« [DVD] らき☆すた #08 | トップページ | [TV] 灼眼のシャナII #15 »

2008/01/26

[親善試合] 日本 v チリ

巷で言われてるほど悪い出来ではなかったような。1月だとこんなもんでしょ。本番はタイ戦ですから。

●スタジアム
    国立競技場  東京  
    気温:5.3度   湿度:20%    ピッチ:乾燥    天候:晴れ

●試合結果
  日本 0 - 0 チリ  att.37261

●スタメン
              19 高原   12 巻

                  07 遠藤   
    09 山岸                       14 中村
                  13 鈴木

    03 駒野   22 中澤   06 阿部   25 内田

                  01 川口(C)
    サブ:
        18  楢崎    23  川島    05  坪井    04  岩政    15  水本    24  橋本
        02  今野    11  播戸    17  前田   
    監督:
        岡田武史

●前半:試合展開
  03  JPN    :駒野左クロス                                            DFクリア
  08  JPN       :駒野左クロス                                            DFクリア
  08  JPN       :遠藤中→巻右                                          ※S出来ず
  11  CHI       :左ドリブル、クロス→                                    GKキャッチ
  13  CHI       :右クロス→                                              DFブロック(CK)
  14  CHI       :左クロス                                                あわず
  17  CHI SB  :中浮き球→左S                                          DFブロック
  20  JPN SB  :右FK:遠藤S                                          壁
  27  JPN       :中村右クロス                                            DFクリア
  29  CHI       :右ドリブル、クロス                                      DFクリア(CK)
  31  CHI S    :FK:→中HS                                        ※枠上
  34  CHI ▲YC:メデル、巻を掴む                                  CARD▲メデル
  34  JPN       :左FK:遠藤→高原中                                    S出来ず
  37  CHI       :内田右クロス                                            DFクリア
  38  JPN S    :巻中→高原右ミドルS                                    枠上
  40  JPN S    :駒野中S                                                DFクリア
  42  JPN       :中澤右クロス                                            DFクリア
  42  CHI       :C→左ドリブル、クロス                                  DFクリア

●前半:コメント
    全体的にチリの方がコンディションが上、プレスをうまくはぐらかされてなかなかボールを
 奪えない。ボールを奪えないのでいい形での攻撃も出来ず、流れの中からのシュートは高原の
 1本のみ。巻はいつものようにうまくつぶれ役をこなしていたが、シュートを打って欲しい高原
 がほとんど仕事を出来ず。前線での細かいパス回しにミスが目立つのは、ゲーム感が戻って
 いないからか、あるいはコンビが確立してないせいか。攻撃の形は作れなかったが、本気の相手に
 決定機を与えなかったという点は評価して良いか。

●後半:試合展開
  46  JPN    :駒田左クロス                                            DFクリア
  50  CHI       :右クロス→中                                          ※あわず
  51  JPN       :高原左クロス→巻                                        S出来ず
  51  JPN       :遠藤中→中村中                                          S出来ず
  55  JPN       :鈴木中→巻P                                            DFクリア
  55  CHI SOG:左ミドルS                                              GKキャッチ
  56  JPN SOG:駒野中ドリブルS                                        GKキャッチ
  57  JPN 交代1:山岸(OUT)、羽生(IN)
  58  CHI SOG:中→右S                                              ☆GKセーブ
  59  CHI S    :右CK:→中HS                                    ※※枠左
  61  CHI       :中→中                                                  GKキャッチ
  62  JPN 交代1:高原(OUT)、大久保(IN)
  63  JPN       :中村中→大久保右GKかわしてS                        ※枠上
  64  CHI       :右クロス→中                                          ※あわず
  65  JPN S    :羽生中→大久保左ミドルS                              ※枠上
  66  CHI       :左クロス→                                              GKキャッチ
  68  CHI       :左CK:→                                              GKキャッチ
  69  JPN S    :大久保右クロス→巻中HS                                GKキャッチ
  71  JPN       :内田右クロス→巻                                        ファール
  71  JPN 交代2:内田(OUT)、加地(IN)
  73  JPN       :遠藤中→大久保                                          あわず
  74  JPN       :中澤右クロス                                            DFクリア
  74  CHI S    :中ミドルS                                              枠上
  76  JPN       :駒野左クロス→巻中                                    ※あわず
  78  CHI       :左クロス→                                              あわず
  80  JPN 交代3:中村(OUT)、山瀬(IN)
  80  JPN 交代4:巻(OUT)、矢野(IN)
  82  JPN SOG:右CK:→大久保中HS                                ☆GKセーブ
  87  JPN S    :中→大久保右S                                        ※枠上
  +1  JPN       :駒野左クロス→矢野                                      DFクリア

●後半:コメント
  大久保の投入で攻撃の流れは日本に傾いた。それまでのポストプレー中心のFWから、裏へ飛び出す
 動きが加わったことで、何度かチャンスを作った。特に82分と87分のチャンスは、FWならばどちらか
 を決めて欲しかったところ。今、一番調子が良さそうなFWではあるが、タイに引いて守られてスペース
 が無いときに、裏を取る動きが出来るかは若干疑問ではある。本来なら高さも器用さもある高原の復調を
 待ちたいところだが。
  DFラインに関しては、チリのカウンターに手をやいたものの決定的なシーンは作らせず。連携の面
 などで若干の不安はあったものの及第点といってよいだろう。ただ、中澤が積極的にオーバーラップを
 仕掛けていたのが気になるところ。CBが上がった時にはクロスではなくシュートで終わって欲しい
 ところ。あと、CBが上がるなら外に出てクロスではなく中央で高さを活かして欲しい。
  中盤の攻防で劣勢だったのはチームのコンディションや連携の差と言うことなのかもしれない。鈴木の
 1ボランチが苦しかったのは、攻撃的な選手を配したことと、コンビネーションの完成度の差という
 ことか。相手が積極的にカウンターをしかけて攻めてきてくれたことは、タイとの戦いにおいて、
 いい練習になった気がする。ここからボスニア戦と練習で本番のタイ戦に向けてコンディションをあげて
 欲しい。

●スタッツ   
                 GOAL     S    CK   OFF
    日本            0    10     1     3
    チリ        0     7     5     1

|

« [DVD] らき☆すた #08 | トップページ | [TV] 灼眼のシャナII #15 »

football(日本代表)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/40011265

この記事へのトラックバック一覧です: [親善試合] 日本 v チリ:

« [DVD] らき☆すた #08 | トップページ | [TV] 灼眼のシャナII #15 »