« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/29

[PL07/08] #08 バーミンガム v マンU

去年までのチェルシーみたく退屈な展開だ(笑)

●スタジアム
    セント・アンドリュース・スタジアム  バーミンガム

●試合結果
    バーミンガム 0 - 1 マンU  Att: 26526

●審判
    スティーブ・ベネット

●ラインアップ

  バーミンガム
                        10 ジェローム     23 カポ

    11 マクシェフリー   26 ムアムア       12 ナフティ   07 ラーション

    15 キュードルー     06 リッジウェル   16 ジュルー   02 ケリー

                            01 テイラー
    サブ:
        18 キングストン   05 スミチェル   08 オコーナー   17 ダン   28 パラシオス
    監督:
        スティーブ・ブルース

 マンU
                32 テベス       10 ルーニー

    11 ギグス   18 スコールズ   16 キャリック   07 ロナウド

    03 エブラ   15 ビディッチ   05 リオ         06 ブラウン

                        01 Vサール
    サブ:
        29 クスチャク   08 アンデルソン   09 サハ   19 ピケ   22 オシェイ
    監督:
        アレックス・ファーガソン

●前半:試合展開
  02  BHA SOG:ジェローム中S                                        ☆GKセーブ(CK)
  02  BHA SOG:左CK:→キュードルー中HS                          ☆GKキャッチ
  07  MAU       :テベス左ドリブル                                        GKキャッチ
09  BHA ▲YC:キュードルー、ロナウドと競る                      CARD▲キュードルー
  10  BHA S    :左クロス→ジェローム右S                                枠右
  16  MAU S    :ブラウン右クロス→こぼれ→ギグス中S                    枠右
  18  BHA SOG:ラーション右クロス→マキシェフリー左HS              ☆DFクリア
  23  MAU SOG:ロナウド右S                                          ※GKキャッチ
  23  MAU       :Vサール、足を痛める
  28  BHA SB  :GKキック→ジェローム中ロングS                      ☆DFブロック
  29  BHA SOG:左クロス→ラーション中HS                              GKキャッチ
  34  BHA SB  :カポ→ジェローム中S                                    DFブロック
  38  MAU S    :ロナウド中ミドルS                                      枠上
  39  BHA       :ジェローム右クロス                                      DFクリア
  +2  BHA       :キュードルー左ドリブル                                  ボールデッド

●前半:コメント
    リーグカップの敗退もあってベストメンバーで臨んだマンUだが、全くいいところ無し。攻撃機会
  でもシュート数でもバーミンガムに遅れを取り、どうにか失点を免れたというのが正直な印象。
  ロナウド、ルーニー、テベスの個人技で何度かチャンスは作ったものの決定的なシーンは無し。
  GKのファンデルサールが負傷したのが気がかり

●前半:スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
     バーミンガム      0    11     6     3     7    47     1     0
        マンU     0     6     1     2     4    53     0     0

●後半:試合展開
  46  MAU 交代1:Vサール(OUT)、クスチャク(IN)
  49  MAU S    :テベス左→ルーニー中S                                  GKキャッチ
  51  MAU SOG:リオ中フィード→ロナウド中ドリブルS              GOAL★BHA 0-1 MAU
  54  BHA SOG:マクシェフリー左S                                    ※GKセーブ
  56  BHA SOG:マクシェフリー左ミドルS                              ☆GKセーブ(CK)
  58  MAU       :ブラウン右クロス                                        DFクリア
  61  BHA ▲YC:ナフティ、ロナウドを引っかける                    CARD▲ナフティ
  62  MAU ▲YC:エブラ、ハンド                                    CARD▲エブラ

  63  BHA S    :右FK:マクシェフリー→                              ※あわず
  64  MAU 交代2:ギグス(OUT)、サハ(IN)   リオがキャプテン
  67  MAU       :テベス中落→ルーニー                                  ※DFクリア
  71  BHA 交代1:ムアムア(OUT)、パラシオス(IN)
  76  BHA 交代2:ジュルー(OUT)、シュミッツ(IN)   負傷退場

  77  MAU S    :ロナウド右クロス→テベス中S                            枠上
  80  MAU S    :ルーニー左ドリブル、クロス→ロナウド中S              ※枠右
  84  BHA 交代3:ナフティ(OUT)、オコーナー(IN)
  88  BHA ▲YC:ラーション、エブラにタックル                      CARD▲ラーション
  89  MAU 交代3:テベス(OUT)、オシェイ(IN)
  +3  BHA SOG:オコナー左S                                          ※GKキャッチ

●後半:コメント
    膠着状態を救ったのは、結局ロナウドの個人技だった。相手のクリアミスを見逃さずボールを奪取、
  そしてドリブルで中央へ切り込んでゴールを決めた。ただし、この日の仕事はこのシュートのみ。
  サイドでもカウンターでも攻撃の起点となることは出来なかった。テベスとルーニーのコンビ
  ネーションも、何度か見られたもののまだまだ改善の余地はある。エブラやブラウンからクロスが
  あがるだけにターゲットマンが欲しいところ。一番の心配は負傷退場したファンデルサールか。
  長期離脱などが無いことを願う。

●前半:スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
     バーミンガム      0    17     9     4    15    50    3     0
        マンU     1    11     4     4    11    50     1     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #08 ウェストハム v アーセナル

グリーンはいいキーパーだねぇ…負けたけど

●スタジアム
    アップトン・パーク    ロンドン

●試合結果
    ウェストハム 0 - 1 アーセナル   Att: 34966

●審判
    アラン・ワイリー

●ラインアップ

 ウェストハム
                        08 アシュトン   33 カマラ

    07 リュンベリ       16 ノーブル     08 パーカー   29 ボウヤー

    03 マッカートニー   06 アップソン   05 アントン   02 ニール(C)

                            01 グリーン
    サブ:
        21 ライト   04 ガビドン   12 コール   17 ムリンス   34 ボアモルテ
    監督:
        アラン・カービッシュリー

 アーセナル
                25 アデバイヨル   11 Vペルシー

    02 ディアビ   16 フラミニ     04 セスク     13 フレブ

    22 クリシー   06 センデロス   05 トゥレ(C)  03 サーニャ

                      24 アルムニア
    サブ:
        21 ファビアンスキ   15 デニウソン   18 シルバ   26 ベンドナー   27 エブエ
    監督:
        アーセン・ベンゲル

●前半:試合展開
  01  ARS S  :ディアビ左クロス→アデバイヨル左S                      枠左
  05  WHM       :マッカートニー左クロス→アシュトン中→リュンベリ中      オフサイド
  09  WHM S    :アシュトン中反転S                                      枠上
  13  ARS SOG:アデバイヨル→フレブ右クロス→Vペルシー中HS    GOAL★WHM 0-1 ARS
  16  WHM ▲YC:ボウヤー、フラミニに後方タックル                  CARD▲ボウヤー
  18  WHM       :カマラ左クロス                                          ボールデッド
  21  WHM       :リュンベリ左クロス                                      DFクリア
  24  WHM       :左FK:ノーブル→                                      GKキャッチ
  29  WHM ▲YC:ノーブル、フレブにタックル                        CARD▲フレブ
  31  ARS 交代1:フレブ(OUT)、エブエ(IN)
  35  WHM S    :アシュトン中ミドルS                                    枠左
  38  WHM       :カマラ右クロス                                          GKキャッチ
  41  ARS SOG:右FK:VペルシーS                                  ☆GKセーブ(CK)
  +1  ARS SOG:フラミニ中ミドルS                                    ※GKキャッチ
  +1  WHM S    :ニール中ミドルS                                        枠上
  +3  ARS       :Vペルシー右クロス                                      DFクリア(CK)
  +3  ARS S    :左CK:→アデバイヨル右BS                            枠上

●前半:コメント
    試合を通してアーセナル優勢の展開、そんな中アデバイヨルとフレブのコンビのクロスから
  Vペルシーが頭で合わせて先制した。その後も攻め続けて枠内シュート5本を放って、ウェスト
  ハムのゴールを脅かした。ただ、決定機を作り出すまでには至らず、追加点をあげられなかった
  のが気になるところ。さらに、攻撃の核であるフレブを負傷退場で失ったのは、この試合に
  置いても、今後の試合という意味でも痛い。相手の枠内シュートが0本とはいえ、事故での失点を
  考えると、もう1点取って早く勝負を決めたいところ。

●前半:スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
     ウェストハム      0     3     0     1     8    49     2     0
      アーセナル     1     8     5     7     5    51     0     0

●後半:試合展開
  46  WHM 交代1:パーカー(OUT)、ムリンス(IN)
  46  ARS    :中→アデバイヨル右                                      S出来ず
  50  WHM 交代2:アントン(OUT)、ガビドン(IN)
  54  ARS SOG:Vペルシー中ミドルS→GKセーブ                      ☆右ポスト
  57  WHM       :ニール右スロー                                          あわず
  57  WHM SOG:ボウヤー右クロス→アシュトン中HS                    ☆GKキャッチ
  58  ARS ▲YC:フラミニ                                          CARD▲フラミニ
  59  WHM       :中スルーP→リュンベリ中S→G                          オフサイド
  63  ARS SOG:Vペルシー中→アデバイヨル左S                        ☆GKセーブ(CK)
  66  WHM S    :アシュトン中ミドルS                                  ※枠左
  67  ARS SOG:ディアビ左クロス→アデバイヨル中S                      GKキャッチ
  68  ARS S    :ディアビ左S                                            枠上(CK)
  71  ARS       :ディアビ左ドリブル                                      DFクリア(CK)
  73  ARS SOG:アデバイヨル左クロス→クリシー中S                    ☆GKセーブ
  75  WHM S    :右CK:リュンベリ→アシュトン中HS                    枠上
  77  WHM S    :アシュトン中S                                          GKキャッチ
  79  ARS 交代2:アデバイヨル(OUT)、シウバ(IN)
  82  ARS S    :フラミニ中ミドルS                                      DFブロック(CK)
  84  WHM SOG:左CK:→アシュトン中HS                            ☆DFクリア
  88  ARS 交代3:Vペルシー(OUT)、ベントナー(IN)
  +4  ARS ▲YC:エブエ、遅延行為                                  CARD▲エブエ
  +5  ARS SOG:左クロス→こぼれ→セスク中S                          ※GKキャッチ

●後半:コメント
    ハマーズにとっては60分近辺にあった優勢な時間にゴールを決めれなかったことが致命傷となった。
  この日始めてのチャンスだったアシュトンのヘッドはGKの真正面。その後、84分のCKのヘディング
  はDFにクリアされて勝負有り。アーセナルは後半、疲労のためか若干ペースダウンしたものの、
  2,3度決定的なシュートを放って優勢に試合を進めた。相手GKがグリーンで無ければ追加点を
  早々に奪って勝負も決めていただろう。ハマーズに取ってはスーパーセーブの連発だっただけに、
  前半のセットプレイの失点が悔やまれる。

●スタッツ:
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
     ウェストハム      0     9     4     3    15    45     2     0
      アーセナル     1    16    12    14    14    55     2     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #08 マンC v ニューカッスル

どっちのチームをみてもわかるけど、監督力ってあるんだねぇ…

●スタジアム
    シティ・オブ・マンチェスター    マンチェスター

●試合結果
    マンC 3 - 1 ニューカッスル   

●主審
    クリス・フォイ

●ラインアップ
 マンC
                            09 ムペンザ

                            11 エラーノ

    15 ペトロフ   21 ハマン       06 ジョンソン   07 アイルランド

    24 ガリード   02 リチャーズ   22 ダン         16 コルーカ

                            25 ハート
    サブ:
        19 シュマイケル   03 ボール   04 オヌオハ   08 ジオバンニ   20 サマラス
    監督:
        スベン・ゴラン・エリクソン

  ニューカッスル
              36 ビドゥカ         09 マルティンス

      16 ミルナー                                   20 ジェレミ

                      17 スミス       22 バット

    14 エゾングビア   27 テイラー   04 ロゼフナル   21 ベイ

                              01 ギグン
    サブ:
        13 ハーパー   03 エンリケ   05 エムレ   25 フェイ   35 パッチソン
    監督:
        サム・アラダイス

●前半:試合展開
  05  NCU    :マルティンス中→スミス                                  あわず
  06  MAC SOG:ペトロフ左S                                            GKキャッチ
  06  MAC       :ムペンザ左→エラーノ                                    あわず
  07  NCU S    :右CK:ジェレミ→ロゼフナル中HS                      GKキャッチ
  09  NCU SOG:ビドゥカ右ミドルS                                      GKセーブ(CK)
  12  MAC SOG:エラーノ中ミドルS                                    ☆GKセーブ(CK)
  16  MAC S    :中フィード→ムペンザS                                  GKキャッチ
  19  NCU       :ミルナー右ドリブル、クロス                              DFクリア
  22  NCU       :ミルナー、エリア内で倒れる                              笛無し
  24  MAC SOG:アイルランド右クロス→エラーノ中HS                    GKキャッチ
  27  NCU SOG:ミルナー中ミドルS                                      GKキャッチ
  28  MAC SOG:ペトロフ左ミドルS                                      GKキャッチ
  29  NCU SOG:ジェレミ右クロス→マルティンス中TS              GOAL★MAC 0-1 NCU
  32  MAC       :DFバックパス→GKトラップミス                        クリア
  33  NCU S    :中FK:ビドゥカ中BS                                  オフサイド
  34  MAC S    :ハマン中ミドルS                                        枠上
  35  MAC SOG:ペトロフ左ドリブルS                                  ☆GKセーブ
  38  MAC SOG:アイルランド右クロス→ペトロフ左S                GOAL★MAC 1-1 NCU
  41  MAC S    :エラーノ中ミドルS                                      枠上
  41  MAC SOG:中スルーP→アイルランド中1対1S                    ☆GKセーブ
  44  NCU       :エンゾグビア左クロス                                    GKキャッチ
  +1  NCU       :マルティンス左クロス→ミルナー右H                      DFクリア(CK)
  +1  NCU S    :右CK:ジェレミ→マルティンス中HS                    枠上

●前半:コメント
    序盤、マルティンスがロングボールをうまくコントロールして先制点をあげたニューカッスル
  だが、その後はシティが優勢に試合を進める。細かいパスを繋ぐサッカーと、エラーノからの
  した決定的なパス、さらにアイルランドとペトロフのサイドプレイヤーの活躍でマグパイズを
  圧倒した。ギブンの3回のスーパーセーブがなければ逆転して終わっていたはずだ。

●前半:スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
         マンC     1     9     7     2     2    61     0     0
    ニューカッスル      1     6     4     3     4    39     0     0

●後半:試合展開
  47  MAC SOG:ペトロフ左クロス→ムペンザ中HS                  GOAL★MAC 2-1 NCU
  49  MAC       :エラーノ左ドリブル、クロス                            ※GKキャッチ
  53  NCU       :ミルナー→ビドゥカ中ヒール                              あわず
58  MAC 交代1:コルルカ(OUT)、オヌオハ(IN)
  63  MAC       :ペトロフ左クロス→アイルランド右→                    ※クロスバー
  65  NCU SB  :ジェレミ中ミドルS                                      DFブロック
  66  NCU SOG:ロゼフナル中S                                          GKキャッチ
  67  NCU S    :スミス中→マルティンス左S                              枠左
  70  MAC SOG:エラーノ中S                                            GKキャッチ
  72  NCU SOG:左FK:ジェレミS                                    ※GKセーブ(CK)
  77  NCU 交代1:ジェレミ(OUT)、エンリケ(IN)
  79  NCU S    :テイラー中S                                            DFクリア(CK)
  80  MAC SOG:C→リチャーズ中S                                      GKキャッチ
  80  MAC S    :ムペンザ中S                                            枠上
  82  MAC       :ペトロフ左クロス→ムペンザ                              あわず
  83  MAC S    :アイルランド右クロス→ムペンザ中S                      枠左
  84  MAC SB  :ムペンザ右S                                            DFブロック(CK)
  85  NCU 交代2:テイラー(OUT)、ファイ(IN)
  86  MAC 交代2:ジョンソン(OUT)、ボール(IN)

  87  MAC SOG:中FK:エラーノS                                GOAL★MAC 3-1 NCU
  88  NCU 交代3:ビドゥカ(OUT)、エムレ(IN)
  98  MAC 交代3:ジオバンニ(IN)

●後半:コメント
    後半開始直後、ペトロフのクロスにムペンザが頭で合わせて逆転、その後、ニューカッスルが
 優勢に立ったものの、決定機を作り出すことは出来ず、終盤のエラーノのスーパーなFKで勝負あり。
  ペトロフ、アイルランドのサイドからの攻撃と、エラーノを中心とした中央からの攻撃がうまく
  絡み合い、ハマンとDFラインが堅実な守りを見せる。これでイサクションが戻ってくればさらに
  守備力はアップするはず。ニューカッスルが悪いサッカーをしたわけでは決してないのだが、
  シティの組織的かつ細かいパスの回るサッカーに正直手が出なかった感が強い

●スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
         マンC     1    16    8     3     7    54     0     0
    ニューカッスル      1    12     4     9    10    46     0     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 今週の放映試合

はふ~、放送10分前だよ(笑)

マンチェスター・シティ vs ニューカッスル  09/29(Sat)   20:40

           セルティックvs ダンディーU     09/29(Sat)   22:55
            チェルシー vs フルアム        09/29(Sat)   22:55
          ウェストハム vs アーセナル      09/29(Sat)   22:55
              ウィガン vs リバプール      09/29(Sat)   22:55
                ローマvs インテル        09/29(Sat)   24:55
          バーミンガム vs マンU          09/29(Sat)   25:10
              レバンテ vs バルセロナ      09/29(Sat)   26:55
                 ミランvs カターニア      09/30(Sun)   21:55
                 トリノvs ユベントス      09/30(Sun)   27:25

第6節 WOWOW放送カードについて
第6節につきましては、権利元において、本日現在、一部の試合を除き国際配信の予定が立っておりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] チェックした方が良さそうな番組(10月開始)

うーん全部見たいのは確かだけど…、む、むりです(笑)

●新番組
  灼眼のシャナII              TBS       10月05日より 毎週金曜日25:55 - 26:25
  しおんの王                  フジテレビ   10月18日より 毎週土曜日深夜
  げんしけん2                KIDS STATION 10月12日より 毎週金曜日24:00 - 24:30
  キミキス pure rogue         テレビ神奈川 10月08日より 毎週月曜日23:00 - 23:30
  もっけ                     (TOKYO MX     10月07日~   毎週日曜日23:30 - 24:00)
-----------------------------------------
  CLANNAD ~クラナド~       TBS      10月04日より 毎週木曜日25:55 - 26:25

●継続
  スカイガールズ              テレビ神奈川              毎週木曜日26:15 - 26:45
-----------------------------------------
  ハヤテのごとく              テレ東                    毎週日曜日10:00 - 10:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] キミキス pure rogue

●公式HP
  キミキス pure rogue 
    キミキス   

●放映日程
  MBS        10月 6日(土)  26:55~
  チバテレビ    10月 7日(日)  25:30~
  RKB        10月 7日(日)  26:13~(予定)
  テレビ神奈川  10月 8日(月)  23:00~
  テレビ埼玉    10月10日(水)  25:30~
  テレビ愛知    10月12日(金)  25:58~

●キャスト
      川田知子:川澄 綾子
      星乃結美:小清水 亜美
    里仲なるみ:水橋 かおり
      水澤摩央:池澤 春菜
    咲野明日夏:広橋 涼
    二見瑛理子:田中 理恵
      祇条深月:能登 麻美子
          菜々:野川 さくら
        栗生恵:中原 麻衣

# 公式ページにキャストされてないけど出るよね(笑)

●概要
  ゲーム持ってるだけでやってないので、よくわからないのですが、とりあえず、保健室で保険医と
  生徒が繰り広げる、ちょっぴり危険なラブストーリー…でしたっけ。いや、まあ、あやちーもまみまみも
  それ以外の皆さんも頑張れ(笑)

●関連リンク
  [まんとら]10月新番組アニメ『キミキスpure rouge』キャストコメント
    [gooアニメ]豪華キャストのアフレココメント発表!

# とりあえずまみまみも出るし…、狙ったキャラだよな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] しおんの王

●公式HP
    本格将棋サスペンス「しおんの王」

サスペンスブームはさったと思うんだが(笑)

●放映日程
    10/13(土)深夜より、フジテレビにて放送

●キャスト
    安岡紫音:川澄綾子
    安岡信次:松本保典
    安岡幸子:國府田マリ子
      齋藤歩:朴璐美
  二階堂沙織:水野理紗
      羽仁真:郷田ほづみ
      羽仁悟:松風雅也
      神園修:中尾隆聖

●概要
    私の名前は安岡紫音、ちょっぴりお茶目な14歳、プロ棋士目指して頑張ってま~す、というお話
 では絶対無いです、はい。紫音の両親はなぜ殺されたのか、紫音はなぜ生き残ったのか、そして、
  彼女の声はなぜ封印されたのか、さらに声の無い彼女になぜあやち~がキャストされたのか。
  様々な謎を秘め、物語は進む。未来に進め!と…。

●コメント
Q1:演じてみての感想
    喋れない役と言うのは初めてなので、とても難しいです。
Q2:気をつけていること
    画面で紫音が動いていると、ついアドリブを入れてしまいそうになるので気をつけています。
    モノローグの時は、年齢の割に落ち着いた印象になるように心がけています。
Q3:原作を読んでの感想
    将棋のシーンとミステリーのシーンに緊迫感があって、とても引き込まれる作品だと思いました。
Q4:読者に一言
    作品を見てもらって、将棋に興味を持ってもらえたら嬉しいです。みなさんも犯人を一緒に予想
    してください!
 (2007アフタヌーン秋の4大アニメ丸わかりブック より)

●関連リンク
[Web-Newtype]静寂と激動が同居する将棋の対局を描く「しおんの王」アフレコ
          アニメなのに言葉を発さないという、ちょっと斬新なキャラクターです
# それは…、たしかに斬新だけど…、いいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[TV] げんしけん2

●公式HP



 まだ1を見ていないと言うのは内緒ですけど…

●放映日程
  チバテレビ      2007年10月 9日 25:30~26:00   
    テレ玉          2007年10月 9日 25:30~26:00   
    テレビ愛知      2007年10月 9日 27:28~27:58   
    tvk             2007年10月10日 25:15~25:45   
    サンテレビ      2007年10月11日 26:10~26:40   
    KIDS STATION    2007年10月12日 24:00~24:30   

●キャスト
  大野加奈子(おおの かなこ)       川澄 綾子
  高坂真琴(こうさか まこと)       斎賀 みつき
  アンジェラ・バートン              甲斐田 ゆき
  スザンナ・ホプキンス              後藤 邑子
  春日部咲(かすかべ さき)         雪野 五月
  荻上千佳(おぎうえ ちか)         水橋 かおり
  斑目晴信(まだらめ はるのぶ)     檜山 修之
  笹原完士(ささはら かんじ)       大山 鎬則
  田中総市郎(たなか そういちろう) 関 智一
  久我山光紀(くがやま みつのり)   乃村 健次
  朽木学(くちき まなぶ)           石田 彰

●概要
  勉学に励む大学生達が、部活にも積極的に取り込む愛と青春、友情と感動の物語…。間違っては
  いないけど、すごく間違っている気がするのは何故(笑) それはさておき「プリティメンマ」では
  あやち~さんに「キューティトンコ」をやって欲しいな~(笑)

●コメント
    オタクの世界は知らないことが多いので、収録していてもすごくタメになる……のかどうかは
  わからないのですが、いろいろと吸収して楽しい作品にしていきたいと思います。
 (2007アフタヌーン秋の4大アニメ丸わかりブック より)

# 絶対「なにこれ~」とか「え~」とか言ってるんだろうな(笑)

●関連リンク
  [超アニメロ]オタクたちのぬるくて楽しい物語、第2章スタート!「げんしけん2」アフレコ
    「いろいろなことを知ることができて楽しい作品なので、また戻って来られてうれしいです。
  大野さんは『2』ではBLがどれだけ好きかというのをすごく素敵な笑顔で言ったりして、
  最強なんですよね。今は荻上さんをどうやってカミングアウトさせようかというのを、楽しみに
  しています(笑)」

 

[Web Newtype]オタクたちのまったりとした日常が、再びTVアニメで登場! 「げんしけん2」アフレコ
  オタクじゃない人も楽しめる内容だと思いますし、オタクの人ならば画面や会話の端々に
  散りばめられたネタでさらに楽しんでもらえると思います。ぜひいろんな人に見てもらいたいと
  思いますので、みなさん見てください」

# 頑張ります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] もっけ

●公式HP
    [avex]もっけ

本格妖怪アニメって肩書きもどうなんだ(笑)

●キャスト
  檜原 静流(ひばら しずる)川澄 綾子
  檜原 瑞生(ひばら みずき)水樹 奈々
  檜原 千歳(ひばら ちとせ)三石 琴乃
  お婆ちゃん                京田 尚子
  檜原の爺さん              堀 勝之祐

●放送予定 2クール予定
  メ~テレ  2007年10月2日~   火曜 26時43分~27時13分
  TOKYO MX  2007年10月7日~   日曜 23時30分~24時00分
  ABC       2007年10月10日~  水曜 26時51分~27時21分

●概要
    見えちゃう静流と憑いちゃう瑞生、怪異に出会う姉妹の物語なんだそうです。決して人間と
  妖怪の調和と対話を目指して、日々働く神曲楽士のお嬢様だったり、異界へ舞い降りたプリンセスと、
  その友人の騎士の娘の剣で語る物語。、と言う訳ではないと思います…。

●コメント
    静流は小さい頃から妖怪が「見えて」しまっているので、その苦労とかが年齢より老成している点や
  瑞生に対して必要以上にお姉ちゃんでいようとする点に気をつけています。ちょっと怖いエピソードも
  あるんですけど、八日以外手当たり前という世界観なので、自然に共生しているところが面白いです。
  全体に昔懐かしい雰囲気を味わっていただけると思います。私たちも頑張りますので、是非見てください。
 (2007アフタヌーン秋の4大アニメ丸わかりブック より)

●関連リンク
[アニメイトTV]TVアニメ『もっけ』アフレコインタビュー!
      童心に返れるような感じなので日々疲れている方などにはぴったりなアニメになっています。

# 確かに疲れてますけど…そういうあなたも疲れてませんか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 灼眼のシャナII

●公式HP
    オフィシャルHP
    毎日放送

●放映日程
      毎日放送 (MBS)  2007年10月4日~   木曜 25時25分~25時55分
  中部日本放送 (CBC)  2007年10月4日~   木曜 26時25分~26時55分
      東京放送 (TBS)  2007年10月5日~   金曜 25時55分~26時25分
        ANIMAX        2007年11月8日~   木曜 22時30分~23時00分ほか

●概要
  坂井悠二を慕いつつ、友達の関係から抜け出せない吉田一美。そこへ現れた謎のツンデレ少女。
 彼女の登場で平凡な日々が終わりを告げる…。波乱の展開にとまどいつつも、困難に立ち向かって
  いく吉田、その前に立ちはだかる謎の美女達。彼女と悠二の間に平穏で幸福日々は訪れるのか、
  それとも、メロンパンを頬張る少女の前に屈してしまうのか…

●キャスト
  シャナ[Shana]                                 釘宮 理恵
  吉田 一美                                       川澄 綾子
  頂の座 ヘカテー[Hecate]                       能登 麻美子
  マージョリー・ドー[Margery Daw]               生天目 仁美
  マティルダ・サントメール[Mathilde Saint-Omer   岡村 明美
  坂井 千草                                       櫻井 智
  ヴィルヘルミナ・カルメル[Wilhelmina Carmel]   伊藤 静
  天壌の劫火 アラストール[Alastor]              江原 正士
  蹂躙の爪牙 マルコシアス[Marchosias]           岩田 光央
  坂井 悠二                                       日野 聡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/28

[Carling Cup 07/08] 3回戦結果&4回戦組み合わせ

●Round 3 Result

  Tuesday, 25 September 2007
          Arsenal ○2-0(HT 0-0)    Newcastle     若手主体も完勝
         Blackpool  ○2-1(HT 0-1)    Southend      
           Burnley    0-1(HT 0-0)○  Portsmouth   
             Luton  ○3-1(HT 1-1)    Charlton      
          Man City  ○1-0(HT 0-0)    Norwich      
           Reading    2-4(HT 1-1)○  Liverpool    
         Sheff Utd  ○5-0(HT 2-0)    Morecambe    
         West Brom    2-4(HT 1-4)○  Cardiff      
  Wednesday, 26 September 2007
       Aston Villa    0-1(HT 0-0)○  Leicester    
         Blackburn  ○3-0(HT 0-0)    Birmingham   
            Fulham    1-2(HT 0-0)○  Bolton       
              Hull    0-4(HT 0-1)○  Chelsea      
           Man Utd    0-2(HT 0-1)○  Coventry      若手主体でいいとこなし
         Sheff Wed    0-3(HT 0-0)○  Everton      
         Tottenham  ○2-0(HT 0-0)    Middlesbrough
          West Ham  ○1-0(HT 0-0)    Plymouth      

# チャールトン、ノリッチ、レディング、WBA、ヴィラ、バーミンガム、フルアム、マンU、ボロが敗退

●Round 4 Fixtures

Tuesday  30 October 2007
       Bolton v Man City        19:45   
      Chelsea v Leicester       19:45   
     Coventry v West Ham        19:45   
    Liverpool v Cardiff         19:45   
        Luton v Everton         19:45   
   Portsmouth v Blackburn       19:45   
    Sheff Utd v Arsenal         19:45   
    Tottenham v Blackpool       19:45   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[DVD] らき☆すた #04

第07話 「イメージ」

コメント
  夏休みが開けました。こなちゃん、どうしちゃったのって「まりみて」か。ケーブルの人に色々
 言われたんだ…。執事と言えばセバスチャンか…。かがみちゃん、「うるさいっ!」がよく似合う
 なぁ。チョココロネはドリルみたいって、ゲッター2ですか。カレーに1日でカビが生えますか。
 つかさちゃん、ケロロなストラップですか。アタックNo1は…笑っちゃうんだろうな。

ラッキーチャンネル
  みのる君が髪結んでます。ツインドリルは…無理だと思いますよ。

エンディング  地上の星
  みゆき繋がりで「地上の星」ですか…、アニソンやアイドルでなくてもいいんだ…

第08話 「私じゃなくても旺盛」

コメント
  ツンデレはツインテールが基本って、まあ、そうなんだけど…。凹凸が激しいから障害物競走ダメ
 って言われても。運動会を日曜にやりますか。「若さ故の過ち」って先生が言うなよ、しかも「坊や」
 とかこなたさん返しているし。100mはハイパーオリンピックなんだ。つかさちゃん、ハードル倒し。
 みゆきちゃん、胸の差で逆転ですか、すごいなぁ…。つかさちゃん、笛もだめなんだ。つかさのくせに
 突っ込むかって…言う独り言もどうなんだか。

ラッキーチャンネル
  みのるさんの方が人気なんだ。フィギィア化計画って、どうなんだ。

エンディング  MONKEY MAGIC
  1つ目の西遊記の主題歌って、言われてみればこれだなぁ。気づかなかった。

特典映像 白石みのるの冒険 エピソード03
  外人さん達に大受けでした。でも、どうしてらき☆すたで「晴れ晴れユカイ」…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] ゼロの使い魔 双月の騎士 #12

第12話  さよならの結婚式

コメント
  いきなり味方同士が斬り合って大変な事態。狙うはアンリエッタ様。斬りかかる兵士に絶体絶命、
 なところへお約束で才人登場。アンリエッタ様を守るためにしんがりを努めることを宣言するルイス。
 しかし最後の願いが結婚したいってのはルイズらしいな。薬を飲ませて眠らせたルイスをチェザーレに
 渡す才人。そして敵の元へ向かうAパート。

  同様するアンリエッタだが、国のために思いとどまる。ルイズが目を覚ましたときは、すでに船は
 出港したところ。7万の軍勢に立ち向かう才人だが、当然かなうはずもなく。敵の攻撃を浴びて倒れる。
 みんなが悲しんでいるところに帰ってくる才人。そうですか、まみまみな妖精さんに助けてもらった
 んですね。それはそれでいいけど、結局胸ですか…。どうやってあの攻撃から逃げたのかな、とか
 アルビオンからどうやって帰ってきたのかな、とか不思議な事はたくさんあるけど、まあ、無事
 帰ってきたからいいっかというBパート。もう、続くの前提なお話の切り方だよね。そうですか、
 妖精さんはまみまみですか…、おっけ~!

次回予告
  第3期もやるそうですよ~、当然ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] スカイガールズ #13

第13話「攻龍出港」

コメント
  ということで攻龍が出港した訳ですが…、四者四様ですねぇ…。エリーゼ、どうやって持って
 きたんだ、そのぬいぐるみの山…。おい、なんかいきなり倒れてるぞ…。別に船酔いで倒れた
  からって、そこまで怒ることはないだろう…、音羽~。実戦が近くなってピリピリしてきました
  ねぇ…。海に潜むワームのアイキャッチは可愛くないなぁ~なAパート。どうでもいいけど、
  スカイガールズな皆さんの制服って地味だよねぇ。軍人だからしょうがないんだけど、戦闘服が
  やらしいと言うべきなのかなぁ…。

  僚平がゼロの担当を外されると聞いて、怒り出す音羽、まあ~、なんていうか女の子は扱いが
  難しい、などと思うまもなくワーム接近、ということでピリッとしたところで戦闘ですが…、
  エリーゼ仲間はずれ~、音羽発進できず…。いきなりピンチですが、僚平が来た途端に発進できる
  って、ゼロも難しい年頃なんですかねぇ(笑) ケンカするほど仲がいいってのは、こっち方面の
  お約束なんだろうな、というBパート。個人的には「バカはお前だ~!」とか聞きたかったけど、
  というのは駄目ですか、駄目だろうなぁ。あれ、副官さんは乗ってないのかな、あと、13話なのに
  OPもEDも変わらないのね、あれだけ宣伝してるのに(笑)

次回
  3人でデルタだから4人でクアドラですか、どんどん増えていったりするのかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

[TV] 怪物王女 # 番外編

番外編  不良王女 9/27

    フランちゃんが不良になった、と言っても信用してもらえないヒロ君、信頼ないんですね…。
  峠でリザをぶっちぎるは、姫に鉄くずをとばすは、やりたい放題。とりあえずフランシスカに取り
  押さえられたようですが、なんかすごいな~、フランドル。暴走の理由は…でAパートおしまい。
  やはりそうか…、ってどうなんだろう(笑)

    暴走するフランドルですが、女の子を助けたり、銀行強盗を捕まえたり、火事を消したり、全部いい
  方向に行くのはなぜ、どうしてゴジラを連想するかな、ヒロ君は(笑) 自爆装置のスイッチが入った
  ので、海で自爆するために…と言うことですが、エミール君格好いいな~。まあ、取説読めないのは
  女の子だからしょうがないよね、姫もシャルロットも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/27

[NEWS] スイングゴルフ パンヤ 2nd ショット!

●公式サイト
    スイングゴルフ パンヤ
    スイングゴルフ パンヤ2ndショット 

●販売情報
  【名称】スイングゴルフ パンヤ2ndショット
  【販売】TECMO
  【種別】スポーツ
  【発売】2007年11月29日予定
  【価格】5.800円(税込6,090円)
  【対応】Wii

●キャスト

    アリン:川澄 綾子     優秀な魔術師の家計に生まれた一人娘
    エリカ:植田 佳奈     キューマの正体でパンヤ島に来た少女
      クー:釘宮 理恵     海賊船「ルナーテューム」の船長
  セシリア:生天目 仁美   シルビア号の代表としてパンヤ・フェスタに参加
      ロロ:遠藤 綾       ジベラ村長の娘、ロロ
      ケン:松元 恵      
  ダイスケ:茶 風林      
  マックス:高橋 広樹    
      カズ:緑川 光

●ストーリー
    魔術師、海賊船の船長、船の代表、村長の娘、そんな登場人物がハラハラドキドキの冒険を
  繰り広げるゴルフゲームです…って、なんじゃ~、そりゃ~(笑) まあ、Wiiスポーツよりは
  面白いかもしれないけど…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Carling Cup 07/08] 3回戦:4強の結果

ホームでコベントリーごときに負けちゃダメだよね>マンU

マンU

●スタメン

              08 アンデルソン   21 Fangzhou

      33 イーグルス   17 ナニ   30 マーティン   25 シンプソン   
                                (46 キャンベル)
      22 オシェイ     19 ピケ   26 バーズリー   23 エバンス   
                                (46 ブラウン) (56 キャリック)
                    29 クスチャク

●ゴール
      27  COV   Mifsud      MAU 0-1 COV
      70  COV   Mifsud      MAU 0-2 COV

# レギュラー勢無し。

アーセナル

●スタメン
                      26 ベントナー   09 エドゥアルド

    32 ウォルコット   17 ソング       15 デニウソン   08 ディアッラ

    30 トラオレ       06 センデロス   31 ホイト       27 エブエ

                      21 ファビアンスキ

●ゴール
    83  ARS   ベントナー    ARS 1-0 NCU
    89  ARS   デニウソン    ARS 2-0 NCU

# エブエを起用

チェルシー

●スタメン
                  17 シンクレア   14 ピサーロ

    21 カルー     09 シドウェル   05 エッシェン   24 Wフィリップス
                                  (73 マケレレ)   (49 コール)
    03 Aコール   26 テリー       26 ベンハイム   35 ベレッティ
    (65 ブリッジ)
                          23 クディチーニ

●ゴール
    37  CHE   シンクレア    HUC 0-1 CHE
    48  CHE   カルー        HUC 0-2 CHE
    52  CHE   シドウェル    HUC 0-3 CHE
    81  CHE   カルー        HUC 0-4 CHE

# テリー、Aコール、エッシェン、Jコール、マケレレを起用

リバプール

●スタメン
                    15 クラウチ     09 トーレス

    11 ベナユン     21 ルーカス     33 レト         22 シッソコ

    12 アウレリオ   23 キャラガー   17 アルベロア   03 フィナン

                      30 イタンジュ

●ゴール
      23  LIV   ベナユン    REA 0-1 LIV
      50  LIV   トーレス    REA 0-2 LIV
      72  LIV   トーレス    REA 0-3 LIV
      86  LIV   トーレス    REA 0-4 LIV

# キャラガー、アルベロア、フィナン、トーレスを起用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/26

[COMIC] ハヤテのごとく #145

●掲載
  少年サンデー 10/10号
●サブタイトル
  第145話「Distance~近くても」 幸せだったなら
  幸せだったなら、孤独もよりしみる。
# 桜と言えばクラナドかなぁ~(笑)
●ダイジェスト
  ハヤテ君の事よ
  ハヤテ君の…事?
●ツボ
  お兄ちゃんっていうのにちょっとあこがれてんねん
  ハヤテお兄ちゃんって呼ぶのはどうやろ?
  裸漫談
# いつの間に妹フラグが~(笑)
●今週のマリアさん
  回想シーンの中で頑張ってます
●ひとこと
  いい話なのに、メインは来週以降なんだよ(笑)
●クエスチョン
  Q:歴史上の人物と一晩語り合えたとしたら
  A:手塚治虫先生とライオンキングについて
# 歴史上の人物…なのかなぁ、まあ、そうかもしれない。
●関連 
  今週の話は来週の話と含めて一話です。だから来週は扉もありません。
# そうだよね(笑)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/25

[TV] 07/08欧州サッカー放映権(ブンデスリーガ)

 [フジ]ブンデスリーガ07/08シーズン フランクフルト戦全戦放送
        フジテレビ721+739では、ブンデスリーガ 07/08シーズンから、高原直泰、稲本潤一が所属するフランクフルトの、シーズン第7節から生中継を中心に全試合放送が決定!!

# 遅いよ(笑)
# フランクフルト戦だけ放映されてもなぁ…

●07/08 サッカー放映予定    07/09/25時点

                    06/07         状況        07/08
  ----------------------------------------
      UCL[UEFA]  スカパー!    継続        ○スカパー!    GSより全試合放送(去年実績)
    プレミア[ENG]   スカパー!    終了        ○J.S.(-2010)   週4試合程度放送
      リーガ[ESP]   WOWOW         契約満了    ○継続(1年?)   週4試合放送(去年実績)
    セリエA[ITA]   スカパー!    契約満了    ○継続(1年)     週3試合生放送
                    ぷらら        契約満了      無し
    ブンデス[GER]   J.S.          契約満了    ○フジ739       週1試合(フランクフルト)
    リーグ1[FRA]   J.S.          契約満了    ○継続(1年)     週1試合(ルマン)
    プレミア[SCO]   スカパー!    継続        ○継続?        週1試合(セルティック)
    エールD[NED]   GAORA         ?            無し         
  ----------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[DVD] コードギアス 反逆のルルーシュ volume 09

STAGE 23  せめて哀しみとともに

コメント
  1週間経過しても衝撃的なOP前、ユフィさん、さらりと皆殺しと言ってるあたりが逆に怖いよね。
 いや、ゼロは日本人じゃないよね、あらら、ゼロがユフィを撃っちゃった…。スザク君は優しいね、
 あれだけのことをしたユフィに対して。キーとなる人物だけに、色々波紋があるんだろうなぁと。
 マリアンヌって誰だろうな…。あれ、この期に及んでV.V.なんて出てきましたか。かないさんな巫女さん、
 夫ねぇ…、独りだけ脳天気だな~。戦闘直前に友との電話のやりとりってのも、コードギアスらしい
 けど、いきなりパージの嵐で東京壊れてます…。

次回
  戦闘編クライマックスです。

STAGE 24  崩落 の ステージ

コメント
  地震対策でそういう階層を作るってのはすごいねって、いきなりお歌が変わってますよぉ、後2話
 なのにって、24話と25話はイベントでの放映だったんですか…。そして本編、ロイドさんも空気
 読めないからね。アシュフォード学園を徴用、シャーリーもどこかずれてるし、ランスロットも
 パワーアップ、スザクとゼロと1対1の決闘は、ゼロのだまし討ちでスザクが捕まり、コーネリアとの
 戦いも制したけど…、ナナリーがまた捕まっちゃうんですか…。

次回
  意気揚々なゼロですが…、ナナリーが危険なんですけど。

STAGE 25  ゼ ロ

コメント
  最後の最後にオレンジが出てムチャクチャに。セシルさん、格好いいです…。スザク君もカレンも
 ゼロを追ってカミネ島へ。最後にC.C.がオレンジとの対決、うーん、そこで沈めますか…。そして
 スザク君との対決、正体がようやくばれたんですが…。えっと、そこで二人が銃を向けておしまい
 ですか…、そりゃ第2期に続くよなぁ…。さらわれたナナリーちゃんが気の毒です。

次回
  第2期シリーズ決まってます…。だからといってこの終わり方はちょっとなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

最近のお仕事(カーリングと言っても箒は持たないよ…)

    カーリングカップをまとめてみました [日程][1回戦結果][2回戦結果][3回戦組分]
    チャンピオンズリーグ、頑張ってみてます。とりあえず6試合…かな?[チャンピオンズリーグ]
  リーガ・エスパニョーラの放映のゴタゴタをまとめてみました。とはいえ、Footballistaの受け売りですが…(笑)

 カーリングカップのスポンサーチャンピオンズリーグのスポンサー、やっぱり欧州とビールは
切っても切れないのかなぁ…、飲めない人にはよくわかりませんが(笑) ちなみに、カタカナだと
カーリングですが、小野寺さんや林さんのカーリングとはスペル違いますから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のミッドウィーク日程

    イングランド:  カーリングカップ3回戦。欧州組も登場です
        スペイン:  第5節開催(バレンシア v ヘタフェ、バルサ v サラゴサ 他)
        イタリア:  第5節開催(パレルモ v ミラン、インテル v サンプ、ヴィオラ v ローマ 他)

# いいカード目白押しだけど…、さすがに今週はおとなしくしないと倒れるかな(笑)
# 録画で我慢しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Carling Cup 07/08] 3回戦組み合わせ

アーセナル v ニューカッスル、レディング v リバプールはみたいなぁ(笑)

●Fixtures

  Tuesday, 25 September 2007
        Arsenal v Newcastle      19:45
      Blackpool v Southend       19:45
        Burnley v Portsmouth     19:45
          Luton v Charlton       19:45
       Man City v Norwich        19:45
        Reading v Liverpool      19:45
      Sheff Utd v Morecambe      19:45
      West Brom v Cardiff        19:45
  Wednesday  26 September 2007
    Aston Villa v Leicester      19:45
      Blackburn v Birmingham     20:00
         Fulham v Bolton         20:00
           Hull v Chelsea        19:45
        Man Utd v Coventry       20:00
      Sheff Wed v Everton        19:45
      Tottenham v Middlesbrough  20:00
       West Ham v Plymouth       19:45

4回戦のドローは9/29(Sat)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/23

[PREMERA Div. 07/08] #04 バリャドリー v Rマドリー

バリャドリー、勝てたよ…。この内容でも追い付くのがさすがマドリーだけどね。

●スタジアム
    ホセ・ソリージャ    バリャドリード
    気温:21度    湿度:40%    天候:晴れ

●試合結果
    バリャドリー 1 - 1 Rマドリー

●審判
    イトゥラルデ・ゴンサレス

●ラインアップ
 バリャドリー
                        09 ジョレンテ

19 セスマ             14 コメ               07 シシ

            06 ボルハ         18 ルビオ

15 ラファ   10 Oサンチェス   05 Gカルボ   16 Pロペス

                        01 ビュテル
サブ:
    13 アルベルト   02 フエンテス   03 マルコス   20 ドラド   08 バラハ
    12 オグベチェ   21 ビクトル
監督:
    ホセ・ルイス・メンディバル

 Rマドリー
                    07 ラウール     17 ニステル

        15 ドレンテ       14 グティ         10 ロビーニョ

                          06 ディアラ

    12 マルセロ   05 カンナバーロ   04 Sラモス   02 サルガド

                          01 カシージャス

    サブ:
        25 デュデク   16 エインシェ   23 スナイデル   08 ガゴ   20 イグアイン
        11 ロッベン   18 サビオラ
    監督:
        ベルント・シュスター

●前半:試合展開
  06  VAL    :左クロス→中                                          ※GKキャッチ
  12  VAL    :左クロス→                                            ※DFクリア(CK)
  13  VAL S    :カルボ中ミドルS                                        枠上
  14  RMA S    :ロビーニョ右ドリブル、クロス→ニステル中S            ※枠左
  18  RMA ▲YC:サルガド、相手を倒す                              CARD▲サルガド
  20  RMA       :フィード→ニステル                                      ファール
  28  VAL       :左クロス                                                DFブロック
  30  RMA S    :ロビーニョ右ドリブルS                                ※枠左
  34  VAL S    :中ミドルS                                              枠外
  35  VAL       :ロペス、エリア内で倒れる                                笛無し
  38  VAL       :セスマ左クロス
  39  VAL SB  :コメ右S                                              ☆DFブロック(CK)
  40  VAL SOG:右CK:→ラファS                                      GKキャッチ
  41  RMA S    :こぼれ→ニステル中OHS                                枠上
  41  VAL ▲YC:ビュテル、抗議?                                  CARD▲ビュテル
  43  VAL S    :ドレンテ左クロス→ラウール中BS                      ☆GKセーブ(CK)
  43  RMA       :左CK:グティ→                                        GKキャッチ
  43  VAL SOG:シシ中ミドルS                                        ☆GKセーブ(CK)
  +1  VAL       :中ミドルS→中S                                        オフサイド

●前半:コメント
    バリャドリーがマドリー相手に優勢に試合を進める。シュート数はバリャドリー7本に対して
 マドリー5本とほぼ互角だが、印象としてはバリャドリーの積極的な攻めのシーンばかりが印象に
  残った。決定機もバリャドリー2本に対してマドリー1本、マドリーでは押し込まれているサルガド
  がカードをもらっているのが気になるところ。ただ、今日は本職のCBがいないので、Sラモスを
  右サイドに出せないのが辛いところだ。もっとも、守備な交代を強いられるようではマドリーの
  勝ちがおぼつかないのも確かではあるが。

●前半:スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
    バリャドリー     0     7     2     9    56     1     0
    Rマドリー      0     5     1    11    44     1     0

●後半:試合展開
  46  ---    :審判が変わっている
  48  VAL       :コメ左クロス                                            GKキャッチ
  49  VAL SOG:ロペス右クロス→ジョレンテ                            ☆GKセーブ
  54  RMA S    :マルセロ中ミドルS                                      枠上
  60  VAL ▲YC:ボルハ、ドレンテを倒す                            CARD▲ボルハ
  61  RMA SOG:C→ニステル左ミドルS                                ☆GKセーブ(CK)
62  RMA 交代1:ドレンテ(OUT)、ロッベン(IN)
  62  RMA 交代2:ロビーニョ(OUT)、イグアイン(IN)

  64  RMA       :ロッベン左クロス                                        DFブロック(CK)
64  VAL 交代1:コメ(OUT)、ビクトル(IN)
  67  VAL S    :セスマ左クロス→中ミドルS                            ※枠上
  68  RMA S    :中フィード→イグアイン中S                          ※※枠左
  70  VAL SOG:Pロペス右ロングS                                GOAL★VAL 1-0 RMA
77  VAL 交代2:シシ(OUT)、マルコス(IN)
  80  RMA SOG:右クロス→ラウール左HS                                GKキャッチ
  82  VAL 交代3:ルビオ(OUT)、ドラド(IN)
  84  RMA 交代3:サルガド(OUT)、サビオラ(IN)

  84  RMA S    :左CK:→ラモス中HS                                  枠上
  86  VAL S    :ジョレンテ左ドリブルS→DFR                          枠外(GK)
  86  RMA       :サビオラ→ニステル→イグアイン右                        DFクリア
  87  VAL SOG:グティ中スルーP→ニステル→サビオラS            GOAL★VAL 1-1 RMA
  89  VAL       :サンチェス左クロス→中BS                            ※あわず
  90  VAL S    :サンチェス中ミドルS                                    枠上
  +1  VAL S    :中FK:→ジョレンテ中BS                            ※枠上
  +2  VAL SOG:ビクトル中ミドルS                                      GKキャッチ

●後半コメント
    ロペスのスーパーなシュートと、痛恨のラインコントロールミスで、残念ながらドローに終わった
  バリャドリー、チーム力を考えれば健闘ではあるが、この試合の出来に関しては「勝てる試合を
  落とした」と言う印象が強い。試合全体を通して常に運動量で相手を凌駕し、シュート数や決定機
  では互角に持ち込んだ。ホームながらマドリー相手にここまで積極的に攻めるというのはいかにも
  スペインらしい。
    一方のマドリーは、ドレンテやロビーニョという、今回起用された選手の不振が目立った。一方で
  グティとニステルのコンビで、値千金の同点弾をたたき出したのはさすがというべきか。また、
  バリャドリーの猛攻に対して、中央が崩されることがなかったというのは評価していいのだろう。
  ただ、サルガドに関しては、残念ながら右サイドをまかせるには不安が残ると言わざるを得ない。
  メッチェルダーとペペの復帰が待たれるところだ。

●スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
    バリャドリー     1    13     4    20    51     2     0
    Rマドリー      1    13     4    18    49     1     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREMERA Div. 07/08] #04 ベティス v バレンシア

途中気を失いそうになったぞ。ホアキンの活躍でどうにか寝ずにすんだが(笑)

●スタジアム
    マヌエル・ルイス・デ・ロペラ    セビージャ
    気温:31度    湿度:40%    ピッチ:乾燥    天候:晴れ

●試合結果
    ベティス 1 - 2 バレンシア

●主審
    クロス・ゴメス

●ラインアップ

 ベティス
                      09 フェルナンド

      11 ゴンサレス   10 エドゥ   25 ソビス

              27 フアンデ   20 ソモサ

    03 ベガ   05 リバス     04 ファニート(C)  06 イリッチ

                      13 リカルド
    サブ:
        01 ドブラス   12 ダミア   02 メッリ   07 カッファ   24 ホセマリ
        14 カピ       23 オドンコール
    監督:
        エクトル・クーペル

  バレンシア
                       07 ビジャ

    19 アリスメンディ  21 シウバ    17 ホアキン

              05 マルチェナ(C)  03 フェルナンデス

    14 モレッティ   15 エルゲラ   04 アルビオル   23 ミゲウ

                      13 ヒルデブランド
    サブ:
        25 モラ   20 アレクシス   02 サニー   10 アングロ   06 アルベルダ
        08 バラハ 09 モリエンテス

    監督:
        キケ・サンチェス・フローレス

●試合展開:前半
  07  VAL SOG:シウバ中ミドルS                                      ☆GKセーブ
  08  BET S    :中→ゴンサレス左BS                                  ※枠上
  12  VAL S    :右FK:ホアキン→エルゲラ中HS                        枠左
  14  VAL SB  :ミゲル右クロス→ビジャ中S                              DFブロック
  15  VAL       :ホアキン右ドリブル、クロス                              DFクリア(CK)
  15  VAL SOG:右CK:ホアキン→アルビオル中HS                    ※GKキャッチ
  17  BET SOG:ゴンサレス中S                                          GKキャッチ
  17  VAL S    :アリスメンディ中S                                      GKキャッチ
  23  BET S    :ソビス右ミドルS                                        枠左
  27  BET       :右FK:ソビス→ファニート中                            DFクリア(CK)
  30  VAL S    :ビジャ左クロス→アリスメンディ中S                    ※枠上
  41  VAL SB  :ビジャ中ミドルS                                        DFブロック
  45  VAL       :ミゲル右クロス                                          DFクリア
  +1  VAL SB  :フェルナンデス中ミドルS                                DFブロック
  +1  BET       :エドゥ左クロス                                          あわず

●前半:コメント
    いかにもアウェイのバレンシアらしい、攻め手に欠く展開。一番目立ったのはホアキンの
  ドリブル。アリスメンディはほとんど消えていたし、シルバも今日はほとんど決定機を作り
  出せなかった。ベティスもカウンターからゴール前まで運ぶのが手一杯で有効なシュートは
  ほとんど無し。とりあえず無失点に押さえたベティスのペースと言えるかもしれないが、
  これでは勝ちはおぼつかない。

●後半:試合展開
  51  BET SB :ゴンサレス左S                                          DFブロック(CK)
  52  VAL S    :シルバ右ミドルS                                      ※GKセーブ(CK)
  52  VAL S    :左CK:シルバ→マルチェナ右S                          枠上
  57  BET S    :エドゥ中S                                            ※枠左
  58  VAL S    :ホアキン右ミドルS                                    ※GKセーブ
  63  BET S    :ソビス右ミドルS                                        枠上
  64  BET S    :ゴンサレス左ミドルS                                    枠左
  67  BET S    :エドゥ中スルーP→フェルナンド右S                    ※枠右
  69  VAL SOG:ミゲル中ドリブルS                                GOAL★BET 0-1 VAL
  70  BET       :右クロス→                                            ※あわず
  71  BET 交代1:ゴンサレス(OUT)、カッファ(IN)
  72  VAL 交代1:アリスメンディ(OUT)、アングロ(IN)
 73  BET ▲YC:イリッチ                     CARD▲イリッチ
  73  VAL S    :シルバ左S                                            ※枠左
74  BET 交代2:エドゥ(OUT)、オドンコール(IN)
  74  BET 交代3:フェルナンド(OUT)、ホセマリ(IN)

  75  BET SOG:オドンコール中ミドルS                                ※GKセーブ
  78  VAL 交代2:ビジャ(OUT)、モリエンテス(IN)
  82  BET       :オドンコール右クロス→カッファ中                        ファール
  83  VAL SOG:アングロ左ドリブル、クロス→ホアキン中S          GOAL★BET 0-2 VAL
  84  VAL       :モリエンテス、足を痛めて座っている
  86  BET ▲YC:ホセマリ                                          CARD▲ホアキン
  87  VAL 交代3:ホアキン(OUT)、サニー(IN) スタンディング・オベーション
  87  VAL SOG:中フィード→ソビス左ドリブルS                    GOAL★BET 1-2 VAL

●後半:コメント
    よく言えば堅実、悪く言えば退屈な試合展開でバレンシアがアウェイでしっかりと勝ち点3を
  手にした。シュート17本を放ちながら枠内シュートがわずか5本だったり、アリスメンディが
  機能していなかったり、ビジャが結局ゴールを決めれなかったりと、爽快な試合を見れない
  事が、見ていてイライラする原因なのかもしれない。初スタメンのヒルデブランドは、さすがに
  安定したセーブを見せたが、失点シーンとなったDFが裏を取られた場面でのポジションは
  まずかった。CB勢にスピードがあるとは言えないだけに、今後もDFラインの裏のカバーを
  今まで以上に意識する必要はあるだろう。ただ、勝利も押さえたし、満点とは言わないが及第点
  と言ってもいいと思う。少なくともカニサレスのクロスへの対応の不安よりは、遙かに安心して
  見ることが出来る。後は、ホアキンのゴールシーンを拍手で称えたベティコの皆さんの歓声が
  印象的だった。

●スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
      ベティス     1    13     3    21    42     2     0
       バレンシア    2    17     5    11    58     0     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #07 チェルシー v マンU

一番の敗因は、よくわからない理由で監督を辞めさせたことだと思うな…。これで前のような二流チームへ逆戻りするかも…

●スタジアム
    オールド・トラフォード    マンチェスター
    天候:小雨

●審判
    マイク・ディーン

●試合結果
    マンチェスター 2 - 1 チェルシー

●ラインアップ

 マンU
                  32 テベス       10 ルーニー

    11 ギグス(C)  18 キャリック   11 スコールズ   07 ロナウド

    03 エブラ     15 ビディッチ   05 リオ         06 ブラウン

                  01 ファンデルサール
    サブ:
        29 クスチャク   09 サハ   17 ナニ   19 ピケ   22 オシェイ
    監督:
        アレックス・ファーガソン

  チェルシー
    15 マルダ         07 シェバ           10 Jコール

                12 ミケル       05 エッシェン

                      04 マケレレ

    03 Aコール   26 テリー(C)    22 ベンハイム   20 フェエイラ

                        01 チェフ
    サブ:
        23 クディチーニ   14 ピサーロ   21 カルー   24 Wフィリップス   33 アレックス
    監督:
        アブラモ・グラント

●前半:試合展開
  02  MAU SOG:ルーニー左ドリブル、切り返してS                      ☆GKセーブ(CK)
  04  MAU SOG:ルーニー左クロス→キャリック中HS                      GKキャッチ
  04  MAU       :マルダ左クロス→                                        GKキャッチ
  04  MAU       :リオ、足を押さえて倒れている→治療
  08  CHE       :シェバ右クロス→                                        DFクリア
  08  CHE       :エッシェン右クロス                                      あわず
  09  CHE S    :シェバ左S                                              枠上
  14  MAU       :ルーニー左クロス                                        DFクリア
  16  CHE       :フェレイラ右クロス                                      DFクリア
  17  MAU       :マルダ、エリア内でJコールに倒される                    笛無し
  21  MAU SB  :ロナウド中ミドルS                                      DFブロック(CK)
  21  MAU S    :ルーニー中ミドルS                                      DFブロック(CK)
  22  MAU       :リオ中フィード→ルーニー左H→                          あわず
  24  MAU       :ロナウド右→ルーニー返                                  あわず
  25  MAU SB  :ルーニー中ミドルS                                      DFブロック(CK)
  27  MAU       :右クロス→テベス中S                                    DFブロック(CK)
  29  MAU SOG:テベス右ミドルS                                      ※GKセーブ
  30  MAU S    :カット→ルーニー右クロス→ギグス左BS                ※枠上
  31  CHE       :Jコール→マルダ中                                      DFクリア(CK)
  32  CHE ▼RC:ミケル、エブラに足裏タックル                      退場▼ミケル
  36  MAU       :エブラ左クロス                                          DFクリア(CK)
  39  MAU SOG:右FK:ギグス→ビディッチ中HS                      ※GKキャッチ
  42  MAU       :ルーニー右クロス→GKセーブ→キャリック              ※S出来ず
  44  CHE       :シェバ左ドリブル、クロス                                DFクリア
  45  MAU S    :ルーニー中ドリブルS                                    枠左
  +2  MAU       :ロナウド右クロス                                        DFクリア(CK)
  +3  MAU SOG:ギグス右クロス→テベス中HS                      GOAL★MAU 1-0 CHE

●コメント
    ポゼッションの値に反してユナイテッドがすべてにおいて圧倒、チェルシーにシュートらしい
  シュートを許さずに時間が流れる。ただ、これまでのように自分達もゴールが取れないかと
  思いきや、ギグスからテベスへのホットラインが通じ今期初ゴール、すべてに置いて理想的な
  展開で前半を終了。リオ&ビディッチのCBは強固でシェバにほとんど仕事をさせず、サイドは
  やや頼りないもののマルダとJコールをどうにか押さえた。後は慎重な試合運びで機を見て追加点
  を決めて勝負を決めたい。

●後半:試合展開
  52  MAU    :エブラ左クロス                                          GKキャッチ
  57  MAU S    :左FK:テベスS                                        枠上
  58  MAU S    :キャリック中→ギグス左BS                              枠上
  59  CHE 交代1:シェバ(OUT)、カルー(IN)
  62  MAU SOG:ルーニー左ミドルS                                      GKキャッチ
  66  MAU       :キャリック中スルーP→ギグス、エリア内で倒れる          笛無し
  68  MAU       :ギグス右クロス→ルーニー                                GKセーブ
  69  MAU 交代2:マルダ(OUT)、Wフィリップス(IN)
  74  CHE ▲YC:Jコール、ロナウドを引っかける                    CARD▲Jコール
  75  CHE S    :エッシェン中ミドルS                                    枠右
  76  CHE 交代3:Jコール(OUT)、ピサーロ(IN)
  79  MAU       :テベス左クロス                                          ボールデッド
  79  MAU 交代1:テベス(OUT)、サハ(IN)
  82  MAU       :ロナウド右ドリブル、クロス                              DFクリア(CK)
  80  MAU ▲YC:ブラウン                                          CARD▲ブラウン
  83  CHE ▲YC:テリー                                            CARD▲テリー

  84  MAU SOG:中FK:ロナウドS                                      GKキャッチ
  89  MAU       :サハ中、エリア内で倒れる                                PK
  89  MAU SOG:PK:サハS中中                                  GOAL★MAU 2-0 CHE
  +3  MAU       :キャリック中フィード→サハ左BS                        枠上

●後半:コメント
    後半に入ってもマンU有利は変わらず。チェルシーは選手交代で局面の打開を計るも、全く
  機能せず。ドログバ不在でロングフィードが使えないのが痛かった。一方のマンUも、シュート
  を何本か放ったものの、決定機は最後まで作り出せず。チェルシーの選手が冷静さを失って
  いたのは確かだが、それでも、もう少し決定的なシーンを作り出したいところ。元々攻撃力が
  売りなチームだけに、早く得意の攻撃の形を作り出したい。

●スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
         マンU     2    17     8    10    10    55     2     0
       チェルシー     0     4     1     1    16    45     2     1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[Serie A 07/08] #04 ローマ v ユベントス

●スタジアム
    スタジオ・オリンピコ

●試合結果
    ローマ 2 - 2 ユベントス

●審判
    エミディオ・モルガンティ

●ラインアップ
  ローマ
                          10 トッティ

      30 マンシーニ       20 ペロッタ       11 タッディ

                  16 デロッシ   08 アクイラーニ

    22 トネット   04 フアン     05 メクセス   77 カセッティーニ

                          32 ドニ
    サブ:
        01 クルチ   21 フェラーリ   03 シシーニョ   33 ブリーギ   07 ピサーロ
        14 ジュリ   09 ブチニッチ
    監督:
        ルチアーノ・スパレッティ

 ユベントス
                17 トレゼゲ         11 イアキンタ

                        10 デルピエロ   

    11ネドベド          06 ザネッティ     23 ノチェリーノ

03 キエリーニ   19 クリシート   14 アンドラーテ   21 グリゲラ

                      01 ブッフォン
サブ:
    22 バンシュトラーセン   33 レグロッターリエ   28 モリナロ   30 チアゴ
    02 ビリンデッリ         07 サリハミジッチ     20 パラッディーノ

●前半:試合展開
  07  JUV S  :中S                                                    枠上
  11  ROM SOG:カッセッティ右ドリブルS                              ☆GKセーブ(CK)
  13  JUV       :イアキンタ右ドリブル、クロス                            GKセーブ
  17  JUV SOG:デルピエロ→イアキンタ右クロス→トレゼゲ中HS    GOAL★ROM 0-1 JUV
  20  ROM SB  :デロッシ右ミドルS                                      DFブロック
  23  JUV S    :中FK:デルピエロS                                  ※枠上
  25  ROM       :中フィード→メクセス                                    オフサイド
  28  JUV       :右クロス→イアキンタ左H                                ファール
  28  ROM 交代1:カッセッティ(OUT)、シシーニョ(IN)
  30  ROM SOG:マンシーニ左クロス→トッティ中DFかわしてS      GOAL★ROM 1-1 JUV
  32  JUV       :カット→デルピエロ中ドリブル、エリア内で倒れる          笛無し
  36  ROM SOG:マンシーニ左ドリブル、クロス→アクイラーニ中S        ☆GKセーブ
  36  ROM SOG:こぼれ→トッティ中S                              GOAL★ROM 2-1 JUV
  38  ROM S    :シシーニョ右クロス→アクイラーニ中S                    GKキャッチ
  38  JUV SOG:イアキンタ左H→ネドベド中BS                        ☆GKセーブ(CK)
  40  JUV       :イアキンタ右クロス→デルピエロ                          S出来ず
  41  JUV       :右クロス                                                GKキャッチ
  45  ROM S    :トネット左クロス                                        あわず
  +1  JUV       :中FK:デルピエロ→ネドベド中H                        DFクリア(CK)

●前半:コメント
    双方とも持ち味を出した攻めを見せた面白い試合。ユーベはイアキンタが好調、左右のスペース
  に流れてチャンスメークをしたり、高さで競って落としたりの活躍を見せ、1点目のトレゼゲの
  ゴールをアシストした。デルピエロもトップ下で悪くない動きを見せていたが、トレゼゲはゴール
  シーン以外消えていた。3ボランチを敷く都合上、ネドベドが攻撃に絡めないのが苦戦の一因では
  あるが、ローマの攻撃の厚さを考えるとやむなしか。
    一方のローマは先制こそ許したものの、いつもの分厚い攻撃でたちまち逆転した。1点目は
  ユーベのCBクリシートの経験不足なところを突き、トッティがゴール。2点目もアクイラーニ
  のシュートこそ弾かれたが、そこにトッティが詰めて逆転した。ペロッタ、デロッシ、アクイラーニ
  の飛びだしで相手を圧倒し、なおかつ相手の攻撃を許していないだけに、ローマペースと言える。
  後半は疲労の見えた選手とジュリを交代することで、さらなる攻撃を仕掛けたいところ。

●前半:スタッツ
                  G     S   SOG    CK     F   OFF   POS    YC    RC
        ローマ    2    --     6     2     9     4    54     1     0
    ユベントス    1    --     2     2     9     1    46     2     0

●後半:試合展開
  46  ROM S  :アクイラーニ中ミドルS                                  枠上
  47  ROM       :トッティ→タッディ右→                                  DFクリア(CK)
  47  ROM       :右CK:トッティ→マンシーニ                            S出来ず
  48  ROM       :マンシーニ左クロス→ペロッタ                            S出来ず
  48  ROM       :シシーニョ、ネドベドを引っかける                        PK
  48  ROM ▲YC:シシーニョ                                        CARD▲シシーニョ
  50  JUV S    :PK:デルピエロS中上                                ※枠上
  52  ROM S    :ペロッタ→タッディ右→ペロッタ中BS                  ※枠上
  55  JUV 交代2:アンドラーテ(OUT)、ビリンデッリ(IN)   グリゲラCB
  56  ROM SOG:中FK:トッティS                                    ☆GKセーブ
  56  ROM SOG:こぼれ→マンシーニ左S                                ☆GKセーブ
  58  JUV SB  :デルピエロ中S                                          DFブロック(CK)
  59  JUV       :デルピエロ中フィード→イアキンタ、ドニと接触
  62  JUV       :右クロス                                                ボールデッド
  62  ROM 交代1:マンシーニ(OUT)、ジュリ(IN)
  64  ROM       :左スルーP→ジュリ                                      オフサイド
  65  ROM       :デロッシ左スルーP→ジュリ                              オフサイド
  70  ROM S    :トッティ右クロス→ペロッタ中S                        ※枠右(CK)
  73  ROM SOG:アクイラーニ中ミドルS                                ※GKキャッチ
  73  ROM S    :タッディ右切り返してS                                  枠左
  74  JUV 交代3:デルピエロ(OUT)、パラッディーノ(IN)
  80  ROM S    :シシーニョ右クロス→ペロッタ中HS                      枠左
  81  JUV ▲YC:キエッリーニ、トッティにタックル                  CARD▲キエッリーニ
  84  ROM 交代2:タッディ(OUT)、ブリーギ(IN)
  84  JUV S    :左FK:ネドベドS                                      枠上
  87  JUV SOG:キエリーニ左スロー→イアキンタ中BSH            GOAL★ROM 2-2 JUV

●後半コメント
    攻撃機会ではローマが圧倒したがユーベも守り一辺倒ではなく攻めも見せる。後半早々のPKを
  デルピエロが外したときは勝負ありかと思ったが、ローマの猛攻を耐え忍び、最後にイアキンタが
  値千金のヘディングで同点に追い付いた。この日1ゴール1アシスト、今日のドローはひとえに
  イアキンタの活躍のたまものと言っていいだろう。トレゼゲがゴールシーン以外まったく目だ
  たなかった事を考えると、期待通りの働きと言えるだろう。ただ、決して層が厚いとは言えない
  両CBが負傷退場するなど、今後への不安を残した結果となってしまったのが残念。
    一方のローマはサッカーの質ではユーベを凌駕していたが、追加点をあげられなかったことで
  勝ち点2を失うこととなってしまった。もっとも、相手ゴールを守るのが世界一のGKブッフォン
  だっただけに、2ゴールを決めただけでよしとしなければならないのかもしれないが。0トップ
  システムの欠点が出てしまった形だろう。正直、4位争いをすることになるであろうユーベだけに
  勝っておきたかったところだ。

●スタッツ
                  G     S   SOG    CK     F   OFF   POS    YC    RC
        ローマ    2    16    9     6    22    12    60     2     0
    ユベントス    2     8     3     4    18     2    40     3     0

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[ODDS] モウリーニョのお仕事

[Betting Portal]Who Will Mourinho Manage Next Odds
  職種      ODDS  現在の監督          my予想
    ポルトガル代表    0.5   ルイス・フェリペ・スコラーリ    ◎
    トットナム        6.0   マルティン・ヨル                △
    バルセロナ        8.0   フランク・ライカールト          △
    Rマドリー       10.0   ベルント・シュスター            △
    イングランド代表 10.0   スティーブ・マクラーレン        △
    ポルト           12.0   ジェスアルド・フェレイラ        △
    ユベントス       16.0   クラウディオ・ラニエリ          △
    ベンフィカ       16.0   ホセ・アントニオ・カマーチョ    △
    インテル         20.0   ロベルト・マンチーニ            ○
    アーセナル       20.0   アーセン・ベンゲル              ×
    マンU           25.0   アレックス・ファーガソン        ×
    リバプール       25.0   ラファエル・ベニテス            ×
    ACミラン       25.0   カルロ・アンチェロッティ        ×

「次っていつよ?」というので行き先はどうとでもなると思うんですが…。性格的にポルトガルのクラブに戻るのは無いと思うな。

●オッズその他
 http://bettingzone.oddschecker.com/bettingzone/mode:o.card:footballspecials-footballspecials.odds:11031961x.sid:3113131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お出かけ予定(秋→冬)

都心まで3時間の偉い人の休み予定に触発されて見直し。mixiのプロフィールも合わせて更新だよ。

○10/13(Sat)  怪物王女 姫&令裡ツンツントーク」 とらのあな
△10/13(Sat)  怪物王女 姫&令裡ツンツントーク」 石丸
△11/10(Sat)  ワイルドストロベリー結成記念ライブ  昼の部
△11/10(Sat)  ワイルドストロベリー結成記念ライブ  夜の部
△12/13(Tue)  クラブワールドカップ 準決勝
△12/16(Sun)  クラブワールドカップ 決勝&3位決定戦

○チケット確保(手元にあり)
△チケット多分確保(手元にまだない)

月1で2回連続って、IMDと同じ感じってことですか。こういうのを見てると、外歩かない人だよな~と思う(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/22

[PREMERA Div. 07/08] #04 バルセロナ v セビージャ

流れ的には勝てない展開だったけど…、メッシのおかげだな。

●スタジアム
    カンプ・ノウ    バルセロナ
    気温:22度    湿度:78%    天候:くもり

●試合結果
    バルセロナ 2 - 1 セビージャ

●審判
    ウンディアノ・マジェンコ

●ラインナップ
 バルセロナ
      08 イニエスタ         14 アンリ               19 メッシ

                  2- デコ             06 シャビ(C)

                          24 トゥレ

    22 アビダル   03 ミリート   04 マルケス   11 ザンブロッタ

                    01 バルデス
    サブ:
        25 ジョルケラ   21 テュラム   16 シウビーニョ   23 オレゲル   27 ボージャン
        17 ジオバンニ   07 グジョンセン
    監督:
        フランク・ライカールト

 セビージャ
                  12 カヌーテ     11 レナト

    06 アドリアーノ   21 ケイタ       08 ポウルセン   07 Jナバス

    03 ドラゴ         14 エスキュデ   23 ブラルーズ   04 Dアウベス(C)

                        01 パロップ
    サブ:
        13 デサンクティス   15 モスケラ   18 マルティ   05 ドゥダ   22 コネ
        09 ケルジャコフ     20 デヌイ

●前半:試合展開
02  SER    :ドラゴ左ドリブル、クロス                                DFクリア
02  BAR S    :イニエスタ左ドリブル、クロス→アンリ中S              ※DFクリア(CK)
05  BAR S    :メッシ右ドリブルS                                    ※枠右
07  BAR       :メッシ右ドリブル                                        ボールデッド
10  BAR SB  :アンリ左クロス→イニ中BS                            ※DFブロック(CK)
16  BAR       :ザンブロッタ右クロス→デコ→                            あわず
20  BAR ▲YC:ザンブロッタ、アドリアーノにタックル              CARD▲ザンブロッタ
21  SER SOG:ドラゴ左クロス→レナト中HS                          ※クロスバー
31  BAR SOG:トゥレ中ミドルS                                      ※GKセーブ
37  SER       :ポウルセン左クロス→カヌーテ中H                        DFクリア
37  SER ▲YC:ナバス、ボールを蹴る                              CARD▲Jナバス
41  BAR S    :トゥレ中ミドルS                                        DFブロック(CK)
41  BAR       :左CK:→トゥレ                                        ファール(トゥレ)
44  BAR S    :デコ中ミドルS                                        ※枠右

●前半:コメント
  バルサが支配率、シュート数でも優位に立ったが、決定的なシーンはアンリのクロスにイニ
  が合わせようとしたシーンぐらい。一方のセビージャも、珍しく自陣に引いての試合展開と
  なるが、カウンターでも敵陣まで運ぶことが出来ず、チャンスを作れない。有力チーム同士の
  つぶし合いは想定内の結果ではあるが、特にバルサファンに取っては欲求不満が残る展開。
  ロニーの負傷で前線での効果的なプレイが減っているのが痛い。調子もコンビネーションが
  いまいちなアンリに変えて、ジョバンニもしくはグジョンセンの投入が必要か。

●前半:スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
      バルセロナ    0     8     1     9    64     1     0
       セビージャ    0     1     1     7    36     1     0

●後半:試合展開
  46  BAR 交代1:アドリアーノ(OUT)、ドゥダ(IN)
  47  BAR       :中FK:→アンリ中                                      あわず
  48  SER ▲YC:ケイタ、マルケスにタックル                        CARD▲ケイタ
  49  SER       :中→カヌーテ                                            オフサイド
  55  SER ▲YC:ドラゴ、メッシを倒す                              CARD▲ドラゴ
  55  BAR SOG:右FK:デコ→アンリ中                                ※S出来ず
  57  SER ▲YC:ポウルセン、遅延行為?                            CARD▲ポウルセン
  57  BAR       :シャビ左クロス→デコ                                    DFクリア(CK)
  58  BAR S    :左CK:→マルケス中HS                              ☆左ポスト
  61  BAR 交代1:シャビ(OUT)、ジョバンニ(IN)
  69  SER S    :左FK:ドゥダS                                        枠上
  71  BAR SOG:マルケス中フィード→アンリ中TS→GKセーブ          ☆右ポスト
  73  BAR SOG:アンリ左クロス→メッシ中S                        GOAL★BAR 1-0 SER
  78  SER 交代1:Jナバス(OUT)、ケルジャコフ(IN)
  79  BAR       :左CK:→ジョバンニ、エリア内で倒される                PK
  80  BAR SOG:PK:メッシS右下                                GOAL★BAR 2-0 SER
  81  BAR SOG:メッシ中ドリブルS                                    ☆GKセーブ
  82  BAR ▲YC:トゥレ、相手を引っかける                          CARD▲トゥレ
  82  SER 交代2:アウベス(OUT)、マルティ(IN)
  84  SER ▲YC:カヌーテ、イニを倒す                              CARD▲カヌーテ
  86  BAR ▲YC:デコ、ドゥダにタックル                            CARD▲デコ
  88  BAR 交代2:トゥレ(OUT)、オレゲル(IN)
  89  BAR 交代3:メッシ(OUT)、ボージャン(IN)
  +1  BAR SOG:ジョバンニ左クロス→ボージャン中HS                    GKキャッチ
  +2  SER SOG:中フィード→カヌーテ中S                          GOAL★BAR 2-1 SER

●後半:コメント
    後半に入ってもバルサの優位は変わらず。流れが変わったのは、ジョバンニを投入して、
  アンリを左サイドに置いたこと。これでアンリがサイドでのドリブルが出来るようになり、
  結局、アンリのクロスにメッシがあわせて先制、これが試合を決めた。その後、ジョバンニが
  エリア内で倒されてPKをゲット、これをメッシがしっかりと決めて試合も決めた。バルサの
  課題はアンリの使い方。中央に張っている時よりもサイドにいるときの方が、リズム良くプレイ
  出来ている。それは予想された通りだが、エトゥがいない中、中央の選手にどのような役割を
  与えるのか、ロナウジーニョに任せるのか、アンリに任せるのか、あるいは他の手を考える
  のか、監督の腕の見せ所だろう。

●スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
      バルセロナ    2    15     6    21    61     3     0
       セビージャ    1     5     2    17    39     5     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREMERA Div. 07/08] TV放映のゴタゴタ(権利元の都合って何よ?)

 リーガの放映権はクラブの放映権より強いらしいのですが、よくわからんなぁ…。クラブ放映権持っている試合は安く買えたり、替わりに中継したりできるんだろうか?

●現地の放映状況

 ・地上波色々(TV 3■La Sexta■ Canal 9■TVG) 毎節1試合    (土曜注目カード)
 ・La Sexta(ラ・セスタ)                      毎節1試合    (土曜 or 日曜注目カード1)
  ・カナル・プルス                              毎節1試合    (日曜注目カード2)
 ・アウディオビスアル・スポルト(PPV)           毎節6-8試合(上記以外の試合)

●リーガの放映権

  アウディオビスアル・スポルト(AVS)が、08/09までのリーガ放映権を保持
    →ここからいろいろな放送局へサブライセンスしている様子
    ・カナル・プルス      1試合(土曜注目カードの試合をメディアプロより購入)
    ・ディヒタル・プルス  8試合   →多分、これがPPVと表示されるとこだと思う
    ・メディアプロ        1試合+ダイジェストの放映権+国外への放送権売却権(1億5000万ユーロ)
        →このメディアプロの権利について、5800万ユーロの未払いが発生している様子

●メディアグループの勢力図

  ソヘカブレ(Sogecable)
    ・2008年までのリーガの放送権保持
    ・配下TV局 … ディヒタル・プルス カナル・プルス  他
    ・プリメーラD 12チームの放送権保持
    ・クラブ放映権保持状況(07/08)
          アルメリア、Aマドリー、バルセロナ、ベティス、デポル、    エスパニョール
          ヘタフェ  、マジョルカ、オサスナ  、レクレ  、Rマドリー、バジャドリー

 メディアプロ(MEDIAPRO)
    ・2009年以降のリーガの放送権保持
    ・配下TV局 … ラ・セスタ 、 カナル9(バレンシア地区の放映権を譲渡)
    ・プリメーラD  8チームの放送権保持
    ・クラブ放映権保持状況(07/08)
          ビルバオ、ムルシア、ラシン、セビージャ、サラゴサ、
          バレンシア、レバンテ、ビジャレアル(カナル9より取得)

●未払いに伴う問題
    ・AVSは支払いが終わるまで、12クラブの映像の配信停止を決定
    ・メディアプロは契約無効を訴えて、8チームの試合の強行配信を実施

●第4節展望
  国外配信はLFPが独自映像を使って行うと決めたらしいので、それが実現すれば海外向けの
 放送のゴタゴタは落ち着くのでしょうが…、そんなにすぐに出来るのか?

        22/09/2007 20:00  Recreativo        Espanyol            
  FREE  22/09/2007 22:00  Barcelona         Sevilla     WOWOW   無料カードだけど…
  MP    23/09/2007 17:00  Zaragoza          Osasuna            
  MP    23/09/2007 17:00  Levante           Athletic            
  MP    23/09/2007 17:00  Villarreal        Murcia      WOWOW   これは大丈夫かな
        23/09/2007 17:00  Almería           Mallorca            
        23/09/2007 17:00  Betis             Valencia    WOWOW   バレンシアあるけど…?
        23/09/2007 17:00  Getafe            Deportivo          
        23/09/2007 19:00  At. Madrid        Racing             
  MP?   23/09/2007 21:00  Valladolid        R. Madrid   WOWOW   マドリーのアウェイはAVSらしい

●参考資料
    footballista  9/19 9/26号
  LFP公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 今週の放映試合

イタリアがミッドウィーク開催なので、結構大変…。っていうかJスポーツ放映少ない(笑)

アーセナル vs ダービー           09/22(Sat)   22:55  Ch.307  【解説】桑原隆 【実況】西岡明彦
リバプール vs バーミンガム       09/22(Sat)   22:55  Ch.186  【解説】川勝良一【実況】谷口広明
ミドルズブラ vs サンダーランド   09/22(Sat)   22:55  Ch.308  【解説】粕谷秀樹【実況】野村明弘
バルセロナ vs セビージャ         09/22(Sat)   28:55  Ch.330   LIVE
ミランvsパルマ                   09/22(Sat)   27:25  Ch.182  【解説】川勝良一【実況】西岡明彦
ニューカッスル vs ウェストハム   09/23(Sun)   21:25  Ch.307  【解説】永井洋一【実況】金子勝彦
ローマvsユベントス               09/23(Sun)   21:55  Ch.184  【解説】宮内聡 【実況】八塚浩
カターニアvsフィオレンティーナ   09/23(Sun)   21:55  Ch.181  【解説】高木琢也【実況】田中雄介
カリアリvsパレルモ               09/23(Sun)   21:55  Ch.185  【解説】羽中田昌【実況】中村義昭
ハイバーニアンvsセルティック     09/23(Sun)   21:55  Ch.180  【解説】渡邉一平【実況】加藤暁
マンチェスターU vs チェルシー   09/23(Sun)   23:45  Ch.307  【解説】粕谷秀樹【実況】西岡明彦
ベティス vs バレンシア      09/23(Sun)   26:55  Ch.330   (録画)
バリャドリード vs Rマドリー   09/23(Sun)   28:55  Ch.330   LIVE

ビジャレアル vs ムルシア         09/24(Mon)   25:55  Ch.330   (録画)
ユベントスvsレッジーナ           09/26(Wed)   27:25  Ch.180  【解説】遠藤雅大【実況】中村義昭
フィオレンティーナvsローマ       09/26(Wed)   27:25  Ch.181  【解説】宮内聡 【実況】西岡明彦
インテルvsサンプドリア           09/26(Wed)   27:25  Ch.182  【解説】川勝良一【実況】八塚浩
カターニアvsエンポリ             09/27(Thu)   26:30  Ch.181  【解説】未定   【実況】未定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #07 リバプール v バーミンガム

●スタジアム
    アンフィールド    リバプール

●試合結果
    リバプール 0 - 0 バーミンガム

●ラインアップ

  リバプール
                    10 ボロニン       18 カイト

    19 バベル       20 マスケラーノ   08 ジェラード(C) 16 ペナント

    06 リーセ       23 キャラガー     04 ヒーピア      17 アルベロア

                                25 レイナ
    サブ:
        30 イタンジェ   03 フィナン   09 トーレス   15 クラウチ   22 シッソコ
    監督
        ラファエル・ベニテス
# シャビ、アッガーが足の甲負傷で欠場(4-6週間)

  バーミンガム
    23 カポ                 10 ジェローム         07 ラーション

                  29 オウビーニャ       28 パラシオス

                            12 ナフティ

    15 キュードルー   06 リッジウェル   16 ジュルー   02 ケリー

                              01 テイラー
    サブ:
        18 キングストン   05 シュミチェル   08 オコーナー   09 フォッセル   11 マクシェリー

●前半:試合展開
  03  LIV    :リーセ左クロス                                          あわず
  05  LIV S    :バベル中ドリブル→カイト中S                            枠右
  12  BHA       :オウビーニャ、担架で退場
  14  BHA 交代1:オウビーニャ(OUT)、マクシェフリー(IN)
  15  LIV       :ペナント右クロス                                        DFクリア(CK)
  15  LIV S    :左CK:→リーセ中ミドルS                            ※枠上
  20  LIV SB  :バベル→カイト右S                                    ※DFブロック(CK)
  21  LIV S    :リーセ中ミドルS                                        枠上
  27  LIV S    :ジェラード右クロス→カイト中HS                        枠左
  29  BHA S    :パラシオス中ミドルS                                    枠上
  31  LIV       :バベル右クロス→ペナント                                あわず
  34  LIV       :ペナント左クロス                                        GKキャッチ
  35  LIV S    :バベル右クロス→カイト中HS                            枠左
  41  LIV SOG:ペナント中ミドルS                                    ※GKセーブ(CK)
  43  BHA SOG:パラシオス中ミドルS                                    GKキャッチ

●前半:コメント
    ホームのリバプール優勢でシュートを何本か放ったが決定的なチャンスは無し。バベルは相手を
  抜いた後のクロスの精度を欠き、ペナントはなかなか攻撃に絡めない。ジェラードも中央で攻撃に
  絡むシーンが少なく、カイトとボロニンにいいボールが行かず、攻撃の形が作れない。ハーフタイム
  に監督の檄で目を覚まさないと、2試合連続ドローになりかねない。

●前半:スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
      リバプール     0     8     2    --    --    --     0     0
      バーミンガム     0     2     1    --    --    --     0     0

●後半:試合展開
  46  LIV S  :ペナント右クロス→ジェラード中MS                      枠上
  48  LIV       :カイト左クロス→ボロニン                                DFクリア
  50  LIV       :ジェラード中→カイト右                                  オフサイド
  51  LIV S    :バベル中ドリブルS                                      枠左
  58  LIV S    :左CK:→キャラガー中MS                              枠上
  58  LIV SOG:右CK:→ジェラード中BS                            ☆DFクリア
  60  LIV SOG:カット→ボロニン中ドリブルS                          ※GKセーブ
  61  LIV 交代1:バベル(OUT)、トーレス(IN)
  63  BHA S    :中FK:カポ                                            GKセーブ(CK)
  64  BHA ▲YC:リッジウェル                                      CARD▲リッジウェル
  68  BHA 交代1:パラシオス(OUT)、オコーナー(IN)
  69  BHA ▲YC:マキシェフリー、ペナントを掴む                    CARD▲マキシェフリー
  69  LIV S    :リーセ中ミドルS                                        枠左
  71  LIV       :中→ボロニン1対1S                                    オフサイド
  74  LIV       :ペナント右クロス                                        DFクリア(CK)
  74  LIV 交代2:ボロニン(OUT)、クラウチ(IN)
  77  LIV S    :ペナント右クロス→トーレス中OHS                    ※枠上
  79  LIV S    :マキシェフリー中ドリブルS                              枠上
  80  BHA 交代2:ジェローム(OUT)、シュミッツ(IN)
  81  LIV       :ペナント右クロス                                        DFクリア
  83  LIV       :トーレス中→クラウチ中                                  S出来ず
  85  LIV       :ペナント、モモ裏を抑えている
  86  LIV SOG:ジェラード左ドリブルS                                  GKキャッチ
  87  LIV 交代3:ペナント(OUT)、フィナン(IN)   
  88  LIV S    :右CK:ジェラード→クラウチ中HS                      枠上
  +1  BHA       :マキシェフリー左クロス→カポ                            あわず
  +2  LIV S    :マスチェラーノ中ミドルS                                枠右

●後半:コメント
    後半、リバプールはトーレスを投入するも結局決定機はジェラードがCKに合わせた1本と、
  トーレスのオーバーヘッドのみ。CLを含めると3戦連続ドローというのは、あまりいい
  チーム状況とは言えない。去年、結局失速していった再現を見ているのと似ているのが気にかかる
  が…。

●スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
      リバプール     0    19     6    11     3    56     2     0
      バーミンガム     0     5     2     2    10    44     0     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

[TV] ゼロの使い魔 双月の騎士 #11

第11話  銀の降臨祭

コメント
  何かあると犬扱い、まあルイズらしいといえばそうだけど。今度は零戦での偵察任務を仰せつかった
 ものの、肝心の零戦は修理中。いや、逢い引きだとか言ってからかうなよチェザーレ…。アルビオン
 でシエスタと再会、なんか叔父の店を手伝うために来たらしいのですが、そうなんだ、片思いだけど
 落としたいんだ…。デルフに説教されてちょっと反省気味のルイズが可愛いな、というAパート。って、
 そのアイキャッチ何。

  一方才人はシエスタの元でギーシュも交えて歓談中。いや、デルフ、そういうふざけた口調だと、
 爆発されても文句は言えないと思うな…。で、そのネコ衣装はどこから持ってきたのかな、ルイズは、
 しかも、みんなの目の前で…。負けないと去っていったシエスタが気になるが、シエスタさんは
 うさぎですか、そうですか…。しかもルイズに胸取られてるし。あれ、妖精さんに助けられたのは
 ギーシュになっちゃいましたか。ルイズの姫様への思いは、才人には難しいがな、というBパート。
 シエスタさん、そこでいきなりキスに行きますか。あれあれ、反乱が発生。シエスタさんが渡して
 くれた眠り薬は…、どこで使うのかな?

次回予告
  そしてルイズと才人が結婚してめでたしめでたし…、という話におさまりそうにはありませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV]スカイガールズ #12

第12話 さよなら追浜

コメント
  ため息をつく可憐ちゃん…。お兄さんと離れるのが寂しいそうですって、一緒にいないじゃん。
 しかし、音羽もエリーゼも色気ないなぁ…(笑) お引っ越しでソニックダイバーがグルグル巻き。
    双子の弟ですか…、なんの伏線だろう。そこで出動要請、結局可憐ちゃんはお兄さんに会えないのね、
    なAパート。まあ、エリーゼの気持ちもわからんでもないが、お約束なツンツンぶりだなぁ(笑)

  ええ、エリーゼっておやっさん苦手なんだ…。なんだよ、エリーゼいいやつじゃん。だからって
    怒ること無いと思うんだが、素直じゃないなぁ。えーと、ナノスキンジェルの限界は大丈夫なん
    ですっけ、降りたりして、でも可憐ちゃんはいい子だねぇのBパート。それにしてもスカイガールズ
    って主役誰なんだろう。おじいちゃんっこなんだ、エリーゼ。微妙に総集編っぽいような気がしない
    でもなく、まあ時期的にいいとしても、出港でそこまで感傷的にさせなくても。ちゃんとシリアス
    パートへの伏線もありますねぇ…。

次回
        あ、ぼ~っとしててみるの忘れた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

[TV] 怪物王女 #24

#24 決闘王女 9/20

    王族が成人すると火の鳥になるんですか、それもすごいな…。海鮮パフェは、まずいと思うな。
  姫が連行されるんですが、証拠も無しにそういうこと出来るんだ…、しかも変な裁判、という
  Aパート。最終回にしては静かな立ち上がりですなぁ(笑)

    そうですか、本名はリリアーヌと言うですか、いい名前じゃないですか。キザイアと人魚さんも
  出てきて決闘ですか。姫様、目だけで相手を殺しましたか、そうですか…。さすがですね。最後に
  キスなんて行く訳無いのは当然だよね、ツンツンなんだから。兄様を一人倒したところでとりあえず
  おしまい。続きがあってもおかしくない展開だけど、どうなんでしょうね、続いて欲しいな~。
  懐かしいな、不良少女と呼ばれて(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/19

[CL07/08] GS-E#01:バルセロナ v リヨン

バルサが良かったと言うより、リヨン悪すぎ…。ボージャン、始めて見たかな。

●スタジアム
    カンプ・ノウ    バルセロナ
    気温:25度    湿度:65%    ピッチ:乾燥    天候:晴れ時々曇り

●審判
    マッシモ・ブサッカ(SUI)

●ラインナップ

 バルセロナ
      14 アンリ         10 ロニー(C)          19 メッシ

                  20 デコ         06 シャビ

                         24 トゥーレ

    22 アビダル   03 ミリート   04 マルケス   11 ザンブロッタ

                         01 バルデス
    サブ:
        25 ジョルケラ   08 イニエスタ   16 シウビーニョ   17 ドス・サントス
        21 テュラム     23 オレゲル     27 ボージャン
    監督:
        フランク・ライカールト

 リヨン
                    10 ベンゼマ     14 ゴブ

          21 ベルハジ   06 シェルストローム   08 ジュニーニョP(C)

                            28 トゥララン

    20 ルベイエール   05 ボドメル   29 スキラッチ   02 クレルク

                        30 ベルクートル
    サブ:
        40 ルー   07 バロシュ   11 グロッソ   18 ベン・アルファ
        22 アンデルソン         23 ケイタ     26 ファビオ・サントス
    監督:
        アラン・ベラン

●前半:試合展開
  05  BAR    :シャビ中浮き球→                                        DFクリア(CK)
  07  BAR       :アビダル左クロス→アンリ                              ※あわず
  07  BAR S    :カット→トゥレ中ミドルS                                枠上
  12  BAR SOG:アビダル左クロス→デコ中S                            ☆GKセーブ
  13  BAR S    :ロニー中ドリブルS                                    ※DFブロック(CK)
  17  BAR       :アンリ中→ロニー左                                    ※DFクリア(CK)
  20  BAR       :アンリ左ドリブル                                        DFクリア(CK)
  21  BAR SOG:メッシ左ドリブル→DFR                          GOAL★BAR 1-0 LYO
  31  LYO SB  :左CK:ジュニーニョ→左S                            ※DFブロック
  36  LYO S    :中FK:ジュニーニョS                                  枠上
  38  BAR SOG:ロニー左→メッシ右TS                                ☆DFブロック(CK)
  40  BAR       :メッシ右クロス                                          あわず
  42  BAR SB  :シャビ中ミドルS                                        DFブロック
  45  LYO       :ルベイエール左ドリブル、                                DFクリア(CK)
  +1  LYO       :クレルク右クロス→ゴブ                                ※GKキャッチ
  --  BAR ▲YC:トゥレ                                            CARD▲トゥレ

●前半:コメント
    バルサが高いポゼッションで優位に進め、メッシのドリブルからのシュートが相手DFに
  当たって先制する。その後もアンリやメッシ、ロニーがDFラインに仕掛けるが、人数をかけて
  守るリヨンの守備に手こずる。決定機はゴール以外にはメッシのシュートをブロックされたもの
  ぐらい、シュート数7本はポゼッションを考えると少ないと言わざるを得ない。好調のメッシに
  対し、ロニー、アンリの調子がもう一つ。特にアンリがドリブルのキレもなく、コンビネーション
  もいまいちな点が気にかかる
    一方のリヨンは、ほとんど攻撃の形を作り出せず。ジュニーニョのキックを活かすところまで
  ボールを運べない。中盤でプレスをかけてカウンターで打開したいところだが、正直このままでは
  攻めの形は作れそうにない。選手交代等での局面打開が必要だが、正直勝機が見いだせない。

●前半:スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
    バルセロナ    1     7     2     7     4    57     1     0     4
     リヨン    0     1     0     4     7    43     0     0     1

●後半:試合展開
  48  BAR S  :ロニー→シャビ→メッシ右S                            ※枠上
  51  BAR S    :トゥーレ中ミドルS                                      枠左
  54  BAR       :中→デコ                                                GKキャッチ
  59  LYO S    :左クロス→ゴブ中HS                                    枠上
  62  LYO 交代1:ベルハジ(OUT)、バロシュ(IN)
  64  LYO       :ジュニーニョ中スルーP                                  あわず
  65  BAR SOG:シャビ中ミドルS                                      ※GKセーブ
  65  BAR 交代1:ロニー(OUT)、イニエスタ(IN)
  67  BAR SB  :イニ左ミドルS                                          DFブロック
  69  BAR SOG:シャビ中スルーP→アンリ中S                          ☆GKセーブ(CK)
  71  BAR ▲YC:アンリ、遅延行為                                  CARD▲アンリ
  73  BAR SOG:アンリ→デコ右S                                      ☆GKセーブ
  75  LYO 交代2:ベンゼマ(OUT)、ベンアルファ(IN)
  78  BAR SOG:デコ中ミドルS                                          GKキャッチ
  78  BAR 交代2:シャビ(OUT)、ドスサントス(IN)
  82  BAR SOG:イニ左ドリブル→メッシ中S                        GOAL★BAR 2-0 LYO
  88  BAR 交代3:メッシ(OUT)、ボージャン(IN)
  +1  BAR SOG:ドスサントス右ドリブルS→こぼれ→アンリ中S      GOAL★BAR 3-0 LYO

●後半:コメント
    後半に入っても攻めあぐねるバルサ、それを耐えるだけのリヨンという展開は変わらず。
 なかなか攻め手を見いだせないリヨンだが、1点差ということでバルサも安心できない状態
  で時間が推移、しかしそれに終止符を打ったのがイニセスタとメッシだった。バルサの調子が
  いい訳ではなかったが、ホームで勝ち点3をゲット出来たからよしとすべきだろう。終盤、
  メッシ、アンリのゴールで追加点を取れたのもチームにとっては朗報だろう。
    一方のリヨンは、攻撃の形が全く作れていないのが気になった。去年までのRマドリーを
  圧倒して首位通過を果たすような強さはない。DFラインに怪我人が続出しているのが不振の
  原因だが、それ以上にマルダやヴィルトールが抜けた穴や、負傷のフレジの不在を埋める
  方法がないのが問題か。当初は死のグループの予感もあったE組だが、リヨンの不振によって
  バルサに追い風が吹き始めたと言えるのかもしれない。

●スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
    バルセロナ    3    17     9     8     7    57     2     0     6
     リヨン    0     5     1     4    15    43     0     0     3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] GS-H#01:アーセナル v セビージャ

セビージャは真っ向から戦い過ぎたかな。アウェイだしもう少し慎重に戦っても良かった気がする、結果論だけど。

●スタジアム
    アーセナル・スタジアム    ロンドン
    気温:13度    湿度:56%    ピッチ:湿気含む    天候:

●主審
    ピーター・フロジュフェルト(SWE)

●ラインアップ

 アーセナル
                    11 Vペルシー   25 アデバイヨール

    07 ロシツキー   16 フラミニ     04 セスク       13 フレブ

    22 クリシー     06 センデロス   05 トゥーレ(C)  03 サニャ

                  24 アルムニア
    サブ:
        21 ファビアニスキ   02 ディアビー   08 ディアラ   09 エドゥアルド
        15 デニウソン       19 ジウベルト   32 ウォルコット
    監督:
        アーセン・ベンゲル

セビージャ
                12 カヌーテ     10 ファビアーノ

    17 カペル   18 マルティ(C)  08 ポウルセン   07 Jナバス

    03 ドラゴ   14 エスキュデ   28 ファシオ     04 Dアウベス

                      01 パロップ
    サブ:
        13 デ・サンクティス   05 ドゥダ     09 ケルジャコフ   11 レナト
        21 ケイタ             23 ブラルズ   25 マレスカ
    監督:
        フアンデ・ラモス

●前半:試合展開
  01  ARS S  :フレブ→アデバイヨル中S                                枠左
  03  ARS       :セスク左→Vペルシー                                    あわず
  06  SER S    :Jナバス右ミドルS                                    ※枠上
  08  SER       :カペル左ドリブル、クロス                                DFクリア(CK)
  09  SER       :左CK:マルティ→GKセーブ→Jナバス右RS            枠左
  12  ARS SOG:Vペルシー右ドリブルS                                ☆GKセーブ(CK)
  14  ARS SOG:フラミニ中ミドルS                                    ※GKセーブ
  14  ARS       :こぼれ→アデバイヨル中                                  GKセーブ
  15  SER       :カペル左クロス                                          DFクリア
  16  ARS       :セスク中浮き球→アデバイヨル                            GKキャッチ
  20  SER SB  :Jナバス中ドリブルS                                    DFブロック
  24  ARS S    :Vペルシー中ドリブルS                                  枠右
  27  ARS SOG:セスク中MS→DFR                              GOAL★ARS 1-0 SER
  32  SER       :Jナバス→カヌーテ→ファビアーノ                        オフサイド?
  34  ARS S    :左CK:ロシツキ→トゥレ中HS                        ※枠右
  39  SER S    :Jナバス右ミドルS                                      枠上
  40  ARS S    :C→アデバイヨル左ドリブルS                            枠右
  42  ARS SOG:フラミニ中ミドルS                                      GKキャッチ
  42  SER SOG:カヌーテ中ドリブルMS                                ☆GKセーブ(CK)
  45  ARS S    :セスク→ロシツキ左ミドルS                              枠上
  +1  SER       :ポールセン左クロス→カヌーテ中                          あわず

●前半:コメント
  双方とも中盤でボールを奪ってからカウンターでゴール前へ素早くボールを運ぶアグレッシブ
 なサッカーでチャンスを作る激しい展開。アーセナルは左サイドのクリシーからのクロスと、
  カウンターによる中央からの攻撃がバランス良く見られた。特にフラミニ、フレブ、セスクが
  ミドルシュートを打つ意識が高く、その積極性がセスクの先制ゴールを生んだ。また、アデバイヨル
  とVペルシーがDFに対して積極的にしかけてチャンスを作るシーンも目立った。
    一方のセビージャはカウンターで何度かゴール前までボールを運んだものの、決定的なシュート
  はカヌーテのミドルのみ、他にもJナバスのミドルが目立ったくらい。ボランチがアーセナルに
  比べてやや守備的なポジションを取らざるをえず、エリア内に入ってのシュートが見られなかった
  のがシュート4本と苦戦した理由か。マレスカ、ケイタの投入も充分考えられる。

●前半:スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
    アーセナル    1     9     4     3     6    52     0     0     1
   セビージャ    0     4     1     3     7    48     0     0     3

●後半:試合展開
  46  SER 交代1:ファビアーノ(OUT)、ケルジャコフ(IN)
  48  SER    :右FK:→GKキャッチミス                              GKキャッチ
  49  ARS ▲YC:アデバイヨル、相手を手で押さえる                  CARD▲アデバイヨル
  50  ARS 交代1:ロシツキ(OUT)、ディアビ(IN)
  50  SER       :アウベス右クロス→GKファンブル                        GKキャッチ
  51  ARS       :ディアビ左クロス→Vペルシー                          ※あわず
  52  ARS       :クリシー左クロス→アデバイヨル                          あわず
  56  SER       :アウベス右クロス→カヌーテ                              あわず
  59  ARS SOG:左FK:セスク→サニャ左H→Vペルシー中BS      GOAL★ARS 2-0 SER
  61  SER S    :ケルジャコフ右ミドルS                                ※枠右
  65  SER       :カヌーテ右クロス→マルティ                            ※S出来ず
  66  SER 交代2:マルティ(OUT)、ケイタ(IN)
  66  SER 交代3:カペル(OUT)、レナト(IN)
  69  SER S    :ポウルセン中ミドルS                                    枠右
  70  ARS S    :サニャ右クロス→アデバイヨル中HS                  ※※枠左
  72  ARS S    :サニャ右クロス→Vペルシー左BS                      ※GKセーブ(CK)
  74  SER ▲YC:Dアウベス、抗議?                                CARD▲Dアウベス
  76  SER       :ポウルセン中スルーP→カヌーテ                          オフサイド
  80  SER       :ナバス→アウベス右クロス                                あわず
83  ARS 交代2:アデバイヨル(OUT)、エドアルド(IN)
  85  SER ▲YC:ケイタ、抗議                                      CARD▲ケイタ
  86  SER S    :レナト中ミドルS                                        枠上
  87  SER       :ナバス右クロス→カヌーテ                                合わず
  88  ARS 交代3:Vペルシー(OUT)、ディアラ(IN)
  +1  SER S    :アウベス中ミドルS                                      枠右
  +2  ARS SOG:フレブ中カット→セスク右→エドアルド中S          GOAL★ARS 3-0 SER

●後半:コメント
    後半開始直後、やや攻めの姿勢を強めたセビージャだが、決定的なシュートは打てず、逆に
  59分にセスクのFKからVペルシーが合わせて追加点を許す。その後、Dアウベスが完全に
  MFの位置まであがって攻撃の形を作るが、中央で合わせる人間がいない。後半に入って
  シュート数は増えたものの、結局後半のセビージャに枠内シュートは無かった。ただ、3失点
  こそしたが、攻撃機会という意味では互角に近い試合が出来ただけに、セビージャに帰って
  の試合、および他の試合が楽しみだ。
    アーセナルは、VペルシーとアデバイヨルのFW勢が、それぞれの持ち味を出して何度も
  決定的なシーンを作り出した。そして、セスク、フラミニ、ロシツキー、フレブのMFも
  いつものように息の合った攻撃で相手を翻弄、サイドバックも悪くない攻め上がりを見せた。
  ただ、途中で下がったロシツキーの状況が気になるところ。負傷退場でなければいいのだが。
  後は、レーマンほど致命的なミスではなかったが、アルムニアもボールが手に付いていない
  シーンが2度ほどあったのが気になった。終盤の大事なところでGKが泣き所にならなければ
  いいのだが。

●スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
    アーセナル    3    14     7     4    13    48     1     0     2
   セビージャ    0    12     1     5    10    52     2     0     5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[COMIC] ハヤテのごとく #144

●掲載
  少年サンデー 10/03号
●サブタイトル
  時代劇でも桜吹雪を見れば人はたいてい素直になるという第144話。
  そこは日本人なので
# 桜と言えばクラナドかなぁ~(笑)
●ダイジェスト
  銀杏大観覧車と罰  ハヤテの回想
  ヒナさんの歌
●ツボ
  だんご大家族…違う(笑)
# だんご大家族の方が良かったと思う…。
●今週のマリアさん
  ナギをさがしてました
●ひとこと
  夜桜の中、観覧車で二人、ロマンですなぁ…。
●クエスチョン
    Q:生まれ変わったらなりたい職業
    A:サッカー選手に決まってるじゃないですか
# 決まってるのかなぁ…
●関連 
  それで普段お会いすることのない色々な人にお目にかかったわけなのですよ。
# いいけど緊張するってのはよくわかるなぁ(笑)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/18

[Carling Cup 07/08] 2回戦結果

プレミアで苦戦してるチームが敗退してますね…

●Results
  Tuesday, 28 August 2007
          Birmingham  ○2-1(HT 2-0)    Hereford         
      Bristol Rovers    1-2(HT 0-2)○  West Ham         
             Burnley  ○3-0(HT 0-0)    Oldham            
             Cardiff ○1-0(HT 0-0)    Leyton Orient    
            Carlisle    0-2(HT 0-1)○  Coventry         
            Charlton  ○4-3(HT 2-0)    Stockport         
               Derby    2-2(HT 0-0)△  Blackpool         Blackpool win 7-6 on penalties
               Luton  ○3-0(HT 2-0)    Sunderland       
  Milton Keynes Dons    2-3(HT 1-1)○  Sheff Utd         After Extra Time
        Peterborough    0-2(HT 0-2)○  West Brom         
            Plymouth  ○2-0(HT 1-0)    Doncaster         
          Portsmouth  ○3-0(HT 1-0)    Leeds            
            Rochdale  △1-1(HT 1-0)△  Norwich           
           Sheff Wed  ○2-1(HT 0-0)    Hartlepool        After Extra Time
          Shrewsbury    0-1(HT 0-0)○  Fulham            
            Southend  ○2-0(HT 1-0)    Watford          
             Swansea    0-1(HT 0-0)○  Reading           After Extra Time
               Wigan    0-1(HT 0-1)○  Hull             
       Wolverhampton    1-3(HT 0-0)○  Morecambe         After Extra Time
             Wrexham    0-5(HT 0-1)○  Aston Villa      
  Wednesday, 29 August 2007
        Bristol City    1-2(HT 0-1)○  Man City         
       Middlesbrough  ○2-0(HT 0-0)    Northampton      
           Newcastle  ○2-0(HT 0-0)    Barnsley         
  Tuesday, 18 September 2007
        Nottm Forest    2-3(HT 1-1)○  Leicester      

プレミア勢敗退チーム
2回戦:ダービー、サンダーランド、ウィガン、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] GS-B#01:シャルケ v バレンシア

いかにもアウェイのバレンシアらしい試合でした(笑)

●スタメン
    アレナ・アウフシャルケ  ゲルゼンキルヘン
    気温:15度    湿度:40%    ピッチ:乾燥    天候:曇り

●主審
    ヤン・W・ベヘレーフ (NED)

●ラインアップ

 シャルケ
                            22 クラニイ

     19 アルトゥントップ    10 ラキティッチ   14 アサモア

                  08 エルンスト   13 ジョーンズ

    24 パンダー   05 ボルドン(C)  02 ベスターマン   18 ラフィーニャ

                          01 ノイアー
    サブ:
        33 ショーバー         11 ロベンクランズ   16 ロドリゲス   17 オジル
        21 グロスミューラー   25 バイラモビッチ   26 アザウア
    監督
        オリバー・レック

 バレンシア
                    07 ビジャ       09 モリエンテス

    21 シルバ                                       10 アングロ

                    05 マルチェナ   06 アルベルダ

    24 モレッティ   15 エルゲラ     04 アルビオル   23 ミゲル

                  01 カニサレス
    サブ:
        13 ヒルデブラント   02 スニー   03 マヌエル・フェルナンデス
        08 バラハ   17 ホアキン   19 アリスメンディ   20 アレクシス
    監督:
        キケ・サンチェス・フローレス

●前半:試合展開
  02  SCH    :左FK:パンダー→クラニー                              ファール
  07  SCH SB  :アルティントップ左S                                    DFブロック
  06  SCH       :ラキティッチ中→アザモア                                オフサイド
  10  SCH       :右クロス→アザモア落                                    GKキャッチ
  19  SCH       :左FK:パンダー→クラニー右H→                        あわず
  26  VAL ▲YC:アルベルダ、パンダーにスライディング              CARD▲アルベルダ
  27  VAL       :アングロ右クロス                                        DFクリア
  29  SCH SB  :アザモア中S                                            DFブロック
  30  SCH S    :右クロス→クラニー中HS                              ※枠右
  31  SCH S    :スロー→アザモア中戻→クラニー中S                  ※※枠左
  34  VAL SOG:左FK:ビジャ→モリエンテス中ヒールS                  GKキャッチ
  36  VAL SOG:中FK:→ビジャ左ドリブルS                          ※GKキャッチ
  40  VAL       :ミゲル右クロス                                          DFクリア
  43  VAL S    :マルチェナ中ミドルS                                    枠上

●前半:コメント
    バレンシアは当然として、シャルケも守備の得意なチームということでガチガチの守備重視の
  展開、両チーム合わせてシュートが10本届かないというのは、見る方にもストレスの溜まる
  展開。どちらかといえばシャルケの方がいい形を作ったが、それでも決定機は31分のクラニーの
  シュートのみ。後は、カシージャスのトラップミスをついたクラニーの飛び込みくらいか。

●前半:スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
     シャルケ    0     6     2     1     5    50     0     0     5
   バレンシア    0     3     2     0     8    50     1     0     0

●後半:試合展開
  46  VAL    :ミゲル右クロス                                          GKキャッチ
  49  VAL       :シルバ→モリエンテス、1,2エリア内で倒れる            笛無し
  50  SCH       :右FK:パンダー→GKクリアミス                        S出来ず
52  VAL ▲YC:マルチェナ、抗議
  53  SCH       :アザモア右クロス                                        GKセーブ(CK)
  53  SCH       :左CK:ラキチッチ→GKクリアミス
  61  VAL       :GKフィード→クラニー右H→アルティントップ中          DFクリア
  61  SCH 交代1:アサモア(OUT)、エジル(IN)
  63  SCH       :パンダー右クロス                                        GKキャッチ
  63  VAL SOG:ミゲル右フィード→ビジャ中S                      GOAL★SCH 0-1 VAL
  67  SCH       :ラキティッチ中→アルティントップ右クロス                DFクリア
  69  SCH ▲YC:ボルドン                                          CARD▲ボルドン
  74  SCH 交代2:ラフィーニャ(OUT)、グロスムラー(IN)
  74  SCH 交代3:アルティントップ(OUT)、ロベンクラウツ(IN)
  75  VAL 交代1:アングロ(OUT)、ホアキン(IN)

  76  SCH ▲YC:グロスムラー                                      CARD▲グロスムラー
  77  VAL SOG:GKフィード→ビジャ右ドリブルS                        GKキャッチ
  80  VAL 交代2:モリエンテス(OUT)、アリスメンディ(IN)
  81  SCH S    :左CK:→レスターマン中HS                          ※枠右
  86  SCH       :エジル左ドリブル、クロス                                DFクリア(CK)
  87  VAL SOG:ビジャ左クロス→中BS                                  GKキャッチ
  87  SCH S    :ラキティッチ右ミドルS                                  枠上
  90  VAL 交代3:ビジャ(OUT)、サニー(IN)
  +1  SCH S    :左クロス→右返し→ロベンクラウツ中S                    枠上
  +2  VAL ▲YC:モレッティ                                        CARD▲モレッティ

●後半:コメント
    後半に入っても膠着状態は変わらず。ただ、バレンシアはミゲルのオーバーラップが出てくる
 など、若干積極性も出始めた。ただ、ゴールシーンに関してはビジャの個人技のたまもの。
 でたらめなロングボール1発を押し込まれては、シャルケ的にはたまった物ではないが、
  最後まで攻撃の形を作れなかった事を恥じるべきか。バレンシアについては、GKを早く
    ヒルデブランドにした方がいい。足下もおぼつかなくクロスにも弱い、大けがをする前に
    対応をすることが必要だろう。

●スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
     シャルケ    0    12     4     4    15    51     2     0     6
   バレンシア    1     7     4     0    17    49     3     0     2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] GS-C#01:Rマドリー v ブレーメン

●スタジアム
    サンチャゴ・ベルナベウ  マドリー
    気温:25度    湿度:31%    ピッチ:乾燥    天候:晴れ時々曇り

●試合結果
    Rマドリー 2 - 1 ブレーメン

●主審
    ハワード・ウエッブ (ENG)

●ラインアップ

  レアル・マドリー
              17 ファン・ニステルローイ   07 ラウール(C)

        23 スネイデル       14 グティ     20 イグアイン

                                08 ガゴ

    12 マルセロ   21 メッツェルダー   05 カンナバーロ   04 セルヒオ・ラモス

                            01 カシージャス
    サブ:
        25 ドゥデク   02 ミチェル・サルガド   09 ソルダード   10 ロビーニョ
        11 ロッベン   15 ドレンテ             19 バプチスタ
    監督
        ベルント・シュスター

  ブレーメン
              09 ローゼンベリ         18 サノゴ

                            10 ジエゴ

                    20 イェンセン     07 ブラニェシュ

                            06 バウマン(C)

    13 D・トシッチ    04 ナウド   29 メルテザッカー   03 バサネン

                            01 ビーゼ
    サブ:
        33 ファンダー   02 ベーニシュ   15 オウォモイエラ   16 アネアセン
        23 ウーゴ・アルメイダ           28 シンドラー       34 ハルニク
    監督:
        トーマス・シャーフ

●前半:試合展開
  04  BRE S  :サノゴ右S                                              枠左
  11  RMA       :スネイデル左クロス→イグアイン                          あわず
  12  RMA SOG:スネイデル左ミドルS                                    GKキャッチ
  16  RMA SOG:ニステル左クロス→ラウール中HS                  GOAL★RMA 1-0 BRE
  17  BRE SOG:トシッチ左クロス→サノゴ中BS                    GOAL★RMA 1-1 BRE
  20  BRE       :左FK:ジエゴ→                                        GKキャッチ
  24  BRE SOG:ジエゴ右クロス→ローゼンベリ中S                      ☆GKセーブ
  25  BRE S    :ジエゴ中ミドルS                                        枠上
  25  RMA       :イグアイン右返し                                        GKキャッチ
  28  RMA S    :イグアイン右クロス→ニステル中S                        枠上
  33  RMA S    :中→ニステル中反転S                                    DFブロック(CK)
  35  RMA       :ラモス右クロス→イグアイン                              あわず
  36  RMA S    :マルセロ左→イグアイン右S                            ※枠右
  37  BRE SOG:ローゼンベリ左S                                        GKキャッチ
  38  RMA       :スナイデル中スルーP→ラウール左クロス→ニステル      ☆DFブロック
  39  RMA SOG:スナイデル左S                                          GKキャッチ
  39  RMA       :ニステル中→ラウール                                  ※GKセーブ
  41  RMA       :マルセロ左クロス→ラウール                            ※GKキャッチ
  42  BRE SOG:スロー→イェンセン中ミドルS                          ※GKセーブ
  44  RMA       :グティ中スルーP→                                      あわず

●前半:コメント
  両チームとも激しく攻め合った見応えのある試合。両サイドからのクロス、大きなサイド
 チェンジなど、去年までとは違って積極的な攻めを見せているのが興味深い。ブレーメンの
  好守もあって1ゴール止まりだったが、さらなるゴールの予感有り。数が少ないながらも
  ブレーメンも何度かゴール前までボールを運ぶ形を作ってはいるが、流れを変える選手が
  いないのが辛いところか。

●前半:スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
    Rマドリー    1     9     3     2     6    60     0     0     2
   ブレーメン    1     5     4     0     9    40     0     0     2

●後半:試合展開
  47  BRE SB :サノゴ中S                                              DFブロック
  48  RMA       :イグアイン右クロス→ニステル                            DFクリア
  48  RMA SOG:イグアイン右ミドルS                                    GKキャッチ
  53  BRE       :右FK:ジエゴ→                                        ファール
  55  RMA       :ラウール右ドリブル、エリア内で倒れる                    笛無し(CK)
  55  RMA S    :イグアイン右ミドルS                                    枠上
  56  RMA       :スナイデル左クロス                                      GKキャッチ
  57  BRE S    :カット→ローゼンベリ中S                                枠左
  58  BRE S    :ジエゴ中ドリブル→ブラーニャス右S                    ※枠右
  59  RMA       :マルセロ左クロス                                        枠上
  61  RMA       :ラモス右クロス                                          GKキャッチ
  66  RMA       :ラモス右クロス                                          DFクリア
  67  RMA       :スナイダー中スルーP→ニステル                          オフサイド
  68  BRE SOG:CK:→こぼれ→中ミドルS                              GKキャッチ
  68  RMA SOG:スナイデル中→ラウール中ドリブルS                    ※GKキャッチ
  69  BRE 交代1:ローゼンベリ(OUT)、アルメイダ(IN)
  69  RMA 交代1:イグアイン(OUT)、ロビーニョ(IN)
  70  BRE S    :ロビーニョ右→ニステル中                              ☆DFブロック
  72  BRE ▲YC:パサネン、マルセロにタックル                      CARD▲パサネン
  73  RMA SOG:ガゴ→ニステル中1対1S                              ☆GKセーブ
  73  BRE S    :アルメイダ左ミドルS                                  ※枠左
  74  RMA SOG:グティ中くさび→ラウール→ニステル中S            GOAL★RMA 2-1 BRE
  77  RMA 交代2:グティ(OUT)、ドレンテ(IN)
  78  RMA SOG:ロビーニョ中ミドルS                                    GKキャッチ
  79  BRE SOG:トシッチ左ミドルS                                    ※GKセーブ
  80  RMA       :ロビーニョ右クロス                                      あわず
  81  BRE SOG:アルメイダ左ミドルS                                    GKキャッチ
  84  RMA 交代3:ラウール(OUT)、ロッベン(IN)
  89  RMA ▲YC:ニステル、トシッチにタックル                      CARD▲ニステル
  89  RMA S    :ロビーニョ左クロス→ロッベン中S                        GKキャッチ
  90  RMA S    :ロビーニョ中ミドルS                                    枠左
+2  BRE ▲YC:ジエゴ、ロビーニョを掴む                          CARD▲ジエゴ

●後半:コメント
  後半に入ってもマドリー優勢は変わらず。その中、グティ、ラウール、ニステルの見事なパス回し
  で追加点をあげる。一方のブレーメンは後半、完全に息切れ。ジエゴのドリブルもサノゴのキープも
  見られなくなり、追い付くことは出来なかった。チャンスは全く無かった訳ではないが、クローゼの
  穴と、怪我人の代役を見つけることが出来なかったのが響いた。
    前半のマドリーに関しては、チームと監督が目指すサッカーが、前半は出来たと言える。後半は、
  引き気味の相手と疲労もあって、やや運動量が減ったが、それでもグティ、ラウールの活躍で結果を
  出したのは評価して良いだろう。守備に関してはまだまだ不安な面も見られるが、攻撃の姿勢は
  去年までのマドリーには見られなかった点。接戦の理由については、相手GKヴィーゼの活躍も
  考慮する必要があるのだろう。好守を見せたときに限って負けるというのが報われないGKでは
  あるが…。

●スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
    Rマドリー    2    18     9     5    10    61     1     0     4
   ブレーメン    1    16     6     2    16    39     2     0     2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] GS-A#01:ポルト v リバプール

イエローが多いのが懸念材料ではあるけど、レッズ的には想定内のドローかな、というかうまくドローにしたなぁと。

●スタジアム
    エ・スタディオ・ドラゴン    ポルト
    気温:25度    湿度:56%    ピッチ:感想    天候:快晴

●試合結果
    ポルト 1 - 1 リバプール

●主審
    リュボシュ・ミヘル (SVK)

●スタメン
 ポルト
              07 カレスマ     09 リサンドロ   17 セクティウイ

          16 ラウール・メイレレス           08 ルチョ・ゴンサレス

                              06 パウロ・アスンソン

    13 フシレ   02 ブルーノ・アルベス   14 ジョアン・パウロ   12 ボジングワ

                          33 ヌノ
    サブ:
        24 ベントゥラ   04 ステパノフ   05 チェフ   11 マリアーノ・ゴンサレス
        18 ボラッティ   19 ファリアス   25 カジェミエルチャク
    監督
        ジェズアルド・フェレイラ

 リバプール
                    09 トーレス       18 カイト

    19 バベル       20 マスケラーノ   08 ジェラード(C) 16 ペナント

    17 アルベロア   23 キャラガー     04 ヒーピア      03 フィナン

                                25 レイナ
    サブ:
        30 イタンジェ   05 アッガー   10 ボロニン   11 ベナユン   
        12 ファビオ・アウレリオ       15 クラウチ   21 ルーカス・レイバ
    監督
        ラファエル・ベニテス

●前半:試合展開
  01  POR S  :ロペス右S                                              DFブロック(CK)
  02  POR       :右CK:SC→                                          DFクリア(CK)
  02  POR SOG:DFクリア→R→ロペス中S                            ☆GKセーブ
  04  POR       :左FK:クアレスマ→                                    DFクリア
  04  POR S    :こぼれ→クアレスマ左S                                  枠上
  08  POR       :左クロス→ボジングワ、エリア内でGKと接触              PK
  08  POR SOG:PK:ゴンサレスS中中                            GOAL★POR 1-0 LIV
  09  POR ▲YC:ボジングワ、バベルを倒す                          CARD▲ボジングワ
  17  LIV SOG:右FK:フィナン→ヒーピア左H→カイト中HS      GOAL★POR 1-1 LIV
  19  POR S    :フシレ左ミドルS                                        枠左
  20  LIV       :ジェラード中→カイト左                                  あわず
  25  LIV ▲YC:ペナント、メイレレスにタックル                    CARD▲ペナント
  26  POR S    :右FK:→左返→アルベス中HS                        ※枠左
  28  LIV       :ジェラード中→トーレス                                  あわず
  30  POR SB  :メイレレス中ミドルS                                    DFブロック(CK)
  30  POR S    :フシレ中ミドルS                                        枠上
  35  POR       :ゴンサレス中→                                          あわず
  44  POR       :セクティウィ左クロス                                    あわず
  45  LIV SB  :バベル中ロングS                                        DFブロック

●前半:コメント
    試合を通してポルトが圧倒的に優勢。攻撃はクアレスマのFKと、サイドからのクロス、そして
  前線からの激しいプレスでリバプールに全く攻撃機会を与えず。ただ、シュート数では圧倒した
  ポルトだが、決定機はPKをゲットしたシーンの他には2分にDFのクリアミスで得たシュートくらい。
  その意味で、シュート2本で1点を取ったアウェイのリバプールの方も悪くない流れと言えるの
  かもしれない。この後、ポルトのプレスが最後まで持つのかが試合の流れを決めそう。

●後半:試合展開
  47  LIV    :バベル左クロス                                          あわず
  51  POR S    :左FK:クアレスマS                                    壁
  53  POR       :クアレスマ右クロス                                      GKキャッチ
  54  POR       :クアレスマ右クロス→リサンドロ                          あわず
  56  LIV       :カイト、エリア内で転倒                                  笛無し
  58  LIV ▲YC:ペナント、フシレにレイトチャージ                  退場▼ペナント
  61  POR SB  :クアレスマ中RS                                      ☆DFクリア
  64  POR 交代1:メイレレス(OUT)、ゴンサレス(IN)
  64  POR 交代2:セクティウィ(OUT)、ファリアス(IN)
  66  LIV       :カイト右クロス→ヒーピア                                S出来ず
  67  POR S    :クアレスマ右クロス→ロペス左HS                        枠上
  69  POR S    :ルチョ中ミドルS                                        GKキャッチ
  71  POR       :フシレ左クロス                                          DFクリア(CK)
  74  LIV ▲YC:トーレス、抗議                                    CARD▲トーレス
  75  LIV ▲YC:カイト、ハンド                                    CARD▲カイト
  76  LIV 交代1:トーレス(OUT)、ボロニン(IN)
  79  LIV       :中フィード→ジェラード右→                              あわず
85  LIV 交代2:バベル(OUT)、アウレリオ(IN)I
  86  POR       :ボシングワ右ドリブル                                    ボールデッド
  88  LIV       :ジェラード中→カイト右                                  DFクリア(CK)
  89  LIV       :アウレリオ右クロス                                      あわず
  +2  LIV ▲YC:マスチェラーノ、クアレスマを倒す                  CARD▲マスチェラーノ

●後半:コメント
  後半になってもポルト優勢は変わらず。ペナントが不用意なファールで退場したことで、
  リバプールはドロー狙いに切り替える。ポルトはクアレスマが飛び出したレイナと1対1に
  なるシーンがあったものの、それ以外で決定的なチャンスは作り出せず。ホームで優勢に試合を
  進めていたこと、相手が10人になったことを考えると、ポルトとしては勝ち点3を取れなかった
  のが悔やまれる。
    リバプールは相手の激しいプレスもあり、全体的に低調。ただ、DF的にはPKを与えた
  ヒーピアのシーン以外、相手に切り裂かれたシーンはなく、押されてたと言っても良く抑えた
  と言えるのかもしれない。攻撃に関しては、サイドとジェラードを抑えられたのが大きく、
  全く形を作れなかったのが課題。ただし、アウェイでドロー狙いはベニテスの得意技だけに、
  課題は多いが結果としては悪くない出来だったと言える。

●スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
      ポルト    1    14     4    10    16    59     1     0     1
   リバプール    1     2     1     1    23    41     4     1     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] GS-D#01:ミラン v ベンフィカ

最後まで安心は出来ない展開だったけど、それでも勝つのが強いときのミランですから。

●スタジアム
    ジュゼッペ・メアッツァ    ミラノ
    気温:18度    湿度:30%    ピッチ:乾燥    天候:快晴

●試合結果
    ミラン 2 - 1 ベンフィカ

●主審
    マイク・ライリー(ENG)

●スタメン

 ミラン (4-3-2-1)
                            09 インザーギ

                    10 セードルフ     22 カカ

        23 アンブロジーニ(C)   21 ピルロ     08 ガットゥーゾ

    18 ヤンクロフスキ   04 カラーゼ   13 ネスタ   44 オッド

                      01 ジダ
    サブ:
        16 カラチ       05 エメルソン   11 ジラルディーノ   17 D・シミッチ
        19 ファバッリ   25 ボネーラ     32 ブロッキ
    監督:
        カルロ・アンチェロッティ

 ベンフィカ(4-3-2-1)
                          07 オスカル・カルドソ

          26 クリスティアン・ロドリゲス    20 ディ・マリア

          10 ルイ・コスタ(C)  08 カツラニス   14 マクシ・ペレイラ

    05 レオ   03 エジカルロス   28 ミゲル・ビトル    02 ルイス・フィリペ

                                  12 キム
    サブ:
        24 ブット   18 ビニャ   19 ベルヘシオ   21 ヌノ・ゴメス   22 ネルソン
        25 ヌノ・アシス    32 ロメウ・リベイロ
    監督:
        ホセ・アントニオ・カマチョ

●前半:試合展開
  01  MIL    :カラーゼ中フィード→セードルフ                          あわず
  03  MIL SB  :カカ左ドリブルS                                        DFブロック
  07  MIL       :ヤン左クロス                                            ボールデッド
  08  MIL S    :カカ→オッド右クロス→アンブロジーニ中BS            ※枠右
  09  MIL SOG:左FK:ピルロS                                  GOAL★MIL 1-0 BEN
  13  MIL S    :オッド右クロス→ピッポ中TS                          ※枠右
  15  MIL SOG:右FK:ピルロ→アンブロジーニ中BS                  ☆GKセーブ
  17  BEN S    :右ミドルS                                              枠右
  19  MIL       :ピルロ中スルーP→ピッポ                                オフサイド
  21  MIL SOG:カカ右クロス→セードルフスルー→ピッポ中S            ☆GKセーブ
  22  BEN SOG:ルイ右ドリブルS                                      ☆GKセーブ
  22  BEN SOG:ディマリア左クロス→カルドソ中BS                    ☆右ポスト
  24  MIL SOG:C→カカ→ピルロ右クロス→ピッポ中BS            GOAL★MIL 2-0 BEN
  30  BEN S    :ディマリア中ミドルS                                    枠右
  31  MIL       :セードルフ中スルーP→カカ                              あわず
  33  BEN SOG:中スルーP→カルドソ右S                              ☆GKセーブ
  36  MIL       :オッド右ヘッド→カカ左                                  S出来ず
  38  BEN S    :中FK:ルイS                                          枠左
  40  MIL       :ピルロ中フィード→ピッポ                                届かず
  41  MIL       :アンブロジーニ左クロス                                  あわず
  44  MIL       :アンブロジーニ左クロス                                  ボールデッド
  45  MIL S    :ヤン左クロス→ピッポ中HS                              枠上
  +1  BEN       :ルイ左クロス                                            GKキャッチ

●前半:コメント
   前半を通してミランが優勢に試合を進め、順当に2ゴールをあげた。ただ、22分前後に決定機を
  許すなど、カルドソの高さを使われたときの対応に不安が残る。また、先制点をあげてからは若干
  相手に合わせる形で、なんとなく試合を進めてしまった感がある。4度ほどあった決定機のうち
  1本決めておけば試合の趨勢は決した感はあるが、よほどのことがない限り、このままミランの
  リードで終わる可能性が高い。ピルロ、カカ、それに両SBが比較的自由にボールをキープできて
  余裕を持って攻撃を出来ているのが主導権を握れている理由だろう。正直、チーム力の差が大きすぎ、
  ハーフタイムの指示でどうにかなるレベルの問題とは考えにくい。

●前半:スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
      ミラン    2     9     5     0     9    53     0     0     4
   ベンフィカ    0     6     3     1    13    47     0     0     3

●後半:試合展開
  47  BEN    :ロドリゲス→カツラニス                                  あわず
  48  MIL SB  :ヤン左ドリブルS                                        DFブロック
  54  MIL SOG:C→ピルロ→カカ右ドリブルS                          ☆GKセーブ(CK)
  57  MIL S    :フィード→ヤン左S                                      枠上
  58  BEN S    :ルイ中ミドルS                                          枠上
  60  MIL S    :オッド右クロス→ピッポ中S                            ※枠右
  61  BEN ▲YC:カルドソ                                          CARD▲カルドソ
  62  MIL S    :ヤン左クロス→アンブロジーニ中HS                      枠上
  63  BEN 交代1:カルドソ(OUT)、ヌーノ・ゴメス(IN)
  64  MIL SB  :ピルロ→ヤン左S                                        DFブロック(CK)
  65  BEN S    :ディマリア右ドリブルS                                  枠右
  66  MIL S    :アンブロジーニ左クロス→ピッポ中S                    ※枠上
  67  MIL ▲YC:ピッポ                                            CARD▲ピッポ
  68  MIL       :ガットゥーゾ右クロス→ピッポ                            DFクリア
  69  MIL SOG:オッド右ミドルS                                      ※GKセーブ
  71  BEN SOG:カツラニス中ミドルS                                    GKキャッチ
  73  BEN 交代2:ビクトル(OUT)、ジル(IN)
  75  MIL       :ヤン左クロス→                                          あわず
  75  MIL 交代1:セードルフ(OUT)、エメルソン(IN)
  77  MIL SOG:ヤン左クロス→ピッポ中S                              ☆GKセーブ
  77  MIL SOG:エメルソン中ミドルRS                                ☆GKセーブ(CK)
  81  MIL 交代2:オッド(OUT)、ボネーラ(IN)
  83  MIL SOG:エメルソン右クロス→ピッポスルー→カカ中S              枠上
  84  MIL 交代3:ピッポ(OUT)、ジラ(IN)
  87  BEN 交代3:ルイ(OUT)、ヌノ・アシス(IN)

  89  BEN S    :エジカルロス中ミドルS                                  枠上
  +1  MIL S    :ボネーラ右クロス→カカ左BS                            枠上
  +2  BEN SOG:カツラニス 左クロス→ヌーノゴメス中S             GOAL★MIL 2-1 BEN

●コメント
    後半開始直後、ベンフィカが積極的なプレスを見せるものの、それも15分だけ、その後は
  ベンフィカの疲労と、相手の出方をわかったミランの前に為す術無し。ミランは両サイドから
  なんども決定的なチャンスを作るが、GKキムの好セーブの前に追加点ならず。相手の不調に
  合わせた訳でもないだろうが、ミランとしても締まらない試合をしてしまった感が強い。
  2点差をつけていたから最後のゴールが致命傷とならなかったのが救い。ただ、ビッグイヤー
  を狙うチームとしては序盤から全力という事はあり得ないので、結果が出ていればよしと
  すべきだろう。

●スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC   OFF
      ミラン    2    21    10     6    20    55     1     0     4
   ベンフィカ    1    12     5     4    22    45     1     0     3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[CL07/08] Outright(070918 18:00 CST)

一番手はバルサじゃなくチェルシーだと思うんだが。あと、マドリー高すぎ。
  Barcelona           6.00 
  Chelsea             7.50 
  Man Utd             8.00 
  Inter Milan         9.00 
  A C Milan           9.00 
  Real Madrid        10.00 
  Liverpool          11.00 
  Arsenal            17.00 
  Sevilla            21.00 
  Lyon               21.00 
  Valencia           26.00 
  Werder Bremen      34.00 
  Roma               34.00 
  Stuttgart          67.00 
  Schalke            67.00 
  F C Porto          67.00 
  Benfica            67.00 
  P S V              81.00 
  Lazio              81.00 
  Sporting Lisbon   101.00 
  C S K A Moscow    101.00 
  Marseille         126.00 
  Celtic            126.00 
  Fenerbahce        151.00 
  Dynamo Kiev       151.00 
  Besiktas          151.00 
  Steaua Bucharest  201.00 
  Shakhtar Donetsk  201.00 
  Rangers           201.00 
  Olympiacos        201.00 
  Slavia Prague     301.00 
  Rosenborg         301.00

(C) 1998-2007 William Hill Credit 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[UC07/08] Stage 1 Group Betting(070918 18:00 CST)

あんまり波乱は起こらなそう、という気はしてます。セルティックぐらいかな…、気になるのは。

Champions League Group A Stage 1 
   ◎Liverpool           1.44 
   ○F C Porto           4.50 
     Marseille           7.00 
   △Besiktas           15.00 

Champions League Group B Stage 1 
   ◎Chelsea             1.61 
   ○Valencia            2.87 
   △Schalke             7.50 
     Rosenborg          34.00 

Champions League Group C Stage 1 
   ○Real Madrid         1.66 
   ◎Werder Bremen       4.00 
   △Lazio               5.00 
     Olympiacos         13.00 

Champions League Group D Stage 1 
   ◎A C Milan           1.40 
   △Benfica             5.00 
   ○Celtic              8.00 
     Shakhtar Donetsk   12.00 

Champions League Group E Stage 1 
   ◎Barcelona           1.40 
   ○Lyon                4.00 
   △Stuttgart           8.00 
     Rangers            26.00 

Champions League Group F Stage 1 
   ○Man Utd             1.61 
   ◎Roma                3.10 
   △Sporting Lisbon     8.50 
     Dynamo Kiev        15.00 

Champions League Group G Stage 1 
   ◎Inter Milan         1.36 
   ○P S V               6.00 
   △C S K A Moscow      7.00 
     Fenerbahce         12.00 

Champions League Group H Stage 1 
   ○Arsenal             2.00 
   ◎Sevilla             2.10 
   △Steaua Bucharest   10.00 
     Slavia Prague      19.00

(C) 1998-2007 William Hill Credit    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

[PL07/08] 第06節結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] UCL第1節放映日程

  A:ポルトvsリバプール                   09/18(Tue)   27:30
  A:マルセイユvsベシクタシュ             09/18(Tue)   27:30
  B:シャルケvsバレンシア                 09/18(Tue)   27:30
  B:チェルシーvsローゼンボリ             09/18(Tue)   27:30
  C:レアルマドリードvsブレーメン         09/18(Tue)   27:30
  C:オリンピアコスvsラツィオ             09/18(Tue)   27:30
  D:ミランvsベンフィカ                   09/18(Tue)   27:30
  D:シャフタールvsセルティック           09/18(Tue)   27:30

 E:バルセロナvsリヨン                   09/19(Wed)   27:30
  E:レンジャーズvsシュトゥットガルト     09/20(Thu)   22:00
  F:スポルティングvsマンチェスターU      09/19(Wed)   27:30
  F:ローマvsディナモキエフ               09/20(Thu)   24:30
  G:フェネルバフチェvsインテル           09/19(Wed)   27:30
  G:PSVvsCSKAモスクワ                    09/20(Thu)   22:00
  H:アーセナルvsセビージャ               09/19(Wed)   27:30
  H:スラビアプラハvsステアウアブカレスト 09/20(Thu)   24:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/16

[PREMERA Div. 07/08] #03 セビージャ v レクレアティーボ

Dアウベスは世界最強の攻撃的右SBって事かな。守備はそこそこだよね。

●スタジアム
  サンチェス・ビスチャン    ベティス
    気温:30度    湿度:51%    天候:晴れ

●試合結果
    セビージャ 4 - 1 レクレアティーボ

●審判
    ベラスコ・カルバーリョ

●スタメン

 セビージャ
                            12 カヌーテ   09 ケルジャコフ

    05 ドゥダ               11 ヘナト     21 ケイタ       07 Jナバス

    03 ドラクティノビッチ   26 ファシオ   23 ブラルーズ   04 Dアウベス(C)

                                  01 パロップ
    サブ:
        13 デサンクティス   08 ポウルセン   17 ディエゴ   25 マレスカ
        18 マルティ         22 コネ         20 デ・ヌル
    監督:
        ファンデ・ラモス

 レクレアティーボ
                          23 ゲレーロ

      21 アイトール(C)    08 カムニャス   19 ヴァレラ

                12 マルティンス   10 バスケス

    03 バウチスタ   04 カセレス   05 ボウソン   02 モジャ

                        01 ソレンティーノ
    サブ:
        13 ルケ     24 カルボ   20 ポリ   16 アルバレス   06 ジェラード
        17 バルベル 07 マルコス
    監督:
        ビクトール・ムニョス

●前半:試合展開
  02  REC    :アイトール左クロス                                      あわず
  09  REC       :ボウセン、ケルジャコフにタックル                        笛無し(CK)
  12  SER SOG:ナバス右クロス→GKセーブ→ケルジャコフ中S      GOAL★SER 1-0 REC
  16  SER       :アウベス左クロス                                        GKキャッチ
  17  SER S    :中スルーP→ケルジャコフ左ドリブルS                  ※枠左
  19  SER SB  :ナバス左クロス→ケルジャコフ中BS                      DFブロック
  19  SER S    :ドゥダ左→カヌーテ中S                                  DFブロック(CK)
  20  SER       :右CK:ドゥダ                                          DFクリア(CK)
  21  SER S    :左CK:ドゥダ→こぼれ→アウベス中S                    枠上
  21  REC SOG:バレイラ右ミドルS                                      GKキャッチ
  25  SER SOG:左FK:ドゥダ→ケイタ中HS                          ☆クロスバー
  25  SER S    :こぼれ→ケイタ中S                                      枠上
  32  SER S    :ケルジャコフ右→ナバス中S                              枠左
  34  SER SOG:アウベス中→カヌーテ1対1GKかわしてS          GOAL★SER 2-0 REC
  37  SER ▲YC:アウベス、カムニャスを倒す                        CARD▲Dアウベス
  39  SER S    :ケイタ中フィード→ドゥダ左S                            GKキャッチ
  43  REC SB  :バレラ中ミドルS                                        DFブロック
  45  REC S    :右S                                                  ※枠左

●前半:コメント
    セビージャが支配率でも攻撃機会でも優勢に試合を勧めた。シュート10本で2ゴール、特に
  移籍問題に片が付きキャプテンマークを付けたDアウベスの積極的な攻撃参加と、ケイタの
  フィードにケルジャコフが抜け出す形で何度もチャンスを作った。2トップのケルジャコフと
  カヌーテがゴールを決めるなど流れも最高、後はレクレのカウンターとサイド突破を警戒して
  前半同様の守備をこなせばよいか

●前半:スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
       セビージャ    2    10     5     5    57     1     0
    レクレアティボ    0     6     2     5    43     0     0

●後半:試合展開
  49  REC SOG:マルティンス中S                                        GKキャッチ
  51  REC S    :中FK:マルティンスS                                  枠上
  54  SER SOG:右フィード→カヌーテ中BS                        GOAL★SER 3-0 REC
  55  REC SOG:バレイラ右クロス→アイトール左S                  GOAL★SER 3-1 REC
  57  SER 交代1:カヌーテ(OUT)、コネ(IN)
  60  REC SOG:右FK:ゲレーロS                                    ☆クロスバー
  63  REC 交代1:バレイラ(OUT)、マルコス(IN)
  64  SER 交代2:ドゥダ(OUT)、カペル(IN)
  68  REC       :カセレス、エリア内でコネにタックル                      PK
  69  SER S    :PK:ケルジャコフS中上                                枠上
  72  REC 交代2:マルティンス(OUT)、バルベール(IN)
  75  SER SOG:ケルジャコフ右ミドルS                            GOAL★SER 4-1 REC
  76  SER 交代3:アウベス(OUT)、マルティ(IN)→マルティC
  78  REC S    :アイトール左S                                          GKセーブ(CK)
  79  REC ▲YC:モヤ、ケルジャコフを引っかける                    CARD▲モヤ
  80  SER S    :左FK:マルティS                                      枠上
  80  REC 交代3:ボウセン(OUT)、ベト(IN)
  85  SER       :中→レナト→ケルジャコフGKかわす                      オフサイド
  86  REC ▲YC:モヤ、カペルを倒す                                退場▼モヤ

●後半:コメント
    後半に入ってもセビージャの攻撃的姿勢は変わらず。カヌーテとケルジャコフがさらに1ゴール
  づつを加え、レクレを押し切った。ケルジャコフはPK失敗こそあったものの、それを挽回する
  ミドルSを決め、絶好調ぶりをアピールした。守備に関してはブラルーズとファシオのコンビが
  うまく相手を抑え中央からの突破を許さなかった。プエルタの追悼試合と言うことを割り引いても
  チーム力の差が如実に表れた試合だったと言える。決してレクレの出来が悪い訳ではなかった
  と思うのだが…

●スタッツ:
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
       セビージャ    4    16     7    12    54     1     0
    レクレアティボ    1    11     5    11    46     2     1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のお仕事(クラナドの日々 ♪だんごだんご…)

 ・ようやくクラナドを始めました。クリアの様子はゲームもしくは以下のリンクから
   [1回目(椋)] [2回目(杏)] [3回目(早苗&芽衣)]
 ・舞台挨拶に行ってきました。レポートはイベントもしくは以下のリンクから
   [1回目] [2回目] [3回目]
 ・3回見たので、映画のレビューもしました。映画もしくは「CLANNAD」のリンクから
 ・溜まっていた映画のレポを書きました。ベクシルオーシャンズ13ヱヴァ。ヱヴァと
   言ってもエヴァンジェリンじゃないです(笑)
 ・スカイガールズだけはどうにか続いているみたいです。最近画像素材の公開がなくなって寂しいです。

 確かにIMDでサッカー見るのさぼってましたけど、だからといってここまでクラナドしか
ないってのはどうなんだろう。精神的にも良くない気がするんだが…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/15

[REPORT] 劇場版「CLANNAD」舞台挨拶 3回目

●出演者(敬称略)
  野島健児(野)、中原麻衣(中)、井上喜久子(井)、出﨑統監督(出)

●3回目:川崎チネチッタ(15:45上映前)

  1)あいさつ
   2回目同様きっこさんはダンゴのぬいぐるみ、他の二人はストラップをつけて登場
    野「岡崎朋也役の野島健児です。川崎に始めてきたんですが、そらがきれいでいい気分に
      なりました」
    中「古河渚役の中原麻衣です。川崎は久しぶりでいい街だなって思いました。何を言って
      いるんでしょうね」
    井「古河…早苗役の…井上喜久子17歳です」
  全員「オイオイ!」
    井「ありがとうございます、すみません…」
    出「監督の出崎です。沢山の方に来て頂いて、苦しんで作った甲斐がありました」

  2)アフレコのエピソード
    野「お弁当が美味しかったんですよ」
    中「そう、すごく美味しかった」
    井「いくらか種類があって、人気の順に、和食、中華、洋食…。肉と魚があって…」
    野「僕、肉を食べてました」
    中「私は、涼ちゃんと、後、春原の人と3人で違う物頼んでシェアして食べてました」
    出「僕、そのお弁当知りません…」
  一同「…」
   中「出てません。弁当なんて出てません。幻でした」

  3)みどころ
    野「見所ですが…難しいですね。この映画はコミュニケーションがテーマになっていると思うので、
      朋也君が悩んだり、相手の気持ちをどこまで理解できるか、見る側の気持ちを考えて作られて
      いる。コミュニケーションを取れる映画だと思います」
    中「えーと」
    野「春原ですか?」
    中「…。渚をやってますし朋也君が一番好きなんですけど、朋也君はここにいるし、春原さんは
      いないから、春原って言っておきます」
    井「見所は一杯ですが、みんなで『だんご大家族』を歌うのが楽しかった。娘の渚が悲劇を笑顔で
      乗り越えていくところを見て欲しい」
    出「だんご大家族の歌詞を作ったのは僕なんです。誰でも誰かが思っていると考えると、日々
      楽しく過ごせる。だから安心して楽しくやりましょう」

  4)最後の挨拶
    野「レッツエンジョイ、レッツプレイってことで一杯楽しんでください」
   中「この場に来れて良かったです。さっきお姉ちゃんとパスタを食べに言ったんですが、同じような
      場所にこぼしてしまったんです」
    井「麻衣ちゃんは衣装にこぼしちゃ駄目ってわざわざパーカーを羽織って食べたんですけど、ちょうど
      服の間からこぼして。私は、麻衣ちゃん偉いなって思いながら食べてて同じ場所にこぼしました。
      マネージャーさんに染み抜きを買ってきてもらって、二人でぽんぽんやってました」
    中「同じようなところにこぼすところに家族愛を感じました」
    井「うまいですねまとめが」

    井「感動がいっぱいある作品で、アフレコをしながら苦しくなったり胸がいっぱいになりました
      映画を見た後は、お友達、ご近所、親戚の皆さんに、電話やお手紙、インターネットもOKです
      ので、感想を伝えて頂ければと思います」
    出「大人しくて地味な作品ですが、力は一杯持った作品だと思います」

  5)感想
      最後だし、もういい加減なれたし、ということでこの回が一番イベントらしい会でした。折角
      だから、もう少し時間を取って沢山喋ってもらえれば良かったのにね、という感じでしょうか。
      それにしても、麻衣ちゃんときっこさん、役柄は親子だけど姉妹のような感じだったな(笑)
      ちなみに、きっこさんが自己紹介でいつも若干つまりながら麻衣ちゃんの方を見ていたのは、
      TBSアニメフェスタで役名を間違えたトラウマなんでしょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #06 トットナム v アーセナル

両チームでシュート60本打てば派手な試合になるわな(笑)

●スタジアム
    ホワイトハートレーン    ロンドン

●試合結果
    トットナム 1 - 3 アーセナル  Att: 36053

●審判
    マーク・クラッテンバーグ

●スタメン

 トットナム
                10 キーン     09 ベルバトフ

    16 ベール   08 ジェナス   22 ハドルストン   15 マルブランク

    03 イ       05 カブール   20 ドーソン       02 シンボンダ

                    01 ロビンソン
    サブ:
        12 カーニー   04 ゾコラ   23 ベント   25 レノン   33 ローシャ
    監督:
        マルティン・ヨル

  アーセナル
                  11 Vペルシー   09 アデバイヨル

    02 ディアビー   16 フラミニ   04 セスク   13 フレブ

    22 クリシー     19 シウバ     05 トゥレ   03 サーニャ

                        24 アルムニア
    サブ:
        21 ファビアンスキ   07 ロシツキ   15 デニウソン   17 ソング   32 ウォルコット
    監督:
        アーセン・ベンゲル

●前半:試合展開
02  ARS    :クリシー左ドリブル、クロス                              あわず
03  ARS SOG:アデバイヨル中ミドルS                                ※GKセーブ(CK)
07  TOT SB  :マルブランク中ミドルS                                  DFブロック
08  TOT S    :シンボンダ右クロス→ベルバトフ中HS                    枠上
15  TOT SOG:左FK:ベールS                                  GOAL★TOT 1-0 ARS
16  ARS SOG:右スロー→アデバイヨル右BS                          ☆GKセーブ(CK)
24  ARS SOG:フレブ中ミドルS                                      ※GKセーブ
27  ARS       :セスク中→アデバイヨル                                  GKキャッチ
30  ARS S    :ディアビ中ミドルS                                      枠左
33  ARS SOG:フレブ中→ディアビ左S                                ☆クロスバー
35  TOT ▲YC:ジェナス、ペルシーを引っかける                    CARD▲ジェナス
40  TOT       :ベルバトフ左クロス→キーン                            ※あわず
+1  TOT ▲YC:シンボンダ、抗議                                  CARD▲シンボンダ

●前半:コメント
  ポゼッションで優位にたちチャンスを作ったのはアーセナル。ただ、アデバイヨルやディアビの
  決定的なシュートはキーパーやクロスバーに阻まれた。スパーズはゴール前までなかなかボールを
  運ぶことが出来なかったが、唯一のチャンスのセットプレイを活かして1点リードで終わった。
  ただ、CBのスピードに不安を抱えるだけに、Vペルシーやアデバイヨルに突破を許す可能性は
  かなりあり、まだ予断は許さない。

●後半:試合展開
  50  ARS    :サニャ右クロス                                          DFクリア
  51  TOT       :C→ベルバトフ、GKかわして                          ☆DFクリア
  53  ARS S    :サニャ右クロス→アデバイヨル中S                      ※枠上
  55  ARS       :セスク中→アデバイヨル、GKに倒される                  笛無し
  56  ARS 交代1:ディアビ(OUT)、ロシツキー(IN)
  60  TOT S    :左CK:ベイル→カブール中HS                          枠上
  61  ARS S    :セスク中→Vペルシー中S                                DFクリア(CK)
  62  TOT S    :シンボンダ右クロス→ハドルストン中BS                  枠左
  63  ARS ▲YC:サニャ、ハドルストーンにスライディング            CARD▲サニャ
  65  ARS SOG:左FK:セスク→アデバイヨル中HS                GOAL★TOT 1-1 ARS
  67  ARS ▲YC:フレブ、抗議?                                    CARD▲フレブ
  68  TOT SOG:DF→キーン右1対1S                                ☆GKセーブ
  69  TOT 交代1:ベイル(OUT)、レノン(IN)
  71  ARS SOG:アデバイヨル→Vペルシー右S                            GKキャッチ
  72  ARS S    :セスク中ミドルS                                        枠左
  78  TOT S    :ハドルストン中ミドルS                                  DFクリア(CK)
  78  TOT SOG:左CK:ジーナス→ベルバトフ中BS                    ☆DFクリア
  80  ARS SOG:セスク中ミドルS                                  GOAL★TOT 1-2 ARS
  82  TOT 交代2:マルブランク(OUT)、ベント(IN)
  84  TOT       :シンボンダ右クロス                                      GKキャッチ
  85  TOT S    :ジェナス中フィード→ベント中1対1S                  ※枠右
  86  ARS 交代2:Vペルシー(OUT)、デニウソン(IN)
  90  TOT       :レノン左クロス                                          DFクリア
  +4  ARS SOG:ロシツキ中→デニウソン右S                            ☆GKセーブ
  +4  ARS SOG:セスク右→アデバイヨル中浮かせてS                GOAL★TOT 1-3 ARS
  +5  ARS 交代3:フレブ(OUT)、ソング(IN)

●後半:コメント
    後半開始早々、ベルバトフとアデバイヨルに決定機があったが双方ともゴールならず。その後、
  度重なる決定機を外し続けたスパーズに対し、アーセナルはアデバイヨル、セスクがゴールを
  決めて逆転した。ロシツキーが交代出場してからはアーセナルにいつもの攻撃のリズムが戻って
  来た。外したチャンスも多かったが、それでも3ゴールを決めたアーセナルと、セットプレイ以外
  のゴールを決めれなかったスパーズ、この決定力の差が首位争いと二桁順位の差を表していると
  言えるのかもしれない。

●スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
      トットナム     1    30    11    16    28    51     2     0
        アーセナル     3    32    20     8    22    49     2     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REPORT] 劇場版「CLANNAD」舞台挨拶 2回目

●出演者(敬称略)
  野島健児(野)、中原麻衣(中)、井上喜久子(井)、出﨑統監督(出)

●2回目:池袋シネサンシャイン(11:55上映前)

  1)あいさつ
 きっこさんはダンゴのぬいぐるみを手に持って登場
    野「岡崎朋也役の野島健児です。今日は頑張りますのでよろしくお願いします」
    中「古河渚役の中原麻衣です。じゃあ、今日は頑張ります」
    井「古河…早苗役の…井上喜久子17歳です」
    全員「オイオイ!」
    出「AIRに続いて監督をやらせて頂いた出崎です。今日は楽しんでいってください」

2)それぞれの役柄について
    野「(朋也は)結構明るくない役で陰がある。クールな感じを出せるかという抑えた芝居をやるのに
      苦労した」
    中「(渚は)最初見たとき大丈夫かな、この子って思った。私は両親と敬語で話すというのは考え
      られなくて、彼女はいったい何を考えているんだろうと思った。でも役をやるうちに、芯がしっかり
      してて頑固で、意外と普通の女の子だなってのがわかった」
   井「ゲームをやったときは明るいお母さんで、おかしな言動が目立った。結構ボケが多くて、ボケる
      のが大変だった」
  全員「え~~~!」
    井「すみません。こういう家族がこの世にいっぱいあったら嬉しいと思います。家族愛で胸が
      いっぱいに、あったかくなりました」

  3)みどころ
    野「大切な人を、もっともっと大切に思う気持ち。誰かを抱きしめたくなるところ。終わった後、是非
      隣同士で抱き合って欲しい」
    中「ゲームからファンの人も見て楽しめるし、映画が始めての人も楽しめる。心に残る物があるので、
      それを感じて帰って頂きたい。大好きな作品です。春原も見てください」
    井「たくさんあり過ぎてどこを選んでいいか迷う。母親としては、渚ちゃんが帰ってきた瞬間を是非
      見て欲しい。渚ちゃんのひたむきな生き方に、アフレコをしていても胸がいっぱいになった。苦難を
      笑顔で乗り越えるところを見て欲しい。素晴らしい娘の姿を…」
    出「最初見たときは、こんな地味な作品をどうすればいいか悩んだが、やっていくうちに深いところで
      面白い物になるという確信が出てきた。寂しい奴らのために作った作品。そんな感じ」

  4)最後のあいさつ
    野「余すところ無く楽しんで、ダンゴの歌でも楽しんでください」
    中「沢山の方に来て頂いて嬉しいです。楽しんで帰ってください」
    井「個人的には監督さんと一緒の舞台に立てて光栄。あと、可愛い制服を見て私も着たいなって
      いったら、麻衣ちゃんに『お姉ちゃん、制服着ている役じゃないじゃん…』って言われた。
      いい作品なので、お友達、親戚、ご近所に勧めて欲しい。楽しんでいってください」
    出「沢山着て頂いて嬉しい。この場には来ていないけど、スタッフ一同に成り代わりましてお礼を
      申し上げます」

   5)感想
      2回目ということで、まあ感じが掴めてきたかなってのはありました。中原さん、野島さんは
     ダンゴのストラップですが、きっこさんだけはぬいぐるみ。片手がふさがってしまうので多少
     監督とのマイクの受け渡しで苦慮してましたが、そういうのをあまり考えずに、持ってきたかった
     んだろうなぁと。17歳に加えてボケが大変も出たし、いいんじゃないでしょうか。でも、
      前の二人はきちんと頑張れたのでしょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[REPORT] 劇場版「CLANNAD」舞台挨拶 1回目

●出演者(敬称略)
  野島健児(野)、中原麻衣(中)、井上喜久子(井)、出﨑統監督(出)

●1回目:池袋シネサンシャイン(09:45上映後)

  1)あいさつ
    野「岡崎朋也役の野島健児です。すごく沢山の人に来て頂いてありがとうございます」
    中「古河渚役の中原麻衣です。いや~、なんんか上も下も沢山の人で、大丈夫ですか、見えますか?」
    井「古河…早苗役の…井上喜久子17歳です」
  全員「オイオイ!」
    井「ありがとうございます」
    出「AIRに続いて監督を屋させて頂いた出崎です。皆さんもう見られたんですよね? お楽しみ
     いただけましたでしょうか?」

  2)おすすめのシーン
    野「朋也が人のために何かをするっていうように成長するまでの道のり。キーになった屋上での
      渚とのシーン」
    中「春原のいろんなシーン。色々見所があるので、春原を見てください」
    井「クラナドは大切なシーンだらけで、これって言えないくらい。家族のシーンが印象的だが、
      渚が帰ったときに早苗がお帰りなさいって抱きしめるシーン。体が悪い渚が今日も無事に
      帰ってきてよかったと抱きしめる感じ」

  3)役を演じられての感想
    野「空っぽ感というか、ゼロからのスタートで成長していくということで、空っぽなところを
      演じるのが難しかった」
    中「ゲームでは朋也君は喋らなくて一人でやってましたが、今回絵が付いて掛け合いが出来て、
      今までと違う新たな一面を見ることが出来た」
    井「古河家っていう明るい家庭が、この時代にそっちの方が少なくて冷たいお家とかもあるかも
      しれないけど、一杯一杯増えてくれたら嬉しいな。家族愛が凝縮していく様子を感じることが
      出来た」
    出「寂しい奴でも絶対誰かが思ってくれる、そういう願いを込めて作りました。そんな感じかな」

  4)最後のあいさつ
    野「今日はありがとうございました」
    中「この後も見る人?」
  かなりの人が手をあげる。
    中「皆さん楽しんでいってください」
    井「今日、この映画を見た感想を、お友達、親戚、近所の皆さんに、クチコミやお手紙で伝えて
      頂きたいなと。インターネットもOKですからね。いろんな人に見て頂きたいと思います。
      今日はありがとうございました」
    出「沢山の方に立ち見で見て頂いて、ありがとうございました」

  4)感想
      始めてということで司会者さんも皆さんもいまいち段取りが悪いというか、アワアワしてました。
    まあ、お姉ちゃんはいつも通りマイペースに自分のやりたいこと、言いたいことをしっかり
      アピールしてましたが。そっか、インターネットがつまったり疑問系でなく言えるようになり
      ましたか。あと、春原を薦めるのもいいですが、自分の役の見所も言った方がいいと思うぞ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[REVIEW]劇場版『CLANNAD』 ~クラナド~

 ストーリーというかエンディングは、一応応オリジナルになるのだそうだ。伝聞形で書く時点でゲームをコンプリートしていないということがばれてしまうのだが。劇場版「AIR」の時もそうだったけど、それ以上に「今」と「過去」が混在してて、後で思い返したり、2回見てようやく分かるシーンがあったのは確か。最初見たときはなぜここで雨に濡れなければならないのかが消化できなかった。ただ、2回目に頭を整理してみることで、ああ、そういうことなんだ、というのがわかったというのが正直なところ。監督の描きたいところが、あのエンディング、プラットホームでの「再会」にあるのなら途中に何度か入る「雨のシーン」はありだとは思う。そして、それがゲームにあったシーンなのか、それとも似ているけど違うシーンなのか、あるいはまったくオリジナルな展開なのかはどうでも、とは言わないが、些細な話になるはずだ。

  もちろん、ゲームファン、キャラファンに納得いかないシーンはあるだろう。一部ファンに熱烈な支持を得ている会社の制作で、多くのヒロインが登場するだけに、そのファンすべてに満足のいく作品を提供することなど、困難を通り越して不可能だ。想定の範囲内とは言え、登場キャラはかなり絞られた。ゆかりんは当然としてまみまみや野中さん、神田さんが出てないというのを残念がるファンは多いだろう。ゲームのファンとしては、杏の隣にいるのは椋であって欲しい、と言うか椋が泣いてるところに辞書と杏が飛んできて欲しいはず。渚が物静かなキャラだから、椋やことみではキャラがかぶるって事だし、芽衣はゲームでも完全なサブキャラ。今回のストーリーに必要なのが杏やだってのは分かるから、懸命な選択だとは思う、残念ではあるけど…

 ゲームでのお約束というか迷シーンもかなりカットされた。あんパンはどうにか食べるシーンで登場するものの、「あんパン」や「カツサンド」のセリフはない。早苗さんは料理がうまいし、パンも美味しく食べられる。妹をいじめて辞書が飛んでくることもなければ、春原に対して智代の蹴りが入ることもない。映画で始めてクラナドに接した人には全く気にならない事だが、ゲームファンに取っては違和感を感じるところだろう。個人的には、映画での女の子の描かれ方の方が、より普通の女の子であるという意味で、映画の中で楽しむには共感が持てる気がしている。ゲームとして楽しむ際には妙な言動がまた楽しかったりするのだが。

 上記のような点を考えると、「AIR」ほどではなくても、ゲームファンからの非難やクレームは避けれないものなのだろう。ただ、ゲームと全く同じものを描くのだったら、わざわざ映画にする必要はない。前々から書いているように、僕は出崎監督の味付けがされた劇場版「AIR」は名作だと思っている。確かにゲームに親しんだファンに違和感があるのはわかる。ただ、十数時間かかりマルチなエンディングのゲームと、2時間足らずの映画で、ストーリー構成が違うのは当然だし、キャラが普通っぼくなるのも当然だ。そして今回の劇場版「CLANNAD」についても、実に見応えのある作品に仕上がっていると思う。

劇場版「AIR」の感想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/14

[TV] 今週の放映試合

07/08 プレミアリーグ プレビューショー 第5週  09/15(Sat)   21:00  J sports PLUS
トッテナム vs. アーセナル                     09/15(Sat)   21:25  J sports 2
セルティックvsインバネス                      09/15(Sat)   22:55  Ch.181
チェルシー vs. ブラックバーン                 09/15(Sat)   25:10  J sports 2
エバートン vs. マンチェスターU                09/15(Sat)   25:30  J sports PLU
S
ラツィオvsエンポリ                            09/15(Sat)   27:25  Ch.182
アスレティック・ビルバオvsサラゴサ            09/15(Sat)   28:55  WOWOW   LIVE
07/08 プレミアリーグ プレビューショー 第5週  09/16(Sun)   13:00  J sports 2
ポーツマス vs. リバプール                     09/16(Sun)   21:55  J sports 2
インテルvsカターニア                          09/16(Sun)   21:55  Ch.181
フィオレンティーナvsアタランタ                09/16(Sun)   21:55  Ch.184
ユベントスvsウディネーゼ                      09/16(Sun)   21:55  Ch.186
マンチェスター・シティ vs. アストンビラ       09/16(Sun)   23:55  J sports PLUS
セビリアvsレクレアティボ                      09/16(Sun)   25:55  WOWOW   LIVE
ムルシアvsアトレティコ・マドリード            09/16(Sun)   27:58  WOWOW

07/08 プレミアリーグ ハイライト #5           09/17(Mon)   25:00  J sports 2
バレンシアvsバジャドリー                      09/17(Mon)   27:58  WOWOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] スカイガールズ #11

第11話 「4人目の少女」

コメント
  少女と書いてスカイガールズと読ませる。ありがちだけど、お子様の教育上は良くないかも(笑)
 おお、音羽ちゃん珍しく素早いな…。聞かれていた確率63%って、微妙に半端だなぁ…、可憐ちゃん。
 なんか、今日の瑛花さん、丸いなぁ…、何かあったのかしらん。ということでいきなり空中戦。
 3人がかりで押さえましたが…、エリーゼちゃん、お約束だけど日本語うまいのね、なAパート。
 あんまりインパクト無かったかなぁ、ソニックダイバーに乗ってたけど。

  三者三様、言いたいことは違うようですが、大変そうだ。扱い的には汎用機になるんだそうですが。
 6ヶ国語ぺらぺら、ということで中に日本語があるんでしょう。いきなり瑛花さんにケンカ売って
  ますが、シミュレーションで勝負よ、ということですが、ジェル塗るのにお金かかるんじゃないの?
  別にいいけど音羽に任せるなよ…。勝負は瑛花さんの勝ちですが。音羽の「若いって言うか」に色々
  と思うところがないでもないBパート。買いに行くたびに大きくなるって、七恵さんすごいな(笑)

次回!?
  兄様登場? 、お風呂もあるよ…。この後、2クールのシリアスパートへ、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

[TV] 怪物王女 #23

#23 死霊王女 9/13

    クライマックスになっても紗和々さんのマイペースは相変わらずですが、今回は姫様自らご出陣。
  廃工場に乗り込んだリザと令裡さんですが、なんか強い敵に悪戦苦闘、とりあえず撃退したよう
  ですが街が妙な雰囲気に…。トラックも爆破され令裡さんも逃げてしまってピンチ~なAパート。
  しかし、令裡さんの気まぐれにも困ったものです(笑)

    待中を進む一同だが、フランドルがバッテリー切れでスーパーに足止め。なんか御主人様とか
  言ってるのはミカサさんですか、そうですか。シャーウッド姫の助けもあって、どうにか死霊を
  撃退。なんだ、あの火の鳥の大きいのは、なBパート。ほぉ、ミカサさんは大原さんですか、
  わからなかったなぁ…。最終回前なのに、ヒロ君の痴漢疑惑な予告はどうなんだぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] ゼロの使い魔 双月の騎士 #10

第10話  雪嶺の敵

コメント
  いよいよルイス出陣、街での戦闘を避けるためルイスの魔法の力を借りたいと言われれば断れない
 よね。零戦で出撃したはいいが戦争を嫌う才人はご機嫌斜め。魔法の途中でMP切れで気絶する
 ルイズ。エンジンをやられて墜落する二人、雪山の中で遭難状態。しかし裸になって肌と肌を暖め
 合うって、そういうこと言いますか…。せっかくルイズが暖めたのに何事もなく翌朝、となって
 しまったAパート。報われないねぇ、ルイズ…。

  墜落した竜の近くで拾った敵を背負って行くことに。イヤ、敵の前で雪玉のぶつけ合いはどうかと
 思うが…。拾った敵にルイズが好きとばれてる時点でダメダメだと思うが。名誉のために死ぬなんて
 見栄を通す必要がある時点で、どうかと思うが。せっかくヘンリーが逃がしてくれたのに、チェザーレ
 空気読めよ、なBパート。無事帰ってアンリエッタ様は一安心。でも、ルイズもそこまで謝ることは
 ないと思うけど。才人じゃないけどそんなに名誉が大事か…。魔法は使えないのに。

次回予告
  裸で抱き合った後はネコですか…。もう何でもありですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/12

[COMIC] ハヤテのごとく #143

●掲載
  少年サンデー 09/26号
●サブタイトル
  第143話「僕たちの行方」の行方は?
  別の分岐、違う未来…その決断は、果たして自分だけのものなのか
# 決断は大事ですよ…
●ダイジェスト
  すごいですねハヤテ君
  夜桜見物への誘い
  変な子供達
●ツボ
  外国は恐ろしいところなんだよ
# ダメだなぁ…
●今週のマリアさん
  さりげなくパーティーに来てました
●ひとこと
  歩ちゃんとヒナさんの動向が気にかかります
●クエスチョン
    Q:ネームで悩んだときのストレス解消法
    A:そんな余裕はない
# 悩んでる暇さえ無いって事ですか…
●関連 
  それにしても白石涼子さんと初めてまともに会話したよ……。
# 原作者なんだからもっと胸を張って生きてください(笑)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

[REVIEW] CLANNAD(PS2) その03 (年上か年下か、破壊力万点のシナリオにメロメロよ~)

前半はきっこさん、中盤はゆかりん、終盤はこれでもかというシナリオ内容にメロメロでした。サッカーファンとしては、サッカーをプレイする物にここまで外道な人間がいないと信じたい

4/20 (Sun)   藤林姉妹ルートとの分岐点
    午後、渚の家に行ってみる。父の話では微熱で寝ているとのこと。たいしたことがなさそうなので
  とりあえず退散。なにやら若い男が声をかけてくる。車の上に工具を落とした、落とさないでもめて
  いる様子。愛や人を語る作業員、寒いセリフを平然と言ってのける。結局、車が凹んだのは猫のせい
  だと判明し、男が逃げるように車で去っていった。時間がないということで作業を手伝うことに
  なったが、あまりの作業のきつさに腕が上がらない。男は一旦去った後、バイト代を渡してくれた。
  受け取った名刺には芳野祐介の名前が…。

    春原に聞くと、プロのミュージシャンでCDとか出していたと言うが、最近は音楽をやっていない
  とのこと。妹がファンなのでサインが欲しい、ということで春原と芳野を探しに行く。駅前で彼を
  見つけ、うまく取り入る春原。結局、春原にギターのアドバイスをしてくれることになったが、
  ギターを持ってないのにどうするのか?

Check-4 (若い男に)ついていく

4/21 (Mon)
  放課後、芳野にギターを聞いてもらいに行く。予想通り春原のたくらみはうまくいかなかったが、
  ギターを弾いてもらうことには成功する。その姿に感動した春原は、ギターの練習を始めると
  言うが…、そもそもギター持っていないだろう。

4/22 (Tue)
    いつものように退屈な授業を受ける。放課後、テレビとビデオを後輩から借りたという春原を
  手伝う。コードをつなぎ電源を入れると、そこにはお笑いのビデオが。芳野の名刺をもらったと
  妹にいったらひどく喜んでいたとのこと。サインもギターの練習もどうでもいいらしい…。

4/23 (Wed)
   春原曰く、今日はゲーム機を繋ぐという。後輩から借りてきたソフトは、算数ソフトやお絵かき
  ソフト…。弟の年齢をちゃんと確かめろっての…。一旦家に帰り、着替えてからまた春原の部屋へ。
  妹から電話がかかってくるが春原が不在。親しいからと相手をする羽目になる。色々冗談を言ったが
  通じず、土曜日の夕方に来るという。春原の現状を心配してとのことだが…。

4/24 (Thr)
    今日も遅刻。妹の事で悩む春原、妹がいる間だけ彼女の振りをしてくれるような女の子を捜す
  事を提案する。放課後、委員長に相談するが、顔を真っ赤にして目に涙をためて断られる。そして
  杏の跳び蹴りが春原にヒット…。

Check ゲームの状況に応じてマルチな展開あり。

4/25 (Fri)
  明日には妹がやってくるというのに、春原の彼女の振りをしてくれる女の子は見つからない。
  中庭で女の子に声をかけさせるが、当然うまくいくはずもない。結局、杏に頼る事にするが、
  すでに帰った様子。町中で藤林姉妹を見つけるが、声をかけるやいなや、辞書攻撃を食らう春原。
  一応真面目に彼女になってくれるよう頼んでみるが、見事なまでのアッパーカットをくらう。
  その後、倒れた春原に蹴りを入れ、杏は椋と共に去っていった。

    町中で騒ぐ春原を何事かと見つめる人々、その中に早苗さんがいた。悩んでいたようだがと、
  尋ねるので関係ないというと、泣き出しそうになってしまう。事情を説明して立ち去ろうとしたが、
  早苗さんは自分が彼女の替わりになるという…。渚の姉と勘違いしている春原が飛び上がるように
  喜んだのは言うまでもないが、それってありなのか…? にやける春原を見ると無性に腹が立つ。

4/26 (Sat)
    成り行きで振りとは言え、春原と早苗さんとが恋人同士というのがどうにも信じられない。遅れて
  やってきた春原も当然ご機嫌。どうやら春原は渚の姉だと勘違いしているらしい。放課後、約束の
  公園へ出向く。年甲斐もなくドキドキしてしまうと早苗さんも嬉しそうだ。春原の素性を説明して
  思いとどまらせようとするが、目を見れば素性がわかるという…。もうどうでも良くなって帰ろうと
  するが、早苗さんにたしなめられる。早苗さんにリードされてデートの予行演習。

    浮かれる春原は置いておいて寮に戻る。昼寝をしているとドアを激しく叩く音。ドアをあけると
 とっても可愛い女の子。春原の妹の芽衣ちゃんがやってきたようだ。色々ボケをかますが、変な
 ところはお兄ちゃんとそっくりとは、ショックだ…。どうやら兄と違って至極まともなようだ。
 兄がデートをしていると言うと、心の底から驚いた様子。女の人か、とか実在する人か、とか
 ムチャクチャ言っている。食事を作ってくれると言うが、部屋を片づけろと言う。自分の部屋では
 ないのだが…。兄に似ず本当にしっかりものだ…。

    芽衣ちゃんの親子丼は実に美味しかった。ご飯の後、春原の話をするが、サッカーだけが取り柄と
  ため息をつく。恋人がいるというのは信じられない様子だが、そこへ春原が帰ってくる。兄妹の再会は
  実にあっけない。彼女に会いたいという芽衣ちゃんだが、邪魔をするなという春原の言葉に驚いた
  様子。お兄ちゃんとつき合う物好きがいるとは都会ってすごいとは、妙な感想だ。ただ、恋人がいる
  というのをうらやましがっているらしい。うちに泊めてくれと頼まれ、断る前に勝手に物事を進めて
 しまう…。そのあたり警戒感がないというか…。

4/27 (Sun)
    朝、掃除機の音で目が覚める。干すからと敷き布団を取られてしまう。布団から出るのを嫌がって
  いると、ため息をつきながらも朝食を持ってきてくれる。トースト、オムレツ、ベーコン、そして
  コーヒーのブレックファーストは実に美味しそう。しかし眠いと言ったら、フォークで食べさせて
  くれる。昼過ぎ、春原と早苗さんがデートをする公園に出かける。時間までまだかなりあるのに、
  春原は制服を着てガチガチになって待っていた。足下には大量の空き缶、これで女心をくすぐる
  作戦だと  言うが…。春原がトイレに行った隙に空き缶を片づける芽衣ちゃん。そこへ早苗さんが
  登場。早苗さんを目にしても、半信半疑な芽衣ちゃん、無理もない…。現実だと気づいた後は、
  早苗さんに抱きついて、不憫な…と嘆く始末。気持ちはよくわかる…。

    デートということで連れ添って出かける春原と早苗さん。その後をついて行こうとする芽衣ちゃん。
  ダブルデートということで芽衣ちゃんに引っ張られていく自分…。仲の良い二人を見て、腕に抱き
  ついてくる芽衣ちゃん。あこがれていたと言うが、たしなめると手を離す。胸板がゴツゴツしていて
  男らしいという芽衣ちゃんに、ぺたーんとしていると言い返す。そこで春原が慌てて駆けてくる。
  もう早苗さんがご飯を食べてしまったという。とりあえず店に行き、お茶でもするようにアドバイス。
  芽衣ちゃんもため息だ。

    食事をしようという春原が連れてきたのはいつもの定食屋。当然、芽衣ちゃんもため息。毎日
  ここで食事で自炊はしないという春原を不憫に思う早苗さん、寮にいって食事を作ってくれる。
  ご飯にみそ汁、豚肉と野菜の炒め物に、漬け物。これはどう見てもデートじゃない。早苗さんの
  至れり尽くせりな様子に感激する芽衣ちゃん、でもお兄ちゃんと…と涙を浮かべて不憫がる。
  芽衣ちゃんは、早苗さんに料理について色々教えてもらったようだ。

    食事も済んで出かける春原と早苗さん、当然後ろからついて行く二人。芽衣ちゃんにデートの
  心得を説いていると、春原は一番言ってはいけないゲーセンへの誘い…。しかも得意げにプレイ
  したDJ体感ゲームは大失敗。その後、CDショップに行くがお目当ての曲がなく悪態を付く春原。
  しょうがなく芽衣ちゃんとCDを見る。芽衣ちゃんは意外にもロックが好きとのことだ。

    それから色々な場所を巡り、僕も芽衣ちゃんもうんざりしていたが、それでも早苗さんは笑顔を
  絶やさずにいた。夜景を見に行こうという春原にもつき合おうとするが、途中で子供達のいじめを
  みかけ、飛び出していく。いじめられている女の子は迷子になっているのだという。早苗さんは、
  保育所や幼稚園を尋ね、親御さんを探し当ててしまった。すっかり遅くなってしまい、謝る早苗さん。
  夜景が見れなかったといじける春原に、またデートしたいと言う早苗さん。その瞬間にしか出来ない
  事がある早苗さんの言葉、果たして春原には伝わったのだろうか…。

4/28 (Mon)
  午後からやってきた春原は、昨日早苗さんから電話があったとご機嫌。呆れて教室の外に出て行く。
  春原のバカは相変わらずだが、芽衣ちゃんが不憫だ。校門のところで芽衣ちゃんを見かけたので、
  慌てて駆け寄る。春原を待っているようだが、アイツはすでに帰っていた。寮にいると聞いて、
  そこへ向かう芽衣ちゃん、やむなく一緒に行くことにする。

    芽衣ちゃんの姿を見てあからさまにイヤそうな顔をする春原。用が済んだら帰れというが、それを
  拒否する芽衣ちゃん。なんでも会わなくちゃ行けない人がこっちにいるのだという。芽衣ちゃん曰く
  文通相手だと言うが、20代後半の会社員だという。大人の恋愛を楽しむという芽衣ちゃんに、返す
  言葉の無い春原…。待ち合わせがあるからと出て行く芽衣ちゃん。追いかけろと言うが、早苗さんの
  電話がと渋る春原。やむなく春原を残して芽衣ちゃんを追いかける。

  道路に出て程なく芽衣ちゃんに追い付く。どうしてあんな嘘を付いたのかというと、お兄ちゃんに
  追いかけて欲しかったという。叩かれても良かったと、あんなお兄ちゃんになったのがイヤだと
  いう。小さい頃、春原のせいでいじめられたことがあったが、春原が助けてくれたと言う。サッカーが
  得意だった昔の春原を語る芽衣ちゃんは誇らしげ、だからこそいじめにあっている女の子を見捨てる
  ような兄が許せないと言う…。早苗さんは本当に恋人か、と聞かれ真相を話さざるを得なくなる。
  それを聞いて納得する芽衣ちゃん…。

4/29 (Tue)
  朝、春原の寮へ行く、春原は珍しく起きていた、というか寝ていない様子。関係ないと強がるが、
  明らかに妹のことを心配している様子だった。それでもこれからデートだと強がる春原に呆れ、部屋を
  出る。寮の外には芽衣ちゃんがいた。自分の事はどうでもいいのかなと悲しむ芽衣ちゃんに、妹に
  なってくれと言っていた。あんな人でも私のお兄ちゃんだから、と言う芽衣ちゃん。試しにお兄ちゃん
  に接するようにしてくれ、とお願いしてやってもらう…。これは危険だ、いや、いい。寮生の妙な
  視線を感じたので、慌ててその場を逃げ出す。

    とりあえず人目の着かないところまで走る。そこでも、お兄ちゃんと呼ばれるたびに、何かが壊れて
  いくような気がする…。慌ててお兄ちゃん禁止を通達する。芽衣ちゃんに変な人呼ばわりされるが、
  それも無理はない。それを知っててお兄ちゃん呼ばわりする芽衣ちゃんにも困ったものだが、多少は
  元気を取り戻したようだ。結局、春原に心配させるため、偽の彼氏になることを申し出る。

  クレープ屋の屋台にビックリする芽衣ちゃん、クレープをおごることに。芽衣ちゃんはプリンセス
  クレープを食べれてお気に入り。クリームがたれてきて、慌てて食べる羽目に。甘いものは苦手なの
  だが…。苺やクランベリーを食べられて多少ご立腹な芽衣ちゃんだが、どうにか許してもらえた様子。
  その後、顔にクリームが付いたのでゲーセンでトイレを借りる。戻ってみると、プリクラを珍しそうに
  見ている。クレープのお詫びということで写真を撮ることになる。何度か撮るものの、二人の背が
  違うこともあって、なかなかうまくいかない。何度かやったところで悪ふざけはやめにして台座を
  持ってくる。写す瞬間、芽衣ちゃんがいきなり首に抱きついてきた…。

CG(芽衣)

  ラブラブな写真が撮れてかなりご機嫌な芽衣ちゃん、1つは生徒手帳に張ると言うが、もう一つは
 専用ノートに張りたいという。100円ショップにあるはずということで、芽衣ちゃんに腕を引っ張られて
  向かう。豊富な品揃えに驚く芽衣ちゃん。おもちゃや生鮮食品に興奮して目的を忘れそうになって
  いたが、どうにかノートを手に入れる。

  ノートを買ってもらってご機嫌な芽衣ちゃん、食事を作ってくれると言うが、それだけではなく、
  何かお返しがしたいという。手頃な値段と言うことで、中古のCDをプレゼントしてもらうことに
  する。先日行ったCDショップで芽衣ちゃんが選んだCDは、芳野祐介のもの。最近、彼と会ったと
  言う話をする。元気でやっていたと言うことでほっとする芽衣ちゃん。この町にいるというのを
  聞いて会いたいと言う。

    街を歩いている時、偶然に彼と出くわす。しかしいざ会うと何も言えない芽衣ちゃん。慌てて
  さっき買ったCDを落としてしまい、それを芳野に拾われてしまう。ここに写っているのは俺じゃ
  ない、冷たく言って去ろうとする彼に謝り、頑張ってくださいと言う芽衣ちゃん。トラックの戸を
  閉めこちらへやってきて、芽衣ちゃんに言葉をかけてくれた。以前に会ったとき同様くさいセリフ
  だったが、彼が言うと何故か決まる…。

  帰る道すがらも興奮冷めやらない芽衣ちゃん。さすがに聞き飽きた。それでも、きちんとデートの
  お礼を言ってくれる。恋人同士だと腕を組む芽衣ちゃん、疲れもあって振り払うのはあきらめた。
  これで春原に話すネタが出来たと言ったら、もっと恋人らしい方がいいかもなどという。それでいて、
  チューでもするかと冗談を言うと真っ赤になってしまうのは、やっぱりまだ中学生だ。何か真面目に
  悩んでいる様子なので冗談だと教えてやる。彼女ならちゅーしてもいいけど口にするのは早い、と
  言って、ほっぺにチューをする芽衣ちゃん。

  そこへ通りかかる春原、何をやっていたのかとどなる彼を挑発する。文通で知り合った彼氏という
  のが、実は自分だと。そして芽衣ちゃんを抱き寄せる。そして春原の前を後にする。きっかけを
  つくってやったつもりだったが、春原はうなるばかりで殴りかかっては来なかった…。家に帰って
  芽衣ちゃんは笑顔で食事の準備をしてくれたが、悲しんでいるのは明らかだった…

4/30 (Wed)
    昼休み、春原が来ないので、たまたま会った昔の友人と食事を取るが面白くないので、早々に退散。
  何が春原をあんなにしてしまったのかを考える。結局、サッカーが出来なくなったことが原因という
  事で芽衣ちゃんとも意見が一致した。サッカー部にお願いしてみるという芽衣ちゃんに、最後まで
  つき合うことにする。

    サッカー部の顧問に必死でお願いする芽衣ちゃん、全く取り合おうとしない先生にむかつくが、
  必死の芽衣ちゃんの姿に怒りを我慢する。部員が認めれば考えてもいいという。部室に向かい、
  お願いをする芽衣ちゃんだが、まともに取り合ってもらえない…。

5/01 (Thr)
    いつものように遅刻してきた春原。相変わらず早苗さんがどうとか芽衣なんか関係ないとか、
  強がっている。芽衣ちゃんの事を聞いてみろというが関係ないの一点張り…。いやになって
  午後の授業をさぼって早苗さんのところへ向かう。以前、女の子をいじめていた小学生を諭して
  いた。そんな早苗さんに春原の事をお願いするが、きっと彼はわかっているはずだと言う。もう
  少しだけ、あの子の事を信じて欲しい、早苗さんのその言葉に頷くしかなかった。

    今日もサッカー部へお願いに行く芽衣ちゃん。相変わらず相手にしてもらえないが、何でもする
  という言葉を聞いて、球拾いをさせる監督。四方八方にボールが飛び、罵声が飛ぶ。どんなに遠くに
  ボールが飛んでも、ボールをぶつけられてもボールを拾い続ける。必死で頑張る芽衣ちゃんだが、
  全く話を聞こうとしない部員。必死で我慢する芽衣ちゃんだが、とうとう泣き出してしまう。
  助けを呼ぶ芽衣ちゃんに声に答える形でようやく春原が現れる。

    グラウンドに大の字で横たわる。勝ったのか負けたのかはっきりしないが、奴らが逃げ出した事は
  覚えている。隣には春原が横たわり、横で芽衣ちゃんが泣いている。この期に及んで芽衣ちゃんに
  謝ろうとしない春原に殴りかかる。春原も僕に殴りかかる、お前こそが芽衣を守ってやるべきだと。
  泣きながら謝る芽衣ちゃんの頭を撫でる春原、そんな二人を残して家路についた。

5/02 (Fri)
    もうすぐ午後になろうとする時間の登校、遅れてやってくる春原。互いの湿布だらけの顔を見て
  笑う。そしていつも通りの関係に戻る。その日の放課後、家に帰る芽衣ちゃんを見送る。まだ、
  見ていないところがあるけど、両親がどうしてもと怒っているという。来て良かったと思うと言う
  笑顔の芽衣ちゃんに救われる気がする。お兄ちゃんにはこの街にいて欲しい、ここにいるのは理由が
  あるからなんだよね、という芽衣ちゃんに、一生で一番大切な時間を過ごしているという春原。
  結局のところ後1年遊びたいだけ、それを否定しきれない芽衣ちゃん。岡崎さんみたいな素敵な
  友達を見つける、この町であったことを忘れないことを忘れないと言う芽衣ちゃん、今度はビックリ
  するくらい大人っぽくなって来るという…。

CG(芽衣)

    その夜、寮で春原が語った。初めて会ったときのことを。全部生活指導のジジイが仕組んだこと、
  僕とお前を引き合わせて、二人を卒業させるって…。後はもう1年だけどよろしく、その言葉に
  冗談なしに、ああと返事をした。その後、早苗さんに告白しにいった春原は、秋生に捕まって
  有り金はたいてパンを買わされた。そこで始めて真相を知る春原…、哀れな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/10

[REVIEW] CLANNAD(PS2) その02 (でも杏が嫌いな訳では全然無く…むしろ好きだな)

4/28 (Mon) 椋ルートとの分岐点
  朝、というか昼、登校途中でボタンを蹴ってしまう。ボタンに連れられて前庭へ行くと椋と杏の姿。
 杏にボタンを渡す。まだご飯を食べていないと言うと、椋が自分のパンをくれた。なにやら聞きたい
  ことがあるというが、なかなか切り出せない椋。見かねた杏が、髪が長いのと短いのどちらが好きか
  椋が聞きたがっていたと口を出す。どっちかというと長い髪が好き、という言葉に失望する椋と、
  非難がましい視線を向ける杏。髪の長さで選ぶ訳じゃないとの言葉に真っ赤になる椋。その後、明日、
  11時に駅前で待っているという言葉を残し、走り去ってしまう。

Check-10 (どっちが好き)長い髪が好き

4/29 (Tue)
  11時に駅前、走って椋がやってくる。遅れたことを詫びる椋に気にするなと言ったところで
  杏が登場。しかし姉同伴でデートとは、しかもいきなりダメ出し。しきりに詫びる椋だが、らしいと
  言えば椋らしい。昼食は杏の進言に従いお洒落なスパゲッティ屋、椋のはいいとして、どうして
  杏のまで払わなきゃいかんのだ…。互いの趣味を知るため、という名目でウィンドウショッピングに。
  次から次への二人の買い物の紙袋を渡され、まさに荷物状態。杏曰く椋をリラックスさせる作戦だと
  言うが…。ともかく、アクセサリー屋でお気に入りの宝石を聞き出すことに成功。椋のお気に入りは
  青いタンザナイトだという。ちなみに、杏のお気に入りはアメジスト…。

4/30 (Wed)
    珍しく遅刻することなしに登校。いきなり背中を「えりゃ!」と杏に押される。遅刻しないように
  釘を刺される。今度遅刻したら「縮む」らしい…。笑顔のまま杏に遅刻するなとすごまれると、怖い。
  椋にお昼ご飯を一緒に食べるように誘われる。そこまで念を押されなくてもご飯ぐらい一緒に食べます
  って…。

    春原をどうにかあしらって、椋と昼食を食べに中庭へ向かう。杏がお弁当を持って待っているという
  が…。食堂だと周りに人がいるから恥ずかしいと言うが、庭で食べる方が恥ずかしいと思うぞ…。
  着くなり杏に遅いと怒られる。しかし、朝5時に起きて重箱3つのお弁当を作るとは、かなり気合いが
  入っている。かなりの量があるが、椋が「あ~ん」といって食べさせてくれるから全部食べれるって、
  どんな理屈だ…。さすがに椋にそれは無理、それにしても椋に対してあること無いこと吹き込む姿は
  まさに姑だ。古い女と書くのに失礼だ、と杏はかなりご立腹だったが…。

CG(杏)

5/01 (Thr)
  休み時間に椋がやってきて占いのカードを引けという。2枚ぐらい引けとは、なんとアバウトな。
  しかもカードを見る前に、お昼に美味しいものが食べられると断言する。椋の占いだけに不安ありあり
  だが、一緒に昼ご飯を食べたがっている様子だったので、一緒に食べようと声をかける。

    昼休み、今日もビニールシートを広げて待つ椋と杏、今日も遅いと杏に駄目出しされる。トイレに
  行っていたと言うと、授業中にすませと怒られる、委員長にあるまじき発言だ。なぜかボタンも一緒。
  ボタンを鍋にするのかと言うと、笑顔で脅される。相変わらず怖い…。今日は重箱が4つ、1つは
  椋が作ったという。見た目もきれいな杏の弁当と比べると、焦げていて形もいまいちな卵焼きや肉が
  詰めてある。外れはないだろうと口にした卵焼きは…なんとも評価に困る味。味はどうかと尋ねる
  椋にどう返答しようか悩んでいたとき、ボタンが同じ卵焼きを食べて気を失ってしまう。結局、椋の
  お弁当は封印されることとなった。またボタンを渡される。世間体は無視と言い切られては、断る
  術を持たない。結局、その後ボタンを抱いて授業を受ける羽目に…。

CG(杏)

5/02 (Fri)
  今日も昼ご飯は前庭で重箱、当然というか椋の手作りはない。それを尋ねるとデリカシーがないと
  今日も杏に怒られる。ボタンは昨日の夜に目を覚ましたが、まだぐったりしているという。杏の発言
  の方がデリカシーが無いと思う…。今日弁当のメインは杏風ならぬ京風肉じゃがだと言う。料理は
  うまいが、発言はオヤジだ…。椋を見ていたのに気づき、おじゃまかと余計な気を利かせる杏。
  お姉ちゃんはお姉ちゃん、というのが椋らしいが…。彼氏っぽいとかおじゃまとか、半ば強引に
  椋と自分をくっつけようとしている杏、まあきっかけからしてそうだったのだが…。

    思ったことをなかなか言えない涼と、思ったことを何のためらいもなく口に出す杏。それにしても
  「ミジンコの方がまし!」で言葉を選んだという杏の性格が怖い…。椋のアグレッシブ化大作戦、
  とかいってまた妙なことを考えている様子。学生だから早いって何が? 杏にそそのかされて
  「あ~ん」をやろうとする椋、今回はどうにか成功するが、気の利いたセリフが言えない、と杏に
  駄目出し。その後、関節キスだとちゃかされて真っ赤になって走り去ってしまう。追いかけろと怒る
  杏だが、追いかけても逃げるだけだと思う。杏に、椋とつきあって楽しかったか、と聞かれたので、
  特別なことはなかったが、この1週間は有意義だったと答える。何か考えていた様子だったが、
  笑顔でノロケだとちゃかされる。杏に、今度の連休は二人っきりでデートするようにと勧められる。

CG(杏)

  放課後、校門まで杏と一緒。ちゃんと連休にデートに誘うように釘を刺される。いつもと違って
  静かな杏の存在が逆に気になる。何気なく杏を見ていたら、言いたいことがあるなら言えと怒られる。
  可愛いから見とれていたのかと思った、なんて軽口を叩いている時点でいつも通りといえばそう
  なのだが。思わず吹いたところ、後頭部に衝撃が…。最後に椋をちゃんと家まで返せと釘をさされる。
  変なコトしたら、おろし金で肘をするって、普通の女の子のセリフじゃない。本人は性格だとあっけら
  感としているのが逆に怖い。椋と一緒に帰るがどことなく元気がない。話を聞くと、占いをしたが
  結果が良くなかったという。占いの結果なんて気にするなと励ますと、うれしさのあまり泣き出して
  しまう。そんな彼女の涙をぬぐってやり月曜日にデートの約束をする。

5/03 (Sat)
    昼過ぎに起きて街に出る。街でボタンの姿を見かける、ということで杏に呼び止められる。暇なん
  だから散歩につきあえと杏に誘われる。無視して立ち去ろうとしたが、ボタンに足を掴まれる。
  椋がデートに誘ってもらえて枕を抱いて飛び跳ねてたとのこと。またのろけられた、とからかわれる。
  椋は看護婦になるのが夢だが、杏は幼稚園の先生になりたいという。世話好きなところはあっている
  のかもしれないが…。素で笑ったら怒られた。薄手のキャミソールを実は胸のある椋が着る姿を想像
  したら、とけしかけておいて、変な想像するなと怒る…、いつもの事とは言え身勝手だ。

  雑貨屋で紙包みを渡される。椋へのプレゼントとしてタロットカードを渡せという。その後、野原
 に連れて行かれる。ここでボタンを拾ったとのこと。捨てられた場所だけどボタンに取って大切な場所、
  ここが無くなったらボタンが大切な場所をなくしちゃう、そう悲しむ杏に、ボタンにとって今大切な
  場所は杏の側だといったら珍しく感心され、礼を言われた。レアな事だから記念にとっとけとのこと。

  そこで、いきなり椋とキスをしたかと尋ねる杏。まだ誰ともキスをしたことがないが、唇を合わせる
  だけ、というと女の子のファーストキスは大事、とひどく怒られる。そこで、いきなりキスしてみるか、
  と言う杏。練習だ、私の事を椋だと思ってと強調する杏に顔を近づけ、唇が触れる瞬間、ほおに衝撃。
  直前で止められ、練習はおしまい、とのこと。見つめられたときはドキドキした、と言われても、
  なんとなく釈然としないものがある…。送る道すがら杏に礼を言われる、色々ありがとうと…。

CG(杏)

5/04 (Sun)
  今日も商店街へ出かける。さすがに杏に渡されたタロットを渡すだけでは彼氏失格だ。先日、
  涼や杏と出かけた宝石店。椋が好きなのは…悩んだ末にアメジストを購入した。

Check-12 (買う宝石)アメジスト

5/05 (Mon)
   11時、必死で走って多少遅刻して駅に到着、あまりに焦っていたので宝石を忘れてしまった。
  心配そうに待っていた涼に詫びる。プレゼントとしてタロットカードを渡す。タロットをもらって
  喜ぶ椋が早速占いたいという。大アルカナ22枚をシャッフル、1枚を選べという。引いたカードは
  「愚者」、どうやら今の状態が続くという結果になるらしい。昼ご飯を食べた後、色々な店を歩いて
  デートを楽しむ。そしてゲーセンに入り、恋人としてホロスコープをする。一昨日の杏の発言を
  思い出しながら、そして昨日の杏との練習を思い出しながら、涼とキスをした…。

CG(椋)

5/06 (Tue)
    学校に行くが何故か周囲の視線が気になる。杏の態度もよそよそしい。椋を昼食に誘うが、杏が
  弁当を作っていないからと断られる。春原の話によると、自分と杏がつき合っているという噂が
  流れているらしい。結局、椋とのことを話す羽目になる。どうやら野原での杏との練習シーンを
  誰かに見られていたらしい。

    放課後、椋の机の周りに人だかり。タロットに変わってパワーアップした事で人気殺到とのこと
  らしい。椋を残して帰ろうとすると、途中で杏にあうが機嫌が悪い。椋を待つのが彼氏、噂が広がる
  と困るから、これ以上私に近づくなと言う。その視線が辛そうだ…。結局、杏の言葉に従って椋を
  待つことにする。気分の晴れない自分を励ましてくれる椋、彼女だから悩みを一緒に考えられるかも
  しれない…、そんな彼女の言葉がありがたい。別れるとき、椋とキスをする。恥ずかしいけどやめる
  のはイヤ…、でも、人がいるところはイヤというのが椋らしい。

5/07 (Wed)
    春原と昼食を取っているところへ杏が現れる。自分ではなく春原につき合えという。嫌がる春原を
  強引に連れ出していく。春原曰く放課後、中庭に来いと言われたのこと。気になって後をつけてみる、
  春原に杏がつき合おうと申し出たらしい。わかりやすい証拠を見せようとキスをしようとする杏。
  春原に自分の事が好きだと言われて何も返せない杏…。隠れている自分に気が付く春原、何か言おう
  とする前に、杏は立ち去った…。本当に藤林椋でいいのか、春原の言葉が耳と心に痛い…。校門前で
  椋が待っていた。道すがら涼とたわいのない会話をする。そして別れ際のキス…。

5/08 (Thr)
    昼休み、購買部に行こうとしたら椋に呼び止められる。パンの袋を持って一緒にご飯を食べようと
  言う。2週間前、始めて二人で弁当を食べた場所で、杏に取られたメロンパンとカレーパンを一緒に
  食べようと言う。しかし昨日の杏の件があるのでスッキリしない。公認カップルになっていそうだと
  恥ずかしそうにそういう椋、校舎の方から杏の視線を感じた気がした。

    校門のところに杏が居た。委員会はさぼったとのこと。別れようとする杏の後をついて行くが 
  二人の間に会話はない。最後に別れるとき、陽平のことは真に受けるな、何とも思っていないと
  笑う杏。あんたのことをどうとも思っていない、そんな杏の笑顔がなぜか苦しい…。

5/09 (Fri)
    椋とつき合うようになって始めての遅刻、学校前で入るのを躊躇っていると後ろから衝撃が。
  スクーターに乗った杏に引かれる。その後先に行く杏だが、電柱に激突して倒れる。杏とバイクを
  起こし、エンジンをかけてやる。

    昼休み、椋が昼ご飯を誘いに来る。売店に行こうとするが、椋がお弁当を作ってきたからと前庭へ
  連れて行かれる。1週間間のボタンの惨状を思い出す。お姉ちゃんが手伝ってくれたから大丈夫、
  という椋。お弁当は普通に食べれる味だった。昼休み前、帰ろうとしたとき杏に会う。お似合い
  だったと寂しそうに言う杏に、トンカツのお礼を言う…。

5/10 (Sat)
    HRの前に椋がやってくた。いきなり買い物につき合ってくれと大きな声で言う。どうしたのかと
  聞くと、つき合っていれば普通だと言う。最近やけに積極的な行動が目に付く。校門のところで
  待っていた椋が、いきなり腕をくんでくる。胸が当たっていると言っても、つき合っていればありと
  さらにしがみついてくる。どうしたんだと聞くと、大胆な一面があると思ってくれと言う。まるで
  杏みたいという言葉にも、笑ってそうですと答える椋。考え方を大胆にしてみたと言う椋の言葉、
  それ自体悪いことではないが、何かが引っかかる。

    涼は以前に行った宝石屋に連れて行く。そこで、以前から欲しかったという、タンザナイトの
  ペンダントを購入したいとのこと。ペンダントのお金を出してやる。とまどいながらも礼を言う椋。
  喜ぶ椋の笑顔が胸に重い…。彼女笑顔が違和感を感じさせずにはいられない…。帰路で、占いで良く
  ない結果が出たから不安だったと言う椋。良く外れると言って後悔したが、占いは外れる方がいいと
  言う。未来に向けての道しるべの1つ、当たると未来が1つしかないから占いは外れた方がいい…。
  この芯の強さ、心の強さは杏とそっくりだ…。

5/11 (Sun)
    朝のHRの後、椋が誘いに来た。しかも朋也と名前の方で呼ばれた。恋人同士っぽいかなと思って、
  と恥ずかしそうに言う椋。結局、椋に引きずられる形で教室を出て行く。創立者祭ということで、
  校舎では色々な出店が出ていたが、自分は涼と中庭でアイスを食べていた。自分の口元についていた
  アイスを指先でぬぐってなめる。関節キスを指摘しても笑顔で恋人みたいと言う。しかも、今キス
  したら甘いかななどと言い出す。そんな椋に逆らえる訳もなくキスをした。ふと目を開けて後ろを
  見ると、泣きながら去っていく杏の姿が…。

5/12 (Mon)
    今日は代休、涼とデートだが、昨日の杏の顔が脳裏から離れない。美味しいというラーメン屋に
  連れて行かれる。椋がどこに行こうかというからひとけの無いところと冗談を言ったら、最初は
  うろたえていたが、行きたいところならどこへでもついて行くという。恋人同士ならそういうの
  普通だと思うから…と。椋を大事にしているからとその場を取り繕う。その後、椋に、私のこと
  好きですか、と聞かれたが答えることが出来なかった…。その問いに答えられない自分にますます
  嫌悪感を感じていく。今日一日、頭の中から杏の顔が離れることはなかった。

5/13 (Tue)
    昼休み、椋がお昼ご飯に誘われる。お弁当を作ってくれたとのこと。今日は杏の手伝いはないと
  言う。手を引かれて行くときに、椋の手にいくつかの絆創膏があることに気づく。中庭で待って
  いると、またもやボタンの姿。そして杏の姿。やぁ、との声で椋が頑張っていたと言う。だから
  頑張って全部食べろと、ボタンを抱いて去っていく。途中、椋が杏とすれ違うが、二人の間に会話
  どころか挨拶もない。絆創膏は弁当を作るときに怪我をしたのだと言う。指をボロボロにして、
  一生懸命作ったお弁当が、美味しくない訳がない。食事が終わって教室に帰るとき、杏が早退した
  事を聞く…。

    5時限目、雨の降ってきた外に目をやると校門のところに動く物体。ボタンが雨の中でこっちを
  見上げていた。トイレに行くと言って校門に向かう。ボタンの後を追い走る。そこに杏が立ちつく
  していた。絶対に気にしちゃ行けない相手だったのに…、自分が嫌いと叫ぶ杏を後ろから抱きしめた。
  あんたのことが好き、と謝る杏。あたしは藤林杏よ、藤林椋じゃないの…。そういって去っていく
  杏をどうすることも出来なかった。教室に戻ると椋が待っていた。今、一番会いたくない椋が。
  優しい言葉をかけてくれる椋の温かさが胸に痛い。結局、椋に何も言葉を返せなかった。

CG(杏)×2

5/14 (Wed)
    今日も遅刻して校舎に入る。中庭に目をやると杏と椋の姿。そして二人がこちらに手を振っている。
  杏が手招きをするので下へ降りていく。杏が笑顔で椋が待っているから中庭に行けと言う。杏を呼び
  止めるが言葉が見つからない。杏はいつもの杏として笑っていた。そして中庭にいた涼も笑って
  いた。たわいのない話をしながら弁当を食べた。結局、杏と何を話していたかは教えてもらえなかった。
  乙女の秘密なのだそうだ…。

5/15 (Thr)
    椋が占いをする横で弁当を食べる。女子の壁の中で弁当を食べるのは正直恥ずかしい。なれそめを
  聞かれたので正直に答えると、椋が向こうで真っ赤になっている。女子に引きずられて取り囲まれる。
  質問攻めにされて困っている様子だがどことなく嬉しそうだ。その場の成り行きで自分と椋の相性を
  占うことに。しかもそこに通りかかる杏。その占いの結果は…、気味が悪くなるほどに現状を表して
  いる…。私たちはうまくいく、その椋の言葉が、胸に痛い。今回の椋の占いは当たる、そう笑顔で
  去っていく杏…。

5/16 (Fri)
    春原に言われて4時限目の授業をふけ、中庭で春原に悩みを打ち明ける。言葉を聞くまでもなく、
  どうしなきゃいけないかはわかっていたが…。昼休みになって、椋が走ってくるが、一緒に弁当を
  食べようと言う誘いを断った…。杏に会ったが、うまく言葉が出てこない。誰かを傷つけてまで、
  あんたと一緒にいたいとは思えない…、そんな杏の言葉に、今まではそう思っていた、と返すのが
  精一杯。

    放課後、二人きりになった教室で、椋に話を切り出そうとするが、椋に話の腰を折られ何も言え
  なくなる。そんな自分に椋は告白する。お姉ちゃんの気持ちを知っていたこと、相談すれば自分の
  気持ちを抑えてでも協力してくれることを知っていて相談したこと。お姉ちゃんみたいに積極的に
  なるから、代わりになれませんか…。自分が何か言うまでに、椋は走り去ってしまう。

5/17 (Sat)
    結局、その日HRをさぼって早退する。春原の部屋で時間をつぶす。椋が自分を捜していたと言う。
  学校中を椋を探し回る。中庭に椋が立っていた。彼女に別れの言葉を告げる、そして自分が好きなのが
  杏であることを…。キスをしてくる椋から顔を背ける。でも、椋はまたキスをしてくる…。朋也…。
  その声を聞いて唇を重ね、頭の中が真っ白になった。逃げちゃ駄目だ、椋に怒られたのだという。
  振られたときは一緒に泣いてあげるからと…。杏が僕に告白する、そして自分も杏に告白する…。
  そして唇を合わせ、二人の恋人としての時間が始まる…。

CG(杏)×2

5/-- (---)
    放課後、誰もいない教室で椋を待つ。そして優しさに甘えていたことを謝った。椋は許してくれな
  かった。二人で過ごした時間は楽しかった、謝られて許してしまうと、その時間が嘘だったように
  思えてしまう…。だから言い直す、ありがとうと…。椋もありがとうと返してくれた…。

秋(エピローグ)
    杏と二人で学校の帰り道。髪も大分伸びたようだ。髪を短くしただけで椋に間違えられるのは
  ショック、言われてみれば確かにその通り。好きだよ、のごまかしの言葉も通じない。涼のことを
  考えていたから、とフォローしてくれたが、私のことも考えずに…というところでむかついたようだ。
  嫉妬とかじゃなく他の方法で感情を確かめるな、というといきなりキスしてきた。出迎えに来た
  ボタンが足にからみつく。そして、杏は腕にしがみつく。

CG(杏)
光の玉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/09

[REVIEW] CLANNAD(PS2) その01 (活発か淑やかかの選択ならば後者になるかなぁ…)

いや、どっちも嫌いじゃないけど、どっちかを選べといわれたらね。卵焼きは練習すればうまくなるけど、辞書を投げる癖は、直らないだろう(笑)

藤林椋ルート・ダイジェスト
4/14 (MON)
    登校途中の桜並木の中にその娘はいた。「あんパン」、妙な独り言をつぶやくその子に思わず
  声をかけ、一緒に学校に行く。それ以外はいつもと変わらぬ日常。春原の部屋で弁当を食べ雑誌を
  読んで過ごす。代わり映えのしない退屈な日々…。

CG(渚)

4/15 (TUE)
    教室で藤林椋に声をかけられる。紙を渡そうとするので「ラブレター?」とからかったら顔を
  真っ赤にして否定する。遅刻するなと言う彼女をからかったら泣き出しそうになったので謝った。
  どうにか 泣かないですんだようだ。なぜかトランプを取り出してぎこちない手付きでシャッフルする。
  札を3枚引けというのでひいたら、いきなり占いの結果を喋り始める。乙女のインスピレーションで
  運命が見えれば苦労しない…。明日、ばあさんを助けるから遅刻する、という結果を突きつけられ、
  気にするなと去られても、気になる…。

Check-1 (泣き出しそうな椋に)謝っておく

4/16 (WED)
    朝、遅刻をしない時間に出てきたのに、横断歩道には占いの示すとおり婆さんの姿が。助けようと
  声をかけたが、 落ちていた500円玉を拾って矢のように去っていった。おかげで遅刻しないで
  すんだが…。椋に占いが外れたと嫌みっぽく言ったが、よかったとほほえんでくれた。そしてまた
  占いを始める。落としたカードによると、明日、素敵な出会いが、そして熱い衝撃があるという。
  椋曰く、優しい人が現れると言うが、スペードが剣を示すなら、強い人なんじゃないか?

Check-2 婆さんに声をかける

    一限目が終わりまどろんでいると頭の上で藤林杏の声、椋の姉が彼女に忘れた弁当を持ってきた
  ようだ。寝坊してギリギリだったのですごいスピードで来たという杏、何か秘密がありそうだ。
  それにしても、人が遅刻しないのがUFO見るより確率高いとは、相変わらず口が悪い…。今朝の
  占いの結果を聞くと微妙な笑みを浮かべて励まされた…。

4/17  (THR)
    昨日の事もあり寝坊、人のいない道を物思いにふけりながら歩いていると背中に衝撃。そこには
  スクーターに乗った杏の姿…。どうやら衝突されたらしいが、それを「ごめ~ん」で済ませられても。
  警察へ通報する、というとひき殺すと脅される、しかもその目が笑っていない。後ろに乗ろうとしたが
  あえなく玉砕、悪態をつくと引き返してきて追突。シャレにならん…。しかし、これが占いの示した
  こと、なのか?

CG(杏)

  休み時間、椋が朝のHRで配られたプリントを渡してくれる。今朝、姉にバイクで引かれた事の
  文句を言おうとしたら、頭に消しゴムが飛んできた。おかげでバイだと誤解されかけた。そして杏に
  廊下に引きずり出され、バイク通学がばれたら停学だから言うなと釘を刺された。その場を取り繕う
  つもりで、杏が実はバイ、いや実は女の方が好きなどと言っていたら、本気で殺されそうになった。

4/18 (Fri)

    新校舎に戻って杏に呼び止められる。自分の事を面倒見が言ったら素で笑われた。それにしても
  杏の前では春原も形無し、妹の悪口を言ったとたん、ポカリと殴られている。杏にそそのかされて
  占いをしてもらいに行った春原、最高の結果にご機嫌だが…。好きな人がいたらつきあうのか、
  突然の杏の問いに、相手によりけりと答えると妙に納得する杏。同じ問いを返すが、はぐらか
  されてしまう。彼など作らないと言う杏だが…。

Check-3 (何占い?)トランプ占い

4/19 (Sat)

    1時限目が終わったところで、校門のところに妙な動物を見つける。春原と共に降りていくが、
  そこに飛んでくる和英辞典と蹴り。妙な丸い動物は杏のペットのイノシシだという。名前はボタン。
  杏に強制される形でボタンを家まで送り届けることに。しかし途中で見失い仕方なく退散。ご飯を
  おごってくれるという杏の申し出も辞退せざるを得ない。

4/20 (Sun)   柊勝平ルートとの分岐点
    午後、渚の家に行ってみる。父の話では微熱で寝ているとのこと。たいしたことがなさそうなので
  とりあえず退散。なにやら若い男が声をかけてくるが、関係ないので無視する。結局、その日は
  春原の部屋で無駄に時間を過ごす。

Check-4 (若い男を)無視する。

4/21 (Mon)
    渚が心配だったが、会っても何を言っていいのかわからない。だからわざと昼から出かける。
  春原と食堂でバカをやりながら過ごす。

4/22 (Tue)
    いつものように退屈な授業を受けていると、校門のところにボタンの姿が。授業を抜け出し、
  校門へ。股間に興味を示すボタンをつまみ上げたら、漢和辞典が飛んできた。教室から杏が投げて
  きたようだが…、死ぬぞ、あたったら。膝の上で気持ちよさげに眠るボタンを撫でていたら授業が
  終わる。おびえるボタンに顔を上げたら椋の姿。続いてやってきた杏。愛の告白をしにきた、と
  からかうと顔を真っ赤にする椋。しかし、それを真顔で受け答えする杏もどうなんだ…。今日も
  面倒を見ろという杏に対し、授業をさぼるのはダメだという椋。結局ボタンを教室へ連れて行く
  ことに。しかし途中で屁をこかれて大変なことに。お礼がフルーツ牛乳だけでは割に合わない。

Check-5 (ボタンを)教室へ連れて行く

4/23 (Wed)
   今日も3時限目からの登校。なにやら手紙を抱えて嬉しげな杏。チャイムが鳴ってトイレから出て
  来ると、意外なことに杏はまだ待っていた。授業をさぼろうという杏に思わずついて行く。中庭で
  杏が出したのはラブレター。サッカー部のキャプテンから椋への…。一瞬でもドキドキした自分が
  情けない。ラブレターを渡していいのか、と言う杏の真意を測りかねていると、椋のことをどう思うか
  とのこと。どうといわれても…、しかも覚悟しておけって…どういう事だ?

Chech-6 (手招きする杏に)ついて行く

4/24 (Thr)
    今日も遅刻。昼休みにやってきた杏と春原をパシリに走らせる。その後、何故か杏からファンシーな
  弁当を渡される。前庭で椋と食べろと言うが…。くっつけちゃおう大作戦って…。へたれ扱いする杏の
  口車に乗せられた形で前庭へ向かう。椋曰く、自分が誘ったことになっているらしい。昨日の杏の妙な
  発言がフラッシュバック。椋の隣に座って杏の手作りのおそろいの弁当を食べる。ハートマークの
  ご飯を無理にかき込んだらむせてしまった。人の頬についたご飯粒を食べたくらいでパニックになる
  のは…。走り去った椋を見ていると、百科事典1が飛んできた。さらに和英辞典、英和辞典。学校で
  そういう事をするなって、何もしてないぞ…。とりあえず誤解は解けたので弁当の礼を言っておく。
  昼休みが終わって戻ってきた椋は、明らかに自分の事を意識して真っ赤になっていた…。

Check-7 (また弁当を作るという杏に)マジ、いいのか?

4/25 (Fri)
  放課後、杏が現れる。くっつけちゃおう大作戦パート2なんだそうだ。今日も「陽平か…」の挑発
  に乗ってしまった。校門で待つ椋を誘って下校する。赤い顔の椋は何も言わずモジモジとするだけ。
  とりあえず占いの話をすると、遺伝子レベルで占いが好きだという…。その結果によれば、今日の
  夕食はフランス料理のフルコース…。一緒に帰るのはデートだと、姉に吹き込まれたらしい。
  話題が無くてと謝る彼女を励ます。彼女の希望でゲーセンでホロスコープをやることに。椋の手は
  結構温かかった。占いの結果も悪くない。そして最後にしてもらった占いは、これまでと変わらない
  平穏な日々との事。明日は注意が必要そうだ…。

Check-8 (椋を送る羽目になって)素直に校門へ向かう

CG(椋)

4/26 (Sat)
    朝登校途中で杏に引かれそうになる。そして昨日の事をちゃかされる。またつけられていたようだ。
  後ろに乗せてけというと、すねにバイクをぶつけられた。学校に着くと、廊下で再び杏と鉢合わせ。
  ラブレターを手にしていたが女性からのものだという。まあ、確かに世話好きなところは女性に人気が
  出そうだが…。杏に椋からのラブレターを渡される。放課後、中庭で待っていると言うが…。

  放課後、当然のごとく杏がやってくる。ちゃんと中庭に言って椋の気持ちを受けろと言う。今日は
  珍しくほとんど脅しが無し。恋人として仲を深めた方が…との論理に反論できず中庭へ向かう。
  手紙で呼び出したことを謝る椋。自分の事が好きだと言う椋、迷惑だと謝るが、それでも頑張って
  つきあってくれと告白する椋。つきあってみようという言葉を聞き、泣き出してしまう椋。泣きながら
  謝り続ける椋、今日から彼女、夢じゃないと頬をつねった途端、目の前を横切る広辞苑…。最初は
  誤解していた杏だったが、状況を飲み込んでからは祝福してくれた。

Check-9 (うまくいくかわからないが)それでも良かったら…

4/28 (Mon)  藤林杏ルートとの分岐点
  朝、というか昼、登校途中でボタンを蹴ってしまう。ボタンに連れられて前庭へ行くと椋と杏の姿。
 杏にボタンを渡す。まだご飯を食べていないと言うと、椋が自分のパンをくれた。なにやら聞きたい
  ことがあるというが、なかなか切り出せない椋。見かねた杏が、髪が長いのと短いのどちらが好きか
  椋が聞きたがっていたと口を出す。短い髪が好き、との言葉を聞き、すごく喜ぶ椋。そして杏に促され、
  明日11時に駅前で待っていると言った途端、かけだしていった…。

Check-10 (どっちが好き)短い髪が好き

4/29 (Tue)
  11時に駅前、走って椋がやってくる。遅れたことを詫びる椋に、気にするなと言ったところで
  杏が登場。いきなりダメだしを食らう、10分とかではなく、今来たところだと言えという。今日も
  覗きかと尋ねると、椋の願いで付いてくることになったと怒りながら否定する。そのことを何度も
  謝る椋だが、杏と一緒はダメと言える訳もない。当然昼食は二人分のおごり。その後、散々
  ショッピングにつきあわされ、荷物持ちをさせられる。最後の宝石店、椋のお気に入りはタンザナイト
  という宝石。買っちゃおうかな…という椋を慌てて服屋へ連れ戻す。おかげで妙なTシャツをかわされる
  羽目に…。

4/30 (Wed)
  珍しく朝から登校すると、いきなり背中を杏に叩かれる。愛されてるという杏の無責任な発言に
  真っ赤になる椋。杏の言い分はさておき、朝から会って嬉しいといわれて悪い気はしない。椋に
  お昼ご飯を一緒にと誘われる。OKの返事を聞くやいなや、力が抜けて倒れてしまう椋。しかし、
  そこまで念を押さなくても、一緒にご飯ぐらい食べますって、杏さん…。

    春原をどうにかあしらって、椋と昼食を食べに行く。前庭で杏が待っているという…。前には
 ではビニールシートを広げ重箱を置いて杏が待っていた。杏に無理矢理自分の隣に座らされ、真っ赤
  になる椋、杏でなくても初々しくて可愛いと思うぞ。さすがに「あ~ん」は出来ないようだ。
  されても困るが…。

CG(椋)

5/01 (Thr)
  休み時間に椋がやってきて占いのカードを引けという。そしてお昼に美味しいものが食べられる
  という。カードを見る前に言われても…、しかも椋の占いで美味しいって事は…。椋が一緒に昼ご飯
  を食べたがっている様子だったので、一緒に食べようと声をかける。昨日の場所で待っているという。

    昼休み、今日もビニールシートを広げて待つ椋と杏、なぜかボタンも一緒。今日は重箱が4つ、
  しかも1つは椋が作ったという。見た目もきれいな杏の弁当と比べると、焦げていて形もいまいちな
  椋のお弁当。卵焼きを食べた瞬間、衝撃が体中を走る。その後、卵焼きを食べたボタンは気を失って
  しまう…。結局、その後ボタンを抱いて授業を受ける羽目に…。

Check-11 (弁当は)うまかったぞ……
CG(杏)

5/02 (Fri)
  今日も昼ご飯は前庭で重箱、当然というか椋の手作りはない。気を利かせて退散しようとする杏を
  必死でとどめようとする椋。それにしても、思ったことをなかなか言えない椋と、思ったことを何の
  ためらいもなく口に出す杏、とても双子の姉妹とはおもえんな…。杏にそそのかされて「あ~ん」を
  やろうとする椋、今回はどうにか成功するが、その後、関節キスだとちゃかされて真っ赤になって
  走り去ってしまう。

  放課後、椋と一緒に帰路につく。校門までは杏と一緒、静かな杏が逆に気になる。杏と別れて程なく
  椋が来るが元気がない。理由を聞くと、教室で別れた後、占いをしてみたのだという。やっぱり自信
  なさげな椋を励ます。嬉しくて泣き出す椋の涙をぬぐってやる。月曜日にデートの約束をする。
  占いの結果が絶望的だから落ち込んだと言うが…。

CG(杏)

5/03 (Sat)
    昼過ぎに起きて街に出る。椋は看護学校の説明に出かけていないが、街で杏に呼び止められる。
  ボタンともども3人で散歩。ボタンが椋を苦手なのは熱い風呂に入れられたからだという。
 ウィンドウショッピングにつきあわされた後、杏が椋へのプレゼントだと包みを渡す。中身は
  タロットカードだという。ボタンを拾ったという野原でたたずむ。椋とのキスに備えて練習をと
  言う杏だが、呆れる自分の顔を見て、冗談だと謝る。杏を家まで送る道すがら、色々ありがとう、
  と礼を言われた…。

5/04 (Sun)
  今日も商店街へ出かける。さすがに杏に渡されたタロットを渡すだけでは彼氏失格。先日、
  椋や杏と出かけた宝石店で、椋が欲しそうにしていたタンザナイトを購入した。

Check-12 (買う宝石)タンザナイト

5/05 (Mon)
  11時、必死で走って多少遅刻して駅に到着。心配そうに待っていた椋に詫びる。椋が持っていた
  紙袋に気づいたので、プレゼントとして渡す。タロットをもらって喜ぶ椋、早速占いたいという。
  大アルカナ22枚をシャッフルして、1枚を選べという。引いたカードは「愚者」、どうやら今の
  状態が続くという結果になるらしい。昼ご飯を食べた後、色々な店を歩いてデートを楽しむ。
  そしてゲーセンに入り、恋人としてホロスコープをする。そして椋とキスをした…。

Check-13 (ホロスコープの前で)キスをする

5/06 (Tue)
   学校でなぜか周りの視線が痛い。杏に昨日のキスのことを冷やかされる。また覗かれたと思った
  が、どうやらゲーセンでの事を誰かに見られていたらしい。カップルなんて遅かれ早かれバレる、
  確かにそんなものかもしれない。とりあえず椋と合わせてくれた杏にお礼を言う。

    放課後、みんなにタロット占いをする椋を待つ。遅くなったのを詫びる椋にかまわないと言うが、
  自分と一緒にいたいから、もう少し早く終わるようにするという。少しずつではあるが、椋が替わり
  始めている、そして自分も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

[EURO2008] 予選プレビュー(0908)

あと3回、6節ともなると、後が無いチームも多いようで

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
グループ A
                      Pld   W   D   L GS   GA  Pts
          ポーランド    9   6   1   2  15    7  19
        フィンランド    9   5   2   2  11    6  17
          ポルトガル    8   4   3   1  16    6  15
            セルビア    8   4   2   2  12    7  14
            ベルギー    9   3   1   5   8   12  10
          アルメニア    8   2   2   4   4    8   8
        カザフスタン    9   1   3   5   6   13   6
    アゼルバイジャン    8   1   2   5   4   17   5

              セルビア  07年09月08日    フィンランド      ○
            ポルトガル  07年09月08日    ポーランド        ○
            アルメニア  (中止)        アゼルバイジャン 
          フィンランド  07年09月12日    ポーランド        ○
          カザフスタン  07年09月12日    ベルギー         
            ポルトガル  07年09月12日    セルビア          ○

# 4強の直接対決の連続、勝負は最終節までもつれそう

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
グループ B
    チーム         Pld  W   D   L   GS  GA  Pts
         フランス  7   6   0   1   15   2  18
         イタリア  7   5   1   1   13   6  16
    スコットランド  7   5   0   2   13   6  15
        ウクライナ  6   4   0   2    8   6  12
        リトアニア  7   2   1   4    4   7   7
         グルジア  8   2   0   6   13  14   6
     フェロー諸島  8   0   0   8    2  27   0

    スコットランド  07年09月08日    リトアニア
        グルジア    07年09月08日    ウクライナ
        イタリア    07年09月08日    フランス
        リトアニア  07年09月12日    フェロー諸島
        フランス    07年09月12日    スコットランド
        ウクライナ  07年09月12日    イタリア

# フランス、イタリアは上位対決。ここで趨勢が決まりそう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
グループ C
                   Pld  W   D   L   GS  GA  Pts
         ギリシャ  7   6   0   1   12   5  18
     ボスニア・H  7   4   1   2   14  14  13
            トルコ  6   4   1   1   16   6  13
        ノルウェー  7   4   1   2   17   6  13
        ハンガリー  7   2   0   5    7  14   6 
            マルタ  7   1   1   5    5  15   4
         モルドバ  7   0   2   5    4  15   2

      ハンガリー  07年09月08日    ボスニア・H 
          マルタ  07年09月08日    トルコ       
        モルドバ  07年09月08日    ノルウェー   
      ノルウェー  07年09月12日    ギリシャ      ○
    ボスニア・H  07年09月12日    モルドバ      
          トルコ  07年09月12日    ハンガリー   

# ノルウェー v ギリシャ戦に注目。負ければノルウェー敗退濃厚か

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
グループ D
               Pld  W   D   L   GS  GA  Pts
        ドイツ  7   6   1   0   29   4  19
        チェコ  7   4   2   1   15   4  14
 アイルランド  7   4   1   2   12   8  13
    スロバキア  7   3   0   4   16  13   9
    ウェールズ  6   2   1   3    8   9   7
     キプロス  7   2   1   4   10  16   7
    サンマリノ  7   0   0   7    1  37   0

        ウェールズ  07年09月08日    ドイツ         
        サンマリノ  07年09月08日    チェコ         
        スロバキア  07年09月08日    アイルランド    △
        スロバキア  07年09月12日    ウェールズ      
         キプロス  07年09月12日    サンマリノ      
            チェコ  07年09月12日    アイルランド    ○

# チェコ v アイルランドの直接対決に注目

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
グループ E
               Pld  W   D   L   GS  GA  Pts
    クロアチア  7   5   2   0   16   4  17
    イスラエル  8   5   2   1   17   7  17
        ロシア  7   4   3   0   11   1  15
  イングランド  7   4   2   1   12   2  14
    マケドニア  7   2   1   4    6   7   7
    エストニア  8   1   0   7    2  15   3
      アンドラ  8   0   0   8    2  30   0

      イングランド  07年09月08日    イスラエル    ○
            ロシア  07年09月08日    マケドニア   
        クロアチア  07年09月08日    エストニア   
          アンドラ  07年09月12日    クロアチア   
      イングランド  07年09月12日    ロシア        ○
        マケドニア  07年09月12日    エストニア   

# イングランドが上位勢との対決で逆転を狙う

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
グループ F
                   Pld  W   D   L   GS  GA  Pts
      スウェーデン  7   6   0   1   17   4  18
    北アイルランド  7   5   1   1   13   8  16
          スペイン  7   5   0   2   13   6  15
        デンマーク  6   3   1   2    9   5  10
リヒテンシュタイン  8   1   1   6    5  21   4
      アイスランド  7   1   1   5    5  15   4
          ラトビア  6   1   0   5    4   7   3

          ラトビア  07年09月08日    北アイルランド      
      アイスランド  07年09月08日    スペイン           
      スウェーデン  07年09月08日    デンマーク          ○
     アイスランド  07年09月12日    北アイルランド      
        デンマーク  07年09月12日    リヒテンシュタイン 
          スペイン  07年09月12日    ラトビア            

# 直接対決無し。上位勢は勝利が必須。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

グループ G
                   Pld  W   D   L   GS  GA  Pts
        ルーマニア  7   5   2   0   14   4  17
        ブルガリア  7   4   3   0   11   4  15
          オランダ  6   4   2   0    8   2  14
        アルバニア  7   2   3   2    8   6   9
        ベラルーシ  7   2   1   4   10  15   7
        スロベニア  7   1   1   5    5  12   4
    ルクセンブルク  7   0   0   7    1  14   0

    ルクセンブルク  07年09月08日    スロベニア      
        ベラルーシ  07年09月08日    ルーマニア      
         オランダ  07年09月08日    ブルガリア      ○
        スロベニア  07年09月12日    ベラルーシ      
        ブルガリア  07年09月12日    ルクセンブルク 
        アルバニア  07年09月12日    オランダ       

# オランダ、ブルガリアとの直接対決で逆転を狙う

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW] SNOW(PS2) その3(龍神村が悲しき万年雪に包まれた日…)

この話を知って、澄乃っちのお話がなんとなくわかった気がする…。主人公とヒロインのお話も悲しかったけど、その後に残された二人の運命に泣いたなぁ…。ご存じでしょうが、LEGENDなので選択肢はありません。

1日目
    幼い頃逃げ出した神社へようやく戻ってきた。焼けただれた神社と両親を弔ったと思しき墓。
  妹に墓周りの掃除をまかせ、わき水を汲みに行く。その後、社の掃除をしているときに、妹が
  焦げた書物を持ってきた。それにしても顔をすすだらけにした妹は、美人が台無しだ。妹はから
  かっていると思っているようだが、これは本心だ。書物には龍神様の事が書いてあった。神社から
  いただいた干し大根とおかゆで遅い夕餉をすます。湯殿が荒れていたので湯につかることは出来ず。
  その夜、夢の中であの日の事を思い出した。龍神様に連れられて逃げ出した日のことを、そして
  両親を失って泣きじゃくる自分を抱きかかえてくれた龍神様を…。

2日目
   起きたところで夢で見たことを妹に話して聞かせる。社の掃除をどうにか終え、湯殿も使える
  ようになり、妹も嬉しそうだ。村人達がやってきて龍神様を招かないようにと言うが、自分たちの
  決意を話して聞かせる。龍神様に野党がこないように願えばいいという妹の勢いに気押される
  村人達。その後、龍神様の祭壇を作り祀る。遅い夕餉をすませ、その後湯殿につかる。久しぶりに
  湯につかったせいか妹もはしゃいでいる。あまりにはしゃいだせいか、湯につかった後、すぐに
  寝床につく。

3日目
    今日も龍神様に雨を願いたいくらいのいい天気。妹の先見で村人達が来るという。やってきた村人
  達は、昨日の夜龍神様の夢を見たとのこと。彼らが持ってきた龍神様のご神体を並べて祈祷をした。
  その後、村に出向いて村人達の家の龍神様の祭壇を飾り、一軒一軒祈祷して回った。その後、村人の
  数人が社の掃除の手伝いに来てくれて、社も完全にきれいになった。妹の話によると、龍神の祭りは
 10日後、降臨はすぐにでも行う必要があるらしい。降臨に必要な祝詞や舞は長くて複雑、準備する
  ものも多い、大変だ…。

4日目
    祝詞と舞の練習をしていて寝てしまったらしい。寝ぼけて舞を踊る妹を起こす。村へ祭りのことを
  聞きに行く。元々豊作祈願の祭りだったが、いつしか色々な願い事をするようになったのが龍神降臨祭
  なのだそうだ。衣装は村の女性達が作ってくれることになった。祭りの算段を進める村人達の中で、
  妙な掛け軸を持った老人が。絵から兎が出てくるとの事だが、祭りの準備が忙しいと言うことで
  後日改めてと言うことにしてももらう。

5日目
    祝詞と舞の訓練で疲れて寝過ごした様子。慌てて村へ衣装を取りに行く。もう一度祭りや龍神様の
  話を聞く。恋仲になるなと言われたが、神相手にそんなおそれおおいこと…。龍神湖に行き、祝詞を
  読み舞を舞う。そして湖が光に包まれ、2人の龍神が降臨した。しっかりと挨拶をする姉君様に
  対し、いきなり泣き出す妹君様は、泣きながら抱きついてきた。十余年ぶりに再会した龍神様は、
  甘いものが大好きな、神様の威厳のカケラもない菊花様と、その姉君様だった。お酒を飲み過ぎて
  酔っぱらったり、まるでそこいらの女の子のよう…。

6日目
    外に出れないからと部屋でふくれる菊花様をおいて、村へ出かける。村人にせがまれて兎探しに
  森へ入ったら、そこにはなんと菊花様の姿が…。やむなく一緒に兎探しをすることになる。掛け軸が
  兎の家だと言う菊花様、燃やそうと言うとひどく怒られた。兎を見つけて捕まえるものの、菊花様の
  せいで逃げられてしまう。兎は人間になりたいだけだと菊花様は言うのだが…。社まで手を繋いで帰る。
  「後をついてまわる菊花様にも困ったもの」そんな妹の言葉に素直に同意できない自分がいた。
  帰ってから、姉君様に怒られたのは言うまでもない。ただ、それにしても様子がおかしげであったのが
  気になる。

7日目
    昨日の反省もあってか菊花様の態度もよそよそしい。そこへ村人が再び兎が出たというので
  出かけることに。女の子が出てきたが、化け具合はいまいち。捕まえて人のためにつくすように言い
  聞かせる。正直、きちんと通じたかは怪しいが、菊花さまの言葉を信じることにしよう。社に帰ると
  菊花様が抱きついてきた。勢い余って足に擦り傷を負った様子。その夜、物音に湯殿の方での物音に
  駆けつけると、姉君様が湯あたりで倒れていた。赤い顔で去っていく姉君様を心配する私に、何故か
  あきれる我が妹…。

8日目
    朝起きて姉君に挨拶をするが無言で立ち去られる。困っている私の頬をなでる菊花様。朝餉に
  いらっしゃらない姉君様を捜しに行くと、そこで菊花様が私に好意を持っていると告げられる。

9日目
    何故か菊花様の声で目が覚める。そしてすでに出来ている朝餉の支度…、なぜ。しかも朝から
  餡づくし…。妹の先見で夜盗がくるとの結果が出たので、村人達と対策を練る。夕刻に帰ると、
  中庭で菊花様と姉君様がケンカをしていた。飛び出してきた菊花様を追うが、側にいないでくれと
  言われる。胸にこみ上げる気持ちを押さえて社に戻った。

10日目
    夜盗の対策に行こうとしたら、自分も何かしたいと言い出す菊花様。結局、にぎりめしを作って
  もらって、それを村へ持っていくことで姉君様にもどうにか納得して頂く。とりあえず餡が入って
  なくて良かった、姉君様に感謝。妹より二人がケンカしていたときの話を聞く。人と神とが結ばれ
  ると、天はそれを許さないと言うことだが…。

11日目
    村へ降りていくときに、川を流される赤ん坊と兎を助ける事に。兎を退治しようとする村人達を
  どうにかなだめて、兎を安全なすみかに避難させる。そのことを夕餉の席で話すと菊花様はひどく
  喜ばれた。その夜、中庭で涼む菊花様、天罰について語っているが…。

12日目
    祭りの前日。相変わらずよく眠れない日が続く。朝、あの兎がやってきた。それにしても、皮を
  はいで熱湯に放り込む…とは、我が妹ながら怖いぞ。菊花様の通訳で私と一緒にいたいとやってきた
  とのことだが…。断ろうにも菊花様に抱きかかえられて野菜をもらっている姿を見ると…。掛け軸を
  虫干ししている時、作者が日和川旭であることがわかった。そこから兎の名前をもらって、アサヒ
  と名付ける。兎も菊花様も嬉しそうだ…。夜盗用の対策も完了。祭りの前夜祭に沸く村を後に、祭りの
  準備のため社に戻る。姉君様にきちんと祀ってくれるよう念を押されるが…、龍神である前に女だと
  いう菊花を抱きかかえた…。

13日目
    朝、目覚めた菊花とずっと一緒にいる決意を新たにする。にこやかな菊花と対称的に姉君様は
  浮かない顔。祭りの間もずっとそうだった。そして雨が降り始めた頃、とうとう夜盗が現れる。
  妹に龍神様を託し、夜盗を迎え撃つ。しかし社に火を放たれ、傷を負い、気がつくと…。

14日目
    声がして目が覚める。菊花様の声、そして高く昇った太陽。結局龍神様を天に帰すことは出来な
  かった。菊花様はもちろん姉君様までも…。何が起きても一緒なら幸せ、という菊花の言葉が
  胸に痛い。

15日目
    朝起きると姉君様がお祈りをしていた。禁を破ったことを許してもらえるように、という
  とのこと。しばらく一緒にお祈りする。途中に見つけた湯治場に喜ぶ女性陣。湯治場の主人の
  おばあさんをだまして食料をせしめるとは、我が妹ながら…、しかも兄に芸をさせるとは。結局
  コメやシカ肉、沢山のおまんじゅうをもらいその場を後にする。その夜の夕餉は久しぶりに豪華で
  楽しいものとなった。だからといってもどすほど食べられるとは、菊花にも困ったものだ…。

16日目
    今日も暑い。そういえば祭りの日以来雨が降っていない。突然うずくまる菊花、なんと子供を
  宿したとのこと。龍神の子は成長も早いと言うが…。とりあえず喜ぶが、逃げの足は遅くなる。
  菊花が子供を宿したことに激しく動揺する姉君様。結局その日はそこに止まることに。お腹の中の
  子に子守歌を歌う菊花を黙って見つめていた。

17日目
    姉君様も菊花も憔悴している。この日もほとんど進めず。子供の名前を考えたという菊花だが
  状況が状況だけに素直には喜べず、妹に怒られる。夕刻、とうとう菊花が泣き出す。今後の算段を
  相談するもいい案は浮かばず。

18日目
    久しぶりの雨で目が覚める。昼になっても雨はやまず、どんどん強く寒くなっていく。妹の
  先見によれば今のままでは2日後に夜盗に追い付かれるという。やむなく雨の中を進むが、菊花が
  高熱で倒れる。

19日目
    激しい雷が菊花を直撃、ひどいやけどを負い意識を失う。姉君様曰くこれが天罰の1つで、
  これだけでは済まないと言う。そして天罰は私や菊花だけではなく、妹や姉君様にも及ぶという。
  動揺する私を妹が落ち着かせた。菊花が目を覚ますが、記憶を失っている。これが誠の
  天罰だという…。

20日目
    菊花がいきなり自分のお腹を殴り始める。大きいのがイヤだという。記憶喪失はひどくなって
  いる。私との一夜もお祭りのことも覚えていない。おびえた目で私のことを怖いという…。

21日目
    妹がうなされて目を覚ます。今ではない、いつかどこか、この状況を断ち切る男が現れると
  言うが、今でなければ意味がない。菊花が目を覚ますが、とうとう私の事まで忘れてしまった。
  そして菊花は姉君様の事まで忘れてしまったらしい。わがままを言う菊花をぶってしまう姉君様。
  二人の泣き声が響き渡る。半里ほど移動したところで、菊花が高熱を出し倒れる。

22日目
    菊花が目を覚ましたが、とうとう自分の事さえも忘れてしまった。

23日目
    長かった雨が晴れた。菊花の声で目が覚める。ちゃんと白桜と呼んでくれている。体が弱って
  立てない菊花をおぶって峠を越える。眼下に広がるのは龍神の里、ただし夜盗の存在があっては
  帰るに帰れない…。菊花の子守歌が聞こえる。そして生きてくれ、子供を迎えに行けという…。

24日目
    菊花が再び熱を出す。村へ連れて行こうとしたときに夜盗が現れる。菊花を背負いながら戦う
  が、菊花はその背中で息絶えた。どうにか夜盗を倒したらしい。傷ついた旭を掛け軸へもどす。
  薬草を取りに行った姉君様と水を汲みに行った愛しの妹を見届け、菊花の元へ向かう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

[TV] 今週の放映試合

IMDなので…。しかもWOWOWテニスモードだし…。

  ポルトガルvsポーランド    CH-739  LIVE    9月08日(土)    28:50
  イタリア vs フランス      WOWOW           9月 9日(日) 深夜 0:00
  アイスランド vs スペイン  WOWOW           9月10日(月) 午後 6:00
  フランスvsスコットランド  CH-739  LIVE    9月12日(水)     27:50
  スペイン vs ラトビア      WOWOW   LIVE    9月12日(水) 深夜 4:50
  チェコ vs アイルランド    WOWOW           9月13日(木) 午後 8:00
  ポルトガルvsセルビア      CH-739          9月14日(金)     20:40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] 怪物王女 #22

#22 殺戮王女 9/06

    台風襲来なので画面が一回り小さかったりする訳ですが、ストーリーも佳境にということで姫様の
  回想シーンから、ってどうしてそこに紗和々さんの夢をつなげるかなぁ。ヒロ君、どうしてそんな
  こと言うかなぁ、っていいのか。令裡さんの引越で心おきなくケンカが出来る訳ですが、なんか、
  また怪しい人狼の皆さんが…、って姫様がハンマー持ってますなAパート。令裡さんも、油を売って
  ないで帰りましょうよ…。

    しかし相手が不死身ってのは始末に終えないなぁ。クライマックスで令裡さん登場。ということで
  戦闘シーンはおしまいですが、姫様、銃を撃ち続けてます。令裡さんの言葉に動揺するヒロ君、そして
  響く銃声なBパート。さすがにここまで来るとシリアスな出来になってしまうのがしょうがないなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[TV] スカイガールズ #10

第10話 「ゴーストベース」

コメント

  台風が来たのでL字モードです。オートバイも貴重で珍しいからって、いきなりまたがるなよ。
 しかも、後ろに乗っけてって、ねぇ。ゼロが変だと音羽もご機嫌斜めになるようで。それはいいけど、
 カレーに対しては厳しいね、可憐ちゃんも瑛花さんも(笑) でも、なぜお化けが出るとうれしがる
 かな、音羽ちゃんは…なAパート。お化けは苦手ってところにひかれる人は多いんだろうな…。おお、
 新主題歌らしき曲のCMが、もうすぐ2クールだしね。

  双子ちゃんも登場、幽霊で盛り上がってますが、おやっさん、どうして、そういうこと言うかな。
 しかし、幽霊探しに虫取り網を持っていくかね、しかも幽霊いなくて残念がってるし。おやっさん、
 色々な意味で格好いいな。モーションスリットでバイクって、そりゃ音羽じゃなくても怒るよね。
 そうか、やっぱり幽霊はいるんだ、なBパート。ワームも出てこないし平和ですねぇ…。

画像で見る第10話?

  台風なので運休、というわけではないのでしょうが、26:50時点で未掲載です。

次回!?
  エリーゼきた~~! というお話らしいです。ファンにしてみればようやくってとこでしょうが

| | コメント (0) | トラックバック (3)

[TV] ゼロの使い魔 双月の騎士 #09

第09話  炎の贖罪

コメント
  奇襲を主張するキュルケに対し、自分が事態を収拾すると言うコルベール。なにやら才人と折り紙
 をしてます。あんまり待たせるとキュルケに怒られるぞ…。アルビオンからの撤退が人質解放の条件
 とはね。おお、閃光弾とは名案ですが、敵の大将は目が見えないようでキュルケのピンチ、なAパート。
 そうですか、コルベールさんが隊長ですか、なAパート。激しい炎のバトルが開始で、アニエスを
 かばって炎に包まれるコルベール。ルイズが縄を解く魔法を成功させたのが目立たないなぁ。

  コルベールが街を焼いた隊長であり、そしてアニエスを救った人だったわけで。炎を受けて絶対
 絶命なコルベールだが、アニエスの突撃で相手を倒す。そして剣を向けるアニエスだが、コルベール
 の息が絶えたことをルイスが告げる。コルベールの残した手紙に涙するしかない才人とルイズな
 Bパート。今までがラブラブ路線だっただけに、心に痛いお話です。

次回予告
  今回が炎だから次回が雪ですか…。肌と肌で暖め合うってねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/05

[COMIC] ハヤテのごとく #142

●掲載
  少年サンデー 09/19号
●サブタイトル
  第142話「正体がバレると動物にされるって設定はよく考えると怖いよね」
  春風千春、生徒会書記、その正体はメイドさん!?
# 正体がメイドさんの方が怖いかも…
●ダイジェスト
  千春さんモノローグ
  愛歌さん登場
  ハヤテのオンステージは来週
●ツボ
  あの服を着たからにはもっとこう明るくはじけないと
  なるほど…可愛らしい格好ね※
  ジャプニカ弱点帳
# 愛歌さん、いいなぁ…
●今週のマリアさん
  遅れたコミケ休みなのかもしれません。
●ひとこと
  愛歌さん、Sなんだ…
●クエスチョン
    Q:何の物まねをしますか?
    A:実は意外と得意ですよ…、ユニーク
# ノーコメントって事で
●関連 
  もっとも愛歌さん、体は弱いですが性格はあんな感じです。極Sです。困らせ甲斐のある人を見つけると容赦ありません
# それもまたよし(笑)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるなび!? 9月一杯で終了だそうで…

 火曜の夜ってのは辛い時間だったけど、終わるのはすごく残念。最後に公開録音、ってことは、違った形でもいいから続いてくれないかな~と期待してみたり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

[Serie A 07/08] #02 ミラン v ヴィオラ

ヴィオラ実は強いからなぁ…、想定内の結果ではあります。

●スタジアム
    ジュゼッペ・メアッツァ    ミラノ

●試合結果
    ミラン 1 - 1 フィオレンティーナ  ATT. 53559

●審判
    ステファノ・ファリーナ

●スタメン

 ミラン
                              11 ジラルディーノ

                  10 セードルフ         22 カカ

          23 アンブロジーニ(C)    21 ピルロ     08 ガットゥーゾ

    18 ヤンクロフスキ   04 カラーゼ   13 ネスタ   44 オッド

                                01 ジーダ
    サブ:
        16 カラチ       02 カフー   25 ボネーラ   32 ブロッキ   20 グルキュフ
        05 エメルソン   09 ピッポ
    監督:
        カルロ・アンチェロッティ

フィオレンティーナ
          10 ムトゥ   29 パッツィーニ   24 サンターナ

          19 ゴッビ   11 リベラーニ     04 ドナデル

23 パスカーレ   05 ガンベリーニ   03 ダイネッリ   21 ウルファルシ

                  01 フレイ
サブ:
    21 ルパテッリ   02 クロドルップ   06 ポテンザ   22 クズマノビッチ
    07 セミオリ     09 オズワルド     32 ビエリ
監督:
    クラウディオ・プランデッリ

●前半:試合展開
  04  MIL S  :中FK:ピルロS                                        枠左
  06  FIO       :C→ムトゥ→サンターナ                                  DFクリア
  07  FIO       :サンターナ右クロス                                      DFクリア
  07  FIO S    :サンターナ右ミドルS                                    枠上
  10  FIO SB  :右FK:リベラーニS                                    壁
  13  FIO S    :右クロス→中HS                                        GKキャッチ
  14  MIL SB  :カカ右クロス→ジラ中                                    DFクリア
  14  MIL SOG:カカ右S→ジラ中S                                    ☆GKセーブ
  18  MIL       :ヤンクロフスキ左クロス→ジラ→                          GKキャッチ
  19  MIL       :右CK:ピルロ→                                        S出来ず
  21  FIO SOG:DF→パッツィーニ中BS                                GKキャッチ
  22  FIO S    :ウィファルシ左クロス→パッツィーニ中HS              ※枠上
  26  FIO       :ダイネッリ、アンブロジーニを倒す                        PK
  27  MIL SOG:PK:カカS左下                                  GOAL★MIL 1-0 FIO
  30  MIL       :セードルフ中→ジラ中エリア内で倒れる                    笛無し
  34  MIL S    :ピルロ中→ジラ中落→カカ中ミドルS                      枠左
  37  MIL S    :ピルロ中ミドルS                                        枠上
  38  FIO SOG:右ミドルS→パッツィーニ→GKセーブ                    オフサイド
  39  FIO S    :パッツィーニ右ミドルS                                  枠上
  42  MIL S    :カカ右クロス→セードルフ中BS                          枠左
  45  MIL       :アンブロジーニ中→ジラ左ドリブル                        S出来ず
  45  FIO       :ウィファルシ右クロス                                    枠上

●前半:コメント
  ボールを持っている時間が多いのはミランだが、攻撃機会という意味では互角。ゴール前に
 飛び込んだアンブロジーニが倒されて得たPKをカカが決めてミランが先制した。ただ、ミランも
  ヴィオラも相手DFラインを崩したのは、それぞれ1,2回しかなく、守備重視の慎重な試合展開
  に終始した感はある。中盤の人数と構成力で有利にたったミランがより攻撃機会を多く作ったと
  言うところか。

●前半:スタッツ
              G     S   SOG    CK     F   OFF   POS    YC    RC
    ミラン    1     7     2     2    10     1    59     0     0
  ヴィオラ    0     5     1     0    13     2    41     0     0

●後半:試合展開
  48  FIO S  :中FK:ムトゥS                                        枠左
  50  MIL       :右FK:ピルロ→                                        GKキャッチ
  56  FIO SOG:サンターナ左クロス→ムトゥ中HS                  GOAL★MIL 1-1 FIO
  56  FIO 交代1:ドナデル(OUT)、ケズマノビッチ(IN)
  60  MIL SOG:ガットゥーゾ中BS                                      GKキャッチ
  61  MIL 交代1:オッド(OUT)、カフー(IN)
  62  FIO 交代2:パッツィーニ(OUT)、ビエリ(IN)
  64  MIL       :セードルフ右クロス                                      DFクリア(CK)
  65  MIL 交代2:ジラ(OUT)、ピッポ(IN)
  66  MIL S    :ヤン左クロス→カカ中反転S                            ※GKセーブ(CK)
  67  MIL SB  :左CK:→カフー中BS                                  DFブロック(CK)
  68  FIO S    :リベラーニ中→ムトゥ中BS                            ※枠右
  69  MIL       :カフー右クロス                                          DFクリア(CK)
  69  MIL SOG:右CK:セードルフ→カラーゼ中HS                      GKキャッチ
  71  MIL       :カカ→アンブロジーニ→ピッポ中                        ※あわず
  72  FIO S    :セミオーリ右クロス→ビエリ中HS                        枠左
  73  MIL       :ピルロ中→セードルフ左                                  DFクリア(CK)
  74  MIL S    :カフー中ミドルS                                        枠左
  75  FIO SB  :セミオリ右クロス→ビエリ左S                          ※DFブロック
  77  MIL 交代2:アンブロジーニ(OUT)、エメルソン(IN)
  78  MIL S    :カカ左ミドルS                                          枠右
  79  FIO ▲YC:ウィファルシ、セードルフにタックル                CARD▲ウィファルシ
  83  FIO SOG:クズマノビッチ中ミドルS                              ☆右ポスト
  83  MIL ▲YC:リベラーニ、抗議?                                CARD▲リベラーニ
  83  FIO ▲YC:ガットゥーゾ、抗議?                              CARD▲ガットゥーゾ
  86  MIL       :中→ピルロ左クロス                                      GKキャッチ
  87  FIO SOG:ビエリ左ミドルS                                        GKキャッチ
  88  MIL S    :ピルロ中→ヤン左BS                                    枠左
  89  MIL       :ピルロ中→カフー右                                      オフサイド
  +1  MIL       :カカ中→ピッポ中エリア内で倒れる                        ファール(ピッポ)
  +2  FIO       :ウィファルシ右クロス                                    DFクリア
  +3  FIO ▲YC:セミオリ、遅延行為                                CARD▲セミオリ
  +4  FIO SOG:セミオリ右S                                            GKキャッチ
  +6  MIL S    :中FK:→ヤンクロフスキ中S                            枠上

●後半:コメント
  56分、サンタナのクロスにムトゥがあわせてヴィオラが同点に追い付く。その後、両チームとも
 逆転を目指して攻めに出るが相手のゴールを割れずドローの結果となった。ミランの失点に関しては、
 偶然や好プレーが重なったのでしょうがないかなと言う面もある。むしろ、特に前半に何度か
  チャンスがあったにも関わらず追加点を決めれなかったことが、このドローを招いたとも言える。
 ただ、優勝争いをする相手とのホームでのドローなのだから、最低限の結果は残したと言ってよい。
 クズマノビッチのゴールが決まってドローという展開も充分にあり得たのだから…。

●スタッツ
              G     S   SOG    CK     F   OFF   POS    YC    RC
    ミラン    1    14     5     7    24     2    59     1     0
  ヴィオラ    1    11     4     4    26     2    41     4     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

[PL07/08] 第05節結果

●Topics

スパーズ
  カブール復帰、ドーソンベンチ入り

エバートン
  ヤクブ移籍後デビュー

ニューカッスル
  オーウェン初スタメン

リバプール
  ジェラードとキャラガーが負傷欠場。

チェルシー
  アレックス、ベレッチ初先発。ランパード負傷欠場。

●Results

Saturday, 01 September 2007
     Bolton  1-2(HT 0-1)○ Everton  ヤクブ初ゴール、レスコットのゴールで勝ち越し
     Fulham △3-3(HT 1-2)△ Tottenham スパーズ、2点差を守れず。
    Liverpool ○6-0(HT 2-0)  Derby   リバプール、6ゴールで快勝
     Man Utd ○1-0(HT 0-0)  Sunderland サハ、復帰後初ゴールで勝利
  Middlesbrough ○2-0(HT 2-0)  Birmingham バーミンガムいいところなく2失点
    Newcastle ○1-0(HT 0-0)  Wigan   残り3分、オーウェン初ゴールで勝利
     Reading  0-3(HT 0-1)○ West Ham  ハマーズ3ゴールで快勝
Sunday, 02 September 2007
     Arsenal ○3-1(HT 2-0)  Portsmouth アーセナル3ゴールで快勝
   Aston Villa ○2-0(HT 0-0)  Chelsea  ナイト&アグのゴールで快勝
    Blackburn ○1-0(HT 1-0)  Man City  前半のゴールを守りきる

●Comments

ヨル監督(TOT)
  天国から地獄。新戦力も若手も良かったのに、最後にこの結果とはがっかり。もっと違う戦いを
 すべきだった。セットプレイから3失点してはだめ。

モイーズ監督(EVE)
  グラベセンの投入で違うスイッチが入った。得点にならなくても何度かチャンスがあった

ベニテス監督(LIV)
  ほとんど完璧。前半はミスもあったが、後半あれだけ点を取ったから文句はない

キーン監督(MAU)
  きついゲームになるのはわかっていた。うちのGKはよく防いでいたが、あいてGKを苦しめ
 られなかったのはがっかり。みんな全力でやっていたし内容的には満足。

ベンゲル監督(ARS)
  雰囲気が生まれつつある。エミュレーツのサポーターはポジティブに受け取っている。

オニール監督(AVI)
  気持ちが前面に出ていた。ツキもあっていい時間に追加点が決まった。最後まで文句の無い出来。

モウリーニョ監督(CHE)
  前半はよくやっていたが、CKからの失点はよくない。あれでゲームの流れが完全にかわった。

●Tables

  P Team       P PTS  GD  W  D  L  F  A     06/07
 -------------------------------------------------------------------------------
  1 Liverpool     4  10  9  3  1  0  11  2   4△ CC FA CL
  2 Arsenal      4  10  4  3  1  0  7  3   6△ CC FA CL
 -------------------------------------------------------------------------------
  3 Everton      5  10  3  3  1  1  8  5   5△ CC FA UC
  4 Chelsea      5  10  1  3  1  1  7  6   1▼ CC FA CL
 -------------------------------------------------------------------------------
  5 Man City     5  9  2  3  0  2  4  2   2▼ CC FA 
 -------------------------------------------------------------------------------
  6 Newcastle     4  8  3  2  2  0  6  3   7△ CC FA UC
  7 Blackburn     4  8  2  2  2  0  5  3   9△ CC FA UC
  8 Man Utd      5  8  1  2  2  1  3  2  10△ CC FA CL
  9 Wigan       5  7  2  2  1  2  6  4   3▼ -- FA 
 10 Aston Villa    4  7  2  2  1  1  5  3  11△ CC FA 
 11 West Ham     4  7  2  2  1  1  5  3  14△ CC FA 
 12 Middlesbrough   5  7  1  2  1  2  7  6  13△ CC FA 
 13 Portsmouth    5  5  -1  1  2  2  7  8   8▼ CC FA 
 14 Tottenham     5  4  0  1  1  3  8  8  17△ CC FA 
 15 Fulham      5  4  -2  1  1  3  8  10  19△ CC FA 
 16 Birmingham    5  4  -3  1  1  3  6  9  12▼ CC FA 
 17 Sunderland    5  4  -5  1  1  3  3  8  16▼ -- FA 
 -------------------------------------------------------------------------------
 18 Reading      5  4  -6  1  1  3  2  8  15▼ CC FA 
 19 Bolton      5  3  -3  1  0  4  7  10  18▼ CC FA UC
 20 Derby       5  1 -12  0  1  4  3  15  20→ -- FA 

# サンダーランド、ダービー、ウィガンがリーグ杯敗退
# リバプール首位、アーセナル2位に浮上ともに負け無し
# チェルシー、ヴィラに負けで4位後退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PREMERA Div. 07/08] #02 バルセロナ v ビルバオ

バルサの調子もよかったけど、ビルバオの調子が心配だ…。

●スタジアム
    カンプノウ  バルセロナ
    気温:24度    湿度:69%    天候:曇り

●試合結果
    バルセロナ 3 - 1 ビルバオ

●スタメン

 バルセロナ
      10 ロニー(C)          14 アンリ             19 メッシ

                    20 デコ           06 シャビ

                            24 トゥーレ

    22 アビダル   04 マルケス   23 オレゲル   11 ザンブロッタ

                            01 バルデス
    サブ:
        25 ジョルケラ   16 シウビーニョ   12 ミリート     21 テュラム
        08 イニエスタ   36 クロサス       26 ジオバンニ   18 エスケーロ
    監督:
        フランク・ライカールト

 ビルバオ
                        23 アドリス

      11 ガビロンド     27 スサエタ   25 ダビドロペス

              07 ティコ(C)      24 ハビ・マルティネス

    12 コイ   05 アモレビータ   04 ウスタリ   15 イラオラ

                        01 イライソス
    サブ:
        13 アランスビア   19 ムリーロ   02 エスポージト   21 キュエラ
        22 ムニョス       09 ロレンテ   28 ベレス
    監督:
        ホアキン・カパレロ

●前半:試合展開
08  BAR SOG:左FK:ロニーS                                  GOAL★BAR 1-0 ABI
10  BAR       :シャビ右クロス                                          DFクリア
12  BAR S    :中FK:ロニーS                                      ※枠上
15  ABI SOG:ティコ中ロングS                                        GKキャッチ
21  BAR       :ザンブロッタ右クロス                                    GKキャッチ
23  BAR       :ザンブロッタ左クロス→アンリ中                          DFクリア(CK)
25  BAR SB  :アンリ→ロニー中S                                      DFブロック(CK)
26  BAR ▲YC:デコ、後方から引っかける                          CARD▲デコ
26  ABI SOG:右FK:スサエタS                                    ※GKキャッチ
28  BAR SB :アンリ中ミドルS                                        DFブロック(CK)
31  BAR       :ロニー中スルP→アンリ中、イライソスと交錯              PK
34  ABI       :イライソス、治療後復帰
35  BAR SOG:PK:ロニーS左下                                GOAL★BAR 2-0 ABI
42  BAR S    :ロニー中→メッシ左ドリブルS                          ※枠左
43  ABI       :ガビロンド左クロス                                      DFクリア(CK)
43  ABI SOG:スサエタ左S                                            GKキャッチ
+1  BAR SOG:アビダル左クロス→ロニー右S                          ☆GKセーブ(CK)
+2  ABI ▲YC:スサエタ、メッシを引っかける                      CARD▲スサエタ
+4  BAR SB  :デコ中ミドルS                                          DFブロック

●前半:コメント
    ラシン戦の鬱憤を晴らすかのような一方的な展開。8分にFKをロニーが決めて先制、その後、
  スペースに飛び出したアンリがGKと接触して得たPKを再びロニーが決めて2ゴール目。
  メッシのドリブル、アンリのスペースへの飛びだし、ロニーの中盤でのキープなど、それぞれが
  うまく持ち味を出していた。正直、この2ゴールで試合の決まった感がある。後はアンリと
 メッシにゴールが生まれれば言うこと無い。

●前半:スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
     バルセロナ      2     9     3     6    72     1     0
      ビルバオ      0     3     2     6    28     2     0

●後半:試合展開
  46  ABI 交代1:ガビロンド(OUT)、ベレス(IN)
  52  ABI SB  :ベレス中S                                              DFブロック
  57  ABI 交代2:ティコ(OUT)、ムニョス(IN)
  59  BAR SOG:アンリ左S                                            ☆左ポスト
  60  BAR SOG:デコ中ミドルS                                        ☆GKセーブ
  60  BAR SOG:メッシ中ドリブルS                                      GKキャッチ
  60  BAR 交代1:アンリ(OUT)、ドスサントス(IN)
  62  BAR ▲YC:マルケス、相手を引っかける                        CARD▲マルケス
  63  ABI S    :中FK:スサエタS                                    ※枠右
  66  BAR SOG:ロニー中スルーP→ドスサントス右S                    ※GKセーブ
  66  BAR 交代2:デコ(OUT)、イニエスタ(IN)
  70  BAR SOG:メッシ左ドリブル→ロニー→ドスサントス中TS          ※枠左
  70  ABI SOG:中FK:→GKセーブ→スサエタ中S                GOAL★BAR 2-1 ABI
  72  BAR SOG:トゥーレ中ミドルS                                GOAL★BAR 3-1 ABI
  76  BAR ▲YC:マルケス、相手を倒す                              退場▼マルケス
  77  BAR 交代3:ロニー(OUT)、ミリート(IN)
  79  ABI SOG:中FK:                                                GKキャッチ
  80  ABI ▼RC:コイキリ、ドスサントスを倒す                      退場▼コイキリ
  81  ABI 交代3:スサエタ(OUT)、クエージャル(IN)
  84  BAR SB  :メッシ右クロス→トゥレ中S                              DFブロック
  85  BAR       :アビダル左クロス                                        ボールデッド
  +2  ABI S    :左クロス→アドレス中HS                                枠右

●後半:コメント
    後半、バルデスの甘いパンチを相手に決められて1点差にされたときは、多少イヤな流れになった
 ものの、その後、トゥーレのシュートが幸運にもゴールの判定となって再び2点差に。マルケスの
 退場も相手のコイキリの退場で帳消しと、どうにかバルサは今季初勝利をあげた。後半に関しては
  2点差というリードもあり若干ペースダウン、決定的なチャンスは作れなかったが計算通りの
 試合展開と言っていいだろう。ただ、マルケスが2枚のカードで退場となるなど、守備の不安を
  露呈したのも確か。ミリートのコンディションアップとプジョルの復帰が待たれる。

●後半:スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
     バルセロナ      3    16     6    18    66     3     1
      ビルバオ      1     8     5    14    34     3     1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #05 アストンヴィラ v チェルシー

ドログバ押さえられれば何も出来ないってこと何だよね。難しいけど。

●スタジアム
    ヴィラパーク  バーミンガム

●試合結果
  アストンヴィラ 2 - 0 チェルシー  Att: 37714

●審判
    マーク・クラッテンバーグ

●スタメン

 アストン・ヴィラ
                08 ムーア       10 カリュー

    07 ヤング   06 バリー       20 レオコーカー   11 アグボンラホール

    03 ボウマ   05 ラウルセン   16 ナイト         04 メルベリ

                        22 カーソン
    サブ:
        13 テイラー   09 ヘアウッド   19 ペトロフ   26 ガードナー   28 マローニー
    監督:
        マーティン・オニール

チェルシー
      15 マルダ       11 ドログバ         24 Wフィリップス

                  12 ミケル       05 エッシェン

                          04 マケレレ

    03 コール   33 アレックス   26 テリー   35 ベレッチ

                        01 チェフ
    サブ:
        23 クディチーニ   10 Jコール   14 ピサーロ   21 カルー   22 ベンハイム
    監督:
        ジョゼ・モウリーニョ

●前半:試合展開
  03  AVI    :カリュー左エリア内で倒れる                              笛無し
  04  CHE SB  :マルダ中S                                            ※DFブロック(CK)
  07  AVI SOG:アグ左BS                                           ※GKセーブ
  08  CHE SOG:エッシェン中ミドルS                                    GKキャッチ
  12  CHE S    :右CK:マルダ→テリー中HS                            枠上
  13  CHE SOG:Wフィリップス中ドリブルS                            ※GKセーブ(CK)
  14  AVI SOG:アグ中S                                                GKキャッチ
  18  CHE S    :エッシェン→ドログバ中S                                枠上
  19  CHE S    :マルダ→Wフィリップス左ドリブルS                      枠左
  27  AVI       :アグ右クロス                                            GKキャッチ
  33  CHE       :Wフィリップス右クロス                                  DFクリア(CK)
  34  CHE S    :右CK:マルダ→アレックス中HS                        枠上
  37  CHE S    :コール左→Wフィリップス左S                            枠上
  41  CHE       :ベレッチ右クロス                                        DFクリア(CK)
  42  AVI S    :右クロス→ラウルセン中HS                              枠上
  43  AVI S    :カリュー中ミドルS                                      枠上
  45  AVI       :ヤング左クロス→中BS                                  あわず

●前半:コメント
  チャンスを多く作ったのはチェルシー、ただ決定的なチャンスは無かったし、ヴィラもサイドから
 クロスを見せた。チェルシーではWフィリップスが右サイドや中から効果的なドリブルで突破を
  見せたが、マルダやドログバの調子がもう一つ。また、中盤がミケルとエッシェンということで、
 中盤での組み立てもあまり見られず、ドログバやWフィリップスへのロングボールばかりが目立つ
 展開。正直このままではゴールの予感は感じられないが、ドログバやテリーのセットプレイに頼る
 しかないか。

●前半:スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
        チェルシー     0     6     2     0    10    41     0     0
    アストンヴィラ     0     9     4     7     8    59     0     0

●後半:試合展開
  47  AVI SOG:ヤング左ミドルS                                      ※GKセーブ(CK)
  47  AVI SOG:右CK:→ナイト中HS                            GOAL★AVI 0-1 CHE
  50  CHE S    :Wフィリップス右S                                      枠上
  52  CHE 交代1:ミケル(OUT)、ピサーロ(IN)
  57  AVI ▲YC:レオコーカー、マルダを妨害                        CARD▲コーカー
  58  AVI S    :ヤング→→バリー左S                                    枠左
  59  CHE       :ドログバ右ドリブル                                      DFクリア(CK)
  60  AVI       :アグ右クロス                                            GKキャッチ
  62  CHE S    :マルダ中ミドルS                                        枠左
  63  CHE 交代2:Wフィリップス(OUT)、Jコール(IN)
  63  CHE 交代3:マケレレ(OUT)、カリュー(IN)
  65  CHE S    :右CK:→テリー中HS                                  枠上
  66  AVI ▲YC:バリー、Jコールを掴む                            CARD▲バリー
  68  CHE       :Jコール右ドリブル、クロス                              DFクリア(CK)
  70  CHE ▲YC:ドログバ、ラウルセンにチャージ                    CARD▲ドログバ
  71  AVI ▲YC:カリュー、相手にスライディング                    CARD▲カリュー
  71  AVI ▲YC:アグボンラホール、抗議                            CARD▲アグ
  75  CHE SB  :エッシェン中ミドルS                                    DFブロック
  75  CHE SB  :Jコール左S                                            DFブロック
  77  AVI       :ヤング→カリュー                                        DFクリア
  77  CHE SB  :ドログバ左ミドルS                                      DFブロック
  79  CHE S    :左CK:Jコール→ピサーロ左HS                      ※枠上
  79  AVI 交代1:カリュウ(OUT)、ペトロフ(IN)
  80  CHE       :マルダ左クロス                                          DFクリア
  83  CHE S    :エッシェン中→カルー中S                              ※枠左
  84  CHE S    :Jコール中ミドルS                                      枠左
  86  AVI       :アグ右クロス→                                          DFクリア(CK)
  87  CHE       :Aコール左クロス→カリュー                              あわず
  88  AVI SOG:ヤング左ドリブル→アグ中S                        GOAL★AVI 2-0 CHE
  +3  CHE SOG:マルダ→Jコール左S                                  ※右ポスト

●後半:コメント
    後半開始早々、ナイトがCKに合わせてヴィラが先制。その直後、チェルシーはピサーロを投入、
 その後、63分にJコール、カリューを投入して膠着状態の打開を計るが、これらが全く機能せず。
 マルダ、Wフィリップスともドリブルで中に入るシーンが目立ち、サイドを効果的に使えていない。
  結局ドログバにけり込むしかないが、この日はラウルセンの出来が最高で、全く仕事をさせなかった。
  その意味でこの日のMOMはラウルセンと言っていいだろう。

●スタッツ
                        G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
        チェルシー     0    11     6     2    18    40     4     0
    アストンヴィラ     0    21     9    13    11    60     1     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[Serie A 07/08] #02 ローマ v シエナ

●スタジアム
    オリンピコ  ローマ

●試合結果
  ローマ 3 - 0 シエナ

●スタメン

 ローマ
                          10 トッティ

          09 ブチニッチ   14 ジュリ       11 タッディ

                  16 デロッシ   08 アクイラーニ

    22 トネット   02 メクセス   02 パヌッチ   77 カッセッティ

                          33 ドニ
    サブ:
        01 クルチ   04 フアン   03 シシーニョ   29 バルッソ   33 ブリーギ
        20 ペロッタ 18 エスポージト
    監督:
        ルチアーノ・スパレッティ

 シエナ
          11 デセグリエ   32 マッカローネ   7 フリック

          14 ガロッパ     05 コドレア       8 ベルガッソーラ

    18 グリミ   15 ロリア   90 ポルタノーバ   73 ベルトット

                        01 マニンガ
    サブ:
        31 エレステロプーロス   33 フィカンガ   13 ルカレッリ   23 ヤロシム
        20 ロカテッリ           09 コルビア     29 ブッチ
    監督:
        アンドレア・マンドルリーニ

●前半:試合展開
  05  ROM S  :トッティ中RS                                          枠上
  11  ROM SOG:ブチニッチ左S                                        ☆GKセーブ(CK)
  12  ROM S    :メクセス中ミドルS                                      枠上
  15  ROM       :デロッシ右クロス→                                      DFクリア
  17  ROM SOG:アクイラーニ中ミドルS                            GOAL★ROM 1-0 SIE
  20  SIE       :マッカローネ右クロス                                    DFクリア
  21  SIE S    :マッカローネ中ミドルS                                  枠右
  22  ROM SB  :ジュリ右ドリブル→トッティ中S                          DFブロック
  24  SIE S    :中ミドルS                                              枠上
  24  ROM       :カッセッティ右クロス                                    DFクリア
  27  ROM S    :中FK:トッティS                                      枠右
  28  ROM SOG:トネット左S                                            GKキャッチ
  28  SIE SOG:→マッカローネ右1対1S                              ☆GKセーブ
  30  ROM S    :左クロス→タッディ中BS                                枠左
  32  SIE SB  :右→マッカローネ中S                                    DFブロック(CK)
  34  ROM       :トッティ左→ブチニッチ                                  GKキャッチ
  35  ROM SOG:アクイラーニ中ミドルS                                ☆クロスバー
  36  SIE SOG:ガロッパ中ミドルS                                      GKキャッチ
  40  ROM SB  :アクイラーニ→ジュリ右S                                DFブロック(CK)
  42  SIE S    :ガロッパ中S                                          ※枠上
  44  ROM S    :トッティ中ミドルS                                      枠右

●前半:コメント
  ローマが予想通り優勢に試合を進めるが、決定的なシーンはゴールシーンとアクイラーニの
 ミドルシュートのみ、人数をかける相手のDFラインをなかなか崩せない。ジュリはドリブルや
 スペースへの飛びだしで何度かチャンスを作るが、まだまだ周りとのコンビが合わず。トッティ
 も何度か効果的なパスやヒールを見せたものの、ゴール前での決定的な仕事が出来ていない。
 1点リードの前半は計算通りだろうが、MFとDFラインの間のスペースを相手に使われて
 いるのが気になるところ。特にマッカローネとガロッパをフリーにするシーンが多すぎ。

●前半:スタッツ
              G     S   SOG    CK     F   OFF   POS    YC    RC
    ローマ    1    10     5     2     5     2    62     0     0
    シエナ    0     6     2     4     6     1    38     0     0

●後半:試合展開
  51  SIE ▲YC:ガロッパ、トッティにタックル                          ▲ガロッパ
  54  SIE ▲YC:コドレア                                              ▲コドレア
  56  SIE       :ガロッパ中→中                                        ☆GKセーブ
  59  ROM 交代1:ブチニッチ(OUT)、ペロッタ(IN)
  59  ROM SB  :ジュリ左ドリブルS                                    ※DFブロック
  61  SIE 交代1:ガロッパ(OUT)、ルカレッリ(IN)
  66  SIE SOG:ベルトット中ミドルS                                  ☆GKセーブ(CK)
  68  ROM SOG:ジュリ左クロス→カッセッティ中S                        GKキャッチ
  70  ROM SOG:アクイラーニ中ミドルS                                  GKキャッチ
  70  ROM       :ジュリ左クロス                                          あわず
  72  ROM S    :トネット中ミドルS                                      枠左
  77  SIE S    :コルビア中S                                          ※枠上
  78  SIE 交代2:コドレア(OUT)、ヤヨリム(IN)
  82  ROM SOG:アクイラーニ中→ジュリ中S                        GOAL★ROM 2-0 SIE
  83  ROM 交代2:ジュリ(OUT)、ブリーギ(IN)
  89  ROM 交代3:アクイラーニ(OUT)、フアン(IN)
  89  ROM SOG:C→トッティ中ドリブルS                          GOAL★ROM 3-0 SIE
  +2  SIE S    :右CK:→ロリア中HS                                  枠右

●後半:コメント
    後半になってシエナがやや息切れ、特に攻撃の面で前半ほどの積極性が見られなくなる。終盤に
 ジュリ、トッティが連続でゴールを決めて結果としてはローマの大勝となったがDFラインは
 何度か危ないシーンを見せるなど、守備の面で心許なさを感じるシーンがあった。スタメン出場の
 ジュリは、攻撃にいい形で絡むシーンが多く、今後コンビネーションが高まることでさらなる活躍
 が期待できる。初ゴールこそ決めたものの決定的なシュートを外すシーンもあり、シュートに不安が
 あるのは相変わらずか。

●後半:スタッツ
              G     S   SOG    CK     F   OFF   POS    YC    RC
    ローマ    3    16     9     6    10     4    48     0     0
    シエナ    0    12     3     6    16     2    52     2     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アンケート] 川澄綾子さんの演じるキャラ、夏期のお気に入りは?

 春から継続中の番組(ロミオ×ジュリエット、怪物王女)に、夏開始の番組(ゼロ、スカイガールズ、ぽてまよ)と、忘れてならないドクロちゃんを追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/01

[PREMERA Div. 07/08] #02 サラゴサ v ラシン

サラゴサ、やっているサッカーは悪くはないんですけどね…、勝てないなぁ。

●スタジアム
    ラ・ロマレダ  サラゴサ
    気温:24度    湿度:41%    天候:曇り

●試合結果
  サラゴサ 1 - 1 ラシン

●審判
    デルガド・フェレイロ

●スタメン

 サラゴサ
                      12 オリベイラ   22 ミリート

    08 アイマール     10 サパテル(C)  14 カピ       10 ダレッサンドロ

    11 ファンフラン   23 セルヒオ     06 アジャラ   02 ディオゴ

                              01 セサル
    サブ:
        25 バジェホ     04 クアルテーロ   15 パボン   05 オスカル   16 セラーデス
        19 ヘネレーロ   09 Sガルシア
    監督:
        ビクトル・フェルナンデス

 ラシン
                    10 ムニテェス   32 ボラード

    11 セラーノ         08 コルサ   06 ドゥシェール   07 Jロペス

    17 フェルナンデス   04 ガライ   03 オリオル       14 ピニジョス(C)

                          13 トーニョ
    サブ:
        31 マリオ     05 クリスティアン   16 サンチェス   21 アヨセ   29 マルカノ
        18 Jロペス   26 ルイスマ
    監督:
        マルセリーノ

●前半:試合展開
  03  ZAR    :ミリート左クロス                                        DFクリア
  03  ZAR S    :ガビ右クロス→オリベイラ左HS                          枠上
  04  ZAR SOG:オリベイラ左ミドルS                                  ☆クロスバー
  05  ZAR S    :ガビ中ミドルS                                          枠上
  06  RAC S    :ムニティス中ドリブルS                                  枠上
  09  RAC       :左スルーP→ボラード左                                  オフサイド
  10  ---       :審判、足を負傷、第4審判に交代  約3分の中断
  14  ZAR       :ミリート左クロス→ディオゴ                              ハンド
  15  RAC S    :ムニテェス→ドューシェル中ミドルS                      枠右
  17  RAC SOG:ロペス右S                                              GKキャッチ
  17  ZAR SOG:ミリート右クロス→アイマール中ミドルS                  GKキャッチ
  19  RAC S    :セラーノ中ミドルS                                      枠左
  21  ZAR       :ダレッサンドロ右クロス→ミリート                        オフサイド
  24  ZAR       :ミリート右クロス→オリベイラ                            あわず
  26  RAC       :ピニジャス右クロス                                      あわず
  29  RAC S    :ピニジャス右S                                          枠上
  29  ZAR       :ミリート右クロス→オリベイラ                            DFクリア(CK)
  30  ZAR ▲YC:アジャラ、オリオルともめあい                      CARD▲アジャラ
  30  RAC ▲YC:オリオル、アジャラともめあい                      CARD▲オリオル
  31  ZAR S    :ダレッサンドロ右ドリブルMS                          ※枠左
  37  ZAR SOG:アイマール→ミリート中S                              ☆GKセーブ
  38  ZAR       :オリベイラ右クロス                                      GKキャッチ
  39  RAC       :左CK:                                                GKキャッチ
  40  RAC S    :セラーノ中ミドルS                                      枠右
  41  ZAR SOG:ミリート中ミドルS                                    ※GKセーブ(CK)
  +2  RAC S    :ロペス中ミドルS                                        枠右
  +3  RAC S    :コルサ中ミドルS                                        枠上

●前半:コメント
    ポゼッションではサラゴサ優勢で、何度か決定的なチャンスを作るもゴールならず。しかし
 ラシンもカウンターなどで攻めの形を作り、決して防戦一方ではない。自陣前に多くの人数を
 置くラシンを、アイマールやダレッサンドロのワザでどう破るかが注目。

●後半:試合展開
  52  RAC       :右FK:ムニティス→                                    あわず
  53  RAC       :ボラード左、エリア内で倒れる                            笛無し
  55  RAC ▲YC:セラーノ                                          CARD▲セラーノ
  55  RAC SOG:セラーノ中ミドルS                                GOAL★ZAR 0-1 RAC
  56  ZAR       :ディオゴ右ドリブル、クロス→オリベイラ                  あわず
  56  RAC 交代1:ボラード(OUT)、ロペス(IN)
  57  ZAR ▲YC:ガビ                                              CARD▲ガビ
  58  ZAR       :ダレッサンドロ右スルーP→ミリート中S→G              オフサイド
  59  ZAR S    :アイマール右ドリブル→ミリート右S                    ※枠左
  61  ZAR SOG:右FK:ダレッサンドロ→ミリート中HS                ☆GKセーブ(CK)
  66  RAC S    :ジョルディ中S                                          GKキャッチ
  68  ZAR 交代1:ガビ(OUT)、ガルシア(IN)
  70  ZAR       :ミリート左クロス                                        DFクリア(CK)
  74  ZAR       :ディオゴ右クロス                                        DFクリア(CK)
  75  ZAR SOG:右CK:ダレッサンドロ→アジャラ中HS                ☆DFクリア
  75  ZAR SOG:こぼれ→オリベイラ中S                            GOAL★ZAR 1-1 RAC
  77  RAC S    :ロペス中ミドルS                                        枠左
  79  RAC 交代2:フェルナンデス(OUT)、アヨセ(IN)
  84  ZAR 交代2:ダレッサンドロ(OUT)、ヘネレーロ(IN)
  85  ZAR       :ディオゴ右クロス→オリベイラ中                          GKキャッチ
  87  RAC 交代3:コルサ(OUT)、ルイスマ(IN)
  90  ZAR S    :アイマール右S                                          枠上
  +1  RAC ▲YC:トーニョ、遅延行為                                CARD▲トーニョ
  +3  RAC S    :ドゥーシェル中ミドルS                                  枠上

●後半:コメント
  結局ポゼッションでは圧倒したものの、サラゴサは同点に追い付くのが手一杯。完成度の高い
 組織的な守備力の前に、セットプレイで1点をあげるのが限度だった。ミリート、オリベイラは
 何度かチャンスはあったが、GKの好守とDFラインの健闘に阻まれた。一方ラシンも1ゴールを
 奪ったのは立派だが、その後が続かなかった。押し上げなどには人数をかけているが、肝心の
 シュートがなかなか打てず、枠内シュートはわずか2本。勝ち点3を上げるためにはこれでは
 苦しいだろう。

●スタッツ
                      G     S   SOG     F     P    YC    RC
      サラゴサ      1    15     6     9    58     2     0
       ラシン      1    12     2    12    42     3     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #05 マンU v サンダーランド

●スタジアム
    オールドトラフォード  マンチェスター

●試合結果
  マンU 1 - 0 サンダーランド   ATT 75,648

●審判
  マーティン・アトキンソン

●スタメン

 マンU
                08 アンデルセン   32 テベス

    17 ナニ     18 スコールズ   04 ハーグリーブス   33 イーグルス

    03 エブラ   15 ビディッチ   05 リオ             06 ブラウン

                      01 Vサール
    サブ:
        29 クスチャク   22 オシェイ   16 キャリック   24 フレッチャー   09 サハ
    監督:
        アレックス・ファーガソン

  サンダーランド
     33 ワレス                     17 ジョーンズ            16 チョプラ 

            19 ヨーク         04 エトゥフ       18 レードビター

    15 コリンズ   14 ヒギンボゾン   06 マクシェイン   05 モスモーシー

                    01 ゴードン
    サブ:
        13 ワード   35 ケイ   12 ミラー   11 マーフィー   09 ストークス
    監督:
        ロイ・キーン

●前半:試合展開
  05  MAU S  :ナニ左S                                                枠右
  08  SUN SOG:チョプラ右S                                            GKキャッチ
  09  MAU       :エブラ左クロス→テベス                                ※DFクリア
  13  MAU       :エブラ左クロス                                          DFクリア
  15  SUN       :右スルーP                                              GKキャッチ
  16  MAU S    :イーグルス中ミドルS                                    枠右
  18  SUN S    :右クロス→ジョーンズ中BS                              枠右
  19  MAU       :左FK:→                                              GKキャッチ
  27  MAU SB  :イーグルス中ミドルS                                    DFブロック
  28  MAU       :エブラ、相手と衝突→復帰
  34  MAU SOG:アンデルセン右→テベス左S                            ※GKセーブ
  35  MAU SOG:イーグルス中ミドルS                                  ※GKキャッチ
  38  MAU       :イーグルス左クロス                                      DFクリア
  38  SUN ▲YC:リードビター、ナニにレイトチャージ                CARD▲リードビター
  39  MAU SB :ハーグリーブス中ミドルS                                DFブロック
  45  MAU S    :中FK:ナニ→スコールズ中ミドルS                    ※DFブロック(CK)
  46  MAU SOG:スコールズ左S                                          GKキャッチ

●前半:コメント
  ポゼッションではマンUが大きくリードしたが、決定的なシュートは無し。ブラウン、エブラが
 クロスを上げるものの、高さに秀でたFWがいないだけに、ことごとくDFにカットされる。
 テベスは仕掛けどころの見極めがいまいち、まだまだコンディションが上がっていない様子。
 スコールズのミドルかセットプレイに期待するしかないが、相手GKのゴードンの好守を破る
  のは決して楽ではない。

●後半:試合展開
  46  MAU 交代1:アンデルソン(OUT)、サハ(IN)
  47  MAU       :リオ中フィード→サハ                                    オフサイド
  51  MAU SOG:テベス中ミドルS                                        GKキャッチ
  54  MAU       :ブラウン右クロス                                        DFクリア
  57  MAU SOG:→サハ中反転S                                        ☆GKセーブ
  57  MAU S    :左CK:→ビディッチ中S                             ※枠上
  61  SUN       :左クロス→ジョーンズ                                  ※GKセーブ
  63  MAU SOG:ナニ左ミドルS                                          GKキャッチ
  64  SUN S    :ジョーンズ中ミドルS                                    枠左
  65  SUN ▲YC:チョプラ、エブラを掴む                            CARD▲チョプラ
  66  MAU 交代2:イーグルス(OUT)、フレッチャー(IN)
  68  MAU SOG:ハーグリーブス中ミドルS                              ☆GKセーブ
  68  MAU       :こぼれ→スコールズ                                      GKキャッチ
  70  SUN 交代1:ジョーンズ(OUT)、マーフィー(IN)
  71  MAU SOG:左CK:ナニ→サハ中HS                          GOAL★MAU 1-0 SUN
  73  MAU ▲YC:ビディッチ                                        CARD▲ビディッチ
  78  MAU SOG:ナニ左ドリブルS                                        GKキャッチ
  80  MAU S    :ハーグリーブス中ミドルS                              ※枠左
  83  SUN 交代2:エトゥフ(OUT)、ミラー(IN)
  83  SUN 交代3:ワレス(OUT)、ストークス(IN)
  84  MAU 交代3:ナニ(OUT)、オシェイ(IN)
  89  MAU SB  :ブラウン右ドリブルS                                    DFブロック
  90  MAU       :ブラウン右クロス→スコールズ                            GKセーブ

●後半:コメント
  後半、サハを投入することで多少、前線のクロスへの反応が良くなったが、今度はテベスが消える
 時間が増えた。57分のサハの反転シュートや、68分のハーグリーブスのミドルシュートなど、惜しい
 シュートの後、71分にCKにサハが合わせてようやくマンUがリード、そのまま逃げ切った。やはり
 ルーニー、ロナウドの不在は大きいと言うこと。ただし次節からはロナウドが復帰するし、ルーニーも
 当初予定より早く復帰できるとの事。勝負はそれからと言うことか。

●スタッツ:
                    G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
        マンU    1    20    10     6    10    64     1     0
  サンダーランド    0     4     1     0     7    36     2     0


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 公式サイト

 ダイジェストと言うのは失礼なほど、新規のシーンが多いと言うか、基本的に映像に関しては作り直しのはず。それでも、根幹のストーリーが変わっていない以上、そう取られるのは必然。だから上辺しか見ない薄いメディアにダイジェストやリメイクと言われることを恥じる必要はないし、そういわれることも想定の範囲内なのだろう。きちんと見た人ならば、TVとは違うシーンの数々に、改めて驚かされることは間違いない。

 シンジが第3新東京市に呼ばれてからヤシマ作戦までのストーリーということで、TVシリーズで1話から6話に該当する。すなわち、アスカは出てこない。TVシリーズでも序盤はエヴァの登場シーン、戦闘シーンに重きが置かれていたと言うこと、映画という限られた時間の中で描く必要があることから、戦闘シーンを売りにするのは予想出来た展開だったが、それでも丁寧な描写の数々には正直驚かされた。

 一部の人々が好んで語る心理描写がどうとか精神世界がどうこうとか言う話は、ないとは言わないが正直多くはない。実は表面に見えていないだけで、わかる人には見えるような作りになっているのかもしれないが、僕にはあまり見えなかった。だから、そういううんちくを語りたい人には、あるいは拍子抜けだったかもしれない。ただ、元々の作品でもストーリー序盤はそんな展開だったと思うし、僕自身はそういうアクションが楽しくてエヴァを見ていた口だから、正直、今回の派手なアクション、詳細な描写はたまらない展開だった。

 面白いなぁと思ったのは、UCCやローソンが実名で出ていたこと。この作品のネームバリューを考えれば当然だし、UCCなどは、TVシリーズでわざわざ名前を隠していたのに、それに基づいた商品を当時から出していたぐらいだから、むしろ喜んで使ってもらったのだろう。この件でどれくらいのお金が動いたのかな、というのを考えてしまうのが、まっすぐに作品を見ていない悲しさということなのかもしれない。エビスはどうだったかなぁ、という点が判別できなかったのが心残りではある。次見に行ったときかDVDでチェックしたいと思う。

 後、さすがだなと思ったのは、エンディングの予告。TVシリーズのお楽しみの1つをしっかりと持ってきた。わかってるなぁ、と感心した。個人的にはミサトさんのあの声を聞くと、サイバーフォーミュラSINを思い出してしまうのだが…、まあ、それは個人的な感想と言うことで。「リビルド」が何を指すのかという点については、今後最終作までしっかりと見る必要がある。ただ、第1作に関しては悪くない、どころかむしろよいというのが正直な感想だ。TVシリーズの頃のファンに取っては今更と言う思いもあるのかもしれないが、そういう先入観なしにまずは見に行って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[PL07/08] #05 リバプール v ダービー

試合に関係のないゴールは決めてくれるんだけどね、トーレス君は…。

●スタジアム
    アンフィールド  リバプール

●試合結果
  リバプール 6 - 0 ダービー  ATT 44,076

●審判
    アラン・ワイリー

●スタメン

  リバプール

                    09 トーレス   18 カイト

    19 バベル       14 アロンソ   20 マスチェラーノ   16 ペナント

    17 アルベロア   05 アッガー   04 ヒーピア(C)      03 フィナン

                            25 レイナ
    サブ:
        30 イタンジュ   22 シッソコ   06 リーセ   11 ベナユン   10 ボロニン
    監督:
        ラファエル・ベニテス

  ダービー
                             09 ハワード

    25 ピアソン       24 メアーズ       08 オークレー   11 ファガン

                              17 トッド

    03 カマラ         19 デービス       21 マルコム     18 グリフィン

                            43 バイクォーター
    サブ:
        01 プライス   04 マキャベリー   10 アーンショウ   16 テール   23 ムーア
    監督:
        ビリー・デイヴィズ

●前半:試合展開
  03  DER S  :メアーズ中ミドルS                                      枠上
  05  LIV SOG:アッガー中ミドルS                                    ☆GKセーブ(CK)
  07  DER       :C→ピアソン左ドリブル、クロス                          DFクリア
  08  LIV SOG:ペナント右クロス→トーレス中HS                      ※GKキャッチ
  11  LIV S    :カイト右ドリブル→トーレス中S                          枠上
  13  LIV       :GKフィード→                                          DFクリア
  14  LIV S    :カット→アロンソ中ミドルS                              枠左
  15  LIV S    :カイト中ミドルS                                        枠上
  19  LIV S    :マスチェラーノ中ドリブルS                              枠左
  22  DER SOG:中S                                                    GKキャッチ
  26  LIV SOG:左FK:アロンソS                                GOAL★LIV 1-0 DER
  33  LIV ▲YC:マスチェラーノ、相手にスライディング              CARD▲マスチェラーノ
  34  DER       :右FK:カマラ→                                        あわず
  34  LIV S    :ペナント左クロス→カイト中HS                        ※枠上
  36  LIV S    :ペナント左ドリブル→カイト中S                        ※枠上
  38  DER       :中FK:→                                              GKキャッチ
  41  LIV S    :フィナン右クロス→トーレス右TS                      ※枠上
  +1  LIV SOG:アルベロア左クロス→バベル中TS                  GOAL★LIV 2-0 DER

●前半:コメント
  リバプールの一方的な展開、特に序盤右、途中から左サイドにスイッチしたペナントが何度も
 決定的なクロスを見せる。直接ゴールに絡むことはなかったが、ダービーの守備陣を一番消耗
 させたのは確か。トーレス、カイトにもう少しあたりがあれば、大量得点となったところだが、
  それでもリバプールの堅守があれば、2点あれば充分だろう。

●前半:スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
    リバプール    2    11     4     1     5    56     0     0
      ダービー    0     2     1     1     8    44     0     0

●後半:試合展開
  47  LIV S  :ペナント→カイト→トーレス→アロンソ中S                枠上
  56  LIV SOG:カット→トーレス中ドリブルS                      GOAL★LIV 3-0 DER
  57  LIV SB  :バベル中S                                              DFブロック
  57  LIV S    :こぼれ→トーレス右S                                    枠左
  58  LIV SOG:マスチェラーノ中ミドルS                                GKキャッチ
  58  LIV       :ペナント左クロス→バベル                                S出来ず
  59  DER 交代1:マルコム(OUT)、ティール(IN)
  61  LIV 交代1:ペナント(OUT)、ベナユン(IN)
  63  DER 交代2:
  69  LIV SOG:バベル右クロス→ベナユン→アロンソ中ミドルS      GOAL★LIV 4-0 DER
  72  DER S    :メアーズ右クロス→ハワード中HS                        枠上
  73  LIV 交代2:バベル(OUT)、ボロニン(IN)
  76  LIV SOG:カイト左S                                            ☆GKセーブ
  76  LIV SOG:こぼれ→ボロニン中S                              GOAL★LIV 5-0 DER
  77  LIV 交代3:マスチェラーノ(OUT)、シッソコ(IN)
  77  LIV SOG:ボロニン中浮き球→トーレス中GKかわしてS        GOAL★LIV 6-0 DER
  79  LIV S    :シソコ中ミドルS                                        枠右
  82  DER S    :中FK:→フェイガンS                                ※枠左
  88  LIV SOG:カイト中ミドルS                                        GKキャッチ

●後半:コメント
  後半に入ってもリバプールの勢いは留まるところを知らず。トーレスが2ゴール、アロンソも
 さらにゴールを決め、途中で入ったボロニンもしっかりとこぼれ球を押し込んだ。ただ、トットナム
 戦でも書いたように、力の差がありすぎなので、この試合を持って攻撃勢を褒め称えることは
  控えたい。個人的にはカイトにゴールが生まれなかったのは残念。一番いいところでシュート
  は打てていたように思うのだが…。

●スタッツ
                  G     S   SOT    CK     F   POS    YC    RC
    リバプール    2    20    10     4    10    58     0     0
      ダービー    0     8     3    12    14    42     1     0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[REVIEW] OCEAN'S THIRTEEN

邦題:オーシャンズ13 [公式サイト]

 オーシャンズもこれで3作目。ここまで来るともう定番というか、シリーズとして楽しめる。愛や感動を求める映画でもないし、面白ければ全てよし。ジュリアロバーツは出なかったけど、面白いことに替わりは無し。今回はジュリア不在と言うこともあって、主人公サイドに女性っけが少なかったのと、アクションシーンがやや少なかったのが残念だったけど、休日を楽しむにはいい映画だ。シリーズ物ということでサプライズはないものの、逆に安心して楽しめる作品に仕上がったと思う。何より、あのテーマソングが聞こえてくるだけで、今度は何をやらかしてくれるか、ワクワクするではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »