« [LETOUR2007] ツールド・フランス第09ステージ | トップページ | [感想] 紐育レビュウショウ 千秋楽 »

2007/07/18

[REVIEW] SNOW(PS2) その2(悪は滅びるのだ…って、それは墓穴を掘ってませんか、旭さん)

旭は一応ハッピーエンディングなのね。澄乃っちなら「いいよ~」っていうところだけど、澄乃っち
ファンとしては、どうも釈然としないなぁ…。

2/02
  とりあえず転がってきた澄乃をよける。私も死んじゃうとか化けて出たとかともかく騒がしい。
  澄乃をおぶって雪月雑貨店へ。澄乃も変だがお母さんも変。5000円分のあんまんは…50個か~、
  思ったより少ないかも。夕ご飯のデザートはアイスクリーム。

2/03
  モーニングコール1「つぐみさんの体操」、元気だ。雑貨屋へお使いに行く途中で芽依子様に
  殴られる。そして転がってくる澄乃の前に押し出される。それにしても、電車ごっこはしない
  です、多分…。おやつでイモマンと芋ようかんと焼き芋を食べる。誠史郎の来るまで旅館へ。
  かなりスリリング。

2/04
  モーニングコール2「えっちっぽいつぐみさんの悪戯電話」、朝ご飯は焼き魚、だし巻き、
  酢の物、納豆。水を汲みに行った帰り、あんまんに襲われる…、というか飛んで降ってきた。
  ついでに澄乃も。絵を描きに登ってきたらしい。ご苦労だよ~。どうにか無事に旅館へ。夕ご飯は
  和風牛ステーキ、鯛の刺身。

2/05
  モーニングコール3「のんびり澄乃っち」、しかしそんな澄乃っちの攻撃で水につかる羽目に。
  龍神伝説の話を聞いて叩かれる。澄乃に手をなでられていたら、「悪発見なのだ~」の声が木の上
  から。飛び降りたときに雪に埋もれるが、そこからめげずに復活。氷柱を持って澄乃に襲いか
  かって来るので足を払う。軽くお説教をすると捨てぜりふを残して退散する。帰りに芽依子に
  あったので、伝説について聞いてみたがよく分からず。

2/06
  モーニングコール4「芽依子様のボーナスクイズ」、三択の正解が4番はあり得ないっすよ。
  桜花に弁当をとられたので昼食は澄乃のあんまん。帰り道で小夜里さんとつぐみさんのツー
  プラトン攻撃。そこへ謎の少女の雪玉攻撃。確かに怪我はせんだろうが…。とばっちりで、顔に
  雪玉を食らう羽目に。日和川旭というらしい。「忘れたのか?」と言われてもな…。澄乃に続いて
  「お帰りなさい」と言われてしまった。夕食は「会席コース松」、ツアー客が来たらしい。

2/07
  モーニングコール5「あんまん音頭」、恥ずかしいなら歌うなよ(笑) 朝から炊き込みご飯。
  とりあえず澄乃から電話がかかってきたらしいが食事優先。こたつでまどろみながら昼寝、
  いい身分だ。晩ご飯はカニすき、つぐみさんと仲良くご飯を食べていたら聞き慣れた奇声が。
  外を見ると、旭が飛んでいた。とりあえず追い返すが、つぐみさんの視線が痛い。夜、誰かと
  あっている不思議な夢を見た気がする。
# 選択ポイント:呼びかける

2/08
  モーニングコール6「戦うつぐみサンの血の叫び」、変なの(笑) 吹雪が来る前に水汲み。
  途中、謎の女の子と遭遇するが逃げられる。水をくんだ後、お買い物。小夜里さんに商品を
  見繕ってもらう。そういえば澄乃いなかった…。夕食は「会席コース梅」、水をこぼして
  吹いてもらっているところにまたもや旭登場、ガラスを割られてはかなわないので開けてやる。
  「彼方とイチャつく奴は敵なのだ」とか「彼方は僕のものなのだ~」とか言われてもな…。
  愛し合ったらしいが…、記憶にない。ただ、妙に起こるつぐみさんの一言で旭も旅館に住む
  事に。あまりのショックに意識を失う…。
# 選択ポイント:ただの従姉で…

2/09
  いきなりやくざに襲われる夢で目が覚める。旭とつぐみが妙に仲がいいのが気になるが、
  それより今晩から食事を旭が作ることに…不安だ。何故か旭が掛け軸を気にしている。
  つぐみさんにロビーの掃除を頼まれるが、旭が一人でやるという。心配して戻って見ると
  旭が掃除機と格闘中、その弾みに壺を割ってしまう。忘れ物をしたつぐみサンにあやまって
  その場はどうにかおさまるが、1000万円もする壺だったらしい…。夕ご飯は泥付きの野菜
  てんこ盛り、どうにかむさぼり食った。
# 選択ポイント:素直にあやまる

2/10
  朝ご飯に塩とんこつ味のカップ麺をおいて、つぐみさんは出かけていった。久しぶりに不健康な
  朝ご飯を食べた後うたたね。そこで昼ご飯がないことにショックを受ける。そこへ澄乃がお弁当
  を持ってきてくれる、振ってしまうのにいい子だ(笑) 澄乃が帰った後、夜には旭が氷柱を
  持ってやってくる。悪を撲滅すると得意げな旭だが、肝心の氷柱が溶け始めているので、
  慌てて外へ放り出す。畳を拭いていると、旭が背中に飛び乗ってきて筋を痛めるが、マッサージ
  をしてもらう、どうにかおさまる。変なとこまでもまれてしまったのには参ったが。つぐみさんが
  帰ってくるが、カラオケ喫茶に夜遊び。ということでまたもや旭の夕ご飯を食べる羽目に。
  しかし、洗って切ったからといって調味料を大量にかけられては…、食べるけど。思い出して
  くれるまでそばにいたい、という言葉を残して旭は帰っていった。
# 選択ポイント:さらにマッサージしてもらう → 食べる

2/11
  モーニングコール7「澄乃のぼやきと芽衣子の説教」、そうか、女の子を追いかけないと駄目
  なのか…。いつものように水を汲みに行き買い物をする。買い物から帰ると旭が来ていた。
  そして今日もつぐみさんは出かけるという。風呂から上がっても旭の姿がない。厨房に見に行く
  と、旭は居眠りをしていた。起こして食事を作らせるが、出てきたのは生肉と炊いていない米。
  結局今日もまともな夕食にはありつけず…。
# 選択ポイント:食う

2/12
 モーニングコール8「誠史郎の愛の告白」、いらないよ(笑) 朝ご飯は普通の「質素な」ご飯。
 食べられれば何でも良いです。朝合うなり芽衣子様に「色ボケ」扱いされる。芽依子様の発言は
  正しいが、何かバカにされている気がする…、まあいつものことだが。帰るなり旭に三つ指を
  つかれて迎えられる。「ボクになさいます?」というボケはスルーしてお風呂へ。しかしそこで
  旭に背中を洗われる事に。しかし、たわしで洗われて血だらけに…。治療に来た芽衣子様は足で
  ピンセットを操るし。散々旭をけしかけて、でも食事を見てそそくさと退散する芽依子様。黒い塊と
  化した肉と米を見て、調理場へ行き炊飯機の使い方を教えるが…、果たして覚えることが出来たの
  やら。そこで見つけたカップ麺を旭に作らせるが…、まさか直火にかけるとは…。

2/13
 今日から目覚まし時計。朝ご飯は海鮮ミックス丼とホッケの開き。空きっ腹にそんなもの詰め込んで
  大丈夫なのか…。小夜里さんの店へ行くと、旭が店に来たとのこと。なんか隠している様子だが…。
  今日も旭がいるが、そそくさと帰り支度。「飯は」の問いに泣いて謝る旭にそれ以上何も言える訳が
  なく。しかし、旭が料理勉強中だからって、どうして晩ご飯が
  抜きになるんですか、つぐみさん…。

2/14
  朝ご飯はスッポン雑炊。朝は食べさせてくれるのね…。水汲みから帰ると旭がいつものお出迎え。
  背中を流したがる旭に、つぐみさんの勢いに押されてついOKを出してしまう。ゆっくりとタオルで
  背中をこすりながら、淋しかったと言う旭。頑張って料理をすると張り切るが、旭が出してきたのは
  チョコかけご飯にチョコ入りみそ汁…、しかもつぐみさんが万一に備えて用意してくれたご飯に
  チョコをかけるとは…。結局今日も晩御飯抜き。その夜、寒がる旭を暖めている、不思議な夢を見た。

2/15
  朝起きるなり旭とキスをした。旭によると10年前にも同じ事をして、一緒にいてくれると約束したとの
  事だが…、お前何歳だよ(笑) とりあえず、抱き合って夜まで寝ただけ、ということで旭に一発。
  迷惑をかけたとしょげ、村のみんなに謝りに行くという旭。つぐみさんの一言で、とりあえずお友達
  としてつきあうことに。そう決まっただけで泣き出す旭。街への道すがら旭と会話。山の方で一人
  暮らしで親がいないとの事だが…。芽依子様に遭遇。旭との誤解が解けたと説明するが、いきなり
  平手打ちを食らう。「私から楽しみを奪うなー!」って言われても…。鍋はイヤだとか皮をはぐなとか
  ゆでるなとか、旭の様子が変。でも、わざわざ戻ってきて繰り返すなよ、芽依子様…。雑貨屋に
 行くと、旭が雑誌を買いに来たが、その雑誌はなかったとのこと。旅館に帰っても旭の姿は無し。
 慌てて探しに出るが、旭の姿はない。警察に電話しようとしたそのとき、雑誌を抱えた旭の姿。
 隣町の駅まで買いにいったらしい…。風呂からあがると旭が掛け軸を見たいという。絵自体は
 好きではないという旭だが、側にいられて幸せとのこと、なにかいつもと違う旭が気になりつつも
 眠りにつく。

2/16
  起きたら15時40分。ご飯をせびりにロビーに行くと、買い物を頼んだと怪訝な顔をされる。どうやら
  伝言を頼まれた旭が買い物に行ったらしい。やむなく様子を見に行くことに。雑貨屋に行く途中で
  荷物と悪戦苦闘する旭を発見。荷物を持ってやる。お腹がすいたと言ったらいきなりハムの包みを
  剥き出す旭。結局帰り道、二人でハムを食べながら帰る。旅館に帰って旭に背中を流してもらった後、
  食事だが、丸ごと焼いたロールキャベツって無理だと思うのだが…。旭にお酒をついでもらうが、
  予想通りお酒をこぼされる。3人で乾杯するが、旭とつぐみはすぐに酔っぱらう。つぐみによると、
  掛け軸は10年前、自分がここに来たときに中の絵がなくなっていたとのこと。いなくなったのは悪い
  妖怪という事だが、酔っぱらいの言うことだしなぁ…。

2/17
  つぐみさんはお出かけ旭の姿も見えない。やむなく1日寝て過ごす。

2/18
  早朝起き出すと玄関でクシャミ。旭が一晩中待ち続けていたらしい。目を閉じる旭の額に手をやると
  すごい熱。慌てて部屋に運び込んで布団に寝かせる。熱にうなされる旭に謝ることしかできない。
  「一緒にいてもいいか」と尋ねる旭の願いを断ることなど出来るはずもない。結局、帰ってきた
  つぐみさんに事情を話し、バイトはお休みにして旭の看病を続けた。

2/19
  旭はすっかり元気になり、朝ご飯を作って起きるのを待っていた。覚悟を決めて口にした食事は
  予想外に美味しかった。そのことを伝えると突然旭が泣き出してしまう。そんな旭を見ていて、
  「これからもよろしく」と言ってしまう。これってプロポーズなんだよね…。そんな二人を祝福する
  かのごとく青空が広がっていた。
# 選択ポイント:ここは覚悟を決める!

2/20
  旭の作った朝ご飯を食べる、きちんと美味しく食べられる。バイトについて行くという旭に、ハムと
  セロリとニンジンのお弁当を渡すつぐみさん。渡す方も渡す方だが、どうしてそれで喜べる、旭?
 道すがら旭と話ながら昔のことを思い出す。家に行きたいというと、なぜか激しくオドオドする旭。
  結局家の事はうやむやのまま水を汲んで昼ご飯。せがむ旭にポリタンクを持たしてみるが、予想通り
  持ち上がらない。雑貨屋に着くと久しぶりに澄乃っちに会う。いつもと変わらずのほほんと対応して
  くれる澄乃っちだが、旭は居心地が悪そう。必死で謝る旭だが、澄乃っちは予想通りマイペース。
  済んだことだからいいという澄乃っちは優しいね。旭と自分の仲に気がついても「おめでとう」と
  言ってくれた。「彼方ちゃんの幸せは私の幸せ」って、ホントにいいのか? 旭も思うところがあった
  ようで「もっといい女になる」との決意表明。まあ、無理するな。旅館に帰って、いつものように
  背中を流してもらい、作ってもらった食事を一緒に食べる。旭を送る道すがら、雪の中に倒れ込む
  二人。「好き」と言う言葉を残し去っていく旭。

2/21
  今日も二人でバイトへ。滝へ着くやいなや突然雪玉をぶつけてくる旭。しばし雪合戦で遊ぶ羽目に。
  雑貨屋で澄乃っちにお菓子を作ろうと誘われたとご機嫌な旭。カボチャのプリンの話をよだれを
  垂らしながら聞く旭。いつものように風呂に入り、食事をして旭を送る。お月様に願いをしていた
  という旭の話を聞いて、いつものように別れる。

2/22
  今日は旭はお菓子を作りに行くので途中までで別れる。水を汲み雑貨屋へ急いで向かうが、着いたら
  旭が小さくなっている。オーブンが爆発したって、カンヅメをフタをあけずに入れれば爆発するのか?
  買い物を素早く済ませ、旅館でどうにか夕食にありつく。何故か掛け軸をにらむ旭の様子が気になる
  が…。

2/23
  朝から元気がいい旭、でも5時20分でしかも休みなんですけど…。ということで朝ご飯を食べてもう
  一眠り。目が覚めるともう昼。つぐみさんが野ウサギにニンジンをやっていた。10年前にも旅館に
  ウサギを連れてきたとつぐみさんは笑うが、全く記憶にない。昼ご飯は旭とポンレスハムを半分ずつ。
  夕ご飯を一緒に食べてからいつものように旭を送る。掛け軸にシミが出来たような気がするが、
  気のせいか?

2/24
  朝、目覚ましがなる前に目が覚める。なにやら騒がしいと思ったら旭がこたつの上でドタバタして
 いる。模様替えとか訳わからない事をいうのでとりあえず一発。ライターで掛け軸を燃やそうとして
 いたらしい。掛け軸は白桜のものとか妙なことを言う。生傷の多さをつぐみさんも気にしている様子。
 つぐみさんに言われてご機嫌取りのポンレスハムを雑貨屋に買いに行く。小夜里さんが言うには
 朝から旭はフラフラと何度も転んでいたらしい。帰りに芽衣子様にあったので旭の事を相談しよう
 としたら、いきなり平手打ちを食らった…。なぜ? 帰って旭にハムを見せるととりあえず機嫌が
  直った様子。相変わらず頭をぶつけたり、TVに近寄ってみたり危なっかしい。良くぶつかるのは
 死力が悪いせいなのか?

2/25
  朝からドタバタと旭が騒がしいが、なにやら様子がおかしい。どうやら目が見えないようだ。誠史郎を
  呼んだが原因不明の視覚障害とのこと。バイトが終わってご飯を食べた後、帰ろうとする旭を引き
  止める。風呂からあがると旭が自分の布団で寝ていたので、隣に潜り込む。

2/26
  旭が寝坊したので慌てているが、一緒に寝たと聞くなり胸に飛び込んできた。目が見えない旭は
 ご飯を食べることが出来ないので、食べさせてやる。バイトを早めに切り上げて旅館に帰ると、
 旭はつぐみさんと洗濯物を干していた。その夜、掛け軸がなくなったら治る、と旭が妙なことを言う。
 よくわからないが、このシミはカビだろう…。そう信じたい。

2/27
  朝になっても旭の目が良くなる気配はない。バイトの途中で芽衣子様に会うが、会話も弾まない。
 旅館に帰ると旭が部屋にいたがろれつが回っていない。誠史郎を呼び出したが状況は芳しくない。
 大病院への入院を勧められたが、旭が離れたくないというので入院はしないことにする。その夜、
 10年前の夢を見た。掛け軸の中には確かにうさぎがいた…。

2/28
  旭がとうとうしゃべれなくなった。後ろ髪を引かれながらもバイトに出かける。途中、芽依子様に
 自分を見失うなと励まされる。あーとかうーしか言えなくなった旭にご飯を食べさせる。絵のことを
 つぐみさんに相談するが相手にされない…。

3/01
  旭がしがみついて離さないので、つぐみさんに頼んでバイトを休みにしてもらう。旭が外に出たがる
 ので着替えて中庭へ出る。雪だるまを作っている最中に旭が野ウサギの穴を気にするが、何を伝え
  たいのかわからない。掛け軸にはウサギの目と口が浮き出たように見える。ちょうど旭の目と口が
 奪われたのと時期を同じくするかのように…。その夜、ウサギと白桜と女の子の夢を見た…。

3/02
  休日なのにつぐみさんに雪下ろしを頼まれる。雪下ろしに着いてきた旭をつつくと、ビックリして屋根
  から落ちてしまう。どうやら耳も聞こえなくなってしまったらしい。今日もウサギと白桜の夢をみた。
  ウサギは人間になりたかったらしい…。

3/03
  旭は目も口も耳も効かなくなった。その日は一日中庭で旭と過ごした。今日のウサギは腹を蹴られて
  苦しんでいた…

3/04
  旭がしがみついて離れない。それを見かねたつぐみさんがバイトを休みにしてくれた。芽依子様が
  ポンレスハムを持って見舞いに来てくれた。美味しそうに食べる旭。旭が離れないので一緒にお風呂に
  入ることに。旭が頭を抱きかかえてきた、泣いているようだ。部屋に戻るなり旭は寝てしまった。
  今日のウサギもひどい目にあっていた…。

3/05
  悪夢にうなされて目を覚ますと旭と掛け軸の姿がない。慌てて探しに出る。山道を何かに導かれるかの
  ように進んでいく。たどり着いた木の幹の穴に旭が座っていた。今日のウサギは男にかばわれて温かい
  気分になっていた。

3/06
  寒さに震える旭に食べ物と毛布を持っていこうとしたとき、10年前の記憶がフラッシュバックする。
  ニンジンを持って駆けつけると、血だらけの旭が立っていた。旭を背負って、旭の家へ向かう。
  激しい切り傷をどうにか止血し、ニンジンを食べさせる。白桜が連れてきてくれた木の穴を抜け出して
  白桜の家を探し出す、そんな夢だった。

3/07
  目が覚めると旭の出血は止まっていた。そして掛け軸にはほぼ完全な姿を取り戻したウサギの姿が。
  ライターで燃やそうとする旭をどうにか押しとどめる。ただ、もみ合ったときに掛け軸の一部が
  破れ、旭の体にも傷が付く。ウサギは掛け軸に戻された。何百年か先の出会いの約束と共に…。

3/08
  目が覚めると旭と掛け軸の姿がない。旭は掛け軸に火をつけていた。慌てて火を消し旭を抱きしめる。
  言葉を取り戻した旭が、腕の中でゆっくりと消えていった。ウサギは掛け軸の中から、その人を
 見つけた。そして掛け軸を抜け出した。人間だったら一緒になれるのに、彼方のその言葉を聞き
 ウサギは頑張った。冬山で倒れて病院に運ばれてから、そんな楽しくて悲しい夢を見ていた。数ヶ月
 もの間。焼けこげたけどどうにか無事だった掛け軸にはウサギの、いや旭の姿がある、ある
 はずだった。しかし部屋に戻るとウサギの姿はなかった…。つぐみさんの声に呼ばれて出てみると、
 そこには抱きかかえられたウサギ。旭が帰ってきた…。

|

« [LETOUR2007] ツールド・フランス第09ステージ | トップページ | [感想] 紐育レビュウショウ 千秋楽 »

ゲーム 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/15806519

この記事へのトラックバック一覧です: [REVIEW] SNOW(PS2) その2(悪は滅びるのだ…って、それは墓穴を掘ってませんか、旭さん):

« [LETOUR2007] ツールド・フランス第09ステージ | トップページ | [感想] 紐育レビュウショウ 千秋楽 »