« [IC 07] インタートトカップ組み分け | トップページ | [REPORT] 「ひとひら」DVD発売記念 (アソビットシティ) »

2007/06/23

[REPORT] 「ひとひら」DVD発売記念 (石丸電気SOFT 2)

1)オープニング

まずは本日の司会を務めるメディアワークスの加藤さんが登場。諸注意の後、
舞台の右手から入場する二人。客席から見て、樹元さんが左、あやち~が右へ。
衣装は…、川澄さんは黒のトップスに白のスカート、というのはわかりましたが…。

■アイスブレーキング

  樹「麻井麦役の樹元オリエです」
  川「市ノ瀬野乃役の川澄綾子です」

まずは二人の自己紹介。

  川「さっき『台本にアイスブレーキング』って書いてあるんだけど、わかる?って話してました」
  樹「なんだろうって…」
  川「広辞苑で調べても乗ってないし、まあ、落ち着けってことですか」
  樹「加藤さん、アイスブレーキングやってるなって」

そんなコトするほど会場興奮してなかったと思うんですが(笑)

  川「なんですかね、天気の話とか野球の話ですかね」

いきなりなんの話かと思ったら、アイスブレーキングの話が続いていたらしい(笑)

  川「あ、野球の話はダメかも好きなチームが違うとケンカになるし」
  司「素直に、夏どうですかとか」
  川「それも一歩間違うとセクハラですよね」

いや、どうして、そこでセクハラとか言うかな(笑)

  川「そういえば、なんでシャツ着てないんですか?」
  樹「そうですよ~」
  司「いや、上司にパワハラされまして」

なんだろう、ひとひらTシャツでも着てたのかな…。詳細は謎のままイベントが続く(笑)

2)トークコーナー

後ろの席に腰掛ける二人。ここからは司会者さんの出したテーマに従ってトークを進めることに。

■役柄の印象

  樹「麦ちゃんは絵がすごく可愛い。あと、主人公にしてはすごく後ろ向きでビックリ、この後どう展開
    するのかドキドキでした。麦ちゃん、どうなっちゃうんだろうって…」
  司「1話はほとんどセリフがなかったですね」
  樹「妄想シーンでしか話が出来なくて。漫画だとわかるけどアニメで声に出したらどうしよう、
    わかるかなって」

確かに何喋ってるのかわからないシーンあったしな…。

  川「アフレコの前に顔合わせがあったときに、野乃は麦ちゃんを誘惑する役だよって。惑わして
    演劇部に誘うんだって言われて。普通、後輩を誘うときは「演劇って楽しいよ!」ってかんじで
    誘うと思うけど、こうけだるく肘をついた感じで、「自分も楽しいのかなぁって」思いました」
  司「そういうのも含めて演技なんですよ」
  川「必要以上に演技派? この娘なら、ドキドキさせれば『ウン』って言うに違いないって思って
    たんです。怖い娘です」

だからあなたがキャストされたのでは…とか言ってはダメですか(笑)

  樹「野乃先輩も後になって可愛さはかいま見えますよね。

ナイスフォロー、オリエちゃん。まあ、個人的には野乃先輩みたいなのは嫌いではないですが。

■自分とキャラが似ているところ

  樹「打ち上げの時、最後に挨拶をしたんですが、真っ白になっちゃってアワアワして…」
  川「確かに麦っぽかった」
  樹「もしかしたら似ていたかもしれない」
  川「緊張しーなの?」
  樹「そうなんです」
  川「へ~、そうなんだ~」

なぜ、そういう思わせぶりな発言をするかな(笑)

  樹「こうこうの時…」
  川「合コン!?」
  樹「高校! おとなしくて前に出ようとは思わなかったのも、似ているところかもしれません」

そのボケはわざとですか、どうなんですか(笑)

  川「黙っていると怖いって言われるところ。みんなそういうんです。何でですかね」

不思議がるあやち~。しかし壇上の二人と客席は失笑。

  川「初めて会ったときに八割の人がそう言うんです」
  司「台本チェックとかをしてる姿を見ると、結構きつい視線で怖いと思いました」
  川「そうだった?」
  樹「え、あ、そう、あ、ときどき…」

そこ、可愛い後輩をいじめない(笑)

  司「お話して、そんなことはないってわかったんですけどね」
  川「今日は期待を裏切っていきたいと思います」

いや、まあ、いいけど…誰のどんな期待?(笑)

■アフレコ現場での面白い話

  樹「早口ですかね」
  川「メンバーが少ないから和気藹々とやってました。雪野さんが岸尾君を弟のようにこき使ってて。
    『コーヒーもって来い!』とか…」

雪野さんってそんなキャラだったんだ…。

  樹「でも岸尾君も嬉しそうにハイハイってね」
  川「三年組と一年組はバランスもよくって。三年組は年相応に落ち着いて…、あんまし言うと
    怒られるけど…」

なぜにあやち~さんは他人事モードですか(笑)

  川「あと、桂木君の『しちょうしちゅう…』とかもね」

あやち~さんの名誉のために言っておきますが、きちんと言えてました。メモできなかっただけです、
ごめんなさい

  川「最終回のオリナルが振られるシーン、あれが面白かった。『いつもの早口を言っている間に
    いつものカンナに戻ります』ってね。台本読んで『このままいくのかな~』って思ってたら、
    このまま行って」
  樹「ひたすら早口言葉をいっているのが面白かった。ずっといってましたもんね。オンエアでは
    小さくなっていったけど」
  川「演劇絡みのシーンは、やったことはあるけどすごい遠い記憶。若い子達に『あんた達、おぼえて
    いるっでしょ!』ってやらせてた」

オニだよ、三年組のあんたたち(笑)

  司「でも、そのわりに出来てましたよね」
  川「みんなの記憶を組み合わせてね」
  樹「組み合わせてね」
  川「忘れないもんだね~ってみんなで言ってました」

若いときの記憶ほど忘れないんですっけ、まあいいですけど(笑)

■熱血した物

  司「高校時代とかに熱血した物とかありますか?」
  樹「テニス。熱血してやってました。夏は尋常じゃなく、真っ黒になって、夜の闇に紛れるくらい…」
  川「硬式、それすごいね!」
  樹「はまりまくってました」
  司「空気椅子とかやりました?」
  樹「いや、さすがにそれは…」
  川「空気椅子って何、罰ゲーム」
  司「ほら、野乃が合宿で、みんなにやらせてた…」
  川「あ、ああっ、あれ。自分は命令する方だからわからなかった」

いや、なんかあってるような間違ってるような(笑)

  司「あれ、ふくらはぎとか鍛えるのによくて、昔やらされたんですよね~」
  川「え~、やってみてくださいよ~」

しれっとひどいことを言っている気がするのは僕だけですか(笑)

  川「私も部活は一応やってたんですけど、演劇部にはいると『BGMを弾け』って言われて、
    合唱部に入ると『ピアノを弾け』って言われて。私の学校の合唱部は全国大会に出るくらい強い部
    だったんですが、声出すためには必要とか言われて、腹筋とか筋トレとかをさせられて…」
  樹「やったんですか!?」
  川「私はやらなかった。『ピアノ弾くのに腕は必要ですけど腹筋は必要じゃないです』とか言って」

それを言えるのがすごいと言うべきか、だから目をつけられてにらまれると言うべきか…。

  川「相当熱血で、みんな涙流しながらやってました。ビンタとかもあったし、よき時代でした」

何がどういいんだろう…。

  川「(ビンタ)あったよね?」
  樹「ありましたよね」
  司「今は大変ですけどね」
  川「あれはあれでいいような気もするけど…いけませんね」
  樹「そうですね」

とってつけたように言われても、ホントにいけないと思ってるのかなぁ…(笑)
そもそも部活動なんて必要なのか、と思ってる人間には全然良くないんですけどね。

3)質問コーナー

ここで早くも用意した質問が終わってしまった、ということでお客さんから集めたアンケートの
質問に対する回答へ。

■川澄さん的に麦ちゃんは?

  川「妹みたいな感じ。自分にない要素を持っているので野乃のように何とかしたいな~って思える」
  司「可愛いですか?」
  川「自分の妹だったらむかっと来るかも」
  樹「わかる~」
  川「きっと野乃みたいなきついこと言っちゃうと思う。健気で可愛くて色々気をつかっているのは
    わかるけど…」

ずばっと言いそうだな~、あやち~なら(笑)

  司「樹元さん的に野乃みたいなお姉さんはどうですか?」
  樹「逆らえないと思います」
  川「きっと弱みの一つや二つは握っていると思う」
  樹「色々言われるとは思うけど、頼りがいのある自慢の姉だと思います」
  川「美咲みたいなのもいいけど…」
  樹「(野乃には)勉強教えてもらえそう」
  川「お金取りそうだよね」
  樹「これで貸し一つねとか言われるかも」

野乃さんの場合、お金よりも、いじめて楽しむのが好きそうなところが怖い(笑)

■キャラと自分が似ていると思うところ

  川「気づいているか知らないけど、樹元ちゃんはセリフを言うとき動いてるの。パタパタって感じで
    動きがすごく麦っぽい。気づいてた?」
  樹「うっすらと気づいてました」
  川「パタパタと動く感じがすごく麦っぽいなと」

バタバタとか聴いておさかなペンギンを思い出すのはダメですか(笑)

  樹「川澄さんはみたときに『はぁ、野乃っぽいな』って」
  川「バタバタしてないよね」
  樹「してないです」
  川「私、微動だにしないんです。ひとひらでは頑張ってました。役によって変わるんですよね。
    野乃の時は野乃だから野乃なんです」

「のののときはののだからののなんです」、平仮名で書くと何がなんだかって感じです(笑)

 川「どうしようもない役だとグルグル回ってたりします」
  樹「ホントですか、どんな風に?」
  川「こう、『あ~どうしよ~』とか言ってグルグルと…。次に会ったときドジな役だったらドジだと
    思いますので楽しみにしてください」
  樹「私は、体動かさないと言えないので、次会ったときも動いていると思います」

それだけ役になりきってるって事ですよ、あやち~さんは、とフォローを入れておきます(笑)

■事件

  樹「言っちゃっていいですか。テニスの振り回しで」
  川「ふりまわし?」
  樹「こう、ボールを左右に出されて打ち返すんですけど、熱中しすぎて鼻血出しました。ぼーっと
    してきて熱い物がたらっと…」
  川「鼻血は出したことないんですが…、吹奏楽部でフルートを吹きながら気を失ってました」
  樹「ホントですか!?」
  川「そう。で、フルートはダメって言われて残っていたのがユーフォニアム。またこれがでかいんです。
    でも座って出来るので倒れなかったです」

そうまでして吹奏楽やりたかったのかな(笑)

  川「フルートは吹いてる間から蝉時雨が…」
  樹「無事で良かったです」
  川「鼻血は出してないですけど」

この返しが、さすがあやち~なんですよね。でも、フルートは「どっか」で聞いた話だな(笑)

■元気とおとなしい、難しい役はどっち

  樹「元気な方がやりやすい。麦ちゃんはボソボソと喋って表現も難しい。はっちゃけた役の方がいいです」
  川「どっちも難しいのですが、おとなしい役が続くと大きい声を出したくなる。ひとひらでも
    『一同』ってところで参加できなくて、『野乃は言わないで』とか言われたり。私も『やっほ~』って
    いいたいなって…」
  樹「私も消されるかなって思って大きな声で言ったんですが、ちとせちゃんに消されちゃいました」

そりゃ、ノーマル状態で大声で叫ぶ麦は、スタッフさんが調整しますって(笑)

■劇中劇『ひとひら』を演じて欲しい

  川「面白そうだと思う。アフレコ現場でもそんな話をしてた。少人数の良い芝居だし」
  樹「いい話だし、是非やってみたい」
  川「野乃才能あるなって」

自画自賛ですか、いや、違うんですけどね(笑)

  樹「あと、妖精3と妖精さんの区別が…」
  川「私、妖精3でした。途中で声が出なくなってほとんど喋ってなかったんですけど。今まで声が
    出すぎって言われる役はなかったんで結構大変でした。私はなったことはないんですけど、
    この業界は結構あるらしいんですよ」
  樹「喉が強いんですか?」
  川「かすれたことはない、そこだけは丈夫なんです。だから、首を絞めながら、自分で自分を落とす
    ワザをかけてやってました」

だから、落とすワザとか言わないの(笑)

■成長したこと

  樹「麦を12話出来たことが貴重な体験でした。音響監督さんからも『大変だったでしょう』って言われて。
    あと、おとなしい役も初めてだったので、大きい声出したときに『やっとでた~』って」
  川「私も、12話で成長しました、してたらいいな…。演劇を扱ったのは初めてだと思うんですけど…」

ここで視線を遠くにやるあやち~。

  川「すいません、マネージャ見ちゃいました。元々自分の目指した道で、今は仕事になってますが、
    そういう意味で嬉しいことです」
  司「ぴ~の仮面とかね」
  川「みんなでぴ~の仮面ごっことかしてました」

ガラスの仮面ってやっぱり基本なのかな…。
それはさておき、あやち~のやった役を全部暗唱できる人など、いませんから(笑)

■克服できたこと

  川「パクチー食べれるようになりました。大人になってからも食べれなかったけど、こんなカケラに
    負けるのが悔しくて、食べてみたら食べれました。何か苦手なのある?」
  樹「私は貝類とか子供の頃ダメだったんですが、今は食べれるようになりました」
  川「待って、これ自分の努力じゃない!」
  司「努力の結果、克服できたことですからね」
  樹「私は、声優になれるとは思えなかったけど、それになれたってことですかね」
  川「私は…、自分に打ち勝ったことがないかも。マラソンとかも完走したことないし…」

ひょっとして、あやち~さんはダメ人間ですか(笑)

  司「ビリーズ・ブートキャンプとかどうですか?」
  樹「あれも残念ながら除隊しました。もうあきらめモードです」
  川「私も入隊したい!」

一同、驚きの目であやち~を見つめる

  川「はなっから全部やる気はないけど、面白い動きだけやりたいです」

それじゃ効果ないだろう! しかし、なんで面白い動きだけ(笑)

  川「来日がニュースなるなんてすごいこと。どこ言ってもビリーだよね。昨日も別の打ち上げで商品に
    ビリーがあったの。後1個でビンゴだったんだけどダメだった」

  いや、ダメで良かったと思いますよ。面白い動きだけだと効果ないですし。そもそもそんな必要無いと思うけど…。

■やってみたい劇

  川「なんだろう。演劇研究会って野乃さんが作った劇しかやってないんですね」
  樹「そういえばそうですね」
  川「バリバリ固いの。チェーホフとか」
  樹「シェークスピアとか」
  川「かもめとかね」
  樹「桂木君に王子様とかやらせたいですね」
  川「2.5枚目ぐらいの王子様をね」

素人にはシェークスピアはともかくチェーホフはわかりません。ごめんなさい…。

■ラジオについて

  川「ごめんね、くだらないこと相談して」
  樹「いえいえ、私も…」
  川「私、自分に甘いから…」
  樹「そうなんですか…」
  樹「今日も朝早くからね、大変だったし。でも、みんなはもっと早いんですよね」
  樹「ありがとうございました」

いや、そんな、まあ、早いけど。深夜35時開始は結構辛かったです(笑)

4)プレゼントコーナー&最後の挨拶

続いて、サイン入り台本を三冊、サイン入りポスターを三枚プレゼントする抽選会があったのですが、
何故かポスターが一枚手元にあります。ありがとう、あやち~。台本の方がもっと嬉しかったけど、
もらっただけで十二分です。そして最後の挨拶。

  樹「1巻を買って頂いてありがとうございました。王道を行くいいストーリーですので全部揃えて
    ください。後、私事ですか、芝居をやってます7/5 - 8日ですので良かったら見に来てください。
    来てくださってありがとうございます」
  川「DVDが発売されました。12話は是非みてください。監督渾身の音楽と映像です。何度もみて
    頂いて泣いて頂きたいと思います。本日はありがとうございました」

5)感想
 オリエちゃんはもう少しあやち~さんにくわれてアワアワしてるかな、とか思っていたんですが、
頑張りました。やっぱり若いってのはパワーあるのかな。それにしても、面白い動きだけするために
ビリーを欲しがるのはあやち~だけだろうな。個人的には、場を落ち着けるのは「アイス」よりも
「クール」の方が適当だと思うのですが、なんかそういう言葉がきちんとあるようです。
後、45分ってのは短すぎませんか、でも、レポートは全然楽じゃないなぁ(笑)

|

« [IC 07] インタートトカップ組み分け | トップページ | [REPORT] 「ひとひら」DVD発売記念 (アソビットシティ) »

イベント/舞台 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [REPORT] 「ひとひら」DVD発売記念 (石丸電気SOFT 2):

« [IC 07] インタートトカップ組み分け | トップページ | [REPORT] 「ひとひら」DVD発売記念 (アソビットシティ) »