« [REVIEW] CLANNAD(PS2) その01 (活発か淑やかかの選択ならば後者になるかなぁ…) | トップページ | [REVIEW] CLANNAD(PS2) その03 (年上か年下か、破壊力万点のシナリオにメロメロよ~) »

2007/09/10

[REVIEW] CLANNAD(PS2) その02 (でも杏が嫌いな訳では全然無く…むしろ好きだな)

4/28 (Mon) 椋ルートとの分岐点
  朝、というか昼、登校途中でボタンを蹴ってしまう。ボタンに連れられて前庭へ行くと椋と杏の姿。
 杏にボタンを渡す。まだご飯を食べていないと言うと、椋が自分のパンをくれた。なにやら聞きたい
  ことがあるというが、なかなか切り出せない椋。見かねた杏が、髪が長いのと短いのどちらが好きか
  椋が聞きたがっていたと口を出す。どっちかというと長い髪が好き、という言葉に失望する椋と、
  非難がましい視線を向ける杏。髪の長さで選ぶ訳じゃないとの言葉に真っ赤になる椋。その後、明日、
  11時に駅前で待っているという言葉を残し、走り去ってしまう。

Check-10 (どっちが好き)長い髪が好き

4/29 (Tue)
  11時に駅前、走って椋がやってくる。遅れたことを詫びる椋に気にするなと言ったところで
  杏が登場。しかし姉同伴でデートとは、しかもいきなりダメ出し。しきりに詫びる椋だが、らしいと
  言えば椋らしい。昼食は杏の進言に従いお洒落なスパゲッティ屋、椋のはいいとして、どうして
  杏のまで払わなきゃいかんのだ…。互いの趣味を知るため、という名目でウィンドウショッピングに。
  次から次への二人の買い物の紙袋を渡され、まさに荷物状態。杏曰く椋をリラックスさせる作戦だと
  言うが…。ともかく、アクセサリー屋でお気に入りの宝石を聞き出すことに成功。椋のお気に入りは
  青いタンザナイトだという。ちなみに、杏のお気に入りはアメジスト…。

4/30 (Wed)
    珍しく遅刻することなしに登校。いきなり背中を「えりゃ!」と杏に押される。遅刻しないように
  釘を刺される。今度遅刻したら「縮む」らしい…。笑顔のまま杏に遅刻するなとすごまれると、怖い。
  椋にお昼ご飯を一緒に食べるように誘われる。そこまで念を押されなくてもご飯ぐらい一緒に食べます
  って…。

    春原をどうにかあしらって、椋と昼食を食べに中庭へ向かう。杏がお弁当を持って待っているという
  が…。食堂だと周りに人がいるから恥ずかしいと言うが、庭で食べる方が恥ずかしいと思うぞ…。
  着くなり杏に遅いと怒られる。しかし、朝5時に起きて重箱3つのお弁当を作るとは、かなり気合いが
  入っている。かなりの量があるが、椋が「あ~ん」といって食べさせてくれるから全部食べれるって、
  どんな理屈だ…。さすがに椋にそれは無理、それにしても椋に対してあること無いこと吹き込む姿は
  まさに姑だ。古い女と書くのに失礼だ、と杏はかなりご立腹だったが…。

CG(杏)

5/01 (Thr)
  休み時間に椋がやってきて占いのカードを引けという。2枚ぐらい引けとは、なんとアバウトな。
  しかもカードを見る前に、お昼に美味しいものが食べられると断言する。椋の占いだけに不安ありあり
  だが、一緒に昼ご飯を食べたがっている様子だったので、一緒に食べようと声をかける。

    昼休み、今日もビニールシートを広げて待つ椋と杏、今日も遅いと杏に駄目出しされる。トイレに
  行っていたと言うと、授業中にすませと怒られる、委員長にあるまじき発言だ。なぜかボタンも一緒。
  ボタンを鍋にするのかと言うと、笑顔で脅される。相変わらず怖い…。今日は重箱が4つ、1つは
  椋が作ったという。見た目もきれいな杏の弁当と比べると、焦げていて形もいまいちな卵焼きや肉が
  詰めてある。外れはないだろうと口にした卵焼きは…なんとも評価に困る味。味はどうかと尋ねる
  椋にどう返答しようか悩んでいたとき、ボタンが同じ卵焼きを食べて気を失ってしまう。結局、椋の
  お弁当は封印されることとなった。またボタンを渡される。世間体は無視と言い切られては、断る
  術を持たない。結局、その後ボタンを抱いて授業を受ける羽目に…。

CG(杏)

5/02 (Fri)
  今日も昼ご飯は前庭で重箱、当然というか椋の手作りはない。それを尋ねるとデリカシーがないと
  今日も杏に怒られる。ボタンは昨日の夜に目を覚ましたが、まだぐったりしているという。杏の発言
  の方がデリカシーが無いと思う…。今日弁当のメインは杏風ならぬ京風肉じゃがだと言う。料理は
  うまいが、発言はオヤジだ…。椋を見ていたのに気づき、おじゃまかと余計な気を利かせる杏。
  お姉ちゃんはお姉ちゃん、というのが椋らしいが…。彼氏っぽいとかおじゃまとか、半ば強引に
  椋と自分をくっつけようとしている杏、まあきっかけからしてそうだったのだが…。

    思ったことをなかなか言えない涼と、思ったことを何のためらいもなく口に出す杏。それにしても
  「ミジンコの方がまし!」で言葉を選んだという杏の性格が怖い…。椋のアグレッシブ化大作戦、
  とかいってまた妙なことを考えている様子。学生だから早いって何が? 杏にそそのかされて
  「あ~ん」をやろうとする椋、今回はどうにか成功するが、気の利いたセリフが言えない、と杏に
  駄目出し。その後、関節キスだとちゃかされて真っ赤になって走り去ってしまう。追いかけろと怒る
  杏だが、追いかけても逃げるだけだと思う。杏に、椋とつきあって楽しかったか、と聞かれたので、
  特別なことはなかったが、この1週間は有意義だったと答える。何か考えていた様子だったが、
  笑顔でノロケだとちゃかされる。杏に、今度の連休は二人っきりでデートするようにと勧められる。

CG(杏)

  放課後、校門まで杏と一緒。ちゃんと連休にデートに誘うように釘を刺される。いつもと違って
  静かな杏の存在が逆に気になる。何気なく杏を見ていたら、言いたいことがあるなら言えと怒られる。
  可愛いから見とれていたのかと思った、なんて軽口を叩いている時点でいつも通りといえばそう
  なのだが。思わず吹いたところ、後頭部に衝撃が…。最後に椋をちゃんと家まで返せと釘をさされる。
  変なコトしたら、おろし金で肘をするって、普通の女の子のセリフじゃない。本人は性格だとあっけら
  感としているのが逆に怖い。椋と一緒に帰るがどことなく元気がない。話を聞くと、占いをしたが
  結果が良くなかったという。占いの結果なんて気にするなと励ますと、うれしさのあまり泣き出して
  しまう。そんな彼女の涙をぬぐってやり月曜日にデートの約束をする。

5/03 (Sat)
    昼過ぎに起きて街に出る。街でボタンの姿を見かける、ということで杏に呼び止められる。暇なん
  だから散歩につきあえと杏に誘われる。無視して立ち去ろうとしたが、ボタンに足を掴まれる。
  椋がデートに誘ってもらえて枕を抱いて飛び跳ねてたとのこと。またのろけられた、とからかわれる。
  椋は看護婦になるのが夢だが、杏は幼稚園の先生になりたいという。世話好きなところはあっている
  のかもしれないが…。素で笑ったら怒られた。薄手のキャミソールを実は胸のある椋が着る姿を想像
  したら、とけしかけておいて、変な想像するなと怒る…、いつもの事とは言え身勝手だ。

  雑貨屋で紙包みを渡される。椋へのプレゼントとしてタロットカードを渡せという。その後、野原
 に連れて行かれる。ここでボタンを拾ったとのこと。捨てられた場所だけどボタンに取って大切な場所、
  ここが無くなったらボタンが大切な場所をなくしちゃう、そう悲しむ杏に、ボタンにとって今大切な
  場所は杏の側だといったら珍しく感心され、礼を言われた。レアな事だから記念にとっとけとのこと。

  そこで、いきなり椋とキスをしたかと尋ねる杏。まだ誰ともキスをしたことがないが、唇を合わせる
  だけ、というと女の子のファーストキスは大事、とひどく怒られる。そこで、いきなりキスしてみるか、
  と言う杏。練習だ、私の事を椋だと思ってと強調する杏に顔を近づけ、唇が触れる瞬間、ほおに衝撃。
  直前で止められ、練習はおしまい、とのこと。見つめられたときはドキドキした、と言われても、
  なんとなく釈然としないものがある…。送る道すがら杏に礼を言われる、色々ありがとうと…。

CG(杏)

5/04 (Sun)
  今日も商店街へ出かける。さすがに杏に渡されたタロットを渡すだけでは彼氏失格だ。先日、
  涼や杏と出かけた宝石店。椋が好きなのは…悩んだ末にアメジストを購入した。

Check-12 (買う宝石)アメジスト

5/05 (Mon)
   11時、必死で走って多少遅刻して駅に到着、あまりに焦っていたので宝石を忘れてしまった。
  心配そうに待っていた涼に詫びる。プレゼントとしてタロットカードを渡す。タロットをもらって
  喜ぶ椋が早速占いたいという。大アルカナ22枚をシャッフル、1枚を選べという。引いたカードは
  「愚者」、どうやら今の状態が続くという結果になるらしい。昼ご飯を食べた後、色々な店を歩いて
  デートを楽しむ。そしてゲーセンに入り、恋人としてホロスコープをする。一昨日の杏の発言を
  思い出しながら、そして昨日の杏との練習を思い出しながら、涼とキスをした…。

CG(椋)

5/06 (Tue)
    学校に行くが何故か周囲の視線が気になる。杏の態度もよそよそしい。椋を昼食に誘うが、杏が
  弁当を作っていないからと断られる。春原の話によると、自分と杏がつき合っているという噂が
  流れているらしい。結局、椋とのことを話す羽目になる。どうやら野原での杏との練習シーンを
  誰かに見られていたらしい。

    放課後、椋の机の周りに人だかり。タロットに変わってパワーアップした事で人気殺到とのこと
  らしい。椋を残して帰ろうとすると、途中で杏にあうが機嫌が悪い。椋を待つのが彼氏、噂が広がる
  と困るから、これ以上私に近づくなと言う。その視線が辛そうだ…。結局、杏の言葉に従って椋を
  待つことにする。気分の晴れない自分を励ましてくれる椋、彼女だから悩みを一緒に考えられるかも
  しれない…、そんな彼女の言葉がありがたい。別れるとき、椋とキスをする。恥ずかしいけどやめる
  のはイヤ…、でも、人がいるところはイヤというのが椋らしい。

5/07 (Wed)
    春原と昼食を取っているところへ杏が現れる。自分ではなく春原につき合えという。嫌がる春原を
  強引に連れ出していく。春原曰く放課後、中庭に来いと言われたのこと。気になって後をつけてみる、
  春原に杏がつき合おうと申し出たらしい。わかりやすい証拠を見せようとキスをしようとする杏。
  春原に自分の事が好きだと言われて何も返せない杏…。隠れている自分に気が付く春原、何か言おう
  とする前に、杏は立ち去った…。本当に藤林椋でいいのか、春原の言葉が耳と心に痛い…。校門前で
  椋が待っていた。道すがら涼とたわいのない会話をする。そして別れ際のキス…。

5/08 (Thr)
    昼休み、購買部に行こうとしたら椋に呼び止められる。パンの袋を持って一緒にご飯を食べようと
  言う。2週間前、始めて二人で弁当を食べた場所で、杏に取られたメロンパンとカレーパンを一緒に
  食べようと言う。しかし昨日の杏の件があるのでスッキリしない。公認カップルになっていそうだと
  恥ずかしそうにそういう椋、校舎の方から杏の視線を感じた気がした。

    校門のところに杏が居た。委員会はさぼったとのこと。別れようとする杏の後をついて行くが 
  二人の間に会話はない。最後に別れるとき、陽平のことは真に受けるな、何とも思っていないと
  笑う杏。あんたのことをどうとも思っていない、そんな杏の笑顔がなぜか苦しい…。

5/09 (Fri)
    椋とつき合うようになって始めての遅刻、学校前で入るのを躊躇っていると後ろから衝撃が。
  スクーターに乗った杏に引かれる。その後先に行く杏だが、電柱に激突して倒れる。杏とバイクを
  起こし、エンジンをかけてやる。

    昼休み、椋が昼ご飯を誘いに来る。売店に行こうとするが、椋がお弁当を作ってきたからと前庭へ
  連れて行かれる。1週間間のボタンの惨状を思い出す。お姉ちゃんが手伝ってくれたから大丈夫、
  という椋。お弁当は普通に食べれる味だった。昼休み前、帰ろうとしたとき杏に会う。お似合い
  だったと寂しそうに言う杏に、トンカツのお礼を言う…。

5/10 (Sat)
    HRの前に椋がやってくた。いきなり買い物につき合ってくれと大きな声で言う。どうしたのかと
  聞くと、つき合っていれば普通だと言う。最近やけに積極的な行動が目に付く。校門のところで
  待っていた椋が、いきなり腕をくんでくる。胸が当たっていると言っても、つき合っていればありと
  さらにしがみついてくる。どうしたんだと聞くと、大胆な一面があると思ってくれと言う。まるで
  杏みたいという言葉にも、笑ってそうですと答える椋。考え方を大胆にしてみたと言う椋の言葉、
  それ自体悪いことではないが、何かが引っかかる。

    涼は以前に行った宝石屋に連れて行く。そこで、以前から欲しかったという、タンザナイトの
  ペンダントを購入したいとのこと。ペンダントのお金を出してやる。とまどいながらも礼を言う椋。
  喜ぶ椋の笑顔が胸に重い…。彼女笑顔が違和感を感じさせずにはいられない…。帰路で、占いで良く
  ない結果が出たから不安だったと言う椋。良く外れると言って後悔したが、占いは外れる方がいいと
  言う。未来に向けての道しるべの1つ、当たると未来が1つしかないから占いは外れた方がいい…。
  この芯の強さ、心の強さは杏とそっくりだ…。

5/11 (Sun)
    朝のHRの後、椋が誘いに来た。しかも朋也と名前の方で呼ばれた。恋人同士っぽいかなと思って、
  と恥ずかしそうに言う椋。結局、椋に引きずられる形で教室を出て行く。創立者祭ということで、
  校舎では色々な出店が出ていたが、自分は涼と中庭でアイスを食べていた。自分の口元についていた
  アイスを指先でぬぐってなめる。関節キスを指摘しても笑顔で恋人みたいと言う。しかも、今キス
  したら甘いかななどと言い出す。そんな椋に逆らえる訳もなくキスをした。ふと目を開けて後ろを
  見ると、泣きながら去っていく杏の姿が…。

5/12 (Mon)
    今日は代休、涼とデートだが、昨日の杏の顔が脳裏から離れない。美味しいというラーメン屋に
  連れて行かれる。椋がどこに行こうかというからひとけの無いところと冗談を言ったら、最初は
  うろたえていたが、行きたいところならどこへでもついて行くという。恋人同士ならそういうの
  普通だと思うから…と。椋を大事にしているからとその場を取り繕う。その後、椋に、私のこと
  好きですか、と聞かれたが答えることが出来なかった…。その問いに答えられない自分にますます
  嫌悪感を感じていく。今日一日、頭の中から杏の顔が離れることはなかった。

5/13 (Tue)
    昼休み、椋がお昼ご飯に誘われる。お弁当を作ってくれたとのこと。今日は杏の手伝いはないと
  言う。手を引かれて行くときに、椋の手にいくつかの絆創膏があることに気づく。中庭で待って
  いると、またもやボタンの姿。そして杏の姿。やぁ、との声で椋が頑張っていたと言う。だから
  頑張って全部食べろと、ボタンを抱いて去っていく。途中、椋が杏とすれ違うが、二人の間に会話
  どころか挨拶もない。絆創膏は弁当を作るときに怪我をしたのだと言う。指をボロボロにして、
  一生懸命作ったお弁当が、美味しくない訳がない。食事が終わって教室に帰るとき、杏が早退した
  事を聞く…。

    5時限目、雨の降ってきた外に目をやると校門のところに動く物体。ボタンが雨の中でこっちを
  見上げていた。トイレに行くと言って校門に向かう。ボタンの後を追い走る。そこに杏が立ちつく
  していた。絶対に気にしちゃ行けない相手だったのに…、自分が嫌いと叫ぶ杏を後ろから抱きしめた。
  あんたのことが好き、と謝る杏。あたしは藤林杏よ、藤林椋じゃないの…。そういって去っていく
  杏をどうすることも出来なかった。教室に戻ると椋が待っていた。今、一番会いたくない椋が。
  優しい言葉をかけてくれる椋の温かさが胸に痛い。結局、椋に何も言葉を返せなかった。

CG(杏)×2

5/14 (Wed)
    今日も遅刻して校舎に入る。中庭に目をやると杏と椋の姿。そして二人がこちらに手を振っている。
  杏が手招きをするので下へ降りていく。杏が笑顔で椋が待っているから中庭に行けと言う。杏を呼び
  止めるが言葉が見つからない。杏はいつもの杏として笑っていた。そして中庭にいた涼も笑って
  いた。たわいのない話をしながら弁当を食べた。結局、杏と何を話していたかは教えてもらえなかった。
  乙女の秘密なのだそうだ…。

5/15 (Thr)
    椋が占いをする横で弁当を食べる。女子の壁の中で弁当を食べるのは正直恥ずかしい。なれそめを
  聞かれたので正直に答えると、椋が向こうで真っ赤になっている。女子に引きずられて取り囲まれる。
  質問攻めにされて困っている様子だがどことなく嬉しそうだ。その場の成り行きで自分と椋の相性を
  占うことに。しかもそこに通りかかる杏。その占いの結果は…、気味が悪くなるほどに現状を表して
  いる…。私たちはうまくいく、その椋の言葉が、胸に痛い。今回の椋の占いは当たる、そう笑顔で
  去っていく杏…。

5/16 (Fri)
    春原に言われて4時限目の授業をふけ、中庭で春原に悩みを打ち明ける。言葉を聞くまでもなく、
  どうしなきゃいけないかはわかっていたが…。昼休みになって、椋が走ってくるが、一緒に弁当を
  食べようと言う誘いを断った…。杏に会ったが、うまく言葉が出てこない。誰かを傷つけてまで、
  あんたと一緒にいたいとは思えない…、そんな杏の言葉に、今まではそう思っていた、と返すのが
  精一杯。

    放課後、二人きりになった教室で、椋に話を切り出そうとするが、椋に話の腰を折られ何も言え
  なくなる。そんな自分に椋は告白する。お姉ちゃんの気持ちを知っていたこと、相談すれば自分の
  気持ちを抑えてでも協力してくれることを知っていて相談したこと。お姉ちゃんみたいに積極的に
  なるから、代わりになれませんか…。自分が何か言うまでに、椋は走り去ってしまう。

5/17 (Sat)
    結局、その日HRをさぼって早退する。春原の部屋で時間をつぶす。椋が自分を捜していたと言う。
  学校中を椋を探し回る。中庭に椋が立っていた。彼女に別れの言葉を告げる、そして自分が好きなのが
  杏であることを…。キスをしてくる椋から顔を背ける。でも、椋はまたキスをしてくる…。朋也…。
  その声を聞いて唇を重ね、頭の中が真っ白になった。逃げちゃ駄目だ、椋に怒られたのだという。
  振られたときは一緒に泣いてあげるからと…。杏が僕に告白する、そして自分も杏に告白する…。
  そして唇を合わせ、二人の恋人としての時間が始まる…。

CG(杏)×2

5/-- (---)
    放課後、誰もいない教室で椋を待つ。そして優しさに甘えていたことを謝った。椋は許してくれな
  かった。二人で過ごした時間は楽しかった、謝られて許してしまうと、その時間が嘘だったように
  思えてしまう…。だから言い直す、ありがとうと…。椋もありがとうと返してくれた…。

秋(エピローグ)
    杏と二人で学校の帰り道。髪も大分伸びたようだ。髪を短くしただけで椋に間違えられるのは
  ショック、言われてみれば確かにその通り。好きだよ、のごまかしの言葉も通じない。涼のことを
  考えていたから、とフォローしてくれたが、私のことも考えずに…というところでむかついたようだ。
  嫉妬とかじゃなく他の方法で感情を確かめるな、というといきなりキスしてきた。出迎えに来た
  ボタンが足にからみつく。そして、杏は腕にしがみつく。

CG(杏)
光の玉

|

« [REVIEW] CLANNAD(PS2) その01 (活発か淑やかかの選択ならば後者になるかなぁ…) | トップページ | [REVIEW] CLANNAD(PS2) その03 (年上か年下か、破壊力万点のシナリオにメロメロよ~) »

ゲーム 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/16400789

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW] CLANNAD(PS2) その02 (でも杏が嫌いな訳では全然無く…むしろ好きだな):

« [REVIEW] CLANNAD(PS2) その01 (活発か淑やかかの選択ならば後者になるかなぁ…) | トップページ | [REVIEW] CLANNAD(PS2) その03 (年上か年下か、破壊力万点のシナリオにメロメロよ~) »