« [DVD] マリア様がみてる 3rdシーズンOVA 第5巻 | トップページ | [ESP] ディアス、ヘタフェへ移籍 »

2007/07/25

[LETOUR2007] ツールド・フランス 第16ステージ

●ステージ
    オルテズ~グレット・コルドービスク 218,5km(山岳)

●コメント
   ヴィノクロフのドーピング陽性に伴いアスタナが撤退。総合で上位のクレーデンとカシュチキンが
  不出走となる。これにより総合順位はラスムッセン、コンタドール、エバンス、ライプハイマー、
  サストレ、スベルディア、キルシェン、アスタルロアの順になった。

    レース序盤にオジェら4人が逃げを決めるが、まだまだ先は長い。66km地点、最初の超級の登りで
  山岳賞狙いのソレルがペースアップ、それにサストレが追い付き、さらにポポビッチとマヨが追い
 付く。最初の峠はガルシアアコスタがトップ通過、ベルドゥーゴが続き、オジェとリネロが遅れて
 続く。その後サストレ、ソレルの追走集団が3分06秒遅れ、ラスムッセン達のメイン集団は
 4分40秒遅れでの通過、早くも20人程度に絞られている。ソレルは山岳を5位通過することで
 暫定の山岳ジャージを手にする。

    3級山岳を越え、1級山岳への道でコンタドールがパンクするも、問題なく集団に復帰。一方、先頭では
  ソレル、サストレらが先頭集団に追い付き7人での逃げとなる。メイン集団は下りで選手が続々復帰、
  50~60人程度の大集団となる。先頭集団はリネロ、オジェが後退し5人となる。リネロ後退後は
 サストレがペースを作る。それでもデッケル、メンショフのラボバンク勢がペースを作り、先頭
 集団との差は徐々に詰まっていく。ガルシアアコスタが後退し先頭は4人、メイン集団は総合
 上位勢を中心に15人が2分5秒遅れで通過した。

    最後の峠の登り口で、トップ集団はサストレ、マヨ、ソレル、ベルデゥーゴ。彼らとラスムッセンを
  含む12人の追走集団の差は1分。サストレがペースアップ、マヨはついて行くものの、ソレルが遅れる。
  メイン集団の先頭はポポビッチがハイペースで引き、ライプハイマー、コンタドール、エバンスの
  5人に絞られる。サストレに追い付いたところでポポビッチは後退。残るは総合1位から4位の4人
 となる。残り9.2kmでライプハイマーがスパート、そのカウンターでコンタドールが差を広げるも
 逃げ切れず。

    残り7km、コンタドールが再びスパートするも、ラスムッセンはペースで追う。ラスムッセンと
  コンタドールのアタック合戦でライプハイマーが後退。しかし5km過ぎからはコンタドールはアタック
  をかけれず。残り1kmでラスムッセンがスパート、コンタドールは着いていけずライプハイマーに
  引いてもらうが、若干遅れての3位でゴール。ボーナスタイム6秒と単独となって失った数秒が、勝負の
  あやに影響しなければよいが。

●各賞
    ステージ:ミカエル・ラスムッセン        (DEN  RAB)    26秒差
    総合順位:ミカエル・ラスムッセン        (DEN  RAB) 3分10秒差
    ポイント:トム・ボーネン                (BEL  QSI)    20pt差
    山岳    :マウリシオ・ソレール          (DEN  RAB)    10pt差
    新人    :アルベルト・コンタドール      (ESP  DSC)13分31秒差

●明日の放送
    JS-1  21:25 -

|

« [DVD] マリア様がみてる 3rdシーズンOVA 第5巻 | トップページ | [ESP] ディアス、ヘタフェへ移籍 »

自転車レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [LETOUR2007] ツールド・フランス 第16ステージ:

« [DVD] マリア様がみてる 3rdシーズンOVA 第5巻 | トップページ | [ESP] ディアス、ヘタフェへ移籍 »