« [TV] 今週の放映試合 | トップページ | [REPORT] 劇場版「CLANNAD」舞台挨拶 1回目 »

2007/09/15

[REVIEW]劇場版『CLANNAD』 ~クラナド~

 ストーリーというかエンディングは、一応応オリジナルになるのだそうだ。伝聞形で書く時点でゲームをコンプリートしていないということがばれてしまうのだが。劇場版「AIR」の時もそうだったけど、それ以上に「今」と「過去」が混在してて、後で思い返したり、2回見てようやく分かるシーンがあったのは確か。最初見たときはなぜここで雨に濡れなければならないのかが消化できなかった。ただ、2回目に頭を整理してみることで、ああ、そういうことなんだ、というのがわかったというのが正直なところ。監督の描きたいところが、あのエンディング、プラットホームでの「再会」にあるのなら途中に何度か入る「雨のシーン」はありだとは思う。そして、それがゲームにあったシーンなのか、それとも似ているけど違うシーンなのか、あるいはまったくオリジナルな展開なのかはどうでも、とは言わないが、些細な話になるはずだ。

  もちろん、ゲームファン、キャラファンに納得いかないシーンはあるだろう。一部ファンに熱烈な支持を得ている会社の制作で、多くのヒロインが登場するだけに、そのファンすべてに満足のいく作品を提供することなど、困難を通り越して不可能だ。想定の範囲内とは言え、登場キャラはかなり絞られた。ゆかりんは当然としてまみまみや野中さん、神田さんが出てないというのを残念がるファンは多いだろう。ゲームのファンとしては、杏の隣にいるのは椋であって欲しい、と言うか椋が泣いてるところに辞書と杏が飛んできて欲しいはず。渚が物静かなキャラだから、椋やことみではキャラがかぶるって事だし、芽衣はゲームでも完全なサブキャラ。今回のストーリーに必要なのが杏やだってのは分かるから、懸命な選択だとは思う、残念ではあるけど…

 ゲームでのお約束というか迷シーンもかなりカットされた。あんパンはどうにか食べるシーンで登場するものの、「あんパン」や「カツサンド」のセリフはない。早苗さんは料理がうまいし、パンも美味しく食べられる。妹をいじめて辞書が飛んでくることもなければ、春原に対して智代の蹴りが入ることもない。映画で始めてクラナドに接した人には全く気にならない事だが、ゲームファンに取っては違和感を感じるところだろう。個人的には、映画での女の子の描かれ方の方が、より普通の女の子であるという意味で、映画の中で楽しむには共感が持てる気がしている。ゲームとして楽しむ際には妙な言動がまた楽しかったりするのだが。

 上記のような点を考えると、「AIR」ほどではなくても、ゲームファンからの非難やクレームは避けれないものなのだろう。ただ、ゲームと全く同じものを描くのだったら、わざわざ映画にする必要はない。前々から書いているように、僕は出崎監督の味付けがされた劇場版「AIR」は名作だと思っている。確かにゲームに親しんだファンに違和感があるのはわかる。ただ、十数時間かかりマルチなエンディングのゲームと、2時間足らずの映画で、ストーリー構成が違うのは当然だし、キャラが普通っぼくなるのも当然だ。そして今回の劇場版「CLANNAD」についても、実に見応えのある作品に仕上がっていると思う。

劇場版「AIR」の感想

|

« [TV] 今週の放映試合 | トップページ | [REPORT] 劇場版「CLANNAD」舞台挨拶 1回目 »

アニメ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/16461621

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW]劇場版『CLANNAD』 ~クラナド~:

« [TV] 今週の放映試合 | トップページ | [REPORT] 劇場版「CLANNAD」舞台挨拶 1回目 »