« 最近のお仕事(欧州戦のまとめ、どうにか追い付いた) | トップページ | [LETOUR2007] ツールド・フランス第01ステージ »

2007/07/08

[F1 2007] Round 09 イギリスGP

●コメント
    スタートでトップに出れなかったものの、圧倒的な速さと確実なピットストップでライコネンが
 勝利を掴んだ。ハミルトンは第1スティントはどうにかトップをキープしたもののその後は全く
 いいところ無し。第2スティントでトップにたったアロンソも、無理な給油作戦のためトップを
 守れず。フェラーリにしてみればマッサのスタートトラブルが悔やまれる。

●レース結果
   1   6  K.ライッコネン    フェラーリ                  1:21'43.074 59  222.629  1
   2   1  F.アロンソ        マクラーレン・メルセデス    1:21'45.533 59  222.518  1
   3   2  L.ハミルトン      マクラーレン・メルセデス    1:22'22.447 59  220.856  1
   4  10  R.クビサ          BMW                         1:22'36.393 59  220.234  3
   5   5  F.マッサ          フェラーリ                  1:22'37.137 59  220.201  2
   6   9  N.ハイドフェルド  BMW                         1:22'39.410 59  220.100  3
   7   4  H.コバライネン    ルノー                      1:21'47.621 58  218.652  5
   8   3  G.フィジケラ      ルノー                      1:21'52.361 58  218.441  5
--------------------------------------------------------------------------------------
   9   8  R.バリチェッロ    Honda                       1:22'21.373 58  217.158  9
  10   7  J.バトン          Honda                       1:22'27.851 58  216.874  9
  11  14  D.クルサード      レッドブル・ルノー          1:22'28.494 58  216.846  8
  12  16  N.ロズベルグ      ウィリアムズ・トヨタ        1:22'29.770 58  216.790 11
  13  17  A.ブルツ          ウィリアムズ・トヨタ        1:22'34.656 58  216.576 10
  14  22  佐藤琢磨          SUPER AGURI Honda           1:21'57.702 57  214.440 14
  15  21  C.アルバース      スパイカー・フェラーリ      1:22'16.191 57  213.637 15
  16  18  V.リウッツィ      STRフェラーリ               1:15'53.881 53  215.316 12
     12  J.トゥルーリ      トヨタ              リタイア理由未発表  43  213.225  7
     23  A.デビッドソン    SUPER AGURI Honda   メカニカルトラブル  35  182.157 11
     19  S.スピード        STRフェラーリ             アクシデント  29  215.457 10
     11  R.シューマッハ    トヨタ                        ホイール  22  214.456  7
     20  A.スーティル      スパイカー・フェラーリ        エンジン  16  213.545 18
     15  M.ウェーバー      レッドブル・ルノー              油圧系   8  202.470  9

●スタート~第1スティント
   フェラーリの2台、ホンダの2台がソフト。4番手スタートのマッサがスタートできずピットスタート。
  エクストラ・フォーメーションラップ。ハミルトン、ライコネン、アロンソ、クビサ、ラルフ、
  コバライネン、フィジケラ、ハイドフェルドのグリッド順。1周目の通過順はハミルトン、
 ライコネン、アロンソ、クビサ、コバライネン、フィジケラ、ハイドフェルド、ラルフの順。
 ハミルトンのペースが上がらず、ライコネンが1秒以内での追走を続ける。

●ピットイン1回目~第2スティント
  15周目コバ(10.7H)、16周目ハミルトン(-.-H)、クビサ、フィジケラ、ラルフ、ハミルトンは
 ピットで若干手間取る。18周目ライコネン(9.1S)、トゥルーリ、ライコネンはこのピットで
 ハミルトンの前に出る。19周目ハイドフェルド(8.2H)、20周目アロンソ(6.3S)、アロンソが
 ライコネンの前に出る。21周目の時点の順位はアロンソ、ライコネン、ハミルトン、クビサ、
 ハイドフェルド、フィジケラ、マッサの順。ガソリンの少ないアロンソが4秒の差をつけるが、
 その後は両車とも同ペースで遷移。マッサもフィジケラに押さえられて7位からポジションが
 上がらない。

●ピットイン2回目~第3スティント
  32周目バリチェロ(10.3H)、33周目バトン(9.8H)、どちらも1ストップか。35周目の時点でアロンソの
  リードは5.4。35周目フィジケラ(-.-S)、37周目アロンソ(8.2H)、コバライネン、ピットアウト直後の
  ライコネンの差は23.4秒。38周目はミルトン(8.1S)、40周目クビサ(7.7S)。41周目ライコネンの
 リードは26.9秒、42周目のリードは27.9秒、42周目ハイドフェルド(7.7S)、43周目ライコネン(6.6H)、
 トップで前に戻る事に成功する。44周目の時点でライコネンのリードは3.2秒。45周目マッサ(6.8H)、
 クビサの後ろ5番手で復帰する。結局このままチェッカー、ライコネンがフランスに続いてトップ
 でゴールする。

|

« 最近のお仕事(欧州戦のまとめ、どうにか追い付いた) | トップページ | [LETOUR2007] ツールド・フランス第01ステージ »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/15697729

この記事へのトラックバック一覧です: [F1 2007] Round 09 イギリスGP:

» [F1] 逆襲のライコネン [とりあえず書いとく!?]
 突然フェラーリが速さを取り戻して、中でもライコネンが速くて連勝したのに驚き。雰囲気的には1発があるけどタイヤに厳しいマクラーレン対レースでは速いフェラーリって感じ? [続きを読む]

受信: 2007/07/10 01:07

« 最近のお仕事(欧州戦のまとめ、どうにか追い付いた) | トップページ | [LETOUR2007] ツールド・フランス第01ステージ »