨルのコンビのみ、後はDFのミスやこぼれ球でフリーになるシーンは
 あったが、カラチの好セーブもあってゴールに結びつかなかった。次節のサンシーロはピッチが
 エミュレーツほどよくないだけに苦戦するだろうが、それでもアウェイゴールを許さなかっただけに
 ゴールが奪えれば大きく勝利に近づくだろう。鉄壁のミランDFと言えども180分間集中力を保つ
 のは並大抵の事ではないだろう。

  守備に関しては期待以上の働きで無失点に押さえたミランだが、攻撃に関しては残念ながら不満が
 残る。1トップのパトは豊富な運動量でボールを追ったが、中盤の争いで若干劣勢だったことも有り、
 そこからセードルフやカカにボールをつなげず。後半に入ってカカも何度かドリブルを見せるシーン
 があったものの、DFを抜き去るまでにはいたらず。スコアレスドローというのは計算通りという面も
 あるかとは思うが、ここからどうやってゴールを奪うかが最大の課題となることは間違いないだろう。
 コンディションが許せば大舞台に強いピッポを使ってみたいところではあるが…。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   アーセナル   0  16   7   9  14  54   2   0   3
     ミラン   0   7   2   2  14  46   1   0   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だから早くメテオスイーパーを作らないと…

[technobahn] 米国の超大型スパイ衛星が制御不能、近く再突入の見通し

[technobahn] 米国防総省、墜落の可能性が高まったスパイ衛星の撃墜を検討

[technobahn] 米国によるスパイ衛星迎撃、ハワイ沖の海上から21日に実施の見通し

  なんか、総重量20トンという結構な物体なようです。大昔に墜落したスカイラブの四分の一。
 そのときには最大80キロの破片が落下したとか…。まあ、それ以上に破片がソ連や中国に落ちて
 色々見られるのがイヤ、というのが大きいんでしょうが。こういうときこそメテオスイーパーさんの
 出番だと思うんですが…

[wikipedia] ヒドラジン
    燃料電池の燃料としても模索されている。毒物。気化吸引、皮膚への接触ともに腐食をもたらし全身を骨までドロドロに溶かす。また中毒症状をおこす。

 
こんな危険なものを人工衛星や燃料電池に使っちゃダメだと思うのは僕だけですか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/19

[CL07/08] B16#L1:シャルケ v ポルト

下馬評以上につまらない試合でした…(笑)

●スタジアム
  アレナ・アウフシャルケ  ゲルゼンキルヘン
  気温: 5度  湿度:65% ピッチ:乾燥  天候:曇り

●試合結果
  シャルケ 1 - 0 ポルト

●審判
  ロラン・デュアメル(FRA)

●ラインアップ

 シャルケ

            22 クラニー  14 アサモア

  03 コビアシビリ                      10 ラキチッチ

            08 エルンスト    13 ジョーンズ

  02 ヴェスターマン  20 クルスタリッチ  05 ボルドン*Y(C) 18 ラフィーニャ*Y

                 01 ノイアー
  サブ:
    33 ショホバー    07 バレラ   11 ロベンクランズ  19 アルティントップ
    21 グロスミュラー  23 ホエデス  27 Vサンチェス
  監督:
    ミロコ・スロムカ

ポルト
  07 クアレスマ*Y    19 ファリアス    09 ロペス

    16 メイレレス  06 アッスンソン  08 ゴンザレス

  13 フシレ   02 アルベス   03 エマヌエル  14 パウロ

            01 ヘルトン
  サブ:
    33 ヌーノ   04 ステファノ*Y  05 チェフ  11 ゴンザレス  17 セクティオリ
    21 ヘルダー  25 カズミレツァク
  監督:
    ヘスアルド。フェレイラ

●前半:試合展開
 04 SCH SOG:ラフィーナ、1,2右S                ※GKセーブ
 04 SCH SOG:こぼれ→クラニー中S               GOAL★SCH 1-0 POR
 07 SCH    :ラフィーナ右クロス                   DFクリア
 10 POR    :ロペス右クロス                     ボールデッド
 15 POR S  :クアレスマ中ミドルS                  枠右
 18 SCH SOG:ラキティッチ左ミドルS                ※GKセーブ(CK)
 25 SCH    :中フィード→クラニー                  GKキャッチ
 25 POR    :中フィード→ロペス→                  DFクリア(CK)
 34 POR S  :メイレレス中ミドルS                  GKキャッチ
 35 SCH SOG:中→クラニー右S                   ☆GKセーブ(CK)
 37 SCH S  :ラキティッチ右ミドルS                 枠上
 40 SCH S  :ラキティッチ右ミドルS                 枠上
 41 SCH    :右CK:ラキティッチ                  DFクリア(CK)
 45 POR S  :左FK:クアレスマ→中S                枠上
 45 SCH SOG:アザモア右ミドルS                  ☆GKセーブ
 +2 SCH ▲YC:ジョーンズ、相手を引っかける           CARD▲ジョーンズ

●前半:コメント
  前半はシャルケのペース。ポゼッションでも優勢に試合を進め、攻められてもカウンターで相手の
 ゴールを脅かした。一方のポルトは攻撃、守備とも不用意にボールを奪われるシーンが目立ち、
 なかなかシュートを打つことが出来ない。ただ、なんどかGKのセーブを誘うシーンがあったものの
 ゴールが1点しかないというのはシャルケにしては納得の行かない出来。アウェイでの試合と今日の
 ポルトの不甲斐なさを考えると,最低でも2点差は付けたいところ。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    シャルケ   1  10   7   6  26  45   3   0   1
     ポルト   0  13   3   3  16  55   0   0   1

●後半:試合展開
 54 POR S  :ゴンサレス中ミドルS                  枠左
 55 POR SB :ロペス中ミドルS                    DFブロック
 56 POR 交代1:ファリアス(OUT)、セクティウィ(IN)  ロペス中へ
 58 SCH    :ラキティッチ右クロス                  DFクリア
 61 SCH    :コビアシビリ左クロス                  DFクリア
 67 SCH ▲YC:エルンスト                    CARD▲エルンスト
 75 SCH    :アザモア右クロス                    GKキャッチ
 76 SCH 交代1:ラキティッチ(OUT)、グロスミュラー(IN)
 78 POR SOG:メイレレス右ミドルS                 ※GKセーブ
 80 POR S  :クアレスマ左クロス→ロペス中S            ※枠上
 81 SCH 交代2:アザモア(OUT)、アルティントップ(IN)
 85 SCH ▲YC:グロスミュラー                  CARD▲グロスミュラー
 85 POR 交代2:フシレ(OUT)、ゴンサレス(IN)
 89 SCH 交代3:クラニー(OUT)、サンチェス(IN)

●後半:コメント
  後半に入って全体的に足が止まったシャルケに対し、ポルトがやや優勢に試合を進めるものの、
 決定的なシュートは80分にクアレスマとロペスのコンビで放ったシュートぐらい。結局シャルケが
 どうにか1点差のまま逃げ切った。ただ、アウェイでの試合に向け後半のスタミナの無さは正直
 不安がありすぎ。スコアレスドロー狙いで幸運なゴールが奪えればラッキーぐらいの展開しか勝ち
 上がりは望めないだろう。そんなシャルケに追いつけないポルトのチーム力にも問題はあるのだが。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
    シャルケ   1   8   6   5  15  48   1   0   1
     ポルト   0   5   1   1   9  52   0   0   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L1:オリンピアコス v チェルシー

1-0で勝つのがチェルシーのサッカーなんで。前半は予定通りのドローですか(笑)

●スタジアム
  ヨルギオス・カライスカキス・スタジアム  アテネ
  気温: 3度  湿度:70%  ピッチ:湿気含む  天候:快晴

●試合結果
  オリンピアコス 0 - 0 チェルシー

●主審
  コンラート・プラウツ(AUT)

●ラインアップ

 オリンピアコス
          09 コバチェビッチ

    11 ジョルジュビッチ(C)  07 ガジェッティ

   06 ストルティディス  35 トロシディス  28 レデスマ*Y

  30 パントス  18 アンツァス*Y  05 Jセザール  14 ジェブワコフ

          71 ニコポリディス
  サブ:
    87 シファキス  02 パツァゾグル*Y  04 レオナルド  10 ヌニョス  22 ミトログル
    25 ベジェスキ  77 シシッチ
  監督:
    パナギオティス・レモーニス

 チェルシー
       15 マルダ  11 ドログバ   10 Jコール

          13 バラック   05 エッシェン*Y

              04 マケレレ(C)

  03 Aコール  33 アレックス  06 カルバーリョ  35 ベレッティ

              01 チェフ
  サブ:
    23 クディチーニ  08 ランパード  12 ミケル  21 カルー  24 Wフィリップス
    26 テリー     39 アネルカ
  監督:
    アブラム・グラント

●前半:試合展開
 00 --- グラウンドが曇ってるのは霧、煙?
 01 CHE S  :エッシェン中ドリブルMS                枠右
 04 CHE    :バラック左ドリブル                   DFクリア(CK)
 05 OLY S  :ガジェッティ中ミドルS                 DFクリア(CK)
 08 OLY    :ストルティディス中→                  あわず
 08 CHE    :C→Jコール                      DFクリア
 11 OLY    :トロシディス右クロス                  あわず
 13 OLY    :ガジェッティ右クロス                  DFクリア
 13 OLY S  :パントス左ミドルS→OFR               枠左
 16 CHE SOG:こぼれ→マルダ中S                  ※GKキャッチ
 18 OLY    :ガジェッティ右クロス                  DFカット
 19 CHE    :カルバーリョ中スルーP→ドログバ            オフサイド
 21 CHE    :右FK:ドログバ→マルダ→カルバーリョ左S       オフサイド
 25 CHE    :マルダ左クロス→                    DFクリア
 25 CHE    :Aコール左クロス                    DFクリア
 29 OLY    :ガジェッティ右クロス                  DFブロック(CK)
 30 OLY S  :右CK:ジョルジュビッチ→ストルティディスHS    ※枠左
 30 CHE S  :ベレッティ右クロス→エッシェン中HS          枠上
 31 CHE SOG:ドログバ中ミドルS                   GKキャッチ
 33 OLY    :ガジェッティ右クロス                  あわず
 35 CHE ▲YC:アレックス、スライディング            CARD▲アレックス
 37 OLY    :ジョルジュ左クロス                   DFクリア(CK)
 39 OLY    :ストルティディス中クロス→パントス左落         GKキャッチ
 43 CHE    :右FK:ベレッティ→バラック中落            あわず
 45 CHE    :左クロス→Jコール                   あわず

●前半:試合展開
  ポゼッションでは互角だが、両チームとも狙いはDFでボールを奪ってからのカウンター。
 チェルシーはJコールを起点とした右サイドからの攻撃、オリンピアコスはコバに当ててからの
 ガジェッティやジョルジュビッチのドリブルで何度かゴール前にボールを運んだ。決定機は
 両チームとも1回ずつだが、スーパーセーブというようなシーンは無し。

  チェルシーはドログバ、エッシェンのアフリカ組が帰ってきたが、絶好調で何度も前線に飛び出した
 エッシェンに対し、ほとんど攻撃に絡めなかったドログバと、コンディションでは明暗を分けた。
 左サイドのマルダもチャンスを作ることは出来ず、右サイドのJコールとエッシェンを中心に攻撃を
 作ったが、決定的なシュートを撃つことは出来ず。ただし、ホームで絶対的な強さを誇るオリンピアコス
 相手だけに、このまま終わっても悪くない結果と言えるだろう。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
 オリンピアコス   0   3   0   4   7  52   0   0   2
   チェルシー   0   6   2   1   9  48   1   0   2

●後半:試合展開
 50 OLY    :ストルティディス左クロス→ガジェッティ         あわず
 55 CHE    :Jコール右クロス→ドログバ               あわず
 56 CHE    :ベレッチ右ドリブル、エリア内で倒れる          ファール(ベレッチ)
 56 OLY ▲YC:ベレッチ、ストルティディスを払う         CARD▲ベレッチ
 57 OLY SOG:左FK:→ジョルジュ中ミドルS            ※GKキャッチ
 63 CHE ▲YC:マケレレ、遅延行為?               CARD▲マケレレ
 65 OLY S  :ストルティディス左クロス→ガジェッティ中BS     ※枠上
 67 OLY    :トロシディス右ドリブル                 GKキャッチ
 71 CHE S  :マルダ中ミドルS                    枠上
 74 CHE    :マルダ左クロス                     オフサイド
 75 CHE 交代1:Jコール(OUT)、アネルカ(IN)
 75 CHE 交代2:マルダ(OUT)、カルー(IN)
 76 OLY 交代1:ジョルジェビッチ(OUT)、ベジェスキ(IN)

 78 CHE    :カルー右クロス                     ボールデッド
 80 CHE S  :右クロス→アネルカ中ミドルS              枠左
 82 CHE    :バラック左クロス                    GKキャッチ
 83 OLY 交代2:ガジェッティ(OUT)、レオナルド(IN)
 85 CHE SOG:バラック中ミドルS                   GKキャッチ
 86 CHE 交代3:バラック(OUT)、ランパード(IN)
 87 OLY 交代3:コバチェビッチ(OUT)、ヌニョス(IN)

 88 CHE SOG:ヌニョス中ロングS                   GKキャッチ
 90 CHE S  :エッシェン中ミドルS                  枠左
 +2 CHE ▲YC:Aコール、相手を引っかける            CARD▲Aコール
 +2 OLY ▲YC:ベジェスキ                    CARD▲ベジェスキ

 +3 CHE    :マケレレ右クロス→カリュー右T            ※S出来ず

●後半:コメント
  チェルシーにしてみれば、最悪の結果は免れたと印象か。メンバー等を考えれば優勢ではあるが、
 アウェイであること、相手がホームで抜群の強さであることを考え、無理をせずに90分乗り切った
 と言う印象。怪我あけのテリー、ランパードを温存しての結果はよしとすべきだろう。ドログバが
 ほとんど仕事が出来なかったというのが気になる点ではあるが、アフリカ帰りでもあるし、本番の
 第2戦までにコンディションをあげてもらえばいいと言うことか。

  攻撃機会ではチェルシーと互角かそれ以上だったオリンピアコスだったが、決定機を作り出す事は
 出来なかった。セットプレイで何度かサインプレイを見せたし、ガジェッティやジョルジュビッチが
 シュートを見せたものの、ホームでリード出来なかったのは、勝ち抜けという意味では悔やまれる。
 ホームで格上相手にスコアレスドローの健闘という結果が、妙な満足感を残さなければいいか…。
 アウェイでこの試合が出来ればいい勝負になるはずなのだが…。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
 オリンピアコス   0   6   2   5  15  44   1   0   4
   チェルシー   0  11   3   2  17  56   4   0   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L1:オリンピアコス v チェルシー

●スタジアム
  ヨルギオス・カライスカキス・スタジアム  アテネ
  気温: 3度  湿度:70%  ピッチ:湿気含む  天候:快晴

●試合結果
  オリンピアコス 0 - 0 チェルシー

●主審
  コンラート・プラウツ(AUT)

●ラインアップ

 オリンピアコス
          09 コバチェビッチ

    11 ジョルジュビッチ(C)  07 ガジェッティ

   06 ストルティディス  35 トロシディス  28 レデスマ*Y

  30 パントス  18 アンツァス*Y  05 Jセザール  14 ジェブワコフ

          71 ニコポリディス
  サブ:
    87 シファキス  02 パツァゾグル*Y  04 レオナルド  10 ヌニョス  22 ミトログル
    25 ベジェスキ  77 シシッチ
  監督:
    パナギオティス・レモーニス

 チェルシー
       15 マルダ  11 ドログバ   10 Jコール

          13 バラック   05 エッシェン*Y

              04 マケレレ(C)

  03 Aコール  33 アレックス  06 カルバーリョ  35 ベレッティ

              01 チェフ
  サブ:
    23 クディチーニ  08 ランパード  12 ミケル  21 カルー  24 Wフィリップス
    26 テリー     39 アネルカ
  監督:
    アブラム・グラント

●前半:試合展開
 00 --- グラウンドが曇ってるのは霧、煙?
 01 CHE S  :エッシェン中ドリブルMS                枠右
 04 CHE    :バラック左ドリブル                   DFクリア(CK)
 05 OLY S  :ガジェッティ中ミドルS                 DFクリア(CK)
 08 OLY    :ストルティディス中→                  あわず
 08 CHE    :C→Jコール                      DFクリア
 11 OLY    :トロシディス右クロス                  あわず
 13 OLY    :ガジェッティ右クロス                  DFクリア
 13 OLY S  :パントス左ミドルS→OFR               枠左
 16 CHE SOG:こぼれ→マルダ中S                  ※GKキャッチ
 18 OLY    :ガジェッティ右クロス                  DFカット
 19 CHE    :カルバーリョ中スルーP→ドログバ            オフサイド
 21 CHE    :右FK:ドログバ→マルダ→カルバーリョ左S       オフサイド
 25 CHE    :マルダ左クロス→                    DFクリア
 25 CHE    :Aコール左クロス                    DFクリア
 29 OLY    :ガジェッティ右クロス                  DFブロック(CK)
 30 OLY S  :右CK:ジョルジュビッチ→ストルティディスHS    ※枠左
 30 CHE S  :ベレッティ右クロス→エッシェン中HS          枠上
 31 CHE SOG:ドログバ中ミドルS                   GKキャッチ
 33 OLY    :ガジェッティ右クロス                  あわず
 35 CHE ▲YC:アレックス、スライディング            CARD▲アレックス
 37 OLY    :ジョルジュ左クロス                   DFクリア(CK)
 39 OLY    :ストルティディス中クロス→パントス左落         GKキャッチ
 43 CHE    :右FK:ベレッティ→バラック中落            あわず
 45 CHE    :左クロス→Jコール                   あわず

●前半:試合展開
  ポゼッションでは互角だが、両チームとも狙いはDFでボールを奪ってからのカウンター。
 チェルシーはJコールを起点とした右サイドからの攻撃、オリンピアコスはコバに当ててからの
 ガジェッティやジョルジュビッチのドリブルで何度かゴール前にボールを運んだ。決定機は
 両チームとも1回ずつだが、スーパーセーブというようなシーンは無し。

  チェルシーはドログバ、エッシェンのアフリカ組が帰ってきたが、絶好調で何度も前線に飛び出した
 エッシェンに対し、ほとんど攻撃に絡めなかったドログバと、コンディションでは明暗を分けた。
 左サイドのマルダもチャンスを作ることは出来ず、右サイドのJコールとエッシェンを中心に攻撃を
 作ったが、決定的なシュートを撃つことは出来ず。ただし、ホームで絶対的な強さを誇るオリンピアコス
 相手だけに、このまま終わっても悪くない結果と言えるだろう。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
 オリンピアコス   0   3   0   4   7  52   0   0   2
   チェルシー   0   6   2   1   9  48   1   0   2

●後半:試合展開
 50 OLY    :ストルティディス左クロス→ガジェッティ         あわず
 55 CHE    :Jコール右クロス→ドログバ               あわず
 56 CHE    :ベレッチ右ドリブル、エリア内で倒れる          ファール(ベレッチ)
 56 OLY ▲YC:ベレッチ、ストルティディスを払う         CARD▲ベレッチ
 57 OLY SOG:左FK:→ジョルジュ中ミドルS            ※GKキャッチ
 63 CHE ▲YC:マケレレ、遅延行為?               CARD▲マケレレ
 65 OLY S  :ストルティディス左クロス→ガジェッティ中BS     ※枠上
 67 OLY    :トロシディス右ドリブル                 GKキャッチ
 71 CHE S  :マルダ中ミドルS                    枠上
 74 CHE    :マルダ左クロス                     オフサイド
 75 CHE 交代1:Jコール(OUT)、アネルカ(IN)
 75 CHE 交代2:マルダ(OUT)、カルー(IN)
 76 OLY 交代1:ジョルジェビッチ(OUT)、ベジェスキ(IN
)
 78 CHE    :カルー右クロス                     ボールデッド
 80 CHE S  :右クロス→アネルカ中ミドルS              枠左
 82 CHE    :バラック左クロス                    GKキャッチ
 83 OLY 交代2:ガジェッティ(OUT)、レオナルド(IN)
 85 CHE SOG:バラック中ミドルS                   GKキャッチ
 86 CHE 交代3:バラック(OUT)、ランパード(IN)
 87 OLY 交代3:コバチェビッチ(OUT)、ヌニョス(IN)

 88 CHE SOG:ヌニョス中ロングS                   GKキャッチ
 90 CHE S  :エッシェン中ミドルS                  枠左
 +2 CHE ▲YC:Aコール、相手を引っかける            CARD▲Aコール
 +2 OLY ▲YC:ベジェスキ                    CARD▲ベジェスキ

 +3 CHE    :マケレレ右クロス→カリュー右T            ※S出来ず

●後半:コメント
  チェルシーにしてみれば、最悪の結果は免れたと印象か。メンバー等を考えれば優勢ではあるが、
 アウェイであること、相手がホームで抜群の強さであることを考え、無理をせずに90分乗り切った
 と言う印象。怪我あけのテリー、ランパードを温存しての結果はよしとすべきだろう。ドログバが
 ほとんど仕事が出来なかったというのが気になる点ではあるが、アフリカ帰りでもあるし、本番の
 第2戦までにコンディションをあげてもらえばいいと言うことか。

  攻撃機会ではチェルシーと互角かそれ以上だったオリンピアコスだったが、決定機を作り出す事は
 出来なかった。セットプレイで何度かサインプレイを見せたし、ガジェッティやジョルジュビッチが
 シュートを見せたものの、ホームでリード出来なかったのは、勝ち抜けという意味では悔やまれる。
 ホームで格上相手にスコアレスドローの健闘という結果が、妙な満足感を残さなければいいか…。
 アウェイでこの試合が出来ればいい勝負になるはずなのだが…。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
 オリンピアコス   0   6   2   5  15  44   1   0   4
   チェルシー   0  11   3   2  17  56   4   0   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L1:ローマ v Rマドリー

調子悪くても仕事するのはさすがトッティ。でも勝負はまだまだわかりません。

●スタジアム
    スタディオ・オリンピコ    ローマ
    気温:10度    湿度:57%    ピッチ:乾燥    天候:晴れときどき曇り

●試合結果
  ローマ 2 - 1 Rマドリー

●主審
    ヘルベルト・ファンデル (GER)

●ラインアップ

 ローマ
                      10 トッティ(C)

      30 マンシーニ   20 ペロッタ   14 ジュリ   

              07 ピサーロ   16 デロッシ

    77 カセッティ   04 フアン   05 メクセス   02 パヌッチ

                      32 ドニ
    サブ:
        27 ジュリオ・セルジオ    03 シシーニョ   08 アクイラーニ   09 ブチニッチ*Y
        11 タッディ             21 フェラーリ   22 トネット
    監督:
        ルチアーノ・スパレッティ

 レアル・マドリー
              17 ニステルローイ   07 ラウール(C)

          14 グティ                       11 ロッベン

                  06 ディアラ     08 ガゴ

    22 トーレス   16 エインシェ   05 カンナバーロ   04 Sラモス*Y

                      01 カシージャス
    サブ:
        25 ドゥデク   02 サルガド   09 ソルダード   15 ドレンテ   19 バプチスタ
        20 イグアイン 24 バルボア
    監督:
        ベルント・シュスター

●前半:試合展開
  02  ROM SB :ペロッタ右S                                            DFブロック
  03  ROM       :ピサーロ右ドリブル、エリア内で倒れる                    笛無し
  07  RMA       :ロッベン左クロス                                        GKキャッチ
  08  RMA SOG:ロッベン左クロス→グティS→ラウールR            GOAL★ROM 0-1 RMA
  09  ROM SOG:カッセッティ左ミドルS                                  GKキャッチ
  10  RMA SOG:ロッベン中S→ニステル中S→G                          オフサイド
  14  ROM       :中FK:→フアン、エリア内で倒れる                      笛無し
  19  RMA       :ロッベン左→ニステル、エリア内で倒れる                  笛無し
  21  RMA S    :ロッベン右ドリブル、クロス→ラウール中HS            ※枠左
  23  RMA ▲YC:ディアラ、マンシーニにスライディング              CARD▲ディアッラ
  24  ROM SOG:マンシーニ左クロス→トッティ→ピサーロ中S        GOAL★ROM 1-1 RMA
  27  RMA       :ロッベン左クロス→ニステル                              あわず
  28  ROM       :ジュリ右ドリブル、クロス                                あわず
  29  RMA S    :ラウール左スルーP→ニステル左S                      ※枠上
  35  ROM       :ジュリ右クロス                                          DFクリア
  39  RMA       :中スルーP→                                            DFクリア(CK)
  39  RMA       :グティ右クロス→ロッベン左S                            GKキャッチ
  40  ROM S    :左FK:ピサーロ→マンシーニ                            DFクリア
  42  ROM ▲YC:デロッシ、ラウールを引っかける                    CARD▲デロッシ
  44  RMA S    :右FK:グティS                                        GKセーブ

●前半:コメント
  持ち味を出したのはマドリー。ロッベンのドリブルでサイドを突破したり、中央のパス回しから
 前線へ繋いで攻撃の形を作る。先制点のシーンはグティのSをラウールがコースを変えてゴールを
 ゲットした。攻撃は2トップのニステル、ラウールとロッベンのみ、サイドバックのあがりもいつも
 ほどは見せず、グティも下がり目のポジションという慎重な試合運びに終始。それでもローマの
 ミスに乗じて何度か決定的なシュートを放った。ロッベンの好調さは素晴らしいが、彼以外に攻撃の
 形を作り出せる選手がいないのが、若干気になるところ。

  ローマは絶好調時の攻撃のスピードや迫力が見られない。カウンターからジュリやマンシーニが
 ドリブルを見せるものの、起点となるべきトッティがほとんど目立たないため、後方からの飛び出し
 が見られない。それでもマンシーニのクロスにトッティが絡んでピサーロが決めたあたりに、今まで
 とは違うねばり強さが感じられる。ただし、攻撃の不振からか守備の面で落ち着かないプレイが目立つ
 のが気になるところ。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ローマ   1   6   3   1   6  46   1   0   0
   Rマドリー   1   9   1   1  10  54   1   0   2

●後半:試合展開
  46  ROM    :左FK:ピサーロ                                        GKキャッチ
  48  ROM       :デロッシ中フィード→トッティT                          S出来ず
  50  ROM S    :トッティ中→ジュリ右S                                  枠左
  51  RMA       :左CK:グティ→                                        あわず
  53  RMA       :ロッベン右→ニステル                                  ※GKキャッチ
  58  ROM SOG:トッティ中スルーP→マンシーニ右GKかわしてS    GOAL★ROM 2-1 RMA
  62  RMA S    :ロッベン右→Sラモス中ミドルS                        ※枠右
  62  ROM 交代1:ピサーロ(OUT)、アクイラーニ(IN)
  64  RMA ▲YC:トーレス、アクイラーニを倒す                      CARD▲トーレス
  67  RMA SOG:ロッベン左ドリブルS                                  ※GKセーブ(CK)
  67  RMA SB  :ディアッラ中ミドルS                                    DFブロック
  67  ROM 交代2:パヌッチ(OUT)、トネット(IN)
  68  ROM ▲YC:ペロッタ、ガゴに肘                                CARD▲ペロッタ
  69  RMA ▲YC:Sラモス、フアンにタックル                        CARD▲Sラモス 
次停
  72  RMA S    :ガゴ中ミドルS                                          枠上
  75  RMA S    :Sラモス中ミドルS                                      枠左
  76  ROM 交代3:フアン(OUT)、フェラーリ(IN)   フアン、負傷交代
  78  ROM       :C→マンシーニ左クロス                                  DFクリア
  79  RMA 交代1:ディアッラ(OUT)、バティスタ(IN)
  79  RMA 交代2:ロッベン(OUT)、ドレンテ(IN)

  80  RMA SOG:ドレンテ右クロス→ニステル中S                        ☆右ポスト
  82  RMA S    :ニステル左クロス→ラウール中落→バティスタ中S          枠上
  84  RMA S    :左CK:マンシーニ→デロッシ                            あわず
  86  RMA       :ドレンテ右ドリブル、エリア内で倒れる                    笛無し
  +1  ROM ▲YC:カセッティ                                        CARD▲カセッティ

●後半:コメント
    マドリーの攻撃はロッベンの疲労とともに迫力を失っていく。後半も何度かあった決定機はすべて
 ロッベンが絡んだもの。彼が疲労し、交代してからはほとんど攻撃の形を作ることが出来なかった。
 交代直後のドレンテのクロスに合わせたニステルのシュートがポストに阻まれたくらい。ただし、
 ロビーニョ、スナイデル不在の中、アウェイゴールを決めての1点差は決して悪くない結果と言える
 だろう。勝負はあくまでマドリーに戻ってからである。そのときまでに少しでも多くの怪我人の復帰
 が出来れば言うことはない。

  一方のローマは、1点目のゴールシーン以外ほとんど仕事の出来なかったトッティが、58分に
 決定的なスルーパスを通し、それをマンシーニが見事にゴールにたたき込んだ。後半、パヌッチを
 下げて、カセッティを右SBに持ってきたことで、どうにかロッベンの対応が出来、その後もマドリー
 の猛攻に苦戦しながらどうにか逃げ切った。ホームでどうにか勝利をおさめたものの、今のトッティ
 のコンディションでは、アウェイでの攻撃の苦戦は必至。守りを固めるのが不得手なだけに、まだまだ
 状況は予断を許さないと言えるだろう。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
     ローマ   2   8   4   2  15  42   3   0   0
   Rマドリー   1  17   3   3  19  58   3   0   4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] B16#L1:リバプール v インテル

マテラッツィをCBで使わざるを得なかったのが敗因かなぁ…。ファール多すぎ。

●スタジアム
  アンフィールド  リバプール
  気温: 3度  湿度:55% ピッチ:湿気含む  天候:快晴

●試合結果
  リバプール 2 - 0 インテル

●主審
  フランク・デ・ブリーカー (BEL)

●ラインアップ

 リバプール
           09 トーレス

           08 ジェラード

  19 バベル   21 ルーカス  20 マスケラーノ  18 カイト

  12 アウレリオ 04 ヒーピア  23 キャラガー*Y  03 フィナン

             25 レイナ
  サブ:
    30 イタンジェ  06 リーセ  11 ベナユン  14 シャビ・アロンソ
    15 クラウチ   16 ペナント 17 アルベロア
  監督:
    ラファエル・ベニテス

 インテル
          08 ズラ  09 クルス

           05 スタンコビッチ

   06 マックスウェル 19 カンビアッソ  04 サネッティ

  26 キブ  23 マテラッツィ  02 コルドバ  13 マイコン

            12 セーザル
  サブ:
    01 トルド  07 フィーゴ  14 ビエラ  16 ブルディッソ  18 クレスポ
    28 マニシェ 29 スアソ
  監督:
    ロベルト・マンチーニ

●前半:試合展開
 03 LIV    :ジェラード右クロス                   DFクリア(CK)
 03 LIV S  :右CK:ジェラード→キャラガー左S           DFブロック(ハンド?)
 04 INT ▲YC:キブ、ジェラードを倒す              CARD▲キブ
 05 LIV S  :右FK:アウレリオS                  枠上
 08 LIV    :左クロス→トーレス右落→ルーカス            
 09 LIV    :カイト右クロス→バベル                 DFクリア(CK)
 09 LIV SOG:右CK:ジェラード→ヒーピア中HS          ☆GKセーブ(CK)
 12 INT ▲YC:マテラッツィ、トーレスにひじうち         CARD▲マテラッツィ
 14 LIV    :ジェラード中→トーレス                 DFクリア
 18 INT    :コルドバ右クロス→ズラ中落→              GKキャッチ
 25 LIV S  :ルーカス中→ジェラード中S               枠左
 30 LIV ▲YC:マテラッツィ、トーレスを掴む           退場▼マテラッツィ
 32 LIV    :フィナン右クロス                    DFクリア
 32 LIV    :バベル左クロス→トーレスT               S打てず
 40 LIV S  :バベル左ミドルS                    枠上
 42 LIV    :ジェラード左クロス                   GKキャッチ
 45 LIV    :ジェラード右クロス→カイト               あわず
 45 LIV SOG:カイト中ミドルS                    GKキャッチ

●前半:コメント
  リバプールの一方的なポゼッションで試合が推移、マテラッツィの退場もあり、シュート数も
 リバプールの5に対してインテルは2。ただし、決定機は9分のヒーピアのヘディングのみと、
 リバプールがうまくインテルに押さえられた感が強い。

  マテラッツィの退場もあり、インテルは引いて守備を固める事に終始。キブをCBに、マックスウェル
 を左SBに下げることでメンバー交代無しで対応。決定機を作り出せなかったものの、アウェイのこの
 試合はスコアレスドローで充分と言う計算通りの展開とも言える。後半も相手にゴールを許さない
 という考えに替わりはなく、守備重視のまま行くだろう。

  一方のリバプールはインテルの固い守備を崩すことが出来なかった。決定機はヒーピアのヘディング
 のみ。ジェラードのミドルも精彩を欠き、トーレスはコルドバにうまく押さえれられた。唯一、バベルの
 ドリブルやシュートに可能性を感じただけに、バベルを中央に持ってくる采配に期待したいが、あまり
 やらないやりかただけに期待薄か。クラウチやベナユンの投入に期待したい。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   リバプール   0   8   2   3  11  64   0   0   1
    インテル   0   0   0   0  11  36   2   1   2

●後半:試合展開
 47 LIV    :ルーカス右クロス                    DFクリア
 48 INT S  :カンビアッソ中ミドルS                 枠上
 49 LIV SB :ジェラード左ミドルS                  DFブロック
 50 LIV    :フィナン右クロス                    DFクリア(CK)
 51 LIV SB :ジェラード右ミドルS                  DFブロック
 53 LIV S  :ヒーピア中ミドルS                   枠右
 53 LIV    :アウレリオ左クロス                   DFクリア(CK)
 55 INT 交代1:クルス(OUT)、ビエラ(IN)
 57 LIV    :カイト右クロス                     GKキャッチ
 58 LIV SOG:こぼれ→トーレス中S                 ☆GKセーブ(CK)
 58 LIV    :左CK:ジェラード→                  DFクリア(CK)
 59 LIV S  :カイト右クロス→ヒーピア中HS            ※枠上
 60 LIV    :ジェラード右クロス                   DFクリア(ハンド?)
 64 LIV SOG:ジェラード→トーレス中MS              ☆GKセーブ
 64 LIV 交代1:ルーカス(OUT)、クラウチ(IN)
 68 INT    :C→ズラ左                       DFクリア(CK)
 69 INT    :マイコン右クロス→ズラ左落→カンビアッソ        オフサイド
 70 LIV    :フィナン右クロス→クラウチ中H             ファール
 72 LIV 交代2:バベル(OUT)、ペナント(IN)
 72 INT S  :ビエラ中ミドルS                    枠左
 74 LIV S  :こぼれ→クラウチ中S                 ※枠左
 74 INT    :コルドバ、足を押さえて倒れている→担架で退場
 75 INT 交代2:コルドバ(OUT)、ブルディッソ(IN)
 77 LIV SB :ジェラード中ミドルS                  DFブロック(CK)
 77 LIV    :左CK:ジェラード→キャラガー右H           GKキャッチ
 78 LIV SB :左クロス→クラウチ中TS               ※DFブロック
 80 LIV    :ペナント右クロス→クラウチ中H             DFクリア
 81 LIV    :右クロス→クラウチ中落→トーレス            S出来ず
 82 LIV    :トーレス右クロス                    DFクリア(CK)
 85 LIV SOG:ペナント右クロス→カイト左TS          GOAL★LIV 1-0 INT
 90 LIV SOG:ジェラード右ミドルS               GOAL★LIV 2-0 INT

●後半:コメント
  85分までは完全なインテルのペースだった。しかし85分、ペナントのクロスにカイトが合わせて
 リバプールが待望の先制点、さらに90分にキャプテン・ジェラードが絶妙のミドルシュートを決めて
 追加点をあげ、2-0という予想外の勝利をおさめた。

  流れが変わったのはやはりクラウチの投入から。彼を投入することでクロスのターゲットが出来、
 こぼれ球を狙うことが出来るようになった。そのためインテルの守備に好きが出来、結果として
 カイトの先制点に結びついたと言える。ジェラードの追加点に関しては、DFどうこうより、彼の
 勝負強さを褒めるしかない。ホームで2得点、アウェイゴールを許さなかったのは現在の状況を
 考えると想定外とも言える結果。アウェイで得意のスコアレスドロー、あるいは1ゴールを許しても
 ベスト8進出という意味で、この追加点は非常に大きい。

  インテルに取ってこの日最大の計算違いはマテラッツィの退場だろう。UEFA基準からすると
 厳しい判定であることは確かだが、この日のデ・ブリーカーさんの基準ではカードに値するファールと
 言える。何より、相手を見てひじうちしたり、後ろから相手を掴んでいる時点でカードを出されても
 しょうがない。60分もの間10人での戦いを強いられたことが、結果としてリバプールのゴールを生んで
 しまったと言うことは言えるだろう。審判にクレームをつけるのは勝手だが、CBとして慎重さに
 欠けるプレイを反省すべき。これで少なくとも2ゴールを奪う必要が出てきた訳だが、最近、1ゴール
 差の辛勝が多いだけに、どのような策を取ってくるがみものではある。まあ、ここで敗退するのが
 インテルらしいと言えばそれまでなのだが…。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC  OFF
   リバプール   2  23   7  10  18  69   0   0   1
    インテル   0   3   0   1  18  31   2   1   3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/17

天元突破グレンラガン

●ストーリー
  ロボ物です。ガイナックスです。と言うことで色々大変なことになってます。ヨーコさん、
 とりあえずすごいな…って事で。

●サブタイトル
  1 お前のドリルで天を突け!!     [公式] [感想] ドリルでるんるんくるるんるん
  2 俺が乗るって言ってんだ!!     [公式] [感想] 敵装備の略奪は基本ですが…
  3 顔が2つたあ生意気なッ!!      [公式] [感想] 変なライバル登場
  4 顔が多けりゃ偉いのか!?      [公式] [感想] 黒の兄弟、でも女の子が多いのよ
  5 俺にはさっぱりわからねえ     [公式] [感想] 珍しくシビアな話ですが…、変だよね
  6 てめえら全員湯あたりしやがれ!!  [公式] [感想] エッチなのは…、放送コード的にNG?
  7 それはお前がやるんだよ!!     [公式] [感想] 大グレン団誕生
  8 あばよ、ダチ公          [公式] [感想] カミナ散る!?
  9 ヒトっていったい何ですか?     [公式] [感想] 捨てられニアさん登場
 10 アニキっていったい誰ですか?    [公式] [感想] ニアさん大活躍、シモンの復活は遠い
 11 シモン、手をどけて。       [公式] [感想] 男なんて、女の子には勝てないんです
 12 ヨーコさん、お願いがあります。  [公式] [感想] アディーネさま、お疲れ…。
 13 みなさん、たーんと召しあがれ。  [公式] [感想] お嬢様の料理が最凶兵器なのはお約束
 14 皆さん、ごきげんよう。      [公式] [感想] ニアさん、いいとこどりだな…
 15 私は明日へ向かいます。      [公式] [感想]
 16 総集片              [公式] [感想]
 17 あなたは何もわかっていない    [公式] [感想]
 18 聞かせてもらうぞこの世界の謎を  [公式] [感想]
 19 生き残るんだどんな手段を使っても [公式] [感想]
 20 神はどこまで僕らを試す      [公式] [感想]
 21 あなたは生き残るべき人だ     [公式] [感想]
 22 それが僕の最後の義務だ      [公式] [感想]
 23 行くぞ 最後の戦いだ        [公式] [感想]
 24 忘れるものか この一分一秒を    [公式] [感想]
 25 お前の遺志は受け取った!      [公式] [感想]
 26 行くぜ ダチ公           [公式] [感想]
 27 天の光は全て星          [公式] [感想]

●キャスト
     シモン:柿原徹也
     カミナ:小西克幸
     ヨーコ:井上麻里奈
    リーロン:小野坂昌也
    ヴィラル:檜山修之
  ブータ/ダリー:伊藤静
    ダヤッカ:中村大樹
     キタン:谷山紀章
     キヨウ:佐藤利奈
     キノン:植田佳奈
     キヤル:阿澄佳奈
     ロシウ:斎賀みつき
     ギミー:本田貴子
      ニア:福井裕佳梨
    チミルフ:梁田清之
   アディーネ:根谷美智子
  シトマンドラ:陶山章央
    グアーム:川久保潔
  ロージェノム:池田成志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREMERA Div. 07/08] #24 サラゴサ v バルセロナ

あのPKは、金もらったと言われてもしょうがないぞ…、審判。

●スタジアム
  ラ・ロマレダ  サラゴサ
  気温: 9度  湿度:58%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ

●試合結果
  サラゴサ 1 - 2 バルセロナ

●主審
  ゴンサレス・バスケス

●ラインアップ

 サラゴサ
           12 オリベイラ  22 Dミリート

  09 Sガルシア   07 リュクサン  21 サパテル(C) 14 ガビ

  11 ファンフラン  06 アジャラ   23 セルヒオ   02 ディオゴ

        01 サンチェス
  サブ:
    25 バジョエホ  03 パレデス  15 パボン  24 エレーロ  05 オスカル
    16 セラーデス  20 マツザレム
  監督:
    ハビエル・イルレタ

 バルセロナ
   17 ドスサントス  14 アンリ      19 メッシ

         20 デコ     06 シャビ

            15 エジミウソン

  22 アビダル  03 Gミリート  04 マルケス  05 プジョル(C)

            01 バルデス
  サブ:
    13 ピント  21 テュラム  08 イニエスタ  24 トゥーレ  07 グジョンセン
    10 ロニー  27 ボージャン
  監督:
    フランク・ライカールト

●前半:試合展開
 04 BAR    :左FK:                        GKキャッチ
 04 ZAR SB :中スルーP→オリベイラ中S               DFブロック
 06 ZAR SOG:ミリート左ドリブルS                  GKキャッチ
 06 BAR    :メッシ右クロス                     DFクリア
 07 ZAR S  :オリベイラ左ドリブル、クロス→ガルシア中S      ※枠上
 10 BAR    :ドスサントス左クロ1ス→アンリ              DFクリア
 14 BAR    :アビダル左クロス                    GKキャッチ
 17 BAR    :デコ中スルーP→ドスサントス              DFクリア(CK)
 17 BAR S  :デコ左S                        枠左
 19 BAR    :ドスサントス左クロス                  DFクリア(CK)
 19 BAR S  :左CK:シャビ→マルケス左BS             枠左
 24 ZAR S  :オリベイラ左反転S                  ※枠右
 26 BAR SOG:左スルーP→ドスサントス左S             ☆GKセーブ
 30 ZAR S  :ガビ中ロングS                     枠左
 34 ZAR S  :ファンフラン左クロス→ガルシア→ミリートS      ※枠左
 35 BAR SOG:デコ中浮き球→アンリ中TS            GOAL★ZAR 0-1 BAR
 36 BAR ▲YC:ドスサントス                   CARD▲ドスサントス
 38 ZAR ▲YC:リュクサン、シャビを倒す             CARD▲リュクサン
 39 BAR SOG:メッシ中→デコ中S                  ※GKセーブ
 42 ZAR    :オリベイラ左ドリブル、エリア内で倒れる         PK
 43 BAR S  :PK:DミリートS中上                 枠上

●前半:コメント
  チャンスを多く作ったのはサラゴサ。オリベイラとミリートのスピードを生かしたカウンターで
 何度かチャンスを作った。バルサは右のメッシはマークが集中してなかなか仕事が出来ず、左の
 ドスサントスが何度かチャンスを作ったが、GKとの1対1は止められる。それでもデコとアンリの
 ホットライン、ハンドを取られてもおかしくない微妙なプレイではあったが、アンリが先制。その後
 オリベイラが得たPKをミリートが外してバルサが1点リードで終了した。ただ、特にマルケスの
 守備力には不安が残るところではあるので、後半も予断を許さない。バルサとしては早く追加点が
 欲しいところ。

●後半:試合展開
 46 ZAR    :ミリート中→ガルシア右クロス              あわず
 48 BAR    :ドスサントス左クロス→                 DFクリア(CK)
 52 ZAR SOG:左クロス→オリベイラ中落→ミリート中S        ☆GKセーブ
 53 ZAR SOG:ガルシア右スルーP→オリベイラ右S        GOAL★ZAR 1-1 BAR
 56 ZAR    :左CK:                        GKキャッチ
 57 ZAR S  :ファンフラン左S                    枠左
 58 BAR 交代1:エジミウソン(OUT)、トゥーレ(IN)
 59 BAR    :中フィード→ドスサントス                GKキャッチ
 60 ZAR S  :左クロス→ミリート中HS                枠左
 61 BAR    :右FK:メッシ→                    GKキャッチ
 62 BAR ▲YC:マルケス、オリベイラを倒す            CARD▲マルケス
 66 ZAR    :左FK:→ミリート中落→               ☆DFクリア(CK)
 67 ZAR    :カウンター→右クロス                  DFクリア
 68 BAR    :メッシ中ドリブル                    DFクリア
 71 BAR SOG:デコ中ミドルS                     GKキャッチ
 73 BAR S  :メッシ右→シャビ→デコ中ミドルS            枠上
 74 BAR 交代2:ドスサントス(OUT)、ロニー(IN)
 75 ZAR S  :Sガルシア中ミドルS                  枠上
 76 ZAR 交代1:オリベイラ(OUT)、オスカル(IN)
 77 BAR S  :アンリ中ミドルS                    枠上
 82 BAR 交代3:メッシ(OUT)、ボージャン(IN)
 84 ZAR     ファンフラン、ハンド                  PK
 84 ZAR ▲YC:ファンフラン、ハンド               CARD▲ファンフラン
 84 ZAR ▲YC:Dミリート、抗議                 CARD▲Dミリート
 85 BAR SOG:PK:ロニーS右中                GOAL★ZAR 1-2 BAR
 85 ZAR ▲YC:ディオゴ、ロニーを倒す              CARD▲ディオゴ
 86 BAR S  :右クロス→ロニー中TS                ※枠右
 87 ZAR 交代2:サパテル(OUT)、セラーデス(IN)
 +2 ZAR    :Sガルシア右クロス                   ファール(FK)
 +4 BAR    :C→ボージャン左クロス→                GKキャッチ

●後半:コメント
  試合内容を考えればサラゴサに1ポイント以上与えるのがふさわしいと言える。決定機ではバルサを
 上回ったし、カウンターの切れ味はやや衰えたが、クロスやセットプレイでチャンスを作った。一方の
 バルサは有効な攻め手を見いだせず、ドローの気配濃厚の時に、微妙なPKでバルサが勝ち点3をゲット
 する結果となった。あれをPKとするならばアンリのゴールもハンドでノーゴールとすべきだと思う。
 苦手のアウェイで審判の助けもあってどうにか勝ち点3をゲットした幸運を今後も活かして欲しいところ
 だ。ここでバルサに負けられてはシーズンが退屈になるからという無理矢理の笛だと思われても仕方の
 ない強引なPK、バルサが得たのは勝ち点3という結果だけ、内容からすれば引き分け以下がふさわしい
 試合だった。

●スタッツ
           G   S  SOG   F   P  YC  RC
    サラゴサ   1  14   3  21  41   4   0
   バルセロナ   2  12   5  16  59   2   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/16

[TV] 機動戦士ガンダムOO #19

第19話 「絆」

コメント
  「あたし達は味方よ!」ってネーナさんに言われてもなぁ。ティエリアさんまで来ましたか。
 船を守るアレルヤさんは大人です。他のマシンを制御、ナドレって怖いシステムだな。あらあら、
 ロックオンの仇が刹那って、そんな捨てぜりふを残して去っていくんだ。沙慈に帰ろというルイス、
 偉いというか何というか…、まあいなくなって泣くのはしょうがないけど。で、この二人はこの後
 どうするんでしょうね。結論から言えば、ネーナは今日もわがままだったと。「チューまでして
 あげた」って、あんたが勝手にやったことですよね(笑) さすが「一番悪い子(by 監督)」です。

次回
  うーん、総集編ってことはないですよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

[TV] 灼眼のシャナII #18

第18話「錯綜の悠二」

コメント
  なんか、変な人たちが会話してるな…。悠二はマージョリーさんに指導を受けてますが、炎での攻撃
 は、球技の才能が必要なんでしょうか。剣をしおりにしてなくしたりしないのかな、とか思ったり。
 覚悟を決めた悠二は、シャナじゃなくてもなんか妙だよね、というAパート。吉田さんが出てなかった
 なぁ。

  Bパート開始のアイキャッチは、ストーリーとかけ離れてるけど嫌いじゃないかな。千草さん、
 いきなり倒れてます。吉田さん、お食事だけ渡して帰っていくなんて健気だねぇ…。カルメルさんの
 煎じ薬は効くんですかね、吉田さんになんて事言うんだか…。吉田さんが怒るのも当然だよね、と
 言うBパート。シャナの私服は可愛いんだけどね…。そして来週から戦闘開始、だよね。

次回予告
  男同士のデートはイヤだよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

02月16日のココロ日記(BlogPet)

Nagaさんと、なんとなく心が通じたかも……そんな気がしました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/15

[TV] CLANNAD #18

第18話 「逆転の秘策」

コメント
  朝起こしに来るのはいいとして、エプロンしてたような気がするんだが…、いいのか智代…。
 そうか、停学になったんだな。しかし寮で猫飼っていいのか。お姉ちゃんと一緒に占いゲーム、
 しかし「友達」を選んでそこまで怒りますか…、椋ちゃんに気を使うあまり、色々気を使う杏さん、
 健気だな~。日曜の朝なんて、ゆっくり寝てたいのに、智代さんはともかく、杏やことみちゃん
 まで来ますか…、というAパート。結局全部食べたのはさておき、智代さんが不良疑惑で大変なこと
 になってますが、どうしてそこで野球部と勝負?

  いやいや、智代さん、狙って顔面に行きますか。勝負に勝ったので、確かに女子には人気が出そう
 です。桜並木を残したいためだけに転校してくるって、すごいな…。そして丘の上で語らう二人。
 智代さん、丸くなったというかおしゃべりになったなぁ。家族の絆を取り戻した弟君もすごいな。
 しかし智代さん人気者ですな…。まあ、やっぱり渚ちゃんとがお似合いなんだよて、というBパート。
 あらあら、そこで椋ちゃんが謝りますか…というBパート。そこで二人で泣かれても周りはきっと
 困るよね。智代さん生徒会長就任おめでとうさんなのです。

次回
  演劇部復活、そして朋也君にも変化があったり無かったり?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2008/02/14

[[LETOUR2008] アスタナ、ツール出場不可

[CYCLINGTIME] コンタドール率いるアスタナのツール出場に赤信号
  ツール・ド・フランスの主催者であるASO(Amaury Sport Organisation)は、2008年に同社が主催する全レースにアスタナを招待しないことを発表した。これはつまり2007年大会総合優勝のアルベルト・コンタドール(スペイン)や総合3位リーヴァイ・ライプハイマー(アメリカ)のツール欠場を意味する。

●除外理由
 ・昨年のツール・ド・フランスに大きなダメージを与えたこと(ヴィノクロフのドーピング発覚による撤退)
 ・2006年から2年間に渡ってロードレース界の信頼を揺るがせたこと(カシュチキン、ケスラーのドーピング)

でも、完全に違うチームだからなぁ…。もっと早く、去年のシーズン終わる前に言うべきだと思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[RMA] ラウール&カシージャス 終身契約

[UEFA] ラウール、カシージャスが新契約
  アル・マドリーCFは14日、FWラウール・ゴンサレス(30)、GKイケル・カシージャス(26)の2選手との新契約に合意したと発表した。新契約の結果、両選手は残りの現役生活を同クラブに在籍する可能性が高まった。ラウールの従来の契約は2010年までだったが、1年間の延長で合意した。その後は公式戦30試合に出場する限り、自動的に1年間延長する条項を加えた。カシージャスとの契約は2016-17シーズンまで(6年間)延長した。その後もラウールと同様、公式戦30試合出場を条件に1年間の延長を続ける」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[MIL] ロナウド、膝負傷、今期絶望

[UEFA] ミランに衝撃、ロナウドが手術へ
  13日に行われたイタリア・セリエAの試合でひざを負傷したACミランのFWロナウド(31)が14日、フランスのパリで手術を受けることになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

[IRE] トラパットーニ氏、アイルランド代表監督へ就任

[UEFA] アイルランド新監督にトラパットーニ氏
  元イタリア代表のジョバンニ・トラパットーニ氏(68)が13日、アイルランド・サッカー協会の公式発表に先立って、同国代表監督に就任することを明らかにした。今年夏、過去2年間監督を務めるFCザルツブルクを退団し、2年契約でアイルランドを指揮することで合意した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[GER] ニュルンベルグ、マイヤー監督を解任

[UEFA] ニュルンベルク、マイアー監督を解任
  1FCニュルンベルクが11日、チームの成績不振を理由にハンス・マイアー監督を解任した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/11

OS破損…、いやいや

[230165]Windows の起動時に毎回「アップデートを続行するにはシステムの再起動が必要です」というメッセージが表示される

「Adobe Updater のトランザクションファイルが破損」で再起動の無限ループってのはまずいでしょうに…。せめて「アドビ」ぐらいのメッセージは出してくれ。原因究明までに1時間…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/10

[PL07/08] #26 マンU v マンC

50年前のミュンヘンの悲劇のメモリアル・ゲーム。苦い結果になりました

●スタジアム
  オールド・トラフォード  マンチェスター

●試合結果
  マンU 1 - 2 マンC  Att: 75970

●審判
  ハワード・ウェブ

●ラインアップ

 マンU
         07 ロナウド    09 テベス

  11 ギグス   08 アンデルソン  10 スコールズ  06 ナニ

  03 オシェイ  04 ビディッチ   05 リオ     02 ブラウン

             01 Vサール
  サブ:
    29 クスチャク  25 シンプソン  04 ハーグリーブス  13 パク  16 キャリック
  監督:
    アレックス・ファーガソン

 マンC
            27 ベンジャニ

  15 ペトロフ                 12 バッセル

     28 ゲルソン  21 ハマン   07 アイルランド

  03 ボール  22 ダン  02 リチャーズ  04 オヌオハ

           25 ハート
  サブ:
    01 イサクション  08 ジオバンニ  17 ジハイ  20 ケイセド  24 ギャリード
  監督:
    スベン・ゴラン・エリクソン

●前半:試合展開
 00 MAU    :マンU選手は50年前のユニフォーム。スポンサーロゴや名前がない。
 00 MAU    :ゼッケンは1-11。
 02 MAU    :ロナウド左→テベス                   S出来ず
 07 MAU SOG:テベス右クロス→ギグス左TS             ※GKセーブ(CK)
 13 MAC S  :ペトロフ中ミドルS                   枠上
 15 MAU S  :ロナウド中スルーP→テベス中ドリブルS        ※枠左
 15 MAC SOG:ボール左クロス→アイルランド中HS           GKキャッチ
 17 MAU    :ロナウド右ドリブル、エリア内で倒れる          笛無し
 19 MAU    :ギグス左クロス                     DFクリア
 21 MAC    :オヌオハ右クロス→ベンジャニ              DFクリア
 24 MAC SOG:ペトロフ左クロス→アイルランド→バッセル右S     ☆GKセーブ
 24 MAC SOG:こぼれ→バッセル中S               GOAL★MAU 0-1 MAC
 25 MAU    :ナニ右クロス→テベス                  GKキャッチ
 27 MAU SOG:スコールズ中→テベス中反転S             ☆GKセーブ
 29 MAC    :バッセル、足をひねって倒れている→治療後復帰
 34 MAU S  :中FK:ロナウドS                   枠上
 36 MAU SB :ブラウン右クロス→ロナウド中ミドルS         ※DFブロック(CK)
 36 MAU S  :右CK:ロナウド→リオ左→ビディッチ中S       ※枠左
 42 MAU S  :スコールズ右ミドルS                  枠上
 43 MAC    :ペトロフ左クロス→フェルナンデス           ※GKセーブ(CK)
 44 MAC    :右CK:→                       DFクリア(CK)
 45 MAC    :右CK:→                       DFクリア(CK)
 45 MAU SOG:ペトロフ右クロス→ベンジャニ中HS        GOAL★MAC 0-2 MAU

●前半:コメント
  ポゼッションでは上回ったユナイテッドだが、シティはペトロフとベンジャニのカウンターで
 何度もチャンスを作る。ペトロフのクロスやセットプレイが絶好調、2ゴールとも彼のクロスに
 合わせる形でシティが予想外のリードを奪った。そしてベンジャニも1トップながらポスト
 プレイや裏を取る動きで攻撃の起点となっていた。

  マンUはエブラとルーニーを欠くのが響いた。特にルーニーとテベスの2トップが絶妙のコンビ
 を見せていただけに、テベスは悪くはなかったがギグスやロナウドとのコンビが見られなかったのが
 無得点の原因の1つだろう。また、ロナウドがトップや左サイドといういつもと異なるポジションで
 持ち味を出せなかったのも苦戦の原因か。全体的にシティのコンディションの良さの前にパス回しを
 封じられていた。後半、相手が疲れてくるとは言え、2点差を追い付くのはかなり苦しいだろう。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
       マンU   0   8   4   3   4  51   0   0
       マンC   2   6   5   4   9  49   0   0

●後半:試合展開
 46 MAC SOG:ハマン中ミドルS                    GKキャッチ
 51 MAU    :ギグス左スルーP→テベス左               DFクリア
 52 MAU SB :ロナウド中ミドルS                   DFブロック
 53 MAU    :スコールズ中フィード→ロナウド             DFクリア(CK)
 53 MAU    :ロナウド中ヒール→ビディッチ              GKキャッチ
 54 MAU    :ロナウド右ドリブル、クロス               あわず
 56 MAU    :スコールズ中ミドルS→テベスG             オフサイド
 57 MAU    :ナニ中→ギグス                     GKキャッチ
 58 MAU ▲YC:オシェイ、バッセルにスライディング        CARD▲オシェイ
 59 MAC    :カット→アイルランド→ベンジャミS          ※DFブロック
 60 MAU S  :ペトロフ中ミドルS                   枠左
 61 MAU    :ナニ左クロス→テベス                  DFクリア
 61 MAU SOG:アンデルソン左ミドルS                 GKキャッチ
 62 MAU S  :ロナウド中ミドルS                   枠左
 64 MAU 交代1:ナニ(OUT)、パク(IN)
 65 MAU    :オシェイ→                      ※DFクリア(CK)
 66 MAC    :ペトロフ左クロス→                   DFクリア(CK)
 67 MAC    :左CK:ペトロフ→                   DFクリア(CK)
 67 MAC    :左CK:ペトロフ→                   DFクリア(CK)
 68 MAC    :右CK:ペトロフ→                   DFクリア
 71 MAU    :テベス左ドリブル                    DFクリア
 73 MAU 交代2:アンデルソン(OUT)、ハーグリーブス(IN)
 73 MAU 交代3:オシェイ(OUT)、キャリック(IN)   ギグス左SBへ
 76 MAC 交代1:ベンジャニ(OUT)、カイセド(IN)

 78 MAU S  :キャリック左→パク→ギグス中S             枠右
 84 MAU    :ブラウン右クロス                    DFクリア(CK)
 84 MAC 交代2:ハマン(OUT)、ソン(IN)
 90 MAU S  :テベス中ミドルS                    枠上
 +1 MAU    :ギグス中→スコールズ中                 オフサイド
 +2 MAU SOG:スコールズ→キャリック中S            GOAL★MAU 1-2 MAC

●後半:コメント
  マンUとしてはルーニーの不在に泣かされた形になった。後半に入り、ますますポゼッションは
 上がったものの、決定的なシュートを打つことが出来ず。パク、キャリックを投入したものの、
 決定的なチャンスを作ることが出来なかった。一番気になったのはリオのパスミスの多さ。直接的に
 失点の原因にはならなかったものの、相手のカウンターの契機となっていたのはいただけない。また、
 スコールズ、アンデルソンのMFが相手の3センターとの争いで劣勢になっていたのも敗戦の原因
 ではあるだろう。ロナウド、ギグスもコンディションが今ひとつ、もともと苦手のシティだけに、
 チームが完全ではない状態では敗戦も必然と言うことか。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
       マンU   1  19   9   8   6  54   1   0
       マンC   2   9   7   7  11  46   0   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] コードギアス 反逆のルルーシュ R2

●公式サイト
  http://www.geass.jp/index.html

●放映日
  2008年4月より、TBS系にて日曜夕方5:00より

# 深夜の間違いじゃないのね…、がっかり…。

●独り言
  ナイトメア・アクションが派手派手なのは当然、カレンが相変わらずお色気担当なのはよいとして、
 ナナリーはどうした~!! と若干のいらだちを覚えつつも、アーニャさんって誰かな~とか非常に
 楽しみにしていたり…。3月は忙しいけど先行上映会行こうかな、あたれば…。まあ、カレンさんの
 あ~んなのやこ~んなのは、夕方5時だとソフトにならざるをえんのだろうなぁ~。まさかDVD版と
 映像表現が違ったり…、そこまではやらんか。

●キャスト
  ルルーシュ・ランペルージ:福山潤
     ロロ・ランペルージ:水島大宙
         枢木スザク:櫻井孝宏
     C.C.(シーツー):ゆかな
    ジノ・ヴァインベルグ:保志総一朗
 アーニャ・アールストレイム:後藤邑子
  黎 星刻(リ シンクー):緑川光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/09

[PREMERA Div. 07/08] #23 セビージャ v バルセロナ

●スタジアム
  サンチェス・ビスファン  セビージャ
  気温:15度  湿度:39%  ピッチ:乾燥  天候:晴れ

●試合結果
  セビージャ 1 - 1 バルセロナ

●主審
  ティシェイラ・ビティエネス

●ラインアップ

 セビージャ
          12 カヌーテ  10 ファビアーノ

  17 カペル     21 ケイタ  08 ボウルセン  07 Jナバス

  06 アドリアーノ  03 ドラゴ  14 エスキュデ  04 Dアウベス(C)

             01 パロップ
  サブ:
    13 デサンクティス  31 ロロ  05 ドゥダ  11 レナト  20 デ・ミュル
    09 ケルジャコフ   25 マレスカ
  監督:
    マノーロ・ヒメネス

 バルセロナ
     14 アンリ   19 メッシ      17 ドスサントス

      08 イニエスタ      06 シャビ

            15 エジミウソン

  22 アビダル  03 ミリート  21 テュラム  23 オレゲル

            01 バルデス
  サブ:
    13 ピント  04 マルケス  34 エスバサンディン  30 サンチェス  07 グジョンセン
    10 ロニー  36 バスケス
  監督:
    フランク・ライカールト

●前半:試合展開
 03 SER S  :左FK:アウベスS                   枠上
 05 BAR SOG:イニ中→メッシ左ミドルS                GKキャッチ
 05 SER SOG:ファビアーノ右→カヌーテ中ミドルS           枠上
 08 SER    :ファビアーノ中→カヌーテ                あわず
 10 SER SOG:左FK:アウベスS                  ☆GKセーブ
 10 SER SOG:右クロス→ファビアーノ中S              ※GKキャッチ
 12 SER    :Jナバス右クロス                    GKキャッチ
 13 BAR    :シャビ中スルーP→アンリ左S             ※GKセーブ
 13 SER S  :Dカペル左クロス→カヌーテ中S             枠左
 18 BAR ▲YC:ガビー、ケイタを引っかける            CARD▲ガビー
 18 SER    :左FK:アウベス                    あわず
 21 BAR S  :シャビ中浮き球→ドスサントス右S           ※GKセーブ
 23 BAR SB :メッシ中S                       DFブロック
 24 SER    :ファビアーノ右クロス→カヌーテ中反転、倒れる      笛無し
 26 SER SB :左FK:アウベスS                   壁
 29 SER ▲YC:Dアウベス、アンリを引っかける          CARD▲アウベス 次停
 30 BAR    :左FK:シャビ→ガビー                 あわず
 30 SER S  :フィード→カヌーテ右→ファビアーノ中S        ☆GKセーブ(CK)
 33 SER SOG:カペル右クロス→カヌーテ中BS            ☆GKセーブ
 35 SER SOG:アウベス→Jナバス右クロス→カペル中S      GOAL★SER 1-0 BAR
 37 BAR S  :カヌーテ左→ファビアーノ中ミドルS           枠左
 40 SER SB :ファビアーノ中ミドルS                 DFブロック(CK)
 41 SER S  :右CK:Jナバス→ケイタ中HS             枠上
 42 SER    :ケイタ左クロス                     DFクリア
 42 SER S  :Jナバス中ミドルS                   枠上
 44 BAR SOG:イニ中ミドルS                     GKキャッチ
 45 BAR ▲YC:イニ、Jナバスを倒す               CARD▲イニエスタ

●前半:コメント
  ホームのセビージャがポゼッションでも攻撃機会でもバルサを圧倒。左サイドのカペル、そして
 右サイドのアウベスの再三の突破でチャンスを作り、何度もバルサDFを脅かす。35分の先制点も、
 Jナバスの右サイドのクロスにカペルが合わせての先制となった。特に前線のファビアーノが絶好調、
 何度も中央でシュートを放った。カヌーテもハイボールの争いやポストなどで好調ぶりをみせ、
 ファビアーノとのコンビで相手を圧倒した。序盤こそ、左SBのアドリアーノの穴を突かれるシーン
 もあったが、後半はそこからの攻撃さえ相手に許さなかった。後半もこのペースをキープできれば
 勝利は確実だろう。

  序盤こそ攻撃勢のコンビネーションや、右サイドの突破で何度かチャンスを作ったが、時間が経つに
 つれセビージャの攻撃の前に防戦一方となった。カペルのスピードにオレゲルがやや苦戦、テュラムが
 引き出されるシーンが目立った。右サイドもアウベスとJナバスの突破を許すシーンがあり、攻撃も
 守備も、うまくいっていない。Vバルデスのセーブが無ければ、もう1、2点失った可能性さえあった。
 後半、選手交代で流れを替えることが必要だろう。

●後半:試合展開
 46 BAR 交代1:エジミウソン(OUT)、マルケス(IN)
 46 BAR 交代2:テュラム(OUT)、ロニー(IN)      ロニートップ下、Wボランチ

 47 SER S  :カペル左クロス→ファビアーノ中HS           GKキャッチ
 48 BAR SOG:アンリ左→ロニー中ミドルS               GKキャッチ
 49 BAR    :イニ→アンリ                      オフサイド
 50 BAR    :シャビ中スルーP→アンリ左クロス            DFクリア(CK)
 57 BAR S  :アンリ左→イニS                    DFブロック
 57 BAR S  :こぼれ→シャビ中S                   枠左
 59 BAR 交代3:アンリ(OUT)、グジョンセン(IN)   ロニー前へ、ドスサントス左
 59 BAR    :アンリ左足の付け根を押さえている様子
 59 BAR    :ドスサントス左クロス→                 あわず
 61 SER    :アウベス右クロス                    DFクリア
 61 BAR S  :シャビ中ミドルS                    枠左
 64 SER 交代1:カヌーテ(OUT)、レナト(IN)
 66 BAR ▲YC:アビダル、Jナバスを引っかける          CARD▲アビダル
 67 SER    :C→Jナバス右クロス→DFクリア            DFクリア
 68 SER ▲YC:ケイタ                      CARD▲ケイタ
 71 BAR    :メッシ左クロス                     あわず
 71 BAR ▲YC:メッシ、ドラゴを引っかける            CARD▲メッシ
 73 SER S  :左FK:ファビアーノS                 枠上
 74 SER SB :右クロス→カペル左S                  DFブロック
 75 SER    :ファビアーノ右クロス→DFクリア           ☆GKセーブ
 76 BAR SOG:メッシ右スルーP→シャビ中1対1S        GOAL★SER 1-1 BAR
 77 SER    :Jナバス右クロス                    DFクリア
 77 SER S  :ケイタ中ミドルS                    枠右
 78 SER ▲YC:ケイタ、メッシを引っかける           退場▲▲ケイタ
 80 BAR SB :中FK:ロニーS                    壁
 82 BAR S  :中FK:ロニーS                    枠上
 84 SER 交代2:Jナバス(OUT)、マレスカ(IN)
 84 SER S  :カペル中ミドルS                    枠上
 86 BAR SB :中FK:ロニーS                    壁
 86 BAR    :右CK:シャビ→こぼれ→メッシ左S          ※枠右
 89 SER ▲YC:ファビアーノ、ドスサントスを倒す         CARD▲ファビアーノ
 90 SER ▲YC:ドラゴ、抗議?                  CARD▲ドラゴ

 90 BAR S  :中FK:ロニーS                    壁
 +3 SER S  :C→カペル中ドリブルS                ※枠右
 +6 BAR SOG:中FK:ロニーS→DFR               ※GKキャッチ

●後半:コメント
  後半ロニーを投入して攻めに出たバルサ、ロニー自体はトップコンディションには遠く、攻撃に
 うまく絡めなかったが、前半のようなセビージャの攻撃が影を潜めたのは確か。それはカヌーテを
 交代で下げてレナトを投入したことでますます顕著に。バルサはアンリが負傷で交代を強いられた
 ものの、替わって入ったグジョンセンがうまく攻撃に絡み、76分にシャビの同点ゴールを生み出す。
 その後ケイタの投入で10人での戦いを強いられたセビージャは、引き分けを意識したカウンター
 狙いに徹し、結局バルサはその守備を崩せず、双方に取って痛いドローとなった。

  バルサはメッシを押さえられたことと、ロニーのコンディションが戻っていないこともあり、
 逆転をすることが出来なかった。エトゥをアフリカ選手権、ボージャンを体調不良で欠いたのも
 決定力という意味では痛かった。ただ前半何度もあったVバルデスの好守が無ければ大差での敗戦も
 あっただけに、納得のいかない結果であっても勝ち点1を取れたことでよしとしなければならない
 だろう。エトゥの復帰が待たれるところではあるが、途中交代したアンリのコンディションが
 気がかり。

  一方のセビージャは前半の勢いが影を潜め、後半は防戦一方の展開となった。カペルの左サイドの
 突破は減ったものの何度かあった。ただ、結局バルサの強引な突破の前に、ケイタが2枚目のカードで
 退場したところで万事休す。カペルの左サイドの突破は最後まで衰えなかったものの、それだけで
 バルサのDFラインを崩すことは出来なかった。後は、怪我人、出場停止等でDFラインのメンバーを
 欠いたことも、失点に結びついたとは言えるだろう。

●スタッツ
           G   S  SOG   F   P  YC  RC
   セビージャ   0  18   6  20  44   5   1
   バルセロナ   1  16   6  14  56   4   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 機動戦士ガンダムOO #18

第18話 「悪意の矛先」

コメント
  ネーナ達の新ガンダム、好き勝手やってるようですが。物事に絶対はないんですよ…。アレルヤさんっ
 て…、ひょっとしてヴェーダにダイブしてたりするんですかねぇ。ネーナさん、見られてたんですね、
 っていきなり証人を殺しますかぁ。いきなりルイズの上をガンダムが飛んでますが、いきなり無抵抗の
 市民を撃っちゃダメだろ、くぎみ~、誰か止めろよ…。女って怖いな、しかし、こんなとこでバイト代が
 役に立つとは…。しかし、血を吐くほどのGをかけるモビルスーツってまずいよね…。ルイスさん、
 それはとんでもない怪我じゃないですか…。あ~あ、刹那君が切れちゃいましたね…。今日の結論と
 しては、ツンデレでなくてもヤンデレなんだからOKって事で…、でもヤンデレなキャラなんて初めて
 みたなぁ(笑)

次回
  いやいや、描かれるべきは刹那とロックオンかぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (8)

[PL07/08] #26 エバートン v レディング

この粘りがあれば、今年こそ、悲願のCL出場なるかな。

●スタジアム
    グディソン・パーク    リバプール

●試合結果
  エバートン 1 - 0 レディング  Att: 36582

●審判
  マーク・ハルシー

●ラインアップ

 エバートン
                              08 ジョンソン

                              17 ケーヒル

    21 オスマン     23 フェルナンデス   26 カーズリー   06 アルテタ

    05 レスコット   16 ジャギエルカ     04 ヨボ         18 ネビル

                              24 ハワード
    サブ:
        33 ベッセルス   02 ヒバート   07 Vメイデ   14 バウガン   19 Nバレンテ
    監督:
        デビッド・モイーズ

 レディング
                  09 ドイル         12 キットソン

    10 ハント     28 マテロフスキ   15 ハーパー   11 オスター

    03 ショリー   04 シセ           05 ソンコ     02 マーティ

                        91 ハーネマン
    サブ:
        32 フェデリッチ   19 ロセニア   23 デラクルス   24 ロング   30 ケベ
    監督:
        スティーブ・コッペル

●前半:試合展開
  02  REA SOG:中FK:ハントS                                      ※GKキャッチ
  04  REA S    :左クロス→キットソン中HS                              枠上
  18  REA       :ハント中→                                              あわず
  20  EVE SOG:ジョンソン左ドリブルS                                  GKキャッチ
  36  REA S    :マティウスキ中ミドルS                                  枠左
  43  EVE S    :オズマン右クロス→ケイヒル中S                          枠上
  +1  REA S    :右FK:オスターS                                    ※枠上
  +2  EVE       :アルテタ右クロス                                        DFクリア(CK)
  +3  EVE S    :左CK:アルテタ→ケイヒル中HS                      ※枠上

●前半:コメント
  決定機はいずれもセットプレイ、相手の攻撃をつぶし合う渋い試合展開に終始し、シュート数
 はレディングが7本、エバートンに至ってはわずか4本だった。相手ゴール前にボールを多く運んだ
 のはレディング、ただそれもあくまで相対的な印象。このままでは後半も1点を争う渋い試合に
 なりそうである。

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
   エバートン   0   4   2   3  11  54   0   0
   レディング   0   7   3   2  17  46   0   0

●後半:試合展開
  46  EVE 交代1:フェルナンデス(OUT)、ボーン(IN)
  46  REA S  :キットソン中ミドルS                                    枠左
  51  EVE       :ボーン左ドリブル→ケイヒル                            ※あわず
  56  REA S    :ドイル左ミドルS                                        枠左
  57  REA S    :ドイル右ドリブルS                                      枠右
  58  REA       :左クロス→                                              DFクリア(CK)
  59  EVE S    :左→ジョンソン左S                                      DFクリア(CK)
  59  EVE S    :左CK:アルテタ→ボーン中HS                          枠上
  60  REA SOG:ハーパー右クロス→ハント左HS                          GKキャッチ
  61  EVE SOG:左CK:アルテタ→中浮き球→ジャギエルカ中H      GOAL★EVE 1-0 REA
  67  EVE       :オズマン左クロス                                      ※クロスバー
  67  EVE SB  :アルテタ右ドリブルS                                    DFブロック
  68  REA S    :右CK:ハント→シセ右HS                              枠上
  75  REA 交代1:キットソン(OUT)、ロング(IN)
  76  EVE SOG:ネビル右クロス→ボーン中OHS                        ☆GKセーブ
  80  EVE S    :ジョンソン左クロス→ボーン中BS                        GKキャッチ
  81  REA 交代2:フォスター(OUT)、ケベ(IN)
  84  REA       :左CK:→                                              ボールデッド
  84  REA SB  :ロング中ドリブル、1対1S                            ※DFブロック
  85  REA S    :ロング→ハーパー中S                                  ※枠左
  86  EVE S    :カウンター→ジョンソンGKかわしてS                  ※枠右

●後半:コメント
    後半に入っても、レディングやや優勢の展開は変わらないが、先制点をあげたエバートンが、
 結局その1点を守りきった。1点を上げてからますます激しくなったレディングの攻めだった
 が最後まで決定的なシュートは打てず。アルテタという優秀なキッカーかつゲームメーカーと、
 セットプレイの強さを持ったエバートンが、現在の順位通りの順当勝ちを果たしたと言うことは
 言える。内容的に見るべきものは少なかったが、いまいちな内容でも勝ち点3を取れたことを
 よしとすべきだろう。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
   エバートン   1  12   7   8  16  51   0   0
   レディング   0  16   6   8  15  49   0   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休みの課題その2(シャナ)

ちょっと病院に行ってみたら2時間待ちってねぇ…。ろくろく検査にも行けやしない。しかもシャナ、16話が録画されてないし(笑) ということでアニマックスの放映まで待ち。

[TV] 灼眼のシャナII #14
[TV] 灼眼のシャナII #15

次は…、グレンラガンだけど、4本ほどにぃちゃんのデータをいっちゃんに移してから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #26 Aヴィラ v ニューカッスル

まあ、ヴィラの順当勝ちというか、ニューカッスルの順当負けというか…

●スタジアム
  ヴィラ・パーク  バーミンガム
  気温:10度

●試合結果
  アストンヴィラ 4 - 1 ニューカッスル   Att: 42640

●審判
  リー・メーソン

●ラインアップ

 アストンヴィラ

       28 マローニー  10 カリュウ

  07 ヤング  06 バリー   20 レオコーカー  19 ペトロフ

  03 ボウマ  15 デービス  05 ラウルセン   04 メルベリ

             22 カーソン
  サブ:
    13 テイラー  09 ヘアウッド  16 ナイト  26 ガードナー  27 オズボーン
  監督:
    マーティン・オニール

ニューカッスル
     10 オーウェン  17 スミス

  11 ダフ  22 バット  07 バートン  16 ミルナー

  21 ベイ  06 カカパ  27 テイラー  02 カー

            01 ギブン
  サブ:
    13 ハーパー  03 Jエンリケ  05 エムレ  25 ファイ  36 ヴィドゥカ
  監督:
    ケビン・キーガン

●前半:試合展開
 03 AVI SB :こぼれ→ペトロフ中ミドルS               枠右
 04 NCU SOG:ミルナー左クロス→オーウェン中HS        GOAL★AVI 0-1 NCU
 14 AVI    :ヤング左クロス→バリー中MS             ※DFブロック(ハンド?)
 17 NCU SOG:バートン左ミドルS                   GKキャッチ
 22 NCU    :ミルナー右ドリブル、                  DFクリア(CK)
 26 AVI S  :左FK:マローニーS                 ※枠上
 32 NCU    :左CK:ミルナー                    DFクリア
 33 AVI SB :左クロス→メルベリ右S                 DFクリア(CK)
 33 AVI S  :左CK:→ラウルセン中HS               枠右
 41 AVI SOG:左FK:→カリュウ中HS               ☆GKセーブ

●前半:コメント
  ヴィラが優勢に試合を進めたものの、リードしたのはニューカッスル。4分に唯一の決定機を決めた
 ニューカッスルと、カリューのヘディングがGKの好守に阻まれたヴィラ、その差が前半の結果に
 現れたと言える。ヴィラにとってはバリーのシュートによるハンドを取ってもらえなかった事が響いた
 とも言える。正直、攻撃の形がセットプレイ以外出来ていないだけに、オニールの采配力が問われる
 ところではある

●前半:スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
 アストンヴィラ   0   8   3   1   8  50   0   0
 ニューカッスル   1   2   2   3   8  50   0   0

●後半:試合展開
 46 AVI 交代1:ペトロフ(OUT)、ヘアウッド(IN)
 46 AVI 交代2:メルベリ(OUT)、ガードナー(IN)

 47 AVI    :右クロス                        GKキャッチ
 47 NCU    :左クロス                        GKキャッチ
 48 AVI SOG:ボウマ左ミドルS                 GOAL★AVI 1-1 NCU
 50 AVI SOG:左CK:ヤング→カリュウ中HS          GOAL★AVI 2-1 NCU

 51 AVI ▲YC:カリュウ                     CARD▲カリュウ
 53 NCU SB :DFミス→ミルナー右ドリブルS             DFブロック
 54 NCU 交代1:ギブン(OUT)、ハーパー(IN)
 57 NCU ▲YC:バット                      CARD▲バット
 60 AVI    :マローニー左ドリブル、クロス              DFクリア
 65 AVI    :ヘアウッド右ドリブル、クロス              GKキャッチ
 71 AVI SOG:右CK:→ガードナーHS               ☆GKセーブ(CK)
 71 AVI SOG:左CK:→ガードナー中BS              ☆GKセーブ(CK)
 72 AVI SOG:左CK:→こぼれ→カリュウ中HS         GOAL★AVI 3-1 NCU
 74 NCU 交代2:バートン(OUT)、エムレ(IN)
 78 AVI ▲YC:レオコーカー                   CARD▲レオコーカー
 81 AVI    :右CK:→中HS                    GKキャッチ
 81 AVI S  :フィード→ヘアウッド右ミドルS             枠上
 88 NCU S  :オーウェン右S                     枠右
 89 NCU    :カー、ハンド                      PK
 90 AVI SOG:PK:カリュウS中上               GOAL★AVI 4-1 NCU
 +1 AVI 交代3:ヤング(OUT)、オズボーン(IN)

●後半:コメント
  後半になってヴィラの動きが一変、積極的な守備でボールを奪った後、素早く前線に繋ぐ攻撃、
 特にゴールこそ無かったもののヘアウッドのカウンターとガードナーのミドルS、もちろん結果と
 してハットトリックを果たしたカリュウのシュートの前にニューカッスルは為す術がなかった。
 最初の交代がGK、しかもリードを許した状態での交代という不可解な采配をしているようでは
 格上の相手に勝てる訳もない。監督が替わってもマグパイズの混迷はまだまだ続きそうだ。

●スタッツ
           G   S  SOT  CK   F  POS  YC  RC
 アストンヴィラ   4  15  10   8  19  49   2   0
 ニューカッスル   1   5   3   5  11  51   1   0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お休みの課題その1(CLANNAD)

せっかくの3連休なので、たまっているビデオの整理って、レコダさんに替えたからビデオじゃないんだけど…。

[TV] CLANNAD #16
[TV] CLANNAD #17

まあ、結論からすれば、智代さん対杏ちゃんってことで(笑)
次は、シャナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

02月09日のココロ日記(BlogPet)

すごいマンチェスターを抱き枕にしたら気持ちいいですかねぇ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 灼眼のシャナII #17

第17話「それぞれの道」

コメント
  新OPって、すごく音が取りづらい気がするなぁ…、まあシャナの曲って難しいのばかりなんだけど。
 いやいや、いきなりサングラスのお兄さん、何やってるんですか…。おがっちゃんの笑顔だけが救い
 です。佐藤も田中も吉田さんも皆、悩んでますが。シャナと悠二に関してはひたすら鍛錬をしている
 わけで。池君にはわからなくてもおがっちゃんには田中の違いがわかるんだね、というAパート。
 アウトローですか…、それはそれで大変そうなお仕事ですね。

  田中君、アウトローに志願ですが、世界中のアウトローが敵に襲われているとのこと。それが最初の
 タンカーのシーンにつながるのね。やっぱ、剣を払われたら、そこで蹴りだよね。姉さんとの別れを
 決意した佐藤、それもまた1つの生き方ではあるよね、というBパート。しかし、前回の吉田さんと
 いい、話が全然進まないなぁ…。

次回予告
  新たな敵、登場っぽいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 今週の放映試合

結構グッドな試合が満載です。ダビング待ちの合間に。

    

アストンビラ vs ニューカッスル    02/09(Sat)  21:40 Ch.182 生中継
     エバートン vs レディング      02/09(Sat)  23:54 Ch.307 生中継

       ローマ vs レッジーナ      02/09(Sat)  28:20 Ch.181 生中継
     セビージャ vs バルセロナ            02/09(Sat)  28:55 WOWOW  生中継
  マンチェスターU vs マンチェスターC   02/10(Sun)  22:19 Ch.308 生中継
       ミラン vs シエナ        02/10(Sun)  22:50 Ch.182 生中継
       トリノ vs パレルモ       02/10(Sun)  22:50 Ch.186 生中継
     チェルシー vs リバプール      02/10(Sun)  24:44 Ch.308 生中継
     カターニア vs インテル       02/10(Sun)  28:20 Ch.186 生中継
     Rマドリー vs バリャドリード        02/10(Sun)  26:55 WOWOW  生中継
     バレンシア vs ベティス          02/10(Sun)  28:58 WOWOW  生中継

       ラシン vs アトレティコ     02/11(Mon)  25:50  WOWOW   録画
     アーセナル vs ブラックバーン    02/12(Tue)  04:54 Ch.307 生中継
       ミラン vs リボルノ(延期分)  02/13(Wed)  28:20 Ch.181 生中継

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/08

[TV] CLANNAD #17

 第17話 「不在の空間」

コメント
  せっかく演劇部の皆さんが掛け持ちおっけーと言ってくれたのに、頭の固い生徒会はNG、まあ、
 生徒会なんてそんなもんだろうけど…、そんなことより渚ちゃん顔が赤いぞ、って倒れるし…。
 智代さん、いきなり男の部屋に上がりこみますか、しかも手を繋いで歩いてるし。智代さん、エッチな
 本を見ても冷静だな…、昼は昼で椋ちゃん杏ちゃんとお弁当だし…。杏ちゃんもいい奴なんだが、
 その押しの強さはなぁ…。しかし、下校を争う女の子二人ってモテモテでんなぁ…。智代さん、
 やっぱり朋也君に気があるんだろうなぁ…、次の日も来てるし、というAパート。体を触らせるって
 確かに手も体だよね、というかそれくらいわかれよ、春原(笑)

  椋ちゃんのお弁当は、ボタン殺しですか…。いやいや、涼ちゃん顔が赤いですよ。まあ、つき合って
 ないって言うのは朋也君だけですからね…。女の子と体育倉庫に閉じこめられるおまじないって…、
 そもそも10円2枚縦置きの時点で無理でしょうに、って杏ちゃん、その発言は、色々問題だろう…、
 顔赤いし…、杏ちゃんも女の子だよね、というか問題発言多すぎ。まあ、出たときに普通に戻っている
 のが杏ちゃんらしいが。それはさておき、不良との対決で出てくるのは間違いだろう…、風子ちゃん。
 ケンカに巻き込まれて智代をかばう朋也君、そんなことだから人気が出るんだよ、と言うBパート。
 椋ちゃんが絡んでどんどん修羅場度がアップしてるのは、どうなんでしょうね(笑)

次回
  お弁当づくしの予感が…、それって幸せですよね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008/02/06

[TV] もっけ #07

第07話 「ジャタイ」

コメント
  が~ん…。取れてなかった。DVD発売まで待ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主役のマリアさんのは?

[J-CAST]「桂ヒナギク」の抱き枕カバー コスパ
  人気テレビアニメ「ハヤテのごとく!」の登場人物「桂ヒナギク」の抱き枕カバーがコスパから2008年2月下旬に発売される。

 
なんでこういうニュースが普通に流れてくるかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cの次はDだけどさぁ…

[CNET] マイクロソフト、新開発言語「D」を開発中
 Microsoftが新しい開発言語に取り組んでいる。その言語は「D」と呼ばれ、アプリケーションのモデル作成を容易にする、とMary Jo Foley氏がZDNetで報じている。同氏は、Dを「非開発者を対象とした宣言型言語」とブログの投稿で述べている。

 
それって、どこのBASIC? JScriptだのVBScriptだの、言語作ったってつかわれなきゃね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[WC2010] 3次予選#01 日本 v タイ

代表の公式戦なのにすいてるな~。まあ、冬の平日の夜、しかも三次予選だから、当然と言えばそうなんだけどね。

●スタジアム
  埼玉スタジアム2002
  気温: 3度  湿度:84%  ピッチ:乾燥  天候:雪

●ラインアップ

    17 高原    16 大久保

       10 山瀬
   07 遠藤       14 中村
       13 鈴木

03 駒野  06 阿部  02 中澤  08 内田

       01 川口(C)
サブ:
  18 楢崎  05 加地  15 水本  09 羽生  04 今野  11 播戸  12 巻
監督:
  岡田武史

●前半:試合展開
 03 JPN    :左FK:遠藤→高原                   DFクリア(CK)
 06 JPN    :左CK:遠藤→                     DFクリア(CK)
 07 JPN S  :中村右ミドルS                     枠上
 08 JPN SOG:遠藤左クロス→中澤中HS                GKキャッチ
 12 JPN    :内田右クロス                      DFクリア
 13 THI    :右クロス                        GKキャッチ
 16 JPN S  :遠藤左→大久保→高原中S                枠右
 21 JPN S  :中FK:遠藤S                  GOAL★JPN 1-0 THI
 22 THI SOG:テーラテープ中ミドルS              GOAL★JPN 1-1 THI

 24 JPN    :中村右クロス→大久保                  GKキャッチ
 27 JPN    :山瀬中ドリブル                     S出来ず
 27 JPN SOG:駒野左ミドルS                     GKキャッチ
 30 JPN    :内田右クロス→遠藤→大久保中              S出来ず(CK)
 34 JPN    :山瀬左スルーP→大久保                 オフサイド
 37 JPN    :駒野左クロス→遠藤                   あわず
 40 JPN S  :中FK:遠藤S                     枠上
 42 JPN S  :鈴木中ロングS                     枠右
 43 JPN S  :山瀬左ミドルS                     枠上

●前半:コメント
  ポゼッションでは大きく上回り、攻撃の形を作った物の、シュート7本、うち枠内は遠藤のゴール
 のみと決して相手を圧倒した数字ではない。相手に対してもゴール以外のチャンスは作らせず、しかも
 DFラインを崩されてのゴールではないだけに悪くない守りと言えるのだろうが、攻めきれずすっきり
 しない展開に客席からブーイングがでるのもやむなしか。
  攻撃勢に関しては、予想通りタイの分厚い守りに苦戦している印象は否めず。高原、大久保とも
 善戦で決定的な仕事は出来なかった。ボールタッチとかを見る限り大久保は好調をキープしている
 ものの、飛び出すスペースがなく苦戦している。結果論的に言えば、巻もしくは播戸あたりの高さを
 使って後半の勝負どころで大久保投入というのが良かったのではないか…。もちろん、勝負は後半
 なので、相手が疲れたところで一気にたたみかけて欲しいところ。巻やバンドのパワープレイ勝負
 になる前に追加点をあげて欲しいところだが…

●前半:スタッツ 
          GOAL   S  SOG  CK  FK  YC  RC
   日本      1   7   1   5   5   0   0
   チリ      1   2   1   5   0   1   0

●後半:試合展開
  47 JPN    :中村右クロス                      DFクリア(CK)
  48 JPN S  :右クロス→高原中落→大久保→阿部左S          枠上
  49 JPN    :駒野左クロス                      ハンド(FK)
  50 JPN S  :中村中ミドルS                     枠上
  52 THI    :左FK:→左S                     枠上
  54 JPN SOG:山瀬左ドリブル→こぼれ→大久保S         GOAL★JPN 2-1 THI
  55 JPN SOG:高原中ミドルS                    ※GKセーブ(CK)
  57 JPN SOG:左CK:遠藤→大久保右HS              ※GKセーブ
  57 JPN    :こぼれ→高原                      S出来ず
  57 JPN SB :山瀬右ミドルS                     DFブロック(CK)
  59 THI    :左FK:→                       GKキャッチ
  64 THI ▲YC:ナロンチャイ、中澤を倒す            退場▲▲ナロンチャイ
  66 JPN SOG:左FK:中村→中澤中HS             GOAL★JPN 3-1 THI
 68 JPN 交代1:山瀬(OUT)、巻(IN)
 70 JPN    :大久保中クロス                     GKキャッチ
 70 JPN S  :中村中ミドルS                     枠上
 72 JPN    :駒野左クロス→内田中、エリア内で倒れる         笛無し
 72 THI 交代1:ティーラテープ(OUT)、ピシットポン(IN)
 72 JPN    :遠藤左クロス                      あわず
 74 JPN    :内田右クロス→高原中                  S出来ず
 76 THI 交代2:サラーユット(OUT)、トンカンヤー(IN)
 80 THI    :右CK:→こぼれ→中S                 枠右
 81 JPN 交代2:高原(OUT)、播戸(IN)
 82 JPN    :駒野左クロス                      DFクリア
 83 THI 交代3:
 85 JPN    :遠藤右クロス→バンド中                 S出来ず
 87 JPN 交代3:大久保(OUT)、羽生(IN)
 90 JPN S  :駒野中S                        DFクリア(CK)
 +1 JPN SOG:左CK:→巻右HS                GOAL★JPN 4-1 THI

●後半:コメント
  さすがに二度目のリードをはね返す力はタイにはなかったと言うことだろう。こぼれ球を落ち着いて
 というか反射的に決めた大久保はさすがだが、そのきっかけを作った山瀬のドリブル突破は評価したい。
 あそこでドリブルを出来る選手は、今までの代表にはいなかっただけに、今後も貴重な戦力となるのは
 間違いないだろう。
  気になるのは高原にゴールが生まれなかったこと。大久保と比べるとコンディションに差があるのは
 明らか、それでもFWの軸に据えざるをえないという選手層の薄さは今後の課題だろう。その意味で、
 巻の終盤のゴールは、フリーだったとは言え、利き足の頭でしっかりと決めただけに、今後のスタメン
 争いが楽しみになったと言える。
  シーズンが始まらない二月に、ホームで最下位シードとやるという、まさに「絶対に負けられない戦い」
 をしっかりと制した事は評価したい。内容に関しては、シーズン前でもあるし、監督交代直後でもあるし、
 今後高めていけばよいこと。岡ちゃんに関しては、Jでの監督経験も豊富だし、代表の経験もあるし、
 結局最後まで監督らしい仕事の出来なかったどこぞのブラジル人よりは遙かに期待できるだろう。

●スタッツ
          GOAL   S  SOG  CK  FK  YC  RC   POS
   日本      4  20   1  12  19   0   0    62
   チリ      1   3   1   1  18   4   1    38


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

[Giro 2008] ジロ・デ・イタリア2008出場チーム

[CYCLINGTIME] ジロ・デ・イタリア2008の出場チームが発表される

ジロ・デ・イタリア2008に出場する21チーム(*はプロツアーチーム)
  *ランプレ                          (ITA)
  *リクイガス                        (ITA)
    ディキジョヴァンニ・アンドローニ  (ITA)
    ティンコフ・クレジットシステム    (ITA)
  *アージェードゥーゼル              (FRA)
  *コフィディス                      (FRA)
  *フランセーズデジュー              (FRA)
  *ケスデパーニュ                    (ESP)
  *エウスカルテル・エウスカディ      (ESP)
  *サウニエルドゥバル・スコット      (ESP)
  *ゲロルシュタイナー                (GER)
  *チームミルラム                    (GER)
  *クイックステップ                  (BEL)
  *サイレンス・ロット                (BEL)
  *ラボバンク                        (NED)
  *チームCSC                         (DEN)
    NGCメディカルOTC                  (SUI)
    バルロワールド                    (GBR)
    LPRブレーキ                       (IRL)
    CSFグループ・ナヴィガーレ         (IRL)
    スリップストリーム                (USA)

●選考基準
  「道義」
  「資質」
  「国際性」
  「これまでの主催者(RCSスポルト)との繋がり」
  「バイオロジカル・パスポートを尊重」

# よくわからんなぁ(笑)

●非招待チーム
  プロツアー:アスタナ、チームハイロード(元Tモバイル)、ブイグテレコム、クレディアグリコル
    地元有力:アックア・エ・サポーネ(ガルゼッリ所属)

# プロツアーでも招待されなかったりするとは…、時代が変わったと言うことなんですかね。

●プロコンチネンタル有力チーム
    LPRブレーキ                     :ディルーカ(07覇者)、サボルデッリ(02/05覇者)
    ディキジョヴァンニ・アンドローニ:シモーニ(01/03覇者)
    スリップ・ストリーム            :ザブリスキー(USA)、ミラー(GBR)

ディルーカとサボルデッリのコンビって…、ありなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひだまりスケッチ

●ストーリー
  美術科の高校に通う女子生徒達の、夢と希望と愛と涙が語られる青春群像。ヒロさんと沙英さんは
 ホントにベストカップルだな~と思ったり思わなかったり、そこに妹ちゃんが訪れて意気投合、
 ゆのっちや宮ちゃんのサービスシーンも満載で、もう何がなんだか、ともかくみんな可愛いねって
 事で、許してください。

●キャスト
  ヒロ    後藤邑子
  ゆの    阿澄佳奈
  宮子    水橋かおり
  沙英    新谷良子
  智花    釘宮理恵
  吉野屋先生 松来未祐
  岸麻衣子  半場友恵
  校長先生  チョー
  うめ先生  蒼樹うめ
  大家さん  沢城みゆき
  夏目    福圓美里
  桑原先生  鈴木菜穂子

●サブタイトル
  第01話「 1月11日 冬のコラージュ」   [感想][公式] どじっ娘ゆのっち大活躍
  第02話「 8月21日 ニッポンの夏」    [感想][公式] 宮子の太った攻撃、ヒロに反撃を食らった!
  第03話「 6月17日 またはインド人」   [感想][公式] 吉野屋センセのコスプレショー
  第04話「 5月18日 歌うショートケーキ」 [感想][公式] ダイエットは辛いね、ヒロさん(笑)
  第05話「 2月13日 こころとからだ」   [感想][公式] 壊れたゆのっち…、校長センセのマネ。
  第06話「 7月14日 ひんやり・まったり」 [感想][公式] 水着でサービス、な回なのか?
  第07話「10月12日 嵐ノ乾燥剤」     [感想][公式] サンマより栗ですか…、そうですね。
  第08話「 3月13日 3%の希望」     [感想][公式] 最終回にふさわしいいい話…おわらんが
  第09話「 9月 4日 裏新宿の狼」     [感想][公式] 夢について考えさせられるいい話
  第10話「11月 3日 ゆのさま」      [感想][公式] サービスシーン、お風呂編
  第11話「 4月28日 まーるキャベツ」   [感想][公式] 主役は…、吉野屋センセ?
  第12話「12月25日 サヨナラ…うめ先生」 [感想][公式] 最終話にふさわしくほんわか。妹ちゃん。

●全体を通しての感想
  実はこの作品は、特別編、原作、アニメという、なんとも妙な順番での鑑賞となった。そもそもの
 発端は夏のTBSアニメフェスタ。見せてもらった特別編を見て、なんだこれは…、そして4人が歌う
 「スケッチスイッチ」と会場の雰囲気になんなんだ…。そこで原作を買って、いいマンガじゃんって
 知ったのが秋の話。そして、アニメを一気に見たのがこの冬と言うこと。

  キャラ的に一番お気に入りなのはヒロさん。優しいし、お姉さんだし、料理うまいし、女性の鏡
 だよね。ゆのっちも悪くはないけど、ちょっとどじっ娘なところはどうなんだ…。宮子はちょっと
 変だし、沙英さんは女の子受けするタイプなので…。吉野屋センセみたく変なのは、ちょっと…(笑)
 それだったら妹ちゃんの智花ちゃんや夏目さんを取るぞって感じでしょうか。ゆのっちや宮ちゃんは
 お風呂に入ってても色っぽくないんだよね、演出だろうけど(笑)

  アニメとしては、季節季節のイベントは結構押さえているんだけど、あえてその前日を描いてたり
 するのが面白かった。バレンタインデーとか体育祭とか、そこで終わりって感じだったり。もちろん、
 課外事業や文化祭当日とかを描いた話もグーだった。全体的に、誰にでもありそうでなさそうな絶妙さ
 加減というか、「あったあった」ってクスリとさせられるストーリーというのがいいよね。そういう
 日常と吉野屋センセや校長センセのようなあり得ない設定が混じっているのがまた面白かったり。

  12話の中で1年を描ききったと言う点で、季節感が出たのは、1作品としては良かったと思う。
 ただ、原作の進行スピードを考えると、続編とかどうするのってのはある。まあ、放映順序もバラバラ
 だったし、あんまり関係なくおもしろエピソードをほんわか描いていけばひだまりらしさは出てくる
 とは思うけど。とりあえずお手並み拝見ってことだけど、まあ、このキャストとスタッフの団結力なら、
 さくっと期待以上の物を作ってくれるんじゃないかと期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/02

[TV] 機動戦士ガンダムOO #17

コメント
  いきなり80年前、木星で宇宙船をあさる怪しい男達、そして見つけたダークハロ。しかし、座標を
 残して去って、やってくる3人。いや、宇宙服がピンクである必然はないと思うんだが、ネーナさん…。
 えーと、だめだよ、変なコトしちゃくぎみ~。しかもハロも兄さんとか言ってるし…。妹をどつかれた
 からといってナイフ出すなよ。ガンダム所有の理由も、GNドライブを持っている理由も禁則事項
 ですか…。くぎみ~怖いぞ、変だぞ…、キャラ的にイメージはピッタリだけど、ガンダムに出てくる
 キャラじゃないだろう…。人目ぼれな妹と、妹バカな次男…、狙いは戦争混雑じゃないんですか、
 なんかまた風呂敷が広がったような…。

次回
  ルイスが実はピンチだったりするんでしょうか…。でもネーナさんの前では影薄いな…。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

お札風呂って、お風呂の効用はなさそうだよな…

[J-CAST] 「お札風呂」でバブリーな夢に浸ろう! バンダイ
[公式] バブリーバブルバス
  2008年2月中旬から発売する。片面にお札をイメージした絵柄をプリントした入浴剤で、1枚ずつ散らして風呂に浮かべると、バブリーな「お札風呂」が楽しめる。

 いや、別にお金の風呂に入っても気持ちよくはない人なので…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんどは鉄コスですか…

[J-CAST] 鉄道コスプレの店員が接客する居酒屋
  ライトクリエート(東京都千代田区外神田)は2008年2月22日、秋葉原に鉄道居酒屋「Little TGV」をオープンする。駅員や運転手、客室アテンダントのコスプレをした店員が、恵比寿ビールや山手線カクテル、駅弁など、鉄道にちなんだ飲食品を提供する。

 客室アテンダントのコスプレなんて見せられても凡人にはわからんがのぉ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

02月02日のココロ日記(BlogPet)

英とフェルナンデスの共通点って何でしょうね?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 灼眼のシャナII #16

第16話「つきせぬ想い」

コメント
  OP変わったんだ…、どうして16話って区切りでとは思うが…、へかてーたんが頑張ってるから
 よしとしよう。本編では、やっぱり学園祭の片づけはするんだね、最後まで眼鏡さんに振り回される
 池君だし。まみまみがいなくなって、そして吉田さんが手にしたのは…というAパート。自身の存在の
 力と引き替えにフィレスを呼べるって、それって死んじゃうってことだったりするんじゃないの!?

  お父さんがまた旅立ってしまうそうで、「ふつつかな息子」って言うのはどうよとは思うが、それに
 対して返事をするってのも、最近の女の子は強いね。しかし、ひたすら悩む吉田さんの姿が悲しいです。
 法具を使うことが一緒の場所にいることになるか、と言われるとかなり疑問だなぁというBパート。
 それはさておきカルメルさん、今時タイプライターって前時代的な、あら、EDも変わったのね。

次回予告
  主役は田中と佐藤なんですかぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/01

Football Money League 2008

2009年度番はこちら

過去分

  Football Money League 2007

2006/07 Revenue (総収入トップ20)

------------------------------------------------------
POS Club          億円 EUR M  入場  放映  広告 05/06 増減(前年費) 06/07成績
------------------------------------------------------
  1. Real Madrid       418 351.0  82.2 132.4 136.4 01→  58.8(20.1%) 国内1位  CLトップ16
  2. Manchester United    376 315.2 137.5  91.3  86.4 04△  72.6(29.9%) 国内1位  CLトップ4
  3. FC Barcelona      346 290.1  88.6 106.7  94.8 02▼  31.0(12.0%) 国内2位  CLトップ16
  4. Chelsea         337 283.0 110.7  88.5  83.8 06△  62.0(28.1%) 国内2位  CLトップ4
  5. Arsenal         315 263.9 134.6  65.8  63.5 09△  71.5(37.2%) 国内4位  CLトップ16
  6. AC Milan        271 227.2  28.6 153.6  45.0 05▼  -11.5(-5.8%) 国内4位  CL優勝
  7. Bayern Munich      266 223.3  54.9  61.2 107.2 08△  18.6( 9.1%) 国内4位  CLトップ8
  8. Liverpool        237 198.9  57.1  77.5  64.3 10△  22.9(13.0%) 国内3位  CL準優勝
  9. Internazionale     232 195.0  29.8 128.0  37.2 07▼  -11.6(-5.6%) 国内1位  CLトップ16
 10. AS Roma         188 157.6  24.0 104.5  29.1 12△  30.6(24.1%) 国内2位  CLトップ8
 11. Tottenham Hotspur    182 153.1  45.8  50.1  57.2 15△  45.9(42.8%) 国内5位  UCトップ8
 12. Juventus        173 145.2  7.7  93.0  44.5 03▼ -106.0(-42.1%) セリエB 
 13. Olympique Lyonnais   168 140.6  21.5  69.9  49.2 11▼  12.9(10.1%) 国内1位  CLトップ16
 14. Newcastle United    154 129.4  49.9  38.4  41.1 13▼   5.1( 4.1%) 国内13位 UC トップ32
 15. Hamburger SV      144 120.4  43.8  35.8  40.8 16△  18.6(18.3%) 国内7位  CL GS敗退
 16. Schalke 04       136 114.3  27.3  33.9  53.1 14▼  -8.6(-7.0%) 国内2位 
 17. Celtic         133 111.8  51.0  34.5  26.3 n/a   28.1(33.6%) 国内1位  CLトップ16
 18. Valencia        128 107.6  24.5  56.4  26.7 n/a   31.6(41.6%) 国内4位  CLトップ8
 19. Olympique de Marseille 118  99.0  19.0  46.2  33.8 n/a   14.2(16.7%) 国内2位 
 20. Werder Bremen      116  97.3  22.4  51.2  23.7 n/a   30.0(44.6%) 国内3位  CL GS敗退 UCトップ4

チーム別コメント

(01)レアルマドリー(前年比20%増 ■ 客:23 放:38 広:39)
  商業面に対する近年の投資により、欧州一のクラブへと躍進。3年連続ランキング1位。
  商業面では強いがトップ1を維持するためにはCLや国内でのチームの強さが必要。

 [観客] 9%増、企業スペースへの投資実施
 [放映]45%増、メディアプロ社との7年契約初年度。CLトップ16出場
 [広告] 9%増、欧州一の収入。BenQ Mobileとの3年契約1年目

(02)マンU(前年比30%増 ■ 客:44 放:29 広:27)
  オールドトラフォードの8000席増設で収容人員が76000となり、英国一の規模のクラブになった。
  もっとも強い広告イメージを持ち高い利益率を誇る。07/08からのプレミアの新放映料契約でランク1位獲得見込み。

 [観客]29試合のホームゲームを開催。137.5mユーロは欧州一の収入
 [放映]38%増
 [広告]17%増、AIGとの契約初年、その他3つのスポンサーシップあり

(03)バルセロナ(前年比12%増 ■ 客:31 放:37 広:32)
  前年費12%増、ここ5年間右肩上がりの成長を続けている。来季は315mユーロへ増加する見通し。

 [観客]平均観客数が74100人に増加。250mユーロをかけてスタジアム改修実施(10000増席予定)
 [放映]メディアプロ社との新契約締結
 [広告]ナイキとの契約(2013年まで)、ユニセフとのスポンサーシップあり

(04)チェルシー(28%増 ■ 客:39 放:31 広:39)
  アディダスとの8年契約締結により、広告収入が38%増加。ランク4位は過去最高。
  さらなる躍進のためにはスタジアムの拡張が必須。

 [観客]平均観客数は14位だが収入では3位。試合数増加と企業からの収入増加
 [放映]CLトップ4により増収。プレミアリーグの新契約により来季は増収の見込み
 [広告]36%増。アディダスとの8年契約初年度。サムソンとの5年契約

(05)アーセナル(37.2%増 ■ 客:51 放:25 広:24)
  新スタジアムの完成で顧客収入が111%増、全体収入の51%を占めた。初のトップ5。
  マンUやチェルシーに追い付くためには成績も必要

 [観客]111%増、60400人の新スタジアム完成。欧州第2位の入場料収入
 [放映]17%減、CLトップ16敗退と国内4位により減少
 [広告]29%増、エミュレーツ航空とのスポンサー契約締結

(06)ACミラン(5.8%減 ■ 客:13 放:67 広:20)
  欧州一の放映収入。メディアセット社との2年の新契約にもかかわらず、2010年以降はリーグの
  新契約により減収の見込み。

 [観客]7%減、1試合当たり12000人の減少。シーズンチケットも15000減少
 [放映]93%増、CL決勝進出&メディアセット社との契約により増加
 [広告]16%減、Bwinとの4年契約初年度。アディダスの契約を2017年まで延長

(07)バイエルン・ミュンヘン(9.1%増 ■ 客:25 放:27 広:48)
  広告費率48%は欧州最大。額でもマドリーについで2位。来季はCL未出場のため減収の見通し。

 [観客]5%増、24試合。スタジアムの権利を100%取得、今後広告収入の増加が見込める
 [放映]43%増、新3年契約初年度
 [広告]欧州最大規模の市場を持つ。アディダス、ドイツテレコム他とパートナーシップを結ぶ

(08)リバプール(13%増 ■ 客:29 放:30 広:32)
  29試合をホームで行ったにも関わらず観客収入は他プレミアクラブの半分以下。
  ジレット&ヒックス体制初年度

 [観客]ここ数年横ばい(他プレミアクラブの半分以下)、11年に新スタジアム使用開始予定(71000)
 [放映]CL準優勝、国内3位
 [広告]

(09)インテル(5.6%減 ■ 客:15 放:66 広:19)
  07/08よりメディアセット社との新放映契約締結、今後の躍進の助けとなるはず。

 [観客]入場収入は前年並み、平均入場者数は9000人減
 [放映]07/08よりメディアセット社との新契約締結。増収の見込み
 [広告]ピレリ、ナイキとの契約

(10)ローマ(24%増 ■ 客:15 放:66 広:19)
  CL出場、国内2位の成績による放映収入増加で初のトップ10。2010年のセリエA新放映権分配への
  対応が必要。

 [観客]入場収入は前年並み、CL出場により微増
 [放映]CL出場による収入増。メディアセット社との新契約締結。
 [広告]新契約初年度

(11)トットナム(43%増 ■ 客:30 放:33 広:37)
  今後の躍進のためには、スタジアムの拡張で観客および広告収入の増加を計るか、CLへの出場が必要。

 [観客]80%増、カップ戦勝ち上がりによりホームで30試合をこなす
 [放映]21%増、UEFAカップ、カップ戦、リーグ5位により増収
 [広告]42%増、Mansionとの5年契約初年度。プーマとの5年契約

(12)ユベントス(42%減 ■ 客:5 放:64 広:31)
  セリエB制覇とトップ争いで、将来のランク復帰濃厚。ただし来季は欧州戦がないためトップ5復帰は困難。

 [観客]平均観客数19400。デッレアルピの再開発を計画中
 [放映]46%減、それでも欧州6位の収益
 [広告]29%減、セリエB降格による再交渉による減額。07/08より新スポンサー契約締結

(13)リヨン(10%増 ■ 客:15 放:50 広:35)
  2010年より60000人規模の新スタジアムへ本拠地変更予定

(14)ニューカッスル(4.1%増 ■ 客:39 放:30 広:31)
  新オーナーを迎えての新管理体制でピッチ内外の混乱を収束させたいところ

(15)ハンブルガーSV(18%増 ■ 客:36 放:30 広:34)
  2000年完成の新スタジアムにより、入場者収入を増やし続けている。今期も19%の増収。

(16)シャルケ04(7%減 ■ 客:24 放:30 広:46)
  ガスプロム社との2015年までの契約あり。国内放映権料の増加により、CL未出場も微減でおさまる。

(17)セルティック(34%増 ■ 客:46 放:31 広:23)
  CL出場による収益増加でトップ20進出。

(18)バレンシア(42%増 ■ 客:23 放:52 広:25)
  CLベスト8進出によりトップ20進出。来季はCL未出場のため厳しい

 [観客]CLで6試合をホームで開催したため増収。新スタジアムは09より稼働予定(22000増席)
 [放映]CLトップ8の放映権とRTVVとの3年契約締結により増収
 [広告]トヨタ、ナイキとのスポンサー関係。

(19)マルセイユ(17%増 ■ 客:19 放:47 広:34)
  来季のCL出場とUC勝ち上がりで来季もトップ20濃厚。

(20)ブレーメン(45%増 ■ 客:23 放:53 広:24)
  ブンデスリーガの新契約による放映収入の増加によりトップ20進出。

[OCNスポーツ] 放映権料に依存するイタリアの3強  
  07/08シーズンより放映権料の分配制を採用。2010年より分配方式見直し。ビッグクラブと中堅以下のクラブとの格差はより縮まる

過去5年間の平均入場者数

  1 Borussia Dortmund   Germany  74,000 20
  2 FC Barcelona      Spain   70,900 6
  3 Real Madrid      Spain   70,700 1
  4 Manchester United   England  69,500 2
  5 Schalke 04       Germany  61,100 14
  6 Bayern Munich     Germany  59,300 7
  7 AC Milan        Italy   59,200 3
  8 Celtic         Scotland 57,900 16
  9 Internazionale     Italy   55,400 9
 10 Newcastle United    England  51,700 12
 11 Olympique de Marseille France  50,400 22
 12 Hamburger SV      Germany  50,200 18
 13 Rangers        Scotland 49,100 22
 14 Ajax          Holland  48,100 30
 15 Hertha Berlin     Germany  45,200 n/a
 16 AS Roma        Italy   44,300 11
 17 Valencia        Spain   43,500 21
 18 Liverpool       England  43,300 10
 19 Atletico Madrid    Spain   42,800 30
 20 Arsenal        England  42,500 8

スタジアム改修予定のあるチーム(予定は未定ですが…)

 Chelsea         2006/07 New/redevelopment  42,000
 Liverpool        2006/07 New stadium     45,000
 Tottenham Hotspur    2006/07 New/redevelopment  36,000
 Newcastle United    2006/07 Redevelopment    52,000
 West Ham        2005/06 New stadium     35,000
 Everton         2004/05 New stadium     41,000

 FC Barcelona      2006/07 Redevelopment    99,000
 Valencia        2006/07 New stadium     53,000

 AC Milan        2006/07 New/redevelopment  86,000
 Internazionale     2006/07 New/redevelopment  86,000
 Juventus        2006/07 New stadium    ●67,000(40000人規模にスケールダウン)
 AS Roma         2006/07 New/redevelopment  83,000
 SS Lazio        2004/05 New/redevelopment  83,000

 Olympique Lyonnais   2006/07 New stadium     41,000
 Olympique de Marseille 2006/07 New stadium     60,000
 Werder Bremen      2006/07 Redevelopment    43,000
 Rangers         2005/06 Redevelopment    51,000
 Ajax          1996/97 Redevelopment    50,000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] CLANNAD #16

第16話 「3 on 3」

コメント
  男の部屋らしくていいって、ほんとか、渚ちゃん(笑) 「妹として放っておけません」って、
 別に女の子だからってきれい好きとは限らんのだがのう…。うちは妹部屋の方が散らかってたぞ(笑)
 いやいやいや、片づけって部屋の中にあったものどうしたんですか。それはそれとして、渚ちゃん、
 嘘をばらすなよ…、まあ渚ちゃんらしいけど。なんか、いいお兄ちゃんになっちゃってるなぁ、春原。
 あれあれ、バスケの試合を見る事になるんですか…、しかもやるしかないとか言ってるし。「また別の
 女が」って…。そうか、智代さんは下級生になるのか…、岡崎とか春原とか呼び捨てだしな…、って
 杏さんが来ると話がややこしくなるんですけど、というAパート。智代さんも究極のマイペースだから
 なぁ…(笑)

  せっかく椋ちゃんのところに連れて行くのに、弁当じゃないんだ…、まあいきなりってのはないよな。
 杏ちゃん、それってある種のいじめだよ…。春原、妹思いのいい奴なのに…、芽衣ちゃんは朋也君を
 呼びに来たんですか…。それはさておきバスケの試合。しかし杏ちゃん、何を燃えているんだか。
 ボケトリオと芽衣ちゃんの会話、それはそれで笑えるな~。杏ちゃん3ポイントですか…。ブルマ
 はいてるのにすごいな~、ってそれは関係ないけど(笑) 下級生に人気が出るのも頷けるな~。
 う~ん、時間後のゴールってカウントされたっけな…。あれ、芽衣ちゃん、それだけで帰っちゃう
 んだ、というBパート。ゲームと比べると何しに来たんだかなぁって感じですが、ゲームのひどい
 話を見せられるよりは良かったかな、と思ったり。

次回
  杏ちゃんの志望が幼稚園の先生ねぇ…、まあ、あのパワーを活かすにはいいのかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »