« [ESP] フェルナンデス監督、ベティスを解任 | トップページ | [PREMERA Div. 06/07] 第37節結果 »

2007/06/10

[F1 2007] Round 06 カナダGP

  大荒れのレースだけどハミルトンだけは強くて運もあったなと。後は、クビサが無事で良かった、
 というレース。佐藤もピットの数秒のロスが惜しかったけど、アロンソを抜くとは頑張った。

●レース結果
   1   2  L.ハミルトン      マクラーレン・メルセデス  1:44'11.292 70  175.799 1
   2   9  N.ハイドフェルド  BMW                       1:44'15.635 70  175.677 2
   3  17  A.ブルツ          ウィリアムズ・トヨタ      1:44'16.617 70  175.649 3
   4   4  H.コバライネン    ルノー                    1:44'18.021 70  175.610 4
   5   6  K.ライッコネン    フェラーリ                1:44'24.299 70  175.434 3
   6  22  佐藤琢磨          SUPER AGURI Honda         1:44'27.990 70  175.330 5
   7   1  F.アロンソ        マクラーレン・メルセデス  1:44'33.228 70  175.184 3
   8  11  R.シューマッハ    トヨタ                    1:44'34.180 70  175.157 3
---------------------------------------------------------------------------------
   9  15  M.ウェーバー      レッドブル・ルノー        1:44'34.252 70  175.155 2
  10  16  N.ロズベルグ      ウィリアムズ・トヨタ      1:44'35.276 70  175.127 4
  11  23  A.デビッドソン    SUPER AGURI Honda         1:44'35.610 70  175.117 3
  12   8  R.バリチェッロ    Honda                     1:44'41.731 70  174.947 3
     12  J.トゥルーリ      トヨタ                  アクシデント  58  173.572 6
     18  V.リウッツィ      STRフェラーリ           アクシデント  54  176.266 5
     21  C.アルバース      スパイカー・フェラーリ  アクシデント  47  177.435 9
     14  D.クルサード      レッドブル・ルノー      ギアボックス  36  172.461 6
     10  R.クビサ          BMW                     アクシデント  26  184.739 6
     20  A.スーティル      スパイカー・フェラーリ  アクシデント  21  192.842 19
     19  S.スピード        STRフェラーリ           アクシデント   8  190.485 16
      7  J.バトン          Honda                   ギアボックス   0    0.000 -

●予選   ハミルトン6戦目の初PP。
    ハミルトン、アロンソ、ハイドフェルド、ライコネン、マッサ、ウェバー、ロズベルグ、クビサ

●スタート~第1スティント
    アロンソ、1コーナーでオーバーランしてハイドフェルドにかわされる。1周目終了時の順位は
  ハミルトン、ハイドフェルド、アロンソ、マッサ、ロズベルグ、ライコネン、フィジケラ、クビサの順。
  6番手スタートのウェバーがスタートで遅れと無理な追い越しのスピンで14位まで後退。ハミルトンは
  独走で20周目の時点で12秒の差をつける。一方のアロンソは2度のオーバーランで、18周目にマッサに
  かわされる。

●タイヤ交換1回目~第2スティント
    20周目ハイドフェルド(7.7)、22周目ハミルトン(9.0)、23周目ウェバー、23周目スーティルが壁に
  当たってセーフティカー。この時点での順位はマッサ、ハミルトン(1)、ライコネン、フィジケラ、
  ハイドフェルド(1)、クビサ、アロンソ(1)、ロズベルグ(1)、佐藤。24周目、マッサ、ライコネン、
  フィジケラ、クビサ、佐藤がピットイン。
    ピットアウト後の順位はハミルトン、ハイドフェルド、アロンソ、ロズベルグ、バリチェロ(0)、
  クルサード(0)、コバライネン(0)、ブルツ(0)。ハミルトンは12秒の差を失う。アロンソ、ロズベルグは
  セーフティーカー時の給油で10秒のストップ&ゴーペナルティ。セーフティーカーオープン直後、
  クビサがヘアピン前でコースアウト、再びセーフティカーが入る。

●レース再開
    トゥルーリ、クルサード、リウッツィがソフトタイヤを消化。33周目にレース再開、ハミルトン、
  ハイドフェルド、アロンソ、ロズベルグ、デビッドソン(0)、シューマッハ(0)、ウェーバ、マッサの順。
  36周目、アロンソとロズベルグが10秒ペナルティ、クルサードの後ろまで大きく順位を落とす。
  40周目、ラルフがピットイン(7.3)。これで全員がピットインし、順位はハミルトン、ハイドフェルド、
  ウェバー、マッサ、フィジケラ、佐藤、ライコネン、コバライネンの順。ハミルトンは6秒差でトップ。

●弟2スティント~タイヤ交換2回目
    ウェバーのペースが上がらず、3位以下のペースがあがらない。44周目、コバライネン(9.4)、
  47周目ハイドフェルド(8.5)、48周目ハミルトン(6.0)、50周目、アルバースのクラッシュで3度目の
  セーフティカー。フィジケラ、マッサがピットアウト時の信号無視で失格。52周目、ライコネン、アロンソ、
  ラルフ、佐藤がピットイン。

●レース再開
    54周目レース再開。ハミルトン、ハイドフェルド、バリチェロ、ブルツ、リウッツィ、トゥルーリ、
  コバライネン、アロンソの順。その後、リウッツィが最終シケインで壁にあたりまたもやセーフティ
  カー。59周目レース再開。ハミルトン、ハイドフェルド、バリチェロ、ブルツ、コバライネン、
ライコネン、  ラルフ、アロンソ、佐藤の全12台。64周目バリチェロがピットインで後退、
佐藤が8位へ浮上。その後、  ラルフ、アロンソをかわして6位にまで浮上して今期2度目
の入賞を果たした。

|

« [ESP] フェルナンデス監督、ベティスを解任 | トップページ | [PREMERA Div. 06/07] 第37節結果 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179868/15391029

この記事へのトラックバック一覧です: [F1 2007] Round 06 カナダGP:

» F1 カナダGP [Football is Goes on]
 一番強かったのはハミルトンだけど、レースが荒れすぎて目立たず(笑) レースで一番目立ったという意味では琢磨だと思うな。ラルフはともかくアロンソまで抜くなんてね。ただ、一番印象に残ってしまったのはやっぱりクビサの大クラッシュ。足の骨折だけですんで本当に良....... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 04:31

« [ESP] フェルナンデス監督、ベティスを解任 | トップページ | [PREMERA Div. 06/07] 第37節結果 »