« [TV] 機動戦士ガンダムOO #05 | トップページ | [CD] 『Come across』~DEARS朗読物語~VOL.3 日本の昔話 »

2007/11/04

[REPORT] DVDスカイガールズ vol.1 Talk Show at アソビットシティ

0)開演前

30分前に行ったら、すでに階段には人が一杯で、1階に並ぶことに。10分前会場でどうにか時間前に
入場。前面には2つのテレビ。OP、ED1、ED2がエンドレスで流れている。OPはテレビ版。

1)登場&ご挨拶

司会はスカイガールズのプロデューサーであるジェネオンの井出さん。ロンドローブ・イベント以来。
簡単な諸注意の後、紹介に合わせて一人ずつ裏から登場。ということで自己紹介コメントは無し。
衣装はこんな感じ。違ったらごめんなさい(笑) [諸注意] 敬称略、括弧内はレポート内の表記。
  川澄(川):白の長袖、白黒チェックのワンピース(膝下のスカート)、黒のレギンス、黒のブーツ
  後藤(後):白系のワンピース、黒のブーツ
  伊藤(伊):パープルのスタジャン、ジーンズスカート、黒のストッキング、黒のブーツ
    辻(辻):ひらひらのピンク&黒。

司会者の井出さんのコメントは(司)。

2)トークコーナー

■アフレコ現場でのエピソード

  司:アフレコ現場でのエピソードなどありましたらお願いします。
  川:そうですね、エピソード…、まあ、粛々と…。
  伊:してる?
  川:してないか…。えーと、キャストもスタッフ方も…「かた」?、スタッフ側もOVAから
    やっていると言うことで、良いチームワークで出来ている気がします。

無理に言い直さなければわからないんじゃないとは思うけど、こだわりです(笑)

  司:後藤さんは?
  後:いかがですか…?
  川:いやだったの!?
  後:そんなことはないんですけど…、粛々とこなしております、割と…。

物静かでコメント少ない。可憐ちゃんだ、可憐ちゃんが居るよ…、髪長いけど(笑)

  司:伊藤さんは?
  伊:いうべきですかね、粛々と…。

わかってるじゃん、静様(笑)

  伊:始まる前にみんな、自己紹介するんですけど…。
  川:音羽役の川澄綾子です!
  伊:そう、それで最近、始まる前の自己紹介がすごく面白くて。妙な間があったりギャグがあったり。
  川:よろしことか言ってたよね

誰が面白いとか言う話も出てましたが、メモを逃してしまいました…、がっくし。

  司:エリーゼは、登場は遅かったけど1話からブースの外にいましたよね。
  辻:1話からブースの外で見ていて、3人で必殺技とかやるのをみて「かっこい~」と思った。
    うまく出来るか不安だっけど、うまくできて良かった。
  伊:ちょっと待って、まつげが付いてる!
  辻:ありがと~。

ここで、辻さんの顔についてるまつげを取ってあげる伊藤さん。
優しいんだけど、実は触りたかったりだけと言うオチは…(笑)

  川:必殺技なんですけど、デルタロックの時は、
  3:「3、2,1、デルタロック!」
  川:って感じなんですけど、4人になると、なんかゼロがあるんですよ・。
  4:「4、3、2、1、…、クアドロロック!」
  川:なんかゼロがある…。なんだろう、あの5人目? お水が1個多いみたいな…。
  伊:やだ~。

どうして、そういう怖いたとえをするかなぁ(笑)

  川:まあ、最近は慣れて来たんですけど。
  伊:慣れてきたね。
  辻:テストでも本番でもばっちりきまったよね!

得意げにいう辻さんに、微妙な表情をする3人。

  伊:この前は…。
  川:合わなかった。
  辻:でも、テストは駄目だったけど、本番はバッチシでしたよね!

せっかく辻さんがそういうから、そういうことにしておきましょう。

  司:必殺技はバンクとかじゃないんですか?
  川:必殺技はバンクではないですよね。ピンチだったりいろいろなシチュエーションがあるから
    すべて毎回撮ってます。きちっと合うと面白いよね。
  伊:「勝った」って感じ。

「勝った」と言う言葉に漢気を感じます(笑)

  川:私が突っ込むじゃないですか、なんだっけ…。
  後:エムブイソード…。
  伊:自分のキャラでしょう!
  川:ですよね…。

音羽だ、音羽がいるよ…。それに冷静に突っ込む可憐ちゃんもいるよ~。

■興味深いキャラ

  司:興味深いというか気になる好きなキャラは誰ですか?
  川:冬后さんは最高。髭が生えてるのがいいよね。
  伊:髭好きなの?
  川:大好き! 世の中の人、全部生えればいい。まあ、男の人でも体質的に生えない人がいますので、
    考慮はしますけど。冬后はいい…。

何をどう考慮するんだろう…。

  司:後藤さんは?
  後:巧ですかね。
  川:私も良平って言えば良かった…。巧、可愛いしね…。

自分に素直なあやち~さんが好きです(笑)

  司:続いてかわ…、伊藤さんは?
  伊:今、川澄っていいませんでした?
  司:すみません…。
  川:そこ、ながせよ!
  伊:ごめんなさい。

いや、そこは突っ込むとこだし。あやち~だったらもう少しソフトに突っ込むと思うな(笑)

  伊:最近、門脇艦長が気になってます。
  4:あ~。
  伊:かっこいいけど、時々可愛いのが…。

可愛いんだ…。おじいさんなのに…。

  司:辻さんは?
  辻:男じゃないんですけど、(御子神姉妹の)二人のペアが楽しい
  伊:好き~。
  辻:あの二人って関西弁じゃないですか。私、出身が愛媛で伊予弁なんですけど、聞いているうちに
    訛って来ちゃうんですよ。訛ったエリーゼになってしまわないように苦労しました。
  伊:だから最近席離れているの?
  辻:そういうわけではないんですけど…。

エリーゼが訛っちゃダメだもんな(笑)

■サトウキビ

  伊:私、昨日撮り貯めしたスカイガールズをみていたんですけど、
  司:ありがとうございます!
  伊:先週分かな、無人島の回のエリーゼが可愛かった。
  川:かわいかったよね~。
  司:無人島の回で、みんなでサトウキビ食べるシーンがあったじゃないですか、あれ、ダメみたい
    ですね。甘いので虫が沸くみたいです。
  川:え~。沖縄で売ってるのとかは?
  司:それは大丈夫みたいです。
  川:でも、音羽は虫が沸いても平気そう…。

音羽の中の人は、「むし」って時点で絶対ダメですが…(笑)

  川:食べたことあるよ~。
  辻:わたしも~。
  川:沖縄で普通に売ってますよ!
  司:その辺のを抜くのがダメって事で、店で売っているのはちゃんとなってますから…。
  川:そりゃ、その辺のを抜くのは、それって犯罪っぽいでしょう。

そこで実は虫を一緒に食べる、とか言うとパニックになっただろうな(笑)

■浴衣で飲み…?

  司:前に飲みに行った時、4人を前にして監督さんがすごくニコニコしてるんですよ。最近どうです?
  伊:あ~、ないですね、最近は。
  川:夏とかは行ったんですよね。「浴衣大会」とか言って。
  司:話には聞きました。行けなかったんですが。
  川:すみません。スタッフも含めて。「飲みにくるんなら浴衣着て来なきゃダメ」って…。
  伊:なかば強制ですよね…。

あやち~に言われたら断れないだろうなぁ(笑)

  伊:私、すごく見せたい写真があるんです。小野さんと2ショットで撮った写真があるんですけど、
    なんかすごくいい感じにあぶない関係に見えて…。
  川:小野さんホントに格好良かったよね。わたなべじゅんいちっぽかった。そういう世界感?

「お」にアクセントがあったので、最初誰のことかわからなかった。まあそれはいいとして、
「わたなべじゅんいち」ってだれだろう…。ダメだ、世の中の動きがわからない(笑)

  川:浴衣は個性が出るよね。大変だったよね。ブースに目張りしてね。
  伊:アフレコ1時間前に集合だったし…。
  川:私たちなんか変?

そこまでこだわるのなら、全然OKだと思います。

  司:浴衣の着付けはどうされたんですか?
  川:それは私と、静ちゃんが…。
  伊:はい…。
  川:こう、せっかくだからみんなが着てくれたらいいなと。

浴衣好きですなぁ、あやち~さん(笑)
「着物部」とか「制服部」に対抗して、「浴衣部」とか作ればいいのに…。

3)ビデオ上映

ここで、出演者の皆さんは一旦退場。

  伊:しつれいしまっす!

そのセリフは漢だよ、静様(笑)
  1本目:
    アイーシャを演じる片岡あずささんからのメッセージ。なぜかメガネ(笑)
  2本目:
    釣りバカ瑛花さん第2話
いや、監督さんが<でけた>とか言ってたから見れたら嬉しいな~と思ってたけど、良かったです。
パワーアップしてました。<こんな感じ。>

4)トークショウ後半

  司:釣りバカ瑛花さんですが…、どうですか?
  川:そうですね、とても楽しんでアフレコ出来ました。
  伊:ノリノリでね。
  川:私たちもスタッフもノリノリで。
  司:1話見たときに音羽が何叫んでいるかわからなくて。
  川:すみません、あれは元ネタわからないと思います。あれは、ワザをかけた後の長州らしいです。
    ホントにすみません…。

これ聞いたとき、あやち~がそのイメージでアドリブ入れたのかと思いました(笑)
実際にはスタッフの指示らしいですが、どうしてあやち~さんが謝るんだ…。

  辻:あれ、何回もやってましたよね。
  川:あの叫び、30テイクはやりました…。
  伊:どこにこだわりがあるか、わからないんだけど…。
  川:わかります…。今までアフレコでかいた事のない汗をかきました。「自分、長州わかってないっす」
    とか言って音響さんが見本を見せてくれて、それがすごくうまいんです。
  伊:つくばさんと仁さんがすごいよね。
  司:やって見せたり?
  川:やりました。こう、アフレコは楽しいんだけど、ハードルがすごく高い…。
  伊:変なプレッシャーをかけられてます。1回目のをみてたので、すごい家で練習しました。
  川:そこに行き着くまでが大変で。なんで長州なんだろうね…。

あやち~さんはプライド派と言うこともあってか、納得が行かない様子です(笑)

  司:何言ってるのか、台本見せてもらおうと思ったんですが…
  川:台本なんて(叫びの部分は)ほとんどないです。何も書いてない。あとアドリブが多いです。
  司:可憐のナレーションもいいですよね
  後:いいんですか…。

OKです。あれは「釣りバカ瑛花さん」の売りの1つです!

  川:釣りバカでは、さおりちゃんが面白いよね。
  後:やっているうちに可憐がわからなくなりました…。
  川:考えちゃダメだよ!

音羽の声で「考えちゃダメ」と言われると、いいのかなと思わないでもないですが、本編は本編、
おまけはおまけ、という割り切りが大事、ということを言いたいのでしょう。

  司:エリーゼはまだ出番ないですが?
  辻:いつ来てもいいように、練習しておきます!
  司:どんな釣りをしたいですか?
  客:『つられるほう!』
  辻:そんなことない!

いやぁ、今日の話で「あるかも~」だぞ(笑)

  司:なんでも、伊藤さんは釣りが趣味とかで?
  伊:ええ。監督さんに「伊藤は何釣るんだ~?」って聞かれて「こういうの釣ります」って言ったら、
    それが釣りの回に反映されてて。
  司:伊藤さんが、釣りバカな訳ですね。
  伊:楽しいです!
  司:作品の中でダメだしとか?
  伊:そこまでは…。

そこで釣りのシーンにダメだししてたら、ますます漢なんだけどな~。

  伊:常識的な範囲でしかやらないし、「主」とか出てこないし
  川:「主」、「主」とか出て来たら怖いよね。
  伊:あと、泥パックで口を動かさずにやっているのがよかった。
  川:泥パックはそうなんですよね。

いまいちわかってない若手二人に、真剣に説明する二人という構図が面白い(笑)

■めがねラジオ…?

  司:話は戻りますが、後藤さんはラジオをやってらっしゃいますが…。
  後:みんなでメガネをかけてラジオをやってます。
  川:メガネ好きなの?
  後:私はそうでもないんですけど、構成作家さんが愛しているみたいで。一発当てたら北海道に広い
    土地を買ってメガネ牧場を作るって。それを聞いたとき、「ああ、メガネを育てるのかな」って
    思ったら、なんかメガネをかけた男の子を放牧するとか…。

放牧対象はどうやって捕獲するんだろう…。

  川:メガネ好きな人、多いですしね。
  伊:伊達の人もいるしね。
  川:私は伊達じゃないんだよ。いっつもぼんやりしてる。すみません…。
  辻:はい、私もだてに挑戦したいです。
  川:可愛いんじゃない?
  辻:昔、お姉ちゃんのメガネをかけたときに「大木ぼんどみたい」っていわれてショックでした。
  川:それはメガネが悪いんだよ。今度いくつか持ってくるね。
  辻:ありがとうございます!

あやち~のメガネは、度が入ってるからまずいんじゃないかな…。

  川:大丈夫かな、私、メガネ語ってもいいかな?
  後:はい…。
  川:私は自分はかけるけど、メガネはそんなに好きじゃないです。フレームとか、こっているのは
    好きだけど。
  辻:私、家族の中で一人だけ目がいいです。2.0です。でも、学校の視力検査表って、2.0以上無いじゃ
    ないですか、だから私、もっと見えてるかもしれない…。
  伊:すごいね…。
  川:マサイ族みたい…。

後藤さんも目がいいみたいですが、今時めずらしいな…(そうでもない?)

■キャラソン

  司:先日、音羽とエリーゼのキャラソンが発売されましたが。
  川:粛々と歌っております。3つとも違う感じの歌で。
  司:3つもあるんですか
  川:ええ。かわいらしいのとかあったり…。
  辻:エリーゼは1曲だけ寂しい曲があって、小一時間、ディレクターさんと話し合いしました。
  伊:すごいね、小一時間も…。
  辻:アップテンポなのはエリーゼっぽくていいけど、シュンとしちゃう曲は「エリーゼっぽく歌って
    いいのかな」っていうのをディレクターさんと話しました。曲聞いてくれた人?

パラパラと手が上がる。

  辻:みんな、今日買って帰って今晩聞いてね!

なんて強引な…(笑)

  司:(後藤さんと伊藤さんに)お二人はもう録音はされたんですよね。
  後:可憐は1つだけ可愛いのがあって「ああ、可憐ってこういうの歌うんだ~」って。後の2曲は
    ボサノバ風って言われて『ボサノバ』ってなんだろうって…。
  川:どうだったの?
  後:可憐っぽかったです…。

いや、可憐っぽいって言われても。もう少し具体的なコメントを…(笑)

  司:伊藤さんは?
  伊:バラードっぽいのが1曲と、2曲アップテンポで。元々瑛花は前向きなんだけど、瑛花のキャラ
    よりもさらに前向きな曲で、「さあ、向こうに虹を見に行こうよ」みたいな…、これって瑛花?

ソフトですが、静様の駄目出しが出ました。そんな伊藤さんをみながら苦笑する一同(笑)

■キャラ的に変わってきた点

  川:今までは戦うけどライトな感じで、戦いつつも人と人との関わりが描かれてて、コメディ、友情、
    絆っていうんですか、そういうのが描かれていたと思うんですけど、「ワームってなんだろう」、
  「どうして音羽が適合率が高いんだろう」みたいなところがこの後、描かれて相当シリアスな事に
  なってます。こんなマジなシーン始めてって…、みんなで言ってました。

あやち~の言葉に頷く一同。

  川:天真爛漫で天然素材な少女だった音羽が、実はもろかったりして。あと数話だけど楽しみにして
    います。

まあ、物語は一気にクライマックスです、というところですので。

  後:可憐はたくましくなったと思います。最初は音羽に励まされていたのが、「音羽さん頑張って! 
    みんなで頑張ろう」って言える、強い女の子に成長した。そう思うと感慨深いです。
  司:最近、あにさまって出ませんよね。
  後:あにさま離れもして…。
  川:あにさま、いたよね…。私、絶対あにさま死んでると思った。可憐の妄想だって。あにさま生きて
    たんだ~。あの流れだったら死んでるよね!
  後:ひどいよ~!

ひどいよ~(笑)

  司:でも、夕子先生と(兄様が)あってましたよね。
  川:夕子先生他人と間違えたんだよ。
  伊:手紙も夕子先生が書いたんだよ、メンバーのケアも必要だし。
  後:……。
  川:よかったね、生きてて!

ぶっちゃけ、先輩二人の後輩いじめ? ホントにいいと思ってるのかなぁ(笑)

  司:伊藤さんは?
  伊:瑛花は、最初は信じるものは自分だけって感じだったんけど、だんだんチームワークを大事にする
    ようになってきて。冷たいんだけどきっちり考えて、絆を大切にしつつも、リーダーのしっかりさは
    なくさない。でも、音羽がね…。
  川:すみません、ごめんなさい…。

あやち~があやまるところではないんだろうけどね(笑)

  司:エリーゼは?
  辻:最初は、こう、一匹狼みたいな感じだったけど、だんだんうち解けてきて。でも、ワームと戦う
    ときにワームを恨んでいるので、過去のことがどうなるか。ただ、エリーゼの事があるから、
    瑛花さんが立派になったかなと。
  伊:やった~、ほめられた~!

ここで両手をあげてガッツポーズする伊藤さん、やっぱり漢だよ~。

5)プレゼント

  サイン入りポスターを4名に。あやち~さんが2回空くじを引いたり、伊藤さんが商品のポスターを
  バットに見立てて当選者を殴ろうとしてたりしてましたが、概ね平和におわりました。

6)最後の挨拶

  司:では、時間も迫ってきましたので最後の挨拶をお願いします。
  川:今日は皆さん、本当にありがとうございました。スカイガールズは本当にさわやかな作品で、
    演じていても気持ちよくなれて、映像も音楽もさわやかで。かわいらしい役は久しぶりだったので、
    不安だったんですがどうにか出来ました。

かわいらしいの…、あかりとか、エリスとかかなぁ(笑)

  川:天然っぽい音羽の明るい面を見続けて頂いて、釣りバカ瑛花さんのこだわりもあるので、DVDも
    みていただけたらと思います。本日はありがとうございました。

「DVD買ってください」って、あやち~に言われたの何回目なんだろう、買うけど(笑)

  司:続いて後藤さん。
  後:収録があと数回でさみしいです。最後までしっかりやるので、最終回まで楽しんで頂けたら
    嬉しいです。あと、個人的にはラジオも聞いて頂けたら嬉しいです。すごく変なラジオで、
    私たちは普通だと思ってやってるんですが、周りからは変だと言われる、不思議な雰囲気で
    やってます。聞いて頂きたいです。今日はありがとうございました。

メガネ牧場が話題になるのは、やっぱり変なラジオだと思う…。

  司:続いて伊藤さん。
  伊:今アフレコは佳境のあたりで、緊張しながらやってます。最後まで楽しんでください。あとこれ。

突然後ろを向いてスタジャンを広げる伊藤さん。

  伊:どっちだっけ、風神と雷神です。それだけ。
  川:昨日からずっと言ってたよね~。いいスタジャンがあったって。
  司:どこで買われたんですか?
  伊:これは新宿のアメカジストリートのお店で、
  辻:横須賀じゃないんだ…。

辻さんの突っ込みはしれっと無視されました。

  伊:今月末には私たちのキャラソンも出るし、今日はみんなキャラソンを買って帰るし…。
    スカイガールズはみんな頑張って真剣に取り組んでいるので、最後までよろしくお願いします。

スカイガールズに関しては、お願いされなくても買うんですけどね(笑)

  辻:最後はとても困ります…。バラバラだった4人がワームに対して個人が決着をつけると言う
    ところをみて欲しいです。あと、キャラソンをこの後買って今夜聞いてください。

なぜ今夜(笑) このあと、司会者さんがいろいろ商品紹介。フィギィアとかトレカとか出るそうです。

  司:今日はありがとうございました。
  4:ありがとうございました!

ステージ裏へ退場する4人。

7)感想

  「いいイベントだ…」と姫風に、だと怒られるので、「いいイベントなのであります」とカルメルさん
  風ってことでお願いします、会社同じジェネオンだし…。まあ、そういうボケはさておき、楽しい裏話が
  沢山聞けたのも面白かったし、釣りバカ瑛花さんの第2話がみれたのも良かったです。

    あやち~さんは相変わらず面白さ全開でOK、静様はやっぱ、生でみると面白いし、何より漢だし。
  後藤さんは、可憐ちゃんだってのがわかっただけでも良かったし、辻ちゃんは、元気がいいのはいい
  けど、客席にすぐ振るのはどうなんだ~って感じです、いや、メモしづらいだけですけど(笑)

    あと、関係ないですけど、個人的に中山さんがいたのが気になりました、休日なのに大変だなぁと。
  休日なのかは知らないけど、「こはるびより」の打ち合わせとかあったりしたんだろうか、とか色々
  考えてしまいました。というところで半分終了。エスプレッソ飲みながら復習後、後半戦へ続く(笑)

|

« [TV] 機動戦士ガンダムOO #05 | トップページ | [CD] 『Come across』~DEARS朗読物語~VOL.3 日本の昔話 »

イベント/舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [REPORT] DVDスカイガールズ vol.1 Talk Show at アソビットシティ:

« [TV] 機動戦士ガンダムOO #05 | トップページ | [CD] 『Come across』~DEARS朗読物語~VOL.3 日本の昔話 »